TEL
メニュー

建設会社の人手不足を企業買収やM&Aで解消するメリットと注意点を解説

建設業界は、少子高齢化や働き方改革などによる影響で、深刻な人材不足に悩まされている業界のひとつです。特に、技術や経験のあるベテランの引退や、優秀な人材の転職による流出が問題となっています。

建設業で人手不足が生じると、工事の品質や納期に影響が出たり、新規の受注や拡大にも制約がかかったりするため、大きな問題となります。

そこで、人材不足を解消するための1つの方法として有効なのが、企業買収やM&A(合併)です。企業買収やM&Aにより、他社の人材やノウハウ、顧客や資産を自社に取り込むことができます。これにより、人材の確保や業務の効率化、市場の拡大などのメリットも得られるでしょう。

しかし、企業買収やM&Aには、注意すべき点がいくつかあります。例えば、買収や合併の際に発生するコストやリスク、文化や組織の違いによる摩擦や離職、競争法や税法などの法的な制約などです。これらの問題を避けるためには、事前の調査や交渉、アフターフォローなどの準備が重要です。

そこで今回は、建設会社の人手不足を企業買収やM&Aで解消するメリットと注意点を、詳しく解説します。これから建設会社の買収やM&Aをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

建設業界の人材不足の現状と背景

建設業界は、2025年問題と呼ばれる深刻な人材不足に直面しています。

2025年問題とは、団塊の世代が後期高齢者となり、建設業の労働人口が約90万人不足すると予測されている問題です。

建設業の人材不足の原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 建設業のイメージが「3K(きつい・汚い・危険)」と悪く、若者が就職や転職を敬遠していること
  • 建設業の労働者が高齢化し、技能継承や後継者不足が問題となっていること
  • 建設業の需要がインフラ整備や災害復旧などで拡大している一方で、人材供給が追いついていないこと

上記の国土交通省の資料から見ても分かるように、建設業界の需要の増加にもかかわらず、就業者数が減り続けていることが見て取れます。

そこで、建設会社においては、自社の深刻な人手不足を解消するために企業買収やM&Aを行い、優秀な人材や経験者を補おうとする動きが活発化しているのです。

出典:国土交通省「国土交通省の最近の建設業を巡る状況について」より

建設業界の人手不足を解消する企業買収やM&Aとは?

建設業界の人手不足を解消する企業買収やM&Aとは、建設業における技能者や経営資源の確保や効率化を目的として、他社との合併や買収を行うことです。

建設業界では、2024年に時間外労働の上限規制が適用される「2024年問題」や、少子高齢化による労働人口の減少などにより、人手不足が深刻化している状況です。このような状況の中で、建設業の需要はインフラ整備や災害復旧などで拡大しており、需要と供給のバランスが崩れています。

そこで近年は、建設業界の人手不足を解消するために、企業買収やM&Aが活発となっているのです。 

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設会社が企業買収やM&Aを行う手順5つ

まず、M&Aとは、Merger(合併)とAcquisition(買収)の略で、企業が他社の事業や株式を買い取ることで、自社の事業を拡大したり、競争力を高めたりすることを指します。

建設会社が人材不足を解消するためにM&Aを行う場合、以下のような手順を踏むことになります。

  1. M&Aの目的や方針を明確にする
  2. 買収対象企業の選定や評価を行う
  3. 買収価格や契約内容を交渉する
  4. 買収契約を締結する
  5. 買収後の統合やフォローを行う

それぞれ解説します。

1. M&Aの目的や方針を明確にする

M&Aを行う前に、自社がどのような目的でM&Aを行うのか、どのような方針でM&Aを進めるのかを明確にすることが重要です。

例えば、以下のような点を考えることができます。

  • 人材不足を解消するために、どのような人材を求めているのか
  • 人材を確保するために、どのような規模や業種の企業を買収するのか
  • 買収する企業との関係は、完全子会社化するのか、資本提携するのか、業務提携するのか
  • 買収する企業の選定基準は、売上高や利益率、技術力、顧客基盤、地域性など何を重視するのか
  • 買収する企業の評価方法は、会計基準や割引率、将来キャッシュフローなどどのように算出するのか
  • 買収する企業の買収価格は、どの程度まで支払うことができるのか
  • 買収する企業との交渉方法は、どのようなスタイルやタイミングで行うのか
  • 買収する企業との契約内容は、どのような条項や条件を設けるのか
  • 買収した企業との統合方法は、どのように組織や人事、業務、システムなどを統合するのか
  • 買収した企業とのフォロー方法は、どのようにコミュニケーションやサポートを行うのか

これらの点を事前に検討しておくことで、M&Aの目的や方針を明確にし、効果的にM&Aを進めることができるでしょう。

2. 買収対象企業の選定や評価を行う

M&Aの目的や方針を明確にしたら、次に買収対象企業の選定や評価を行います。

この段階では、以下のような書類を作成したり、取り交わしたりすることになります。

ロングリスト/ショートリスト

買収対象企業の候補を、自社の条件に合うようにリストアップすることです。最初に作成するリストをロングリストと呼び、その中からさらに厳選したリストをショートリストと呼びます。

ノンネームシート(ティーザー)

買収対象企業に対して、自社の企業名や詳細な情報を伏せたまま、M&Aの打診を行うための書類です。自社の業種や規模、M&Aの目的や条件などを記載します。

秘密保持契約書

買収対象企業との間で、M&Aの交渉に関する情報を秘密にすることを約束する契約書です。具体的な情報開示を行う前に締結します。

インフォメーション・メモランダム(IM)

買収対象企業の概要や財務状況、事業内容、将来展望などを記載した書類です。買収対象企業の価値や魅力をアピールするために作成します。

意向表明書

買収対象企業に対して、M&Aを実行する意向を表明する書類です。買収価格や買収方法、交渉のスケジュールなどを記載します。

これらの書類を作成したり、取り交わしたりすることで、買収対象企業の選定や評価を行います。

3. 買収価格や契約内容を交渉する

買収対象企業の選定や評価が終わったら、次に買収価格や契約内容を交渉します。

この段階では、以下のような書類を作成したり、取り交わしたりすることになります。

基本合意書

買収価格や契約内容に関する基本的な合意事項を記載した書類です。買収監査の実施や独占交渉権の付与、有効期限や法的拘束力の範囲などを定めます。

デューデリジェンス(DD)

買収対象企業の事業や財務、法務、人事などを詳細に調査することです。買収対象企業の価値やリスクを正確に把握するために行います。

売買契約書

M&Aの最終的な契約内容を記載した書類です。買収価格や買収方法、買収対象の範囲や条件、責任の分担や保証などを定めます。

これらの書類を作成したり、取り交わしたりすることで、買収価格や契約内容を交渉します。

4. 買収契約を締結する

買収価格や契約内容の交渉が終わったら、次に買収契約を締結します。

この段階では、以下のような手続きを行います。

取締役会による決議

買収契約を承認するために、買収する企業と買収される企業の双方で取締役会を開き、決議を行います。

株主総会による特別決議

買収される企業が株式会社の場合、株主総会で特別決議を行う必要があります。特別決議は、議決権を行使できる株主の過半数が出席し、その3分の2以上の賛成が必要です。

売買契約書の締結

買収契約の最終的な内容を記載した書類です。買収価格や買収方法、買収対象の範囲や条件、責任の分担や保証などを定めます。売買契約書を締結すれば、買収契約は成立です。

5. 買収後の統合やフォローを行う

買収契約が成立したら、次に買収後の統合やフォローを行います。

この段階では、以下のような活動を行います。

資産や負債などの移転手続き

買収対象の資産や負債などを買収する企業に移転するための手続きです。土地や建物などの不動産の登記変更や、権利証の名義変更、債権債務の譲渡通知などが必要です。

組織や人事、業務、システムなどの統合

買収した企業や事業を買収する企業に統合するための活動です。組織や人事の配置や評価、業務の標準化や効率化、システムの統一や連携などが行われます。

コミュニケーションやサポート

買収した企業や事業の従業員や顧客、取引先などに対するコミュニケーションやサポートです。買収の目的や方針、統合の進捗や効果などを伝えたり、不安や疑問に答えたり、トラブルや問題に対処したりします。

弊社では、数多くの方々に優良な派遣求人を獲得いただいています。経験とスキルさえあれば、ご年齢に関わらず長期の高収入派遣求人をご紹介できます。

  • 長期契約可能な派遣求人多数
  • 60代70代でも応募可能な派遣求人
  • 無料登録から最短1日で派遣求人紹介

まずは無料登録をして色々な派遣求人を見てみてください。専門の派遣コーディネーターからおすすめの派遣求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

企業買収やM&Aで人材不足を解消するメリットとデメリット

以下では、建設会社が、企業買収やM&Aで人材不足を解消するメリットとデメリットを解説します。

建設会社が企業買収やM&Aで人材不足を解消するメリット3つ

建設会社が、企業買収やM&Aで人材不足を解消するメリットには、次のようなものが挙げられます。

1.他社の人材やノウハウを自社に取り込めること

企業買収やM&Aによって、他社の優秀な技能者や経営者、専門家などの人材を自社に加えることができます。また、他社の経験や知識、技術、ネットワークなどのノウハウを自社に取り入れることも可能です。

これにより、自社の人材の質や量を向上させるとともに、業務の多様化や高度化に対応できるようになるでしょう。

2.業務の効率化や市場の拡大を図れること

企業買収やM&Aによって、他社の資産や設備、資材などの経営資源を自社に活用することができます。また、他社の事業領域や地域、顧客などの市場を自社に獲得することも可能です。

これにより、自社の業務の効率化やコスト削減、収益の増加などの経営効果を得ることができるでしょう。

3.次世代への技術や技能の伝承を促進できること

企業買収やM&Aによって、他社の熟練職人や技術者などのベテラン人材を自社に迎え入れることができます。また、他社の教育や研修、資格などの人材育成の体制や制度を自社に導入することも可能です。

これにより、自社の若手や新入社員などの次世代人材に対して、技術や技能の伝承や指導を行うことができるでしょう。

企業買収やM&Aで人材不足を解消するデメリット3つ

一方、企業買収やM&Aで人材不足を解消するデメリットについて、次のようなものが挙げられます。

買収費用が高額になる可能性があること

企業買収やM&Aには、買収価格や仲介手数料、専門家への報酬など、多額の費用がかかります。そこで、買収費用を回収するためには、買収後の業績が大幅に向上する必要がありますが、それが保証されるとは限りません。

また、買収費用が予想以上に高くなったり、買収後の業績が思わしくなかったりすると、買い手企業の財務状況が悪化するリスクがあります。

経営方針や企業文化の違いによる摩擦や対立の可能性があること

企業買収やM&Aによって、異なる経営方針や企業文化を持つ企業が1つになります。その際に、買い手企業と買収対象企業の間に、戦略や方針、組織や制度、人事や評価などに関する意見の相違や不満が生じる可能性があります。

これらの違いを解消するためには、買収前後のコミュニケーションや調整が重要です。また、これらが十分に行われないと、摩擦や対立がエスカレートし、統合の失敗につながる恐れがあるため、十分な注意が必要です。

優秀な人材が流出する可能性があること

企業買収やM&Aによって、買収対象企業の従業員は、買い手企業の一員となります。

しかし、買収対象企業の従業員は、買収に対する不安や不満、買い手企業への適応困難などを感じる可能性があるため、注意が必要です。なぜなら、その結果、優秀な人材が買収対象企業を離れてしまう可能性があるからです。

人材の流出は、買収対象企業の業務や技術の継続性や競争力に影響を与えるだけでなく、買い手企業の人材不足の解消にも逆効果となる可能性があります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

企業買収やM&Aで人材不足を解消する際の注意点と対処法

企業買収やM&Aで人材不足を解消する際には、以下のような注意点があります。

買収や合併の際に発生するコストやリスク

企業買収やM&Aには、買収価格や仲介手数料、専門家への報酬など、多額の費用がかかります。また、これらにかかる費用を回収するには、買収後の業績を大幅に向上させる必要がありますが、買収後に必ず業績が上がるとは限りません。

そのため、買収費用が予想以上に高くなったり、買収後の業績が思わしくなかったりすると、買い手企業の財務状況が悪化するリスクがあります。そこで、企業買収やM&Aを行う際は、十分な調査と準備を整えた上で、計画通りに進める必要があります。また、買収の途中で難しいと判断した場合は、無理せず諦めることも大切です。

企業文化や組織の違いによる摩擦や離職

上記のデメリットでも解説しましたが、企業買収やM&Aによって、異なる経営方針や企業文化を持つ企業が1つになることで、戦略や方針、組織や制度、人事や評価などに関する意見の相違や不満が生じる可能性があります。また、優秀な人材が買収や合併前に辞めてしまう可能性もあるでしょう。

これを解消するためには、買収前後のコミュニケーションや調整が重要です。また、買収や合併後の待遇を考慮して、前の職場環境よりも改善する努力が必要です。

企業買収や合併を行う際は、できるだけ早い段階で、ステークホルダーや従業員に対して待遇などの情報開示を行うことも重要です。

競争法や税法などの法的な制約

企業買収やM&Aには、競争法や税法などの法的な制約があります。

競争法では、買収や合併によって市場の支配的地位を占めることや不公正な取引を行うことが禁止されています。また、税法では、買収や合併によって発生する所得や譲渡所得に対して課税される場合があるため、注意が必要です。

これらの法的な制約を遵守するためには、事前に専門家のアドバイスを受けたり、必要な届出や申告を行ったりする必要があります。

企業買収やM&Aを成功させるためのポイント

work, chinese, industrial

以下では、企業買収やM&Aを成功させるためのポイントを解説します。

事前の調査や交渉を十分に行うこと

企業買収やM&Aを成功させるためには、自社の目的や希望条件を明確にし、買収する企業の情報や価値を正確に把握することが重要です。また、買収監査(デューデリジェンス)をしっかりと行い、買収価格や契約内容を適切に交渉する必要があります。

アフターフォローをしっかりと行うこと

企業を買収した後は、買収した企業の従業員や取引先に対して説明やフォローを丁寧に行うことが大切です。また、買収した企業の経営状況や業績を定期的にモニタリングし、必要に応じて改善策を講じるようにしましょう。

シナジー効果を最大化すること

企業買収を行う際は、買収した企業と自社の事業や技術、人材などを有効に組み合わせて、相乗効果を生み出すことが重要です。また、買収した企業と自社の企業文化や組織風土を融合させて、一体感を高めることも大切です。

これらによって、企業買収や合併は成功し、企業の人材不足の解消や、売上や収益の拡大、企業の成長に寄与するでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設業界の人手不足を解消する企業買収やM&Aのまとめ

このように、建設業界は、人口減少や少子高齢化による労働人口の減少、公共工事の減少や民間工事の増加などのさまざまな変化に直面しているのが現状です。そして、これらの変化に対応するためには、建設業界のイメージアップや働き方改革、生産性向上や事業領域の拡大など、様々な取り組みが必要です。

企業買収やM&Aは、これらの取り組みを実現するための有効な手段の1つですが、成功させるには専門的な知識や経験が必要となります。

そこで、建設業界で人材不足にお悩みの方は、転職エージェントの「ビーバーズ」がおすすめです。

ビーバーズは、建設業界に特化した転職サービスで、建設業界の最新情報や求人情報を提供するとともに、キャリアコンサルタントが転職活動をサポートします。ビーバーズを利用することで、建設業界のM&Aに関する知識や経験を持つ企業や人材に出会える可能性が高くなるでしょう。

そこで、もし建設会社の買収や合併をお考えの方は、まず「ビーバーズ」にお気軽にご相談ください。貴社に最適な解決策を提案いたします。

測量士はきつい?仕事内容や必要な資格、年収や向いている人を徹底解説

測量士と聞くと、土地や建物の測量をする専門家というイメージがありますが、実際の仕事内容や、必要な資格、年収などを知りたいと思う方も多いのではないでしょうか。

測量士は、土地や建物の測量を行うだけでなく、測量成果を図面や報告書にまとめたり、測量に関する法律や規制に基づいて登記や認定を行ったりする重要な役割を担っています。

測量士になるには、国家試験に合格する必要がありますが、そのためには高度な専門知識や技術が必要で、仕事の種類や経験、勤務先などによって年収も大きく変わります。

また、測量士の仕事は、現場での作業が多く、天候や地形に左右されたり、重い機材を運んだりすることもあるため、体力や精神力が必要ですが、一方で、測量士の仕事にはやりがいや魅力も多い仕事です。

そこで今回は、測量士はきついといわれる理由や、仕事内容、必要な資格、平均年収や向いている人を徹底解説します。これから測量士を目指す方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

測量士とは?どんな仕事?

測量士とは、建設工事や土木工事を行う土地の位置や形状、面積、高さなどを測定する国家資格の職業です。

測量士は、測量計画を作成し、現場で測量機器を使ってデータを収集し、測量図を作成します。

測量士の仕事は、建物やインフラの設計や工事の基礎となる重要な役割を担っています。

測量士になるために必要な資格

測量士になるには、測量士試験に合格する必要があります。

測量士試験は、測量法や測量技術、地図編集などの科目が出題されます。測量士試験は難易度が高く、合格率は約10%程度です。

そのため、測量士試験に合格するためには、測量に関する知識やスキルを身につける必要があります。

測量士の仕事がきついと言われる理由

測量士の仕事がきついと言われる理由は、以下のようなものがあります。

  • 測量作業は屋外で行われることが多く、天候や気温に左右されること
  • 測量機器は重く、運搬や設置に体力が必要なこと
  • 測量データは正確でなければならず、細かな計算や修正が必要なこと
  • 測量機器や測量技術は常に進化しており、最新の知識やスキルを習得する必要があること

測量士の仕事内容

次に、測量士の仕事内容を紹介します。

外業と内業の違いとそれぞれの業務内容

外業とは、現場に出向いて土地や建物の位置や形状、面積、高さなどを測定する作業です。外業では、トランシットやトータルステーション、GPSなどの専用の測量機器を使ってデータを収集します。

一方、内業とは、事務所で測量のための計画を立てたり、測量したデータを分析したり、測量図を作成したりする作業です。測量ソフトや製図機器を使ってデータの処理や図面の描画を行います。

測量士が使う機材の主な種類

測量士が使う機材には、以下のようなものがあります。

レベル

レベルとは、水平を測る機器で、オートレベルやレーザーレベルなどがあります。

トランシット(セオドライト)

トランジットとは、角度を測る機器で、水平方向と垂直方向の角度を計測できます。

トータルステーション

トータルステーションとは、角度と距離を同時に測る機器で、自動的にデータを記録できます。

GPS

GPSは、人工衛星からの信号を受信して位置を測る機器で、高精度な測量が可能です。

ドローン

ドローンは空中から測量する機器で、GNSSやカメラやレーザースキャナーを搭載して3次元データを取得できます。

測量士が使う主な技術

測量士が使う技術には、以下のようなものがあります。

GNSS測量

GNSS測量とは、GPSやGLONASSなどの衛星測位システムを利用して位置を測定する技術です。

基準点測量

基準点測量とは、測量の基準となる点を測定する技術です。トータルステーションなどを使って測量します。

水準測量

水準測量とは、高さを測定する技術です。レベルなどを使って測量します。

地形測量

地形測量とは、土地や建物の形を測定する技術です。トータルステーションやドローンなどを使って測量します。

測量士の仕事の一日の流れ

測量士の仕事の一日の流れは、以下のような例があります。

  • 09:00〜 出社、機材の積み込み
  • 10:00〜 移動および現地に到着、測量
  • 11:00〜 外部の業者と打ち合わせと確認
  • 12:00〜 昼休憩
  • 13:00〜 帰社
  • 15:00〜 測量したデータの分析と図面作成
  • 18:00〜 退社

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

測量士の平均年収について

Calculator application on mobile phone screen on white surface near crop anonymous person holding pile of dollars

以下では、測量士の平均年収や、収入に影響する要因、年収を上げる方法を解説します。

測量士の平均年収はいくら?

測量士の平均年収は約487万円です。

月収に換算すると約33万円、賞与は年間で約91万円程度となります。ただし、測量士の年収は、勤務先の業種や規模、経験年数、資格などによって大きく変わります。

参考データ:厚生労働省「令和4年度 賃金構造基本統計調査」

測量士の給料や年収に影響する要因

測量士の給料や年収に影響する要因は、以下のようなものがあります。

勤務先の業種

公共系測量や民間系測量では、給料やボーナスの決まり方や出世のスピードが異なります。

一般的には、公共系測量は安定して働ける代わりに昇給が遅く、民間系測量は若手でも出世できる代わりに収入が停滞しやすい傾向があります。

勤務先の規模

規模の大きな事務所や会社では、基本給が高く、福利厚生も充実しています。一方、規模の小さな事務所や会社では、基本給が低く、ボーナスに左右されることが多いです。

経験年数

測量士の給料や年収は、経験年数に応じて着実に上がっていきます。しかし、30代半ばから伸びが鈍くなり、40歳前後で頭打ちになるケースが多いです。

役職に就くと大きく昇給することもありますが、競争は激しいです。

資格

測量士の資格は、測量士と測量士補の2種類があります。測量士の方が測量士補よりも高い給料を得られることが多いです。また、測量士以外の資格を取得することで、収入を上げることができる場合もあります。例えば、土地家屋調査士や地理空間情報専門技術認定などが有利な資格です。

測量士の給料や年収を上げる方法

測量士の給料や年収を上げる方法は、以下のようなものがあります。

社内評価を高める

測量士の給料や年収は、社内評価に大きく左右されます。

社内評価を高めるためには、測量の実績や正確性、納期の遵守、チームワークなど、技術以外のスキルも重要です。

また、コミュニケーション能力や提案力など、管理職に求められる能力を身につけることも有効です。

専門的な測量を行う

測量士の仕事は、一般的な測量と専門的な測量に分けられます。

専門的な測量とは、ドローンを使う測量や海の深さの測量など、特殊な機材や技術を必要とする測量です。

専門的な測量は、需要が高く、希少価値があるため、高収入になりやすいです。

資格を取得する

測量士の資格は、測量士と測量士補の2種類があります。測量士の方が測量士補よりも高い給料を得られることが多いです。

また、測量士以外の資格を取得することで、収入を上げることができる場合もあります。例えば、土地家屋調査士や地理空間情報専門技術認定などが有利な資格です。

独立・開業する

測量士の年収を上げる方法として、独立・開業するという方法もあります。勤める会社から独立、開業すれば、自分の会社を持つことができ、自分のやりたい仕事を選ぶことも可能です。

また、自分の実力や実績に応じて、収入も高くなる可能性があります。実際に、独立・開業することで、年収1,000万円を超える高収入を得ている人もおられます。

ただし、独立・開業する場合は、測量士の資格や経験だけでなく、経営や営業などのビジネス力が必要です。

測量士が独立・開業するには、失敗するというリスクを伴うため、十分な計画と準備が必要といえるでしょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

測量士の仕事のメリットとデメリット

office, startup, business

 

それでは次に、測量士の仕事のメリットとデメリットを解説します。

測量士の仕事のメリット

測量士になるメリットには、次のようなものがあります。

需要が安定していること

測量作業は、建設工事や土木工事、地図作成など、さまざまな分野で必要とされており、測量士の資格は法律で保護されています。

そのため、測量士の需要は比較的安定しており、雇用の確保や収入の安定につながっています。

社会貢献度が高いこと

測量士は、道路や鉄道、トンネル、橋、ダムなど、人々の生活に欠かせないインフラの建設に携わっています。

このように、測量士の仕事は、社会全体の発展や安全に貢献しているため、やりがいや誇りを感じることができるでしょう。

最先端の機材や技術を扱えること

測量士は、GPSや3Dスキャナー、ドローンなど、最新鋭の測量機器を使ってデータを収集します。

このように、測量士の仕事は技術者としての楽しさや喜びがあり、測量技術の発展にも貢献できる仕事です。

測量士の仕事のデメリット

一方、測量士になることで、以下のようなデメリットもあります。

拘束時間が長いこと

測量士の仕事は、市街地から離れた場所で行われることが多く、移動時間も含めると拘束時間が長くなります。また、作業に遅れが出ている場合は、遅くまで現場に残ることもあります。

日々の学習が必要こと

測量技術や測量機器は、常に進化しており、測量士は新しい機材の原理や操作方法を学習しなければなりません。測量士の仕事は、専門性が高く、勉強しなければならないことが多いのが特徴です。

過酷な現場作業があること

測量作業は、森や山などの自然環境で行われることがあります。このような場所では、虫や動物などの危険生物に注意したり、炎天下や寒風の中で作業したりと、肉体的な負担が大きいこともあるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

測量士に向いている人の特徴4つ

測量士に向いている人の特徴として、以下のようなものが挙げられます。

1.地道な作業が苦にならない人

測量士の仕事は、細かいデータを集めたり、分析したり、修正したりする作業が多く、1つの測量図面を完成させるまでに時間がかかります。

また、測量作業は決められた手順に従って行わなければならないため、コツコツと反復できる人が向いているといえるでしょう。

2.少人数のチームでの作業が得意な人

測量作業は、通常2人から5人ほどのチームで行われ、遠く離れた場所にいる相手と連携しながら測量機器を操作したり、データをやり取りしたりする必要があります。

そのため、協調性やチームワークが重要な仕事です。

3.決められた作業を効率よく行うことが得意な人

測量士の仕事は、測量機器や測量技術が進化しているため、新しい機材の原理や操作方法を学習しなければなりません。また、測量作業は、現場の状況に応じて柔軟に対応することも必要です。

そのため、効率的に作業を進めることができる人が向いているといえるでしょう。

4.体力がある人

測量士の仕事は、屋外での作業が多く、測量機器や三脚などを持って移動したり、山や森などの自然環境で作業したりすることもあります。

そのため、体力に自信があり、足腰の強い人が向いているといえるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

測量士の仕事のまとめ

上記のように、測量士の仕事は、社会の発展や安全に貢献するやりがいのある仕事ですが、デメリットもあります。

測量士になるには、国家試験に合格する必要がありますが、測量士の資格は、測量士補の資格を持っている人に限られています。また、測量士は、きついといわれるような環境下で仕事をしなければならないケースも少なくありません。

しかし、測量士の仕事は、非常にやりがいのある仕事です。また、働き方によっては高収入も期待できることから、人気の高い職種の1つでもあります。

そこで、測量士として高収入や安定した職場環境を手に入れたいと考える場合は、今から測量士を目指す方も、すでに測量士として働いている方も、まず転職エージェントに相談するのがおすすめです。

測量士などの仕事を専門に扱う特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、専属のキャリアコンサルタントが、測量士の求人を提案するだけではなく、求職者のキャリアの棚卸しや履歴書の作成、面接のサポートなどを行います。また、今現在足りていないスキルや資格のアドバイスも行うため、未経験の方でも安心してご利用いただけます。

そこで、もし測量士として働きたい、または転職したいとお考えの方は、まず「ビーバーズ」にお気軽にご相談ください。あなたに最適な職場を提案いたします。

大手建設会社の年収やゼネコンへの転職に必要な資格やスキルも解説

建設業界は、日本の経済や社会に欠かせない重要な分野です。しかし、建設業界には、人手不足や低賃金、過酷な労働環境などの課題があります。

そこで、建設業界でキャリアアップを目指す方にとって、大手建設会社やゼネコンへの転職が魅力的な選択肢となるでしょう。大手建設会社やゼネコンでは、安定した収入や福利厚生、スキルアップの機会などが期待できます。ただ、大手建設会社やゼネコンへの転職には、高いレベルの資格やスキルが必要なのも事実です。

そこで今回は、大手建設会社の年収やゼネコンへの転職に必要な資格やスキルも解説します。建設業界内で転職をお考えの方はもちろん、これから大手建設会社への転職を目指す方も、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

大手建設会社(準大手ゼネコン)とは?年収ランキングも紹介

大手建設会社とは、建設業界で高い売上高や規模を誇る会社のことです。一方、ゼネコンとは、一般的にスーパーゼネコンと呼ばれる5社(大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店)のことを指します。

ゼネコン以外の大手建設会社(準大手ゼネコン)には、長谷工、戸田建設、前田建設工業、安藤ハザマなどがあります。

大手建設会社の年収ランキングTOP5

順位 会社名 平均年収(単位:万円)
長谷工コーポレーション 1000
インフロニア・ホールディングス 980
戸田建設 970
五洋建設 960
フジタ 950

なお、このランキングは、上場企業の有価証券報告書に記載された平均年収のデータを使って作成したもので、2021年4月期~22年3月期のものです。従業員数は単体ベースで、50人未満は除外しています。また、このランキングは参考程度にご覧ください。実際の年収は、経験や能力、役職などによって異なります。

ゼネコンとは?ゼネコン年収ランキングも紹介

ゼネコンとは、ゼネラルコントラクターの略で、総合建設業者のことです。設計・施工・研究をすべて自社で行うことができる大規模な建設会社で、マンションやビル、テーマパークや競技場などの大型建築物を建てるのが主な仕事です。

年収ランキングについては、2020年度の売上高(単独)が1兆円を超えるゼネコンをスーパーゼネコン、3,000億円を超えるゼネコンを準大手ゼネコンと呼んでいます。

スーパーゼネコンは5社あり、その平均年収は以下のようになっています。

ゼネコンの年収ランキングTOP5

順位 会社名 平均年収(単位:万円)
鹿島建設 1128
清水建設 1100
大成建設 1090
大林組 1080
竹中工務店 1040

なお、上記も2021年度の有価証券報告書に記載された平均年収のデータを使って作成したものです。また、このランキングは参考程度にご覧ください。実際の年収は、経験や能力、役職などによって異なります。

大手建設会社やゼネコンへの転職に有利な資格

ゼネコンへの転職に必要な資格は、職種や担当する仕事内容によって異なりますが、一般的に以下のような資格が有利とされています。

  • 建築職:一級建築士、一級建築施工管理技士、構造設計一級建築士など
  • 土木職:一級土木施工管理技士、コンクリート主任技士、技術士など
  • 設備職:一級管工事施工管理技士、一級電気工事施工管理技士、建築設備士、設備設計一級建築士など
  • 機電職:第三種電気主任技術者(電験三種)、一級建築施工管理技士、一級土木施工管理技士など
  • 事務職:建設業経理事務士、ビジネス事務法務など

これらの資格は、建設現場での技術力や法的責任を示すもので、ゼネコンの採用担当者から高く評価されます。また、年収アップやキャリアアップにもつながります。

ただし、資格だけではなく、実務経験やコミュニケーション能力なども重要な要素です。また、ゼネコンへの転職を成功させるには、自分の強みや志望動機を明確に伝えることも大切です。

大手建設会社やゼネコンへの転職に必要な経験やスキル

work, chinese, industrial

ゼネコンへの転職に必要な経験やスキルは、目指す職種によって異なりますが、一般的に以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • 施工管理:工事の進捗や品質、安全、予算などを管理する能力。一級建築施工管理技士や一級土木施工管理技士などの資格が有利。
  • 設計:建物の構造や機能、デザインなどを考える能力。一級建築士や構造設計一級建築士などの資格が有利。
  • エンジニアリング:プラント建設などの大型案件を包括的に管理する能力。技術士やプロジェクトマネージャーなどの資格が有利。
  • 営業:クライアントや取引先との関係構築や提案力。高いコミュニケーション能力や交渉力が必要。
  • 研究開発:建設業界の技術向上や効率化に貢献する能力。工法や資材の開発や改良などの研究スキルが必要。
  • 事務:総務や経理、人事などの業務を行う能力。建設業経理事務士やビジネス事務法務などの資格が有利。

また、IT技術の進歩に対応できるスキルも重要です。設計図面や施工図面を作成するためには、JW-CADやAUTOCADなどのソフトを使えることが必要です。さらに、次元技術やAR技術などの新しいシステムを使えると、より効率的に仕事ができるでしょう。

ゼネコンへの転職を目指すなら、自分の持っているスキルや資格をアピールすることが大切です。また、自分がどんな職種に興味があるか、どんな仕事をしたいかを明確にしておくことも重要です。

大手建設会社やゼネコンへの転職のメリットとデメリット

hands, shaking hands, company

大手建設会社やゼネコンへ転職するメリットには、次のようなものがあります。

  1. 年収が高い
  2. 安定性が高い
  3. やりがいが大きい
  4. スキルが向上する

以下でそれぞれ解説します。

1.年収が高い

大手建設会社やゼネコンは、建設業界の中でも売上高や規模が大きく、技術力や信頼性も高いのが特徴です。そのため、年収も他の建設会社より高くなりやすいのがメリットです。

特に、一級建築士や一級施工管理技士などの資格を持っていると、さらに高い給与を得られる可能性があります。

2.安定性が高い

大手建設会社やゼネコンは、公共事業や大型プロジェクトなどの受注が多く、景気に左右されにくいのが特徴です。また、長期的な事業計画や人材育成にも力を入れており、安定したキャリアを築ける環境が整っています。

3.やりがいが大きい

大手建設会社やゼネコンは、高層ビルやテーマパーク、空港や橋などの社会インフラなど、さまざまな建築物を手がけています。そのため、自分の関わった建物が目に見える形で残り、多くの人の暮らしに貢献できることが、やりがいや満足感につながるでしょう。

4.スキルが向上する

大手建設会社やゼネコンは、技術革新に積極的で、3DやAIなどの最新技術を活用しています。また、多様なプロジェクトに携わることで、設計や施工、管理などの幅広いスキルを身につけることが可能です。さらに、海外事業にも力を入れており、グローバルな視野や語学力も磨くことができるでしょう。

以上のように、大手建設会社やゼネコンへ転職するメリットは多くあります。ただし、以下で紹介するようなデメリットや注意点もあるため、転職を考える際には、自分の希望や条件と照らし合わせてよく検討することが大切です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

大手建設会社やゼネコンへ転職するデメリット

beanie, guy, man

大手建設会社やゼネコンへ転職する際のデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  1. 業務内容が過酷な場合がある
  2. 地方への転勤がある
  3. 建設業の経験やスキルが転職先で活かせない可能性がある

それぞれ解説します。

1.業務内容が過酷な場合がある

ゼネコンの仕事は工期内に工事を完了させるために進められますが、長期的なプロジェクトの場合は責任や対応する業務が多くなり、肉体的にも精神的にもハードな日々が続くことがあります。

2.地方への転勤がある

ゼネコンは現場ごとに配属や勤務地が変わるため、生活が安定しません。家庭を持っている場合などは生活スタイルそのものを転勤によって変える必要があるかもしれません。

3.建設業の経験やスキルが転職先で活かせない可能性がある

ゼネコンから他の業界や職種に転職する場合は、建設業で培った経験やスキルが転職先で活かせるかどうかは不確実です。また、転職先によっては給与が下がる可能性もあります。

以上のデメリットを踏まえて、ゼネコンへの転職を検討する際は、自分のやりたい仕事や働き方、将来のキャリアプランなどをしっかりと考えることが大切です。

大手建設会社やゼネコンへの転職のコツと注意点

two women sitting on chair

以下では、ゼネコンへの転職を成功させるためのコツと注意点を解説します。

ゼネコンへの転職を成功させるためのコツ

まずは、ゼネコンへの転職を成功させるためのコツを3つ紹介します。

1.自分のやりたい仕事や働き方、将来のキャリアプランを明確にすること

ゼネコンは規模や特徴によって求める人材や業務内容が異なるため、自分に合った会社を選ぶことが重要です。

2.ゼネコンの求人情報を幅広く収集すること

ゼネコンの求人は一般的な求人サイトだけでなく、建設業界に特化した転職エージェントなどを活用することが重要です。また、自分の知り合いや元同僚などの人脈も有効に利用すると良いでしょう。

3.必要なスキルや資格を身につけること

ゼネコンは建設業界の中でも高い技術力や知識が求められる職場です。特に、未経験者の場合は、建設業界に関する基礎知識や用語を学ぶことが必要です。

経験者の場合は、自分の専門分野に関するスキルや資格をアピールするようにしましょう。

ゼネコンへの転職を成功させるための注意点

次に、ゼネコンへの転職を成功させるための注意点を3つ紹介します。

1.年収や待遇だけでなく、働く環境や社風も考慮すること

ゼネコンは年収が高い反面、残業や転勤が多く、プレッシャーやストレスが大きい職場です。そこで、自分のライフスタイルや価値観に合った会社を選ぶことが大切です。

2.志望動機や自己PRをしっかりと準備すること

ゼネコンは人材の採用に慎重で、応募者のモチベーションや適性を重視します。そこで、志望動機では、ゼネコンに転職したい理由や目指すキャリアを具体的に伝えることが必要です。また、自己PRでは、自分の強みや経験、成果を具体的な事例や数字で示しましょう。

3.面接では、コミュニケーション能力や対応力をアピールすること

ゼネコンの仕事は、クライアントや取引先、現場のスタッフなどとのコミュニケーションが多く、臨機応変に対応する能力が求められます。そこで、面接では、自分のコミュニケーション能力や対応力を実際の経験や事例を交えてアピールしましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

大手建設会社やゼネコンへの転職に向いている人の特徴4つ

大手建設会社やゼネコンへの転職に向いている人は、以下のような特徴が挙げられます。

1.体力があるひと

ゼネコンの仕事は工期内に工事を完了させるために進められますが、長期的なプロジェクトの場合は責任や対応する業務が多くなり、肉体的にも精神的にもハードな日々が続くことがあります。

2.コミュニケーション能力がある人

ゼネコンの仕事は、クライアントや取引先、現場のスタッフなどとのコミュニケーションが多く、臨機応変に対応する能力が求められます。

3.危機管理能力がある人

ゼネコンの仕事は、プレッシャーの連続です。工事は不測の事態がつきものです。雨や雪で工事が遅れることもありますし、資材や工具が足らなかったり、図面が寸法と合わないこともあります。また、けがや病気などで現場作業員が急遽休みとなり、作業が進まないこともあるでしょう。

このように、建設会社の社員は「自分がいくらがんばってもどうにもならない」という非常に強い精神的ストレスに耐えつつ、柔軟な発想で難局を乗り越えていかなくてはならない仕事でもあるのです。

4.計画を立てるのが得意な人

ゼネコンでは、工程管理、予算管理、人員管理、安全管理など、さまざまな計画を立てて、それに基づいて工事を進めていくことになります。とくに工程管理は非常に重要で、クライアントやほかの業者に迷惑をかけないよう、納期に必ず間に合わせるために、日々の進捗状況を細かく管理していかなくてはならない仕事です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

大手建設会社やゼネコンへの転職には、特化型転職エージェント「ビーバーズ」がおすすめ

大手建設会社やゼネコンへの転職には、特化型転職エージェント「ビーバーズ」がおすすめです。以下では、その理由を紹介します。

建設業界に特化した求人紹介

ビーバーズでは、建設業界に精通したエージェントが、求職者の希望条件やスキルに合う求人を厳選して紹介してくれます。

また、建設業界の求人は5,000件以上で、幅広い職種やエリアの求人があり、非公開求人も多数保有しているのが特徴です。中には、未経験OKの企業や完全週休2日・年収800万円以上などの好条件の求人も多数あります。

転職活動のサポート

ビーバーズは転職活動のスタートからゴールまで、個別にサポートを実施します。

また、応募書類の添削や面接対策、面接同行など、自己アピールが苦手な人でも安心して利用できるのが特徴です。

さらに、給与や待遇などの条件交渉の代行も可能なため、自分で直接企業と交渉するよりも良い条件で契約できる可能性が高まるでしょう。

スピード対応と無料利用

ビーバーズは問い合わせから入社まで最短3日で可能なスピード対応で、すぐに仕事を始めたい人にも便利です。

ビーバーズの利用料は無料のため、費用負担なく企業選びの選択肢を増やすことができるでしょう。

以上のように、ビーバーズは、大手建設会社やゼネコンへの転職において、履歴書や職務経歴書の作成サポートがあることや、キャリアエージェントによる個別サポートが受けられること、建設業界の豊富な求人や案件を紹介してもらえることなど、多くのメリットがあります。

そこで、大手建設会社やゼネコンで働きたいと思っている方は、ぜひビーバーズにご相談ください。

不動産業界へ転職する際の履歴書や職務経歴書の書き方と成功のコツを解説

不動産業界は、日本の経済や社会に大きな影響を与える重要な分野です。不動産業界には、不動産営業や不動産コンサルタント、不動産鑑定士や不動産管理士など、さまざまな職種があります。

また、どの仕事も高収入が期待できるため、不動産業界への転職を考えている人も多いことでしょう。ただ、不動産業界への転職に成功するには、履歴書や職務経歴書の書き方が非常に重要となります。なぜなら、前職の経験やスキルを、不動産業界にどのように活かすかをアピールすることが重要だからです。

希望する会社に転職するには、履歴書や職務経歴書に重要なポイントを書いて、書類選考にパスすることが大切です。

そこで今回は、不動産業界へ転職する際の履歴書や職務経歴書の書き方と成功のコツを解説します。いま転職活動中の方はもちろん、これから転職活動を始める方も、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

不動産業界の転職市場の状況と履歴書の重要性を解説

man in purple suit jacket using laptop computer

不動産業界の転職市場は、2024年にかけて上向きになると予測されています。コロナ禍の影響で一時的に冷え込んだ市場も、経済の回復や新たな需要の出現により、活況を取り戻しつつあります。

そもそも、不動産業界は日本の経済に欠かせない重要な産業であり、未経験でもチャレンジできる職種が多いのが魅力です。

しかし、不動産業界への転職は、人気が高いだけに競争も激しいのが現実です。そのため、履歴書や職務経歴書は、採用の判断材料になる重要な書類となります。 

そこで、質の高い履歴書や職務経歴書を書くことにより、自分の強みや適性、志望動機などをしっかりとアピールすることが必要です。

不動産業界への転職を成功させるためには、以下のようなポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 不動産業界の市場規模や将来性、業界動向などの基礎知識を持つこと
  • 不動産に関する資格を取得すること(宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、管理業務主任者、ファイナンシャルプランナーなど)
  • コミュニケーションスキルや聞くスキルを磨くこと
  • お客様のニーズに合わせた提案ができること
  • プレッシャーや競争に強いメンタルを持つこと
  • 上昇志向や達成意欲を持つこと

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

履歴書の役割と書き方のポイント

履歴書の役割は、自分の基本情報や学歴・職歴、免許・資格などを採用担当者に伝えることです。

履歴書は、書類選考の第一関門であり、面接の質問材料にもなります。そのため、履歴書は、読みやすく、正確で、具体的で、簡潔なものにすることが重要です。

履歴書の書き方のポイント

履歴書の書き方のポイントには、以下のようなものが挙げられます。

基本情報は正確に記入する

  • 日付や氏名、住所、連絡先などは、誤字脱字や記入漏れがないように注意すること
  • 写真は、清潔感のある服装と髪型で、正面から撮影したものを使用すること

志望動機は志望理由とエピソード、入社後の意気込みを盛り込む

  • 志望動機では、応募先の企業で働きたいという熱意や真摯な姿勢を伝えること
  • 志望理由は、自分の経験やスキル、価値観などと企業の特徴やビジョンなどを関連付けて説明すること
  • エピソードは、自分が不動産業界に興味を持ったきっかけや、不動産に関する知識や資格を身につけた経緯などを具体的に述べること
  • 入社後の意気込みは、自分がどのような仕事に挑戦したいかや、どのような成果を出したいかを明確に示すこと

職務経歴は不動産業界で活かせるスキルや実績を強調する

  • 職務経歴では、過去の職場でどのような業務を担当し、どのような成果を上げたかを詳細に記述すること
  • 不動産業界で活かせるスキルや実績は、具体的な数字や事例を用いて強調すること
  • 転職回数が多い場合やブランクがある場合は、その理由や期間を正直に説明すること

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

職務経歴書の役割と書き方のポイント

職務経歴書の役割は、自分のこれまでの仕事の内容や実績、スキルを採用担当者に伝えることです。職務経歴書は、書類選考や面接の参考になる重要な書類であるため、丁寧に作成する必要があります。

職務経歴書の書き方のポイント

職務経歴書の書き方のポイントには、以下のようなものが挙げられます。

職務経歴の概略は在籍期間や役職、業務内容を簡潔に記載する

職務経歴の概略では、自分がどのようなキャリアを歩んできたかを時系列でまとめましょう。在籍期間や役職、業務内容は、簡潔に記載し、読みやすくすることがポイントです。

【職務経歴の概略の書き方の例】

2020年4月~2023年3月 株式会社ABC 営業部 主任

  • 法人向けの不動産仲介業務を担当
  • 新規開拓や既存顧客のフォロー、物件の提案や契約の締結などを行う

職務経歴の詳細は5W1Hで具体的に記載する

職務経歴の詳細では、自分が担当した仕事やプロジェクト、成果や実績を具体的に記載しましょう。5W1H(いつ・どこで・だれが・なにを・なぜ・どのように)を使って、仕事の内容や目的、方法や手順、役割や責任、成果や評価などを明確に伝えることがポイントです。

【職務経歴の詳細の書き方の例】

2021年6月~2021年12月 大手飲料メーカーの新規物件開拓プロジェクト

  • プロジェクトの目的:大手飲料メーカーの新規物件開拓を行い、売上拡大と顧客満足度向上を目指す
  • プロジェクトの内容:市場調査や競合分析を行い、ターゲットとなるエリアや物件を選定する
  • 自分の役割:プロジェクトリーダーとして、チームのメンバーを統括し、物件の提案や交渉、契約の締結などを行う
  • プロジェクトの成果:6か月間で10件の物件を獲得し、売上は前年比150%、顧客満足度は90%以上を達成する

成果や実績は数値化して記載する

成果や実績は、数値化して記載することで、自分の仕事の効果や貢献度を客観的に示すことができます。そして、数値化する際は、具体的な数字や単位、比較対象や期間などを明記することがポイントです。

【成果や実績を数値化した買き方の例】

新規開拓により、月平均5件の物件を獲得し、売上は前年比120%に増加させた

上記のように、物件数や売上の数字や単位、前年比という比較対象、期間を明記するのがポイントです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産業界の志望動機の書き方と例文

次に、不動産業界の志望動機の書き方と例文を解説します。ぜひ参考にしてください。

不動産業界の志望動機の書き方

不動産業界の志望動機を書く際は、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  1. 不動産業界に興味を持ったきっかけや魅力を伝えること
  2. 応募先企業の特徴や強みに触れること
  3. 自分の適性や目標を述べること

それぞれ解説します。

1.不動産業界に興味を持ったきっかけや魅力を伝えること

まず、不動産業界に興味を持ったきっかけや魅力を伝えることは、自分が不動産業界で働きたい理由を明確にするために重要です。

不動産業界は、土地や建物といった資産の価値を高めることや、人々の暮らしに関わることなど、さまざまな魅力があります。その中で、自分が特に感じる魅力や、不動産業界に関する経験や知識を持っていることを具体的に述べましょう。

2.応募先企業の特徴や強みに触れること

次に、応募先企業の特徴や強みに触れることは、自分がその企業で働きたい理由を伝えるために必要です。

不動産業界には、仲介や管理、デベロッパーやゼネコンなど、多様な業種や職種があります。その中で、自分が志望する企業がどのような事業を行っているか、どのような経営理念やビジョンを持っているか、どのような取り組みや成果を出しているかなどを調べましょう。

そして、その企業に対する共感や尊敬、興味や関心を示すことで、志望度の高さをアピールすることが重要です。

3.自分の適性や目標を述べること

最後に、自分の適性や目標を述べることは、自分がその企業でどのように活躍できるかを示すために大切です。

不動産業界で働くには、営業力や交渉力、分析力や企画力など、さまざまなスキルや能力が求められます。その中で、自分が持っているスキルや能力、これまでの経験や実績をアピールしましょう。

また、不動産業界でどのような仕事をしたいか、どのようなキャリアを目指しているか、どのような成長をしたいかなど、自分の目標や意気込みを述べることも大切です。

不動産業界の志望動機の例文

不動産業界の志望動機を書く際は、上記の3つのポイントを踏まえて書きましょう。以下では、不動産業界の志望動機の例文を紹介します。

【不動産業界の志望動機の例文】

私は、不動産業界で人々の暮らしを豊かにする仕事がしたいと思い、貴社の営業職を志望いたしました。

不動産業界に興味を持ったきっかけは、大学時代に不動産経済学の授業を受けたことです。そこで、不動産は単なる資産ではなく、土地利用やまちづくりにも関わる重要な産業であることを知りました。また、不動産は人々の暮らしに直結するものであり、住まいやオフィスの提供だけでなく、快適さや安全性、環境への配慮など、さまざまな価値を創造することができると感じました。そのような不動産業界の魅力に惹かれ、自分もこの業界で働きたいと思うようになりました。

貴社に入りたい理由は、貴社が不動産業界のリーディングカンパニーであり、多様な事業を展開していることに魅力を感じたからです。貴社は、仲介や管理、デベロッパーやゼネコンなど、不動産業界のあらゆる分野において高い実績と信頼を築いております。また、貴社は「人と地球にやさしい不動産サービスの提供」を経営理念として掲げ、環境や社会に貢献する取り組みを積極的に行っております。そのような貴社の事業内容やビジョンに共感し、貴社の一員として働きたいと強く思いました。

私は、これまでの営業経験を活かして、貴社の営業職として活躍したいと考えております。前職では、飲料メーカーの営業として、スーパーやコンビニなどの小売店に商品を提案し、売上目標を◯カ月連続で達成するなどの実績を残しました。その際に、お客様のニーズや市場の動向を分析し、最適な商品や販促方法を提案することが重要であることを学びました。貴社の営業職では、不動産の仲介や販売だけでなく、資産運用やリフォームなどのアフターサービスも提供しております。そのため、お客様のライフステージやニーズに合わせたトータルな不動産サービスを提供することが求められると思います。私は、前職で培った営業力や分析力を貴社で発揮し、お客様に満足いただける不動産サービスの提案を行っていきたいと考えております。

不動産業界は、日本の経済や社会に大きな影響を与える産業であり、常に変化に対応しながら、新たな価値を創造していくことが必要です。私は、貴社で不動産業界のプロフェッショナルとして成長し、貴社の事業発展に貢献していきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産業界への転職には、特化型転職エージェント「ビーバーズ」がおすすめ

ビーバーズは、建設や不動産業界に特化した総合人材サービスです。業界の「ワークライフバランスの実現」を目標に掲げており、正社員、派遣、フリーランスなど、様々な働き方に対応しています。

不動産業界への転職にビーバーズがおすすめな理由

ビーバーズが特におすすめな理由は、以下の3つです。

  1. 履歴書や職務経歴書の作成サポートがあること
  2. キャリアエージェントによる個別サポートが受けられること
  3. 建設業界の豊富な求人や案件を紹介してもらえること

それぞれ解説します。

1.履歴書や職務経歴書の作成サポートがあること

まず、履歴書や職務経歴書の作成サポートがあることは、不動産業界への転職において非常に重要です。

不動産業界は、土地や建物といった資産の価値を高めることや、人々の暮らしに関わることなど、さまざまな魅力がありますが、同時に、営業力や交渉力、分析力や企画力など、さまざまなスキルや能力が求められます。

そのため、自分の適性や目標を明確に伝えることが、応募先企業にアピールするために必要です。

ビーバーズでは、履歴書や職務経歴書の作成に関するアドバイスや添削の無料サポートがあるため、自分の強みや志望動機を効果的にアピールすることが可能です。

2.キャリアエージェントによる個別サポートが受けられること

次に、キャリアエージェントによる個別サポートが受けられることは、不動産業界への転職において非常に有利です。

ビーバーズでは、個々の求職者を担当するキャリアエージェントが、求人や案件などを紹介するだけでなく、今後のキャリア設計に関する相談や内定・案件獲得などに向けた各種サポート、交渉代行など、幅広く対応しています。

キャリアエージェントは、建設業界のプロフェッショナルであり、各業種や職種の特徴や動向を熟知しています。そのため、求職者の希望や適性に合った最適な求人や案件を紹介するだけではなく、応募先企業の特徴や強みに触れた志望動機の作成や、面接の対策なども行います。

また、入社後も、エージェントが定期的にアフターサポートを行うため、安心して転職活動を進めることができるでしょう。

3.建設業界の豊富な求人や案件を紹介してもらえること

最後に、建設業界の豊富な求人や案件を紹介してもらえることは、不動産業界への転職において非常に魅力的です。

ビーバーズは、建設業界に特化した総合人材サービスであるため、仲介や管理、デベロッパーやゼネコンなど、不動産業界のあらゆる分野において高い実績と信頼を築いています。そのため、ビーバーズでは、一般に公開されていない非公開求人や案件を多数保有しているのが特徴です。

また、ビーバーズでは、正社員、派遣、フリーランスなど、さまざまな働き方に対応しており、求職者個人のライフスタイルやキャリアプランに合わせた、柔軟な働き方を見つけることができるでしょう。

以上のように、ビーバーズは、不動産業界への転職において、履歴書や職務経歴書の作成サポートがあることや、キャリアエージェントによる個別サポートが受けられること、建設業界の豊富な求人や案件を紹介してもらえることなど、多くのメリットがあります。

そこで、不動産業界で働きたいと思っている方は、ぜひビーバーズにご相談ください。

不動産営業を辞めたい理由10選や失敗しない転職方法とおすすめ職種も解説

不動産営業は、高い報酬や自由な働き方が魅力的な職種ですが、それと同時に厳しいノルマや競争、お客様とのトラブルなど、ストレスの多い仕事でもあります。そこで、不動産営業を辞めたいと思う人も多いため、この記事では不動産営業を辞めたいと思った人の理由を紹介します。

また、不動産営業から転職する際は、これまでのスキルや資格を活かすことが大切です。そして、ご自分にあった職種を探すようにしましょう。

そこで今回は、不動産営業を辞めたい人に多い理由や失敗しない転職方法、おすすめ職種も解説します。不動産営業を辞めたいとお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

不動産営業を辞めるべきタイミングとは?

不動産営業を辞めるべきタイミングを一概に言うことはできませんが、以下のようなポイントを参考にすると良いでしょう。

不動産営業を辞める理由が明確なとき

仕事を辞める時は、自分の気持ちを整理することが大切です。不満やストレスがあるからといって、すぐに辞めるのは早計かもしれません。

辞めることで解決できる問題と、解決できない問題を明確にしましょう。

不動産営業を辞めた後のキャリアプランが決まっているとき

不動産営業を辞めても、次の仕事が見つからないということもあり得ます。そこで、自分のスキルや経験、希望や目標を考えて、転職先の選択肢を広げましょう。

また、不動産営業から、不動産業界内の別の職種への転職も可能です。

不動産営業を辞めるのにふさわしいタイミングのとき

不動産営業は、契約や引き渡しのタイミングによって、忙しい時期と暇な時期があります。辞めるタイミングは、できるだけ会社やお客様に迷惑をかけないような時期を選びましょう。

また、入社1年目で辞めるのは、転職活動に不利になる可能性があるため、注意が必要です。

不動産営業を辞める方法が決まっているとき

不動産営業を辞める際は、正社員であれば、退職届を提出して2週間の退職予告期間を経てから退職するのが一般的です。

しかし、会社や上司によっては、退職を受け入れてくれない場合もあります。その場合は、退職代行サービスを利用することも可能です。また、転職時に利用するエージェントのキャリアコンサルタントに相談するのも良いでしょう。

また、不動産営業を辞めるかどうかを決めるのは自分ですが、できれば1人で決断しないことも大切です。身近な人や専門家に相談して、冷静に判断しましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産営業を辞めたい人に多い理由とその対処法10選

beanie, guy, man

以下では、不動産営業を辞めたい人に多い理由と、その対処法10選を紹介します。

理由1.営業ノルマが厳しい

営業ノルマが厳しいときの対処法としては、ノルマの設定や評価方法について上司と相談するか、ノルマが問われない職種に転職するのがおすすめです。

理由2.給料が安定しない

給料が安定しないときの対処法は、営業成績に応じたインセンティブ制度のメリットやデメリットを理解することが重要です。また、固定給の高い別の職種に転職するのもおすすめです。

理由3.休みが不定期

休みが不定期なときの対処法には、お客様の都合に合わせるのではなく、自分の都合に合わせてスケジュールを調整することが大切です。ただし、不動産営業ではなかなか難しいのが現実です。そこで、休日や勤務時間が決まっている職種に転職するのもおすすめです。

理由4.クレーム対応が辛い

クレーム対応が辛いときの対処法としては、まずクレームの原因や内容を分析して、クレームが出ないような改善策を考えることが重要です。また、クレームの対応方法やスキルを学ぶという方法もあります。

ただし、ご自分では解決し難い(自分へのクレーム処理では無い)場合は、クレームが少ない職種に転職するのがおすすめです。

理由5.パワハラがひどい

パワハラがひどい場合の対処法としては、まずパワハラの事実や証拠を記録しておくことが重要です。そして、パワハラを受けたときの対処法や相談窓口を調べて確認しましょう。

どうしても治らない場合には、パワハラのない職場に転職することをおすすめします。この場合には、転職エージェントに相談して、別の不動産営業に転職すると良いでしょう。

理由6.体育会系の社風が合わない

体育会系の社風が合わないときの対処法としては、体育会系の社風のメリットやデメリットを理解したうえで、自分の性格や価値観に合った社風を探しましょう。

不動産会社には、体育会系でない職場も多くありますので、転職エージェントに相談して、ご自分にあった職場に転職するのがおすすめです。

理由7.仕事にやりがいや楽しさを感じない

仕事にやりがいや楽しさを感じないときの対処法としては、仕事の目的や意義を見つけることや、仕事の成果やお客様の声に喜びを感じることが重要です。

自分の興味や適性に合った仕事に転職することも可能ですが、また同じような状況になることも考えられるため、転職エージェントに相談して第三者の目線から、本当に適した職を見つけてもらうようにしましょう。

理由8.仕事とプライベートのバランスが悪い

仕事とプライベートのバランスが悪いときの対処法としては、まず、仕事とプライベートの優先順位を決めましょう。そして、仕事の効率や生産性を高めることも重要です。

また、これらを決めてから、仕事とプライベートのメリハリがある職種に転職するのもおすすめです。

理由9.人間関係が悪い

人間関係が悪いときの対処法としては、まず人間関係のトラブルの原因や内容を分析して、改善策を考えることが大切です。そして、人間関係の構築方法やコミュニケーションスキルを学ぶと、その後の仕事や転職先でも役立ちます。

現在の職場でどうしても改善しない場合は、人間関係の良い職場に転職するのがおすすめです。

理由10.スキルアップやキャリアアップの機会がない

スキルアップやキャリアアップの機会がない場合の対処法としては、まずご自分のスキルアップやキャリアアップの目標や計画を立てたうえで、自己学習や資格取得などでスキルを磨きましょう。

また、スキルアップやキャリアアップを積極的に支援してくれる会社を、転職エージェントに紹介してもらい、転職するのもおすすめです。

不動産営業からの失敗しない転職方法のコツ

不動産営業は大変な仕事ですが、営業スキルやコミュニケーション能力など、他の業界でも活かせる強みがあります。

そこで、不動産営業から別の職種へ転職するコツとしては、以下のような点に注意すると良いでしょう。

転職先の業界や職種をしっかりと調べること

不動産営業から転職できる業界は多岐にわたりますが、それぞれに特徴や求められるスキルがあります。そこで、ご自分の適性や希望に合った転職先を見つけるためには、事前に業界や職種の情報を収集することが重要です。

不動産営業で培った経験や実績をアピールすること

不動産営業は、顧客との信頼関係の構築や物件の提案など、高い営業力が求められる仕事です。これらの経験や実績は、転職先での即戦力となります。

そこで、履歴書や職務経歴書、面接での自己PRなどで、具体的な数字や事例を用いて自分の強みを伝えましょう。

転職の動機や志望動機を明確にすること

不動産営業から転職する理由は人それぞれですが、ネガティブな理由だけでなく、ポジティブな理由も含めて説明することが大切です。

例えば「不動産営業で学んだスキルを活かして、新しい分野に挑戦したい」「自分の興味や関心のある業界で働きたい」「キャリアアップやスキルアップを目指したい」など、自分の成長や貢献につながる志望動機を述べましょう。

転職のプロに相談すること

不動産営業から転職するには、戦略的に行動することが必要です。しかし、自分だけで転職活動を進めるのは大変なことです。

そこで、転職のプロである転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談するのがおすすめです。転職エージェントや転職サイトは、自分に合った求人の紹介や履歴書の添削、面接の対策など、転職に関する様々なサポートをしてくれます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産営業経験者におすすめの職種

不動産営業経験者におすすめの職種には、以下のようなものがあります。

営業職

営業職は、不動産営業で培ったコミュニケーション能力や提案力を活かせる職種です。

不動産業界にこだわらず、WebやIT、人材、金融、製薬などの幅広い業種から選べます。

事務職

事務職も、不動産営業で得た不動産の知識や事務処理のスピードや正確さを生かせる職種です。

不動産会社の内勤や、不動産管理会社の事務などがあります。

設計コンサルタント

建設コンサルタントとは、不動産営業で得た不動産の知識や市場動向を生かして、設計者やディベロッパーに対して仕様や商品設定のアドバイスを行う職種です。

工事監理

工事管理とは、不動産営業で得た不動産の知識や現場経験を生かして、工事が設計図通りに行われているかを確認する職種です。

以上のように、不動産営業経験者におすすめの職種は、不動産業界だけでなく、他の業界でも活躍できるものが多くあります。ご自分の強みや興味に合わせて、転職先を探してみましょう。

不動産営業を辞めて転職するメリットとデメリット

Man in Black Holding Phone

不動産営業を辞めるメリットとしては、まず今感じているさまざまなストレスから解放されることです。また、営業スキルは他の業界や職種でも活かされることが多いため、比較的転職しやすいのもメリットです。そのため、新しい職場でも、新しい環境でやりがいを感じながら仕事に取り組むことができるでしょう。

ただし、不動産営業を辞めるデメリットがある場合もあります。それは、転職先の企業や業界によっては不動産営業の経験やスキルが評価されない場合があることです。これは、正直もったいないため、しっかりと転職先を選ぶ必要があります。また、やり方によっては、転職活動に時間や労力がかかったり、転職後の仕事に適応できなかったりするリスクもあります。

そこで、転職のプロである転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談して、ご自身に合った職場を選ぶことが大切です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産営業からの転職には転職エージェントがおすすめ

two women sitting on chair

不動産営業からの転職に、転職エージェントを活用することで、次のようなメリットがあります。

  • 不動産業界に強い転職エージェントなら、非公開求人や独占求人など、一般には見つけられない魅力的な求人にアクセスできます。
  • 転職エージェントは、不動産業界の市場動向や求人情報を把握しており、自分の適性や希望に合った企業や職種を紹介してくれます。
  • 転職エージェントは、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、条件交渉など、転職活動のあらゆる面でサポートしてくれます。
  • 転職エージェントは、自分に合った担当者を選ぶことができ、信頼できるキャリアアドバイザーとして、転職の成功に導いてくれます。

上記のように、転職エージェントを利用することで、不動産営業からの転職をスムーズに進めることができるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産営業を辞めたい理由や転職に成功するポイントのまとめ

このように、不動産営業を辞めたいと考える方は多く、その理由もさまざまです。しかし、不動産営業の場合は、辞めた後の転職先選びが比較的しやすいという特徴があります。

ただ、転職する際は、ご自身の適性に合った職種や職場を選ばなければなりません。なぜなら、しっかりとした転職活動を行い、適切な転職先を選ばなければ、また同じような理由で仕事を辞めたくなる可能性があるからです。

そこで、不動産営業からの転職を考える際は、自分がどのような職場や職種に合っているかを自己分析しておくことが大切です。転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングを通して自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

不動産業界への転職で未経験歓迎の職種とは?失敗しないコツを徹底解説

不動産業界は、日本の経済に欠かせない重要な産業の1つです。しかし、不動産業界に転職するにはどのようなスキルや資格が必要なのか、また、未経験でも歓迎される職種はあるのかなどについては、なかなか情報が少ないのが現実です。

不動産業界には、さまざまな職種があります。例えば、不動産の仲介や管理を行う営業職、不動産の価値や需要を分析するコンサルタント職、不動産の開発や設計を行うプランナー職などです。これらの職種には、それぞれに求められるスキルや資格がありますが、一概には言えません。なぜなら、不動産業界は、常に変化する市場や顧客のニーズに応えるために、柔軟に対応できる人材を求めているからです。

そこで今回は、不動産業界への転職で未経験歓迎の職種や、転職に失敗しないためのコツを徹底解説します。不動産業界に転職をお考えの方はもちろん、不動産業界に興味のある方も、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

不動産業界の仕事とは? 未経験で転職するための基礎知識を解説

不動産業界の仕事とは、土地や建物の開発・販売・仲介・管理などを行う職種です。

不動産業界には、不動産デベロッパー、不動産販売会社、不動産仲介会社、不動産管理会社などの業種があり、それぞれに異なる仕事内容があります。

不動産業界に未経験で転職する際には、以下のようなことが有利となるでしょう。

  • 不動産業界の市場規模や将来性、業界動向などの基礎知識を持つこと
  • 不動産に関する資格を取得すること(宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、管理業務主任者、ファイナンシャルプランナーなど)
  • コミュニケーションスキルや聞くスキルを磨くこと
  • お客様のニーズに合わせた提案ができること
  • プレッシャーや競争に強いメンタルを持つこと
  • 上昇志向や達成意欲を持つこと

不動産業界は、日本の経済成長を支える重要な基幹産業であり、未経験でも活躍できるチャンスがある仕事です。

不動産業界で働くメリットとしては、高い収入やインセンティブ、達成感ややりがい、キャリアアップの可能性などが挙げられます。

不動産業界の未経験歓迎の職種の事例3選

不動産業界で未経験歓迎の職種には、次の3つが挙げられます。ただし、企業によってはこれ以外にも、多くの未経験歓迎の職種があるでしょう。

1.不動産仲介会社の営業職

不動産を売りたい人と買いたい人の間に入り、売買を仲介する仕事です。接客や営業のスキルがあれば、未経験でも比較的挑戦しやすい職種といえるでしょう。

2.不動産管理会社の事務職

不動産のオーナーに代わって物件を管理・メンテナンスし、入居者の対応などをおこなう仕事です。不動産の知識や資格は必要ありませんが、事務処理やコミュニケーション能力が求められるでしょう。

3.不動産販売会社の反響営業

分譲マンションや一戸建て、土地を販売する仕事です。自ら営業活動をおこなうのではなく、広告や展示会などで集客したお客様に対応する仕事です。不動産の知識や資格はあると望ましいですが、未経験でも研修制度が充実している会社が多いでしょう。

不動産業界へ未経験者が転職するメリット

不動産業界へ未経験者が転職するメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

  • 高い収入やインセンティブが得られる可能性がある
  • 営業スキルや不動産に関する幅広い知識が身につく
  • キャリアアップのチャンスが多い
  • 人々の生活に貢献できるやりがいがある

それぞれ解説します。

高い収入やインセンティブが得られる可能性がある

不動産業界は、成果に応じて高額の報酬やインセンティブが支払われることが多いです。

特に、不動産販売や仲介などの営業職では、売上や契約数に応じてボーナスや手数料が発生します。

また、不動産管理やデベロッパーなどの企画職では、プロジェクトの成功に応じて評価や昇給が期待できるでしょう。

営業スキルや不動産に関する幅広い知識が身につく

不動産業界では、お客様とのコミュニケーションや交渉、提案などの営業スキルが必要です。

また、不動産の価値や市場動向、法律や税金、金融や資産運用などの不動産に関する幅広い知識が求められます。

これらのスキルや知識は、不動産業界だけでなく、他の業界やビジネスにも応用できる貴重な能力といえるでしょう。

キャリアアップのチャンスが多い

不動産業界は、未経験でも入社後に研修や教育を受けることができる会社が多いのが特徴です。また、不動産に関する資格を取得することで、スキルアップやキャリアチェンジができる可能性があります。

不動産業界には、営業職や企画職だけでなく、マーケティングやアナリスト、コンサルタントなどの専門職もあるため、自分の興味や適性に合わせて、さまざまなキャリアパスが選べるでしょう。

人々の生活に貢献できるやりがいがある

不動産業界では、人々の住まいや働く場所、暮らしやライフスタイルに関わる仕事をします。そのため、顧客のニーズに応えて、快適で安心できる空間を提供したり、資産価値を高めたり、社会的な課題を解決したりすることが可能です。

このように、不動産業界で働くことは、人々の生活に貢献できるやりがいのある仕事といえるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産業界の転職に向いている未経験者の特徴とは?

不動産業界の転職に向いている未経験者の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

コミュニケーションスキルがある人

不動産業界では、お客様や関係者とのコミュニケーションが重要です。

相手の話をしっかり聞き、ニーズに応えた提案ができる人は、信頼関係を築きやすく、契約につなげることができるでしょう。

根気がある人

不動産業界では、高額な商材を扱うため、契約までに時間がかかることが多いのが特徴です。

また、市場や法律の変化に対応するために、常に勉強や情報収集が必要です。

そこで、根気強く取り組める人は、成果を出しやすいでしょう。

自己管理ができる人

不動産業界では、成果に応じて高い収入やインセンティブが得られる可能性がありますが、逆に失敗やトラブルによって収入が減ることもあります。

そのため、期待値を高く持ちすぎず、現実的な目標を設定できる自己管理能力の高い人は、精神的に安定して仕事ができるでしょう。

ビジネスへの達成意欲がある人

不動産業界では、自分の仕事に責任を持ち、主体的に動くことが求められます。

ビジネスへの達成意欲がある人は、自己管理やスキルアップに励み、キャリアアップのチャンスを掴みやすいでしょう。

不動産業界が未経験の方でもアピールできる資格やスキル

不動産業界に転職する際に、未経験でもアピールできる資格やスキルは以下のようなものがあります。

宅地建物取引士

不動産の売買や仲介に関する法律や知識を持つ国家資格です。不動産業界では必須ではありませんが、有資格者でなければできない独占業務があり、高い信頼と専門性を示すことができます。

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産の経営や管理に関する法律や知識を持つ国家資格です。不動産管理会社や賃貸仲介会社で活躍できるほか、オーナーからの信頼も得やすくなります。

管理業務主任者

マンションやビルなどの管理業務に関する法律や知識を持つ民間資格です。管理業務を行う場合は、この資格が必要になります。

ファイナンシャルプランナー(FP)

金融や税金、資産運用などに関する知識を持つ民間資格です。不動産の購入や売却に関するお客様の相談に対応できるほか、不動産投資の提案もできます。

ITスキル

不動産業界では、ウェブサイトやSNSなどのインターネットを活用した集客や情報発信が重要になっています。また、不動産の価値や市場動向を分析するために、エクセルやパワーポイントなどの基本的なITスキルが必要です。

これらの資格やスキルは、不動産業界に限らず、他の業界やビジネスにも応用できるものです。不動産業界に興味がある方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産業界への転職で失敗しないための注意点

不動産業界への転職で失敗しないためには、以下のような注意点があります。

不動産業界の特徴や市場規模、求人動向などを事前に調べておくこと

不動産業界は事業内容や職種によって仕事内容や求められるスキルが大きく異なります。自分の適性や目指すキャリアに合った業界や会社を見極めることが重要です。

不動産業界で活かせるスキルや資格をアピールすること

不動産業界では顧客とのやり取りをする機会が非常に多く、コミュニケーション能力の高い人材が求められます。

そのため、コミュニケーションスキルの高さやコミュニケーションに対する苦手意識のなさをアピールするのが、転職を成功させるポイントです。

また、宅建士や不動産鑑定士などの資格を所持している場合は、それを伝えることで専門性や知識をアピールできます。

不動産業界で働きたい理由や志望動機を明確にすること

不動産業界はやりがいや達成感が高い反面、労働時間が長かったり、ノルマが厳しかったりする場合もあります。

そのため、不動産業界で働くことに対する熱意やモチベーションを示すことが、面接での印象を良くするポイントです。

不動産業界の横の繋がりや情報交換を大切にすること

不動産業界は横の繋がりがとても強く、大きなミスやトラブルを起こすと、業界内での評判や信用が失われる可能性があります。

また、独立やキャリアアップを目指す場合には、他社や他業界との協力や情報交換が必要になる場合もあります。

そのため、不動産業界で長く活躍するためには、横の繋がりや情報交換を大切にすることが必要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産業界への転職でよくある質問Q&A5選

white and red wooden house miniature on brown table

Q1.不動産業界で必要な資格は何ですか?

A1.不動産業界で働くには、必ずしも資格が必要というわけではありませんが、資格を持っていると仕事の幅が広がります。不動産業界で役立つ資格には、不動産鑑定士、宅地建物取引士、マンション管理士、ファイナンシャルプランナーなどがあります。

Q2.不動産業界の年収はどのくらいですか?

A2.不動産業界の年収は、職種や企業、業績などによって大きく異なりますが、一般的には、営業職や開発職が高く、管理職や事務職が低い傾向にあります。また、不動産業界では、歩合制やインセンティブ制が多く採用されているため、個人の成果によっても年収が変わります。平均的な年収は、500万円~800万円程度と言われています。

Q3.不動産業界の仕事のやりがいは何ですか?

A3.不動産業界の仕事のやりがいは、人にとって大切な住まいや働く場所を提供することで、お客様の人生に関わることができるという点です。また、不動産業界は、市場や社会の動向に応じて変化するため、常に新しい知識やスキルを身に付けることができるという点もやりがいの1つです。

Q4.不動産業界の仕事の大変なところは何ですか?

A4.不動産業界の仕事の大変なところは、高額な商品を扱うことで、お客様のニーズや要望に応えることが難しいという点です。また、不動産業界は、競争が激しいため、営業成績や業績に対するプレッシャーが大きいという点も大変なところです。

Q5.不動産業界でのキャリアパスはどのようなものですか?

A5.不動産業界でのキャリアパスは、企業や職種によって異なりますが、一般的には、営業職や開発職などの現場で経験を積んだ後、管理職や企画職などの幹部に昇進するという流れです。また、不動産業界では、資格やスキルを活かして、専門性の高い職種に転向することも可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

​​不動産業界へ未経験で転職するケースのまとめ

このように、不動産業界へ未経験で転職する際には、高収入に期待ができ、やりがいがある魅力的な仕事といえるでしょう。

ただし、不動産業界への転職を考える際は、自分がこの仕事に合っているかを自己分析しておくことが大切です。

転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングを通して自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

不動産業の独立開業が難しい理由と起業後に失敗しないためのコツを解説

不動産業は、高い収益性と安定性を兼ね備えた魅力的なビジネスです。しかし、不動産業の独立開業は、決して簡単なことではありません。

不動産業には、多くの法律や規制、競争やリスクが存在します。そのため、独立開業には、高い専門性と経営力が求められます。また、独立開業後も、市場の変化や顧客のニーズに対応するために、常に学び続ける姿勢が必要です。そのため、安易に独立開業すると失敗する可能性があります。

そこで今回は、不動産業の独立開業が難しい理由と起業後に失敗しないためのコツを解説します。不動産業で独立をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

不動産業で独立開業が難しいって本当?独立する魅力も解説

man in purple suit jacket using laptop computer

不動産業で独立開業が難しいと言われる理由は、宅建などの資格が必要なことや、不動産業界の知識が必要なことなどがあります。しかし、不動産業界で仕事をした経験のある方が独立するには、それほどハードルが高い職種ではないでしょう。ただ、不動産業界は常に変化し続ける市場であるため、学び続ける姿勢と行動力が求められるのも事実です。

しかし、不動産業の独立開業には、多くの魅力があります。不動産業は、高い収益性と安定性を兼ね備えた業種です。一契約あたりの取引金額が高額になりやすく、仲介手数料や買取転売の利益などで、大きな収入を得ることが可能です。また、不動産業は、比較的開業資金や運転資金を抑えやすい業態でもあります。

不動産を仕入れる必要がない仲介業者であれば、500万円ほどの開業資金があれば独立開業が可能です。さらに、不動産業は、自分の営業力や経験を生かして、自分のスタイルで仕事ができるという自由度の高さも魅力と言えるでしょう。

このように、不動産業の独立開業は、難しいという側面と魅力という側面があります。独立開業を成功させるためには、競合他社との差別化を図ること、前職や他企業とのつながりを持つこと、運転資金を貯蓄しておくことなどがポイントです。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産業の独立開業が難しい理由6つ

hands, shaking hands, company

不動産業の独立開業が難しい理由には、主に次の6つが挙げられます。

  1. 法律や規制が多いから
  2. 市場の変化や顧客ニーズの多様化に対応する必要があるから
  3. 高い営業力と経営力が必要だから
  4. 開業資金や運転資金が必要だから
  5. 市場競争が激しいから
  6. リスクの高い業種があるから

それぞれ解説します。

1.法律や規制が多いから

不動産業は、宅地建物取引業法や消費者契約法など、さまざまな法律や規制に従わなければなりません。

これらの法律や規制は、不動産取引の安全性や公正性を保障するために必要なものですが、独立開業するには、それらを理解し、遵守する必要があります。 

また、不動産業を営むためには、宅地建物取引業免許や宅地建物取引士の資格など、一定の条件を満たす必要があります。 

そこで、不動産業で独立・開業する前に、十分な経験と資格を取得しておく準備が必要です。

2.市場の変化や顧客ニーズの多様化に対応する必要があるから

不動産業は、経済や社会の動向に大きく影響を受ける業種です。 

例えば、人口減少や少子高齢化、コロナ禍などによって、不動産の需要や価格は大きく変動しがちです。 

また、顧客のニーズも多様化しており、住宅やオフィスだけでなく、コワーキングスペースやシェアハウスなど、新しい形態の不動産も増えています。 

これらの市場の変化や顧客ニーズの多様化に対応するには、常に最新の情報や知識を取り入れ、柔軟に対応する能力が必要です。

3.高い営業力と経営力が必要だから

不動産業は、顧客との信頼関係を築くことが重要な業種であるため、高い営業力が求められます。 

不動産業では、顧客のニーズを把握し、適切な物件を提案し、価格交渉や契約手続きをスムーズに進める必要があります。また、不動産業は、成約するまでに時間がかかることが多く、成約率も低いのが特徴です。

そのため、継続的に顧客を獲得し、収益を確保できる営業力が求められます。

さらに、独立開業する場合には、営業力だけでなく、経営力も必要です。独立開業すると、自分で事業計画を立てたり、資金繰りを管理したり、人材を育成したりする必要があります。また、税務や会計などの事務処理も自分で行うか、外部に委託するかを判断しなければなりません。これらの経営に関する業務は、営業に直接関係しないように見えますが、事業の成否に大きく影響します。 

そのため、独立開業するには、高い経営力が必要です。

4.開業資金や運転資金が必要だから

不動産業で独立開業するには、開業資金や運転資金が必要です。 

開業資金とは、事業を始めるために必要な初期投資のことで、事務所の家賃や設備、免許や資格の取得費用などが含まれます。 

一方、運転資金とは、事業を継続するために必要な経費のことで、人件費や広告費、物件の仕入れ費用などが含まれます。 

不動産業は、開業資金や運転資金が少なくて済む業種と言われていますが、それでも一定の資金が必要です。不動産業は、成約までに時間がかかることが多いため、運転資金が不足すると事業が維持できなくなるリスクがあります。 

そのため、独立開業するには、開業資金や運転資金を十分に確保しておく必要があるでしょう。

5.市場競争が激しいから

不動産業は、市場競争が激しい業種の1つです。不動産業界には古くからの老舗も多く、日本国内に約10万社もの不動産会社が存在していると言われています。そのため、顧客を獲得するためには、他社との差別化が必要です。 

しかし、近年は不動産物件の情報がインターネットで公開されており、顧客が自由に比較できる状況にあります。そのため、物件の価格や条件だけで差別化するのは難しいのが現実です。 

また、不動産業では顧客のニーズが多様化しており、一般的な物件だけでなく、特殊な物件やニッチな物件にも対応できる必要があります。そのため、独立開業するには、市場の動向や顧客のニーズを把握し、他社との差別化を図ることが重要です。

6.リスクの高い業種があるから

リスクの高い業種とは、不動産を買い取って売り出したり、賃貸や売却で収益を得たりする業種のことです。このような業種は、不動産の価値や市場の変化によって、大きな利益や損失を被る可能性があります。 

また、不動産の管理や運用に関する業務やトラブルにも対処する必要があります。これらのことは、簡単にできることではなく、正確な判断や対応が必要です。 

そのため、リスクの高い業種は、不動産業の独立開業を難しくする要因と言えるでしょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産業の独立開業で失敗しないためのコツ5つ

不動産業の独立開業で失敗しないためには、次の5つのコツを押さえることが重要です。

  1. 十分な市場調査を行うこと
  2. 資金計画を立てること
  3. 営業力やマーケティング力を磨くこと
  4. 競合との差別化を意識すること
  5. 責任感を持って仕事に挑むこと

以下でそれぞれ解説します。

1.十分な市場調査を行うこと

不動産業は、地域や物件の特性によって需要や競争状況が異なります。そのため、開業する前に、自分のターゲットとする市場のニーズや動向を調査することが重要です。 

市場調査を行うことで、自分の強みや弱みを把握し、適切なビジネスモデルや戦略を立てることができるでしょう。

2.資金計画を立てること

不動産業の独立開業には、開業資金だけでなく、運営資金も必要です。運営資金とは、事業を継続するために必要な経費のことで、人件費や広告費、物件の仕入れ費用などが含まれます。 

不動産業は、成約までに時間がかかることや、成約率が低いことも多いため、継続的に顧客を獲得し、収益を確保できる資金繰りが必要です。 

資金計画とは、将来の収入と支出の見通しを立てて、資金繰りを管理することです。資金計画を立てることで、資金不足に陥らないように、しっかりとした資金管理を行うことができるでしょう。

3.営業力やマーケティング力を磨くこと

不動産業の独立開業において、集客は最も重要な要素です。集客方法には、ポータルサイトやウェブサイト、SNSなどのオンライン媒体や、チラシや看板などのオフライン媒体があります。また、人脈や紹介などの口コミも有効な集客方法です。 

ただし、それぞれの集客方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。例えば、ポータルサイトは集客効果が高いですが、掲載料が高いのが特徴です。一方、チラシや看板は掲載料が安いですが、集客効果が低い傾向にあります。また、口コミは集客効果が高く、掲載料もかからない手法ですが、人脈や信頼を築くのに時間がかかるのがデメリットです。

そこで、さまざまな営業方法やマーケティング手法を勉強しておくことで、自分のビジネスに合った効率的な集客方法を選択することができるようになるでしょう。

4.競合との差別化を意識すること

不動産業は、市場競争が激しい業種です。日本には約10万社もの不動産会社が存在しており、顧客は自由に比較できます。そのため、顧客を獲得するためには、他社との差別化が必須です。 

差別化とは、自分のビジネスに他社にはない独自の魅力や価値を付加することです。差別化の方法には、物件の価格や条件だけでなく、サービスの質やスピード、対応範囲や専門性などがあります。

他社との差別化を意識することで、顧客のニーズに応え、信頼や満足度を高めることができるでしょう。

5.責任感を持って仕事に挑むこと

不動産業の独立開業では、自分一人で全ての業務をこなすことは難しいです。そのため、人を雇うか、外部に委託するかを判断する必要があります。 

人を雇う場合には、適切な給与体系を設定し、良い人材を確保することが重要です。また、人材の育成と定着も重要です。新たに人を採用するコストは、既存の人材をキープするコストより高くなります。そのため、スタッフの成長をサポートし、高い職場満足度を保つための投資も欠かせません。 

一方、外部に委託する場合には、信頼できるパートナーを見つけることが重要です。また、委託する業務の内容や範囲、費用や納期などを明確にした上で契約する必要があります。 

大切なことは、人を雇うか、外部に委託するかにかかわらず、自分のビジネスに関する責任は自分にあることを忘れないことです。自分のビジネスを人任せにせず、自分で管理・監督を行うことが、最も重要です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産業で独立開業する際の注意点3つ

不動産業で独立開業する際には、以下の3つの注意点を押さえておくことが重要です。

1.宅地建物取引業免許を取得すること

不動産業を営むには、宅地建物取引業免許が必要です。

なお、この免許を取得するには、宅地建物取引士の資格を持つ専任の使用人を雇用し、事務所を構えるなどの条件を満たさなければなりません。

2.十分な開業資金を確保すること

不動産業の開業には、法人設立費用、宅建協会への入会金、事務所費用など、最低でも200万円程度の資金が必要です。

また、成約までに時間がかかる場合もあるため、運転資金も考慮しておく必要があります。なお、融資を受ける場合は、日本政策金融公庫がおすすめです。

3.自分の強みを活かせる業態を選択すること

不動産業には、仲介業者と買取転売業者の2種類の業態があります。

仲介業者は、売主と買主の間に立って契約を仲介し、仲介手数料を得る業者です。一方、買取転売業者は不動産を直接買い取り、リノベーションやリフォームを施して再販する業者を指します。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分の得意分野や市場ニーズに合わせて選択することが重要です。

不動産業の独立に向いている人の特徴3つ

不動産業の独立に向いている人の特徴としては、以下の3つが挙げられます。

1.営業力が高い人

不動産業で独立するには、顧客のニーズに応えられる、高い営業力が必要です。また、独立後も自分で顧客を開拓し、信頼関係を築くことができるコミュニケーション能力がある人が向いていると言えるでしょう。

2.専門知識や資格を活かしたい人

不動産業は、不動産の価値や法律、税金など、専門的な知識が求められる分野です。そこで、宅地建物取引士や不動産鑑定士などの資格を持っていると、信用力や競争力が高まるでしょう。

3.自己管理能力の高い人

不動産業は、自分でスケジュールや営業方法を決めることができる業種です。自分のペースで仕事を進めたり、自分の得意分野やターゲットを絞ったりすることも可能です。

ただし、これらを実現するには、高い自己管理能力が求められます。そのため、自己管理ができて、責任感の強い人が、不動産業の独立・開業に向いていると言えるでしょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産業で独立する際のよくある質問Q&A5選

ask, who, what

Q1. 不動産業で独立するにはどんな資格が必要ですか? 

A1. 不動産業で独立するには、宅地建物取引業免許が必要です。この免許を取得するには、宅地建物取引士の資格を持つ専任の使用人を雇用し、事務所を構えるなどの条件を満たさなければなりません。また、宅地建物取引士の資格は、不動産取引に関する国家試験に合格することで取得できます。

Q2. 不動産業で独立するにはどれくらいの開業資金が必要ですか? 

A2. 不動産業で独立するには、開業資金として400~1,000万円程度の資金が必要と言えるでしょう。開業資金には、法人設立費用、宅建協会への入会金、事務所費用、宅地建物取引業免許の申請費用、備品・事務用品の購入費用などが含まれます。また、運転資金も考慮しておく必要があります。

Q3. 不動産業で独立するにはどんな準備や手続きが必要ですか? 

A3. 不動産業で独立するには、以下のような準備や手続きが必要です。

  • 業態を決める
  • 独立・開業資金を見積もる
  • 事務所を用意する
  • 宅地建物取引業免許を申請する
  • 保証協会に加入する
  • 開業もしくは登記する
  • 備品をそろえる

Q4. 不動産業で独立するにはどんな集客方法が有効ですか? 

A4. 不動産業で独立するには、以下のような集客方法が有効です。

  • WEBサイトを作る
  • 一括査定サイトに登録する
  • チラシや広告を配布する
  • 既存の顧客からの紹介を増やす
  • SNSやブログで情報発信する

Q5. 不動産業で独立するにはどんなリスクがありますか? 

A5. 不動産業で独立するには、以下のようなリスクがあります。

  • 市場の変動による収入の減少
  • 顧客のトラブルやクレームに対処する責任
  • 競合他社との差別化や顧客獲得の難しさ
  • 営業以外の業務や経営管理の負担
  • 人材の確保や育成の課題

不動産業の独立開業のまとめ

このように、不動産業で独立・開業するにはいくつかの難しい点がありますが、決して不可能ではありません。

ただし、不動産業で失敗しないためには、記事にあるような先を見通す力と自分の力を見極める力が必要です。

また、最近では独立を支援する独立エージェントも存在します。独立のノウハウや細かい手続きなどを支援してくれて、なおかつ不動産業の独立に特化したエージェント会社もあります。

たとえば株式会社ビーバーズでは、独立した不動産業界をサポートするサービスを行っています。ぜひ、不動産業の独立・開業をスムーズに進めるためにご活用ください。

 

品質保証と品質管理の違いは?仕事内容や転職で求められる能力も解説

品質保証と品質管理は、製品やサービスの品質を高めるために重要な活動です。そこで、両者がどのように違うかについて詳しく知りたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

品質保証と品質管理は、それぞれの職種で仕事内容や年収、必要なスキルや資格が異なります。そこで、品質保証と品質管理の違いを知ることで、自分に合ったキャリアパスを見つけることができるでしょう。

そこで今回は、品質保証と品質管理の違いについて、仕事内容や転職で求められる能力などの視点から徹底解説します。品質保証や品質管理に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-enomoto
榎本 芽玖キャリアコンサルタント
これまで転職エージェントとして数多くの求職者に携り、即戦力に限らず、建設業界未経験のキャリアサポート実績が顕著。施工管理に限らず、現場事務(書類作成)やCADオペ、職人向けの案件マッチングも得意とする。

品質保証と品質管理の違いをわかりやすく解説

品質保証と品質管理は、ともに製品やサービスの品質を高めるための活動ですが、それぞれに違いがあります。

品質保証と品質管理の違いを、以下の3つのポイントで解説します。

責任の範囲の違い 

品質保証は、製品やサービスが顧客の要求や規格に合致していることを保証する活動で、出荷後の品質や顧客満足度にも責任を持ちます。

一方、品質管理は、製品やサービスの製造過程で品質を管理する活動で、出荷までの品質に責任を持つのが特徴です。

時間軸の違い

品質保証は、製品やサービスの企画から販売後までの全体的なプロセスに関わる活動です。一方、品質管理は、製品やサービスの製造時に関わる活動を指します。

業務範囲の違い

品質保証は、多くの部門を対象とした広範な活動を指し、購買、設計、製造、出荷、販売、カスタマーサービスなどの各業務が品質保証の対象となります。

一方、品質管理は、製造部門における限定的な活動のことです。そのため、品質保証の中に品質管理が含まれると考えることができます。

品質保証の仕事内容について

以下では、品質保証の仕事内容について詳しく解説します。

品質保証の目的と役割

品質保証とは、自社の製品やサービスの品質が顧客の要求や期待に適合していることを保証するための活動です。

品質保証の目的は、顧客満足度を高め、企業の信頼性や競争力を向上させることにあります。

品質保証の役割は、以下のように分類できます。

品質管理の強化

製品やサービスの品質を確認し、不良品を発見・改善することで、品質を維持・向上させます。

生産プロセスの改善

製品やサービスの品質に影響する要因を分析し、生産プロセス全体を見直し、効率化や省資源化を図ります。

保証活動の実施

製品やサービスに不具合が生じた場合に、迅速かつ適切に対応し、補償や交換などの保証を提供します。また、不具合の原因や再発防止策を検討し、品質の改善に努めます。

品質保証部門の設立

品質保証活動を効果的に行うために、社内各部門と独立し、中立的な立場から品質に関する提言や監査を行う部門を設置します。

品質保証は、製品やサービスの品質だけでなく、仕事のやり方やシステムの品質も重視する考え方です。品質保証を実践することで、製造業におけるQCD(品質・コスト・納期)のバランスをとることができます。

品質保証は、製造業の使命であるとともに、発展のための戦略でもあります。

品質保証の業務内容と具体例

品質保証の仕事では、製品やサービスの品質基準を策定し、それに沿った検査や評価を行います。例えば、食品の場合は、原材料の検査、製造工程の衛生管理、製品の保存状態や賞味期限の確認などです。

また、製品やサービスに不具合や問題点が見つかった場合には、その原因を究明し、改善策や再発防止策を立案・実施するのも品質保証の仕事です。例えば、自動車製造の場合は、不具合の発生した部品の解析、リコールの実施、品質改善のための設計変更や工程改善なども行います。

さらに、製品やサービスの利用者からのフィードバックやクレームに対応し、品質の向上に役立てることも、品質保証の重要な仕事です。例えば、化粧品の場合は、使用感や満足度のアンケート調査、肌トラブルの報告や対処方法の提供、製品の改良や新商品の開発などの業務があります。

品質保証に関する規格や認証

品質保証に関する規格や認証としては、以下のようなものがあります。

JIS(日本工業規格)

JISは、日本国内の規格で、工業製品やサービスの品質基準や試験方法などを定めています。

JISマークは、JISに適合した製品やサービスに表示されるマークです。

ISO(国際標準化機構)

ISOは、国際的な規格で、電気・電子分野以外の製品やサービスの品質管理や品質保証などを定めています。

ISO 9001は、品質マネジメントシステムの国際規格で、顧客の要求や法規制に適合する品質を提供するための要求事項を示しています。

IEC(国際電気標準会議)

IECは、国際的な規格で、電気・電子分野の製品やサービスの品質基準や試験方法などを定めています。

IEC 60068は、環境試験の国際規格で、製品やサービスがさまざまな環境条件に耐えられるかを検証するための方法を示しています。

これらの規格や認証を取得している企業では、製品やサービスの品質を客観的に評価されるため、信頼性や競争力を高めることができるでしょう。また、国際規格に適合することは、グローバル市場における展開の障壁を低くすることにも繋がります。

品質保証に求められる知識やスキル

品質保証に求められる知識やスキルは、以下のようなものがあります。

品質に関する基礎知識

品質保証の目的や原則、品質管理との違い、品質保証に関する規格や法律など、品質に関する基本的な知識が必要です。

データの収集・分析・評価スキル

品質保証では、品質に関するデータを集め、分析し、評価するためのスキルが求められます。

品質保証業務をこなす上では、データを収集するための検査や測定機器の扱い、得られたデータの分析手法、最終的な結果を適切に評価して組織内にフィードバックするといった知識やスキルが必須と言えるでしょう。

コミュニケーションスキル

品質保証では、社内の他部署や顧客とのコミュニケーションが重要となります。そこで、品質に関する情報や意見を正確に伝えたり、聞き取ったりすることができるコミュニケーションスキルが必要です。

また、品質に関する問題やクレームに対して、冷静に対応できる対応力も求められるでしょう。

リスクマネジメントスキル

品質保証では、品質に関するリスクを予測し、予防や対策を考えることが必要です。そこで、品質に関するリスクを分析し、優先順位をつけ、適切なアクションプランを立てることができるリスクマネジメントスキルが求められます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理の仕事内容について

Men's White Dress Shirt

次に、品質管理の仕事内容について詳しく解説します。

品質管理の目的と役割

品質管理の目的は、製品やサービスの品質を顧客の要求や期待に適合させることです。

品質管理の役割は、以下のように分類できます。

工程管理

工程管理は、製品やサービスの品質をつくり込むために、工程を適切な状態に管理する仕事です。工程管理には、作業手順の標準化、教育訓練、設備の維持管理、工程の正常化などが含まれます。

例えば、自動車メーカーでは、各部品の組み立てや塗装などの工程を、QC工程表や作業標準書に基づいて管理するのが一般的です。工程管理担当者は、工場内を巡回して、作業の進捗や品質の状況をチェックし、問題があれば指示や対策を行います。

品質検証

品質検証は、製品やサービスが既定の品質基準を満たしているかどうかを検証する仕事です。品質検証には、検査、テスト、監視、評価などが含まれます。

例えば、食品メーカーでは、原材料の受け入れや製品の出荷前に、品質検査を行うのが一般的です。品質検査担当者は、温度や重量、色や形、味や香りなどの品質項目を検査し、基準値と比較して、合格・不合格を判断します。

品質改善

本質改善は、品質に関する問題や不適合を特定し、改善策や再発防止策を立案・実施する仕事です。品質改善には、分析、原因究明、対策立案、改善実施などが含まれます。

例えば、化粧品メーカーでは、製品に不具合が発生した場合、その原因を追究し、改善策を実施するのが一般的です。品質改善担当者は、不具合の発生源や影響を深く調査し、問題点の抽出と改善策の立案・実行を行います。

品質管理に求められる知識やスキル

品質管理に求められる知識やスキルには、以下のようなものがあります。

リスクマネジメントスキル

リスクマネジメントスキルとは、問題の発生原因を特定し、適切な対策を講じる能力です。

観察力

観察力は、製造現場の状況や変化に気づき、品質に影響する要因を把握する能力の事です。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルとは、製造現場のスタッフや顧客と円滑にやりとりし、品質に関する情報や指示を伝える能力です。

学習意欲

学習意欲は、品質管理に関する最新の知識や技術を取り入れ、品質向上のために努力する姿勢を指します。

仮説思考

仮設思考とは、現象や結果から逆算して原因を仮定し、可能性のある説を立てて検証するために必要な考え方です。

数字に強いこと

品質管理では、数千から数万にも及ぶ製品のデータを収集し、統計の知識を用いて分析する能力が求められます。そのため、数字に強い人材が求められます。

正義感や倫理観

品質管理では、品質を維持し、安全性や信頼性を守るために努力する姿勢が求められます。そのため、強い正義感や倫理観が必要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質保証や品質管理へ転職する際に求められる能力

品質保証や品質管理へ転職する際に求められる能力には、以下のようなものがあります。

リスクマネジメントスキル

リスクマネジメントスキルは、品質に関する問題や不具合が発生した場合に、その原因を追究し、適切な対策や改善策を立案・実行できる能力です。

観察力

観察力は、製品や工程における品質の状態や変化を正確に把握し、品質の向上や維持に役立てる能力です。

コミュニケーションスキル

品質保証や品質管理では、社内外のさまざまなステークホルダーと連携する必要があります。そのため、説明力や調整力、交渉力など、円滑なコミュニケーションをとれる能力が求められます。

向上心

品質に関する知識や技術は常に進化しています。そのため、自ら学ぶ姿勢や、新しいことに挑戦する意欲と向上心が必要です。

これらの能力は、品質管理検定やマネジメントシステム監査員検定などの資格取得や、実務経験を通じて身につけることができます。

品質保証や品質管理は、企業のブランドイメージや信頼性を守る重要な役割を担う仕事です。そのため、責任感や正確さ、細やかさなどの人柄も重視されます。

品質保証や品質管理への転職を成功させるためには、自分の持つ能力や人柄をアピールするとともに、志望する企業や業界の品質に関する特徴やニーズを把握することが大切です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質保証と品質管理の違いのまとめ

このように、品質保証や品質管理の仕事は、ともに企業のブランドや信頼性を担保する上で、重要な役割を担う仕事の1つです。

そこで、品質保証や品質管理への転職を考える際は、製造業に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行うことが重要です。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」は、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

生産管理の仕事内容と目的|転職に有利なスキルや資格を具体的に解説

生産管理とは、製品やサービスの品質、コスト、納期、安全などを最適化するために、生産計画や工程管理、在庫管理などを行う仕事です。

生産管理の目的は、顧客のニーズに応えるとともに、企業の利益を最大化することにあります。そのため、生産管理の仕事には、さまざまなスキルや資格が求められます。

例えば、数理的な思考力や分析力、コミュニケーション力やリーダーシップ力、ITスキルや英語力などです。また、これらのスキルや資格は、転職にも有利となります。

そこで今回は、生産管理の仕事内容と目的、転職に有利なスキルや資格を具体的に解説します。これから生産管理への転職をお考えの方はもちろん、興味のある方も、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-enomoto
榎本 芽玖キャリアコンサルタント
これまで転職エージェントとして数多くの求職者に携り、即戦力に限らず、建設業界未経験のキャリアサポート実績が顕著。施工管理に限らず、現場事務(書類作成)やCADオペ、職人向けの案件マッチングも得意とする。

生産管理の仕事とは?目的と重要性を解説

Man Wearing Orange Hard Hat

生産管理とは、製品やサービスの品質、コスト、納期、安全などを最適化するために、生産計画や工程管理、在庫管理などを行う仕事です。

生産管理の目的は、顧客のニーズに応えるとともに、企業の利益を最大化することです。

生産管理の仕事は、製品の品質や原価、納期などが市場の競争力に直結する重要な役割を担います。

このように、生産管理は、製造業にとってきわめて重要な仕事と言えるでしょう。

生産管理の具体的な仕事内容

以下では、生産管理の具体的な仕事内容を解説します。

生産計画の立案と変更

生産計画の立案と変更は、生産管理の仕事の中でも最も重要な業務の一つです。

生産管理では、顧客の注文や市場の動向を分析し、製品の需要量や納期を予測します。そして、製品の設計や仕様、原材料や部品の調達、生産ラインや設備の稼働率などを考慮し、最適な生産計画を立案します。

生産計画は、生産現場のスケジュールや作業指示に反映され、常に変化する市場や顧客の状況に応じて柔軟に変更や修正を行う、重要な仕事です。

資材の調達と在庫管理

生産管理では、生産計画に基づいて必要な原材料や部品を発注し、納入や入庫の管理も行います。これにより、在庫の量や品質を把握し、適切なレベルに保ちます。

この業務は、在庫の過剰や不足、滞留や廃棄などを防ぎ、コストやロスを削減する重要な仕事です。

工程と進捗の管理

生産管理は、生産現場の作業員や機械の動きを監視し、工程の順宜や効率を確認します。これにより、生産計画と実際の生産量や納期を比較し、進捗状況を把握します。

また、生産工程や進捗に問題やトラブルが発生した場合には、原因を究明し、対策や改善策を実施するのも、生産管理の仕事です。

品質管理

生産管理では、製品の品質を検査し、規格や基準に適合しているかも確認します。もし、不良品や欠陥品が発見された場合は、原因を特定し、再発防止や改善策を実施します。

そして、品質管理の結果やデータを記録し、分析や報告を行うのも、生産管理の仕事です。

従業員の割り当て

生産管理では、生産計画に基づいて、作業員の人員や配置の決定も行います。この場合は、作業員の能力や経験、希望などを考慮し、適切な業務の割り当てが必要です。

また、生産管理では、作業員の教育や指導、評価やモチベーションの維持や向上施策も行う場合があります。

営業部門や取引先とのやりとり

生産管理は、営業部門や取引先との連携やコミュニケーションも行います。また、営業部門からの注文や要望、取引先からの納期や品質の確認などに対応するのも、生産管理の仕事です。そして、営業部門や取引先に対して、生産状況や進捗状況、品質状況などの報告を行います。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

生産管理の仕事のメリットとデメリット

それでは次に、生産管理の仕事のメリットとデメリットを解説します。

生産管理の仕事のメリット

生産管理の仕事には、以下のようなメリットがあります。

製品の最初から最後まで見守れること

生産管理の仕事は、製品の生産計画を立てたり、製造工程や品質を管理したり、出荷や在庫を管理したりするため、ひとつの製品の最初から最後まで見守ることができます。

そのため、全体的な管理が得意な方には最適な仕事と言えるでしょう。

工場の職種への転職先としても需要が多いこと

生産管理の仕事は、直接的なものづくりのスキルがなくても、管理能力や分析力、対外への交渉力があれば対応できる仕事です。

そのため、営業職や販売職など、他業種から工場の仕事へ転職したい時にも候補に挙がることの多い職種です。

工場全体を統括するやりがいがあること

生産管理は、工場の司令塔というべきポジションです。そのため、工場の全体をコントロールする仕事として、非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

全体的に給与が高い傾向にあること

工場全体を統括するポジションである生産管理の仕事は、その工場の中でも勤務年数が高い人や、中途採用でも他の業種でキャリアを積んだ人が選ばれるのが一般的です。

そのため、生産管理は、取り扱う業務内容に手当がつきやすいなど、工場の職種の中でも給料が高い職種に入ります。

ただ、製造業では人手不足の企業も多いため、未経験や経験が浅い方でも前職の経験を活かすことで、転職できる可能性が十分にある仕事です。

生産管理の仕事のデメリット

生産管理には、上記のようなメリットがある一方で、次のようなデメリットがあります。

責任がとても重い仕事であること

生産管理は、工場の全体をコントロールするポジションです。なぜなら、適切な生産計画の立案や工程・品質の管理が行われないと、製品の不足や過剰在庫、納期に間に合わない、不良品が出るなどのトラブルに繋がるからです。

しかし、責任感が大きい仕事である分だけ、大きな達成感も得られるでしょう。

市場の変化に対応するのが難しいこと

生産管理は、市場の動向や顧客のニーズに応じて、生産計画や資材調達を柔軟に変更する必要があります。しかし、市場の変化は激しく、需要予測が難しいことも多いです。

また、営業部門や取引先との調整もスムーズに行わないと生産に影響が出ることもあるため、相応のプレッシャーを感じるケースもあります。

管理業務が煩雑になる

生産管理は、生産計画や資材調達、工程・品質・在庫管理など、多岐にわたる業務を行います。また、複数の生産方式を扱う場合もあるでしょう。

これらの業務を効率的に管理するには、高い管理能力や分析力が必要です。また、管理業務が属人化している企業へ転職すると引き継ぎや教育がうまくいかないこともあるため、信頼できる転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談して、業務体制の整った企業へ転職することが重要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

生産管理に必要なスキルと転職に役立つ資格

以下では、生産管理に必要なスキルと転職に役立つ資格を解説します。

生産管理に必要なスキル

生産管理に必要なスキルには、以下のようなものがあります。

リーダーやマネジメント業務の経験

生産管理は、製造現場の作業員や関係部署との調整を行う仕事です。そのため、人を指導したり、動機づけたり、問題を解決したりする能力が必要です。

臨機応変さ

生産管理は、市場の変化やトラブルに対応して、生産計画や資材調達を柔軟に変更する必要があります。そのため、状況に応じて判断したり、対策を考えたりする能力が必要です。

全体を俯瞰する能力

生産管理は、製品の生産から出荷までの全工程を管理する仕事です。そのため、全体的な流れやバランスを把握したり、効率的な生産システムを設計したりする能力が必要です。

コミュニケーション能力

生産管理は、社内外のさまざまな人と連携する仕事です。そのため、情報を正確に伝えたり、交渉したり、調整したりする能力が必要です。

体力

生産管理は、製造現場の状況を確認したり、品質検査を行ったりする仕事です。そのため、長時間の立ち仕事や移動に耐えられる体力が必要です。

生産管理に役立つ資格

次に、生産管理に役立つ資格を解説します。

ビジネス・キャリア検定試験 (生産管理)

ビジネス・キャリア検定試験 とは、生産管理に関する基本的な知識や実務能力を評価する公的資格です。

ビジネス・キャリア検定試験は、生産管理の仕事に就くために必須な資格ではありませんが、スキルアップや転職に有利となる可能性があります。

中小企業診断士

中小企業診断士とは、経営に関する横断的な知識や分析・アドバイスができる国家資格です。中小企業診断士は、生産管理に限らず、さまざまな業務や業種に役立つ資格の1つです。

また、キャリアアップや転職、独立開業にも有利となる可能性があります。

QC検定(品質管理検定)

QC検定とは、品質管理に関する知識や技能を評価する資格です。品質管理は、生産管理の重要な業務の1つです。

そのため、品質管理のスキルを高めることで、生産管理の業務にも役立ちます。

以下の記事では、生産管理に向いている人の特徴などをわかりやすく解説しています。ぜひ、本記事と併せてご参照ください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

生産管理の仕事内容のまとめ

このように、生産管理は、比較的レベルの高い知識やスキルが求められる仕事です。そのため、生産管理に興味のある方は、これまでのキャリアの棚卸しを行い、ご自分の強みや目標をしっかりと把握しておく必要があります。

そこで、生産管理への転職を考える際は、製造業に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行うことが重要です。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」は、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

生産技術の仕事がきついって本当?仕事内容と魅力、転職に成功するコツを徹底解説

生産技術とは、製品や部品を効率良く作るための体制や環境を整える仕事のことです。製造業において、生産技術は生産性や品質、コストなどを考慮しながら、最適な生産ラインを設計・改善・開発する重要な役割を担います。

このように、生産技術は製造業の中核を担う重要な役割ですが、仕事内容が「きつい」と言われることがあります。それは、日々の業務が多岐に渡るため、時に過酷な環境での作業が求められるケースがあるからです。

しかし、生産技術の仕事は、それだけやりがいや魅力も多いのも特徴です。また、生産技術は転職市場でも需要が多く、専門性を活かしたキャリアアップを目指すことも可能といえるでしょう。

そこで今回は、生産技術の仕事がきついといわれる理由や、仕事内容と魅力、転職に成功するコツを徹底解説します。生産技術に携わる方はもちろん、興味のある方も、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-enomoto
榎本 芽玖キャリアコンサルタント
これまで転職エージェントとして数多くの求職者に携り、即戦力に限らず、建設業界未経験のキャリアサポート実績が顕著。施工管理に限らず、現場事務(書類作成)やCADオペ、職人向けの案件マッチングも得意とする。

生産技術とは?仕事内容や重要性を解説

生産技術とは、製品や部品を効率的に、たくさん作るための体制や環境を整える仕事のことです。生産技術は、製造業の企業において、生産技術は生産性や品質、コストなどを考慮しながら、最適な生産ラインを設計・改善・開発する役割を担っています。

生産技術の仕事内容

生産技術の仕事内容は、主に以下のようなものがあります。

  • 生産設備の監視、課題検出
  • 生産ラインの設計、稼働テスト、改良
  • 新規設備の導入計画
  • 生産技術の研究開発

生産技術の重要性

生産技術は、製造業の競争力に直結する重要性の高い仕事です。なぜなら、生産技術のレベルが高ければ、製品の品質やコスト、納期などに優れ、市場での優位性を確保できるからです。逆に、生産技術のレベルが低ければ、製品の品質やコスト、納期などに劣り、市場競争に負けてしまいます。

そのため、生産技術は、さまざまな業界や企業でニーズの多い職種です。生産技術のスキルや知識を持つ人材は、高い評価や待遇を得られる可能性が高いと言えるでしょう。

このように、生産技術は、自分のアイデアや技術で企業や社会に貢献できるやりがいのある仕事です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

生産技術が「きつい」と言われる理由7つ

生産技術が「きつい」と言われる理由はさまざまですが、主に次のようなものが挙げられます。

  1. 休日出勤や残業が多いから
  2. 急なトラブルに対応しなければならないから
  3. 納期のプレッシャーが強いから
  4. 責任が重い仕事から
  5. 他部署との間で板挟みになるケースがあるから
  6. 出張が多いから
  7. 危険な仕事が多いから

それぞれ解説します。

1.休日出勤や残業が多いから

生産ラインの改善やトラブル対応は、平日の日中にはできないため、夜間や休日に行う必要があります。そのため、休日出勤や残業、夜間勤務なども多くなるケースがあるでしょう。

2.急なトラブルに対応しなければならないから

生産ラインの不具合は、生産性や品質、納期に影響するため、迅速に解決しなければなりません。ただ、このようなトラブルはいつ起こるかわかりません。そのため、常に緊張した状態が続く仕事でもあります。

3.納期のプレッシャーが強いから

生産技術は、製品の生産日程に直接関わるため、納期遅れは許されません。そこで、前工程の遅れや別件のトラブルで、予定よりも厳しい納期で仕事をしなければならないこともあります。このように、いつも納期を気にしながら、プレッシャーに耐えられる精神力や体力が必要な仕事です。

4.責任が重い仕事だから

生産技術は、製品の品質を保証するための設備や工程を設計するため、ミスがあってはなりません。万が一不具合が発生すると、リコールや信頼の低下など、会社に大きな損害を与える可能性があります。そのため、重い責任を背負いながら仕事をすることになります。

5.他部署との間で板挟みになるケースがあるから

生産技術は、設計部門と製造部門、営業部門などの間に立つ仕事で、それぞれの要望を調整しなければならない仕事です。しかし、それぞれの意見が食い違うことも多く、折衝や交渉が大変です。そのため、コミュニケーション能力や論理的思考、問題解決力といった、高いビジネス力が求められます。

6.出張が多いから

生産技術は、全国各地や海外にある工場に出向いて、直接生産ラインの設計や改善を行うこともあるでしょう。このような長期間の出張は、家族やプライベートに影響することもあります。そのため、体力だけでなく、精神的にも強い意志がなければ務まらない仕事と言えるでしょう。

7.危険な仕事が多いから

生産技術は、プレスや溶接など危険な設備を扱うことがあります。そのため、試運転中に事故にあうなどのリスクもある仕事です。普段からのハードワークに加え、危険が伴う仕事であることも理解しておく必要があります。

このように、生産技術は製品の生産にともなうさまざまな課題を解決する仕事ですが、その分責任やプレッシャーが大きい仕事でもあります。

もし、生産技術が「きつい」と感じるときは、自分の目標ややりがいを見つめ直したり、異動や転職を検討したりすることも一つの方法です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

生産技術の仕事内容の具体例

生産技術とは、製品や部品を効率的に量産するための生産体制を築く仕事です。そのため、実際の仕事の内容も多岐にわたります。

そこで以下では、生産技術の主な仕事を紹介します。

生産ラインの設計

生産技術では、新製品のための設備や機材、人員の配置などを考え、最適な生産ラインの設計を行います。

例えば、自動車のエンジンを作る場合、エンジンの部品を組み立てる順序や方法、必要な工具や治具、作業者の数や動線などを決めたりする仕事です。

生産ラインの改善

生産技術は、既存の生産ラインにおいて、生産性や品質、コストなどを向上させるための改善案を考え、実行します。

例えば、不良品の発生原因を分析し、設備や工程を改良したり、作業者の教育や指導を行ったりする仕事です。

設備導入の検討

生産技術は、新しい技術や設備の導入によって、生産性や品質、コストなどにどのような効果があるかを検討し、提案を行います。

例えば、ロボットやAIなどの最新技術を使って、作業の自動化や省力化を図ったり、品質の安定化やコストの削減を目指したりする仕事です。

設備不具合時の修理

生産技術は、生産ラインで設備の故障や不具合が発生した場合、原因を特定し、修理や交換を行います。

例えば、プレス機や溶接機などの機械が動かなくなったり、異常な音や振動がしたりした場合、部品の破損や摩耗などをチェックし、必要な部品を取り寄せたり、メーカーに連絡したりする仕事です。

生産計画の調整や部署間の橋渡し

生産技術は、生産計画に沿って、生産ラインの稼働状況や生産量を管理し、必要に応じて調整を行います。

例えば、納期の変更や受注の増減などに対応して、生産スケジュールや人員配置を変更したり、在庫や原材料の確保を行ったりする仕事です。また、設計部門や製造部門、購買部門や経理部門など、他の部署とも連携して、生産に関する情報や意見を共有したり、調整したりすることも、生産技術が担当します。

生産技術の仕事にあるやりがいと魅力5つ

上記のように、生産技術の仕事はハードになることも多く、責任の重い仕事でもあります。しかし、その分やりがいも多く、魅力的に感じる方が多いのも事実です。

そこで以下では、生産技術の仕事の魅力を解説します。

1.自分のアイデアや技術でモノづくりに貢献できること

生産技術は、製品の生産に必要な設備や工程を設計・改善・開発する仕事です。

そのため、自分が考えた生産ラインが実際に稼働し、製品が量産されていく様子を見ると、大きな達成感ややりがいを感じることができるでしょう。

2.さまざまな知識やスキルが身につくこと

生産技術は、製品や設備の知識だけでなく、コストや品質、安全性などの経営的な知識も必要とされる仕事です。また、関係部署との調整や交渉も重要なスキルとなります。

このような生産技術の仕事を通じて、幅広い知見や能力が身につくでしょう。

3.会社や社会に大きな影響を与える仕事であること

生産技術は、製品の品質やコスト、納期などに直接関わる仕事です。そのため、生産技術のレベルが高ければ、会社の利益や競争力を向上させることも可能です。また、環境や安全に配慮した生産技術を開発することで、社会にも貢献できます。

このように、自分の仕事が会社や社会に影響を与える可能性があるのも、生産技術のやりがいや魅力に通ずるポイントです。

4.海外で活躍できる可能性があること

生産技術は、海外にある工場や拠点に出向いて、生産ラインの設計や改善を行うことがあります。特に大手メーカーの場合は、世界各国に展開していることが多いため、海外での経験やスキルを身につけるチャンスもあります。

このように、海外での仕事や、自分の可能性を広げられる可能性があるところも、生産技術の魅力と言えるでしょう。

5.高収入に期待ができること

生産技術の平均年収は、おおよそ500万円程度と言われていますが、経験やスキルによっては1,000万円以上の報酬を得ることも可能な仕事です。

特に半導体メーカーや自動車メーカー、電化製品メーカーなどの生産技術は年収が高めとなっています。これは、特別な資格やスキルが求められることが要因の一つですが、会社の規模や勤続年数によっても大きく変わります。

そこで、生産技術の職に就く際は、転職エージェントなどに相談して、ご自身の希望に合わせた業界へ就職するのがお勧めです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

生産技術の仕事が「きつい」と感じた時の対処法3つ

上記のような理由から、生産技術の仕事には、ストレスがつきものです。そこで以下では、生産技術の仕事が「きつい」と感じた時の対処法を紹介します。

1.休暇をとってリフレッシュする

生産技術の仕事がきついと感じたら、一旦休暇をとってリフレッシュしてみましょう。

仕事のストレスから離れて、自分の好きなことをしたり、家族や友人と過ごしたりすることで、気分転換やリラックス効果が得られるかもしれません。

2.他部署への異動を検討する

もし、生産技術の仕事が自分に合わないと感じる場合は、自分の適性や興味に合った他の部署への異動を相談してみることも一つの方法です。

部署を異動することで、仕事のやりがいやモチベーションが高まる可能性があります。生産技術はさまざまなスキルが求められる職種であるため、他の部署でも重用されやすいため、比較的移動がしやすいでしょう。

3.他業種へ転職する

生産技術の仕事に携わり、そうしても限界を感じる場合は、他の業種への転職を考えるのも良い方法です。前述したように、生産技術はやりがいと魅力がある仕事ではあるものの、危険を伴うケースもあります。もし限界を感じたら、事故や怪我が起きる前に、速やかに転職しましょう。

転職することで、自分のスキルや経験を活かせる仕事に出会えるかもしれません。転職をする際には、転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談すると、ご自身のキャリアの棚卸しから適切な職種探しまで、親身にサポートしてくれます。

そこで、まずは生産技術を専門とする転職エージェントの「ビーバーズ」に相談してみましょう。現在の仕事をしながらでも、信頼のできるキャリアコンサルタントのサポートを受けることができます。

生産技術の仕事がきついと感じるのは、ご自分だけではありません。多くの生産技術者が同じような悩みを抱えています。そこで、ご自分の状況や気持ちを客観的に見つめて、自分にとってベストな選択をすることが大切です。

生産技術者が転職に成功するコツ

生産技術の転職市場は、製造業のDX化やスマートファクトリー化に伴い、高度なスキルや経験を持ったエンジニアの需要が高まっています。また、高いスキルや知識を持つ生産技術者は、他業種への転職がしやすいのも特徴です。

そのため、入職市場も転職市場も需要が多い傾向にあると言えるでしょう。

そこで以下では、生産技術の転職を成功させるコツを解説します。

1.転職理由を明確にすること

生産技術は製造業において重要な役割を担う職種であり、転職先の企業にとっても貴重な人材です。そのため、転職理由が曖昧だと、採用担当者に不信感を持たれる可能性があります。

そこで、まずは自分のキャリアプランや志向、転職先でやりたいことなどを具体的に伝えることが大切です。

2.転職先の条件を明確にすること

転職を成功させるためには、「譲れない条件」を細かく絞り込むことが大切です。例えば、年収、勤務地、勤務時間、福利厚生、企業の規模や業種、製品の種類などがあるでしょう。

ご自分にとって最適な企業を見つけるためには、自分の価値観やライフスタイルに合った条件を設定することが重要です。

3.企業研究をしっかり行うこと

企業研究を行うことで、今後伸びていく業界や職種などを見極め、人材の需要や給与の推移を予想することができます。また、企業の特徴や強み、ビジョンや戦略、社風や風土などを把握することで、自分とのマッチ度や志望度を高めることができるでしょう。

企業研究は、応募書類の作成や面接対策にも役立ちます。企業研究を行う際は、求人企業の詳しい情報をもつ、転職エージェントに相談するのがお勧めです。

4.自己分析を行うこと

自己分析を行うことで、自分の強みや弱み、スキルや経験、適性や興味などを客観的に把握できます。自己分析をすることで、自分に合った職種や業界を見つけることや、自分の魅力をアピールすることができるでしょう。

自己分析はご自分の市場価値を高めることにもつながるため、転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談して、客観的な視点で行うことが重要です。

5.面接対策をしっかり行うこと

面接は、転職の最終決定を左右する重要な場面です。面接では、自分の経歴や転職理由、志望動機などを明確に伝えることが求められます。また、企業の研究や自己分析の結果をもとに、自分と企業のマッチ度や自分の付加価値をアピールすることも大切です。

面接では、自分の意欲や人柄、コミュニケーション能力なども見られますので、態度や言葉遣いにも注意しましょう。

転職エージェントに相談すれば、転職のプロであるキャリアコンサルタントからの面接対策や履歴書、職務経歴書の作成サポートを、無料で受けることができます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

生産技術の仕事のまとめ

このように、生産技術の仕事は、さまざまなプレッシャーやストレスを感じやすい仕事です。ただし、その仕事の内容から、やりがいや魅力を見出すことができ、求人も収入も比較的安定している傾向にあります。

このような特徴から、生産技術者の仕事には、向き不向きがあると言えるでしょう。そのため、生産技術からの転職を考える方や、他業種から生産技術へ転職したいと考える方が多いのも特徴です。

そこで、生産技術から、または生産技術への転職を考えている方は、まずご自分に合う業界や職種を見つけるための分析を行い、しっかりと理解してから転職活動を行うことが重要です。

転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

生産管理に向いている人の特徴|仕事内容や転職に成功するコツを解説

生産管理とは、製品やサービスの品質やコスト、納期などを最適化するために、生産計画や工程管理、在庫管理などを行う仕事です。生産管理の担当者は、工場や現場のオペレーションだけでなく、営業や開発、購買などとも連携して、生産活動全体を統括する重要な役割を果たします。

生産管理は、製造業やサービス業など、さまざまな業界で求められる仕事です。そのため、生産管理の仕事内容や求められるスキルは、業界や企業によってそれぞれ異なります。

また、生産管理の経験や知識は、転職市場でも高い評価を得ることができますが、転職に成功するためには、自分の強みや目標を明確にすることが重要です。

そこで今回は、生産管理に向いている人の特徴や仕事の内容、転職に成功するコツを詳しく解説します。生産管理に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-enomoto
榎本 芽玖キャリアコンサルタント
これまで転職エージェントとして数多くの求職者に携り、即戦力に限らず、建設業界未経験のキャリアサポート実績が顕著。施工管理に限らず、現場事務(書類作成)やCADオペ、職人向けの案件マッチングも得意とする。

生産管理とは?仕事の種類と内容、重要性を解説

生産管理とは、製品を効率的に生産するために必要な業務全般を指す言葉です。

生産管理の目的は、品質・原価・納期のQCDを最適化することで、顧客満足度を向上させ、企業の競争力を高めることです。

生産管理の仕事の種類3つと業務内容

生産管理の仕事には、主に次の3つの種類があります。

  1. 生産管理
  2. 工程管理
  3. 品質管理

以下では、それぞれの業務内容を解説します。

1.生産計画

生産計画とは、顧客や市場の情報をもとに「どの製品をいつまでにどれだけ生産するのか」を計画する業務です。

生産計画では、在庫状況や製造現場の設備や人員の負荷状況なども考慮しながら策定しなければなりません。

このように、生産計画は、製造プロセス全体の基盤となる重要な業務です。

2.工程管理

工程管理とは、製品の製造プロセスを細かい工程に分け、効率的に作業できるように管理する業務です。

具体的には「どの工程で、どのように製造するのか」を検討し、作業手順や必要なスキル、標準時間、品質管理の方法などを設定します。

工程管理によって1つひとつの工程を最適化することにより、生産性や品質の向上を目指す、重要な役割を担う仕事です。

3.品質管理

品質管理とは、製品が設計通り製造されているか、顧客から提示された品質基準をクリアしているかを判断するための検査業務です。

品質管理は、製品の信頼性や安全性を確保するために欠かせない業務の1つです。

生産管理の重要性

このように、生産管理は、製造業においてなくてはならない業務の1つです。それは、生産管理を効果的に行うことで、製品の品質を高め、原価を抑え、納期を守ることができるからです。

適切な生産管理により、企業は顧客のニーズに応えることができ、企業の利益を最大化することが可能となります。

そのため、生産管理は、モノづくりの現場における課題を解決し、イノベーションを生み出すための重要な役割を担う仕事と言えるでしょう。

また、以下の記事では、生産管理の仕事内容を詳しく解説しています。ぜひ、本記事と併せてご参照ください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

生産管理に向いている人の特徴5つ

 

生産管理の仕事は、その業務の内容から、さまざまな能力が求められます。そこで以下では、生産管理に向いている人の特徴を5つ紹介します。

生産管理に向いている人の特徴は、次の5つです。

  1. 論理的思考力や分析力が高い人
  2. コミュニケーション力や交渉力がある人
  3. リーダーシップやマネジメント能力がある人
  4. 柔軟性や創造性がある人
  5. スピード感や問題解決能力がある人

それぞれ解説します。

1.論理的思考力や分析力が高い人

生産管理では、生産計画や工程管理、品質管理などの業務を行う際に、多くのデータや情報を扱います。これらのデータや情報を正確に理解し、適切に判断するためには、論理的思考力や分析力が必要です。

例えば、生産計画を立てるときには、需要予測や在庫状況、設備や人員の負荷状況などを分析し、最適な生産量や納期を決めなければなりません。また、品質管理を行う際は、製品の不良原因や改善策を分析し、品質向上につなげる能力が求められるでしょう。

2.コミュニケーション力や交渉力がある人

生産管理では、製造現場や営業部門、仕入先や顧客など、さまざまな関係者と連携する必要があります。これらの関係者と円滑にコミュニケーションをとり、調整や協力を得るためには、コミュニケーション力や交渉力が必要です。

例えば、生産計画を実行するときには、製造現場の作業員やリーダーと生産スケジュールや作業手順などを共有し、指示やフィードバックを行う必要があります。また、納期や品質などに関するトラブルが発生したときには、営業部門や顧客と対応策や補償などを交渉する能力が必要です。

3.リーダーシップやマネジメント能力がある人

生産管理では、生産計画や工程管理、品質管理などの業務を統括し、製造現場のメンバーを指導する役割を担います。これらの業務を効率的に遂行するためには、リーダーシップやマネジメント能力が必要です。

例えば、生産計画や工程管理を行うときには、目標や方針を明確にし、メンバーの役割や責任を割り振り、進捗や成果を評価しなければなりません。また、品質管理を行うときには、品質基準や検査方法を設定し、メンバーの教育や指導を行う能力が求められます。

4.柔軟性や創造性がある人

生産管理では、市場や顧客のニーズの変化や、製造現場のトラブルや問題など、予期せぬ状況に対応する必要があります。これらの状況に対応するためには、柔軟性や創造性が必要です。

例えば、市場や顧客のニーズが変化したときには、生産計画や工程管理を迅速に見直し、製品の仕様や生産方法を変更する必要があります。また、製造現場のトラブルや問題が発生したときには、原因や対策を素早く見つけ、改善や改革を行う能力が必要です。

5.スピード感や問題解決能力がある人

生産管理では、納期や品質などのQCDを守るために、常にスピード感や問題解決能力が求められます。

例えば、生産計画や工程管理を行うときには、生産スケジュールや作業手順を効率的に決め、実行しなければなりません。また、品質管理を行うときには、製品の不良やクレームを早期に発見し、対処する能力が必要です。

これらの業務を行うには、スピード感と高い問題解決能力が求められます。

このように、生産管理には、柔軟な対応力や素早い判断力、高いコミュニケーション能力などが求められます。一方で、このような能力が低い人や苦手な人は、生産管理に向いてないかもしれません。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

生産管理に必要な知識やスキル

次に、生産管理に必要な知識やスキルについて解説します。

生産管理に関する基礎知識や専門用語をへの理解が必要

生産管理は、製品の生産から出荷までの全工程を管理する仕事です。

そのため、生産計画や工程管理、品質管理、原価管理、納期管理など、生産管理に関する基礎知識や専門用語を理解することが必要です。

これらの知識や用語を理解することで、生産管理の目的や役割、業務内容や手順、問題点や改善策などを把握することができるようになります。

ExcelやERPなどのツールやシステムを使えるスキルが必要

生産管理では、多くのデータや情報を扱います。

これらのデータや情報を正確に入力し、分析し、報告し、共有するためには、ExcelやERPなどのツールやシステムを活用するのが一般的です。

そこで、ExcelやERPなどのツールやシステムを使い、生産管理の効率や精度を向上させることができるスキルが必要です。

生産管理の仕事に役立つ資格とメリット

以下では、生産管理に役立つ資格や検定の種類とメリットを解説します。

生産管理の仕事には特定の資格は必要ありませんが、資格や検定を取得することで、自らのスキルや知識を証明し、キャリアアップや転職に有利になる可能性があります。

生産管理に役立つ資格や検定は、以下の通りです。

ビジネス・キャリア検定

ビジネス・キャリア検定は、人事・経理・営業・生産管理・企業法務・ロジスティクス・経営情報システム・経営戦略などのビジネス8分野で必要となる知識と実務能力が評価できる試験です。

生産管理に活かしたい場合には、生産管理分野の「生産管理BASIC級」「生産管理オペレーション」「生産管理プランニング」「生産管理」の4つのレベルから選んで受験しましょう。

ビジネス・キャリア検定の資格を取得することで、生産管理の基本知識や専門知識、マネジメント能力が身についていることを証明できます。

中小企業診断士

中小企業診断士は、経営に関して横断的視野で分析・アドバイスができるスキルを持つ国家資格です。

中小企業診断士の資格は、経営者目線による生産管理業務の設計・計画を行う力を持つことが証明できます。また、中小企業診断士の資格は、生産管理以外の業務や別業種でも役立つでしょう。

中小企業診断士の資格を取得することで、経営に関する幅広い知識や実務経験、コンサルティング能力が身についていることを証明できます。

QC検定(品質管理検定)

QC検定は、品質管理に関する知識が習得できる資格です。

品質管理は、製品が設計通り製造されているか、顧客から提示された品質基準をクリアしているかを判断するための検査業務で、製品の信頼性や安全性を確保するために欠かせない業務です。

QC検定の資格を取得することで、品質管理の基本的な知識や手法が身についていることを証明できます。

技術士

技術士は、工学や農学などの技術分野において高度な専門知識や技術力を持つ国家資格です。

技術士の資格を取得することで、技術的な課題や社会的な課題に対して、有効な解決策を提案したり、指導や監督を行ったりできるようになります。

技術士は、生産管理に関連する技術分野の専門知識や技術力があることを証明できる資格です。

PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)

PMPは、プロジェクトマネジメントに関する国際的な資格です。

プロジェクトマネジメントとは、プロジェクトの目的や目標を達成するために、プロジェクトの計画・実行・管理・終了を行うことです。

PMPを取得することで、プロジェクトマネジメントの基本知識や手法が身についていることを証明できます。

基本情報処理技術者試験

基本情報処理技術者試験は、情報処理に関する基礎的な知識や技能を持つ人材を認定する国家資格です。

情報処理とは、コンピュータやネットワークなどの情報技術を用いて、情報の収集・分析・加工・伝達・利用などを行うことです。

基本情報処理技術者試験の資格を取得することで、情報処理の基本知識や技能が身についていることを証明できます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

生産管理の仕事の魅力とやりがい

以下では、生産管理のやりがいや魅力について解説します。これらに共感できる人は、生産管理に向いていると言えるでしょう。

製品の生産工程に幅広く携われること

生産管理は、製品のアイデアから完成品までの全工程に関与する仕事であるため、生産計画や工程管理、品質管理、原価管理、納期管理など、さまざまな業務を行います。

これらの業務を通じて、自社の商品がどのように作られているか、どこに強みがあるか、どんな消費者に利用されているかなど、製品に対する深い理解を得ることができます。

また、自分のアイデアや工夫が製品に反映されることで、ものづくりの醍醐味を味わうことができるでしょう。

多くの人と協力してものづくりに貢献できること

生産管理は、社内のさまざまな部署や外部の仕入先や顧客など、多くの人と連携する仕事です。

生産計画や工程管理を実行するためには、製造現場の作業員やリーダーとコミュニケーションをとり、指示やフィードバックを行います。また、納期や品質などに関するトラブルが発生した場合には、営業部門や顧客と対応策や補償などの交渉なども行います。

これらの業務を通じて、人と話すスキルや交渉力が身につきます。また、チームとして協力してものづくりに貢献することで、やりがいや達成感を感じることができるでしょう。

生産管理の経験や知識が転職市場でも評価されること

生産管理の業務経験や知識は、今後のキャリアにとって非常に有益です。それは、生産管理に携わることで、自社の商品や市場の動向、生産技術や品質管理など、幅広い分野に関する知識やスキルを身につけることができるからです。

これらの知識やスキルは、生産管理以外の部署や業種に転職する際にも役立ちます。また、生産管理の資格や検定を取得することで自分の能力を証明できるため、キャリアアップや転職に有利になる可能性が高まるでしょう。

以上のように、生産管理のやりがいや魅力は、製品の生産工程に幅広く携われること、多くの人と協力してものづくりに貢献できること、生産管理の経験や知識が転職市場でも評価されることなどが挙げられます。これらのやりがいや魅力を感じることができる人は、生産管理に向いていると言えるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

生産管理の転職に成功するコツ

生産管理は、製品の品質や納期を管理する重要な役割を担っています。しかし、生産管理の求人は少なく、転職が難しいと言われることもあります。

そこで、生産管理の転職に成功するためには、以下のポイントを押さえて転職活動を行うことが重要です。

  1. 自分の強みや目標を明確にすること
  2. 生産管理の仕事内容や求められるスキルを把握すること
  3. 履歴書や職務経歴書で生産管理の実績や成果をアピールすること
  4. 生産管理に対する考え方やモチベーションをしっかり伝えること
  5. 転職エージェントを活用すること

それぞれ解説します。

1.自分の強みや目標を明確にすること

生産管理は、多くのスキルや経験が求められる仕事です。そのため、自分がどのようなスキルや経験を持っているのか、どのようなキャリアを目指しているのかを明確にすることが重要です。

自分の強みや目標を明確にすることで、自分に合った求人を見つけやすくなりますし、企業に対して自分の価値を伝えやすくなります。

2.生産管理の仕事内容や求められるスキルを把握すること

生産管理は、業界や企業によって仕事内容や求められるスキルが異なります。例えば、自動車や電機などのメーカーでは、高度な生産技術や品質管理のスキルが必要ですが、食品や化粧品などの消費財では、消費者のニーズやトレンドに対応できるスキルが必要です。

そのため、転職を考える前に、自分が興味のある業界や企業の生産管理の仕事内容や求められるスキルを調べ、把握しておく必要があります。

これらを調べる際は、信頼のできる転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談するのがおすすめです。なぜなら、転職エージェントのキャリアコンサルタントは、各求人企業の特徴や求める人材を把握しているからです。

3.履歴書や職務経歴書で生産管理の実績や成果をアピールすること

生産管理の転職では、履歴書や職務経歴書が重要な書類となります。履歴書や職務経歴書では、自分のスキルや経験を具体的に記載することが必要です。

特に、生産管理の実績や成果を数字や事例で示すことが大切です。例えば、生産計画の立案や工程の改善によって、どれだけ品質や納期を向上させたか、コストや在庫を削減したか、生産効率や利益率を高めたかなどを明記すると良いでしょう。また、自分の役割や責任、業務範囲、関係者とのやりとりなども詳細に記載することで、採用担当者に自分の能力や経験がより具体的に伝わります。

4.生産管理に対する考え方やモチベーションをしっかり伝えること

生産管理の転職では、面接で自分の生産管理に対する考え方やモチベーションを伝えることが重要です。

面接では、自分の履歴書や職務経歴書に記載した内容について、より詳しく説明することが求められます。例えば、自分が担当したプロジェクトの背景や目的、課題や解決策、成果や反省などを具体的に話すことや、自分が生産管理において重視するポイントや工夫したことなどです。また、自分がなぜ生産管理に転職したいのか、どのようなキャリアを目指しているのか、自分の目標やモチベーションを話す必要があります。

面接では、自分の生産管理に対する考え方やモチベーションを伝えることで、企業に対して自分の適性や意欲をアピールできるでしょう。

5.転職エージェントを活用すること

生産管理への転職には、転職エージェントの活用が欠かせません。なぜなら、品質管理の仕事は総合的な高い能力が必要な職であるため、仕事と人材のミスマッチが起こりやすく、企業が安心して採用できるエージェントに良い求人を出す傾向にあるからです。

転職エージェントは、自分のスキルや経験、希望や条件に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策などのサポートもしてくれます。また、転職エージェントは、企業との交渉や条件の調整なども代行してくれることもあります。

転職エージェントは、生産管理の転職市場に詳しいプロフェッショナルであるため、自分では見つけにくい非公開求人や優良企業の求人を紹介してくれることも少なくありません。

このように、転職エージェントを活用することで、自分に合った求人を効率的に探し、転職の成功率を高めることが可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

生産管理に向いている人のまとめ

このように、生産管理は、比較的高いレベルの知識やスキルが求められる仕事です。そのため、生産管理に興味のある方は、これまでのキャリアの棚卸しを行い、ご自分の強みや目標をしっかりと把握しておく必要があります。

そこで、生産管理への転職を考える際は、製造業に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行うことが重要です。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」は、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

電験三種の平均年収と上げる方法、資格取得のメリットや転職のコツを解説

電験三種(第三種電気主任技術者)は、電気工事士や電気主任技術者などの電気関係の仕事に必要な国家資格です。電験三種の資格を取得することで、電気業界への就職や転職に有利となります。しかし、電験三種の試験は非常に難しく、合格率は約10%程度と難関です。

このような難しい試験をクリアし、電験三種を取得すれば、比較的安定した収入を得ることが可能です。また、電験二種や一種の資格を取得することで、大幅な年収アップを目指せます。

このように、電験の資格は取得が難しいからこそのメリットが多いのが特徴で、高年収やワークライフバランスを実現するために、転職や独立も可能な仕事です。

そこで今回は、電験三種の平均年収と上げる方法、資格取得のメリットや転職のコツを徹底解説します。これから電験資格の取得をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

電験三種とは?業務内容や平均年収を解説

電験三種とは、電気主任技術者の資格の一つで、電圧5万ボルト未満の事業用電気工作物の保安監督を行うための国家資格です。

電験三種の業務内容

電気主任技術者は、発電所や変電所、工場やビルなどに設置されている電気設備の点検、故障対応、法規遵守などの業務を担います。電験三種は、電気主任技術者の中でも最も基本的な資格で、中小規模の施設で活躍できる資格です。

電験三種の平均年収

電験三種の平均年収は約450万円程度となっており、日本国内の平均年収と同等か少し高いレベルにあります。主要な求人サイトの調べによると、電験三種の年収は約350万円~600万円程となっており、企業や職場によって大きな差があることがわかります。

これは、勤務先や経験年数、役職などによって年収が異なるからです。また、資格手当が別途支給される企業もあるため、就職や転職の際には注意が必要です。

電験三種は、電気設備の保守・管理の監督を行う国家資格であるため、さまざまな分野や施設での需要が高く、安定した職業と言えるでしょう。また、上位資格(電験二種や一種)の取得や転職、独立開業などで、さらに年収を上げることも十分可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電験三種の難易度と電験二種、一種との違い

電験三種の資格試験の内容と難易度

電験三種は、電気主任技術者の資格の中でも最も基本的な資格で、電圧5万ボルト未満の事業用電気工作物の保安監督を行うための国家資格です。

電験三種の試験は、年2回、4科目からなり、各科目で60点以上を取る必要があります。

試験内容は、電気理論、電力、機械、法規の4つの分野に関する幅広い知識と計算能力が求められます。

電験三種の合格率は平均10%以下で、電気系資格の中でも、比較的難易度が高い資格の1つです。

電験二種の資格試験と難易度

電験二種は、電圧17万ボルト未満の事業用電気工作物の保安監督を行うための国家資格です。

電験二種の試験は、一次試験と二次試験の2段階からなり、一次試験は電験三種と同じ4科目、二次試験は電力・管理と機械・制御の2科目です。

試験内容は、電験三種よりもさらに詳細で応用的なものが出題されます。電験二種の合格率は全体でおおよそ5%前後で、難関資格にふさわしい難易度となっています。

電験一種の資格試験と難易度

電験一種は、すべての事業用電気工作物の保安監督を行うための国家資格です。

電験一種の試験は、電験二種と同じく一次試験と二次試験の2段階からなりますが、試験内容は電験二種よりもさらに高度で専門的なものが出題されます。

電験一種の合格率も全体でおおよそ5%前後で、年間の合格者が通常100人以下であることが多く、難関資格であると同時に稀少価値の高い資格と言えるでしょう。

電験の種類ごとの特徴や合格率の目安を比較

以下では、各電験資格の特徴を表にまとめますので、ぜひ参考にしてください。

資格の種類 対応できる設備の規模 資格保有者の人数 試験の合格率の目安※
第一種 全てに対応可能 約9,000人 約5%
第二種 5万V〜17万V未満 約34,000人 約5%
第三種 5万V未満かつ5000KW未満 約230,000人 約10%

※一種・二種の合格率の目安は、1次試験と2次試験をトータルした数値

電験三種の資格を取得するメリット3つ

電験三種の資格を取得するメリットとしては、主に次の3つが挙げられます。

  1. 仕事の需要が多い国家資格であること
  2. 技術者としての信頼性が高まること
  3. 就職や転職を有利に進められること

それぞれ解説します。

仕事の需要が多い国家資格であること

電験資格を持つ電気主任技術者は、電気事業法によってさまざまな施設で設置が義務付けられています。そのため、電気設備を扱う多くの企業から必要とされる、需要の多い人材です。

技術者としての信頼性が高まること

電験三種は、合格率が10%以下と難易度が高い資格です。そのため、電験三種を持っていると、電気の専門知識や計算能力が高いことの証明となります。

電験三種を持っていると、会社やクライアントからの信頼度が高まり、キャリアアップや昇給につながる可能性があります。

就職や転職を有利に進められること

電験三種は、電気関係の仕事に就職や転職する際に有利となる資格です。電験三種を持っていると、電気主任技術者の仕事はもちろん、電気工事士や電気設備士などの関連資格の仕事にも応募できるケースが増えるでしょう。

また、電験三種は、電験二種や電験一種などの上位資格の取得にもつながるため、さらなるキャリアアップも可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電験三種の年収を上げる方法4つ

前述したように、電験三種は難易度が高い資格であるにもかかわらず、平均年収が約450万円程度とそれほど高くない印象です。しかし、専門性の高い資格であるため、より高い年収を目指すことが可能です。

以下では、電験三種の資格を持つ方が、さらに年収を上げる方法の4つを解説します。

  1. 実務経験を積む
  2. 上位資格を取得する
  3. 転職する
  4. 独立・開業する

それぞれ詳しく解説します。

1.実務経験を積む

電験三種の年収は、実務経験の年数によっても大きく変わります。

一般的に、経験が豊富な方が高い評価を受けやすく、給料も上がりやすいのが特徴です。これは、実務経験を積むことで、電気設備の保守や管理のスキル、知識が高まるからです。

また、電気主任技術者の仕事では、現場でのトラブルシューティングや改善提案など、問題解決能力やコミュニケーション能力も必要となります。

これらの能力は、電験三種の資格だけでは身につかないものです。そのため、実務経験を多く積むことで、電験三種の資格を活かした仕事でより高いパフォーマンスを発揮できるようになります。

その結果、年収が上がる可能性が高まるでしょう。

2.上位資格を取得する

電験三種の年収を上げるには、電験二種や電験一種などの上位資格を取得することも有効です。

電験三種は、電気主任技術者の中で最もレベルが低い資格です。そのため、電験三種の資格を持っているだけでは、仕事の幅や責任が限られてしまうケースがあります。

そのため、上位資格である電験二種や電験一種の資格を取得することで、より高度な仕事に就くことができます。

上位資格を取得することで、電気設備の設計や施工管理など、より専門性の高い業務に携わることが可能です。また、上位資格を取得することで、企業からの評価や信頼も高まるでしょう。

上位資格を取得することで、現在所属する企業内での昇進を見込めるだけでなく、転職や独立するなどして、大幅な年収アップも可能です。

3.転職する

電験三種の年収を上げるには、転職する方法もあります。電験三種の資格には、電気設備の保守・管理の監督という法律上の独占業務があるため、多くの企業から需要があります。

そこで、いま勤めている企業よりも条件の良い企業に転職することも可能です。条件の良い企業とは、給料や賞与、福利厚生、勤務時間、休日、職場環境など、自分にとって重要な要素が揃っている企業です。

このように、電験三種の資格を持つ方が転職することで、年収がアップする可能性が高まるでしょう。

4.独立・開業する

電験三種の年収を上げるもう1つは、独立・開業する方法です。電験三種の資格を持っている人は、自分で事業を始めることも可能です。

独立・開業することで、自分の好きな仕事を選ぶことができるでしょう。また、自分の能力や実績に応じて、自分で価格を決めることができるため、年収がアップする可能性が高まります。

ただし、独立・開業するには、電験三種の資格だけでは不十分です。それは、独立・開業するためには、一定の実務経験を満たし、経済産業大臣の認可を受ける必要があるからです。

また、独立・開業することで、リスクや責任も増えます。そのため、独立・開業する場合は、慎重な準備と決断が必要です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電験三種の転職に成功するコツ4つ

電験三種で転職を成功させるためには、以下の4つのポイントが重要です。

  1. 上位資格を取得する
  2. 他の関連資格を取得する
  3. 自分の強みをアピールする
  4. 転職エージェントを利用する

それぞれ解説します。

1.上位資格を取得する

前述したように、電験三種は電気設備の保安・管理業務に必要な国家資格ですが、それよりも上位の資格として電験一種や電験二種の資格があります。

電験一種は電気設備の設計・施工・監理業務に必要な資格で、電験二種は電気設備の施工・監理業務に必要な資格です。

これらの資格を取得することで、電験三種よりも高度な技術や知識を持っていることが認められ、より多くの仕事のチャンスや高い給与を得ることができるでしょう。

2.他の関連資格を取得する

電験三種だけではなく、他の関連資格も取得しておくことで、自分のスキルや専門性を高めることが可能です。

例えば、電気工事士やエネルギー管理士、冷凍機械責任者などの資格を取得することで、電験三種との相乗効果により、幅広い業界や職種に対応できるようになります。

3.自分の強みをアピールする

電験三種は難易度の高い資格であるため、取得しているだけで高い専門知識を有していることの証明となります。しかし、それだけではなく、前職での経験や実績、スキルや能力などを具体的にアピールすることが大切です。

例えば、電気設備の保安・管理業務において、どのような問題に対処したか、どのような成果を上げたか、どのようなスキルやツールを使ったかなどを明確に伝えることが重要です。また、ご自分のキャリアビジョンや目標、やりがいやモチベーションなども積極的に表現することで、自分の人柄や価値観を伝えることができるでしょう。

4.転職エージェントを利用する

電験三種の転職先は多岐にわたりますが、ご自分が理想とする働き方や待遇、キャリアプランなどを明確にしておくことが、転職する際には最も重要です。そこで、転職エージェントを利用して、ご自分に合った企業を探しましょう。

転職エージェントは、電験三種の資格を持つ人材に対する市場動向やニーズを把握しており、自分の希望や条件に合った求人を紹介してくれます。また、経験豊富なキャリアコンサルタントが、求職者のキャリアの棚卸しを行い、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などのサポートをしてくれます。このように、転職エージェントを利用することで、電験三種の資格を最大限に活かした転職ができるでしょう。

なお、電験三種の資格を持つ方が転職する際は、電気工事を専門に扱う転職エージェントである「ビーバーズ」がおすすめです。専門性の高いキャリアコンサルタントが、非公開を含め、より条件の良い転職先を紹介してくれるでしょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電験三種が独立・開業する際の条件とコツ

person standing near the stairs

電験三種で独立・開業するには、次の6つの要件を満たす必要があります。

  1. 電気主任技術者の免許の交付を受けていること。(電験三種の試験に合格後に申請可能)
  2. 電気主任技術者として定められた次の実務経験を積んでいること。電験三種では5年以上、二種は4年以上、一種は1年以上。
  3. 定められた機械器具を有していること。
  4. 保安管理を行なう事業場が定められた一定の条件を満たしていること。
  5. 保安管理業務の遂行に支障がないこと。
  6. 取消しを受けてから2年以上経過していること。

※詳しい内容は電気管理技術者協会のWebサイトからご確認ください。

また、独立・開業するには、開業資金や営業力、経営能力や知識も必要となります。そこで、もし電験三種で独立をお考えの際は、まず「ビーバーズ」のような専門エージェントに相談した上で、ご自身に合った業界や職種を理解することが重要です。

ビーバーズ」では、独立に向けたアドバイスを積極的に行っており、独立開業に向けた強力なサポートが期待できます。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電験三種の年収のまとめ

このように、電験三種の年収は約350万円~600万円程と幅が広く、就職先や働く場所によって大きく異なるのが特徴です。ただし、これはあくまで平均年収であるため、転職や独立によって、さらに高い収入を得ることも可能な職種と言えるでしょう。

電気主任技術者の仕事は需要が多く、今後のエネルギー施策によって需要がさらに高まる可能性があるため、非常に将来性の高い職種であると言えるでしょう。

そこで、電気主任技術者の方が転職を考える際は、電気工事に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解したうえで転職活動を行うことが重要です。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」は、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。