TEL
メニュー
electric, electricity, building

電験三種の平均年収と上げる方法とは? 資格取得のメリットや転職のコツを解説

電験三種の平均年収と上げる方法、資格取得のメリットや転職のコツを解説

電気主任技術者 独立・フリーランス 電気主任技術者 転職

電験三種(第三種電気主任技術者)は、電気工事士や電気主任技術者などの電気関係の仕事に必要な国家資格です。電験三種の資格を取得することで、電気業界への就職や転職に有利となります。しかし、電験三種の試験は非常に難しく、合格率は約10%程度と難関です。

このような難しい試験をクリアし、電験三種を取得すれば、比較的安定した収入を得ることが可能です。また、電験二種や一種の資格を取得することで、大幅な年収アップを目指せます。

このように、電験の資格は取得が難しいからこそのメリットが多いのが特徴で、高年収やワークライフバランスを実現するために、転職や独立も可能な仕事です。

そこで今回は、電験三種の平均年収と上げる方法、資格取得のメリットや転職のコツを徹底解説します。これから電験資格の取得をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

電験三種とは?業務内容や平均年収を解説

電験三種とは、電気主任技術者の資格の一つで、電圧5万ボルト未満の事業用電気工作物の保安監督を行うための国家資格です。

電験三種の業務内容

電気主任技術者は、発電所や変電所、工場やビルなどに設置されている電気設備の点検、故障対応、法規遵守などの業務を担います。電験三種は、電気主任技術者の中でも最も基本的な資格で、中小規模の施設で活躍できる資格です。

電験三種の平均年収

電験三種の平均年収は約450万円程度となっており、日本国内の平均年収と同等か少し高いレベルにあります。主要な求人サイトの調べによると、電験三種の年収は約350万円~600万円程となっており、企業や職場によって大きな差があることがわかります。

これは、勤務先や経験年数、役職などによって年収が異なるからです。また、資格手当が別途支給される企業もあるため、就職や転職の際には注意が必要です。

電験三種は、電気設備の保守・管理の監督を行う国家資格であるため、さまざまな分野や施設での需要が高く、安定した職業と言えるでしょう。また、上位資格(電験二種や一種)の取得や転職、独立開業などで、さらに年収を上げることも十分可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電験三種の難易度と電験二種、一種との違い

電験三種の資格試験の内容と難易度

電験三種は、電気主任技術者の資格の中でも最も基本的な資格で、電圧5万ボルト未満の事業用電気工作物の保安監督を行うための国家資格です。

電験三種の試験は、年2回、4科目からなり、各科目で60点以上を取る必要があります。

試験内容は、電気理論、電力、機械、法規の4つの分野に関する幅広い知識と計算能力が求められます。

電験三種の合格率は平均10%以下で、電気系資格の中でも、比較的難易度が高い資格の1つです。

電験二種の資格試験と難易度

電験二種は、電圧17万ボルト未満の事業用電気工作物の保安監督を行うための国家資格です。

電験二種の試験は、一次試験と二次試験の2段階からなり、一次試験は電験三種と同じ4科目、二次試験は電力・管理と機械・制御の2科目です。

試験内容は、電験三種よりもさらに詳細で応用的なものが出題されます。電験二種の合格率は全体でおおよそ5%前後で、難関資格にふさわしい難易度となっています。

電験一種の資格試験と難易度

電験一種は、すべての事業用電気工作物の保安監督を行うための国家資格です。

電験一種の試験は、電験二種と同じく一次試験と二次試験の2段階からなりますが、試験内容は電験二種よりもさらに高度で専門的なものが出題されます。

電験一種の合格率も全体でおおよそ5%前後で、年間の合格者が通常100人以下であることが多く、難関資格であると同時に稀少価値の高い資格と言えるでしょう。

電験の種類ごとの特徴や合格率の目安を比較

以下では、各電験資格の特徴を表にまとめますので、ぜひ参考にしてください。

資格の種類 対応できる設備の規模 資格保有者の人数 試験の合格率の目安※
第一種 全てに対応可能 約9,000人 約5%
第二種 5万V〜17万V未満 約34,000人 約5%
第三種 5万V未満かつ5000KW未満 約230,000人 約10%

※一種・二種の合格率の目安は、1次試験と2次試験をトータルした数値

電験三種の資格を取得するメリット3つ

電験三種の資格を取得するメリットとしては、主に次の3つが挙げられます。

  1. 仕事の需要が多い国家資格であること
  2. 技術者としての信頼性が高まること
  3. 就職や転職を有利に進められること

それぞれ解説します。

仕事の需要が多い国家資格であること

電験資格を持つ電気主任技術者は、電気事業法によってさまざまな施設で設置が義務付けられています。そのため、電気設備を扱う多くの企業から必要とされる、需要の多い人材です。

技術者としての信頼性が高まること

電験三種は、合格率が10%以下と難易度が高い資格です。そのため、電験三種を持っていると、電気の専門知識や計算能力が高いことの証明となります。

電験三種を持っていると、会社やクライアントからの信頼度が高まり、キャリアアップや昇給につながる可能性があります。

就職や転職を有利に進められること

電験三種は、電気関係の仕事に就職や転職する際に有利となる資格です。電験三種を持っていると、電気主任技術者の仕事はもちろん、電気工事士や電気設備士などの関連資格の仕事にも応募できるケースが増えるでしょう。

また、電験三種は、電験二種や電験一種などの上位資格の取得にもつながるため、さらなるキャリアアップも可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

今すぐ応募できる求人はこちら

\非公開求人/

新築メインの建築施工管理求人

月収
750000
勤務地
東京都港区
募集職種
一級建築施工管理技士

\非公開求人/

中古マンションのリノベーション

月収
450000
勤務地
神奈川県横浜市
募集職種
住宅マンションの施工管理

\非公開求人/

スーパーゼネコンの土木施工管理

月収
580000
勤務地
大阪府大阪市
募集職種
土木施工管理技士

\非公開求人/

大手ゼネコンの現場事務

月収
340000
勤務地
関東圏内の各エリア
募集職種
大手ゼネコンの現場事務

\非公開求人/

住宅中心の太陽光発電設置工事

人月単価
450000
勤務地
埼玉県全域
募集職種
太陽光発電設置工事

\非公開求人/

集合住宅のアフターメンテナンス

人月単価
400000
勤務地
福岡県博多市
募集職種
集合住宅のアフターメンテナンス

\非公開求人/

大型物件の解体工事

人月単価
500000
勤務地
栃木県栃木市
募集職種
大型物件の解体施工管理

\非公開求人/

大手ハウスメーカー下請けの大工

人月単価
700000
勤務地
大阪府大阪市、愛知県名古屋市、沖縄県
募集職種
住宅の大工

電験三種の年収を上げる方法4つ

前述したように、電験三種は難易度が高い資格であるにもかかわらず、平均年収が約450万円程度とそれほど高くない印象です。しかし、専門性の高い資格であるため、より高い年収を目指すことが可能です。

以下では、電験三種の資格を持つ方が、さらに年収を上げる方法の4つを解説します。

  1. 実務経験を積む
  2. 上位資格を取得する
  3. 転職する
  4. 独立・開業する

それぞれ詳しく解説します。

1.実務経験を積む

電験三種の年収は、実務経験の年数によっても大きく変わります。

一般的に、経験が豊富な方が高い評価を受けやすく、給料も上がりやすいのが特徴です。これは、実務経験を積むことで、電気設備の保守や管理のスキル、知識が高まるからです。

また、電気主任技術者の仕事では、現場でのトラブルシューティングや改善提案など、問題解決能力やコミュニケーション能力も必要となります。

これらの能力は、電験三種の資格だけでは身につかないものです。そのため、実務経験を多く積むことで、電験三種の資格を活かした仕事でより高いパフォーマンスを発揮できるようになります。

その結果、年収が上がる可能性が高まるでしょう。

2.上位資格を取得する

電験三種の年収を上げるには、電験二種や電験一種などの上位資格を取得することも有効です。

電験三種は、電気主任技術者の中で最もレベルが低い資格です。そのため、電験三種の資格を持っているだけでは、仕事の幅や責任が限られてしまうケースがあります。

そのため、上位資格である電験二種や電験一種の資格を取得することで、より高度な仕事に就くことができます。

上位資格を取得することで、電気設備の設計や施工管理など、より専門性の高い業務に携わることが可能です。また、上位資格を取得することで、企業からの評価や信頼も高まるでしょう。

上位資格を取得することで、現在所属する企業内での昇進を見込めるだけでなく、転職や独立するなどして、大幅な年収アップも可能です。

3.転職する

電験三種の年収を上げるには、転職する方法もあります。電験三種の資格には、電気設備の保守・管理の監督という法律上の独占業務があるため、多くの企業から需要があります。

そこで、いま勤めている企業よりも条件の良い企業に転職することも可能です。条件の良い企業とは、給料や賞与、福利厚生、勤務時間、休日、職場環境など、自分にとって重要な要素が揃っている企業です。

このように、電験三種の資格を持つ方が転職することで、年収がアップする可能性が高まるでしょう。

4.独立・開業する

電験三種の年収を上げるもう1つは、独立・開業する方法です。電験三種の資格を持っている人は、自分で事業を始めることも可能です。

独立・開業することで、自分の好きな仕事を選ぶことができるでしょう。また、自分の能力や実績に応じて、自分で価格を決めることができるため、年収がアップする可能性が高まります。

ただし、独立・開業するには、電験三種の資格だけでは不十分です。それは、独立・開業するためには、一定の実務経験を満たし、経済産業大臣の認可を受ける必要があるからです。

また、独立・開業することで、リスクや責任も増えます。そのため、独立・開業する場合は、慎重な準備と決断が必要です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電験三種の転職に成功するコツ4つ

電験三種で転職を成功させるためには、以下の4つのポイントが重要です。

  1. 上位資格を取得する
  2. 他の関連資格を取得する
  3. 自分の強みをアピールする
  4. 転職エージェントを利用する

それぞれ解説します。

1.上位資格を取得する

前述したように、電験三種は電気設備の保安・管理業務に必要な国家資格ですが、それよりも上位の資格として電験一種や電験二種の資格があります。

電験一種は電気設備の設計・施工・監理業務に必要な資格で、電験二種は電気設備の施工・監理業務に必要な資格です。

これらの資格を取得することで、電験三種よりも高度な技術や知識を持っていることが認められ、より多くの仕事のチャンスや高い給与を得ることができるでしょう。

2.他の関連資格を取得する

電験三種だけではなく、他の関連資格も取得しておくことで、自分のスキルや専門性を高めることが可能です。

例えば、電気工事士やエネルギー管理士、冷凍機械責任者などの資格を取得することで、電験三種との相乗効果により、幅広い業界や職種に対応できるようになります。

3.自分の強みをアピールする

電験三種は難易度の高い資格であるため、取得しているだけで高い専門知識を有していることの証明となります。しかし、それだけではなく、前職での経験や実績、スキルや能力などを具体的にアピールすることが大切です。

例えば、電気設備の保安・管理業務において、どのような問題に対処したか、どのような成果を上げたか、どのようなスキルやツールを使ったかなどを明確に伝えることが重要です。また、ご自分のキャリアビジョンや目標、やりがいやモチベーションなども積極的に表現することで、自分の人柄や価値観を伝えることができるでしょう。

4.転職エージェントを利用する

電験三種の転職先は多岐にわたりますが、ご自分が理想とする働き方や待遇、キャリアプランなどを明確にしておくことが、転職する際には最も重要です。そこで、転職エージェントを利用して、ご自分に合った企業を探しましょう。

転職エージェントは、電験三種の資格を持つ人材に対する市場動向やニーズを把握しており、自分の希望や条件に合った求人を紹介してくれます。また、経験豊富なキャリアコンサルタントが、求職者のキャリアの棚卸しを行い、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などのサポートをしてくれます。このように、転職エージェントを利用することで、電験三種の資格を最大限に活かした転職ができるでしょう。

なお、電験三種の資格を持つ方が転職する際は、電気工事を専門に扱う転職エージェントである「ビーバーズ」がおすすめです。専門性の高いキャリアコンサルタントが、非公開を含め、より条件の良い転職先を紹介してくれるでしょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電験三種が独立・開業する際の条件とコツ

person standing near the stairs

電験三種で独立・開業するには、次の6つの要件を満たす必要があります。

  1. 電気主任技術者の免許の交付を受けていること。(電験三種の試験に合格後に申請可能)
  2. 電気主任技術者として定められた次の実務経験を積んでいること。電験三種では5年以上、二種は4年以上、一種は1年以上。
  3. 定められた機械器具を有していること。
  4. 保安管理を行なう事業場が定められた一定の条件を満たしていること。
  5. 保安管理業務の遂行に支障がないこと。
  6. 取消しを受けてから2年以上経過していること。

※詳しい内容は電気管理技術者協会のWebサイトからご確認ください。

また、独立・開業するには、開業資金や営業力、経営能力や知識も必要となります。そこで、もし電験三種で独立をお考えの際は、まず「ビーバーズ」のような専門エージェントに相談した上で、ご自身に合った業界や職種を理解することが重要です。

ビーバーズ」では、独立に向けたアドバイスを積極的に行っており、独立開業に向けた強力なサポートが期待できます。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電験三種の年収のまとめ

このように、電験三種の年収は約350万円~600万円程と幅が広く、就職先や働く場所によって大きく異なるのが特徴です。ただし、これはあくまで平均年収であるため、転職や独立によって、さらに高い収入を得ることも可能な職種と言えるでしょう。

電気主任技術者の仕事は需要が多く、今後のエネルギー施策によって需要がさらに高まる可能性があるため、非常に将来性の高い職種であると言えるでしょう。

そこで、電気主任技術者の方が転職を考える際は、電気工事に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解したうえで転職活動を行うことが重要です。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」は、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

関連するブログ

建設業界のお仕事探しは
ビーバーズへおまかせください。