TEL
メニュー

【2023年最新】施工管理技士資格の難易度ランキング|合格率や偏差値まで徹底解説

施工管理として働く人の中で、仕事のスキルアップとして資格の取得を目指す方も多いのではないでしょうか。

施工管理としてスキルアップするためには、施工管理技士試験に合格して施工管理技士の資格を取得するのがおすすめです。

施工管理技士試験は、施工管理の種類によって7つに分かれており、資格の段階として2級と1級が用意されています。

1級の施工管理技士の資格を取るには、長い実務経験や施工管理に関する深い知識が必要です。

そこで今回は、施工管理技士資格の資格難易度や合格率、試験内容などの詳細を徹底解説します。

施工管理技士として施工管理技士試験の勉強を始めようとしている方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

施工管理技士とは?施工管理技士のメリットも解説

施工管理技士とは、建設現場で工事の品質や安全性を管理する国家資格のことです。

施工管理技士には7種類あり、それぞれに1級と2級があります。

1級は難易度が高く、実務経験が必要ですが、監理技術者になれるメリットがあります。一方、2級は比較的難易度が低く、実務経験が不要ですが、主任技術者になれるメリットがあります。

施工管理技士の資格を取得すると、主に以下のようなメリットがあります。年収が上が

  • 可能性がある
  • 転職やキャリアアップに有利になる
  • 専任の技術者や経営事項審査で加点される

そこで、施工管理技士の資格に興味がある方は、以下で解説する試験の種類や難易度、受験資格などを確認してください。

施工管理技士資格は全部で7つ|それぞれの難易度を合格者数と合格率から比較

施工管理技士試験と一言で説明していますが、施工管理技士試験には種類があり、7つの試験に分かれています。

  • 建築施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士
  • 管工事施工管理技士
  • 電気通信工事施工管理技士
  • 土木施工管理技士
  • 造園施工管理技士
  • 建設機械施工管理技士

ここからは、施工管理技士技士試験の概要や難易度を把握するために、試験の内容と合格率をまとめました。

1級、2級それぞれのデータを載せておくので、参考にしてみてください。

それでは詳しくみていきましょう。

1級・2級建築施工管理技士の試験概要

建築施工管理技士は、施工管理技士の中で知名度の高い資格で、建設における基本的な施工管理に関する知識を学べます。

建築施工管理技士が資格を取得することで活躍できる会社は、建設会社やゼネコン、工務店などです。

建築施工管理技士資格を取得してから、別の施工管理技士資格に挑戦する人も多いため、どの資格を取得しようか迷っている人は、まず取得を目指すのがおすすめです。

  2級 1級
試験名 建築施工管理技士試験
試験実施機関 一般財団法人 建設業振興基金
試験形式(学科試験) 四肢択一式 四肢択一式(一部:五肢択二式)
試験形式(実地試験) 記述式 五肢択一式、記述式
受験料 学科・実地試験:10,800円

学科試験のみ:5,400円

実地試験のみ:5,400円

学科試験:10,800円

実地試験:10,800円

参考:[施工管理技術検定]

1級・2級建築施工管理技士の受験者数と合格率

ここからは建築施工管理技士試験のデータをまとめました。

【1級建築施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 22,742 11,619 51.1% 16,946 6,898 40.7%
2021 22,277 8,025 36.0% 12,813 6,708 52.4%
2022 27,253 12,755 46.8% 13,010 5,878 45.2%

引用:[総合資格学院]

【2級建築施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 32,468 11,366 35.0% 23,116 6,514 28.2%
2021 32,128 15,736 49.0% 15,507 8,205 52.9%
2022 27,004 11,421 42.3% 14,909 7,924 53.1%

引用:[総合資格学院]

1級、2級ともに3万人以上の受験者数が集まることもあり、施工管理技士試験の中でも競争率が高い資格のひとつといえるでしょう。

合格率は年度によってさまざまです。

合格率が20%台の年もあるため、基礎をしっかり学び過去問対策を徹底するのがおすすめです。

1級・2級電気工事施工管理技士の試験概要

電気工事施工管理技士とは、電気の配線工事や電気設備の工事などで活躍する施工管理に求められる資格です。

電気工事施工管理技士の資格を取得すれば、高層ビルの内部工事や新築工事の内装工事、プラントの工事担当をすることも可能です。

電気を扱う工事に関われるということは、大小問わずさまざまな工事でも活躍できるということ。
実力次第では大手ゼネコンやスーパーゼネコンへの転職も目指せるでしょう。

  2級 1級
試験実施機関 一般財団法人 建設業振興基金
試験形式(学科試験) 四肢択一式 四肢択一式
試験形式(実地試験) 記述式 記述式
受験料 学科・実地試験:13,200円

学科試験のみ:6,600円

実地試験のみ:6,600円

学科試験:13,200円

実地試験:13,200円

参考:[施工管理技術検定]

1級・2級電気工事施工管理技士の受験者数と合格率

次に、1級・2級電気工事施工管理技士の受験者数と合格率をまとめました。

【1級電気工事施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 14,407 5,493 38.1% 6,723 4,887 72.7%
2021 15,001 7,993 53.3% 7,922 4,655 58.8%
2022 16,883 6,458 38.3% 7,685 4,537 59.0%

引用:[CIC]

【2級電気工事施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 8,239 4,818 58.5% 4,632 2,967 64.1%
2021 8,359 4,776 57.1% 5,082 3,493 68.7%
2022 8,027 4,466 55.6% 4,768 2,947 61.8%

引用:[CIC]

電気工事施工管理技士の受験者数は建築施工管理技士と比べて少ないことが分かります。

合格率も50%を超えるものが多く、受験に向けて勉強を徹底していれば合格する可能性が高まるでしょう。

1級・2級管工事施工管理技士の試験概要

管工事施工管理技士は、建物に設置する空調設備などの施工に関わる施工管理の仕事です。
電気工事施工管理技士と同じく、大型施設の工事やプラント工事など大型の工事で活躍できる可能性が高まります。

建築に関する知識だけでなく、空調設備に関する知識も求められるため、資格を取得するだけで対応できる工事の幅が広がります。

将来、プラントなどの大型工事に携わりたい人は、ぜひ取得を目指してみてください。

  2級 1級
試験実施機関 一般財団法人 全国建設研修センター
試験形式(学科試験) 四肢択一式 四肢択一式
試験形式(実地試験) 記述式 記述式
受験料 学科・実地試験:10,500円

学科試験のみ:5,250円

実地試験のみ:5,250円

学科試験:10,500円

実地試験:10,500円

参考:[全国建設研修センター]

1級・2級管工事施工管理技士の受験者数と合格率

ここでは、1級・2級管工事施工管理技士の受験者数と合格率をまとめました。

【1級管工事施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 13,531 4,738 35.0% 8,211 5,018 61.1%
2021 15,827 3,792 24.0% 4,540 3,330 73.3%
2022 16,839 7,231 42.9% 6,618 3,769 57.0%

引用:[総合資格学院]

【2級管工事施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 9,535 6,064 63.6% 12,678 5,514 43.5%
2021 9,070 4,406 48.6% 13,099 6,054 46.2%
2022 3,075 1,761 57.3%

引用:[総合資格学院]

管工事施工管理技士の合格率は、1級2級ともに50%を下回っている年が多いです。

一方で合格率73.3%という年もあるため、試験の年度によって難易度が異なるのかもしれません。

どんな難易度でも対応できるように、過去問を解いて対策をとっておきましょう。

1級・2級電気通信工事施工管理技士の試験概要

電気通信工事施工管理技士は、施工管理技士試験の中でも新しい試験のひとつです。

LANケーブルの設置や電気通信に関する調査や検査、管理を行う仕事を行います。

電気通信は、5Gの拡大やIT化の影響で、年々需要が高まっています。

将来性のある仕事に挑戦したい人は、電気通信施工管理技士の資格を取得するのがおすすめです。

2級 1級
試験実施機関 一般財団法人 全国建設研修センター
試験形式(学科試験) 四肢択一式 四肢択一式
試験形式(実地試験) 記述式 記述式
受験料 学科・実地試験:13,000円

学科試験のみ:6,500円

実地試験のみ:6,500円

学科試験:13,000円、

実地試験:13,000円

参考:[全国建設研修センター]

1級・2級電気通信工事施工管理技士の受験者数と合格率

ここからは電気通信工事施工管理技士の受験者数と合格率をまとめました。

【1級電気通信工事施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 8,532 4,190 49.1% 6,707 3,307 49.3%
2021 8,076 4,730 58.6% 6,147 1,852 30.1%
2022 7,300 3,982 54.5% 5,630 2,108 37.4%

引用:[建設技術教育センター]

【2級電気通信工事施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 2,764 1,835 66.4% 4,101 1,391 33.9%
2021 2,568 1,807 70.4% 4,725 1,420 30.1%
2022 3,074 1,818 59.1% 3,557 1,265 35.6%

引用:[建設技術教育センター]

電気通信工事施工管理技士は、IT化の進む日本で、今後も需要の高まる仕事です。

将来的に受験者数が増える可能性もあるため、今のうちに資格を取得しておくのもおすすめです。

1級・2級土木施工管理技士の試験概要

土木施工管理技士の仕事は、道路やダムなど人々の生活を支えるインフラに関わる工事がほとんどです。
建築施工管理技士と同様に、需要が高く、受験者が多いのが特徴の資格といえるでしょう。
土木施工管理技士資格を取得すれば、国や地方公共団体から依頼されるインフラ工事で活躍できるでしょう。
建築施工管理技士か土木施工管理技士資格を取得するかで、携わる工事の種類が変わるため、どちらを受験するか事前に情報を比較しておくのがおすすめです。

2級 1級
試験実施機関 一般財団法人 全国建設研修センター
試験形式(学科試験) 四肢択一式 四肢択一式
試験形式(実地試験) 記述式 記述式
受験料 学科・実地試験:10,500円

学科試験のみ:5,250円

実地試験のみ:5,250円

学科試験:10,500円

実地試験:10,500円

参考:[全国建設研修センター]

1級・2級土木施工管理技士の受験者数と合格率

ここからは、土木施工管理技士試験の受験者数と合格率を見ていきます。

【1級土木施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 9,745 17,885 60.1% 24,204 7,499 31.0%
2021 37,726 22,851 60.6% 26,558 9,732 36.6%
2022 38,672 21,097 54.6% 24,462 7,032 28.7%

引用:[建設技術教育センター]

【2級土木施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 19,968 14,488 72.6% 30,437 12,852 42.2%
2021 18,612 13,697 73.6% 32,847 11,713 35.7%
2022 27,461 17,565 64.0% 32,351 12,246 37.9%

引用:[建設技術教育センター]

試験データを見ても、受験者数が多いことが分かります。

合格率は年によってさまざまですが、2級土木施工管理技士試験の一次試験は合格率が70%以上と、合格率が他の試験と比べて高いです。

対策をしっかり行えば、多くの人が合格できる試験といえるでしょう。

1級・2級造園施工管理技士の試験概要

造園施工管理技士とは、公園の設置や管理を行う施工管理です。
造園施工管理技士資格は、土木施工管理技士資格や建築施工管理技士資格と合わせて取得を目指す人が多い資格です。
寺院や公園などのカテゴリに絞った施工管理の仕事を目指す人であれば、取得を目指すのがおすすめ。
ただ、会社によっては他の施工管理技士資格の方が重宝される可能性もあるため、2つ目の資格として目指すのが向いているかもしれません。

2級 1級
試験実施機関 一般財団法人 全国建設研修センター
試験形式(学科試験) 四肢択一式 四肢択一式
試験形式(実地試験) 記述式 記述式
受験料 学科・実地試験:14,400円

学科試験のみ:7,200円

実地試験のみ:7,200円

学科試験:14,400円

実地試験:14,400円

参考:[全国建設研修センター]

1級・2級造園施工管理技士の受験者数と合格率

ここからは、造園施工管理技士試験の受験者数と合格率を見ていきます。

【1級造園施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2021 3,008 1,080 35.9% 1,477 591 40.0%
2022 3,091 1,360 44.0% 1,471 677 46.0%

引用:[日建学院]

【2級造園施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2021 2,308 1,184 51.3% 2,624 1,119 42.6%
2022 2,014 1,161 57.6% 2,474 1,005 40.6%

引用:[日建学院]

データから、造園施工管理技士の受験者数は他の施工管理技士試験よりも少ないことが分かります。

スキルの幅を広げる目的で、他の施工管理技士資格を持つ人が挑戦することも多いようです。

1級・2級建設機械施工管理技士の試験概要

建設機械施工管理技士とは、大型の工事において重機を取り扱う際に活躍する施工管理です。

建設機械施工管理技士の資格は、別の施工管理技士の資格と合わせて取得すれば、仕事の幅が広がるでしょう。

2級 1級
試験実施機関 一般財団法人 全国建設研修センター
試験形式(学科試験) 四肢択一式 四肢択一式
試験形式(実地試験) 実技(操作施工法) 実技(操作施工法)
受験料 学科試験

種別受験;14,700円

2種別受験;29,400円

実地試験

1種別受験;27,100円

2種別受験;54,200円

学科試験:14,700円

実地試験

2種別受験;38,700円

1種別受験;29,100円

2種別免除;19,500円

参考:[日本建設機械施工協会]

1級・2級建設機械施工管理技士の受験者数と合格率

ここからは、造園施工管理技士試験の受験者数と合格率を見ていきます。

【1級建設機械施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 2,346 477 20.3% 217 174 80.2%
2021 2,337 621 26.6% 569 369 64.9%
2022 2,560 677 26.4% 866 456 52.7%

引用:[JQOS]

【2級建設機械施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 5,151 2,036 39.5% 1,024 845 82.5%
2021 8,717 4,469 51.3% 3,881 2,917 75.2%
2022 8,249 3,562 43.2% 3,826 2,609 68.2%

引用:[JQOS]

建設機械施工管理技士の資格は特に1級の二次試験の受験者数が少ないことが分かります。

1級の二次試験に進むには、一定期間の実務経験が必要なため、受験できる人が限られているのかもしれません。

建設機械施工管理技士の資格を取得したい人は、大手ゼネコンなどの大型機械を取り扱う工事を請け負う会社に転職しておくのがおすすめです。

施工管理技士試験の種類によって異なる偏差値を比較

試験の合格率が分かったところで、試験ごとの偏差値も確認してみましょう。

施工管理技士試験の種類によって異なる偏差値は以下のとおりです。

試験名 1級 2級
建築施工管理技士 55 50
電気工事施工管理技士 54 46
管工事施工管理技士 54 49
電気通信工事施工管理技士 54 46
土木施工管理技士 52 48
造園施工管理技士 55 50
建設機械施工管理技士 56 51

参考:[資格の説明]

偏差値を見ると、一番偏差値の低い試験は偏差値46の電気工事施工管理技士2級と電気通信工事施工管理技士2級です。

偏差値の数値はあくまでも概算の数値ですので、どの資格を勉強しようか迷っている人は参考にしてください。

施工管理技士資格を取得する3つのメリット

ここからは施工管理技士資格を取得するメリットについて紹介します。

  • 年収が上がる
  • 工事現場で主任技術者、監理技術者として働ける
  • 転職に有利になる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

年収が上がる

施工管理技士資格を取得すれば、年収が上がります。

なぜなら、資格の取得により自身のスキルが証明され、より責任のある仕事に就くことができるようになるからです。

また会社によっては、資格手当を支給している場合もあります。

基本給に加えて、資格手当がもらえるようになれば、月の手取りが増え、結果的に年収が上がります。

会社によって資格手当の有無や金額は異なるため、自分の会社に資格手当があるかを確認して、モチベーションに繋げるのもおすすめです。

工事現場で主任技術者、監理技術者として働ける

施工管理技士資格を取得すると、2級、1級どちらの資格かによって、対応できる工事の種類や、役職が変わります。

【資格取得によりできる役職】
2級:主任技術者
1級:監理技術者

主任技術者と監理技術者の対応業務は同じですが、それぞれの違いは配置を義務付けられている工事の種類です。

主任技術者 すべての工事現場に配置が求められる
監理技術者 4,500万円以上(建築一式工事は7,000万円以上)の下請契約を締結した工事で主任技術者に代わり配置が義務づけられる

つまり、1級施工管理技士の資格を取得すると、請負金額が4,500万円以上の大型工事で配置を義務付けられている、監理技術者として働けるということ。

規模の大きな工事で、必須の役割である監理技術者として働ければ、大手建設会社からも求められる人材となり、年収アップも期待できるでしょう。

転職に有利になる

施工管理技士資格を取得していれば、転職が有利になります。

施工管理の人数は、高齢化や若手の離職率の高さによって、年々減少しています。

引用:[国土交通省 建設産業の現状]

そのため、建設業全体で施工管理が足りていない状況です。

つまり、人手不足の建設業界で、施工管理技士の資格を持っていれば、どのカイア車からも重宝されるということ。

企業研究をしっかりして、条件のいい会社を見つけられれば、転職を成功させられるでしょう。

施工管理技士資格の資格手当の相場

ここからは施工管理技士資格を含む、建設業界の資格に対する資格手当の相場を紹介します。

相場をまとめた表は以下のとおりです。

資格の種類 資格手当の相場
建築士1級 3万~5万円
土木施工管理技士1・2級 5,000~3万円
建築施工管理技士1・2級 3,000~3万円
管工事施工管理技士1・2級 5,000~3万円
電気施工管理技士1・2級 5,000~5万円
造園施工管理技士1・2級 3,000~3万円
第三種電気主任技術者 5,000~3万円
第一種・第二種電気工事士 1,500~5万円
消防設備点検資格者 3,000円前後
消防設備士 1,000~5,000円

引用:[転職Hacks]

表を見ると、施工管理技士資格の資格手当の相場は3,000〜50,000円まで幅があることがわかりました。

会社がどのような工事をメインに行っているかによって、求められる施工管理技士資格は異なります。

そのため、出来るだけ高い資格手当をもらいたい人は、会社の工事の特徴や規模についても詳しく調べておくのがおすすめです。

施工管理の種類によって異なる仕事内容とは

資格の取得を検討する前に、施工管理の種類によって異なる仕事内容について知ることも大切です。
こちらの記事では、施工管理の種類ごとの仕事内容ややりがいについて詳しく紹介しています。
まずは施工管理の仕事を知った上で、どの仕事に取り組みたいか意思を固め、資格の取得を目指してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理技士試験の試験難易度はなぜ高い?試験の特徴を解説

施工管理技士を他の資格試験と比較をした際に、特徴的な点は「1次試験」と「2次試験」の2つに合格する必要がある点です。(技術士取得による一部試験免除等の例外は除く)

筆記試験と実技試験がある資格は多くありますが、施工管理技士は試験上「1次試験」及び「2次試験」と呼ばれながら、どちらも知識を問われ用紙に記入するペーパーテストの形式で行われます。

幅広い知識を正確に把握しているかを問われる1次試験。

受験資格を得るまでに経た実務経験年数の中でどれだけ正しく「現場の判断」を行ってきたのかを問われる2次試験。

それぞれ試験の性質が全く異なります。

しかも1次試験の合格発表から2次試験の試験日まで、ほとんどの試験科目が3ヶ月ほどの準備期間しかありません。

施工管理として日々の通常業務をこなしながら、施工管理技士試験の学習を進めていくことは容易ではなく、本腰を入れて受験勉強に取り組む必要があります。

また、最終的には2次試験に合格する必要があるため、仕事で実務経験を積める環境が必須です。

施工管理技士試験の受験を検討している人は、早めに建設会社等へ転職して施工現場の実務経験を積んでいくことがベストです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理技士の勉強法とおすすめの参考書

勉強法のポイント 施工管理技士の勉強法のポイントは、以下のようなものがあります。

  1. 参考書や過去問で基本的な知識や問題の解き方を身につける
  2. 過去問題を繰り返し解いて、出題傾向やパターンを把握する
  3. 用語の意味や法令の条文を暗記する
  4. 二次試験の経験記述の対策を行う

それぞれ解説します。

参考書や過去問で基本的な知識や問題の解き方を身につける

施工管理技士の試験には、専門的な知識や技術が必要です。そのため、参考書や過去問を使って、基本的な知識や問題の解き方を身につけましょう。

参考書は、分野別や項目別に分かれているものがおすすめです。過去問は、最近の試験内容に合わせて選ぶことが重要です。

過去問題を繰り返し解いて、出題傾向やパターンを把握する

施工管理技士の試験には、出題傾向やパターンがあるので、過去問題を繰り返し解いて、それらを把握することが効果的です。

過去問題を解くときは、試験時間内に解くことで、時間配分やスピード感を養うことができます。また、間違えた問題や苦手な分野は、メモにまとめて、復習することが必要です。

用語の意味や法令の条文を暗記する

施工管理技士の試験には、用語の意味や法令の条文を正確に理解していないと解けない問題が多く出題されます。そのため、用語の意味や法令の条文を暗記することが必要です。

暗記するときは、単語帳やフラッシュカードなどを使って、繰り返し覚えることが効果的です。また、隙間時間に復習することで、忘れにくくなります。

二次試験の経験記述の対策を行う

施工管理技士の二次試験は、論述試験と経験記述試験の2つからなります。

論述試験は、一次試験で学んだ知識や技術を応用して、具体的な事例に対する解答を書く試験です。一方、経験記述試験は、自分が実際に施工管理の業務に携わった経験を記述する試験です。

二次試験の対策としては、以下のことが必要です。

  • 過去問題や模範解答を参考にして、論述試験の書き方やポイントを学ぶ
  • 経験記述試験のテーマや評価基準を確認して、自分の経験を整理する
  • 経験記述試験の解答例を見て、合格するための書き方や内容を学ぶ
  • 自分で経験記述試験の解答を書いて、添削をしてもらう

また、施工管理技士のおすすめの参考書と問題集としては、以下のようなものがあります。

  • 2級建築施工管理技士 一次対策問題解説集 令和4年度版
  • 2級建築施工管理技士 一次対策項目別ポイント問題 改訂四版 令和4年度
  • 分野別 問題解説集 2級建築施工管理技術検定試験 第二次検定 (スーパーテキストシリーズ)
  • 2級建築施工管理技士 第二次検定の完全攻略 新訂第二版
  • 詳解 1級建築施工管理技術検定過去5年問題集 ’24年版

ぜひ参考にしてください。

施工管理技士資格に関するよくある質問

question marks, punctuation, symbol

ここからは、施工管理技士資格に関するよくある質問に回答します。

質問は下記のとおり。

  1. 施工管理技士資格を持っていることで活かせる業務や、将来的にキャリアチェンジを目指せる業務は何か?
  2. 未経験からでも施工管理技士の資格取得は可能か?

それぞれ詳しくみていきましょう。

施工管理技士資格を持っていることで活かせる業務や、将来的にキャリアチェンジを目指せる業務は何か?

施工管理技士資格は7種類あり、それぞれの資格で学ぶ範囲は異なります。

施工管理技士資格の勉強をするだけで、建設業界で活用できる深い知識を学べるでしょう。

さらに施工管理は工事全体の管理者としての仕事ができるため、仕事をする中でマネジメント力やコミュニケーション力を磨けます。

施工管理技士資格は施工管理の仕事だけでなく、他のキャリアでも活かせる職業です。

下記の記事では、施工管理職が別の職業へキャリアチェンジを目指す場合におすすめする職種を紹介しています。

施工管理として働く人で、将来的に別の仕事に挑戦したいという人は参考にしてみてください。

未経験からでも施工管理技士の資格取得は可能か?

未経験からでも、施工管理技士資格の取得は可能です。

なぜなら施工管理として就職する中で、実務経験を積みながら試験に挑戦する方が、知識が身につきやすいため。

2級の施工管理技士試験では、実務経験がなくても受験できるため、まずは自分の実力を試すために受けてみるのもおすすめです。

将来的に施工管理技士試験1級を目指すには、建設業の会社で実務経験を積む必要があるため、どの会社で施工管理として働きたいかを検討してみましょう。

まとめ

今回は、施工管理技士資格の難易度を合格率や合格者数、試験内容などさまざまな角度から分析しました。

ものづくりに関わる人材として、常にスキルアップを目指すモチベーションは大切です。
資格を取得するだけで年収が上がり、より良い条件の会社に転職できる可能性も高まります。そのため、施工管理技士として今後も活躍したい人であれば、施工管理技士資格の取得は必須ともいえるでしょう。

今回紹介した施工管理技士資格の合格率や試験内容を比較して、自分が取得を目指す資格を決めてみてください。

1級の資格取得には実務経験も必要なため、早めに決めて取得に向けた計画を立てておくことが重要です。

また、資格取得で年収アップを目指して転職を考える際は、施工管理技士に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行うことが重要です。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」は、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

【施工管理技士必見】施工管理技士が転職を有利に進めるポイントは?好条件で採用されるコツを徹底解説!

施工管理技士は転職市場において価値が高い

建設業界は人材不足が深刻な業界です。中でも、施工管理技士の人材確保にはどの業者も頭を抱えていらっしゃいます。

そのため、有利に転職を進めれば年収アップやワークライフバランス改善も狙えます。この記事では施工管理技士がより有利に転職を進めるポイントを解説していきますので、是非ともご参考ください。

施工管技士が転職を有利に進めるポイント

転職市場におけるご自分の市場価値を正しく認識する

建設業界は他の業界と比較をして、雇用の流動性が低いため、転職慣れをされていない方が多いかと存じます。実際に、初めて転職を検討したとおっしゃられるベテランの施工管理技士の方々が少なくない印象を受けます。

転職を有利に進めるために、重要なことは転職市場におけるご自分の市場価値を正しく認識して、適切な希望条件及び希望職種にて転職活動をすることです。

そのためには、転職市場におけるご自分の市場価値を客観的に判断してもらえるような転職エージェントなどにご相談されることが最も効率的でしょう。

資格保有の有無は重要ポイント

資格についてですが、施工管理技士資格をお持ちで無い方は資格取得の準備をなるべく始めたほうが良いです。

転職市場においては、経験スキルも重要ですが、やはり表面的な要素(履歴書・職務経歴書における保有資格の有無)から転職活動がスタートするため、第一印象として非常に重要です。

また、正社員の転職では提示される年収が1級と2級ではかなりの金額の差があります。1級を持っていると専任技術者、主任技術者、監理技術者など重要なポジションを任せられるので、金額の差は当然です。

一方で、2級でも評価が下がらない業種(プラント施工管理、住宅施工管理等)もありますので、一概には言えません。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

また、派遣会社への転職の場合は、専任技術者、主任技術者、監理技術者になることはできないため、資格が無くともその現場で必要とされる経験が豊富であれば、一定の評価をもらえるため転職は可能です。

ただし、高単価の人気案件については1級資格持ちが優遇されるケースが多いのも事実ですから、資格は重要であることは間違いありません。

施工管理技士としての自分の強みをわかりやすくアピールする

ご自分の強みをアピールすることは重要です。これまでの工事経歴や、保有資格など、履歴書・職務経歴書に記載する内容については当然にアピールされるべきですが、履歴書・職務経歴書からは読み取ることができないマネージメント能力や職人のパイプなどは面接の場でアピールしなければ伝わりません。

自分の中にあるプラスの材料をすべて書き出して整理することで高評価に繋がります。また整理することにより、自分の強みが明確に見えるだけでなく「さらに強みを出すには何をすればいいのか」も見えてきます。

例えば何らかの資格を複数取得することで、他の人材にはない強みを打ち出せるなら、現在保有している資格に加えて新たな資格取得に取り組むのもいいでしょう。

建築施工管理技士なら 一級建築士、土木施工管理技士なら技術士などです。例え取得が簡単な資格であっても、その方面の学習意欲があるということは転職活動の際に高評価に繋がります。

保有していると転職で有利になる資格、将来的に取得をお勧めする資格

また建築業界で活かせる主な資格リストをご用意いたしました。

施工管理技士

施工管理技士には、「建築」「電気工事」「土木」など、6つの種目があります。これらについて建設業界の専門知識を持ち、現場などで管理業務をするのが施工管理技士の仕事。

建物の品質や現場で働く職人たちの安全管理に努めながら、スケジュール通りに工事を進めていくという重要なポジションになります。ゆえに、この資格の有無が給料のアップ、出世や昇給にも大きく影響するでしょう。

建築士

建築士を目指している方なら、誰もが取得を目指すであろう一級建築士の資格。HOPには、技術系スタッフのおよそ3人に1人が一級建築士として在籍しています。

一級建築士になれば一般住宅はもちろん、大規模な建物や高度な技術を必要とされる建物など、様々な建築物の設計・監理が対応可能。
具体的な仕事内容や取得までの流れを紹介しましょう。

構造設計一級建築士

一級建築士の中でも限られた一部の人のみが手にできる資格、構造設計一級建築士の資格。

この資格があれば、一級建築士の資格だけでは対応しきれなかった大型ビルや超高層マンションなど大規模な建造物の設計を行うことが可能となり、業務の幅が飛躍的に増えます。一級建築士としての業務経験が最低5年必要など、受験資格の難易度も上がります。

具体的な仕事内容や取得までの流れをここで紹介していきます。

技術士

技術士は、技術分野における最高位といわれている国家資格です。
この資格があれば、一定レベル以上の問題解決能力を有する証明となり、高度な専門技術力を裏付けることで技術コンサルタントとして活躍出来ます。

実際に技術士になるには、技術士補となる資格を有してから最短で4年の実務経験を積む必要があり、試験の難易度がとても高い資格です。ここでは、具体的な仕事内容から取得までの流れを紹介していきます。

宅地建物取引士

色々な資格のなかで、受験者数が最も多いとされているのが宅地建物取引士。宅建士といえば不動産会社に勤める方が持つ資格というイメージがありますが、建築会社でもこの資格が大いに求められます。

土地や建物の売買取引を、不動産会社を介さずに自社で行うことによって、よりリーズナブルな価格で物件を提供できるなど、会社やお客様にとっても大きなメリットをもたらす資格です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

未経験から施工管理職への転職を有利に進めるための方法

未経験から施工管理職への転職を有利に進めるための方法についてはこちらの記事に記載がございますのでご確認ください。

施工管理から他業種への転職を有利に進めるための方法

施工管理はやりがいもありますが、大変な仕事であることは事実なので「他業種に転職したい」という方もいます。

下記では、施工管理職から有利に転職できるおすすめの他業種を紹介するので、転職活動の参考にしてみてください。

施工管理職から有利に転職するのが可能な他業種

保守メンテナンス

施工管理をやられていた方がワークライフバランス改善の為に、保守メンテナンス業務を志望されるケースは多くあります。

施工管理として培ってきた技術やスキルを活かしながら、プライベートは充実させたいという転職ニーズにぴったりの職種です。保守メンテナンス特有の資格(電気主任技術者など)はございますが、施工管理技士資格と比較をすれば難易度は低いため取得は困難ではなく、施工管理技士資格も一定の評価をもらえますので有利に転職が可能です。

ただし、施工管理職と比較した際に、保守メンテナンス職のご年収は下がる可能性が高いです。

CADオペレーター

CADオペレーターはおすすめです。なぜなら、施工管理技士の方であれば誰でも持っているCADスキルを活かせるからです。

ただし、男性のCADオペレーターは少ないので、男性の方であれば少し肩身が狭いという懸念点もございます。建築CAD系の資格があると、さらに転職が有利です。

建設会社の工事営業

技術的な質問に現場で答えられて、信用されるからです。現場監督業務は疲れたので、施工管理職から営業職にジョブチェンジしたいという転職希望者様は多くいらっしゃることは事実です。

具体的には、下記のような営業職があり得ます。

・ゼネコンの営業マン
・ハウスメーカーの営業マン
・工務店の営業マン

デベロッパー

デベロッパーもおすすめです。デベロッパーは大規模開発を行うので、建設会社との折衝がつきもの。

施工管理の知識があれば、建設会社と技術的な話もできるので重宝されます。ただし、デベロッパーのデメリットは中途採用は少ないこと。いわゆる「新卒至上主義」が強いので、転職は少し苦労します。

技術系の公務員

こちらも、施工管理の経験を加味されて、転職活動を有利に進めることが可能です。公共工事における発注者側、もしくは発注者支援の仕事などが該当します。

建設会社と高いレベルでの技術的な会話ができないといけませんので、施工管理の専門知識をフルに活かせます。こちらも、ワークライフバランスは改善されますが、ご年収は下がる可能性が高いです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は、人手不足を課題とする建設業界において、ただでさえ転職市場での価値が高い施工管理技士が、転職をより有利に進める上でのポイントをご紹介させていただきました。当然に、資格を取得し経験を重ねた場合、転職を有利に進めることが可能です。

しかし、資格の有無や1級2級の違いが必ずしも転職市場での有利不利に繋がるということではなく、経験してきた職種や業種によって評価方法の違いが生まれることをご理解いただけましたでしょうか。

転職において、最も重要なことは最新の情報を正しく理解して、効率的かつ有利に転職活動を進めることです。弊社ビーバーズは建設業界における転職市場や動向に関する最新の情報を保有しておりますので、情報収集の一環としてまずはご相談ください。

【施工管理技士の種類シリーズ】電気通信工事施工管理のやりがいは?業務内容、年収相場、将来性を徹底解説

「5Gを体験したい」「電話機を増やしたい」「WiFiを使いたい」など、考える方は少なくありません。「どんな工事が必要なの?」「どこに依頼すれば良いの?」と困ってはいませんか?ビジネスにおいても日常にとっても通信設備は欠かせません。

1級電気通信施工管理技士について

1級電気工事施工管理技士について

電気通信工事施工管理技士の業務内容

画像1

電気通信工事はネット回線や電話回線など通信に関わる工事全般を意味しています。快適なオフィス環境作りに欠かせないのが電気通信工事です。
では、特にオフィスと関わりのある作業内容を見ていきましょう。

電話工事

小規模オフィスは別として、一般的なオフィス運営に欠かせないのが電話設備です。自宅なら電話回線と電話機を接続・設定すれば使えますが、オフィスではそうはいきません。交換機から配線、電話機と”電話工事”が必要です。

また、21世紀はグローバル社会。一昔前のように電話機単体で運用することはなく、電話機とPCや複合機、時にはクラウドサービス(ネット回線)と繋ぐことも。最近では、ネット回線と電話回線を併用した電話機もあるほどです。

LAN工事

グローバル社会において、オフィス運営にはネット設備も欠かせません。どんなに小さなオフィスでもネット回線を引いていないところはないでしょう。農家のおばあちゃんでさえタブレットを操り、ネット上で作物を販売している時代です。

ネット設備の設置には外部からネット回線を引き込み、ルーター機器とLANケーブル、端末(PCや電話機など)を接続・設定するLAN工事が必要です。また、自社サーバーの設置のように大がかりなものもLAN工事に含まれます。

光ケーブル敷設工事

ネット回線の中でも、通信の安定と速さで人気なのが光回線です。一般的に普及しているADSL(電話通信)の通信速度が最大50Mbpsに対して、光回線(光通信)は1Gbps(※1)とおよそ20倍の速度と情報量です。

ネット上での通信の頻度も情報量も増える中、オフィス内のネット設備をこれまでのADSLから光回線に移行する光ケーブル敷設工事も必要と言えます。今後、光回線でなければ対応できない通信が増えることが予想されます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気通信工事施工管理技士のやりがい

未経験からでも仕事ができる

電気通信工事施工管理技士は実務経験が必要ですが、完全未経験でも1年半で資格取得の条件を満たします。実務経験を積めば確実にステップアップができる資格であり、業務経験を積めば仕事の幅はどんどん広がっていきます。

業界全体で人手が不足している上に新資格、急速に成長している技術ですので全く人手が足りていません。未経験からでも仕事はありますし、かなり早い段階で様々な業務や現場に立ち会えるので成長も早いでしょう。

これから重宝される資格

電気通信工事施工管理技士はインターネットが今後さらに発展していくことを考えると益々重宝される資格と言えるでしょう。早めに取得しておくことで、新技術への対応や現場での柔軟性も磨かれるでしょう。

新技術に触れられる

通信技術の進歩は非常に早く、気がつけば昔はメジャーだった技術はいつの間にか全く使われない技術になっているということもよくあります。そんな最新技術を導入するのが電気通信工事施工管理技士です。

すべての企業が最新技術を導入するわけではありませんが、最新技術を理解し、実際に顧客への提案や導入を行うのは電気通信工事施工管理技士なのです。そのような最新技術にいち早く触れられるのは非常に魅力的と言っていいでしょう。

電気通信工事施工管理技士に向いてる人

電気通信工事は高い技術力を要求される仕事ですので、最新の技術について常にアンテナを張り、知識を吸収することができるような向上心のある方が向いています。一方で、実際に作業をする際には高所での作業が求められることもありますので、ある程度高所でも問題ないこと、並びに安全性に注意をして慎重に仕事をすることができることも資質の一つです。また、チームワークが大切な業務であるといえますので、多くの仲間としっかりとコミュニケーションをとることも重要です。

電気通信工事施工管理技士の年収相場

平均年収

通信工事の仕事の平均年収は約405万円。日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。
月給で換算すると34万円、初任給は20万円程度が相場のようで、派遣社員やアルバイト・パートでは平均時給がそれぞれ1,545円、998円となっています。
正社員の給料分布を見てみるとボリュームが多いのは290〜341万円の水準で、平均年収の405万円はこのゾーンよりも高い水準に位置しています。
全体の給与幅としては290〜695万円と比較的広いため、勤務先や経験・求められるスキルによっても大きな差があると見受けられます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気通信工事施工管理技士の資格を取得するメリット

専任の技術者として認められる

電気通信工事業を営む場合、500万円未満の軽微な工事を取り扱っている場合を除き、営業所の区域に伴って国土交通省大臣または都道府県知事より建設業の許可を受ける必要があります。
建設業の許可は、下請契約の規模等により、『一般建設業』と『特定建設業』に区分して建設工事の種類ごとにおこなわれます。
この建設業の許可を受けた事業所は必ず営業所ごとに『専任の技術者』を配置する必要があり、この『専任の技術者』は国家資格の保持者または一定の実務経験年数を得た者に限られます。施工管理技士はこの“国家資格”に該当します。

現場に必要な監理技術者・主任技術者になることができる

施工管理技士を取得した場合、該当工事の『監理技術者』及び『主任技術者』となることができます。
この『監理技術者』そして『主任技術者』も大規模工事を請け負う際に必ず必要な存在です。
それぞれ、施工管理技士を取得した際の級等や設置義務要件も異なります。
下記の項目にそれぞれの詳細な説明を記載いたしますので、どちらを必要としているのか確認しておいたほうがいいでしょう。

監理技術者の必要性

元請の特定建設業者が、総額4,000万円以上(建築一式の場合6,000万円以上)の下請契約を行った場合、工事を行う場所に監理技術者を設置する必要があります。

主任技術者

元請・下請に関わらず監理技術者が必要な工事以外、全ての工事は主任技術者を配置する必要があります。

インターネット時代の世の中において需要が増している

近年、生活や仕事を含めた社会全体において、インターネット環境が必要不可欠な存在となりました。

IT技術の進化に伴い、電気通信工事の種類や件数は増加傾向です。
その一方、電気通信工事の監督ができる技術者は圧倒的に不足しています。

電気通信工事施工管理技士が新資格として登場したのもこのためです。

電気通信工事の需要はこれからも増え続けることが見込まれるため、電気通信工事施工管理技士の取得は仕事の安定につながります。

まとめ

通信機器やスマートフォンの普及により、今後も電気通信工事の需要は高まっていくと予想されます。現状でも業界全体として施工管理職は人手不足ですが、新資格である電気通信工事施工管理技士はより不足感があり、さらに通信工事業界は急速に成長しております。たった1年、電気通信工事施工管理技士資格の取得を逃しただけでもその機会損失は計り知れません。業界全体の成長の波に乗り遅れないように、電気通信工事施工管理技士資格の取得に取り組まれると共に、今後の動向をしっかりチェックしておきましょう!ビーバーズは、業界最先端となる情報や転職市場動向までご提供させていただきますので、電気通信工事業に携われる方、まずは一度お問い合わせください。

【施工管理技士の種類シリーズ】造園施工管理のやりがいは?業務内容、年収相場、将来性を徹底解説

造園施工管理技士の業務内容

造園施工管理技士とは、国家資格である「施工管理技士」の一つです。造園ということで、町の植木屋さんなどのイメージを持つ方が中にはいるかもしれませんが、それとは異なります。造園施工管理技士の業務は、公園や道路などの公共スペースの緑化や広場、大型マンションや商業施設の屋上緑化、遊園地の植栽造成を行う仕事こそ、造園施工管理になります。造園施工管理技士になるには「一般財団法人全国建設研修センター」が実施する造園施工管理技士試験を受験し、合格する必要があります。受験の注意点としましては、他の施工管理技士の試験と同様に、最終学歴によって一定の実務経験が必要となります。資格を保有してない状態で造園会社に就職し、技術者として現場で実務経験を重ねて、受験資格を得られたら、いざ国家試験にチャレンジする流れです。1級資格者は、指導監督として現場で仕事を行い、2級資格者は、応用能力がある技術者として、仕事を行います。公共事業として造園工事を請け負う場合は「監理技術者」の配置が義務づけられており、役割を担えるのは1級造園施工管理技士のみと定められています。

1級造園施工管理技士について

1級造園施工管理技士について

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

造園施工管理技士のやりがい

緑ある空間を創造することができる

造園施工管理技士は造園技術のエキスパートとして、現場の職人たちに指示を出しながら、緑ある空間を生み出していく仕事です。最初は何もなかったところから計画を立てて工事が進み、頭の中のイメージが次第に理想の形になっていく様は感動的ですし、最終的に完成したときは毎回うれしく、「よくやったな」という気持ちになるものです。

環境保護にも関わっていく仕事

開発が進み、とくに都市部において自然が減っている現代社会。個人邸における造園の仕事は減っているといわれますが、一方で社会全体で積極的に緑を増やそうという取り組みがあり、公共の造園工事や大型不動産開発の屋上緑化などの案件が増えているといわれます。環境保護への関心が高まっている時代だからこそ、自然と関わり、緑ある空間を創り出すことで社会へ貢献していく造園施工管理技士の役割はさらに重要なものになっているといえます。職人として技術を磨きながら、世の中のために貢献していくことができる日々に、やりがいを感じている人は多いようです。

さらなるステップアップが目指せる

造園施工管理技士は、造園工事現場の施工管理に携わることができる人材としてみなされます。とくに1級まで取得しておけば活躍の幅が広がりますし、給与や待遇面なども、より有利な条件で働きやすくなります。多くの造園会社では、現場の品質や安全まで管理できる確かな力を持った1級造園施工管理技士の資格者を管理職のポジションに抜擢しているため、この資格を取れば将来的にマネジメントまで任されるようになるなど、いち技術者としての枠を超えた責任ある仕事ができることも魅力といえます。また、造園施工管理と併せて土木施工管理を行う建設会社は多いので、造園施工管理技士から土木施工管理技士としてキャリアアップを図る技術者の方も多いです。

造園施工管理技士に向いてる人

心身ともに健康で、体力もあること

造園施工管理技士は日々、造園工事の現場で職人たちをまとめながら仕事をします。屋外での作業が中心となり、真夏の暑さや真冬の寒さに耐えなくてはならない日も出てきます。また、重量のある機械を取り扱ったり大きな石や枝を持ち運んだりすることも多いため、日ごろから自主的にトレーニングをするなどして、できるだけ体力はつけておくほうがよいでしょう。
さらに健康的であることも重要です。もし、どこか身体の調子が悪かったり寝不足でボーっとしていれば作業に集中できず、最悪の場合は作業中の大事故につながってしまう可能性もあります。忙しい日々のなかでも自分自身の身体をきちんとメンテナンスでき、つねに最高のパフォーマンスが発揮できるように努力できる人に向いている仕事です。

チームで物事を進めていくのが好きなこと

造園の仕事では、たいてい複数の職人が集まってチームで作業を進めていきます。そこではお互いの信頼関係や協力する姿勢が必要不可欠であり、とくに現場のまとめ役を務める造園施工管理技士は、チームメンバーのお手本のような存在にならなくてはなりません。自分勝手に行動せず、周りの状況も見ながら臨機応変に行動し、他のメンバーと一緒にゴールへ向かっていくことが大事になってきます。したがって個人プレーよりも、チームで何かをすることが好きな人に向いている仕事だといえるでしょう。

植物や自然が好きなこと

屋外で仕事をする時間が長い造園施工管理技士は、ずっと部屋にこもっていたいという人よりも、アクティブ派の人に向いているといえるでしょう。自然に囲まれていると元気が出たり、植物にふれるのが大好きという人であれば、造園施工管理技士としての適性はあるといえます。そのうえで、緑を扱う仕事をすることで世の中に貢献したり、より多くの人を笑顔にしたいという気持ちが持てれば、造園施工管理技士として活躍していけるでしょう。

造園施工管理技士の年収相場

平均年収

造園施工管理技士は、おもに造園会社や、建築・土木会社の造園部門などに勤務しています。勤務先によって給料や年収には違いが出てきますが、この仕事は技術職であるため、経験やスキルがある人ほど多くの収入を得やすい傾向があります。造園施工管理技士の資格は実務経験を積まないと取得できないことから、それなりの経験がある人が働いており、一般の職人に比べると収入はやや高めとなっているようです。平均年収は300~650万円くらいとされており幅がありますが、実力のある造園施工管理技士になると、業界内では高収入を得ることも可能になります。

資格手当の支給も

造園施工管理技士は、1級と2級の資格があり、それぞれの資格を持っていることで資格手当が支給される会社が多いようです。2級で月に3千円~5千円程度、1級になると月に1万円~2万円程度の資格手当が出るほか、試験合格時には報奨金が別途支払われる場合もあります。
会社によっては、上記以上の資格手当を支給しているところもあり、資格を取得することによって給料をさらにアップさせることができる仕事といえます。

年収をアップさせるには

造園施工管理技士は、おもに個人邸の造園を手掛ける人と、公共事業に関わっていく人に分かれます。前者の場合は、資格以上にその人自身の「腕」がとくに重視されやすく、個人の庭師として活躍する人もいます。ベテラン職人になることで、高いお金で仕事を請け負うこともできるようになるでしょう。一方、後者の場合は、そういった事業を手掛ける企業に就職し、さまざまな案件を経験しながら社内でステップアップを目指すのが一般的です。職人としての腕を上げることはもちろんですが、チームをまとめていったり、部下の育成などにも携わるためのマネジメントスキルを磨いて管理職としての役割も担えるようになると、年収を上げていきやすくなるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

造園施工管理技士の1日のスケジュール

造園施工管理技士の過ごし方は?

造園施工管理技士は、造園の工事現場において、おもに施工計画の立案や工程管理、品質管理、安全管理といった施工管理全般を担当します。現場に出て職人と一緒に作業をすることもありますが、事務所でのデスクワークも多くあります。実際には、勤務先や働き方によって仕事内容が若干異なってきますが、ここでは代表的な活躍の場となる造園会社における造園施工管理技士の1日のおもなスケジュールについて紹介します。

造園会社で働く造園施工管理技士のある1日

7:45 出勤
造園業の朝は早いことが特徴です。車で現場に直行することも。
8:00 朝礼
朝礼では元気に声出しと、メンバー全員でその日の作業内容や危険事項の確認をします。
チームを管理する造園施工管理技士は、体調の悪そうなメンバーがいないかなどもチェックします。
8:30 施工開始
現場に異常がないかを見て回り、必要に応じて職人たちに指示を出していきます。
10:00 打ち合わせ
事務所で他の管理者と一緒に、今後の作業内容についての打ち合わせをします。
12:00 昼休憩
体力仕事であるため、休憩はきちんと管理してとっていきます。
昼食の弁当を食べてリフレッシュ。
13:00 進捗チェック
再び現場に出て、作業が順調に進んでいるかどうかをチェックします。
14:00 資料作成など
工程管理表の作成といった施工管理業務を行います。
17:00 施工終了
当日の施工が終わると、ここからは落ち着いてデスクワークに取り組みます。
18:30 翌日の準備
施工報告書を作成し、明日以降の施工の下準備や工程表の確認などを入念に行います。
19:00 退社
なるべく効率よく仕事を終わらせて、すみやかに帰宅します。

造園施工管理技士の現状と将来性

活躍できるチャンスはたくさんある

造園施工管理技士は、造園業において現場の施工管理を行うことができるスペシャリストとして位置づけられています。国家資格であるため資格を生かしての転職がしやすく、とくに1級まで取得すれば勤務先の選択肢はさらに広がっていきます。造園施工管理技士は個人邸の庭づくりはもちろんのこと公共工事に関わることもでき、「まちづくり」を行っていくうえでも重要な役割を担います。都市化が進むなかで、ビルの屋上緑化や樹木管理などのニーズは徐々に増えているとされ、造園施工管理技士が活躍できる場は決して少なくありません。

現場で働きながらスキルアップ

造園施工管理技士は、おもに造園業を営む会社に勤務していますが、会社の規模は大手から個人経営の小さなところまでまちまちで、労働環境や働きやすさは、勤務先によってだいぶ異なっているようです。
会社によっては造園以外に建築や土木の工事も手掛けており、さまざまな仕事を任されることもあるようです。キャリアの幅を広げながら、転職市場においても高く評価を受けるためには土木工事の施工管理も経験しておくことを強くお勧めします。
いずれにしても、造園施工管理技士の資格は実務経験が必須となるため、まずは一般の技術者(職人)としてさまざまな現場で働きながらスキルアップに努めることが求められます。
造園施工管理技士として働いた経験を活かして、将来的には独立して庭づくりに関わるような働き方をしている人もいます。

マネジメントスキルのある人材が求められる

緑地工事、庭園工事、公園工事、道路緑化工事など、さまざまな造園工事はどのような時代にも行われており、現場監督になれる造園施工管理技士の将来性は明るいといえるでしょう。できるだけ早く1級を取得すれば、携わることができる業務の幅が広がりますし、収入アップにもつながっていきます。技術者としての確かなスキルを備えていることに加え、現場のメンバーを監督するマネジメントスキルまで身につけている人材が、多くの企業で必要とされております。

まとめ

今回は、複数種類ある施工管理技士の中でも造園施工管理技士のご紹介をさせていただきました。造園施工管理技士というと、資格者は限られておりますが、専門性が高く重宝される仕事です。しかし、仮に造園施工管理技士の方々が転職を検討されたとしても、造園施工管理をメイン事業としている建設会社は多くないため、中々豊富な求人を保有しているエージェントはいないかと思います。しかし、建設業界に特化をしているビーバーズであれば、造園施工管理の求人も揃えておりますので、まずはお問い合わせください。無理なく長く働けて、自分も会社も共に成長できる環境が整っている会社選びを一緒に実現していきましょう。

【施工管理技士の転職/職種別難易度】施工管理からの転職は希望職種により難易度が変わる?希望職種別の転職難易度ランキング!

昨今は年功序列や終身雇用といった日本特有の仕事に対する考え方や働き方が見直されつつあり、転職が当たり前の時代になってきました。それは建設業界でも同じです。建設業界において、将来的なキャリアを見据えた転職活動は非常に大切であり、転職における選択肢は、これまでのご経験やスキル、資格などにより大きく変わります。今回は、現在施工管理技士でありながら、転職をお考えの方々向けに、希望職種別の転職難易度についてご紹介させていただきます。建設業界での転職支援を長年経験しているキャリアエージェントの立場からランキング付けをしておりますので、ご覧ください。

また過去に施工管理技士が転職する際のこだわりポイントや条件について徹底解説している記事がございますのでこちらも併せてご覧ください。

転職難易度1 施工管理から保守・メンテナンス

現在、施工管理技士をしている方の中で保守・メンテナンスを志望する方は、多くいらっしゃいます。施工管理技士のご経験を活かすことができ、工期がないため、施工管理技士と比較すると精神的に追い詰められることが少なく、とても働きやすい職種です。

業務内容としても、建物の設備管理・寿命の長期化を目的とした運転監視・点検や簡易的な工事がメインです。企業側は、元施工管理技士(工事のことを分かっている人)に保守・メンテナンスをしてもらえるのはとても安心できます。

業務レベルがそこまで高くなく、資格なども必須ではないため転職難易度としては易しいですが、年収がそこまで期待できない職種でもあります。年収や賞与よりも、ワークライフバランスを重んじる方にはぴったりの職種です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

転職難易度2 施工管理から施工管理

施工管理から同じく施工管理へ転職する際の難易度は、当然に企業ごとに異なります。そのなかでも企業がどの工事をメインとしているのかが大きな要因になるかと思います。

例えば、住宅メーカーで勤務されていた方が、住宅メーカーへ転職する場合ご経験と全く同じであれば、高く評価されます。

しかし、その方が、RC造のマンション新築工事を主軸とする企業へ転職しようと思った場合、難易度は高くなります。その際に、資格(一級建築施工管理技士)をもっていると評価されやすくなるでしょう。

ですので、基本的にはこれまでご経験してきた工事(民間工事or官公庁工事、新築or改修、住宅orハコモノ系)と、転職先企業の主軸としている工事との親和性により難易度は変わりますし、評価、条件面もそれに伴い、変化するでしょう。

施工管理技士の方が、同職種を志望する理由としては、ワークライフバランスを整えたい、年収をあげたい、更に大きな工事を経験したいなど様々な理由があるかと思いますが、自分自身のこれまでの経験と近しい企業を選ぶことで、より良い条件の提示を受けることができるでしょう。逆に、幅広いご経験を積むことで、転職先の幅が広がることも事実ですので、条件面が最優先事項でなければ、別ジャンルに挑戦することも1つです。いずれにしましても、広い視野で転職活動に取り組むことがお勧めです。

転職難易度3 施工管理から工事営業(技術営業)

技術職(施工管理技士や設計)から営業職へご転職をお考えになられる方は、意外かもしれませんが多くいらっしゃいます。

まず工事営業は、民間工事の場合と公共工事の場合と2種類あります。

民間工事の場合では、営業力が求められる為、成果を出すまでに時間が掛かります。ある企業様では、入社して1,2年は受注できない方がざらにいると伺いました。(工事の規模にもよるかとは思います。)営業は経験が重要な要素ではありますので、粘り強く続けていくメンタルもポイントになります。その分、成果を上げれた際には見返りが大きくなっている企業が多いでしょう。

公共工事の場合では、他の営業職と比較するとそこまで営業力は問われませんが、知識が重要になります。そのため、実際に現場で活躍してきた施工管理の方々は知識はありますし、資格を取っている方は尚更活躍できるかと思います。ただ入札の為に必要書類を集め、情報収集も欠かさず仕入れなければならない為、根気も必要かと思います。

難易度としては、これまでの知識や経験に加えて、技術者として培った知識とは全く別の営業力が求められますので若干高くなってくるかと思います。とはいえ、最初から営業職である方と施工管理出身の営業職を比較すれば、技術に対する知識レベルが違いますので、転職が成功すれば活躍できることは間違いなしです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

転職難易度4 施工管理から建設コンサル(発注者支援)

建設コンサルは最近よく耳にするかと思いますが、建設業界の中で人気職種です。

まず建設コンサルタントの仕事内容とは、社会インフラサービスに関する問題を解決することです。
発注者である国や県、市などの地方自治体等のパートナーとして企画・調査・検討を行い、解決策を提案したり、公共物の設計を行い、発注者支援を行います。国や行政に代わり事業を行う際のマネジメントや、第三者の立場としてのアドバイスをし、公共物の維持管理や統合・見直しなどの課題に対応していくことが求められます。

施工管理技士から建設コンサルを目指すには、公共工事に携わった経験が重要になるでしょう。また、インフラサービスは土木工事が多い為、工事経験に併せて土木施工管理技士、技術士の資格を保有していると尚よいでしょう。

転職難易度ですが、建設コンサルタントはワークライフバランスも整っていて、人気も高く、多くの技術者がエントリーするために対象も絞られ、施工管理技士と比較をすると難易度が高くなるかと思います。しかし、施工管理技士とした培った技術が活かせる職種であるため、一定の評価があることは間違いありませんから、積極的にチャレンジしてみてください。

転職難易度5    施工管理からプロジェクトマネジメント(PM)

プロジェクトマネジメントは建築工事に携わる『発注者』『設計者』『施工者』の三者全体を見て、第四者として発注者にとってより良い建築事業にすることが求められる仕事です。

ローコストでベストな建物を建てたい『発注者』、美しく、安全な建築物を作りたい『設計者』、工事によって利益を生み出したい『施工者』、このそれぞれ目的の異なる3者を建築主に寄り添い、まとめあげることは非常に難しいです。

プロジェクトマネジメントは建築事業全体の概要を抑え、各分野を横断するための知識や経験や、『一級建築士』の資格も求められるため難易度は最高にしてます。

まとめ

建設業界においても転職が当たり前となってきた昨今において、施工管理技士のキャリアプランとしても、様々な選択肢があります。施工管理技士としてのキャリアを全うするのも1つですが、様々な職種へキャリアチェンジが可能な職種であることも事実です。

自分自身がどういったキャリアを歩みたいのか、何を重視したいのかによって変わってくるかと思いますが、どの職種も人々の暮らしを支える仕事でなくてはならない職業です。今一度、ご自分がどのようなキャリアを描いていきたいのか、今回の職種別の転職難易度も参考にしていただきながら、お考えください。

建設業界で働いてみたい方や現在、施工管理技士として活躍されておりキャリアチェンジをお考えの方などはまずはお気軽にご連絡下さい。弊社は建設業界に特化をしてご転職を支援させて頂いておりますので、様々な求人をご用意しております。

もしあなたが、「建設業界で独立したい」「フリーランスとして業務委託案件を獲得したい」「今の働き方を変えたい」と考えているのであれば、ぜひ「ビーバーズフリーランス」をご利用ください。弊社エージェントが、あなたのご要望にぴったりのフリーランス案件の紹介させて頂きます。

【施工管理技士の転職/年齢別】施工管理技士の転職において有利な年齢はある?年齢別に転職を成功させるポイントを解説!

現在、建設業界は人手不足に悩まされており、特に技術者の確保でお悩みの建設会社は非常に多いです。

ですから、施工管理技士は転職市場においては売り手市場として有利な転職活動を進められるわけですが、間違った認識のまま転職活動を進めてしまうことによって本来イメージしていた職場と違うなど、転職活動を失敗してしまう施工管理技士の方々は非常に多いです。

転職活動を成功させる上で、大事な観点の1つにご自身の年齢がございます。ご自分の年齢を客観的に捉え、その年齢と経験スキルから推測される転職市場での市場価値を正しく把握した上で、転職活動をすることにより建設業界での転職活動を成功させることができるのです。

今回は施工管理技士の転職における年齢別のポイントについての記事ですが、過去の記事で、希望職種別の難易度についてご紹介させていただいているブログがございますので、そちらも併せてチェックください。

年齢別:20代の施工管理技士が転職を成功させるポイント

最初に、20代の方々で施工管理の企業様はどのような人材を募集するのか。また、施工管理の転職のコツを解説していきます。

建設業界の採用担当者は20代に対して将来性を期待しております。一方で、スキルや経験、マネージメント能力などはあるに越したことはありませんが、建設業界においては入社時から求められる要素ではありません。

従いまして、20代の施工管理技士が転職活動を成功させるためには、如何にご自分が将来性ある人材であることを伝えられるかが全てになります。

20代の施工管理技士が建設会社の採用担当者から好条件を出してでも採用したい(将来性がある)と思ってもらうためには

①建設業界で働く覚悟があるのか(建設に絡む何らかの経験がある)

②施工管理技士資格は取得可能か(取得済みor勉強中であればベスト)

③定着してもらえるか(応募理由が明確か)

④素直さ(育てやすい人材なのか)

がポイントになります。もちろん、建設会社としては建設系の学校を卒業している方を欲しているケースが多いですが、面接対策次第では建設に絡む経歴が一切なくとも好条件の内定が獲得できる企業様も数多くございます。

20代尚且つ未経験の方々の転職となりますと、面接対策や企業選びまで慣れないことが多いかと存じます。その場合は、建設業界特化の転職エージェントを頼られると良いでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

年齢別:30代〜40代の施工管理技士が転職を成功させるポイント

次に、30~40代の方々で施工管理の企業様はどのような人材を募集するのか、そして成功させる為のコツを解説していきます。

建設会社の採用担当者は30代~40代に対して、最も期待しているのは施工管理技士としての即戦力人材です。しかし、昨今の建設業界における顕著な人手不足により、この年代の方々であっても将来性のみに期待した未経験採用があり得ます。

この年代になると、20代の方々に比べて資格を持っている方々が多くなるので、たとえ経験者であっても資格の有無で評価が変わってくるのが実情です。ただ、建設業界における転職市場において、資格とスキル(経験)どちらが評価対象として大きな要素を占めているかと言えば、明らかにスキル(経験)ですので、無資格だからと言って消極的になるのは違います。

また、施工管理技士として未経験かつ無資格で許される上限年齢は35歳である求人が多い印象ですので、1つの目安としてください。30代~40代の施工管理技士の方々が転職活動を成功させるポイントですが、

①即戦力として働くことは可能か(経験した工事の種類、所長経験の有無)

②施工管理技士資格の保有の有無(無資格であってもスキルがあれば良い)

③定着してもらえるか(応募理由が明確か)

④転職回数と転職理由(納得できる転職理由なのか、筋は通っているか)

⑤その他(PCスキルやCADの種類、運転免許の有無、役職の有無)

が大きな判断材料となるポイントになるかと思います。

施工管理技士においては、30代の方でも工夫次第では未経験から転職可能です。しかし即戦力度合、資格の有無で条件面が大きく変わるのもこの年代の特徴です。

年齢別:50代の施工管理技士が転職を成功させるポイント

次に、50代の施工管理技士が転職を成功させるのには、ポイントはどこにありますでしょうか。ご説明していきたいと思います。

建設会社の採用企業担当者様が50代に対して期待することは、言うまでもなく即戦力人材です。この年代からベテランと言われるポジションになり、施工管理の仕事も勿論おこなっていただきますが、部下へのマネジメントが能力が求められる年代です。

また、各建設会社の求人を幅広く把握する中で、上限年齢として最も多いのが55歳という求人です。施工管理技士は50代後半でも転職を成功させることは可能ですが、求人数が少ないことはご認識された上で、1社1社を大切に転職活動を行ってください。

とはいえ、施工管理技士として体力的に余裕がありながら、今まで積み上げた経験を活かせ、尚且つ会社の重要ポジションに転職と同時に就ける可能性があるのは50代の転職です。50代の転職活動におけるポイントは

①即戦力として働くことは可能か(経験した工事の種類、所長経験の有無)

②施工管理技士資格の保有の有無(無資格であってもスキルがあれば良い)

③マネージメントの能力は高いか(部下を何名まとめていたか)

④転職回数と転職理由(納得できる転職理由なのか、筋は通っているか)

⑤その他(PCスキルやCADの種類、運転免許の有無、役職の有無)

上記の通りです。40代の転職活動におけるポイントと似ておりますが、唯一相違ある部分はマネージメント能力を問われるということです。また、単なるマネージメントと言っても、何名の組織をまとめていたのかなど、人数を問われるケースは多いです。

他の業界では中々考えにくいですが、建設業界においては50代の転職が当たり前になってきております。骨をうずめる会社を選ぶ、最後の転職活動となる可能性が高いわけですから、失敗は許されません。ご自分のご経験と、「ものづくり」に対する熱い気持ちがあれば、ご年齢は関係なく面接は上手くいきます。現状に不満がある50代の方々は転職活動を正しく進めるために、まずは情報収集に取り組まれてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

年齢別:60代の施工管理技士が転職を成功させるポイント

最後に、60代の転職希望者が施工管理技士として転職を成功させるのには、どのようにすると良いでしょうか。説明していきたいと思います。

大前提、どの業界でも60代での転職活動は中々難しいというイメージをお持ちの方が多いかと思います。しかし、建設業界は施工管理技士不足ですから、転職が成功する可能性があります。建設業界において、60代でも転職を成功させるポイントはいくつかございますが、

①即戦力として働くことは可能か(経験した工事の種類、所長経験の有無)

②施工管理技士資格の保有の有無(60代無資格だと求人が限定される)

③マネージメントの能力は高いか(部下を何名まとめていたか)

④転職回数と転職理由(前職が60歳定年だったなどは転職理由として理想的)

⑤嘱託社員など雇用形態に拘りはないか(健康上の不安があるため)

⑥その他(PCスキルやCADの種類、運転免許の有無、役職の有無)

50代での転職を成功させるポイントと類似しておりますが、60代で大きく変わるポイントは④転職理由⑤雇用形態の2点です。60代の方から転職相談を受ける際、多くのケースは60歳定年制により再雇用制度により継続勤務となっても給料が激減するという相談内容が非常に多いです。

また、60代での転職となると採用企業側からすれば健康状態を不安視しておりますので、正社員での雇用にこだわるのではなく、契約社員や嘱託社員であっても希望条件を満たす求人を探すほうが効率的です。

60代の方々はおそらく全ての方が、最後の転職活動にしたいと思っておられますので、効率的に正しい情報をより多く収集することで、転職活動を成功させる必要があります。ビーバーズでは、60代の方でも転職可能な建設会社様の求人を多数抱えております。

 

まとめ

今回は建設業界において、施工管理技士の方々が転職活動を成功させる上でのポイントを年齢別に解説させていただきました。他に比べて、業界特有の事情が多い建設業界ですので、まずは建設業界の転職市場について正しく把握をしてから転職活動を進めるべきです。

我々ビーバーズは建設業界における各年齢層ごとの転職市場を知り尽くしており、今回の記事でお伝えできていない転職に関する情報もたくさん保有しておりますので、建設業界での転職をお考えの方々はご年齢問わず、どなたでもお気軽にご相談ください。

もしあなたが、「建設業界で独立したい」「フリーランスとして業務委託案件を獲得したい」「今の働き方を変えたい」と考えているのであれば、ぜひ「ビーバーズフリーランス」をご利用ください。弊社エージェントが、あなたのご要望にぴったりのフリーランス案件の紹介させて頂きます。

施工管理技士の種類や資格の難易度、仕事の需要や働き方を徹底解説

建設業では、予算やスケジュール管理から資材の仕入れ、技術者の配置、安全確保、品質管理など多様なスキルが求められますが、これらの管理を一手に賄うのが施工管理技士です。

施工管理には「施工管理技士」という資格があり、資格を取得することで仕事の幅が広がります。

ただ、施工管理の資格には7つの種類があるため、ご自分に合った資格を取得することが重要です。

そこで今回は、7種類の施工管理技士資格の難易度や合格率、仕事の需要や働き方を詳しく解説します。

施工管理として働きたい人や、施工管理技士試験についての情報を集めている人は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

施工管理技士とは?資格の種類や仕事内容を解説

施工管理技士とは、土木や建築などの工事現場で、工事の進行や品質、安全、コストなどを管理する技術者のことです。

施工管理技士には次の7種類の資格があり、それぞれ1級と2級の等級があります。

  • 土木施工管理技士
  • 建築施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士
  • 管工事施工管理技士
  • 造園施工管理技士
  • 建設機械施工管理技士
  • 電気通信工事施工管理技士

また、施工管理技士の仕事内容には、以下のようなものがあります。

施工計画の作成

施工計画の作成は、工事の内容や工期、予算、人員、材料、機械などを考慮して、工事の進め方や手順を決める仕事です。

工程管理

工程管理は、工事の進捗状況を把握し、計画通りに工事が進むように調整するのが仕事です。また、工事の遅れやトラブルが発生した場合には、対策を立てて解決する役割も果たします。

品質管理

品質管理は、工事に使用する材料や機械の品質をチェックし、工事の完成品が設計図や契約書に沿っているかを確認するのが仕事です。

安全管理

安全管理は、工事現場の安全対策を行い、作業員や周辺住民、通行人などの安全を確保するのが仕事です。また、万一の事故や災害が発生した場合は、救護や復旧などの対応をするのも重要な役割です。

原価管理

原価管理は、工事にかかる費用を管理し、予算内に収める仕事です。材料や人件費などの原価を抑える方法を考えるのも、原価管理を行う施工管理技士の重要な役割です。

その他

施工管理技士には、上記の他にも発注者や設計者、職人や下請け業者などとの打ち合わせや交渉、書類作成や報告などの事務作業といった仕事が数多くあります。

このように、施工管理技士の仕事は、工事現場の責任者として重要な役割を果たします。そして、施工管理技士は、工事の品質や安全、コストなどを管理することで、工事の成功に大きく貢献できる仕事です。

そのため、自分が関わった工事が街の一部として残り、多くの人々に利用されることは、やりがいのある仕事だといえるでしょう。

施工管理技士の資格が必要な理由

Tools and paper instruction for furniture assembly

施工管理技士の資格が必要な理由は、以下のようにいくつかあります。

施工管理技士は、国から認められた「専任の技術者」として、工事見積もりや契約締結などの技術的な交渉を担当できます。建設業の許可を得るには、各営業所に専任の技術者を置く必要があります。

また、施工管理技士は、国から認められた「監理技術者」や「主任技術者」として、各工事現場で施工管理を行うことが可能です。監理技術者や主任技術者は、工事の品質や安全、工程などを管理し、発注者や施工者との連絡調整を行うために必要です。

さらに、施工管理技士の資格を持つことで、社内評価や年収アップにつながる可能性が高まります。施工管理技士の資格は、施工管理能力の証明となり、信頼性や責任感が高いことを証明する資格です。また、会社や現場によっては、資格手当が支給される場合もあるでしょう。

施工管理技士の資格は、転職の際のアピールポイントとしても非常に有効です。施工管理技士の資格は、建設業全般で求められる資格であり、仕事に対するモチベーションや積極性を示すことができます。また、経営事項審査で加点される場合もあります。

施工管理技士の資格を取得するメリット7つ

施工管理技士の資格を取得するメリットはさまざまありますが、以下では主な7つのメリットを紹介します。

  1. 年収が上がる可能性がある
  2. 監理技術者や主任技術者として働ける
  3. 転職に有利となる
  4. 専門的な知識やスキルが身につく
  5. 自信ややりがいを感じられる
  6. 技士補の資格も取得できる
  7. 他の資格の取得につながる

それぞれ詳しく解説します。

1.年収が上がる可能性がある

施工管理技士の資格を持っていれば、会社の信用度も上がるため、報酬を上げてもらえる可能性が高くなります。

年収が高い方が働くモチベーションに繋がるため、大きなメリットと言えるでしょう。

2.監理技術者や主任技術者として働ける

施工管理技士の資格を取得することで、監理技術者や主任技術者として働くことが可能です。1級施工管理技士の場合は監理技術者か主任技術者、2級施工管理技士の場合、主任技術者として認められます。

監理技術者として働くことができれば、大規模な工事の施工管理を任せてもらえるようになるかもしれません。また、仕事の経験を増やしながら年収アップも狙えるため、施工管理技士になるメリットは大きいと言えるでしょう。

3.転職に有利となる

施工管理技士の資格があると、転職のときに有利になる場合もあります。それは、会社にとって手放したくない人材になるからです。

たとえば、建設業の許可を得るためには「専任の技術者」を置く必要があります。その専任の技術者が施工管理技士です。そのほかにも、公共工事を受注するためには、経営事項審査を通過する必要があります。その際、施工管理技士の資格保有者が1人いるだけで1〜6点ほど加点されるといったこともあります。

会社としては、このような施工管理技士の資格を持っている従業員が欲しいため、資格を持っていれば転職のときに有利になると言えるでしょう。

4.専門的な知識やスキルが身につく

施工管理技士の資格を取得するためには、さまざまな知識やスキルを学ぶ必要があります。工事の技術的な基礎知識や施工管理法、法規などをマスターすることで、自分の専門性を高めることができます。

また、現場での実践経験も重要なので、実務能力も向上します。専門的な知識やスキルが身につけば、仕事の幅や選択肢も広がるでしょう。

5.自信ややりがいを感じられる

施工管理技士の資格は、難易度が高く、合格率も低いと言われています。そのため、資格を取得すること自体が大きな成果となります。

資格の取得により、自分の努力が実を結んだと感じられるでしょう。また、施工管理技士として働くことで、社会的にも責任ある仕事を任されることになります。

施工管理技士の資格を取得して、工事の品質や安全、コストなどを管理することで、社会に貢献できるという自信ややりがいを感じられるでしょう。

6.技士補の資格も取得できる

令和3年度から始まった技士補の資格は、施工管理技士の第一次検定のみ合格した人でも取得できる資格です。技士補の資格は、施工管理技士の資格と同じ種類があります。

技士補の資格を取得するメリットは、以下のようなものがあります。

  • 1級技士補の場合は、監理技術者(1級施工管理技士)の補佐業務をおこなえるようになります。
  • 2級技士補の場合は、受験資格のない人でも施工管理技士の資格にチャレンジできます。
  • 技士補の資格は、将来的に資格手当の対象になったり、求人の必須資格になったりする可能性があります。

7.他の資格の取得につながる

施工管理技士の資格を取得することで、他の資格にもつながることがあります。

たとえば、以下のような資格があります。

建築士

建築施工管理技士の1級の資格を持っていれば、建築士試験の一部の科目を免除されます。

土地家屋調査士

土木施工管理技士の1級の資格を持っていれば、土地家屋調査士試験の一部の科目を免除されます。

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士の1級の資格を持っていれば、ガス主任技術者の資格を取得できます。

施工管理技士の需要と働き方

architect, plan, construction

施工管理技士の需要は、今後も高まると予想されます。

なぜなら、建設業界は人手不足や老朽化した建物の修繕・解体、自然災害の復旧・復興、都市開発などの工事が多く、施工管理技士は工事の成功に大きく貢献できる人材として求められているからです。

施工管理技士の働き方は、工事現場や営業所に出勤し、施工計画の作成や工程管理、品質管理、安全管理などの業務を行います。また、発注者や設計者、職人や下請け業者などとの打ち合わせや交渉、書類作成や報告などの事務作業もあります。

また、施工管理技士の働き方は2024年から働き方改革によって良い面で変わる可能性がありますが、これは大いに注目すべきポイントです。

働き方改革では、以下の3つの項目がポイントになります。

長時間労働の是正

適正な工期設定や施工時期の平準化により、週休2日や残業時間の削減が実現するかもしれません。

給与・社会保険

建設キャリアアップシステムにより、実力に合った給与や社会保険の提供が期待できます。

生産性向上

ITの導入による建設現場の省人化や効率化が推進され、より効率よく業務を遂行できるようになるでしょう。

施工管理技士の7種類と資格の概要や合格率

construction worker, building, construction work

施工管理として働く場合に資格は必要ありませんが、現場監督として工事現場の管理をする場合には施工管理技士という資格が必要です。

ここからは7種類の施工管理技士の資格に関する試験概要や難易度、合格率を紹介します。

  1. 建築施工管理技士
  2. 土木施工管理技士
  3. 電気工事施工管理技士
  4. 管工事施工管理技士
  5. 電気通信工事施工管理技士
  6. 造園施工管理技士
  7. 建設機械施工管理技士

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.建築施工管理技士の試験概要や難易度・合格率

建築施工管理技士の資格を取得するための情報をまとめました。

2級 1級
試験名 建築施工管理技士試験
資格取得でできるようになること ビルやマンション建設など、建築工事を行う際の施工管理
必要な知識 建築学・施工管理法・法規
試験形式(一次試験) 四肢択一式 四肢択一式(一部:五肢択二式)
試験形式(二次試験) 記述式 五肢択一式、記述式
試験実施機関 一般財団法人 建設業振興基金
受験料 学科・実地試験:10,800円
学科試験のみ:5,400円
実地試験のみ:5,400円
学科試験:10,800円
実地試験:10,800円

参考:[施工管理技術検定]

 

建築施工管理技士1級と2級の合格率は以下のとおりです。

【1級建築施工管理技士】]

  一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 22,742 11,619 51.1% 16,946 6,898 40.7%
2021 22,277 8,025 36.0% 12,813 6,708 52.4%
2022 27,253 12,755 46.8% 13,010 5,878 45.2%

引用:[総合資格学院]

【2級建築施工管理技士】

  一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 32,468 11,366 35.0% 23,116 6,514 28.2%
2021 32,128 15,736 49.0% 15,507 8,205 52.9%
2022 27,004 11,421 42.3% 14,909 7,924 53.1%

引用:[総合資格学院]

建築施工管理技士の細かい業務内容について知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

2.土木施工管理技士の試験概要や難易度・合格率

土木施工管理技士の資格概要をみていきましょう。

2級 1級
試験名 土木施工管理技士試験
資格取得でできるようになること 橋や道路、トンネル、ダムなどの土木工事現場での施工管理
必要な知識 土木工学・施工管理法・法規
試験形式(一次試験) 四肢択一式 四肢択一式
試験形式(二次試験) 記述式 記述式
試験実施機関 一般財団法人 全国建設研修センター
受験料 学科・実地試験:10,500円
学科試験のみ:5,250円
実地試験のみ:5,250円
学科試験:10,500円
実地試験:10,500円

参考:[全国建設研修センター]

 

土木施工管理技士試験1級と2級の合格率は以下のとおりです。

【1級土木施工管理技士】

  一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 9,745 17,885 60.1% 24,204 7,499 31.0%
2021 37,726 22,851 60.6% 26,558 9,732 36.6%
2022 38,672 21,097 54.6% 24,462 7,032 28.7%

引用:[建設技術教育センター]

【2級土木施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 19,968 14,488 72.6% 30,437 12,852 42.2%
2021 18,612 13,697 73.6% 32,847 11,713 35.7%
2022 27,461 17,565 64.0% 32,351 12,246 37.9%

引用:[建設技術教育センター]

土木施工管理技士の細かい業務内容について知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

3.電気工事施工管理技士の試験概要や難易度・合格率

ここからは、電気工事施工管理技士の資格情報について説明します。

2級 1級
試験名 電気工事施工管理技士試験
資格取得でできるようになること 変電・送電設備、照明や配線などの電気設備工事の施工管理
必要な知識 電気工学・施工管理法・法規
試験形式(一次試験) 四肢択一式 四肢択一式
試験形式(二次試験) 記述式 記述式
試験実施機関 一般財団法人 建設業振興基金
受験料 学科・実地試験:13,200円
学科試験のみ:6,600円
実地試験のみ:6,600円
学科試験:13,200円
実地試験:13,200円

参考:[施工管理技術検定]

 

電気工事施工管理技士試験1級と2級の合格率は以下のとおりです。

【1級電気工事施工管理技士】

  一次試験 二次試験
  受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 14,407 5,493 38.1% 6,723 4,887 72.7%
2021 15,001 7,993 53.3% 7,922 4,655 58.8%
2022 16,883 6,458 38.3% 7,685 4,537 59.0%

引用:[CIC]

 

【2級電気工事施工管理技士】

  一次試験 二次試験
  受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 8,239 4,818 58.5% 4,632 2,967 64.1%
2021 8,359 4,776 57.1% 5,082 3,493 68.7%
2022 8,027 4,466 55.6% 4,768 2,947 61.8%

引用:[CIC]

電気工事施工管理技士の細かい業務内容について知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

4.管工事施工管理技士の試験概要や難易度・合格率

管工事施工管理技士に関する資格情報は以下のとおりです。

2級 1級
試験名 管工事施工管理技士試験
資格取得でできるようになること 空調設備やガスの配管、ダクト工事のほか、上下水道設備など、ビルやマンションに設置されるあらゆる管にかかわる工事の施工管理
必要な知識 電気工学・施工管理法・法規
試験形式(一次試験) 四肢択一式 四肢択一式
試験形式(二次試験) 記述式 記述式
試験実施機関 一般財団法人 全国建設研修センター
受験料 学科・実地試験:10,500円
学科試験のみ:5,250円
実地試験のみ:5,250円
学科試験:10,500円
実地試験:10,500円

参考:[全国建設研修センター]

管工事施工管理技士試験1級と2級の合格率は以下のとおりです。

【1級管工事施工管理技士】

  一次試験 二次試験
  受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 13,531 4,738 35.0% 8,211 5,018 61.1%
2021 15,827 3,792 24.0% 4,540 3,330 73.3%
2022 16,839 7,231 42.9% 6,618 3,769 57.0%

引用:[総合資格学院]

【2級管工事施工管理技士】

一次試験 二次試験
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 9,535 6,064 63.6% 12,678 5,514 43.5
2021 9,070 4,406 48.6% 13,099 6,054 46.2%
2022 3,075 1,761 57.3%

引用:[総合資格学院]

管工事施工管理技士の細かい業務内容について知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

5.電気通信工事施工管理技士の試験概要や難易度・合格率

電気通信工事施工管理技士の資格に関する情報は以下のとおりです。

2級 1級
試験名 電気通信工事施工管理技士試験
資格取得でできるようになること 有線(無線LAN)の設置、防犯カメラや入退室管理システムの設備、モバイル通信用の設備工事などの施工管理
必要な知識 電気通信工学・施工管理法・法規
試験形式(一次試験) 四肢択一式 四肢択一式
試験形式(二次試験) 記述式 記述式
試験実施機関 一般財団法人 全国建設研修センター
受験料 学科・実地試験:13,000円
学科試験のみ:6,500円
実地試験のみ:6,500円
学科試験:13,000円
実地試験:13,000円

参考:[全国建設研修センター]

電気通信工事施工管理技士試験1級と2級の合格率は以下のとおりです。

【1級電気通信工事施工管理技士】

  一次試験 二次試験
  受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 8,532 4,190 49.1% 6,707 3,307 49.3%
2021 8,076 4,730 58.6% 6,147 1,852 30.1%
2022 7,300 3,982 54.5% 5,630 2,108 37.4%

引用:[建設技術教育センター]

【2級電気通信工事施工管理技士】

  一次試験 二次試験
  受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 2,764 1,835 66.4% 4,101 1,391 33.9%
2021 2,568 1,807 70.4% 4,725 1,420 30.1%
2022 3,074 1,818 59.1% 3,557 1,265 35.6%

引用:[建設技術教育センター]

電気通信工事施工管理技士の細かい業務内容について知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

6.造園施工管理技士の試験概要や難易度・合格率

造園施工管理技士の資格取得に関する情報は以下のとおりです。

2級 1級
試験名 造園施工管理技士試験
資格取得でできるようになること 公園、庭園などの造園工事や道路の緑化工事の施工管理
必要な知識 土木工学・施工管理法・法規
試験形式(一次試験) 四肢択一式 四肢択一式
試験形式(二次試験) 記述式 記述式
試験実施機関 一般財団法人 全国建設研修センター
受験料 学科・実地試験:14,400円
学科試験のみ:7,200円
実地試験のみ:7,200円
学科試験:14,400円
実地試験:14,400円

参考:[全国建設研修センター]

造園施工管理技士試験1級と2級の合格率は以下のとおりです。

【1級造園施工管理技士】

  一次試験 二次試験
  受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2021 3,008 1,080 35.9% 1,477 591 40.0%
2022 3,091 1,360 44.0% 1,471 677 46.0%

引用:[日建学院]

【2級造園施工管理技士】

  一次試験 二次試験
  受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2021 2,308 1,184 51.3% 2,624 1,119 42.6%
2022 2,014 1,161 57.6% 2,474  1,005 40.6%

引用:[建設技術教育センター]

造園施工管理技士の細かい業務内容について知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

7.建設機械施工管理技士の試験概要や難易度・合格率

建設機械施工管理技士の資格については下記のとおり。

2級 1級
試験名 建設機械施工管理技士試験
資格取得でできるようになること 油圧ショベルやクレーン車、ブルドーザーなどの建設機械を用いるような建設現場での施工管理
必要な知識 土木工学・施工管理法・建設機械原動機・石油燃料・建設機械・建設機械施工法・法規
試験形式(一次試験) 四肢択一式 四肢択一式
試験形式(二次試験) 実技(操作施工法) 実技(操作施工法)
試験実施機関 一般財団法人 全国建設研修センター
受験料 学科試験
種別受験;14,700円
2種別受験;29,400円実地試験
1種別受験;27,100円
2種別受験;54,200円
学科試験:14,700円

実地試験
2種別受験;38,700円
1種別受験;29,100円
2種別免除;19,500円

参考:[日本建設機械施工協会]

建設機械施工管理技士試験1級と2級の合格率は以下のとおりです。

【1級建設機械施工管理技士】

  一次試験 二次試験
  受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 2,346 477 20.3% 217 174 80.2%
2021 2,337 621 26.6% 569 369 64.9%
2022 2,560 677 26.4% 866 456 52.7%

引用:[JQOS]

【2級建設機械施工管理技士】

  一次試験 二次試験
  受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
2020 5,151 2,036 39.5% 1,024 845 82.5%
2021 8,717 4,469 51.3% 3,881 2,917 75.2%
2022 8,249 3,562 43.2% 3,826 2,609 68.2%

引用:[JQOS]

建設機械施工管理技士の細かい業務内容について知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理技士試験を受験する際のポイント|階級ごとの認定資格や受験条件、難易度を解説

施工管理技士試験を受ける場合、下記の2つのポイントに注意しましょう。

  1. 施工管理技士の階級ごとの認定資格の違い
  2. 施工管理技士試験を受験するには実務経験が必要

資格それぞれに対してある程度の知識があれば、資格に対する意欲も変わってくるかもしれません。それぞれ見ていきましょう。

1級と2級で対応できる業務が違う|施工管理技士の階級ごとの認定資格

施工管理技士試験は1級と2級があります。

合格することで、工事現場における特定の役割で働くことを認定されます。

認定内容は以下のとおりです。

1級:監理技術者、主任技術者
2級:主任技術者

監理技術者 建設法によって、ある一定の条件(※)に基づいた建設現場において、必ず配置しなければならない施工における技術上の管理を行う者
主任技術者 すべての工事現場に配置が義務付けられている、施工の技術上の管理・監督をする者

※一定の条件:元請負の特定建設業者が当該工事を施工するために締結した下請契約の請負代金総額が4,000万円以上(建築一式工事は6,000万円以上)になる工事現場

つまり、施工管理技士2級に合格すれば、工事現場で必須とされる施工管理の主任技術者として働けるということ。

また施工管理技士1級を取得すれば、主任技術者よりも立場が高い監理技術者として働くことができるようになります。

主任技術者や監理技術者は工事を実施する際に必ず必要となる人員のため、資格を取得してそれぞれの認定資格を得られれば、施工管理としての仕事で困ることはなくなるでしょう。

施工管理技士の試験を受けるには実務経験が必要|1級は受験までに最長で15年もかかる!

前提として、施工管理技士は誰でも受けられる資格ではありません。

施工管理技士の受験には、受験資格として実務経験が必ず必要となります。

ここでは、施工管理技士の受験資格に関する実務経験年数を見てみましょう。

2級 1級
受験資格(一次検定)
  • 満17才以上の人
  • 2級合格者
  • 指定大学学科卒業後、実務経験3年以上
  • 指定短期大学学科卒業後、実務経験5年以上
  • 高等学校指定学科卒業後、実務経験10年以上
  • 実務経験15年以上
受験資格(二次検定)
  • 指定大学学科卒業後、実務経験1年以上
  • 指定短期大学学科卒業後、実務経験2年以上
  • 高等学校指定学科卒業後、実務経験3年以上
  • 実務経験8年以上
  • 2級合格から実務経験5年以上
  • 指定大学学科卒業後、実務経験3年以上
  • 指定短期大学学科卒業後、実務経験5年以上
  • 高等学校指定学科卒業後、実務経験10年以上
  • 実務経験15年以上

参考:[施工管理技術検定]

施工管理技士の受験資格は2級の一次試験以外で一定の実務経験年数や指定大学卒業などの証明が必要です。

学歴等がない状態で施工管理技士の2級を受けようとすると8年以上もの実務経験が必要ということ。

正社員になってすぐに実務経験を積んだとしても、施工管理技士としての資格を取得するまでに多くの時間がかかることが分かります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理技士の仕事|種類によって異なるの業務内容や働く場所を解説

ここからは、施工管理技士の種類によって異なる仕事内容について紹介します。

それぞれの仕事内容や、働く場所を理解して自分がどの施工管理として働きたいかを考えるのがおすすめです。

建築施工管理技士の仕事内容|住宅やマンションの建築に携わる

建築施工管理技士は住宅やオフィス、マンションや学校などの教育施設に関する建築工事を対応します。

施工管理技士の資格の中でも一番汎用性の高い資格で、取得すれば基本的に住宅や高層マンションの建築工事などの工事現場で現場監督として働くことが可能です。

建築施工管理技士が主に働く仕事場所は下記のとおりです。

  • ゼネコン
  • サブコン
  • ハウスメーカー
  • 工務店

規模の大きな会社に入れば、その分大きな案件に携わるチャンスも出てきます。

土木施工管理技士の仕事内容|国のインフラを支える仕事

土木施工管理技士は建築現場における基礎の作業だけでなく、道路・鉄道・港湾・河川・海岸・上下水道などのインフラに関する事業の施工管理として活躍できる仕事です。

土木施工管理技士が主に働く場所はこちら。

  • ゼネコン
  • ハウスメーカー
  • 工務店

基本的に建築現場での施工管理をすることが多いですが、インフラ整備などに関する施工管理を担当できるようになれば、年収を上げることが可能です。

電気工事施工管理技士の仕事内容|建築工事における内部の施工管理にも携わる

電気工事施工管理技士は、照明や電気の配線の設置など電気に関する工事に関わる施工管理の仕事を行います。

住宅やマンション以外にも、工場や大型施設でも電気の配線は必要です。そのため、実力次第では大規模な建築物の施工管理に携わることも可能。

規模の大きな仕事ができればその分年収が上がるため、電気工事施工管理技士の資格を取得して大規模な事業を取り扱う会社に転職するのがおすすめです。

管工事施工管理技士の仕事内容|プラント工事や高層ビルの建設で活躍する

管工事施工管理技士は、管工事つまり空調や配管などの建物に設置する基本設備に関する施工管理の仕事に携わります。

プラント(工場)や高層ビル、大型施設などの空調設備に関わる施工管理は難易度が高く、施工管理技士としての資格を持っていなければ対応できません。

その分、資格を取得すれば重宝されるということ。他の施工管理技士の資格と併せて取得すれば、仕事の幅が広がるでしょう。

電気通信工事施工管理技士の仕事内容|今後需要が高まる可能性が高い

電気通信工事施工管理技士は2019年に新設された資格です。

インターネットや携帯電話のアンテナ基地などの普及によって、電気通信工事の需要が高まっています。

電気通信工事施工管理技士の資格を取得すれば、それらの電気通信工事における主任技術者・監理技術者になることが可能です。

造園施工管理技士の仕事内容|公園や高層マンションの緑化工事で活躍

造園施工管理技士は、公園や庭園などの建設現場で施工管理として働く仕事です。

公園以外にも、高層マンションなどの建物の屋上緑化や道路の緑化工事など、大規模な工事に関わることも可能。

造園施工管理技士の資格と合わせて建築施工管理技士の資格を取得すれば、建築に関する幅広い施工管理を対応できるようになります。

建設機械施工管理技士の仕事内容|大型機械を取り扱う現場で活躍

建設機械施工管理技士は大型機械の取り扱いに関するプロフェッショナルを示す資格です。

大型機械とは主に下記のような機械です。

  • ブルドーザー
  • 油圧ショベル(バックホウ)
  • モータ・グレーダ
  • ロードローラ

これらの機械が必要な現場は大規模な建築物を扱うことが多く、安全管理や工程管理の難易度が高いため、施工管理としての責任感が大きくなります。

その分年収も上がるため、建設機械施工管理技士の資格を取得すれば大手の建設会社に入るのがおすすめです。

全種類の施工管理技士における資格取得をするメリット5つ

施工管理技士の資格を取得するメリットには、主に次の5つが挙げられます。

  1. 監理技術者や主任技術者として活躍できる
  2. 給料アップを狙える
  3. 転職時に有利になる
  4. 専任の技術者になれる
  5. 経営事項審査で加算される

それぞれ解説します。

1.監理技術者や主任技術者として活躍できる

建設業法において、建設工事の現場には「監理技術者」または「主任技術者」を置くことが義務づけられています。

施工管理技士の試験に合格することで得られる認定は以下のとおり。

1級保有者:監理技術者および主任技術者
2級保有者:主任技術者

監理技術者と主任技術者は工事をする上で必ず設置しなければならない人材です。

つまり、施工管理技士の資格を取得すれば工事現場で必須の人材になれるということ。

特に、1級施工管理技士が認定される監理技術者は大型の工事現場での監督業務ができるようになるため、施工管理の中でも難易度の高い仕事をこなせるようになります。

仕事の難易度が上がれば、給与が上がったり、業務の幅が広がるというメリットも。

施工管理技士としての資格を取得していれば、独立して仕事をとる際にも役立つでしょう。

2.給料アップを狙える|資格手当のある会社を選ぶこと

施工管理技士の資格の保有で給与が上がる可能性があります。

なぜなら先ほど説明したとおり、施工管理技士の資格を取得すれば監理技術者や主任技術者として現場をまとめることができるようになり、責任ある立場で働けるようになるため。

業務の幅が広がれば基本給与が上がる可能性もありますし、会社によっては資格手当が付与されることも。

転職を検討する場合、将来的に自分が資格を取得することを視野に入れて、資格手当のある会社に転職するのもおすすめです。

3.転職時に有利になる|企業の求める人材になれて独立の手助けにもなる

施工管理技士資格を持っていれば、転職や独立で有利に働きます。

なぜなら自社に施工管理技士の資格保有者が在籍することは、企業側にとっても大きなメリットに繋がるため。

企業側のメリットは以下のとおり。

  • 専任の技術者の確保
  • 監理技術者や主任技術者を確保して大型の案件に取り組める
  • 経営事項審査の得点に加算される

上記のメリットから施工管理技士は企業からも求められる人材となります。

特に施工管理技士1級をもつ人材は難易度や実務年数の関係で少ないため、取得していれば大きな強みになります。

また転職で仕事を探す際も、資格を取得していれば実力の証明となり、より条件の良い会社への転職ができるかもしれません。

企業から求められる存在になるという点でも、施工管理技士の資格は自分にプラスになるといえるでしょう。

4.専任の技術者になれる

施工管理技士の資格は、建設業法で定められた専任技術者に必要な資格の一つです。

専任技術者とは、建設業者の経営に関する客観的事項を審査する経営事項審査において、建設業者の技術的能力を示すものです。

専任技術者になることで、建設業者は公共工事の入札に参加できます。

5.経営事項審査で加算される

経営事項審査では、建設業者の総合評定値を算出する際に、専任技術者の資格に応じて加算点が与えられます。

施工管理技士の資格は、1級が10点、2級が5点の加算点があり、総合評定値が高いほど公共工事の入札参加資格やランクが有利になります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理技士になるためのおすすめの学習方法

施工管理技士になるためのおすすめの学習方法は、以下のようなものがあります。

資格学校や通信教育を利用する

施工管理技士の試験は、専門的な知識や技能が必要なため、独学で合格するのは難しいです。

そこで、資格学校や通信教育を活用すれば、専門の講師が試験のポイントや対策を教えてくれます。また、教材や模擬試験も提供されますので、効率的に学習できるでしょう。

過去問や模擬試験を活用する

施工管理技士の試験は、毎年出題される過去問や模擬試験を解くことで、自分の弱点や得意分野を把握することができます。

また、試験の傾向や難易度を把握することもできますので、本番に向けての準備に役立てることができるでしょう。

現場での経験やノウハウを蓄積する

施工管理技士の試験は、実地試験があります。実地試験では、現場での施工管理の実務や事例に関する問題が出題されます。

この現場での経験やノウハウを蓄積することで、実地試験に対応する能力を高めることが可能です。

また、上記で紹介した学習法を方法を組み合わせて、効果的に学習することが大切です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理技士の資格でよくある質問Q&A5選

Q1: 施工管理技士の資格はどのように取得できますか?

A1: 施工管理技士の資格は、建設業法で定められた国家試験に合格することで取得できます。なお、受験資格は資格によって異なります。

詳細は一般財団法人 全国建設研修センターのホームページをご覧ください。

Q2: 施工管理技士の資格にはどのような種類がありますか?

A2: 施工管理技士の資格には、建築、土木、電気工事、管工事、造園、建設機械、電気通信工事の7種類があります。それぞれの資格には2級と1級があり、2級は一般建設業の専任の技術者や主任技術者に、1級は特定建設業の専任の技術者や監理技術者になれます。

Q3: 施工管理技士の資格を取得するメリットは何ですか?

A3: 施工管理技士の資格を取得するメリットは、給与がアップする、監理技術者や主任技術者になれる、専任の技術者になれる、経営事項審査で加算される、キャリアアップしやすくなるなどが挙げられます。

Q4: 施工管理技士の資格を更新するにはどうすればいいですか?

A4: 施工管理技士の資格は、有効期限が5年間となっています。更新するには、有効期限の6ヶ月前から申請が可能で、申請書類と交付等手数料を提出する必要があります。申請方法は郵送やインターネットなどがあります。

Q5: 施工管理技士の資格に関する学習や研修はどこで受けられますか?

A5: 施工管理技士の資格に関する学習や研修は、一般財団法人 全国建設研修センター一般社団法人 全国土木施工管理技士会連合会などの団体が主催しています。また、Web-CPDSというオンライン学習システムも利用できます。

施工管理技士の資格の種類のまとめ

本記事では施工管理技士の種類について、資格ごとの仕事内容や資格取得難易度、資格取得のメリットなどを紹介しました。

施工管理技士資格は7種類存在し、それぞれのの特徴を知ることで、施工管理としてどのような仕事をしたいかを知ることができます。

建設業界は人手不足が最大の課題とされていて、施工管理技士の資格保有者として実務経験を積めば、建設業界で重宝される存在になれます。

施工管理として転職を検討する場合は、実務経験を積みながら7種類ある施工管理技士資格のいずれかの資格取得にチャレンジして、仕事の幅を広げるのがおすすめです。

また、自分に合った職種や職場を見つけるには、自分では気づくことのできない潜在的な適性を見極める視点が必要と言えるでしょう。

そこで、施工管理技士への転職を考える際は、施工管理に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行うことが重要です。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」は、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

【施工管理技士のできること】工事現場の中で、施工管理技士ができることって何?現場の組織編成や役割、職人との違いを徹底解説!

施工管理技士ができること

端的に言えば、施工管理技士ができることは工事現場の管理業務になります。建設工事は、品質の向上をより良くすれば、原価も高くなります。工期を短縮すれば品質が低下し原価も安くなります。
そのため、一番大切なのは、品質と原価と工期のバランスを保つことになります。その3つを管理するために現場を監督する業務が施工管理技士の仕事になります。
施工管理技士は、施主と契約通りに工事を竣工しなければなりません。工事の手順やスピードの調整、使用している建材や工法の確認、工期が計画通りに進んでいるかチェックする品質管理、将又現場の安全を保つための維持管理まで行うのが施工管理技士の仕事になります。

建設現場で施工管理業務を行うには、国家資格が必須になります。7種類の資格が、1級、2級に分けられてございます。土木施工管理技士、管工事施工管理技士、建築施工管理技士、造園工事管理技士、電気工事管理技士、建設機械施工管理技士、電気通信施工管理技士最近新たに追加された、電気通信工事施工管理技士になります。これらの施工管理技士の詳細は【施工管理士の種類シリーズ】を参照ください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

​建設現場の組織編成

はじめて施工管理として建設現場に入る時、現場の組織図や上下関係、職人さんがどなたなのかわからなければ不安かと存じます。勿論、現場によって違いはございますが、どのような立場の方が働いているのかわかりやすくご説明いたします。

施工管理技士は工事現場において、大きく4つのポジションがございます。

・所長

その建設現場で最も権限を持つ施工管理技士になります。現場での実績は全て所長を筆頭に成果となり、いかに現場を滞りなく回すことが出来るか、判断力や人望が必須となる役職です。

・工事長

建設現場での責任者になります。主任と係員で業務を分担し、問題を解決していく役職になります。現場で大きな問題が発生した際、所長はもちろんですが、工事長も責任を負うことになります。

・主任

係員を10年ほど経験した施工管理技士は主任と呼ばれる役職になります。建設現場を安全で快適な場所にする仕事や、難しい問題も一人で解決できるスキルを持っています。

・係員

建設現場でその場で起きる問題を解決して職人さんを動かしていく人たちです。当日の作業を職人さんに説明し、作業を円滑に進め、状況によっては、現場後の後片付けなどを行います。

・職人(現場スタッフ)

建設現場を管理する施工管理技士のもと、特殊な技術経験を駆使して、実際に現場作業を行う方々が職人(現場スタッフ)です。技術によって上下関係は並列ですが、木造の建築現場では、大工が職人たちを引き連れてくる場合が多いです。主に、職人は大工、コンクリート工、鉄筋大工、左官、鳶職人、塗装工等のことを指します。

弊社では、数多くの職人(一人親方含む)の方々に工事案件や正社員求人を獲得していただいています。ベテランの方には長期の高単価案件をご紹介します。未経験者のお仕事探しもお手伝い可能です。

  • 長期契約可能な高単価工事案件多数
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 60代70代でも応募可能なお仕事
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめのお仕事をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設現場において、具体的な施工管理技士のできることとは

施工管理技士の業務は「4大管理」と呼ばれています。施工管理技士が現場において具体的にできることは、工程管理、品質管理、原価管理、安全管理の4つの業務になります。

⑴工程管理

建設物の完成期日に合わせてスケジュールを策定しながら調整する業務です。例えば、基礎工事をする為に何人の職人を確保すれば期日に終わるのかなど工事規模の摺合せを行ったり、コンクリートは何日で硬化して次の工程へ進めるのかなどを併せて検討します。また、重機や建機の確保や運転する職人の手配など、工程表と照らし合わせながら予定通りに工事が進んでいるのか、逐一チェックをし、工程が遅れていれば、どこでリカバリーをするのかを検討したりもします。職人さんの健康安全を第一にする工程管理を組むのも使命の一つです。

⑵品質管理

建設会社は、居住者や利用者が安全に過ごせるために、高品質の建物を建設する使命を担っております。建築基準法などの法律よる基準をクリアした建造物を建設するために、ボルトや鉄骨の組み合わせ強度や密度の計算などを行い、規定を満たしているのかを管理する事が品質管理の業務になります。また、高温多湿や海沿い地域などでは、使用する建材を将来的な被害が出ないように選定し、最適な条件下で資材が使えるように、工程や仕様を確認しながら環境を整える業務を担っております。

⑶原価管理

工事をする職人には人件費が発生します。また、重機のレンタル維持費、材料費、資材の加工費など費用が発生します。高品質の建物を建てるのが第一優先ですが、費用が嵩むのは問題です。特に公共事業は、工事の施工費はあらかじめ決まっておりますので、それに応じた予算の工事を行わなければなりません。原価計算の段階で予算が超えてしまうのであれば、工法の見直しや資材の見直し、工期の変更などの対応を求められます。

⑷安全管理

建設工事において一番重要なのは、無事故作業です。重篤な労災事故があった場合、公共工事の指名停止、営業停止など重い行政処分が待ち受けています。休憩所の設置や、作業に危険を伴う場所は手すりや安全柵の設置、消火設備の設置、溶接などの火器を使用する場所では保安点検など労働衛生に関する法律の遵守も必要です。事前に危険予知を行い事故に気をつけるように啓発活動を行い、職人が作業中に【ヒヤリハット】の事例を求め、それをもとに業務改善をするのも使命です。

参考:ヒヤリハット

施工管理技士と職人の違いとは

施工管理技士は上記で説明した通り、専門的技術が必要な現場作業を基本的にはやりません。施工管理技士はあくまで、建設現場が円滑に高品質を保ちつつ、職人が安全に業務ができる環境を管理し、作り出すことがメイン業務になります。

一方で、職人は専門的技術を駆使して、建設現場で現場作業を行います。主に職人が生業としている業務は下記の通りです。

・大工

基礎を作る為に、型枠を作成する型枠大工です。精度と様々な場所に臨機応変に組みあげる柔軟性が求められます。木造住宅の建造をする大工もございます。

関連する資格:「型枠施行技能士」

・コンクリート工

型枠にコンクリートを流し固め、建造物の基礎を作る重要な仕事です。 コンクリートの強度や状態を見極める知識と経験が求められます。

関連する資格:「コンクリート技士」

・鉄筋大工

建物の骨組みとなる鉄筋を組み立て、建物が完成するとコンクリートで見えなくなるが、建物を支える大切な部分を担う業務になります。

関連する資格 :「鉄筋施工技士」

・左官工

建物の壁や塀、床などを塗りあげて、建物の仕上げを担っている。建物が完成後も目に見える部分ですので、とてもやりがいを感じる業務です。

関連する資格 :「左官技能士」

・鳶職人

現場の足場を組みたて、最後に取り除くという建設現場全体でもっとも重要な業務を担っています。高所を軽々と移動する姿から現場の華と言われ、同時に現場の人たちの命を守る重要な仕事です。

関連する資格 :「とび技能士」

・塗装工

建物の塗装を担い、美的センスも求められる、しかし外観を良くするだけでなく、建物の保護や老朽化を防ぐために大切な部分も担っている。

関連する資格 :「建築塗装技能士」

これらの職人が、施工管理技士が作成した工程表に沿って建物を建造します。

何よりも大切なことは、施工管理技士は職人より立場が上とか下とかではなく、チームワークやコミュニケーションを密にとって高品質な建物をチーム力を合わせて工程表通りに建てることがとても重要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理技士が果たすべき責任・まとめ

今回の記事では施工管理技士ができることについて、現場の組織構成や職人との違いを含めてご説明させていただきました。建設現場に関する工程・安全・原価・品質を管理する施工管理技士は、その工事が円滑に進捗するように、工期に遅れが招じない様に的確な指示を出さなければなりません。そしてその工事現場が工期に遅れることなく安全に・かつ高品質な施工がおこなえるかどうかは、建設現場をまとめる施工管理技士の手腕の見せ所です。

建設現場で作業を進める職人たちはプライドをもって仕事をしていますが、施工管理技士は職人とも円滑にコミュニケーションをとり、チームワークを大切にしながら取りまとめをする責任もございます。他にも近隣住民への工事内容の説明や、施主の社員への工程進捗の説明などのお客様対応業務も、必然的に現場をまとめている施工管理技士の仕事になります。

施工管理技士は、その建設現場のトップに立つ仕事です。その為、果たすべき責任も重大になりますが、目に見える仕事「ものづくり」の誇りと、やり甲斐を感じられる仕事です。

【独立志望の施工管理技士へ】独立した施工管理技士や職人の年収相場は?独立するメリットや成功するポイントまで解説

施工管理技士として独立したい。会社に指示されるのではなく、自分の好きな現場を選んで働きたい。独立しても安定的に仕事を確保できるのか。既に独立した施工管理技士の年収相場はどのくらいなのか。など、この記事をご覧の施工管理技士の方々はあらゆる疑問があるのだろうと思います。今回はこのような疑問をお持ちの、独立を目指す施工管理技士の方々に役立つ記事となっております。

施工管理技士が独立する前に知っておくべきこと

施工管理技士の方々は理系出身が多く、建築に関する品質や技術に対する専門性が長けている方が大半ですが、一方で営業やマネージメントなど文系的要素を必要とする仕事については経験がないため苦手意識を持つ方が多いのではないでしょうか。「ものづくり」を行う建設業界において、技術や品質が良ければ仕事は後から付いてくると考えている施工管理技士の方々は多いかと存じます。独立をする上で、必要な能力は様々ありますが、重要な能力の1つに「仕事を獲得する力」が挙げられ、これはいわゆる営業力に該当します。施工管理技士の方々が最初にぶち当たる壁はここにあり、仕事が安定的に取れる環境や仕組みを作ることこそが最も重要なのです。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理技士が独立する上で成功しやすい分野

施工管理技士が独立する上で、最も重要なポイントは仕事を安定的に獲得できるかどうかです。つまり、施工管理技士が独立して成功するためには仕事が安定的に取れる分野からスタートさせることが重要です。独立を成功させる可能性を1%でも高めるためには、独立当初でも比較的容易に工事を受注しやすい分野に注力していくべきですので、下記で成功しやすい分野をご紹介させていただきます。

リフォーム工事

リフォーム業界はベンチャー企業など比較的若い会社でも急成長している会社が多いことからわかるように、比較的新規参入によって仕事を受注することが難しくありません。あまり、建設業界において営業マンというのは数が多くありませんが、リフォーム工事の新規開拓営業マンは多いのはそれが理由です。マンション、アパート、木造住宅、店舗までリフォーム工事は需要があります。技術と知識さえあれば、初めて訪問をするお客さんであっても、工事を請負い仕事を獲得する事が出来ます。特に、都市圏の高級マンションのリフォームなどを請け負う管理会社に参入できればかなり安定した仕事を得られます。

併せて読みたい記事:リフォーム業界

内装工事

もともと新規での参入が比較的簡単で、建設業界の中でも不況の影響を受けにくい上、手に職を持てば参入障壁が低いのが内装工事業界です。数多ある工事の中でも、工事請負金額が安価であるため、受注できる工事件数は稼ぎやすいです。ライバルも多いですが、需要も多いのが内装業界です。特に、都市圏の高級マンションのリフォームなどを請け負う管理会社に参入できればかなり安定した仕事を得られます。飲食店オーナーや夜の店など、煌びやかな内装を必要とする方々がお客様になりますので、個人的なつながりや、ネットワークの中から仕事を受注できる可能性が高いです。

施工管理技士が独立する上で成功するポイント

営業力を強化する

繰り返しになりますが、現場監督としてのスキルや資格があっても、成功できるわけではありません。技術者には求められることの少ない「仕事をとってくる」というスキルが必要です。また、仕事を獲得できたとしても、利益を確保できなければ将来的に存続が難しくなりますので、単価交渉のスキルも必要です。そのためには、建設業界にて工事営業のベテラン人材を引き抜くことも検討されると良いと思います。また、既存顧客に頼らず新規開拓を欠かさないことが将来の安定につながりますので、信用力を高めるための対外的なホームページなどは充実させることで、間接的な営業力の強化につながります。

技術者の確保

建設業界の人手不足は非常に深刻で「職人」「技術者」どちらも足りておりません。老舗の何十年続く建設会社でも、技術者の確保に悩んでいるわけですから、独立当初は相当苦労されると思います。また、昨今の人手不足によって、職人や施工管理技士の労務費は上昇し続け、コスト増加にも繋がっておりますので、たとえ人材を確保できても利益を圧迫します。技術者の確保を安定的に成功させる為には人材を採用する際に、採用側としての強烈なアピールポイントを作る必要があります。例えば「完全週休2日制」「BIMを取り入れている」「技術者にインセンティブ制度がある」などです。

外国人材の活用

建設業界は人手不足が深刻化しています。若年層の入職率の低下や技術者の高齢化など理由は様々ですが、そこで昨今注目を集めているのが「高度外国人材」です。建設業界への若者の参入は中々期待できるものではありませんので、多様性が重要だと騒がれる社会にいち早く迎合するためにも、人材採用戦略の1つとして、高度外国人材の積極的活用というのはインパクトがあるのではないかと思います。外国人労働者は、人手不足が深刻化している建設業界にとって、新しい風となってくれることでしょう。

併せて読みたい記事:高度外国人材

 

ITツールの活用

ここは寧ろ、歴史が浅い会社だからこそ積極的に取り組めることなのかと思いますが、新しい会社だからこそ古い慣習に囚われずに、先進的なことに取り組めることを活かしてIT化や最先端ツールの活用は行っていきましょう。昨今では、職人のための改修工事における図面お越しのためのITツールや施工管理技士が施工管理を行う上での管理ツールなど様々な最先端ツールが存在ます。古い慣習に囚われた建設会社がツールの導入に時間をかけている間に、いち早くツールの導入を検討しましょう。これは技術者に確保にも間接的に繋がり、一石二鳥となり得ます。

併せて読みたい記事:ITツール

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理技士が独立するメリット

努力次第で収入アップする

施工管理技士として建設会社の正社員として働くよりも、独立をすることでリスクは大きいですが、収入メリットを享受できる可能性も高まります。また、建設会社に属して施工管理を行うのではなく、企業オーナーとして会社と同じ工事請負金額で受注して同じだけ働けば、ご自身が年収をいくら受け取るかなどは自由に決定できます。当然ですが、努力して人を雇って事業を拡大していけば、さらに飛躍的に収入増が望めます。

仕事も選べる

モノづくりを自分の好きなように実現できたり、やりたいプロジェクトのみを受注するなど経営方針も決められます。これは派遣社員として働く施工管理技士の特徴と共通していることですが、ご自身がやりたい工事を選べるというのは技術者としてのプライドに拘りがある方にとっては大きなポイントなのではないでしょうか。

職場の人間関係から解放される

同じ会社のなかにも「この人だけは100年たってもわかり合えない」人はいます。その人が上司だったときには、どちらかが会社を辞めるまで最悪な人間関係がつづいてしまうケースもあります。それが自分の会社なら上司にあたる人はいないので問題は解消します。また、部下にあたる人材を採用する場合にも、自分の考えに共鳴してくれる人を集めて強力なチームワークを生み出していけます。この点についてもリスクはあり「考えに共鳴」と「好き嫌いで選ぶ」を混同してしまうと、会社が単なる仲良しグループになってしまい企業力低下に結びつくので気をつけなくてはいけません。

独立した施工管理技士や一人親方の年収相場

施工管理として独立する場合は、建築、土木、電気、管がメイン業種ですが、一人親方としての独立に適している業種は、とび職、大工、足場、設備、内装工、クロス貼りなどが挙げられます。次は、各業種の独立事情と、年収の目安を見ていきましょう。

施工管理で独立した場合の年収相場

施工管理として独立すると、年収は300万~3000万と幅広いです。施工管理技士の独立の場合は職人と違い、一人親方としての個人事業主的な経営は稀ですので、強い企業体をつくる必要があります。それゆえに、企業規模やクライアント先に大きく影響を受けるのが施工管理技士の独立になります。昨今では、フリーランスとして働く施工管理技士もいたりしますので、その場合は個人事業主に近い形での働き方となるため、これに限りません。

大工で独立した場合の年収相場

1人親方として大工で独立すると、年収800万円程度が目安といわれています。大工は発注者から「元請け」として工事を受注できるため、企業に務めるよりも年収が高くなるようです。木造住宅の建設に携わる大工は1人親方としての需要が高く、比較的安定した年収が期待できます。また、住宅の老朽化にともなう修繕、災害復興など、新築以外の需要も見込みが多くあります。

とび職で独立した場合の年収相場

とび職は高所作業が専門の職人で、建設業界の花形といわれる業種です。とび職は戸建住宅だけでなく、マンションやプラントといった大規模な工事に携われます。
高所作業という危険性の高い業種であり、かつ体力も求められるため、1人親方の業種の中でも高収入の部類に入ります。とび職で独立した場合の年収は、1,000万円も夢ではありません。ただし、作業の危険性を考えると、年齢が増して体力の衰えを感じたら現場は職人に任せ、自らは経営者側に回るとよいかもしれません。

設備屋で独立した場合の年収相場

設備屋とは、ガスや空調などの配管工を指します。設備屋は住宅の水回りリフォーム工事などの需要が高く、1人親方で独立しやすい業種です。年収の目安は900万円~1,100万円とされ、とび職よりもさらに年収が高い傾向にあります。

内装工で独立した場合の年収相場

クロス貼り職人などの内装工は、リフォームやリノベーションの需要が高い業種です。特に、クロス貼りは材料費などの経費が多い反面、初期投資が少ないため独立しやすいとされています。内装工として独立した場合、700万円程度は稼げるようになります。1,000万円を超える方は珍しく、かなり難しい傾向にありますが、元請けで工事を受注できれば年収アップにつながるでしょう。

足場職人で独立した場合の年収相場

足場職人は、戸建住宅や大規模な建築物の新築、修繕など、幅広い現場に欠かせない業種です。足場の組み立て業務は需要が安定しているうえに、業務の単価が高いため、年収1,000万円を稼ぐケースもあるようです。

まとめ

建設業界は一般的な企業と異なり、施工管理技士や職人の技術力を活用した独立が可能です。しかし、独立すると技術力以外の要素がかなりのウエイトで求められるのも事実です。初めて独立する場合、個人事業主である1人親方やフリーランス、またはリフォーム業を選ぶとよいかもしれません。事業が軌道に乗ってきてから、法人化しても遅くはないでしょう。独立後の年収は、独立方法と業種によって大きな差があります。より多くの情報をキャッチアップして、より効率的に独立を成功へ導いてください。

もしあなたが、「建設業界で独立したい」「フリーランスとして業務委託案件を獲得したい」「今の働き方を変えたい」と考えているのであれば、ぜひ「ビーバーズフリーランス」をご利用ください。弊社エージェントが、あなたのご要望にぴったりのフリーランス案件の紹介させて頂きます。

【管理(たけかん)と監理(さらかん)】工事管理と工事監理は違う?業務内容や、必要な資格の違いを徹底解説!

工事管理の業務内容とは

工事管理の主な業務内容は、工事を計画通りに進められるよう各業務の効率化を図ることです。主に資材、予算、工程、進捗などの観点から、「ヒト・モノ・カネ」を統合的に管理します。

具体的には、施工順序や工程計画を検討し大工などの職人を手配する工程管理、コスト削減から利益確保を検討する原価管理、建設技術において品質が確かであるのか検証し保証する品質管理などがあります。

他にも、作業員および周辺住民の安全確保をしなければならなかったり、工事現場を総合的に俯瞰して管理しなければなりません。

施工管理技士は工事管理者になった場合、工事期間中、現場常駐が基本となります。

※施工管理技士の業務内容は前回の記事を御覧ください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

工事監理の業務内容とは

工事監理の主な業務内容は、建築主に代わり、工事が設計図通りに進んでいるかの確認や品質検査を行い、問題があれば是正の指導を行うことです。

具体的には

◆各工事が設計図通りに施工が進んでいるか確認
◆指定した材料を使用しているか確認
◆品質が想定レベルを満たしているか確認・検査
◆手抜き工事(危険な工事)はないか確認
◆監理者検査(主として品質確認)
◆打合せ
◆施主への報告
を行うお仕事です。

工事監理者は「建築主の代理人」とも言われます。実際に工事現場への指示出しや工事スタッフとの打合せが難しい建築主の代理人として、専門知識を保有する工事監理者が適切な施工チェックを行うのです。また、工事監理者は現場の確認が完了次第、建築主へ報告を行います。

工事監理者は基本的に現場への常駐は行わず、必要なタイミングで検査を行い、現場で問題が起きていないかをチェックします。また、問題が起こりそうな箇所については現場監督に事前通知・通告をしたり、抜き打ち検査などを行ったりすることも業務のひとつです。規模の大きな現場の場合、複数人で確認したり、チェック回数を増やすなどをして対応します。

また工事管理と工事監理以外でも施工管理と施工監理の違いについても記事がございますので併せてご覧ください。

工事管理と工事監理の違い

先ほどご紹介した通り、工事には2種類の「かんり」(「工事管理」と「工事監理」)が存在します。ここからは、2つの「かんり」における違いを中心に解説いたします。

実行者(管理者)の違い
工事管理では「現場監督(現場管理者)」が工事現場に常駐しますが、
工事監理では設計者が「工事監理者」となります。

立場の違い
工事管理は、『工事現場を回す責任者』ですが、工事監理は、『建築主の代理人』であり、監督業務といった立場です。

業務内容の違い
工事管理(現場監督)は現場で工程や安全管理を行いますが、工事監理者は設計した図面通りに工事が行われているかをチェックします。つまり、工事監理者は工事の品質と進め方を確認することが主な業務となります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

工事管理と工事監理のそれぞれに必要な資格やキャリアについて

工事管理に必要な資格やキャリアとは

資格がなくても仕事はできますが、施工管理技士の資格を保有していると年収に反映されます。施工管理技士の資格は建築・土木・管工事・電気工事・電気通信工事・造園と様々な種類があります。

業務範囲に合わせて複数持ち合わせている人は年収が高い傾向にあります。

資格として施工管理技士(工事管理者)には1級、2級があり、1級は監理技術者・2級は主任技術者として認定されます。

監理技術者とは4000万円以上の下請契約を結んだ工事では必ず設置しなければならない人材で、ほぼ全ての工事で設置が必要となります。

主任技術者は請負金額によらず設置しなければなりませんが、監理技術者が設置される場合、必須ではないので、監理技術者がいない工事に設置される事が多くなります。

工事監理に必要な資格やキャリアとは

工事監理をするにあたって建築士法では次のように書かれています。

「建築士法第二条第八項で規定する工事監理を行う者をいう」

と定められており、建築士法第二条第八項では

「工事監理とは、その者の責任において、工事を設計図書と照合し、それが設計図書のとおりに実施されているかいないかを確認することをいう」とあります。

つまり、工事監理者は専門家である必要があり、一級建築士、二級建築士もしくは木造建築士の資格を持っていなければならないと定められてます。

木造建築士 < 二級建築士 < 一級建築士の順に設計出来る規模、広さが変わってくるので段階的に取得して行く方も多いです。勿論、難易度も段階的に上がっていきますがスキルアップ・年収アップには欠かせない資格の一つです。

また、先程も触れましたが、実際の現場の施工管理にも精通していなければ設計図通りに工事が進んでいるか否か判断できませんので、建築士に併せて施工管理技士の資格取得を目指す方も多くいらっしゃいます。

参考:国土交通省

まとめ

今回は、工事管理と工事監理、2つの『かんり』の違いを中心に解説していきました。言葉は似ていても、漢字1つが違うだけで業務内容には大きな違いがあります。違いは様々ありますが、重要な観点はどの立場で現場をチェックしているのかということです。
工事管理と工事監理では別の視点から現場をチェックしますので、時には衝突があるかもしれません。しかし、あらゆる角度から工事をチェックする機能があることはとても重要なことであり、立場の違う管理者や協力業者が力を合わせて、より良い「ものづくり」を実現することこそ、建設の醍醐味と言えるのではないでしょうか。

【施工管理技士の男女比率】建設業界を志す女性の方必見!施工管理技士の男女比や向き不向きについて

施工管理技士の男女比率

施工管理技士の男女比率はイメージの通り、男性が過半数を占めているのが現状です。施工管理技士として現場で活躍されている女性の方は、全体の約3%と言われています。一方で、建設会社における事務や経理の仕事も含めて試算すると40%が女性というデータもあります。このことからわかるように、建設業界で働く女性は世の中が抱くイメージほど少なくないことが読み取れます。

事実、昨今は施工管理技士資格を取得する女性が確実に増えてきており、建設現場での働き方の変革や男社会のイメージを払拭できれば、女性の施工管理技士が増えることは間違いありません。

たしかに建設業界は男性社会であり、昔の風習や慣習が残っているケースが多く見受けられます。この風習や慣習を無くしながら、イメージを刷新して新たな建設業界を作ること不可欠です。

以前に掲載させていただきました記事の中に、女性の施工管理技士について詳しくご説明させていただきましたブログがございますので、こちらも併せてご覧ください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

男女間の施工管理技士としての向き不向き

男性と女性では、施工管理技士としての向き不向きがあるのか、ここではご説明できればと思います。

まず、施工管理技士の仕事内容ですが、主に4つの仕事に分けられます。

・「工程管理」・・予定通り作業が行えるように、工夫して作業員に指示を業務。
・「品質管理」・・仕様書や設計図通りの品質を満たしているのかを確認する業務。
・「原価管理」・・予算内の費用で工事を終えるために予算を管理する業務。
・「安全管理」・・作業員が安全に仕事をできるように管理する業務。

施行管理業務とは上記4つを指します。では、上記の仕事内容について、男性と女性で向き不向きはあるのか、見ていきましょう。

先程述べた通り、建設業界の事務・経理職として働く女性は少なくありませんから、「原価管理」と呼ばれる、工事請負金額から費用などを含めた予算の管理は、経理業務に類似するため、きめ細やかな数字面の管理を得意とする女性の方には向いている業務と言えるでしょう。

「安全管理」と呼ばれる、如何に工事現場において発生し得る自己を防ぐか、といった業務はこれもまた、攻めより守りを得意とする女性の方に得意な仕事内容ではないかと感じております。

一方で、男性の職人が多い工事現場において、ご高齢の職人に対して指示を出す「工程管理」という業務については、統率力や求心力が必要ですので、女性より男性が得意だと感じる方が多いでしょう。

しかし、ご高齢の職人の方からすれば、男性から指示されるよりも、女性から指示された方が受け入れやすいと感じる方も多くいらっしゃいますので、工程管理においても女性が活躍できる環境は十分にあると考えます。

最後に、「品質管理」ですが、これは施工管理という専門職である技術者のプライドが如実に表れる業務であり、男性女性に関わらず技術者の品質に対するこだわりが強い方が得意な業務であり、男女どちらが得意とは一概に言えないと感じております。

いずれにしましても施工管理という仕事は、女性ならではのきめ細やかさや、女性のリスクより安全を重んじる傾向、対高齢者に対する女性特有のコミュニケーション能力など、間違いなく女性が活躍できる職種の1つであるかと思います。

また過去に、施工管理で重要な「QCDSE」について意味や5つの管理項目を詳しく解説している記事がございますので、こちらも併せてご確認ください。

 

男性と女性のキャリアに対する考え方の違いと、施工管理職について

そもそも、男性と女性ではキャリアに対する考え方が大きく違います。

男性で仕事をしていない方はごく稀で、基本的に生涯働くことを前提にキャリア構築を考えます。一方で、女性は結婚や出産を控えているため、キャリアウーマンと呼ばれるような仕事熱心な方であっても、一度職場を離れることを前提としてキャリアプランを立てる傾向があります。

ですから、女性は結婚や出産により一時的に職場を離れることになってもスムーズに再就職ができるように、総合職(総合的な業務に取り組みながら役職を目指す)よりは専門職(看護師や介護士など専門性の高い仕事)を選びがちです。

その点、施工管理職は専門職であり、施工管理のプロフェッショナルであれば、いつでも職場復帰ができるため女性のキャリアプランに適した仕事であることは間違いありません。

建設業界はやはり男性のイメージが強い為、男性に向いている仕事と思われがちですが、キャリアプランという観点ではむしろ女性に向いていると言えます。

専門職として看護師や医師、介護士や会計士に女性が多いように、女性の施工管理技士が当たり前の時代が到来するでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

今後の建設業界と、女性の社会進出

施工管理のお仕事は、男女関係なくやりがいを持って出来る仕事です。

今後は益々、建設業界の少子高齢化が進みますので、女性の施工管理技士や現場作業員が増えていきます。建設業界における女性比率が高まると同時に、世の中全体のイメージとして、女性の建設業界に対する苦手意識がなくなると考えております。

しかし一方で、建設業界では同族経営により何十年と受け継がれてきた古い社風(パワハラなど)や慣習、IT化の遅れなど旧態依然とした企業体質が根強く残っている建設会社が多いことも事実です。

弊社はそんな建設業界を根本から改善していきたいという思いで、女性が働きやすい職場環境が整った求人を数多く揃えておりますので、女性の中で建設業界にご興味がある方は、是非とも弊社エージェントまでご相談ください。

また、上記内容と併せて是非ともご覧いただきたい記事として、建設業界の人手不足について詳しく解説している記事の掲載がございますのでよろしければご覧ください。

まとめ

今回は施工管理職における男女比、そして男女間でのキャリアプランの違いや、男女の向き不向きをテーマとして記事を作成いたしました。

もちろん、性別は明確に違うわけなので男女間で得意不得意は様々ありますが、施工管理という仕事においては男性より女性が活躍できるシチュエーションはたくさんあります。

本来、施工管理は①仕事内容②キャリア構築の両面において女性に適した職種でありながら、世の中のイメージが先行し、女性の建設業界への流入が顕著に少ない現状に、勿体なさを感じております。我々ビーバーズは建設業界に軸足を置き、女性が心から満足感を得られるような職場環境を建設業界で実現したいと考えております。

転職サイト「ビーバーズ」はワークライフバランスを重視した求人票を数多く抱えておりまして、女性の方も安心して施工管理技士への転職活動が可能ですので、まずはお問合せいただけますと幸いです。