TEL
メニュー

品質管理の仕事に向いている人の特徴や必要な資格、転職のコツを徹底解説

品質管理とは、製品やサービスの品質を計測、分析、改善することで、顧客満足度や企業の競争力を高める活動のことです。品質管理の仕事には、品質保証や品質管理、品質監査などがあります。

品質管理には、その仕事の特徴から、鋭い観察力が求められます。また、そのほかにも論理的思考能力や計算能力、正義感や学習意欲など、さまざまな能力が求められる仕事です。

そのため、品質管理の仕事に転職する場合は、業界や職種に応じた専門知識や経験が必要になることがあります。

そこで今回は、品質管理の仕事に向いている人の特徴や必要な資格、転職する際のコツなどを詳しく解説します。品質管理に興味のある方や、品質管理のキャリアを目指す方は、ぜひ参考にしてください。

品質管理の仕事内容とは?

品質管理とは、製品やサービスの品質を維持・向上させるために、検査や検証、保証などを行う仕事です。この品質管理は、製造業において重要な役割を果たしています。

品質管理の仕事内容には、主に次の3つがあります。

工程管理

工程管理業務では、製品やサービスの品質を保証するために、工場などの製造現場で、生産ラインや設備の管理、生産計画やスケジュールの策定、作業標準書やQC工程表の作成などを行います。

品質検証

品質検証業務は、製品やサービスの品質が一定の基準や規格に適合しているかどうかを、検査や試験などで確認する業務です。不良品や不合格品の発生率や原因を分析し、報告書を作成します。

品質改善

品質改善業務は、製品やサービスの品質を向上させるために、問題点や改善点を見つけ出し、PDCAサイクルに沿って対策を立案・実施・評価・改善する仕事です。また、製造スタッフの教育や研修なども行います。

品質管理の仕事のやりがいは?

品質管理は、さまざまなやりがいを感じることができる仕事です。以下では、品質管理の主なやりがいについて解説します。

お客様からの信頼や感謝を得られる

品質管理の仕事は、顧客の要求や規格に適合した製品やサービスを提供することで、顧客満足度や信頼性を高めることが目的です。品質管理が適切に行われると、顧客は品質の高い製品やサービスを受け取ることができ、信頼や感謝を得ることができます。

品質管理の仕事をする人は、このような顧客の反応を見ることで、自分の仕事の価値や意義を感じることができるでしょう。

会社に貢献できる

品質管理の仕事は、会社の業績や競争力を向上させることにも貢献します。

品質管理が適切に行われると、不良品の発生率や再発率を低く抑えることができ、コスト削減や生産性の向上につながります。また、品質管理が適切に行われることで、顧客のニーズや市場の変化に対応でき、競争力の向上や市場シェアの拡大にもつながるでしょう。

品質管理の仕事をする人は、このように会社の成長や発展に貢献することで、自分の仕事の重要性や責任を感じることができます。

社会の安全や健康に貢献できる

品質管理の仕事は、社会の安全や健康にも貢献します。

品質管理が適切に行われると、不良品や不備が原因で起こる事故やトラブルを防ぐことができ、社会の安全や健康を守ることができます。

品質管理の仕事をする人は、このように社会の福祉や公益に貢献することで、自分の仕事の社会性や貢献性を感じることができるでしょう。

仕事の成果が目に見える

品質管理は、仕事の成果が目に見えやすい仕事です。品質管理が適切に行われると、製品やサービスの品質が向上し、顧客の満足度や信頼性が高まるからです。

そのため、品質管理の仕事をする人は自分の仕事の成果を目に見える形で確認することができ、自分の仕事の効果や影響を感じることができるでしょう。

また、品質管理は、品質の指標やデータを用いて仕事の成果を測定することができる仕事です。そのため、品質管理の仕事をする人は、自分の仕事の成果を客観的に評価することができ、自分の仕事の進歩や改善を感じることも可能です。

創意工夫とチームワークで仕事を進められる

品質管理は、創意工夫やチームワークが求められることが多い仕事です。

品質管理は、常に顧客のニーズや市場の変化に対応する必要があるため、新しい品質基準や方法論を考えたり、新規開発や技術革新に関わったりすることも多いのが特徴です。

そのため、品質管理の仕事をする人は、自分の知識やスキルを活かしたり、創造性や発想力を発揮したりできます。

また、品質管理は、各部門やチームと連携する必要があるため、他の人と協力したり、コミュニケーションや交渉をしたりすることも重要です。そのため、品質管理の仕事をする人は、自分の人間性や協調性を発揮したり、チームワークやリーダーシップを学んだりすることもできます。

幅広いキャリアアップの可能性がある

品質管理は、様々な業界や分野で必要とされるスキルです。

品質管理に携わる人は、自分の専門性や知識を深めることで、自分のキャリアを広げることができます。また、品質管理は、チームワークやコミュニケーション、問題解決、分析、統計などの能力も要求されます。品質管理に携わる人は、これらの能力を磨くことで、自分の人間性やリーダーシップを高めることができるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理に向いている人の特徴

次に、品質管理に向いている人の特徴を解説します。

鋭い観察力のある人

品質管理では、製品や工程に関するさまざまな情報を収集し、異常や不不備を見つける必要があります。そのため、細かい部分にも気づきやすく、観察力がある人は、品質管理に向いています。

論理的思考能力の高い人

品質管理では、問題の原因を分析し、解決策を考える必要があります。そのため、論理的に物事を考えることができる人は、品質管理に向いています。

計算能力の高い人

品質管理では、データを分析し、統計的な知識を用いる必要があります。そのため、数字に強く、数学や物理学などの科目を得意とする人は、品質管理に向いています。

正義感や倫理観の強い人

品質管理では、製品や工程の安全性や信頼性を守るために厳しく指導することがあります。そのため、正義感が強く、不正や適切でない方法を容認しない人は、品質管理に向いています。

学習意欲の高い人

品質管理では、常に新しい技術や知識を取り入れる必要があります。そのため、学習意欲が高く、自己研鑽を怠らない人は、品質管理に向いています。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理に必要な資格は?

品質管理に必要な資格とは、品質管理の知識やスキルを証明するための資格のことです。

品質管理に関する資格は、さまざまな分野やレベルに分かれており、それぞれにメリットや難易度があります。

品質管理に必要な資格を取得することで、以下のような効果が期待できます。

  • 品質管理の基礎知識や実践方法を学ぶことができる
  • 品質管理の専門家として認められることができる
  • 品質管理の仕事に応募しやすくなる
  • 品質管理のキャリアアップやや転職に有利になる

また、品質管理に必要な資格には、以下のようなものがあります。

品質管理理検定(QCC検定)

品質管理理検定(QCC検定)は、品質管理全般の知識や実践方法を問う認定制度です。1級から4級まであり、難易度は高く合格率も低いですが、取得すれば最高レベルの品質管理者として活躍できます。

信頼性技術者資格認定制度(JCRE)

信頼性技術者資格認定制度(JCRE)は、信頼性に関する知識やスキルを問う認定制度です。初級・中級・上級の3つのレベルがあり、信頼性技術者として活躍できます。

R-Map実践技術者認定制度

R-Map実践技術者認定制度は、R-Map(リスクマップ)を使ったリスク評価とアセスメントのスキルを問う認定制度です。R-Mapはリスクマネジメントにおいて有効な手法です。

ソフトウェア品質技術者資格認定制度(JCSQE)

ソフトウェア品質技術者資格認定制度(JCSQE)は、ソフトウェア開発における品質事故を防ぐための知識やスキルを問う認定制度です。初級・中級・上級の3つのレベルがあり、ソフトウェア開発者として活躍できます。

JSTQBテスト技術者資格認定

JSTQBテスト技術者資格認定は、エンジニアのテスト技術を向上させるための知識やスキルを問う認定制度です。Foundation Level・Advance Levelの2つのレベルがあり、テスト技術者として活躍できます。

その他の資格

上記以外にも、QCサークル指導士資格認定制度やマネジメントシステム監査員員検定など、品質管理に関連するさまざまな資格があります。自分が目指す目的やレベルに合わせて、適切な資格を選んで取得しましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理の年収や給与はどのくらい?

品質管理の平均年収は約465万円となっており、日本の平均年収と比較すると高い傾向にあります。

品質管理の年収は、年齢や勤続年数に応じて着実に上昇していく年功序列型が一般的であるため、比較的安定志向の方に人気の職種です。

また、年功序列型であるため、20代と30代で平均年収が168万円も増えているのが特徴です。男女別でみると、20代では、男性の平均年収が359万円 、女性の平均年収が319万円です。

30代になると、男性の平均年収が555万円 、女性の平均年収が410万円と、他の職種よりも上昇率が高くなっています。

ただし、品質管理の年収は業界や企業によっても大きく異なるため、注意が必要です。

食品メーカーや化粧品メーカーなどでは、年収が300万円台 にとどまることもありますが、精密機械や自動車メーカーなどでは、年収が700万円台に達することもあります。

品質管理の年収を上げるためには、資格や実績が重要です。品質管理に必要な資格としては、上記で解説したQC検定や品質管理監査技術者などがあります。これらの資格を取得することで、給与や待遇が向上する可能性があるでしょう。

また、品質管理の仕事で成果を出すことで、責任者やリーダーに昇進することも可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理への転職に成功するコツ

最後に、品質管理への転職に成功するコツを解説します。

業界や職種に応じた専門知識や経験をアピールする

品質管理は、製造業などの企業で、生産する製品の品質をコントロールする仕事のことです。そのため、品質管理に必要な知識やスキルは、業界や職種によって異なります。

例えば、食品メーカーでは食品衛生法やISO規格などを理解しておく必要がありますし、自動動車メーカーでは電気回路や機械部品などを扱うことがあります。

そこで、信頼のできる転職エージェントを活用して、自分が応募する業界や職種に合わせた専門知識や経験をアピールしましょう。また、自分が持っている資格や実績も明確に伝えることが大切です。例えば、QCC検定や品質管理監査技術者などの資格は、品質管理の専門性を示すものと言えるでしょう。

転職エージェントを活用する

品質管理への転職では、転職エージェントを活用することで、多くの情報収集や応募方法の選択肢が得られます。

転職エージェントに登録すれば、転職のプロであるキャリアアドバイザーが無料で自分に合った求人情報を探して紹介してくれたり、履歴書や職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートもしてくれたりします。

自分の強みや志望動機を明確にする

品質管理への転職では、自分が持っている強みや志望動機を明確に伝えることが重要です。自分の強みとしては、以下のような例が挙げられます。

  • 品質意識が高く、常に改善策を考えることができる
  • 業務効率化やコスト削減に貢献できる
  • チームワークを大切にし、他部署と協力して問題解決できる
  • コミュニケーション能力が高く、お客様や社内外から信頼される

また、志望動機としては、以下のような例が挙げられるでしょう。

  • 品質管理に関心があり、自分のスキルアップを目指している
  • 新しい製品開発や売上向上に貢献したい
  • メーカーで働くことで自分の価値観を広げたい
  • リスクマネジメントコンサルタントなどの他ポジションへのキャリアチェンジを考えている 

ただし、ご自分の強みや志望動機はそれぞれ異なるため、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談して、ご自身の潜在的な強みや動機を見つけてもらうのがおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理に向いている人の特徴のまとめ

このように、品質保証の仕事は、コミュニケーション能力や観察力、論理的思考能力などが高い人に向いています。これらの能力は、品質管理以外の仕事にも活かせる幅広いスキルでもあるため、社会的な対応力が高い人であるとも言えるでしょう。

また、品質管理の仕事は、求人や収入が比較的安定している傾向にあるため、就職や転職を希望する方が多いのも特徴です。

そこで、品質保証への転職を考える際は、ご自分に合っている仕事かどうかの分析を行い、しっかりとご自身の適性を理解してから転職活動を行うことが重要です。

転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

製造業に特化した転職エージェント「ビーバーズ」では、経験豊富なキャリアコンサルタントが、あなたの自己分析のサポートをしながら、最適な転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

品質管理は楽って本当?仕事の厳しさとやりがい、向いている人の特徴を解説

品質管理の仕事に対して、楽で簡単なイメージを持つ方がいるかもしれません。しかし、実際にはそうではありません。

品質管理とは、製品やサービスの品質を確保するための検査や評価、改善などを行う仕事で、さまざまなスキルや知識が必要です。例えば、品質基準や規格、法律、工程、測定方法などを理解し、適切に適用すること。また、問題や不具合を発見し、原因を分析し、解決策を提案すること。さらに、品質管理の結果や改善点を報告し、関係者とコミュニケーションをとることなどです。

このように、品質管理は、製品やサービスの品質に直結する重要な役割を担っています。そのため、責任感や正確さ、細かさ、忍耐力などが求められる厳しい仕事です。

しかし、その分やりがいも大きく、自分のスキルや知識を高められることや、製品やサービスの品質を向上させることでお客様や社会に貢献できる仕事でもあります。

そこで今回は、品質管理が楽さについて、仕事の厳しさとやりがい、向いている人の特徴を解説します。品質管理に興味のある方はもちろん、すでに品質管理の職に就いている方も、ぜひ参考にしてください。

品質管理とは?仕事内容から楽と思われる理由も解説

woman, silhouette, quality

品質管理とは、製品の製造工程で、品質を管理する取り組みのことです。品質管理の主な仕事内容は、工程管理、品質検証、品質改善などです。

品質管理は、消費者の安全や満足度、企業のイメージや利益に直結する重要な役割を担っています。

品質管理が楽だと思われがちな理由は、以下のようなものが考えられます。

  • 品質管理は、製品の開発や設計には関与せず、製造工程の最終段階で品質をチェックするだけだと思われているから
  • 品質管理は、製品の不良品や事故が発生したときに対応するだけで、日常的には特に忙しくないと思われているから
  • 品質管理は、製品の品質を保証するために必要な業務であるが、その成果が目に見えにくいと思われているから

しかし、これらの理由は、品質管理の仕事の本質を理解していないか、あるいは品質管理の仕事に対する評価が低いかのどちらかであると言えるでしょう。

品質管理は、製品の品質を維持・向上させるために、製造工程の各段階で様々な業務を行っており、常に問題点を発見・改善することが求められる仕事です。そのため、品質管理の仕事は決して楽な仕事ではなく、むしろ高い専門性と責任感が必要な仕事であると言えます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理の仕事の厳しさ

次に、品質管理の仕事の厳しさについて解説します。品質管理の仕事には、以下のような厳しさがあります。

  1. 品質管理の仕事には多くのスキルや知識が必要であること
  2. 品質管理の仕事には責任感や正確さなどが求められること
  3. 品質管理の仕事は現場や他部署との調整が多く、人間関係が難しいこと
  4. 品質管理の仕事は単調で目に見える成果が少ないこと

それぞれ解説します。

1.品質管理の仕事には多くのスキルや知識が必要であること 

品質管理の仕事は、製品やサービスの品質を維持・向上させるために、検査や検証、保証などを行う仕事です。そのため、品質管理の仕事には、以下のようなスキルや知識が必要です。

  • 製品やサービスの特性や仕様、品質基準や規格などを理解する能力
  • 検査や試験の方法や手順、機器や器具の使い方などを習得する能力
  • データや統計、分析や評価などを用いて、品質の状況や問題点を把握する能力
  • 品質の改善や改善策の立案・実施・評価などを行う能力
  • 品質に関する報告書や書類などを作成する能力
  • 品質に関する知識や技術を常に更新し、新しい情報や動向に対応できる能力
  • 品質に関する資格や認証などを取得する能力

これらのスキルや知識は、品質管理の仕事をする上で欠かせないものであり、習得するのには多くの時間や労力がかかります。

2.品質管理の仕事には責任感や正確さなどが求められること 

品質管理の仕事は、顧客や社会の安全や満足度を高めるとともに、会社の業績や競争力にも大きく影響する重要な仕事です。そのため、品質管理の仕事には、以下のような姿勢や態度が求められます。

  • 製品やサービスの品質に対して、高い基準や目標を持ち、それに沿って仕事を行う責任感
  • 検査や試験などの作業を正確に行い、データや報告書などの記録を間違えない正確さ
  • 問題や改善点を見逃さない注意力や集中力
  • 問題や改善点を素直に認め、早急に対策を講じる柔軟性や積極性
  • 自分の仕事だけでなく、他の部署や現場の状況も把握し、協力し合う協調性やコミュニケーション能力

これらの姿勢や態度は、品質管理の仕事をする上で必要不可欠なものであり、維持するのには多くの努力やストレスが伴います。

3.品質管理の仕事は現場や他部署との調整が多く、人間関係が難しいこと 

品質管理の仕事は、製品やサービスの品質を保証するために、工場や現場の製造スタッフや、生産管理部門や設備部門などの他の部署と連携することが多い仕事です。そのため、品質管理の仕事は、以下のような人間関係の難しさがあります。

  • 製品やサービスの品質に関する意見や要望が、現場や他部署と食い違うことがある
  • 製品やサービスの品質に関する問題や改善点を指摘すると、現場や他部署から反発や不満を受けることがある
  • 製品やサービスの品質に関する報告書や書類を作成する際に、現場や他部署から必要な情報や協力を得られないことがある
  • 製品やサービスの品質に関する調整や交渉をする際に、現場や他部署とのコミュニケーションがうまくいかないことがある

これらの人間関係の難しさは、品質管理の仕事をする上で避けられないものであり、対処するのには多くの技術や経験が必要です。

4.品質管理の仕事は単調で目に見える成果が少ないこと 

品質管理の仕事は、製品やサービスの品質を維持・向上させるために、検査や検証、保証などを繰り返し行う仕事です。そのため、品質管理の仕事は、以下のようなやりがいの少なさがあります。

  • 検査や試験などの作業が単調で、変化や刺激が少ない
  • 検査や試験などの作業が時間や労力がかかり、疲労やストレスが溜まりやすい
  • 検査や試験などの作業が目に見える成果や評価が少なく、やりがいや達成感が感じにくい
  • 検査や試験などの作業が製品やサービスの品質を維持することが目的であり、新しいものを生み出すことが少ない

これらのやりがいの少なさは、品質管理の仕事をする上で感じることが多いものであり、乗り越えるのには多くのモチベーションや工夫が必要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理の仕事のやりがい

品質管理の仕事には、上記のような厳しさがある一方で、次のようなやりがいもあります。そこで以下では、品質管理のやりがいについて解説します。

  1. 品質管理の仕事は製品やサービスの品質に直結する社会貢献度が高い仕事であること
  2. 品質管理の仕事は創意工夫ができること
  3. 品質管理の仕事は需要が高く将来性が明るいこと

それぞれ解説します。

1.品質管理の仕事は製品やサービスの品質に直結する社会貢献度が高い仕事であること 

品質管理の仕事は、顧客や社会の安全や満足度を高めるとともに、会社の業績や競争力にも大きく影響する重要な仕事です。そのため、品質管理が適切に行われることで、不良品や不備が原因で起こる事故やトラブルを防ぐことができ、社会の安全や健康を守ることができます。

品質管理の仕事をする人は、このように社会の福祉や公益に貢献することで、自分の仕事の社会性や貢献性を感じることができるでしょう。また、消費者や顧客から、「あのメーカーの商品なら安心して買える」と思ってもらえることは、品質管理にとって大きな誇りです。

2.品質管理の仕事は創意工夫ができること 

品質管理の仕事は、常に顧客のニーズや市場の変化に対応する必要があるため、新しい品質基準や方法論を考えたり、新規開発や技術革新に関わったりすることも多いのが特徴です。そのため、品質管理の仕事をする人は、自分の知識やスキルを活かしたり、創造性や発想力を発揮したりすることができます。

品質管理の仕事は、専門的な知識のある人から見れば、仕事の成果が目に見えやすい仕事でもあるため、自分のアイディアが形になったり、品質の向上につながったりすることを実感できるでしょう。

3.品質管理の仕事は需要が高く将来性が明るいこと 

品質管理は、ものづくりの企業であればどんな業界でも必要になる職種であり、活躍の場は幅広くあります。また、品質管理は、創意工夫が求められるため、AIなどの機械によって代替されることもなく、職種としての需要は非常に底堅いといえるでしょう。さらに近年では、食品メーカーや自動車メーカーなどの品質問題が相次いで発生し、消費者の安全志向が高まっています。

このように、今や品質管理はメーカーにおいて重要なポジションとなっており、将来性が明るい点が大きな魅力です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理に向いている人の特徴

品質管理の仕事は、前述したように、厳しさとやりがいの両方がある、専門的な知識やスキルが問われる仕事です。そこで以下では、品質管理に向いている人の特徴を解説します。

品質管理に向いている人の特徴は、次の3つです。

  1. 観察力や探究心があること
  2. 数字に強く仮設的思考ができること
  3. コミュニケーション能力や忍耐力があること

それぞれ解説します。

1.観察力や探究心があること 

品質管理の仕事は、製品やサービスの品質を保証するために、工場や現場の製造スタッフや、生産管理部門や設備部門などの他の部署と連携することが多い仕事です。そのため、品質管理に向いている人は、以下のような観察力や探究心を持っている人です。

  • 製品やサービスの特性や仕様、品質基準や規格などを理解し、ささいな変化や異常、違和感などに敏感に気付くことができる人
  • 問題や改善点を見逃さない注意力や集中力を持ち、原因や対策を突き詰めていくことが好きな人
  • 新しい技術や情報に興味を持ち、常に学び続けることができる人

2.数字に強く仮設的思考ができること 

品質管理の仕事は、数千から数万にも及ぶ製品のデータを収集し、統計の知識を用いて分析や評価を行う仕事です。そのため、品質管理に向いている人は、以下のような数字に強く仮設的思考ができる人です。

  • 数学や物理学などの理系の科目が得意で、数字の意味や関係性を正確に理解することができる人
  • 現象や結果から逆算して原因を仮定し、可能性のある説を立てて検証することができる人
  • データや統計を用いて、品質の状況や問題点を客観的に把握し、改善策を提案することができる人

3.コミュニケーション能力や忍耐力があること 

品質管理の仕事は、製品やサービスの品質に関する意見や要望が、現場や他部署と食い違うことがあるため、調整や交渉をすることが多い仕事です。また、品質管理の仕事は、単調で時間や労力がかかり、目に見える成果や評価が少ないこともあります。

そのため、品質管理に向いている人は、以下のようなコミュニケーション能力や忍耐力を持っている人です。

  • 相手の立場や考え方を尊重し、円滑にコミュニケーションをとることができる人
  • 品質に関する問題や改善点を指摘するときに、相手の反発や不満を受け止めることができる人
  • 作業を正確に行い、データや報告書などの記録を間違えないことを心がける人
  • 作業が単調で目に見える成果や評価が少なくても、自分の仕事の価値や意義を見失わない人

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理の厳しさとやりがいのまとめ

このように、品質保証の仕事は決して楽な仕事とは言えませんが、非常にやりがいのある仕事でもあります。

また、求人や収入が比較的安定している傾向にあるため、品質管理への転職を希望する方が多いのも特徴です。

そこで、品質保証への転職を考える際は、ご自分に合っている仕事かどうかの分析を行い、しっかりとご自身の適性を理解してから転職活動を行うことが重要です。

転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

製造業に特化した転職エージェント「ビーバーズ」では、経験豊富なキャリアコンサルタントが、あなたの自己分析のサポートをしながら、最適な転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

品質管理のやりがいと楽しさ|仕事内容、年収とキャリアアップの方法も解説

品質管理とは、製品やサービスの品質を計画、実行、管理、改善することです。品質管理は、企業の競争力や顧客満足度を高めるだけでなく、品質管理に携わる人々にもやりがいや楽しさを提供する仕事です。

品質管理の仕事は、常に新しい課題や問題に取り組むことで、創造性や論理性を鍛えることができます。また、品質管理の仕事は、チームワークやコミュニケーション能力を必要とすることで、人間関係の構築や発展にも貢献します。さらに、品質管理の仕事は、高い専門性やスキルを持つことで、年収やキャリアアップの面でも魅力的です。

そこで今回は、品質管理のやりがいと楽しさについて、仕事内容や、年収とキャリアアップの方法なども併せて解説します。品質管理の仕事に興味のある方はもちろん、すでに品質管理の仕事をしている方も、ぜひ参考にしてください。

品質管理の仕事の概要と魅力を解説

Man Wearing Orange Hard Hat

品質管理とは、製品やサービスの品質をチェックしたり、改善したりする仕事です。品質管理の仕事は責任が重く、ストレスが溜まりやすいという大変さもありますが、魅力や将来性のある仕事でもあります。

品質管理の仕事にはさまざまな魅力がありますが、主なものとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • お客様からの信頼や感謝を得られること
  • 企業のイメージや利益を高められること
  • 社会貢献度が高いこと
  • 製品に関する専門的な知識やスキルが身につくこと
  • デジタル技術やAIなどの最新の技術を活用できること

品質管理の仕事内容

品質管理とは、製品やサービスの品質を保証するために、工程管理、品質検査、品質改善などを行う仕事です。

品質管理の役割には、顧客の満足度や信頼性を高めること、無駄なコストやリスクを削減すること、効率的かつ革新的な製造方法を確立することなどが挙げられます。

品質管理の主な業務と職種

品質管理の主な業務は、以下の3つです。

工程管理業務

工程管理業務とは、製造現場で、生産ラインや設備の管理、生産計画やスケジュールの策定、作業標準書やQC工程表の作成などを行う仕事です。

品質検証業務

品質検証業務とは、製品やサービスが一定の基準や規格に適合しているかどうかを検査や試験などで確認し、不良品や不合格品の発生率や原因を分析し、報告書を作成する仕事です。

品質改善業務

品質改善業務とは、製品やサービスの品質を向上させるために、問題点や改善点を見つけ出し、PDCAサイクルに沿って対策を立案・実施・評価・改善し、製造スタッフの教育や研修なども行う幅広い仕事です。

一方、品質管理の主な職種には、以下の4つが挙げられます。

品質管理技術者

品質管理技術者は、品質管理の技術的な業務を行う職種で、製造現場や研究開発部門などで活躍します。

品質管理監査員

品質管理監査員は、品質管理に関する国際規格や法令、社内規定などを遵守しているかどうかをチェックする職種で、自社や取引先、外部機関などで監査を実施します。

品質保証担当者

品質保証担当者は、品質管理の管理的な業務を行う職種で、品質方針や品質目標の策定、品質マネジメントシステムの構築・運用、品質教育などを行います。品質保証担当者が活躍する場には、品質管理部門や経営企画部門などがあります。

品質管理コンサルタント

品質管理コンサルタントは、品質管理や品質保証に関する専門的な知識やノウハウを提供する職種で、コンサルティング会社や独立して活動します。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理の仕事のやりがい

品質管理の仕事に就くと、次のようなやりがいを得られるでしょう。

  1. お客様からの信頼や感謝を得られること
  2. 会社に貢献できること
  3. 社会の安全や健康に貢献できること
  4. 仕事の成果が目に見えること
  5. 創意工夫やチームワークが求められること

それぞれ解説します。

1.お客様からの信頼や感謝を得られること

品質管理の仕事は、顧客の要求や規格に適合した製品やサービスを提供することで、顧客満足度や信頼性を高めることが目的です。

品質管理が適切に行われると、顧客は品質の高い製品やサービスを受け取ることができ、信頼や感謝を得ることができます。

品質管理の仕事をする人は、このような顧客の反応を見ることで、自分の仕事の価値や意義を感じることができるでしょう。

2.会社に貢献できること

品質管理の仕事は、会社の業績や競争力を向上させることにも貢献します。

品質管理が適切に行われると、不良品の発生率や再発率を低く抑えることができ、コスト削減や生産性の向上につながります。また、品質管理が適切に行われることで、顧客のニーズや市場の変化に対応でき、競争力の向上や市場シェアの拡大にもつながるでしょう。

このように、品質管理の仕事をする人は、このように会社の成長や発展に貢献することで、自分の仕事の重要性や責任を感じることができます。

3.社会の安全や健康に貢献できること

品質管理の仕事は、社会の安全や健康にも貢献します。

品質管理が適切に行われると、不良品や不備が原因で起こる事故やトラブルを防ぐことができ、社会の安全や健康を守ることができます。

品質管理の仕事をする人は、このように社会の福祉や公益に貢献することで、自分の仕事の社会性や貢献性を感じることができるでしょう。

4.仕事の成果が目に見えること

品質管理は、仕事の成果が目に見えやすい仕事です。それは、品質管理が適切に行われると、製品やサービスの品質が向上し、顧客の満足度や信頼性が高まるからです。

そのため、品質管理の仕事をする人は自分の仕事の成果を目に見える形で確認することができ、自分の仕事の効果や影響を感じることができるでしょう。

また、品質管理は、品質の指標やデータを用いて仕事の成果を測定することができる仕事です。そのため、品質管理の仕事をする人は、自分の仕事の成果を客観的に評価することができ、自分の仕事の進歩や改善を感じることも可能です。

5.創意工夫やチームワークが求められること

品質管理は、創意工夫やチームワークが求められることが多い仕事です。

品質管理は、常に顧客のニーズや市場の変化に対応する必要があるため、新しい品質基準や方法論を考えたり、新規開発や技術革新に関わったりすることも多いのが特徴です。そのため、品質管理の仕事をする人は、自分の知識やスキルを活かしたり、創造性や発想力を発揮したりすることができます。

また、品質管理は、製品やサービスの品質に関わるさまざまな部署や関係者と連携する必要があるため、コミュニケーション能力や協調性も重要です。そのため、品質管理の仕事をする人は、チームワークを発揮したり、人間関係を築いたりすることができます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理の仕事の楽しさ

man standing while using computer and another group of men chatting

品質管理は、次のような「楽しさ」を感じることができる仕事でもあります。

  1. 新しい知識やスキルが身につくこと
  2. さまざまな業界や分野に関われること
  3. イノベーションに貢献できること
  4. 自分らしさを発揮できること

それぞれ解説します。

1.新しい知識やスキルが身につくこと 

品質管理の仕事では、常に顧客の要求や市場の変化に対応する必要があります。そのため、新しい品質基準や方法論を学んだり、新規開発や技術革新に関わったりする場面が多くあります。これにより、自分の知識やスキルを広げたり、深めたりすることが可能です。

このように、品質管理の仕事をする人は、自分の成長や向上を感じることができるでしょう。

2.さまざまな業界や分野に関われること 

品質管理の仕事は、製造業において重要な役割を果たしていますが、それだけではありません。品質管理の仕事は、食品や医療、建設やITなど、さまざまな業界や分野で必要とされている人材です。

品質管理の仕事をする人は、自分の興味や得意な分野を選んだり、異なる業界や分野に挑戦したりすることも可能です。

このように、品質管理の仕事をする人は、自分の活躍の場を広げることができるでしょう。

3.イノベーションに貢献できること 

品質管理の仕事は、製品やサービスの品質を向上させることで、イノベーションの促進にも貢献します。

品質管理の仕事では、問題点や改善点を見つけ出し、創造性や発想力を発揮して、対策を立案・実施・評価・改善することが求められます。これにより、製品やサービスの性能や機能がよりよくなったり、新しい価値や魅力が生まれたりします。

このように、品質管理の仕事をする人は、自分のアイディアや提案がイノベーションにつながることを感じられるでしょう。

4.自分らしさを発揮できること 

品質管理はルーティンワークとは正反対の仕事で、柔軟な思考力や発想力を発揮して、自分で創意工夫していくタイプの仕事です。そのため、品質管理の仕事では、自分の知識やスキルを活かしたり、独創的なアイディアを出したりすることができます。また、品質管理の仕事では、チームワークも重要です。

このように、品質管理の仕事をする人は、自分の意見や考えを発信したり、他のメンバーと協力したりすることができます。さらに、品質管理の仕事をする人は、自分らしさを発揮しやすい職種とも言えるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理の平均年収と給与をアップさせる方法

品質管理の平均年収は、400万円~700万円程度となっています。会社の規模や業界、経験や役職などによって差がありますが、他職種と同様に、年齢が上がるにつれて年収も段階的に増えていく傾向にあるのが特徴です。

品質管理の年収に影響する要素

品質管理の年収に影響する要素は、以下のようなものがあります。

企業規模

大手企業では月給やボーナスが高く、福利厚生も充実しているため、年収が高くなりやすいのが特徴です。一方、中小企業では月給やボーナスが低く、福利厚生も限られているため、年収が低くなる傾向にあります。

業界

非鉄金属や輸送用機械、半導体、電気・電子などのメーカーは平均より年収が高い傾向にあります。一方、食品や飲料、化粧品、雑貨などのメーカーは、年収がやや低めとなるケースが目立ちます。

経験

品質管理は経験が重要な職種であり、経験年数や実績に応じて年収が上がります。また、品質管理に関する資格や認証を取得することで、専門性や信頼性を高め、年収を上げることが可能です。

役職

品質管理は出世が難しいと言われていますが、管理職やリーダーになることで、責任や権限が増え、年収も上がります。また、品質管理から他部門への異動や転職も、年収を上げる可能性があります。

品質管理の年収を上げる方法

品質管理の年収を上げる方法は、以下のようなものがあります。

資格を取得する

品質管理の年収を上げるには、資格の取得が効果的です。取得できる資格には、次のようなものがあるため、ご自身が活躍する業種に合わせて選ぶようにしましょう。

  • 品質管理検定(QC検定):品質管理の基本的な知識や実践方法を問う資格
  • 信頼性技術者資格認定制度(JCRE):信頼性に関する知識やスキルを問う資格
  • R-Map実践技術者認定制度:リスク評価とリスクアセスメントのスキルを問う資格
  • ソフトウェア品質技術者資格認定制度(JCSQE):ソフトウェア開発における品質事故をなくすことを目的とした資格
  • JSTQBテスト技術者資格認定:エンジニアのテスト技術を向上させ、ソフトウェアの品質を確保することを目的とした資格
  • QCサークル指導士資格認定制度:QCサークルの指導者を育成する資格
  • マネジメントシステム監査員検定:ISO内部監査員のスキルを見極めるための検定

高いモチベーションを維持する

品質管理は責任やストレスが大きい仕事ですが、自分の仕事にやりがいや目標を持ち、高いモチベーションを維持することで、成果を出すことができ、会社にも評価されるでしょう。

出世する

品質管理から管理職やリーダーになることは難しいですが、可能ならば挑戦することで、年収を上げることができます。また、品質管理から他部門への異動や転職も、出世のチャンスです。

技術力・検索力・質問力を鍛える

品質管理は幅広い知識やスキルが求められる仕事です。自分の技術力を高めるだけでなく、必要な情報を効率的に検索したり、適切な質問をしたりすることで、問題解決能力を高めることができます。

給与水準の高い職種・業種に就く

品質管理は給与水準に差がある職種です。自分の適性や希望に合わせて、給与水準の高い職種や業種に就くことで、年収を上げることができます。

豊富な経験を積んで、転職市場での価値を高める

品質管理は経験が重要な職種です。豊富な経験を積んで、自分の価値を高めることで、転職市場での需要が高まり、年収を上げることができます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理でキャリアアップをする方法

品質管理のキャリアパスは、一般的にはジョブローテーションによって他の技術系職種を経験していくという流れがあります。具体的な職種としては、技術管理や技術開発、生産管理、生産技術、品質保証といった部門が挙げられるでしょう。

品質管理として製造工程全体を見渡した経験やスキルは、他の仕事を手掛ける際にも非常に役立つものです。そこで、順当にキャリアを積んでいけば、チームリーダーやマネージャーといった管理職に昇進していくことも可能です。管理職になると、部下の教育や計数管理といったデスクワークが主体となり、工場で実務を手掛ける機会は徐々に減っていきます。

品質管理のキャリアアップに必要な資格やスキル 

品質管理のキャリアアップに必要な資格やスキルは、以下のようなものがあります。

品質管理技術者や品質管理検定などの品質管理に関する資格

これらの資格は、品質管理の基礎知識や手法を証明するもので、就職や転職の際に有利になることがあります。

QC7つ道具やSQCなどの品質管理の手法

これらの手法は、数値データを集計・分析・改善するために用いられるツール群で、品質管理の実務に欠かせません。これらの手法を使いこなし、数字が意味している内容を見抜くためには、豊富な実務経験はもちろん、統計学に精通しているなど「数字に強いこと」が重要となります。

英語や中国語、スペイン語などの語学力

近年のメーカーは、生産拠点を海外に移転させるケースが非常に増えています。そこで、語学力を磨いておくことも、これからの品質管理担当者には非常に重要と言えるでしょう。

品質管理に向いている人の特徴

最後に、品質管理に向いている人の特徴について解説します。

品質管理に向いている人は、次のような人です。

リスクマネジメントスキルの高い人

品質管理では、不良品や不合格品の発生率や原因を分析し、再発防止やコスト削減などの対策を立案・実施・評価・改善することが必要です。そこで、リスクマネジメントのスキルが高い人が向いています。

細かいことに気づける人

品質管理では、製品やサービスの品質を測定するために、さまざまな基準や規格、指標、方法、ツールなどを用いて、細かくチェックする必要があります。そのため、品質管理には注意力や観察力が重要です。

コミュニケーション能力の高い人

品質管理では、製造現場や研究開発部門、品質管理部門や経営企画部門、取引先や外部機関など、さまざまな関係者と協力し、情報や意見を共有することが必要です。そのため、コミュニケーション能力の高い人は、品質管理に向いていると言えるでしょう。

学習意欲のある人

品質管理では、変化する環境や新たな技術に対応するために、常に最新の知識や方法を学び、品質向上や問題解決に取り組むことが必要です。そこで、常に学ぶことが好きな、学習意欲の高い人は、品質管理に向いていると言えます。

正義感や倫理観の強い人

品質管理では、品質を維持し、安全性や信頼性を守るために努力することが求められます。そのため、品質管理には、強い正義感や倫理観が必要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理のやりがいと楽しさのまとめ

このように、品質管理は、顧客や社会のために品質の高い製品やサービスを提供することで、信頼や感謝を得られる仕事です。このように、自分の仕事の成果が目に見える形で表れるため、達成感や効果を感じやすく、やりがいのある仕事と言えるでしょう。

また、品質管理は、創意工夫やチームワークが求められることで、自分の知識やスキルを活かしたり、発想力を発揮したりできる、楽しさの多い仕事でもあります。

ただし、品質管理の仕事に就く際は、ご自分に合っている職種を見極める分析を行い、その職種ごとの特徴や仕事内容をしっかりと理解してから就職や転職活動を行うことが重要です。

そこで、ビーバーズのような、製造業に特化した転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めることで、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

ビーバーズでは、求職者の方々の自己分析のサポートをしながら、あなたに合った転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

建築士はやめとけって本当?残業200時間超や難関資格、年収の現実を解説

建築士の資格を取得し、建物や街並みをデザインすることは、創造性や社会貢献性の高い仕事です。そのため、建築士に憧れを持つ方も多いことでしょう。

しかし、建築士になるためには、厳しい試験に合格しなければなりません。また、建築士になっても、残業が多くて休みが少ない、年収が低い、仕事にやりがいを感じられないといった悩みを抱える人も少なくありません。

そんな建築士の現状について、ネット上では「建築士はやめとけ」という声を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、建築士の仕事はやめとけという噂が本当なのかどうかについて、残業200時間超と言われる現実や資格の難易度、平均年収などの視点から幅広く解説します。

これから建築士を目指す方はもちろん、すでに建築士として活躍中の方も、ぜひ参考にしてください。

建築士はやめとけと言われる理由

Professional architect working with draft in office

建築士は建物や構造物の設計や監督などを行う専門家で、資格の難易度とともに収入も高いというイメージのある職種ですが、その仕事には大変な面もあります。そのため、建築士の仕事が「やめとけ」と言われることもあるようです。

その理由には、以下のようなものがあります。

残業が多くて激務だから

建築プロジェクトは納期が厳しく、デッドラインに追われることが多い仕事です。そのため残業が多くなりがちで、ある企業では労働時間が200時間を超えるケースもあり、体力や精神の面で負担が大きいのが特徴です。

ただし、タイトルにもあるような、残業が200時間を超えると言うような職場はまずあり得ません。特に、近年は建築関係の労働環境の改善に取り組む企業が多くなっています。

建築士は、残業時間が多い職種ではありますが、60〜80時間/が現実的な目安です。また、2024年4月からは、残業時間を45時間/月以内に収めないといけない法律が施行されるため、さらなる改善が見込まれます。

労働時間が長いわりに給料が低い

建築士の給料は企業やプロジェクトによって異なりますが、一般的には労働時間の割には低いと言われています。特に新人や若手の建築士は、安い給料で働かされることが多い傾向にあるため、そのように感じる方も多いことでしょう。

人間関係に悩む

建築士は、社内の人だけでなく、顧客や現場のスタッフなどのさまざまな人と関わる必要があります。そのため、コミュニケーションや交渉のスキルが求められますが、それが苦手な人は人間関係に悩むことが多い仕事と言えるかもしれません。

日々勉強し続ける必要がある

建築業界は技術や法令、トレンドなどが常に変化しています。そのため、建築士は最新の知識やスキルを身につけるために、日々勉強し続ける必要があります。

このように、実際の実務以外にも勉強などの時間や労力を割く必要があるため、非常にハードに感じる方も多いでしょう。

建築士は勝ち組?負け組?資格を取得するメリット

man, person, working

建築士の資格には一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類がありますが、

ここでは一級建築士の資格を中心に解説します。

一級建築士は、建築物の規模や構造に制限がなく、どんな建物でも設計できる資格です。

一級建築士の資格を取得するには、大学や専門学校で指定科目を履修して卒業し、国家試験に合格する必要があります。

なお、国家試験は非常に難易度が高く、合格率は約10%程度です。

一級建築士の資格を取得するメリット

一級建築士の資格を取得するメリットは、以下のようなものがあります。

社会的信用が高くなる

一級建築士は、建築物の安全性や美しさを担保する重要な役割を持ちます。そのため、同業者や施主からの信頼度も高くなる高度な資格です。

ただし、一級建築士は建築士法で定められた義務や責任を負うため、建築士としての倫理観や専門性を高める必要があります。

昇給や昇格につながる

一級建築士は、建築業界で幅広く活躍できる資格です。そのため、建築士事務所や建設会社などで働く場合には、給料や待遇がよくなる可能性があります。

また、難関資格である一級建築士は、さらなるスキルアップやキャリアアップを目指すことも可能です。

就職や転職で有利になる

一級建築士は、建築物の新築や改修に関わることができる資格です。そのため、建築業界での就職や転職に有利になります。

さらに、一級建築士は自ら設計事務所を開業することができる資格です。そのため、独立開業を目指すこともできます。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建築士の平均年収

Calculator application on mobile phone screen on white surface near crop anonymous person holding pile of dollars

建築士の平均年収は、資格や経験、勤務先などによって大きく変わりますが、一般的に、一級建築士が最も高く、二級建築士、木造建築士の順に低くなります。

厚生労働省の調査によると、令和4年度の建築士を含む建築技術者の平均年収は約620万円でした。一級建築士の平均年収は約700万円、二級建築士の平均年収は約500万円といわれています。

建築士の年収は、年齢が上がるとともに上がりますが、ピークは50代で、60代以降は下がり始める傾向があります。

また、勤務先の規模が大きいほど、年収も高くなることが多いのも特徴です。一方、独立して自分の事務所を開くことも可能ですが、高収入に期待ができる反面、収入は不安定になりますので経営センスやリスク管理が必要となります。

建築士の年収を上げるためには、一級建築士の資格を取得することや、実力や実績を高めることが有効です。また、働き方やキャリアプランを見直すことも重要です。

建築士は、建物の設計や工事の監理を行う国家資格を持った専門家であり、社会的にも高い評価を受けていますが、建築士の需要は、経済や社会の動向に影響されやすく、不況や災害などによって減少する可能性もあります。

建築士の魅力とやりがい

建築士の魅力は、自分のアイデアやセンスを建物に反映させることができる点です。

建築士は、顧客の要望や予算、法律などの条件を満たしながら、デザイン性と機能性を兼ね備えた建物を設計します。建築物には、住宅やオフィス、学校や病院、商業施設や公共施設など、さまざまな用途や規模のものが含まれます。

そのため、建築士は、常に新しい知識や技術を学び、創造力を発揮できる仕事です。

このように、建築士は、自分の設計した建物が多くの人に利用され、喜ばれることで、社会に貢献していると実感できるでしょう。

建築士のやりがいは、自分の設計した建物が実際に完成することです。

建築士は、図面に描いたイメージを現実の形にするために、工事現場で職人や業者と協力して作業を進めます。建築物の完成には、数ヶ月から数年という長い時間がかかりますが、その間にさまざまな困難や問題に直面することもあります。

しかし、それらを乗り越えて、無事に建物が完成したときには、大きな達成感や感動を味わうことができるでしょう。

建築物は、何十年という長い期間にわたって、その土地に残り続けます。自分の作品が後世に受け継がれることは、建築士にとって最高の喜びです。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建築士の将来性

建築士の将来性については、高いと言えるでしょう。

建築士は建物の設計や工事監理など、人々の暮らしや社会に影響を与える重要な仕事です。建築士の数は減少傾向にありますが、建物の老朽化や新規の建設などにより、建築士の需要は高まっています。また、AIや3Dプリンターなどの技術の発展により、建築士の業務の一部は代替される可能性がありますが、人間の創造性や判断力、コミュニケーション能力などはAIには不可能なことも多く、建築士にしかできないことがまだまだあります。また、AIとの共存も可能で、建築士がよりクリエイティブな仕事に専念できるようになるでしょう。

このように、建築士の需要は今後も高い傾向が続くと予想されます。建築士は、高齢化や環境問題への対応、街や都市の再建、災害時の減災など、社会のニーズの多様化によって活躍する場が広がっています。

今後は、住宅などの建築物に限らず、街や都市全体を造る役割として建築士の社会貢献がいっそう期待されている職種です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建築士に向いている人の特徴

woman, silhouette, quality

建築士に向いている人の特徴としては、以下のようなものがあります。

建築が好きな人

建築士は、建物の設計や工事管理を行う仕事です。そのため、そもそも建築に興味や情熱がないと、仕事が楽しくないでしょう。

建築物を見るのが好きだったり、建築雑誌や書籍を読んだりする人は、建築士に向いています。

ものづくりが好きな人

建築士は、自分の設計した建物が実際に形になることで、やりがいや達成感を得られます。そこで、ものづくりが好きな人は、建築士の仕事にも熱中できるでしょう。

また、手先が器用だったり、工作やDIYが好きだったりする人も、建築士に向いています。

想像力がある人

建築士は、建物の間取りや形状、構造や設備、デザインなどを図面に落とし込む仕事です。そして、施主(建物の依頼者)の要望や予算、用途、法令などを考慮しながら、安全で快適な建物を提案します。

そのため、想像力がある人は、建築士の仕事にも創造性を発揮できるでしょう。また、本を読んだり、映画を見たりすることで、想像力を養うことができます。

デザインが好きな人

建築士は、建物のデザインにも関わります。それは、建物の外観や内装、色や素材などを決める工程です。

そのため、デザインが好きな人は、建築士の仕事にもセンスを発揮できるでしょう。美術やデザインに関する知識や技術を身につけることで、デザイン力を磨くことができます。

流行に敏感な人

建築士は、建築の流行や最新の技術にも関心を持つ必要があります。建築士は、時代に合った建物を提案する必要があるからです。

そのため、流行に敏感な人は、建築士の仕事にも柔軟性を持てるでしょう。建築雑誌やウェブサイトなどをチェックすることで、流行に敏感になることができます。

体力がある人

建築士は、現場に出向いて工事の進捗や品質をチェックすることがあるため、長時間の立ち仕事や移動が多くなるケースもあります。

そのため、体力がある人は、建築士の仕事に向いています。また、運動や睡眠などで、体力を維持する努力も大切です。

視野が広い人

建築士は、建築設計だけでなく、構造や設備、工事や法律などにも配慮しなければなりません。

そのため、建築士には、建物全体を俯瞰して考える必要があります。そこで、視野が広い人が、建築士の仕事にも論理性やバランス感覚を持てるために向いています。また、さまざまな分野に関心を持つことで、視野を広げることが可能です。

責任感がある人

建築士は、建物の安全性や法令遵守などに関する社会的責任が大きい仕事です。建築士のミスや不正は、人命や財産に大きな影響を及ぼすことがあるため、常に正確で確実な仕事が求められます。

そのため、正確で確実な仕事ができる、責任感がある人が、建築士に向いています。また、自分の仕事に誇りを持つことで、責任感を高めることが可能です。

ルールを守れる人

建築士は、建築基準法や都市計画法などの法律に則った設計をしなければなりません。

そのため、建築士は、法律の知識や最新の情報を常に更新しておく必要があります。ルールを守れる人は、建築士の仕事においても、信頼性や安心感を確保できるでしょう。

また、法律の勉強や研修などで、ルールを守ることの重要性を学ぶことが可能です。

人を喜ばせたい人

建築士は、施主の夢や希望を叶える仕事であるため、施主の要望に応えるだけでなく、それ以上の価値を提供できる人が向いています。

そのため、人を喜ばせたい人は、建築士の仕事にもやりがいや感動を得られるでしょう。また、施主とのコミュニケーションやプレゼンテーションなどで、人を喜ばせることのスキルを磨くことができます。

細部に注意できる人

建築士は、建物の設計や工事監理を行う仕事です。そのため、図面や現場の細かい部分にも目を配る必要があります。

細部に注意できる人は、建築士の仕事にも正確さや丁寧さを持てるでしょう。また、細部に注意することで、ミスやトラブルを防ぐこともできます。

柔軟な対応ができる人

建築士は、施主や業者、職人などと協力して仕事を進める必要があります。そのため、建築士は、さまざまな人や状況に対応できる柔軟性が求められます。

柔軟な対応ができる人は、建築士の仕事にも臨機応変さや協調性を持てるでしょう。また、柔軟な対応をすることで、信頼関係や円滑なコミュニケーションを築くこともできます。

コミュニケーション能力が高い人

建築士は、施主の要望や予算、用途などをヒアリングし、自分の設計案をプレゼンテーションする必要があります。そのため、建築士は、相手の気持ちや考えを理解し、自分の考えを伝えるコミュニケーション能力が必要です。

コミュニケーション能力が高い人は、建築士の仕事にも説得力や表現力を持てるでしょう。また、コミュニケーション能力を高めることで、人間関係や仕事の質を向上させることもできます。

このように、建築士の仕事に向いている人は、さまざまな特徴や努力する能力のある人です。逆に言うと、これだけ多くの能力が求められる仕事でもあると言えるでしょう。

そのため、人が好きで、といことん努力できる人が、建築士に向いている人と言えます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建築士がやめとけと言われる理由のまとめ

上記のように、建築士の仕事をやめとけと言われる理由は、難関資格を取得する必要がある上にハードな仕事で、責任も重いからです。

しかし、記事内にあるように、建築士の仕事は今後も高い需要が見込まれる仕事で、収入も高水準です。そのため、建築士の仕事が好きで、とことん建築の仕事を極めたいとおかんがの方には、おすすめしたい資格と仕事でもあります。

ただ、建築士の資格を取得したら、ご自身が活躍したい職場をしっかりと選んで就職や転職活動を行うことが重要です。

そこで、建築士で活躍したいをお考えの方は、建築の仕事を専門に扱う「ビーバーズ」のサポートを受けながら就職や転職活動を進めるのがおすすめです。

ビーバーズの経験豊富なキャリアコンサルタントに無料相談することで、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングを通して自分の向いている仕事や潜在能力に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職先を提案いたします。まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

建築士の年収は低いのか?資格の種類や平均年収、収入アップの方法も解説

建築士は建物の設計や監理を行う専門家で、建築士になるためには、難関資格の1つと言われる建築士の国家試験に合格しなければなりません。しかし、難しい試験に合格しなければならない割に、建築士の年収が低いという方もおられます。

ただし、建築士の年収は、資格の種類や勤務先、経験年数などによって大きく変わるのが現実です。そのため、高年収を期待するには、一級建築士の資格を取得するのがおすすめです。また、建築士としてのスキルや知識を活かして、さまざまな収入アップを目指す方法もあります。

そこで今回は、建築士の年収は低いのかについて、資格の種類ごとの平均年収や、収入アップの方法を詳しく解説します。これから建築士を目指す方はもちろん、すでに資格をお持ちの方も、ぜひ参考にしてください。

建築士の年収は低い?高い?イメージと実態のギャップについて

floor plan, construction, building

 建築士の年収は、資格の種類や勤務先、経験などによって大きく変わるのが特徴です。

一般的には、一級建築士のほうが二級建築士や木造建築士よりも年収が高いと言われています。また、企業規模が大きいほど年収も高くなる傾向があります。男女の年収差については、比較的小さいものの、女性のほうが少し低いのが現実です。

建築士の年収に対するイメージと実態のギャップは、以下のようなものがあります。

  • 建築士は国家資格であるため、安定した職業というイメージがありますが、実際には建築業界は景気や社会の動向に左右されやすく、不況や災害などによって仕事量や収入が減る可能性があります。
  • 建築士は設計や監理などの専門的な仕事をするため、高収入というイメージがありますが、実際には建築士の年収は実力主義で個人差が大きく、能力や実績、人脈などによって大きく変わります。
  • 建築士は独立して自分の事務所を開くことができるため、自由度が高く収入も増えるというイメージがありますが、実際に独立するには一級建築士の資格が必要であり、事務所経営には多くのリスクと責任が伴います。

建築士の年収は、一概に高いとは言えませんが、自分の能力や価値に見合った年収を得られるように努力することが大切です。建築士の年収を上げるためには、一級建築士の資格を取得することや、独立して自分の事務所を開くことなどが有効な方法といえるでしょう。

建築士の平均年収を資格レベルや年齢、性別ごとに比較

以下では、建築士の平均年収を資格レベルや年齢、性別ごとに比較します。

資格レベルごとの比較

建築士の資格レベルごとの比較では、一級建築士の平均年収が約700万円、二級建築士の平均年収は約500万円といわれています。また、木造建築士の平均年収は公表されていないものの、二級建築士よりも低い水準にあると考えられます。

企業規模別の比較

企業規模別で建築士の年収を比較すると、勤務先の規模が大きいほど、年収も高くなる傾向があります。

企業規模別の建築士の平均年収は以下のとおりです。

企業の規模(従業員数) 平均年収 ボーナス
10〜99人 544.4万円 982,500円
100〜999人 646.3万円 1,336,100円
1,000人以上 721.0万円 1,746,400円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

上記のように、10〜99人規模の事業所に勤める建築士の平均年収は約544万円で、100〜999人規模では約646万円、1,000人以上の規模では約721万円となっており、10人以上規模の事業所平均は約620万円です。

また、年収が高くなる要因の1つには、ボーナスの支給額の差があると考えられます。

上記のように、10〜99人の従業員を抱える会社と1,000人以上の従業員を抱える会社では、支給されるボーナスの金額差が763,900円もあることがわかります。

さらに、規模が大きい会社に勤めることで、福利厚生の充実や、ワークライフバランスの取れた働き方をしながら、高い年収を受け取ることに期待できるでしょう。

年齢別の比較

下記の表とグラフから、建築士の年収は、年齢が上昇するにつれて上がっていることがわかります。ただし、60歳を超えると、年収が減少しているのも特徴です。

年齢 平均年収
〜19歳 275.9万円
20〜24歳 360.9万円
25〜29歳 479.4万円
30〜34歳 599.9万円
35〜39歳 676.1万円
40〜44歳 710.9万円
45〜49歳 726.9万円
50〜54歳 774.8万円
55〜59歳 777.4万円
60〜4歳 600.4万円
65〜69歳 527.7万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

出典:厚生労働省 職業提供サイトjobtagより

上記のように、年収が最も高い世代は、55歳〜59歳の約777万円です。また、全年代の平均年収は620万円となっています。

男女別の比較

建築士の年収は、他の業界ほど大きくなありませんが、男性のほうが女性よりも高い傾向です。

実際に、男性の平均年収は約664万円で、女性の平均年収は約498万円となっています。

この差は、男性のほうが一級建築士の割合が高いことや、男性のほうが管理職に就く機会が多いことなどが影響していると考えられます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建築士の資格の種類と年収の関係

次に、建築士の資格の種類と年収の関係について解説します。

建築士の資格3種類の特徴と受験資格

建築士の資格は、建築物の設計や工事監理を行うために必要な国家資格です。

建築士には、木造建築士、二級建築士、一級建築士の3種類があります。以下では、それぞれの資格の特徴や受験資格を解説します。

木造建築士の特徴と受験資格

木造建築士は、2階までの木造建築物(高さ13m以下かつ軒高9m以下)で延べ面積300㎡以下の設計ができる資格です。

受験資格は、建築学科を卒業した人や、建築設備士などの関連資格を持つ人などです。

二級建築士の特徴と受験資格

二級建築士は、一定の規模以下の一般建築物(学校や病院など特定の目的以外の建築物)の設計や工事監理ができる資格です。

受験資格は、建築学科を卒業した人や、7年以上の実務経験がある人などです。

一級建築士の特徴と受験資格

一級建築士は、すべての建築物の設計や工事監理ができる資格です。

受験資格は、建築学科を卒業した人や、二級建築士や建築設備士などの関連資格を持つ人などです。

一級建築士の年収が二級建築士よりも高い理由

一級建築士は二級建築士よりも年収が高いと言われています。これは、一級建築士のほうが資格の難易度が高く、扱える建物の規模や種類が多いためです。

一級建築士の試験は、学科試験と製図試験の2つからなり、合格率は約10%程度です。一方、二級建築士の試験は、学科試験と製図試験の2つからなり、合格率は約20%程度となっています。

一級建築士は、どんな建物でも設計や工事監理ができます。一方、二級建築士は、一定の規模以下の一般建築物しか設計や工事監理ができません。そのため、一級建築士のほうが仕事の幅が広く、需要も高いと言えます。

一級建築士になる方法

一級建築士になるには、まず受験資格を取得する必要があります。

受験資格は、以下のいずれかに該当する場合に取得できます。

  • 建築学科を卒業した人
  • 二級建築士や建築設備士などの関連資格を持つ人
  • 外国の建築学科を卒業した人(国土交通省が認めた場合)
  • 建築設計で7年以上の実務経験がある人

受験資格を取得したら、試験に挑戦します。試験は、学科試験と製図試験の2つからなります。

学科試験は、建築法規、建築構造、建築設備、建築計画の4科目からなり、各科目に出題される問題数は20問です。

各科目の合格点は12点で、全科目合計で50点以上で合格となります。

製図試験は、意匠、構造、設備の3科目からなり、各科目に出題される課題は1つです。各科目の合格点は60点で、全科目合計で200点以上で合格となります。

試験に合格したら、登録手続きを行います。登録手続きは、都道府県知事に申請し、登録料を納付することで完了します。

なお、登録料については、公益社団法人 日本建築士会連合会のWebサイトをご参照ください。

建築士の年収を左右する主な要因3つ

man in purple suit jacket using laptop computer

次に、建築士の年収を左右する要因について解説します。

建築士の年収は、次の3つの要因で大きく左右されます。

  1. 建築士個人の能力や実績、人脈など
  2. 建築士の勤務先や業界
  3. 建築士の働き方

それぞれ解説します。

1.建築士個人の能力や実績、人脈など

建築士の年収は資格や経験だけでなく、能力や実績、人脈などによって大きく変わります。

建築士は、建物の設計や工事監理という専門的な仕事をするため、自分のスキルや知識を高めることが重要です。また、建物の設計や工事監理は、依頼者や現場スタッフとのコミュニケーションが必要なため、人間関係や人脈も年収に影響します。

建築士の年収は、自分の能力や価値に見合った年収を得られるように努力することが大切です。能力や価値を高めるためには、一級建築士の資格を取得することや、独立して自分の事務所を開くことなどが有効な方法といえるでしょう。また、自分の得意分野や特色を見つけて、それをアピールすることも重要です。

2.建築士の勤務先や業界

建築士の年収は勤務先や業界によっても異なりますが、一般的に企業規模が大きいほど年収も高くなる傾向があります。業界別では設計事務所やゼネコンなどの建設業界が高く、ハウスメーカーや工務店などの住宅業界が低いと言われています。

また、建築士の年収は勤務先や業界によっても変わるため、自分の希望や適性に合ったところを選ぶことが大切です。勤務先や業界によっては、年収以外にも福利厚生やボーナス、昇給や昇進のチャンスなどが異なることもあります。

そのため、年収だけでなく、総合的な待遇や働きやすさなども考慮することが重要です。

3.建築士の働き方

建築士の年収は働き方によっても変わりますが、一般的に管理職や独立開業などが、年収の高い働き方と言われています。

管理職は、部下やプロジェクトの管理を行うため、責任や権限が大きくなるのが特徴です。一方、独立開業は、自分の事務所を開いて、自分の好きな仕事をすることが可能です。

しかし、管理職や独立開業には、メリットだけでなくデメリットもあります。管理職は、部下やプロジェクトの管理を行うため、責任やプレッシャーが大きくなります。また、独立開業では、自分の事務所を開くための資金や人材、顧客などの確保が必要です。

管理職や独立開業は、仕事量や時間が多くなり、ワークライフバランスが崩れる可能性もあるため、注意が必要です。

このように、建築士の年収は働き方によっても変わるため、自分の目標やライフスタイルに合った働き方を選ぶことが大切です。また、働き方によっては、年収以外にも自己実現ややりがいなどのメリットが得られることもあるでしょう。

そのため、年収だけでなく、働き方のメリットとデメリットを総合的に判断することが重要です。

建築士の年収を上げる方法5つ

建築士の年収を上げる方法としては、以下のようなものがあります。

  1. 一級建築士の資格を取得する
  2. 規模の大きい会社に就職する
  3. 転職して多様なスキルと経験を積む
  4. 独立する
  5. 転職エージェントを活用する

それぞれ解説します。

1.級建築士の資格を取得する

一級建築士は、二級建築士よりも高い技術力や知識を持ち、どんな規模や用途の建築物でも設計や監理ができる資格です。そのため、一級建築士の平均年収は約700万円と、二級建築士の平均年収約500万円よりも約200万円高い水準となっています。

一級建築士の資格を取得することで、建築業界での信頼や評価が高まり、昇給や昇進のチャンスが増えるでしょう。

2.規模の大きい会社に就職する

前述したように、建築士の年収は、会社の規模や業種によって大きく変わります。一般的に、大手のゼネコンや設計事務所などは、小規模な会社よりも年収が高い傾向があります。

また、大手の会社では、規模の大きな案件や多様な案件に携わることができ、より多くのスキルや経験を積むことが可能です。さらに、大手の会社の方が福利厚生やボーナスなどの待遇も充実していることが多いため、おすすめです。

3.転職して多様なスキルと経験を積む

建築士の年収は、スキルや経験によっても大きく変わるのが特徴です。そのため、転職を行うことで、自分のスキルや経験に見合った年収を得ることができるでしょう。

転職を行うことで、多くの企業で多様なスキルを身につけ、多くの経験を積むことができます。また、転職を行うことで、自分のやりたい仕事ややりがいのある仕事に出会えるチャンスが増えるのもメリットです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

4.独立する

建築士の年収を最も高くする方法は、独立して自分の事務所を開くことです。

独立することで、自分の好きな仕事や自分の得意な仕事に専念することができ、自分の作品に対する責任や自信も高まるでしょう。また、独立することで、自分のクライアントと直接やりとりすることができるため、クライアントと深い信頼関係を築くことも可能です。

さらに、独立することで、自分の働き方や収入を自由に決めることができるのもメリットと言えるでしょう。

ただし、独立するには、一定の資金や人脈、実績が必要です。また、独立すると、経営や営業などの業務も自分で行わなければならないため、負担やリスクも大きくなります。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

5.転職エージェントを活用する

建築士の年収を上げるためには、自分のスキルや経験を高めることはもちろん、自分の価値を正しくアピールすることも重要です。そのためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。 

転職エージェントでは、建築士の年収相場や市場動向などの情報を提供してくれたり、自分に合った求人を紹介してくれたりします。また、無料で履歴書や面接などの転職活動のサポートも受けることも可能です。

建築士の平均年収と上げる方法のまとめ

このように、建築士の年収については、資格の難易度の高さの割に低いというイメージをお持ちの方も居られたのではないでしょうか。しかし、実際には、年収1,000万円以上、中には3,000万円や一億円以上稼ぐ建築士も居られます。

そこで、建築士は、自分の能力や価値に見合った年収を得られるように努力することが大切です。

建築士として高収入を得たい場合には、建築の仕事を専門に扱う転職エージェントの1つである「ビーバーズ」のサポートを受けながら、転職や就職活動を進めるのがおすすめです。

ビーバーズの経験豊富なキャリアコンサルタントに無料相談することで、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングを通して自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職先を提案いたします。まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

一級建築士は年収3000万も可能?平均年収や転職・独立で収入アップする方法も解説

一級建築士は、高度な専門知識や技術を持ち、建築物の設計や監理を行うプロフェッショナルです。

一級建築士は、国家資格の中でも難易度が高く、合格率は約10%程度と言われています。そのため、一級建築士になると、高い社会的地位や収入を得られると思われがちです。

しかし、一級建築士の現実は、必ずしもそうとは限りません。実は、一級建築士の平均年収は約700万円と、他の難関国家資格と比べて低い水準にあるのです。

また、一級建築士の仕事は、長時間労働や低報酬、クライアントとのトラブルなど、ストレスが多いという声も聞かれます。

では、一級建築士が、年収3,000万円を超えたり、大幅に給与アップさせるには、どうすればよいのでしょうか。それは、転職や独立です。一級建築士は、自分のスキルや経験を活かして、より高い待遇ややりがいのある仕事にチャレンジすることも可能です。

そこで今回は、一級建築士は年収3000万も可能かや、平均年収や転職・独立で収入アップする方法を詳しく解説します。これから建築士を目指す方はもちろん、建築士でキャリアチェンジをお考えの方も、ぜひ参考にしてください。

一級建築士とは?資格の難易度やメリットを解説

Crop estate agent working with computer in office

一級建築士とは、建築物の設計や施工に関する専門的な知識と技術を有する国家資格です。一級建築士は、建築士の中でも最高位の資格であり、どんな規模や用途の建築物でも対応できます。

一級建築士の資格の難易度は非常に高く、毎年約10%程度の合格率しかありません。

試験内容は、学科試験と設計製図試験の2部構成となっており、それぞれが異なる難易度を持っています。また、一般的に一級建築士の合格には、700〜1,500時間もの勉強時間が必要とされています。

一級建築士の資格のメリットは、建築物の設計や施工に関する業務を行うことができることや、建築士法に基づく建築士登録制度において、建築士の中で最も高い地位を得ることができることです。また、一級建築士の平均年収は約700万円と、建築士の中でも高い水準にあります。一級建築士の資格があれば、建築設計事務所やゼネコンを含めた建設会社、官公庁などで活躍することも可能です。

一級建築士の平均年収はいくら?年代別・性別別・地域別・業種別のデータを紹介

一級建築士の平均年収は、全国平均で約700万円程度となっています。ただし、年収は地域や業種、経験年数などによって大きく差があります。一般的に、大手企業や独立開業した場合は、年収が高くなる傾向があります

そこで以下では、年齢や性別、業種別のデータを紹介します。

一級建築士の年齢別の平均年収

年齢 平均年収
25~29歳 445万円
30~34歳 530万円
35~39歳 600万円
40~44歳 660万円
45~49歳 720万円
50~54歳 750万円
55~59歳 777万円

引用:厚生労働省 令和4年賃金構造基本統計調査より

一級建築士の性別ごとの平均年収

性別 平均年収
男性 653.5万円
女性 560.9万円

引用:厚生労働省 令和4年賃金構造基本統計調査より

一級建築士の業種別の平均年収

業種 平均年収
ゼネコン 800万円
設計事務所 600万円
ハウスメーカー 500万円
独立開業 1,000万円以上(成功次第)

引用:主要転職サイトの平均値より算出

上記のように、一級建築士の平均年収は、年齢が高くなるほど高くなるのが特徴です。また、女性よりも男性が高い傾向にあり、大手のゼネコンや独立開業に成功した場合に高くなっていることがわかります。

一級建築士の資格を取得することは、難関資格に見合った収入が期待できるため、大きなメリットがあると言えるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

一級建築士の資格の取得方法と主な仕事内容

一級建築士の資格の取得方法

一級建築士の資格取得の方法は、以下の通りです。

一級建築士の資格を取得するには、まず二級建築士の資格を取得するのが一般的です。

二級建築士試験は、建築に関する科目を40単位以上履修した大学・短大・専門学校の卒業生や、建築に関する実務経験が2年以上ある人が受験できます。

次に、二級建築士としての実務経験を4年以上積む必要があります。実務経験は、建築士事務所や建設会社などで、建築物の設計や工事監理などの業務に携わった期間として認められるものです。

上記をクリアすれば、一級建築士試験を受験して合格する必要があります。

一級建築士試験は、学科試験と製図試験の二段階に分かれている試験方式です。

学科試験は、法規、構造、設備などの出題科目から選択して受験します。一方、製図試験は、意匠、構造、設備の3つの課題から1つを選んで、設計図を描きます。

一級建築士の仕事内容や需要は、以下の通りです。

一級建築士の資格の主な仕事内容

一級建築士の仕事内容は、主に設計と工事監理です。

設計では、建物のデザインや構造や設備を考えるのが仕事です。一方、工事監理では、現場で工事が計画通りに進んでいるかチェックします。また、コンサルティングや都市計画などの業務も、建築士が携わる仕事の1つです。

このように、幅広い業務に対応できる一級建築士は、需要の高い仕事と言えるでしょう。

一級建築士が設計、管理する建築物は、人々の生活に欠かせないものであり、新築やリフォームや解体などの需要も常にあるものです。ただし、建築技術の進歩や法規の変更などに対応するために、専門性の高い一級建築士が求められるのもまた、現実です。

そのため、常に新しい技術や知識を獲得し続けなければならない仕事であるとも言えるでしょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

一級建築士の年収を上げる方法とは?転職や独立のメリットとデメリットも解説

success, gradually, career

前述のように、一級建築士の年収は、勤務先やスキル、経験などによって大きく変わるのが特徴です。

一般的には、大手のゼネコンやハウスメーカーに勤めると年収が高くなる傾向があります。しかし、そういった企業に就職・転職するには、高い専門性や実績が求められます。

一級建築士の年収を上げる方法2つ「転職」と「独立・開業」

一級建築士の年収を上げる方法のひとつは、転職です。転職することで、自分のスキルや経験に見合った報酬を得ることができます。また、自分の希望する働き方やキャリアプランに合った企業を選ぶことができます。

そして、一級建築士の年収を上げる方法のもうひとつは、独立・開業することです。独立・開業することで、自分の好きな仕事やクライアントを選ぶことができます。また、自分のアイデアやセンスを存分に発揮することができるでしょう。

一級建築士が転職するメリットとデメリット

一級建築士が転職するメリットは、以下のとおりです。

応募できる求人数が増えること

一級建築士は、二級建築士では設計できないような大規模な建築物の設計・工事監理ができるため、設計事務所や建設会社、ハウスメーカー、不動産関連会社など、建築に関する仕事に就きたい人にとっては、転職の際に有利になる資格です。

採用されやすくなること

一級建築士の合格率は、例年10%前後と難易度の高い試験です。そのため、一級建築士の資格を持っていることで、建築に関する高度な知識や技術を有していることが証明され、企業からの採用もされやすくなります。

年収アップが期待できること

一級建築士の資格を取得することで、年収アップも期待できます。一級建築士は、二級建築士に比べて約29%収入が高いことがわかっており、転職を機に年収アップできる企業への転職も可能です。

より責任のある仕事に就けること

一級建築士の資格を取得することで、より責任のある仕事に就ける可能性も高まります。一級建築士は、建築物の安全性や品質に関する法律や規制にも精通しているため、よりやりがいのある仕事に就けるチャンスが増えるでしょう。

現場でなめられなくなること

一級建築士を持っていると、現場でなめられなくなる可能性は高くなります。それは、一級建築士は、建築の専門家として認められ、職人や施工会社からの信頼を得やすくなるからです。

一方、一級建築士が転職するデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

転職活動に時間と労力がかかること

一級建築士は、建築業界で高い専門性を持つ資格ですが、異業種への転職はなかなか難しい場合があります。一級建築士の資格を活かせる求人は限られており、自分の希望や適性に合う職場を見つけるのに時間がかかることもあるでしょう。

転職先での仕事や人間関係に不安があること

一級建築士は、建築物の設計や工事監理を行う仕事ですが、異業種への転職では、そのような仕事ができない場合があります。一級建築士としてのスキルや知識が十分に活かせないことや、新しい業界や職種に適応することに苦労することがあるでしょう。

転職回数が多いと評価が下がる可能性があること

一級建築士は、建築業界では高い評価を受ける資格ですが、異業種ではその価値が認められない場合があります。また、転職回数が多いと、仕事に対する責任感や忠誠心がないと見られることがあります。

転職先での待遇や条件が思ったより良くない場合があること

一級建築士は、建築業界では高い待遇や条件を得られる場合がありますが、異業種ではそのような待遇や条件が保証されない場合があります。また、転職先での仕事の内容や量、時間などに対して、自分の希望や能力に見合った待遇や条件が得られないこともあるでしょう。

一級建築士が転職をするために必要なスキルや条件

一級建築士が転職をするために必要なスキルや条件は、転職先によって異なりますが、一般的には以下のようなものが挙げられます。

  • 一級建築士の資格を持っていること
  • 実務経験が豊富であること
  • 設計や施工の実績があること
  • コミュニケーションや提案力があること
  • 最新の建築技術やトレンドに精通していること

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

一級建築士が独立・開業するメリットとデメリット

一級建築士が独立・開業するメリットは以下のとおりです。

自分の仕事に対するやりがいや満足感が向上すること

一級建築士は、建築物の安全性や品質を担保する高い技術力や責任感を持つ資格です。独立すれば、自分のアイデアや創造性を存分に発揮できることが、仕事のやりがいや満足感につながるでしょう。

自分の時間や場所を自由に決められること

一級建築士は、独立すると自分の仕事のスタイルやペースを自由に決めることができます。自分のライフスタイルや家族の事情に合わせて、働く時間や場所を調整できます。

自分の設計方針や業務内容を自分で決められること

一級建築士が独立すると、自分の設計方針や業務内容を自分で決めることができます。自分の得意分野や興味のある分野に特化したり、新しい分野に挑戦したりすることができることも、独立のメリットの一つです。

自分の実力に応じた報酬を得られること

一級建築士は、独立すると自分の実力に応じた報酬を得られます。自分の設計した建築物の品質や評価によって、収入が上がる可能性があります。また、自分で営業やマーケティングを行うことで、仕事の幅や規模を広げることも可能です。

一方、一級建築士が独立・開業するデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

独立には費用やリスクが伴うこと

一級建築士として独立するには、建築士事務所の登録や管理建築士講習などの手続きが必要で、これらには費用がかかります。また、独立後は仕事の受注や集金などの営業活動が必要となりますが、これらに成功するという保証がありません。

このように、仕事がないと収入がなくなるリスクがあります。

営業や経営に関する知識やスキルの必要性があること

一級建築士として独立すると、建築設計スキルだけではなく、営業や経営に関する知識やスキルも必要です。そのため、仕事をとるためには、マーケティングや交渉の方法を学ぶ必要があるでしょう。また、事業を運営するためには、会計や税務、法律などの知識も必要となります。

仕事の安定性や収入の不安定さがあること

一級建築士として独立すると、仕事の安定性や収入の安定性が低くなります。それは、仕事の量や質が、市場の需要や競争状況に左右されるからです。

また、収入は仕事の規模や単価によって変動します。収入が不安定になると、生活や将来の計画に影響が出る可能性があるでしょう。

仕事の責任や負担が増加すること

一級建築士として独立すると、仕事の責任や負担が増加します。それは、独立すると、自分で仕事の全てを管理しなければならないからです。そのため、仕事のスケジュールや品質、安全性などに責任を持たなければなりません。また、仕事が忙しいときは、休日や休憩がとれないこともあるでしょう。

一級建築士が独立をするために必要なスキルや条件

一級建築士が独立をするために必要なスキルや条件は、独立の形態によって異なりますが、一般的には以下のようなものが挙げられます。

  • 一級建築士の資格を持っていること
  • 建築士事務所登録をすること
  • 事務所スペースや運転資金を確保すること
  • ホームページや名刺などの宣伝ツールを作成すること
  • クライアントや協力者との人脈を作ること

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

一級建築士の年収は3000万も可能?成功事例や必要なスキルを紹介

Professional architect working with draft in office

一級建築士で年収3000万は可能か?

 一級建築士の年収は、働く環境や実力によって大きく変わりますが、一般的には平均年収は約700万円程度です。しかし、一級建築士の中には、年収3000万円以上を稼いでいる人もいます。

年収3000万円以上を稼げる一級建築士の特徴

年収3000万円以上を稼げる一級建築士の特徴は、以下のようなものが挙げられます。

  • 外資系企業や大手ゼネコン、大手ハウスメーカーなど、高給取りのイメージが強い企業に就職・転職して役員に昇進している
  • 独立して開業し、指名で設計の依頼を受けるような人気と実力を兼ね備えた建築士になる
  • 一級建築士の資格や知識を活かして、副業やビジネスを展開している

年収3000万円以上を稼いでいる一級建築士の成功事例

 年収3000万円以上を稼いでいる一級建築士の成功事例として、以下のような方々がいます。

外資系コンサルティング会社に勤務する一級建築士

年収は約4000万円で、建築や不動産に関するコンサルティング業務を担当し、国内外の大規模なプロジェクトに携わっている人材です。高い専門性と分析力、コミュニケーション能力が求められます。

大手ゼネコンの役員を務める一級建築士

年収は約5000万円で、設計部門の責任者として話題性のあるような大きな建造物の工事に一貫して携わっている人材です。豊富な経験と実績、リーダーシップが求められます。

個人事務所を開業した一級建築士

年収は約3000万円で、自身の設計した住宅や店舗が雑誌やSNSで話題になり、指名で設計の依頼が殺到している人材です。独自のセンスと提案力、営業力が求められます。

YouTubeやブログで活動する一級建築士

年収は約3000万円で、一級建築士を目指す人や素人向けに、建築の知識や技術をわかりやすく解説している人材です。このような一級建築士は、広告収入やコンテンツ販売で収益を得ています。メディア運営のスキルや情報発信力が求められます。

年収3000万円以上を目指すために必要なスキルやマインドセット

年収3000万円以上を目指すために必要なスキルやマインドセットは、以下のようなものが挙げられます。

一級建築士の資格を取得するだけでなく、実務スキルを身につける

設計だけでなく、施工管理やプロジェクトマネジメントなど、幅広い業務に対応できるようになることが必要です。

市場のニーズやトレンドに敏感になる

自分の得意分野や強みを見つけて、差別化を図る。自分の価値を高めるために、常に学び続けることが必要です。

積極的に人脈を広げる

仕事の依頼や紹介、情報交換などに役立つコネクションを作る必要があります。SNSやメディアなどを活用して、自分の存在感や信頼性を高めましょう。

リスクを恐れない

年収3000万円以上を稼ぐには、安定した給与所得に頼らず、投資や起業などのチャレンジをする必要があります。失敗や挫折にめげず、前向きに対処する能力と行動力が必要です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

一級建築士の年収を3000万円以上にするコツ

一級建築士が年収3000万円以上を稼ぐには、転職や独立時に、専門性の高い転職エージェントを活用するのがおすすめです。

このような、建設に特化した転職エージェントは、一級建築士の市場価値を正しく評価してくれます。

一級建築士の資格は、建築業界で非常に重要なものですが、自分で自分の価値を判断するのは難しいものです。転職エージェントは、一級建築士の需要と供給のバランスや、業界の動向を把握しているため、適正な年収を提示してくれるのがメリットです。

また、特化型の転職エージェントは、一級建築士に合った求人を紹介してくれるため、年収の高い求人に出会う確率が高まります。

さらに、特化型の転職エージェントでは、一級建築士の年収交渉をサポートしてくれるのも大きなメリットです。一級建築士の年収は、転職時の交渉次第で大きく変わることがあるため、これまでの経験やスキルをアピールし、企業と交渉する必要があります。転職エージェントでは、このような交渉を、転職のプロであるキャリアコンサルタントが代行します。転職エージェントは、企業との信頼関係も築いているので、年収アップの可能性が高くなるでしょう。

そこで、一級建築士として年収をアップさせたい場合は、建築の仕事を専門に扱う、「ビーバーズ」のサポートを受けながら転職活動を進めるのがおすすめです。

ビーバーズの経験豊富なキャリアコンサルタントに無料相談することで、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングを通して自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職先を提案いたします。まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

建築士の仕事がAIに奪われる?仕事内容や需要の変化、将来性までを徹底解説

建築士の仕事は、建物の設計や工事監理などの多岐にわたる、人々の暮らしに欠かせないものの1つです。しかし、近年は、AIや3Dプリンターなどの技術の発展により、建築士の仕事に変化が見られます。

AIは、建築士の業務の一部を代行したり、効率化したりすることができます。一方で、建築士にしかできないこともまだまだあるのが現状です。

AIの台頭が建築士にとって脅威なのか、それともチャンスなのかについては、多くの場で議論される課題となっています。そのため、これから建築士を目指す方はもちろん、すでに建築士として活躍されている方の中にも、疑問や不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、建築士の仕事がAIに奪われると言われる噂を検証し、仕事内容や需要の変化、将来性までを徹底解説します。建築士の資格取得を目指す方も、建築士として活躍中の方も、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

建築士とは?資格や仕事内容などを解説

Crop estate agent working with computer in office

建築士とは、建物や構造物を設計・監理する専門家のことです。

建築士に必要な資格

建築士には一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類の資格があり、それぞれの資格に応じて手掛けられる建物の種類や規模が異なります。

建築士の資格を取得するには、建築士法に基づいて実施される建築士試験に合格する必要があります。この資格は、非常に難易度が高いため、建築士になるのは容易ではありません。

建築士の仕事内容

建築士の仕事内容は、主に建物の設計図を描き、工事現場で指揮・監督を行うことです。

また、建築士は、施主の要望や予算、建築基準法や安全性などを考慮して、最適な建物の提案なども行います。

建築士の働き方

建築士は、建築設計事務所、建設会社、ハウスメーカーなどの建築系企業や、地方自治体などの公務員として働くことができます。また、独立して自分の事務所を開業することも可能です。

建築士に必要な能力

建築士は、建物のデザインや構造に関する豊富な知識と技術、創造力や発想力、コミュニケーション能力や管理能力などが求められる職業です。

このように、建築士は、人々の暮らしや社会に影響を与える建物を作り出すことができる、やりがいのある仕事です。

建築士の将来性はある・ないどっち?答えは「ある!」

Professional architect working with draft in office

まず、建築士の将来性については「ある」というのが答えです。以下では、その理由を解説します。

建築士の現状|高齢化と人手不足

上記でも触れましたが、建築士は、建物や街の設計・監理を行う専門家で、資格には一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類があります。

これらを全て合わせた建築士の平均年齢は56.2歳で、50代以上が半数を超えているのが現状です。資格取得の難しさもあり、特に20代や30代の建築士の数は少なく、高齢化が進んでいます。これらの事情から、建築士の有効求人倍率は6.18倍となっており、建設技術者の中で最も高い水準にあります。

このように、建築士は供給不足の状態が続いており、多くの企業から求められている人材です。

建築士の給与水準

建築士の給与水準は、資格の種類や勤務先の規模、個人の実力などによって大きく異なりますが、一般的には全業種の平均を上回る高い水準といえます。

厚生労働省の令和4年度賃金構造基本統計調査によると、建築士の平均年収は約620万円で、平均月収は約41万円、平均ボーナスは約128万円です。

一級建築士の場合は、平均年収は約700万円とさらに高くなります。一級建築士は、戸建て住宅以外の大規模な建築物の設計にも携われるため、需要が高く、収入も高くなる傾向です。

建築士の給与水準は、勤務先の規模にも影響されます。1000人以上の規模の企業に勤める建築士の平均年収は約720万円で、10~99人の規模の企業では約540万円となっています。

大手企業では、資格手当や実績による昇給、昇格による手当の増加などがあるため、高い給与に期待ができるでしょう。

ただし、建築士の仕事は景気に左右されやすいため、その年によって給与水準が変わることがあります。

建築士の仕事内容と求められるスキル

建築士の仕事内容は、建物の設計図を描き、工事現場での監督を行うことです。そのため、建物のデザインや構造、安全性、法律などに関する知識やスキルが必要です。また、CADなどのパソコンスキルや、コミュニケーション能力やプレゼン能力も求められるでしょう。

建築士になるには、一級建築士、二級建築士、木造建築士のいずれかの資格を取得する必要があります。建築士に向いている人は、美的センスがある人、理系が得意な人、正義感がある人などが挙げられます。

建築士の仕事は、建物の夢を形にするやりがいのある仕事ですが、一方で、社会的責任も重い仕事の1つです。

建築士の仕事の変化について

以下では、AIなどの台頭により、建築士の仕事がどう変わるのかについて検証します。ぜひ参考にしてください。

AIの登場で建築士の仕事はどう変わるか

AIは、建築士の仕事を奪うと言われています。しかし、実際のところは、AIが建築士の仕事を支援するという側面が強いと考えられます。

例えば、画像生成AIを使って、建築主の要望を反映したパースを作成したり、構造設計AIを使って、最適な部材や耐震性を検討したりすることが可能です。

また、AIによって、建築士がより高度な設計や問題解決に集中できるようになるでしょう。

なぜなら、AIは人間の感性や感情には及ばないため、建築主とのコミュニケーションやデザインの提案などは、人間の建築士にしかできない仕事だからです。

このように、AIの登場によって、建築士に求められる能力も変化していくことでしょう。そこで、AIの技術を活用できる能力や、新しい設計手法を生み出す能力などが重要となります。

AIとの共存が可能な建築士の強みとは

AIとの共存が可能な建築士には、次のような強みがあると考えられます。

クリエイティビティ

AIは既存のデータやルールに基づいて処理を行いますが、人間の建築士は独創的なアイデアやデザインを生み出すことができます。

そのため、建築主のニーズや地域性などを考慮した、オリジナルな建築物を提案できることが強みとなるでしょう。

コミュニケーション

AIは言語や画像などの情報を処理できますが、人間の建築士は感情や価値観などの非言語的な情報を理解できます。

そのため、建築主や関係者との信頼関係を築き、円滑なコミュニケーションを行えることが強みとなるでしょう。

柔軟性

AIは決められた範囲内での処理には優れていますが、人間の建築士は予期せぬ状況や変化に対応できます。

そのため、現場の状況や建築主の要望の変更などに柔軟に対応できることが強みとなるでしょう。

BIMの導入で建築士の業務効率が向上する

BIMとは、Building Information Modelingの略で、建築物に関する情報を3次元でモデリングする手法です。

BIMを導入することで、建築士の業務効率が向上する理由は以下の通りです。

設計段階での情報共有や検証が容易になるから

BIMを使えば、設計図や施工図だけでなく、コストや管理情報などの属性データも含めた建築物のデータベースを作成できます。これにより、設計者や施工者、建築主などの関係者が同じ情報を共有でき、設計の方向性や検討事項をスムーズに確認できます。

また、BIMを使えば、耐久性や環境性能などのシミュレーションも行え、設計の検証や最適化が容易となるでしょう。

施工段階での工程管理や品質管理が向上するから

BIMを使えば、施工図と現場の状況をリアルタイムで比較でき、工程の進捗や品質の確認が可能です。また、BIMを使えば、部材の発注や在庫管理などの業務も効率化できます。

維持管理段階での情報活用が可能になるから

BIMを使えば、建築物のライフサイクルにわたって情報を蓄積できます。これにより、維持管理段階での点検や修繕などの業務に必要な情報を活用できます。

また、BIMを使えば、建築物の利用状況やエネルギー消費量などのデータも収集でき、建築物の性能や価値の評価に役立てることも可能です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建築士が今後活躍すると予想されるシーンとは?

建築士が今後活躍すると予想されるのは、次のような場所やシーンです。

建物の老朽化や建て替えで建築士の需要が高まる

日本では、高度経済成長期に建てられた建物の老朽化が進んでおり、建て替えや大規模修繕の需要が高まっています。

しかし、建物の解体や新築には、建築士の設計や監理が必要です。特に、一級建築士は建築面積に制限がないため、大型の建物を扱う際に、必ず求められる人材と言えるでしょう。

建物の老朽化や建て替えは、今後も継続的に発生するため、建築士の需要は高いままです。

高齢者や環境に配慮した建築物の設計で建築士の役割が重要になる

日本では、高齢化社会が進んでおり、高齢者や障がい者にとって暮らしやすいバリアフリー設計の需要が増えています。

また、地球温暖化やエネルギー問題に対応するため、環境に優しいエコハウスやソーラーシステムなどの需要も高まっていると言えるでしょう。

これらの建築物の設計には、建築士の知識や感性が必要です。そこで建築士は、社会のニーズに応えるための、新しい技術やアイデアを取り入れることも必要となります。

街や都市全体を造る社会貢献度の高い仕事

建築士は、個々の建物だけでなく、街や都市全体を造ることもできます。例えば、災害に強いまちづくりや、歴史や文化を反映したまちづくりなどです。

建築士は、地域の特性や住民の意見を考慮しながら、快適で魅力的な空間を創造することができる人材であるため、今後はさらに人々の暮らしや社会に貢献することが求められるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建築士の将来性のまとめ

上記のように、建築士の将来性は、これまで通り有望と言えるでしょう。

ただし、記事内にあるように、これまでの働き方とは異なる、より深い考察力やクリエイティブな発想が求められるケースが増えると考えられます。そこで、このような能力を伸ばすことが、建築士としての地位や収入を高めることに繋がるでしょう。

そこで、建築士で活躍したいをお考えの方は、建築の仕事を専門に扱う「ビーバーズ」のサポートを受けながら就職や転職活動を進めるのがおすすめです。

ビーバーズの経験豊富なキャリアコンサルタントに無料相談することで、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングを通して自分の向いている仕事や潜在能力に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職先を提案いたします。まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

建築士に向いてる人の特徴や必要な資格、就職や転職のコツを徹底解説

建築士とは、建築物の設計や工事監理を行う職業の免許を受けた人のことで、建物の設計や監理を行う専門家です。

建築士には一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類の資格がありますが、それぞれの難易度が比較的高く、一級建築士は特に難関資格としても有名です。

そのため、自分に適性があるかを判断してから勉強を開始することをおすすめします。なぜなら、猛勉強の末に資格をとったけど、仕事をしてみたら合わなかったなんてことになったら大変だからです。

そこで今回は、建築士に向いてる人の特徴や必要な資格、就職や転職のコツを徹底解説します。これから建築士を目指す方も、すでに資格をお持ちの方も、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

建築士とは?仕事内容やメリット・デメリットを解説

Professional architect working with draft in office

建築士とは、建物の設計や工事管理を行う国家資格の技術者です。

建築士には一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類があり、それぞれ設計できる建物の種類や規模が異なります。

建築士の仕事内容やメリット・デメリットについて、以下に簡単にまとめてみました。

建築士の仕事内容

建築士の仕事内容は、大きく分けて「設計」と「工事監理」の2つです。

設計とは、建物の間取りや形状、構造や設備、デザインなどを図面に落とし込むことです。建築士は、施主(建物の依頼者)の要望や予算、用途、法令などを考慮しながら、安全で快適な建物を提案します。

工事監理とは、設計図に基づいて建築工事が行われる際に、工事の進捗や品質をチェックすることです。建築士は、現場の作業員や業者に指示を出したり、問題が発生した場合には修正案を考えたりします。

建築士のメリット

建築士のメリットは、自分の設計した建物が実際に形になることで、やりがいや達成感を得られることです。建築士は、人々の暮らしや社会に貢献することができます。

また、建築士は、さまざまな建築系企業や設計事務所、地方自治体などで働くことができます。自分の興味やスキルに合わせて、働き方やキャリアを選択できます。独立して自分の事務所を開くことも可能です。

建築士のデメリット

建築士のデメリットは、建築士試験の難易度が高いことや、仕事の責任が重いことです。

建築士の試験は、一級建築士の合格率が約10%、二級建築士の合格率が25%前後と非常に厳しい試験であるため、長期間の勉強と実務経験が必要です。また、建築士は、建物の安全性や法令遵守などに関する社会的責任が大きい仕事でもあります。

建築士のミスや不正は、人命や財産に大きな影響を及ぼすことがあるため、常に正確で確実な仕事が求められます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建築士に向いている人の特徴13選

Crop estate agent working with computer in office

建築士に向いている人には、次のような特徴があります。

  1. 建築が好きな人
  2. ものづくりが好きな人
  3. 想像力がある人
  4. デザインが好きな人
  5. 流行に敏感な人
  6. 体力がある人
  7. 視野が広い人
  8. 責任感がある人
  9. ルールを守れる人
  10. 人を喜ばせたい人
  11. 臨機応変に行動できる人
  12. 理系科目が嫌いじゃない人
  13. コミュニケーション能力が高い人

それぞれ解説します。

1.建築が好きな人

建築士は、建物の設計や工事管理を行う仕事です。そのため、そもそも建築に興味や情熱がないと、仕事が楽しくないでしょう。

建築物を見るのが好きだったり、建築雑誌や書籍を読んだりする人は、建築士に向いています。

2.ものづくりが好きな人

建築士は、自分の設計した建物が実際に形になることで、やりがいや達成感を得られます。そこで、ものづくりが好きな人は、建築士の仕事にも熱中できるでしょう。

また、手先が器用だったり、工作やDIYが好きだったりする人も、建築士に向いています。

3.想像力がある人

建築士は、建物の間取りや形状、構造や設備、デザインなどを図面に落とし込む仕事です。そして、施主の要望や予算、用途、法令などを考慮しながら、安全で快適な建物を提案します。

そのため、想像力がある人は、建築士の仕事にも創造性を発揮できるでしょう。また、本を読んだり、映画を見たりすることで、想像力を養うことができます。

4.デザインが好きな人

建築士は、建物のデザインにも関わります。それは、建物の外観や内装、色や素材などを決める工程です。

そのため、デザインが好きな人は、建築士の仕事にもセンスを発揮できるでしょう。美術やデザインに関する知識や技術を身につけることで、デザイン力を磨くことができます。

5.流行に敏感な人

建築士は、建築の流行や最新の技術にも関心を持つ必要があります。建築士は、時代に合った建物を提案する必要があるからです。

そのため、流行に敏感な人は、建築士の仕事にも柔軟性を持てるでしょう。建築雑誌やウェブサイトなどをチェックすることで、流行に敏感になることができます。

6.体力がある人

建築士は、現場に出向いて工事の進捗や品質をチェックすることがあるため、長時間の立ち仕事や移動が多くなるケースもあります。

そのため、体力がある人は、建築士の仕事に向いています。また、運動や睡眠などで、体力を維持する努力も大切です。

7.視野が広い人

建築士は、建築設計だけでなく、構造や設備、工事や法律などにも配慮しなければなりません。そのため、建築士には、建物全体を俯瞰して考える必要があります。

そこで、視野が広い人が、建築士の仕事にも論理性やバランス感覚を持てるために向いています。また、さまざまな分野に関心を持つことで、視野を広げることが可能です。

8.責任感がある人

建築士は、建物の安全性や法令遵守などに関する社会的責任が大きい仕事です。建築士のミスや不正は、人命や財産に大きな影響を及ぼすこともあります。

そのため、正確で確実な仕事ができる、責任感がある人が、建築士に向いています。また、自分の仕事に誇りを持つことで、責任感を高めることが可能です。

9.ルールを守れる人

建築士は、建築基準法や都市計画法などの法律に則った設計をしなければなりません。そのため、建築士は、法律の知識や最新の情報を常に更新しておく必要があります。

ルールを守れる人は、建築士の仕事においても、信頼性や安心感を確保できるでしょう。また、法律の勉強や研修などで、ルールを守ることの重要性を学ぶことが可能です。

10.人を喜ばせたい人

建築士は、施主の夢や希望を叶える仕事であるため、施主の要望に応えるだけでなく、それ以上の価値を提供できる人が向いています。そのため、人を喜ばせたい人は、建築士の仕事にもやりがいや感動を得られるでしょう。

施主とのコミュニケーションやアフターフォローなどをしっかりと行うことで、相手を喜ばせることが可能です。

11.臨機応変に行動できる人

建築士は、設計や工事の過程でさまざまな問題に直面することがあります。そこで、何らかの問題が発生した場合には、迅速に対処する必要があります。

そのため、臨機応変に行動できる人は、建築士の仕事にも向いています。また、問題解決のスキルや経験を積むことで、臨機応変に行動できるようになるでしょう。

12.理系科目が得意な人

建築士の仕事には、建物の構造や強度、設備や材料などについての計算や分析があります。そのため、物理や化学、数学などの理系科目の知識が必要です。

そのため、理系科目が得意、または好きな人が、建築士の仕事に向いています。また、理系科目の勉強や研究などで、理系の知識を深めることが可能です。

13.コミュニケーション能力が高い人

建築士は、施主や業者、職人などと協力して仕事を進めるため、コミュニケーション能力が高いと仕事の効率や品質が向上します。また、コミュニケーション能力が高いと、相手の要望や状況を正確に理解したり、自分の考えや提案を分かりやすく伝えたりできるでしょう。

その他にも、建築士の仕事には、設計した図面やパースをクライアントにプレゼンしたり、最新の情報を収集するといった作業もあります。コミュニケーション能力が高いと、これらの作業を効率よく行うことも可能です。

建築士に向いていない人にみられる傾向5選

一方、建築士に向いていない人にみられる傾向には、次のようなものがあります。

  1. 空間把握が苦手な人
  2. 自分中心の人
  3. 高所恐怖症の人
  4. 細かいことにこだわりすぎる人
  5. 単調な作業が嫌いな人

それぞれ解説します。

1.空間把握が苦手な人

建築士は、図面や模型から立体的な空間をイメージする必要があります。そのため、空間把握が苦手な人は、建築士の仕事にも困難を感じるでしょう。

ただし、地図やパズルなどで、空間把握の能力を鍛えることが可能です。

2.自分中心の人

建築士は、施主や業者、職人などと協力して仕事を進めます。そのため、自分中心の人は、建築士の仕事にもコミュニケーションや協調性が欠けるでしょう。

ただし、他人の意見や感情を尊重することで、自分中心の傾向を改善できます。

3.高所恐怖症の人

建築士は、高層ビルや橋などの高い場所での設計や工事監理を行うことがあります。そのため、高所恐怖症の人は、建築士の仕事にも恐怖や不安を感じるかもしれません。

ただし、高所恐怖症は、カウンセリングやトレーニングなどで克服することも可能です。

4.細かいことにこだわりすぎる人

建築士は、建物の安全性や法令遵守などに関する細かいことにも注意を払う必要がある仕事です。しかし、細かいことにこだわりすぎる人は、建築士の仕事にも時間や労力の無駄が多くなる可能性があります。

そこで、優先順位や目標を設定することで、細かいことにこだわりすぎる傾向を抑えることができるでしょう。

5.単調な作業が嫌いな人

建築士は、図面や書類の作成などの単調な作業も行います。そのため、単調な作業が嫌いな人は、建築士の仕事にも飽きや不満を感じるかもしれません。

そこで、単調な作業を楽しくする工夫や、作業の合間に休憩や息抜きをすることで、単調な作業が嫌いな傾向を改善することができるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建築士になるために必要な資格とその取得方法

建築士になるためには、一級建築士、二級建築士、木造建築士のいずれかの国家資格を取得する必要があります。それぞれの資格とその取得方法は以下の通りです。

一級建築士

一級建築士は、建築物の種類や規模に関係なく、設計や工事監理などの業務ができる最高位の資格です。

受験資格は、学歴などで異なります。建築学科を卒業した大学・短大・高専の卒業生であれば、2年以上の実務経験が必要です。また、二級建築士の資格を持っている方の場合は、4年以上の実務経験が必要となります。

試験は学科試験と設計製図試験の2段階で行われ、合格率は10%前後と難関です。

二級建築士

二級建築士は、主に住宅や小規模な建築物の設計や工事監理などの業務ができる資格です。

受験資格は、建築学科を卒業した大学・短大・高専の卒業生であれば、実務経験は不要です。また、建築科を卒業した高校生であれば、3年以上の実務経験が必要となります。さらに、建築に関する学歴がなくても、7年以上の実務経験があれば受験可能です。

試験は学科試験と設計製図試験の2段階で行われ、合格率は25%前後と比較的難関です。

木造建築士

木造建築士は、木造住宅や木造小規模な建築物の設計や工事監理などの業務ができる資格です。

受験資格は、二級建築士と同じです。試験は学科試験と設計製図試験の2段階で行われ、合格率は30%前後となっており、他の建築士に比べると難易度が低めと言えるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建築士が就職や転職する際のコツ

建築士の就職や転職は、専門性が高く、求人情報も限られているため、自力で探すのは大変です。そこで、建築士に強い、特化型の転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントは、あなたのスキルや希望に合った求人を紹介してくれるだけでなく、より条件の良い非公開求人を紹介してくれたり、履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策、条件交渉、退職手続きまで、転職活動全般のサポートを無料で提供してくれます。

そこで、建築士として仕事をしたい場合は、建築の仕事を専門に扱う「ビーバーズ」のサポートを受けながら転職活動を進めるのがおすすめです。

ビーバーズの経験豊富なキャリアコンサルタントに無料相談することで、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングを通して自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職先を提案いたします。まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

品質管理はやめとけ⁉️その理由やキツくない働き方、向いている人の特徴も解説

品質管理の仕事をしている人の中には、辞めたいと思っている人もいることでしょう。品質管理は、製品やサービスの品質をチェックしたり、改善したりする仕事ですが、実は大変な仕事です。

品質管理の大変さの一つは、責任が重いということです。もし、品質管理が不十分だと、顧客に不満やクレームを引き起こしたり、最悪の場合は、事故やトラブルを招いたりする可能性があります。

また、品質管理は、自分の仕事だけでなく、他の部署や関係者の仕事もチェックしなければならないため、コミュニケーション能力や交渉力も必要です。しかし、品質管理の意見や指摘は、時には他の人にとって都合の悪いものになることもあります。そのため、品質管理は、人間関係が悪化したり、ストレスが溜まる仕事になりがちです。

そこで今回は、品質管理はやめとけと言われる理由やキツくない働き方、向いている人の特徴などを解説します。品質管理に興味のある方はもちろん、今品質管理の仕事に携わっている方も、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-enomoto
榎本 芽玖キャリアコンサルタント
これまで転職エージェントとして数多くの求職者に携り、即戦力に限らず、建設業界未経験のキャリアサポート実績が顕著。施工管理に限らず、現場事務(書類作成)やCADオペ、職人向けの案件マッチングも得意とする。

品質管理の仕事とは?やめとけと言われる理由も解説

品質管理とは、製造業などで生産する製品の品質をコントロールする仕事です。

品質管理の仕事内容

品質管理には、以下のような業務があります。

工程管理

工程管理とは、工場の製造工程を適切な状態に維持・管理し、品質をつくり込むためのマニュアルや教育を行う仕事です。

品質検証

品質検証とは、完成品や工程が一定の基準や要求を満たしているかを検査や監視する仕事です。

品質改善

品質改善とは、不良品や事故の原因を分析し、再発防止や未然防止のための改善策を考える仕事です。

品質管理は、消費者の安全・安心を守るとともに、企業のイメージや利益を高める重要な役割を担っています。

品質管理が「やめとけ」と言われる理由

品質管理の仕事が「やめとけ」と言われる理由には、次のようなものがあります。

社内外からのクレームやプレッシャーに耐えなければならないから

品質管理は、製品に不良や不備があれば、顧客や取引先からの苦情に対応するだけでなく、現場や上司からも責められることがあります。そのため、責任が重く、ストレスが溜まりやすい仕事と言えるでしょう。

幅広い知識やスキルが必要だから

品質管理は、製品に関する専門的な知識だけでなく、対人折衝力やロジカルな思考力、統計能力なども求められます。また、さまざまな部門や外部と連携しながら、複雑な問題を解決するために、多岐にわたる能力を発揮しなければならない仕事でもあります。

出世が難しい傾向にあるから

品質管理は、製品の品質を維持することが主な目的ですが、売上や利益などの経営指標に直接貢献することは少ない職種の1つです。そのため、品質管理は問題が起きたときに目立つ部署であるものの、問題がないときには評価されにくいという側面があります。

このような理由から、品質管理の職種から経営陣になる(出世する)ことが難しい企業もあります。

上記ように、品質管理はやめとけと言われる理由は、責任の重さやストレスの多さ、出世の難しさなどが主な要因です。

しかし、品質管理にはやりがいや将来性もあります。それは、品質管理の仕事がお客様や企業にとって必要不可欠な部署であり、社会貢献度が高い仕事だからです。また、品質管理は製造業がある限りなくならない仕事であり、AIなどの技術革新にも対応できる仕事でもあります。

このように、品質管理は大変な仕事ですが、魅力的な仕事でもあるのです。

品質管理の「キツくない働き方」のポイント

品質管理の「キツくない働き方」のポイントには、次のようなものがあります。近年はデジタル技術が進歩しており、これらを活用することも、品質管理の仕事をやりやすくしているポイントです。

デジタル技術を活用する 

品質管理においては、デジタル技術の活用が効果的です。

 AIやIoTなどのデジタル技術を導入することで、業務効率の改善や労働生産性の向上を図れます。 また、人間の目では検出できないような不具合も、最新のIT技術を活用するシステムによって即座に検知が可能です。 

このように、デジタル技術を使いこなすことで、品質管理の精度やスピードが向上し、作業負担を軽減できるでしょう。

組織横断的な連携を強化する 

品質管理部門は、社内の各部門と協力しながら製品の質の向上を目指します。 そのため、各部門との良好な関係の構築が重要です。 

そのためには、組織横断的な仕組みを整備する必要があります。 自社全体でスキームを構築し、各部門が連携しながら品質向上を目指せる仕組みづくりを行いましょう。 

組織横断的な連携を強化すると、品質管理の課題や改善策を共有しやすくなり、問題解決のスピード上がります。

品質管理の目標を明確にする 

品質管理においては、明確な目標を定める必要があります。そこで、何をいつまでにどの程度改善するか、事前に決めましょう。例えば、特定の期間のうちに各工程で発生する不良品の数について定めるのも1つの方法です。 

ただし、長期間にわたる目標を立てると、具体的に何をすればよいか判断しにくくなります。例えば、3か月単位のように期間を区切ったほうが取り組みやすくなるでしょう。 

品質管理の目標を明確にすると、品質管理の進捗や成果を測定しやすくなり、モチベーションの維持にも繋がります。

品質管理のやりがいと魅力

woman, silhouette, quality

以下では、品質管理の仕事のやりがいについて紹介します。品質管理のしごとには、次のようなやりがいがあります。

お客様からの信頼や感謝を得られること

品質管理は、顧客の要求や規格に適合した製品やサービスを提供することで、顧客満足度や信頼性を高めることが目的です。

品質管理が適切に行われると、顧客は品質の高い製品やサービスを受け取ることができ、信頼や感謝を得ることができます。

品質管理の仕事をする人は、このような顧客の反応を見ることで、自分の仕事の価値や意義を感じることができるでしょう。

会社に貢献できること

品質管理は、会社の業績や競争力を向上させることにも貢献します。

品質管理が適切に行われると、不良品の発生率や再発率を低く抑えることができ、コスト削減や生産性の向上につながります。また、品質管理が適切に行われることで、顧客のニーズや市場の変化に対応でき、競争力の向上や市場シェアの拡大にもつながるでしょう。

品質管理の仕事をする人は、このように会社の成長や発展に貢献することで、自分の仕事の重要性や責任を感じることができます。

社会の安全や健康に貢献できること

品質管理は、社会の安全や健康にも貢献します。品質管理が適切に行われると、不良品や不備が原因で起こる事故やトラブルを防ぐことができ、社会の安全や健康を守ることができます。

品質管理の仕事をする人は、このように社会の福祉や公益に貢献することで、自分の仕事の社会性や貢献性を感じることができるでしょう。

仕事の成果が目に見えること

品質管理は、仕事の成果が目に見えやすい仕事です。

品質管理が適切に行われると、製品やサービスの品質が向上し、顧客の満足度や信頼性が高まるからです。そのため、品質管理の仕事をする人は自分の仕事の成果を目に見える形で確認することができ、自分の仕事の効果や影響を感じることができるでしょう。

また、品質管理は、品質の指標やデータを用いて仕事の成果を測定することができる仕事です。そのため、品質管理の仕事をする人は、自分の仕事の成果を客観的に評価することができ、自分の仕事の進歩や改善を感じることも可能です。

創意工夫やチームワークが求められること

品質管理は、創意工夫やチームワークが求められることが多い仕事です。

品質管理は、常に顧客のニーズや市場の変化に対応する必要があるため、新しい品質基準や方法論を考えたり、新規開発や技術革新に関わったりすることも多いのが特徴です。そのため、品質管理の仕事をする人は、自分の知識やスキルを活かしたり、創造性や発想力を発揮したりすることができます。

また、品質管理は、さまざまな部署や外部と連携しながら仕事を進めることが多いため、コミュニケーション力や協調性も必要です。

品質管理の仕事をする人は、このようにチームワークや協力を重視することで、仕事の楽しさや充実感を感じることができるでしょう。

品質管理に向いている人の特徴

food, scientist, science

それでは次に、品質管理に向いている人の特徴について解説します。品質管理には、次のような人が向いています。

細かいことにこだわれる人

品質管理の仕事は、製品やサービスの品質を検査や試験で確認する仕事です。そのため、細かい部分にも気づける観察力が必要です。

品質管理の担当者は、他の人が見逃すかもしれない不良や不備に敏感に反応し、正確にチェックできる能力が求められます。

このように、細かいことにこだわれる人は、品質管理に向いています。

論理的に考えられる人

品質管理の仕事は、問題の原因や解決策を仮説思考で探る仕事です。そのため、論理的な思考が得意で、細部まで深く考えることが好きな人が向いています。

品質管理の担当者は、現象や結果から逆算して原因を仮定し、可能性のある説を立てて検証する方法を用いて、問題を解決します。

このように、論理的に考えられる人は、品質管理に向いています。

対人折衝力がある人 

品質管理の仕事は、製造現場のスタッフや外部の関係者と連携しながら仕事を進める仕事です。そのため、コミュニケーション力や協調性が必要です。

品質管理の担当者は、品質の指示や指導をするだけでなく、品質に関する要望やクレームにも対応する必要があります。

このように、対人折衝力がある人は、品質管理に向いています。

ストレス耐性がある人 

品質管理の仕事は、製品に不良や不備があれば、顧客や取引先からの苦情に対応するだけでなく、現場や上司からも責められることがあります。

このように、品質管理の仕事には、重い責任とストレスがかかりやすいのが特徴です。そのため、品質管理の担当者は、社内外からのクレームやプレッシャーに耐えなければなりません。

このような理由から、ストレス耐性がある人は、品質管理に向いていると言えるでしょう。

学習意欲がある人 

品質管理の仕事は、変化する環境や新たな技術を受け入れ、品質向上のために最新の知識や方法を取り入れ続ける必要があります。そのため、学習意欲が高く、最新の情報や新しい知識を取り入れることができる人が向いていると言えるでしょう。

このような理由から、品質管理の担当者には、常にイノベーションが求められます。

そこで、学習意欲がある人が、品質管理の仕事に向いています。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理の資格や難易度を解説

品質管理の資格として最も有名なものは、品質管理検定(QC検定)です。この資格は、一般財団法人 日本規格協会グループ(JSA GROUP)が認定する資格で、品質管理の知識を問う筆記試験を毎年2回、3月と9月に全国約120か所で実施しています。

品質管理検定の資格レベルごとの試験内容と難易度

品質管理検定の資格は、品質管理に関する知識やスキルを客観的に評価するもので、以下の1級から4級までのレベルがあります。

品質管理検定4級の試験内容と難易度

品質管理検定4級は、社会人としての仕事の進め方や企業活動の基本常識、品質管理の基本を理解しているレベルです。

試験はマークシート方式で、品質管理の概要や改善、工程や検査、標準化、データ、QC7つ道具、企業活動の基本などに関する問題が出題されます。

合格基準は総合得点のおおむね70%以上の正答率で、難易度は比較的易しいと言えます。

なお、2023年3月の合格率は84.95%でした。

品質管理検定3級の試験内容と難易度

品質管理検定3級は、品質管理の実践方法を理解し、基本的な品質管理や改善活動に関して、必要に応じたサポートを受けながら実施できるレベルです。

試験はマークシート方式で、データの収集方法やまとめ方の基本、QC7つ道具の利用方法、新QC7つ道具の基本、QC的モノの見方や考え方、基本的な品質管理や改善活動に関することなどに関する問題が出題されます。

合格基準は手法分野・実践分野のそれぞれがおおむね50%以上、総合得点でおおむね70%以上の正答率で、難易度は普通と言えます。

なお、2023年3月の合格率は49.91%でした。

品質管理検定2級の試験内容と難易度

品質管理検定2級は、品質管理や改善活動を自立して実施できるレベルです。

試験はマークシート方式で、QC7つ道具の応用方法、新QC7つ道具の応用方法、QC的モノの見方や考え方の応用、品質管理や改善活動の実践に関することなどに関する問題が出題されます。

合格基準は手法分野・実践分野のそれぞれがおおむね50%以上、総合得点でおおむね70%以上の正答率で、難易度はかなり難しいと言えるでしょう。

なお、2023年3月の合格率は25.34%でした。

品質管理検定1級の試験内容と難易度

品質管理検定1級は、品質管理活動のリーダーに最低限必要とされる知識を有しているレベルです。

試験は一次試験と二次試験に分かれており、一次試験はマークシート方式で、品質管理の理論や手法、品質管理の実践や組織運営、品質管理の国際的な動向や規格などに関する問題が出題されます。一方、二次試験は論述方式で行われ、品質管理の実践や組織運営に関する問題が出題されます。

合格基準は手法分野・実践分野のそれぞれがおおむね50%以上、総合得点でおおむね70%以上の正答率、論述(二次試験)の得点おおむね70%以上で、難易度は非常に難しいと言えるでしょう。

なお、2023年3月の合格率は一次試験免除で15.38%、免除のない場合は2.94%でした。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理検定の資格を取得するメリット

品質管理検定の資格を取得するメリットは、品質管理に関する実用的な知識やスキルを身につけることができることや、品質管理における問題解決能力や指導力を高めることができることなどです。

また、品質管理検定の資格は、製造業やIT業界など様々な分野で必要とされる職種であり、就職や転職にも有利になる可能性があります。

品質管理の資格に興味がある方は、ぜひ品質管理検定に挑戦してみてください。

品質管理の求人状況と年収相場

以下では、品質管理の求人状況と年収相場について解説します。品質管理に興味のある方や、すでに品質管理の仕事をしている方も、ぜひ参考にしてください。

品質管理の求人状況

品質管理とは、製品やサービスの品質を計画・管理・改善することで、顧客の満足度や信頼性を高めることを目的とした業務です。品質管理は、さまざまな業界やメーカーで必要とされる職種であり、求人数も多くあります。

品質管理の求人数をみてみると、全国で約4万件の求人が出ており、品質管理者の資格を持つ方の求人数は約3万6千件です。

品質管理の求人は、東京都、大阪府、愛知県、兵庫県、埼玉県などの都市部に多く集中しているのが特徴です。

品質管理の求人は、非鉄金属や輸送用機械、半導体、電気・電子などのメーカーが多く、食品や飲料、化粧品、雑貨などのメーカーは少なめとなっています。

品質管理の求人は、正社員が約7割、派遣社員やアルバイト・パートが約3割です。

品質管理の年収相場

品質管理の平均年収は約450万円で、日本の平均年収とほぼ同じくらいです。

品質管理の平均月収は約32万円で、平均ボーナスは約64万円となっています。また、手取りの平均月収は約25万円で、手取りの平均ボーナスは約51万円です。

品質管理の初任給は、4年制大卒で約20万円、院卒で約22万円前後です。

ただし、品質管理の年収は企業規模や業界によってかなり差があり、大企業や高付加価値のメーカーでは平均より高く、小企業や低付加価値のメーカーでは平均より低い傾向にあります。

品質管理の年収は、男女間でほとんど差がなく、女性も活躍しやすい職種と言えるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理の転職事情と成功するコツ

品質管理の転職事情は、近年の品質問題により、品質管理体制の強化を進める企業が増えており、求人数も増加傾向にあります。 

品質管理への転職を成功させるコツとしては、以下のような点が挙げられます。

自身の経験やスキルを具体的にアピールすること

品質管理は、業界や製品によって求められる知識や技術が異なりますので、自分がどのような製品や業務に携わってきたか、どのような成果を出してきたかを明確に伝えることが重要です。

品質管理に対する責任感や熱意を示すこと

品質管理は、企業の信用やブランドイメージを守るために重要な役割を担っていますので、品質に対する姿勢や意識が高いことをアピールすることが求められます。

転職先企業のニーズに合わせて志望動機を考えること

品質管理の求人は、業界や業種、企業規模、地域などによって異なりますので、応募する企業の特徴や求める人材像を把握し、自分の強みや目標を関連づけて志望動機を考えることが大切です。

転職エージェントを活用すること

品質管理の転職には、転職エージェントの活用が欠かせません。

転職エージェントは、非公開求人や独占求人など、一般には公開されていない品質管理の求人情報を多数保有しており、より条件の良い転職先を紹介してもらえるメリットがあります。また、品質管理の業務や専門知識を理解したキャリアコンサルタントが、自分の適性や希望に合った求人を厳選して紹介してくれます。

キャリアコンサルタントは、ただ転職活動のサポートをするだけでなく、キャリアプランや転職市場の動向など、品質管理の転職に関する相談にも乗ってくれるため、自信を持って転職活動ができるのも魅力です。

このように、転職エージェントは、応募企業や業界の情報を豊富に持っており、面接対策や志望動機の作成など、転職に必要なノウハウも無料で提供してくれます。また、給与や待遇、勤務条件などの交渉を代行してくれることはもちろん、現職の退職手続きや引継ぎなどのサポートもしてくれるため、安心して転職活動をスタートできます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理の仕事のまとめ

このように、品質管理は責任が重く、ストレスがかかる仕事であるため「やめとけ」と言われることがあります。

ただし、品質管理の仕事はやりがいもあり、求人や収入が比較的安定している傾向にあるため、転職を希望する方が多いのもまた事実です。

そこで、品質管理への転職を考える際は、ご自分に合っている仕事を見つけるための分析を行い、しっかりと理解してから転職活動を行うことが重要です。

転職エージェントのキャリアコンサルタントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングを通して自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

二級建築士の平均年収や仕事内容、収入アップの方法から転職事情までを徹底解説

二級建築士は、建築物の設計や施工管理などの業務を行うことができる国家資格です。しかし、一級建築士に比べると、設計できる建築物の規模や種類に制限があります。そのため、二級建築士の平均年収は、一級建築士よりも低いのが現状です。

ただし、建築士の年収は、仕事の内容や働く業界によっても大きく異なります。また、年齢や性別によっても差があるため、就職や転職の際に注意が必要です。

そこで今回は、二級建築士の平均年収や仕事内容、収入アップの方法から転職事情までを徹底解説します。これから二級建築士の資格を取得しようとお考えの方はもちろん、すでに資格をお持ちで転職をお考えの方も、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

二級建築士とは?資格を取得するメリットも解説

architect, plan, construction

二級建築士とは、建築物の設計や施工管理などの業務を行うことができる国家資格です。 二級建築士の資格を持っていると、以下のような建築物の設計ができます。

  • 木造の住宅や店舗などの一般建築物
  • 鉄筋コンクリート造や鉄骨造などの耐火建築物で、延べ床面積が500平方メートル以下のもの
  • 鉄筋コンクリート造や鉄骨造などの非耐火建築物で、延べ床面積が200平方メートル以下のもの

二級建築士の取得条件

二級建築士の資格を取得するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 18歳以上であること
  • 建築士法第14条に規定する建築に関する教育を受けたことがあること
  • 建築士法第15条に規定する建築に関する実務経験を2年以上積んだことがあること

二級建築士の試験の概要

二級建築士は、国家資格であり、都道府県知事から免許を受けた建築の専門家です。

二級建築士は、一級建築士と比べると、設計や施工管理ができる建築物の規模や種類に制限があります。

二級建築士の試験には「学科の試験」と「設計製図の試験」があります。

二級建築士の試験の難易度は、一般的には高いと言えるでしょう。学科試験の合格率は40%前後、設計製図試験は50%前後、全体の合格率は約25%程度です。

二級建築士試験は国家資格の中でもやや難しい部類の試験で、十分な対策が必要とされています。

二級建築士の試験の勉強法としては、過去問集を用いることが有効です。過去問集は直近5年分を用意し、それを中心に勉強するのが効率的です。また、法令集も最新のものを用意しましょう。

過去問を使った勉強では、問題を解くのではなく、解説を読むことに重きを置くのがおすすめです。そして、1日1問を毎日解くなど、無理をぜずに続けることが大切です。

設計製図試験の勉強法としては、まず描きやすい道具を揃えることが重要となります。次に、描き方の手順を覚えることが大切で、これには市販のテキストが有効です。

また、大幅な減点ミスを防ぐためにも、重要ポイントをつかむことが必要です。これには受験年の演習課題を用いると良いでしょう。

最後に、経験者に聞くことで、自分の描いた図面を客観的に見る視点を取り入れることができます。

なお、二級建築士の試験に関する詳細な情報は、公益財団法人建築技術教育普及センターのHPなどをご参照ください。

二級建築士の資格を取得するメリット

二級建築士の資格を取得するメリットは、以下のようなものが挙げられます。

一級建築士の受験資格を得ることができる

二級建築士の資格を持って4年以上の実務経験を積めば、一級建築士の試験に挑戦できます。

一級建築士は、二級建築士よりも建築できる範囲が広く、建築業界での需要や評価が高いのが特徴です。

就職や転職に有利になる

二級建築士の資格は、建築物の設計や工事監理ができる国家資格として、企業から高く評価されます。

そのため、建築士の資格を持っていると、資格手当や昇給、昇格のチャンスが増える可能性があるでしょう。また、不動産の営業や管理などにも役立ちます。

顧客からの信頼度が上がる

二級建築士の資格は、住宅のプロとしての知識や技術を証明するものです。

そのため、住宅の設計や改修などを依頼する顧客は、資格保持者に安心感や信頼感を持つでしょう。また、重要事項説明の義務も果たせます。

独立や開業の可能性が広がる

二級建築士の資格があれば、建設業の許可の申請も可能です。

建設業の許可があれば、自分で建設業務を請け負うことができます。また、デザイン設計事務所などを立ち上げることもできます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

二級建築士の仕事内容

floor plan, construction, building

二級建築士の主な仕事は、以下の2つです。

設計業務

建築物の外観や構造、機能などを図面や模型に表現することです。二級建築士は、木造や鉄筋コンクリート造、鉄骨造などの一般的な戸建住宅や小規模な施設の設計ができます。

ただし、二級建築士の資格には、建物の規模や高さに制限があります。

工事管理業務

建築物の施工に関する品質や安全、工期などを監督することです。二級建築士は、自分の設計した建築物や他の建築士の設計した建築物の工事管理ができます。工事管理では、現場のチェックや書類作成、打ち合わせやトラブル対処などを行います。

二級建築士の仕事は、お客様や社会に喜ばれる建築物を提供するやりがいのある仕事ですが、同時に責任やリスクも大きい仕事です。二級建築士になるには、試験に合格するだけでなく、実務経験や学歴などの条件も必要です。

二級建築士の平均年収と月収

厚生労働省の令和4年賃金構造基本統計調査によると、建築技術者(建築士や建築施工管理技士などを含む)の平均年収は約620万円、平均月収は約41万円です。ただし、このデータはサンプル数が少なく、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

また、転職サービスの統計データによると、二級建築士の平均年収は約500万円、平均月収は約30万円です。一方、一級建築士の平均年収は約700万円、平均月収は約40万円と、二級建築士よりも約200万円高くなっています。

二級建築士の年収は、勤務先の規模や地域、個人の実力や経験などによって大きく変わります。一般的には、年齢が上がるとともに年収も上がりますが、ピークは40代で、50代以降は下がり始める傾向にあるのが特徴です。

二級建築士の年収の業種別の違い

white and red wooden house beside grey framed magnifying glass

以下では、二級建築士の年収の業種別の違いについて詳しく解説します。

二級建築士が就職できる主な業種について

二級建築士は、建物の延べ面積が500平方メートル以下の建築物の設計や工事監理ができる国家資格です。

この資格を持っていれば、以下のような業種で働くことができます。

工務店

工務店とは、一戸建てや住宅のリフォームなどの建築工事を請け負う業者です。工務店では、二級建築士は設計や施工管理、営業などの業務に携わります。

ハウスメーカー

ハウスメーカーとは、自社ブランドの住宅を販売する業者です。ハウスメーカーでは、二級建築士は設計や施工管理、営業などの業務に携わります。

設計事務所

設計事務所とは、建築物の設計やコンサルティングを行う業者です。設計事務所では、二級建築士は設計や提案、監理などの業務に携わります。

ゼネコン

ゼネコンとは、大規模な建築工事や土木工事を請け負う業者です。ゼネコンでは、二級建築士は設計や施工管理、営業などの業務に携わります。

各業種ごとの年収や仕事の特徴

次に、各業種ごとに、二級建築士の平均年収や給料の相場、仕事の特徴やメリット・デメリットを比較します。

工務店

工務店における二級建築士の平均年収は約400万円で、給料の相場は月給20万円~30万円となっています。

工務店の仕事の特徴は、顧客とのコミュニケーションや打ち合わせが多く、細かな要望に応えることにあります。

工務店で働くメリットは、自分の設計した建物が形になることや、顧客の満足度が高いことです。一方、デメリットは、仕事量が多く、残業や休日出勤が多いことや、顧客のクレームに対応しなければならないことなどが挙げられます。

ハウスメーカー

ハウスメーカーにおける二級建築士の平均年収は約450万円で、給料の相場は月給25万円~35万円となっています。

ハウスメーカーの仕事の特徴は、自社ブランドの住宅を販売することで、安定した収入が得られることです。

ハウスメーカーで働くメリットは、福利厚生や教育制度が充実していることや、一級建築士の資格取得を支援してくれることにあります。一方、デメリットは、営業成績によって給料が変動することや、設計の自由度が低いことです。

設計事務所

設計事務所における二級建築士の平均年収は約500万円で、給料の相場は月給30万円~40万円となっています。

設計事務所の仕事の特徴は、さまざまな種類や規模の建築物の設計やコンサルティングを行うことで、スキルや知識を広げることができることです。

設計事務所で働くメリットは、設計の自由度が高いことや、自分のセンスやアイデアを発揮できることにあります。一方、デメリットは、仕事量が多く、納期に追われることや、収入が不安定であることです。

ゼネコン

ゼネコンにおける二級建築士の平均年収は約550万円で、給料の相場は月給35万円~45万円となっています。

ゼネコンの仕事の特徴は、大規模な建築工事や土木工事に関わることで、責任やプレッシャーが大きいことです。

ゼネコンで働くメリットは、給料やボーナスが高いことや、キャリアアップのチャンスが多いことにあります。一方、デメリットは、残業や出張が多いことや、一級建築士の資格が必要になることです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

二級建築士の年収の年代別の違い

二級建築士の年収は年齢とともに上昇する傾向にあります。これは、経験や実績、役職や職責などが増えることで、スキルや評価が高まるためです。

また、一級建築士の資格を取得することで、設計できる建物の種類や規模が広がり、収入の幅も広がる可能性があります。

以下では、20代から60代までの年代別に、二級建築士の平均年収や月収を表に示します。

年代 平均年収 平均月収
20代 389.6万円 32.5万円
30代 506.4万円 42.2万円
40代 573.6万円 47.8万円
50代 602.4万円 50.2万円
60代 537.6万円 44.8万円

引用:厚生労働省の令和4年賃金構造基本統計調査より

上記のように、二級建築士の年収が最も高くなるのは50代であることがわかります。これは、50代が二級建築士としてのキャリアのピークであり、管理職やプロジェクトリーダーなどの重要な役割を担っていることが多いためです。

また、50代は二級建築士以外の資格を持っている人も多く、より高度な設計業務や関連業務を行っていることも影響していると考えられます。

しかし、60代になると、年収は下がり始めます。これは、定年退職や再雇用、パートタイムなどの働き方の変化や、若手の台頭や技術の進歩などの市場の変化によるものです。

そこで、60代の二級建築士は、自分の経験や知識を活かして、後進の育成や指導などの役割を果たすことが求められます。

二級建築士の年収の男女別の違い

二級建築士の年収には男女差があります。男性の二級建築士の平均年収は約654万円、女性の二級建築士の平均年収は約561万円となっており、約93万円の差があります。

また、建築士全体の男女比は86.2%が男性、13.8%が女性となっており、女性の割合はかなり低いのが現状です。

二級建築士の年収の男女差の原因や背景としては、建築業界は男性が多く、女性が少ないため、女性のキャリアアップや昇進の機会が限られていることや、建築士の仕事は現場や出張が多く、残業や休日出勤も多いため、家庭や育児との両立が難しいこと。建築士の資格は一級と二級があり、一級のほうが年収が高いが、試験の難易度や実務経験の要件が高いため、女性の一級建築士の割合が低いことなどが挙げられます。

そこで、二級建築士の年収の男女差を縮めるためには、建築業界における女性の活躍や役割を高めるために、企業や団体が女性の採用や育成に積極的になることが求められます。また、建築士の仕事の柔軟性や効率性を向上させるために、テレワークやフレックスタイムなどの働き方の改善や、ICTやAIなどの技術の活用を進めることも必要です。さらに、建築士の資格の取得や維持にかかる費用や時間を軽減するために、試験の制度や料金の見直しや、研修やセミナーの充実や補助を行うことも重要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

二級建築士の収入をアップする方法4つ

success, gradually, career

二級建築士の収入をアップするためには、次のような方法が効果的です。

1.一級建築士の資格を取得する

二級建築士の資格だけでは、設計や施工できる建物の規模や素材に制限があります。そのため、収入を上げるためには、一級建築士の資格を取得することが効果的です。

一級建築士の資格を持っていれば、資格手当をもらえたり、より高度な仕事を任されたりする可能性が高まるでしょう。

2.関連資格を取得する

二級建築士の資格に加えて、建築関連の資格を取得することも収入を上げる方法の1つです。例えば「建築施工管理技士」「宅地建物取引士」「電気工事施工管理技士」「インテリアコーディネーター」などの資格を取得すれば、自分の強みとしてアピールできます。

また、企業によっては資格手当を支給している場合もあるため、そのような企業へ転職するのもおすすめです。

3.設計や工事管理の経験を積む

二級建築士の収入を上げるためには、設計や工事管理の経験を積むことも大切です。

実力が問われる建築業界では、資格をもっているだけでは評価されません。成果をあげることができれば、昇給はもちろん、昇進も十分期待できます。

また、さまざまな仕事を行うことで、建築士に必要な専門知識やコミュニケーション能力などのスキルアップもできるでしょう。

4.独立や転職をする

二級建築士の収入を上げるためには、独立や転職することも選択肢の1つです。

独立すれば、自分の事務所を開いて自由に仕事を選べます。ただし、独立・開業するには、一級建築士の資格や実績が必要です。

また、ゼネコンや大手設計事務所などへ転職すれば、条件のよい会社に移ることができます。ただし、それには自分のキャリアやスキルを客観的に見つめ直す必要があるでしょう。

そこで、独立や転職を考える場合は、建築士に特化した「ビーバーズ」のような転職エージェントを利用するのがおすすめです。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

二級建築士の転職事情と注意点

上記のように、二級建築士の資格を持っていれば、転職の選択肢は広がります。

二級建築士は、中小規模の建築物の設計や施工を行うことができる資格ですが、それだけではなく、建築に関する基礎的な知識や技術を証明できる資格でもあります。そのため、設計事務所や工務店、ゼネコンや不動産会社など、建築業界のさまざまな分野で活躍できる可能性があるでしょう。

ただし、二級建築士が転職する場合、転職先の企業や業務内容によっては、二級建築士の資格が十分に活かせないことや、仕事の責任や負担が増える可能性があります。

二級建築士の資格は、一級建築士よりも取得が容易で、建築業界への第一歩として多くの人が目指す資格です。そのため、資格を取得しているということは、建築士としての第一関門に過ぎません。資格を所有していることよりも、今までにどんな工事に従事してきて、どんな経験を積み重ねてきたのか。また、今後どのような展開をしていきたいのかなど、あなた自身が高い向上心を持っているかが重要です。

また、転職先での仕事の内容や規模によっては、二級建築士の資格だけでは不十分な場合もあります。さらに、転職先での仕事の責任や負担が、現在の仕事よりも大きくなる可能性があります。

特に、一級建築士の資格を持っていない場合は、設計や施工できる建物の規模や素材に制限があるため、収入を上げるためには、一級建築士の資格を取得することや、建築関連の資格を取得することなどが有効な方法といえるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

二級建築士の年収のまとめ

このように、二級建築士の仕事は、比較的年収が高く、やりがいのある仕事と言えるでしょう。ただし、二級建築士の資格を取得するには、難しい国家試験をクリアする必要があるため、多くの知識やスキルが必要となります。

また、二級建築士は、さらに上級の一級建築士へのステップでもあるため、ぜひチャレンジしてください。

二級建築士として仕事をする場合は、建築の仕事を専門に扱う「ビーバーズ」のサポートを受けながら就職・転職活動を進めるのがおすすめです。

ビーバーズの経験豊富なキャリアコンサルタントに無料相談することで、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングを通して自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職先を提案いたします。まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

一級建築士の平均年収や収入を上げる方法、1000万円の超え方も詳しく解説

一級建築士と聞くと、高い技術力や知識を持ち、豊かな収入を得ているイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。実際に、一級建築士の平均年収は全国平均で約700万円となっており、国内の平均年収を大幅に上回っています。

ただし、一級建築士の収入は、地域や業種、経験年数などによって大きく差があるため、注意が必要です。また、一級建築士の仕事は多岐にわたり、設計や監理だけでなく、コンサルタントや教育、研究などの分野でも活躍できますが、ただ資格を持っているだけで必ず高収入を得られるとは限りません。

そこで今回は、一級建築士の平均年収や、収入を上げる方法、年収1000万円の超え方も詳しく解説します。これから一級建築士を目指す方はもちろん、すでに一級建築士として活躍中の方も、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

一級建築士とは?難易度や資格取得のメリットを解説

一級建築士とは、建築物の設計や監理などを行うことができる国家資格です。

一級建築士は、建築士の中でも最高位の資格であり、どんな規模や用途の建築物でも対応できます。

ただし、一級建築士の試験は非常に難易度が高く、毎年約10%程度の合格率しかありません。試験は学科試験と設計製図試験の2つに分かれており、それぞれに受験資格が必要です。

一級建築士の資格を取得するメリットは、建築業界での信頼や評価が高まること、昇給や昇進のチャンスが増えること、建築物の設計や監理に携われることなどが挙げられます。

一級建築士になる方法|資格取得の方法や勉強法

一級建築士になる方法は、以下のようなステップがあります。

まず、建築学科がある大学や短期大学、高等専門学校などに進学し、指定科目を修了して卒業します。これにより、二級建築士試験の受験資格を得られます。

次に、二級建築士試験に合格し、免許登録の手続きを行います。二級建築士の免許は、一級建築士試験の受験資格の一つです。

その後、一級建築士試験に挑戦します。一級建築士試験は、学科試験と設計製図試験の二つの試験に分かれており、どちらにも合格しなければなりません。

試験に合格したら、免許登録の手続きを行います。免許登録には、一定期間の実務経験が必要です。実務経験の長さは、最終学歴によって異なります。

一級建築士の仕事内容

floor plan, construction, building

一級建築士の仕事内容は、建物の設計や工事監理を行うことです。

一級建築士は、建物の用途や規模、構造に関係なく、すべての建築物の設計や工事監理ができる資格で、国土交通大臣から免許を受ける必要があります。

一級建築士の仕事は、以下のような流れで行われます。

  1. まず、建物を建てたい人や企業からの依頼を受けて、建物のイメージや要望をヒアリングします。
  2. 次に、建物の間取りやデザイン、構造や設備などを考えて、図面や模型を作成します。予算や法令などの制約も考慮しながら、最適な設計案を提案します。
  3. 設計が完了したら、建築工事に着工します。工事現場で、大工や職人、工事業者などに指示を出したり、工事の進捗や品質をチェックしたりします。
  4. 工事が終わったら、建物の完成を確認し、依頼者に引き渡します。

一級建築士の仕事は、建物の設計や工事監理だけではありません。建物の維持管理や改修、リフォームなどのアフターサービスも行います。また、建築に関するコンサルティングや教育、研究などの仕事もあります。

そのため、一級建築士には、建物の安全性や快適性、美しさなどを実現するための専門的な技術と知識が必要です。また、依頼者や現場スタッフとのコミュニケーション能力や、創造力や発想力も求められるでしょう。

このように、一級建築士は、建物を通して社会に貢献することができるやりがいのある仕事です。

一級建築士の平均年収を年齢や性別、業種別のデータで比較

一級建築士の平均年収は、年齢や性別、業種によって異なるのが特徴です。

そこで、以下では、年齢や性別、業種別のデータを紹介します。

一級建築士の年齢別の平均年収

年齢 平均年収
25~29歳 445万円
30~34歳 530万円
35~39歳 600万円
40~44歳 660万円
45~49歳 720万円
50~54歳 750万円
55~59歳 777万円

引用:厚生労働省 令和4年賃金構造基本統計調査より

一級建築士の性別べつの平均年収

性別 平均年収
男性 653.5万円
女性 560.9万円

引用:厚生労働省 令和4年賃金構造基本統計調査より

一級建築士の業種別の平均年収

業種 平均年収
ゼネコン 800万円
設計事務所 600万円
ハウスメーカー 500万円
独立開業 1,000万円以上(成功次第)

引用:主要転職サイトの平均値より算出

以上のデータから、一級建築士の平均年収は、年齢が高くなるほど、男性であるほど、大手のゼネコンや独立開業に成功した場合に高くなる傾向があることがわかります。

このように、一級建築士の資格は、建築業界での信頼や評価を高めるだけでなく、収入面でも大きなメリットがあると言えるでしょう。

一級建築士の収入を上げる方法や給与アップのポイント

success, gradually, career

一級建築士の収入を上げる方法や給与アップのポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

実務経験を積んでスキルを高める

一級建築士の仕事は能力によって収入が大きく左右されます。そこで、工事監理や設計の仕事の経験値をいかに上げていくかということが重要です。

経験を積むことにより、スキルアップや人脈の広がりを得て、仕事の幅や質を向上させることができます。

受験資格がある場合は早めに試験に合格する

一級建築士の資格を取得することで、仕事の幅が広がることから、給与アップの可能性が高まります。また、資格手当や資格取得ボーナスなどのメリットも得られるでしょう。

一級建築士は若いうちに取得することにこだわるべきです。資格学校に通うと100万円/年くらいの費用がかかりますが、長い目でみれば確実に回収可能です。

都市部で勤める

一級建築士の給与は地域によっても異なります。都市部では建築物の規模や用途が多様であり、仕事の需要も高いため、給与も高くなる傾向にあります。

また、都市部では大手のゼネコンやハウスメーカーなどの企業が多くあり、一級建築士の資格が採用条件となるケースもあるため、おすすめです。

大手ゼネコンに就職・転職する

一級建築士の年収は勤務先の企業規模によっても変わります。その中でも、大手ゼネコンは一級建築士の平均年収が800万円と最も高く、月給やボーナスも高額です。

また、大手ゼネコンでは大規模なプロジェクトに携わることができ、スキルや実績を積むことができます。

大手ハウスメーカーに就職・転職する

一級建築士の年収は勤務先の業種によっても変わります。大手ハウスメーカーは一級建築士の平均年収が500万円と低いですが、安定した仕事量や福利厚生が魅力です。

また、大手ハウスメーカーでは顧客とのコミュニケーションや提案力を磨くことができ、将来的に独立することも視野に入れられるでしょう。

実績を積んで独立する

一級建築士の年収を最も高くする方法は、独立して自分の事務所を開くことです。独立すれば、自分の好きな仕事を選ぶことができ、自分の価値に見合った報酬を得ることができます。

一級建築士の独立開業者の平均年収は1,000万円以上と言われていますが、成功するかどうかは自分の能力や人脈にかかっています。そこで、十分な準備と、必要な知識やスキルを身につけることが重要です。

一級建築士で年収1000万円を超えた成功事例と必要なスキル|年収3000万円以上も可能?

以下では、実際に一級建築士で年収1000万円を超えた成功事例と必要なスキルを解説します。また、年収3,000万円以上も可能かどうかを検証しますので、ぜひ参考にしてください。

年収1000万円を超えた成功事例

一級建築士で年収1000万円を超えるには、大手ゼネコンや大手ハウスメーカーなどの企業に就職・転職するか、独立開業して自分の事務所を経営するかのどちらかが一般的です。

例えば、以下のような事例があります。

大手ゼネコンに就職・転職した場合

大手ゼネコンでは、一級建築士の平均年収が800万円台であり、普通に昇格していけば年収1000万円を超えられます。

大手ゼネコンでは、大規模なプロジェクトに携わることができ、スキルや実績を積むことができます。また、月給やボーナスも高額です。

ただし、残業や出張が多く、激務に耐えられるかどうかがポイントです。

大手ハウスメーカーに就職・転職した場合

大手ハウスメーカーでは、一級建築士の平均年収が700万円台であり、販売実績に応じてインセンティブが発生することもあります。

大手ハウスメーカーでは、顧客とのコミュニケーションや提案力を磨くことができ、将来的に独立することも視野に入れられます。また、安定した仕事量や福利厚生が魅力です。

ただし、役職がつくと裁量労働制になり、残業代が出なくなることが多いので、年収1000万円を狙うには、幹部クラスまで上り詰められる人でないと厳しいでしょう。

独立開業して自分の事務所を経営した場合

独立開業すれば、自分の好きな仕事を選ぶことができ、自分の価値に見合った報酬を得ることができます。

一級建築士の独立開業者の平均年収は1,000万円以上と言われていますが、成功するかどうかは自分の能力や人脈にかかっています。

独立開業するには、設計事務所などでしっかりと経験や実績を積んでいて、なおかつ人脈が多く、コミュニケーション能力に優れていることが必要です。また、経営ノウハウやリスク管理も重要です。

一級建築士は年収3000万円以上も可能?

一級建築士で年収3000万円以上を稼ぐことは、現実的には難しいと言わざるを得ないでしょう。

一級建築士の年収は、一般的には1000万円前後が上限とされており、それ以上を稼ぐには、特別なスキルや実績が必要です。

例えば、以下のようなケースが考えられます。

大手ゼネコンの役員になった場合

大手ゼネコンの役員になれば、年収3000万円以上も可能ですが、そのためには、非常に優秀であり、長年の実績や信頼を築いていることが必要です。また、役員になると、建築士としての仕事よりも、経営や人事などの管理業務が中心になります。

そのため、建築士としてのスキルややりがいを求める人には、向いていないかもしれません。

有名な建築家になった場合

有名な建築家になれば、年収3000万円以上も可能ですが、そのためには、非常に高い芸術性や創造性を持ち、世界的な評価を得ていることが必要です。また、有名な建築家になると、自分の作品にこだわりすぎて、顧客の要望に応えられないこともあります。

そのため、建築士としての技術や知識を求める人には、向いていないかもしれません。

建築士以外の仕事で成功した場合

建築士の資格やスキルを生かして、建築士以外の仕事で成功すれば、年収3000万円以上も可能ですが、そのためには、建築士としての仕事をあきらめることが必要です。

例えば、建築士の知識を活かして、不動産投資や開発業などに転身することが考えられます。しかし、これらの仕事は、建築士としての仕事とは全く異なる性質のものであり、リスクも高いです。

そのため、建築士としての仕事が好きな人には、向いていないかもしれません。

一級建築士のキャリアパス|将来性や転職・独立の可能性

以下では、一級建築士のキャリアパスについて解説します。

建築設計事務所や建設会社に就職する

一級建築士の資格を取得した後は、建築設計事務所や建設会社に就職することが一般的です。そこで、実務経験を積み、スキルや実績を高めていきます。

建築設計事務所や建設会社には、大手から中小まで様々な規模のものがあります。大手の場合は、大規模なプロジェクトに携わることができますが、残業や出張が多く、激務に耐えなければなりません。一方、中小の場合は、仕事の幅が広く、自由度が高いですが、給与や福利厚生が低いことが多いです。

独立開業する

一級建築士のキャリアの中で、最も自由度が高く、収入も高いのが独立開業です。独立開業すれば、自分の好きな仕事を選ぶことができ、自分の価値に見合った報酬を得ることができます。

一級建築士の独立開業者の平均年収は1000万円以上と言われていますが、成功するかどうかは自分の能力や人脈にかかっています。独立開業するには、設計事務所などでしっかりと経験や実績を積んでいて、なおかつ人脈が多く、コミュニケーション能力に優れていることが必要です。また、経営ノウハウやリスク管理も重要です。

転職する

一級建築士のキャリアの中で、独立開業以外にも転職することでキャリアアップを図ることができます。

転職するメリットは、給与や待遇の向上、仕事のやりがいやスキルの向上、キャリアの幅の拡大などが挙げられます。そこで、転職する際には、自分の強みや目標を明確にし、自分に合った企業や職種を探すことが大切です。

転職先としては、ゼネコンやハウスメーカー、不動産会社、公務員などがあります。

一級建築士の平均年収のまとめ

このように、一級建築士の仕事は、年収が高く、非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。ただし、一級建築士の資格を取得するには、難しい国家試験をクリアする必要があるため、多くの知識やスキルが必要です。

しかし、努力した分、十分なリターンを期待できる仕事であるため、興味のある方は、ぜひチャレンジしてください。

また、一級建築士として仕事をしたい場合は、建築の仕事を専門に扱う、「ビーバーズ」のサポートを受けながら転職活動を進めるのがおすすめです。

ビーバーズの経験豊富なキャリアコンサルタントに無料相談することで、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングを通して自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職先を提案いたします。まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

建築士の平均年収はいくら?年齢や男女別の収入や給料をアップさせる方法も解説

建築士と聞くと、住宅やオフィスビルなどを設計する仕事をイメージしますが、年収について詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。

建築士の年収は、資格や経験、勤務先などによって大きく変わるのが特徴です。また、年齢や男女の性別によっても、収入や給料に差が出るケースもあります。

建築士は、一般的に安定した職業と言われていますが、コロナ禍などの影響で、仕事量や収入が減るという現象も見られました。そのため、建築士の平均年収や、年齢や男女別の収入の傾向を知ることは、建築士になってからのキャリアプランやライフプランを考える上で重要です。また、建築士として収入や給料をアップさせる方法も、知っておくと役に立つでしょう。

そこで今回は、建築士の平均年収について、年齢や男女別の収入や、給料をアップさせる方法も解説します。これから建築士を目指す方はもちろん、興味のある方も、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

建築士の仕事とは?年収の平均や傾向を知るメリット

architect, plan, construction

建築士とは、建物の設計や工事の監理を行う国家資格を持った専門家です。

建築士には一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類があり、それぞれに設計できる建物の種類や規模が異なります。

建築士は、建設会社や住宅メーカー、設計事務所、工務店などに勤めることが多いですが、独立して自分の事務所を開くことも可能です。

建築士の平均年収

建築士の平均年収は、一級建築士で約700万円、二級建築士で約500万円といわれています。ただし、年収は勤務先の規模や地域、個人の実力や経験などによって大きく変わるため、注意が必要です。

一般的には、年齢が上がるとともに年収も上がりますが、ピークは40代で、50代以降は下がり始める傾向があります。

建築士の年収の平均や傾向を知るメリットと重要性

建築士の年収の平均や傾向を知るメリットは、自分のキャリアプランやライフプランを立てるときに参考にできることです。また、建築士の年収は実力主義であるため、自分の能力や実績を高めることで収入を上げることができます。

建築士の年収を上げるためには、一級建築士の資格を取得することや、独立して自分の事務所を開くことなどが有効な方法といえるでしょう。

建築士の年収の平均や傾向を知ることは、建築士という職業の将来性や市場価値を把握するために重要です。

建築士は、建物の設計や工事の監理を行う国家資格を持った専門家であり、社会的にも高い評価を受けています。しかし、建築士の需要は、経済や社会の動向に影響されやすく、不況や災害などによって減少する可能性もあります。

建築士の年収の平均や傾向を知ることは、自分の職業選択や転職のタイミングなどを、適切に判断する際に役立つでしょう。

建築士の資格と試験の概要や難易度を解説

floor plan, construction, building

建築士の資格とは、建物を設計したり、工事を監督したりすることができる国家資格です。

建築士には一級、二級、木造の3種類があり、それぞれに試験があります。

試験は学科と製図の2部構成で、学科試験に合格した人だけが製図試験を受けることができます。

試験の難易度は一級が最も高く、二級、木造の順に低くなるのが特徴です。

一級建築士の総合合格率は約10%、二級建築士の総合合格率は約25%、木造建築士の総合合格率は約35%です。

一級建築士の試験の概要

一級建築士の試験は、学科試験が4科目(建築計画、建築法規、建築構造、建築施工)、製図試験が2科目(建築設計製図、建築構造製図)からなります。

学科試験は各科目で100点満点で、合格点は60点以上です。

製図試験は各科目で200点満点で、合格点は120点以上です。製図試験は5時間の時間制限があり、作図に必要な道具や資料は自分で持ち込む必要があります。

一級建築士の試験は、建築の専門知識だけでなく、設計力や創造力も問われる難関試験です。

二級建築士の試験の概要

二級建築士の試験は、学科試験が4科目(建築計画、建築法規、建築構造、建築施工)、製図試験が1科目(建築設計製図)からなります。

学科試験は各科目で100点満点で、合格点は60点以上です。

製図試験は200点満点で、合格点は120点以上です。製図試験は5時間の時間制限があり、作図に必要な道具や資料は自分で持ち込む必要があります。

二級建築士の試験は、一級建築士の試験よりも難易度は低いですが、それでも高い専門性と応用力が求められる試験です。

木造建築士の試験の概要

木造建築士の試験は、学科試験が4科目(建築計画、建築法規、建築構造、建築施工)、製図試験が1科目(木造建築設計製図)からなります。

学科試験は各科目で100点満点で、合格点は60点以上です。

製図試験は200点満点で、合格点は120点以上です。製図試験は5時間の時間制限があり、作図に必要な道具や資料は自分で持ち込む必要があります。

木造建築士の試験は、木造建築の専門知識と技術を問う試験で、一級・二級建築士の試験よりも難易度は低いですが、木造建築に特有の製図問題に対応する知識が必要です。

建築士の平均年収を資格レベルや年齢、性別ごとに比較

以下では、建築士の平均年収を資格レベルや年齢、性別ごとに比較しますので、ぜひ参考にしてください。

資格レベルごとの比較

建築士の資格レベルごとの比較では、一級建築士の平均年収が約700万円、二級建築士の平均年収は約500万円といわれています。

木造建築士の平均年収は公表されていませんが、一般的には二級建築士よりも低いと考えられます。

一級建築士と二級建築士の違いは、設計できる建物の種類や規模が異なることや、一級建築士のほうが試験の難易度や実務経験の要件が高いことです。

企業規模別の比較

企業規模別で建築士の年収を比較すると、勤務先の規模が大きいほど、年収も高くなる傾向があることがわかります。

企業規模別の建築士の平均年収は以下のとおりです。

企業の規模(従業員数) 平均年収 ボーナス
10〜99人 544.4万円 982,500円
100〜999人 646.3万円 1,336,100円
1,000人以上 721.0万円 1,746,400円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

上記のように、10〜99人規模の事業所に勤める建築士の平均年収は約544万円で、100〜999人規模では約646万円、1,000人以上の規模では約721万円となっており、10人以上規模の事業所平均は約620万円です。

また、年収が高くなる要因の1つには、ボーナスの支給額の差があります。

10〜99人の従業員を抱える会社と1,000人以上の従業員を抱える会社では、支給されるボーナスの金額差が763,900円もあることがわかります。

さらに、規模が大きい会社に勤めることで、福利厚生の充実や、ワークライフバランスの取れた働き方をしながら高い年収を受け取ることができるでしょう。

年齢別の比較

下記の表とグラフから、建築士の年収は、年齢の上昇にしたがって上がっていることがわかります。

年齢 平均年収
〜19歳 275.9万円
20〜24歳 360.9万円
25〜29歳 479.4万円
30〜34歳 599.9万円
35〜39歳 676.1万円
40〜44歳 710.9万円
45〜49歳 726.9万円
50〜54歳 774.8万円
55〜59歳 777.4万円
60〜4歳 600.4万円
65〜69歳 527.7万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

出典:厚生労働省 職業提供サイトjobtagより

上記のように、年収が最も高い世代は、55歳〜59歳の約777万円です。また、全年代の平均年収は620万円となっています。

男女別の比較

建築士の年収は、男性のほうが女性よりも高い傾向にあります。

男性の平均年収は664万円、女性の平均年収は498万円となっています。

この差は、男性のほうが一級建築士の割合が高いことや、男性のほうが管理職に就く機会が多いことなどが影響していると考えられるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建築士の年収をアップさせる方法5つ

建築士の年収をアップさせる主な方法には、次の5つがあります。

  1. 大手ゼネコンやハウスメーカーに就職する
  2. 設計事務所で実績や評判を積む
  3. 独立開業して個人事務所を立ち上げる
  4. 他の建築関連の資格を取得する
  5. 転職エージェントを活用して条件のよい企業へ転職する

それぞれ解説しますので、ご自身にあった方法を選んで実践してください。

1.大手ゼネコンやハウスメーカーに就職する

建築士の年収は、勤務先の規模が大きいほど高くなる傾向があります。

大手ゼネコンやハウスメーカーでは、取り扱う案件の規模や予算が大きく、給与や賞与も高めに設定されているのが一般的です。

また、大手企業では教育制度や福利厚生も充実しており、キャリアアップの機会も多いでしょう。

このように、大手企業に就職することで、安定した高収入を得ることが可能です。

2.設計事務所で実績や評判を積む

建築士の年収は、実力や実績によっても大きく変わります。

設計事務所では、自分の設計スキルやデザイン力を武器に、顧客からの評価や信頼を得ることができます。また、設計事務所では、インセンティブ制度や歩合制度がある場合もあり、自分の成果に応じて収入を上げることも可能です。

このように、設計事務所で実績や評判を積むことで、年収をアップさせることも可能です。

3.独立開業して個人事務所を立ち上げる

建築士の年収は、独立開業することで最も高くなる可能性があります。

独立開業すれば、自分の好きな仕事を選ぶことができ、自分の価値観に合った設計を提供することができます。また、独立開業すれば、自分の収入は自分の努力次第であり、上限はありません。

このように、独立開業することで、自分の能力を最大限に発揮し、年収をアップさせることが可能です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

4.他の建築関連の資格を取得する

建築士の年収は、資格の種類や数によっても変わります。

建築士の資格は、一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類があり、それぞれに設計できる建物の種類や規模が異なります。

一級建築士の資格を取得することで、設計できる建物の条件が広がり、高額な案件にも対応可能です。また、他の建築関連の資格を取得することで、自分の専門性や知識を高め、より多くの顧客のニーズに応えることができるでしょう。

このように、上級資格や関連した資格を取得することで、自分の市場価値を高め、年収をアップさせることが可能です。

5.転職エージェントを活用して条件のよい企業へ転職する

建築士の年収は、転職することで大きく変わることがあります。

転職エージェントを活用することで、自分の希望や条件に合った企業を紹介してもらうことができるでしょう。また、転職エージェントは、自分のスキルや経験をアピールする方法や、面接の対策などもサポートしてくれるため、積極的にご自分の強みをアピールできるのも魅力です。

このように、転職エージェントを活用することで、より高い年収を得られる企業へ転職することが可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建築士の平均年収のまとめ

このように、建築士の年収は、国内の平均年収よりも高めで、ご自分の実力を発揮しやすい仕事の1つと言えるでしょう。

ただし、記事内にあるように、建築士の資格は難易度が高いため、計画的な勉強が必要です。

また、建築士として仕事をしたい場合には、建築の仕事を専門に扱う「ビーバーズ」のサポートを受けながら、転職や就職活動を進めるのがおすすめです。

ビーバーズの経験豊富なキャリアコンサルタントに無料相談することで、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングを通して自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職先を提案いたします。まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。