TEL
メニュー

建設会社の平均年収ランキングTOP10を大公開!会社別・カテゴリ別のデータまで詳しく解説

建設業界への就職や転職を検討している人は、どんな会社に入るか迷うことがあると思います。

建設業界は職種によって活躍できる会社が異なり、会社の規模や請け負う工事によって働く人の平均年収も違います。

高い年収を獲得したいという目的を持って転職を検討する人であれば、建設業界の平均年収や特に年収が高い企業を把握しておくことが大切です。

今回は建設会社の年収について、企業規模別の平均年収や建設会社全体の平均年収ランキングを紹介します。

現在働いている職場の年収と比較したり、自分の興味ある業界の平均年収と比較したりしながら参考にしてください。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

建設会社のカテゴリ別の平均年収を解説

まずは建設会社のカテゴリ別の平均年収を解説します。

一般的に、建設業界の中で特に年収が高い会社はゼネコン会社といわれています。

なぜならゼネコン会社はクライアントから工事を一括で請け負い、社内の設計者や施工管理者、職人を動員して工事を実施する仕事形態だから。

ゼネコンの中には売上高によってランクがあります。

  • スーパーゼネコン
  • 準大手ゼネコン
  • 中堅ゼネコン

ここでは以下の2つの会社について、平均年収や働き方の特徴を解説します。

  • スーパーゼネコン
  • 準大手ゼネコン

それぞれ詳しく見ていきましょう。

スーパーゼネコンの平均年収

2023年10月現在、日本におけるスーパーゼネコンは下記の5社です。

  1. 鹿島建設
  2. 清水建設
  3. 大成建設
  4. 大林組
  5. 竹中工務店

それぞれの平均年収は以下のとおり。

会社名 平均年収
鹿島建設 1,127万円
清水建設 977万円
大成建設 963万円
大林組 1,024万円
竹中工務店 1,009万円

出典:[SalesNow DB],[日本経済新聞]

5つの会社の平均は1,020万円です。

スーパーゼネコンの平均年収が1,020万円ということは、スーパーゼネコンで働く人の中には年収1,000万円越えはもちろん、年収2,000万円近い人もいるということ。

スーパーゼネコンで働く人は各職種の中でもトップクラスの資格を保有している人ばかりです。

スーパーゼネコンへの転職を目指す人は、自分の専門性を高めるため、資格の取得や実績の積み上げに注力してみてください。

準大手ゼネコンの平均年収

準大手ゼネコンの特徴は、売上高が3,000億円以上の会社であるというところ。

日本には現在9社の準大手ゼネコンが存在しています。

  1. 長谷工コーポレーション
  2. 戸田建設
  3. 五洋建設
  4. 熊谷組
  5. 三井住友建設
  6. 安藤ハザマ
  7. 西松建設
  8. 前田建設工業
  9. フジタ

それぞれの平均年収はこちらです。

会社名 平均年収
長谷工コーポレーション 941万円
戸田建設 835万円
五洋建設 884万円
熊谷組 845万円
三井住友建設 881万円
安藤ハザマ 882万円
西松建設 861万円
前田建設工業 927万円
藤田エンジニアリング 911万円

引用:[日本経済新聞]

スーパーゼネコンの平均年収とは金額が下がりますが、9社の平均は885万円です。

いきなりスーパーゼネコンへの転職はハードルが高いという人は、まず準大手ゼネコンへの転職を目指しましょう。

準大手ゼネコンの請け負う工事は会社によってさまざまで、大規模なものから小規模な工事まで自分のスキルに見合ったものを担当できます。

対応する工事の種類を増やし、どんな工事でもこなせるようになれば、スーパーゼネコンを始めどんな会社でも即戦力になる人材として重宝されるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設業界の平均年収ランキングTOP10を紹介

ここからは建設業界の中で平均年収が高い会社をランキング形式で紹介します。

順位 会社名 平均年収
1 ショーボンドホールディングス 1,605万円
2 鹿島建設 1,127万円
3 大林組 1,024万円
4 竹中工務店 1,009万円
5 インフロニア・ホールディングス 983万円
6 清水建設 977万円
7 大気社 965万円
8 大成建設 963万円
9 長谷工コーポレーション 941万円
10 ダイダン 937万円

出典:[SalesNow DB],[日本経済新聞]

それぞれの会社情報や従業員数など、細かい数値を見ていきましょう。

ショーボンドホールディングス

SalesNow DBの調査で平均年収が1位になったのは、橋梁をはじめとする社会インフラの補修・補強を専門的に行うショーボンドホールディングスでした。

ショーボンドホールディングスは総合メンテナンス企業として、施工や設計を行うのはもちろん、補修や補強に関する技術の研究や補強に利用する資材の販売も行っています。

会社名 ショーボンドホールディングス(株)
設立 2008年1月4日
従業員数 9人
平均年齢 54.5 歳
平均年収 16,053,000円
初任給 274,000円

引用:[日本経済新聞]

鹿島建設

鹿島建設は、スーパーゼネコンの中でも特に売上高が高いトップ企業のひとつです。

「100年をつくる会社」というテーマを掲げ、日本各地の大規模工事や世界各国のインフラ整備に携わっています。

将来は海外のインフラ整備をしたい、海外で働きたいという目標がある人は、鹿島建設への転職が向いているでしょう。

会社名 鹿島建設(株)
設立 1930年3月8日
従業員数 8,129人
平均年齢 43.9 歳
平均年収 11,635,162円
初任給 250,000円

引用:[日本経済新聞]

大林組

大林組もスーパーゼネコンのひとつとして、日本国内から世界各地の工事の施工を請け負っています。

土木や建設工事だけでなく、クリーンエネルギー事業や宇宙事業など、建設以外の領域に関する事業にも取り組むチャンスがあります。

大林組の持つ建設のノウハウを分析・研究してより良い社会に向けた新しい事業に挑戦したい人に向いているといえるでしょう。

会社名 (株)大林組
設立 1936年12月19日
従業員数 9,134 人
平均年齢 42.7 歳
平均年収 10,315,515 円
初任給 250,000 円

引用:[日本経済新聞]

竹中工務店

竹中工務店は、今回紹介した企業の中で唯一の非上場企業です。

建築を専業とする大手総合建設企業として、東京タワーや日本武道館など数々の建築物の施工に関わってきました。

棟梁精神と品質経営を第一に掲げ、専門性の高さを大切にしながら設計と施工を一貫して担当しています。

建築士や大工としてトップレベルを目指したい人に向いている会社といえるでしょう。

会社名 (株)竹中工務店
設立 1937年9月1日
従業員数 7,751 人
平均年齢 44.3 歳
平均年収 10,095,686 円
初任給

引用:[日本経済新聞]

インフロニア・ホールディングス

インフロニア・ホールディングスとは、2021年10月に前田建設工業と前田道路、前田製作所によって設立された共同持ち株会社です。

総合インフラサービス企業として、工事の企画提案から保守管理・再投資までインフラ運営の上流から下流までサポートします。

インフラ整備に関わるさまざまな工程に関わりたい人におすすめです。

会社名 インフロニア・ホールディングス(株)
設立 2021年10月1日
従業員数 78 人
平均年齢 40.4 歳
平均年収 9,671,000 円
初任給

引用:[日本経済新聞]

清水建設

清水建設はスーパーゼネコンのひとつ。

「子どもたちに誇れるしごとを。」をトップメッセージに掲げ、生産技術革新や先端技術開発、ものづくり人財の育成に力を入れています。

建設事業はもちろん、不動産開発やエンジニアリング、フロンティア事業も展開しており、工事を通してさまざまな技術に触れたい人におすすめの会社です。

会社名 清水建設(株)
設立 1937年8月24日
従業員数 10,845 人
平均年齢 43.4 歳
平均年収 9,716,000 円
初任給 265,000 円

引用:[日本経済新聞]

大気社

大気社は空調設備の設置や車の塗装、衛生設備の設計や監理を行う設備工事会社です。

現在は以下の3つの事業領域を展開しており、さらに植物工場や航空機塗装への事業展開を進めています。

  • ビル空調設備
  • 産業空調設備
  • 塗装システム

建設業界だけでなく車の塗装や航空機の塗装など、異なる業界にも興味がある人におすすめの会社といえるでしょう。

会社名 (株)大気社
設立 1949年7月7日
従業員数 1,611 人
平均年齢 42.5 歳
平均年収 9,657,422 円
初任給 243,000 円

引用:[日本経済新聞]

大成建設

大成建設はスーパーゼネコンのひとつです。

日本国内や海外の土木工事や建設工事の設計や施工から保守管理まで、一括したサービスを提供しています。

また施工だけでなく、再開発事業・PFI事業や再生可能エネルギー発電事業など、次の世代に今の環境を残すためのさまざまな取り組みも実施。

国内外の工事の施工はもちろん、再生可能エネルギーの研究に興味がある人に向いています。

会社名 大成建設(株)
設立 1917年12月28日
従業員数 8,613 人
平均年齢 43 歳
平均年収 9,929,480 円
初任給 265,000 円

引用:[日本経済新聞]

長谷工コーポレーション

長谷工コーポレーションは準大手ゼネコンに当てはまります。

主な事業内容は新築マンションやホテル、ビルなどの設計や施工。

「住まいと暮らしの創造企業グループ」として建物に特化した事業を拡大しています。

建設業界の中でも特に暮らしに寄り添った企業であるため、人の住む建物の居心地の良さや技術を追求できる人に向いている企業といえるでしょう。

会社名 (株)長谷工コーポレーション
設立 1946年8月22日
従業員数 2,399 人
平均年齢 41.1 歳
平均年収 9,418,772 円
初任給 255,000 円

引用:[日本経済新聞]

ダイダン

ダイダンは電気工事や空調工事、水道衛生工事や消防施設工事などの工事に特化した総合設備会社です。

高層ビルや研究施設などの大型設備の施工や保守管理に携わっており、施工実績も豊富です。

管工事施工管理技士や電気工事施工管理技士など、専門分野での技術を高めたい人に向いている会社といえるでしょう。

会社名 ダイダン(株)
設立 1933年10月10日
従業員数 1,645 人
平均年齢 41.9 歳
平均年収 8,983,532 円
初任給 242,000 円

引用:[日本経済新聞]

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設会社の年収に関するよくある質問

question marks, punctuation, symbol

ここでは建設会社の年収に関するよくある質問に回答します。

  • 未経験でも大手ゼネコンへの転職は可能?
  • ゼネコンの職種別の平均年収はどのくらい?
  • ゼネコンへの転職を成功させるには何が必要?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

未経験でも大手ゼネコンへの転職は可能?

未経験でも大手ゼネコンへ転職することは可能です。

転職で判断されるのは、当人の将来性や即戦力としてどう活躍できるか。

就職を狙う職種に関する資格を保有していれば、採用の可能性が高まるでしょう。

職種別に取得を狙うべき資格は以下のとおり。

  • 施工管理:1級施工管理技士
  • 設計:1級建築士
  • 電気工事士:電験3種・電気工事士
  • 営業:宅地建物取引士(宅建)
  • 事務職:簿記・ファイナンシャル・プランナー(FP)

たとえば1級施工管理技士の資格を取得するには、まず2級施工管理技士の資格取得が求められます。

上位の試験を受けるには、試験に合格するだけではなく一定の実務経験が必要な場合も。

自分が取得を目指す資格の詳細を確認しておくことが重要です。

ゼネコンの職種別の平均年収はどのくらい?

ここではゼネコンの職種別の平均年収をまとめました。

職種 平均年収
営業 700万円
建築士 480〜600万円
現場監督 435〜580万円
測量士 415万円
電気工事 430万円
事務 420万円

あくまでもこのデータは目安です。

会社の規模によって平均年収は異なります。

ゼネコンのどの職種に転職したいかを悩んでいる人は参考にしてください。

ゼネコンへの転職を成功させるには何が必要?

ゼネコンの転職を成功させるために必要なのは、下記の3点です。

  • 転職に有利になる資格を取得する
  • 転職先で即戦力になる実績を多数保有する
  • 転職活動をスムーズに進めるために転職エージェントに依頼する

必要な資格は質問1で説明したとおりですが、自分のスキルの向上に役立つ資格であれば積極的に取得するようにしましょう。

また、今からできることは、会社で担当する工事の実績を増やすこと。

大小関わらず、さまざまな工事の経験があれば、転職先でもすぐに仕事に馴染むことができます。

実績を効果的に採用担当者に伝えたい人は、転職エージェントを活用した面接対策を徹底しましょう。

事前の準備がしっかりしていれば、転職活動で不安になることも減るはずです。

転職エージェントを検討している人は、建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」に相談してみてください。

ヒアリングやスキルの棚卸しを通して、その人にあった転職先を提案してくれるでしょう。

まとめ

今回は建設会社の年収について、スーパーゼネコンや準大手ゼネコンそれぞれの平均年収から、全体を含めた平均年収ランキング、年収を上げるための対策まで詳しく解説しました。

建設業界で高い年収を手に入れたい人は、ゼネコンやサブコンへの転職がおすすめです。

ゼネコンであれば、売上高が1兆円を超えるスーパーゼネコンへの転職に成功すれば、年収1,000万円超えも夢ではありません。

今回紹介した企業以外でも、活躍次第で年収を上げることは可能です。

まずは資格取得や実績の獲得を重ねて自分の価値を高めて、実力にあった会社で働くことを目指しましょう。

転職を成功させたい人は、転職エージェントの利用がおすすめです。

建設業界への転職であれば、建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」を検討してみてください。

建設業界ならではの試験のクセや特徴を対策して、転職者にあった転職先を見つけてくれるでしょう。

まずは会員登録をして、気になる転職の悩みを相談してみてください。

本記事が参考になれば幸いです。

サブコンの平均年収をランキング形式で紹介|ゼネコンとの違いや将来性、転職での注意点を解説

サブコンとは工事現場における一部の工事をゼネコンから請け負う会社のこと。

電気工事や配管工事、空調設備の設置など、特定の工事に特化した技術を持っているため、工事の一部を専門で担当します。

サブコンは建設業の中でも一つのスキルを極めたい人におすすめの仕事です。

専門性の高さから、努力次第では高い年収を目指すこともできるでしょう。

今回はサブコンの平均年収について解説します。

大手サブコンの平均年収ランキングや男女の年収の違いなど、サブコンへの転職を検討している人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

サブコンとは

サブコンはサブコントラクターの略称で、工事現場における主契約者のゼネコンから特定の作業や業務を請け負う専門業者を指します。

サブコンは、電気工事や配管工事など特定の工事に特化したスキルや専門知識があるため、ゼネコンが全体を管理している工事現場の一部を担当するということ。

ここではサブコンについて下記の3つを解説します。

  • サブコンとゼネコンの違いとは
  • サブコンの種類とは
  • サブコンの将来性とは

それぞれ詳しく見ていきましょう。

サブコンとゼネコンの違いとは

サブコンとゼネコンの主な違いは、以下のとおり。

ゼネコン サブコン
クライアントとの関係 元請け 下請け
工事の担当範囲 全工程 一部の工事
業務内容 工事計画の作成

施工

品質管理

安全管理

予算管理

作業員への指示

一部の工事の施工

施工

品質管理

安全管理

予算管理

ゼネコンとサブコンは工事の雇用形態も異なります。

工事の雇用方法には以下の3種類があります。

  • 一式請負方式
  • 分離発注方式
  • コストオン方式

一般的に利用されているのは一式請負方式。

一式請負方式とは、ゼネコンが発注者から工事一式を請け負い、工事の一部分をサブコンに外注する方法です。

「サブ」といわれることから、ゼネコンとは一定の上下関係があると感じるかもしれません。

ただ、ゼネコンとサブコンも目指すゴールは同じ。

工期通りに工事を進めるためにも、両者が協力しながら作業することが重要です。

サブコンの種類とは

サブコンは工事によって以下の4種類に分けられます。

  • 電気設備工事
  • 空調設備工事
  • 衛生設備工事
  • 消防設備工事

たとえば電気設備工事に関わるサブコンで働く人は、高層ビルの電気の配線工事や電気設備の管理を行います。

住宅建築で働く場合は、内装部分である電気配線の設計にも関わることもあるでしょう。

電気設備工事と空調設備工事では、求められるスキルや必要な資格は異なります。

サブコンに転職したい人は、転職を目指す会社がどんな工事を請け負っているのか、必要なスキルは何かなど事前に確認しておきましょう。

サブコンの将来性とは

サブコンは将来性がある業界といえます。

そもそもゼネコンが工事をすべて請け負い、一部をサブコンに依頼する一式請負方式は日本ならではの契約方法でした。

近年、建設工事の工程が複雑になってきたことで専門化が進んでおり、工事を一括してゼネコンに依頼するのではなく、分離発注方式やコストオン方式を活用する会社も増えています。

専門性の高さは他には負けない強みとして業界の中でも差別化ができるポイントになるため、将来的に活躍の場を広げたい人はサブコンに転職してスキルを磨くとよいでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

サブコンのカテゴリ別の平均年収を比較

ここではサブコンの平均年収を下記の2つのカテゴリから比較します。

  • 業界全体の平均年収を比較
  • 男女の平均年収を比較

それぞれ詳しく見ていきましょう。

業界全体の平均年収を比較

サブコンの業界全体の平均年収は、404万円です。

国税庁の調査した国全体の平均年収とサブコンの平均年収を比較すると以下のとおり。

国全体 サブコン
平均年収 443万円 404万円

引用:[令和3年分 民間給与実態統計調査],[マイナビエージェント]

国全体の平均年収と比較すると、サブコンの平均年収は低めです。

ただ、サブコンは資格のない20代の間は年収が低いため、30代までに必要な資格を取得して実績を積めば平均年収を超えることが可能です。

男女の平均年収を比較

次に男女の平均年収を比較します。

ここでは20代と30代の男女のサブコンで働く人材の平均年収をまとめました。

全体 男性 女性
20代 370万円 378万円 318万円
30代 459万円 475万円 333万円

引用:[マイナビエージェント]

サブコンは20代の間は男女ともに年収が低いことがわかります。

ただ、30代になると平均年収は459万円に上がります。

女性の平均年収は上がりにくいことが多いため、女性でサブコンの転職を検討する人は、女性の働きやすい制度を整えている会社を検討しましょう。

サブコン大手の平均年収をランキング形式で紹介

ここからはサブコン大手の平均年収をランキングで紹介します。

順位 会社名 平均年収
1 大気社 9,657,422 円
2 新日本空調 9,571,896 円
3 高砂熱学工業 9,448,000 円
4 ダイダン 8,983,532 円
5 きんでん 8,500,114 円
6 朝日工業社 8,465,460 円
7 住友電設 8,161,771 円
8 中電工 7,483,000 円
9 関電工 7,479,871 円
10 明電舎 7,428,633 円

引用:[日本経済新聞]

それぞれの会社の特徴をまとめましたので、参考にしてください。

大気社

大気社は大手サブコンの中でも特に平均年収が高い会社です。

請け負う工事は空調設備で、設計や施工を主に担当します。

空調設備は大規模なプラントや商業施設にも求められる設備なので、高い電圧の設備工事にも対応できるよう、施工管理技士や電気工事士の資格を取得しておきましょう。

会社名 大気社
本社住所 〒160-6129 

東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー

従業員数 1,611 人
平均年齢 42.5 歳
平均年収 9,657,422 円
初任給 243,000 円

引用:[日本経済新聞]

新日本空調

新日本空調はエアコンなどの空調設備の取り付け工事全般を行う会社です。

空調設備に関する事業だけでなく、原子力施設のクリーン化や電気工事など空調以外にも事業を広げています。

病院や店舗、オフィスやホテルなど、どんな建物にも対応できる空調設備工事が求められるため、高いスキルが必要です。

会社名 新日本空調
本社住所 〒103-0007 

東京都中央区日本橋浜町2-31-1

従業員数 1,132 人
平均年齢 44.1 歳
平均年収 9,571,896 円
初任給 250,000 円

引用:[日本経済新聞]

高砂熱学工業

高砂熱学工業は空調設備の企画や設計、施工や保守を請け負う会社です。

空調設備を通して省エネルギー化や自然エネルギーの創出・安定供給を目指し、脱炭素社会に向けた取り組みを積極的に行っています。

地球温暖化対策やエネルギー供給事業にも興味がある人は高砂熱学工業の事業に興味を持って取り組めるでしょう。

会社名 高砂熱学工業
本社住所 〒160-0022 

東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア

従業員数 2,166 人
平均年齢 42.2 歳
平均年収 9,448,000 円
初任給 242,000 円

引用:[日本経済新聞]

ダイダン

ダイダンは管工事と電気設備工事業をメインに取り組む会社です。

「光と空気と水」を生かした、建物にいのちを吹き込む仕事をコンセプトに掲げ、電気や空調、水道衛生やビル設備の管理や設計施工を一括受注しています。

サブコンの中でも、専門的に学ぶスキルの選択肢が多い会社であるため、自分の学びたい分野がまだ固まっていない人におすすめといえるでしょう。

会社名 ダイダン
本社住所 〒550-8520 

大阪市西区江戸堀1-9-25

従業員数 1,645 人
平均年齢 41.9 歳
平均年収 8,983,532 円
初任給 242,000 円

引用:[日本経済新聞]

きんでん

きんでんは電気設備工事を請け負うサブコンの中でもトップレベルの会社です。

電気工事の設計や施工、保守管理はもちろん、近年はソーラーパネルを使った太陽光エネルギーの活用にも力を入れています。

海外事業も展開しているため、専門性を高めて海外で活躍したい人は、きんでんへの転職を検討してみてください。

会社名 きんでん
本社住所 〒531-8550 

大阪市北区本庄東2-3-41

従業員数 8,136 人
平均年齢 41.7 歳
平均年収 8,500,114 円
初任給 223,000 円

引用:[日本経済新聞]

朝日工業社

朝日工業社が手がける事業は主に下記の2種類です。

  • 空気調和設備工事
  • 衛生設備工事

人々が活動する場に必須の空気や水、熱の調和をはかるため、換気設備の設置やクリーンルーム設備の施工など多岐にわたる設備を作り上げています。

病院やホテル、水族館など事業を展開する領域は多岐にわたります。

空間や衛生に関する分野に興味がある人におすすめです。

会社名 朝日工業社
本社住所 〒105-8543 

東京都港区浜松町1-25-7

従業員数 946 人
平均年齢 44.6 歳
平均年収 8,465,460 円
初任給 242,000 円

引用:[日本経済新聞]

住友電設

住友電設はビルや工場の内線工事や、プラントの電力設備や情報通信設備の施工、空調工事などの事業を展開するサブコンです。

電気工事から電気通信工事、空調設備工事まで多岐にわたる技術を持つため、サブコンの中でも複数の分野を学ぶことが可能。

住友電工グループの一員として、住友に関係する建物の施工が主である点も特徴のひとつです。

会社名 住友電設
本社住所 〒550-8550 

大阪市西区阿波座2-1-4

従業員数 1,707 人
平均年齢 44 歳
平均年収 8,161,771 円
初任給 252,400 円

引用:[日本経済新聞]

中電工

中電工は広島市に本社を構える、電気・空調・給排水・情報通信などの快適設備の設計や施工を担当する設備会社です。

中国地方で一番規模の大きな電気工事会社として、大規模な工事から小さな工事まで幅広く対応しています。

地方のサブコンで実力を磨きたい人にはぴったりといえるでしょう。

会社名 中電工
本社住所 〒730-0855 

広島市中区小網町6-12 中電工平和大通りビル

従業員数 3,364 人
平均年齢 39.6 歳
平均年収 7,483,000 円
初任給 217,000 円

引用:[日本経済新聞]

関電工

関電工は電気設備工事に特化した総合設備会社です。

事業フィールドは大きく分けて3つ。

  • 屋内線・環境設備
  • 情報通信設備
  • 電力設備

各分野でトップレベルの技術を有しており、数多くの特許も取得済みです。

電気に関わる工事に興味がある人に向いている会社といえるでしょう。

会社名 関電工
本社住所 〒108-8533 

東京都港区芝浦4-8-33

従業員数 7,682 人
平均年齢 42.1 歳
平均年収 7,479,871 円
初任給 223,000 円

引用:[日本経済新聞]

明電舎

明電舎はサブコンの中でも特に幅広い分野に関わる事業を展開している会社です。

主な事業内容は以下のとおり。

  • 電力・エネルギー
  • 水インフラシステム
  • 電鉄用システム
  • プラント建設工事
  • フィールドエンジニアリング

国内外の大型プラントの設計や施工、保守管理も対応しているため、ゼネコンと同じ業務をすることも。

幅広い分野に興味を持って取り組める人であれば、明電舎の中から気になる分野を探してみてください。

会社名 明電舎
本社住所 〒141-6029 

東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower

従業員数 3,763 人
平均年齢 43.3 歳
平均年収 7,428,633 円
初任給 232,000 円

引用:[日本経済新聞]

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

サブコンへの転職を成功させるためにやるべきこと

サブコンへの転職を成功させたい人は、下記の3つのポイントを押さえましょう。

  • 資格の取得
  • 実績の獲得
  • 転職エージェントの利用

今からできる対策として特に効果的な方法は、資格の取得です。

サブコンへの転職を目指す人が取得すべき資格は以下のとおり。

電気設備工事 電気工事士

電気主任技術者

電気工事施工管理技士

電気通信施工管理技士

空調設備工事 管工事施工管理技士

冷凍機械責任者

エネルギー管理士

ボイラー技士

衛生設備工事 給水装置工事主任技術者

管工事施工管理技士

電気工事士

消防設備士(甲種1類)

消防設備工事 消防設備点検資格者

消防設備士

電気工事士

認定電気工事従事者認定

紹介した資格の中には国家資格がいくつも含まれており、難易度はさまざまです。

特に施工管理技士試験は受験するために一定の実務経験年数が必要なことがあるため、必要な資格をどのくらいの期間で取得するか計画を立てておきましょう。

まとめ

今回はサブコンの平均年収について、業界別や男女別の比較、さらには大手サブコンの平均年収ランキングを紹介しました。

サブコンはゼネコンと比べて専門的な工事に集中して取り組む仕事です。

専門性の高さが求められるため、サブコンに転職を成功させるには即戦力として働ける実績や資格があるとよいでしょう。

本記事では、サブコンに転職するときに有利になる資格も紹介しています。

大手サブコンの平均年収ランキングなどの企業情報を参考にしながら、自分が入りたいサブコンの方向性を決めましょう。

転職をスムーズにかつ効率的に進めたい人は、転職エージェントの利用がおすすめです。

建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」に相談して、自分と相性のよいサブコンに転職しましょう。

建設業で働く20代の平均年収とは?職種別・企業規模別の違いや年収を上げる方法を解説

これから就職を始める人の中で、建設業界で働きたいという人がいるのではないでしょうか。

建設業界はものづくりの中でも人々のインフラを支える道路や大規模建造物の建設に関わる仕事で、社会貢献を感じることができる仕事といえるでしょう。

しかし高い技術力が求められる建設業界では、入ってすぐの給料は低いことが多く年収が上がる前にやめてしまう人も。

今回は建設業界の20代の平均年収を職種別に紹介します。

これから建設業界への就職を検討している人や、第二新卒として別業界から建設業界への転職を狙っている人は参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

建設業界全体の平均年収を比較

そもそも、建設業界の平均年収は全体と比較してどのくらい高いのでしょうか。

今回は以下の3つの項目に関する平均年収を比較します。

  • 業界別の平均年収を比較
  • 会社規模による平均年収を比較
  • 大手ゼネコンの平均収入を比較

それぞれ詳しく見ていきましょう。

業界別の平均年収を比較

dodaの調査によると、業界別の平均年収のデータは下記のとおりです。

業界 全体 男性平均 女性平均
金融 454万円 551万円 383万円
メーカー 453万円 488万円 372万円
総合商社 446万円 496万円 366万円
IT/通信 436万円 465万円 383万円
建設/プラント/不動産 421万円 455万円 357万円
インターネット/広告/メディア 412万円 455万円 370万円
専門商社 411万円 450万円 348万円
メディカル 400万円 481万円 348万円
サービス 366万円 405万円 326万円
小売/外食 351万円 390万円 309万円

引用:[doda]

業界ごとの平均年収を見ると、建設業界は中間くらいの平均年収の高さです。

別の業界から建設業界へん転職を検討する人は参考にしてください。

会社規模による平均年収を比較

建設会社の規模による平均年収の違いは以下のとおり。

企業規模 年間賞与その他特別給与額 平均年収
10~99人 72.5万円 462.7万円
100~999人 118万円 606.3万円
1,000人以上 167.5万円 687.4万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

データを見て分かるように会社規模によって平均年収が大きく異なります。

平均収入の差が出る要素のひとつは、年間賞与の額です。

規模が大きい会社になるほどボーナスや特別給与の額が大きくなっているため、平均年収も高くなっています。

同じ技術力がある人でも、働く会社の規模によって年収が異なるということ。

年収を上げたい人は、働く会社の規模も考えてみてください。

大手ゼネコンの平均収入を比較

ここでは大手ゼネコンの中でもスーパーゼネコン5社の平均年収を比較します。

スーパーゼネコンとは、売上高が1兆円を超える企業のこと。

2023年10月現在、スーパーゼネコンは下記の5社です。

  • 鹿島建設
  • 大林組
  • 清水建設
  • 大成建設
  • 竹中工務店

それぞれの平均年収は以下のとおりです。

会社名 平均年収
鹿島建設 1,163.5万円
大林組 1,031.6万円
竹中工務店 1,009.6万円
大成建設 992.9万円
清水建設 971.6万円

スーパーゼネコン5社の平均年収は1,034.2万円です。

平均年収だけで1,000万円を超えている点を見ると、スーパーゼネコンのレベルの高さがわかります。

高い年収を目指す人は、最終的にスーパーゼネコンに入社することを目標にステップアップしていくのがよいでしょう。

【職種別】建設業界で働く20代の年収を徹底解説

ここからは厚生労働省の発表する令和4年賃金構造基本統計調査のデータから、建設業界で働く20代の平均年収を職種別に紹介します。

今回紹介する職種は以下の7種類です。

  • 施工管理技士
  • 建築士
  • 測量士
  • とび職
  • 大工
  • 配管工
  • 電気工事士

それぞれ詳しく見ていきましょう。

20代施工管理技士の平均年収

施工管理とは工事の工程や予算、利用する資材などを管理して、工期通りに工事を進めるように作業員に指示をする役割です。

工事現場全体を管理する業務が多いため、リーダーシップやマネジメント力が求められます。

年齢 平均年収
〜19歳 273.7万円
20〜24歳 377.4万円
25〜29歳 499.8万円
30〜34歳 543.9万円
35〜39歳 583.8万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

施工管理の平均年収は20代は高くならず、30代以降に徐々に上がります。

なぜなら、施工管理として給与を上げるには施工管理技士の資格を取得して実績を積む必要があるから。

20代は修行期間と考え、実績を積みながら資格の勉強を進めましょう。

20代建築士の平均年収

建築士とは建物の設計やデザイン、管理を行う仕事です。

建築士の年代ごとの平均年収は以下のとおり。

年齢 平均年収
〜19歳 275.9万円
20〜24歳 360.9万円
25〜29歳 479.4万円
30〜34歳 599.9万円
35〜39歳 676.1万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

20代の平均年収はそこまで高くないですが、30代に入ると一気に平均年収が上がります。

建築士として収入を上げるには建築士の資格が必要です。

会社によって求められる資格が異なるため、経験を積みながら必要な資格を取得してみてください。

20代測量士の平均年収

測量士とは、機械を使って土地の距離や角度、高低差などを計測する仕事です。

他にも測量計画を立てたり、集めたデータを使って地形図を作ったり、データ分析なども行います。

測量士の年代別の平均年収は以下のとおりです。

年齢 平均年収
〜19歳 243.4万円
20〜24歳 316.6万円
25〜29歳 407.3万円
30〜34歳 429.3万円
35〜39歳 467.5万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

他の建設業界の職種と比べて、平均年収は低めです。

高い年収を狙う人であれば、独立するもしくは別の職種への転職を検討してもよいでしょう。

20代とび職の平均年収

とび職とは建設現場で足場の設置を行い、建物の外壁や屋根などでの高所作業を専門に行う職業です。

とび職の20代から30代までの平均年収は以下のとおり。

年齢 平均年収
〜19歳 256.3万円
20〜24歳 312.5万円
25〜29歳 372.3万円
30〜34歳 420.5万円
35〜39歳 470万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

とび職は専門的な資格を獲得して実力を認められれば、一人親方という個人事業主という雇用形態で働くことも可能ですし独立して会社を立てることも可能です。

働き方次第で年収を上げられる仕事なので、独立を目指す人は経営力や営業力も磨いておきましょう。

20代大工の平均年収

大工は新築やリフォームを問わず建物の建設に関わる仕事です。

主に木造建築に関わる仕事が多く、木材の加工や組み立てなど多岐に渡ります。

大工の年代別の平均年収の違いは以下のとおり。

年齢 平均年収
〜19歳 209.8万円
20〜24歳 349.6万円
25〜29歳 404.6万円
30〜34歳 467万円
35〜39歳 513.2万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

大工は働き方の幅が広く、神社や寺院の修繕・建築に関わる宮大工や船の造船に関わる船大工などさまざま。

自分がどんなものを作りたいかを考えたうえで、会社を選ぶのがおすすめです。

20代配管工の平均年収

配管工とは名前のとおり、配管の設置や整備、修理を行う仕事です。

配管工事が求められる施設の例を挙げると以下のとおり。

  • 給水管
  • 排水管
  • ガス管
  • 冷暖房換気装置
  • 消火設備
  • 排水処理施設
  • 空気清浄装置

どんな配管の仕事を請け負うかによって、平均年収が異なることも。

年代別の平均年収は以下のとおりです。

年齢 平均年収
〜19歳 256.4万円
20〜24歳 354.5万円
25〜29歳 407.2万円
30〜34歳 447万円
35〜39歳 493.4万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

すべての建物に配管は必須です。

そのため、高い技術力をつければどんな工事にも求められる人材になれるでしょう。

20代電気工事士の平均年収

電気工事士とは建物における電気の配線の設置や電気設備の管理、電気を通すための工事を行う仕事です。

年代別の平均年収は以下のとおり。

年齢 平均年収
〜19歳 268.2万円
20〜24歳 367.6万円
25〜29歳 457.2万円
30〜34歳 502.1万円
35〜39歳 531.4万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

高圧の電気を扱う仕事であるため、一定規模の電気工事に対応するには資格が求められます。

年収を上げたい人は、まず1級電気工事士の資格取得を目指しましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設業界で今より年収を上げる方法とは

ladder, success, beyond

ここまで建設業界の職種や企業規模ごとの平均年収について紹介しました。

実際に建設会社に入って働いている人が、今よりも年収を上げるには何をすればいいのでしょうか。

ここでは以下の3つの方法を解説します。

  • 専門の資格を取得する
  • 経験を積んで役職を獲得する
  • 大手ゼネコンなどの大企業に転職する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

専門の資格を取得する

建設業界で働く場合、資格がある人とない人では給与に大きな違いが出てきます。

なぜなら資格によっては、工事現場に必ず配置しなければいけない技能者として認められているものもあるため。

会社に有資格者が多数いることで評価が上がることもあり、資格手当などの制度を用意して資格取得を推奨しています。

今回紹介した7つの職種で働く人は、下記の資格の取得を目指しましょう。

施工管理 建築施工管理技士

土木施工管理技士

電気工事施工管理技士

管工事施工管理技士

建築士 一級建築士

二級建築士

木造建築士

建築設備士

 インテリアコーディネーター

測量士 測量士
とび職 とび技能士

玉掛け技能講習

足場主任者

大工 建築大工技能士

木造建築物の組立て等作業主任者

木造建築士

建築施工管理技士

配管工 配管技能士

管工事施工管理技士

給水装置工事主任技術者

電気工事士 電気工事士

電気主任技術者

消防設備士

ここで紹介した資格以外にも、仕事に役立つ資格はさまざま。

会社に資格手当制度がある場合は、資格ごとの手当を把握して、計画を持って資格勉強を進めましょう。

経験を積んで役職を獲得する

現在働いている会社を辞めるつもりはないけれど、今よりも年収を上げたいという人は、経験値を積んで役職の獲得を目指すのがおすすめです。

なぜなら部長や課長などの役職を獲得すれば、役職手当をもらえるから。

責任者として仕事の難易度が上がるため、給与も高くなるでしょう。

経験値を上げるには、担当する工事を増やしたり資格を取得して仕事の幅を広げるのがおすすめです。

大手ゼネコンなどの大企業に転職する

大手ゼネコンは建設業界の中でも平均年収が高いです。

なぜなら大手ゼネコンの担当する工事は国内海外問わず大規模なものが多く、高い技術力が求められるから。

施工管理であれば一級施工管理技士、建築士であれば一級建築士など資格の中でも最高難易度の資格を求められることが多いです。

ある程度の実力がついて難易度の高い資格を取得した日音は、大手ゼネコンへの転職を検討してみてください。

年収が上がるだけでなく、充実した福利厚生を受けながら目標を持って働くことができるでしょう。

建設業界で年収の高い企業へ転職するならビーバーズにお任せ

建設業界への転職を目指す20代の人、もしくはすでに建設業界で働いているけれど会社を変えたいと思っている人は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

なぜなら転職エージェントは転職サイトなどの求人票に載っていない非公開求人を多数保有しており、その人にあった会社を紹介してくれるから。

転職で1番注意すべき点は、入社後にイメージとのギャップが生じてしまい、早期退職や転職を繰り返してしまうこと。

企業分析や会社情報の収集が十分にできていないことで発生しやすいトラブルです。

しかし転職エージェントを利用すれば、転職を成功させてきたプロの目線で、転職希望者の悩みや希望を汲み取り、適切な求人を紹介できるでしょう。

建設業界への転職は、建設業界の求人に特化したビーバーズがおすすめです。

ビーバーズのアドバイザーは全員建設業界に詳しく、業界ならではの転職のクセや面接での注意点を把握しています。

ビーバーズにしかない非公開求人も用意しているため、まずは相談してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は建設業界の20代の平均年収について、職種別の違いや会社規模によって異なる平均年収の違いを紹介しました。

建設業界は資格や経験などの実績がつけばつくほど年収が上がる世界です。
20代の間は平均年収が低くても、資格を取得して実績を積めば高い年収を獲得できるでしょう。

年収を上げたい人は、キャリアプランをしっかりと立て、資格の取得や転職の計画を立てましょう。

今の会社を辞めてより年収の高い会社に転職したい人はビーバーズにご相談ください。

転職希望者の自己分析のサポートや面接対策はもちろん、ヒアリングを通してその人にあった会社を紹介いたします。

本記事が参考になれば幸いです。

建設業で働く40代の年収を徹底調査!職種別や会社ごとの平均年収を細かく解説

建設業で働く40代の人で、自分の年収が伸びないと悩んでいる人はいませんか。

スキルや実績があるのに年収が伸びない理由は、自分だけではなく会社にあることも。

自分の立ち位置を把握した上で、年収を上げる努力をする必要があります。

今回は建設業界の40代の年収に関して、業界全体の平均年収や職種ごとの平均年収を紹介してから、年収を上げるためにやるべき行動を解説します。

自分の年収が上がらない問題点は何かを理解して、今からできる行動を始めてみてください。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

建設業界の平均年収を徹底比較

Person Holding 100 Us Dollar Banknotes

まずは建築業界全体の平均年収や、会社ごとに変わる平均年収を比較しましょう。

  • 建設業界全体の平均年収
  • 年代別の平均年収

それぞれ詳しく解説します。

建設業界全体の平均年収とは

建設業界全体と、日本全体の平均年収を比較したデータはこちらです。

建設業界全体 国全体
平均年収 509万円 433万円

引用:[第12表 業種別及び年齢階層別の給与所得者数・給与額],[令和3年分 民間給与実態統計調査]

データを見ると、国全体と比べ建設業界は平均年収が高いことが分かります。

ただ、建設業界の各職種によっては平均年収のデータが高くなったり低くなったりするかもしれません。

記事の後半では建設業界の職種別の40代の平均年収を紹介するので参考にしてください。

年代別の平均年収とは

次に建設業界全体の年代別の平均年収のデータをまとめました。

年代 平均年収
〜19歳 233.6万円
20〜24歳 337.1万円
25〜29歳 418.3万円
30〜34歳 464.2万円
35〜39歳 491.9万円
40〜44歳 527.6万円
45〜49歳 598.8万円
50〜54歳 600.3万円
55〜59歳 601.5万円

引用:[第12表 業種別及び年齢階層別の給与所得者数・給与額]

データから、建設業界の平均年収は年齢が上がるにつれて高くなっていることが分かります。

建設業界は、実績や資格の有無によって担当できる仕事が増えるため、就業年数が多い方が年収が高くなります。

20代のうちは、将来に向けての実績を積みながら資格の取得を目指すことで、30代以降の年収を上げることができるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設業で働く40代の年収を職種別に解説

ここからは建設業で働く40代の平均年収を職種別に紹介します。

建設業全体の平均年収を紹介しましたが、職種によっては平均年収の数値が大きく異なることも。

自分の職種の平均値を把握して、自分が全体の中でどのくらいの年収なのか把握してみてください。

  • 施工管理
  • 建築士
  • 測量士
  • とび職
  • 大工
  • 電気工事士

それぞれ詳しく見ていきましょう。

施工管理で働く40代の年収

施工管理として働く40代の年収データはこちらです。

年齢 平均年収
30〜34歳 543.9万円
35〜39歳 583.8万円
40〜44歳 615.7万円
45〜49歳 651.9万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

施工管理の仕事は実際に資材を運んだり、作業をしたりする必要がなく、全体のマネジメントや指示出しができれば対応できます。

経験値が増えるほど規模の大きな工事を担当できるようになるため、まずは実績を増やすことが大切です。

建築士で働く40代の年収

建築士で働く40代の年収データはこちらです。

年齢 平均年収
30〜34歳 599.9万円
35〜39歳 676.1万円
40〜44歳 710.9万円
45〜49歳 726.9万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

30代の年収の伸び率と比較すると、40代の年収は伸びづらくなっています。

建築士の年収を上げる効果的な方法は、一級建築士の資格取得です。

まずは試験合格に向けて勉強スケジュールを立てましょう。

測量士で働く40代の年収

測量士で働く30〜40代の平均年収は下記のとおり。

年齢 平均年収
30〜34歳 429.3万円
35〜39歳 467.5万円
40〜44歳 546.2万円
45〜49歳 551.6万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

全体的に見ると、徐々に年収が上がっている印象です。

測量士の仕事は外での作業や移動が多いため、40代以降になると体力的に厳しくなることも。

設計やデザインの技術を身につけ、事務所内での作業に集中できる仕事を検討するのもおすすめです。

とび職で働く40代の年収

とび職で働く30〜40代の平均年収は以下のとおりです。

年齢 平均年収
30〜34歳 420.5万円
35〜39歳 470万円
40〜44歳 482.2万円
45〜49歳 494.5万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

30代前半から後半にかけては50万円ほど平均年収が上がっているのに対して、40代では前半と後半の差がほとんどありません。

とび職は高所作業をはじめとした屋外作業が多いため、40代を超えると作業ができなくなる可能性もあります。

将来的に教育者担当の立ち位置を確保するか、独立して経営者としての立場を作ることも検討してみてください。

大工で働く40代の年収

大工で働く40代の平均年収を下記にまとめました。

年齢 平均年収
30〜34歳 467万円
35〜39歳 513.2万円
40〜44歳 536.0万円
45〜49歳 508.3万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

40代前半と比較して、40代後半は20万円ほど平均年収が下がっています。

大工の仕事は資材の運搬や施工など、屋外での体力仕事がほとんどです。

40代後半になると、仕事についていけなくなり、仕事が減ってしまうリスクがあることを理解しておきましょう。

電気工事士で働く40代の年収

電気工事士として働く40代の平均年収は以下のとおりです。

年齢 平均年収
30〜34歳 502.1万円
35〜39歳 531.4万円
40〜44歳 564.0万円
45〜49歳 613.9万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

電気工事士は国家資格のひとつに当たり、電気工事に関する独占資格です。

電気工事士しか対応できない仕事が多いため、AIに奪われる心配のない、将来性のある仕事といえるでしょう。

屋外の仕事もいくつかありますが、基本的には屋内の仕事が多いため、40代になっても現役で活躍できる仕事です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設業界は年収アップに関わる4つの指標を解説

建設業界のどの年代にも当てはまることですが、年収を上げるには以下の4つの指標を上げることが重要です。

  • 経験年数が長ければ年収が上がる
  • 資格手当によって基本給が上がる
  • 正規雇用か非正規雇用かで年収が変わる
  • 残業代の割合によって年収が変わる

それぞれ詳しく解説します。

経験年数が長ければ年収が上がる

建設業界において、経験年数は年収に大きな影響を与えます。

なぜなら建設業界は多種多様な工事に関わることがあるため、若い頃からたくさんの経験値を積むことで実力をつけることができるから。

経験豊富な職人であれば、初めての新人よりも高い給与を期待できるでしょう。

経験値がある職人であればより難易度の高い工事に対応できるようになります。

転職する際も経験年数をアピールすればより条件の良い会社に巡り会えるかもしれません。

資格手当によって基本給が上がる

建設業界では、特定の資格や技能を持っている従業員に対して資格手当が支給されます。

資格手当は基本給にプラスされる形で支給されるため、資格を持つことで年収を上げることが可能です。

たとえば、2級建築士の資格手当の相場は5,000〜8,000円です。

他にも施工管理技士や1級建築士などの資格を取得しながら、徐々に年収を上げていきましょう。

正規雇用か非正規雇用かで年収が変わる

正規雇用と非正規雇用では年収に大きな差が生じます。

建設会社で働く場合は、雇用形態をあらかじめ確認しておきましょう。

なぜなら正規雇用で働く場合は、安定した給与や福利厚生の恩恵を受けられるメリットがあり、非正規雇用として働く場合は、契約期間や案件に応じて収入が変動するため、収入が安定しないというデメリットがあるからです。

年収を上げたい人であれば、正規雇用として働きながら資格手当や残業代を得て高い年収を目指す方法がおすすめです。

残業代の割合によって年収が変わる

建設業界は、工期の調整や人手不足の対応などの関係で、残業が発生することがほとんど。

働いた時間に対しては残業手当が支払われるため、残業時間が増えれば増えるほど月にもらえる手当の額が増えるということです。

ただ、働きすぎて体を壊してしまえば意味がありません。

残業代で年収を上げたい人は、残業代の支給額が多い会社を探すのも手段のひとつといえるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設業界の40代の年収に関するよくある質問

ここからは建設業界で働く40代の年収に関するよくある質問に回答します。

  • スーパーゼネコンで働く40代の平均年収はどのくらい?
  • 建設業界で働く40代が年収を上げるには何をすべき?
  • 40代から建設業界に転職するのは難しい?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

スーパーゼネコンで働く40代の平均年収はどのくらい?

ゼネコンの中でも売上高が1兆円を超える企業を、スーパーゼネコンと呼びます。

スーパーゼネコンの平均年収は記事のはじめに紹介しましたが、40代に限定したデータはどのようになっているのでしょうか。

ここではスーパーゼネコンで働く40代の平均年収や平均月収、平均ボーナスなどのデータをまとめました。

会社名 平均年収 平均月収 平均ボーナス 年収中央値
鹿島建設 1,198.8万円 76.2万円 215.5万円 1,078.92万円
大林組 1,089.4万円 69.8万円 192.1万円 980.46万円
清水建設 1,039.5万円 66.2万円 186.8万円 935.55万円
大成建設 1,024.2万円 64.5万円 190.9万円 921.78万円

引用:[リサコ]

データを見ると、スーパーゼネコンで働く40代の年収は1,000万円を超えています。

平均年収で1,000万円越えということは、最高年収は2,000万円近い可能性もあります。

40代になると役職が上がり、管理職などに就く人が増えることが平均年収が高い理由のひとつといえるでしょう。

建設業界で働く40代が年収を上げるには何をすべき?

建設業界で働く40代が年収を上げるには、資格の取得や実績の積み上げは基本要素として求められます。

ただ、資格や実績が十分あるにも関わらず、年収の伸びに悩んでいる人は、以下の2つの選択肢を検討してみてください。

  • 条件の良い会社へ転職する
  • 独立して自分の会社を持つ

年収が上がるかどうかは、会社が社員に対して払える報酬の上限によって変わります。

転職してより規模の大きな会社で働くことで、同じ仕事に対して受け取ることができる年収が変わるかもしれません。

また、人脈と実績が十分にある人であれば、自分の会社を設立するのもおすすめ。

軌道に乗るまでには年収が上がりにくいというデメリットがありますが、事業が安定したあとは努力次第で年収を上げられるでしょう。

40代から建設業界に転職するのは難しい?

40代で異業種から建設業界に転職することは不可能ではありませんが、年収アップを目指すのであればおすすめできません。

40代から年収を上げるために転職を検討している人は、建設業界の中で自分の以前働いていた職種と同じ会社を目指しましょう。

なぜなら建設業界では一定の資格や実績を求められることが多く、人をまとめる立場の高い役職に就くには長年培ったスキルが必要だからです。

すでに前の職場で豊富な実績を持っていれば、新しい職場の即戦力として活躍できるでしょう。

まとめ

今回は建設業界で働く40代の人の平気年収について、業界全体や職種ごとのデータを比較しました。

建設業界全体の平均年収は509万円ですが、職種や働く職場によっては1,000万円以上を狙うことができることが分かりました。

40代まで建設業界で働いているということはすでに必要なスキルや実績を保有しているはずです。

自分のスキルをよりレベルの高い会社で活かすことで、年収アップだけでなく働きがいのある仕事に従事できるでしょう。

40代で転職を検討する場合は、時間や手間の削減や、会社とのマッチング率を上げるために転職エージェントに相談することがおすすめ。

建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」を活用すれば、自己分析から書類・面接対策まで丁寧なサポートを受けながら自分に合った会社を見つけることが可能です。

まずは登録して、気になる求人を見つけてみてください。

本記事が参考になれば幸いです。

2級建築士の平均年収を徹底調査!試験概要や年収を上げるコツを解説

2級建築士を目指している人の中で、気になるポイントは「年収」ではないでしょうか。

2級建築士は国家資格として建設業界でも評価が高い資格のひとつ。

資格がある人とない人では年収の額も変わってくるでしょう。

ただ、働く会社や対応する仕事、資格手当などによって2級建築士の中でも年収の額が異なります。

今回は、2級建築士の年収に注目して建築士全体の平均年収の比較や資格によって異なる年収額、年収をより上げるためにやるべき行動を紹介します。

建設業界への転職を検討している人や、2級建築士の取得を目指している人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

建築士の平均年収を比較

まずは建築士全体の平均年収を比較していきます。

今回比較する項目は以下の3種類です。

  • 建築士と国全体の平均年収
  • 年代別の建築士の平均年収
  • 企業規模別の建築士の平均年収

それぞれ詳しく見ていきましょう。

建築士と国全体の平均年収の比較

建築士と国全体の平均年収を比較したデータはこちらです。

建築士全体 国全体
平均年収 620.4万円 344万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査],[令和3年分 民間給与実態統計調査]

国全体と比較すると、建築士の平均年収は2倍近く高いことが分かります。

年代別の建築士の平均年収の比較

建築士の年代別の平均年収をまとめました。

年齢 平均年収
〜19歳 275.9万円
20〜24歳 360.9万円
25〜29歳 479.4万円
30〜34歳 599.9万円
35〜39歳 676.1万円
40〜44歳 710.9万円
45〜49歳 726.9万円
50〜54歳 774.8万円
55〜59歳 777.4万円
60〜4歳 600.4万円
65〜69歳 527.7万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

こちらの表をグラフにまとめると以下のとおり。

引用:[jobtag]

グラフ・表から、建築士の年代別の平均年収は、55〜59歳が最も高く、777.4万円という結果になりました。

建築士の仕事はスキルをつけながら徐々にレベルアップしていく仕事です。

資格を取得することでより規模の大きな建設工事に関われるようになります。

体力的にきつい仕事が少ないため、50代まで高年収を狙って活躍し続けられるでしょう。

企業規模別の建築士の平均年収の比較

企業の規模によって建築士の平均年収はどう変化するのでしょうか。

企業規模別の建築士の平均年収は以下のとおりです。

企業の規模(従業員数) 平均年収 ボーナス
10〜99人 544.4万円 982,500円
100〜999人 646.3万円 1,336,100円
1,000人以上 721.0万円 1,746,400円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

企業規模別に見ると、1,000人以上の従業員を抱える大企業で働く建築士の平均年収が1番高いことが分かりました。

年収が高くなる左の一つにはボーナスの支給額があります。

10〜99人の従業員を抱える会社と1,000人以上の従業員を抱える会社では、支給されるボーナスの金額が763,900円も異なります。

規模が大きい会社に勤めることで、福利厚生の充実した働き方をしながら高い年収を受け取ることができるでしょう。

2級建築士の資格手当の目安

2級建築士の平均年収は、300万円~700万円前後と勤める会社や対応する業務によって金額が異なります。

年収の差には、会社が支給する資格手当の金額の差も当てはまります。

2級建築士の資格手当の目安は以下のとおりです。

2級建築士の資格手当の相場:5,000円~8,000円
1級建築士の資格手当の相場:10,000円~13,000円

1級建築士との資格手当の相場を比較して分かるように、2級建築士の比較手当はやや低め。

しかし、手当があることで基本給が底上げされ、年収アップが期待できます。

2級建築士で年収を上げたい人は、自社と他社の資格手当の金額を比較してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

2級建築士の試験概要を詳しく解説

man, write, plan

ここからは2級建築士の試験概要や合格率を詳しく解説します。

  • 2級建築士の試験概要
  • 2級建築士の合格率

それぞれ詳しく見ていきましょう。

2級建築士の試験概要

2級建築士の試験概要は以下のとおり。

運営機関 公益財団法人 建築技術教育普及センター
試験内容(学科) 4科目100問

マークシート方式、五肢択一

学科Ⅰ:建築計画(25問)

学科Ⅱ:建築法規(25問)

学科Ⅲ:建築構造(25問)

学科Ⅳ:建築施工(25問)

試験内容(設計製図) 事前に課題が発表された内容をもとに建築物の計画、作図を実施する

令和5年度:専用住宅(木造)

令和4年度:保育所

令和3年度:歯科診療所併用住宅

令和2年度:シェアハウスを併設した高齢者夫婦の住まい(木造2階建て)

受験資格
  • 大学(短期大学を含む)、高等専門学校、高等学校において、指定科目を修めて卒業した者
  • 建築実務の経験を7年以上有する者
  • 都道府県知事が同等と認める者

試験は学科試験と設計製図試験があります。

試験が行われる順番は以下のとおり。

  1. 設計製図の課題発表
  2. 学科の試験
  3. 設計製図の試験

学科試験の内容は過去問を解くことで対策できますが、設計製図試験は課題が発表されてから課題で求められる施設の設計を考える必要があります。

なお、学科試験に合格しなければ設計製図試験に進むことはできません。

まずは学科試験の対策を徹底的に行い、試験を全て受けることができるように準備を進めましょう。

2級建築士の合格率

2級建築士の試験は学科試験と設計製図試験に分かれます。

ここではそれぞれの試験の過去の合格率を表でまとめました。

【学科試験】

受験者数 合格者数 合格率
令和4年度 18,893人 8,088人 42.8%
令和3年度 19,596人 8,219人 41.9%
令和2年度 18,258人 7,565人 41.4%
令和元年度 19,389人 8,143人 42.0%
平成30年度 19,557人 7,366人 37.7%

【設計製図試験】

受験者数 合格者数 合格率
令和4年度 10,797人 5,670人 52.5%
令和3年度 11,450人 5,559人 48.6%
令和2年度 11,253人 5,979人 53.1%
令和元年度 10,884人 5,037人 46.3%
平成30年度 10,920人 5,997人 54.9%

合格率のデータを見ると、年によって37〜54%と合格率がさまざまです。

学科試験と設計製図試験を比較すると、学科試験の方がやや合格率が低い印象です。

学科試験と設計製図試験の両方に合格しなければ、2級建築士になれません。

バランスを考えながら試験勉強を進めましょう。

2級建築士になればできるようになること

建築士の資格は以下の3種類です。

  • 木造建築士
  • 2級建築士
  • 1級建築士

2級建築士の資格を取得すると、下記の業務ができるようになります。

設計できる建物の素材 設計できる建物の大きさ
鉄筋コンクリート造

鉄骨造

石造

れん瓦造

コンクリートブロック造

無筋コンクリート造

面積300平方メートルまで

(高さ13メートルかつ軒の高さ9メートルまでの建物)

木造

木造もしくは上記以外の構造

面積1,000平方メートルまで

(高さ13メートルかつ軒の高さ9メートルまでの建物)

資格取得前は木造建築の住宅の設計しかできなかった人が、2級建築士の資格があることで、ビルやマンションの設計ができるようになれば、仕事の幅が広がります。

より規模の大きな工事に関われるようになることで、働ける会社の種類も広がるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

2級建築士が年収を上げるためにやるべき4つの行動

cup, businessman, successful

2級建築士が年収を上げるには、以下の4つの行動を取ることがおすすめです。

  • 1級建築士の資格を取得する
  • 建築関連の資格を取得する
  • 実績を積んで役職を獲得する
  • 今よりも条件の良い会社に転職する

それぞれ詳しく解説します。

1級建築士の資格を取得する

1級建築士だけが取り扱うことができる建物の種類は以下のとおりです。

設計できる建物の素材 設計できる建物の大きさ
鉄筋コンクリート造

鉄骨造

石造

れん瓦造

コンクリートブロック造

無筋コンクリート造

面積300平方メートル以上

(高さ13メートルかつ軒の高さ9メートル以上の建物)

木造

木造もしくは上記以外の構造

面積1,000平方メートル以上

(高さ13メートルかつ軒の高さ9メートル以上の建物)

学校

病院

劇場

公会堂

集会場

百貨店

面積500平方メートル以上
階数が2階以上の建造物 面積1000平方メートル以上

つまり、1級建築士の資格を取得すると全ての建造物の設計ができるようになります。

さらに、1級建築士を取得した人がさらに数年の実務経験を積むと、以下の2つの資格の受験資格を得ることができます。

構造設計一級建築士:構造部分の設計を行うことができる
設備設計一級建築士:設備の設計が行うことができる

資格を取得すれば、さらに希少価値が高まります。

自分のスキルを上げてどんな会社でも活躍できる建築士になりたい人は、まず1級建築士の資格取得を目指しましょう。

建築関連の資格を取得する

2級建築士が年収を上げる方法は、1級建築士の資格を目指すだけではありません。

資格手当は建築士の資格以外の資格を取得したときにも支給されます。

建築士の仕事に役立つ資格を取得すれば、自分の仕事にも活用できますし、将来的に転職する際も有利に働くかもしれません。

2級建築士が取得すべき資格は以下のとおり。

  • 建築施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士
  • 宅地建物取引士
  • 管理建築士
  • インテリアコーディネーター
  • カラーコーディネーター
  • 福祉住環境コーディネーター

まずはそれぞれの資格が自分の仕事にどう活かせるかを確認し、気になる資格の勉強を始めましょう。

実績を積んで役職を獲得する

今の会社で働き続けたい人で、年収を上げるためには実績を積んで役職を獲得するのがおすすめです。

同じ会社の中で給与の差別化を図るには、役職を任される立場になって役職手当を獲得する方法が効果的だから。

役職を獲得するのは簡単ではないですが、幅広い工事の設計を担当し、実績をつけることで周りと差をつけることができるでしょう。

まずは実績作りをするために、仕事の提案ややってみたい仕事を上司に伝えてみてください。

今よりも条件の良い会社に転職する

年収を上げるために最も効果的な方法の一つは、転職です。

なぜなら今よりも規模の大きな会社に入ることができれば、会社が社員に支払える金額が増えて、もらえる年収の額が変わるから。

資格取得などでスキルアップして、今の会社よりも高いレベルの仕事がしたいと思った人は転職を検討してみてください。

転職をスムーズに進めるには、転職エージェントの活用がおすすめ。

求人探しや書類対策を終業後の時間に進められるため、今の仕事を続けながら転職活動ができるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

2級建築士が転職を成功させるならビーバーズがおすすめ

2級建築士の転職で失敗したくない人は、建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」を活用しましょう。

転職エージェントを利用すれば、今まで何人もの転職成功者を輩出したプロが転職活動をサポートしてくれるので、転職時の不安や悩みをすぐに共有できます。

さらに、ヒアリングや自己分析を通して、転職者にあった転職先を探してくれるため、転職後のギャップを減らしてくれるでしょう。

建設業界に特化した転職エージェントであれば、建設業界ならではの転職活動の質問内容のクセや特徴もカバーできます。

まずは会員登録をして、相談だけでもしてみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は2級建築士の年収について、資格手当の相場や建築士全体の平均年収、2級建築士の試験概要まで詳しく解説しました。

2級建築士は建築士として一定の実力を認められた状態です。

努力次第で1級建築士の資格を取得してさらにスキルを上げることもできますし、今あるスキルを最大限に生かして仕事の幅を広げることも可能。

年収を上げたい人は、今の会社の状況や他社の条件、自分のできることを把握したうえで、今の会社で役職を獲得する努力を進めるか、転職を検討するか決めましょう。

転職を検討する人は、建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」にご相談ください。

スキルの棚卸しから書類審査、面接対策まで細やかなサポートをしつつ、その人にあった求人を紹介し、転職活動を支えます。

まずは会員登録をして、ヒアリングを受けてみませんか?

本記事が2級建築士の人の行動するきっかけになれば幸いです。

インボイス制度が一人親方の仕事に与える影響や注意点とは?デメリットや対策まで詳しく解説

2023年10月からインボイス制度が始まりました。

インボイス制度とは、消費税の仕入税額控除の方法が帳簿や請求書等の保存ではなく、インボイス(適格請求書)の保存に変更された制度のこと。

売り手と買い手の両方にインボイスの登録が必要なため、企業から仕事を受ける側である一人親方もインボイス制度の登録が求められるようになりました。

実際にインボイス制度によって一人親方にはどのような影響が出るのでしょうか。

今回はインボイス制度が一人親方の仕事に与える影響や、一人親方が取るべき対策について解説します。

インボイス制度に登録しただけで、具体的な対策が分からない一人親方や、まだインボイス制度の登録を迷っている人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

インボイス制度とは?なぜ反対意見が出ているの?

インボイス制度は、正式名称で「適格請求書等保存方式」と呼ばれます。

インボイス制度が影響するのは、消費税の仕入税額控除の方法です。

freee株式会社によると、消費税の仕入税額控除は以下の定義で表されています。

消費税の仕入税額控除とは、課税事業者が納税すべき消費税を計算する際に、売上にかかる消費税から仕入れにかかった消費税を差し引いて計算することによって、消費税の二重課税を解消することができる制度です。
引用:[freee]

引用:[freee]

つまり仕入税額控除を活用すれば、事業者が仕入の段階で支払った仮払消費税を、納付する消費税から控除できるということ。

インボイス制度によって変わるのは、仕入税額控除を行うためにインボイス(適格請求書)の保存が必要になるということ。

インボイスの発行は仕入れ側と販売側どちらにも必要です。

仕入税額控除がなければ、余分に消費税を支払う必要があるため、取引を行う事業者の多くはインボイス発行を求められるようになりました。

インボイスを発行できるのは、インボイス発行事業者(適格請求書発行事業者)として税務署に届出をした人に限られます。

ただインボイス発行事業者(適格請求書発行事業者)になるだけであれば、すべての事業者が登録すれば問題はありません。

しかしインボイス発行事業者(適格請求書発行事業者)になるには、課税売上高が1,000万円以下の事業者にも消費税の納税義務が発生します。

つまり、今までは消費税の納税義務が免除されていた事業者も、仕入れ企業がインボイスを求めることで課税事業者になる必要が出てしまったため、インボイス登録をするか迷う人が発生しているのです。

インボイスを発行するためには、課税売上高が1,000万円以下の事業者にも消費税の納税義務が発生しますし、インボイスを発行しない事業者と取引をすれば、仕入税額控除が受けられません。

一人親方として課税売上高が1,000万円以下の人であれば、インボイス制度によって自分の仕事に起こる影響を考える必要があるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

インボイス制度によって一人親方のデメリットになる影響とは

インボイス制度が始まれば、インボイス登録をしていない免税事業者と、適格請求書発行事業者として登録を済ませた課税事業者の間に明確な差ができます。

ここではインボイス制度によって一人親方のデメリットになる影響をまとめました。

  • 取引先から一人親方に依頼する仕事が減る可能性がある
  • 税金の負担が増える
  • 請求書の記載内容が変わる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

取引先から一人親方に依頼する仕事が減る可能性がある

インボイス制度の導入を経ても免税事業者を選択した場合、取引先から一人親方に依頼する仕事が減る可能性があります。

なぜなら取引先は仕入税額控除を受けたいという目的があるため、インボイスを発行できるインボイス発行事業者(適格請求書発行事業者)に仕事を依頼したいと考えるからです。

特に大きな会社や取引が多い事業者との取引であれば、仕入れ額が大きいこともあり、仕入税額控除の有無で収益は大きく変わります。

そのため取引先は、仕事を委託する際に、インボイス制度に適応しやすく請求書の発行や税金の処理がスムーズに行えるかどうかを考えます。

場合によっては一人親方ではなく大手企業や法人と取引することを選ぶ可能性が高まるでしょう。

結果として一人親方は受けられる仕事の量が減少し、収入に影響が出るかもしれません。

税金の負担が増える

インボイス発行事業者(適格請求書発行事業者)になるには、課税事業者になる必要があります。

課税事業者は消費税の納税義務が増えるため、今までの会計に消費税の計算が加わります。

さらに従来のように取引先が源泉徴収を行ってくれる仕組みと比べて、税金の計算や支払いの負担が増加します。

また一人親方は確定申告を自分で行う必要があるため、専門知識や税務申告のスキルが不可欠です。

自分で会計処理をしている人は、新しい会計処理の手間や時間の負担が増えるかもしれません。

請求書の記載内容が変わる

インボイス制度では、請求書の記載内容に記載すべき項目は以下のとおり。

  • 請求書や領収書発行者の氏名または名称
  • 取引年月日
  • 取引内容(軽減税率の場合にはその対象であることが分かる旨)
  • 対価を税率ごとに区分して合計した金額
  • 交付を受ける者の氏名または名称
  • インボイス発行者の氏名または名称と登録番号
  • 税率ごとに区分して合計した対価の額の適用税率(8%と10%のこと)
  • 税率ごとに区分した消費税額等(8%と10%のそれぞれの税額のこと)
    引用:[MoneyFoward]

一人親方はこれらの項目に従って請求書を作成する必要があります。

なぜなら必要な情報や形式に不備があると、請求が適正に処理されず、支払いの遅延や問題が生じる可能性があるからです。

Excelや手打ちで請求書を作成している一人親方は、請求書の書式を更新するなどの手間が発生するでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

インボイス制度で課税事業者になった場合の注意点

インボイス制度が始まる2023年10月までに適格請求書発行事業者として登録を済ませた人は、今後課税事業者として仕事のやり取りを進める必要があります。

一人親方がインボイス登録をして課税事業者になった場合は、以下の3つの対応を行ってください。

  • インボイス制度に対応した請求書の書式を作成する
  • 簡易課税制度を導入する
  • 会計システムの導入を検討する

それぞれ詳しく解説します。

インボイス制度に対応した請求書の書式を作成する

インボイス制度を利用するには、特定の書式に基づいた請求書を発行する必要があります。

請求書には上記で説明した記載項目を踏まえ、法的要件に準拠した請求書を作成することが重要です。

請求書の書式がある人は、インボイス制度に対応した請求書の書式を作っておきましょう。

簡易課税制度を導入する

インボイス制度を導入した課税事業者は、簡易課税制度を活用することで税制優遇を受けられるかもしれません。

簡易課税制度とは、中小事業者や一人親方を含めた個人事業主の事務負担軽減を目的に設けられた特例制度です。

簡易課税制度を利用すれば、消費税をみなし消費税として先に計算ができるため事務作業が簡単になるなどのメリットがあります。

インボイス制度をきっかけに免税事業者から課税事業者になった人は簡易課税制度の導入を検討しましょう。

会計システムの導入を検討する

インボイス制度を利用する課税事業者は、大量の取引データや請求情報を管理する必要があります。

大量の情報を効率的に管理するためには、専用の会計システムを導入することを検討しましょう。

会計システムを活用すれば、取引先や請求書の管理、税務申告などの業務をスムーズに行うことができます。

会計システムは料金がかかるデメリットがありますが、会計処理などの事務作業の手間を省けるメリットが。

今後、仕事が増える可能性がある一人親方であれば、早めに会計ソフトを導入して経理を自動化するのも良いかもしれません。

インボイス制度に関するよくある質問

ここではインボイス制度に関する一人親方からのよくある質問をまとめました。

  • インボイス制度に対応した会計システムはどんなものがある?
  • インボイス制度は今からでも登録できる?
  • 一人親方は必ずインボイス制度に登録しなければいけないの?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

インボイス制度に対応した会計システムはどんなものがある?

インボイス制度に対応した会計システムのおすすめは以下のとおり。

  • freee経理
  • 楽楽明細
  • Misoca
  • マネーフォワードクラウド請求書

会計システムはインボイス対応の請求書作成機能はもちろん、仕分けのしやすさや月額・年額料金を比較して決めてみてください。

インボイス制度は今からでも登録できる?

インボイス制度は今からでも登録することが可能です。

ただ、10月までにインボイス登録をした人と比べ、税務署での確認作業が遅くなる可能性があります。

今から取得をする人は、できるだけ早く申請を進めることで、番号の取得をスムーズに進められるでしょう。

一人親方は必ずインボイス制度に登録しなければいけないの?

一人親方はインボイス制度に登録するかどうか選べる立場です。

ただ、一人親方は建設会社が請け負う工事の作業員として参加することが多いため、建設会社からインボイス番号の入った請求書を求められる可能性があります。

インボイスを登録した時の収入としなかった場合の収入を試算してみて、損をしない方を選びましょう。

また、一人親方は転職して正社員になったり会社を立ち上げることでインボイス制度のデメリットを解消できることも。

さまざまな選択肢を検討して、最適な方法を選んでください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は、インボイス制度のスタートによって一人親方にどのような影響があるのかを解説しました。

免税事業者と課税事業者それぞれのデメリットや、課税事業者になることを選んだ一人親方がやるべきことなどを説明したことで、自分がどうするべきかを考えることができたと思います。

10月までにインボイス登録ができていない一人親方も、時間はかかりますが今からでも課税事業者への登録は可能です。

自分の仕事にどんな影響が出るかを知ったうえで、課税事業者になるのか免税事業者のままでいるかを検討しましょう。

本記事が参考になれば幸いです。

インボイス制度で建設業界が注意すべきポイントとは?一人親方と発注者の対策を解説

インボイス制度の導入によって、建設業界全体で請求書の書式の更新やシステムの切り替えなど、さまざまな対応が行われています。

インボイス制度によって変わるのは、事務処理だけではありません。

建設業界で働く会社同士のやり取りや、工事の人員確保のために作業員を雇う場合にも影響があることも。

特に建設業界の中で個人事業主として働く一人親方にとって、インボイス制度の影響は大きいといえるでしょう。

今回は、インボイス制度の建設業に及ぼす影響や、発注者側が注意すべき項目、仕事を受ける一人親方が対策すべき項目を詳しく解説します。

建設会社で働く人と一人親方どちらにも必要な情報なので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

インボイス制度とは

インボイス制度(適格請求書等保存方式)とは、2023年10月1日から導入される仕入税額控除の新しい制度です。

インボイス制度が導入されたことで、仕入税額控除を受けるためには、適格請求書の発行・保存が必須となります。

つまり税務署からの登録承認を受けた適格請求書発行事業者からの仕入れ以外の取引では仕入税額控除が受けられず、余分な税金を払わなければいけなくなるということ。

仕入税額控除を受けるためにも、建設業界は取引先に適格請求書の発行を求めるでしょう。

しかし適格請求書発行事業者になるには、課税売上が1,000万円以下の免税事業者も課税事業者になる必要があります。

インボイス制度の導入によって、一人親方はいくつかのリスクが出てくるかもしれません。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

インボイス制度が及ぼす建設業界への影響とは

インボイス制度が及ぼす建設業界への影響はあるのでしょうか。

ここでは、以下の3つのポイントを解説します。

  • 一人親方の仕事がなくなるリスクがある
  • 偽装一人親方問題が解消される
  • 経理システムの更新が必要になる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

一人親方の仕事がなくなるリスクがある

インボイス制度の導入により、一人親方の仕事がなくなる可能性があります。

なぜならインボイス制度によって、発注者である建設会社が適格請求書発行事業者との取引を求めるからです。

適格請求書発行事業者になるには、免税事業者から課税事業者になる必要があります。

従来まで課税売上高1,000万円以下であれば取引にかかる消費税がかかりませんでしたが、課税事業者になることで納税する金額が増加します。

取引先との契約を続けたい目的で課税事業者になれば、消費税の納税負担が増えますし、消費税の負担を減らしたい目的で免税事業者を選べば、取引先からの仕事を受けにくくなります。

課税売上高1,000万円以下の免税事業者に当てはまる一人親方は、仕事を取るか消費税負担を取るかの板挟みに悩まされるでしょう。

偽装一人親方問題が解消される

偽装一人親方とは、正社員と同じ内容で働いているのにもかかわらず、個人事業主として会社と契約して働く一人親方を指します。

偽装一人親方という働き方が問題視されている理由は、建設会社が社員に対して支払う社会保険や福利厚生の支払いを減らしたいという思惑があるから。

個人事業主として雇うことで、人件費を安く抑えられるため、偽装一人親方という働き方が増えて問題になっていました。

しかしインボイス制度の導入によって、建設業界における偽装一人親方問題は解消するかもしれません。

なぜなら仕入れ税控除を受けるには、一人親方が課税事業者になって適格請求書発行事業者になる必要があるから。

課税事業者になることを避けて、社員として働く選択をする一人親方が増えることで、偽造一人親方が減ることが期待されています。

経理システムの更新が必要になる

仕入税額控除を受けるためには、適格請求書の発行・保存が必須です。

つまり取引先と仕事を進める際には、自分の会社が適格請求書発行事業者としてインボイス番号を入れた請求書を発行することもあれば、会社から受け取ったインボイス番号の入った請求書を保管する必要もあるということ。

インボイス制度の導入に伴い、建設業界の企業や一人親方は経理システムを更新し、電子請求書の書式の更新や保管方法などに対応する必要があるでしょう。

会計システムを活用すれば、請求書の書式の確認や修正の手間がなくなるだけでなく、自動で経理が進められ、経理処理の手間が省けます。

インボイス制度をきっかけに、会計システムの導入を検討してみてください。

インボイス制度における発注者が一人親方に仕事を依頼する際の注意点とは

インボイス制度の導入によって、建設会社などの発注者は、一人親方などの人材を雇う際に注意点があります。

  • 一人親方の事業者形態を確認する
  • 免税事業者との仕事をする際は支払い金額から消費税分を差し引いておく
  • 免税事業者以外の依頼先を探す

それぞれ詳しく見ていきましょう。

一人親方の事業者形態を確認する

インボイス制度が導入された現在、発注者は仕事を依頼する前に一人親方の事業者形態を確認することが重要です。

なぜなら、契約を結んで仕事が完了した後に請求書から一人親方が免税事業者であることが発覚したとしても、金額の修正や仕事のキャンセルはできないから。

免税事業者とのやり取りで発生した費用に関しては、仕入れ税控除を受けることができません。

金額の大きな取引であれば、大きな損失を被ってしまう可能性もあります。

契約前に依頼先を比較することが重要です。

あらかじめ免税事業者であると分かっていれば、別の適格請求書発行事業者を探すことができるでしょう。

免税事業者との仕事をする際は支払い金額から消費税分を差し引いておく

インボイス制度において免税事業者との仕事を依頼する場合、支払い金額から消費税分を差し引いておくことが重要です。

なぜなら免税事業者に依頼した仕事に関しては、仕入れ税控除を受けられないため。

あらかじめ仕入れ税控除を含めた支払い価格を設定しておけば、取引をしたとしても会社の損失を抑えられます。

ただ、契約前には契約金額の見積もりを出して一人親方と会社の双方の同意を得ておく必要もあるでしょう。

独占禁止法や下請法、建設業法などに抵触しないように注意しながら、一人親方に対して適格請求書発行事業者の登録を提案するのもおすすめです。

双方が不満を感じることなく取引が進められるよう、事前に話し合っておくことが重要です。

免税事業者以外の依頼先を探す

もし依頼した時点で、一人親方が免税事業者であることがわかっており、適格請求書発行事業者の登録をしない意思を伝えられた場合、他の事業者や企業へ依頼先を変えることも可能です。

なぜなら一人親方に適格請求書発行事業者の登録を強要することはできないため。

会社としては仕入れ税控除を受けたいという目的があるため、目的に適した人を別で探すほうが効率が良いです。

インボイス制度の導入によって、一人親方の中でも適格請求書発行事業者に登録した人としていない人が分かれています。

今後の仕事のしやすさを考えて、あらかじめ適格請求書発行事業者の登録した一人親方を探しておくと良いでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

インボイス制度における一人親方が取るべき対策とは

一方で、インボイス制度の導入によって、一人親方が取るべき対策もあります。

  • 課税事業者に登録してインボイス番号を取得する
  • インボイス制度に適した請求書の書式の更新を行う
  • 転職して建設会社の社員として働く

それぞれ詳しく見ていきましょう。

課税事業者に登録してインボイス番号を取得する

一人親方がインボイス制度を活用するには、課税事業者として税務署に登録し、インボイス番号を取得しましょう。

インボイス番号を取得すれば、適格請求書発行事業者になれるため、取引先からの需要が高まります。

インボイス番号を取得するということは、課税事業者になるということを指すため、消費税の経費処理やインボイス制度に適した請求書の作成など手間は増えます。

簡易課税制度を活用して税制優遇を得る、会計ソフトを導入するなどして、インボイス制度導入後も仕事をスムーズに進めるための対策をとりましょう。

インボイス制度に適した請求書の書式の更新を行う

インボイス制度では、従来の請求書の書式ではなく新しい項目を追加したフォーマットを作成する必要があります。

決められた項目内容を踏まえていない請求書であれば、仕入れ税控除が適応できない可能性もあります。

抜け漏れを防ぐため、従来使っていた書式から新しい書式に切り替えて請求書作業の手間を省きましょう。

転職して建設会社の社員として働く

一人親方はインボイス制度の変化に適応できないと感じた場合、建設会社の社員として転職することも可能です。

建設会社の社員として働けば、会社員として仕事が安定するだけでなく十分な給与や福利厚生を受けられます。

今まで一人親方としてスキルを積み上げていた人であれば、条件の良い会社に入って今よりも高い収入を得ることができるでしょう。

条件の良い会社へ転職したい人は、建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」に相談しましょう。

スキルの棚卸しをしながら、自分に合った会社を提案してもらえます。
書類対策や面接対策も徹底しているので、初めての転職でも安心して転職活動を進められます。

まずは会員登録をして、求人を比較してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回はインボイス制度が建設業界に与える影響や、発注者側と受注者側の注意点や対策を紹介しました。

インボイス制度が導入されたことにより、以前まで消費税の納税義務のなかった課税売上高1,000万円以下の事業者への負担が増えました。

建設業界では会社同士の取引だけではなく、一人親方として個人事業主と同じ働き方をする事業者も多数います。

インボイス制度は、特に一人親方に対する影響が大きいと考えられます。

一人親方を雇う側である建設会社は一人親方の事業者形態の確認や、免税事業者と仕事をする際の対策を考えましょう。

また、一人親方は課税事業者として生き残る道を見つけるか、会社に所属する社員に転職するなど方法はさまざまです。

自分の働き方にあった選択をして、インボイス制度の影響を避けましょう。

1級建築施工管理技士の合格率は?ストレート合格のための対策や必要な勉強時間、資格取得後の働き方を紹介

1級建築施工管理技士試験は、建築施工管理技士の中でも高度な技術と幅広い知識が求められる資格です。

合格率は35〜50%ほど。

試験に合格するには正しい学習方法と勉強計画が欠かせません。

1級建築施工管理技士試験に合格すれば、年収アップやより条件の良い企業に転職しやすくなるなど多数のメリットがあります。

施工管理技士としてステップアップを目指す人は、取得すべき資格といえるでしょう。

今回は1級建築施工管理技士試験の試験概要や合格率、試験合格に向けた対策方法や資格取得後の働き方を紹介します。

施工管理として働く人で年収を上げたい人や、1級建築施工管理技士試験に挑戦しようと思っている人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

1級建築施工管理技士試験の概要や合格率を解説

ここからは1級建築施工管理技士試験の概要や合格率の推移を紹介します。

  • 1級建築施工管理技士試験の概要
  • 一次試験の合格率
  • 二次試験の合格率

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1級建築施工管理技士試験の概要

1級建築施工管理技士試験の概要は以下のとおり。

試験名 1級建築施工管理技士試験
試験実施機関 一般財団法人 建設業振興基金
試験形式(一次試験) 四肢択一式(一部:五肢二択式)
試験形式(二次試験) 五肢択一式、記述式
受験料 一次試験:10,800円

二次試験:10,800円

参考:[施工管理技術検定]

一次試験、二次試験の試験内容は下記のとおり。

【一次試験】

検定科目 検定基準 解答形式
建築学等 1. 建築一式工事の施工の管理を適確に行うために必要な建築学、土木工学、電気工学、電気通信工学及び機械工学に関する一般的な知識を有する

2.建築一式工事の施工の管理を適確に行うために必要な設計図書に関する一般的な知識を有する

四肢択一択
施工管理法 監理技術者補佐として、建築一式工事の施工の管理を適確に行うために必要な施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法に関する知識を有する 四肢択一択
施工管理法

(応用能力)

監理技術者補佐として、建築一式工事の施工の管理を適確に行うために必要な応用能力を有する 五肢二択
法   規 建設工事の施工の管理を適確に行うために必要な法令に関する一般的な知識を有する 四肢択一択

参考:[施工管理技術検定]

一次検定はマークシート形式の問題です。

全体の得点が60%以上かつ、施工管理法(応用能力)の得点が60%以上で合格です。

【二次試験】
二次試験は記述式とマークシートが組み合わされた問題が用意されています。

検定科目 検定内容 解答形式
施工経験 出題テーマ:品質管理・施工の合理化・建設副産物対策

問題例:

工事概要

現場で重点を置いた事例を2つあげ、問題事項について具体的に記述

今までの工事経験を踏まえて、出題テーマの問題事項について具体的に記述

四肢択一択
安全管理または仮設物の設置計画 出題テーマ:仮設物の設置計画・災害防止対策・設備・機械の安全な使用

問題例:取り上げた事項について、留意・検討すべき事項を具体的に記述

記述問題または穴埋め問題
工程管理 問題例:バーチャート工程表、ネットワーク工程表の読み取り・計算問題 記述問題または穴埋め問題
躯体工事 五肢一択問題または記述問題
仕上工事 施工上の留意事項に関する記述 五肢一択問題または記述問題
法規 出題テーマ:建設業法、建築基準法施行令、労働安全衛生法 五肢一択問題または記述問題

引用:[建築施工管理技士試験]

一次試験と比べて記述問題が多いため、知識を暗記するだけでは合格できません。

自分の言葉で説明できるまで理解を深めて試験対策に臨みましょう。

1級建築施工管理技士試験の一次試験の合格率

ここでは2020年から2023年までの1級建築施工管理技士試験の一次試験の合格率をまとめました。

年度 受験者数 合格者数 合格率
2020 22,742人 11,619人 51.1%
2021 22,277人 8,025人 36.0%
2022 27,253人 12,755人 46.8%
2023 24,078人 10,017人 41.6%

引用:[施工管理技術検定]

合格率は40〜50%の年が多いですが、2021年の試験では合格率が36.0%です。

受験者の半分以下が不合格になるという認識を忘れず、過去問の対策を徹底しましょう。

1級建築施工管理技士試験の二次試験の合格率

次に2020年から2022年までの1級建築施工管理技士試験の二次試験の合格率を見ていきましょう。

年度 受験者数 合格者数 合格率
2020 16,946 6,898 40.7%
2021 12,813 6,708 52.4%
2022 13,010 5,878 45.2%

引用:[施工管理技術検定]

二次試験の合格率は40〜50%程度。

記述式の問題と選択問題が組み合わされているため、知識を理解した上で誰かに説明できるくらい定着させることが必要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

1級建築施工管理技士試験に合格するためにやるべきこと

1級建築施工管理技士試験は一次試験、二次試験ともに合格率は35〜50%程度。

ストレートで合格するには徹底的な対策を取る必要があるといえるでしょう。

ここでは試験合格に向けてやるべきことをまとめました。

  • 過去問を何度も解き直す
  • 経験記述の対策を徹底する
  • 試験問題を自分の言葉で説明できるまで理解を深める

それぞれ詳しく見ていきましょう。

過去問を何度も解き直す

試験に合格するには、過去の試験問題を何度も解き直すことが重要です。

なぜなら過去問を解けば、試験の形式や出題傾向を把握でき、解答する中で自身の弱点を特定できるからです。

間違えた問題や分からなかった部分を詳しく復習し、同じミスを繰り返さないようにしましょう。

過去問を繰り返し解いて、どんな問題でも解答できるように対策しておけば、試験に落ち着いて取り組めるはずです。

経験記述の対策を徹底する

1級建築施工管理技士試験では、経験記述と呼ばれる実務経験に関する記述問題が含まれます。

過去の経験記述の問題の内容は以下のとおり。

出題年度 問題内容
2020 あなたが実施した現場における労務工数の軽減、工程の短縮などの施工の合理化の事例を2つあげ、次の①から④について記述しなさい。

① 工種又は部位等

② 実施した内容と品質確保のための留意事項

③ 実施した内容が施工の合理化となる理由

④ ③の施工の合理化以外に得られた副次的効果

2021 あなたが現場で重点をおいて実施した品質管理の事例を2つあげ、次の①から④について具体的に記述しなさい。

① 工種名

② 施工に当たっての品質の目標及びそれを達成するために定めた重点品質管理項目

③ ②の重点品質管理項目を定めた理由及び発生を予測した欠陥又は不具合

④ ②の重点品質管理項目について、実施した内容及びその確認方法又は検査方法

2022 あなたが実施した現場作業の軽減の事例を3つあげ、次の①から③について、具体的に記述しなさい。

① 工種名等

② 現場作業の軽減のために実施した内容と軽減が必要となった具体的な理由

③ ②を実施した際に低下が懸念された品質と品質を確保するための施工上の留意事項

参考:[建築施工管理技士試験]

経験記述では具体的な実務経験を示し、自身のスキルや成長を的確に伝えることが求められます。

試験に合格するには、経験記述の対策を徹底的に行うことが重要です。

試験問題を自分の言葉で説明できるまで理解を深める

試験問題をただ覚えるのではなく、問題の背後にある原理や理論を理解し、自分の言葉で説明できるようにしましょう。

なぜその答えが正しいのか、どのようにしてその結論に至ったかを明確に理解することで、応用力や論理的思考力が身につきます。

試験の問題を深く理解することで、幅広い状況に対応できる力を養えば、試験でも高得点につながり、実際の仕事にも役立つでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

1級建築施工管理技士になるメリット

1級建築施工管理技士になると、以下の3つのメリットがあります。

  • 平均年収が上がる
  • 監理技術者や主任技術者、専任技術者として働ける
  • より条件の良い企業に転職できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

平均年収が上がる

1級建築施工管理技士の資格を取得すれば、年収を上げることが可能です。

なぜなら建設会社の多くは資格手当を支給しており、1級建設施工管理技士の資格を取得すれば基本給に資格手当が追加されるから。

引用:[株式会社ナベカン]

資格手当の金額は会社によりますが、8,000〜10,000円程度が相場です。

自社の会社に資格手当があるかを確認してみるのもおすすめ。

資格取得のモチベーションのひとつになるでしょう。

監理技術者や主任技術者、専任技術者として働ける

1級建築施工管理技士の資格を取得すると、監理技術者や主任技術者、専任技術者を担当できるようになります。

監理技術者や主任技術者は、工事の合計金額が4,000万円以上の大規模な工事(特定建設業)で現場ごとに設置しなければいけない役職のひとつです。

つまり、1級建築施工管理技士の資格を取得して監理技術者や主任技術者として働けるようになれば、工事で必ず求められる人材になれるということ。

工事現場の責任者として工事をまとめる役割も果たすので、仕事の難易度が上がり年収アップも期待できるでしょう。

より条件の良い企業に転職できる

1級建築施工管理技士の資格は、転職活動で大きな強みになります。

なぜなら大手ゼネコン企業は、高度なスキルと知識を持つ1級建築施工管理技士を積極的に採用しているから。

資格があることで、より条件の良い企業に転職するチャンスが広がります。

施工管理として働く人で、将来的にステップアップを検討している人は今から資格取得の計画を立てておきましょう。

1級建築施工管理技士試験に関するよくある質問

question marks, punctuation, symbol

ここでは1級建築施工管理技士試験に関するよくある質問をまとめました。

  • 1級建築施工管理技士試験に合格するにはどのくらいの勉強時間が必要?
  • 1級建築施工管理技士試験の難易度はどのくらい?
  • 1級建築施工管理技士試験に合格したらすぐに転職した方がいい?

それぞれ回答していきます。

1級建築施工管理技士試験に合格するにはどのくらいの勉強時間が必要?

1級建築施工管理技士試験に合格するには、個人の学習ペースや勉強方法により異なりますが、一般的には70〜80時間程度の勉強が必要です。

毎日コツコツと勉強を積み重ね、隙間時間のインプットや定期的なアウトプットを行うことが合格の近道です。

計画的な勉強スケジュールを立て、睡眠や休息もしっかり確保しながら効率的に学習を進めましょう。

1級建築施工管理技士試験の勉強はどうやって進めるのがおすすめ?

1級建築施工管理技士試験の勉強を進めるには、まず過去問を解いて出題傾向を理解することから始めると良いでしょう。

過去問を解く間は、専門書や参考書を活用して基礎知識をしっかり学ぶことが重要。

二次試験の対策としては、実践的な問題解決力を養うために、専門書にある模擬試験を解いてみるのも効果的です。

二次試験は記述式の問題があるため、誰かに添削してもらうのも対策のひとつでしょう。

スクールや書籍を使った独学など、自分に合った勉強方法で試験対策を進めてみてください。

1級建築施工管理技士試験に合格したらすぐに転職した方がいい?

1級建築施工管理技士試験に合格した場合、現在の会社がどんな工事を担当しているかによって、転職を検討すべきかどうかが変わります。

たとえば、中小企業の建築会社で規模の大きな工事に対応していない会社に勤めている人であれば、1級建築施工管理技士の資格を有効活用するためにもすぐに転職するのがおすすめです。

1級建築施工管理技士になれば、仕事の幅が広がりスキルアップがしやすくなるため、資格取得をきっかけに転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は1級建築施工管理技士試験について、試験概要や合格率、勉強方法や資格取得後の働き方について解説しました。

1級建築施工管理技士の資格は、建設会社で施工管理として働く人が持つ資格の中ではトップレベルの資格です。

1級建築施工管理技士試験の資格を取得すれば、監理技術者や主任技術者、専任技術者として働けるため、年収アップや対応できる業務の幅が広がるでしょう。

今の職場から転職してキャリアアップを目指すことも可能です。

施工管理としてステップアップしたい人やより高い年収を目指す人は、1級建築施工管理技士を取得してより条件の良い会社へ転職しましょう。

転職を成功させたい人は、転職エージェントのサポートを受けながら自分に合った会社を見つけることが大切。

建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」では、施工管理に関する求人を多数保有しています。

まずはビーバーズに登録して、施工管理のステップアップを目指してみてください。

2級施工管理技士試験の難易度とは?試験概要や合格率、資格取得のメリットを解説

施工管理として働く場合、施工管理技士試験に合格して資格を取得することで仕事の幅を広げられます。

施工管理技士試験は1級と2級に分かれており、それぞれ難易度が異なります。

今回は2級施工管理技士試験について、試験概要や合格率、試験合格に向けた勉強方法を詳しく解説します。

資格取得のメリットや、建設業界でのキャリアプランも紹介するので、施工管理としてステップアップしたいと考えている人や転職を検討している人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

2級施工管理技士試験とは

女性 大工

ここでは2級施工管理技士試験の基礎情報や一次試験、二次試験の内容を詳しく解説します。

  • 施工管理技士とは?施工管理技士試験に合格すると得られる資格について
  • 一次試験・二次試験の出題内容

それぞれ詳しく見ていきましょう。

施工管理技士とは?施工管理技士試験に合格すると得られる資格について

そもそも施工管理技士試験とは、建設業法第27条に基づいて国土交通大臣指定機関が実施する国家試験のひとつです。

試験は1級と2級に分かれており、まずは2級の取得から目指します。

1級の受験には一定期間の実務経験年数が求められるため、資格を取得するには5年以上かかることもあります。

一方、2級の一次試験は満17歳以上であれば誰でも取得可能です。

2級の施工管理技士試験の一次試験に合格すれば、2級施工管理技士補として働けるようになります。

企業としては経営事項審査の加点対象になるため、2級施工管理技士補でも仕事の幅を広げられるでしょう。

一次試験・二次試験の出題内容

施工管理技士試験は一次試験と二次試験に分かれます。

一次試験は、建設工事の法令や規則、施工管理の基本的な知識に関する問題が出題され、選択式で解答します。

一方で二次試験は、実務的な施工管理能力を判断するための試験です。

実際の工事に関する計画書の作成や、施工管理の技術的な問題に対する解答、現場の安全管理計画の作成などが求められます。

一次試験、二次試験どちらにも合格するには、両者の問題の特徴を把握して対策することが重要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理技士は7種類ある|試験ごとの概要や合格率を解説

施工管理技士の資格は7種類あり、それぞれ試験を運営している機関も異なります。

ここでは7種類の2級施工管理技士試験の概要や合格率、受験料などをまとめました。

  • 建築施工管理技士試験
  • 土木施工管理技士試験
  • 電気工事施工管理技士試験
  • 電気通信施工管理技士試験
  • 建設機械施工管理技士試験
  • 造園施工管理技士試験

それぞれ詳しく見ていきましょう。

2級建築施工管理技士試験

建築施工管理技士は、新築や高層マンションの建築などの建築工事で施工管理として働く人が取得する資格です。

資格の概要は以下のとおり。

試験名 2級建築施工管理技士試験
試験実施機関 一般財団法人 建設業振興基金
試験形式(一次試験) 四肢択一式
試験形式(二次試験) 記述式
受験料 一次・二次試験:10,800円

一次試験のみ:5,400円

二次試験のみ:5,400円

参考:[施工管理技術検定]

年度ごとの合格率は以下のとおりです。

年度 一次試験 二次試験
2020 35.0% 28.2%
2021 49.0% 52.9%
2022 42.3% 53.1%

引用:[総合資格学院]

建築施工管理技士試験は、施工管理を目指す人のほとんどが取得を目指す資格のため、受験者数が多い点が特徴です。

受験者が多いぶん、競争率が高く一次試験、二次試験の合格率は28〜53%まで試験実施年によってさまざま。

どの年でも合格できるように、基礎知識の復習はもちろん、応用問題への対策も実施しておきましょう。

2級土木施工管理技士試験

土木施工管理技士試験は道路整備や上下水道の設置、ダムの建設など、人々の生活を支えるインフラに関わる仕事です。

建築現場ではなく、土木に関わる工事の施工管理をしたい人は土木施工管理技士の資格が向いているでしょう。

資格名 2級土木施工管理技士試験
試験実施機関 一般財団法人 全国建設研修センター
試験形式(学科試験) 四肢択一式
試験形式(実地試験) 記述式
受験料 一次・二次試験:10,500円

一次試験のみ:5,250円

二次試験のみ:5,250円

参考:[全国建設研修センター]

年度 一次試験 二次試験
2020 72.6% 42.2%
2021 73.6% 35.7%
2022 64.0% 37.9%

引用:[建設技術教育センター]

土木施工管理技士の資格は建築施工管理技士などの建物に関する工事とは種類が異なります。

会社がどんな工事をメインに行なっているかによって取得する資格を選びましょう。

2級管工事施工管理技士試験

管工事施工管理技士は、空調設備や上下水道など、管の設置に関わる工事に関わります。

土木工事から建設工事まで幅広い工事で活躍できる資格なので、取得しておいて損はないでしょう。

試験名 2級管工事施工管理技士試験
試験実施機関 一般財団法人 全国建設研修センター
試験形式(一次試験) 四肢択一式
試験形式(二次試験) 記述式
受験料 一次・二次試験:10,500円

一次試験のみ:5,250円

二次試験のみ:5,250円

参考:[全国建設研修センター]

年度 一次試験 二次試験
2020 63.6% 43.5%
2021 48.6% 46.2%
2022 57.3% 59.7%

引用:[総合資格学院]

試験の合格率は40〜60%とさまざま。

年によって難易度が上がることもあるため、すべての年の過去問で合格点が取れるくらい復習しておきましょう。

2級電気工事施工管理技士試験

電気工事施工管理技士は建物を建築した後に電気配線や電気設備の設置に関わる工事で活躍する資格です。

建築工事施工管理技士と比べ、電気に関する詳しい知識が求められるため、難易度がやや高い資格といえるでしょう。

試験名 2級電気工事施工管理技士試験
試験実施機関 一般財団法人 建設業振興基金
試験形式(一次試験) 四肢択一式
試験形式(二次試験) 記述式
受験料 一次・二次試験:13,200円

一次試験のみ:6,600円

二次試験のみ:6,600円

参考:[施工管理技術検定]

2級電気工事施工管理技士試験の一次試験、二次試験の合格率は以下のとおり。

年度 一次試験 二次試験
2020 58.5% 64.1%
2021 57.1% 68.7%
2022 55.6% 61.8%

引用:[CIC]

一次試験よりも二次試験の合格率が高い傾向があります。

二次試験では選択問題と記述式問題が組み込まれているため、学んだ知識を自分で説明できるまで理解することを心がけましょう。

2級電気通信施工管理技士試験

電気通信施工管理技士資格は、電気通信に関わる工事を行う施工管理技士に求められる資格です。

主な業務内容は下記のとおり。

  • LANケーブルの新設
  • 電波障害の調査
  • 基地局設置

今後も需要が高まる資格なので、スキルアップを目指す人に向いている資格といえます。

試験名 2級電気通信施工管理技士試験
試験実施機関 一般財団法人 建設業振興基金
試験形式(一次試験) 四肢択一式
試験形式(二次試験) 記述式
受験料 一次・二次試験:13,200円

一次試験のみ:6,600円

二次試験のみ:6,600円

参考:[施工管理技術検定]

年度 一次試験 二次試験
2020 58.5% 64.1%
2021 57.1% 68.7%
2022 55.6% 61.8%

引用:[CIC]

合格率はどの年も50%以上です。

受験者数が2,000〜4,000人ほどなので、狙い目の資格といえるでしょう。

2級建設機械施工管理技士試験

建設機械施工管理技士は建設現場で建設機械を使って施工する際の管理者のこと。

2級建設機械施工技士を取得すれば、下記の機械を操縦できるようになります。

  • ブルドーザー
  • 油圧ショベル
  • モーターグレーダー
  • ロードローラー
  • アスファルトフィニッシャ
  • アースオーガー

試験の概要はこちら。

試験名 2級建設機械施工管理技士
試験実施機関 一般財団法人 全国建設研修センター
試験形式(一次試験) 四肢択一式
試験形式(二次試験) 実技(操作施工法)
受験料 一次試験

種別受験;14,700円

2種別受験;29,400円

二次試験

1種別受験;27,100円

2種別受験;54,200円

参考:[日本建設機械施工協会]

年度 一次試験 二次試験
2020 39.5% 82.5%
2021 51.3% 75.2%
2022 43.2% 68.2%

引用:[JQOS]

建設機械施工管理技士の資格は、建築工事施工管理技士資格を取得した後に挑戦する人が多いです。

なぜなら建設機械施工管理技士の資格があれば、大型機械を取り扱う大型工事で活躍できるようになるから。

大手ゼネコンなどへの転職を狙う人にも大きな強みになるでしょう。

2級造園施工管理技士試験

園施工管理技士は、整地や樹木の植栽、景石のすえ付け等を行う仕事です。

庭園や公園、緑地では苑地を築造し、道路や建築物の屋上の緑化や、植生を復元する工事で、植物の緑化に関わる工事を担当しています。

試験名 2級造園施工管理技士試験
試験実施機関 一般財団法人 全国建設研修センター
試験形式(一次試験) 四肢択一式
試験形式(実地試験) 記述式
受験料 一次・二次試験:14,400円

一次試験のみ:7,200円

二次試験のみ:7,200円

参考:[全国建設研修センター]

年度 一次試験 二次試験
2021 51.3% 42.6%
2022 57.6% 40.6%

引用:[CIC]

造園施工管理技士試験の受験者数は毎年1,000人ほど。

造園施工管理技士の働く場所の例を挙げると土木会社や造園会社、その他建設会社などです。

働く場所がある程度限られてしまう可能性もあるため、取得する場合は自分の会社が造園施工管理技士試験の資格手当を用意しているか確認すると良いでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

2級施工管理技士試験に合格するためにやるべきこと

2級施工管理技士試験に合格するには下記の3つの対策を進めましょう。

  • 試験勉強の時間やスケジュールを決める
  • 通信講座や講習で二次試験対策を行う
  • 隙間時間は本やアプリで知識を詰め込む

それぞれ詳しく解説します。

試験勉強の時間やスケジュールを決める

試験に合格するには、試験の勉強時間を確保することが重要です。

年間の勉強スケジュールを立てて自分が1日に何時間勉強するかを決めましょう。

まずは試験の範囲を理解し、過去問を解いていくことが大切です。

毎日一定の時間を確保して勉強を習慣化させれば、試験への準備が効果的に進むでしょう。

通信講座や講習で二次試験対策を行う

二次試験は実務的な能力を問う試験です。

過去問だけでは補いきれない対策になるため、通信講座や講習を活用して実際の現場で必要なスキルや知識を身につけましょう。

客観的な添削が入ることで、試験内容への理解が深まります。

隙間時間は本やアプリで知識を詰め込む

試験に合格するには日常のスケジュールの中で、隙間時間を有効活用して知識を詰め込むことが大切です。

たとえば移動中や待ち時間に、参考書や専門アプリを活用して学習を進めましょう。

インプットとアウトプットを増やすことで、試験の幅広い範囲に対応できる基盤ができ、合格に近づきます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

2級施工管理技士試験に合格するメリット

2級施工管理技士の資格を取得すると、下記の3つのメリットがあります。

  • 主任技術者や専任技術者として働ける
  • 資格手当により年収が上がる
  • 転職するときの強みになる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

主任技術者や専任技術者として働ける

2級施工管理技士試験に合格すると、工事現場の主任技術者や専任技術者として働くことが可能です。

主任技術者や専任技術者は、建設現場での施工管理業務をまとめる役割を果たします。

施工管理として実績を増やすことができますし、難易度の高い仕事を担当することで経験値が増えるでしょう。

資格手当により年収が上がる

2級施工管理技士資格を獲得すると、資格手当によって年収が上がるかもしれません。

多くの企業では、施工管理技士の資格取得者に対して資格手当を支給しています。

たとえば、月収20万円の施工管理技士が2級施工管理技士の資格を取得して資格手当9,000円を獲得すれば、年収が10,8000円アップします。

資格手当の額は会社によって異なるため、年収を上げる目的がある人は資格取得のタイミングで転職を検討しても良いでしょう。

転職するときの強みになる

2級施工管理技士資格は、転職時に大きな強みになります。

なぜなら建設業界では、有資格取得者を積極的に採用する企業が多く、資格があればより条件の良い会社に入社できる可能性が高まります。

資格は実務経験を証明するため、転職後も即戦力として働けるということ。

自分のキャリアプランを考えている人は、早い段階から資格取得を目指しましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

2級施工管理技士試験に関するよくある質問

question, why, mark

ここでは2級施工管理技士試験に関するよくある質問をまとめました。

  • どの施工管理技士試験を受けるべきか分からない
  • 2級施工管理技士試験の受験資格とは?
  • 7種類の施工管理技士試験の難易度とは?

それぞれ解答していきます。

どの施工管理技士試験を受けるべきか分からない

施工管理技士試験は、工事によって7つの種類に分かれます。

どの試験を受験すべきか迷っている人は、自身の所属している会社で必要な資格を確認してみましょう。

たとえば土木工事をメインに扱う会社では土木施工管理技士資格が求められますし、大手ゼネコンであれば管工事施工管理技士や電気工事施工管理技士を推奨されるかもしれません。

今の仕事をしながら資格の勉強を進めれば、仕事内容が勉強に活用できることもあるでしょう。

2級施工管理技士試験の受験資格とは?

2級施工管理技士試験の受験資格は、一次試験のみであれば特にありません。

一方、二次試験の受験には下記の条件があります。

引用:[施工管理技術検定]

二次試験をできるだけ早く受験するために、今の会社で一定の実務経験を積みましょう。

7種類の施工管理技士試験の難易度とは?

施工管理技士試験は7種類ありますが、難易度はどれも同程度といえるでしょう。

難易度を順位で並べると、およそ下記のとおりになります。

1位 建築施工管理技士
2位 土木施工管理技士
3位 電気通信施工管理技士
4位 電気工事施工管理技士
5位 管工事施工管理技士
6位 造園工事施工管理技士
7位 建設機械施工管理技士

ただ、これはあくまでも予想です。

難易度の順位にかかわらず、自分に必要な資格の取得を目指してください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は2級施工管理技士試験の難易度や試験概要、勉強方法について紹介しました。

施工管理技士試験に挑戦する人が、最初に取り組む試験が2級施工管理技士試験です。

1級施工管理技士試験と比べて試験の難易度は低いですが、合格率は28〜68%と幅があります。

自分が働く職場で役立つ資格はどれか、スキルアップに活用できる資格は何かなど事前に調べてから、資格取得に向けた勉強に取り組みましょう。

2級施工管理技士試験に合格すれば、年収アップや転職に有利になる可能性が上がります。

もし今の職場よりも条件の良い会社への転職を検討する場合、建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」にご相談ください。

1級土木施工管理技士補とは?取得のメリットや対応できる業務、申請方法を詳しく解説

2021年4月の建設業法改正により、施工管理技士補という国家資格が創設されました。

建設業界は建設需要が高まる一方で、人材不足が深刻化しており、工事の責任者である施工管理技士が足りない問題に直面しています。

施工管理技士補の創設により、施工管理技士の仕事の一部を施工管理技士補に任せることができるようになりました。

実際に施工管理技士補制度で何が変わったのでしょうか。

今回は1級土木施工管理技士補の資格について、資格取得のメリットや取得によって対応できる業務、合格後の資格申請方法を詳しく解説します。

施工管理技士としてステップアップを目指す人や、2級施工管理技士の資格を取得している人で1級施工管理技士試験に挑戦しようと思っている人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

1級土木施工管理技士と1級土木施工管理技士補の違い

今回は1級土木施工管理技士と1級土木施工管理技士補の違いを解説します。

  • 二次試験に合格したかどうか
  • 監理技術者になれるかどうか

それぞれ詳しく見ていきましょう。

二次試験に合格したかどうか

1級土木施工管理技士試験の結果によって施工管理技士か施工管理技士補か決まります。

そもそも施工管理技士補が新設されたきっかけのひとつは、「一次試験に合格しただけでは有資格者を名乗れない」という状況を変えようとしたこと。

つまり施工管理技士補は、施工管理技士試験の受験者のうち、一次試験の合格者のことを指します。

1級土木施工管理技士補になれば、監査技術者の補佐役として土木の工事現場で仕事ができるため、仕事の幅を広げるチャンスが増えるでしょう。

監理技術者になれるかどうか

1級土木施工管理技士の資格を取得すると、工事現場における主任技術者や専任技術者、監理技術者として働くことが認められます。

残念ながら、1級土木施工管理技士補の場合は監理技術者として働くことはできません。

監理技術者として工事の責任者の役割を果たしたい人は、1級土木施工管理技士試験の二次試験に合格する必要があるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理技士補制度の追加で変わったこと

施工管理技士補が新設されたきっかけは、施工管理技士の人材不足と、試験の難易度の高さです。

施工管理技士補が新設されたことで、施工管理を目指す人は下記の点が変更になり、資格取得のモチベーションが上がりました。

  • 一次試験合格で国家資格を取得できる
  • 二次試験への挑戦が無期限でできる
  • 転職で有資格者としてアピールできる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

一次試験合格で国家資格を取得できる

施工管理技士補制度のメリットは、一次試験に合格することで「施工管理技士補」という国家資格を取得できることです。

今までは一次試験に合格して二次試験に落ちた人は、施工管理技士に関する知識面での実力があるにもかかわらず、資格として証明する術がありませんでした。

施工管理技士補制度の導入で、一次試験に合格すれば施工管理技士補を名乗ることが可能に。

スキルの証明にもなりますし、施工管理技士補として働ける業務の幅も広がるため、仕事獲得のチャンスが増えるでしょう。

二次試験への挑戦が無期限で何度でもできる

施工管理技士補の制度導入により、二次試験への挑戦回数に制限がなくなりました。

従来であれば、施工管理技士試験の一次試験、二次試験に同時に申し込んで二次試験に不合格となった場合、二次試験に連続2回落ちると一次試験合格の資格がなくなるというデメリットがありました。

令和2年度まで 令和3年度以降
一次試験合格資格の有効期限 合格から翌々年まで 無期限
二次試験への受験可能回数 2回まで 何回でもOK
一次試験合格後の称号 なし 施工管理技士補

しかし施工管理技士補制度により、試験の受験回数に制限がなくなり、何度も試験に挑戦することが可能に。

一次試験合格資格の有効期限が無期限になったこともあり、自分のタイミングで二次試験に挑戦できる点がメリットといえるでしょう。

転職で有資格者としてアピールできる

資格は、転職でアピールできるポイントになります。

なぜなら施工管理技士補は国家資格として認められた資格であり、資格のない施工管理と比べて担当できる業務量が多いため。

主任技術者として働ける点から、転職時も即戦力になれることを強みにできるでしょう。

特に大規模の工事を請け負うゼネコンなどの会社は有資格者を求めています。

施工管理技士補を取得して、より条件の良い会社に転職を検討してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

1級土木施工管理技士補を取得するメリット

施工管理技士補が追加されたことで特に変化が大きいのは1級施工管理技士補です。

ここでは土木工事をメインで扱う1級土木施工管理技士補を例に挙げ、資格取得のメリットを紹介します。

  • 監理技術者の補佐として現場の主任技術者として働ける
  • 資格手当がもらえる可能性がある
  • 施工管理としてキャリアアップできる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

監理技術者の補佐として現場の主任技術者として働ける

1級土木施工管理技士補の資格の最大のメリットは、工事現場の規模を問わず主任技術者として働ける点です。

主任技術者とは、元請負の特定建設業者が請負代金総額4,000万円未満(建築一式工事は6,000万円未満)の土木工事の現場に配置する技術者のこと。

一定の規模以上の工事現場では主任技術者ではなく、監理技術者を専任での配置が求められます

しかし、1級土木施工管理技士補が該当の現場で主任技術者として入ることができれば、規模の大きな現場でも監査技術者は別の現場との兼業が可能になります。

主任技術者は、下記の業務を行います。

  • 施工計画の作成
  • 工程管理
  • 検査・試験の実施
  • 工事目的物・仮設物・資材等の品質管理、
  • 技術者の指導監督

大規模な工事において、1級土木施工管理技士補は主任技術者として監査技術者の指導のもと業務を進めます。

監査技術者の業務量を削減できる役割も果たすため、施工管理技士の人材不足に困っている会社で重宝されるでしょう。

資格手当がもらえる可能性がある

1級土木施工管理技士補の資格は、国家資格のひとつ。

2級土木施工管理技士や1級土木施工管理技士に資格手当があるように、今後は施工管理技士補に対する資格手当が整備されることが期待できます。

実際に以下の求人では1級土木施工管理技士補に10,000円の資格手当が支給されています。

引用:[愛媛建設株式会社]

資格手当が支給されることで年収が上がり、仕事のモチベーションも上がるでしょう。

施工管理としてキャリアアップできる

1級土木施工管理技士補の資格を取得すれば、土木施工管理技士としてキャリアアップが目指せます。

たとえば1級土木施工管理技士の資格が活用できる会社はスーパーゼネコンや準大手ゼネコンなどの大企業です。

規模の大きな工事を請け負うからこそ、専任の監査技術者が必要な現場が多く、常に有資格者を求めています。

1級土木施工管理技士を求める会社に1級土木施工管理技士補としての資格をアピールすれば、将来1級土木施工管理技士として活躍できる可能性を踏まえて、採用率が上がるかもしれません。

より条件の良い会社に入れば、仕事のやりがいを持ちながら福利厚生の充実した会社で働けるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

1級土木施工管理技士補の申請方法を解説

施工管理技士補は試験に合格後、施工管理技士補として合格証明書を自分で発行する必要があります。

ここでは施工管理技士補の合格証明書の申請方法を解説します。

施工管理技士補の合格証明書は自分で発行申請する必要がある

まず覚えておかなければならないのは、1級土木施工管理技士補の合格証明書は受験者自身が申請して取得する必要があることです。

1級土木施工管理技士補は国家資格のひとつであるため、合格通知書だけでは証明として不十分な場合があります。

会社に勤めている人で、資格証明書の提示を求められた際にすぐ出せるように、合格後すぐに証明書を発行することがおすすめです。

合格通知書に同封された合格証明書交付申請書を確認する

1級土木施工管理技士試験のうち、一次試験に合格した人は1級土木施工管理技士補として認められます。

合格を確認後、試験機関から合格通知書が届きます。

通知書には合格証明書交付申請書が同封されているので、必ず確認してください。

必要事項を明記して郵送する

合格証明書交付申請書の裏には、合格証明書交付申請手続きの方法が記載されています。

記載された手順通りに、書類の記載や必要書類の準備を進めましょう。

合格証明書交付申請書に必要な事項を全て明記したら、期限内に指定された場所へ郵送してください。

申請書の内容に不備がなければ、数週間から数か月以内に、正式な1級土木施工管理技士補の資格証明書が発行されます。

再交付が必要な場合は、再交付申請の手続きが必要になるため、所定の機関で手続きを進めましょう。

1級土木施工管理技士補に関するよくある質問

ここでは1級土木施工管理技士補に関するよくある質問をまとめました。

  • 2級土木施工管理技士と1級土木施工管理技士補の違いは?
  • 1級土木施工管理技士補ができる補佐業務とは?
  • 施工管理技士補が新設された理由とは?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

2級土木施工管理技士と1級土木施工管理技士補の違いは?

2級土木施工管理技士と1級土木施工管理技士補の違いは、保有する知識量です。

2級土木施工管理技士は基本的な施工管理の知識を証明できる資格ですが、1級土木施工管理技士補は、1級土木施工管理技士と同程度の知識を保有していることが証明されています。

その知識の差によって、1級土木施工管理技士補は大規模工事において、監査技術者の補佐として専任の主任技術者の役割を果たすことが可能です。

2級土木施工管理技士を取得した次のステップとして1級土木施工管理技士補の資格があるため、2級土木施工管理技士の資格取得後も継続的に勉強を続けましょう。

1級土木施工管理技士補ができる補佐業務とは?

1級土木施工管理技士補が行う補佐業務は、以下のとおり。

  • 施工計画の作成
  • 工程管理
  • 品質管理
  • 工事の指導監督

これらの業務を行う場合、1級土木施工管理技士の資格を持った監査技術者に指示を仰ぐ必要があります。

指示を仰いだ上で上記の業務を行えば、専任の主任技術者として大型の工事現場で責任者として働くことができる点が補佐業務の魅力といえるでしょう。

施工管理技士補が新設された理由とは

施工管理技士補の制度が新設された理由は、建設業界の少子高齢化や施工管理技士試験の難易度の高さにあります。

建設業界では新規の入職者が少ないことで、技術者の高齢化が進んでいます。

さらに、施工管理技士試験の難易度の高さから安定した有資格者を確保できず、資格者の取り合いや資格者の長時間労働が問題になっている状況でした。

施工管理技士補が導入されたことで、資格取得のハードルが低くなり、資格取得を目指す人が増えることが期待されています。

有資格者が増え業務の効率化が進めば、建設業界のイメージが改善され、入職者が増えるかもしれません。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は1級土木施工管理技士補について、1級土木施工管理技士との違いや資格取得のメリット、1級土木施工管理技士補ができる業務内容を詳しく解説しました。

施工管理技士補の制度は2021年4月から始まった制度なので、これから徐々に施工管理技士補に関する資格手当や求人が増えていくことが期待されています。

施工管理技士試験の受験難易度がやや下がったことで、資格取得へのモチベーションが上がった人もいるのではないでしょうか。

施工管理技士補の中でも、土木施工管理技士補はインフラの整備やダムの設置など社会基盤を支えたい人におすすめの職種です。

土木施工管理技士を目指す人は、まずは施工管理技士試験に挑戦して、施工管理技士補から経験値を積み上げてみるのもよいでしょう。

施工管理技士補になったことがきっかけでより条件の良い会社に転職するのもおすすめです。

転職を検討する人は、建設業界に特化した「ビーバーズ」に相談してみてください。

現場監督になるには何が必要?有利になる資格やスキル、平均年収を詳しく解説

現場監督は工事現場における責任者としての役割を果たし、工事日程の調整や作業員への指示、書類作成作業など対応すべき業務がたくさんあります。

現場監督になるにはどのような資格やスキルが必要なのでしょうか?

実は現場監督は資格がなくても誰でもなることができる仕事です。

ただ、有能な現場監督として働くには資格の取得は必須。

今回は現場監督の業務内容や求められるスキル、取得すべき資格や平均年収を詳しく解説します。

現場監督という働き方に興味がある人や、資格がない状態で建設業界へ転職したい人、将来的に現場監督として活躍したい人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

現場監督になるために必要なものは?業務内容や実態を紹介

construction, worker, safety

まずは現場監督になるために資格が不要な理由や、基本的な業務内容を説明します。

  • 現場監督の仕事内容
  • 資格なしでも現場監督になることは可能

それぞれ詳しく見ていきましょう。

現場監督の仕事内容

現場監督は工事現場における責任者の役割を果たします。
主な業務は下記のとおり。

安全管理 工事現場の安全性の確保

ヒヤリ・ハット箇所の確認、周知

作業開始前の安全確認

作業員の体調確認

工程管理 作業員のスケジュール確認

1日の工事スケジュールの作成

トラブル発生時のスケジュールの調整

原価管理 資材の原価計算

人件費の計算

請求書処理

資材発注

品質管理 施工図通りの資材が利用されているかの確認

資材内容の確認

業務内容は大きく分けて安全管理・工程管理・原価管理・品質管理の4つに分かれます。

それぞれの分野ごとに対応すべき業務があるため、工事現場を見張るだけでいいというわけではありません。

工事を管理する立場として、幅広い知識と経験値を活かしながら工期通りに工事を進める必要があるでしょう。

資格なしでも現場監督になることは可能

意外かもしれませんが、資格がなくても現場監督になることは可能です。

なぜなら現場監督で活用できる資格は一定期間の実務経験が求められるものが多いため。

まずは資格がない状態で実務経験を積んで行くことで、受験資格を確保し、試験合格後は有資格者としてより難易度の高い工事現場で働くという流れが一般的です。

実務経験を積む中で、試験に必要な専門知識を身につけていけば、資格がなくても信頼される現場監督になることができます。

資格を取得するまでの間は、実力を積んで信頼を獲得しましょう。

現場監督に求められるスキル

現場監督として信頼されるには、専門的な資格の取得よりも下記のスキルの獲得がおすす目です。

  • 現場の作業をスムーズに進めるコミュニケーション力
  • 作業員に適切な指示を出すマネジメント力
  • トラブルに臨機応変に対応する能力

それぞれ詳しく見ていきましょう。

現場の作業をスムーズに進めるコミュニケーション力

現場監督には、優れたコミュニケーション力が求められます。

なぜなら、建設現場ではさまざまな職種の作業員が協力して工事を進めるため、細やかなコニュニケーションをとることで連携をスムーズにする必要があるから。

常に細やかなコミュニケーションを取っていれば、職人や作業員から信頼されるため、トラブルの早期発見や工事現場の課題を発見することも可能です。

さらに現場監督は、設計者やクライアントとのコミュニケーションも円滑に行う必要があります。

多くの人と関わる職種として、コミュニケーション力は必須といえるでしょう。

作業員に適切な指示を出すマネジメント力

現場監督に求められるスキルは、作業員を指導しそれぞれの能力を最大限に活かすマネジメント力です。

工事現場では、少しのミスが重大な事故を引き起こすリスクがあります。

普段から安全管理や工期管理を徹底することで、作業員の安全を守り、必要に応じて指示を出すことで工事をスムーズに進められるでしょう。

工事現場は複数の作業員が働く場所です。

現場監督がリーダーシップを発揮して作業員に指示を出すことで、それぞれが仕事のモチベーションを高く持って作業を進められるでしょう。

トラブルに臨機応変に対応する能力

建設現場では悪天候や資材の誤発注など、さまざまなトラブルや予期せぬ状況が発生することがあります。

しかし、トラブルが起こったとしても工期をずらせません。

工期通りに工事を進めるには、トラブルが発生しても臨機応変に対応する能力が必要です。

現場の状況を冷静に把握したうえで、臨機応変に対応策を考えられる現場監督は、作業員からも信頼を獲得できるでしょう。

柔軟性と判断力が求められる現場監督の仕事ですが、現場の数をこなすことで臨機応変に対応する能力がついていきます。

まずは実務経験を積んでいくことで、対応能力を磨きましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

現場監督として活躍するには施工管理技士資格を取得するべき

現場監督として活躍したい人は施工管理技士資格の取得がおすすめです。

施工管理技士資格とは、建設業法27条に基づいて創設された施工管理技術検定の合格者に与えられる国家資格です。

施工管理技士資格は1級と2級、さらに施工管理技士補の3つに分かれており、認定された資格によって対応できる業務が異なります。

現場監督にとって施工管理技士資格の取得は、スキルアップだけでなく新しい職業選択の幅を広げるメリットにもなるでしょう。

施工管理技士資格は対応する工事内容によって以下の7つに分かれます。

  • 建築施工管理技士
  • 土木施工管理技士
  • 管工事施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士
  • 電気通信施工管理技士
  • 造園施工管理技士
  • 建設機械施工技士

それぞれのメリットや業務内容を詳しく解説します。

建築施工管理技士

工事現場は大きく分けて「建築現場」と「土木現場」の2種類があり、建築施工管理技士は、建物を建設する際の「建築現場」を管理する施工管理技士のことを指します。

建築施工管理技士になると、住宅建築から工場の建設工事まで建築に関わる全ての工事で業務ができます。

施工管理技士試験の中でも特に受験者が多いのが特徴のひとつ。

例として2022年(令和4年)の2級建築施工管理技士試験の受験者数・合格率は以下のとおりです。

【2級建築施工管理技士試験】

受験者数 合格者数 合格率
一次試験 27,004人 11,421人 42.3%
二次試験 14,909人 7,924人 53.1%

引用:[総合資格学院]

施工管理の業務の流れやきついポイントが気になる人はこちらの記事を参考にしてください。

土木施工管理技士

土木分野の現場監督として活躍したい人は、土木施工管理技士の資格を取得しましょう。

土木施工管理技士は道路や上下水道の整備、ダムの建設など、社会インフラを支える工事に対応することがほとんど。

土木一般や専門土木など土木に関する知識を求められるため、将来的に土木に関する仕事につきたい人におすすめです。

土木施工管理技士についてより詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士は、上下水道の整備や空調設備の設置など、土木の現場や建築現場どちらでも活躍できる資格です。

特に下記の工事に関する知識が深いことから、建設工事で重宝されます。

  • 冷暖房設備工事
  • 給排水・給湯設備工事
  • ダクト工事
  • 浄化槽工事
  • ガス配管工事

配管に関する工事はどの建物の工事でも必要なため、管工事施工管理技士資格を獲得すれば幅広い建設会社で働けるでしょう。

管工事施工管理技士として年収を上げたい人はプラント建設工事に携わるのがおすすめ。

プラントでの働き方をより詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理になると、建設現場における電気配線の設置や電気設備の設置に関わる工事で施工管理として働くことが可能です。

電気に関する工事に関わるため、資格を取得するには電気に関わる深い知識が必要です。

2級と1級によって扱える電圧の大きさが変わるため、まずは2級から徐々にステップアップすることが重要。

1級電気工事施工管理技士の資格を取得することで、大規模なプラント工事などでも活躍できるでしょう。

電気工事施工管理技士についてより詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

電気通信施工管理技士

電気通信施工管理技士とは、電気通信機器や通信ケーブルの設置工事など、電気通信に関わる設備の設置工事に関わる仕事です。

5Gの登場や全世界の通信需要の高まりにより、2019年から新設された施工管理技士資格のひとつ。

電気を扱う仕事なので、電気工事施工管理技士と同様、他の施工管理技士資格よりも電気に関する深い知識が求められます。

電気通信は今後も需要が高まる業界なので、電気通信施工管理技士資格を取得すれば将来的にも継続的に仕事を獲得できるでしょう。

造園施工技士

造園施工管理技士になると、緑化活動に関わる工事の施工管理として働くことができます。
造園施工管理技士が活躍できる現場は下記のとおり。

  • 公園や学校の校庭の整備
  • 大型マンションや道路の緑化
  • ゴルフ場の緑化
  • 公共施設の緑化

造園施工管理技士は他の施工管理技士資格と比べて受験者数が少ないため、資格の希少価値が高いといえるでしょう。

工事によっては規模の大きな事業に関わることもでき、緑化に関わる仕事がしたい人はぜひ目指してみてください。

建設機械施工技士

建設機械施工技士は工事現場で利用する大型機械の使用ができるようになる資格です。

建設機械施工技士の資格を取得することで扱える機械は以下のとおり。

1級 2級
トラクター系建設機械

ショベル系建設機械

モータ・グレーダ

締固め建設機械

ブルドーザ(6~12t級)

油圧ショベル(バックホウ)(山積0.28~0.45m3級)

モータ・グレーダ(3.1m級)

ロード・ローラ(10~12t級)

引用:[建設管理センター]

大型機械を扱えるようになれば、それだけ大きな工事現場で活躍できるということ。

年収を上げたい・よりスキルの求められる工事現場で働きたい人は建設機械施工技士の資格取得を目指してみてください。

現場監督の平均年収は?

お給料

ここでは現場監督の平均年収を比較します。

  • 国全体の平均年収と比較
  • エリアごとの平均年収の違い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

国全体の平均年収と比較

現場監督と国全体の平均年収を比較すると以下のとおり。

現場監督 国全体
平均年収 454万円 443万円

引用:[求人ボックス],[令和3年分 民間給与実態統計調査]

データを見ると、国全体の平均年収よりも現場監督の平均年収の方が高いことが分かります。

ただ、これは現場監督の中でも施工管理技士などの有資格者が多いことが理由のひとつと考えられます。

年収の幅は353〜1,104万円と会社や条件によって変わることもあるため、年収アップを目指す人は施工管理技士資格をはじめとした現場監督で活用できる資格を取得しましょう。

エリアごとの平均年収の違い

次にエリアごとの平均年収の違いを見ていきましょう。

エリア 平均年収
北海道・東北 431万円
甲信越・北陸 443万円
関東 477万円
東海 452万円
関西 453万円
中国 416万円
四国 418万円
九州・沖縄 423万円

引用:[求人ボックス]

都道府県の中で平均年収が1番高いけんは神奈川県の507万円でした。

データを比較すると、東京や大阪、福岡などの大きな都市が集まるエリアの平均年収が高い傾向です。

都市部ではインフラ整備や新しい建物の建設など、建設の需要が高いことから現場監督の需要が高いと考えられます。

現場監督として働く中で、年収を上げたい人は働くエリアも比較対象に入れておきましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

現場監督が施工管理技士資格以外に取得しておくべき資格

現場監督は施工管理技士資格だけでなく、別の資格も取得しておくことをおすすめします。

  • 電気工事士・電気主任技術者
  • 消防設備士
  • 建築士

それぞれ詳しく解説します。

電気工事士・電気主任技術者

電気を扱う工事に関わる場合、電気工事士や電気主任技術者の資格は大きな強みになります。

電気工事士や電気主任技術者の資格を持っていると、電気設備に関する専門知識やスキルを持っていることが証明され、電気関連の作業の安全な監督作業が可能。

電気系の資格を持つことで、より幅広い工事の現場監督として働けるようになるでしょう。

消防設備士

現場監督として安全確保のスキルを証明するには消防設備士の資格が役立つでしょう。

消防設備士の資格があれば、火災防止や避難の観点から建築物の設計や施工に関する指導ができます。

特にプラント工事や大規模な建物の建設工事では、消防設備士の資格があることで、専門性の高さが認められるでしょう。

建築士

建築士の資格があれば、建設する建物の全体を理解し、設計から施工までを総合的に監督することが可能です。

設計図を正確に読み解き、建築の品質確保やデザイン設計に関する細やかな判断を行え、工事のスムーズな進行に役立てられるでしょう。

建築士の資格があれば、将来的に設計士としてキャリアチェンジすることも可能です。

将来の選択肢を増やしたい人は、ぜひ取得を検討してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は現場監督に求められる資格やスキル、平均年収などを詳しく解説しました。

現場監督になるには資格は必要ありませんが、現場で活躍するには施工管理技士の資格を取得するのがおすすめ。

自分が働く職場によって求められる資格が異なるため、事前に確認しておきましょう。

現場監督として実務経験を積みながら、ステップアップとして資格取得を目指してみてください。