TEL
メニュー

プラント施工管理の仕事内容とは
1日の流れや年収を徹底分析

プラント施工管理の仕事内容とは|1日の仕事の流れや必要な資格、年収まで徹底分析

施工管理

社会に影響を与える大きな建物の建設に携わりたい、建設業の中でも大規模な建設に関わる仕事がしたいという思いがある人は、プラント施工管理がおすすめです。

プラント施工管理とは、工場の建設工事の管理や調整を行う仕事です。

プラント施工管理は他の施工管理と比べ、対応すべき業務や学ぶ知識が多いのが特徴。

忙しく、大変な仕事だからこそ他の施工管理よりも年収が高いなどのメリットもあります。

今回はプラント施工管理の仕事内容について、基本の業務や1日の仕事の流れ、プラント施工管理になる方法やを詳しく紹介します。

「プラント施工管理が気になるけど、詳しい仕事内容が分からない」「実際にどんな仕事しているの?」と疑問を持つ方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

プラント施工管理とは|業界別のプラントについて知る

プラント施工管理とは、名前のとおり「プラント(工場)」の建設工事を進めるための調整や管理を行う仕事です。

プラント施工管理といっても、施工を担当する工場が製造する物や取り扱う機械によって仕事内容は多岐に渡ります。

例として、プラントの種類別の特徴を以下にまとめました。

業界別 プラント名 特徴
産業系プラント 食品プラント 加工品や冷凍食品の製造
飲料品プラント ミネラルウォーターや清涼飲料水など飲料品を生産
医療品プラント 薬品や医療機器の製造
化学系プラント 石油化学プラント プラスチックやナイロンなど石油化学製品を製造
天然ガスプラント ガス田で取り出された天然ガスから不要物や環境汚染物質、水分などを除去
冷却して液化する
発電プラント 原子力発電
石炭火力発電
火力発電など
環境系プラント 新エネルギー発電プラント 太陽光発電
風力発電
バイオマス発電
地熱発電など
ごみ焼却プラント ごみ焼却を効率よく行うための送風機や排熱ボイラー、バグフィルターなどを設置
水道供給プラント 河川から水を集め、飲料用として水質処理を行う
下水処理プラント 下水の排水処理を行う

表を見てわかるように、工場の種類や生産する対象物によって施工管理で注意すべき点が異なり、必要な知識が異なることがわかります。

プラント施工管理になりたいと思う人は、幅広いプラントで対応できる知識をつけておくのがおすすめです。

プラント施工管理の仕事内容とは|プラント施工ならではの業務内容が含まれる

ここからは、プラント施工管理の仕事内容を見ていきましょう。

プラント施工管理の業務は大きく分けて下記の4つがあります。

  1. 4大管理業務
  2. プラントの設計や専門家との打ち合わせ
  3. 設備の試運転
  4. メンテナンス

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.4大管理業務|施工管理の基本となる管理を行う

プラント管理をはじめ、すべての施工管理には4大管理という業務があります。

4大管理とは、施工管理が「管理」すべき4つの項目のこと。

それぞれの名称や特徴をまとめました。

安全管理 現場の事故などがないように現場に周知をしたり、ヒヤリハットの確認などを行う
原価管理 決められた予算内で工事ができるように、材料費や人件費などを計算し、適切に予算を使えるように管理する
安全管理 現場の事故などがないように現場に周知をしたり、ヒヤリハットの確認などを行う
工程管理 工事の過程で図面どおりに建物ができているか、定められた基準を満たしているかチェックする

施工管理は工事が工期通りにスムーズに進むように、作業員の安全管理や資材の品質管理などさまざまな角度から工事全体をまとめる必要があります。

プラント施工管理は対応する工事の規模が大きいため、そのぶん業務内容は多忙になることも。

徐々に経験値を積み上げることで、スムーズに工事を管理できるようになります。

2.プラントの設計や専門家との打ち合わせ|施工の前から業務は始まる

プラント施工管理は施工に関する業務以外に、工事が始まる前の段階である「設計」に関わることも。

プラント内に設置する機械の配置を決めたり、機械の機能によって建物の構造を検討したりと、専門家の知識を組み合わせながら、安全なプラントができるよう設計します。

プラントごとの特徴が異なるため、機械やプラントで製造する素材に関する知識がつきます。

たとえば医療品プラントでの施工管理として働く場合、医薬品や医療の知識があれば業務に活用できるでしょう。

3.設備の試運転|稼働後のトラブルを防ぐ

プラント施工管理は、工期内で設備の試運転を行います。

施工後に工場内の設備にトラブルがあれば、製造ラインの停止や事故の発生などのリスクがあるため。

試運転はプラント施工管理の業務でも特に大切。

事前に試運転を実施することで、重大な事故や損害を防いでいます。

もし試運転で問題が起これば、早急に対応し工期までに工事が完了するよう再調整する必要があります。

機械が基準値にあった稼働をしているか細かくチェックして、工場稼働に向けて最終調整をする重要な任務といえるでしょう。

4.メンテナンス|施工の後も業務は続く

プラント施工管理の業務内容には、メンテナンスも含まれます。

メンテナンスとは、プラントが完成して稼働を始めたあとの検査や修理です。

プラント施工に携わった人材として、プラント全体の深い知識があるのは施工管理であるため、施工後もメンテナンス業務を行いながら設備に不備がないかを確認します。

日々の保守管理を担当するプラント施工管理は、施工管理の仕事の中ではあまりない、ひとつの案件に長く繋がれる仕事といえるでしょう。

プラント施工管理は他の施工管理と何が違うのか

woman, question mark, person

プラント施工管理の仕事は、他の施工管理と違う特徴がいくつかあります。

どこが違うのか、今回は3つの違いを紹介します。

  1. プラントに関する深い知識が必要になる
  2. 納期厳守で進めるため残業や泊まり込みが発生する
  3. 施工完了後も仕事が続く

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.プラントに関する深い知識が必要になる|学び続ける姿勢が大切

施工管理として働く人に必要なのは、建設に関わる知識や施工管理として工事を管理する能力です。

ただプラント施工管理は、上記の知識に加えて建設する工場に関する業種の専門的知識が必要です。

たとえば石油化学プラントの施工管理に携わる場合、建設業の知識以外にも石油科学に関する知識を身につけ、トラブルが発生しない建物の構造を考える必要があります。

また食品プラントの施工管理であれば、食品製造や細菌、化学の知識が必要になることもあるでしょう。

プラントの施工管理は、他の施工管理と比べて身につけるべき知識が多く、日々学び続ける姿勢が重要です。

2.工期厳守で進めるため残業や泊まり込みが発生する|他の施工管理よりも高いマネジメントスキルが必要

プラント施工管理は、他の建設物と比べて工期が厳しいという特徴があります。

なぜならプラントで製造される予定の原料がスケジュール通りに提供できなければ、原料が必要な別の業界にまで被害が広がるリスクがあるため。

たとえば、石油化学プラントの施行が遅れれば、工場で作られるプラスチックが必要な別の製品を作る工場のスケジュールが遅れます。

損害の規模が大きくなるため、他の施工管理以上に高いスケジュール管理能力が求められるということ。

そのためプラント施工管理は、工期に間に合わせるために残業や泊まり込みが発生することもあります。

残業や泊まり込みが発生する点では、他の施工管理よりも忙しい、大変というイメージを持つ人がいるかもしれません。

3.施工完了後も仕事が続く|メンテナンス業務があるのはプラント施工管理の大きな特徴のひとつ

基本的に施工管理の業務は、工事が終了すれば案件に関わることはありません。

なぜなら施工管理の業務は、工期に間に合うように工事の作業内容や人員を調整することであるため。

しかしプラント施工管理はプラントの完成後も仕事が続きます。

プラントが無事に稼働しているか、定期的な点検や修理、メンテナンスはプラント施工管理の仕事。

ひとつの案件に長く関わることが多い点は、プラント施工管理ならではの特徴です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

今すぐ応募できる求人はこちら

\非公開求人/

新築メインの建築施工管理求人

月収
750000
勤務地
東京都港区
募集職種
一級建築施工管理技士

\非公開求人/

中古マンションのリノベーション

月収
450000
勤務地
神奈川県横浜市
募集職種
住宅マンションの施工管理

\非公開求人/

スーパーゼネコンの土木施工管理

月収
580000
勤務地
大阪府大阪市
募集職種
土木施工管理技士

\非公開求人/

大手ゼネコンの現場事務

月収
340000
勤務地
関東圏内の各エリア
募集職種
大手ゼネコンの現場事務

\非公開求人/

住宅中心の太陽光発電設置工事

人月単価
450000
勤務地
埼玉県全域
募集職種
太陽光発電設置工事

\非公開求人/

集合住宅のアフターメンテナンス

人月単価
400000
勤務地
福岡県博多市
募集職種
集合住宅のアフターメンテナンス

\非公開求人/

大型物件の解体工事

人月単価
500000
勤務地
栃木県栃木市
募集職種
大型物件の解体施工管理

\非公開求人/

大手ハウスメーカー下請けの大工

人月単価
700000
勤務地
大阪府大阪市、愛知県名古屋市、沖縄県
募集職種
住宅の大工

プラント施工管理の1日の流れ|時系列で細かな業務を紹介

ここからはプラント施工管理の1日の仕事の流れを紹介します。

プラント施工管理の1日の仕事の流れを時系列にそって表にまとめました。

時間 業務内容 詳細
7:00〜7:30 通勤 オフィスではなく、工事現場に直行する
7:30〜8:00 朝礼 今日の作業スケジュールの説明
安全管理の連絡
注意事項の共有
など
8:00〜12:00 現場の巡回、安全確認 作業員の安全管理
現場のヒヤリハットをチェック
作業進捗の確認
など
12:00〜13:00 昼休み 作業員との交流を図る
コミュニケーションをとることで問題点の早期発見を目指す
13:30〜17:00 現場の巡回、打ち合わせ 取引先との打ち合わせ
資材の業者との打ち合わせ
など
17:00〜 事務作業 作業報告書の作成
見積り書・請求書の作成
資材発注
など

このようにプラント施工管理の1日は、工事現場での作業が終わった後も事務仕事が続きます。

プラントの規模によっては、複数の施工管理で現場を管理する場合もあるため、施工管理同士の打ち合わせや会議が行われることも。

プラント施工管理は、他の施工管理と比べて取り扱う案件の規模が大きいため、業務の難易度や対応する業務量も多くなる傾向があります。

スケジュール管理を徹底して作業員の安全を確保しながら適切な指示を与える施工管理の仕事は、やりがいのある仕事といえるでしょう。

プラント施工管理に必要な資格3選

blueprints, entrepreneur, hands

ここからはプラント施工管理に必要な資格を3つ紹介します。

プラント管理として活躍したい人は、以下の資格の取得を目指しましょう。

  1. 施工管理技士
  2. 電気主任技術者
  3. エネルギー管理士

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.施工管理技士|施工管理のプロとして活躍する

プラント施工管理として活躍するには、施工管理技士の資格が必須です。

施工管理技士の資格は7種類あり、プラント施工管理が取得すると特に役立つ資格は以下の2つです。

  • 電気工事施工管理技士
  • 管工事施工管理技士

プラント施工管理は、プラントで利用する設備を設置するため電気に関する知識や、空調に関する知識があれば役立ちます。

電気工事施工管理技士や管工事施工管理技士は、施工管理技士としての基本である施工に必要な法令や施工計画の作成に関する知識以外に、下記のような知識が必要です。

電気工事施工管理技士 電気工学、電気通信工学に関する知識
発電設備、変電設備、送配電設備、構内電気設備等に関する知識
管工事施工管理技士 機械工学、衛生工学、電気工学、電気通信工学及び建築学に関する知識
冷暖房、空気調和、給排水、衛生等の設備に関する知識

引用:[CIC日本建築情報センター]

つまり、電気工事施工管理技士や管工事施工管理技士の資格があれば大型施設の施工管理で、電気工事や管工事を含む全ての工事に対応できるということ。

プラント工事ではほとんどの案件で電気工事や管工事が含まれるため、電気工事施工管理技士や管工事施工管理技士の資格があれば、工事の責任者として対応できるでしょう。

施工管理技士試験は2級と1級に分かれています。

まずは2級の取得からはじめ、最終目標として1級の取得を目指しましょう。

2.電気主任技術者|大きい電圧を取り扱う現場で活躍する

プラント工事は機械を扱う場面が多いため、電気に関する知識を有しているだけで活躍の幅が広がります。

電気に関する知識を深めたい人は、電気主任技術者の資格を取得するのがおすすめです。

電気主任技術者の仕事は、発電所や変電所、工場等に設置されている電気設備の保安や監督業務です。

電気設備の管理は有資格者のみが行える「独占業務」であるため、電気主任技術者の資格があるだけで電気設備のメンテナンスができるようになります。

プラントでは電気トラブルで設備が動かなくなれば大きな損害につながるため、慎重に業務をする必要があり、電気の知識が深い人材は重宝されるでしょう。

電気主任技術者は第1種〜第3種まであり、種によって扱える電圧の大きさが異なります。

第1種を取得すれば、すべての事業用電気工作物の工事、維持及び運用の保安の監督を行うことが可能。

まずは第3種から取得をはじめ、第1種を目指しましょう。

電気主任技術者について詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。

3.エネルギー管理士|プラントのメンテナンスで活躍できる

エネルギー管理士は、電気や熱エネルギーの使用量などを管理する仕事です。

エネルギー管理士の資格を取得していれば、下記の5業種の工場で管理者として活躍することが可能。

  1. 製造業
  2. 鉱業
  3. 電気供給業
  4. ガス供給業
  5. 熱供給業

施工管理でありながら、エネルギー管理士の資格を取得していれば、プラントの建設業のメンテナンスでも重宝されるでしょう。

エネルギー管理士の資格は実務経験があれば誰でも挑戦できる資格です。

プラント施工管理として経験を積みながら、資格取得に挑戦してみましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

プラント施工管理として働く2つの方法

プラント施工管理として働くには以下の2つの方法があります。

  1. 新卒でプラント施工管理の会社に入社する
  2. ゼネコンなどの建設会社で経験を積んで転職する

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.新卒でプラント施工管理の会社に入社する

プラント施工管理を行う建設会社に新卒で入社すれば、すぐにプラント施工管理として働けます。

新卒で入るには、大学や高校の時点で建設業に関する専攻が必要だったり、資格がないと採用が難しかったりと制限があるため、入社前から計画を持って準備を進める必要があります。

新卒でプラント施工管理として働く場合、最初の段階では先輩にサポートしてもらいながら工事を担当することがほとんど。

仕事をしつつ施工管理技士の資格取得を目指します。

最初から「プラント施工管理として働く」と目標を持って、専攻を取得している人は、新卒からチャレンジするのがおすすめです。

2.ゼネコンなどの建設会社で経験を積んで転職する

プラント施工管理になる方法には、別の建設会社から転職する方法もあります。

施工管理としてスキルアップとして、年収が高くやりがいのあるプラント施工管理技士は人気です。

ゼネコンや建築工房などで施工管理技士としての実績を積み、施工管理技士1級などの資格を取得していれば、プラント施工管理の会社へ転職できるでしょう。

すでにスキルがある状態で転職できれば、即戦力として大きな案件に関わることも可能。

今、建設業界で働く人でプラント施工管理という働き方に興味がある人は、転職を検討してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回はプラント施工管理という働き方について、業務の内容や1日の仕事の流れ、プラント施工管理になるために必要な資格や就職の方法について紹介しました。

プラント施工管理は、施工管理の中でもプラントという大規模な建設物を施工する仕事です。

取り扱う機械の電圧が大きくなり、プラントで製造する素材によっては危機管理を徹底しなければならないものもあるでしょう。

与えられた工期内で、安全管理の徹底したプラントを建設するには、建設に関する深い知識だけでなくプラントそれぞれの特徴を理解した経験値や専門知識が必要です。

プラント施工管理として働くには、新卒からプラント施工管理を行う建設会社に入社するか、別の建設会社で経験値を積んで転職するという2つの方法があります。

施工管理として施工管理技士1級を取得し、複数の現場の経験を有している人であれば、スキルアップとしてプラント施工管理を目指すのがおすすめです。

プラント施工管理に興味のある人は、建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」にご相談ください。

本記事が参考になれば幸いです。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

関連するブログ

建設業界のお仕事探しは
ビーバーズへおまかせください。