TEL
メニュー

造作大工の仕事内容とは?年収やキャリアアップに必要な資格なども解説

一般的に「大工」と呼ばれる職種の中でも、仕事内容によって呼び方は異なります。

本記事では、建物の内装工事に関わる「造作大工」の仕事内容から年収、造作大工として年収を上げるための方法などを解説します。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

造作大工の仕事内容

carpenter, craft, grind
造作大工とは、天井や壁、窓枠などの建物の内装に関わる大工になります。木材を加工して戸や障子、ふすまなどの建具を取り付けます。

「造作」は柱や土台といった建物の主要構造以外の壁や床などの人の目に触れる部分を指します。お部屋の印象を左右するため、造作大工は確かな技術力だけではなくデザイン力や、木材に関する知識が求められる仕事です。

また、建築大工など他の大工と比べ肉体的な負担の少ない仕事ではありますが、壁や床、柱などでの緻密な作業が必要になります。

ここでは、具体的な造作大工の仕事内容を工程別に紹介します。

窓枠や仕切り壁の設置

外壁が出来上がった後に窓枠や仕切り壁などを造作大工が設置していきます。

仕切り壁には回転壁のような半固定式されたものから襖のような移動式のものもあるため、様々な形で空間をレイアウトできます。造作大工が仕切り壁を設置していくことで、居住する際の間取りが目に見えるようになります。

窓も建物に開口部を設ける重要な役割となるため、造作大工が断熱性能を総合的に考えた上で作業を行う必要があります。

また、実際に現場へ木材を持ち込んでみると湿気により膨張してしまう場合や、乾燥により木材が収縮してしまう場合もあります。

造作大工には、木材ごとの特性を把握しながらどのような木材を使用するのが適切なのかを判断する力が求められます。

野縁(のぶち)や石膏ボードの取り付け

仕切り壁や窓枠の設置ができれば野縁や石膏ボードを取り付けます。

野縁は天井に設置する配線や配管工事を行うために必要になります。造作大工が野縁を設置することで、天井裏に隠す配線や配管、断熱材を入れる工事がしやすくなります。

石膏ボードとは、防火性や遮音性などの機能を兼ね備えた建材で主に壁や天井に使用されます。天井では、野縁を設置した後に配線や配管にフタをする役割で使用されます。

内装の仕上げ

石膏ボードの取り付けが終わると、壁や天井、床などにクロスを貼っていきます。あわせてキッチンの設置やユニットバスの設置など、生活をする上で必要な設備の設置も行います。

造作大工によって内装の仕上がりが異なるため「汎用性の高いデザインで室内の設計を行うか」や「オーダーメイドで一からデザインを行うのか」によって造作大工が行う業務も変わります。

こだわりのあるデザイン性の高い内装を考えるクライアントは、これまでの施工事例などを見ながら実績が豊富な造作大工へ仕事を依頼する場合が多いです。

造作大工を目指される方は、汎用性のある一般的な内装設計だけではなくオーダーメイドのようなデザイン性の高い設計にも対応ができるよう実績を積み重ねていきましょう。

造作大工の年収は?各大工との年収を比較


求人ボックスの調査によると大工全体の年収は約413万円と言われています。月給に換算をすると約34万円、初任給は約21万円程度が相場です。

厚生労働省の令和2年賃金構造基本統計調査によると、大工の19歳までの平均年収は約225万円、20歳~24歳までは約272万円程度と言われます。日本の平均年収と比べると比較的低く感じますが、基本的に大工は見習い期間が長いため平均年収が低い傾向にあります。

また、以下の表のように造作大工や型枠大工など行う仕事によっても年収は異なります。

大工の種類 平均年収
造作大工 360万円
建築大工 415万円
宮大工 380万円
家具大工 343万円
墨出し大工 350万円

実際にどのような仕事を行っているのかを把握し、今後の仕事選びの参考にしてみてください。

建築大工

建築大工とは、木造の建物を建築する大工になります。木造の新築物件や木造住宅の改築やリフォームを担当します。具体的には、木材の加工や天井や床の工事、建物の骨格部分の組み立て作業が挙げられます。

近年では鉄骨や鉄筋構造の住宅も増えてきましたが、木が持つ独特な温かみのある家を設計したい場合には建築大工へ依頼をする形になります。

宮大工

宮大工とは、寺社仏閣などの伝統的な建築物の建築や修繕に関わる作業を行う大工です。ボルトやプレートなどの金属部品を使わず、木材を加工して修繕などを行います。

寺社仏閣の新築工事への需要は減少しているものの、経年劣化に伴う既存の寺社仏閣への改修工事は必要になるため今後も需要があります。

また、寺社仏閣への建築で使用される伝統的な木組み工法にも注目が集まりつつあり、気の温もりに溢れた家にしたいというようなニーズに応えられるため、一般住宅においても需要があると考えられます。

型枠大工

型枠大工とは、鉄筋コンクリートの建物の土台となるコンクリートの基礎を作る仕事になります。型枠大工は、一般住宅やマンションだけではなく、高速道路やダム、トンネル、立体駐車場などでも活躍しています。

具体的には、建物の形状やコンクリートの使用用途に合わせた型枠をベニヤ板で組み立て、生のコンクリートを流し込んでいきます。コンクリートの温度や湿度、水分量などを見極めながらコンクリートの強度をコントロールする必要があります。

造作大工や建築大工と比べると覚えなくてはいけないことや身に付けるべき技術は多くありませんが、コンクリートを扱うための知識や経験が求められる仕事です。

家具大工

家具大工は、一般住宅などに配置をする家具を作る大工です。技術の発展により家具工場で生産が行える家具はありますが、一部の作業は手で行う場合があります。

また、オーダーメイド家具であれば家具大工が手作業で制作をする場合もあります。オーダーメイド家具の多くは家具職人がデザイナーを兼任し、家具の設計から制作までを一貫して行います。

機械で大量生産された低価格の家具は増えていますが、家具大工により作られた独創性の高い魅力ある家具の需要はなくならないと考えられます。

墨出し大工

墨出し大工とは、水平位置や中心位置となる基準線を柱や壁に書き出す作業を行う大工です。建築工事では図面と実際の位置関係を把握しなければならず、建築現場で原寸大の設計図を正しく書き出す必要があります。

墨出し大工は水平や垂直を機械で測定し、墨壷という墨の付いた糸で図面通り正確に作られるよう線を引いていきます。

現場監督が自ら墨出し作業を行う場合もありますが、進行をスムーズに行うため墨出し大工にこういった仕事を依頼する場合が多いです。

造作大工としての年収を上げる方法

種類別の大工の平均年収をまとめた結果、造作大工が他の大工よりも年収が低い傾向にあるということが分かりました。

造作大工として年収を上げるための方法を3つ紹介します。これから造作大工として働く予定の方や、既に造作大工として働かれる方は参考にしてみてください。

  1. 技術力を磨く
  2. 一人親方になる
  3. 資格を取得する

1.技術を磨く

造作大工として年収を上げるためには、見習い期間を早く終わらせるために技術を磨く必要があります。

これまで解説してきた通り、大工の平均年収が低い原因として見習い期間が長いことが挙げられます。造作大工は技術職であるため、技術力が評価されれば一人前として認められます。

見習い期間の収入は低いですが、地道に仕事を覚えていきながら技術と経験を磨いていきましょう。

2.一人親方になる

独立をして一人親方になることが出来れば、企業に勤務をしていた頃と比べ年収は上がりやすいです。

造作大工として独立するには「個人事業主」と「法人化」の2つの方法があります。一般的に一人親方と呼ばれる方は個人事業主として自分一人もしくは自分と家族で事業を行います。

一方、実績が積み重なり仕事の依頼も増え、工事の規模が大きくなってきたタイミングで工務店を開業する方も中にはいます。工務店の経営が出来れば従業員を抱えられるため、年収1000万円を超えることも可能です。

一人親方になるためには十分な技術や経験だけではなく、仕事を受注するための営業力や施工実績が必要になります。独立を目指す方は、技術力を磨く以外にも人脈を広げるなどの事前準備も怠らないようにしましょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

3.資格を取得する

造作大工でありながらも業務の幅を増やすために資格を取得する方法もあります。行える業務の幅が広がれば受けられる仕事も多くなるため、他の大工と比べて年収アップに繋がります。

また、資格の取得は自分自身の技術力の証明にも使えるため、社会的な信頼が得られやすいです。
造作大工としての経験を積みながら資格の取得を目指していきましょう。

造作大工のキャリアアップに必要な資格4選

low-angle photography of man in the middle of buidligns

1.木造建築物の組立て等作業主任者

木造建築物の組立て等作業主任者は、資格そのものを指すこともありますが一般的には木造建築物の組み立てにあたって配置が必要な人材を指す場合が多いです。

軒の高さが5m以上の木造建築物の組み立てや屋根の下地、外壁下地の取り付け作業に関する技能講習を修了することで資格の取得が行えます。

ただし、資格の取得にあたっては高校や専門学校、大学にて土木や建築学科の卒業や現場で3年以上の作業経験が必須になっているため注意が必要です。

造作大工としてキャリアを積む上で、木造建築物の組立て等作業主任者を取得することでより責任のある立場で仕事に取り組めます。年収も工事の責任に応じて上がる傾向にあるため、キャリアアップを考える方にはおすすめの資格です。

2.建築大工技能士

建築大工技能士も国家資格であり、木造建築物の大工工事に必要な技能を認定する資格の一つです。資格は1級から3級まで分かれており、それぞれの特徴は下記の通りです。

等級 受験資格 試験時間 試験内容
1級 7年以上の実務経験 5時間45分 振隅木小屋組の平面図、振隅木及び配付たる木の現寸展開図を作成し、木ごしらえ及び墨付けをした後、加工組立てを行う。
2級 2年以上の実務経験 6時間30分 柱差し小屋組の平面図、振たる木の現寸展開図を作成し、木ごしらえ及び墨付けをした後、加工組立てを行う。
3級 6ヶ月以上の実務経験 3時間 材料に直接墨付けした後、桁、はり、つか、むな桁及びたる木の加工組立てを行い、切り妻小屋組の一部を製作する。

出典:中央職業能力開発教会

建築大工技能士の資格を取得することで建築に伴う技能を全般的に証明できるため、仕事の依頼がされやすくなります。また、1級建築技能士の資格が取得できれば大工としても上級であると認識されるため、社会的信用も多く得られます。

3.建築士

建築士は、建物の設計や工事の管理を行う建築全般的なプロフェッショナルを指します。建築士の資格は1級建築士、2級建築士、木造建築士の3つに分かれており、それぞれの特徴は下記の通りです。

建築士の種類 資格の特徴 受験資格
1級建築士 全ての構造・規模・用途の建築物について設計・工事監理を行うことができる。

例)大型の商業施設やオフィスビル、住宅、学校など

・大学で指定科目を修めて卒業し、実務経験を2年以上積む者

・夜間部を除く3年制の短期大学で指定科目を修めて卒業し、実務経験を3年以上積む者

・2年制の短期大学又は高等専門学校で指定科目を修めて卒業し、実務経験を4年以上積む者

・二級建築士の資格を取得後、二級建築士として実務経験を4年以上積む者

2級建築士 比較的小規模な建築物についてのみ、設計・工事監理を行うことができる。

例)一般住宅などの戸建住宅、木造建築物なら3階建てまで

・ 大学や短期大学、高等専門学校で指定学科を修めて卒業した者

・高校や中学校で指定科目を修めて卒業後、3年以上の実務経験を積む者

・建築に関する学歴がない場合は、7年以上の建築実務経験を積む者

木造建築士 より小規模な木造建築物についてのみ設計・工事監理を行うことができる。

例)主に2階までの木造建築物

出典:建築技術教育普及センター

建築士の資格を取得できれば、建築物の設計からクライアントとの打ち合わせ、工事の設計管理まで行えるようになります。工務店として独立をした場合は依頼から工事までを一貫して対応ができるため、多くの案件を受けられるようになります。

また、造作大工として木造住宅の建築に携わる方であれば木造建築士の資格を取得することができれば、設計や施工管理の仕事も行えるようになります。

自身の今後のキャリアアップを考えた上で、どのような資格を取得するべきかを今一度考えてみましょう。

造作大工の就職におすすめの求人サイト5選

造作大工として年収を上げるための方法として、他企業や異業種へ転職するという方法もあります。

独立をする以外でも、転職によって年収が上がる場合もありますので自身に合う転職先を見つけていきましょう。

造作大工が転職をする上でおすすめの求人サイトを5つ紹介します。

1.建職バンク


建職バンクは建設業界に特化した転職サイトになります。全国各地の求人を取り揃えているため、造作大工として地方で働く方にもおすすめです。

また取り扱う求人の中には、未経験でも設計や施工管理の仕事へ転職できる求人も多く保有しています。造作大工での経験を活かし、新しい業種へ挑戦をしたい方にもおすすめです。

2.職人さん.com


職人さん.com」は、求人サイトでありながらも建築業界で働く職人の方へ向けた情報発信を行うサイトとしても活用できます。

工具メーカーの検索などプロ向けのお店を探したり、仕事に有益な情報の交換も行える特徴があります。

また、求人サイトとしては求人数が5,000件以上あるだけではなく、求人の検索も細かく職種を選択して検索が行えます。

今は転職を考えてはいないけれども、仕事に有益な情報を得ながら今後のキャリアについて考えていきたいという方にはおすすめの求人サイトです。

3.パワーワーク


パワーワークも建築業界に特化をした転職サイトです。

主に大工や鉄筋工、内装工などの求人が豊富に掲載されていますが、求人の対象エリアが東北や中部、関東地域限定のものが多いため、該当エリア以外の方には不向きです。

しかし、エリア検索や路線検索、職種や勤務形態の特徴など詳しく雇用条件を絞って検索が行えるため、利用する方にとっては働き方をしっかりとイメージが出来た状態で求人の検索が行えます。

また、気になる求人をお気に入り登録できる機能もあるため、複数の求人情報を比較しながらより良い条件の求人を選ぶことも出来ます。

4.はたらいく


はたらいくは、掲載される求人の92%が独占求人で、建築や土木系、製造系の求人が常に1,000件以上掲載されるという地域密着型の求人サイトです。

はたらいくの特徴としては、興味を持った企業から「らいく!」やメッセージが届くだけではなく、求職者側からも「らいく!」やメッセージが送れます。

他の求人情報が掲載されるだけのサイトとは違い、企業側へアピールが出来る求人サイトとなっているため、自身のスキルを活かした転職先を見つけたい方にとってはおすすめです。

5.doda


dodaは建築系以外の幅広い業界の求人情報を多数保有しているため、異業種へ挑戦したい方におすすめの求人サイトです。

dodaにはキャリアタイプ診断や年収査定、人気企業300社の合格診断のようなサービスも無料で利用ができるため、自身の市場価値の把握にも活かせます。
また、dodaのキャリアアドバイザーによる転職支援や求人紹介を利用することで、忙しく転職活動に時間が割けない方でも効率的に転職活動が行えます。

これからどのような仕事に就こうか悩んでいる方や、違う業界で新しくキャリアアップを図っていきたい方にはおすすめの求人サイトです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

造作大工の仕事内容から年収、造作大工として年収を上げるための方法などを解説してきました。

造作大工は、木材を加工して戸や障子、ふすまなどの建具を取り付けます。造作大工としての仕事の多くは、部屋の印象を左右するため、造作大工は確かな技術力だけではなくデザイン力や、木材に関する知識が求められます。

また、建築大工など他の大工と比べ肉体的な負担の少ない仕事ではありますが、壁や床、柱などでの緻密な作業が必要になります。

しかし、造作大工の年収は型枠大工や宮大工などの他の職種の大工と比べて低い傾向があります。

造作大工として年収を上げていくためには、技術を磨いたり、資格を取得するなどがあります。場合によっては独立も視野に入れると良いでしょう。

また、造作大工として年収を上げるための方法として、他企業や異業種へ転職するという方法もあります。独立をする以外でも、転職によって年収が上がる場合もありますので自身に合う転職先を見つけていきましょう。

大工が独立する方法は?必要な資金や独立後の平均年収などを解説

大工という仕事は、職人として専門性の高い技術が必要です。独立を考えている人の中には「どのような独立方法があるのか?」「必要な資金や独立後の平均年収」などの疑問があるのではないでしょうか。

独立を考えている方は、最初に何を行うか?何が必要か?といったことを把握してから行動する必要があります。

本記事では大工が独立する2つの方法、資格の必要性、必要な資金や年収に関して説明します。大工の皆さんが独立を考えている方はもちろん、今後大工を目指す方にも参考になる情報を提供します。

本記事では大工の独立成功に向けて必要なポイントも解説しているので、参考にしてみてください。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

大工が独立する2つの方法


大工は、建築業界で重要な役割を担っており、独立して仕事をしている大工が多くいます。大工として独立する方法は2種類あります。

1つ目は「一人親方(個人事業主)として独立する」で、2つ目「、工務店(法人)を開業して独立する」です。2つの方法には、税制面などで違いがあります。

本章では、大工が独立する2つの方法を詳しく説明します。

一人親方(個人事業主)になる

一人親方として働くと、従業員や社員ではないので時給制や給料制ではなく「工事1件いくら」で請け負うことが可能になります。

勤務時間を気にせず、自由なスケジュールでの仕事が可能になりますが、実際には他の大工さんと協力して作業を行う必要があり、深夜や土日の労働は避ける必要があります。

近所の方々にも迷惑をかけないように注意して行動しましょう。従業員を雇用せず、フリーの大工として仕事を請け負う働き方をするため、高単価の引き合いがある建設現場から依頼される可能性もあります。自分のスキルを最大限に活かして仕事を行うことが可能です。

大工の一人親方はフリーランスとして会社に所属せず、独立した形で仕事を請け負えます。

工務店(法人)を開業する

工務店を立ち上げることは、法人化して会社を設立することを意味します。

主な仕事は工務店の経営者として、複数の部下、弟子を抱えて住宅建設やリフォームなどを総合的に請け負うことです。

経営者として高単価の工事を請け負うために、ミュニケーションスキルも重要です。独立開業時には、仕事の単価や信頼性確保のために注意が必要です。

工務店を開業するメリットはうまくいけば稼げることがありますが、従業員を雇用する必要もあり責任がかかります。

個人事業主と法人の税制面の違いとは

法人と個人事業主では、税金面で大きな違いがあります。法人は法人税他を納税し、個人事業主は所得税を納めます。

また、代表個人の役員報酬も「給与所得」として5%~45%の税金が課せられますが、法人の場合は10%以下の税金になります。

事業所得も同様で、個人事業主の場合は5%〜45%の税金が課せられますが、法人の場合は10%以下の税金になります。消費税も課税売上1000万円以上の場合にのみ支払う必要があるので、法人化した方が安くなる可能性があります。

工務店の場合、年間売上1000万円前後であれば法人化を考えるのが良いと言えるでしょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

大工で独立をする際に資格は必要か?


大工は、建物を造るために必要な技術を駆使して行う仕事です。大工が独立して仕事をする際には、資格の取得が必要かどうかという疑問があります。

本章では、大工で独立をする際に資格は必要なのか、取得をしておくと良い3つの資格について考察します。

大工の独立を考える上で重要な情報となりますので、是非最後まで読んでください。

独立に資格は必要ない

大工で独立をする際に資格は必要ではありません。大工業務を行うためには、特別な資格を取得する必要はありません。

しかし、資格を取得すると顧客に対する信頼感が増し、仕事の依頼が増えたり単価の高い仕事が回ってくる可能性もあります。

大工業務を行う上で役立つ資格を取得しておくことをオススメします。具体的な資格には、建築士・建築施工管理士・建築大工技能士などがあります。資格を取得すると大工業務の専門性が高まり、独立の際に有利になります。

取得をしておくと良い3つの資格

建築業界では、専門的な知識や技能を持つ必要があります。建築士や建築施工管理士、建築大工技能士などの資格を取得しておくことが望ましいです。

ここでは、これら3つの資格について詳しく解説します。

1.建築士

建築士とは、建築物の設計・工事監理を行う建築のプロフェッショナルです。国家(知事)試験により国や都道府県から与えられた「建築士法」に定められた資格をもっています。

一級、二級、木造の3つの資格に分かれており、建物の規模、用途、構造に応じて取り扱うことができる業務範囲が定められています。

一級建築士は国土交通大臣の免許で、建築物に関わる設計・工事監理などを行います。二級建築士は都道府県の知事の免許で同様の業務を行いますが、木造の建物に関しては木造建築士が免許されています。

建築士の業務内容としては、クライアントとの打ち合わせから始まります。クライアントからの希望を明らかにした上で法律を遵守しながら要望に合わせた建物の設計を行います。また、工事監理も行うケースもあります。

工事監理は、仕様書などの通りに工事が行われているかをチェックしていく作業のため重要な役割を果たします。

2.建築施工管理士

施工管理技士とは、建設業法で定められた「施工管理技術検定」の1級または2級に合格した者のことを指します。

施工管理技士は、建設工事の総合的な管理を行う人物です。建設工事の全体的なプロセスを見通し、全体的なプロジェクトスケジュールを作成し、各専門分野の技術者がそれぞれの仕事を正しく行うことを保証する役割を果たします。

また、建設プロジェクトの全体的なコストやスケジュールの管理を行います。安全性や品質の確保も重要な役割であり、安全対策や品質チェックなども業務の範囲内です。施工中に生じるトラブルや障害に対応して回復作業を行う場合もあります。

施工管理技士の仕事内容は多岐にわたりますが、共通しているのは「プロジェクトの全体的な遂行」であり、プロジェクトが正常に遂行されるよう努力していくことが期待されています。

3.建築大工技能士

建築大工技能士とは、木造建築の大工工事に必要な技術を証明するための国家資格です。

各都道府県にある職業能力開発協会が実施する試験に合格すれば、資格を取得できます。資格は3級から1級まであり、1級を取得するためには最長7年の実務経験が必要となります。

建築大工技能士の資格は、建設会社や工務店などに就職して大工として勤務する際に活用できます。木組みや継手、仕口で納める伝統的な木造建築技法を使うため、高い技術力が要求されます。

また、建築大工技能士の仕事内容は多岐にわたります。新規の建物の工事から修理・リフォームなども行うことが多く、新しい材料を使った製作も行うことがあります。さらには土台の掘削・敷き込みから水分調整なども行うこともあります。

大工で独立をする上で必要な資金は?

false
大工を目指す方や既に大工をしている方が独立する際には、資金が必要となります。

資金のためには、事務所費用、業務に使用する道具を揃える費用、建設業許可の取得費用、人件費などが必要となります。

この章では、大工で独立をする上で必要な資金について説明します。

事務所費用

本格的な事業を運営する際は、事務所の設置が有効です。事務所を借りる際には、保証金や敷金・礼金などの支払いが必要になります。

また、改装を行う場合は、改装費用も考慮しましょう。家具やオフィス用品などの費用を考慮しなければなりません。

定期的な管理料や電気代などもかかる可能性があるので、あらかじめ想定しておきましょう。

業務に使用する道具を揃える費用

大工で独立をする際には、業務に使用する道具を揃える費用がかかります。事業の規模や内容によって必要な道具は異なりますが、一般的には機器や什器類、業務車などを購入しておく必要があります。

また、大工で独立をする際は、建築物の修理や新築などの工事も行う可能性があります。工事を行うケースでは、工事用の道具も必要となります。

例えば、木材加工用の電動工具や金物加工用の電動工具などがあります。道具を購入した場合は、数千円から数万円という額がかかることもあります。

建設業許可の取得費用

大工で独立をする際には、建設業許可の取得が必要となります。500万円以上の工事を請け負う場合、国土交通大臣からの許可が必要となります。

新規申請の場合は、15万円〜30万円の登録免許税を支払う必要があります。また、建設業者登録を行う際には、登録料や保険料などもかかることがあります。

建設業者登録を行う際には、安全衛生マネジメントシステムの確立や安全衛生教育の実施なども必要となります。

これらのコストも考慮して独立の際の予算を立てる必要があります。

人件費

大工で独立をする際には、人件費がかかります。一人親方の場合は、スタッフを雇用しないので人件費はかかりませんが、事業を安定させるためにスタッフを雇用する必要があります。

スタッフの雇用には、給料や社会保険料などの費用がかかります。給料は月額基本給と残業代などを含めた総額で支払う必要があります。また、社会保険料として健康保険・厚生年金・雇用保険などの加入が必要となります。

事業が安定していない場合は収益から人件費を支払うことが難しいケースもあるので、あらかじめ想定しておく必要があります。

独立の際には収益の確保と人件費の支払い体制の確立を行っておくと、事業の安定的な運営を行うことが可能となります。

大工として独立できれば稼げるのか?

woman, question mark, person
大工として独立すれば、月の平均収入を稼ぎ出すことができます。近年、一般的な家庭や小規模なビル建築などで大工を雇用するケースが増えています。

また、工務店の開業も可能であり、年収1000万円を目指すことが可能です。今回は大工として独立すると、稼げるのかについて詳しく見ていきましょう。

独立した大工の平均年収

独立した大工の平均年収は、業界や地域によって異なります。独立して得られる利益は、技術レベルや経験によっても異なります。

ここでは、独立した大工の平均年収を詳しく見ていきます。

大工の平均年収

大工は、見習い期間を乗り越えれば、高い収入を得られる職業です。厚生労働省の令和2年賃金構造基本統計調査によると、19歳までは約225万円、20歳~24歳までが約272万円の年収となっています。

しかし、スキルや経験を積んでいくことで、20代後半から30代後半になると年収400万円前後になります。

45〜49歳の大工さんの平均年収は541万円となっており、これが大工の平均年収のピークとなっています。

棟梁の平均年収

棟梁の平均年収は、一般的に約800万円です。棟梁としての役割を担うのは、建築大工技能士や建築施工管理技士などの資格を有する者であり、一般の大工さんよりも多くなっている可能性があります。

また、企業の経営状況や規模にもよりますが、年収の高さは企業の経営成功を物語る重要な要因となっています。

企業の経営成功度合いに応じて年収が変動することも考えられます。

一人親方の平均年収

一人親方の平均年収は約900万円です。大工の仕事は非常に重要な役割を担っており、元請けとして工事を委託されることができるため、平均年収も高くなっています。しかし、一人親方の年収は場合によって異なります。

例えば、経験が浅い大工の1人親方の場合は、平均年収よりも低くなるケースもあります。また、経験豊富な大工の1人親方の場合は平均年収を上回ることもあります。仕事の難易度や時間帯によっても変動します。

一般的には約900万円を目安に考えることができますが、実際の年収は仕事の状況や経験などに応じて変動します。

工務店の開業ができれば年収1000万円も目指せる

独立して工務店を開業すれば、年収1,000万円を目指すことが可能です。工務店を開業するには、資金調達や営業許可申請などの手続きが必要ですが、一度開業したら仕事の受注量も増えるため、収入も上がります。

まずは、仕事の受注量を増やすために宣伝を行うことから始めましょう。ネット上でのプロモーションなどを行い、多くの人に知ってもらうことが大切です。また、地元の施工実績などを積極的にアピールしていくことも効果的です。

仕事の量を増やすためには、下請け先の確保も必要です。下請け先との関係性を長期的に維持していくことが大切であり、信頼関係の構築も必要不可欠です。

単価の交渉も行っていきましょう。実績がないうちは単価の交渉は難しいかもしれませんが、実績が出来上がってきたら単価の交渉も行っていきましょう。単価を上げることで売上高の向上に繋がりますので努力していきましょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

大工が独立する際に必要な3つのこと

Person Pointing on the Screen of a Laptop

大工として独立することを考えている人は多くいます。しかし、独立するには色々なことを準備する必要があります。本章では、大工が独立する際に必要な3つのことを解説します。

1.独立の方法を決めておく

大工として独立する際には、開業形態を決める必要があります。個人で小規模な事業を運営したい場合は、一人親方が最適です。

また、将来的に大きくしたいと考える場合は、工務店を開業することが望ましいです。法人化も可能なので、収益面からも節税効果を得られます。独立や開業について専門家に相談することもオススメです。

自分の状況や将来のビジョンなどを考えて、最適な方法を選んで行動しましょう。独立の際には手続きも必要なので、あらかじめ調べておくことが重要です。

2.請け負う仕事量を増やす

大工として独立する際には、請け負う仕事量を増やすことが重要です。まずは、口コミやネットなどを活用して、顧客を集めることから始めましょう。

また、仕事の質を高めるためにも、技術力の向上が必要です。専門学校などで勉強したり、現場での経験を積んだりすることで、技術力の向上が期待できます。仕事の質を高めるためには、新しい技術の習得も必要不可欠です。

新しい技術の習得には、セミナーなどの受講などが有効です。独立の際には、仕事量の増加と技術力の向上を目指して取り組んでいきましょう。

3.独立する際に必要な手続きを把握しておく

大工として独立する際には、様々な手続きを行う必要があります。

事業計画書の作成や資金調達、法人設立などの手続きを行う必要があります。また、独立の際には、個人事業主としての登録や社会保険の加入などもしなければなりません。

独立の際には、手続きをスムーズに行うためにも、専門家に外注して代行してもらうことをオススメします。独立の際には、必要な手続きを把握しておくことが大切です。

まとめ

money, finance, business
大工が独立する際には、様々な方法があります。個人事業主として独立するか、工務店(法人)を開業するかを選ぶ必要があります。

資格の取得は必須ではないですが、建築士、建築施工管理士、建築大工技能士の資格を取得しておくと良いでしょう。

独立の際に必要な資金は事務所費用や道具代などがかかります。また、大工として独立をすれば年収1000万円も目指せる可能性もあります。

独立の際には、独立の方法を決めたうえで、仕事量を増やしたり、必要な手続きを行うことが重要です。

大工の平均年収はいくら?高い人の特徴や給料をアップさせるコツを解説

大工の仕事をしている方や、これから大工になろうとお考えの方の中には、次のような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

  • 大工の平均年収はいくら?
  • 大工として年収をあげる方法は?
  • 独立してから年収をあげるコツは?

大工の給料や年収は、さまざまな要因によって決まります。それは、大工の年収が経験や技術、仕事量や天候、専門性や働き方などに左右されやすいからです。

そのため、大工の給料や年収には、個人差があるのが現実です。しかし、逆に言えば、大工の給与や年収を向上させられるということでもあります。

そこで今回は、大工の給料や平均年収、年収が高い人の特徴や年収をあげるコツについて、詳しく解説します。

大工の仕事で大きく年収を伸ばすには、ある程度の経験を積んでからの独立も有効です。本記事では、独立した際に年収をあげるコツも合わせて紹介していますので、「大工として年収をあげたい」とお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

大工の年収相場と仕事内容

大工とは、木造建築物を作る専門職で、建築士が作成した設計図に従い、柱や梁、天井、壁、床などの土台を作るのが仕事です。

また、神社仏閣の建築や修繕を専門に行う宮大工から、家具や階段、窓や扉などの内装を担当する大工仕事もあります。

このように、大工の仕事は、日本の伝統的な文化や技術を受け継ぐ貴重な職業でもあります。

大工の平均的な年収と給料

大工の平均的な年収は、約416万円です。月給平均では35万円、初任給は21万円となっています。

しかし、約416万円の金額は大工全体の平均年収となっているため、スキルや経験によっても給与が大きく変化するのが特徴です。

経験の浅い場合は、年収が350万円〜400万円程度になるケースが多いですが、ベテランになると500万円〜600万円の求人も多数あります。

また、十分な経験を積んだ上で独立した場合には、年収がさらに上がります。さまざまなスキルや経験を積んだ後で独立し、経営が軌道に乗れば、年収1,000万円以上稼ぐことも十分可能です。

出典:厚生労働省 令和4年度の賃金構造基本統計調査より

大工の給料形態

大工の給料は、勤務形態によっても大きく異なります。

大工の働き方には、会社などに所属して働く「雇われ大工」と、会社に属さず個人で仕事を請け負う「一人親方」に分けられます。

雇用されている場合の給料は、基本給、歩合給、残業手当、ボーナス(賞与)などで構成されるのが一般的です。また、勤務年数や技術力が上がるにつれて、基本給やボーナスの金額が徐々に増えます。

雇われ大工の場合は、スキルを身につけることで歩合給が増える職場があるため、やりがいも大きいでしょう。また、企業に属する大工で残業があった場合には、基本給とは別に残業代も支払われます。

一方、企業に勤めずに一人親方として独立開業すれば、年収1,000万円以上稼ぐことも可能です。一方、自分で営業をせずに他社の仕事を請け負う一人親方の場合は、日給1万円程度〜3万円程度と、経験やスキルによって異なります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

【職種別】大工の平均年収

A Man and a Woman Wearing Personal Protective Clothing

つぎに、大工の平均年収を職種別に紹介します。

大工には、一般住宅を建設する建築大工、神社仏閣の建築・修繕に携わる宮大工などさまざまな種類があるため、それぞれ解説します。

建築大工の平均年収

建築大工は、木造住宅の建設に特化した大工です。大工と聞いた後、すぐに想像されるのが建築大工の仕事ではないでしょうか。

建築大工の仕事では、重い木材を運んだり、高所での危険な作業をおこなったりするので、体力が求められます。

建設大工の年収は、約416万円が相場です。

宮大工の平均年収

宮大工は、神社仏閣や城郭の建築、修繕作業を専門に行う大工です。

歴史的価値のある建築物の修繕作業に携われるのが宮大工の特徴です。ただし、宮大工の中には、神社等の修繕作業以外に、一般的な住宅の建設にも携わるケースもあります。

宮大工の年収相場は、見習いで250万円〜350万円、職人になると600万円程度です。さらに腕を上げると1,000万円以上稼ぐ宮大工もいます。

見習い時期は他の大工と近い年収ですが、経験を積めば大きな年収アップが見込めるでしょう。

型枠大工の平均年収

鉄筋コンクリートの基礎部分をつくるには型が必要です。この鉄筋コンクリートの枠組み作りに携わる大工が、型枠大工です。

枠組み大工の年収は約450万円となっており、技術の習得に長い時間を要するため、年収相場が比較的高いと言えるでしょう。

造作大工の平均年収

造作大工とは、窓枠や壁などの建物の内装工事を手がける大工を指します。

技術力だけでなく、デザイン力も問われるのが、造作大工の仕事です。力仕事よりも、細部を正確に作れる技術力が問われます。

造作大工の平均年収は、約350万円程度となっています。

墨だし大工の平均年収

墨出しとは、建築工事の際に必要な、基準となる線を描き出すことです。墨だし大工の仕事は、建設を進めるうえでは欠かせません。

墨出し大工の年収は、270万円〜350万円程度となっています。

船大工の平均年収

船大工は、船を造る大工を指します。近年、木造の船を作る機械数が減っているため、船大工の数は減少傾向にあります。

船大工の平均年収は約470万円程度です。

経験年数や技術力によって収入には幅があり、賞与が支払われるかも企業によって異なります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

【勤務先別】大工の平均年収

fan of 100 U.S. dollar banknotes

大工は、会社に属して働く「雇われ大工」と、自身で仕事を獲得する「一人親方」に分けられます。雇われ大工と一人親方は、年収が大きく異なるため、それぞれの平均年収の違いを解説します。

雇われ大工の平均年収

雇われ大工の平均年収は、約416万円です。新卒の場合の平均給与は16万円程度が一般的です。

なお、経験を積むごとに基本給が徐々に上がり、管理職になれれば年収が600万程になるケースもあります。

雇われ大工で働く際は、単純作業ばかりの仕事ではなく、注文住宅建築に直接携わるなどして技術力を向上させるのが大切です。

一人親方や独立型大工の平均年収

企業に属さず、個人事業主や経営者として大工の仕事を請け負う働き方を「一人親方」や「独立型大工」といいます。

一人親方や独立型の大工の平均年収は、おおよそ500万円〜600万円と言われており、雇われ大工よりも高い水準にあると言えるでしょう。

また、独立して大工仕事を請け負う際の日給は約1万円ほどです。経験を積み重ねると、日給は3万円にあがるケースもあります。

一人親方や独立型大工の場合、経営者として仕事をこなせば、年収1,000万円以上も十分可能です。ただし、この場合には、高いスキルはもちろん、営業力やコミュニケーションロクなどの経営能力が求められます。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

【年代別】大工の平均年収

つぎに、年代別で大工の平均年収を解説します。

雇用型大工の年代別平均年収は以下の通りです。

年齢(歳) 年収(万円)
~19 225
~24 272
~29 407
~34 381
~39 398
~44 448
~49 541
~54 451
~59 419
~64 386
~69 325
~70 273

出典:賃金構造基本統計調査

10代から40代までは徐々に年収があがります。大工の年収は、45歳〜49歳の年代で高くなる傾向にあります。

しかし、大工の仕事は基本的には肉体労働のため、50代以降は年収が下がるケースが多いです。

独立型大工と雇用型大工では年収形態が大きく異なります。独立した場合、年収は請け負う仕事や働く日数などによって差が大きくなります。

給料が高い大工の特徴5つ


大工の年収は、経験やスキルだけではなく、大工として何を専門分野にするかによっても大きく変化します。

大工として給料をあげるには、給料が高い人の特徴を理解し、同じ行動を意識するのが大切です。

そこで以下では、給料が高い大工の特徴5つを解説します。

1.特殊なスキルや資格を持っている

大工として特殊なスキルや資格を持っている人は、給料をあげやすいです。

大工としての年収アップを望む場合は、次に解説する建築大工技能士や木造建築士の資格の取得がおすすめです。

建築大工技能士とは?

建築大工技能士は、木造建築物の工事で必要な、大工としての技術力を証明できる国家資格です。都道府県職業能力開発協会が実施しています。

建築大工技能士の資格は、大工への就職や転職時に有利に働きます。年収をあげるためには、技術力の証明として高い級を取得すると良いでしょう。

建築大工技能士の級は3級から1級があります。3級は比較的試験内容が簡単で、受験条件も課されていません。

1級を取得するには、学歴によっても異なりますが、最長7年の実務経験が求められます。試験内容も難しくなるので、まずは3級から取得し、実務経験を積みながら級をあげていきましょう。

建築大工技能士の受験資格や試験内容は、下記の表の通りです。

1級 2級 3級
受験資格 7年以上の実務経験、または2級合格後2年以上、3級合格後4年以上の実務経験

(※学歴により必要な実務経験年数は異なる点に注意)

実務経験2年以上、または3級合格者

(※学歴により実務経験が不要になる点に注意)

不問
試験内容(学科試験) ・建築構造

・規矩術

・施工法

・材料

・製図

・関係法規

・安全衛生

・建築構造

・規矩術

・施工法

・材料

・製図

・安全衛生

試験内容(実技試験) 大工工事作業 大工工事作業
試験日程 実技試験:(前期)6月~9月頃・(後期)12月~2月頃

学科試験:(前期)7月~9月頃・(後期)1月~2月頃

木造建築士とは?

木造建築士とは、木造建築物の設計や管理にかかわる国家資格です。

木造建築士に似た資格として、一級建築士や二級建築士があげられますが、扱う建物が異なります。一級建築士や二級建築士は、木造以外の建物の設計や管理業務に関する資格です。

木造建築士は比較的取得できるハードルが低いので、キャリアアップとして取得するのがおすすめです。

木造建築士を取得すれば、建設だけでなく、設計や管理にも携われるようになります。大工としての仕事の幅が広がり、年収アップも期待できます。

木造建築士の試験概要は以下の通りです。

受験資格 学歴や実務経験の条件を満たす必要がある
出題科目 学科試験:建築計画・建築法規・建築構造・建築施工
設計製図試験:設計製図
合格率 学科試験:50~60%
製図試験:60~70%
総合:30~40%

公式サイト:木造建築試験

木造建築士の受験資格は、学歴や実務経験の要件を満たす必要があります。受験を検討する場合、公式サイトで確認してみましょう。

試験内容は、建築計画・建築法規・建築構造・建築施工・設計製図など建築に関する専門的な内容が出題されます。

全体の合格率は30〜40%と少し低めです。受験の際は、入念な準備が求められます。

2.対応できる仕事の幅が広い

年収を上げるには、対応可能な仕事の幅の広さも重要です。

大工の仕事は多岐にわたります。一般的な住宅だけでなく、デザイナーズ物件、マンション、リフォーム工事なども大工の仕事です。

それぞれの現場では、求められる技術や建築方法が異なります。

さまざまな仕事に対応できるようになれば、大工としての付加価値が高まり、年収がアップします。

特に独立した場合には、対応できる仕事の幅の広い大工は、請け負える仕事は多いために有利です。幅広い選択肢の中から高単価な仕事を選んで受けられるため、年収アップにも影響します。

また、さまざまな業務に対応できる大工になれば、その後のキャリア形成にも有利となるでしょう。

このように、対応できる仕事の幅は、大工として年収をあげる重要な要素となります。

3.施工のクオリティが高い

年収をあげるには、施工のクオリティも重要です。

大工の仕事はミリ単位での正確性も求められます。数ミリのずれで、ドアなどが枠内に収まらずトラブルに発展するケースもある繊細な仕事です。

そのため、クオリティが低い場合には、取引先にも迷惑をかけることになるだけでなく、自身の信用を落とすことになります。

正確に仕事ができる大工には、取引先も安心して仕事を依頼できます。そのため、クオリティの高い工事ができる大工は、継続的に仕事を獲得できるようになるでしょう。

年収を上げるためにも、施工のクオリティを担保できるように、スキルを上げることが大切です。

4.コミュニケーション能力が高い

大工の仕事には、高いコミュニケーション能力が求められます。なぜなら、建築現場では、電気設備や内装などのその他の職種との連携が必要だからです。

他の業種の職人と仕事をする際にトラブルを起こしてしまうと、次から仕事に呼ばれなくなるケースもあります。また、独立して仕事をする場合には、仕事をもらうための人脈づくりも重要です。

このように、大工の仕事は腕の良さだけでなく、現場の仕事を円滑に進められるコミュニケーション能力も重要なスキル1つです。

5.独立している

年収の高い大工の多くは、独立・起業している方が多いです。そこで、ある程度技術が身についたら、独立するのもおすすめです。

雇われ大工は給料が安定している点がメリットですが、年収の大幅アップは期待できません。そこで、最初のうちは収入が不安定になる場合もありますが、一人親方や独立方の大工になることで、大きく年収をあげることができるでしょう。

ただし、年収の高い大工は、スキルを身につけた後で独立することと、経営能力が必要です。そのため、技術力に自信が無く実務経験が浅い方や、営業などに自信がない方は、会社に所属しながら働いて、一定のスキルや資格を身に付けた後で独立するのがおすすめです。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

年収1000万円以上稼ぐ大工の特徴とは?

年収1,000万円を稼ぐ大工の特徴について、以下で解説します。

年収1,000万円を稼ぐ大工の例

年収1,000万円以上稼ぐ大工の一例としては、26歳で年商1億円を達成した大工が実在します。

この大工は、現場監督や施主とのやり取り、設計やデザインなどをこなす多才な人物で、副業として建築関連の動画をYouTubeにも投稿しています。

この方は、動画の収益や広告収入なども含めて、年商1億円を稼いでいるようです。

また、宮大工と呼ばれる神社や仏閣などの建築補修を手掛ける大工も、年収1,000万円を超える可能性が高いと言われています。

宮大工は、木組み工法という木と木を組み合わせて建てる技法を使い、一般住宅とは異なる建て方をします。

この技法は、専門的な技術や知識が必要で、宮大工になるためには最低でも10年間の下積みが必要です。

しかし、その分高い日給単価を得られる可能性が高まります。

年収1,000万円以上稼ぐ大工の共通点

年収1,000万円以上稼ぐ大工の共通点として、以下のような点が挙げられます。

  • 他の大工と差別化できるような特殊なスキルや資格を持っていること
  • 独立開業して自ら事業を行っていること
  • 副業や収入源の多様化を行っていること
  • 積極的に仕事を受けること

年収1,000万円以上稼ぐ大工のスキルやマインドセット

  • 年収1,000万円以上稼ぐ大工のスキルやマインドセットとして、以下のような点が挙げられます。
    技術を磨くことの重要性を認識し、常に学び続ける姿勢を持つこと
  • 自分の強みや専門性を見つけ、それを売りにすること
  • 独立開業の際には、営業や経営のスキルも必要となることを理解し、それらを身につけること
  • 副業や収入源の多様化の際には、自分の得意分野や興味のある分野を活かし、自分のブランドを作ること

上記のような特徴を押さえ、ご自身のスキルや得意な分野を活かすことが、年収アップにつながるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

大工に向いている人の特徴

1.手先が器用で体力に自信がある

大工仕事は、木材を切り出したり加工したり組み立てたりするので、正確な作業ができる手先の器用さと、重い建材を運んだり長時間の立ち仕事に耐えられる体力が必要です。

2.臨機応変な対応ができる人

大工仕事は、現場の状況によっては、設計図通りに作業できないこともあります。そのときに、問題点を指摘し、代替策を提案できる柔軟な思考力が必要です。

3.コミュニケーション能力がある人

大工仕事は、ほかの職種の人と協力しながら建物を完成させる仕事なので、チームワークが重要です。また、施主や設計者とのやりとりも多くなるので、自分の意見やプランをわかりやすく伝えられるコミュニケーション能力が必要です。

大工として独立をして年収1000万円を目指すには?

大工として年収を高めるには、スキルを身につけた後での独立をおすすめするとお伝えしました。

独立後に、年収1,000万円を1つの目標とする方も多いのではないでしょうか。

最後に、大工として独立して年収1,000万円を目指す方法を解説します。独立をして年収アップをしたい方はぜひ参考にしてください。

受ける仕事の単価を上げる

独立後に年収を上げるには、受ける仕事の単価を上げましょう。仕事を請け負う際は、単価に着目してください。

稼働できる時間は限られているので、単価が安い工事を請け負っても、年収アップは見込めません。低単価の仕事を請け負うと、体力も消耗してしまいます。

自身の技術力に見合った単価の仕事を探せば、年収は大きく伸ばせます。

中でもおすすめなのは、デザイナーズの施工です。デザイナーズの施工では、特別な工法で工事を行う必要が出てくるので、単価が高く設定されています。

その他にも自身の得意な仕事に絞って仕事を請け負えば、単価アップも見込めます。得意な仕事を続ければ、技術力が早く高められますし、品質も高いクオリティを担保できるようになるからです。

年収を1,000万円以上にしたい場合、単価を上げるための工夫が求められます。

仕事の量を増やす

年収をあげるためには、仕事量も増やしましょう。

独立した場合、どの程度仕事をこなしたかで給料は大きく変わります。給料を伸ばすためには、高単価案件の獲得だけでなく、仕事量も増やしてください。

高単価案件で仕事量が少ない場合と、単価が比較的低い案件をコンスタントに請け負っている場合、低単価案件で稼働時間が長い方が収入は多くなるケースもあります。

特に、1,000万円以上の高額な年収を目指す場合は、高額な案件単価に加えてある程度の稼働時間も求められます。

技術力を上げる

受ける仕事の単価を上げ、全体の仕事量を増やすためには大工としての信頼が必要になります。継続して技術力を磨いていければ、信頼の獲得に繋がり高単価の依頼にも繋がりやすいです。

また、国土交通省による「建設業の一人親方問題に関する検討会中間取りまとめ」によると一人親方の技術力を以下のように定めています。

  • 実務経験年数が10年程度以上あること
  • 多種の立場を経験していること
  • 専門工事技術のほか安全衛生等のさまざまな知識を習得していること

従って、経験年数が長ければ長いほど一人親方として良いという訳ではありません。専門的な知識だけではなく、現場で対応するための十分な技術力も必要になります。

継続的に案件を受注していくためにも、技術力を磨きながら多くの現場をこなせられるよう動いていきましょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

大工の仕事でよくある質問Q&A

man, thinking, doubt

Q1:大工になるにはどんな資格が必要ですか?

A1;大工になるには、必ず取得しなければいけない資格や免許はありません。ただし、担当できる業務を増やしキャリアの幅を広げるためにも、国家資格である「木造建築物の組立て等作業主任者」「建築大工技能士」「建築施工管理技士」「二級建築士 / 木造建築士」などを取得しておくとよいでしょう。

Q2:大工の仕事は危険ですか?

A2:大工の仕事は、重い建材を運んだり、高所で作業したり、火や電気を使ったりする危険な作業が多くあります。そのため、常に安全面を意識し、事故を防ぐための対策を講じることが必要です。また、保護具や安全装置を着用することも大切です。

Q3:大工の仕事は体力が必要ですか?

A3:大工の仕事は、体力が必要な場面が多くあります。重い建材を運んだり、長時間の立ち仕事や細かい作業をしたりするので、心身ともに健康で体力に自信のある方に向いている仕事だといえます。

Q4:大工の仕事はやりがいがありますか?

A4:大工の仕事には高い技術が求められるとともに、大きな責任が伴いますが、その分やりがいも大きいものです。例えば、図面にそって一から家を作ることで自分の仕事が「形」に残ります。また家は一生に一度ともいえる買物のため、お客様の理想を形にできることは大きなやりがいです。

Q5:大工の仕事は将来性がありますか?

A5:大工の仕事は、住宅や公共施設などさまざまな建築物の建築や修繕で必要とされる仕事なので、需要は高いと言えます。しかし、近年ではロボットや機械による自動化が進んでおり、単純作業は人の手をかけずに済むケースが増えています。そのため、大工として活躍するには、高度な技術や知識を身につけることが必要です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

大工の給料や年収のまとめ

本記事では、大工の給料や平均年収、年収が高い人の特徴や年収をあげるコツを解説しました。

大工の平均年収は約378万円で、年収は仕事内容や経験年数によっても大きく変わることが分かりました。

大工の仕事で年収を上げるためには、高い技術力や円滑に業務を進められるコミュニケーション力が求められます。

また、大工として大きく年収をのばしたい場合は、独立も視野に入れましょう。独立した際は、高い技術力や営業力が求められます。単価の高い案件にしぼって応募したり、単純に仕事量を増やしたりするなどの工夫も大切です。

受ける仕事の単価を上げ、全体の仕事量を増やすためには大工としての信頼も必要となります。独立をして稼いでいくためには、技術力を磨きながら多くの現場をこなして実績を積み重ねていきましょう。

また、大工が年収アップを目指して転職を考える際は、大工に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行うことが重要です。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」は、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

電気工事士は将来性がある仕事って本当?電気工事士に向いている人や需要がある業界、年収を上げる方法を解説

電気工事士として働く方やこれから電気工事士になろうと考えている方の中には以下のような悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

  • 電気工事士はこれから需要のある仕事なの?
  • 第一種電気工事士と第二種電気工事士の資格って必要?
  • これから電気工事士として活躍していくには何をしたらいい?

結論として、電気工事士の仕事は将来性のある、安定した仕事です。

工夫次第で安定した仕事を獲得しつつ、高い年収を狙うことも可能。

計画的にキャリアステップを踏んでいくには、電気工事士についての情報をえておくことが大切です。

本記事では、電気工事業界の特徴から電気工事士の将来性、年収を上げる方法について解説します。

この記事の監修者
agent-yamanaka2
山中 健太キャリアコンサルタント
コンサルティング会社にて建設会社の成長戦略型提案業務を経験。「ビジネス会計検定1級」を保有しており、採用責任者や経営者など企業側の目線を最も理解したキャリアサポート、就職支援を得意とする。

電気工事士は将来性のある仕事なのか?


結論として、電気工事士は将来性のある仕事です

ここでは、電気工事士がなぜ将来性のある仕事だといえるのか、その理由を紹介します。

  • 電気工事士は人材不足が進んでいるから
  • 電気工事士の仕事はAIに取って代わられないから
  • 電気工事士は失業のリスクが低いから
  • 電気工事士は資格があれば再就職しやすいから
  • 電気工事士は無資格や未経験でも仕事ができるから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.電気工事士は人材不足が進んでいるから

経済産業省の調査によると、第一種電気工事士は2020年から、第二種電気工事士は2030年から、人手不足が加速すると予想されています。

なぜなら電気工事士は、高齢者の退職や入職者の減少によって、就業人口が年々減少しているため。

このまま人材不足が加速すると、第一種電気工事士は2045年には2.4万人の供給不足が予測され、第二種電気工事士も2040年には約2万人の供給不足が予測されます。

引用:[電気保安人材の中長期的な確保に向けた課題と対応の方向性について]

技術の進歩により世の中が便利になればなるほど電気の供給が必要になり、電気工事業界を支える人材育成が求められます。

つまり、今から電気工事士を目指す人は将来も仕事に困ることが無いということ。

人手不足の電気工事士の業界で、スキルや実績を積んでいけば、大手の電気工事会社へ転職することも可能です。

現在、未経験を含む若い人材の育成や採用が各企業にも求められているため、今のうちから資格を取得しておくと就職先や転職先の選択肢は広がるでしょう。

2.電気工事士の仕事はAIに取って代わられないから

電気工事士の仕事は、AIに取って代わられる心配がありません。

なぜなら電気工事士の仕事のうち、電気配線の設置や住宅やビル、工場などのコンセントや照明の取り付け工事には、必ず電気工事士が対応しなければいけないと法律で定められているから。

電気設備の点検や保守管理業務も、AIのチェックで業務が効率化することはあっても、自動化することはできません。

実際に、野村総合研究所の発表した「人工知能やロボット等による代替可能性が高い100種の職業」の中には、電気工事士は含まれていませんでした。

AIなどの人工知能が発達した将来でも、生き残ることができる職業という点でも、将来性がある仕事といえるでしょう。

3.電気工事士は失業のリスクが低いから

電気工事士は他の業種の仕事と比べ、失業するリスクが低いと言われます。

なぜなら電気工事士は国家資格であり、資格を保有する人だけが行わないといけない業務があるからです。

震災時の復興工事やビルのメンテナンス、鉄道の電機システムの管理など、電気工事士の資格を保有していないと対応できない業務が多いです。

また、多くの業務が日々の生活を支えるインフラ設備に関連する業務が多いため、IT技術やAIの進歩によっても仕事が失われることはないと考えられます。

4.電気工事士は資格があれば再就職しやすいから

電気工事士は資格があれば再就職しやすいというメリットがあります。

なぜなら電気工事士の仕事の中には、資格を保有した人のみが対応できる業務があるため。

電気工事士の資格を有している人であれば、産休や育休で現場を離れたとしても、復帰後すぐに仕事に取り組めます。

ライフステージの変化によって、仕事をお休みする必要があっても、復帰後の生活を考えずに済む点は、魅力的でしょう。

5.電気工事士は無資格や未経験でも仕事ができるから

電気工事士の仕事の多くは、無資格や未経験では対応が出来ない業務です。

しかし、人材不足の加速により無資格や未経験でも、電気工事士を目指している人であれば企業にとって貴重な存在になりつつあります。

工事士.com」の調査によると、電気工事専門の求人サイトに掲載される求人情報の中に「未経験OK」と記載される求人は全体の68%、見習い募集の中で「無資格OK」と記載される求人は全体の78%という結果になりました。

応募条件 全体に対する求人の割合
未経験OK 68%
無資格OK 78%

引用:[工事士.com]

未経験かつ無資格の人材を見習いとして採用をしたいという企業が多いことから、会社として即戦力となる人材を育成していこうという姿勢が垣間見えます。

未経験でも電気工事士を目指す方にはチャンスとなるため、転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

電気工事士の仕事とは?資格によって異なる業務内容を紹介


電気工事士は、電気工事士法に基づいた電気設備の工事や取り扱いに関する国家資格です。

電気工事技術者に分類される電気工事士は、発電所や変電所、工場、ビル、住宅等の受電設備などの電気工作物の電気工事を行うことができます。

また、建築系の電気工事や鉄道系の電気工事だけではなく、ビルのメンテナンスや情報通信業界など幅広く活躍が期待できます。

電気工事に関係する企業も多く、需要も高い仕事です。

ここでは、電気工事士の仕事の特徴や電気工事士の保有資格によって異なる業務範囲を具体的に解説していきます。

電気工事士の仕事の特徴とは

電気工事士の仕事内容は、大きく分けて以下の2種類に分かれます。

  • 建築電気工事
  • 鉄道電気工事

建築電気工事は、住宅建築の際のコンセントや電気設備の配線の設置や、ビルに設置されている電気設備のメンテナンスなどが挙げられます。

設備によって業務内容は異なりますが主に3つの特徴に分けることが可能です。

エアコン設置工事 エアコンや空調設備の設置・撤去

電気設備の設置に伴うコンセントの増設

屋内配線工事 屋内の電気設備を設置するためのコンセントやスイッチの設置

電気配線の計画

外線配線工事 電線からの電気を建物内へ取り込む工事

電柱や電線の保守・管理

電気設備のメンテナンス・保守管理 ビル全体の電気設備の点検・メンテナンス

一方で鉄道電気工事とは、電車や駅、線路に関する電気工事のこと。

建築電気工事と比べ、働く場所が鉄道関係のエリアに限定され、業務内容も鉄道に関わるものがほとんどです。

駅構内の電気設備工事 駅構内の電気設備や空調設備、発券機など設置

保守・メンテナンス

変電設備の工事・メンテナンス 電車に通す電気を切り替える変電設備の工事

保守・メンテナンス

線路上の電気工事 線路上の電線の設置や取り壊しなど

点検やメンテナンス

どのような種類の電気工事に対応しているかは、電気工事会社によって異なるため、会社選びの軸に活用してみてください。

資格によって異なる電気工事士の仕事範囲

電気工事士は、下記の2種類に分かれます。

第二種電気工事士 一般住宅や小規模な店舗などの設備工事に関わる
第一種電気工事士 最大500キロ未満のビルや工場などの大規模な工事に関わる

ここでは、資格による具体的な仕事内容の違いを解説していきます。

第二種電気工事士|小規模施設の電気工事で求められる資格

第二種電気工事士は、小規模施設の電気工事を行う上で必要な資格です。

具体的には、屋内の配線や照明の工事、エアコンの設置工事などの600ボルト以下で受電する設備の電気工事を行います。

また、第二種電気工事士には現場代理人をする資格が与えられます。

現場代理人とは、電気工事における現場監督のような立場。工事を円滑に進めるための工程管理や業者との打ち合わせなどを行います。

電気工事に関わる知識をつけておかないと的確な指示が出せないため、ある程度の実務経験は必要なものの、電気工事士の資格を取得して現場での経験を積むことで現場代理人は目指せます。

第一種電気工事士と比べると作業範囲が狭い第二種電気工事士の試験は難易度が低い傾向です。

電気工事士資格について詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

第二種電気工事士は転職に有利|資格の概要やキャリアプランを詳しく解説

第一種電気工事士|大規模な電気工事に必須の資格

第一種電気工事士は、第二種電気工事士の上位資格です。

第一種電気工事士の資格を取得すると、第二種電気工事士で行うことのできる業務に加え、最大で500キロ未満のビルや工場などの大規模な工事まで幅広く対応が可能になります。

具体的な仕事内容としては、高圧の配線工事や高圧電気機器の設置、取り外しなどが挙げられます。

第一種電気工事士の資格を取得するためには、3年以上の実務経験が必要です。

また第一種電気工事士の資格を保有する人は、5年に一度の定期講習の受講が法律で義務付けられています。

第二種電気工事士と比べて資格の取得難易度が高いことから、第一種電気工事士の資格保有者の高齢化が深刻な問題です。

そのため、第一種電気工事士の資格を取得していると条件の良い就職先や転職先が見つけやすいでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事士に向いている人の3つの特徴

ここでは、電気工事士に向いている人の3つの特徴を紹介します。

  • 電化製品や配線の仕組みを知るのが好きな人
  • 几帳面で細かい作業が好きな人
  • 体を動かす仕事がしたい人

それぞれ詳しく見ていきましょう。

電化製品や配線の仕組みを知るのが好きな人

電気工事士に向いている人の特徴は、電化製品や配線の仕組みを知るのが好きな人です。

電気工事士が対応するのは、電車や踏切に電流を流したり、ビルや新築の電気配線を設置する作業です。

取り扱う電気の規模に差はありますが、電線をつなげたり、回路を調べたり、電気に興味のある人に向いているでしょう。

小さい頃に電化製品を直した経験や、分解するのが好きだった人は、電気工事士の仕事に興味を持って取り組めるはずです。

几帳面で細かい作業が好きな人

電気工事士に向いている人は、几帳面で細かい作業が好きな人です。

なぜなら、電気配線は一つの線が違うだけで正常に作動しないことから、正しい配線を正確に繋げる能力が求められるため。

電気工事士の扱う電気設備は、細かい作業が多く、正確に手順を踏んで取り組まなければいけません。

一歩間違えば、事故や爆発の危険もある電気工事は、几帳面で細かい作業を正確に行える人が向いているでしょう。

体を動かす仕事がしたい人

電気工事士は、体を動かす仕事がしたい人におすすめです。

なぜなら、電気工事を行う現場は室内や屋外などさまざまで、場合によっては危険な場所で作業をする可能性さえあるからです。

そのため、ある程度の体力や忍耐力が必要になるかもしれません。

デスクワークのように、毎日事務所で仕事をするのが苦手な人や、いろんな場所で仕事がしたい人は電気工事士に向いているといえるでしょう。

電気工事士の資格を取得する3つのメリット


電気工事士の仕事は資格を保有していない人しか行えない重要な仕事であると分かりました。

実際に電気工事士の資格を取得するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

失業リスクが低いなどのこれまで紹介をしてきた内容以外で、電気工事士の資格を取得するメリットを3つ紹介します。

  • キャリアアップに繋がる
  • 将来的に独立を目指せる
  • 資格取得のハードルが低い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

キャリアアップに繋がる

厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査 」によると、電気工事士の平均年収は約400万〜500万円程度です。

さらに電気工事士の資格がない状態の見習い(電気工事補助員)の場合、年収は約250万円から350万円程度。

人手不足の影響により年収は上がってはいますが、作業の補助がメインの業務となるため、年収は低い傾向にあります。

電気工事士の資格を取得することで年収は約300万円〜500万円まで上がるといわれています。

なぜなら資格の取得ができれば、電気工事士として幅広い業務に携われ、現場経験を積むことが可能だからです。

また、電気工事士でも第二種電気工事士の資格から第一種電気工事士の資格が取得できるようになるとより行える業務の幅が広がります。

ある程度の業務に対応できるようになれば、現場監督や現場責任者など責任ある立場にもなることが可能です。

一般社員から責任者になれば年収は約400万円〜600万円に上がるといわれています。

取得した電気工事士の資格を活かし、しっかりと経験を積んでいくことでキャリアアップにもつなげましょう。

将来的に独立を目指せる

現場での実務経験が積めれば、将来的に電気工事士として独立も目指せます。

電気工事士の資格を取得して独立を行う人は主に以下の事業を行う場合が多いです。

  • マンションの改築や修繕
  • 住宅の家電設置
  • 電気通信工事(LAN・携帯基地局など)
  • 大手工場内のメンテナンス作業
  • スマートメーターの交換作業
  • 住宅や店舗などの電気設備工事全般
  • 家電量販店のエアコン設置
  • 配線や照明空調などの新築木造住宅の電気工事

出典:ビーバーズ HPより

取り上げた事業の中には第二種電気工事士の資格で対応できるものもあるため、現場での実務経験を積んでおけば資格の難易度に関わらず独立は可能です。

また、電気工事士として独立ができれば、自分の時間に合わせて仕事を行うことができます。

基本的に仕事量は受ける案件の数により決まってくるため、拘束時間が決まっている会社員時代と比べ自由に働けるでしょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

資格取得のハードルが低い

第二種電気工事士の資格は受験資格の制限がないため、年齢や学歴、実務経験の有無に関わらず受験ができます。

第二種電気工事士の令和2年度、令和3年度(上期・下期)の受験者数や合格者数、合格率は以下の表の通りです。

年度 学科試験 技能試験
受験者 合格者 合格率 受験者 合格者 合格率
令和2年度 104,883 65,114 62.0% 72,997 52,868 72.4%
令和3年度(上期・下期合計) 156,553 92,640 59.1% 16,276 84,684 52.0%
令和4年度(上期・下期合計) 145,088 81,179 55.9% 97,659 70,888 72.5%

引用:[一般財団法人電気技術者試験センター]

合格率が学科試験では5割、技能試験では7割を超えていることから、しっかりと対策をすれば合格ができる資格試験ということが分かります。

電気工事士の資格取得を目指す勉強は、スクールに通って対策をする人もいれば、独学で参考書を購入して取り組む人、YouTubeなどの動画学習を進める人などさまざまです。

自分に合うサービスを選びながら試験に向けてしっかりと準備をしていきましょう。

また、第一種電気工事士の令和元年、令和2年度の受験者数や合格率は以下のとおりです。

年度 学科試験 技能試験
受験者 合格者 合格率 受験者 合格者 合格率
令和2年度 30,520 15,876 52.0% 21,162 13,558 64.0%
令和3年度 40,244 21,542 53.5% 25,751 17,260 67.0%
令和4年度 37,247 21,686 58.2% 26,578 16,672 62.7%

引用:[一般財団法人電気技術者試験センター]

第一種電気工事士の資格は、3年以上の実務経験がないと受験ができないという特徴がありますが、取得するだけで業務の幅が広がるため、資格取得を目指す人が多いです。

データから、合格率が年々上昇していることが分かります。

第一種電気工事士は転職に有利になったり、独立に役立つ資格になるため、できるだけ早く取得できるように計画を立てて勉強を進めましょう。

電気工事士の需要がある仕事や業界は?

hong kong, city, architecture
実際に電気工事士の資格を取得した場合、どのような業界や仕事で活躍をしていくことになるのでしょうか。

ここでは具体的な業界や仕事を例に挙げながら、電気工事士としてどのような仕事を行っていくのかを紹介していきます。

  • 建設現場
  • メーカーの工場
  • 鉄道業界
  • 防犯設備の設置
  • 情報通信業界
  • ビルメンテナンス

それぞれ詳しく見ていきましょう。

建設現場

電気工事士が建設現場で働く場合、主に建設の電気工事に関わる業務を担当します。

基本的には建設現場で使用する大型機器の制御回路のメンテナンスや変電設備の配線など電気に関わる作業を行います。

建物を新築する場合は電気配線の設計や配電盤や電気設備の設置、リフォームや改修工事を行う場合は新たな配線や電気設備の追加工事を担当します。

また、コンセントや照明器具の取り付け、エアコンの設置工事も電気工事士の資格がないと行えません。

メーカーの工場

メーカーの工場に電気工事士が勤務をする場合は、工場に常駐する保守部門として商品の製造を行う機械が止まらないよう管理を行います。

商品の製造を行う機械が止まってしまうとメーカーの販売に影響が出てしまうため、重要な役割になります。

鉄道業界

鉄道業界では電気工事士は以下の3つの作業に関わります。

  • 架線工事・架線の張り替え工事
  • 信号システムや踏切に関わる工事
  • 発電や変電設備の工事

架線工事・架線の張り替え工事では、電車を動かす電気を送る「架線」を鉄塔と鉄塔の間に貼っていきます。古くなった電線も同時に張り替えることもあります。

信号システムや踏切に関わる工事では、古くなった信号機の交換や信号機が問題なく作動するか点検やメンテナンスを行います。

発電や変電設備の工事では、電力会社から供給される高圧の電気を駅の架線に送るための変電設備の点検やメンテナンス実施。

うまく電気が送られなければ電車は走らないため、電気工事士がしっかりと確認する必要があります。

防犯設備の設置

防犯設備業界は、電気工事士の需要が高い業界のひとつです。

なぜなら、防犯カメラやオートロック設備などの防犯設備に関する工事を電気工事士が行う場合があるからです。

個人住宅向けの工事だけではなく、オフィスなどの法人向けの工事であれば、セキュリティの観点から高性能な機械を取り付ける機会もあるでしょう。

基本的には大手セキュリティ会社と取引を行う場合が多く、年間を通して工事案件をもらえるという特徴があります。

情報通信業界

情報通信業界は、今後電気工事士の活躍の場が増える可能性のある業界です。

情報通信業界での電気工事士の仕事は、電話回線やインターネット回線の工事。

スマートフォンの普及やテレビでインターネットを利用する家も増えてきたことにより、通信回線の整備需要は拡大しています。

具体的にはアパートやマンションなどのWi-Fi設備の設置工事やLANケーブルの配線工事、光回線のための回線工事などを行います。

場合によってはビルやマンションの屋上、鉄塔の上に登ってアンテナの設置を行うことがあるため、屋外の工事を想定して体力を作っておく必要があるでしょう。

情報通信系の仕事は5G回線の登場などにより、今後も需要が拡大すると考えられます。

ビルメンテナンス

ビルメンテナンスの仕事では、電気工事士がビル内にある設備の点検や交換作業を行います。

ビルやマンションなどの建物では、高圧電気を受電してから電気室で低圧に変換。住宅で利用できる電圧に下げた電気を、ビル内へ供給します。

一般家庭で扱われる電気とはまた種類が異なるため、第一種電気工事士を持っていないと作業ができない場合があります。

また、ビルのメンテナンスとして働く場合、電気設備以外にもボイラー設備や消防設備の点検が求められることも。

この場合、「ボイラー技士」や「危険物取扱者」「消防設備士」などの資格を保有していないと点検が行えない場合もあるため注意が必要です。

電気工事士の年収はどのくらい?

電気工事士を目指す人が気になるポイントは、平均給与や平均年収などのお金に関する情報ではないでしょうか?

ここでは電気工事士の年収について紹介します。

令和4年賃金構造基本統計調査の結果を加工して作成されたjobtagのデータによると、電気工事士の平均年収は以下のとおりです。

電気工事士の平均年収:506.8万円

年齢別の平均年収のグラフは下記のとおりです。

引用:[jobtag]

50〜54歳の平均年収は645.43万円と、最高額です。

このデータはあくまで平均年収であるため、より高い年収を狙うことも可能です。

電気工事士の年収についてより詳しい情報が知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。

電気工事士の年収を上げる3つの方法|勝ち組になるには行動すべき

ここからは電気工事士の年収を上げる方法を3つ紹介します。

  • 電気工事士の資格を取得する
  • 電気工事士の待遇が良い会社に転職する
  • 電気工事士として独立する

電気工事士として勝ち組になりたい・もっと年収をもっと年収を上げたい人は、ぜひ参考にしてください。

電気工事士の資格を取得する

電気工事士として年収を上げたい人は、資格を取得しましょう。

電気工事士の資格には一種と二種があります。

それぞれの資格を取得することで、扱える電力の大きさが変わり、対応できる仕事の幅が広がります。

まずは二種に挑戦し、その後一種の取得ができるまで勉強を続けましょう。

一種電気工事士の資格を取得すれば、電気工事士としてのスキルや実力を証明するアピールポイントとなり、転職や独立にも役立ちます。

会社によっては資格手当が支給されることもあるため、資格を取得すれば年収が上がるというメリットも。

さらに仕事の幅を広げたい人は、電気主任技術者の資格取得を目指すのもおすすめです。

電気主任技術者の資格を取得すれば、電気工事士だけでなく、電気設備を管理する仕事にも従事できるようになります。

スキルの掛け合わせで、年収が上がる可能性も上がるため、挑戦してみましょう。

電気主任技術者の仕事内容や年収について気になる人は、下記の記事を参考にしてください。

電気工事士の待遇が良い会社に転職する

電気工事士として実力がついてきた人や、電気工事士以外にも電気主任技術者の資格を取得して、キャリアアップしたい人は、より条件の良い会社に転職するのがおすすめです。

電気工事士の給与は、勤める会社によって左右されます。

大企業に転職できれば高年収を獲得できるだけでなく、充実した福利厚生を受けられ、ワークライフバランスの整った働き方をすることもできるかもしれません。

まずはキャリアの棚卸しをして、自分の実力を客観的に把握するのがおすすめです。

転職に関する不安を相談したい、できるだけ条件の良い会社に転職したい人は、転職エージェントに相談しましょう。

ビーバーズは、建設業界に特化した転職エージェントとして豊富な求人を保有しています。キャリアの棚卸しから自己分析まで、細やかなサポートの中で、その人にあった転職先を提案します。

まずは相談だけでもしてみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事士として独立する

電気工事士の資格を取得している場合は、独立して自分で仕事を取るという選択肢もあります。

個人事業主として自分で営業して、仕事を取っていく必要があるため、電気工事に関する知識だけでなく、経営や営業の知識も必要になります。

ただ、自分で独立して仕事をするということは、下記のメリットを得ることも可能です。

  • 自分で仕事量を調整できる
  • 努力次第で年収を上げられる
  • 会社を設立して規模の大きな工事を受注できる

電気工事士として独立したばかりは仕事が取りにくいという不安もあるかもしれませんが、フリーランスを対象にした工事案件を探すこともできるため、活用してみてください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

電気工事業界の特徴から電気工事士の将来性について解説してきました。

電気工事士としての業務の多くが、日々の生活を支えるインフラ設備に関連する業務が多いため、IT技術やAIの進歩によっても仕事が失われることはないと考えられます。

しかし、電気工事業界の人材不足問題の加速により、電気工事士の確保のため今後も労働条件の改善は必要になってきています。

結果として、若い人材の育成や採用が各企業にも求められるようになるため、電気工事士として働きながら実務経験や十分なスキルを身につけることができれば、より条件の良い企業へ就職ができるようになります。

また、電気工事士でも第二種電気工事士の資格から第一種電気工事士の資格が取得できるようになるとより行える業務の幅が広がります。

今一度自身の技術や今後のキャリアステップを見据えながら資格の取得なども視野に入れていきましょう。

電気主任技術者2種の難易度・合格率は?勉強時間や合格のコツを解説

電気主任技術者2種は、高い専門性を要求される資格です。

電気主任技術者2種の資格を取ろうとしている人の中には、実際の難易度や合格率、合格点などを知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、電気主任技術者2種の合格難易度・合格率・合格点や合格のコツを詳しく解説します。

電気主任技術者を目指す方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

電気主任技術者2種とはどんな資格?


電気主任技術者は電気事業法に則り、「発電所」「変電所」「工場」「ビル」などに設置されている電気設備の安全管理・監督を行うことが義務付けられています。

また、上記の施設の電気工作物を安全かつ正しく運用するための管理も、電気主任技術者2種を持っていなければ実施することができません。

なお、電気工作物の種類(第一種、第二種、第三種)により、保安監督業務の範囲が異なります。

電気主任技術者の業務内容は?

電気主任技術者は電気設備の安全確保と管理のため、電気設備の点検、周辺清掃、故障診断などの仕事を行っています。

ここでは、電気主任技術者の仕事の具体的な流れを説明します。

電気工作物の点検業務

電気設備点検業務とは、電気設備の保安管理の一環として定期的に行われる点検業務のことです。電気主任技術者は電気設備全般を精査し、取り扱いに関する法令の遵守が求められています。

具体的な作業内容は、変圧器や分電盤からコンセントまで各種の電気工作物の点検です。例えば、配線の状態や取付金具の状態をチェックしたり、保護装置の動作を確認したりなどです。

また、配線図や設計図を見ながらものの性能をチェックしていく必要があります。

電気工作物周辺の清掃作業

電気主任技術者の仕事には電気工作物の点検業務や故障診断などがありますが、周辺の清掃作業も重要な仕事の一つです。

電気工作物周辺の清掃作業とは、電気設備の周りをきれいに保つことを意味します。例えば、配線を囲む箱内部や取り付けられた部品などをきれいに保つ業務があります。

また、配線回路上のほこりやコンタクトポイントの結露なども取り除く必要があります。

上記の洗浄作業により、電気回路のショートを防止して安全性を確保するだけでなく、伝熱性能と耐久性を向上できます。

電気主任技術者は「安全性」「耐久性」「効率性」の高い電気工作物を維持するためにも、周辺の清掃作業に努めていく必要があります。

電気工作物の点検・故障診断

電気主任技術者の仕事として、電気工作物の点検・故障診断を行うことがあります。

まずは電気工作物の各部に確認を行い、問題がないかを確認して問題がある部分を精査して原因を見つけ出します。

点検では、保安上の注意事項や正常動作の確認なども行います。 故障診断では、故障の原因を特定するために、テスト装置や計測器などの機器を使用して詳細な計測・分析を行います。

最後に、修理・交換などの対処方法を考えて故障の修理・交換を実施します。

電気主任技術者の種類

電気主任技術者の資格には、第三種から第一種までの3つの種類があります。各資格は電圧や取り扱う施設などによって異なり、保安監督業務を行えます。

電気主任技術者3種

電気主任技術者3種は、電圧が5万ボルト未満の商用電気工作物(出力5,000キロワット以上の発電所を除く)の検査及び保安監督を行える資格です。

対象となる施設には、工場やビル、小規模な再生可能エネルギーによる発電設備などがあります。

電気主任技術者3種を取得すれば、工場やビルなどの電気工作物の点検や保安監督を行えます。また、小規模な再生可能エネルギーによる発電設備の管理も行うことができます。

電気主任技術者3種の試験の合格率は例年10%に満たないケースが多いので、難易度の高い試験です。

電気主任技術者2種

電気主任技術者2種は、17万ボルト未満の事業用電気工作物の工事や保安監視を行える資格です。

対象施設は、中規模の再生可能エネルギー発電施設や大規模な 工場などがあります。

第2種電気主任技術者2種の試験は一次試験と二次試験に分けられています。一次試験の合格率は平均25%前後、二次試験の合格率は低い年だと10%近くまで落ちますが、高い年だと30%近くまで上がっているので、年度によって難易度の差があるようです。

電気主任技術者1種

第1種電気主任技術者は、電圧制限のない事業用電気工作物の工事や保安監視を行える資格です。

対象となる施設には、大規模な工場から小規模な再生可能エネルギーの発電設備まで幅広く、保安監督業務が一任されます。

電気主任技術者1種の試験では一次試験の合格率は平均して25%前後ですが、令和2年度の試験では50%と高く、年度によって難易度に差があります。

また、二次試験の合格率は平均20%を切っており、難易度の高い試験となっています。

電気主任技術者と電気工事士の違い

電気主任技術者と電気工事士は、それぞれ異なる資格を持つ専門家です。電気主任技術者は、事業用電気工作物の工事や、維持・運用の保安監督者としての機能を果たします。

一方、電気工事士は最大電力500キロワット未満の需要設備や一般用電気工作物の電気工事を行う専門家です。

また、電気主任技術者は、電気工事士の作業を監督する立場にありますが、電気工事士は、必要に応じて具体的な作業を行います。

電気主任技術者と電気工事士はそれぞれ異なる資格を持つ専門家であり、役割も異なります。

\最短即日で応募可能!/

電気主任技術者2種を取得する5つのメリット

time is money, banknotes, coins
電気主任技術者2種の資格を取得することで、収入の向上や起業をはじめとした多くのメリットがあります。就活や転職にも有利な点もあり、将来性の高い職業として注目を集めています。

電気主任技術者2種になる上での「収入の向上」「起業をはじめとした多くのメリット」「将来性の高さ」「多様な業種で活躍できること」「就活や転職に有利な点」をご紹介します。

1.収入が増え、定年後も安定した仕事ができる

電気主任技術者2種の資格を取得すれば収入が上がります。特に定年後には、資格を持っていることで安定した仕事を見つけられます。

資格保有者は一般的に給与は高く、定年後には安定した収入を得られます。特に「電気工事士」「電気施工士」「基本情報処理技術者」などの電気関連の職業に従事する人にとっては、資格を持つことが重要なステップに繋がります。

2.起業も可能

電気主任技術者2種の資格を取得することで、起業のチャンスが増えます。資格を持っていると自分自身で電気工事を行うことができるため、独立した電気工事業を立ち上げることも可能です。

また、施工や保守などの電気工事に関わるビジネスにも挑戦できます。資格を持っていれば、安全対策もしっかりと行うことができるため、安全性の高い電気工事を行えます。

起業家としてのキャリアをスタートさせるためにも、電気主任技術者2種の資格は有利です。

3.将来性が高い

電気主任技術者2種は、将来性が高い職業です。近年、電気分野ではさまざまな新しい技術が開発されており、非常に注目を集めています。

例えば、ソーラーパネルなどの発電装置や、太陽光発電などのエネルギー利用技術などがあります。

これらの技術は今後も急速に進歩していくと考えられているため、将来的には専門家としての需要が増加する可能性があります。

将来的にも電気主任技術者2種の職業は有望であると考えられています。

4.多様な業種で活躍できる

電気主任技術者2種は、電気設備の点検や管理を行う仕事なので、多くの業種で活躍できるメリットがあります。

「工場を持つメーカー」「通信会社」「ホテル」「商業施設」「病院」「大学」などでは電気設備を使用しています。

電気設備を使用している業種が多いため、電気主任技術者2種の仕事は幅広い分野で必要なスキルを生かして活躍が可能となります。専門的なスキルを持っていれば、専門性の高い分野でも仕事が可能となります。

電気主任技術者2種は多岐にわたる業界で役立つスキルを生かして多くの機会にチャレンジしていくことが可能となります。

5.就活や転職に有利

電気主任技術者2種資格を取得すれば、就職や転職に有利な状況になります。電気主任技術者の需要の高まりが予想されるため、有資格者は希少価値を持つ存在として企業から注目を浴びることになります。

また、試験の内容は実務経験や理論的な知識を問うものであり、実務経験があれば十分に受験できるため、受験者の中でも競争力の高い存在として認められる可能性があります。

さらに、電気主任技術者2種保有者は公的機関からも認定を受けているため、就職・転職先企業の信用度も上昇します。

電気主任技術者2種試験科目一覧

電気主任技術者電験1種、電験2種、電験3種の3つの種類があります。それぞれの種類には、保安監督できる範囲が異なります。

  • 電気主任技術者1種:すべての事業用電気工作物の工事、維持及び運用の保安の監督
  • 電気主任技術者2種:17万ボルト未満の事業用電気工作物の工事、維持及び運用の保安の監督
  • 電気主任技術者3種:5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力5000キロワット以上の発電所を除く。)の工事、維持及び運用の保安の監督

また、実務上の経験だけでも資格を取得できる「電気工事士」や「認定電気工事従事者」も存在します。

試験内容としては、一次試験と二次試験があります。一次試験は理論・電力・機械・法規の各分野から問いが出されることになっています。

理論分野では、「電気理論」「電子理論」「電気計測」「電子計測」などを学んだりします。

一方、機械分野では「パワーエレクトロニクス」「メカトロニクス」などを学びます。法規分野では「保安に関するもの」を学びます。

電気主任技術者2種の合格難易度・合格率・合格点は?


電気主任技術者2種の試験は、電気技術者としての専門知識を検定するために行われています。合格難易度・合格率・合格点などについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

電気主任技術者2種の合格率について

電気主任技術者2種の試験の合格率は、平成29年度から令和3年度までの傾向は以下の通りになっています。

  • 平成29年度:第一次試験26.4%、第二次試験13.5%
  • 平成30年度:第一次試験24.1%、第二次試験14.5%
  • 令和元年度 :第一次試験23.6%、第二次試験22.8%
  • 令和2年度 :第一次試験27.1%、第二次試験27.9%
  • 令和3年度 :第一次試験25.7%、 第二次試験17.1%

出典:一般財団法人電気技術者試験センター

上記の傾向からわかるように、電気主任技術者2種の試験の合格率は低く、難易度が高いといえます。

特に、最近のデータを見ると、合格者数が少なくなっており、合格者数が少ない傾向にあることがわかります。

電気主任技術者2種の合格点・合格基準点

電気主任技術者2種試験の合格点・合格基準は、試験委員会が毎年決定しています。一般試験の合格水準は一定の値ですが、電気主任技術者2種試験の合格ラインはその年によって変わります。

一次試験には「理論」「電力」「機械」「法規」の4科目があり、それぞれに合格点・合格基準が定められています。

一般的な合格基準は60%以上ですが、試験が難しい場合には合格点を引き下げることもあります。 逆に合格基準が60%を超える年もあります。

また、合格率を一定の値に近づくよう調整されるため、平均点が低いときは合格基準を下げる場合もあります。

電気主任技術者2種の難易度

電気主任技術者2種の試験は、難易度が高く、例年の合格率が2割前後と低いと言われています。

一次試験では、50%前後の合格率を取るために、科目別合格制度を活用して数年かけて合格するケースも少なくありません。

令和元年度の一次試験の科目別合格者内訳から、理論科目の合格率が最も低いことがわかります。

二次試験では、マークシート式の一次試験よりも難易度が上がります。高度な計算問題や論述問題などが多数出題されるためです。

特に電気主任技術者2種の試験では、微分積分などの高度な数学の知識を必要とし、学力によっては数学を勉強し直さなければならないケースもあります。

二次試験では2科目を合格しなければいけませんので、努力を惜しまず、練習問題を中心に充実した勉強を行うことが大切です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気主任技術者2種の勉強時間・合格のコツ


電気主任技術者2種の検定合格を目指すために必要な勉強時間と、合格のコツについて解説します。

電気主任技術者2種の検定は、理論と仕組みの理解から計算と記述力を要求される内容であるため、単純な勉強だけでは合格が難しいものです。

期待される結果を出すためにも正しい勉強方法をマスターしていきましょう。

電気主任技術者2種合格までの勉強時間

電気主任技術者2種の合格に必要な勉強時間は、受験者の知識レベルや勉強方法によって異なります。一般的に、600時間程度の勉強が必要とされています。

まず、電気の仕組みや原理を学ぶことからはじめましょう。電気の仕組みを理解していないと、問題を解くことができません。特に、一次試験では理論問題が多いため、理論をしっかり学んでおく必要があります。

次に、実際の装置の構成を学びます。特に二次試験では実際の装置の構成問題が多いため、実際の装置の構成をしっかり学んでおくと良いです。

最後に、数学・物理の基本的な内容も勉強する必要があります。数学・物理の基本的な内容は一次・二次共に出題される可能性があるため、数学・物理の基本的な内容もしっかり学んでおきましょう。

電気主任技術者2種一次試験合格のポイントは「理論」と「仕組み」

電気主任技術者2種の一次試験で合格するためには、理論と機械の科目をしっかりと勉強することが重要です。理論科目では、微分積分やラプラス変換などの数学の知識を身に付ける必要があります。

また、機械科目は出題範囲が広いため、勉強時間を多く取る必要があります。電力の勉強は二次試験の論述問題にも役立つので、各科目をまんべんなく勉強していくことが大切です。

電気主任技術者2種試験で求められるのは「計算」と「記述」

電気主任技術者2種試験では、計算力と記述力が重要なポイントになります。特に、一次試験では理論問題と機械問題を中心に出題されます。

勉強内容が入れ替わることもあるので、勉強の時間を分割して取り組むことをおすすめします。 一方で二次試験では計算問題と論述問題が出題されることから、それぞれの対策が必要となります。

有効数字を多用して正しい回答を導き出すためには、有効数字の勉強を徹底する必要があります。

二次試験のタイムロスを避けるためにも、試験当日と同じ用紙での事前練習なども有効です。文章力も重視されるため、読んだテキストを文章化して練習することも大切です。

電気主任技術者2種の合格までの勉強には命中率の高い勉強法が必要であり、理論・機械・計算・文章の練習を行うことが重要だと考えられます。

電気主任技術者に向いている人の特徴

電気主任技術者とは、工場やビル、発電所、変電所などの電気設備の保安や点検を行う国家資格保有者のことです。

この仕事に向いている人の特徴は、以下のようなものが挙げられます。

技術に興味がある人

電気設備の仕組みや整備方法に関する知識や技術を身につける必要があります。

責任感が強い人

電気設備の責任者として、事故や故障を未然に防ぐために日々の点検や管理を行わなければなりません。

感情的にならない冷静な人

電気設備には危険が伴うため、事故が発生した際には、原因を探求し、復旧させるために冷静に対処できる人が求められます。

やるべきことを根気強く主張できる人

電気設備の改修や予算の確保などに関して、電気のことを知らない人に理解してもらうために、粘り強く説明する能力が必要です。

同じことを根気よく続けられる人

電気設備の点検や管理は、同じことの繰り返しであることが多いので、飽きずに仕事を続けられる人に向いています。

縁の下の仕事に誇りを持てる人

電気設備の保安や点検は、目立たないけれども、社会全体を支える重要な役割を担っているので、その仕事に誇りを持てる人に向いています。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気主任技術者の仕事でよくある質問Q&A

man, thinking, doubt

Q1:資格によって収入は変わりますか?

A1:電気主任技術者の資格は、第1種~第3種までありますが、資格の種類によって収入に大きな差は見られません。収入は、勤務先や経験年数、役職などによって変わります。一般的には、年収は400万円~800万円程度といわれています。

Q2:資格を取得するメリットはなんですか?

A2:電気主任技術者の資格を取得するメリットは、次のようなものがあります。

  • 手に職がつけられる
  • 就職や転職に強い
  • AIの時代でも仕事がなくなる心配が少ない

Q3:電気主任技術者に向いているのはどのような人ですか?

A3:電気主任技術者に向いている人の特徴は、以下のようなものが挙げられます。

  • 技術に興味がある人
  • 責任感が強い人
  • 感情的にならない冷静な人
  • やるべきことを根気強く主張できる人
  • 同じことを根気よく続けられる人
  • 縁の下の仕事に誇りを持てる人

Q4:試験は1年に何回実施されますか?

A4:電気主任技術者の試験は、原則として第1種~第3種ともに1年に1回、10月に実施されます。

Q5:独学でも試験に合格できますか?

A5:電気主任技術者の試験は、非常に難易度が高く、合格率は約10%です。独学で試験に合格することは可能ですが、かなりの努力と時間が必要です。試験範囲が広く、試験問題も複雑です。そのため、独学で挑戦する場合は、過去問や参考書などを活用して、効率的に勉強することが重要です。また、科目合格制度や一次試験免除制度などを利用して、試験に臨むこともおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気主任技術者2種のまとめ

電気主任技術者2種は高い専門性を要求される資格です。実際の難易度や合格率、合格点などを知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、電気主任技術者2種の合格難易度・合格率・合格点について詳しく解説しました。

収入が増えて定年後も安定した仕事ができるなど5つのメリットがあります。電気主任技術者2種の合格に必要な情報を手に入れることができます。

勉強時間やコツを参考に電気主任技術者2種の合格を目指していきましょう。

また、電気主任技術者が年収アップを目指して転職を考える際は、電気主任技術者に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行うことが重要です。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」は、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

造作大工の年収と仕事内容は?年収を上げる方法とキャリアパスを解説

造作大工は、主に木造建築物の組立てや室内装飾など、家具やインテリアの製作から完成までを行う仕事です。

造作大工を目指している人が気になるのは「平均年収」や「年収アップの方法」などのお金事情ではないでしょうか。

本記事では、造作大工の年収と仕事内容、年収を上げる方法やキャリアパスなどについて解説します。

この記事の監修者
agent-enomoto
榎本 芽玖キャリアコンサルタント
これまで転職エージェントとして数多くの求職者に携り、即戦力に限らず、建設業界未経験のキャリアサポート実績が顕著。施工管理に限らず、現場事務(書類作成)やCADオペ、職人向けの案件マッチングも得意とする。

造作大工とは?

carpenter, plane, shavings
造作大工は、建築や内装において非常に重要な役割を担う職人です。造作工事は建物内部の装飾工事を行うことを指し、主に石膏ボードや吊り天井を使って壁や天井を作り上げます。

特に内装にこだわる場合は、造作大工の技術が重要になります。

ここでは造作工事について詳しく説明し、造作大工の一人前への道についても説明します。

造作工事はどんな工事か

造作工事は、建具を取り付ける工事を指します。造作工事は、主に部屋の敷居や窓枠などの内装を材料で仕上げる工事です。内装の仕上げや下地を材料から組み立てる工事なので、室内の仕上がり具合に与える影響は大きいと言えます。

造作工事では、各種技術が求められます。例えば材料の加工技術、施工技術、塗装技術などが要求されます。さらに工事の進捗状況や建材の選定、品質管理なども含まれます。特に内装にこだわる場合には、造作工事のクオリティが非常に重要です。

熟練した職人による工事を依頼すると、イメージ通りの内装を実現することが可能です。

内装を重視するなら造作大工の腕がポイント

内装は建物の中でも重要な要素のひとつで、内装の仕上がりは造作工事によって大きく左右されます。造作工事をする職人はイメージ通りの内装を実現するために欠かせない存在であり、高い技術を持っています。

造作工事は壁や間仕切り壁、窓台などの設置を指します。石膏ボードで壁を作る際には釘をしっかり打ちつけ、隙間をなくせば継ぎ目がきれいな仕上がりになります。

また、作り付け家具や窓などの建具を取り付けるための枠を作成することも造作工事の一部です。内装にこだわるなら、造作工事をする職人の腕がポイントです。

造作大工の一人前への道

ハウスメーカーによる建売住宅の大工になるためには、経験を積むために約3年の研修期間が必要です。しかし、職人大工の場合は、経験を積むためには長期間が必要です。

大工の見習い期間は会社や親方によって異なります。建売の大工であれば2年くらいで見習いを終えることもありますが、一人前と認められるには最低でも5年から10年の経験が必要です。

周りに認められることが一人前の条件であれば、修行が必要です。

弊社では、数多くの職人(一人親方含む)の方々に工事案件や正社員求人を獲得していただいています。ベテランの方には長期の高単価案件をご紹介します。未経験者のお仕事探しもお手伝い可能です。

  • 長期契約可能な高単価工事案件多数
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 60代70代でも応募可能なお仕事
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめのお仕事をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

大工の種類別年収

大工は建築において重要な役割を担う職種です。屋根から床まで、様々な部位を担当しています。大工には様々な種類があり、それぞれの仕事の特徴や平均年収が異なります。

この章では、「造作大工」「町大工」「宮大工」「型枠大工」の4つの種類を取り上げ、それぞれの平均年収を比較していきます。

また、それぞれの種類の仕事の詳細も説明し、大工の仕事の魅力を紹介します。

①造作大工

造作大工は、木材を加工して戸や棚、収納などを作ったり取り付けたりする内装のスペシャリストです。木造大工が作った骨組みに、生活に欠かせない建具などをプラスします。

造作大工の平均年収は約350万円です。他の大工より、やや低い年収であるため、町大工と並行して造作大工をしている方も多いと言われています。

造作大工は木材を使って家具を作ったり、収納を作ったりすることができます。また、木材を使って屋根や壁などを作ったりすることもできます。

造作大工は木材を使って手作りのものを作ることができるため、高品質なものを作ることができます。

②町大工

町大工は、家の柱や壁、床、天井などを作る大工であり、平均年収は約380万円と言われています。見習いで働く際は200万円未満の場合もありますが、経験を積むと年収アップを期待できます。

町大工は造作大工と兼用している方もいるため、建物の骨組みを作りながら内装も作れます。町大工は建築業界において重要な役割を担っています。

③宮大工

宮大工は伝統的な木造建築物の建設に従事する大工であり、特殊な技術や長い修行期間が求められます。宮大工は大工の中でも特に専門性が高い職種で年収も高くなっており、平均的な年収は350〜400万円前後となっています。

経験豊富な人であれば、平均年収600万円前後になるケースもあります。宮大工は、伝統的な技術を継承しているため、希少価値が高いと言えます。

また、宮大工は建築業界において重要な役割を担う職業の一つで、新しい建物を建てるために必要なスキルを持っている人材です。

④型枠大工

型枠大工は、鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート造りの建物を作る際に必要となるコンクリートを流し込む「型」を作る専門の大工です。

型枠大工の年収は一人前になるまで7〜8年ほどかかる専門職であるため、大工全体の平均年収(約400万円)を上回るものとなります。

経験を積んでいけば、給与が徐々に高くなっていきます。鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート造りの建物を作るために必要なスキルを持っている人材であり、建築業界において重要な役割を担う職業の一つです。

造作大工としての年収を上げる方法

ladder, success, beyond
造作大工としての年収を上げるための方法について説明します。スキルアップ、コミュニケーションスキルの向上、独立、他業種への転職、資格取得など、様々なアプローチを紹介します。

造作大工は、木材を加工して戸や棚、収納などを作ったり取り付けたりする内装のスペシャリストです。

紹介する内容を踏まえ、造作大工としての年収を上げることができるようになることを目指しましょう。

スキルアップを図る

造作大工は、木材を加工して戸や棚、収納などを作ったり取り付けたりする内装のスペシャリストです。スキルアップは、造作大工としての年収アップに必要不可欠です。スキルと年収は比例しているため、スキルアップが必要です。

最も重要なのは見習い期間を短く終わらせ、早く一人前になることです。見習いの間は収入も低いですが、地道に仕事を覚えて技術と経験を磨いていきましょう。

見習い期間を早く終わらせ、一人前になることで、年収も上がります。

コミュニケーションスキルを高める

コミュニケーションスキルは、仕事において欠かせないものです。スキルアップに加えて、コミュニケーションスキルを磨くことも重要です。

コミュニケーションスキルを高めれば、客先や上司との信頼関係を構築し仕事がスムーズに進められます。

また、良好なコミュニケーションスキルを持てば、自分の意見やアイデアを正確に伝えることができてチームの中でもリーダーシップを発揮することができます。

若いうちからコミュニケーションスキルを磨き、人脈を広げていきましょう。将来、造作大工として年収アップに繋がる大切な要素になります。

造作大工として独立

独立を考える場合、個人事業主として「一人親方」になるか、会社組織として「工務店を開業する」かの2つの方法があります。一人親方になる場合は、自分自身のスキルや経験を活かし、独立して働くことができます。

工務店を経営する場合、従業員を抱える責任も増しますが、その分年収も上がり、1000万円を超えることも可能になります。独立の選択肢は様々ですが、自分に合った方法を選ぶことが重要です。

造作大工の経験を活かして他業種に転職

造作大工の経験を活かして他業種に転職することも可能です。現場で培ったスキルや知識を活かし、新たなチャンスを見つけることができます。

具体的には、施工管理や建設会社のマネージメントなどが挙げられます。施工管理では現場監督をし、現場全体の運営を行うことが求められます。

経験を積んだ造作大工は現場での工事経験や管理能力を活かし、新しい挑戦に挑戦することができるでしょう。

資格の取得

資格の取得は、造作大工としてのキャリアアップや年収アップに必須です。資格を取得すれば、業務の幅が広がって任せられる仕事も増えます。

また、資格を保有していることで、一般の大工とは異なり競争力が高まります。

資格は「家屋建築物施工管理技士」「建設業施工管理技術者」などがあります。自分のスキルや仕事に合った資格を取得すれば、造作大工でのキャリアアップを図りましょう。

造作大工の給料は見習いとベテランで差がある

造作大工の給与は、経験年数や技能によってかなりの差があります。新人だと月収は約15万円程度ですが、経験を積めば月収30万円以上になり、年収1000万円以上も稼げる可能性があります。

造作大工の仕事は、自分の努力次第で収入を大幅に増やすことができる魅力的な職業です。努力を重ねれば、一般的なサラリーマンよりも給与がアップしていく可能性があります。

造作大工になるには必要なこと

造作大工になるためには、学歴や資格を持つことが重要です。大工の仕事に向いている人もいれば、向いていない人もいます。

仕事の能力を持っているかどうか、必要なスキルがあるかどうかを確認しながら、大工になる前提の上で学びをしていくことが大切です。

また、学歴や資格だけでなく、実際の仕事経験も重要になってきます。自分が仕事に向いているかを確認したり、実際の現場で何が必要なのかを学んだりすることが大切です。

造作大工になるのに必要な学歴、資格

大工になるために必要な学歴や資格は特にありませんが、木造建築物組立て等作業主任者、建築大工技能士、二級建築士/木造建築士の免許は有利になります。

土木や建築学科を卒業した高校、高等専門学校、大学の卒業生が取得できる資格を得るためには、上記の学歴が必要となります。

また、木造建築物の組立て等作業主任者技能講習を修了することで、選任される資格を得ることができます。

造作大工に向いている人と向いていない人

大工に向いている人は空間認識能力、柔軟性・提案能力、協調性を備えた人が必要です。

「ものづくりが好きで、頭の回転が早く効率的な仕事を行える人」「体力があり丁寧な作業をこなせる人」「我慢強く粘り強い人」「何事にも楽しさを見出せる人」「きれい好きで建築に興味を持って学びたい意識のある人」などが大工に向いています。

大工に向いていないかもしれない人は「大雑把な人」「コミュニケーションスキルが低い人」「整理整頓を苦手とする人」「肉体労働を苦手とする人」などです。

弊社では、数多くの職人(一人親方含む)の方々に工事案件や正社員求人を獲得していただいています。ベテランの方には長期の高単価案件をご紹介します。未経験者のお仕事探しもお手伝い可能です。

  • 長期契約可能な高単価工事案件多数
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 60代70代でも応募可能なお仕事
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめのお仕事をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

造作大工で取得したい資格

Professional architect working with draft in office

造作大工は専門的な知識や技能を持つことが必須なので、資格取得は欠かせません。「木造建築物組立て作業の主任者」「建築大工技能士」「木造建築士」「二級建築士」など、木造建築に関する資格は多岐にわたります。

造作大工における資格取得について詳しく説明します。自分に合った資格を選び取得して、より高い技術を持って仕事に取り組むことができるでしょう。

木造建築物の組立て等作業主任者

「木造建築物の組立て等作業主任者」の資格の取得は、労働安全衛生法に基づいて必要な国家資格です。取得すれば、より責任ある立場で仕事に取り組むことができ、給料も一般の大工よりも高くなることが期待できます。

ただし、取得には高校、高等専門学校、大学にて土木や建築学科を卒業する必要があります。具体的な作業内容は「5m以上の高さの木造建築物の構造部材の組み立て」「屋根の下地」「外壁下地の取付け作業」などがあります。

建築大工技能士

国家資格に認められている木造建築物工事に必要な技能資格に「建築大工技能士」があります。試験は地方自治体によって実施され、実務経験に応じて1級、2級、3級の試験があります。

資格取得のための試験内容には「木造建築物の平面図作成」「木材加工」「組立」などが含まれます。国家資格を取得すると、発注される機会が増える可能性が高くなります。

また、現場でも必須要件とされるケースもあり、仕事のキャリアアップに役立つ資格となっています。

木造建築士

木造建築士とは「安全性」「耐久性」「経済性」を考慮した木造建築物の設計・施工・管理を行うことができる資格です。

木造建築士になるためには大学や高等専門学校、高校などで土木や建築学科を卒業し、実務経験も必要となります。

木材を使った建築物の設計・施工・管理に関する専門的な知識が必要となります。木造建築に関する専門的な知識を持つためには、資格を取得する必要があります。

資格を取得すると、設計・施工・管理などの専門的な知識を持って仕事に取り組めて、さらに給料も上がる可能性があります。

木造建築は安全性や耐久性を考慮した設計、施工が非常に重要であり、木造建築士の資格を持った人材は需要が高くなります。

二級建築士

二級建築士は、建築物のプロジェクトマネージメントや工事管理を担当するための資格で、戸建住宅だけでなく小規模な建築物の設計や工事管理も可能になります。

二級建築士は建築基準法に基づいて都道府県知事によって認可された国家資格で、建築のプロとして認められることができます。

建築関連の学科を学んでいれば、実務経験なしで試験を受けることができますが、それ以外の場合でも実務経験があれば受験できます。

大学や専門学校で土木関連の学科を学んでいる場合は1年の実務経験が必要ですが、高校で建築や土木関連の学科を卒業している場合は、3年の実務経験が必要です。

二級建築士の資格を保有すれば、より責任の高い立場での仕事が可能になり、給料も一般の大工よりも高くなる可能性があります。

また、資格を保有すると仕事のオファーが増える可能性も高くなります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

造作大工という職種のメリットとデメリットは?


木造作大工とは、木造建築物の構築作業を行う職業です。建築大工技能士や木造建築士などの資格が必要となります。

ここでは、造作大工における職業のメリット、デメリットについて詳しく見ていきます。

造作大工のメリット

造作大工は、建築物の建設において木造部分の組立てや加工を担当する仕事です。造作大工になれば木造建築物を構築するためのスキルを習得し、建築物の質を向上させることができます。

また、造作大工は木造建築物の修理やリフォームなども行えるため、長期的なキャリアアップにも繋がります。造作大工になると、建築物の設計や施工に関する知識を学べます。

造作大工は建築物の設計に関する理解を深められます。また、取得した資格がある程度あれば、給料も期待できます。

造作大工のデメリット

造作大工のデメリットに、体力的な負担が大きいことが挙げられます。

建築工事現場では重たい材料を持ち上げたり、高所作業を行ったりするケースが多いため、身体的に非常に疲れることがあります。

また、工事現場は天候によって寒い・暑い・湿ったりする場合もあり、対応するために適切な服装や装備が必要です。

工事現場は危険な環境であるため、安全対策が求められます。また、工事期間中は、夜間や休日にも勤務する場合があります。

仕事のストレスや疲れがたまりやすいため、ストレス管理や身体のケアが重要です。

まとめ

造作大工は、内装を重視する建築物の内装工事において非常に重要な役割を担っている職業です。木造建築物の組立てや室内装飾など、家具やインテリアの製作から完成までを行う仕事です。

今回は造作大工の年収や仕事内容、年収を上げる方法やキャリアパスなどについて説明しました。

スキルアップや独立開業などの情報も説明いたしましたので、造作大工に興味を持つ方はぜひ参考にしてみてください。

施工管理におすすめの転職エージェント15選|転職エージェントを利用するメリット、転職を成功させる活用方法を解説

施工管理職の転職でより良い条件の仕事を見つけるには、施工管理に強い転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。条件にマッチした求人を見つけるには、自身の目的に合ったエージェントの利用が大切です。

本記事では、目的別に施工管理に強いエージェントを15社紹介します。施工管理職への転職をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

施工管理におすすめの転職エージェント15選

system, web, news

ここからは、施工管理におすすめの転職エージェントを15社紹介します。

それぞれの転職エージェントには、下記の特徴があります。

  • 施工管理の転職に特化したエージェント
  • 新卒や20代の第二新卒におすすめのエージェント
  • 建設業界で活躍したい女性におすすめエージェント
  • 未経験から施工管理に挑戦したい人におすすめのエージェント
  • 新しい業界へ挑戦をしたい方におすすめのエージェント

転職エージェントの特徴やサービス内容を見ながら、自身の目的に合った施工管理エージェントがあるか探してみましょう。

施工管理の転職に特化したエージェント
  • ビーバーズ
  • セコカンNEXT
  • リクルートエージェント
新卒や20代の第二新卒におすすめのエージェント
  • マイナビエージェント
  • doda(デューダ)
  • JACリクルートメント
  • ビズリーチ
建設業界で活躍したい女性におすすめエージェント
  • 建設転職ナビ
  • アーキテクト・エージェンシー
  • パソナキャリア
未経験から施工管理に挑戦したい人におすすめのエージェント
  • 施工管理ジョブ
  • 建築求人.jp
新しい業界へ挑戦をしたい方におすすめのエージェント
  • 宅建Jobエージェント
  • DYM就職
  • リクナビNEXT

それぞれ詳しく紹介します。

施工管理の転職に特化をしたエージェント

はじめに、施工管理の転職に特化をしたエージェントを紹介します。

施工管理職を希望する場合、施工管理専門エージェントへの登録で条件の良い仕事を見つけやすくなります。

ビーバーズ

  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

参考:ビーバーズHP より

ビーバーズは建設会社の経営者と直接コンタクトをとって条件の擦り合わせができる転職エージェントになります。人事担当者ではなく直接会社の経営に関わる方と条件の交渉ができるため、ご自身の希望にあった求人が見つかりやすい特徴があります。

また、面接のサポートや転職後の定期的なヒアリングなどのサービスも充実しているため、安心して転職が行えます。

初めて転職活動を行う方にもおすすめな転職エージェントです。

\最短即日で応募可能!/

セコカンNEXT

  • 施工管理経験者には、最低月収40万円/平均月収60万円が約束されている
  • 施工管理職経験のあるアドバイザーが転職活動をサポート
  • 現場に詳しい営業担当者が多数在籍

参考:セコカンNEXT HP より

セコカンNEXTは、施工管理の経験者に特におすすめの転職エージェントです。一定の基準を満たす経験者には、最低月収40万円、平均月収60万円の仕事を約束しています。

自分にマッチした仕事を見つけやすい点もセコカンNEXTの特徴です。施工管理職経験のあるアドバイザーや、現場情報を熟知した営業担当者が、応募者にマッチした求人情報を紹介してくれます。

経験者には高い報酬の仕事を紹介してくれるため「今の仕事は自分の経験に見合っていない」と感じる方におすすめです。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績No1
  • 非公開求人を多数取り揃えている
  • 専門コンサルタントからのサポートが充実

参考:リクルートエージェントHPより

リクルートエージェントへの登録で得られる大きなメリットは、多くの非公開求人が見られることです。非公開求人数は20万件と豊富にあるため、自分の可能性を広げるきっかけを作りやすい転職エージェントです。

また、業界に精通したプロへのキャリア相談も可能です。「漠然と転職を考えているけれど、どのような仕事に応募すればいいのか分からない」とお考えの方も、プロからのアドバイスによって転職の軸を見つけやすくなります。

新卒や20代の方におすすめのエージェント

新卒や20代の方におすすめのエージェントを紹介します。

新卒や20代で転職は、スキルや経験を問われないポテンシャル採用枠で転職活動ができます。ご自身の可能性を広げられる転職エージェントを選んでいきましょう。

マイナビエージェント

  • 充実したサポート体制が整えられている
  • 業界ごとの専任アドバイザーを配置
  • 退職のアドバイスも対応可能

参考:マイナビエージェントHPより

マイナビエージェントは、新卒や20代の方におすすめの転職エージェントです。

新卒、20代の方は初めて転職するケースが多いです。マイナビエージェントでは、キャリアアドバイザーが転職の疑問や、退職手続きの方法に関して丁寧に回答してくれます。

業界ごとに専任アドバイザーから自身にマッチした求人紹介を受けられる点も、マイナビエージェントのメリットです。

転職未経験の20代や新卒の方でも、手厚いサポートを受けながら安心して転職をはじめられます。

doda(デューダ)

  • 約10万件の業界最大級の求人数
  • 第二新卒で実績があまりない場合でもOK
  • 転職イベントやセミナーを開催

参考:doda HPより

dodaも新卒や20代におすすめの転職エージェントです。dodaは大手転職エージェントのため、約10万件の業界最大級の求人数があります。

20代の転職で懸念されるポイントとして「アピールできる実績が少ない」点ではないでしょうか。dodaであれば、第二新卒者の利用者も多く、実績以外の強みを探るサポートも行っています。

転職イベント・セミナーでは、キャリアのヒントや転職ノウハウも学べます。初めて転職をされる方には心強い転職エージェントです。

JACリクルートメント

  • 転職者の8割以上が書類審査を通過
  • 建設業界出身者から専門的なコンサルティングを受けられる
  • 中長期的なキャリアプラン設計も対応可能

参考:JACリクルートメントより

JACリクルートメントは、管理職・技術職/専門職の転職に特化したハイクラス専門の転職エージェントです。

ハイクラス転職では、書類作成時にも入念な準備が必要です。JACリクルートメントを利用した場合では、書類作成のサポートが受けられるため、8割以上の高確率で書類通過できます。

施工管理の仕事を志望する場合、建設業界専門チームからのコンサルティングも受けられます。建設業界出身者から転職に関するアドバイスももらえるので、転職活動では心強いサポートとなります。

中長期的なキャリアプランを立てる場合も、コンサルティングの利用がおすすめです。

ビズリーチ

  • 国内最大級のハイクラス転職サイト
  • 企業から直接スカウトが届く
  • 厳選された企業が2万社以上導入

参考:ビズリーチより

ビズリーチは、2万社以上の厳選された企業が導入した国内最大級のハイクラス転職サイトです。

スカウトが直接届くのがビズリーチの特徴です。優良企業からの審査を通過したヘッドハンターが、登録者の職務経歴書を確認しスカウトします。

施工管理職での経歴が豊富な場合、スカウトの利用で転職活動を効率よく進められます。

建設業界で活躍をしたい女性向けのおすすめエージェント

建築や建設業界での活躍を希望している女性の方はこれから紹介をする転職エージェントがおすすめです。

ワークライフバランスが充実した求人など、女性のサポートに力を入れている転職エージェントもあります。資格やこれまでの経験を活かす転職エージェントもあるため、ご自身に合うエージェントを見つけていきましょう。

ビーバーズ

  • ワークライフバランスを重視した求人・案件を厳選
  • 多様な「働き方」に対応可能な総合人材サービス
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

参考:ビーバーズHP より

個人の転職や派遣、フリーランス、契約社員など建設業界で働く方の働き方に対応した求人を多数取り揃えているため、女性にもおすすめな転職エージェントです。

取り揃えている求人もワークライフバランスを意識した条件のものが多く、自身の生活に合わせた働き方ができます。

また、ビーバーズでは必要に応じてキャリアエージェントが面接に同席もしてくれます。初めて転職活動を行う方でも安心して転職活動が行えます。

\最短即日で応募可能!/

建設転職ナビ

  • 建設業界に特化した転職エージェント
  • 顧客満足度は99.7%
  • キャリアアドバイザーからのアドバイスが受けられる

参考:建設転職ナビ HP より

建設転職ナビは、顧客満足度99.7%を達成した建設業界特化型の転職エージェントです。

建設業界に詳しいキャリアアドバイザーからのアドバイスを受けられるため、施工管理職を目指す方におすすめです。キャリアアドバイザーは、転職活動での悩みや不安に対しても丁寧に答えてくれます。

建設業界に特化したサービスを受けたい場合、専門的で丁寧なアドバイスが受けられる建設転職ナビをおすすめします。

アーキテクト・エージェンシー

  • 建設建築業界に特化
  • 建築キャリアの生涯サポートを実施
  • 一人ひとりにあった求人情報を紹介

参考:アーキテクト・エージェンシー HP より

アーキテクト・エージェンシーも、建設建築業界に特化した転職エージェントです。

アーキテクト・エージェンシーの特徴はキャリアの生涯支援を行っている点にあります。利用者には、将来プランや目標、キャリアプランも含めて転職サポートを行います。

建築業界でキャリアを築きたい方や、丁寧なサービスを受けたい方におすすめのエージェントです。

パソナキャリア

  • 多くの女性の転職に関わってきたコンサルタントを配置
  • 女性活躍推進への取り組み、女性管理職比率などの情報提供
  • ハイクラス向けのサービスを実施

参考:パソナキャリア HP より

女性におすすめの転職エージェントがパソナキャリアです。

パソナは創業以来、女性の転職を多くサポートしてきた実績があります。多くの女性の転職に携わってきた経験豊かなコンサルタントが、転職をサポートします。

企業の女性活躍推進への取り組みや、女性管理職比率などの情報提供も受けられます。女性の活躍に積極的な企業が分かるため、ハイクラス転職をしてキャリア形成をしたい女性におすすめです。

未経験から施工管理の仕事に挑戦をしたい方におすすめのエージェント

建築・建設業界に特化した転職エージェントの中には、スキルアップ支援を行う転職エージェントもあります。

業界を未経験の方はスキルアップ支援や教育システムの整った転職エージェントを抑えておきましょう。

施工管理ジョブ

・未経験OKの求人情報を多数掲載
・未公開の仕事あり
・大手企業から工務店での募集まで幅広い求人情報を掲載

参考:施工管理ジョブ HP より

施工管理ジョブは、未経験から施工管理職を目指す方におすすめのエージェントです。

施工管理ジョブでは、大手企業から工務店まで幅広い求人情報を掲載しており、未経験OKの求人情報の取り扱いも多くあります。

他サイトでは掲載されていない未公開求人数が多いのも施工管理ジョブのメリットです。

建築求人.jp

  • 未経験からの教育システムが充実
  • 勤務地、施工規模、案件の種類などの希望を出せる
  • 手厚いフォロー体制

参考:建築求人.jp HP より

建設求人.jpを利用すると、施工管理の未経験者でも充実した教育システムを受けながら徐々にスキルアップができます。

施工規模や案件の種類の希望受験を出せる点も、建設求人.jpのメリットです。条件を指定すれば、自身の希望にマッチした案件を見つけられます。

建設求人.jpでは、実務経験なしから経験を積み、入社半年で大手企業の案件を任された方もいます。未経験から始めてスキルアップを目指したい方におすすめです。

新しい業界へ挑戦をしたい方におすすめのエージェント

施工管理以外の仕事に挑戦をしたい際に、利用をおすすめする転職エージェントを紹介します。

中には施工管理での経験が活かせる業界もあるため、自身に合う転職エージェントを選んでいきましょう。

宅建Jobエージェント

  • 不動産業界専門の転職エージェント
  • 3000件以上の求人情報
  • 専任のキャリアアドバイザーがサポート

参考:宅建エージェント HP より

宅建Jobエージェントは、不動産業界専門の転職エージェントです。施工管理職から不動産業界への転職を目指す方には、宅建Jobエージェントの登録がおすすめです。

施工管理では実際の建設業務を担当しますが、不動産会社では建設の発注者として建設に携わります。同じフィールドの仕事なので、施工管理での経験が活きる場面も多いです。

また、宅建Jobエージェントでは専任のキャリアアドバイザーが個別サポートを行なってくれるため異業種からの転職でも安心です。

施工管理の経験を活かして新しい業界にチャレンジしたい方は、宅建Jobエージェントに登録してみましょう。

DYM就職

  • 既卒・フリーター・無職の方の就職に強い
  • 丁寧なフォロー体制で就活をサポート
  • 優良企業を多数掲載

参考:DYM転職 HPより

DYM就職は、既卒やフリーター・無職の方におすすめな転職エージェントです。

DYM就職では、カウンセリングや面接のサポート、内定後のフォローなど丁寧なフォロー体制を整えています。ポテンシャル採用の実施企業も掲載中なので、就業経験が無い方でも求人に応募できます。

また、大手企業や優良企業の求人も取り揃えているので安心して就活に取り組めます。

リクナビNEXT

  • 登録してから待つだけのオファー機能
  • 5分で登録完了
  • 自分に似た転職者の閲覧、応募した求人がわかる

参考:リクナビNEXT HPより

リクナビNEXTは、新しい業界の雰囲気だけ掴みたい場合におすすめな転職エージェントです。

リクナビNEXTでは、5分で簡単に登録でき、登録してからスカウトを待つだけのオファー機能を搭載しています。オファー機能では自分から応募する必要がないので、本格的な転職への足がかりにも利用できます。

また、自身に似た転職者が閲覧・応募した求人が分かるのもリクナビネクストの特徴です。自身の条件にマッチした求人を見つけやすくなり、転職活動の参考になります。

施工管理が転職エージェントを利用する流れを5ステップで解説

success, gradually, career

ここからは、上で紹介した転職エージェントを使って、転職活動を進める方法を5ステップで解説します。

  1. 転職エージェントの公式ホームページから会員登録する
  2. 担当者の連絡で面談日を調整する
  3. 面談で自己分析をしつつ仕事の条件を決める
  4. 求人の中から自分の気になる企業を見つけ応募する
  5. 書類・面接審査を経て内定を獲得する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

転職エージェントの公式ホームページから会員登録する

転職エージェントを利用するには、公式ホームページから会員登録する必要があります。

会員登録で入力する項目は転職エージェントによってさまざまですが、基本的に下記の情報を入力します。

  • 現在の就業状況
  • 転職希望時期
  • 経歴
  • 個人プロフィール
  • 職種や年収などの希望条件

登録時点のあなたの経歴や希望条件を入力し、エージェントが適切な求人情報を提供できるようにしましょう。

担当者の連絡で面談日を調整する

登録が完了すると、転職エージェントの担当者から連絡が届きます。

担当者からの電話で決める項目は、面談の日程調整です。

面談では、登録時に入力した情報を元に、現在のキャリアや目標、持っているスキルを踏まえて、転職先の希望条件を詳しく話し合います。

面談までに自分の転職の条件を考えておくと良いでしょう。

面談で自己分析をしつつ仕事の条件を決める

面談では、エージェントからの質問に回答する中で自己分析を進めます。

自己分析を通じて自分の転職したい職業や業界に関して転職エージェントからアドバイスをもらいつつ、自分の転職条件を固めていきます。

面談の担当者は、これから転職活動を進めるうえでのサポート役になるため、できるだけ自分の不安や悩みを打ち明けて信頼関係を築いていきましょう。

求人の中から自分の気になる企業を見つけ応募する

面談の結果をもとに、転職エージェントはあなたの要望に合った求人情報を探します。

提案された求人情報を検討し、自分が気になった企業や求人内容を見つけたら、エージェントに相談しましょう。

会社の雰囲気や制度など、詳しい情報を知りたい際は、担当者が問い合わせてくれるかもしれません。

情報収集をしたうえで、応募したい企業が決まれば、転職エージェントを通して求人に応募します。

書類・面接審査を経て内定を獲得する

応募の後のステップは以下のとおりです。

  1. 書類審査
  2. 面接(1~2回)
  3. 内定
  4. 内定承諾
  5. 入社日程の調整
  6. 入社

転職エージェントは書類の添削や面接対策など、内定がもらえるようにプロの目線からサポートしてくれます。

すべての審査に通り、内定を貰えれば、転職活動は後少しです。内定承諾後の日程調整や年収の交渉など、細かな作業も転職エージェントを通して進められるため、転職活動がスムーズに進むでしょう。

施工管理の転職活動でエージェントを利用するメリット

ここからは、施工管理の転職活動でエージェントを利用するメリットを3つ紹介します。

  • 自己分析やスキルの棚卸しを手伝ってもらえる
  • 自分の条件に合った会社を見つけてもらえる
  • 書類の添削や面接対策など採用に役立つサポートを受けられる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自己分析やスキルの棚卸しを手伝ってもらえる

転職エージェントを活用するメリットは、自己分析やスキルの棚卸しなどのプロの目線でサポートを受けられることです。

転職エージェントはこれまでに何人もの転職成功者を出しています。

あなたの経歴や能力を分析し、どのような職種や会社が向いているかを正確に判断してくれるでしょう。

転職エージェントのアドバイスから、気づかなかった自分の強みや改善すべき点に気づくきっかけになるかもしれません。

自分の条件に合った会社を見つけてもらえる

転職エージェントは、希望条件や転職の目的を把握したうえで、その人に合った会社や求人情報を見つけてくれます。

転職エージェントには、転職サイトや求人票には載っていない企業の情報を持っていることもあるため、選択肢が豊富というメリットも。

時間と労力を無駄にすることなく、理想的な職場を見つけたい人は、転職エージェントに依頼するのが良いでしょう。

エージェントは業界の内情や各企業の情報を持っているため、会社の雰囲気や細かな制度に関する質問にも答えてくれるかもしれません。

書類の添削や面接対策など採用に役立つサポートを受けられる

転職エージェントを利用すれば、書類添削や面接対策など採用の可能性を上げるためのサポートを利用できます。

業界特有の面接の質問項目や、志望動機の書き方など、成功者の事例を元にサポートしてもらえるため、独学で対策をするよりも成功率が上がります。

サポートを受けることで、条件の良い会社を目指すことも可能。

効率よく転職活動をしたい人は、転職エージェントのサポートを活用しましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

転職に失敗しないためのエージェントの活用方法3選

shaking hands, handshake, skyline

1.求人情報がどれくらい掲載されているかを確認する

エージェントの登録前に、求人情報がどれくらい掲載されているかを確認しましょう。

たとえば、セカコンNEXTでは求人掲載数が18,007件、施工管理に関する求人数は9,801件です。(2023年8月時点)

求人情報の数が多いほど、自分にマッチした企業を見つけやすいですし、比較がしやすいといえるでしょう。

一方で、求人情報数が少ない転職エージェントの場合は、選択肢が狭まるというデメリットが。

求人数があまりにも少ない転職エージェントであれば、複数の転職エージェントのうちのひとつとして活用しましょう。

2.総合型と専門特化型のエージェントを併用する

総合型と専門特化型のエージェントを併用すれば、転職に失敗しにくくなります。

なぜなら幅広い業界を網羅した総合型エージェントと、特定の業界の求人に特化した専門特化エージェントでは、サービス内容や、扱っている求人が異なるからです。

総合型のエージェントは求人数が多く、さまざまな業界の情報を収集できます。
一方、専門特化型のエージェントは、業界出身のコンサルタントから現場のリアルな情報が手に入るなどのメリットがあります。

総合型と専門特化型のエージェントの両方に登録すれば、転職に役立つ幅広い情報を入手できます。

3.複数のエージェントに登録して比較する

転職エージェントを利用する際は、複数のエージェントに登録をして比較しましょう。

エージェントごとに実施するサービス内容は異なりますし、複数のサービスを比較しながら求人を選べるというメリットがあります。

各転職エージェントでは担当者がつくことが多いため、担当者との相性も比較してみると良いでしょう。

自分に合うエージェントを見つけるためにも、複数登録してサービス内容を比べてみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

本記事では目的別おすすめの施工管理エージェントを15個紹介し、エージェントを利用した転職活動の方法やエージェントを利用するメリット、転職に失敗しないエージェント活用方法を解説しました。

転職を成功させるには、数々の転職成功実績を出しているプロの転職エージェントに依頼するのがおすすめです。

転職エージェントには、会社ごとに保有している求人の種類や、強みとしているカテゴリが異なるため、エージェントごとの特徴を理解した上での利用が重要です。

今回紹介したエージェントは、簡単にオンラインで会員登録できるものがほとんどです。

施工管理の転職を検討している人は、気になったエージェントに登録してみましょう。

塗装屋は儲かるの?業界の需要や今後の将来性を解説

塗装屋として既に働く方や、今後塗装屋として働く予定のある方の中には「塗装屋は本当に儲かる仕事なのか?」と疑問に持つ方も多いのではないでしょうか。

本記事では、塗装屋は儲かるのかを様々な業種の一人親方の年収を比較しながら検討します。また、塗装屋で年収1000万円を目指すためには何が必要なのかを合わせて紹介します。

紹介をした内容をもとに、塗装屋でどのようなキャリアを歩んでいくべきなのかを今一度考えてみてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

塗装屋は儲かる業界なのか?

working, painting, paint
他の業種と比べて塗装屋は儲かる業界なのかと疑問に持つ方も多いのではないでしょうか。

具体的な塗装屋としての仕事を定義した上で、現在の市場規模や他の業種と比べて稼げる仕事なのかを解説します。

塗装屋とは?

塗装屋の中でも業者によって塗装をする材質や塗料、塗り方も変わってきます。

以下のように塗装の仕事でも専門的な知識が異なるため「どの専門分野で稼いでいくのか?」を見極めてご自身の仕事を選ぶようにしましょう。

呼び名仕事内容
塗装屋一般住宅の塗替えやリフォーム工事、新築工事などを請け負う塗装工事業者を指します。
同じ塗装屋でも、一般住宅の塗り替えをメインとする「町屋」と新築メインの「野丁場」の2種類に分かれます。

塗装屋は、豊富な知識や経験があることからオールラウンドに対応できる業者です。
板金塗装屋事故や不注意によって車の外装を傷つけてしまった際に行う補修修理を担当する業者です。
車のボディーやフレームに塗装を行うだけではなく、凹んだ部分の修復も行います。
塗師屋(ぬしや)家具の塗装や木部の仕上げに関わる塗装、そのほかの特殊な模様の仕上げを行う塗装屋になります。
下地処理作業や刷毛を使用した作業などの極めて高度な施工技術が必要になる業者です。
改修屋マンションやアパート、オフィスビルの外装を得意とする外壁塗装業者になります。
大規模な改修工事や住宅の修繕工事を主に請け負い、ローラーを使用した塗装を得意としています。
ガン屋(吹付け屋)エアスプレーや万能ガンなどの吹き付け機械を使用して、霧状に塗料を吹き付けながら塗装を行う業者です。
マンションやビル、工場、倉庫などの大規模な外装塗装を得意としています。また、石材調塗材の吹付けや多彩な模様の仕上げが得意です。
骨屋(こつや)鉄骨塗装やプラント、橋梁塗装を主に行う塗装業者の総称です。
壁面や鉄骨部分をとにかく早く塗装する作業が得意です。

塗装業界の市場は拡大傾向

株式会社矢野研究所が2021年に発表した「住宅リフォーム市場に関する調査」によると、リフォーム業界の市場規模は微増ではあるものの、年々増加傾向にあると言われています。

また、少子高齢化に伴い空き家問題や新築物件の減少も考えられるため、今後はより中古物件のリフォームに伴う外壁工事や内装の張り替えなどの需要が増加すると考えられます。

新築住宅の場合、サイディングや壁に使われる部材は工場で既に塗装されたものを使用することが多いです。リフォームの場合はその場で塗装を行うため、外壁や屋根の塗り替えの需要が増加することで、塗装屋への仕事の依頼も増えるでしょう。

したがって、長く住む家の需要が拡大することからも塗装業界の市場は今後も拡大傾向にあると言えます。

【職種別】一人親方の年収

塗装工

塗装工の一人親方の年収は約389万円と言われます。月給に換算すると32万円〜33万円程度です。

外壁塗装などは耐用年数が10年程度と老朽化に伴い継続的に案件の受注が見込めますが、塗装工は高所での作業が多くなることから体力が衰えがちな50代以降からは年収が低下する傾向があります。

内塗工

内装工の一人親方の年収は約384万円と言われます。月給に換算すると32万円です。

内装工は、先ほど紹介をした塗師屋や改修屋に関わる仕事で石膏ボードや木材、フローリングなどの材料を用いて塗装を行います。

住宅リノベーションの需要が高まりつつあることから、今後も内装工の需要も拡大すると考えられます。早くに一人親方として独立を行い、元請けで仕事が受けられるようになれば年収アップも期待できます。

板金塗装

板金塗装の一人親方の年収は約372万円と言われます。月給に換算すると31万円です。

板金塗装の場合、依頼をするお客さんの数や依頼内容により年収に大きな開きが生まれることがあります。例えば、車の塗装を専門に行う業者であれば、高級車の修理依頼が多い一人親方は一般自動車の修理を行う一人親方と比べて年収は高いです。

年収を増やすためにも営業能力が必要になってくるため、技術の向上や知識の習得に合わせて営業力も身に付けていきましょう。

大工

大工の一人親方の年収は約383万円と言われます。月給に換算をすると31万円から32万円です。

大工の場合、一般的な木造住宅の建設だけではなく、住宅の老朽化に伴うリフォーム工事も行えるため幅広く案件を受けられます。よって他の業種と比べて需要が高い傾向にあることから、比較的安定した収入が得られます。

配管工

配管工の一人親方の年収は約411万円と言われます。月給に換算すると34万円から35万円です。

配管工は主に給水管や排水管、ガス管などの生活に必要な設備に関する工事を請け負います。今後も住宅のリフォームや大型ショッピングモールなどの建設が続くと考えられるため、配管工の需要も高いと考えられます。

しかし、他の業種と比べて案件によって他の業者と協力をして業務を遂行しないといけないことから価格交渉が難しく、元請けでの仕事が受けづらい可能性があります。

電気工事士

電気工事士の一人親方の年収は約420万円と言われます。月給に換算すると41万円から42万円と、他の業種と比べると月給が高いです。

電気工事士は送電線や配電盤などの生活インフラを支える仕事になるため、需要は安定していて年収も高い傾向にあります。

しかし、建物の完成に合わせ電気の工事に入ることから何らかの理由で建物の工事が遅れるとそのしわ寄せを受けやすい仕事になるので注意が必要です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

塗装屋で年収1000万円を目指す7つの方法

100 US dollar banknotes

塗装屋の一人親方の年収は約372万円から389万と1000万円には届かず、電気工事士などと比べると低い結果になりました。

では、独立をして年収1000万円を目指すためには何が必要なのでしょうか。年収1000万円を目指すためには具体的に何が必要なのかを7つ紹介します。

1.働く日数を増やす

年収1000万円を目指すために、働く日数を増やせられるのかを考えましょう。当然のことながら、仕事をする量が増えれば収入も増えます。

しかし、現実的に考えて365日を休みなく働くことは難しく、仕事の依頼がない日もあると考えられます。

労働日数を増やすだけではなく、1日あたりの単価を上げるための工夫が必要になります。

2.資格を取得する

資格を取得すると対外的にスキルや知識があることが伝わるため、案件を受ける際の価格交渉がしやすく年収アップに繋がります。

また、資格を持っていないと担当できない作業もあるため、資格の取得が出来ればこれまで以上に幅広い業務を担当できることから仕事の依頼も増えやすいです。

塗装屋として取得をしておいた方が良い資格を4つ紹介します。

塗装技能士

塗装技能士は国家資格であり、塗装に関する技術を証明することのできる資格です。

塗装技能士の3級の試験であれば誰でも受験は可能ですが、2級では2年以上、1級では7年以上の実務経験が必要になります。

また、1級の試験では木工塗装作業、建築塗装作業、金属塗装作業、噴霧塗装作業、鋼橋塗装作業の5つのジャンルに分かれ、それぞれで試験内容が異なります。

塗装技能士としての技術を対外的にアピールするためにも、実務経験を積んで資格の取得を目指していきましょう。

建築施工管理技士

建築施工管理技士は、建設工事において建物全体の管理を行う際に必要な資格になります。建物に関する計画や工程の管理、安全管理が求められます。

資格は1級と2級に分かれていますが、仕事の内容に大きな違いはありません。しかし、1級と2級では管理ができる現場の規模が異なります。

2級建築施工管理技士を取得していると中小規模の建設工事の管理が行えるようになりますが、1級建築施工管理技士を取得していると超高層マンションや大型のショッピングモールなどの大規模な工事の管理が行えるようになります。

塗装工事を行う際に建設業許可を取得する際に、1級建築施工管理技士の資格を取得していれば、高卒であれば5年以上、大卒・高専卒であれば3年以上の塗装工事に関する実務経験を必要としません。

また、1級を取得する場合は、指導監督実務を1年以上、大学の指定学科卒業後3年以上の実務経験などが必要になるため、事前に受験資格を確認しておくと良いです。

土木施工管理技士

土木施工管理技士は、公共工事を行う際に必ず配置をしないといけない主任技術者や監理技術者になるための必須の資格になります。

東日本大震災以降の復興工事に伴い、需要が急激に高まっている資格です。

土木施工管理技士の資格を取得すると、2級では『主任技術者』、1級では『管理技術者』として認められます。また、各工事現場へ派遣をされても「専任の技術者」として認められるため、貴重な人員として評価がされやすいです。

また建築施工管理技士と同じく、土木施工管理技士1級の取得ができれば4,000万円以上の契約が交わされた大規模な工事を行う際に、必ず人員の配置を行わないといけません。

資格取得者のみが工事へ参加できる場合もあるため、新しい経験を得られるチャンスにもなります。

溶接技能士

溶接技能士は板金塗装を行う方におすすめの資格になります。板金塗装の中には溶接作業が必要な場合もあり、手法や利用する素材によって資格は異なります。

主なものには下記が挙げられます。

  • アーク溶接作業者
  • ガス溶接技能者
  • ガス溶接作業主任者
  • アルミニウム溶接技能者
  • PC工法溶接技能者
  • ボイラー溶接士
  • 溶接管理技術者
  • 溶接作業指導者

溶接技能士のうち「ガス溶接技能者」「アーク溶接作業者」は板金作業において取得優先度の高い資格となります。

3.技術力を磨く

年収1000万円を目指すためには、技術力を磨く努力も欠かせません。国土交通省の「建設業の一人親方問題に関する検討会中間取りまとめ」によると、一人親方の技術力を下記のように定義づけられています。

  • 実務経験年数が10年程度以上あること
  • 多種の立場を経験していること
  • 専門工事技術のほか安全衛生等のさまざまな知識を習得していること

一人親方として稼いでいくためには経験年数はもちろんのこと、専門的な知識を基にした技術力も必要になってきます。

取引先から継続して依頼を受けるためにも、技術力を磨き品質の高い成果を上げられるよう努力をしていきましょう。

4.施工実績を積む

取引先から仕事を受注しやすくするためにも、施工実績を積むようにしましょう。これまでどんな塗装を行ってきたのか、どんな工事を得意としているかが分かれば仕事も依頼しやすくなります。

また、施工実績を積むことでこれまで培ってきた知識を基に作業を行うため、自身の経験にもなり技術の向上に繋がります。

5.人との繋がりを大切にする

年収1000万円を目指すためにも、人との繋がりを大切にしながら継続的に仕事をもらえるようにしましょう。

継続した仕事がもらえれば安定した収入が見込めます。特に元請け企業と良好な関係を築いておくと、積極的に営業活動をしなくても案件を回してもらえる可能性が高くなります。

また、一人親方同士の横の繋がりも独立をする上では大切になります。同業者との繋がりがあると、取引先や案件で生じた際に相談ができます。

収入を増加させるためだけではなく、継続的に塗装事業を行うためにも人との繋がりを大切にするようにしましょう。

6.節税を心がける

年収が増えていくのと同時に経費や税金といった支出も増えてしまいます。一人親方が確定申告をする際に適用できる控除をまとめました。

年収1000万円を目指すためにも節税を心がけながら、手元に残るお金を多くするよう努めていきましょう。

控除項目概要控除額
基礎控除全ての人に適用される所得金額によって最大48万円
扶養控除16歳以上の子どもや両親などを扶養している場合に適用される・一般控除対象扶養親族は38万円

・特定扶養親族は63万円

(扶養親族が19歳以上23歳未満)

・老人扶養親族は最大58万円
配偶者控除配偶者の合計所得が48万円以下の場合に適用される
(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
・一般控除対象配偶者は最大38万円
・老人控除対象配偶者は最大48万円

(控除対象配偶者のうち年齢が70歳以上)
青色申告特別控除青色申告で確定申告を行った場合に適用される所得金額から55万円(一定の要件を満たす場合は65万円)または10万円
生命保険料控除生命保険や介護医療保険、 個人年金保険で、支払った保険料がある場合に適用される一定の方法で計算した金額
(最大12万円)
医療費控除一定額以上の医療費を支払った場合に適用される
※生計を同じくする配偶者やその他の親族も含まれる
(支払った医療費-保険金などで補填される金額)-10万円
※その年の所得金額が200万円未満の人は所得金額×5%

出典:国税庁『No.1100 所得控除のあらまし

7.請負で仕事を受ける

年収1000万円を目指すためには、請負で仕事が受けられる状態を作りましょう。請負とは、仕事の発注者から直接的に依頼をもらうことです。元請け会社から直接仕事の依頼がくると、単価の交渉がしやすくなります。

請負で仕事を受けれる状態を作り上げるためには、まずは従業員を雇い業務を組織的に回せられるような環境を作る必要があります。

自分以外の人員が現場で活躍ができるよう後進の育成も欠かさず行いましょう。

塗装屋の将来性とは?

turn on, switch off, innovation
市場規模が年々増加傾向にある塗装屋ではありますが、今後人材不足が加速するのではないかと予想されます。

建設業界では、3K(きつい・汚い・危険)のイメージが強く持たれていたのですが、新たに3K(給料が安い・休日が少ない・カッコ悪い)が加わり6Kと呼ばれることもあります。

また、人材の不足により技術の継承が難しく後継者不足も問題化しつつあります。

塗装屋の需要が拡大しつつあるため、人材の不足の解消が今後の塗装屋としての将来性を明るくするポイントになります。

既に塗装屋として独立をしている方は、今後の将来も見据えて早めに若年層の採用や育成に力を入れる必要があります。

これから塗装屋として独立を考えている方は、人材不足が起きているということは独立をした際に仕事が回ってくる可能性が高いと言えます。まずは自身のスキルアップを目標に、施工実績を積めるよう努めていきましょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

リフォーム業界の市場規模は微増ではあるものの、年々増加傾向にあります。また、少子高齢化に伴い空き家問題や新築物件の減少も考えられるため、今後はより中古物件のリフォームに伴う外壁工事や内装の張り替えなどの需要が増加すると考えられます。

塗装屋への需要も拡大していくことが考えられるため、いち早く技術を身につけ、施工実績を積みながら独立を目指してみてはいかがでしょうか。

塗装屋として独立をして年収1000万円以上を稼ぐ方の多くは、技術を磨きながら施工実績を積んでいます。また、これまで携われなかった仕事にも対応できるように資格を取得する場合もあります。

ぜひ紹介をした内容をもとに、塗装屋でどのようなキャリアを歩んでいくべきなのかを今一度考えてみてください。

左官工は独立できる?必要な資格や独立後の年収を解説

左官工として働く方の中には、独立を視野に働く方も多いでしょう。なぜなら、左官工は専門技術が必要な仕事のため、必要な資格や実力を備えていれば独立しても活躍することが可能だからです。

そして、独立を機に仕事を請け負えるようになり、ご自分の実力に見合った収入を得ることができるでしょう。

しかし、左官工として独立を考える際、以下のような疑問を抱える人も多いのではないでしょうか。

  • 左官工として独立するには何をすればいいのだろう
  • 左官工として独立した時のメリットやデメリットは何だろう
  • 左官工として独立するといくらくらい稼げるのか

本記事では、左官工の仕事内容や年収、左官工が独立した場合のメリットとデメリット、左官工として独立するために必要な資格などを解説します。

独立後に効率的に仕事を獲得する方法も紹介しているため、左官工として独立を検討している方や、これから左官工として働く予定のある方はぜひ本記事を参考にしてください。

左官工は独立に向いているのか?|正社員と独立の年収を比較する

結論から言うと、左官工は独立に向いています。

左官工は、いわゆる「一人親方」という職人が多い仕事です。

「一人親方」とは、建築業界のなかで、自分ひとりもしくは家族のみで仕事を請け負う人のことを指します。工事現場ごとに契約を結び、フリーランスという形で仕事をします。

自由に仕事がしたい、収入を増やしたいといった理由から一人親方になる左官工は多いです。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

左官工の年収は?|正社員と独立後で年収は異なる

左官工の年収は正社員と独立した場合でどの程度変わるのでしょうか。ここからは左官工の正社員の年収と独立した時の年収を比較していきます。

  • 正社員の左官工の年収
  • 左官工として独立した場合の年収

それぞれ詳しく見ていきましょう。

正社員の左官工の年収|国平均よりも低い

左官高の平均年収と国全体の平均年収を比較してみましょう。

結果は下記のようになりました。

左官工 国全体
平均年収 432万円 443万円

参考:[令和3年分 民間給与実態統計調査],[令和3年 賃金構造基本統計調査]

結果を見ると、左官工の平均年収は国全体の平均年収よりもやや低いことがわかりました。

これは、左官工が経験年数によって給与が上がる仕組みや、現場で活躍する年数が原因として考えられます。

資格や経験値によってはさらに高い年収を獲得することも可能です。

左官工として独立した場合の年収|正社員よりも高いが安定までに時間がかかる

左官工として独立した際の年収は約450〜650万円ほどと言われています。

一人親方の場合では上記の金額になりますが、職人を増やし事業の拡大が行えるようになると年収1000万円を超えることも十分に可能です。

しかし独立するまでは最低でも5年以上の期間が必要と言われる上に、「塗り」だけの技術で独立をしてしまうと競合他社との価格勝負になってしまい、売上が見込めないという危険性があります。

独立をして年収を上げていくためには、コテを使い壁に模様を施すなどの付加価値の付与や、建設業の別のスキルと組み合わせて、自分の価値を高める必要があるでしょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

左官工として独立する際のメリット・デメリット

ここからは、左官工として独立する際のメリット、デメリットについて紹介します。

メリット デメリット
  • 自分で請け負う仕事を選べる
  • 実力次第で収入を上げられる
  • 需要が高い
  • 自分で営業を行わないといけない
  • 月によって収入にバラつきがある
  • 独立の際の手続きが面倒

それぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット1:自分で請け負う仕事を選べる

左官工として独立すれば、自分で請け負う仕事を選べます。

会社に雇われている場合、自分で仕事は選べません。会社から与えられた仕事をこなす必要があるため、自由度が低い傾向にあります。

左官工として独立が出来れば、自分のやりたい仕事に絞って案件を請け負うことも可能です。自分の強みや技術を活かした案件のみを請け負うようになれば、クライアントからの評価も上がるでしょう。

また、出産や育休のタイミングに仕事を減らすなど、プライベートに合わせた仕事量の調節も可能です。

メリット2:実力次第で収入を上げられる

左官工として独立することで、基本的には収入は上がる傾向にあります。

先ほど説明したとおり、企業に雇われている場合の左官工の年収は300万円後半から400万円弱です。

一方、左官工として独立した際の年収は450〜650万円になることが多いです。

企業に属して働く場合の収入には限界がありますが、独立して職人を多く抱えられるようになれば、年収が1,000万円を超える可能性もあります。

メリット3:需要が高い|自然素材の価値が高まっている

左官工の仕事は建築において需要が高いです。

なぜなら近年、自然素材の価値が高まっているからです。左官工の実施する塗り壁には、以下のメリットがあります。

  • 調湿性・調温性・防カビ・防臭性に優れている
  • 細菌やウイルスの増殖を防ぐ効果
  • 防火性・耐久性が高い

近年は、室内空気汚染が原因で起こるシックハウス症候群などの健康被害を防ぐために、壁紙にクロスなどを使用せず、漆喰などの自然素材を使用した壁の施工を依頼する事例も増えています。

アレルゲンを含まない住宅への需要や自然素材を使用した住宅ならではの温かみは今後もますます増加するでしょう。

「世界に一つだけの壁を作れる」という左官工の強みを押し出せると、独立後も自分の価値を見出せるはずです。

また、建設工事においても左官工が手作業で行う滑らかな仕上がりは機械では再現できないため「費用をかけても手作業を活かしたデザインにしたい」などの需要にも応えられます。

デメリット1:自分で営業を行わないといけない

左官工として独立した後は自分で営業を行う必要があります。

会社員として働く場合は会社から安定的に仕事をもらえますが、独立した後は自分で仕事を見つけなければいけません。

単に左官工としての作業をするだけでなく、仕事の営業も並行して行う必要が出てきます。技術力以外に人脈や営業力を身につけることが求められます。

デメリット2:月によって収入にバラつきがある

左官工として独立した際のデメリットは、自分の営業次第で月によって収入にバラつきある点です。

なぜなら左官工の仕事柄、繁忙期と閑散期が営業先によって大きく分かれるため。

左官工が対応する現場は飲食店や企業のオフィス、住宅などです。

現場によって繁忙期と閑散期が異なるため、取引先を調整しながら一定の仕事量を確保できるように対応しましょう。

例として、取引先別の左官工の繁忙期は下記のとおりです。

取引先 左官工の繁忙期
飲食店 2〜3月
企業オフィス 9月末・3月末
住宅・賃貸 1月~4月、2~3月、9~10月

どの業界も年度末の3月あたりに依頼が殺到することが多いようです。

新年度に向けて新しい店舗を出したり、決算前に予算を使う状況が要因と言われています。

住宅に関しては、新築の繁忙期は3月末と言われていますが、賃貸であれば引越しの多い季節の前に繁忙期が来るため、1〜4月や9〜10月と他の取引先と比べて繁忙期がズレています。

仕事を絶えず受注させるためにも、業界ごとの繁忙期を把握して適切な仕事量を確保することが大切です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

デメリット3:独立の際の手続きが面倒

左官工として独立するデメリットは、手続きが面倒という点です。

この後紹介しますが、法人化と個人事業主としての独立では、手続き内容が異なります。

個人事業主として独立する際も、開業届やその他の申請書類の提出が必要になり、法人化では、資本金の準備や会社設立登記の申請などさらに面倒な手続きも必要です。

経理や事務処理が苦手な人にとっては、左官工として独立する際のデメリットになるでしょう。

独立を検討する場合は、会社で働いている間に経理や事務処理についての知識をつけておくのがおすすめです。

いきなりフリーランスとして独立するのではなく、独立準備や働き方を改善したいという方であれば転職支援から独立準備までサポートしております。フリーランス支援を行う弊社だからこそ転職によっても働き方を大きく改善できます。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人
  • 独立準備に最適な正社員求人
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • フリーランス案件より早く最短3日で転職可能な求人

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェント兼フリーランスエージェントからベストマッチな求人をご紹介いたします。

\最短即日で応募可能!/

そもそも左官工の仕事って何するの?|左官工の仕事概要と他業種との違いについて

左官工の独立について紹介する前に、左官工の仕事について改めて確認しましょう。

ここでは下記の3つについて紹介します。

  • 左官工の仕事
  • 左官工の働く場所
  • 左官工と塗装業の違い

それぞれ詳しくみていきましょう。

左官工の仕事とは|日本の伝統的な家造りに必要不可欠な職人

左官工は鏝(こて)という道具を使い、土壁や漆喰などを壁や床に塗る職人です。

現代における左官の仕事ではコンクリートの壁を平らにする作業やタイル貼り、水回りの床に傾斜をつける作業も対応します。

コンクリートの現場の床などを塗りの技術で平らに仕上げ、構造物の仕上げを行う点では緻密な作業を求められる仕事が多いのが特徴です。

建築現場において建物の壁や床を整える作業は必ず必要なため、さまざまな建築現場で左官工が活躍しています。

左官工の働く場所とは|野丁場と住宅左官について

左官工は建築現場で活躍すると説明しましたが、左官工の働く場所は大きく分けて2つに分かれます。

  1. 野丁場
  2. 住宅左官

それぞれの特徴を下記にまとめました。

野丁場 住宅左官
現場概要 マンションやビルなど大型施設の建築を行う現場 木造住宅など市街地での工事現場
工程 下地作り 壁の仕上げ
特徴 誤差5ミリ以内に収めるなどの高度な技術が必要 総合的な左官技術が必要
熟練した職人技が求められる
仕事内容 柱などのコンクリートの表面塗装
床や階段などの下地造り
民間住宅等の壁塗りの仕上げ

野丁場と住宅左官で仕事内容や必要な技術が異なることが分かります。

独立を検討する場合は、将来どのような職場で働きたいかを考えておき、野丁場と住宅左官それぞれの技術を磨いておくことが重要です。

左官工と塗装業の違いとは|使う材料や目的が違う

左官工と似たような業種に、塗装業があります。

塗装業と左官工は業務内容は似ていますが、使う材料や必要な技術が異なります。

ここでは左官工と塗装業の概要や業務の違いについてまとめました。

左官工 塗装業
仕事内容 壁や床を塗る作業
使用する材料 モルタル、セメント、漆喰、プラスタなど スプレー
塗る方法 鏝(こて)を使い材料の配合を整えて塗る+乾かすの作業を繰り返す ローラーやスプレーガン(吹き付け)、刷毛を使って塗装する
特徴 作業が終わるまでに時間がかかる すぐに乾くため、作業時間が短い
仕事の難易度 長年の修行が必要 必要な機械さえあれば誰でもできる
効果
  • 調湿効果
  • 脱臭効果
  • 断熱効果
  • 保温効果
  • 紫外線の遮断効果
  • 温度調整効果
  • サビ防止効果
  • 劣化防止効果

「壁を塗る」という仕事内容は同じですが、左官工の取り扱う漆喰などの素材は自然由来のものが多く、環境や家に優しく調湿や断熱効果を発揮できるということが分かります。

塗装業は機械さえ準備できればすぐに仕事に取り組めるため、左官工として独立した後は塗装業も対応できるように道具を揃えておけば仕事の幅を広げられるかもしれません。

左官工は昔ながらの技術を継承する職人として認められているため、左官工としての技術を磨いていきましょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

左官工が独立するための2つの方法とは|独立方法によって必要な準備が異なる

ここからは、左官工が独立するための方法について見ていきましょう。左官工が独立する場合、下記の2つの方法があります。

  • 一人親方として独立する|個人事業主としての独立
  • 会社を立ち上げる|法人としての独立

独立方法によって必要な手続きや準備が異なります。

まず自分が独立する場合に必要な立ち位置について知ることが大切です。

一人親方として独立する|個人事業主としての独立

一人親方とは、建設業において自分自身のみ、もしくは自分を含めた家族とだけで業務を行う人を指します。

大工やとび職などでも一人親方は存在していて、一人親方は建設会社と契約をして現場作業の職人として作業を行います。

求人票にも工事や作業ごとに人材を募集しているため、一人親方として独立する場合は個人として働くことが基本です。

会社を立ち上げる|法人としての独立

個人として独立するのではなく、従業員を雇って自分の会社を立ち上げたいと思う人は、法人としての独立がおすすめです。

法人として独立すれば、会社として従業員を雇い、工事案件を受注しながら事業を広げていくことが可能。

一人親方として独立する場合とは異なり、法人登記などの手続きが必要になります。

経営力があれば、事業を拡大し年収を大きく伸ばすことも可能。準備をしっかりと行い、左官工以外の経営知識や経理知識をつけておけば、独立後も事業を促進できるはずです。

左官工が独立するまでの流れ|独立には準備が大切

一人親方と法人化には独立までの流れに違いがあります。

ここからは以下の2つの事務作業、資金に関して、一人親方と法人化それぞれに必要な項目を紹介していきます。

  1. 左官工の独立に必要な手続き|独立準備〜開業まで
  2. 独立までに資金を貯めておくことが重要|必要資金の内訳について

それぞれ見ていきましょう。

左官工の独立に必要な手続き|独立準備〜開業まで

一人親方も法人化も、独立する場合は必要な手続きがあります。

ここでは、独立準備から開業までに必要な項目について表にまとめました。

段階 一人親方 法人化
独立前
  • 左官技能士の資格を取得する(最低2級まで)
  • 左官工として経験を積む
  • 経営、経理の勉強を進める
独立時
  • 開業届の提出(税務署)
  • 商号(社名)の決定
  • 事業目的、役員等を決める
  • 定款の作成
  • 定款認証(合同会社は不要)
  • 社印の作成
  • 資本金の準備
  • 会社設立登記申請(法務局)
  • 設立登記後社会保険手続き
  • 年金の手続き
資本金 不要 法定設立費用6万円~20万円+資本金

参考:[会社設立バイブル]

法人化する場合は、資本金の準備以外に会社設立に関する事務作業が複数あります。書類の提出も多数あるため、事前に準備を進めておくことが大切です。

一人親方の場合は、開業届の提出のみで完了です。

独立する場合のハードルは一人親方の方が低いと考えられます。

独立までに資金を貯めておくことが重要|必要資金の内訳について

左官工が独立する場合は一人親方であれば少なくとも100万円、法人化する場合は300万円程度の資金が必要です。

なぜなら独立する場合は道具や事務所の準備、営業する場合のツールなどを全て自分で用意しなければならないから。

独立に必要な資金の内訳は以下のとおりです。

必要なもの 資金の概算
左官工として必要な道具 30万円~50万円
原材料(土、漆喰等) 10万円
車両(移動、工具運搬) 100万円~150万円
事務所のレンタル料(3ヶ月分) 30〜50万円
(法人化の場合)法定設立費用 6万円~20万円+資本金

参考:[会社設立バイブル]

ここで紹介した内容以外にも、従業員を雇う場合の給与や雇用保険など、必要な物が増えるでしょう。

会社で働いている間に、できるだけ貯金をして必要な資金を集めておくのがおすすめです。

いきなりフリーランスとして独立するのではなく、独立準備や働き方を改善したいという方であれば転職支援から独立準備までサポートしております。フリーランス支援を行う弊社だからこそ転職によっても働き方を大きく改善できます。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人
  • 独立準備に最適な正社員求人
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • フリーランス案件より早く最短3日で転職可能な求人

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェント兼フリーランスエージェントからベストマッチな求人をご紹介いたします。

\最短即日で応募可能!/

左官工として独立するために必要な資格とは?

左官工として独立する際に必要な資格はありません。ただ、行う業務によっては資格が必要になる場合もあります。

特に以下の3つの資格は必要になる場合も多くなるため、しっかりと抑えておきましょう。

  1. 左官技能士
  2. 建設施工管理技士
  3. 建設業許可

それでは詳しくみていきましょう。

1.左官技能士|左官工としての実力を示す

左官技能士とは、国が定めた実施計画に基づき左官の技能を客観的に証明するための資格です。

資格を取得すれば独立の際に実力の証明となり、営業する中で役立つ資格になります。

実務経験が受験条件に含まれるため、独立を検討する場合は最低ラインとして左官技能士2級には合格しておいた方が良いでしょう。

2級や1級は受験資格を得るまでに一定年数の実務経験が必要なため、会社で左官工として実務経験を積みながら、独立前に資格を取得しておくことをおすすめします。

1級を取得すれば独立した際に左官工としての十分な技術力をアピールできるため、会社で働く間も、独立に向けて必要な準備を整えておくことが大切です。

3級 2級 1級
受験条件 誰でも受験可能 2年以上の実務経験 7年以上の実務経験
2級合格後2年以上の実務経験
3級合格後4年以上の実務経験
試験内容(学科試験) 施行法
材料
意匠図案
施行法
材料
意匠図案
建築構造
製図
関係法規
安全衛生
建築構造
製図
関係法規
安全衛生
試験内容(実技試験) 左官作業 壁の下地の塗りあげと、吹き付け下地の仕上げ 壁・天井・そで壁の下地の塗り上げと、吹き付け下地の仕上げ
合格率 90%前後 30%前後 30%前後
受験費用 実技試験:18,200円
学科試験:3,100円

参考:[日本工科大学校]

表から分かるように、3級・2級の難易度は低く合格率も高いです。

学科試験の対策として、書店で販売されているテキストを購入して勉強を行う形でも十分合格は望めます。

実技試験に不安な方は、試験対策の講習会への参加するのがおすすめです。講習会は定員や開催場所が各都道府県によって異なるため、興味のある方は一度調べてみましょう。

2.建築施工管理技士|施工管理としての仕事の幅が広がる

左官工としての仕事を行うだけであれば、建築施工管理技士の資格は必要ありません。

しかし、事業の幅を広げたい人や法人化を目指すひとにとって、施工管理技士の資格は将来的な事業拡大に役立つでしょう。

なぜなら施工管理技士の資格があれば、工事現場の現場監督としても活躍できるようになりるからです。

特に一人親方の場合は、施工管理技士の資格があることで大規模工事のような案件にも関われるようになります。

大規模工事は他の案件と比べ報酬が高い傾向にあるため、年収を上げたい人にはおすすめです。

施工管理技士は7つの種類に分かれています。

  1. 建築施工管理技士
  2. 土木施工管理技士
  3. 電気施工管理技士
  4. 電気通信施工管理技士
  5. 造園施工管理技士
  6. 管工事施工管理技士
  7. 建設機械施工管理技士

この中で左官工が取得するのにおすすめな施工管理試験は、建築施工管理技士です。

ここでは建築施工管理技士の試験概要についてまとめました。

2級 1級
受験条件(一次検定) 17歳以上の人 2級合格者
実務経験3〜15年以上(学歴によって異なる)
受験条件(二次検定) 2級合格しており、実務経験が1〜8年以上(学歴によって異なる) 2級合格後、実務経5年以上
試験内容(一次検定)
  • 建築学等
  • (環境工学、一般構造、構造力学、建築材料)
  • 法規
  • 施工管理法
  • 施工全般
  • 建築学
  • 共通
  • 躯体施工
  • 仕上げ施工
  • 施工管理法
  • 法規
試験内容(二次検定)
  • 施工経験記述
  • 実務経験に応じて、施工用語や法規に関する問題
  • 施工経験記述
  • 安全管理
  • 躯体施工
  • 仕上げ施工
  • 施工管理
  • 法規
合格率(2022年) 45.2% 46.8%
受験費用 同日受験の場合:10,800円
片方受験の場合:5,400円
一次検定、二次検定ともに10,800円

参考:[総合資格院],[施工管理技術検定]

試験に合格すれば、建築現場で施工管理として働くことができるようになります。

工事の規模によっては試験に合格した施工管理を必ず付けなければならない場合もあるため、施工管理の需要は高いです。左官工としても施工管理としても仕事ができるようになれば、仕事を失う可能性もなくなるでしょう。

さらに将来法人を立ち上げた場合、施工管理の資格を取得していれば大型の工事も受注できるようになります。

仕事の選択肢を広げ、法人化した後の仕事の取りやすさを考えると、取得して損のない資格といえるでしょう。

3.建設業許可|大型の案件を担当する場合に必要

建設業許可は、一人親方または会社として独立するかに関係なく請け負う案件の報酬が500万円以上の場合、必要になる許可です。

将来大きな案件に取り組みたい場合は取得しておいて損はない許可です。

具体的な詳細は以下とおり。

【許可が必要な基準】

  • 建築一式工事:1件の請負代金額:1500万円以上
  • その他の工事:1件の請負代金額:500万円以上

※一式工事とは、建築確認を必要とする新築工事や増改築、大規模改修工事のこと

【取得要件】
許可を受けようとする者が法人である場合には常勤の役員のうちの1人が、個人である場合には本人または支配人のうちの1人が次のいずれかに該当する必要がある。

  • 建設業に関して5年以上の実務経験がある者
  • 経営業務における最高責任者がいること
  • 専任の技術者がいること
  • 請負契約に関して誠実性があること
  • 財産的基礎、金銭的信用があること
  • 欠員要件に該当していないこと
    (禁固刑の経験者や暴力団などに所属していないか)

参考:[国土交通省]

一人親方として建設業許可を取得するには5年以上の実務経験が必要になるため、5年目までは一案件の金額が500万円以下のものを中心に請け負い、5年目以降で大規模工事が必要な案件に関わるのも一つです。

左官工の成功事例から独立で求められるスキルを学ぶ

ここからは左官工としての成功事例をみて、独立する場合に必要な他社との差別化についてみていきましょう。

今回紹介するのは以下の2社です。

  • 原田左官工業所
  • 阿久津左官店

それぞれの会社の強みや新しい取り組みから、他社との差別化の重要性について見ていきましょう。

女性左官工ならではの目線で「塗り」にデザインを加える|原田左官工業所

原田左官工業所の強みは、女性ならではの目線で左官のデザインに独自性を持たせた点です。

原田左官工業所は、30年前から女性の左官工の育成に力を入れ始め、2021年時点で左官工40名のうち14名が女性の左官工が活躍しています。

1990年4月には「ハラダサカンレディース」という女性の左官チームを立ち上げ、女性ならではのデザイン性のある材料配合や装飾壁床のアイデアの知名度が高いです。

日経新聞、NHK、TBS、文春などマスコミに取り上げられ、女性目線の新しい塗りのデザインが差別化として活躍している一例です。

昔の技術と現代の技術を組み合わせる|阿久津左官店

阿久津左官店は現場で余った資材を付加価値として提供することで、差別化を強める会社です。
昔から続く左官工の技術と3Dプリンタなどの最新技術を組み合わせて顧客に喜んでもらえる取り組みをおこなっています。

左官工として現場で利用するタイルや石材は、余ることが多いという現状を見て、余ったタイルにレーザー加工機を使って名前を入れて表札として販売することにしました。

他にも空き家を左官技術で修繕し、モデルルームとして活用するなど、地域との関わりを大切にしている会社です。

地域に根ざして顧客との繋がりを大切にするのも、独立を成功させる大切な考え方のひとつといえるでしょう。

独立後に左官工として効率よく仕事をとる方法3選

独立した後も仕事を継続的にとるためにはいくつかの対策を立てる必要があります。

ここでは独立後に左官工として効率よく仕事を獲得するための3つの方法を紹介します。

  1. 独立前の人脈を活用する
  2. ホームページやSNSを活用する
  3. エージェントを活用する

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.独立前の人脈を活用する|事前に自分を宣伝しておく

左官工として独立を考えている段階で、各方面に独立の可能性があることを周知しておきましょう。

独立前の仕事で信頼を獲得できていれば、独立後も積極的に仕事をもらえる可能性が高まります。

名刺を作っておき、退職の挨拶をする際に渡しておくのも営業手法のひとつです。

知り合いからの仕事で繋がった後は自力で仕事を獲得できるはずなので、仕事獲得のきっかけとして活用すると良いでしょう。

できるだけ多くの人に周知しておくことがおすすめです。建築業界に関係ない人にも伝えておけば、思わぬ場所から仕事の依頼がくるはずです。

独立前に信頼を獲得できるような仕事をしておけば、効果的に活用できるでしょう。

2.ホームページやSNSを活用する|自分以外の営業ツールを活用する

独立して最初にすべき項目は、ホームページやSNSを使った集客です。

なぜなら、独立してすぐには仕事を獲得できないため、できるだけ営業の幅を広げることが重要だからです。

ホームページを開設しWeb集客の体制を整えれば、Web上から顧客を獲得できます。問い合わせだけでも対応するようにすれば、見込み顧客として育てることが可能です。

見込み顧客の獲得にはSNSを活用した集客もおすすめ。Instagramなどに施工時の写真や動画を乗せれば、実力を証明するためのツールとして活用できます。

自力で営業をしていくには限度があるため、ホームページやSNSを活用して営業の幅を広げましょう。

3.エージェントを活用する|企業とマッチングができる

独立後に仕事を探す手段として、エージェントを活用するのもおすすめです。

エージェントによっては一人親方などのフリーランスが取り組める案件の紹介をしてもらえたり、仕事の取り方の相談に乗ってもらえます。

エージェントは幅広い企業の情報を把握しているため、自力で仕事を見つけるよりも効率的かつ自分に合ったクライアントを見つけることが可能です。

エージェント経由で仕事を獲得した後は、その仕事をきっかけに営業を進めれば、自分だけでは繋がれなかった仕事に携われるようになるかもしれません。

建設業界に特化したエージェントであれば、業界の知識が深く、自分に合った仕事を紹介してもらえるでしょう。

まずは相談だけでもいいので、エージェントに問い合わせをしてみるのがおすすめです。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

本記事では、左官工の仕事内容や年収、左官工が独立した場合のメリットとデメリット、左官工として独立するために必要な資格を解説しました。

左官工は需要も右肩上がりで、企業に属していなくても仕事を得られるといった特徴があり、独立に向いている仕事といえます。

左官工として独立すれば、自分で仕事量を調節できて自由になり、収入も上がる可能性が高い一方で、営業活動を自分で行う必要がある、収入に波があるなどのデメリットもあります。

左官工として独立後に活躍するためには、他社との差別化や経営力をつけることが大切です。

左官工として独立を検討する場合は、会社員時代に資格取得や経験を身につけながら、仕事をもらえる人脈づくりを行うと良いでしょう。

左官工の平均年収はいくら?なり方や年収1,000万になる方法まで解説

左官工は、建築物を作るために必要な様々な作業を行うような建築物や住宅には欠かせない仕事です。

左官工を目指している人が気になるのは「平均年収」や「年収アップの方法」などのお金事情ではないでしょうか。

左官工は年齢や地域、経験年数などによって大きく平均年収に差があります。また、独立やスキルアップしていくのに比例して年収も上がっていきます。
本記事では、左官工とは何か?具体的な仕事内容や平均年収、キャリアアップ方法などを解説します。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

左官工とは?具体的な仕事内容を紹介


左官工とは、土やモルタルなどを使って建物の壁や床を仕上げる仕事を行う職人です。

古くから日本の伝統的な家造りに欠かせない仕事であり、近年では建築手法や素材の多様化によって業務も変化しています。

左官職人の歴史は古く、縄文時代までさかのぼります。木材などを使って建物の構造や造作物を組み立てる大工とは異なり、土やセメントなどを使って塗りの技術で構造物の仕上げを行う左官職人は、歴史的にも明確に別の職だと認識されてきました。

ここでは、具体的な仕事内容や左官職人になるための経験・スキル・心得などについて解説します。

仕事内容

左官工とは、建築物の内部や外壁などを装飾する仕事を担当する職人のことを指します。具体的な仕事内容として、モルタル塗りや漆喰壁の作成、タイル貼り、ブロック積みやレンガ積みなどがあります。

モルタル塗りは、中塗り鏝や仕上げ鏝などの鏝を使ってモルタルを塗った壁の作成です。鏝の種類に応じて細かく使い分け、精密に作業を行います。また、土を使った「土壁」や洋室でも採用される「珪藻土を混ぜ込んだ塗り壁」も左官の役割になります。

浴室やキッチンで使用されるタイルの貼り付けも左官工が行います。特に水回りの床は微妙な傾斜をつける必要があるため、他の職種の職人では代替不可能な仕事です。

ブロック積みやレンガ積みも同様に鏝を使って行う左官の技術であり、重いものの運搬も含むため体力要求が大きくなります。

歴史的な建造物の修復の場合は当時の左官が使用していた材料の研究なども必要になるため、歴史・文化・芸術の知見も必要不可欠です。

主な仕事場所

左官工とは、建物の内装を施す仕事を行う専門職です。主な仕事場所としては、野丁場や住宅左官などがあります。

野丁場では、土台の作成やコンクリートの流し込みなどを行います。住宅左官では、壁塗りの仕上げや模様施しなどを行います。

上記の場所では、計画性と仕上がりの質が求められる重要な仕事が行われています。

野丁場

野丁場とは、鉄筋コンクリート造などの大規模な工事現場を指します。左官が担当する主な仕事は、下地作りです。土台を整えるために、建物の基礎を作る仕事をします。

また、コンクリートなどを流し込み建物の土台を整えたり、レンガやタイルなどの重厚感のある床や壁を作ります。

野丁場での仕事は誤差5mm以内におさめなければならないため、職人の高い技術が必要です。計画性と仕上がりの質が求められるにも関わらず、建物が完成した際は作業箇所の下地は見えなくなってしまう地味な作業です。

住宅左官

住宅左官は、壁塗りの仕上げを行うことが主な仕事内容です。コテを使って漆喰や珪藻土などを塗り、レンガやタイル、ブロックを使って床や壁を仕上げます。

また、注文に応じて模様を施したり、継ぎ目なく塗り上げたりとセンスと集中力が求められます。

左官工のやりがい

左官工のやりがいは、自分の技術を活かして壁や天井をきれいに仕上げることです。コテなどの道具を使って、見た目の綺麗さや柔らかな質感などを出すことができます。

また、依頼主からイメージをもらって、イメージ通りの仕上がりになったときの達成感も大きいでしょう。

左官工の大変さ

左官工の仕事は、壁や天井などの内装を施す仕事です。外壁や屋根などは、気象条件に大きく左右されます。雨が降っていると塗料が乾かないため、仕事ができません。

また、外壁の場合は梯子を使って高所作業を行うこともあり、高所恐怖症の人には厳しい仕事です。内装の場合も、夜間作業があるため疲労感が溜まりやすくなります。

近年は壁紙の普及などで仕事量が減っていると言われているため、将来的に仕事量の減少も心配されます。左官工の仕事は大変であり、体力的な要素も強く必要とされます。

特に外壁の場合は屋根からの高所作業を行うケースもあり、危険性も伴うため注意しなければなりません。

正しい作業方法を学んだ上で安全に行うことが重要です。

弊社では、数多くの職人(一人親方含む)の方々に工事案件や正社員求人を獲得していただいています。ベテランの方には長期の高単価案件をご紹介します。未経験者のお仕事探しもお手伝い可能です。

  • 長期契約可能な高単価工事案件多数
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 60代70代でも応募可能なお仕事
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめのお仕事をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

左官工に向いている人

左官工は、壁塗りなどの細かな仕事を行うために、根気や粘り、手先の器用さが必要不可欠な仕事です。左官工には特定のスキルを持っている人が適しています。

ここでは、左官工に向いている人とその特徴を詳しく解説します。

根気や粘りがある人

左官工に向いているのは、根気や粘りがある人です。

壁塗りなどを行うために長時間かけて細かな作業を実施する必要があるため、根気と粘りを持って取り組むことが大切です。

また、修行が必要な世界なので毎日勉強し続ける姿勢も重要です。一人前の左官職人になるまでには10年以上かかると言われていますが、この間も根気強く努力を惜しみなく続けられる方が向いています。

左官工に必要なのは、長期的な根気と粘りであり、成長を目指して努力を惜しまない姿勢が必要不可欠です。

手先が器用な人

左官工に向いている人といえば、手先が器用な人です。

左官工は建物の外観を作る仕事であり、細かな仕事が多く必要となります。そのため、手先が器用であることが重要となります。壁や天井などの塗装作業を行うために、筆を使ってまっすぐで平らに塗る必要があります。

これは誰でもできる仕事ではありません。手先が器用な人だけが、この仕事を上手くこなしていくことが出来るのです。

高い技術を持っている人だけが左官職人になれるため、自分の才能を活かして努力し続ける姿勢も大切です。

左官工の平均年収は?

hands, men's suit, euro
左官工の平均年収や給料、ボーナスについてを年齢別や地域別に分けて解説します。左官工で収入に悩んでいる方や、これから左官工として働きたいと考えている方は参考にしてみてください。

左官工の平均給与

左官工の平均給与は、求人ボックスの調査によると月給35万円で平均年収が約418万円となっています。年齢別・地域別・経験年数別などでも大きく異なります。

左官工は自分のスキルによって給与が大きく変動するため、日々のスキルアップを目指した鍛錬が必要です。

また、入社した企業や資格、ポジションによって給与が大きく変動するため、注意が必要です。

年齢別の年収

年齢別の平均年収を見ていきます。

年代 平均年収 月収 賞与
20~24 308万円 24.8万円 10.5万円
25~29 322万円 25.8万円 12.2万円
30~34 336万円 26.7万円 15.5万円
35~39 473万円 36.5万円 34.5万円
40~44 336万円 26.7万円 15.9万円
45~49 484万円 38.1万円 26.9万円
50~54 439万円 35.6万円 12.0万円
55~59 348万円 27.6万円 16.5万円

出典:求人ボックス

経験値が上がれば上がるほど平均年収が上がり、20代後半から30代前半が最も年収が高いことがわかります。

体力の必要な仕事のため、高齢になってからも沢山稼げるという訳ではないのが実態です。

地域別の年収

左官の平均年収は地域別で異なります。以下に地域別での平均年収をまとめました。

  • 北海道・東北:371万円
  • 甲信越・北陸:392万円
  • 関東:437万円
  • 東海:415万円
  • 関西:428万円
  • 中国:380万円
  • 四国:399万円
  • 九州・沖縄:367万円

出典:求人ボックス

関東地方が最も高い年収水準となっており、埼玉県が465万円と最も高い水準になっています。一方、最も給与水準の低い都道府県は315万円の沖縄県で、埼玉県との差は150万円にのぼります。

以上のように地域によって平均年収に最大150万円の差が出るので、左官工を目指しているならどこで働くかも重要になってきます。

経験年数別の平均年収

左官の平均年収は、経験年数によって大きく異なります。賃金構造基本統計調査によると、1~4年の経験年数では約302万円、5~9年の経験年数では約374万円、10~14年の経験年数では約415万円、15年以上の経験年数では約398万円となっています。

1~4年の経験年数の平均年収が低いのは、まだスキルを身につけていないためと考えられます。

しかし、10~14年の経験者の平均年収が100万円以上昇給していることからも分かるように、実務経験がある人材の価値が大きくなっています。

15年以上の経験者の平均年収も398万円となっており、職務も多様化しており、手当も多く付与されるケースもあります。

左官の平均年収を伸ばしていくためには、実務経験を重視した人材育成が必要不可欠であることが分かります。

左官工の見習いの平均給与は?

左官工の見習いの平均給与は、日当で支給される場合がほとんどです。見習い左官の日当は8000円前後となりますので、月収は17万円~18万円ほどになります。

左官工で年収1000万円を越えるには?

左官工で年収1000万円を越えるには、まずは仕事の価値を高めることが重要です。今までの左官工の仕事は壁塗りなどの単純な作業が多かったため、価値が低く評価されていました。しかし、近年では左官工の仕事を芸術的なものに昇華させることが可能になりました。

例えば、壁紙を使って部屋の雰囲気を変えるようなデザイン性の高い仕事を行うことで、高い評価を得られる可能性があります。また、新しい技術や材料を使って壁紙の効果を高めることも可能です。

さらに、左官工の仕事に関する情報発信やネットワーク構築なども重視されてきています。情報発信によって新しい取引先を開拓したり、ネットワーク構築によって新しいビジネスチャンスを開拓することも可能です。

以上のような方法で、左官工の仕事の価値を高めることが出来れば、年収1000万円を超えることも可能だと考えられます。

左官工のキャリアアップ方法

左官工のキャリアアップ方法として、技術力の向上、資格取得、独立などがあります。 まずは技術力の向上です。日々の業務を通して技術を磨き、職人としての価値を高めることが大切です。

職人技といわれるように、左官工事は仕上がりが異なる仕事であるため、自分だけの技術を豊富に身につけることが重要です。 次に資格取得です。左官工事に関連する資格として「左官技能士」「登録左官技能士」があります。

前者は個人の技術力を証明するものであり、後者は全体の管理・指導ができることを証明するものです。取得を目指して日々の研鑽を積んでいきましょう。

最後に独立です。建築業界には「一人親方」という独立して施工を承っていく働き方があります。建築施工管理技士の取得も合わせて目標にしてみましょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

左官工の年収アップする方法3選

career, ladder, rise

左官工は、日本の伝統的な技術である左官技術を駆使して仕事を行っています。左官技術は、鏝を使った塗りや鏝絵など、芸術性を持つ技術です。今回は、左官工の年収アップのために3つの方法をご紹介します。

熟練工になること、独立すること、芸術性を出すことなど、さまざまな方法があります。これらの方法を取り入れることで、左官工の年収アップを図ることができます。

1.熟練工になる

左官工として熟練していくことは、年収アップにつながる最も効果的な方法です。

鏝を使った塗りの技術を磨き、技術レベルを上げることで、仕事の内容や量が増えるだけでなく、評価も上がります。また、鏝跡で作る「鏝絵」の芸術性を高めることも重要です。

鏝絵は、歴史的な建造物の修復などに使用される技術ですが、デザイン性や美しさを生かした作品づくりも可能です。熟練工になることで、左官技術の芸術性を最大限に引き出し、年収アップにつながります。

2.独立する

独立することは、左官業者の年収アップに有効な方法です。

独立した左官業者は、自分のスキルや信用度に応じて、独自の価格を設定することができます。また、独立することで、他の会社からの依頼も受けることができるようになり、仕事量もアップします。

独立した左官業者は、自分の能力を最大限に引き出して収入を増加できます。独立して仕事を受注すれば、仕事の内容や量を自由に増やせるし評価も上がります。

一般的に独立には約10年かかると言われています。10年もの期間の経験を積めば、「誰の指示も必要なく自分自身で作業できる」一人前の状態になれます。

また、独立するなら取っておきたい資格があります。「左官技能士」「建築施工管理技士」「建設業許可」などの資格を取っておくと顧客からの信頼も高まり、スムーズに仕事できます。

最低限、左官技能士の資格は独立に欠かせない仕事なので、取っておくことをおすすめします。

\最短即日で応募可能!/

芸術性を出す

左官技術には芸術性があります。歴史的建造物の修復など高度な技術は、海外でも高い評価を得られます。

また、鏝絵の美しさやデザイン性を生かした作品づくりは、国内外から高い評価を受けることができます。左官技術を使って、芸術性を出した作品を作ることで、仕事の価値が上がり、年収アップにつながります。

独自のスタイルを確立し、芸術性を出した作品を発表することで、仕事の依頼も増えるでしょう。左官技術を使って、芸術性を出した作品を作ることで、仕事の価値が上がり、年収アップにつながります。

左官工になるには


資格を取得してもしなくても左官工になれますが、資格を取得すれば信頼性の高い仕事が行えるようになります。また、独立する場合は資格を取得してアピールポイントを作ることもできます。

弟子入りを選択すれば親方から正しい塗り方や高度なテクニックを学べます。一方、就職を選択すれば会社の社風や体制の中で仕事の経験を積んでいけます。

資格は必要?

左官工の資格は必要ではありませんが、国家資格の「左官技能士」を取得すれば、より信頼性の高い仕事が行えるようになります。

また、企業内でも本人の向上心を持たせるために、資格を取れば給料に反映させる会社もありますし、独立する方であればアピールポイントとなります。

弟子入りもしくは就職する

左官工になる場合、一般的な方法として弟子入りもしくは就職があります。

学校で基本を習った後に、弟子入りを選択すると、親方から正しい塗り方や高度なテクニックを学習できます。一方、就職を選択すれば会社の社風や体制の中で仕事の経験を積めます。

弟子入りの場合は親方から正しい技術を学び、就職の場合は会社の社風や体制の中で仕事の経験を積むことが可能です。どちらの選択肢も、左官工になるための有効な手段となります。

まとめ

本記事では、左官工の仕事内容や平均年収などを解説しました。

左官工の平均給与は月給35万円で平均年収が約418万円です。左官工は自分のスキルによって給与が大きく変動するため、日々のスキルアップを目指した鍛錬が必要です。

キャリアアップのためには熟練工になること、独立すること、芸術性を出すことが重要であり、資格を取得したり弟子入りを行うことも必要です。

また、左官工の資格は必要ではありませんが、国家資格の「左官技能士」を取得すればより信頼性の高い仕事が行えるようになります。

ぜひ本記事を参考に今後のキャリアアップを検討してみてください。

未経験OK!CADオペレーターへの転職を成功させる為のポイントまとめ

CADオペレーターは人気のある職業で、建設業、内装・インテリア業、自動車製造業などの様々な業界で高い需要があります。専門知識や技術が必要な職業ですが、未経験からCADオペレーターへの転職を目指す方も多くいます。

そこで本記事では、未経験からCADオペレーターを目指すための方法を詳しく解説します。CADオペレーターの仕事内容や年収、転職事情についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

CADオペレーターとは

plan, to build, draw
CADオペレーターとは、「Computer-Aided Design」、通称「CAD」と呼ばれる図面作成のソフトやシステムの操作を専門的に行う職種のことです。CADオペレーターになるためには、CADの基本的な扱い方や、設計・製図の基礎知識が必要となります。

仕事内容

CADオペレーターの仕事内容は、主に図面データの作成・修正・管理などがあげられます。設計者やデザイナーが設計した手描きの設計図をCADの図面データとして作図したり、設計者などから要望を受けて既存の図面データを修正したりといった作業を行います。

また、完成した設計図を管理することもCADオペレーターの仕事です。その他、見積書の作成や各種書類の整理などの一般事務的な業務が含まれることもあります。

働き方

CADオペレーターは、正社員・派遣・パート・アルバイト・フリーランスなど、多様な働き方があります。ワークライフバランスを重視する人も多く、スキルや経験によっては完全在宅勤務も可能な職種です。

このため、ライフステージによって働ける時間が変化する女性にとって、CADオペレーターは働きやすい職種です。もちろん、男性も働き方に希望がある場合は、働き方を選択しやすいと言えるでしょう。

CADスキルを活かせる業界

CADオペレーターは、幅広い分野でそのスキルを活かすことができます。具体的には、建設業界、土木業界、内装・インテリア業界、自動車・航空・機械・家電業界、介護・福祉業界、アパレル業界、ジュエリー業界など活躍の場は多岐にわたります。

また、各業界で3DCADの導入も進み、3DCADを扱える人材の需要も増加しています。
このように、CADオペレーターは、今やあらゆるモノづくり業界において欠かせない職業と言えるでしょう。

CADオペレーターの転職市場

CADを用いる業界は多岐にわたるため、転職市場においてCADオペレーターの需要は増加傾向にあります。CADオペレーターの転職市場について詳しく見ていきましょう。

人手不足により需要が高い?

前述のとおり、多岐にわたる業界で必要とされるCADオペレーターですが、少子化や理系離れなどの理由からその大半で人手不足にあるのが現状です。自社で作図をしながら一部を外注する企業も多く、CADオペレーターは常に不足しています。

このため、多くの企業でCADオペレーターの確保に向けて努力が行われています。自社での採用だけでなく、多くの場合CADオペレーターの派遣を受け入れることを進めているので需要のある企業は非常に多いでしょう。

未経験や女性を積極採用中?

CADオペレーターの慢性的な人手不足により、企業は未経験者であっても積極的に採用する傾向にあります。教育制度を整えて、一から人材を育てていくような企業もあります。

また、CADオペレーターは、スキルがあればブランクがあっても再就職しやすい職種です。そのため、結婚・出産・育児などで一度離職した女性を積極的に採用する企業も増えています。

転職で有利な年齢は?

転職において、年齢が若いことが有利なことは間違いないでしょう。同じ未経験者であれば、企業としてはフレッシュな人材のほうが吸収力があると考えるからです。

しかし、CADオペレーターの仕事は、CADを操作するスキルや経験があれば年齢に関係なく仕事をすることができる職種です。そのため、CADスキルの他にも、各業界での高い知識・経験を得ていたり、CADに関する資格を持っていたりする場合、年齢に関係なくCADオペレーターとして活躍することができます。

平均年収や相場は?

CADオペレーターの平均年収は一般的に300万〜400万円ほどです。年齢別の平均年収はおよそ以下のようになっています。

  • 20代…約230万円
  • 30代…約305万円
  • 40代…約385万円
  • 50代…約435万円
  • 60~65歳…約295万円

もちろん経験年数やスキルによって幅はあり、中には500万円以上の年収を得ている人もいます。CADオペレーターは実力主義の世界であるため、自分の努力次第で年収アップの可能性が広がっています。

どのCADソフトを使えると評価が高い?

CADオペレーターが使用するCADソフトは、それぞれの業界や企業によって異なります。これからCADソフトの学習を始める方は、希望する業界・企業でどのCADソフトが使われているかを調べておくとよいでしょう。

未経験者がCADオペレーターを目指す場合、AutoCADの学習からはじめるのがおすすめです。AutoCADはCAD業界シェアNo.1のソフトで、建築・土木・機械設計・アパレルなど多くの業界で利用されているので転職に有利だと言えます。

CADのポジションは雇用形態が多数ある?

CADオペレーターの雇用形態は、正社員・派遣社員・契約社員・アルバイト・パート・フリーランスなど多様です。このうち求人が最も多いのは派遣社員で、派遣会社に登録して条件に合う仕事を紹介してもらえるので、早く仕事が見つかることが多いです。

また、CADオペレーターは、独立してフリーランスとして働くことも可能です。会社勤務を経て、実務経験・スキルを身につけて独立するケースが多いです。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

CADオペレーターにおすすめの転職先3選

system, web, news
多くの業界・企業で活躍の場があるCADオペレーターですが、特におすすめの転職先を3つご紹介します。

1.建設会社

建設業界への転職は売り手市場と言われており、建設需要と建設業における技術者不足からCADオペレーターの求人が増加しています。

特に建設業界の基礎知識を身につけていたり、3DCADや事務処理能力など製図能力プラスアルファの技術や知識を持っている方の需要は大きくなるでしょう。

2.設計事務所

CADオペレーターは設計職と親和性が高いため、設計事務所は転職先として非常に人気が高くなっています。

設計者は、建築物や製品の仕様を設計し、CADオペレーターはその設計図を整える役割を担います。経験を積んだCADオペレーターであれば、設計者が作成した図面に対し、不備を指摘したり、改善の提案をする業務を担うこともあります。

3.人材派遣会社

正社員にこだわらない雇用形態も検討してみてはいかがでしょうか。人材派遣会社から「CADオペレーター」として派遣されます。

建設会社や設計事務所では、採用状況によってはCADオペレーターに就けないなどの問題があります。人材派遣会社からの派遣によって確実にCADオペレーターとして働くことが出来ます。

CADオペレーターへの転職を有利に進める方法

普通に転職活動を行っても、CADオペレーターになることは出来ます。しかし、ここではCADオペレーターへの転職が有利に進むためのポイント・方法についてご紹介します。

CADオペに精通した転職エージェントに相談する

一般的に転職をする際には、求人広告を活用して転職をすすめる方が多いと思います。しかし、実は求人広告よりも転職エージェントのほうが、より良い転職に進むことができます。何故なら、転職エージェントのほうが転職希望者に対してより適切な求人に出会う事ができるからです。

求人広告のメリットとしては、

  • 無料でいつでも閲覧できること
  • 情報量の多さ
  • 希望、条件で検索ができる
  • 応募のハードルが低い

などが挙げられる一方で、

  • 正確な検索の能力が求められる
  • 地方格差に影響する

というデメリットもあります。

しかし転職エージェントには、

  • 無料で利用できる
  • 企業の内部情報や非公開の求職情報が入手できる
  • 書類選考や面接の通過率が高くなる
  • 条件交渉を代行してもらえる
  • 転職に関することは何でも相談できる

と、求人広告にない様々なメリットがあります。

CADオペレーターに精通してかつ経験値の豊富な転職エージェントの利用は不可欠でしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

CADオペ含めた技術者特化の派遣会社へ登録する

正社員にこだわらない働き方も検討してみてはいかがでしょうか。建設業界の会社に入っても配属の問題でCADオペレーターに慣れなかった、というケースは珍しくはありません。しかし、CADオペレーターとして派遣される場合には確実にCADオペレーターとして業務を行うことが出来ます。

また、勤務時間や残業については派遣で働くほうが快適だと考える人も多いです。正社員にこだわらない働き方も検討してみてはいかがでしょうか。

弊社では、数多くの方々に優良な派遣求人を獲得いただいています。経験とスキルさえあれば、ご年齢に関わらず長期の高収入派遣求人をご紹介できます。

  • 長期契約可能な派遣求人多数
  • 60代70代でも応募可能な派遣求人
  • 無料登録から最短1日で派遣求人紹介

まずは無料登録をして色々な派遣求人を見てみてください。専門の派遣コーディネーターからおすすめの派遣求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

使えるCADソフトを増やす

CADソフトには、「Jw-cad」や「AutoCAD」「REVIT」など主要なものだけでも数多くあります。対応できるソフトが多ければ、採用に結びつく企業の数も増えるでしょう。各ソフトに特徴があり、希望する職種に特化したソフトから使えるようにすることで無駄を省けるでしょう。

CADオペレーター関連の資格を取得する

資格が最も確実性が高いでしょう。資格は自身の能力を絶対的に評価した指標となります。CADオペレーター関連の資格には以下のようなものがあります。

  • 2次元CAD利用技術者試験
  • オートデスク認定資格プログラム試験
  • 建築CADオペレータ検定試験
  • Vectorworks操作技能認定試験
  • CADアドミニストレーター
  • テクニカルイラストレーション技能試験(1〜3級)

勿論すべての資格を取る必要はありませんが、取得して損は絶対にないので時間がある方は、自身の能力の証明のためにも取得を検討してみてはいかがでしょうか。

未経験がCADオペレーターへの転職を成功させるコツ


CADオペレーターに関わらず、未経験からの転職には不安を覚える方も少なくないでしょう。ここでは、未経験者からCADオペレーターへの転職を成功するためのコツについてご紹介します。

CADオペレーターに適した自己PRと志望動機を考える

CADオペレーターに限った方法ではないのですが、自己PR・志望動機に注意しましょう。例えば、施工管理に向けた志望動機では採用には繋がりにくいでしょう。

CADオペレーターオペレータについて分析して、目的となるような志望動機を構成し、CADオペレーターが適任である方針の自己PRを行うことで転職の成功率は格段に上がります。

未経験歓迎の求人に強い転職エージェントを探す

転職エージェントにも様々な特徴があります。業界に特化したエージェントもあれば、未経験者歓迎の求人に特化したエージェントも存在します。

未経験者歓迎とは言い換えると、教育体制の整った環境とも言えます。そのため、外国人人材紹介に秀でたエージェントもオススメとなります。なぜならば、外国人人材は多くの場合未経験者のため、CADオペレーター未経験者の求人も多く揃えている可能性が高い、と考えられるからです。

未経験者の場合、即戦力というよりはまずは教育・育成からとなるため、企業も限られるため、特化した転職エージェントを活用しましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

未経験でも応募可能な求人を選定する

前述の通り未経験者の場合、即戦力ではなくまずは教育・育成となります。そのため即戦力の企業には適さない人材ということになります。

求められた場所に応募するために、求人情報で未経験者でも応募が可能かどうかは必ずチェックするようにしましょう。

未経験でも取得可能な資格を選定する

未経験者であったとしても技術力を磨くことは出来ます。CADオペレーター向けの資格には、実務経験が必要な資格もあれば未経験でも取得可能な資格もあります。

前述したCADオペレーター関連の資格の中から自分に適したものを選定して取得しましょう。

独学で可能な限りCADの勉強をしておく

資格に限らず、前提知識はあればあるほど戦力になる日が早くなるため、採用に繋がりやすいでしょう。
未経験者が技術を学ぶには、「独学」「CADオペレータースクール」「職業能力開発センター」が選択肢に挙げられます。

独学には、マイペース・低コストで勉強ができる反面モチベーションの維持・学習の質に課題があります。

CADオペレータースクールは、質が高く現場の情報が入るという反面費用と時間に課題があります。

職業能力開発促進センターは、受講料がかからず手当が出る場合もある反面、離職中が条件かつ受講期間が定められているというデメリットが生じます。

ご自身の生活と照らし合わせながら、最適な勉強方法でCADオペレーターの勉強をすることをオススメします。

今後のCADオペレーターの転職動向と将来性


建設業界では、案件増加を背景にCADオペレーターの増員を図る企業が増えています。特に土木分野では老朽化が進む道路・橋梁・トンネルなどの改修工事案件が当面続くことから土木建築事務所や建設コンサルタント等が積極的に採用を行っています。

また、CADオペレーターは、スペシャリストとしてその道を極めていく人が多数です。また、年収アップあるいはワークライフバランスの充実を目指す人は、建築から土木分野へ転職しているケースが多く見られます。

土木分野は公共事業の案件が多く、会社の受注基盤が安定していることから、年収水準が高い傾向にあります。そして公共事業への入札にあたっては、労働法令を遵守しているかどうかも厳しく審査されるため、労働環境が整っていると言えるでしょう。

また、近年CADから「BIM」へ転換する動きが広まっています。BIMとは「Building Information Modeling」の略称です。BIMツールでは、コンピューター上で建物の三次元モデルを構築します。海外では、一定規模以上の建築物においてBIMでの設計が中心になっています。

日本でも今後普及していくことが予想され、CADオペレーターからBIMオペレーターへ移行し、市場価値アップを図る人が増えています。BIMオペレーターについては今後の動向に注意しましょう。

まとめ

本記事では、CADオペレーターの仕事内容・魅力・転職方法についてご紹介しました。図面作成のソフトやシステムの操作を専門的に行うCADオペレーターは様々な業界で需要のある職種となっております。

また、未経験の方がCADオペレーターへ転職を図る際には、業界または未経験者に特化した転職エージェントの利用をオススメします。

弊社株式会社ビーバーズでは、建設業界に特化した転職エージェント業を行っています。CADオペレーターへの転職を検討されている方は、ぜひ一度ご相談ください。

建築設計への転職を成功させるには?おすすめサイトと資格を紹介

建築業界の仕事は専門性が高い分野ですので未経験から足を踏み入れるのはハードルが高く感じるかもしれません。設計者になるためにどのような資格が必要か、どのような転職活動を行えばよいかわからないという方も多いでしょう。

そのような方は、まずは「建築設計」として転職を検討するとよいでしょう。多くの企業で設計者の人手不足が課題となっているため、未経験の場合でも積極的に採用を行っている企業も数多くあります。

この記事では、未経験から建築設計を目指す方のために、知っておくと便利な情報をご紹介します。 興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

この記事の監修者
agent-shibata
柴田 基希キャリアコンサルタント
これまで建設・不動産業界を中心に転職支援を実施。国家資格「宅地建物取引士」を武器に、不動産領域全般の営業職や建築技術者のキャリアサポートを得意とする。

建築設計とは

drawing, architect, designer
建築設計とは、建築物を設計するためのプランを考案し、そのプランの作図を行う職種です。具体的には、街中のビルや商業施設などの住宅の設計プランを考案する人を指します。

建物の設計には「意匠」「構造」「設備」の3つの要素があり、建築設計はこの3つの総称です。これらの設計は複数人で行う場合が多く、基本的に設計者の中でも「意匠設計」「構造設計」「設備設計」というように分業して行います。

一級建築士資格を目指す方はこれらすべての知識が必要になります。そのため、建築設計者を目指す人は、まずは幅広く学習した上で自分の得意分野を伸ばすとよいでしょう。

未経験から建築設計職への転職は可能か?

未経験者が建築設計職に転職することは難しいと思われがちですが、多くの企業で設計未経験者の方も積極的に採用しています。企業が設計未経験者を採用する主な理由は以下の3つです。

1.建築設計業界の人手不足

建築設計業界は慢性的な人手不足にあるため、多くの企業では社内研修制度が整っています。そのため未経験者の方でも積極的に採用を行っています。

2.人材の高齢化

構造設計や設備設計は設計職の中でも特殊な仕事です。そのため人材が高齢化している企業が多く、若手を育成するために未経験者でも積極的に採用活動を行っています。

3.設計業務で資格の有無はそこまで関係

資格はあるに越したことはありませんが、なくても活躍している人はたくさんいます。社内で一級建築士が1人いれば設計業務を請け負うことができますので、設計補佐という立場で活躍する人もいます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建築設計職志望者へおすすめの転職先5選

blueprints, entrepreneur, hands

1.設計事務所

設計事務所とは、専業で建築設計を行う事務所です。大きく分けて組織系設計事務所とアトリエ系設計事務所の2種類に分けられます。

組織系設計事務所は主にビルなどの規模が大きい設計を行い、効率性や信頼性を重視した堅実なデザインを得意とします。一方、アトリエ系設計事務所は意匠設計や特殊なデザインの設計を得意とします。

自分のやりたい設計分野によって設計事務所を検討するとよいでしょう。

2.建築士事務所

建築士事務所とは、施工業者である建設会社や工務店が設計業務を兼ねて行う事務所のことです。

建築主の意向に沿って建物を設計し、工事業者が指定通りに施工するよう指導や監理を行い、建築士によって運営されています。

3.ゼネコン設計部

ゼネコン設計部は、ゼネコン(ゼネラル・コントラクター)と呼ばれる総合建設会社の社内にある設計部門です。施工部門と連携した機能性や効率性、コストを重視した設計を行います。

設計段階から施工の知識を持った人が関わりながら、スピード感を持って設計を進めるイメージです。設計だけでなく施工にも興味のある人はゼネコン設計部が向いています。

4.不動産会社

不動産会社とは、デベロッパーとも呼ばれ、土地を仕入れてゼネコン・建築会社と協業し、マンション・アパートの建設はもちろん、商業施設や都市開発などを行う企業です。

デベロッパーの設計業務は、仕入れた土地に建物を建てることで事業性が成り立つかどうかを確認し、どのような建物を建てるかといった具体的な設計を打ち出していくことです。また、外注した設計事務所に対するプロジェクト管理などの業務に携わることもできます。

5.ハウスメーカー

ハウスメーカーとは、広範囲に営業網をもつ大手住宅メーカーのことです。部材の生産から設計、施工にいたるまで工場生産化率を高めてシステム化されています。

ハウスメーカーの設計業務は、共通の部材が多く建物の構造はある程度最初から決まっているため、間取りや配置の調整が業務のメインです。また、予算に合わせた設計をするためにクライアントと話をしたり、提出した図面の改善点をヒアリングして調整する業務もあります。

建築設計業界に強い転職サイト

ビーバーズ




ビーバーズは、建設業界に特化した転職エージェントサービスです。独自の求人ネットワークから利用者にあった求人案件の紹介を受けられます。

企業経営者と直接コンタクトを取ることによる条件面でのすり合わせのサポートや、ワークライフバランスを重視した働きやすい環境の求人の紹介が受けられる点が特徴です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

クイック


クイックは、高度な専門性を活かした精度の高いマッチングを強みとした転職エージェントサービスです。

転職サイト「建設・設備求人データベース」を運営し、施工管理、設備管理・設備保全、設計など、全国の求人を網羅しています。

アーキテクト・エージェンシー


アーキテクト・エージェンシーは、蓄積されたノウハウとグループのネットワークを活用し、建築キャリアを生涯にわたりサポートしてくれるサービスです。

幅広い情報提供とキャリア支援に強みがあり、独立後の案件紹介のサービスも受けられます。

エーワーカー


エーワーカーは、建築業界の中でも「建築設計事務所」に関連する職場、職種に特化した求人サイトです。採用担当者と直接メッセージのやり取りができる、設計に特化したWeb履歴書が作成できる、という特徴があります。

建築設計職への転職者の成功事例5選

実際に建築設計職へ転職した人はどのような経歴の人たちなのでしょうか。ここでは、転職に成功した事例を5つご紹介します。

施行管理経験者

33歳男性 ハウスメーカーの施工管理からハウスメーカーの設計職へ転職

大手ゼネコンで施工管理を15年経験していました。工事全般に関わることができやりがいは感じていましたが、工事ごとに現場が変わるため、腰を落ち着けて働きたいと考えて転職しました。
現在はハウスメーカーで設計を担当しておりますが、営業や工務など他部署と関わることも多く、施工管理の経験が生きています。勤務形態も希望通りでワークライフバランスも改善したので転職して良かったです。

CADオペレーター経験者

35歳女性 設計事務所CADオペレーターからゼネコン設計職へ転職

設計事務所でCADオペレーターとして派遣で働いていました。建築業界で正社員として働きたいと考えて転職しました。
面接では、CADオペレーターで経験した設計図面を読み取るスキルと、それを施工図にするスキルを評価していただくことができました。現在は年収もアップし、業務のやりがいを感じながら働いています。

電気設備設計経験者

32歳男性 サブコン電気設備設計からディベロッパーの設計職へ転職

商業施設などの電気設備の設計を10年ほど経験しましたが、工事全般の設計に関わる仕事をしたいという思いが強くなり、現在は大手ディベロッパーで設計を担当しております。
これまでの経験を生かすこともでき、都市開発の企画から携わることもできるのでやりがいを感じています。

積算経験者

31歳女性 大手積算事務所から設計事務所の設計職へ転職

10年ほど積算事務所で働いていましたが、学生時代に設計を学んでいた経験を活かしたいと考えて設計士事務所へ転職しました。実務未経験からの挑戦でしたが、入札案件への対応なども評価され、現在は設計士の資格取得を目指して働いています。

不動産業界経験者

28歳男性 大手ディベロッパー開発職からゼネコンの設計職へ転職

ディベロッパーの開発職として、不動産開のプロジェクトマネジメントを担当し、設計・デザイン・設備工事など幅広いタスク管理を行っていましたが、設計業務に興味をもち、技術職としてキャリアチェンジしたいと考えて転職をしました。
未経験からの転職になりましたが、設計部門では、工事のスケジュールやコストの要件を満たしながら広い視点から設計を行うことが求められるため、前職での経験を生かして日々仕事に取り組んでいます。

建築設計職への転職に役立つ資格ランキング

set, image, collection

1位 一級(二級)建築士

一級建築士建築士は、国土交通大臣から認可を受けた国家資格です。建物の設計・施工・工事監理の業務を行う、建築業界では最も重要な資格です。

二級建築士よりも一級建築士の方が資格の難易度が高く、携われる業務の幅が広がります。試験では構造設計や設備設計など、様々な知識が問われ、受験資格として実務経験が必要になります。

2位 構造設計一級建築士

構造一級建築士は、一級建築士の上位資格となる国家資格です。受験資格として、「一級建築士資格を取得してから5年の構造設計の実務経験」が必要になり、講習の受講と試験に合格することが必要です。

構造設計一級建築士の役目は、構造設計が高度になる大規模な建築物において、自らその資格者として構造設計するか、他の一級建築士が設計した建物の構造設計を確認することにあります。

3位 設備設計一級建築士

設備設計一級建築士は、一級建築士の上位資格となる国家資格です。受験資格として、「一級建築士として5年以上の設備設計にかかわる実務経験」が必要になり、講習会の受講と試験に合格することが必要です。

設備設計一級建築士は、建築工事の中でも特に設備設計に特化した建築士のことで、「3階建て以上かつ5,000㎡を超える建築物」の設備設計には設備設計一級建築士が必要です。

4位 木造建築士

木造建築士は、木造の建築物を専門的に設計することができる国家資格です。試験に合格して、都道府県の知事から認可を受けることで取得できます。

木造建築士は、木造建築物に関する設計や管理しか行うことができず、鉄骨造や鉄筋の建築物は、木造建築士の資格で扱うことはできません。しかし、木造の建築物に関しては高い専門性を証明することが可能な資格です。

5位 一級(二級)建築施工管理技士

建築施工管理技士とは、建築工事すべての施工計画を作成し、現場での工程管理とともに品質・安全面の指導を行う建築物における根本を支える重要な資格です。

一級建築施工管理技士は工事現場に必要な監理技術者となることができ、二級建築施工管理技士は主任技術者となります。主任技術者、監理技術者になれば仕事の幅が広がってスキルアップできますし、年収アップも期待できます。

受験資格は、大学、専門学校などで建築施工管理に関する教育を受けた者や、実務経験がある者などが対象となっています。

6位 管理建築士

管理建築士とは、建築士の中でも建築士事務所の経営や管理を仕事としている建築士のことです。具体的には建築事務所に所属している建築士の業務量や業務難度、業務についての建築士適正などの管理をします。

管理建築士になるためには、建築士事務所に所属する建築士として3年以上の設計その他の国土交通省令で定める業務に従事し、国土交通省の登録を受けた登録講習機関が実施している管理建築士講習を修了することが必要です。

7位 建築設備士

建築設備士とは、建築物に備えられている建築設備に関する専門的な知識や技術を持ち、建築士の求めに応じて建築設備の設計、工事監理に関する適切なアドバイスを行える国家資格です。

建築設備士になるには、建築設備士試験に合格しなければなりません。建築設備のプロであると同時に設計に関する知識も問われる試験であり、受験には実務経験が必要です。

8位 インテリアプランナー

インテリアプランナーとは、住宅やオフィス、商業施設、公共施設など建築物の企画設計から工事監理を行うプロフェッショナルです。

インテリアプランナーの資格は、公益財団法人建築技術教育普及センターが実施する独自の民間資格です。学科試験は、インテリア・建築の専門知識が必要となりますが、難易度はさほど高くないとされています。

受験資格もありませんので、未経験者の方でも受けることが可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建築設計に向いている人の特徴とは

次に、建築設計に向いている人の特徴をお伝えします。転職活動においてアピールポイントにもなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

細かい作業やモノづくりが好き

建築設計は、ゼロからものを作り上げていく仕事です。また、人々が安全に利用でき暮らせる建築物を設計しなければならないという責任もありますので、小さなミスも許されません。

そのため、モノづくりの工程を楽しむことができ、一つ一つの細かい作業をミスなく丁寧に行える人が向いているといえます。

デスクワークが苦にならない

建築設計の仕事の大半はデスクワークです。クライアントとの打ち合わせで外出することもありますが、朝から晩までデスクに向かって設計作業をすることが多くなります。

デスクワークが苦にならず、毎日のように同じメンバーと過ごしても良好な人間関係を保てる人が向いているでしょう。

学ぶことが苦にならない

建築設計の仕事をするうえで、建築だけではなくデザインや土地に関する知識も必要です。建築計画や建築工学など、複雑な知識も求められます。

終わりなく学び続ける姿勢が必要となるため、日頃から学ぶことが苦にならない知的好奇心旺盛な人が活躍できるでしょう。

建築設計業界における今後の転職市場動向

business, leadership, map
2023年上半期、建築設計業界の求人数は大手企業を中心に増えることが予想されます。また、1つの求人に対する募集人数も増加する見込みです。

建築設計業界の求人増の背景にあるのが労働基準法の改正です。長時間労働を是正するための規制が強化されることで、これまで残業でこなしていたことも、規制後は人員補充で対応する動きが強まると考えられます。

建築設計業界は、もともと人材不足の業界であることに加え、働き方改革の追い風により未経験者にもチャンスが広がっています。転職活動においては、企業や求人内容をよく研究し、自分の強みを積極的にアピールしていきましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

建築設計は建築現場においてリーダーとなる存在であり、なくてはならない仕事です。建築設計を目指すには色々な壁を乗り越えなくてはいけませんが、未経験でも十分建築設計を目指すことができます。

この記事があなたのお役に立てることを祈っています。