TEL
メニュー

建設業の利益率の目安は20〜25%!計算方法や数値を上げる対策、ポイントを解説

建設業で会社を経営する場合、自社の経営を左右する利益率の把握は必須といえるでしょう。

ただ、建設業の中でもどんな商品を販売するか、どんなサービスを提供するかによって平均的な利益率は異なります。

今回は建設業の利益率の目安や、業種別の利益率の違い、利益率を維持するためのポイントを解説します。

自社の利益率が他社と比べて高い・低いかを確かめたい人や、利益率を維持する方法を知りたい人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

建設業の利益率の目安とは

建設業の利益率の目安は20〜25%ほどです。

利益率は、売上原価をいかに小さくして売り上げを増やすかで、数値を上げることが可能です。

どんな商品・サービスを提供するかによって異なるため、業界別で以下の違いがあります。

業種 売上高総利益率
建設業 20.92%
製造業 21.97%
情報通信業 44.85%
卸売業 16.15%
小売業 31.01%
不動産業・物品賃貸業 46.97%
宿泊業・飲食サービス業 64.55%

引用:[平成29年調査の概況|総務省]

データを見ると、利益率が一番高いのは宿泊・飲食サービス業です。

利益率が一番高い業界と低い業界の間には50%ほどの違いがあります。

建設業の中でもハウスメーカーとゼネコン、中小企業と大企業では利益率に差が出るため、同じ規模の会社との比較で自社の状態を把握すると良いでしょう。

建設業の利益率で扱う5種類の数字を解説

建設業で活用される利益率は、主に以下の5種類です。

ここからはそれぞれの利益率の算出方法や概要を解説します。

  • 売上高総利益率(粗利益率)
  • 売上高営業利益率
  • 売上高経常利益率
  • 総資本経常利益率(ROA)
  • 自己資本利益率(ROE)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

売上高総利益率(粗利益率)

売上高総利益率は粗利益率とも呼ばれます。

売上高総利益率は、契約金額に当てはまる売上から、原材料費や直接労務費などの工事原価を差し引いた利益の割合のことです。

計算式は以下のとおり。

売上高総利益率(粗利益率)=売上総利益÷売上高×100
粗利益=工事価格(売上高)-工事原価(売上原価)

売上高総利益率(粗利益率)でわかることは、販売している商品の利益率が高いかどうかです。

引用:[建設業の経営分析(令和3年度)]

データを見ると、建設業の売上高総利益率の目安は20〜25%ほどです。

一方でサービス業の売上高総利益率は50%近いデータが出ています。

売上高総利益率は販売する商品やサービスによって平均値が異なるため、比較する場合は競合他社の数値を参考にするのがおすすめです。

売上高営業利益率

売上高営業利益率は、営業活動による利益の割合を示します。

売上高から売上原価や販売費、一般管理費を差し引いて算出できます。

売上高営業利益率の計算方法は以下のとおり。

売上高営業利益率=営業利益÷売上高×100

引用:[建設業の経営分析(令和3年度)]

データを見ると、建設業の売上高営業利益率の目安は3%前後です。

全業界を見ても、売上高営業利益率は1〜5%ほどという結果が出ています。

売上高営業利益率は、本業の事業活動における純粋な利益を表す数値です。

つまり効率的な経営ができているかを確認したい会社は、営業利益率をあげる対策に取り組むと良いでしょう。

売上高経常利益率

売上高経常利益率とは、通常の事業活動から得られる利益の割合のこと。

税金や金利などの負担を考慮した数値で、経営の持続可能性を評価する際に重要な指標になります。

売上高経常利益率の計算方法は以下のとおりです。

売上高経常利益率=経常利益÷売上高×100

引用:[建設業の経営分析(令和3年度)]

データを見ると、建設業における売上高経常利益率の目安は5%程度。

本業以外の収入源があれば、平均よりも売上高経常利益率が上がる可能性や、貿易費・物価の上昇などで売上高経常利益率が下がる場合もあります。

つまり、売上高経常利益が高い企業は、本業で余った資産を上手く活用できているということ。

売上高経常利益を見ることで、その会社の経営力を知ることができるでしょう。

総資本経常利益率(ROA)

総資本経常利益率(ROA)とは、経営を行う資源といえる総資産を、効率的に活用して利益に結びつけているかを示す数値のこと。

総資本経常利益率の算出方法は、当期純損益を総資産で割る方法です。

計算式は以下のとおり。

総資本経常利益率(ROA)=当期純利益÷総資産×100

引用:[建設業の経営分析(令和3年度)]

データによると、建設業の総資本経常利益率の目安は6%前後です。

売上高総利益率では50%以上の高い数値を出していた接客業ですが、総資本経常利益率の数値は4つの産業の中でも最も低い数値になっています。

総資本経常利益率の数値は、高ければ高いほど、効率的に経営ができていることを示しています。

自己資本利益率

自己資本利益率とはROE(Return On Equity)とも呼ばれます。

自己資本利益率とは、会社が保有する自己資本に対して、どれだけ利益を生み出したかを表す指標のことです。

計算方法は以下のとおり。

自己資本経常利益率(ROE)=純利益 ÷ 自己資本
税引前利益=経常利益+特別利益-特別損失
純利益=税引前当期純利益-利益にかかる税金

自己資本利益率は、返済の必要がない資本をどれだけうまく活用できているかを示す値です。

自己資本利益率が高い会社は、自己資本を使って効率よく稼げているということ。

経営が上手いという点から、株主から見ると投資価値のある会社といえるでしょう。

【企業別】建設業の利益率の目安を比較

ここからは、建設業のさまざまな企業の利益率を比較します。

今回比較するのはこちらの2つです。

大手ゼネコン5社の利益率を比較
大手ハウスメーカー5社の利益率を比較

それぞれ詳しく見ていきましょう。

大手ゼネコン5社の利益率を比較

大手ゼネコン5社のそれぞれの利益率は以下のとおり。

鹿島建設 大成建設 大林組 清水建設 竹中工務店
単位 億円 億円 億円 億円 億円
売上高 20,796 15,432 19,228 14,829 13,754
売上総利益(粗利) 2,557 1,877 1,543 1,396 1,100
粗利率(粗利益率) 12.3 12.2% 8.0% 9.4% 7.9%
営業利益 1,233 960 410 451 283
営業利益率 5.9% 6.2% 2.1% 3.0% 2.0%
経常利益 1,521 1,032 498 504 393
当期純利益 1,038 714 391 477 302

データを見ると、大手ゼネコンの粗利率は8〜12%と、建設業の粗利率の目安である20〜25%よりも低いことがわかります。

大手ゼネコンは大規模な工事を請け負う中で、下請けに一部の工事の依頼をすることがほとんど。

自社で一括して工事を受けない点から、工事にかかる費用が高くなっています。

大手ハウスメーカー5社の利益率を比較

大手ハウスメーカー5社の利益率は以下のとおり。

大和ハウス 積水ハウス 旭化成ホームズ 住友林業 飯田グループHD
単位 億円 億円 億円 億円 億円
売上高 49,081 29,288 27,265 16,697 14,397
売上総利益(粗利) 9,551 5,842 7,738 3,929 2,511
粗利率(粗利益率) 19.5% 19.9% 28.4% 23.5% 17.4%
営業利益 4,653 2,614 1,284 1,582 1,023
営業利益率 9.5% 8.9% 4.7% 9.5% 7.1%
経常利益 4,560 2,572 1,215 1,949 1,066
当期純利益 2,252 1,845 -913 1,086 755

ハウスメーカーの粗利率は大手ゼネコンと比べて数値が安定しています。

売上高営業利益率の目安は1〜5%ほどと説明していましたが、ハウスメーカーの売上高営業利益率は7〜9.5%とかなり高いことがわかります。

販売する製品の値段が高いことから、営業に対する利益が高いといえるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設業の利益率に影響を与える要素

建設業の利益率は以下の要素によって左右されます。

  • 建設資材の高騰
  • 天候や自然災害
  • 競合他社との価格競争

それぞれ詳しく見ていきましょう。

建設資材の高騰

建設業では建築資材の高騰が、利益率に大きな影響を与えています。

引用:[日経クロステック]

たとえば建物の土台を作る際に必要な生コンクリートの価格は、2020年10月と比較すると、1㎥当たりの価格が4,000円近く値上がりしています。

建設工事に必要な資材は、工事の品質を保つためにも減らすことはできません。

複数の資材メーカーの料金を細かく見積もって、できるだけ安く仕入れることが、利益率の維持につながるでしょう。

天候や自然災害

天候や自然災害によって工期の遅れや追加コストが発生するリスクがあります。

追加コストが発生すれば、その分利益率も下がってしまいます。

特に近年は自然災害の被害の割合が増加しており、利益率を維持するために事前の対応が必要です。

リスク管理として効果的なのは、災害保険の活用です。

災害に対応するかどうか、保証範囲はどこまでか、支払われる金額はいくらなのか、保険会社を比較して、災害発生時の被害を最小限に抑えられる対策を行いましょう。

競合他社との価格競争

建設業の利益率を下げる原因は、競合他社との価格競争です。

下請け会社になればなるほど、元請けから選ばれる条件には「安さ」が重要な要素になります。

そのため、他社よりも安いプランで仕事を請け負うことが増え、結果的に利益率を下げてしまうということ。

資材の高騰などの背景もあるため、安すぎる工事を請け負ってしまえば、結果的に損失になるリスクがあることを理解しておきましょう。

建設業の利益率を維持するための3つの対策

Several white arrows pointing upwards on a wooden wall

建設業の利益率を維持するには、以下の3つの対策がおすすめです。

  • 原価管理を徹底する
  • 競合に負けない自社のブランディングを実現する
  • 生産性をあげる

それぞれ詳しく解説します。

原価管理を徹底する

建設業の利益率を高めるには、徹底した原価管理は不可欠な取り組みの一つです。

資材の価格や人件費、道具代などを見直して、取引先の変更や人材カットを検討しましょう。

人件費を例に挙げると、工事に必要な作業員の人数よりも多く雇っていれば作業時に暇になる人が出て、人が足りなければ追加で残業代を支払う必要が出てしまいます。

資材費にも同じことがいえます。

原価を減らしすぎるとクオリティの低下やサービスの質の低下というトラブルが発生することも。

バランスを調整しながら、無駄のない原価管理を進めることが大切です。

競合に負けない自社のブランディングを実現する

競合他社との価格競争から抜け出すには、自社ならではのブランディングを行うことが大切です。

たとえば、ハウスメーカーの大和ハウスは平均坪単価が他のハウスメーカーと比較して30万円以上高い特徴があります。

坪単価が高いにもかかわらず大和ハウスがハウスメーカーの大手を維持できる理由は、「高耐震」「高耐久」「省エネ」といった自社ならではの強みを持っているから。

高級住宅を求める顧客をターゲットに絞ってブランディングしているため、他社との競争をすることなく、自社で自由な価格設定ができています。

特に下請けになることが多い中小企業は、独自性を打ち出してブランディングを強化しなければ、価格競争から抜け出せません。

自社にしかない強みや提供できる付加価値を分析し、差別化を図りましょう。

生産性をあげる

生産性の向上は会社全体の仕事のモチベーションを上げることにもつながります。

すぐに取り組める生産性を上げる方法は以下のとおり。

  • DX化を進める
  • 社員の福利厚生を充実させる
  • 資格取得支援制度や資格手当を設置する
  • 新入社員の研修制度を提供する
  • 週休2日にする

労働環境が改善され、社員のやる気が出ることで生産性が向上します。

自社の改善点を分析する場合は、自社の社員にアンケートを取る方法がおすすめです。

建設業では2024年問題に向けて働き方改革や労働生産性向上が大きなテーマとなっており、その中で中核となるテーマが「DX推進」であると言えるでしょう。

DXとは(デジタルトランスフォーメーション)の略であり、企業がデジタル技術を用いて業務フローの改善や新たなビジネスモデルの創出だけでなく、根本的な業務改善フローを確立することや企業風土の変革を実現させることを意味します。

日本企業は先進国の企業の中ではDX化の遅れが顕著であり、その中でも建設業に関しては最もDX化が遅れている業界と言われています。

また、現在、市場に存在するDXコンサルティング企業の手法が建設業に中々合わないという事情も建設業のDX化を阻む原因となっています。

ビーバーズは唯一の建設業特化のDXコンサルティングを行っており、建設業のニーズにマッチしたサービスを提供可能です。

弊社のDXコンサルティングサービスの特徴は下記です。

  • 大手DXコンサルティングの導入や基幹システムの構築よりも建設会社の経営体制に沿った業務効率化を支援できるため、安価で業務効率化を実現できる
  • IT化だけに留まらず包括的な建設会社の業務プロセスの改革、様々なITツールを連携させた建設業に最適なDX推進を提供
  • 業界特化型の為、他社のDXコンサル会社と比較して低価格で業界特有の仕組みに適合した質が高いDX推進サービスを提供
  • 建設業特化なので建設業のDXに対する課題や悩みを理解しているので寄り添ったDX推進を伴走型で提供
  • ITツールを提供する会社より近い距離でツールを導入するだけではなく、運用支援を行いながらSaaSツールだけでは行えない業務効率化も実行
  • ITツールを提供する会社でないからこそ、企業様の課題に最適なITツールの選定が可能

もし今「社内業務の効率化を行いたい」「DX推進したいがどうすればいいのかわからない」とお悩みの企業様は、以下のフォームからDXコンサルティングサービスについてご気軽にお問い合わせください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は建設業の利益率の目安や、自社の経営力を把握するために確認すべき指標の解説、大手ゼネコンやハウスメーカーの利益率の目安から目指すべき利益率を把握しました。

建設業全体の利益率(売上高総利益率)の目安は20〜25%ほどです。

建設業で利益率を上げるには、自社内の原価管理の見直しや、競合他社との差別化によるブランディングが重要な要素になるでしょう。

原価管理を徹底し自社に最適な人材や在庫を保有すれば、無駄なコストを発生せずに工事に取り組めますし、自社の強みを活かして商品・サービスをブランディングできれば、競合との価格競争に巻き込まれずに済みます。

まずは自社の利益率をデータとして算出し、必要なポイント、削減すべきポイントをまとめましょう。

建設DXとは?すぐに取り組むべき6つの建設DXの手法や成功事例を解説

建設DXとは、IT技術を活用して建設業における生産性の向上・最適化する取り組みのことです。

今後の建設業における人材確保や事業拡大を検討している会社は、建設DXを活用して自社の労働環境を改善し、生産性を上げることが重要です。

今回は、建設DXが注目されている理由やすぐに取り組むべき6つの手法、成功事例を解説します。

建設業の会社で今後の経営に悩んでいる人や、建設DX化を具体的にどう進めればいいかわからない人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

建設DXとは建設業にIT技術を導入による作業の最適化

man standing while using computer and another group of men chatting

そもそもDXとは、「デジタルトランスフォーメーション」の略語で、組織や業界がデジタル技術を活用し、業務の効率化や新たな価値の創出を目指す取り組みのこと。

建設DXは、従来の建設手法にIT技術やAI技術を組み合わせることで、人材不足の解消や従業員の長時間労働などの労働環境を改善する取り組みなどが当てはまります。

建設DXで主に利用される機能や技術は以下のとおり。

  • AI
  • IoT
  • ドローン
  • クラウドシステム
  • BIM・CIM

DX化によるペーパーレス化やリモートでの働き方が浸透すれば、建設業のネガティブなイメージが改善できることが期待できます。

細かいDX化の手法に関しては記事の後半で解説します。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設DXが注目されている3つの理由

なぜ今の段階で建設DXが注目されているのでしょうか。

ここからは建設DXが注目されている3つの理由を解説します。

  • 2024年問題に向けた働き方改革が必要だから
  • 2025年の崖へのシステム対策が求められるから
  • 建設業への就業者数を維持する必要があるから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

2024年問題に向けた働き方改革が必要だから

建設業の2024年問題とは、2024年から建設業に導入される時間外労働の上限規制をはじめとした働き方改革関連法を受け、建設業全体で働き方の改善が求められている状況のこと。

引用:[建設業及び建設工事従事者の現状]

データを見ると、建設業界は所定労働時間、所定内労働時間ともに全産業と比較して多い結果が出ています。

建設業は業界全体で人材不足が深刻なため、従業員1人に対する業務量が溢れており、長時間残業や週休を確保ができない状況が問題になっています。

建設DX化を行うことで作業員の業務量を減らし、働く環境を改善する必要があるでしょう。

2025年の崖へのシステム対策が求められるから

2025年の崖とは、経済産業省のDXレポートで話題になった言葉です。

DXレポートの内容は以下のとおり。

現状 多くの業界・会社では、デジタル技術を活用したDX化の重要性を感じている一方で、自社で扱う既存システムの複雑化や老朽化・ブラックボックス化の対処に課題を感じている
2025年以降 既存システムの維持管理費が高騰し、経済損失が最大で年間12兆円(現在の約3倍)にまで増加する

経済損失を回避するには、自社のシステムの状況を把握したうえで適切なシステム以降や導入を進める必要があるでしょう。

建設業全体でも、設計図や施工図のデータ化や書類のオンライン管理など、クラウドサービスの導入を踏まえたDX化が求められています。

建設業への就業者数を維持する必要があるから

引用:[建設投資、許可業者数及び就業者数の推移]

データを見ると、建設業では建設需要が高まっている状況に対し、就業者数が年々減少しています。

建設業は、今後も大阪万博に向けた建設需要の高まりや都市インフラの整備の需要が期待されており、将来性の高い分野であることは確かです。

自社の中でDX化を進め、従業員が働きやすい環境を整備して従業員を増やすことが、事業を維持・拡大するための重要な要素といえるでしょう。

建設業が取り組むべき建設DXの6つの手法

ここからは、建設業が取り組むべきDX化の6つの手法を解説します。

  • AI(人工知能)が搭載されたロボット・システムの活用
  • クラウドサービスを使ったペーパーレス化
  • 情報通信技術を用いた作業の効率化
  • ディープラーニングによる作業の省力化
  • ドローンを使った測量・施工の手間の削減
  • BIM・CIMを使った設計作業の簡略化

それぞれ詳しく見ていきましょう。

AI(人工知能)が搭載されたロボット・システムの活用

AI(人工知能)を搭載したロボットは、危険な作業や高度な精密作業が必要な現場で活躍します。

たとえば建設業の怪我や事故が多い資材の運搬作業をAIが担当するようになれば、従業員作業量を軽減し、安全を確保できます。

さらに、メンテナンス事業でAIを取り入れた監視システムを活用すれば、24時間365日の監視作業が人の作業なしで実現するでしょう。

AIは教育することで対応できる業務が増えるため、継続的にAI機能を活用して事業の生産性を上げることがおすすめです。

クラウドサービスを使ったペーパーレス化

建設DXのうち、今すぐできる対策はクラウドサービスを使ったペーパーレス化です。

クラウドサービスを活用すれば、以下の作業をクラウド上でデータの作成・管理できるようになります。

  • 設計図
  • 設計図
  • 見積書
  • 請求書
  • マニュアル
  • 施工管理計
  • 勤怠管理

クラウド上で保存したデータを同時に複数人が閲覧・編集できれば、印刷するために必要な紙やインクのコストを削減できるでしょう。

さらに、書類の管理が楽になり、管理者の作業コストを減らすことにもつながります。

情報通信技術を用いた作業の効率化

情報通信技術とは、ICTと略されることもあります。

ICT(Information and Communication Technology)とは、通信技術を活用して人と人をつなぐ取り組みのこと。

たとえばスマートグラスを利用して、現場の作業員とオフィスにいる施工管理者が連絡をとりながら作業を進めれば、遠隔で作業内容を細かく指示できます。

他にも、ICT重機を使った施工に取り組めば、すでに取り込んだ施工データをもとに機械による自動的な施工作業を実施可能。

作業員が働けない環境でも施工を進められます。

ディープラーニングによる作業の省力化

ディープラーニングとは、AIに教育することで、状況に応じて適切な判断ができる状態を作る仕組みのこと。

ディープラーニングを活用した事例の一つは、安全衛生管理システムです。

画像認識機能を活用して、カメラに映った作業員の服装・ヘルメットや安全帯の有無を確認できます。

ディープラーニングは何千枚ものデータをAIに学習させることで正確な判断ができるようになります。

今後の技術の拡大により、工事の作業のほとんどをAIに任せられるようになるかもしれません。

ドローンを使った測量・施工の手間の削減

ドローンを活用すれば、測量や施工の手間が削減できます。

たとえば、ドローンによる上空からの画像を活用すれば、地面からの撮影の手間をすることなく測量データの取得が可能です。

また、施工現場でドローンが撮影した映像は、離れた現場にいる施工管理者の安全確認作業に活用できます。

現場での確認が不要になるため、会社と現場を行き来する必要がありません。

建設業の技術者不足の課題は、ドローンを使った施工管理で解消できるでしょう。

BIM・CIMを使った設計作業の簡略化

BIM・CIMとは建設情報のモデリング手法の一つで、3次元モデルとして完成を可視化できる点が魅力です。

BIMは主に建設現場で、CIMは主に土木関係のインフラ整備の現場で利用されます。

BIM・CIMを活用すれば、2次元の図面を作成するのと比べ、完成図をイメージしやすくなる点が特徴の一つ。

修正する際は一部を修正するだけで、関連するデータの更新も完了するため、作業の手間が削減できます。

設計作業が簡略化することで、着工までのスピードを早めることができるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

会社ごとの建設DXの成功事例を5つ解説

実際に建設DXに成功している会社の事例を5つ紹介します。

  • 東急建設株式会社|360°カメラの導入
  • 清水建設株式会社|BIMデータを使った施工管理支援
  • 鹿島建設株式会社|AIロボットの導入で作業員の労働力を削減
  • 平山建設株式会社|クラウドツールを活用した作業効率化
  • 株式会社上東建設|発注者と受注者の検査作業のリモート化

それぞれ詳しく見ていきましょう。

東急建設株式会社|360°カメラの導入

東急建設株式会社では、施工管理作業の効率化を目指すために360°カメラを導入しました。

施工管理は、作業の進捗を工事写真に残す必要がありますが、必要な情報が抜けている、確認したい箇所の写真がないなどのトラブルが発生することもあります。

360°カメラの導入により、撮影の撮り忘れを気にしなくても良くなり、現場の安全管理としても活用できています。

施工管理の工事写真の撮影の手間が削減できたことで、生産性が向上した事例といえるでしょう。

清水建設株式会社|BIMデータを使った施工管理支援

清水建設株式会社では、現場に行かなくても現場の状況がわかる状況を作るために、BIMデータや360°カメラ、VR技術や3D点群計測を活用しています。

BIMデータとクラウドシステムを連携し、360°カメラの映像とVR技術を取り込むことでVR空間内で施工管理について話し合えるということ。

設計担当者や技術担当者、協力業者や作業員、クライアントが一度に集まって施工について相談できるため、完成までの打ち合わせ回数を削減するメリットがあります。

さらに、クラウド上で施工管理を進めることができるようになったことで、現場巡回の手間が省けます。

結果として往復4時間かけて行っていた現場巡回の時間が、30分で済むようになり、労働生産性は8倍に向上。

施工管理の業務効率化に効果的な手法といえるでしょう。

鹿島建設株式会社|AIロボットの導入で作業員の労働力を削減

鹿島建設株式会社は作業員の資材運搬の手間を減らすため、AIロボットを導入しています。

たとえば追従運搬ロボットは、作業員を追尾して自動で資材の運搬が可能。

不整地の走行にも対応しており、屋外の建設現場など舗装されていない環境下でも活躍できます。

他にも配筋結束ロボットは、コンクリートへの埋め込みを目的に敷設した鉄筋を結束する機能を持っています。

通常であれば、作業員の中腰での作業が求められる作業をロボットが代わりに対応できるため、作業員の負担を減らせるでしょう。

ロボットの活用箇所を増やしながら、作業員の労働環境を改善しています。

平山建設株式会社|クラウドツールを活用した作業効率化

平山建設株式会社は中小企業の取り組むべき建設DXを成功させた事例です。

平山建設株式会社では、中小建設業でもできるスモールDXとして、クラウドをベースとしたコミュニケーションツールを活用しています。

ツール上では、工事に必要な図面や書類、写真などの作成が可能で、作成したデータはクラウドのストレージにて保管できます。

それぞれの書類や写真にメモを残せるため、他の作業員が資料を見た場合も情報の共有が可能です。

近年では、協力業者間での情報共有もデータを使って進めており、相手方に負担をかけずに効率よく作業を進められています。

社内全体でクラウドツールを使いこなせるように、社内研修やセミナーなど、社員教育にも力をいれている点が魅力の一つ

中小企業では、いきなり大規模なDX化は難しいかもしれません。

社員教育の環境を備えたうえで、クラウドサービスの導入から始めてみると良いでしょう。

株式会社上東建設|発注者と受注者の検査作業のリモート化

株式会社上東建設では、システムを活用することで、発注者と受注者の検査作業のリモート化に成功しています。

発注者と受注者の円滑なコミュニケーションを実現する「受発注者間工事情報共有システム」を導入することで、チャットやスケジュール管理、データ共有をシステム上で行うことが可能です。

遠隔臨場機能を活用すれば、リモートでの検査を進められ、発注者と受注者が直接現場で対面することなく納品できます。

コロナ禍の対面作業が制限されたことで、現場確認の効率化が実現した事例の一つといえるでしょう。

まとめ

今回は、建設DXの概要や、必要性が高まっている背景、具体的な取り組み方法や成功事例を紹介しました。

建設DXはすべての建設業の会社に取り入れる必要性がありますが、中小企業や法人化したばかりの会社では予算やリソースなどの関係ですぐに導入できない場合もあります。

まずは成功事例を参考に、自社の問題点や改善できるポイント、どんな建設DXで改善できるかを検討し、計画を立てることが重要です。

徐々に建設DXの割合を増やしていきながら、自社の強みを育てていきましょう。

建設業で効果的な人の集め方と成功事例を徹底解説|人を増やすには目的の設定と労働環境の整備が鍵

建設業を経営する会社の多くが悩んでいるのは、人材の確保です。

建設業が人を集めるにはどんな方法が効果的なのでしょうか。

今回は、建設業で効果的な人の集め方や人材採用活動を行ううえでの注意点、実際に採用活動に成功した会社の事例を解説します。

建設業で人材不足に悩む会社や、人材を増やしたいけれど方法がわからないという人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

建設業で効果的な人の集め方5選

女性 大工

建設業で人を集めたい人は、以下の5つの採用方法を検討してみてください。

  • SNSで募集をかける
  • 自社ホームページに募集サイトを設置する
  • 求人サイトに登録する
  • ハローワークに登録する
  • 建設業の人材マッチングサービスに登録する

それぞれ詳しく解説します。

SNSで募集をかける

自社でX(Twitter)やInstagramを運用している場合は、SNSを使った採用活動が効果的です。

SNS募集では「ハッシュタグ(#)」機能を活用して応募を募れるため、SNSを使っている世代に向けた人材採用に向いています。

SNSでの募集をする場合は、募集要項や応募フォーム、選考の流れなどを細かく説明しておくことが重要です。

できるだけ多くの人に認知を広げたい場合は、SNS広告を活用することも可能。

SNSで普段から自社のサービスや取り組みを紹介している会社であれば、事前に会社の情報を応募者に伝えられるため、入社後のギャップも減らせるかもしれません。

自社ホームページに募集サイトを設置する

自社ホームページがある会社は、ホームページ上にリクルートサイトを設置して採用活動を進めるのもおすすめです。

採用にあたって求める人物像や代表からのメッセージ、募集要件をまとめておくだけで、人材採用専用のページとして活用できます。

自社ホームページから会社が提供する商品やサービスを事前に知れるため、応募前に入社後の仕事のイメージがしやすい点がメリットの一つ。

記事の後半では、自社ホームページの記載に関する注意点も解説しています。

求人サイトに登録する

求人サイトとは、企業が求人広告をまとめたサイトのこと。

求職者は無料でサイトに登録できるため、気になる企業の求人情報を検索して応募するという仕組みです。

代表的な大手求人サイトは以下のとおり。

  • マイナビ転職
  • リクナビNEXT
  • doda
  • Indeed
  • エンゲージ
  • 求人ボックス

求人サイトには、正社員転職を目指す本格的な転職サイトや、アルバイトや派遣を募集する求人サイトまでさまざまです。

求人サイトによっては、登録に費用が発生する場合もあるため、事前に掲載費や広告料などの運用コストを確認しておきましょう。

ハローワークに登録する

ハローワークとは、厚生労働省が運営する職業安定所のことです。

国が運営する人材紹介場所として、性別や国籍、年齢を問わず多くの人に求人を見てもらえるチャンスがある点が魅力の一つ。

さらに、無料で求人票を掲載できるため、コストを抑えて人材を集めたい人におすすめです。

ただ、さまざまな人が求人に応募するため、自社の求める人材にマッチした募集を選別するスキルが求められるでしょう。

建設業の人材マッチングサービスに登録する

スキルや実績のある人材を効率的に採用したい人は、建設業の人材マッチングサービスを利用してみてください。

人材マッチングサービスでは、正社員・フリーランス・協力会社などさまざまな雇用形態で働ける人材が揃っており、自社にあった人材を選べる点が魅力です。

人材マッチングサービスによっては、担当者が自社にあった人材を選定し紹介してくれることもあるため、人材採用の手間を省きたい人におすすめです

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

タイミングにより人の集め方の効果的な方法は異なる

ここまで5種類の人材採用の手段を紹介しましたが、それぞれの採用方法は、短期的・長期的な採用に向き・不向きがあります。

短期 建設業の人材マッチングサービス
長期 SNS

自社ホームページ

求人サイト

ハローワーク

たとえば、自社ホームページからの採用であれば、求職者が自社のサイトやSNSを認知した後に、応募フォームに個人情報を記載して応募するという、複数の段階が必要です。

認知を広げるまでにはWeb広告や運用活動が必要なため時間とコストがかかることを理解しておきましょう。

一方で、人材マッチングサービスはすでに登録している応募者の中から選定するだけ。

プロジェクトベースでの契約や、正社員登用など、双方の話し合いで採用方法を検討できる点が魅力です。

自社の人材採用を長期的に行いたい場合は、求人サイトや自社ホームページを活用し、短期的な人材募集をしたい人は人材マッチングサービスの利用を検討しましょう。

自社ホームページで人材採用を目指す時の4つの注意点

自社ホームページで人材採用を進める方法は、長期的な会社の人材不足の解消に効果的です。

ただ、求職者が「応募したい」と思えるような採用サイトを準備しなければ、いくら人材ページの認知を広げても応募者を確保できません。

ここからは自社ホームページで魅力的な採用ページを作るための4つのポイントを解説します。

  • 応募フォームを最適化する
  • SEO対策を実施し検索上位を目指す
  • 求める人物像を明確にしたメッセージを伝える
  • SNSと連携して発信を行う

それぞれ詳しく見ていきましょう。

応募フォームを最適化する

採用ページのゴールには応募フォームを設置しましょう。

採用ページをどんなに作り込んだとしても、応募先がなければ、求職者から連絡が来ることはありません。

応募フォームを作成・設置する場合は、以下の3点に注意しましょう。

  • 記入事項・チェックボックスが多くないか
  • 応募フォームの位置・見やすさは配慮しているか
  • 選考フローを踏まえた設計ができているか

たとえば、応募フォームの記載項目が多すぎると、応募者が途中で疲れて離脱するリスクがあります。

その後の書類審査や面接などでわかる情報であれば、わざわざ入力の手間を増やす必要はありません。

応募フォームを作成したあとは、実際に社員に利用してもらい、使いやすさを工夫するのがおすすめです。

SEO対策を実施し検索上位を目指す

採用ページに人を集めるには、サイト訪問者の数を増やすことが重要です。

SEO記事を量産してサイトを上位に検索させるSEO対策はもちろん、ターゲットを分析して適切な人材からの募集がくるように、採用サイトをWeb広告として活用する方法もおすすめです。

Web広告を活用すれば、地域や性別、年齢に絞って認知を広げられます。

ターゲット分析をしたうえでWeb広告運用を組み合わせれば、採用ページからの応募数を効果的に増やせるでしょう。

求める人物像を明確にしたメッセージを伝える

求める人物像は明確にすることが重要です。

求める人物像を考える際のポイントは以下のとおり。

  • 現場の声を反映させる
  • 社風や現場の雰囲気に合う人材の特徴を考える
  • ペルソナを設定する

求める人物像を設定しておくことで、採用側も基準を持って応募者を見極められるメリットがあります。

事前に求める人物像を採用サイトに記載しておけば、応募者自身も会社との相性を把握でき、ミスマッチを防げるでしょう。

SNSと連携して発信を行う

採用ページを設置したあとは、SNSと連携して発信活動を進めるのが効果的です。

採用ページに会社のSNSアカウントを設置しておけば、応募者が事前にSNSを見て、会社の雰囲気を掴めるかもしれません。

さらにSNSで自社の認知が広がれば、採用サイトを紹介することでWeb広告を活用しなくても採用ページの閲覧数を上げられるでしょう。

逆にホームページの情報をSNSで発信し、企業の魅力を広く知らせることも可能。

相互の拡散力を活かして、効果的な情報発信を心掛けましょう。

【建設業の中小企業】人材採用の成功事例3選

今回は、建設業の中小企業の中で人材採用に成功した事例を3つ解説します。

  • 有限会社 小松組|地方移住を検討する人材の確保
  • 株式会社 光建|主観を捨ててニーズを追求した活動
  • 中央建設株式会社|5年で従業員数を4倍に拡大

それぞれ詳しく見ていきましょう。

有限会社 小松組|地方移住を検討する人材の確保

有限会社小松組は、地域の中小企業という特徴を活かし、地方移住を検討する人に向けて採用活動を行いました。

小松組の所在地は、岡山県の北東部にある人口約1,400人の村です。

小規模の村である一方、人口の約15%は移住者が占めるという珍しい特徴があります。

小松組は移住者の中に人材確保の糸口があると考え、移住検討者に向けたイベントに参加。

移住やIターンを検討する人材にアプローチを実施して人材を確保しています。

求人サイトや自社ホームページではなく、街の特徴を活かした人材採用を成功させた事例の一つといえるでしょう。

株式会社 光建|主観を捨ててニーズを追求した活動

株式会社光建は愛知県名古屋市にある会社です。

光建が人材採用で成功した理由は、どんな人材が自社に魅力を持ってくれるかを考え、アピール先を絞ったからといえるでしょう。

地方の中小企業の採用のデメリットになるのは、知名度が足りないこと。

知名度を補うために、「地元は離れたいけど、あまり遠くには行きたくない」愛知周辺のエリアの学生をターゲットに絞り、採用活動を進めます。

さらに、採用活動を進める中で注意したのは、大手企業が集まる時期を避けてイベントに参加した点。

その結果、対策前と比較して採用ブースには20人ほどの学生を集められるようになりました。

集めた人材を逃さないように、自社の環境整備としてはDX化による業務効率化と、社内研修の充実に力を入れています。

自社の求める人材を確定するだけでなく、その人材が自社に何を求めているかを追求して、採用活動を成功させた例といえるでしょう。

中央建設株式会社|5年で従業員数を4倍に拡大

中央建設株式会社は、福利厚生を充実させ、社員にとって働きやすい職場を提供したことで採用活動に成功しています。

大きな特徴の一つは、定年退職の年齢を70歳まで引き上げたこと。

年齢による減給やカットは行わず、スキルに応じた働く場所を提供しています。

他にも借上げ社宅や各種手当、スキルに応じた給与制度など、中央建設株式会社の福利厚生は社員の働くモチベーションを高めているといえるでしょう。

魅力的な福利厚生や働きやすい労働環境の設置により、中央建設株式会社の従業員数は、5年で4倍に拡大しています。

さらに、現在も応募者が継続しているという状況だそう。

自社で働きたい人材を増やすには、まず自社内の労働環境の整備が重要だということがわかる事例といえるでしょう。

人材採用をスピーディーに行うならビーバーズにお任せ

自社ホームページ、採用ページの設置は、将来的な人材採用を効率化するために効果的ですが、今すぐ人材が欲しいという時にはおすすめできません。

今すぐ自社にあった最適な人材を求めるひとは、「ビーバーズ」にお任せください。

ビーバーズは建設業に特化した人材マッチングサービスです。

正社員やフリーランス、協力会社などさまざまな雇用スタイルを提案します。

最短2日で自社にあった人材を紹介してくれるため、緊急で人材を求める人に向いています。

会社の定期訪問やヒアリングなど、きめ細やかなアフターサポートを提供しつつ、人材採用のマッチング度合いを高めてくれる点も魅力の一つ

さらにプロの目線から、長期的な採用に向けた戦略のアドバイスも可能です。

まずは自社の人材採用の悩みや課題を相談してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は、建設業の人の集め方に注目して、5種類の人材採用の方法や自社ホームページを使った採用活動の注意点、実際に採用活動を成功させた中小企業の成功事例を解説しました。

建設業は人材不足が懸念されていますが、正しいアピールを行うことで、自社にあった人材を確保できます。

人材確保には、複数の方法があるため、自社にあった集め方を利用するのがおすすめ。

さらに、人材確保の方法を決めたあとは、どうやったら自社で働きたいと考える人材を集められるかを考え、適切な対策を行いましょう。

今回紹介した成功事例は、中小企業のものなので再現性が高いはずです。

まずは自社の分析から始めつつ、適切な人材を見つけましょう。

建設業の2024年以降の動向を分析|2023年までの課題の振り返りや今後の見通し、対策を解説

建設業は2023年以降、さまざまな課題に直面しています。

倒産件数の増加や資材価格の変動、人材不足など建設業で生き残るには、具体的な対策を検討する必要があるでしょう。

今回は、建設業の会社が2024年以降も生き残るための、業界の動向の分析や対処すべき課題、事業を維持するために必要な要素を解説します。

建設業に必要な今後の対策や行動を知りたい人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

建設業の現状と3つの課題とは

work, chinese, industrial

今後の見通しを考える前に、建設業が現在直面している課題について考えます。

  • 海外情勢の変化による資材の高騰
  • 少子高齢化による後継者不足・人材不足
  • 新型コロナウイルス禍による倒産件数の増加

それぞれ詳しく見ていきましょう。

海外情勢の変化による資材の高騰

建設業が利用する建材や資材の多くは海外から輸入されています。

近年はウクライナ情勢の悪化や世界的な円安が影響して、資材の高騰が深刻です。

引用:[2022年度の「建設業」倒産動向]

2019年度と比較すると、2022年度の建設物価は1.5倍以上増加。

工事資材の高騰は、工事費用の増加につながるため、建設業では今後も激しい価格競争に悩まされるかもしれません。

少子高齢化による後継者不足・人材不足

建設業界で深刻になっているのが、労働人口の少子高齢化です。

引用:[建設業を巡る現状と課題]

データを見ると、2022年(令和4年)の労働人口のうち、55歳以上は35.9%、29歳以下は11.7%という結果に。

少子高齢化が原因で発生する問題は、後継者不足です。

建設業は資格の有無によって建設業許可の取得可否が決まるため、技術のある人材を育てる必要があります。

現状が続けば、技術を持った職人の大多数が退職をしてしまい、後継者が育つ環境を失ってしまうかもしれません。

新型コロナウイルス禍による倒産件数の増加

帝国データバンクの調査によると、2022年度(2022年4月〜2023年3月)は、過去2年間よりも倒産件数が増加しています。

引用:[2022年度の「建設業」倒産動向]

倒産件数が増加した主な原因は、上記で説明した物価の上昇と人材不足です。

新型コロナ禍の影響で中小企業の飲食店や宿泊施設などのサービス業の建設計画が中断している状況も、倒産件数の増加に起因しているのかもしれません。

特に建設業の中小企業は、今後も物価や環境の影響を強く受ける可能性があります。

会社を倒産させないためにも、今できる対策を考える必要があるでしょう。

建設業が懸念すべき2024年問題を解説

建設業の将来の動向として、2024年問題がよく挙げられます。

2024年問題とは、2024年4月までに建設業界が解決する必要がある労務環境の働き方改革のこと。

2024年4月から、建設業全体に以下の規制が適用されます。

  • 労働時間の上限規制
  • 月60時間を超えた場合の時間外割増賃金率引上げ

従来までは36協定の申請があれば、残業時間に制限なく労働時間を設定することが可能でした。

しかし今回の改革により、時間外労働時間に罰則付きで上限が設けられます。

つまり、2024年4月までに業務の効率化を実施して社員に割り当てられた仕事量を減らさなければ、従業員の働ける時間が減るため、従来どおり事業を回すことが難しくなるということ。

人材不足が懸念されている建設業で、従業員一人ひとりの働き方を見直す必要が出ています。

また、2023年から月60時間を超える労働に対する時間外割増賃金率の引上げが実施されています。

引上げ率は以下のとおり。

月60時間超の時間外労働への割増賃金率:25%から50%

月の残業時間が60時間を超えた段階で割増賃金が発生するため、会社では1人当たりの残業時間の削減が求められるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

2024年問題に向けて建設業が取り組むべきDX化3選

2024年問題を回避するために建設業が取り組むべき行動は、DX化です。
ここでは具体的なDX化の手法を3つ解説します。

  • テレワークの推進
  • IT技術やAIを活用した現場作業の効率化
  • i-constructionによる建設業のICT化の普及

それぞれ詳しく見ていきましょう。

テレワークの推進

建設業が従業員の残業時間の削減のために取り入れるべき DX化は、テレワークです。

テレワークとは、家やカフェなど会社ではない場所から仕事をする働き方のこと。

建設業は実際に現場に入って作業する業務が多いため、テレワークとは無縁だと考えられがちです。

しかし、施工管理やCADオペレーター、設計士などの業務では、ICT技術を活用することで在宅での働き方ができるかもしれません。

たとえば施工管理の業務は工事現場での監督作業が含まれることで、監督作業中に別の作業ができなくなり、長期残業につながるというデメリットがありました。

ICT技術を活用することで、現場監督をしながら別の業務ができるようになれば、作業効率化につながり、残業時間を解消できるかもしれません。

IT技術やAIを活用した現場作業の効率化

作業員の労働時間の削減や安全確保のために、IT技術やAI技術の活用が効果的です。

実際に大手ゼネコンでは生産性の向上を目的に、積極的にAIを活用しています。

たとえば大手ゼネコンの一つである鹿島建設では、ダムなどの大型構造物に使うコンクリート型枠作業を、ロボットを使った「全自動化」に成功しています。

従来であれば5人で5時間弱の作業量だったのに対し、現在ではオペレーター1人が現場で対応し、3時間で完成。

ロボットの活用は、建設業の事故や怪我を防ぐことにもつながるでしょう。

i-constructionによる建設業のICT化の普及

i-constructionとは、政府が推奨する建設現場のさまざまな工程にICT技術を導入し、生産性向上を目指すための取り組みです。

i-constructionの導入では以下の作業をデジタル化・IoT技術で対応することを提案しています。

測量 ドローン等による3次元測量
設計・施工計画 3次元測量データを活用した施工量(切り土、盛り土量)の算出や設計・施工計画の立案
施工 ICT建設機械の自動制御による施工
検査 ドローン等による3次元測量を活用した検査の実施

出来形の書類が不要となり、検査項目が半減

引用:[i-Construction~建設現場の生産性革命~]

すべての建設現場でi-Constructionの実施を検討しているため、建設業全体でICT化が普及することが予想されます。

業界の動きに置いていかれないように、自社でも徐々にICT化の導入を検討してみてください。

建設業が取り組むべき労働環境の改善方法3選

ここからは、建設業が取り組むべき労働環境の改善方法を3つ解説します。

  • DX化による長時間残業の解消
  • 海外人材を活用した人材不足の解消
  • 建設キャリアアップシステムによる技術者の賃金の確保

それぞれ詳しく見ていきましょう。

DX化による長時間残業の解消

上で紹介したDX化を実施することで、作業員一人当たりに対する作業量が削減できます。

機械が作業を実施する間、作業員は別の作業に取り組めるようになるため、1日にこなす作業量が減り、結果として残業時間が削減できるでしょう。

他にも、DX化により作業員の作業の手間を削減すれば、業務効率化につながります。

たとえばペーパーレス化を実施して、クラウド上で書類が確認できれば、書類を探す手間や他の利用者が終わるまで閲覧を待つ必要もありません。

業務の中でDX化できる内容を見極め、徐々に作業を効率化していきましょう。

海外人材を活用した人材不足の解消

人材不足に対処するためには、海外からの人材を積極的に導入することが重要です。

政府は海外人材の業務区分を19区分と細分化していましたが、2022年からは業務区分を3区分に統合し業務範囲を拡大しています。

さらに特定技能外国人の安全性確保の観点から、専門工事業団と特定技能外国人受入事業実施法人と連携して業務に関わる前の訓練や研修を充実させているとのこと。

建設業の人材不足は、海外人材によって解消されるかもしれません。

建設キャリアアップシステムによる技術者の賃金の確保

建設業で働く技術者の課題は、資格に対する正当な賃金体制ができていないことでした。

2023年から建設キャリアアップシステムが建設業に導入され、技能者はICカードを使って自身の就労履歴を記録・管理できるように。

結果として、実績を可視化してどの現場でも正当な支払いを受けられるようになります。

事業者側としても、採用する人材のスキルを判断しやすくなるため、建設業全体の生産性の向上が期待できるでしょう。

2024年以降の建設業の見通しを解説

2024年以降の建設業はどう変化していくのでしょうか。

  • 今後も拡大する建設業全体の需要
  • 脱炭素化に向けた取り組みの増加
  • 改装工事・修繕工事の需要の拡大

それぞれ詳しく解説します。

今後も拡大する建設業全体の需要

結論、建設業は今後も拡大が見込まれます。

なぜなら、今後の日本の建設計画としては大阪万博に向けた建設計画や都市のインフラ改修、再開発プロジェクトなど多数検討されているため。

引用:[最近の建設業を巡る状況について]

データを見ると、平成23年ごろまでに停滞している建設投資額も令和3年度にかけて徐々に増加しています。

どの工事に需要があるか、どう自社が入り込めるかを分析することが重要になってくるでしょう。

脱炭素化に向けた取り組みの増加

環境への配慮が求められ、建設業も脱炭素化への取り組みが進んでいます。

例を挙げると、省エネ技術の導入や再生可能エネルギーの活用など。

建設業で扱う工事の中でも環境に貢献できる項目は多数あります。

SDGsへの取り組みは、競合他社との差別化や会社のイメージアップにもつながります。

改装工事・修繕工事の需要の拡大

建設業は新築だけでなく、改装や修繕工事の需要も拡大しています。

新規工事だけを請け負っている会社は、改装工事・修繕工事のサービス展開を検討してみてください。

今までは公共工事を請け負っていた会社が、リフォーム業に業務を切り替えたことで、事業を回復させたという事例も。

需要のある分野への参入が、生き残りの鍵になるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

2024年以降の建設業で生き残るために必要な3つの要素

ここからは2024年以降の建設業に求められる3つの要素を解説します。

  • 競合他社との差別化
  • 新規事業への取り組み
  • アナログとデジタルの組み合わせ

それぞれ詳しくみていきましょう。

競合他社との差別化

厳しい下請け構造が定着した建設業では、構造の下に行くほど競争力が高くなります。

下請け構造から脱出することで、自社独自の強みや特徴をアピールできるようになり、事業の安定化につながるでしょう。

下請け構造から脱出するために不可欠なのは、競合他社との差別化です。

差別化をするには、自社の強みや弱み、競合他社の分析を行うことが重要。

細かい分析方法やマーケティング手法を知りたい人は下記の記事を読んでみてください。

新規事業への取り組み

建設業だけでは事業を継続できないと考えた場合、新規事業への参入も検討しましょう。

自社の強み・弱みを他業界での活用を考えることで、少ないリソースで事業参入を進めることが可能です。

たとえば仕事が取れずに人手が余っているのであれば、別業界の人手が足りない会社へリソースを提供する方法が効果的かもしれません。

新規事業の参入に関する記事は、こちらで詳しく解説しています。

アナログとデジタルの組み合わせ

競合他社との差別化や新規事業への参入のどちらの手段を検討する場合も、アナログとデジタルを活用した集客が必須です。

たとえばエリアを限定した事業の認知の拡大であれば、チラシやイベントの開催を行ない地元の人との関わりを増やすことが大切です。

一方で、全国展開できるサービスを保有している場合は、SNSやWeb広告を活用して、絞り込んだターゲットに向けた発信を行う方が効果的でしょう。

アナログの手法も大切にしつつ、徐々にデジタルツールを導入して効率化することで、安定した成果を上げることが可能です。

まとめ

今回は建設業の現状の課題と2024年以降の動向、会社を維持するためにやるべき対策を解説しました。

建設業は少子高齢化や資材の高騰、倒産企業の増加など厳しい課題に直面しています。

しかし、記事で紹介した対策のように、自社だけの強みの発見やDX化、労働環境の改善などさまざまなアプローチを組み合わせることで対処できるでしょう。

2024年以降も建設業は大きく変化する可能性があります。

変化する環境に適応しながら、自社ならではの経営を目指すことが重要です。

【建設業】自社に合った協力会社・人材の探し方とは?おすすめ人材紹介サイト7選

建設業は人材不足が懸念されています。

自社の人材が不足している場合、優秀な協力会社や適切な人材を見つけることで工事の実施が可能です。

会社に必要な人材を募集する場合、どんな方法が効果的なのでしょうか。

結論、自社に合った協力会社・人材を探すには人材マッチングサービスの利用がおすすめです。

今回は、建設業の会社に合う協力会社の探し方や人材マッチングサービスの利用メリット、おすすめ会社7選、利用の注意点を詳しく解説します。

人材不足で会社経営に悩みを抱えている人は、人材マッチングサービスの利用をぜひ検討してみてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

建設業で効果的な協力会社の3つの探し方

そもそも、会社の人材以外の職人や作業員の探し方には、どんな方法があるのでしょうか?

  • 自社ホームページで募集する
  • 知り合いからの紹介を活用する
  • 人材マッチングサービスを活用する

それぞれ詳しく解説します。

自社ホームページで募集する

自社のホームページを持っている場合、人材採用ページを設置して人を募集する方法が利用できます。

自社ホームページを活用した人材獲得のメリットは、ホームページに掲載してある会社の特長や魅力を知った上で応募する人材を確保できる点です。

一方で、自社のホームページの集客力によって、人材が確保できるかどうかが決まります。

自社のホームページだけに頼ると、人材確保が難しくなるかもしれません。

知り合いからの紹介を活用する

人材を募集したい場合は、知り合いに紹介してもらう方法も効果的です。

信頼できる人物からの紹介であれば、協力会社・人材の質が担保されている場合が多いため、仕事をする中での不安を減らせます。

実際に仕事がうまくいけば、紹介してくれた人との関係性が向上する可能性もあるでしょう。

一方で、紹介してもらってもトラブルが発生したり仕事がうまくいかなかった場合、紹介者との関係性が悪化するリスクもあるかもしれません。

人材マッチングサービスを活用する

自社に合った適切な協力会社・人材を集める効果的な方法は、人材マッチングサービスの利用です。

人材マッチングサービスは、多くの優秀な職人や作業員が登録している場です。

必要な時に必要なスキルを持った人材と出会える点が魅力の一つ。

人材マッチングサービスにはさまざまな種類があるため、必要な人材・予算に合わせてサービスを選べるでしょう。

建設業で人材マッチングサイトを活用する3つのメリット

建設業で効率的に協力会社・人材を見つけたい人は、人材マッチングサービスがおすすめです。

なぜなら人材マッチングサイトを活用すると3つのメリットが期待できるから。

  • 営業コストを削減できる
  • 求めるスキルや作業単価を設定して募集できる
  • 自社にない人材を確保して仕事の幅を広げられる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

営業コストを削減できる

人材マッチングサイトを利用すれば、広告や営業活動にかかるコストを大幅に削減できます。

人材マッチングサービスを利用する場合、会社は必要な条件を登録し、適切な候補者とマッチするまで待つだけです。

サービスによっては、担当者が会社にあった人材を紹介して手続きを進めていくサポートを実施することも。

通常人材を採用する場合、営業担当者や採用担当者を確保して、面接の調整や契約の確認、条件のすり合わせの実施など、時間と手間がかかります。

人材マッチングサービスを利用すれば、営業担当などを確保できない小規模の会社でも豊富なサポートを受けながら人材を確保できるでしょう。

求めるスキルや作業単価を設定して募集できる

人材マッチングサイトでは、会社の求める人材のスキルや予算などを細かく設定できます。

会社にとって、必要な時に必要な人材をすぐに見つけられる人材マッチングサイトは、時間を無駄にせず人材確保が可能です。

適切な人材を確保できるように、人材マッチングサイトを利用する前に求める人材のスキルや条件・予算を確認しておくことが重要です。

自社にない人材を確保して仕事の幅を広げられる

人材マッチングサイトを通じて、新たなスキルや経験を持つ人材と出会えば、請け負う工事の規模を大きくできるかもしれません。

たとえば、自社が建設会社の中でも外装をメインに取り扱う事業を行っている場合、内装の建設設備を行える協力会社・人材を確保すれば建設工事を元請けとして対応できるということ。

自社にないスキルを補えば、仕事の幅を広げられるでしょう。

建設業の人材マッチングサイトおすすめ7選

Close-up of Human Hand

ここからは建設業で協力会社・人材を探している人におすすめな、人材マッチングサイトを7つ紹介します。

  1. ビーバーズ
  2. 助太刀
  3. CAREECON(キャリコン)
  4. KIZUNA
  5. 請負市場
  6. ローカルワークスサーチ
  7. ケンカツ

それぞれ詳しくみていきましょう。

ビーバーズ

ビーバーズは、株式会社ビーバーズが運営する人材マッチングサイトです。

ビーバーズでは、社員募集はもちろん一人親方などのフリーランスの職人の採用もできるため、自社にとって必要な採用方法を選べる点が魅力の一つ。

ビーバーズでは、建設業の会社が効率的な人材獲得できるように、ヘッドハンティング事業や素早いリサーチを活用しながらサポートします。

高度外国人材の活用や、将来的な人材確保の提案など、5年10年を見据えた採用戦略をアドバイスしてもらえるため、はじめて利用する会社も使いやすいでしょう。

サービス名 ビーバーズ
運営会社 株式会社 ビーバーズ
公式サイト https://beavers.co.jp/

※2023年11月28日時点

助太刀

助太刀は、建設事業者と職人をつなげる人材マッチングサービスです。

サービスの強みは、豊富な登録者数とスカウト機能です。

2023年現在、助太刀のアプリには20万以上の事業者が登録しており、会社が求める人材にマッチする可能性が高いといえるでしょう。

さらにスカウト機能も活用できるため、自社がサービスを利用する中で気になった人材にスカウトメールを送ることも可能です。

アプリでサービスを利用するため、手軽に人材マッチングができる点が強みといえるでしょう。

サービス名 助太刀
運営会社 株式会社 助太刀
公式サイト https://suke-dachi.jp/

※2023年11月28日時点

CAREECON(キャリコン)

CAREECON(キャリコン)は、建設業界向けの協力会社探しや工事案件の受発注ができる人材マッチングサービスです。

CAREECON(キャリコン)の特徴は、登録者の情報が詳細に記載できるポートフォリオを作成できること。

施工実績や請負情報など、複数の写真を用いて説明できるため、人材を探す際の指標になります。

自社ページの閲覧率も確認できるため、定期的に自社ページの情報を更新していくと良いでしょう。

サービス名 CAREECON(キャリコン)
運営会社 BRANU株式会社(ブラニュー)
公式サイト https://careecon.jp/

※2023年11月28日時点

KIZUNA

KIZUNAは、人材を探す会社と協力会社との円滑なコミュニケーションを支援する人材マッチングサービスです。

問い合わせから契約まで、徹底したサービスを用意している点が魅力の一つ。

有料プランと無料プランに分かれており、その人にあったサービスを選択できます。

緊急で人員を探している際の急募機能もあるため、タイミングに合わせてサービスを使いこなしましょう。

サービス名 KIZUNA
運営会社 株式会社 デジタル・コミュニケーションズ
公式サイト https://kizuna.works/

※2023年11月28日時点

請負市場

請負市場は株式会社コントラフトが運営する、建設業に特化した人材マッチングサイトです。

登録企業は30,574社、掲載案件数は12,976件を誇っており、エリアや職種を絞って案件を検索できます。

請負市場の強みは、評価制度を採用して、協力企業・人材の技術力や丁寧さなどの情報を明確な評価基準で示している点。

実績や信頼度を確認しながら人材を探せます。

サービス名 請負市場
運営会社 株式会社コントラフト
公式サイト https://www.ukeoi-ichiba.com/

※2023年11月28日時点

ローカルワークスサーチ

ローカルワークスサーチは、無料で利用できる人材マッチングサービスです。

工事を担当できる協力会社・人材を探す場合は、担当スタッフが独自のデータベースを活用して提案してくれます。

さらに施工管理担当者との面談スケジュールの調整までサポートすべて対応してくれるため、人材獲得までの手間が省けるでしょう。

サービス名 ローカルワークスサーチ
運営会社 株式会社ローカルワークス
公式サイト https://localworks.jp/

※2023年11月28日時点

ケンカツ

ケンカツはLINEを活用して建設業の人材とマッチングするサービスです。

マッチングサービスはもちろん、zoomを使ったオンライン面談のダイレクト共有や電子申請機能など、LINEだけで完結する機能が豊富。

スマートフォンを使って人材募集ができるため、手軽に応募ができるでしょう。

サービス名 ケンカツ
運営会社 株式会社ケンカツ
公式サイト https://www.kenkatsu.tech/

※2023年11月28日時点

建設業の人材マッチングサイトを利用する際の3つの注意点

ここまで7つの人材マッチングサイトを紹介しましたが、どのサイトを利用する場合も、注意すべきポイントがあります。

  • 複数社を利用してマッチング度合いを確かめる
  • 依頼した仕事も責任を持ってチェックする
  • マッチング相手との相互利益を追求する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

複数社を利用してマッチング度合いを確かめる

建設業で人材マッチングサイトを利用する場合は、複数のサービスを利用して、どれが一番使いやすいかを判断しましょう。

サービスごとに登録している人材の種類は異なるため、協力会社・人材の質を確保したい人は人材マッチングサービスの精度を高める必要があります。

複数の人材マッチングサイトを利用して、複数の協力会社・人材と仕事を進める中で、自社にとって最適な協力会社を見つけましょう。

依頼した仕事も責任を持ってチェックする

協力会社・人材に仕事を依頼したとしても、最終的なクオリティの確認が自社で行う必要があります。

スケジュールや品質に問題が生じた場合は、迅速に対処し、今後の対策としてマニュアルを設定するのもおすすめです。

仕事を丸投げせず、責任を持って一緒に仕事を進めるという認識を持つことが重要です。

マッチング相手との相互利益を追求する

人材マッチングサービスを利用して獲得した協力会社・人材は、継続的に仕事を依頼する可能性があります。

長期的な関係を築くためには、協力会社・人材との相互利益を追求することが重要です。

下請けとして仕事を依頼する場合は、諸経費などの金額も踏まえた契約金額を設定することも大切な配慮の一つ。

細やかなコミュニケーションを行い、サポート体制を作るなどの対策をしましょう。

まとめ

今回は建設業の人材不足の解決策の一つとして、協力会社・人材の探し方を紹介しました。

協力会社・人材の探し方には、知人の紹介や自社ホームページからの募集などさまざまな方法がありますが、特におすすめの方法は人材マッチングサイトの活用です。

紹介した7つの人材マッチングサイトを比較して自社に必要な人材を見つけてみてください。

さらに、記事の後半では人材マッチングサービスを利用する際の注意点も解説しています。

建設業における人材の獲得を成功に導くには、マッチングした人材とのコミュニケーションが重要です。

必要な対策を踏まえて、自社に必要な人材の確保に役立ててください。

株式会社ビーバーズでは、採用成果を最大化する施策をご提案・伴走し建設会社様と一緒に作り上げていく「採用コンサルティングサービス」をご提供しています。

ビーバーズでご提供している採用コンサルティングサービスのラインナップの一例は下記です。

  • 建設専門の総合支援サービスだからこそWEB制作会社や人材紹介会社の併用よりも割安で中長期的に採用に困らない体制を内製化できる
  • 建設業の転職活動に最も向き合っている人材会社が提供する採用コンサルティング
  • 業界唯一の建設業特化の採用コンサルティングサービス
  • 建設業特化により企業様の課題に合わせた最適なコンサルプランがカスタマイズ可能なため、数ある採用コンサルサービスの中で最も建設業界特有の採用ニーズに適合できる
  • 自社採用の問題解決ノウハウを活かし、建設業界の採用問題を解決
  • HP作成だけではなく採用代行、採用RPOも対応可能

これらの施策以外にも、ご依頼いただく建設会社様と複数回打ち合わせを行い、その会社様ならではの悩みを解決するための施策をご提案いたします。

「応募者を増やすためにホームページを作り変えたい」「人材紹介だけに頼らず自社で人材を獲得できるようにしたい」とお考えの経営者・ご担当者様は、下記の採用コンサルティングサービス実施事例をご参照ください。

建築業で従業員を増やすための対策5選|人手不足の原因やおすすめの人材確保の手段を解説

建設業で会社を経営している人にとって、大きな課題の一つが「従業員の確保」ではないでしょうか。

建設業は、業界全体で人材不足が懸念されています。

自社の従業員を増やそうと思っても、採用活動がうまくいかないと悩むかもしれません。

今回は建設業で従業員を増やすのが難しい理由や具体的な解決策、実際に採用にかかる費用やおすすめの人材確保の手段を解説します。

従業員を増したいけれどうまくいかない、将来的に人材を増やそうと考えている人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

建設業が人手不足になる5つの理由

なぜ建設業は全体的に人材不足が問題になっているのでしょうか。

今回は、以下の5つの理由を解説します。

  1. 入社してもすぐに辞めてしまう
  2. 労働環境が整っていない
  3. 職人が高齢化している
  4. 3K(きつい・汚い・危険)のイメージがついている
  5. 建設業の需要が高まっている

それぞれ詳しく見ていきましょう。

入社してもすぐに辞めてしまう

引用:[建設労働者を取り巻く状況について]

データを見てわかるように、建設業の離職率は、全産業の中でも高い数値を出しています。

特に新卒者の離職者数は48.5%。

つまり、就職しても2人に1人が仕事を辞めているという状況です。

人材を採用しても定着につながらない理由は、労働環境や賃金体系、仕事の特徴などが挙げられます。

採用には手間も時間もかかるため、採用してすぐに人が辞める状況は、会社としても大きなダメージになるでしょう。

採用活動は、採用したら完了ではなく、採用した人材が一人前に働けるようにサポートするという認識を持っておくことが重要です。

労働環境が整っていない

建設現場の労働環境が整備されていないと、従業員は働きにくさを感じ、離職率の上昇につながります。

たとえば新しい従業員を採用した場合、以下の制度は十分に揃っていますか?

  • 新入社員用の社員研修
  • 業務マニュアル
  • 資格取得支援制度
  • 適正な賃金
  • ボーナス
  • 女性更衣室・トイレ

たとえば未経験から建設業に転職した人にとって、新入社員の研修やサポートがない環境は不安が蓄積されてしまうでしょう。

「自分が今、自社に入ったら…?」と想像して、足りないものを考えてみてください。

職人が高齢化している

引用:[建設業を巡る現状と課題]

データを見て分かるように、建設業で働く55歳以上の割合は35.9%です。

全産業で働く55歳以上の割合が31.5%という点と比較すると、建設業の高齢化が深刻だということがわかります。

主力の職人が高齢化すれば現場に入れなくなる可能性もあり、新しい人材の確保は必須です。
特に建設業は屋外での作業や力作業が必要なので、体力のある若い世代が求められます。

55歳以上の職人が定年退職するまでに、若い世代を教育して後継者を育てなければいけません。

3K(きつい・汚い・危険)のイメージがついている

建設業に対するネガティブなイメージとして「3K」という言葉があります。

3Kとは「きつい・汚い・危険」の3つの言葉を組み合わせた言葉で、建設業の業務を表しているといわれています。

ネガティブなイメージによって、建設業を避けている人もいるほど。

3Kのイメージがなくなるよう、会社内での労働環境の改善が必要です。

次の章からは3Kのイメージを改善するための詳しい対策を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

建設業の需要が高まっている

建設業が人材不足になっている原因は、人材が不足しているにもかかわらず、建設需要が高まっているからです。

引用:[建設投資の推移]

データを見ると、建設業全体の建設投資額は2014年から徐々に増加しています。

今後の建設業の動向としても、大阪万博のためのインフラ整備やリニアの建設、都市部のインフラ修繕など、需要の高まりが期待できるでしょう。

大規模な建設工事の増加により、会社同士の競争が激化しているため、有能な従業員を確保する難しさが高まっています。

弊社では、建設・不動産業界に携わる数多くの方の仕事探しを成功に導いております。転職、派遣、フリーランス、一人親方、建設業者全ての方々のニーズに適切な優良求人・案件をご紹介可能です。

  • 完全週休2日制の求人
  • 50代60代70代でも応募可能なお仕事
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 高収入求人、高単価案件多数
  • 無料登録から最短1週間で就業可能

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめの求人・案件をご紹介することも可能です。

\建設業界の仕事探しなら/

建設業で従業員を増やすための5つの対策

人材不足が叫ばれる建設業ですが、会社によっては人材獲得に成功している場合もあります。

ここでは建設業で従業員を増やすための5つの対策を解説します。

  1. 建設業の悪いイメージを払拭する
  2. DX化を進めて作業を効率化する
  3. 労働環境を整える
  4. 給与条件を改善する
  5. 外国人労働者の雇用を検討する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

建設業の悪いイメージを払拭する

建設業の3Kのイメージを改善するには職場環境の改善はもちろんですが、改善した取り組みを発信することが重要です。

なぜなら建設業に関するネガティブなイメージは根強く、発信活動をとおして人々の意識を変える必要があるからです。

効果的な方法の一例としては、SNSによる発信活動やイベント・セミナーの実施など。

まずは自社の問題点を改善し、発信活動を進めましょう。

DX化を進めて作業を効率化する

建設業の労働環境を改善するには、DX化が効果的です。

DX化とは、企業が市場の変化に対応したデジタル技術の導入を行い、新たな価値、体験を提供することです。

建設業でできるDX化の事例は以下のとおり。

  • 設計図の手書きの作成からBIMデータの活用
  • 紙の書類管理からクラウドサービスの活用
  • 人手で行う測量作業からドローンの活用

技術導入により、危険な作業を軽減させ、従業員の作業効率の向上が期待できます。

作業効率が上がり、労働環境が改善されれば、建設業に魅力を感じた人材を確保できるでしょう。

労働環境を整える

建設業の人材を確保するために特に重要な項目は、従業員が働きやすい環境づくりです。

働きやすい労働環境が整っていれば、自然と就職を求める声が出てくるはず。

具体的にできる対策は以下のとおり。

  • クラウドツールを使った業務効率化
  • ペーパーレス化による修正の手間の解消
  • 工事現場の週休2日制の導入
  • 女性が働きやすいトイレ・更衣室の設置

自社の職場環境の変えるべきポイントがわからない人は、自社内でアンケートを実施するのがおすすめです。

給与条件を改善する

優秀な人材を求める場合、働きたいと思わせるような給与条件を設定しましょう。

基本賃金だけでなく、ボーナスや特別手当などの細かい報酬も検討するのがおすすめです。

他にも資格手当の導入や新人研修の充実、福利厚生の向上など、従業員が将来にわたり安心して働ける制度の整備は働きやすい会社の大切な要素の一つ。

どんな制度・条件があれば社員が集まるかを考え、自社の予算と相談しましょう。

外国人労働者の雇用を検討する

2022年に外国人労働者の業務区分が19区から3区分に変更されました。

引用:[建設分野における外国人材の受入れ]

さらに、建設業に係るすべての作業を新区分に分類され、訓練や各種研修制度が充実しています。

国内の人材不足を解消するためにも、外国人労働者の採用を検討してみてください。

多様性が充実した職場になれば、職場全体がオープンな雰囲気になり、企業アピールにも活用できます。

外国人労働者の言語や文化の違いに対応するため、マニュアルの設置や研修制度の実施など、細やかなサポート体制を整えましょう。

建設業で従業員を増やすために必要なコスト

money, finance, business

では実際に新しく従業を増やすためには、どのようなコストがかかるでしょうか?

ここでは建設業で従業員を増やすために必要なコストを3つに分けて解説します。

  • 採用担当者への人件費
  • 新規採用者への人件費
  • 教育制度の導入や社員保険などの福利厚生費

それぞれ詳しく見ていきましょう。

採用担当者への人件費

採用活動を進める場合、応募者の面接対応や日程調整、会社説明会の実施などを実施する採用担当者が必要です。

自社内で担当者を決めてもいいですし、優秀な従業員を獲得するには、経験豊富な採用担当者を確保することも効果的な方法の一つ

採用担当者は、書類審査や面接審査を実施する中で、応募者が自社に合う人材かどうかを見極める必要があります。

採用担当者という人員を確保する必要がある点を確認しておきましょう。

新規採用者への人件費

新しい従業員を採用した後は、採用人員分の人件費が追加で必要になります。

採用した後は、従業員に支払う給与以外にも、社会保険料の支払いや備品の準備にコストがかかります。

採用後にやりくりに困らないためにも、採用後に発生する人件費をあらかじめ計算しておくことが重要です。

教育制度の導入や社員保険などの福利厚生費

新しい従業員が加わった後は、給与や社会保険料以外にも、福利厚生というコストが発生します。

福利厚生の事例は以下のとおり。

  • 外部トレーナーによる研修講義
  • 研修制度の運営に伴う費用
  • 資格取得手当の費用
  • 歓迎会の費用
  • 住宅手当などの費用

新しく雇った従業員が早く会社に馴染めるように、歓迎会や説明会、研修制度などの細やかなサポートを徹底しましょう。

建設業で従業員を採用する3つの手段

建設業で従業員を探す場合、具体的には以下の3つの手段を活用します。

  1. 自社のホームページから募集する
  2. 知人の紹介から募集する
  3. 人材マッチングサービスに登録する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自社のホームページから募集する

自社のホームページを活用した採用は、自社とのマッチングの高い従業員を獲得できるチャンスです。

なぜなら、応募してきた人材はネット上から自社を検索してホームページを確認したうえで働きたいと考えているから。

ホームページの記載内容をあらかじめ共有できている認識で採用活動を進められるため、入社後のギャップを減らし、離職を防げるでしょう。

しかし、自社のホームページから人材を募集する場合、ホームページ自体の一定の集客力が必要です。

集客力を手にするには、Web広告の活用や有益な記事の執筆が求められます。

自社のサービス内容を伝えられるよう、具体的な施工実績の発信を行い、採用ページ用に先輩社員の声などをまとめたページを設置するのもおすすめ。

集客力のある自社サイトを設計できれば、人材の採用だけでなく、新規顧客の獲得にも活用できるでしょう。

知人の紹介から募集する

建設業の知り合いや取引先からの紹介で、新しい従業員を採用する方法も効果的です。

知り合いというからの紹介は、紹介者に対する信頼度によって採用前のハードルが下がり、採用後も長期的なケアを行えるメリットがあります。

また近年はリファラル採用という、自社の社員からの紹介で採用する方法も人気です。

実際に会社で働く社員から、会社の内情や雰囲気、細かい給与面の話まで聞いてから応募を決められるため、入社前の情報のすり合わせの手間が省ける点が魅力の一つ。

社内の従業員が自分の会社を他の人にも知ってもらいたいと思えるような、快適な労働環境や、画期的な制度を考えることで、リファラル採用の効果を得られるでしょう。

人材マッチングサービスに登録する

手間をかけずにスピーディーに従業員を確保したい人は、人材マッチングサービスの活用がおすすめです。

建設業に特化した人材マッチングサービスを活用することで、優秀な従業員を素早く見つけられます。

建設業に特化した人材マッチングサービスで特におすすめなのは、「ビーバーズ」です。

ビーバーズでは、社員募集やフリーランスなどの派遣募集、協力会社の募集など、さまざまな採用方法を選べる点が魅力です。

最短2日で自社の求める人材を紹介してくれるため、人材を比較する手間を省けます。

さらに長期的な採用を踏まえた戦略の相談にも対応するため、長期的に人材雇用を検討している会社におすすめです。

弊社では、建設・不動産業界に携わる数多くの方の仕事探しを成功に導いております。転職、派遣、フリーランス、一人親方、建設業者全ての方々のニーズに適切な優良求人・案件をご紹介可能です。

  • 完全週休2日制の求人
  • 50代60代70代でも応募可能なお仕事
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 高収入求人、高単価案件多数
  • 無料登録から最短1週間で就業可能

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめの求人・案件をご紹介することも可能です。

\建設業界の仕事探しなら/

まとめ

今回は建設業で従業員が増えにくい背景や、従業員を増やすための対策、採用に必要なコストの確認や、効率的に人材を確保する方法を解説しました。

建設業は人材不足に相反して建設需要が増加しています。

若い人材を確保して後継者として育てることで、今後も規模の大きな工事に取り組めるでしょう。

人材採用を効率的に行いたい人は、建設業の人材マッチングサービスの利用がおすすめです。

特に将来の採用計画や高度外国人材の活用などの知識も身につけたい人は、ビーバーズにぜひ相談してください。

スピーディーな人材紹介はもちろん、担当者の定期訪問や細やかなアフターフォローも充実しています。

まずは公式サイトから人材採用に関する悩みを相談してみましょう。

品質保証の仕事に向いている人の特徴とは?必要な資格や転職のコツを解説

品質保証とは、自社製品や自社サービスについて、品質基準に達していることを確認したり、販売後のアフターフォローを行ったりする職種です。

品質保証は、製造から出荷後にかけて製品の品質を長いスパンで一貫して保証する仕事です。そのため、原材料や部品の仕入れ段階から生産完了に至るまでの、さまざまな工程で不良品を発見したり、改善策を提案したりする必要があります。また、顧客からのクレームや意見を受け付けたり、不具合に関する情報を集めたりすることもあるでしょう。

そのため、人によっては強いストレスやプレッシャーを感じる可能性がある、厳しい仕事です。

そこで今回は、品質保証の仕事に向いている人の特徴や必要な資格、転職する際のコツを解説します。品質保証に興味のある方や、転職を希望する方も、ぜひ参考にしてください。

品質保証の仕事とは?業務内容の特徴やメリット・デメリットを解説

man standing while using computer and another group of men chatting

品質保証とは、製品やサービスの質を保証するために必要な業務です。

品質保証の仕事の内容は、自社が提供する製品やサービスが、ISOなどの国際際標準を満たしているか、原材料調達・製造・出荷・販売時まで一貫して品質が保証できる体制にあるかをチェック、改善することです。

品質保証の業務内容と特徴

具体的には、以下のような業務があります。

  • 製品の仕様書や規格書の作成
  • 原材料の品質調査
  • 工程改善
  • 品質トラブルの対応

これらの業務は、製造工程だけではなく、原料(材料)の調達、製造、出荷、販売と製品が消費者の手元に渡って使われるところまで責任を負い、各工程において品質が一定の水準をクリアしているか見届ける仕事です。

そのため、品質保証の仕事には、消費者の安全や法律の遵守などの重い責任がかかるのが特徴です。

品質保証のメリットとデメリット

上記のようなことから、品質保証の仕事には、次のようなメリットとデメリットがあると考えられます。

品質保証のメリット

  • 顧客から高い評価や信頼を得られる可能性が高い
  • 品質管理や改善提案などを行うことで、自分自身が成長できる
  • 製造現場全体を支える重要な役割を担うことができる

品質保証のデメリット

  • トラブル対応や細かい作業などでストレスがかかることが多い
  • 原材料や法律など幅広い知識が必要となる
  • 人手不足や競争激化などで求人数が減少する可能性がある

品質保証の仕事に向いている人とは?その特徴を解説

論理的思考能力の高い人

品質管理では、問題の原因や解決策を仮説として立てて検証することが多くあります。そのため、現象や結果から逆算して原因を推測し、可能性のある説を検証することができる人が適していると言えるでしょう。

コミュニケーション能力の高い人

品質管理では、他部署との折衝や指導、顧客からのクレーム対応など、さまざまな人とコミュニケーションを取ることがあります。そのため、自分の意見を適切に伝えることができる人や、人前で話すのが苦手でない人が適していると言えるでしょう。

向上心がある人

品質管理では、常に品質を高めるために、最新の情報や新しい知識を取り入れる必要があります。そのため、自分の仕事に満足せずに、新しい技術や方法に興味を持ち、学習し続けることができる人が適しています。

リスクマネジメント能力の高い人

品質管理では、将来のトラブルや問題を適切に予見し、現段階でリスクを取り除くことができる能力が必要です。そのため、工程表や仕様書に沿って作業を行い、ささいな変化や異常に敏感に気付くことができる人が適しています。

細かいことに気づける人

品質管理では、製品の品質をチェックする際に、細部まで見通す注意力が求められます。そのため、他の人が見逃すかもしれない細かい部分にも注意を払うことができる人が適しています。

正義感や倫理観がある人

品質管理では、不正や適切でない方法を容認せず、品質を維持し、安全性や信頼性を守るために努力する必要があります。そのため、周りの意見に流されずに、正しいことを伝えることができる人や、企業の評判や信頼を築くことに責任を持つことができる人が適しています。

メンタルが強い人

品質管理では、調査や分析などコツコツとした作業や、ルーティンワークにもなりがちな作業も少なくありません。また、品質に関する責任も重く、ストレスがかかることが多いのも、品質保証の仕事の特徴です。

そのため、しっかりと自分を制して確実な仕事ができる人や、精神的に強い人が適していると言えるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質保証の仕事に必要な知識やスキル

データを収集して分析し評価する知識とスキル

品質保証では、品質に関するデータを集め、分析し、評価するためのスキルが求められます。 品質保証においては、データを収集するための検査や測定機器の扱い、得られたデータの分析手法、最終的な結果を適切に評価して組織内にフィードバックするといった知識やスキルは、品質保証業務をこなす上で必須のスキルです。

対人コミュニケーションスキル

品質保証は、製造現場や顧客と密接に連携する仕事の1つです。 そのため、高い対人コミュニケーションスキルが重要となります。そのため、製造現場や顧客と円滑に話し合い、問題や要望を伝えたり聞いたりすることができる人が適任です。

リスクマネジメントスキル

品質保証は、製品の不良率や顧客満足度などに影響する重要な業務です。 そのため、リスクマネジメントスキルが必要となります。それは、不良品やクレームが発生した場合に、迅速かつ適切に対応し、再発防止策を立てることができる人が求められるからです。

品質保証の仕事に役立つ資格

man, writing, laptop

品質保証の仕事に役立つ資格は企業や業界によって異なりますが、一般的には以下のようなものがあります。

品質管理検定(QCC検定)

品質管理検定(QCC検定)は、品質管理として働く人に必要な資格です。品質の管理をきちんと行うことができるかをテストする試験で、2級まであります。2級は品質保証などの品質に関わる仕事をしている人のための試験内容となっています。

JSQC認定品質技術者

JSQC認定品質技術者は、上記の品質管理検定の上級資格です。日本品質管理学会(JSQC)が主催する試験で、実績ポイントを一定期間で獲得することで資格を取得できます。

この資格を取得することで、品質管理技術についての高度な知識やスキルを証明できます。

ソフトウェア品質技術者資格認定

ソフトウェア品質技術者資格認定は、ソフトウェアの品質保証を目指す人におすすめの資格です。一般財団法人日本科学技術連盟が主催する試験で、ソフトウェアテストやレビュー、品質マネジメント、ソフトウェア技術、ソフトウェア品質の概念などが出題されます。

上記のような資格は、大学卒業程度の専門知識や実務経験があれば取得しやすいですが、企業によっては応募条件として求められる場合もあります。そのため、自分が就職したい業界や企業に合わせて準備することが大切です。

また、これら以外にも品質保証に役立つ知識やスキルはたくさんあります。例えば、理学や農学などの分野で専門的な知識を持っていれば食品関連の仕事に就くことも可能ですし、機械工学や材料科学などの分野で専門的な知識を持っていれば精密機器関連の仕事に就くことも可能です。

そのため、自分が興味や適性を持つ分野を探してみることをおすすめします。

品質保証の仕事における年収やキャリアパス

品質保証の仕事における年収やキャリアパスは、会社や業界、業務内容などによって異なりますが、一般的には高い水準と言えるでしょう。

品質保証は、自社の製品が顧客の要求や規格に適合しているかを確認したり、不良品やクレームに対応したりすることで、会社の信頼性や顧客満足度を高める重要な役割を果たす仕事です。そのため、品質保証の仕事は大きな責任とプレッシャーが伴うものですが、それだけにやりがいも感じられるでしょう。

品質保証の平均年収

品質保証の年収は、給与体系や勤勤続年数などによって変わりますが、2020年度における平均年収は約400万円から850万円程度と幅広くなっています。

食品や生活必需品などイレギュラー対応が多い業界では、残業代や休日対応などがつくことで、高額になるケースもあるようです。

ただし、その仕事の内容は非常にハードで、強いストレスやプレッシャーがかかることも多いため、安いと判断される場合もあるでしょう。

品質保証のキャリアパス

品質保証のキャリアパスは、個人の目指す方向性によって異なりますが、一般的には以下のようなルートがあります。

マネジメントコース

マネジメントコースとは、チームや製造工程をマネジメントする立場へ進むことです。上司や先輩から仕事を教わりながら経験を積み、スタッフからリーダーへステップアップするルートです。

研究開発コース

研究・開発コースとは、製品開発に携わる立場へ進むことです。仕事を重ねながら技術力を高め、新しい製品を提案し、実現することを目指します。

サービスコース

サービスコースとは、顧客対応を担う立場へ進むことです。クレーム対応だけでなく営業活動も行い、顧客満足度を高めることを目指します。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質保証の仕事に転職する際の注意点やコツ

two women sitting on chair

品質保証は、企業の信用に大きく関わる重要な仕事です。そのため、強い責任感や折衝能力、ストレス耐性などが求められます。

品質保証には、専門的で幅広い業務があります。そのため、より専門性を深めたい、あるいは業務領域を広げていきたいという動機で転職されるケースが多くみられます。

また、品質保証の職務経歴書では、業務内容や得意分野、志望動機(転職理由)などに品質管理や品質保証に必要な知識を盛り込みましょう。

品質保証の転職ガイドラインとしては、書類選考では履歴書と志望動機文をしっかりと作成し、面接対策では自分の経験やスキルを具体的に伝えることがポイントです。

品質保証で有利な資格としては、品質管理理検定(QCC検定)や、品質マネジメントシステム審査員などがあります。品質マネジメントシステム審査員とは、ISO 9001などの品質マネジメントシステムの認証を受けた企業に対して、そのシステムが適切に運用されているかをチェックする専門家のことです。これらの資格を持っていると企業の評価も変わるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質保証への転職には転職エージェントの利用がおすすめ

転職エージェントは、求職者が無料で利用できる、転職サービスのことです。転職エージェントを利用することで、ご自分の希望や条件に合った求人を紹介してもらえるため、仕事が早く見つかるのがメリットです。

また、転職エージェントに登録すると、自分の履歴書や職務経歴書をアップデートしたり、面接対策を無料で受けることも可能です。これらのサポートを受けることで、転職活動の効率や成功率を高めることができるでしょう。

転職エージェントは、自分の強みや適性を見極めてくれるため、自己PRや志望動機などが書きやすくなります。また、転職エージェントに相談することで、自分に合った業界や企業を知ることもできるでしょう。これらの情報をもとに、自分に魅力的な職種やポジションを選ぶことができます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーが、自分のキャリアプランや目標に応じて適切なキャリアチェンジやスキルアップを提案してくれるため、キャリア開発にも役立つでしょう。

このように、転職エージェントは品質保証への転職だけでなく、今後の成長にも大いに貢献します。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質保証の仕事に関するよくある質問Q&A

Q.1品質保証とは何ですか?

A.品質保証とは、自社製品やサービスが顧客要求を満たすことを確認し、不良品が発生した場合に対策をを講じることで、顧客満足度を高める活動や仕事のことです。

Q2.品質保証と品質管理の違いは何ですか?

A.品質保証とは、できあがった製品やサービスが顧客の要求や規格に満たしているかを確認し、納品後も顧客に安心や満足を保証するための体系的な活動を指します。具体的な仕事は、データのチェックや調査、クレーム対応などの業務が該当します。

一方、品質管理とは、製造時に不良品を出さないための手段や方法を実施する活動です。責任は出荷時点までで、製造過程に関わるのが特徴です。

Q3.品質保証の仕事の内容は?

A.品質保証の仕事内容は、出荷される製品や提供されるサービスが顧客要求を満たしていることを確認し、確認結果は顧客に文書で通知し保存することです。また、製品やサービスに不具合が生じた場合に対策をを講じると共に、再発防止を図り製品やサービスの改善に努めます。

Q4.品質保証の年収やキャリアパスは?

A.品質保証の年収は、業界や企業規模によって異なりますが、一般的には300万円~500万円程度が相場となっています。また、キャリアパスでは、品質部門だけでなく開発部門や営業部門などへ異動したり、独立して自分で会社を立ち上げたりすることも可能です。

Q5.品質保証に必要なスキルは?

A.品質保証に必要なスキルは、顧客ニーズや期待を把握し分析する能力、問題解決能力やコミュニケーション能力、データ分析能力などです。また、ISO9001などの国際規格に基づいた品質マネジメントシステム(QMS)への理解も必要です。

品質保証の仕事のまとめ

このように、品質保証の仕事は、ただ日々の業務を遂行する以外のプレッシャーを感じる方が多い傾向にあります。

ただ、求人や収入が比較的安定している傾向にあるため、品質管理への転職を希望する方が多いのもまた事実です。

そこで、品質保証への転職を考える際は、ご自分に合っている仕事かどうかの分析を行い、しっかりとご自身の適性を理解してから転職活動を行うことが重要です。

転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

品質保証の仕事がきつい|転職におすすめの職種や成功するコツを解説

品質保証とは、製品やサービスの品質を検査したり、改善したりする仕事のことですが、その内容は業界や企業によってさまざまです。

品質保証の仕事には、高い専門性と責任感が求められますが、それに見合うだけの報酬や評価が得られないこともあります。また、品質保証の仕事は、細かいチェックや繰り返しの作業が多く、ストレスや疲労がたまりやすいといったデメリットもあります。

そのため、品質保証の仕事がきついと感じ、転職を考える方が多いのも事実です。しかし、品質保証の仕事をしていたからといって、どんな職種にも転職できるわけではありません。品質保証の仕事で培ったスキルや経験を活かせる職種を選ぶことが、転職に成功するためのポイントです。

そこで今回は、品質保証の仕事がきついと感じている方に、転職におすすめの職種や成功するコツを解説します。品質保証の仕事から転職をしたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-enomoto
榎本 芽玖キャリアコンサルタント
これまで転職エージェントとして数多くの求職者に携り、即戦力に限らず、建設業界未経験のキャリアサポート実績が顕著。施工管理に限らず、現場事務(書類作成)やCADオペ、職人向けの案件マッチングも得意とする。

品質保証とは?品質保証の仕事内容を解説

man standing while using computer and another group of men chatting

品質保証の仕事は、自社製品やサービスが、決められた品質基準を満たしているかを確認することです。これには、原材料や部品の調達、製造工程の検査、出荷後のアフターフォローなどが含まれます。そして、製品やサービスに不良品があった場合には、その原因を分析し、改善策の提案を行います。

また品質保証は、顧客からのクレームや意見に対応したり、再発防止や顧客満足度の向上に努めることが求められる、非常に重要な仕事です。

そこで、品質保証部門内で他部門と連携し、品質管理や生産管理などの業務支援も行います。

このように、品質保証は、自社のブランドイメージや信頼性を守る重要な仕事の1つです。そのため、消費者のニーズに応えるだけでなく、自社内のさまざまな部門に対して目を光らせながら、常に改善し続ける姿勢と努力が求められます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質保証の仕事がきついと言われる理由

Men's White Dress Shirt

品質に責任を持つプレッシャーがある

品質保証では、自社の製品やサービスの品質が、顧客や社会にどう影響するかを考える必要があります。そのため、自分の仕事が重要であると感じることも多いでしょう。

しかし、自分では問題ないと思った製品やサービスに不良や不具合が起こることも稀にあります。そうなると、周りからは、きちんと仕事をしていないように見られてしまう可能性があります。また、トラブルが発生したときには、少しでも早く対応しなければなりません。もし、原因の特定に時間がかかったり、有効な対策を講じられなかったりした場合は、遅くまで残業をすることもある仕事。

このようなトラブルが起きやすい品質保証は、他の仕事と比較しても、やはりプレッシャーを感じやすい仕事と言えます。

クレーム対応に追われることがある

商品やサービスを提供する企業では、顧客からのクレームや苦情を受けることが多くあります。そして、そのクレームに対応し、処理をするのが品質保証部門です。

品質保証部門で、苦情やクレームで憤慨している顧客に対して謝らなければならないことをストレスに感じる人も多いでしょう。また、顧客から説明を求められることも多く、その際にはロジカルな説得をしなければなりません。

そのため、自社の製品やサービスに対する網羅的な知識とともに、高いコミュニケーション能力と論理的思考力が必要です。

もし、自分でも十分に理解していない状態でクレーム対応にあたると、上手く説明できず、更なるストレスにつながってしまいます。

さらに、同じ時期にクレームが複数発生すれば、原因の究明をクレームが来た分だけ行わなければなりません。

このように、顧客への対応だけでなく、社内にあるトラブルの原因究明に追われることが、しんどいと感じ、ストレスを感じる方も多いでしょう。

製造部門との軋轢が生じる可能性がある

品質保証は、他部署への働きかけやコミュニケーションも多く行わなければならない仕事です。その中でも、特に製造部門へ指摘する場合には、注意深く行う必要があります。

なぜなら、製造部門では、品質保証から指摘を受けることで作業量が増え、品質保証部門と製造部門に軋轢を生むことが多いからです。

そのため、品質保証から指摘された問題点や改善策を製造部門側の工場に伝える際には、工場側から反発されたり無視されたりすることもあるでしょう。

このように、製造部門への指摘は、双方の関係性や信頼性を損ねてしまう可能性があるため、ストレスやプレッシャーを感じる方が多くなります。

仕事にやりがいが感じられない人もいる

品質保証は、製品やサービスの品質を維持することが目的です。そのため、自分の仕事がどのように顧客や社会に貢献しているかを実感することが難しいかもしれません。

品質保証の仕事は、問題が起こらないことが望ましいです。しかし、問題が起こらないことは、自分の仕事が評価されないことにもつながります。

このように、品質保証の仕事は問題が起こったときにこそ重要性が高まりますが、そのときには責任やプレッシャーが増します。

そのため、品質保証の仕事は、仕事のやりがいを感じにくい仕事と言えるかもしれません。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質保証の平均年収

品質保証の平均年収は、指標とする統計データによって異なりますが、一般的には400万円~500万円前後が実態と考えられるでしょう。

ただし、実際の給料は、企業規模や業界、職種やスキルなどによって大きく変わります。例えば、非鉄金属や輸送用機械、半導体、電気・電子などのメーカーでは平均より給料が高い傾向にありますが、食品や飲料、化粧品、雑貨などのメーカーでは給料がやや低めとなるケースが目立ちます。

また、品質保証の仕事は年功序列の傾向が強いため  、勤続年数を重ねるほどに給料が上昇するのが一般的です。しかし、その一方で、残業代が抑制されることが多いのも特徴です。そのため、実際の手取り額は、月々約25万円~30万円程度と考えられます。

このように、品質保証の仕事はその厳しい内容の割に安いと感じる方が多いため、品質保証を辞めて転職したいと考える方が多いのです。

品質保証の仕事をやめるメリット

ストレスや責任から解放される

品質保証の仕事は、顧客や上司からの期待や要求に応える必要があります。また、品質に関する問題や不満が発生した場合には、対処する責任があります。

これらのことは、品質保証の仕事をする人にとって、大きなストレスの原因となるでしょう。品質保証の仕事をやめることで、このようなストレスや責任から解放されます。ストレスが減ると、心身の健康や幸福感が向上する可能性があります。

自分の時間や趣味を自由に使える

品質保証の仕事は、長時間労働や休日に働くことが求められることもあります。そんな品質保証の仕事をやめることで、自分の趣味などに費やす時間を増やすことが可能です。

自分の好きなことをすることで、ストレスを軽減したり、自己実現や創造性を高めたりする効果に期待ができるでしょう。

新しいキャリアチャンスが広がる

品質保証は、特定の分野や業界に限定されることが多い仕事です。品質保証の仕事をやめると、自分の興味や能力に合った、他の分野や業界に挑戦することができます。

新しいキャリアチャンスに挑戦することは、自分のスキルや知識を向上させたり、新しい人や経験に出会ったりする機会を増やすことにつながるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質保証の仕事をやめる際の注意点

品質保証の仕事を辞める前に、以下の点に注意しましょう。

  • 品質保証の仕事で得た知識やスキルはどう活かせるか
  • 品質保証以外に興味ある職種は何か
  • 品質保証以外に得意な分野は何か
  • 品質保証以外に目指すキャリアプランは何か

これらのことを明確にしておくことで、自分に合った選択肢を見つけることができます。また、自己都合で退職する理由を伝えられるように、しっかりと準備しておくことも大切です。

そこで退職する前に、信頼のできる転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談し、転職理由を明確にした上で、次の仕事を検討することが重要です。

品質保証の仕事から転職する際の注意点

自分の強みや志向を明確にする

品質保証の仕事は、細かいチェックや分析が必要なため、細部にこだわる性格や論理的思考力が求められます。また、品質管理システムの構築や改善には、コミュニケーション能力やリーダーシップも必要です。

そこで、自分が持っているスキルや経験、興味や適性を整理し、自分の強みや弱みを把握するようにしましょう。自分の強みや志向に合った転職先を探すことで、転職後のキャリアアップが可能となり、モチベーションも高まります。

転職先の企業や業界の研究をする

品質保証の仕事は、業界や企業によって、求められる品質基準や品質管理方法が異なります。例えば、製造業では、ISOやJISなどの国際的な品質規格に準拠することが必要ですが、IT業界では、アジャイルやスクラムなどの開発手法に合わせた品質管理が必要です。

そこで、転職先の企業や業界の特徴やニーズを調べ、自分が持っているスキルや知識が活かせるかどうかを判断することが重要です。また、転職先の企業の文化や雰囲気、評判や口コミなどをチェックすることで、転職後の働きやすさや満足度が向上します。

品質保証から転職するならどんな職種がおすすめ?

品質管理への転職

品質管理とは、製品やサービスの品質を計測・評価・改善するために、機械や装置などの技術的な知識やスキルを用いる職種です。品質管理は、製造業だけでなく、医療・食品・エネルギーなどの分野でも必要とされる重要な役割を担っています。

品質管理へ転職する場合は、自分が得意とする技術や分野に応じて、適切なポジションを探すことが大切です。例えば、自動車メーカーから他の自動動車メーカーへの転職はあまりおすすめできませんが、自動動車メーカーで培った技術や知識を活かして、自動動車関連の品質管理やコンサルティングファーム、監査法人に就くことも可能です。

品質監査への転職

品質監査とは、製造業者が提供する製品やサービスが、法令や規格に適合しているかどうかをチェックするために行う外部的な監査活動です。

品質監査は、消費者保護や信頼回復にも貢献する重要な役割を担っています。

品質監査へ転職する場合は、自分が得意とする分野や規格に応じて、適切なポジションを探すことが大切です。例えば、医療機器関連のコンサルティングファームや監査法人では、「医療機器等安全性確保対策マニュアル」などの法令遵守に関する知識が求められます。

品質保証のコンサルタント

品質保証のコンサルタントとは、製造業者が抱える問題点や課題を解決するための施策を提案し、実行を支援する専門家です。

品質保証のコンサルタントは、リスクマネジメントコンサルタントや製造業コンサルタント、教育・研修コンサルタントなど、さまざまな種類があります。

リスクマネジメントコンサルタントは、事業継続計画(BCP)や個人情報流出対策、不正会計対策、データ改ざん対策、コンプライアンス対策などのリスク管理体制を策定・構築・支援するのが主な仕事です。

一方、製造業コンサルタントは、モノづくりの開発リードタイムの短期化や品質検査工程のデジタル化(DX推進)などの、製造業に特化した課題解決を行います。

教育・研修コンサルタントは、品質管理検定(QC検定)やISO規格などの品質管理に関する知識やスキルを教育・研修することで、品質保証の人材育成を支援するのが仕事です。

品質保証のコンサルタントに転職することで、以下のようなメリットがあるでしょう。

  • 品質保証の経験や知識を活かして、多様な業界や企業の課題解決に貢献できること
  • コンサルティングファームや監査法人などの優良企業に就職できる可能性が高いこと
  • 年収や待遇が向上する可能性が高いこと
  • コンサルティングスキルや経営的視点を身につけることができること
  • コンサルティング経験後のキャリアパスが広がること

品質保証の教育や研修の講師業

品質保証の教育・研修とは、品質管理に関する知識やスキルを教える仕事です。

品質保証の教育・研修は、品質保証のコンサルタントの一種とも言えますが、コンサルタントが課題解決に重点を置くのに対し、教育・研修は人材育成に重点を置くのが特徴です。

品質保証の教育・研修では、品質管理検定(QC検定)やISO規格などの資格取得のための講座や、品質管理の基礎知識や実践方法などの研修を行います。

品質保証の教育・研修に転職するメリットには、以下のようなものがあります。

  • 品質保証の経験や知識を活かして、品質管理の人材育成に貢献できること
  • 教育・研修機関やコンサルティングファームなどの優良企業に就職できる可能性が高いこと
  • 教育・研修スキルやコミュニケーションスキルを身につけることができること
  • 教育・研修経験後のキャリアパスが広がること

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理の仕事のまとめ

このように、品質保証の仕事は、ただ日々の業務を遂行する以外のプレッシャーを感じる方が多い傾向にあります。

そのため、求人も収入も比較的安定している傾向にありますが、転職を希望する方が多いのもまた事実です。

そこで、品質保証からの転職を考える際は、ご自分に合っている仕事を見つけるための分析を行い、しっかりと理解してから転職活動を行うことが重要です。

転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

品質管理の仕事のやりがいと魅力|業務内容や向いている人の特徴を解説

品質管理とは、製品やサービスの品質を確保するために行う業務です。品質管理の仕事には、品質基準の設定、検査、改善などが含まれます。品質管理の主な職種には、品質管理技術者、品質管理監査員、品質保証担当者、品質管理コンサルタントなどがあり、それぞれ異なった業務があります。

品質管理は、顧客満足度の向上やコスト削減に貢献するだけでなく、社会的な信頼や安全性の確保にも重要な役割を果たす仕事です。

ただ、各職種によって必要な知識や資格、やりがいなどが異なるため、品質管理の仕事に就く際は、ご自身の興味や得意な分野を良く考えて選ぶことが大切です。

そこで今回は、品質管理の仕事のやりがいと魅力や、業務内容や向いている人の特徴を詳しく解説します。品質管理に興味のある方はもちろん、就職や転職を目指す方も、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-enomoto
榎本 芽玖キャリアコンサルタント
これまで転職エージェントとして数多くの求職者に携り、即戦力に限らず、建設業界未経験のキャリアサポート実績が顕著。施工管理に限らず、現場事務(書類作成)やCADオペ、職人向けの案件マッチングも得意とする。

品質管理とは?品質管理の重要性

woman inside laboratory

品質管理とは、製品やサービスの品質を維持・向上させるために、検査や検証、保証などを行う仕事です。この品質管理は、製造業において重要な役割を果たしています。

品質管理の仕事の重要性について、以下のようなものがあります。

顧客満足度を高める

品質管理は、顧客満足度を高めるための、重要な仕事です。

顧客は、製品やサービスが自分の期待や要求に応えられているかどうかを判断します。そのため、品質管理が不十分だと、顧客は不満を持ち、クレームに繋がったり、信頼を失う可能性があるでしょう。

品質管理が適切に行われることで、顧客は満足感や感謝の気持ちを抱き、リピートやポジティブな口コミを促す可能性があります。

コスト削減に貢献する

品質管理は、コスト削減に貢献する、重要な仕事です。

品質管理が不十分だと、不良品の発生や再発防止に多くの時間や労力がかかるため、人件費や原材料費などのコスト増加につながります。

品質管理が適切に行われることで、不良品の発生率や再発率を低く抑えることが可能です。これは、コスト削減や生産性の向上につながります。

イノベーションを促進する

品質管理は、イノベーションの促進にも重要な役割を果たす仕事です。

品質管理が不十分だと、顧客のニーズや市場の変化に対応できないため、競争力の低下や市場シェアの減少につながります。しかし、品質管理が適切に行われることで、顧客のニーズや市場の変化に、柔軟に対応できるようになります。これは、競争力の向上や市場シェアの拡大につながります。

品質管理の業務内容

品質管理の主な業務には、次のようなものがあります。

工程管理業務

工程管理業務では、製品やサービスの品質を保証するために、工場などの製造現場で、生産ラインや設備の管理、生産計画やスケジュールの策定、作業標準書やQC工程表の作成などを行います。

品質検証業務

品質検証業務は、製品やサービスの品質が一定の基準や規格に適合しているかどうかを、検査や試験などで確認する業務です。不良品や不合格品の発生率や原因を分析し、報告書を作成します。

品質改善業務

品質改善業務は、製品やサービスの品質を向上させるために、問題点や改善点を見つけ出し、PDCAサイクルに沿って対策を立案・実施・評価・改善する仕事です。また、製造スタッフの教育や研修なども行います。

以上のように、品質管理の仕事内容は、製品やサービスの品質に関わるさまざまなプロセスを管理することです。品質管理は、消費者の安全や満足度を高めるとともに、企業の競争力や収益性にも大きく影響する重要な仕事です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理の仕事のやりがいとは?

お客様からの信頼や感謝を得られること

品質管理の仕事は、顧客の要求や規格に適合した製品やサービスを提供することで、顧客満足度や信頼性を高めることが目的です。品質管理が適切に行われると、顧客は品質の高い製品やサービスを受け取ることができ、信頼や感謝を得ることができます。

品質管理の仕事をする人は、このような顧客の反応を見ることで、自分の仕事の価値や意義を感じることができるでしょう。

会社に貢献できること

品質管理の仕事は、会社の業績や競争力を向上させることにも貢献します。

品質管理が適切に行われると、不良品の発生率や再発率を低く抑えることができ、コスト削減や生産性の向上につながります。また、品質管理が適切に行われることで、顧客のニーズや市場の変化に対応でき、競争力の向上や市場シェアの拡大にもつながるでしょう。

品質管理の仕事をする人は、このように会社の成長や発展に貢献することで、自分の仕事の重要性や責任を感じることができます。

社会の安全や健康に貢献できること

品質管理の仕事は、社会の安全や健康にも貢献します。

品質管理が適切に行われると、不良品や不備が原因で起こる事故やトラブルを防ぐことができ、社会の安全や健康を守ることができます。

品質管理の仕事をする人は、このように社会の福祉や公益に貢献することで、自分の仕事の社会性や貢献性を感じることができるでしょう。

仕事の成果が目に見えること

品質管理は、仕事の成果が目に見えやすい仕事です。品質管理が適切に行われると、製品やサービスの品質が向上し、顧客の満足度や信頼性が高まるからです。

そのため、品質管理の仕事をする人は自分の仕事の成果を目に見える形で確認することができ、自分の仕事の効果や影響を感じることができるでしょう。

また、品質管理は、品質の指標やデータを用いて仕事の成果を測定することができる仕事です。そのため、品質管理の仕事をする人は、自分の仕事の成果を客観的に評価することができ、自分の仕事の進歩や改善を感じることも可能です。

創意工夫やチームワークが求められること

品質管理は、創意工夫やチームワークが求められることが多い仕事です。

品質管理は、常に顧客のニーズや市場の変化に対応する必要があるため、新しい品質基準や方法論を考えたり、新規開発や技術革新に関わったりすることも多いのが特徴です。

そのため、品質管理の仕事をする人は、自分の知識やスキルを活かしたり、創造性や発想力を発揮したりすることができます。

また、品質管理は、各部門やチームと連携する必要があるため、他の人と協力したり、コミュニケーションや交渉をしたりすることも重要です。そこで、品質管理の仕事をする人は、自分の人間性や協調性を発揮したり、チームワークやリーダーシップを学んだりすることもできるでしょう。

幅広いキャリアアップの可能性があること

品質管理は、様々な業界や分野で必要とされるスキルです。

品質管理に携わる人は、自分の専門性や知識を深めることで、自分のキャリアを広げることができます。また、品質管理は、チームワークやコミュニケーション、問題解決、分析、統計などの能力も要求されます。品質管理に携わる人は、これらの能力を磨くことで、自分の人間性やリーダーシップを高めることができるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理に向いている人の特徴

細かいことに気がつく人

品質管理では、製品やサービスの品質を測定するために、さまざまな基準や規格、指標、方法、ツールなどを用いて、細かくチェックする必要があります。そのため、品質管理には、高い専門性や技術力、注意力、正確さ、迅速さなどが求められます。

細かいことに気づき、問題を発見し、改善することができる人は、品質管理に向いていると言えるでしょう。

論理的に物事を考えられる人

品質管理では、なぜ不良品が発生するのかや、作業手順をどう改善して効率的にするか、品質を保ちながらコストを削減する方法など、さまざまな課題に取り組む仕事です。そのため、新たなアプローチを模索するために、常にアイデアを出し合い、試行錯誤することが必要です。

このような仕事に向いているのは、論理的な思考が得意で、細部まで深く考えることが好きな人と言えるでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

品質管理では、品質に関する窓口になることも重要な仕事の1つです。消費者からの品質相談や直接的なクレームは、まず企業のカスタマーサポートに届きます。その後、品質管理部に消費者の意見が届けられ、より質の高い商品開発や製造へと繋がっていきます。

また、小規模の企業やBtoB企業の場合、品質管理の担当者が直接的な窓口になる場合もあるため、品質管理においては、消費者や他部署とのコミュニケーション能力が非常に重要です。

責任感が強い人

品質管理では、製品やサービスの品質に対して、担当者が責任を持つことが重要です。そのためには、責任感が強く、自分の仕事に誠実に取り組み、品質の向上に貢献する意識が求められます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理のキャリアパスの一例

品質管理は、製品やサービスの品質を維持・向上させるために行う仕事で、製造業だけでなく、食品や化粧品などさまざまな業界で活躍できる仕事です。

品質管理の仕事には、検査業務や工程改善など、さまざまな役割があります。

このような品質管理の経験を活かしたキャリアアップには、以下のような選択肢があります。

  • 生産管理や品質保証などの技術系職種への転職
  • 品質保証部門や生産部門などの部署内での異動
  • 品質保証コンサルタントや教育者などの専門家への転職

それぞれ解説します。

生産管理や品質保証などの技術系職種への転職

生産管理や品質保証などの技術系職種への転職では、一般スタッフからリーダーやマネージャーに昇格することが可能です。

ただし、このようなケースでは、製造工程やデータ分析・リスク分析を担当することが多いため、製造ライン全体を監視し、問題解決に取り組める能力やスキルが求められるでしょう。

技術系職種への転職は、自分の能力を高めるだけでなく、会社全体の利益に貢献できるキャリアパスです。

品質保証部門や生産部門などの部署内での異動

品質保証部門や生産部門などの部署内で異動する場合は、自分が担当していた業務以外にも、幅広い業務を経験することが可能です。例えば、生産計画や在庫管理などを行うケースがあげられるでしょう。

また、部署内で異動する場合は、自分の興味や適性に合わせたキャリアプランを立てることも可能です。

品質保証コンサルタントや教育者などの専門家への転職

品質保証コンサルタントや教育者などの専門家へ転職する場合には、自分が得意な分野だけでなく、他の分野も学ぶことができるでしょう。例えば、品質保証コンサルタントは、顧客企業に対して品質保証体制や改善策を提案するのが仕事です。一方、教育者は新入社員や後輩社員に対して、品質管理の基礎知識や実践技能を教えるのが仕事です。

このように専門家として活躍する場合は、自分の知識や経験を他者に伝えながら、これまでに仕事をしてきた会社以外の分野を学べる、貴重な経験ができるキャリアパスとなるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理の仕事のまとめ

このように、品質管理の仕事は、非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。また、仕事適した資格や経験を積むことで、さらなる報酬アップにも期待ができます。

ただし、品質管理への転職を考える際は、ご自分に合っている仕事を見つけるための分析を行い、しっかりと理解してから転職活動を行うことが重要です。

転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

建設業のマーケティング成功事例4選|具体的な分析方法や集客・宣伝方法を解説

建設業で今後も事業を続けたい会社にとって、マーケティングの知識は重要です。

マーケティング活動を通して、競合他社との差別化や自社の認知を拡大し、事業に貢献できるため。

ただ、実際にどんな方法で進めるべきか知らない人がほとんどです。

今回は、建設業が取り組むべきマーケティング活動の進め方や具体的な手法、成功事例を解説します。

競合との差別化ができずに事業が停滞している、認知が広がらずに受注率が下がっている会社はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

建設業におけるマーケティングを学ぶ必要性3選

そもそも、なぜ建設業にマーケティングが必要なのでしょうか。

建設業にマーケティングが必要な理由は、マーケティングの活用が現在建設業の多くの企業が直面している問題の解消につながる可能性があるからです。

  • DX化で人手不足を解消するため
  • 下請け構造から脱出するため
  • 競合との差別化で事業を安定させるため

それぞれ詳しく解説します。

DX化で人手不足を解消するため

建設業界は、人手不足が深刻な問題です。

マーケティングの知識を得て正しく運用できるようになれば、人手不足の問題が解決できます。

たとえばマーケティングを学ぶことで、DXを促進し作業の自動化や効率化が実現すれば、作業員の数を減らせるでしょう。

さらに、マーケティングによる認知の拡大が成功すれば、人を雇って営業活動する必要がなくなります。

下請け構造から脱出するため

建設業は昔から下請け構造の考え方が定着しており、下の階層に行くほど競争が激化しています。

マーケティング戦略を習得して、独自のブランドや価値提案を強調できるようになれば、直接的な取引や顧客と信頼関係を築けるでしょう。

下請け構造から抜け出すだけで、事業の経営が楽になるかもしれません。

競合との差別化で事業を安定させるため

建設業は競合が多く、常に差別化が求められます。

マーケティングを学び独自の強みや特長を分析し、ターゲットに的確に伝えることで、「なぜ自社を選ぶべきか」と顧客が理解しやすくなります。

差別化で、自社にしかない強みをアピールできるようになれば、常に新規顧客を獲得できるようになるでしょう。

具体的なマーケティングの流れを4ステップで解説

ここからは、具体的なマーケティングの流れを4つのステップで解説します。

  • 市場の調査
  • ターゲットの絞り込み
  • 広告・宣伝活動
  • 効果の検証・評価

それぞれ詳しく見ていきましょう。

市場の調査

マーケティングで成功するには、事前調査を細かく行うことが大切です。

自社の強みや弱み、競合他社に勝てるポイントを把握しなければ、何が原因で効果が出るかわからないため。

市場調査を行う際は、以下の2つの方法が効果的です。

  • 3C分析|市場のトレンドや競合情報を把握する
  • SWOT分析|企業の内外部環境を評価する

それぞれの分析方法を解説します。

3C分析

3C分析とは、以下の3つの指標を分析しながら、市場の動向を把握する分析方法です。

引用:[3C分析とは]

  • 顧客(Customer)
  • 競合(Competitor)
  • 自社(Company)

まずは自社の顧客のニーズを把握してから、競合他社の戦略を分析します。

その後、自社の強み・弱みを洗い出し、顧客に適したサービスをどう提供するかを考えましょう。

3C分析で、自社を取り巻く外部環境を客観的に把握できるため、自社と競合の立ち位置を把握できます。

SWOT分析

3C分析で把握した市場環境をさらに分析するために、SWOT分析を活用します。

SWOT分析とは、内部・外部の環境や課題を分析したうえで、自社の戦略をどう進めるかを考える分析方法です。

SWOT分析で利用するのは以下の4つ。

引用:[そもそもSWOTとは]

  • Strengths(強み)
  • Weaknesses(弱み)
  • Opportunities(機会)
  • Threats(脅威)

たとえば建設業の会社がSWOT分析を行う場合、内部環境のプラス要因(Strengths)として施工技術や信頼性などを記載し、内部環境のマイナス要因(Weaknesses)として労働力不足を記載します。

SWOT分析を通じて、自社の環境で変えるべきポイントと、競合に対抗するために取り組むべき課題を言語化することが可能です。

ターゲットの絞り込み

3C分析やSWAT分析で出てきた結果をもとに、ターゲットを絞り込みましょう。

ターゲットとは、特定の商品やサービスを提供する際に重点的にアプローチすべき顧客や市場のこと。

ターゲットを絞り込む理由は、自社の製品を購入する人が、どんな人でどんな悩みを抱えているかを分析する必要があるからです。

会社によってターゲットは異なるため、分析結果に合ったターゲットを見極めましょう。

広告・宣伝活動

ターゲットが絞り込めたら、具体的な広告や宣伝活動を始めます。

広告・宣伝活動とは、自社ホームページやSNSなど特定の媒体を活用して、絞り込んだターゲットに向けて情報発信することです。

マーケティング活動の事例は記事の後半で解説します。広告・宣伝活動では、ただ行動するだけでなくデータ収集を忘れないように行ってください。

効果の検証・評価

広告活動・宣伝活動を一定期間行った後は、効果の検証を行いましょう。

マーケティングに重要なのは、PDCAです。

PDCAとはPlan(計画)、Do(実施)、Check(評価)、Act(改善)の4つの段階のこと。PDCAを回して徐々に計画を改善・変更することで、成功まで繰り返していきます。

それぞれの段階は以下のとおりです。

Plan(計画) 分析結果をもとに問題点の明確化や目標の設定を行う。

具体的な目標や手段を決定し、実施計画を立てる。

Do(実施) 計画に基づいて実際に行動を起こす。

計画通りに実施しながら、行動によって得られたデータや情報を収集する。

Check(評価) 実施結果を評価し、目標の達成度や問題点を分析する。
Act(改善) Check(評価)で分析した情報を基に改善策を検討し、次はどうするか計画を修正・調整する。

広告・宣伝活動はこのPDCAのうち「Do(実施)」に当てはまるため、次にやるべきことは「Check(評価)」と「Act(改善)」です。

広告・宣伝活動を行った後に、検証を行わなければ、何が良かった・悪かったかがわかりません。

効果を検証・評価して、次にどんな行動をすべきかを考えます。

PDCAのサイクルを継続的に回すことで、自社にとって効果的なマーケティング戦略を見つけられるでしょう。

弊社では、数多くの建設業者様に工事案件を獲得していただいています。ベテランに限らず、業歴浅い業者様にも長期の高単価案件をご紹介できます。

  • 長期契約可能な工事案件多数
  • 設立1年目の建設業者様でも応募可能な案件
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめの工事案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設業が今からできるマーケティング活動4選

ここからは、建設業の会社が今からできるマーケティング活動を4つ解説します。

  • 自社HPによる集客
  • イベントの開催
  • SNSを使った発信活動
  • チラシのポスティング

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自社HPによる集客

自社ホームページを設置すれば、対面以外の方法で顧客を獲得できます。

ホームページでは自社のサービス内容や実績、施工の流れなどの情報を掲載すれば、顧客がサービスを利用したイメージをしやすくなります。

Web広告を活用することで、狙ったターゲットに自社の情報を届けられるため、効率よく認知を拡大できるでしょう。

イベントの開催

業界関係者や顧客との交流の場としてイベントを開催すれば、直接的な関係の構築が可能です。

イベントにくる参加者は、自社の製品に興味を持っている見込み顧客です。

イベントを通じてSNSのフォローやメルマガ登録に繋がれば、イベント終了後もセールスを実施できます。

オンラインだけでなく、対面のイベントを開催することで、会社の雰囲気を伝えられるでしょう。

SNSを使った発信活動

SNSは発信次第で効果的に認知を拡大できるマーケティングツールの一つ。

建設プロジェクトの進捗や技術の紹介などを積極的に発信し、ブランドの認知度を高めます。

たとえばInstagramでは、施工現場の写真や工程の解説を通じてフォロワーとのコミュニケーションを深めることで、信頼感を築くことが可能。

SNS経由での問い合わせや依頼を獲得できれば、集客の手間が省けます。

チラシのポスティング

地域密着型の宣伝手段として、チラシのポスティングも効果的です。

たとえば地元スーパーマーケットやコミュニティセンターにチラシを掲示し、地元住民に会社の存在を知らせるだけでも、効果が発生することも。

SNSを普段使わない人にリーチできるため、SNS集客と組み合わせることで、ターゲットの取りこぼしを防げます。

マーケティング活動で売上が向上した建設業の成功事例4選

ここからは、マーケティング活動がきっかけで売上が向上した建設業の成功事例を4つ紹介します。

自社のマーケティング活動を決める際の参考にしてください。

  • オープンハウス|親しみやすいX(Twitter)運用
  • 富士川商事ヤシロ店|ブログの設置
  • 株式会社白崎コーポレーション|メルマガの配信
  • 株式会社エコプランニング|セミナーイベントの開催

それぞれ詳しく見ていきましょう。

オープンハウス|親しみやすいX(Twitter)運用

オープンハウスのマーケティング活動は、X(Twitter)運用です。

あえてアカウントを2個開設し、一つはフォーマルな発信をする公式アカウント、もう一つは親しみやすさを強めるため「ゆる運用」アカウントと名付けました。

ゆる運用アカウントで発信する社員の日常や雑談投稿が、公式アカウントとのギャップを強め、フォロワーが急増。

会社の認知度を高めただけでなく、親しみやすさのアピールに成功しています。

富士川商事ヤシロ店|ブログの設置

富士川商事ヤシロ店は公式ホームページにブログを設置してマーケティング活動を行いました。

ブログの内容は、工事の進捗や実績写真、施工内容に関するコラムです。

地域密着を強みとして、エリアを絞って広告運用を行ったところ、該当エリアのWeb上の検索順位が向上しました。

結果として月の訪問ユーザー数は500人から1,600人以上に拡大しています。

さらにWebからの問い合わせにより、受注数も増加。

ブログやホームページ設置の重要性と、広告運用の効果がわかる成功事例といえるでしょう。

株式会社白崎コーポレーション|メルマガの配信

株式会社白崎コーポレーションは新技術の導入や実績の紹介をメルマガで効果的に発信しました。

メルマガのメリットは、発信をとおして自社製品の情報を伝えながら、登録者への教育ができること。

潜在的な顧客との繋がりを大切にしつつ教育を続ければ、将来的な顧客にすることが可能です。

メルマガと自社サービスの親和性を判断し、顧客の教育に力を入れた成功事例です。

株式会社エコプランニング|セミナーイベントの開催

株式会社エコプランニングが行ったマーケティング活動は、セミナーイベントの開催です。

自社の悩みは、市場分析やターゲットの絞り込みができていないことで、事業が停滞していることでした。

マーケティングを学び、自社の強みを専門知識の高さと判断した株式会社エコプランニングは、セミナーイベントの開催で、見込み顧客に知識の高さをアピールしたのです。

その結果、自社の知識・技術の高さを評価され、受注数が増加。

売上高は23%アップし、顧客の獲得にも成功しています。

まとめ

今回は建設業のマーケティングについて、マーケティングの必要性や具体的な進め方、マーケティング活動を実施したことで売上が向上した会社の成功事例を解説しました。

建設業で深刻化する人材不足や高齢化、下請け構造はマーケティング活動で改善することが可能です。

マーケティングを進める際は、市場調査やターゲットの絞り込みを徹底したうえで適切なマーケティング活動を行います。

さらに、一度行っただけで満足せず、データを分析・評価して改善していくことが重要。

今回紹介した調査方法や成功事例を参考に、自社のマーケティング活動を進めてみてください。

建設業が新規事業に取り組むべき3つの理由|成功事例や具体的な実施方法を解説

建設業は業界の特徴として、下請構造の考え方が深刻です。

下請構造の下にいる会社にとって、自社の生き残りは常に大きな課題の一つといえるでしょう。

また、近年では建設業の将来的な仕事量の縮小や、中小企業の生き残り策などの話題が取り上げられています。

事業を継続するために、新規事業の立ち上げやシフトチェンジが求められるようになりました。

今回は、建設業が新規事業に取り組む必要性や成功事例、新規事業に取り組む手順を解説します。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

建設業の会社が新規事業への参入を検討する3つの理由

hong kong, city, architecture

国民生活金融公庫総合研究所の調査によると、小規模建設業の新分野へ進出した企業の数は増加傾向です。

引用:[小規模建設業の新分野進出]

なぜ建設業の会社が新規事業への参入を検討するのでしょうか?

ここでは以下の3つの理由を解説します。

  • 建設需要の低下や変化が予想されるから
  • 建設業全体の高齢化・少子化が深刻化しているから
  • 人手不足により会社の存続が危ういから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

建設需要の低下や変化が予想されるから

引用:[維持修繕工事の推移]

上記のグラフから、建設需要のうち新設工事よりも維持修繕工事の需要が高まっていることがわかります。

これは、バブル時代に建設した建物やインフラの老朽化が進んでいることが影響していると考えられます。

新設工事においては、2020年の東京オリンピックの影響で2019年の新設工事需要が高まりましたが、その後新設工事の需要は停滞・横ばいです。

つまり、現在新設工事を主に事業としている企業は、今後も新設工事のみを取り扱う場合、競合他社との競争が激しくなる可能性があるということ。

建設需要の低下や変化に対応するために、新たな事業への参入を検討する会社が出てくると考えられます。

建設業全体の高齢化・少子化が深刻化しているから

引用:[建設産業の現状と課題]

データからわかるように、建設業の高齢化は深刻です。

若手が入ってこないことで人材の減少を招いており、今後、現在働いている高齢の技術者が定年退職すれば、事業の継続が難しくなるリスクが考えられます。

少子化の原因の一つは、建設業界の「3K(きつい・汚い・危険)」というイメージです。

企業のできる少子化対策としては建設業のイメージを刷新する、もしくは別事業を展開して、建設業以外の分野で働く若い人材を確保する必要があるでしょう。

人手不足により会社の存続が危ういから

引用:[建設産業の現状と課題]

建設業界は2020年を境に年々労働人口が減少しています。

中小企業の多くは、人材が集まらないことで事業の継続が難しくなっている悩みに直面しています。

新しい事業分野への進出は、労働力の確保を促進し、企業の持続可能性を確保する手段の一つといえるでしょう。

弊社では、数多くの建設業者様に工事案件を獲得していただいています。ベテランに限らず、業歴浅い業者様にも長期の高単価案件をご紹介できます。

  • 長期契約可能な工事案件多数
  • 設立1年目の建設業者様でも応募可能な案件
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめの工事案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設業の会社が新規事業に参入するメリット

建設業の会社が新規事業に参入することで得られるメリットは以下のとおり。

  • 新規人材の確保が期待できる
  • 会社の収入の柱が増える
  • 事業の倒産を避けられる

上でも説明したとおり、新規事業に取り組めば、建設業ではなく新規事業に興味を持った求人を集めることが可能です。

さらに若い人材が会社に入ること・新しい事業に関するノウハウが増えることで、会社内で新しい考え方や価値観が生まれるきっかけになるかもしれません。

また、新規事業が成功すれば、会社の収入の柱が増え、経営が安定するというメリットもあります。

経営が安定することで、建設業だけを継続した場合は倒産のリスクがあった会社も事業を継続できるでしょう。

建設業の新規事業へ参入した成功事例7選

balcony, woman, standing

ここからは建設業界の会社が新規事業に参入した成功事例を7つ紹介します。

  1. 介護・清掃・警備分野
  2. 畜産分野
  3. 環境・リサイクル分野
  4. 教育分野
  5. 農業分野
  6. 福祉分野
  7. リフォーム分野

それぞれ詳しく見ていきましょう。

介護・清掃・警備分野|建設業のノウハウが活かせる新規事業を発見

北海道の建築関係の設備工事会社の課題は、下請け企業特有の受注競争の激しさです。

受注競争に立ち向かうのではなく、別の収入の柱を作る方法として新規事業進出を検討。

建設業界のノウハウを活かせる分野として、清掃事業に着目し、事業を展開します。

事業が軌道に乗った段階で、福祉関連事業への参入をスタート。

その後警備事業を始めたことで、建設業界以外の事業の柱を3つ増やすことに成功しています。

この事例の成功ポイントは、建設業のノウハウが活かせる新規事業を発見したことです。

さらに、一つの事業を成功させた後に別の事業へ展開させた点も、一つの事業に依存せずに会社を経営できるメリットになるでしょう。

畜産分野|新規参入事業と既存事業の組み合わせ

島根県の造園業者は新規事業として、大規模畜産経営を実施しています。

大規模畜産経営を選んだ理由は、造園業のノウハウを活かし、かつ環境保護にもつながると考えたため。

経営の特徴は、畜産で利用する主な飼料に、造園業の公園管理業務で発生する刈草を
有効利用している点です。

さらに、飼料にならない木材チップや剪定くずは、畜産事業で発生した牛糞に混ぜて堆肥化してリサイクルし土壌改良材等として販売しています。

新規参入事業と既存事業の組み合わせをして、新しい事業につなげている事例の一つといえるでしょう。

環境・リサイクル分野|樹皮のリサイクル

環境・リサイクル分野の成功事例は、島根県の総合建設業者です。

景気の悪化が原因で事業の売上や利益が下がったことをきっかけに新規事業開拓に取り組みました。

新規事業として選んだのは樹皮のリサイクルです。

通常焼却処分されるスギ・ヒノキの樹皮を特殊加工し、土壌改良資材を製造する技術の開発に成功。

スギやヒノキの優れた抗菌性や保水性がグラウンドや屋上緑化に活用できるため、環境に配慮された事業として好評です。

建設業と関係ない事業から、新規参入を成功させた事例といえるでしょう。

教育分野|建機教習所の経営

すでに自社にあるノウハウや機材を使って新しい事業を展開した事例が、建機教習所です。

建機教習所とは、現場作業で求められる知識・スキルの学習や現場作業で必要な専門資格の取得をする場所です。

建設会社で建機教習所を始めるメリットは

  • 資格取得に必要な建機が揃っている
  • 講師を任せられる社員がいる
  • 従来の建設事業と並行して新規事業が進められる

つまり、自社にすでにある物だけで始められるため、イニシャルコストをかけることなく新規事業に着手できるということ。

自社にあるものを新規事業に生かすことで事業の柱を増やした成功事例といえます。

農業分野|人手不足と人員過剰の組み合わせ

農業分野への新規参入の鍵は、人手不足の解消です。

北海道の土木工事業者の課題は、建設関連の受注量の現象により従業員の解雇を迫られていました。

従業員の働き口を確保する方法として、北海道の酪農家の高齢化問題と労働力不足に着目。

新規事業として農業コントラクターを展開し、人手不足の酪農家に向けて、牧草の収穫作業を請け負う業務を開始しました。

さらに、農業コントラクター以外にも堆肥の運搬や家畜糞尿の処理事業もスタートし、人材の投資先を確保。

結果として、建設事業で余った人材を農業事業に流すことで、従業員の雇用を守ることに成功しています。

福祉分野|需要の高い業界への参入

新規参入事業を見つける場合、需要の高まっている業界から検討するのもおすすめです。

福島県の建設会社は、新規事業の参入先として福祉業界を選びました。

理由としては、地域の高齢者が増加している情報を入手し、地域に貢献できる取り組みとして居宅・訪問介護事業ができると考えたため。

事業が軌道に乗った後は、特別養護老人ホームを開設し、地域の高齢者のケアを行っています。

介護事業は日本の少子高齢化にともなって今後も需要が高まる業界の一つです。

地域の課題や需要を判断することで、新規参入の可能性を見つけられるでしょう。

リフォーム分野|BtoBからBtoCのリフォーム会社

同じ建設業界でも、ターゲットを変えた事業の展開を進めることも可能です。

鳥取県の建築工事会社は、メインの事業として行っていた公共工事減少を懸念し、新規事業としてリフォーム事業への新規参入を検討。

市場分析の結果、リフォーム事業で主要となる水周りや外壁を取り扱うだけでは価格競争に勝てないと考えました。

結果、ガーデン・外構を中心としたリフォームショップを立ち上げ、ターゲットを女性客
に設定。

女性の求める店の環境づくりを徹底し、何度も気軽に来店できる店作りやサービス、スタッフの女性割合などを改善することで事業として成功を果たしています。

BtoBからBtoCに切り替えたこと、さらにその上で市場分析を細かく行ったことで、新しい需要を獲得した事例です。

建設業が新規事業を始める前にすべき5つの行動

cup, businessman, successful

建設業の企業が新規事業への参入を検討する場合、いきなり事業を始めるのではなく、事前準備が必要です。

ここでは新規事業を始める前にやるべき5つの行動を解説します。

  1. 事業方針を決める
  2. 市場分析・調査を行う
  3. 参入業界の企業のM&Aができないか検討する
  4. 事業計画書を作成する
  5. 中長期目線で計画を実行する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

事業方針を決める

新規事業を成功させるには、明確な事業方針が必須です。

企業のビジョンや目標を定め、新しい事業が顧客にどのような価値を提供できるかを定義することで、明確なゴールを定められます。

たとえば建設業界の企業が再生可能エネルギー分野に進出する場合、市場や将来性、環境政策の動向を分析し、企業の方針を「クリーンエネルギーの普及と導入を推進する」などと定められるでしょう。

ゴールや目標が決まれば、社員全員の認識が共有され行動に一体感が生まれます。

市場分析・調査を行う

新規事業に参入する場合、市場のニーズやトレンドの理解は、事業の方向性を定めるために重要です。

たとえば建設業が太陽光発電事業に進出する場合、はじめに市場の成長率や競合他社の動向を公式の市場データから把握します。

データの分析を進めるなかで、地域ごとの太陽光発電の導入状況や補助金制度も検討し、正確な市場ニーズを把握できれば、自社が新規参入できる事業内容を見つけられるでしょう。

新規参入する場合は、すでに事業を展開している競合の状況や顧客の要望を分析し、入り込める市場への適切な理解が必要です。

参入業界の企業のM&Aができないか検討する

M&Aとは2つ以上の会社が合併する、もしくは他の会社を買収することです。

新規参入を目指す業界の企業とM&Aができれば、その業界のノウハウや市場の傾向をM&A先の企業から入手できます。

統合により資産が増えるだけでなく、市場調査や分析の手間が省け、事業が軌道に乗るスピードを高めてくれるため、有効な手段の一つといえるでしょう。

ただ、M&Aは統合する企業情報や将来性を細かく把握しておかなければ、負債を背負うリスクもあります。

新規事業に参入する場合は、自力で調査を進めて市場を切り開くか、すでに事業を展開している企業の力を借りるかを検討してみてください。

事業計画書を作成する

新規事業を始める前は、具体的で実現可能な事業計画書を作成しましょう。

資金調達やリソースの確保など、現実的な問題を可視化することで、必要な行動が見えてきます。

たとえば建設業が太陽光発電に進出する際は、太陽光発電の予算や投資コスト、発電量予測を元にしたデータをもとに事業計画書を作成するのがおすすめ。

公式のデータを活用して、事業の収支やリスクを詳細に示すことができれば、資金調達の具体的な計画を検討できるでしょう。

中長期目線で計画を実行する

短期的な成功を目指すのではなく、中長期的な目線を持つことが大切です。

なぜなら新規事業は軌道に乗るまでの時間がかかり、その後も段階に応じた課題が発生するため。

具体的な目標として、10年後には再生可能エネルギー事業の売上の30%を占めることを目指すなど、明確な数値目標を設定することが重要です。

計画を設定することで、実行する際に必要なリソースや予算を的確に配分し、中長期目線で計画を実行できるでしょう。

弊社では、建設・不動産業界に携わる数多くの方の仕事探しを成功に導いております。転職、派遣、フリーランス、一人親方、建設業者全ての方々のニーズに適切な優良求人・案件をご紹介可能です。

  • 完全週休2日制の求人
  • 50代60代70代でも応募可能なお仕事
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 高収入求人、高単価案件多数
  • 無料登録から最短1週間で就業可能

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめの求人・案件をご紹介することも可能です。

\建設業界の仕事探しなら/

まとめ

今回は建設業の企業が新規事業に参入する際のポイントや成功事例、新規参入を求められる背景について解説しました。

建設業界は近年、深刻な人材不足と技術者の高齢化が問題になっています。

会社を継続するためにも、新規事業に参入することで、新規人材の確保や収入の柱を設計することが求められています。

今回紹介した建設業の企業の新規参入事例を見ると、多くの業界に建設業の企業が参入するチャンスはあるといえるでしょう。

ただ、新規参入は事業を安定させるまで、時間やコストがかかります。

無駄なコストを削減するためにも、建設業のノウハウを活用できる事業や、新規参入を検討する業界の企業とのM&Aを検討するなど、対策を考えることが重要。

自社の強みを再度分析し、どんな事業と相性がいいかを検討してみてください。

建設業界のホームページの必要性を解説|作成のポイントや成功事例とは?

  • 建設業の会社にホームページは必要なの?
  • ホームページがあればどんなメリットがあるの?

そんな悩みはありませんか?

結論、建設業の会社で事業を安定させたい会社は、自社ホームページの設置が必須です。

なぜなら自社ホームページを設置することで、認知の拡大や会社の信頼の獲得などのメリットが得られるから。

今回は、建設業のホームページの必要性やホームページ制作の注意点、運用のポイントを解説します。

記事の後半には成功事例の解説もしているので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

建設業界で成功するためのホームページの必要性・メリット3選

建設業界で事業の拡大や業績アップを狙う人にとって、会社のホームページの設置は必須といえるでしょう。

なぜなら会社のホームページの設置には以下のメリットや必要性があるから。

  • 会社の信頼を獲得できる
  • 効率よく認知を拡大できる
  • 人材採用の窓口に活用できる

それぞれ詳しく解説します。

会社の信頼を獲得できるから

建設業界において、お客様や取引先企業からの信頼は必要不可欠です。

ホームページを設置すれば、会社の歴史や実績、会社の考えを効果的に伝え、信頼感を高められるでしょう。

近年は、会社のホームページがあるだけで実在する会社であることを示せるため、信頼を獲得しやすい点も魅力の一つ。

利用者からの信頼を獲得するためにも、ホームページの設置を検討してみてください。

効率よく認知を拡大できる

ホームページはインターネット上で日本・世界各国からアクセスされるため、企業の認知度向上に効果的です。

対面営業だけではリーチできない顧客にも営業ができるため、ホームページを設置するだけで営業コストを減らすことが可能。

効率よく認知を拡大するには、ホームページを設置した後に検索エンジンやWeb広告、SNSを活用してホームページを多くの人に見てもらうことが重要です。

集客ツールの一つとして、会社のホームページを作り込むことで、将来的に対人営業なしで新規顧客を獲得する仕組みを作れるでしょう。

人材採用の窓口に活用できる

自社ホームページに採用ページを設置すれば、採用窓口としても活用できます。

自社の求める人材や採用後のポジションを細かく記載することで、自社に興味を持った人からの応募が届くかもしれません。

建設業界は人材不足が懸念されている業界の一つ。

ホームページを見て、「この会社で働きたい」と思われるよう、会社の強みや働き方の魅力を発信するのがおすすめです。

弊社では、数多くの建設業者様に工事案件を獲得していただいています。ベテランに限らず、業歴浅い業者様にも長期の高単価案件をご紹介できます。

  • 長期契約可能な工事案件多数
  • 設立1年目の建設業者様でも応募可能な案件
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめの工事案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

自社ホームページを持つ3つのデメリットと対策

自社ホームページを持つことは、メリットがある一方でいくつかのデメリットもあります。

ここでは3つのデメリットとその対策を解説します。

  • ホームページの制作費用がかかる
  • セキュリティ面のリスクが発生する
  • サービス内容を競合他社と比較される

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ホームページの制作費用がかかる

会社のホームページを制作する場合、Web制作会社に依頼する必要があります。

制作物の内容にもよりますが、一般的なホームページ制作の相場は20万円前後。

無料で作れるものではないため、会社の予算と相談する必要があるでしょう。

ただ、一度ホームページを設置すれば、ホームページが集客ツールとして将来もずっと新規営業の窓口として活躍します。

初期投資と考え、できるだけ早めにホームページの設置を検討するのがおすすめです。

セキュリティ面のリスクが発生する

ホームページはWeb上に会社の情報を掲載するため、ハッキングや情報漏洩のリスクが出ると考える人もいるかもしれません。

ただ、近年ではSSL証明書を導入することでセキュリティ対策を高める技術が高まっており、リスクが小さくなっているのも事実。

運用に関しても、マニュアルを作成して情報漏洩に気をつけるなどの対応を進めれば、セキュリティ面のリスクを抑えることができるでしょう。

サービス内容を競合他社と比較される

Web上には競合他社のホームページも掲載されているため、利用者が自社と競合他社を比較してサービスを選択します。

競合他社に勝つためには、独自性を際立たせることが必要です。

自社のユニークな要素や強みを分析し、ホームページを作り込むことで、他社との差別化を図りましょう。

建設業のホームページ制作を進める際の3つのポイント

建設業のホームページを制作する際のポイントは以下の3点です。

  • ホームページに記載する項目を決める
  • ターゲットを決めて使いやすい設計にする
  • 競合他社のサイトと比較する

それぞれ詳しく解説します。

ホームページに記載する項目を決める

企業の特徴や実績、サービス内容を明確に伝えるために、ホームページに掲載する情報を検討しましょう。

建設業のホームページに記載すべき基本的な項目は以下のとおりです。

1. 会社紹介
2. 代表者あいさつ
3. 自社の強み
4. 施工事例
5. サービス内容・流れ
6. お問い合わせフォーム
7. 採用情報

特に施工実績は、他社と差別化できるチャンスです。

施工実績の写真はもちろん、工事の規模や流れ、期間や実際にかかった費用が記載されていれば、顧客が工事を依頼する際の費用感を想像しやすいでしょう。

お客様の声をまとめて、サービス内容や質を第三者の声として発信するのもおすすめ。

ユーザーの必要な情報は何か、どんなユーザーが利用するかを考え、項目や内容まで詳しく決めておきましょう。

ターゲットを決めて使いやすい設計にする

ターゲットとは、情報を届けたい相手のこと。

たとえば、新築の建築工事をメインで扱う会社にとってのターゲットは、新築の購入を検討しているユーザーです。

ターゲットユーザーの悩みは何か、求める情報は何かなど、必要な情報を分析して、ホームページに記載することが分かりやすいホームページを作るポイントです。

さらに、ターゲットがどうやってサイトを使うかまで考え、ボタンの位置や情報を伝える順番なども考えることで、使いやすいホームページになるでしょう。

競合他社のサイトと比較する

競合他社の分析はよりよいホームページの制作に必要な要素です。

他社よりも情報が多く、分かりやすいホームページを作ることができれば、自社を知らないユーザーからも選ばれる可能性が出てくるため。

他社のホームページを調査し、自社の差別化ポイントや改善すべき点を見つけ出し、対策をとりましょう。

自社ホームページを持った後の3つの注意点

自社のホームページを制作した後は、以下の3つに気をつけながら運用を進めてください。

  • 担当者を決めて運用する
  • 定期的に更新する
  • 広告を運用して認知拡大の施策を行う

それぞれ詳しく解説します。

担当者を決めて運用する

ホームページの運用を効果的に行うには、担当者を明確にすることが重要です。

ホームページの担当者が実施する主な業務は以下のとおり。

  • 会社の新しい情報の発信
  • 自社ホームページに届いたお問い合わせの対応
  • 採用ページから応募した求職者の自社採用担当への引き継ぎ
  • 広告の運用
  • サイト上の課題の分析・対策

定期的な更新や改善を行うことで、ホームページからの認知を高めることができます。

担当者を決めておくことで、セキュリティ上のトラブルが発生した際の行動もスムーズになります。

担当者は後任者への引き継ぎが簡単になるように、マニュアルの作成はもちろん、トラブル発生時の対処方法をまとめておくことがおすすめです。

定期的に更新する

ホームページを運用する場合、情報やコンテンツを新鮮な状態に保つために、定期的な更新は必須です。

サイトに訪れる顧客に対して、自社がどのような事業を行っているかを教育することで、事業者としての信頼を勝ち取れるでしょう。

建設業界のホームページで効果的な情報は「施工実績」です。

自社が行った工事の内容やサービスの内容を定期的に発信することで、サービスの利用した雰囲気を感じることができ、問い合わせにつながるでしょう。

広告を運用して認知拡大の施策を行う

認知度を向上させたい会社は、積極的に広告対策を行いましょう。

Wen広告を使えば、エリアや年齢、事業者を絞って適切なターゲットにホームページを届けることができます。

広告運用の注意点は、ターゲットを絞ること。

問い合わせにつながる広告を適切なターゲットに届けなければ、広告費用の無駄遣いになってしまうかもしれません。

ターゲットや広告出稿期間、費用などを細かく設定して徐々に運用していくと良いでしょう。

建設業のわかりやすいホームページの成功事例4選

ここからは建設業のホームページの中で、わかりやすい内容や自社の強みを生かした成功事例ともいえるホームページを4つ紹介します。

  • 松栄建設株式会社
  • かしの木建設株式会社
  • 山創株式会社
  • 戸田建設株式会社

それぞれのサイトの強みや特徴も解説するので、自社のサイトを設計する際の参考にしてください。

松栄建設株式会社

松栄建設株式会社のホームページの特徴は柔らかいデザインと、分かりやすいサイト設計です。

イラストを多用することで、優しい・親しみやすいイメージをターゲットに伝えています。

さらに、「借りる」「貸す」「松栄のこと」など分かりやすい言葉を使って、サイト情報を示している点も親しみやすさを表現するポイントの一つ。

写真を多用して、サービスを利用した自分をイメージしやすくしている点もサイトの強みといえるでしょう。

かしの木建設株式会社

かしの木建設株式会社のホームページは視覚的に魅力的なデザインと、分かりやすいサービス案内が魅力です。

「家づくりの進め方」部分では、サービスを利用する流れを細かく解説しているため、ユーザーが次にどんな行動をすればいいかが分かりやすくなっています。

また、施工実績に写真を多用していることから、かしの木建設株式会社で建てた建物をイメージしやすい点もポイントの一つ。

「建設家と作る家」というコンセプトのもと、会社に所属する建築家を顔出しで紹介しているページはかしの木建設株式会社のホームページならではの差別化といえるでしょう。

山創株式会社

山創株式会社のホームページは、新しい技術や取り組みに焦点を当て、企業の進化を説明しています。

ホームページを読み進めることで、山創株式会社の扱う事業についての知識がついてきて、最終的に依頼したくなる設計が魅力的。

よくある質問をまとめることで、ユーザーからの疑問を先に解消している設計もユーザー目線の使いやすさを徹底しています。

お客様の声をページに載せることで、第三者目線の会社のイメージを伝えることができています。

戸田建設株式会社

戸田建設株式会社の採用サイトは、目を引くデザインが魅力的です。

求職者が求める情報として、会社情報を3分でまとめたページを設置したうえで事業内容の説明や実際に働く人の声を掲載しています。

徐々に会社に関する知識と働きたいと思わせる流れを作れている点がホームページの魅力です。

さらに求職者が気になるポジションや教育制度、福利厚生に関する情報も分かりやすくまとめているため、応募前に採用後のギャップを埋める対策も徹底しています。

採用ページの制作を検討している人は、戸田建設株式会社の採用サイトをぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は建設業界におけるホームページの必要性を解説しました。

結論、建設業界で事業拡大や業績UPを狙う人にとって、会社のホームページは必須の要素といえるでしょう。

なぜなら会社のホームページがあるだけで、会社の信頼度が上がり、オフライン以外の認知を効率的に集めることができるから。

ホームページ制作を進める際は、競合他社のサイトを徹底的に比較して自社の強みを押し出せる内容で制作するのがおすすめです。

3つの成功事例を比較して分かったことは、どのサイトも利用者が思わず問い合わせをしたくなる流れを作っているという点。

会社の強みの出し方や、差別化ポイントは、実際に自社のホームページを制作する際の真似すべきポイントといえるでしょう。

成功事例を参考に、自社のホームページ制作を進めてみてください。