TEL
メニュー

未経験でCADオペレーターを目指すのは難しい?必要な資格や30代や40代からでもできる勉強方法を紹介

CADオペレーターは様々な「ものづくり」の業界で活躍している職種です。

しかし、「専門的な知識が必要ではないのか?」「経験者じゃないと働けないのではないか?」と思っている人も多いのではないでしょうか。

結論として、CADオペレーターは未経験でも挑戦できる職種です。

未経験から挑戦する場合は、未経験でも働ける職場で実力をつけたり、資格を取得したりしながら仕事に慣れていくことが重要です。

本記事では、未経験者がCADオペレーターを目指す方法から手に職をつける方法までを解説します。

仕事内容や必要なスキル、CADオペレーターに向いている人の特徴なども解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の監修者
agent-enomoto
榎本 芽玖キャリアコンサルタント
これまで転職エージェントとして数多くの求職者に携り、即戦力に限らず、建設業界未経験のキャリアサポート実績が顕著。施工管理に限らず、現場事務(書類作成)やCADオペ、職人向けの案件マッチングも得意とする。

CADオペレーターとは?

distributor, plan, circuit diagram
CADオペレーターはCADを操作する人です。

主に土木や建築関係の領域で活躍しており、その他にも家電や家具、アパレル分野など幅広い分野に存在しています。

CADとは「Computer Aided Design(コンピューター支援設計)」という、パソコンで設計や作図を行う際に使われるソフトウェアの名称です。

CADには平面図を作成する際に使われる「2D(2次元)CAD」と立体図を作成する際に使われる「3D(3次元)CAD」の2つがあり、汎用的なものから専門的なものまで多くの種類が存在します。

CADオペレーターとしての仕事内容

CADオペレーターの仕事内容は、図面の作成や修正などです。

具体的には、設計士のイメージをCADを使用しパソコン上に図面で作成したり、手書きの図面のトレース、完成した図面をもとに適時修正を行ないます。

基本的には、より専門的な知識を必要とする設計やデザインは行わず、設計士やデザイナーの指示を受ける形で業務をこなします。

CADオペレーターは図面の作成や修正だけでなく、作成した図面の管理や連携、電話業務や事務作業なども行う場合が多いです。

CADオペレーターの平均年収

CADオペレーターの平均年収は約350万〜400万円前半ほどだと言われています。

派遣社員の場合は平均時給が1,500〜1,800円ほど、パートやアルバイトの場合は平均時給が1,000〜1,300円ほどが相場になっています。

日本全体の平均年収が400〜420万円ほどなので、CADオペレーターの平均年収は同じか少し低いくらいになっています。

平均年収が低い理由として、派遣社員やアルバイトが多いことが挙げられます。

実際、正社員としてCADオペレーター業務に励んでいる人の平均年収は500万円を超えます。

初任給で20万円前後となっており、平均月給は40〜45万円ほどです。

また、フリーランスとして500万円以上稼ぐ人もおり、中には1000万円以上の年収を得ている人もいます。

CADオペレーターの平均年収は職場の規模や雇用条件、スキルなどさまざまな要因によって左右されます。

歳を取るごとに年収は上がっていく傾向があり、スキルや経験を積めば自身の年収を上げられるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

未経験からCADオペレーターを目指すには?

concept, man, papers
未経験からCADオペレーターになるにはCADを操作出来るようにならなければいけません。CADオペレーターは資格不要でなれるので、スキルを身につけられれば就業できます。

CADの操作スキルを身につけるには大きく分けて「独学」と「スクール」があります。

スクールに通えば効率的にスキルを身につけられますが、独学でもスキルを身につけられるのもCADオペレーターの魅力です。

今回は独学とスクールでの学習方法とおすすめの経験の積み方について解説します。

独学で学ぶ

パソコンとインターネット環境、CADのソフトと参考書があれば自宅でもCADの操作を勉強できます。また、図書館などに行く方法もあります。

独学のメリットとして、スクールに通うよりも費用を抑えられ自分のペースで進められます。

一方で、モチベーションの維持などが大変で効率が悪くなってしまうので注意が必要です。

独学で学ぶ際の大まかな流れは下記のとおり。

  1. CAD操作を覚える
  2. 練習図面を描く
  3. 練習を繰り返す
  4. 図面のチェックを行う

学んだことの実践と復習を繰り返しながら、知識に落とし込んでいきましょう。

1.CADの操作を覚える

2DCADや3DCADには無料で利用できるものもあります。

最初のうちは無料のCADを使い、操作方法を覚えていきます。

2DCADの操作方法であれば2週間前後で覚えられます。

参考書ベースでインターネットでの検索や動画なども使いながら順に進めて行きつつ、利用するCADの操作を覚えましょう。

2.練習図面を描いてみる

操作方法やCADの基礎知識がついた段階で、練習図面を描いていきます。

インターネット上にはさまざまな練習問題があるので、自分のレベルにあった難易度の問題をやっていくといいでしょう。

実際に図面を描いているとやり方が分からない部分が出てくる場合がほとんどです。

うやむやにせずに毎回しっかり解決していくのが大切です。

3.練習を繰り返す

CADの操作に慣れてきたら、後はひたすら練習を繰り返すのみです。

練習問題や既に出来上がっている図面のトレースを行なっていきます。

図面はただ描けばいい訳ではなく、決められた規格通りの作成方法で描かなければいけません。より正確に描けるようになるまで何度も練習を繰り返しましょう。

また、CADオペレーターにとって正確さ・スピード・図面理解は大切です。
多くの図面を作成すれば、より知見が身につき図面理解に繋がります。

4.図面のチェックを行う

最後に出来上がった図面のチェックを行います。紙にプリントしチェックすると、パソコン上では発見できなかったミスに気づけるケースがあります。

図のバランスや大きさ、線の種類、消し忘れや足りない箇所など修正が必要な箇所はないか確認しましょう。

実際にCADオペレーターとして稼働し始めると、図面のミスを指摘されたりトラブルになる場合があります。

正確な図面を描けなければ信用に関わるので、練習の段階からしっかりチェックする癖をつけていきましょう。

CADスクールを利用する

CAD操作を学ぶ方法としてスクールに通う方法があります。

ただ、スクールには通いたいが仕事や学校があり、なかなか踏み出せない人もいるのではないでしょうか。

スクールには生活スタイルの人達が通えるように、さまざまなタイプがあります。

今回は「短期集中型」「夜間型」「通信教育型」の3つのスクールタイプについて解説します。

自身の生活リズムに合ったスクールを見つけてCADの操作スキルを身につけましょう。

1.短期集中型

短期集中型のスクールは1ヶ月〜3ヶ月ほどの期間でCAD操作を身につけられるようにカリキュラムが組まれたスクールです。最短1ヶ月以内で学べる講座もあります。

短期集中型のスクールは受講期間が短く、内容も必要な箇所に絞っている分、通常のスクールに比べて料金が安い傾向があります。

メリットとしては短期間に学べる点。

少しでも時間が空くタイミングがあれば受講でき、費用も抑えられます。

一方で、指導内容について要点を絞っているため、本当に短期間でしっかりとしたスキルを身につけるには、受講後の復習や多少の自習が必要になる可能性があります。

2.夜間型

夜間型のスクールは名前の通り、夜間に通えるスクールです。日中に仕事や学校に通っている人でも利用できるスクールです。基本的に多くの人が生活スタイルを変えずに通えるので、幅広い年齢層や経歴の人が集まっています。

夜間型も短期集中型のスクールと同様に、通常の日中に行われるスクールよりも安く設定されている傾向があります。

夜からの授業になるので1度の授業時間は比較的短くなっており、期間も最短で半年ほど設けられている場合が多いです。自分のペースに合わせてゆっくり学べます。

3.通信教育型

通信教育型のスクールは自分の好きな時に、好きな時間だけ受講が出来るスクールです。

自宅にインターネット環境さえあれば受講でき、1日10分や1時間など自分のペースで勉強できるのが特徴です。

料金も通学が必要なスクールよりも安く設定されているケースが多く、費用を抑えつつしっかりとした内容の講義を受けられます。

アルバイトなどから経験を積むのもおすすめ

CADオペレーターになるのに必要不可欠な資格はなく、採用側も過去の実務経験などから戦力になるか判断する場合が多いです。

独学やスクールを経てCADの操作スキルを身につけたとしても、未経験でいきなり正社員として雇用してもらうのは簡単ではありません。

そのため、比較的採用してもらいやすいアルバイトとして早い段階から実務経験を積み、キャリアアップして行くのもおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

CADオペレーターに向いている人の特徴5選

thumb, hand, arm
CADオペレーターは主に製図や修正など設計の補助となる業務がメインになりますが、場合によっては他にも様々な業務をこなさなければならない時があります。

今回はCADオペレーターに向いている人の特徴を5つ解説します。

  • 黙々と作業ができる人
  • 勉強熱心な人
  • パソコン作業が得意な人
  • ものづくりが好きな人
  • 幅広い業務に対応できる人

本記事を参考に、特徴を知り後悔のない選択をしましょう。

1.黙々と作業ができる人

基本的にCADオペレーターの業務は1人でこなす時間が多いです。

設計士やデザイナーの意図を形にして図面を作成するので、コミュニケーションが必要な場合もありますが、実際に図面を描く時は1人で黙々と作業をします。

そのため、細かい作業を1人でこなす際に、集中を切らさずに黙々と取り組める人が向いています。

2.勉強熱心な人

2つ目のCADオペレーターに向いている人の特徴は「勉強熱心な人」です。

CADはiPhoneやゲームなどと同様に新しいCADが出たり、新しいバージョンへのアップデートが必要な時があります。

元のCADの操作に加えて新たな操作が加わったり、今まで出来なかった作業が出来る様になるなど進化していきます。

CADが更新される度に、勉強と吸収をしスキルに磨きをかけていける人こそCADオペレーターに向いていると言えます。

3.パソコン作業が得意な人

CADオペレーターはほとんどの業務をパソコンで行います。

会社に出勤している人は出勤から退勤まで1日中パソコンでの作業をする場合も珍しくなく、場合によっては何日も連続で同じ日が続きます。

長時間のパソコン業務や座りっぱなしの作業などが苦手ではない人はCADオペレーターに向いているでしょう。

4.ものづくりが好きな人

CADオペレーターはパソコンに向かって作業する場合が多いですが、どんな業種であれ「ものづくり」に繋がります。

CADオペレーターをやっている人の中には、自分の作成した図面が実現した時にやりがいを感じると言う人も少なくありません。

だからこそ、指示された図面をただ描くのではなく、完成をイメージし指示する人の意図を汲み取った図面を描ける「ものづくり」に対する熱い思いが重要です。

5.幅広い業務に対応できる人

最後は「幅広い業務に対応できる人」です。

CADを操作し図面を作成するのが主な仕事であるのは間違いないです。しかし、図面作成だけでなく、クライアントや設計士との打ち合わせ、積算、資料作成、情報管理など様々な業務をこなすケースが多いです。

働く業種が好きで、CADの知識はないが業界の知識はあったり、コミュニケーションを撮るのが好きなど、色々な業務にも対応できる人もCADオペレーターに向いていると言えます。

CADオペレーターに求められるスキルとは?

worker, yard safety, child

未経験からCADオペレーターを目指す人は、下記のスキルをアピールしましょう。

CADオペレーターは資格や実務経験ももちろん必要ですが、業務を円滑に進めるために下記のスキルも求められます。

  • コミュニケーション能力
  • 正確に図面を作成する能力
  • 作業を素早く行うスピード力

それぞれ詳しく見ていきましょう。

コミュニケーション能力

CADオペレーターに求められるスキルは、コミュニケーション能力です。

CADオペレーターの仕事は設計士のイメージをCADを使って作成したり、手書きの図面をトレースしたり、完成した図面をもとに適時修正をする仕事です。

CADオペレーターが設計士とスムーズにコミュニケーションが取れなければ、仕事に手間がかかってしまいます。

コミュニケーション力の高さをアピールできるエピソードや、人との関わりで気をつけていることなどをアピールできれば、未経験からCADオペレーターに挑戦する人の大きな強みになるでしょう。

正確に図面を作成する能力

CADオペレーターは、正確に図面を作成する能力も求められます。

なぜなら、CADオペレーターが図面を作成するのは、建物を建てる基準となる設計図だからです。

設計図の数値が異なっていれば、建物の強度を保証できず、破損や倒壊などの事故につながるリスクもあります。

正しい数値を利用して正確な図面を作成する能力があれば、CADオペレーターとして活躍できるでしょう。

作業を素早く行うスピード力

CADオペレーターには、作業を素早く行うスピード力も求められます。

なぜなら、設計士が指示した図面がすぐにできなければ、その分クライアントと設計士の打ち合わせ回数が増えてしまったり、計画が進まないなどのデメリットが生じてしまうため。

正しくかつスピーディーな業務は、CADオペレーターにとって必須のスキルといえるでしょう。

未経験からCADオペレーターを目指すのであれば、仕事を始めるまでにCADソフトの利用に慣れておく、資格を取得して使い方を覚えるなどの対策をしておくのがおすすめです。

未経験からCADオペレーターを目指す人が取得すべき資格とは?

未経験からCADオペレーターを目指す人は、下記の資格を取得しておきましょう。

資格があれば、CADオペレーターとして即戦力で働けるかもしれません。

  • CAD利用技術者試験
  • CADデザインマスター認定試験
  • 建築CAD検定試験
  • オートデスク認定プログラム AutoCAD ユーザー

それぞれ詳しく解説します。

CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験は、CADの基礎的な使い方から図面の見方、図面からCADデータを作成する方法など、CADオペレーターに求められるスキルを総括的に学べる資格です。

試験は2次元CADと3次元CADに分かれており、それぞれ3つの階級に分かれています。

CAD利用技術者試験はCADオペレーターの中でも知名度の高い資格であるため、資格を持っているだけで就職や転職のアピールポイントになるでしょう。

まずは自分が働きたいと思っている業界や企業で利用しているCADソフトは何かを調べて、条件に合った試験を受験してください。

試験名 2次元CAD利用技術者試験
運営機関 一般社団法人コンピューター教育振興協会
試験方法 基礎:筆記試験(50問の選択方式)

2級:筆記試験(60問の選択方式)

1級:実技試験と筆記試験(合計25問)

受験料 基礎:4,400円

2級:6,050円

1級:16,500円

試験名 3次元CAD利用技術者試験
運営機関 一般社団法人コンピューター教育振興協会
試験方法 2級:筆記試験(60問の選択方式)

準1級:実技試験

1級:実技試験

受験料 2級:7,700円

準1級:11,000円

1級:16,500円

CADデザインマスター認定試験

CADデザインマスター認定試験は、CADソフトの実用的なスキルが求められます。

すでにCADオペレーターとして働いている人や、CAD利用技術者試験などでCADの基本的な使い方を学んだ人におすすめの試験です。

試験は「3次元CADトレーサー認定試験」「3次元CADアドミニストレーター認定試験」「CADアドミニストレーター認定試験」の3つに分かれており、試験方法は全て実技試験です。

知識を理解しただけでは解けないため、理解した上ですぐに体が動かせるほどCADを使いこなす必要があります。

CADデザインマスター認定試験を取得すれば、実務経験がなくとも即戦力として働けるアピールができるでしょう。

試験名 CADデザインマスター認定試験
運営機関 一般社団法人コステックエデュケーション
試験方法 実技試験
受験料 3次元CADトレーサー認定試験:13,600円

3次元CADアドミニストレーター認定試験:10,500円

CADアドミニストレーター認定試験:7,300円

建築CAD検定試験

建築CAD検定試験は、建設業界におけるCADオペレーターにおすすめの試験です。

CADの知識だけでなく、製図や設計の知識が求められるため、合格すれば建築の知識とCADの知識をどちらも有していることを証明できます。

大学や高校で建築について学んだことがある人であれば、CADの知識と組み合わせて挑戦できるでしょう。

建設業界でCADオペレーターを目指す人であれば、就業しながら学ぶのもおすすめです。
学んだ知識を仕事に生かしながら、試験に挑戦してみてください。

試験名 建築CAD検定試験
運営機関 一般社団法人 全国建築CAD連盟(AACL)
試験方法 実技試験
受験料 3級:10,500円

2級:10,500円

準1級:14,700円

オートデスク認定プログラム

オートデスク認定プログラムとは、CADソフトのひとつ「AutoCAD」を開発したオートデスク社が主催している試験です。

AutoCADはCADソフトの中でも普及率が高いため、オートデスク認定プログラムに合格すれば、AutoCADを使いこなせる人材であることを証明できるでしょう。

オートデスク認定プログラムの魅力は、国内外で通用する資格であるという点。

将来海外で働きたいという人は、ぜひ取得して欲しい資格です。

試験名 オートデスク認定資格プログラム
運営機関 AUTODESK
試験方法 オートデスク認定ユーザー:選択式試験と実技試験

オートデスク認定プロフェショナル:実技試験

受験料 オートデスク認定ユーザー:7,700円

オートデスク認定プロフェッショナル:13,200円

未経験からCADオペレーターに挑戦する方法3選

cup, businessman, successful
CADの知識は勉強し操作も出来るが、実務経験がなく未経験でも挑戦できるのか不安に思う方もいるのではないでしょうか。

今回は未経験でもCADオペレーターに挑戦しやすい方法として以下の3つの方法を紹介します。

  • 未経験でも取得できる資格を取得する
  • 転職支援付きのCADスクールを受講する
  • 未経験者歓迎の求人へ応募する

3つとも未経験の頃から取り組める内容です。

紹介する方法を積極的に活かしていきましょう。

1.未経験でも取得できる資格を取得する

前述の通り、CADオペレーターには必要不可欠な資格はなく、採用は経験があり即戦力として活躍できるかどうかが大切です。しかし、資格を持っていると有利に進むのも事実です。
実務経験がない未経験者にとって資格とは企業に自分のスキルをアピールする武器になるので取得しておいて損はないです。

一般的な資格の種類やおすすめの資格は記事の後半で紹介するので、参考にしてみてください。

2.転職支援付きのCADスクールを受講する

CADスクールの中には転職支援付きのスクールが存在するので、スクールに通う前にサービス面においても注意して見ておく必要があります。

転職支援付きのスクールでは、CADに関する知識や資格の取得サポートしてくれるのはもちろん、履歴書の書き方やビジネスマナー・面接練習などの就職活動のサポートをしてくれます。また中には、自分にあった企業を紹介してくれるスクールもあります。

未経験者でどうしていいか分からない方でも、勉強から就職までサポートしてくれるのでおすすめです。

3.未経験者歓迎の求人へ応募する

CADオペレーターはコアな職種であるので人が不足しているにも関わらず、幅広い分野の業種に必要とされています。

そのため、未経験者歓迎として求人を出しているケースも多く、アルバイトはもちろん派遣社員や正社員の求人でも未経験者歓迎は見受けられます。

初めてCADオペレーターの求人に応募する際は、未経験者歓迎の求人を狙って応募すれば採用される可能性も高くなるでしょう。

未経験からの転職に不安がある人は、転職エージェントを利用してみてください。

志望動機の書き方や求人の探し方、面接対策まで細やかなサポートが充実しています。

未経験でも働きやすい職場を提案してもらえるため、転職の不安を和らげることができるでしょう。

まずは相談だけでもしてみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

未経験でCADオペレーターを目指す方法のまとめ

今回は未経験からCADオペレーターに挑戦する方法や、必要な勉強方法、資格などを詳しく解説しました。

CADオペレーターは幅広い分野で求められており、CAD操作の知識もスクールや独学で学べるので未経験からでも目指せる職業です。

業界自体が人手不足と言われている現在では、若いうちからでも挑戦していける環境にあります。

また「経験」がものを言う業界なので、早いうちに資格をとり、アルバイトからでも経験を積んでいけば手に職をつけ安定した暮らしを送ることも可能です。

本記事を参考にCADオペレーターについての知識を深め、後悔のない選択をしましょう。

測量士の平均年収は?将来性や年収1000万を超す方法を解説

測量士は工事や地図を作る際の測量をする国家資格が必要となる専門家で、測量会社や建設会社など、さまざまな職場で活躍しています。

そのため、測量士を目指している人の中には、年収が気になる方も多いことでしょう。

実際に、測量士の年収は日本全体の平均年収よりも高く、実務経験が長いほど年収が上がっていくのが特徴です。

測量士になるには国家試験を受けることが必要ですが、大学や専門学校でも一定の条件があれば登録だけで取得可能です。

そこで今回は、測量士の年収や資格取得方法などを徹底解説します。測量士の仕事に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

測量士の平均年収|年齢・男女・都道府県・企業規模別の目安を解説

surveyor, surveying, land
測量士とは、住宅やダム、道路などの建築・建造を行う際に必要となる、土地の高さや面積を測り、測量計画を立てる国家資格保有者のことです。

測量は以下の3つに分類されます。

  1. 土木測量:土木工事を行う上での測量を行います。
  2. 地図測量:地図を作る際の測量を行います。
  3. 地積測量:土地の面積を測る際の測量で、地積測量図を作る上では必要です。

測量士は測量を行う国家資格で、測量業者では測量士の国家資格保有者の配置が義務付けられています。

測量士の平均年収

測量士の年収は以下の通りです。

  • 正社員:453万円
  • アルバイト・パート:1,025円(平均時給)
  • 派遣社員:1,495円(平均時給)

測量士の平均年収は約453万円で、日本の平均年収(433万円)と比較すると高い傾向です。月給で換算すると38万円で、アルバイト・パートでは平均時給が1,025円、派遣社員では平均時給が1,495円と高い傾向にあります。

実務経験による年収の違いは、以下の通りです。

  • 入社して1~2年:200~300万円
  • チームリーダー・主任:500万円
  • 10年以上で係長以上の役職の方:700~800万円

上記のように、入社して1~2年は250万円前後ですが、実務経験が長いほど年収も上がるのが一般的です。

また、独立した場合の平均年収は約500万円前後で、保有資格や稼働時間によっては1,000万円を超える方もいます。

ただし、独立初月からいきなり大きな収入を得ることは難しく、信頼と実績を獲得することで徐々に収入がアップしていくのがほとんどです。

測量士の年齢・男女別の年収目安

年齢・男女別の年収は以下の通りです。

  • 20~24歳:(男性)322万円(女性)285万円
  • 25~29歳:(男性)397万円(女性)346万円
  • 30~34歳:(男性)420万円(女性)348万円
  • 35~39歳:(男性)457万円(女性)345万円
  • 40~44歳:(男性)506万円(女性)412万円
  • 45~49歳:(男性)520万円(女性)370万円
  • 50~54歳:(男性)552万円(女性)419万円
  • 55~59歳:(男性)572万円(女性)347万円

上記のように、男性の場合は20代で350万円前後ですが、30代以上になると400万円以上と、年齢や経験とともに年収が上がっていく傾向にあります。

しかし、女性では平均で350万円前後と大きな差が出ているのが現実です。ただし、これは出産・子育てに伴う育児休業や時短勤務、パート・アルバイト・派遣社員として勤務する方が多いことが影響しています。

測量士の都道府県別の年収目安

地域別の年収は以下の通りです。

  • 北海道・東北:420万円
  • 甲信越・北陸:429万円
  • 関東:462万円
  • 東海:446万円
  • 関西:464万円
  • 中国地区:429万円
  • 四国:417万円
  • 九州・沖縄:407万円

上記にように、地域別で最も平均年収が高いのが関西で、その次が関東、東海の順となっています。

関西では和歌山県が490万円と高く、その次が大阪府の478万円、奈良県の474万円の順です。関東では東京都が全国トップの519万円で、東海では岐阜県が462万円です。

反対に最も給与水準の低い都道府県では鹿児島県の382万円で、東京都との差が137万円、和歌山県との差は108万円となっています。

測量士の企業規模別の年収目安

測量士の平均年収は、企業規模によっても大きく異なります。一般的には、企業規模が大きくなるほど年収が増える傾向にあります。

以下は、従業員の人数で企業規模を分けた平均年収の目安です。

  • 従業員が10人~99人の企業の平均年収:約467万円
  • 従業員が100人~999人の企業の平均年収:約503万円
  • 従業員が1000人以上の企業の平均年収:約528万円

このように、従業員の人数に比例するように、平均年収が高くなっていることがわかります。

なお、上記の数値は、令和3年度の厚生労働省「賃金構造基本統計調査」に基づいて作成しました。また、上記の資料によると、測量士の平均年齢は43.1歳、勤続年数は14.1年となっています。

測量士はきつい?やめとけと言われる理由

測量士の仕事は、仕事の環境が過酷であったり、長時間拘束されたりするケースがあるため「きつい」と言われることがあります。

また、測量士の仕事は膨大なデータを扱うために今後AIに仕事を取られてしまう可能性があることや、野外での作業が多くトイレや害虫の問題があることから女性が活躍しづらいことを理由に「やめとけ」と言われることもあります。

しかし、測量士の仕事には、やりがいやメリットも多い仕事であることも事実です。

測量士はきつい、やめとけと言われる理由や、仕事のやりがいなどが気になる方は、以下の記事が参考になります。ぜひご一読ください。

測量士の年収を上げる方法4つ

測量士の年収を上げる方法には、主に次の4つが挙げられます。

  1. 資格を取得する(おすすめの資格を紹介)
  2. 専門性の高い企業や職種へ転職する
  3. 管理職になる(同じ会社で長く勤める)
  4. 独立・開業する

以下で、それぞれの方法を詳しく解説します。

1.資格を取得する

測量士の資格を取得するには、一定の学歴と実務経験、または国土地理院長の実施する試験に合格する必要があります。測量士の資格を持つことで、より高度な測量業務に携わることができ、年収も上がりやすくなるでしょう。

また、測量士の資格のほかにも、年収を上げるために役立つ資格がいくつかあります。例えば、土地家屋調査士、行政書士、地理空間情報専門技術認定、RCCM(シビルコンサルティングマネージャ)、補償業務管理士などです。

これらの資格を取得することで、測量士の仕事の幅が広がり、収入が増える可能性が高くなります。

2.専門性の高い企業や職種へ転職する

測量士の年収は、勤務先や職種によっても大きく異なります。一般的に、建築コンサルタント会社や地方自治体、専門的な測量を行う会社などは、年収が高い傾向にあります。

これらの企業や職種では、測量士の専門性や経験が重視されるため、高い評価や報酬を得られる可能性が高いでしょう。

ただし、年収を上げるために測量士が転職活動を行う際は、測量士の専門性や経験をアピールできる履歴書や職務経歴書の作成が重要です。

また、年収が高い測量士の求人情報を探すには、測量士の転職に強いエージェントを利用するのが効果的です。

3.管理職になる(同じ会社で長く勤める)

測量士の年収を上げる方法のひとつに、勤める会社の管理職になることが挙げられます。

管理職になるには、同じ会社で長く勤めることが有利です。測量士の勤務先は、長く続いている昔ながらの会社も多く、年功序列制度が残っているところも多数あるのが特徴です。このような会社では、勤続年数が増えるほど、役職や年収が高くなっていきます。

管理職になると、測量士の業務だけでなく、予算管理や人事管理などの管理業務も担うことになります。その分、責任も重くなりますが、収入も高くなるでしょう。

また、管理職になることで、測量士としてのスキルや経験を後輩に伝えることができ、仕事にやりがいを持つことができるのもメリットです。

4.独立・開業する

測量士の年収を上げる方法には、独立・開業するという方法もあります。独立して開業すれば、自分の会社を持つことができ、自分のやりたい仕事を選ぶことが可能です。

また、自分の実力や実績に応じて、収入も高くなる可能性があります。実際に、独立・開業することで、年収1,000万円を超える高収入を得ている人もおられます。

ただし、独立・開業する場合は、測量士の資格や経験だけでなく、経営や営業などのビジネススキルが必須となります。また、自分で仕事を探したり、顧客との交渉や契約を行ったりすることも必要です。

独立・開業には、それなりのリスクが伴うため、十分な準備と覚悟が必要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

測量士になれば食いっぱぐれないって本当?

測量士になれば「食いっぱぐれない」と言われることがあります。それは、次のような理由があるからです。

測量士は、土地や建物の測量を行う専門家であり、国家資格などの専門知識とスキルが必要な仕事です。そして、測量士の仕事は建設工事や土地の売買などのさまざまな場面で必要とされるため、需要が高いのが特徴です。

また、測量を行う事務所には必ず一人以上の測量士の資格保有者を配置しなければならないため、他に代わりが務まりません。

このように、測量士はインフラ整備や建築業界、不動産取引などの多くのシーンで活躍できるため、比較的食いっぱぐれにくい仕事だと言われています。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

測量士で年収1000万円を稼ぐことは可能か?

fan of 100 U.S. dollar banknotes

測量士の平均年収は453万円で、普通の会社員と比較するとやや高い傾向ですが、年齢や性別、地域によって年収は異なります。

ただ、企業に勤めながら測量士1本で年収1,000万円を稼ぐことは不可能と言えるでしょう。同じ土木関係の資格である土地家屋調査士の平均年収は879万円で、測量士の倍近い年収となっています。

そこで、測量士で年収1,000万円を目指すなら、独立して開業するのが近道です。さらに、土地家屋調査士などの資格を取得して、測量士プラスアルファの実績を積む方が高収入をえるための近道と言えるでしょう。

独立開業すれば、測量士として年収1000円を超すことは、十分可能です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

測量士になるには?必要な資格と取得方法

man, writing, laptop

測量士になるには、国家試験を受けて資格を取得する方法と、無試験で資格を取得する方法の2つがあります。

国家試験を受けて資格を取得する方法

測量士の国家試験は、年齢や性別・学歴・実務経験などに関係なく、誰でも受験できます。

測量士の試験は測量に関する幅広い知識と計算問題が出題され、合格率は例年10%程度と難易度が高い資格です。

国家試験を受けて資格を取得する方法は、最短で測量士の資格を取得できるというメリットがありますが、勉強する時間が必要なことや、難易度が高いというデメリットもあります。

無試験で資格を取得する方法

一方、無試験で測量士の資格を取得するには、文部科学大臣の認定大学や短大・高専、国土交通大臣の登録を受けた専門学校や養成施設で測量科目を履修し、卒業後に一定期間の実務経験を積む必要があります。

無試験で資格を取得する方法は、試験に合格する必要がないというメリットがありますが、学費と時間がかかるというデメリットもあります。

無試験で測量士の資格を取得できる具体的な条件は、以下の通りです。

  • 文部科学大臣の認定大学で測量科目を修めて卒業し、1年間の実務経験を積むこと
  • 文部科学大臣の認定短大・高専で測量科目を修めて卒業し、3年間の実務経験を積むこと
  • 国土交通大臣の登録を受けた専門学校で1年以上専門科目を履修し、2年間の実務経験を積むこと
  • 測量士補の資格取得後、国土交通大臣の登録を受けた養成施設で専門科目を履修すること

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

測量士の仕事のメリットとデメリット

前述したように、測量士の仕事は「きつい」などと言われることがあります。そこで以下では、測量士の仕事に就くメリットとデメリットを解説します。

測量の仕事に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

測量士の仕事のメリット

測量士は、インフラ整備や建設、不動産業といった、社会的に重要な役割を担っています。そのため、社会貢献度が高く、やりがいや誇りを持てる仕事のひとつと言えるでしょう。

また、測量士は、高い技術と専門知識を身につけた国家資格保有者しかできない仕事です。そのため、比較的仕事の需要が多く、安定した収入にも期待ができます。さらに、ご自身のやる気次第では、独立・開業することも可能です。

測量士の仕事のデメリット

一方で、測量士の仕事には、いくつかのデメリットがあるのも事実です。測量士の仕事は、季節を問わず野外で作業することが多く、拘束時間も長くなりがちなのが特徴です。そのため、肉体的にきつさを感じる方がおられるかもしれません。

また、新しい測量技術や機器の使い方を学び続けなければならないため、日々学習する努力も必要です。

さらに、測量士の仕事はいつも街中の安全な場所とは限りません。場合によっては、道路上であったり、山林に分け入ったりするケースもあるでしょう。そのような場所では、交通事故や野生動物などに十分注意しなければなりません。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

測量士に向いている人・向いていない人の特徴

work, chinese, industrial

上記のように、測量士の仕事は、やりがいや高い収入に期待ができる一方で、肉体的にきつい場合や危険が伴うケースもあります。そのため、測量士になる前に、ご自身の興味や適性を確かめた上で資格の取得を目指すのがおすすめです。

そこで以下では、測量士に向いている人・向いていない人の特徴を解説します。

測量士に向いている人

1.まじめな性格の人

測量士の仕事は正確さと同時に非常に高い精度も求められます。広い土地の中で何度も作業位置を変えながら座標や長さ、角度などのさまざまなデータをほんの少しの誤差も許されないレベルの精度で測定していかなければなりません。

以上の作業を毎日朝から晩まで手を抜かずに続けられるまじめで辛抱強い人が向いています。

2.最先端技術が好きな人

測量士の仕事はカメラや専用の測定器で測定するのが基本ですが、近年はコンピュータを使用した測量技術が登場しています。

新しい機械やソフトが登場すると、興味深く仕事に取り入れられる好奇心がある方は向いています。

3.足腰の強い人

測量士は足場の悪い山奥や急な斜面などで測量する場合があります。そうした道を重い測量機器などを担ぎながら歩かなければなりません。また、暑い夏や寒い冬、天候が悪くても外で仕事をしなければなりません。

いくら測量の技術はあっても体力に自信がないようでは意味がないので、悪い場所などでも体力があり、足腰が強い人が向いています。

測量士に向いていない人

1.飽きっぽい人

毎日同じ仕事をくり返して行う測量士は一つのことにのめり込んでいく人には向いていますが、飽きっぽい人には向いていません。

飽きっぽい性格だと、同じ作業を毎日繰り返すのに嫌気がさして、仕事のモチベーションを失ってしまいかねません。

2.数学が苦手な人

現在では測量機器がコンピュータによって自動計算してくれますが、測量技術に用いられる理論の理解は不可欠です。

子どもの頃から数学が苦手な人は測量士には向いていません。高度な数学の知識は必要なくとも、高校レベルの数学についての基本は理解しておく必要があります。

測量士を目指している方は高卒レベルの数学のマスターが必要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

測量士として働くために必要な資格の詳細

ask, who, what
測量士になるにはどうしたら良いのでしょうか?ここで、測量士の資格の取得方法やスキルについて解説します。

スキル・能力

測量士は資格だけ取得しても必要なスキルや能力がなければ意味がありません。測量士に必要なスキルは「根気」「協調性」です。

測量データはパソコンを使って処理されますが、測量機器の進化によってデータ量は複雑かつ膨大です。データはすべて機械的に処理することは難しく、ある程度のバグは発生します。毎日人の手で処理したり、整合性を確認するための作業も発生します。測量士は根気強さや粘り強さ、忍耐力が求められます。

また、測量作業は2~5人ほどのチームを組んで行われるので、スタッフのコミュニケーション能力や協調性が求められます。

職場での人間関係はどこの職場でも発生しますが、測量の現場では自分の会社のスタッフだけでなく、取引先や外注業者との良好な関係を築いていかなければなりません。

資格

測量士の資格は国家資格である「測量士」「測量士補」があります。測量士・測量士補の取得の流れを紹介します。

1.測量士補

測量士補の国家試験の内容は以下の通りです。

  • 受験資格:年齢・性別・学歴・実務経験などに関係なく受験可能
  • 試験方法:筆記試験(択一式)
  • 受験地:東京・愛知・大阪など14会場
  • 受験料:2,850円

700点満点中、450点以上が合格となります。

また、以下の方は登録申請書を提出し国土地理院へ登録すれば、測量士補になれます。

  • 大学・短大・高専卒の方で測量に関する科目を修めた方
  • 測量に関する専門の養成施設にて1年以上測量士補となるのに必要な専門の知識・技能を修得した方

2.測量士

測量士を目指している方は測量士国家試験を受験しなければなりません。測量士の国家試験の内容は以下の通りです。

  • 受験資格:年齢・性別・学歴・実務経験などに関係なく受験可能
  • 試験方法:筆記試験(択一式・記述式)
  • 受験地:東京・愛知・大阪など14会場
  • 受験料:4,250円

測量士試験は午前と午後に分かれており、午前中が択一式、午後が記述式です。試験科目は以下の通りです。

  • 測量に関する法規及びこれに関連する国際条約
  • 多角測量
  • 汎地球測位システム測量
  • 水準測量
  • 地形測量
  • 写真測量
  • 地図編集
  • 応用測量
  • 地理情報システム

択一式の問題は5択方式で、出題数は28問です。記述式の問題は必須科目問題が1題、選択科目問題は「基準点測量」「地形・写真測量」「地図編集」「応用測量」の中から2題選択します。

午前の択一式の点数が400点以上で、かつ午前の点数と午後の点数の合計910点以上が合格となります。

測量士試験では計算問題があるため、国土地理院で用意した電卓に限り使用できます。電卓の機種はカシオの「SL-910GT-N」です。電卓は持ち帰りが不可で、個人が用意した電卓は使用できませんのでご注意ください。

以下の方は登録申請書を提出し、国土地理院へ登録することによって測量士になることができます。

  • 大学・短大・高専卒の方で測量に関する科目を修め、測量に関する実務経験(大学が1年以上、短大・高専が3年以上)を有する方
  • 測量に関する専門の養成施設にて1年以上測量士補となるのに必要な専門の知識・技能を修得し、測量に関する2年以上の実務経験を有する方
  • 測量士補の方で、測量に関する専門の養成施設で高度の専門知識及び技能を修得した方

測量士・測量士補試験の受験を検討されている方は国土地理院のサイトをご覧ください。
(参考:令和5年測量士・測量士補試験について(受験案内)

3.測量士・測量士補を目指せる学校

測量士・測量士補は専門の学校に進学する方が近道です。

現在、測量士・測量士補を目指せる大学・短大が50校、専門学校が23校あります。建築や土木などのカリキュラムの中に測量が組み込まれています。

測量士・測量士補の養成施設は全国に8校あり、そのうち測量士の養成施設は「中央工学校」「東海工業専門学校金山校」の2校です。

測量士・測量士補の養成施設または測量の科目がある大学・学校の卒業者または卒業後一定年数の実務経験者は登録申請書を申請することで、測量士または測量士補に登録できます。

進学を希望される方は、お近くの大学・学校に測量士・測量士補を目指せるカリキュラムがあるか確認するとよいでしょう。

4.収入を伸ばしたい時に役立つ資格

測量士の資格を取得したけど、もっと収入を伸ばしたい方は以下の資格がおすすめです。
地理空間情報専門技術認定:公共測量業務に関する業務発注機関に高い評価を得ている資格です。

  • シビルコンサルティングマネージャ(RCCM):建設コンサルタント業務を円滑かつ的確に実施するため、管理技術者としての業務には欠かせない資格です。
  • 補償業務管理士:補償コンサルタントの国土交通大臣登録に必要な保証業務管理者に就任するための要件とされている資格です。
  • 土地家屋調査士:不動産登記に関する国家資格です。
  • 行政書士:法律的な権利義務・事実の証明に関するさまざまな書類の作成や手続を行う国家資格です。
  • 宅地建物取引士:不動産の売買や賃貸物件のあっせんをする際の国家資格です。
  • 不動産鑑定士:不動産の鑑定評価に関する国家資格で、土地の有効利用なども考慮したコンサルティング業務が可能になります。

上記の資格取得は仕事をする上でさまざまな視点から提案できるため、測量士だけしか持っていない時に比べて業務で明らかな差がつけられます。また、独立開業を目指す上でも有利になります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

測量士を補佐する「測量士補」の年収と業務の内容


測量士補とは、測量士の作成した計画に従い、測量に従事する者のことです。測量士補は、測量士の補助的な業務が中心となります。

以下では、測量士補の具体的な業務内容と年収について解説します。

測量士補の具体的な業務内容

測量士補も測量士と同じ測量業務を担う国家資格ですが、測量士は測量作業の主任者として測量計画を作成します。

一方で、測量士補は、測量士の作成した計画に基づいて測量するのが主な仕事です。測量士が指示を出して、測量士補がその指示に従って実際の測量を行います。

測量士補の年収

測量士補の平均年収は310万円(全国)で、測量士に比べて低い傾向にあります。地域別では東京都の424万円が最も高く、北海道や沖縄県などの地方では250万円前後と低めです。

そこで、測量士補として高年収を目指したい方は、都市部で働く方のが近道です。

測量士補は、将来的にAIや最新機器に代替される可能性が高く、今後はなくなる恐れがあると言われています。

そのため、測量の仕事を続けたい、もっとスキルアップしたいと考える方は、測量士を目指すのがおすすめです。

未経験からでも測量士補になれるのか?

未経験から測量士補になるには、測量士補養成学校、または大学や短大、専門学校で建築・土木関連の学科に進学して、必要な科目を修得しなければなりません。

また、測量士補の国家試験に合格するとことで取得可能です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

測量士に関するよくある質問5つ

Q: 測量士の試験に受験資格はありますか?

A: いいえ、測量士の試験は、年齢や性別、学歴、実務経験及び国籍に関係なく受験できます。

Q: 測量士の試験はいつ実施されますか?

A: 測量士の試験は、通常年に1回しか実施されませんので、注意が必要です。なお、令和6年度の試験は、5月19日(日曜日)に実施される予定です。

Q: 測量士の試験科目は何ですか?

A: 測量士の試験は午前と午後に分かれており、午前は択一式、午後は記述式の形式で行われます。なお、試験科目は、測量法規、測量計算、測量機器、測量作図、基準点測量、地形・写真測量、地図編集、応用測量などです。

Q: 測量士の試験に合格すれば、すぐに測量士として仕事ができますか?

A:いいえ、測量士の試験に合格しただけでは、測量士として業務を行うことはできません。国土地理院に登録申請を行い、登録された後に測量士として業務ができます。

Q: 測量士の登録申請に期限はありますか?

A:測量士の登録は、試験に合格した年の12月31日までに行う必要があります。期限を過ぎると試験に合格したことが無効となるため、十分に注意が必要です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

測量士は建築や土木の工事や地図を作る際の測量をする専門家で、測量会社を中心にさまざまな職場で活躍しています。

測量士の平均年収は453万円で、日本の平均年収より高い傾向です。実務経験のある方では500万円以上稼ぐ方もいます。

ただし、年齢や性別、地域などによって年収が異なるため、注意が必要です。

測量士になるには国家試験受験が必要で、受験資格は特に年齢制限を設けていません。大学や専門学校で測量を学ばれている方は、一定の条件を満たせば登録申請書を申請することで測量士の登録ができます。

また、根気強さや協調性、体力がある人などが測量士に必要なスキルとして重要です。

これから測量士を目指している方は、まずは資格取得から始めましょう。

溶接工に資格は必要?仕事内容や必要とされる場所、なり方を解説!

溶接工という仕事に興味を持つ人は多いでしょう。しかし、溶接工になるためには資格が必要なのか?仕事内容や必要とされる場所、なり方など、不明点が多いのではないでしょうか?

本記事では、溶接工の仕事内容や必要とされる場所、資格の必要性などを解説します。

本記事を参考に溶接工に必要な資格を把握し、溶接工としてキャリアアップを目指していきましょう。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

溶接工とは?


溶接工とは、金属などを溶かして結合する作業を行う専門職です。溶接工の仕事内容としては、融接、圧接、ろう接などがあります。また、必要とされる場所としては建設や工事現場、一般機械の製造工場などがあります。

未経験でも溶接工になることが可能であり、DIYの趣味としても使えます。初心者におすすめの溶接工の資格としてはアーク溶接作業者やガス溶接技能者などがあります。

キャリアアップにおすすめの溶接工の資格としては、溶接管理技術者やアルミニウム溶接技能者などがあります。受験申請を行い受験を行い合否通知が送られてくることで取得できます。

溶接工の仕事内容

溶接工の仕事内容として、融接、圧接、ろう接があります。融接は高い熱を必要とし、金属を完全に結合させることができます。

圧接は高い圧力を必要とし、金属を完全に結合させることができます。ろう接は高い熱を必要とし、金属を完全に結合させることができます。正しく行えば高い耐久性を誇る製品を作成することが可能です。

1.融接

融接とは、金属を熱で溶かして、それらを結合させる技術です。融接は高い熱を必要としますが、その熱によって金属が完全に結合されるため、非常に強固な結合が得られます。

また、金属の材質に関係なく使用可能なため、多くの場面で使用されています。

例えば、機械部品の組立や製造工程などで使用されています。正しく行うことで、高い耐久性を誇る製品を作れます。

融接は特定の条件下で行う必要がありますが、正しく行えば高い耐久性を誇る製品を作成することが可能です。

融接は金属の修理や新規部品の作成などにも使用されています。

2.圧接

圧接とは、金属を圧力を加えて結合させる技術のことです。高い圧力が必要であり、その圧力によって金属が完全に結合されるため、非常に強固な結合が得られます。

また、金属の材質に関係なく使用可能なため、機械部品の組立や製造工程など多くの場面で使用されています。特定の条件下で行う必要がありますが、正しく行うことで耐久性の高い製品の作成が可能です。

圧接は高い信頼性を誇り、耐久性も備えているため、複雑な部品の組立や製造工程にも適しています。正しく行っていけば高い耐久性を誇る製品を作成することが可能です。

3.ろう接

溶接工の仕事の中でも、ろう接というものがあります。ろう接とは、金属を熱で溶かして、それらを結合させる技術のことです。

ろう接は、高い熱を必要としますが、その熱によって金属が完全に結合されるため、非常に強固な結合が得られます。また、金属の材質に関係なく使用可能なため、多くの場面で使用されています。

例えば、機械部品の組立や製造工程などで使用されています。正しく行っていけば、高い耐久性を誇る製品を作ることが可能です。

溶接が必要とされる場所

建設、工事現場や一般機械の製造工場では、金属部品を正しく結合するために溶接が必要となります。正しい技術を用いて、複雑な形状の金属部品を効率的に組み立てる必要があります。

安全性の高い製品を作るためにも、正しい溶接方法を適用する必要があります。正しい溶接材料と適切な溶接方法を選択し、金属部品を正しく結合させることが重要です。

また、安全性の高い製品を作るためには、正しい溶接材料と適切な溶接方法だけでなく、高度なスキルと専門的な知識も手に入れなければなりません。

安全性の高い製品を作るためには、定期的な保守・メンテナンスも不可欠であり、定期的なチェックも行う必要があります。

建設、工事現場

建設、工事現場では、様々な種類の金属部品を組み立てるために、溶接が必要とされます。溶接は、金属部品を熱で加工して結合することです。金属部品を正しく結合させるためには、正しい溶接方法を適用していなければなりません。

工事現場では、安全性の高い製品を作るためにも、正しい技術が必要となります。専門家が正しい方法で金属部品を正しく結合させることが重要となります。

また、複雑な形状の金属部品を効率的に組み立てるためにも、高度な技術が必要とされます。

一般機械の製造工場

一般機械の製造工場では、様々な種類の機械を製造するために、溶接が必要とされます。溶接は、金属部品を熱で加工して結合することです。金属部品を組み立てる際には、正しい溶接方法を適用しなければなりません。

一般機械の製造工場では、複雑な形状の金属部品を効率的に組み立てるために、高度な技術が必要とされます。

また、安全性の高い製品を作るためにも、専門家が正しい方法で金属部品を正しく結合させることが重要となります。

一般機械の製造工場では、安全性の高い製品を作り上げるためにも、正しい溶接方法の適用が不可欠であり、高度な技術力が必要とされます。

弊社では、数多くの職人(一人親方含む)の方々に工事案件や正社員求人を獲得していただいています。ベテランの方には長期の高単価案件をご紹介します。未経験者のお仕事探しもお手伝い可能です。

  • 長期契約可能な高単価工事案件多数
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 60代70代でも応募可能なお仕事
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめのお仕事をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

溶接工になるには資格が必要か

溶接工になるには資格は必要ありません。未経験でも技術的なスキルを身につければ溶接工をすることが可能です。

安全な作業環境を作り出すための技術や、様々な種類の溶接機器の使用方法、正しい溶接手法を学ぶ必要があります。

また、DIYの趣味としても家庭用の溶接機を使ってガーデン用の器具や家具などを作ることが可能です。

未経験でも溶接工はなれる

溶接工になるには資格は要りません。未経験でも溶接工になれます。溶接工として働くためには、技術的なスキルを身につけなければなりません。

溶接の基本的な原理を理解し、安全な作業環境を作り出すための技術を学ぶ必要があります。

また、様々な種類の溶接機器の使用方法も学んだり、正しい溶接手法を使用して、安全で効率的な仕事を行うためのスキルも身につける必要があります。

これらのスキルを身に付けるためには、専門の教育機関からの教育プログラムを受けるか、実務経験を積むことが重要です。

DIYの趣味としても使える

溶接工としての資格は要りませんが、DIYの趣味としても溶接工を使うことができます。

溶接工は、金属を熱で溶かして結合する作業です。家庭用の溶接機を使えば、未経験者でも安全に溶接作業を行うことが可能です。

例えば、ガーデン用の器具や家具などを自分で作ることができます。また、車の修理や建物の改修、プロジェクトやアートワークなども行うことが可能です。

DIYの趣味としての溶接工は、新たなスキルを学んだり、創造性を開花させることができる面白い趣味になります。

初心者におすすめ溶接工の資格


アーク溶接作業者とガス溶接技能者の資格が初心者におすすめの溶接工の資格です。アーク溶接とガス溶接は、高い精度を要求される部品の接合や鋳物などの加工に適しています。

取得には実務経験が必要で、専門学校などで学ぶことも可能です。試験に合格した人は、金属製品の構造部材の接合や修理作業などを行うことができます。

また、安全性の高い作業を行うためには、安全対策の知識も学ばなければなりません。

正しい使用方法を理解していることも重要であり、定期的な再研修も必要不可欠です。今後も新しい機器や材料の導入が予想されるため、常に最新の知識を学んでおくことが大切です。

アーク溶接作業者

アーク溶接作業者とは、アーク溶接を行うための資格です。アーク溶接とは、電気を使って金属を溶かして結合する工法のことです。アーク溶接は、高い精度を要求される部品の接合に適しています。

また、鋳物などの加工も可能です。アーク溶接資格を取得するためには、実務経験が必要です。実務経験がない場合は、専門学校などで学ぶことができます。学校では、理論的な教育だけでなく、実際の溶接作業の練習も行います。

受験者は、安全対策や正しい作業方法を学んだ上で試験に受からなければなりません。アーク溶接資格を取得した人は、金属製品の構造部材の接合や修理作業などを行うことができます。

ガス溶接技能者

ガス溶接技能者とは、ガス溶接を行うための資格です。ガス溶接とは、熱によって金属を溶かして結合する工法を指します。ガス溶接は、高い精度を要求される部品の接合に適しています。

また、鋳物などの加工も可能です。ガス溶接資格を取得するためには、実務経験が必要です。実務経験がない場合は、専門学校などで学ぶことができます。学校では、理論的な教育だけでなく、実際の溶接作業の練習も行います。

受験者は、安全対策や正しい作業方法を学んだ上で試験に受からなければなりません。ガス溶接資格を取得した人は、金属製品の構造部材の接合や修理作業などを行うことができます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

キャリアアップにおすすめ溶接工の資格

skills, competence, knowledge
溶接工のキャリアアップにおすすめな資格として、溶接管理技術者、アルミニウム溶接技能者、PC工法溶接技能者、ガス溶接技能者、そして溶接作業指導者があります。

これらの資格を取得することで、仕事の幅が広がります。また、安全な作業を行うための知識やスキルも身につきます。取得した資格を生かして、仕事での活躍を目指しましょう。

さらには、安全対策の知識も必要です。安全な作業環境を整備していくためには、安全衛生管理士の資格も取得することをお勧めします。取得した資格を生かして仕事での活躍を目指しましょう!

1.溶接管理技術者

溶接管理技術者とは、溶接工の資格の一つです。溶接管理技術者は、溶接工作を安全かつ効率的に行うための技術を保有しています。また、溶接工作を実施する前に必要な計画や設計などの管理も行うことができます。

さらに、溶接工作中に発生した問題を正しく判断して対処する能力も備えています。この資格を取得することで、他の技能者と同じくらいの専門性を有していることが認められます。

キャリアアップを目指す人にとっては、必要不可欠な資格であり、仕事の幅も広がります。

2.アルミニウム溶接技能者

アルミニウム溶接技能者とは、アルミニウムを溶接するための技術を持った資格です。アルミニウムは、軽量で強度が高いので、航空機や自動車などに使用されています。

アルミニウム溶接技能者の資格を取得することで、高度な技術力を身につけられます。アルミニウム溶接の基本的な知識や安全対策などを学べます。

また、実際の溶接作業に関しても、正しい手順やテクニックを学ぶことができます。アルミニウム溶接の技術力を身に付ければ、キャリアアップに役立てることが可能です。

3.PC工法溶接技能者

PC工法溶接技能者とは、プラズマ切断(PC)を用いた溶接工の資格です。プラズマ切断とは、高圧の生成されたプラズマを用いて金属を切断する方法です。

PC工法溶接技能者の資格を取得すると高精度な切断が可能なため、金属加工において非常に有用な資格となっています。

また、PC工法溶接技能者の資格を取得しておけば、他の溶接工の資格も取得しやすくなります。

キャリアアップにおいても有効な資格であり、今後の活躍の場を広げることができます。

4.ガス溶接技能者

ガス溶接技能者とは、ガス溶接を行うための資格です。ガス溶接は、金属を熱で溶かして結合する工法の一つで、非常に重要な役割を担っています。ガス溶接技能者として資格を取得すれば、安全な作業が行えるようになります。

また、資格を取得すると仕事の幅が広がり、キャリアアップにもつながります。試験は原則2回受験可能で、内容は理論・実技の2部からなります。

理論は基礎的な知識や原理を学ぶ部分であり、実技は実際の溶接作業を行う部分です。受験者は両方の内容を学習してから受験します。

5.溶接作業指導者

溶接作業指導者とは、溶接作業を行う際に必要な知識や技術を有している人です。溶接作業を行う際には、安全な環境で作業を行うための技術や知識が必要です。安全な環境で作業を行うためには、専門的な知識と実務経験が必要になります。

溶接作業を行う際には、専門的な知識と実務経験がある人が必要とされます。キャリアアップを目的としている方には、溶接作業指導者の資格取得をおすすめします。資格取得には、一般教養・専門教養・実務能力テストなどがあります。

合格後には、国家試験の合格が必要となります。国家試験の合格後には、「早期合格者」「一般合格者」「特別合格者」の3つの称号が与えられます。

上記の称号を取得している方は、仕事内容も広くなりますし、キャリアアップも期待できるでしょう。

弊社では、数多くの職人(一人親方含む)の方々に工事案件や正社員求人を獲得していただいています。ベテランの方には長期の高単価案件をご紹介します。未経験者のお仕事探しもお手伝い可能です。

  • 長期契約可能な高単価工事案件多数
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 60代70代でも応募可能なお仕事
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめのお仕事をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

溶接工の資格を取るためには?

welding, weld, spot
溶接工の資格を取るためには、まず受験申請を行い、実技テストと理論テストに合格しなければなりません。合格した場合、合格通知が送られてきて、必要な手続きを行った後、溶接工の資格を取得できます。

受験申請を行う

溶接工の資格を取得するためには、まず受験申請を行う必要があります。受験申請は、溶接工の資格を取得したいという意思表示を行うものです。

受験申請には、個人情報(氏名・住所・電話番号など)や学歴などの情報を書類にまとめて提出する必要があります。また、受験料も必要となります。

受験申請の書類は、各県の労働力開発事業所などで入手できるか、インターネット上でダウンロードして印刷してください。具体的な手続き方法は、各県の労働力開発事業所などで確認してください。

最後に、受験申請の書類を完成させたら郵送やインターネット上での送信などで各県の労働力開発事業所に送付してください。

受験

溶接工の資格を取るためには、まず受験申請を行う必要があります。受験申請が承認されると、受験者は溶接工の試験を受けられます。溶接工の試験は、実技テストと理論テストからなります。

実技テストでは実際の溶接作業を行い、理論テストでは問題を解くなどの形式で行われます。受験者は、実技テストと理論テストの両方に合格しなければなりません。

合格した場合、合格通知が送られてきて、溶接工の資格を取得できます。

合否通知が送られてくる

受験者が溶接工の試験に合格した場合、合格通知が送られてきます。通知は、受験者が溶接工の資格を取得できることを示しています。合格通知には、受験者の名前や住所などの情報が記載されています。

また、溶接工の資格を取得するために必要な手続きも明記されています。受験者は、必要な手続きを行った後、溶接工の資格を取得できるようになります。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

溶接工という仕事に興味を持つ人は多いでしょう。本記事では、溶接工の仕事内容や必要とされる場所、資格の必要性などを解説しました。

溶接工になるためには資格が必要ですが、未経験者でも受験申請を行うことで受験することが可能です。また、DIYの趣味としても使えるので、興味があれば是非受験してみてください。

アーク溶接作業者やガス溶接技能者などの初心者向けの資格からアルミニウム溶接技能者やPC工法溶接技能者などのキャリアアップ向けの資格まであります。受験申請を行って受験を行うことで、今後の活動の幅を広げることが出来ます。

さらに、安全対策の知識も学習することが重要なので、安全対策の知識も学んだ上で受験申請を行ってください。今後の活動の幅を広げるためにも、溶接の資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

溶接工の年収はいくら?1000万円以上を稼ぐために必要な資格も紹介

溶接は金属をつなぐ技術で、溶接工は溶接を行う専門職のことです。

溶接工は、自動車整備士や機械・造船メーカーの製造職など、幅広い業種で活躍しています。

そんな溶接の仕事を目指している方が気になるのは、やはり「年収」ではないでしょうか。

溶接工の年収は、経験が浅い間は高いとは言えませんが、経験や年数を重ねるとともに技術が磨かれるため、年収が上がっていくのが特徴です。

特に、一般的な溶接工とは一線を画す高度な資格を持つ溶接工は、1000万円以上の年収を稼ぐことも珍しくありません。

そこで今回は、溶接工の平均的な年収や、1000万円以上稼ぐために必要な資格やスキル、溶接工になる方法やメリット・デメリットなどを徹底解説します。

溶接工に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

溶接工とは?具体的な仕事内容を紹介

welding, iron, worker
溶接工とは、金属材料の接合方法の一つである「溶接」を行う仕事で、仕事場によって必要とされる技術や作業内容が異なります。

溶接工で活躍する主な仕事場は以下の通りです。

  • 製造業(自動車・機械・造船など)
  • 建設業

上記の他にも、製造業などで経験を積んでから独立したり、大学などで航空宇宙を学んでから宇宙で仕事をする方もいます。

製造職では、溶接の仕事が人間の手作業から機械の仕事に変わり、将来が危ういと言われることもあります。しかし、溶接工はさまざまな分野で仕事があるため、需要が大きい仕事です。

溶接は非常に繊細な作業であるため、機械だけで賄うのが難しいため、溶接工がなくなる仕事とは言えないでしょう。

溶接の種類

溶接の種類を3つ解説します。それぞれの特徴を把握しておけば、溶接工の仕事内容を深く理解できます。

1.融接(アーク溶接含む)

融接は、溶接のなかで最も基本的な方法です。熱して部材同士を溶かして接合した後、接合箇所を冷やして固めます。「アーク溶接」も融接に該当し、使用するガスの機器や種類によってさらに細かく細分化されます。

アーク溶接で使用する熱源は、中心部で約1万6000度、外周部で約1万度にも達するとされています。

また、融接にはアーク溶接以外に「ガス融接」もあり、仕事内容によって両方を活用する場合があります。

ガス溶接とはガスバーナーによる燃焼熱を利用して行う溶接です。溶接する部材の性質に応じて溶接方法も異なるのが特徴です。

2.ろう接

ろう接は鑞(溶加材)を活用し部材そのものを溶かさずに各部材を接合する方法です。素材の接合面に素材より融点が低い金属を流し込んで接合します。

溶加材が鑞の場合は「ろう接」と呼ばれますが、溶加材が半田であれば「はんだ付け」と呼ばれます。

ろう接とはんだ付けの違いは融解温度の違いです。ろう接は融解温度450度以上のろうを使用しますが、はんだ付けでは融解温度が450度未満の半田が使用されます。

ろう接はバルブやコネクタなどの気密性が高い部材に使用されたり、耐熱性や耐食性が必要な部品製造時に使用されます。

一方ではんだ付けは電導性の高さから電子部品などに広く使用されるケースが多いです。

3.圧接

圧接とは厚みがなく薄い素材に用いられる溶接方法です。素材の接合面を熱で溶かしプレス機などの機械で圧力を加え、2つの素材を接合していきます。硬い金属製の部材を接合する際に活用されます。

圧接の大きな特徴は「機械によって圧力を加えるため、機械による数値の制御が可能な点」です。圧接の特徴を活かし、ファクトリーオートメーションの現場で多く採用されています。

圧接は主に電気抵抗による発熱を利用した「抵抗溶接」で行い、大量生産が可能です。一般的に、自動車や車両などに利用されています。

圧接の中でも「摩擦攪拌接合」は、接合箇所を加圧するだけでなく、回転摩擦を利用して母材を混ぜ合わせることで効率良く圧接できる点から注目されています。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

溶接工に必要な資格

溶接工になるためには必要な資格が存在します。溶接工の現場では高温の熱を使用したり、火花が飛んだりと危険が伴う作業が多いためです。

以下では2つの資格を紹介します。

1.溶接技能者

溶接技能者は「日本溶接協会」が実施している溶接作業に従事する技能者の資格で、JIS、WESなどの一定の国内規格に基づいて溶接作業の技量の評価試験を行います。
溶接技能者は以下の資格に分類されます。

  • 手溶接(アーク溶接・ガス溶接)
  • 半自動溶接
  • ステンレス鋼溶接
  • チタン溶接
  • プラスチック溶接
  • 銀ろう付
  • すみ肉溶接
  • 石油工業溶接
  • 基礎杭溶接

ここでは「手溶接技能者」の資格取得に関して解説します。
手溶接技能者資格は「被覆アーク溶接」「ティグ溶接」「組合せ溶接」「ガス溶接」の4種類で、いずれも基本級と専門級があります。

受験資格は基本級が1ヶ月以上、専門級は3ヶ月以上溶接技術を習得した者で、いずれも15歳以上の方に限ります。

ただし、アーク溶接は「アーク溶接特別教育」を修了している方が望ましいとされ、ガス溶接は「ガス溶接技能講習」修了者が条件です。

試験は学科試験(初めて受験する方のみ。ガス溶接は免除)と実技試験があります。評価試験の料金は学科試験が1,100円、実技試験が4,970円~32,320円で、実技試験の種類によって異なります。

2.溶接管理技術者

溶接管理技術者は、溶接技術に関する技術知識と職務能力を持った資格です。工場認定あるいは官公庁における工事発注の際の必須条件として、溶接管理技術者の保有または常駐を要求されます。

溶接管理技術者は特別級・1級・2級があり、内容は以下の通りです。

  • 試験内容:筆記試験・口述試験(筆記試験合格者のみ)
  • 費用:筆記試験13,200円(特別級は26,400円で、筆記試験Ⅱのみの場合は13,200円)、口述試験22,000円(特別級は27,500円)
  • 受講会場:東京・仙台・名古屋・大阪・福岡

対象者は学歴によって必要職務経験年数が異なります。

  • 2級:1~7年の職務経験者(学歴によって職務経験年数は異なる)
  • 1級:2級認証者および2~8年(溶接専修の学校は1~3年)の職務経験者(学歴によって職務経験年数は異なる)
  • 特別級:1級認証者および3~6年(溶接専修の学校は1~5年)の職務経験者(学歴によって職務経験年数は異なる)

特別級の筆記試験は筆記試験Ⅰと筆記試験Ⅱがあり、筆記試験Ⅰは1級溶接管理技術者と同じ内容です。

1級認証者は筆記試験Ⅰが免除されます。筆記試験Ⅱは「材料・溶接性」「設計」「施工・管理」「溶接法・機器」の4つの分野です。

合格者は所定の期日内に登録に必要な書類を提出し、登録料19,800円を納付します。

溶接工の年収はいくら?

fan of 100 U.S. dollar banknotes

溶接工で働くことを希望している人にとって一番気になるのが年収です。溶接工の平均年収は以下の通りです。

溶接工の平均年収は376万円で、日本の平均年収(433万円)と比較すると低い傾向にあり、月給換算すると20~30万円が相場です。

また、アルバイト・パートでは平均時給が1,124円、派遣社員が1,297円となっています。

溶接工の初任給

溶接工の初任給は、約15~20万円が相場とされています。

アルバイトで働く場合は基本的に日当で支給され、8,000〜1万円前後とすると、月収は約17万円~20万円となります。

溶接工の平均給与

溶接工の給与は、経験やスキルで以下のように変わります。

見習い

溶接工の見習いであれば、年収300万円が平均給与です。見習いレベルの場合、指導されながら働くため、金額も低くなる傾向があります。

ベテラン

ベテランであれば、年収650万円~800万円が平均給与です。40代以降になってベテランになれば、平均給与も大きく上がってきます。

熟練

溶接工のスキルが向上してくれば、年収750万円~1,000万円以上が平均給与になってきます。熟練クラスになると親方として独立できるレベルになります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

溶接工で年収1000万円を越えるために必要なこと

年収1000万円以上を狙うなら「水中溶接工」がおすすめです。水中溶接工は地上での溶接と比べて高度な技術と危険が伴うため、年収も大幅に高くなります。

水中溶接工とはダムや池の中で専用の道具を用いて、水中で溶接作業を行います。水中では溶接しても一瞬で冷却されてしまうため、高い技術が必要です。

水中での溶接は「アーク電圧」を使用するケースが多く、万が一溶接棒に触れたり電撃に触れると、死に至る事故になり得ます。また、溶接作業中に空気の残量が減っていることに気づかず、溺死する水難事故に繋がる可能性もあります。

また、地上と水中の気圧差で起きる高気圧障害(減圧症)にかかってしまう水中溶接工も多いです。

以上のように危険が伴い、高いスキルが求められる水中溶接工は普通の溶接工の2〜3倍の給料がもらえることもあるため、中には年収1000万以上の溶接工も存在します。

弊社では、数多くの職人(一人親方含む)の方々に工事案件や正社員求人を獲得していただいています。ベテランの方には長期の高単価案件をご紹介します。未経験者のお仕事探しもお手伝い可能です。

  • 長期契約可能な高単価工事案件多数
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 60代70代でも応募可能なお仕事
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめのお仕事をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

溶接工として年収を上げるために必要な4つのポイント

blockchain, network, web
溶接工として年収を上げるために必要な4つのポイントを解説します。それぞれ自分の意識次第でできることばかりです。

4つのポイントを意識して、溶接工としての価値を上げていきましょう。

1.技術を磨く

さまざまな溶接方法の中から1つを習得し、働いていても年収はなかなか上がりません。溶接方法の幅を広げるか、技術を極めていくことが、報酬アップに繋がります。

また、溶接の対象素材の幅を広げるだけでも賃金アップに繋がります。具体的には「レーザー溶接」の技術を身につければ、ステンレス鋼などを扱えるようになるなどです。

このようなスキルアップを目指すには、一般社団法人「労働技能講習協会」が主催する講習を受け、一般社団法人「日本溶接協会」による「溶接管理技術者資格」などの専門資格を複数取得するのがおすすめです。

求められているスキルを見定めて、日々、スキルアップに取り組むことが重要です。

2.実績を作る

溶接工は専門的な職業のため、スキルや実績が賃金の上昇に繋がります。スキルアップだけでなく、実績を意識して積んでいくことも重要になります。

他の人に少ない実績があると、市場での価値が上がり転職や現場で重宝されます。

3.転職する

さまざまなスキルを身につけていても職場で活用する機会のないケースは転職がおすすめです。溶接工は専門職で実績と資格が重視されるため、キャリアアップを理由とした転職は歓迎されるケースが多いです。

転職をすれば、今まで経験してこなかった溶接方法や素材などに取り組み、新たな実績を積めます。向上心を持って取り組めば、実績が認められ賃金アップに繋がる可能性は高いです。

弊社では、数多くの職人(一人親方含む)の方々に工事案件や正社員求人を獲得していただいています。ベテランの方には長期の高単価案件をご紹介します。未経験者のお仕事探しもお手伝い可能です。

  • 長期契約可能な高単価工事案件多数
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 60代70代でも応募可能なお仕事
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめのお仕事をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

4.特殊な溶接の仕事を行う

溶接工は専門的なスキルのため、特殊な溶接の仕事ができるとなれば賃金はアップします。できる人が少なければ少ない程、特殊な溶接をできるスキルは賃金の向上に反映されます。

自ら誰もできない溶接の仕事をこなすスキルの獲得に取り組むことが年収を上げるポイントです。

溶接工で年収が高い人の3つの特徴

man wearing black hoodie using welding tool

溶接工で年収が高い人の3つの特徴を解説します。年収が高い人の共通点を理解して自分の年収アップにも繋げていきましょう。

1.配管溶接を行う

配管を専門に溶接し、肉眼では見えない障害物の裏側を溶接したり肉厚1ミリ〜50ミリを超えるような配管までさまざまな配管を対象に溶接します。

配管専門の会社に勤務している人は時給1500〜3000円程度です。検査の厳しい現場に入れる人材ならば、さらに稼げます。

また、原子力発電所の重要部を溶接してる人は時給6000円以上の人もいます。勤務時間も8時間未満のケースが多いです。

しかし、賃金が高い分、トーチを持つ手に関係なく同じビートでウィーピングやローリングができるなどの高いスキルは必要になります。

2.図面の展開から仕上げまでを一貫して行う

図面から製品にまで一人でできる人材は年収が高い傾向があります。CADを使い図面を展開し、素材を加工し溶接、仕上げを行います。

それぞれの工程が専門職のため、全ての工程を習得するには多くの時間がかかります。しかし、全て一人でできるとなるとかなり稼げます。

会社に勤めているとなると日当24000円程、独立しているとなると日当3〜4万円程度になります。

3.造船所で溶接を行う

造船所で溶接を行っているのも年収が高い溶接工のポイントです。造船所で働くベテラン溶接工は日当3万円程を軽く稼ぎます。

造船所で3年間働けば、ある程度の溶接はできるようになりますが見習いのままでは全然稼げません。ベテランと見習いの貧富の差がかなり広いのが特徴です。

班長から組長と役職のあるポジションにつけば、かなり稼げます。ですが、普通の平社員でも30代で月40万円以上稼いでいてもおかしくありません。

弊社では、数多くの職人(一人親方含む)の方々に工事案件や正社員求人を獲得していただいています。ベテランの方には長期の高単価案件をご紹介します。未経験者のお仕事探しもお手伝い可能です。

  • 長期契約可能な高単価工事案件多数
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 60代70代でも応募可能なお仕事
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめのお仕事をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

溶接工に向いている人の特徴

woman, silhouette, quality

溶接工に向いている人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

体力に自信がある人

溶接工は重い金属を扱ったり、長時間の立ち仕事や細かい作業をしたりするので、体力が必要です。

ものづくりに興味がある人

溶接工は溶接によって新しい部品や製品を作り出す仕事なので、ものづくりの面白さややりがいを感じられる人に向いています。

細かい作業を根気強くできる人

溶接工は精度や見た目にこだわる必要があるので、細かい作業にも集中力や根気が必要です。

集中力の高い人

溶接工は火や電気やガスなどを使う危険な作業であるため、常に安全面を意識し、事故を防ぐための対策を講じることができる集中力の高い人に向いています。

溶接工として年収を上げていくためのキャリアプラン


溶接工として年収を上げていくためのキャリアプランを解説します。それぞれに必要な資格なども解説しているので、参考にしてください。

1.アーク溶接特別教育

アーク溶接とは、アーク放電を熱源とするアーク溶接機を用いた溶接方法で、最も使用されている溶接の技術のことです。

溶接工として働く上で取得しなければならない資格は「アーク溶接特別教育」です。国家資格ではありませんが、アーク溶接作業を従事する際に必要な資格です。
アーク溶接特別教育の内容は以下の通りです。

  • 講習内容:学科11時間、実技10時間
  • 費用:10,000~25,000円(受講する機関によって異なる)
  • 受講会場:商工会議所、一般企業など
  • 対象者:18歳以上

所定の講習会場で受講すると、原則として当日に写真入りの修了証が交付され、各現場で溶接の仕事に従事できます。

万が一修了証を紛失してしまった場合は再発行の手続きが必要です。

2.ガス溶接作業者

ガス溶接はLPガスやアセチレンガスなどの可燃性ガスを使用した溶接方法で、アーク溶接同様、溶接工で働く上で必要な資格です。

ガス溶接の資格は「ガス溶接技能者」があり、講習内容は以下の通りです。

  • 講習内容:学科8時間、実技5時間
  • 費用:18,000~22,000円(受講する機関によって異なる。教材費1,700円程度別途必要)
  • 受講会場:全国各地(一般企業など)
  • 対象者:18歳以上

講習修了後は修了試験があり、合格すれば取得できます。合格率はほぼ100%です。

3.JIS溶接技能者(TN-F)

薄板ステンレスの基本級の資格となっています。JIS溶接技能者(TN-F)を取得すれば、資格やスキルの証明になります。

JIS溶接技能者(TN-F)の資格を取得するには一定の国内規格(JIS、WESなど)に基づいて溶接作業の技量についての評価試験をクリアする必要があります。

JIS溶接技能者(TN-F)の受講資格は15歳以上となっており、溶接経験が1ヶ月以上必要となります。

4.JIS溶接技能者(N-2F)

JIS溶接技能者(N-2F)は鋼構造物の製作における溶接作業に従事する溶接技能者の資格です。溶接作業の技量を一定の基準(JIS、WESなど)で試験します。

JIS溶接技能者(N-2F)の受講資格は15歳以上です。基本給(下向き)の場合1ヶ月以上、専門級(立向き、横向き、上向き、管)の場合、3ヶ月以上の実務経験が必要となっています。

また、「アーク溶接等特別教育」を修了していることが望ましいとされています。職場に慣れてきて、さらなるスキルアップのために獲得するのが良いです。

5.JIS溶接技能者(T-1F,P),(N-2V,P)

JIS溶接技能者(T-1F,P)は、Tig溶接での裏波溶接です。JIS溶接技能者を簡単に取得できるならば、Tig溶接の技術はかなり高くなります。

JIS溶接技能者(N-2V,P)は被覆アーク溶接の技能資格となり、かなり難易度が高くなっております。

合格率は、30%程度と低く、しっかりと練習した上で試験に挑戦する必要があります。

6.溶接工として4年目以降

ここで、溶接工4年目以降に取るべき資格を紹介します。

  • 組合せ溶接
  • ボイラー溶接士
  • 半自動溶接
  • 溶接作業指導者

いずれも難易度が高く、十分な知識と経験が必要な資格です。強制ではありませんが、溶接工としてキャリアアップするためには取得すべき資格でしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

溶接工に関するよくある質問Q&A

man, thinking, doubt

Q1:溶接工になるにはどんな資格が必要ですか?

A1:溶接工になるには、溶接技能者の資格が必要です。溶接技能者は、扱う材質や溶接の手法によって細かく資格が分かれており、国家資格や民間資格があります。溶接技能者の資格は、溶接技能試験に合格することで取得できます。

Q2:溶接工の仕事は危険ですか?

A2:溶接工の仕事は、火や電気やガスなどを使う危険な作業なので、常に安全面を意識しなければなりません。火傷や目を焼くなどの怪我を防ぐためには、専用の溶接マスクや手袋などの保護具を着用することが必要です。

Q3:溶接工の仕事は体力が必要ですか?

A3:溶接工の仕事は、重い金属を扱ったり、長時間の立ち仕事や細かい作業をしたりするので、体力が必要です。また、高温や騒音などの過酷な環境で働くことも多いので、体調管理にも気をつけなければなりません。

Q4:溶接工の仕事はやりがいがありますか?

A4:溶接工の仕事は、溶接によって新しい部品や製品を作り出す仕事なので、ものづくりの面白さややりがいを感じられます。また、溶接の技術はあらゆる製品を加工する際に欠かせない技術なので、社会に貢献しているという実感も持てるでしょう。

Q5:溶接工の仕事は将来性がありますか?

A5:溶接工の仕事は、建物や自動車、家具などさまざまな製品の製造で溶接が行われており、需要は高いと言えます。しかし、近年ではロボット溶接などの自動化が進んでおり、単純作業は人の手をかけずに済むケースが増えています。そのため、溶接工として活躍するには、高度な技術や知識を身につけることが必要です。

溶接工の年収のまとめ

溶接工は溶接を行う技術者のことで、製造業や建設業で就職するのがほとんどです。中にはフリーランスとして独立する溶接工もいます。

溶接工の年収は正社員が376万円で、一般の平均年収と比較すると低い傾向にありますが、年齢や経験が上がるほど年収も上がるのが特徴です。

また、30代以上になると年収が400万円以上となり、熟練したベテランでは600万~1,000万円以上稼ぐ方もおられます。

また、溶接工が年収アップを目指して転職を考える際は、溶接工に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行うことが重要です。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」は、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

塗装業界の今後はどうなる?業界の需要や将来性を紹介

新型コロナウィルスの影響でさまざまな業界がダメージを受けている中、塗装業界は今後どうなるのか不安な人も多いのではないでしょうか。

塗装業界はAIやドローン技術の進歩、環境に合わせた塗料の登場など塗装業界も大きな変化を見せています。

本記事では、塗装業界の現状や今後の動向をまとめ、塗装業界で稼いでいくためには何が必要なのかを解説します。

塗装業界の現状を把握しつつ今後の可能性を加味した上で、ご自身のビジネスに活かしていきましょう。

この記事の監修者
agent-yamanaka2
山中 健太キャリアコンサルタント
コンサルティング会社にて建設会社の成長戦略型提案業務を経験。「ビジネス会計検定1級」を保有しており、採用責任者や経営者など企業側の目線を最も理解したキャリアサポート、就職支援を得意とする。

塗装業界とは?


塗装業界は大きく「外壁塗装」と「板金塗装」に分かれます。外壁塗装とは、建築物の外壁や屋根などに塗装を施すことです。新築物件への施工やリフォームの一部として活用される場合が多いです。

建物へ塗装は老朽化した見た目を新しくする目的だけではなく、建物へのメンテナンス工事を行う目的も含まれます。建築物の耐久性の向上や防水加工、室内の温度調節などの目的に合わせた素材が使用されます。

板金塗装とは、板金と塗装の2つの作業からなる修理方法です。主に車の傷や凹みの修復を目的として行われます。

板金の工程とは、車の凹んだ部分を叩きながら伸ばしたり、傷付いた部分の塗装を剥がすなどの作業が含まれます。その後、板金で修復を行った箇所へ塗料を塗ります。塗装もただ単に塗料を塗るだけではなく、パテで下地を整える作業や塗料を調色するなど複数の工程に分かれます。

弊社では、数多くの職人(一人親方含む)の方々に工事案件や正社員求人を獲得していただいています。ベテランの方には長期の高単価案件をご紹介します。未経験者のお仕事探しもお手伝い可能です。

  • 長期契約可能な高単価工事案件多数
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 60代70代でも応募可能なお仕事
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめのお仕事をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

塗装業界の市場規模や現状

塗装業界の市場規模や現状について説明していきます。塗装業界における今後の動向を把握するためにも以下の3つの状況を抑えておきましょう。

  1. 塗装業界の市場は拡大傾向
  2. 塗装業界へ大手企業の参入が増加
  3. 職人レベルの低下

1.塗装業界の市場は拡大傾向

株式会社矢野経済研究所の調査によると、2020年のリフォーム業界の市場規模は約6.5兆円と推計されています。なかでも建築塗装に該当する「設備修繕・維持管理費」は2019年と比較して0.3%増加したと報告されています。

この調査は2011年から行われており、10年間で市場規模が6.2兆円から6.9兆円の間でグラフが動いているとのことです。

建築塗装や板金塗装ともに人々の生活に関わる仕事であるため、市場規模は今後も安定して成長すると推測されます。

2.塗装業界へ大手企業の参入が増加

リフォーム業界の市場が緩やかに拡大し安定した需要があることから、塗装業界へ参入を行う企業が増加しています。

塗装業界への企業は資格が必要ではなく、工具を揃えるだけで開業ができます。他の業種と比べて参入障壁が低い業界であるため、国内大手企業も塗装業界へ参入を行う現状です。

今後も塗装業界への参入が多く見込まれるため、塗装業界の競争が激化する可能性も十分あります。塗装業界で活躍を行うためには、職人の技術を向上させ、優秀な人材の定着が必要です。

3.職人の技術レベルが低下

塗装業界の市場が緩やかに拡大している反面、職人の技術レベルが低下しています。理由として「現場経験の少なさ」と「人材不足」の2点が考えられます。

IT技術の発展により業務のマニュアル化が行われ、従来と比べて職人を目指す人が自ら学ぶ機会が減少しました。

一般的に塗装職人として一人前になるためには、10年から15年ほどの経験が必要と言われます。多くの現場を経験して得た予算管理能力や塗装技術はマニュアルでは再現できない恐れがあります。

また、職人を目指す人材の不足により技術の継承が難しいことから後継者の育成が課題となっています。塗装業界でも高齢化が進み、若者の応募が少ない現状があります。職場の年齢も比較的高いため、若い職人がなかなか溶け込めず辞めてしまう事例も多いです。

若い人材の育成を行い優秀な職人を輩出しなければ技術レベルが低下していく一方のため、各現場では若い人材の採用と教育が求められます。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

塗装業界の今後はどうなる?

question, problem, think
塗装業界の市場規模と現状の問題について解説してきました。これまでの内容を踏まえ、塗装業界が今後どのように変化をしていくのかを解説します。

緩やかに市場規模が拡大する業界だからこそ、今後も需要のある業界なのかと不安な人も多いのではないでしょうか。

解説をする内容をもとにご自身の今後のキャリアプランを考えるきっかけにしてみてください。

リフォーム需要は今後もなくならない

新築物件の需要が減ってきている日本ですが、空き家の増加に伴いリフォームやリノベーションを行う需要は今後も拡大すると予想されます。

少子高齢化の影響により都市部以外では、人口の減少が深刻化し空き家が増えてきました。空き家の解体には多額の費用が発生するため、行政が主体となり空き家をリフォームして売りに出す動きが見られます。

外装への塗装は古い見た目を新しく見せることが出来るため、リフォームの需要が高まり続ける限りなくなりません。

しかし、板金塗装の市場は縮小していく恐れがあります。自動車の販売台数が減少するといった背景もありますが、自動車による事故数が減少したことが大きな要因として挙げられます。

「ブレーキアシスト」や「踏み間違い防止装置」の台頭により、車の衝突事故数が減少してきました。自動運転への需要も高まりつつあるため、板金塗装業界は今後縮小していく恐れが考えられます。

環境に対応した塗料が展開される

SDGs(持続可能な開発目標)への関心が高まったことで、住宅塗装にも環境に優しい塗料が使われるようになりました。

例えば、溶剤系塗料はシックハウス症候群や光化学スモッグの原因になるという理由から現場での使用機会が減ってきています。また、新型コロナウィルス禍での社会情勢を踏まえ抗ウィルス作用を含む塗料も開発されてきました。

塗装業界でも時代の変化や顧客ニーズに合わせた塗料の登場が見られるため、新規で参入を行う場合や既に塗装業界で働かれる人はニーズへの対応が求められます。

人材不足が加速する

塗装業界での人材不足問題が今後さらに加速すると予想されます。技術の継承者が減ることで業界全体のレベルが低下してしまう恐れがあるため、早急な改善が必要になります。

昔から塗装業界では3Kと呼ばれる「きつい」「汚い」「危険」のイメージが強く持たれていました。最近ではさらに「給料が安い」「休日が少ない」「カッコ悪い」の項目が加わり6Kと呼ばれるようになってしまいました。

人材不足を解消する上でも業界自体の根本的なイメージ改革を行い、既存で働いている人の労働環境の改善が求められます。

塗装業界は儲かるの?職人の給料事情を紹介

hands, money, palm
塗装業界は人材の採用が課題と言われていますが、実際に塗装業界で働く人の給料事情はどうなのでしょうか。実際の職人の給料事情を解説します。

ご自身の給料事情と比較をしながら今後の職業選択に活かしてみてください。

平均年収は他の業種と比べて高い?

塗装業界で働く人には技術力と専門的な知識が求められるため、建築や工場系の現場で働く人と比べると年収の相場が高い傾向があります。

塗装工の年収は都心部で約439万円、地方では約300万円程度です。月給に換算すると約25万円から35万円ほどになります。経験を積んだ塗装屋であればさらに年収は高く、年収500万円以上を稼ぐ人も中にはいます。

他の建築系や工業系の仕事と比較すると高い給与水準となっています。しかし、体力的に負担が多い仕事であるにも関わらず、年収が低いという声も見られます。

請負で仕事ができれば儲かる

塗装屋として働く人の中にも年収が1000万円を超える人もいます。下請けと元請けのどちらで仕事を引き受けるかにより、同じ仕事内容でも年収に差が出てしまいます。

下請けの場合、仕事を仲介してくれた会社に仲介手数料というものが発生してしますため通常の報酬よりも低い金額になってしまいます。

元請けで仕事を引き受けることができれば、報酬が中抜きされることないため利益を多く残せます。

塗装屋として独立するのであれば、なおさら元請け仕事を引き受けるようにしましょう。

また、独立をしていても自分一人だけの稼ぎであれば年収に限界が出てしまいます。さらに年収を上げたい人は会社の規模を拡大する必要があります。従業員を雇用して、一緒に働いてくれる職人を集められると受けられる案件数も増えるため稼ぎやすいです。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

塗装業界への転職に役立つ資格3選

今後も需要が見込まれる塗装業界に参入をして年収を上げていきたいと考える人や、塗装屋として独立をしたい人にとって取得しておきたい資格は3つあります。

塗装屋は資格がなくても就職や開業ができる特徴のある仕事ではありますが、資格を取得しておくことで得られるメリットもあります。

各資格を取得するとどのようなことが出来るのかを詳しく解説していきます。

塗装技能士

塗装技能士は、塗装技能士検定の合格者を指します。1級から3級までに分かれ、受験には実務経験が必要になります。1級では7年以上、2級では2年以上の実務経験が必要になるため、受験をする予定の人は気をつけておきましょう。

一定の知識や技術を持つ職人であることを対外的に示すため、塗装技能士の試験を受験される人の多い試験になります。

塗装技能士の資格がなくても塗装の仕事は行えますが、資格を習得していることで自身の技術に対して信頼が得られるようになります。

特に塗装屋として独立を予定している人は、営業をしていく上で資格を取得しておくことをおすすめします。

建設業許可(塗装工事業)

建設業許可は法人を対象とした資格で、500万円以上の工事を請け負う場合に許可を受けることが義務付けられています。

一般的な住宅の塗装工事であれば請負金額が500万円を超えることが少ないため、建設業許可は必要ありません。

しかし、建設業許可の取得には「実務経験が10年以上もしくは有資格者の職人を配置している」ことや「自己資本が500万円以上」などの厳しい条件を満たしていなければいけません。

建設業許可の取得が難しい分、取得をしている会社に対しての信頼度は高くなります。今後の会社としての方向性や取得が可能かどうかで建設業許可を取得するべきかを考えてみましょう。

溶接技能士

溶接技能士は国家資格であり、板金塗装を行う人におすすめの資格です。溶接技能士にはいくつか種類があり「アーク溶接作業者」「ガス溶接技能者」「アルミニウム溶接作業者」「ボイラー溶接士」などに分かれます。

なかでも「アーク溶接作業者」と「ガス溶接技能者は板金作業において優先的に取得をしたい資格になります。

アーク溶接作業者の資格を取得するとアーク溶接や自動溶接などの溶接に関わる作業が出来るようになります。また、ガス溶接作業者を取得すると可燃性ガスや酸素混合ガスを用いる溶接などが出来るようになります。

アーク溶接作業者を取得すると、手アーク溶接(被覆アーク溶接・ガスシールドアーク溶接など)、半自動アーク溶接、自動溶接ができるようになります。

素材の加工や穴埋め作業などで溶接を行う機会は多くなります。資格を取得しておくことでご自身のできる作業の幅が広がり、多くの経験を積むことが出来ます。

弊社では、数多くの職人(一人親方含む)の方々に工事案件や正社員求人を獲得していただいています。ベテランの方には長期の高単価案件をご紹介します。未経験者のお仕事探しもお手伝い可能です。

  • 長期契約可能な高単価工事案件多数
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 60代70代でも応募可能なお仕事
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめのお仕事をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

塗装業界に今後求められるものとは?

塗装業界では今後どのような動きが求められるのかを解説します。既に塗装業界で働いている人やこれから塗装業界に参入を考えている人は特に意識するようにしましょう。

情報発信力

チラシなどの紙媒体から注文を受けるだけではなく、最近ではインターネットからでも塗装の仕事を引き受けるようにもなりました。

インターネットの需要は今後も拡大するため、発注者の多くがチラシなどの紙媒体よりもインターネットを使用して注文を行うことが考えられます。

自社の集客力を高めるため、自社のWEBサイトを作成するなどのインターネット上での情報発信が必要になります。

技術の継承

人材不足問題の解消のためには、質の高い職人の定着が求められます。IT技術の発展によりマニュアル化された仕事が多くなりつつありますが、現場での経験などはIT技術ではカバーできません。

また、塗装業界でも高齢化が進んでいるため若い人材の定着も必要になります。年齢が高めの職場であれば特に若い人材の教育に力を入れるようにしましょう。資格の取得を促すのも本人のやる気を底上げする上では必要になります。

教育もただ経験を積ませるだけではなく、見習いの職人が自ら考えて行動をするよう促してあげましょう。

人材の採用

将来的に活用をする人材の採用が企業にとって重要になります。採用をした人材は自社の即戦力にならなくても、将来的には会社を支える重要な人材になります。

働きやすい環境の整備や見習い職人への教育体制を整えることから始め、積極的に人材の採用を行うことが必要です。

塗装業界で稼いでいくために必要な3つの方法


緩やかに市場規模が拡大している塗装業界で稼ぐために必要な方法を3つ解説します。

体力的に負担のかかる仕事が多い業界であるため、解説をした内容を踏まえながら効率的に稼いでいきましょう。

1.資格を取得する

塗装会社に就職をする人であれば基本給以外にも取得した資格に応じて給料が上がる場合があります。また、塗装技能士などの実務経験に応じた資格であれば、取得しておくことで自身の技術の担保にも繋がるため信頼が得られやすいです。

塗装業界では、出来る限り多くの経験を積みながら技術を向上させる必要があるため、経験を積む機会を増やすためにも塗装に関わる資格は取得しておくと良いでしょう。

2.施工実績を積む

資格を取得しただけでは技術の成長に繋がりません。実務経験が出来る環境が整えば、あとは施工実績を積むようにしていきましょう。

個人で独立をしたい人は特に施工実績が重要になります。施工実績が10件以上ある人は施工実績集を作成しておくと紹介で仕事がもらいやすくなります。

3.技術力を磨く

とにかく技術力を上げることを意識しましょう。塗装を行う人材が減少傾向にはありますが、今後職人の需要が低くなってしまうと技術力が高い職人が自然と選ばれるようになります。

一人前の職人になるためには10年から15年ほどの期間が必要と言われます。学歴が重視されない業界であるからこそ、技術力を磨き、選んでもらえるような職人を目指しましょう。

塗装技能士などの資格の取得を目指し、施工実績を積むことで技術力の向上に繋がります。しかし、働く環境によっては職人の育成に力をあまり入れてない場合もあります。ご自身の置かれている状況を改めて考え、スキルアップが見込める職場なのかもこの機会に考えてみてはいかがでしょうか。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

新型コロナウィルスの影響でさまざまな業界が縮小傾向にあるなか、塗装業界の市場規模は緩やかに拡大傾向にあります。環境に合わせた塗料の登場や技術の進化によるマニュアル化など塗装業界も時代にあって変化しています。

しかし、職人が不足傾向にあることから技術の継承も難しい現状があります。塗装業界で稼いでいくためには、自分自身のスキルアップだけではなく、施工実績を積むなどの現場経験を増やす必要があります。

実績を築いた人の中には、独立をして年収1000万円以上を稼ぐ人もいます。これから塗装業界に挑戦しようと考えている人や既に塗装業界で働かれている人は、自身の技術を向上させるために「資格の取得」や「施工実績を積む」ことを意識していきましょう。

塗装工はきついって本当?現場での仕事内容や給料について解説

塗装工の仕事へ就職を検討される方の中には「塗装工はきついと聞くけど本当?」や「辛い仕事を続けられるか不安」などと心配に思う方も多いのではないでしょうか。

本記事では、塗装工の仕事は本当にきついのかを解説します。塗装工の現場での仕事内容や塗装工に向いている人の特徴もあわせて紹介します。

これから塗装工へ就職が決まっている方や就職を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

塗装工がきついと言われる5つ理由


塗装工の仕事に興味があり挑戦をしてみたい方に向けて、なぜ塗装工の仕事がきついと言われるかを紹介します。

どのような理由から仕事がきついと言われるのかを把握し、ご自身にとってはきつい仕事になるのかを考えてみましょう。

1.刺激臭の独特な臭いがする

塗装工の仕事は、ペンキを扱うためシンナーのニオイがどうしても発生してしまいます。

野外ならまだしも、屋内の塗装であればシンナーの独特な刺激臭が密閉された空間に漂ってしまいます。

慣れてくるとシンナーのニオイなど気にならなくなりますが、臭いに敏感な人は慣れるまで大変かもしれません。

2.手の塗料が落ちにくいことがある

担当する作業にもよりますが手などに塗料が付着をしてしまうことがあります。

一度手に付着をした塗料はなかなか洗い落とすのが難しく、汚れが落とせても次の日にはまた手に塗料が付着してしまう恐れがあります。

仕事終わりに遊びの予定を入れたい場合でも、手に汚れが残ってしまうという理由から嫌がられることがあります。

3.天候によって休みになる

塗装工の仕事は基本的には屋外で行うことが多いため、雨の日だと仕事が休みになってしまいます。基本的には日給の場合がほとんどのため、休みの日数によって給料が変動する恐れがあります。

特に冬場や梅雨の時期など雨が多い季節であれば1週間近く仕事が休みになってしまうこともあります。

体力的にはキツくはないかもしれませんが、その分給料が減ってしまうため金銭的な面できついと感じる方も多いのではないでしょうか。

4.体力的な負担が大きい

塗装工の仕事は他の仕事と比べ、体力的に負担の大きい仕事です。作業中は立ちっぱなしの状態が多く、中腰での作業をしなければいけない場面もあります。

塗装工として働かれている方の中には仕事で腰を痛めてしまい、腰痛を抱えた状態で仕事を続けている方も多くいます。

自分自身の身体が資本になるため、仕事終わりにマッサージへ通うなどのメンテナンスが必要になります。

5.上下関係が厳しい職場がある

塗装工の現場の中には、職人気質が強く仕事は目で見て覚えろというような厳しい人がいる場合があります。

会社によっては一人前の職人になるまでの育成方法が異なるため、いつまでも下っ端の仕事しかさせてもらえない場合や仕事中ずっと怒鳴られることが多い場合などは転職を考えてみてはいかがでしょうか。

自分自身の今後のキャリアステップを考え、今の職場に長く働くべきなのかはしっかりと考えるようにしましょう。

弊社では、数多くの職人(一人親方含む)の方々に工事案件や正社員求人を獲得していただいています。ベテランの方には長期の高単価案件をご紹介します。未経験者のお仕事探しもお手伝い可能です。

  • 長期契約可能な高単価工事案件多数
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 60代70代でも応募可能なお仕事
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめのお仕事をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

塗装工の仕事は本当にきついのか?

board, ask, who
塗装工の現場がきついと言われる理由を解説してきました。しかし、塗装工の現場は本当にきついのでしょうか。

具体的な仕事内容や1日の流れ、塗装工の給料について紹介します。これから塗装工として働こうと考えている方は、ぜひ給料や仕事内容を加味した上で就職をするか検討してみてください。

塗装工の仕事内容

塗装工は、現場でペンキを塗る「建築塗装工」と工場で車の塗装を行う「板金塗装工」の2つに分かれます。

建築塗装工の場合は、住宅などの建物で仕事をする場面が多くなるため基本的には直射日光の中で仕事をする形になります。一方、板金塗装工は主に工場の中で仕事をする形になるため日が当たらない場合がほとんどです。

具体的にそれぞれの特徴や求められるスキルを紹介します。

建築塗装工

冒頭でもお伝えした通り、建築塗装工は住宅やビルなどの建物へ塗装をします。建物の外壁や内壁などへ塗装を行い、その材質に合わせて塗料を使い分けます。

作業自体は主にローラーや刷毛、スプレーを使用して手作業で行うことが多い仕事になります。住宅やビルで作業をする場合の多くが足場を作成し高所での作業が求められます。

また、外壁の塗装であればただ見た目を美しくするだけではなく、断熱性の高い塗料を使用して建物内の温度調節や防水加工を施します。

建物の劣化を防ぎながらより長くその建築物を利用してもらうことも、建築塗装工の仕事の一つです。

板金塗装工

板金塗装工の仕事は大きく以下の3つの工程に分かれます。

  • 板金作業
  • 下地作業
  • 塗装作業

板金作業では、まず車体に付いた傷の深さや大きさからどのような形で傷の修復を行うかを確認します。確認が出来次第、ハンマーなどの専用の工具を取り出し板金作業を行います。

板金作業が完了すると下地作業へ移行します。下地作業では、必要箇所の塗装面を剥がしてパテで埋め込み作業を行います。車体の傷を滑らかに見せるため、研磨紙などを使用して表面を滑らかにしていきます。

ここからようやく塗装作業を行います。パテを塗り込んだ部分に下地塗料を塗り、乾燥後に仕上げ磨きを行います。

板金塗装工の仕事は塗装に関する知識だけではなく、自動車の部品などに関する知識も必要になるため専門性の高い仕事です。

塗装工の1日の流れ

具体的な塗装工の1日の流れを見ていきます。塗装工の勤務時間は引き受けている案件の工期や作業内容によって異なりますが、一般的には朝の8時頃から朝礼を行う場合が多いです。

朝礼が終わると現場に向かい、塗装に使う材料の準備や作業員どうしで作業に関する打ち合わせを行います。

12時から13時頃に昼食を挟み、夕方の17時から18時頃には現場の撤収作業に取り掛かる流れになります。

他の仕事とそこまで勤務時間が変わっているわけではありませんが、雨が降った日などは1日仕事がなくなる場合があります。

また、工期の都合によって夕方を過ぎた暗い時間に照明を付けて作業をする場合もありますが、基本的には朝から夕方までの明るい時間帯で働くことになります。

塗装工の給料

求人ボックスのデータによると、塗装工の平均年収は約379万円と言われています。月給に換算をすると約32万円で、初任給は21万円程度が相場のようです。

日本の平均年収と比較をすると低い傾向にある業種ではありますが、全体の給与幅が299万円から850万円と比較的広い結果となっています。勤務先や技術、保有する資格によって給料が変動しやすいことが分かります。

また、塗装工の親方として独立が出来れば案件に関わる売上が全て自分のものになるため、正社員で働いている時よりも稼ぐことが可能です。

塗装工の将来性は?

近年では少子高齢化からくる地方の人口減少や空き家の増加問題に伴い、一軒家の新築工事は減少しています。

しかし、中古住宅や古民家を購入した方による「リフォーム」や「リノベーション」の需要が拡大傾向にあります。

塗装工として、屋根の塗り替えや外壁への防水加工などの実績を積んでいくことが出来れば業界でも生き残ることができるでしょう。

塗装工に向いている人の特徴5選


塗装工にはどんな人が向いているのでしょうか。きついと言われる職場ではありますが、実際に若い時から就職をして親方として独立を果たした方もいます。

塗装工として続けていける人の特徴を紹介するので、ご自身に当てはまっているかや今後の目標として参考にしてみてください。

1.体力に自信のある人

塗装工の現場は1日中立ちっぱなしの状態が続いたり、中腰のまま作業をしなければいけない場面がくるなど体力が必要な場面が多いです。また、夏は暑く冬は寒いといった気温の影響を受けやすい職場環境でもあります。

キャリアを重ねたベテランであれば仕事に応じて体力配分はできますが、働き始めたばかりはどのように仕事をこなしていくか掴めない部分も多いです。

体力に自信があれば塗装作業に関わる機会も増えるため、経験にあった技術が身に付けやすいです。技術が伴ってくればその分給料も上がりやすくなるため、まずはやり続けられる体力はあるのかを考えてみると良いです。

2.質を追求するのが好きな人

塗装工の仕事は細かなミスが少なく、質を追求する人に向いています。塗装作業の中でも特に仕上げに関わる作業では特に、綺麗に仕上げることが自分の評価にも繋がります。

大雑把に仕上げを行ってしまうと見栄えが悪く、お客さんからの評価も低くなる恐れがあります。

また、建築塗装工であれば塗装の仕上がりによって住宅の性能にバラツキが出てしまいます。防水機能や温度調整を兼ね備えた塗装を塗る際、塗り方にムラが出てしまうと均等に効果が発揮されなくなってしまいます。

何事に対しても完璧主義であればあるほど塗装工の仕事においては評価されやすく、職人として独立するまでも早い傾向にあります。

3.臭いや汚れが気にならない人

塗装工の仕事には嫌な匂いや汚れが付きものです。シンナーの独特な刺激臭に囲まれて仕事をする場合が多く、板金塗装工で働く人の中でも油汚れが嫌で辞めてしまう人も多いです。

塗装の仕事には汚れや臭いは仕方がないと割り切れるおおらかな気持ちを持てる人は塗装の仕事に向いています。

4.高いところが苦手でない人

建築塗装工は、住宅の屋根ぐらいの高さで仕事をする場合が多いです。時には高層ビルや数百メートルにも及ぶ橋などでの作業がある場合があります。

高所の中でも重たいペンキを運び、慎重に塗装を行うことが求められます。加えて、場合によっては高所での作業を夜間に求められることもあります。

高いところが苦手な人は環境によって当初のパフォーマンスが発揮できない恐れがあるため、向いているのかどうかを改めて考えてみると良いです。

5.下積み期間を耐えられる人

塗装工は一人前になるまでの下積み期間が長いです。技術の習得ができなければ職人として仕事を受けることはできません。

しかし、会社によっては年功序列で昇格する場合もあります。

なかなか他の仕事と比べ給料が上がりにくい業種ではあるため、しっかりと目標を持ちながらコツコツと仕事に取り組める忍耐力のある人に塗装工は向いています。

塗装工の仕事を行うメリット

塗装工の仕事に向いている人の特徴を紹介してきましたが、実際に塗装工として働く上でのメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

大きく以下の3つに絞り、他の仕事と比べて塗装工のメリットを解説していきます。

先ほど紹介をした向いている人の特徴と含め、今後働いていく上でメリットのある仕事なのかを考えてみてください。

  1. 就職難易度が低い
  2. 独立しやすい
  3. 学歴が必要ない

就職の難易度が低い

塗装工への就職は他の業種と比べ難易度が低いです。未経験からでも採用してもらえる場合もあり、働きながら職人を目指す方も多いです。

未経験者を募集している会社であれば難しい仕事をいきなり与えられる心配はないため、基本的な業務を覚えていきながら働くことができます。

また、塗装工で働く上で資格は必要ありません。確かに資格を取得していることで給料や独立した際の単価が上がる場合もありますが、誰でも塗装工になれる魅力があります。

経験者が取得をしておいた方が良い資格

塗装工に関わる資格の中で「塗装技能士」と呼ばれる資格が存在します。塗装技能士は厚生労働省が認定を行う国家資格の一つです。

資格は3級から1級までの3段階に分かれており、受験するには実務経験が必要になります。1級を目指す場合は最低でも7年以上の実務経験が求められます。

会社によっては資格を取得していることで給料が上がる場合もあります。また、一人親方として独立をした場合、資格を保有していることで一定の信用が得られます。

今後独立を考えている人は、ぜひ資格の取得を検討してみてはいかがでしょうか。

独立しやすい

塗装工は技術や実績があれば、他の業種と比べ簡単に独立ができます。どうしても会社に雇用をされている状態であれば、日給か月給のどちらかになるため収入の上限が決まってしまいます。

独立が出来れば全て自分の収入に繋がるため稼ぎやすいです。また、独立をして自分自身で仕事が獲得できるようになってくれば、働く時間など自由になります。

一人親方として独立を行い、徐々に会社の規模が大きくなったことで法人化を行った人もいます。

技術がある程度習得でき、塗装工としてさらに稼いで行きたい人は独立も視野に入れてみましょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

学歴が必要ない

塗装工には学歴は必要ありません。その分塗装工として技術やこれまでの経験が求められる職場です。

既に塗装工で働く人の中にも、中卒で塗装の業界に入り一人親方として独立を果たした人もいます。しっかりと技術を身に付けられれば年収600万円から800万円まで狙えます。

学歴にコンプレックスがある人や中卒でも年収500万円以上を目指したい方にはおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

塗装工の仕事における3つのやりがい


塗装工の仕事を行う上でのやりがいを3つ紹介します。働いている人の中には「何のために働いているのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

紹介をする内容を踏まえ、改めて自分自身が何の目的で仕事をしているのかを考えるきっかけにしてみてください。

塗装を仕上げる面白さがある

塗装工のやりがいの一つに、仕上げの面白さが挙げられます。ペンキの塗り方一つでその建物の良し悪しが左右されます。あらゆる建物や自動車において、最後の仕上げ作業は非常に重要です。

仕上げの見栄えが悪くなってしまうと、これまでの行ってきた作業のクオリティが高くても残念に見えてしまいます。

自分が携わった建物への仕上げが満足のいくものになれば、誇らしい気持ちになり自分の自信に繋がります。

技術力を磨くやりがいがある

塗装工は自分自身の技術と密接に関わる仕事になります。同じような塗装の仕事でも行う人によって出来栄えは異なります。また、その日の気温や温度でも最終的な仕上がりが変わる場合もあります。

日々の業務の中で自分の技術の成長を感じられるだけではなく、技術が向上するにつれて周りからの評価も上がります。

周りからの評価が上がれば任せてもらえる仕事の幅も広がるため、自分自身の経験にも繋がり最終的には技術の向上にも繋がるという好循環が生まるはずです。

お客さんから直接感謝の言葉をもらえる

塗装工はお客さんと密にコミュニケーションを取る機会が多いです。外壁の塗り替えや自動車の塗装など、お客さんの関わる悩みを直接的に解決することのできる仕事になります。

塗装の仕事は目立つ訳でもなく、個人の名前が大々的に表彰されるものでもありません。しかし、直接的にお客さんから「ありがとう」や「またお願いします」と喜んでもらえると嬉しいのではないでしょうか。

感謝され信頼されるようになってくると「この人にこれからはお願いしたい」と言われることもあります。自分自身の行いが直結して仕事に繋がる経験は、塗装工としてやりがいを感じる点でしょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

塗装屋がきついと言われる理由や実際の仕事内容を解説してきました。

塗装工の仕事は体力的に負担のかかる仕事ではあるが、その分お客さんから直接的に感謝がされる仕事であったり、自分の技術がそのまま評価に直結しやすい利点もあります。

塗装工として働き始めたばかりは慣れない仕事も多く、体力的にもしんどいと感じることも多いです。しかし、継続をしていきながら技術が身に付いてくると仕事の幅も広がり、給料も多く貰えるようになります。

塗装屋への就職を検討している人や塗装屋からの転職を考えている人は、本当にこのまま今の仕事を続けるべきなのかを本記事を参考に考えてみてはいかがでしょうか。

塗装屋の平均年収は?一人親方として独立する際の年収やアップする方法も解説

塗装屋として働かれている方の中で、独立を考えている方も多いのではないでしょうか。塗装屋は、スキルが業務に直結する職業であるため組織に属さない形で仕事ができます。

本記事では、塗装屋の年収に関わる内容から一人親方として独立するにあたっての必要な手続きなどを解説します。

これから一人親方として独立を考えている方だけではなく、現状の給料に満足できない方はぜひ参考にしてみてください。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

塗装屋の平均年収・給料・ボーナスは?独立した時や他の業種とも比較

塗装の仕事の年収・時給・給料

求人ボックスの調査によると、塗装屋の平均年収は約379万円と言われます。月給で換算すると手取り約32万円の計算になります。

日本全国の平均年収は約552万円と言われることから、体力面での負担が大きい塗装屋の仕事でもう少し給料を上げたいと考える方も多いのではないでしょうか。

塗装の仕事の地域別給料

塗装屋の仕事における地域別の給料は以下の通りです。

  • 関西… 374万円
  • 関東… 397万円
  • 中国… 354万円
  • 四国… 344万円
  • 東海… 373万円

(引用元:塗装の仕事の地域別給料

年収が一番高い都道府県は東京都で439万円となっており、年収が一番低い都道府県は秋田県の300万円という結果になりました。都市部である東京都と地方である秋田県での年収の差が、139万円であることが分かります。

塗装屋は全国どこでも需要のある仕事ではあるが、多くお金を稼ぎたいのであれば大都市圏で働くのをおすすめします。

他の仕事との年収比較

塗装屋のように建築物を取り扱う仕事の年収について解説をします。

似た業界の仕事に関する情報と比較をしながら、塗装屋としてどのように働いていくかの参考にしてみてください。

左官工との年収比較

左官工とは、コテを使いながら壁や床をきれいに塗り上げ、建物の見栄えを良くするために外装を仕上げる仕事です。

平均年収は400万円程度と、塗装屋の443万円と比べ大きな差はありません。また、塗装屋と同じく、建物の外装をダマなく塗っていくには技術と長年の経験が必要になります。

腕の良い職人であれば年収が600万円を超える収入を得ていることから、経験や技術力が必要と言えます。

内装工との年収比較

内装工は工事ごとに専門の職人がいます。「床仕上げ」や「天井仕上げ」、「クロスの張り替え」などの工事ごとで必要とされる専門の職人をまとめて内装工と指します。

一例としてここでは「床仕上げ」と「クロス屋」の年収と仕事内容を解説します。

床仕上げとは、一般住宅や施設などの床に基準線を引き、タイルやシートなどを継ぎ目が見えないよう張っていく仕事です。平均年収は433万円程度と塗装屋と大きな差はありません。

一方クロス屋の平均年収は400〜600万円程度と塗装屋と比べ幅があります。クロス屋の仕事は、ボードを張った壁や天井の上からビニールクロスや織物クロスなどの壁紙を真っ直ぐ張る仕事といった丁寧かつ繊細な技術を必要とする仕事になります。

クロス屋は経験値が物を言う業界のため高い技術を持つ職人が独立をすると、月に70〜80万円ほど稼ぐことも可能です。月70万円としても、年収は840万円になります。

塗装屋で独立すれば年収1000万円を超えることも可能

先ほどの求人ボックスの調査によると、従業員が1000人を超える企業に勤める55〜59歳の方でようやく年収が850万円を超えています。

従って、中には会社勤めで年収1000万円を実現する方も一握り存在しますが、基本的には会社勤めで年収1000万円以上は難しいでしょう。

しかし、塗装屋で独立ができれば売上が全て自分の手元に残るため、会社員として仕事をこなすよりも稼ぎやすいです。

独立を行い年収1000万円を目指すためには、単価の高い仕事を獲得する必要があります。また、並行して会社の規模を拡大しながら、従業員を雇用し、会社として受けられる仕事量を増やしていく必要があります。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

塗装屋で年収をあげるための3つの方法

entrepreneur, idea, competence
塗装屋の平均年収や年収1000万円を越えられるのかについて解説をしてきました。塗装業は体力面に負担かかる仕事のため、現状の状態に満足をするためにも年収を上げる必要があります。

具体的に塗装屋として年収を上げる方法を3つ解説します。内容によってはすぐにでも取り組めるものもあるため、ご自身の状況を加味しながらぜひ参考にしてみてください。

1.転職により年収をあげる

塗装屋で年収を上げるため、違う塗装屋に転職をする方法があります。塗装屋は地域によって給料が異なります。また、会社規模によっても給料やキャリアアップまでの期間が異なります。

塗装屋として独立を行い年収1000万円を目指したい方は、少人数の会社で技術を磨くのがおすすめです。

中には何ヶ月も経過しても初期段階の仕事しか任せてくれない会社もあります。立派な職人になるために、人材育成に力を入れている会社は技術の習得に非常に効果的です。

転職をする際は、自身のキャリアアップを考えながら会社を選ぶようにしましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

2.資格を取得して年収をあげる

塗装屋として年収を上げるためには専門的な知識が必要になります。ご自身が持つ知識や経験を示す手段として資格の取得は有効的です。

資格を保持していれば、転職や独立の際にも有利に働くため年収が上がりやすいでしょう。

塗装屋は資格がなくても働ける

塗装屋として働く上で資格は必要ありません。また、資格を取得していなくても高い技術力を持っているのであれば、独立も可能です。

しかし、塗装を依頼する側は、塗装技術がどれぐらいあるのかを判断をする一つとして資格の有無を確認する場合が多いです。

資格がなくても独立は出来るが、以下の資格を取得しておくと将来的にも有利になるでしょう。

塗装技能士

塗装技能士(とそうぎのうし)は国家資格にあたります。塗装技能士の資格を取る方法としては、都道府県職業開発協会が行っている、塗装に関する学科と実技試験に合格する必要があります。

また、塗装技能士は1級〜3級まであり、受験するには実務経験が必要になります。1級の取得を目指す場合は、最低でも7年以上の実務経験が必要と言われます。

しかし、3級の取得にあたっては6ヶ月間の実務経験があれば良いとされるため、早い段階で試験を受けることも可能です。

有機溶接作業主任者

有機溶接作業主任者は、有機溶剤を使う現場で仕事の指揮をしたり責任者となるときに必要な国家資格です。

有機溶剤は塗装業や清掃業、そしてクリーニング業(洗剤に有機溶剤が使用されている)など色々な場面で使用されます。

有機溶剤を使う現場には、有機溶接作業主任者の資格を持っている人を必ず配置しなければいけません。塗装業をしている方は有機溶接作業主任者の資格を持っておくと、ご自身の需要を高められるでしょう。

資格取得の方法は下記の通りです。

  1. 労働基準協会連合会などが主催する講演会に参加
  2. 講習に参加したあと、修了試験を受ける

3.独立をして年収をあげる

先ほど解説をした通り、塗装屋として独立ができれば年収を上げることができます。しかし、実際に独立するにあたってどのような手続きが必要になるのでしょうか。

独立をする形態によって手続きは異なるため、それぞれで必要な手続きを解説します。設立の形態によっては節税対策にも繋がるので、今後の参考にしてみてください。

独立の形態を決める

塗装屋での独立は、大きく「個人事業主になる」場合と「法人を設立する」に分かれます。個人事業主と法人の違いは、「手続き」と「国や自治体に納める税金」になります。

個人事業主の手続きは、書類に必要事項を書き税務省に提出するだけで開業できます。一方、法人を設立する場合は、複雑な手続きが必要になり、また設立自体にも費用が発生します。

また、個人事業主であれば自分自身で確定申告を行えるが、法人は税務的な知識がないと難しいです。

法人と個人によって得られるメリットも異なるため、一度専門家に相談をしながら決めるのをおすすめします。

独立に必要な資金を準備する

法人設立の場合は複雑な手続きに加えて、設立自体にお金が発生します。目安として資本準備金は約500万円ほど必要です。

一方、個人事業主として独立をする場合でも「仕事道具」や「車の準備」、「チラシやホームページでの集客」といった開業に必要な準備にお金が必要になります。

また、運転資金は現金での貯蓄か融資を受けるかといった2つの選択肢があります。融資を受けたい時は「信用金庫」「銀行融資」「クラウドファンディング」などからお金を調達する方法があります。

自分でお金を用意したい方は、独立というライフプランを想像した段階から、毎月決めた金額を貯めるようにしましょう。

独立、または個人事業主として開業するにしても多くのお金が必要となるので、日頃から先を見据えた貯蓄が大切になります。

独立の手続きを行う

運転資金の準備や独立に必要な備品の準備ができれば独立に必要な手続きを行います。

個人事業主は、書類に必要事項を記載し税務省に提出するだけで手続きが可能です。具体的には、税務署へ「開業届」を提出します。

また、都道府県事務所と市町村へ「事業開始等申請書」を出します。従業員を雇う場合「社会保険の加入手続き」が必要なので、覚えておくと良いでしょう。

法人の設立方法の場合は以下の通りです。手続きは1週間〜10日ほどで完了します。

  1. 会社の概要を決定する
  2. 法人用の実印を作る
  3. 定款(ていかん)を作成し認証を受ける
  4. 資本金を払う
  5. 登記申請用紙を作り、法務局で申請

ちなみに定款(ていかん)とは、法人設立においての目的や活動、そして業務執行などの内容を紙や電子媒体に記録したものです。

このように個人事業主と法人のどちらにしても初めてだと分からないことが多いと思うので、専門家に相談しながら決めることをおすすめします。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

塗装屋の年収に関するよくある質問

paint, colour, oil paint

塗装屋の将来性は?

塗装屋の将来性は明るいと言われます。人がいる限り内壁、外壁への塗装、リフォームの需要がなくならないため、今後も依頼がなくなることはないと考えられます。

しかし、近年では人口の減少や空き家の増加問題という背景から一軒家の新築工事が減少しています。その代わりに、中古住宅や古民家のリノベーションやリフォームに関心を持つ方が多いのが現状です。

塗装屋として業界で生き残っていくためにも新築住宅だけではなく、リフォームやリノベーションに関わるような分野での実績を築きながら信頼を得ていく必要があります。

塗装屋の仕事内容は?

塗装屋は、主に建物の外壁や内壁、屋根などに「ペンキを塗る」または「吹き付けて模様を付ける」といった作業を行います。

塗装は外観の美しさ以外にも水分の侵入を防ぐ効果や、日光や湿気から守り建物を紫外線から守ってくれます。

また、壁に防水加工を施し熱から遮断することで建物を強くするというのも塗装屋の大事な仕事の一つです。

見た目以上に技術や専門性、さらには丁寧な仕上がりが評価される業界のため、作業を丁寧に進められる人に向いています。自分がきれいに仕上げた部分を、仕事が完了してから見返すことで、非常に達成感を味わえる仕事だといえます。

繊細な作業を得意とし、規模の大きい仕事に携わりたい方は塗装屋の仕事がおすすめです。

塗装屋になるためには?

塗装屋になるために、国家資格や免許はいりません。未経験だとしても体力に自信があったり、充分な熱意があれば挑戦出来ます。

塗装屋を志す方の年齢が10〜20代の若者も多いため、年齢に関係なく始められるといった点も良さといえます。ちなみに「塗装工見習い」の求人募集もあるため、どのような仕事か気になる方は、まず応募してみてはいかがでしょうか。

塗装屋で勤務を始めたい方は、「塗装技能者」や「有機溶接作業主任者」の2つの国家資格の取得がおすすめです。

どちらの資格も持っておいて損はなく、自身の価値を上げてくれる資格になるため、塗装屋へ採用されたと同時に資格の取得を目指すといいでしょう。

塗装屋に向いている人の特徴は?

体力に自信がある人

塗装屋は現場で働くことが多い仕事であるため、重い塗料や機材を運ぶ仕事から塗装を行うための足場の作成など体力が必要です。

塗装の技術が身につくと経験に見合った仕事が出来るため、給料も高くなります。しかし、塗装屋として働き始めたばかりの人には体力的につらくなる場面もあることを覚えておきましょう。

丁寧な作業が出来る人

塗装屋は外壁や内壁へペンキを塗ったりと仕上げ作業を施す場面が多いため、仕上がりの美しさが建物の印象に直結する仕事になります。

また、仕上がりの美しさとは関係のなさそうな防水塗装であっても、塗り方が雑になってしまうと水漏れの原因に繋がってしまいます。

一つ一つの作業を丁寧にこなしながら、且つ繊細な仕上げが出来る必要があります。

細かい繊細な作業ができる人

塗装工の仕事は、仕上がりの美しさが求められます。

一見美しさとは関係なさそうな防水塗装であっても、雑な塗装作業を行うとそれが原因で欠陥品となる可能性があります。

小さなミスが大きなトラブルや損害に繋がる可能性があるので、塗装の仕事をするのであれば、細かいところに気が付く繊細さが必要です。

細かな部分にも配慮ができ、丁寧な作業が行える人に塗装屋は向いています。

汚れやにおいが気にならない人

塗装の仕事は、ペンキやシンナーのにおいがどうしても発生してしまいます。

多少のにおいや汚れでも気になってしまうと仕事に支障が出てしまうため、「多少の汚れやにおいは気にならない」といったおおらなか人に塗装屋は向いています。

塗装屋に向いていない人の特徴は?

長い下積みに耐えられない人

塗装工の下積み時代は長いです。多くの経験を重ねながら技術を習得していくため、塗装屋に就職をしてすぐに活躍を行うのが難しい業種になります。

他の仕事と比べ下積み期間が長いため、給料が中々上がらなくて耐えられない人も多いです。

始めは上手くいかないことばかりが多くあるが、途中で投げ出さずに地道にコツコツと努力が出来る人が最終的に稼いでいくことが出来る業界です。

勉強が嫌いな人

塗装屋として仕事をしているとこれまでの自分の経験や知識では解決できない問題に直面する時があります。学ぶ姿勢がない人だと問題の解決が難しく、新しい技術の習得に繋がりません。

塗装工事の現場に出向き自分の技術を工場させるためにも、成長意欲を持ちながら常に学ぶ姿勢を持つようにしましょう。

また、学ぶ姿勢を持つことで資格の取得にも繋がります。これまで解説をしてきた通り、塗装屋は持っている資格の種類により年収が変わります。

ご自身の今後の目標をしっかりと定め、成長意欲を持ち続けて取り組むようにしましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

塗装屋は常に人材不足の状態が長く続いています。しかし、塗装のニーズはなくなることはないため、体力に自身のある方や成長意欲の高い方が活躍しやすい業界です。

また、塗装業で独立をした方の中には年収1000万円を超える人もいます。技術や経験が積み重なればお金を稼ぐことができます。

まずは資格の取得や技術が身につきそうな会社への転職を検討しつつ、今後のキャリアプランを考えていきましょう。

一人親方の日当相場はどれくらい?職種別の相場や収入の上げ方

建設業界における一人親方の日当相場は工種や地域によって日当が変わっています。また働き方も環境によって大きく変わります。

この記事では一人親方の日当相場を紹介しながら収入の上げ方や単価のいい仕事探しまでご紹介しております。収入を上げたい一人親方や、これから一人親方として働きたい方に向けておすすめです。

この記事の監修者
agent-yamanaka2
山中 健太キャリアコンサルタント
コンサルティング会社にて建設会社の成長戦略型提案業務を経験。「ビジネス会計検定1級」を保有しており、採用責任者や経営者など企業側の目線を最も理解したキャリアサポート、就職支援を得意とする。

一人親方全体の日当相場はどれくらい?

woman, question mark, person
建設業界では会社に雇用されずに、自分自身や家族とだけで事業を行う一人親方が活躍しています。建築業において、高層建築工事の需要が多い都市と、低層アパートや個人宅がメインの地域とでは収入に差が出ることは仕方がありませんが、それでも会社に所属している職人よりも一人親方の日当の方が高い傾向が見られます。

そんな一人親方の界隈では、給料が日当で支払われることが大半です。日当制であるという事は、毎月同じ日数の出勤や給料が保障されるわけではなく、天候によって日当が発生しないなどというように給料が左右されることもあります。

ベテランの一人親方になれば、日当は会社に所属している職長クラスに匹敵し、その相場は一日18,000円~20,000円になります。また一人親方の日当や月収、年収を他の業界と比べることも可能です。

  • 平均月収=平均年収÷12ヶ月
  • 平均日当=平均月収÷月間平均実働日数

以下からはさらに細かく一人親方の日当相場をジャンル別に解説していきます。

一人親方の日当相場をジャンル別に解説

一人親方と一括りに読んでも、中には建設系や土木系、内装系や電気・設備・設備系、解体系やリフォーム系、外構系といったように多数のジャンルが存在し、ます。求められる専門的な技術や危険性、働く環境に大きな差があります。また、見習いから職長クラスまでには給料にも大きな差が生まれます。

以下からはさらに細かなジャンルと階級の日当相場を、一覧表と共に解説していきます。

建築系職人の日当相場

建築系の職人の中にも大工、型枠大工、鉄筋工、瓦・屋根工、鉄骨鳶、足場工などのジャンルがあり、高所の作業や専門的な技術が必要な作業が多くあります。よって見習い期間と職長クラスには日当に大きな差が出ます。

職種見習い中堅職人職長
大工6,000~8000円9,000~15,000円18,000~20,000円
型枠大工8,000~12,000円13,000~15,000円15,000~18,000円
鉄筋工8,000~12,000円13,000~15,000円15,000~18,000円
瓦・屋根工8,000~12,000円13,000~15,000円18,000~20,000円
鍛冶工8,000~12,000円13,000~16,000円16,000~20,000円
足場工8,000~12,000円13,000~15,000円18,000~22000円
鉄骨鳶8,000~12,000円14,000~18,000円18,000~25,000円

※資格の有無や会社の規模、地域によって異なります。

土木系職人の日当相場

土木系の職人は他の職種に比べると専門的な技術の必要性は低いことから、日当は安くなります。その反面、年配の方でも長く働ける傾向があります。

職種見習い中堅職人職長
土工8,000~10,000円10,000~12,000円13,000~15,000円
墨出し工8,000~10,000円11,000~ 15,000円15,000~18,000円
解体工8,000~10,000円10,000~13,000円13,000~15,000円

※資格の有無や会社の規模、地域によって異なります。

内装系職人の日当相場

内装系の職人は、技術は求められますが他の職種に比べると日当が安くなっています。これは天気によって仕事が左右される事がほとんど無いためであり、月の合計を見ると収入は安定しています。

職種見習い中堅職人職長
軽天職人8,000~10,000円10,000~13,000円14,000~17,000円
クロス職人7,000~9,000円9,000~12,000円13,000~18,000円
ボード職人9,000~11,000円11,000~14,000円15,000~18,000円
床・フローリング工8,000~10,000円11,000~14,000円14,000~16,000円
家具職人7,000~9,000円9,000~12,000円13,000~18,000円

※資格の有無や会社の規模、地域によって異なります。

電気・設備系職人の日当相場

設備系の職人は、流行や景気によって左右されることがあります。また、それによって日当も変動することがあります。太陽光施工職人に関しては、太陽光が流行っていた時期は職長クラスで日当25,000円などといったこともありました。

職種見習い中堅職人職長
電気職人7,000~10,000円11,000~15,000円15,000~18,000円
配管職人8,000~10,000円11,000~13,000円13,000~16,000円
設備職人8,000~10,000円11,000~13,000円13,000~16,000円
太陽光施工職人10,000~12,000円12,000~15,000円15,000~17,000円

※資格の有無や会社の規模、地域によって異なります。

外構系職人の日当相場

外構系の職人は、技術の必要性もありハードな内容でありますが、日当は他の職種と比べてあまり高くない傾向が見られます。

職種見習い中堅職人職長
左官職人7,000~9,000円9,000~13,000円13,000~16,000円
造園職人8,000~9,000円9,000~13,000円13,000~16,000円
タイル職人8,000~10,000円10,000~14,000円14,000~18,000円
サイディング職人8,000~10,000円10,000~15,000円15,000~18,000円

※資格の有無や会社の規模、地域によって異なります。

解体系職人の日当相場

壁の取り壊しや太い柱の取り壊し、コンクリートの取り壊しなどをメインに行い、建物の大きな枠を取り壊す仕事内容です。ケガのリスクや危険性は高いですが、専門的な技術はあまり必要ではないので他の職種に比べると日当はあまり高くはありません。

職種見習い中堅職人職長
建設現場8,000~9,000円9,000~11,000円11,000~13,000円

※資格の有無や会社の規模、地域によって異なります。

リフォーム系職人の日当相場

リフォーム系の職人は、小雨の天候でも現場作業が中止になってしまうことが多いため、収入があまり安定しません。日当の金額は職人の中でも平均的な金額になっています。

職種見習い中堅職人職長
塗装職人8,000~10,000円11,000~15,000円15,000~18,000円
防水(シール)職人8,000~10,000円11,000~13,000円13,000~16,000円
ハウスクリーニング7,000~9,000円9,000~12,000円12,000~13,000円

※資格の有無や会社の規模、地域によって異なります。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

一人親方の収入の上げ方8選

一人親方は会社員と違って、収入は仕事量×単価で決まる為、自分の行動次第で年収1000万円以上を目指すことができます。会社員として働いていた方は、どんな頑張りを見せてもあまり収入変化がなかったのではないでしょうか。

しかし、一人親方であれば仕事量も単価も自分で選んで決めることができるので、年収はいくらでも上げることが可能になります。ここではより効率的な仕事の見つけ方や選び方、取るべき資格など、一人親方としての効果的な収入の上げ方についてまとめていきます。

1.相場を理解して価格交渉する

単価を上げるためにまずは一人親方の単価の相場を理解しておくことが大切です。まずはひとり親方の単価の平均を確認しましょう。

  • 溶接工・・・28,700円
  • 防水工・・・28,400円
  • 塗装工・・・26,800円
  • 板金工・・・26,400円
  • 左官工・・・26,200円
  • 内装工・・・26,200円
  • 鉄筋工・・・26,100円
  • とび工・・・25,900円
  • 石工・・・25,800円
  • 型枠工・・・24,700円
  • 鉄骨工・・・24,400円
  • サッシ工・・・24,300円
  • 大工・・・24,300円
  • ブロック工・・・23,900円
  • はつり工・・・23,800円
  • 電工・・・23,700円
  • ガラス工・・・23,600円
  • 配管工・・・20,900円
  • ダクト工・・・20,700円

これは国土交通省が発表している「平成29年3月から適用する公共工事設計労務単価について」から抜粋したもので、各ジャンルの地域ごとの単価の平均値です。単価は地域によって差が生まれ、高層建築工事の需要が多い都市と、低層アパートや個人宅がメインの地域戸では大きな金額の差が生じる場合があります。

例えば鉄筋工で見れば千葉県の単価が26,600円なのに対して、宮崎県では19,200円といったように約7,000円以上もの差が開く場合もあります。地域ごとの相場を理解しておくことも価格交渉には必要になってきます。

2.働く日数・時間を増やす

一人親方としての収入を上げるには、シンプルな方法にはなりますが働く日数や時間を増やすことが大切です。そのためには効率的な仕事探しも重要になってきます。

案件の数は常にたくさんありますが、数多くの案件の中から自分の職種に合ったものや希望の単価、自分のスケジュールとの兼ね合いまでをすべて自分で管理するのは大変なことです。もしそれらすべての管理を自分でこなすとなるとかなりの時間を費やすことになってしまいます。

この課題を解決するには、案件の取捨選択をサポートしてくれるサービスを利用することが効果的です。案件情報を常日頃キャッチアップしながらスケジュールを隙間なく埋める体制を作ることが、収入アップの第一歩になります。

3.高単価・長期案件の受注をする

日当の単価はいくら毎日現場に入って一生懸命働いても単価はほとんど上がりません。上記では日数を増やす収入の上げ方を述べましたが働く日数を増やすことにも限度があります。そのうえで次に生かせる収入アップの方法は一つ一つの仕事の単価を上げることです。

ではどうすれば仕事の単価を上げられるでしょうか。

一つは周りの人とは違う努力をすることです。周りの人と同じことをやっても、同じ給料が支払われるだけです。技術や知識を身に着けることで、自分自身の需要を高めることができます。

もう一つの方法はたくさんの案件の中から高単価なものを選ぶという方法です。ただ単に働く日数と時間を増やして収入を上げる方法よりも、たくさんの案件の情報の中から自分に合った仕事を選んで調整することが効率の良い収入アップにつながります。

弊社のビーバーズフリーランスではたくさんの案件をエージェントが丁寧に紹介するので、紹介された案件の中から単価の高いものを選ぶことが可能になります。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

4.リピーターを獲得する

リピーター、つまり顧客を獲得し増やしていくことで受注状況は安定し、収入も全体的に上がります。新規顧客を増やすためには自身の評価を上げることが大切です。そのためには経験や資格、人付き合いが大切になります。人付き合いの中で新規顧客を獲得するために大切なことは、とにかく恩を売ることでしょう。

一つ具体例を挙げるならば、とにかく忙しい時でも新規顧客をどんどん開拓していき、安い仕事でも請けるようにすれば新しい顧客との接点を持つことができます。そのうえで単価以上の仕事をこなすと、関わりを持ったことで得したと感じてもらえるでしょう。

大切なことは忙しい時ほど無理してでも仕事を受けておくことです。忙しい時は仕事を断れる余裕があるので、単価の高い仕事を優先してしまいがちですが、そんなときほど我慢することで「あの時お世話になったので〇〇さんに仕事をお願いしよう。」といった信頼につながり、仕事が途切れることなく殺到する環境を作ることができます。

ここまで来て初めてたくさんの仕事の依頼の中から単価の高いものを選べるようになります。

5.隣接他工種のスキルを身に着ける

案件を選ぶ中で、一つの職種しか担当できない一人親方に比べて、他工種のスキルのある一人親方の方が、仕事を得る機会も一件あたりの仕事の単価も上げることができます。例としては、内装の案件を受けた時に、その仕事に加えて塗装の職種のスキルも持っていれば一つの案件で内装と塗装のどちらの仕事も請け負えるようになり、一件の仕事で発生する給料を増やすことが可能になります。

このように、仕事の幅を広げるには隣接他工種のスキルを身に着けておくことも収入アップには効果的です。

6.節税知識を身につける

様々な工夫や努力によって収入が増えたとしても、それによって経費や税金の支出が増えているようでは収益を増やすことは難しいでしょう。ここでは節税のポイントを三つにまとめて紹介します。節税を心掛けることで、収益として手元に入る金額は大きく変わります。

  1. 備品や消耗品の仕入れは、費用対効果を意識しながら低いコストのものを選ぶようにする。
  2. 備品代や消耗品代、交通費などの経費として計上できるものは漏らすことなく申告する。
  3. 確定申告の際には、排除できる項目をきちんと把握したうえで、正確に一つ一つ申告する。
    例)生命保険・労災保険・外注費用など

7.上位資格の取得に取り組む

単価、つまりその人の価値は希少性と需要によって決まることがほとんどです。よって、現場で働く際に必要とされやすいかつ希少性も高い資格を取得するか、難易度の高い資格を持っておくことが効果的になります。

資格とは、その人の能力を保障するものになります。現場で欠かせないような資格であれば需要はさらに高まるでしょう。しかし、これは需要のある希少性を持った資格に限ります。周りの人に差を付けられるような資格を取れれば、更に高い単価を望むことが可能になります。

8.職種を変更する

一人親方として収入を上げることを目指すのであれば、職種自体を変更することも選択肢の一つです。職種によってそれぞれの案件の単価や需要も異なります。一人親方の収入は「どんな仕事をしているのか」によって大きく左右しているとも言えます。

職人として現場で働いた経験を存分に生かせる新たな職種として施工管理技士があります。施工管理技士とは、建物を建てる際にかかる工期を守る工程管理、会社の利益を確保する原価管理、質の高い工事を行う品質管理、作業員の安全を確保し事故を起こすことなく工事を終える安全管理など、そのすべてを管理する職種です。

この仕事は職人のように実際に作業をすることはありませんが、職人に指示を出しながら現場を動かすため作業の知識や経験値がないと務まりません。よって職人から施工管理技士に職種を変更した方は、経験値も豊富なため指示も的確に出せます。

施工管理技士は資格者が圧倒的に不足しています。よって職人が資格を取り、ガッツリ活躍できれば年収800万以上を目指すことも可能になります。更には、働き方改革も積極的に行われており行われており、完全週休二日制の企業も存在していることからおすすめの職種です。

一人親方として働くメリット・デメリット


一人親方になることで会社員とは異なるメリットがたくさんあります。しかしメリットがたくさん増える半面、もちろんひとり親方になることで責任も増え、デメリットに感じる部分も生まれてきます。

現場の業種によって仕事内容は異なりますが、ここではおおよそどの職種にも当てはまる一人親方のメリット・デメリットについて項目ごとに解説していきます。

メリット

1.会社員より単価が高くなる

雇われている職人は、仕事を頑張っても頭打ちがあります。それに比べると一人親方は、実績を積み重ねて元請けからの信頼が高まれば高い単価で仕事を請け負えるようになります。

2.自分で受ける仕事を選ぶことができる

自分でどの仕事を請けるかを選べるのも一人親方のメリットです。会社員で働く場合では、自分で仕事を選ぶことなどはできません。一人親方は自分の裁量によって仕事を決めることができるので、仕事量や自分のやりたい仕事をコントロールすることができます。

3.自由な働き方ができる

一人親方の働き方は会社員のように決められている物ではありません。自分の理想の仕事量に抑えることもできるので、休日を増やすことも可能ですし、資格を取るための勉強の時間も自由に取ることも可能です。さらに、働く場所を選べるのもひとり親方の特権です。

仕事がある限り働く場所も住む場所も自分で好きに決定することができます。

4.単価の交渉ができる

一人親方は自分で単価の交渉ができます。自身の交渉次第では単価を大幅に上げることも可能になります。単価を上げるためには、相手を納得させられるほどに自分の価値を高めましょう。自分の価値が希少な人材であると感じてもらえれば、その分の高い単価の支払いを期待することができます。

また、そのためには交渉のテクニックを学習することも大切になります。ただ強くお願いするだけではなく、自分の長所をしっかりとアピールして自分がこの仕事を請ける上でどのようなメリットがあるかをきちんと伝えられるようにすることが大切になります。

5.上司がいないので気楽に働ける

上司から受けるストレスが無いのも一人親方の良い点です。上司との関係性が悪いと、ずっとストレスを感じることになってしまいます。またそれだけでなく、上司からの身体的な暴力やパワハラを受けたという事例も存在します。そのような心配もなく、伸び伸びとした気持ちで自分の能力を生かせるのは、一人親方の特権です。

6.定年退職という概念がない

一人親方として働いている以上、定年退職は存在しません。自分の働きたい意思や体力が続く限り70代になっても働くことができます。厚生労働省の調査によると、アンケートに回答した一人親方のうち60代は全体の31.7%、70代も全体の10.1%という結果でした。

「まだまだ働きたい」「もっと稼ぎたい」「働かないと生活にメリハリがない」などの様々な理由で長く仕事を続けることができるのは人生設計においても、生涯収入においても一人親方の大きなメリットになります。

7.いろいろな物を経費として計上することができる

仕事をする上でかかる支出を必要経費として計上できるのも、一人親方ならではのメリットです。課税対象額を減額するために経費申請をきちんと行うことが大切です。経費として計上できるものは様々であり、例として下記のようなものが挙げられます。

  • 運動費
  • 材料費
  • 消耗品費
  • 交際費
  • 旅費
  • 組合費
  • 光熱費/通信費
  • 家賃
  • 外注費
  • 租税公課

 
しかし、経費が過度に高価であるなどの過剰な経費計上は税務署からの取り調べを受ける可能性が高くなるので注意が必要です。

8.従業員を雇う必要がないので身軽になる

一人親方は基本的には従業員を雇いません。よって身軽に働くことが可能になります。具体的なメリットを二つの点にまとめて紹介します。

  1. 一人親方は事業を一人で行う為、固定費を低いコストに抑えることができます。固定費とは継続的に発生する費用の事であり、売り上げとは関係なく支払う必要があります。これが一人親方では従業員を雇わないため人件費もかかりません。従業員一人一人にかかる通信料などのコストも少ないため、経営する上では精神面でも財務面でも気軽になるはずです。
  2. 従業員の管理をする義務が一人親方にはありません。簡単に言うととにかく気軽であるという事です。従業員の管理は思いのほか負荷の重いもので、教育や指導をする際にはトラブルが起こることもあります。一人親方はそのような無駄な時間を省き、自身の作業に没頭することができるので作業効率も上がり、生み出せる利益も上昇します。

デメリット

1.収入が安定しにくく、仕事が無くなるリスクもある

一人親方の給料は毎月固定ではないので収入は安定しません。繁忙期にはたくさんの案件があるかもしれませんが、閑散期には案件自体が時間はあっても仕事が見つけられない状況になる可能性もあります。更に、仕事が減少し、受注が無ければ、当然仕事が無くなるリスクもあります。

この問題を回避するには、日ごろから貯蓄を心掛け、資産を十分に用意しておくなどして備えておくことが必要です。

2.病気やケガなど、健康を害することで負うリスクが高まる

一人親方には休業補償や有給休暇などの制度はありません。よって休んだ分は収入が減少することになり、ケガや病気によって長期休暇をとることになった場合、収入が完全に無くなってしまうリスクがあります。

一人親方は建設業になるので業務自体にも危険性が伴います。病気や怪我には十分に注意することが大切です。

3.確定申告を自分でする手間が増える

文字通り、一人親方は毎年自分で確定申告をしなくてはなりません。資料を作成するのに慣れていなければかなり面倒な作業ですが、確定申告専用のソフトなどを利用するなどして頑張りましょう。また、費用はかかりますがどうしても面倒な場合は税理士さんを雇って任せてしまうのも一つの手段です。

4.仕事の幅を広げる事が難しい

一人親方は基本的に一人で作業を行う為、限定された仕事しかできず仕事の幅を広げる事が難しい傾向があります。また、企業によっては個人事業主を雇わないところもある為、自分の理想とする仕事ができない事態が起こる場合もあります。

更には、一人親方が仕事を請け負う為には過去の実績が必要になります。よって経験のない新たな分野に仕事を広げたくても、受注されない場合もあります。

5.社会保険の制限がある

一人親方は個人事業主になります。よって雇用保険の対象ではなく、失業手当なども受け取れないので失業した際のリスクが会社員に比べて大きくなります。

また、健康保険や厚生年金にも入ることができません。国民健康保険は保険料が高く、国民年金は受給金額が低いため、それに関しても対策を立てることが重要になります。

6.融資を受けることが難しい

一人親方は融資が受けられないことに加えて、ローンが組めない、カードが作れない、などといった事態が起こる場合があります。これは経済的な安定が保障されているわけではないため、審査に通りにくくなっている傾向があります。

これは必ず通らない訳ではありませんが、収入が安定している会社員に比べると審査が厳しくなってしまうことは理解しておくことが必要です。

7.大企業と直接取引することができない

一人親方が大手企業と直接取引することは難しい傾向があります。ほとんどの場合、大手企業から仕事を請け負った企業が間に入るようになっています。よって大きな仕事が取りずらかったり、マージンが引かれて単価が低くなってしまう可能性もあります。

一人親方になると必要なコスト

一人親方になるためには、まずその準備として独立資金が必要になります。仕事に必要な重機や工具、その他にも事務所を借りる場合には初期費用がかかります。

さらに、一人親方として仕事をしていくために継続的に必要となる費用があります。以下の3つに分けて解説します。

顧客開拓費用

これは一人親方の営業費用のことことです。一人親方は、テレアポや飛び込み営業など様々な方法で積極的に営業活動を行っていく必要がありますが、そのための通信費・交通費など経費が発生します。また、案件獲得後も外注費用や、打ち合わせを行った場合の接待交際費などもかかります。独立直後は特に費用がかさみますので、当面の運転資金を用意しておくとよいでしょう。

金銭管理や顧客管理費用

一人親方の場合は、工具や建材の仕入れ、交通費など様々な部分で経費がかかります。確定申告では売り上げから経費を引いた金額を利益として所得を申告するため、経費をきちんと計上して利益を小さくすると節税にも繋がりますので、日頃からしっかりと金銭管理を行いましょう。

また、既存顧客の管理も必要です。継続的に案件をもらうためには、信頼関係が非常に重要になってきます。そのため、一度仕事を受注できた取引先とは良い関係を得るために、過去の工事内容や顧客情報を管理する必要があります。

各種保険の費用

一人親方には以下の保険の費用が必要になります。

社会保険

一人親方は、市区町村の国民健康保険や建設関係の国保組合へのどちらかに加入する必要があります。国保組合に加入するためには組合員になる必要がありますが、市町村の国保と比べて保険料が抑えられて給付内容が手厚いというメリットもありますので、よく検討して選びましょう。

また、国民年金にも加入する必要があります。日本では「20歳以上の人はすべて年金制度に加入する」ことを定めた国民皆年金制度を採用しているため、国民年金に加入することは義務となります。

労災保険

労災保険とは、会社に勤めている労働者が仕事中や通勤途中に事故にあった場合、その保証を国が負担してくれるもので、建築系の仕事をする上では特に重視されます。

一人親方は、労災保険に加入することは義務ではありませんが、建設という業務の性質上、労働者に準じて保護することが適当であると認められる場合があります。これが労災保険の特別加入制度で、一人親方の場合はこの特別加入によって労災保険に加入できます。

民間保険

社会保険ではカバー出来ない部分は民間保険で補えます。怪我や行記になった場合の入院中の食事代や差額ベッド代、保険適用外の治療費や手術代、高度先進医療費などが挙げられます。

民間保険は加入するのは義務ではありませんが、自分の身に何かがあった場合にしっかりとした補償を受けられるという安心感につながります。補償内容と保険費用を吟味して加入を検討すると良いでしょう。

顧問税理士費用

年間売り上げが1000万円を超えているのであれば、所得税に加え消費税も払う必要があるため、確定申告は税理士に依頼することをおすすめします。

消費税の確定申告を行う際には、専門的な知識が必要になります。税理士ではない人が安易に作業をしていると、申告漏れや間違いを起こす恐れがあります。売上金が1000万円を超えている場合は税務調査される可能性も高まってくるので税理士に依頼する事がお勧めです。

さらに、2023年10月1日には、インボイス制度が開始されます。インボイス制度とは「適格請求書等保存方式」のことで、適格請求書とは消費税の税率や税額を正しく区分して記載された請求書の事を言います。

このインボイス制度が始まることで起こる最も大きな変化は、インボイスの発行・保存がない要件の請求書において消費税の仕入額控除が受けられなくなることです。また、年間売り上げ1000万円以下の方々も消費税の納税対象になる場合が増加してきます。よって本気で職人として長期的に生計を立てようと考えている方は法人化するしか方法は無くなってきます。

一人親方が法人化するとさらに収入を増やせる!?

young man, blue sky, thumbs up
一人親方が更に収入を増やす手段として法人化があります。法人化することによって、法人との繋がりが生まれ契約が取りやすくなります。また、公共事業の入札に参加出来たりするなど、仕事の規模や幅が広がっていき収入を上げることが可能になります。更には法人化することによって、案件に合わせて職人を集め、単価を上げていく方法も可能になります。

昨今の国内の動きでは、一人親方に対しての法律が厳格化しています。本気で職人として長期的に生計を立てるためには法人化を検討することも必要になってきます。現に法人化を検討していない一人親方が一人親方が益々存続するのが厳しくなっている世の中の現状もあります。一人親方から法人化することを前向きに考えることが職人を続けるために大切になります。

まとめ

一人親方は理想の働き方を実現でき、法人化も視野に入れるとさらに収入も上げることができるなど、魅力的な働き方の一つです。会社員として働くのも良いですが、自分の最大限の力を仕事で発揮させたい方はぜひ一人親方を目指してみてはいかがでしょうか。

しかし、魅力的な反面リスクも伴います。一人親方として成功するために、ここで述べた注意点などを参考にしながら理想のワークライフを作っていきましょう。

 

建設業界への転職におすすめのサイト4選と未経験から成功する為のコツ

近年、日本でも終身雇用制度が崩れつつあり、転職が特別なことではなくなり多様な働き方を選択できる社会へと移行しつつあります。異業種から建設業界へ転職することを検討している方も多いでしょう。しかし、知識・経験がないことから諦めている方も多いかもしれません。

そこで、この記事では、建設業界の職種や年収事情から、未経験から建設業界へ転職するさいのポイントをご紹介します。建設業界で役立つ資格や、おすすめの転職エージェントも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

建設業界は未経験でも転職できるか?


異業種から建設業界へ転職を考えている方の中には、未経験であるが故に躊躇している方も少なくはないかと思います。しかし、建設業界には営業や事務・設計など、専門知識や資格がなくても出来る様々な仕事があります。また、実務経験を積みながら資格を取得することも可能です。

建設業界はここ10年ほど、高齢化や若年層の離職に伴い人材不足が深刻化しています。そのため未経験者でも十分に転職することが可能でしょう。

大手やゼネコンへの転職は相応の実績や資格が求められることもありますが、建設業界は個人事業主も多く、熱意やポテンシャルで採用してもらえる経営者も決して少なくはないでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

最近の建設業界における転職動向や年収水準は?

建設業界への転職を検討している方が気になるのは、やはり年収の水準でしょう。ここでは近年の建設業界の転職動向と年収水準について解説していきます。

建設業界の転職動向

建設業界は、他業種と比較しても転職が非常に活発な業界となっております。また、近年は正社員にこだわらず、契約社員やフリーランスなど、自分の生活リズムに合わせた雇用形態を選択する方も増えています。

建設業界の年代別年収推移

ここでは、年代別に見た年収推移についてご紹介していきます。
建設業界の年代別平均年収は以下のとおりです。

年代平均年収
20代前半330万円
20代後半430万円
30代前半490万円
30代後半530万円
40代前半600万円
40代後半650万円
50代620万円

20代の平均年収は、高卒か大卒かで年収が変わるケースもあります。
30代の平均年収は、昇進や昇給により平均年収が上がる傾向にあります。
40代の平均年収は、ベテランの域に入るため平均年収はかなり高くなります。
50代の平均年収は、前半後半問わず620万円です。

建設業は体力仕事が中心の業務であるため、40代が平均年収の最高到達点となります。ただし、50代になると現場ではなく管理職に就く人も多いため一定の平均年収の高さはあります。

弊社記事「【平均年収】施工管理の年代・業種・役職別平均年収と年収UPの方法で」は建設業の中でも施工管理技士について詳しく解説しているので、是非ご参照ください。

建設業界の年収は職種や企業規模で変わる

建設業界の職種・企業規模別平均年収は以下の表の通りです。

施工管理系

スーパーゼネコン850万円
準大手ゼネコン750万円
中堅ゼネコン600万円
地場ゼネコン500万円

設計系

大手設計事務所800万円
中堅設計事務所620万円
中小設計事務所560万円

現場(職人)系

従業員30名~の会社480万円
従業員11~29名の会社320万円
従業員~10名の会社300万円
一人親方450万円

企業規模が大きいほど、年収面は高い傾向にあります。ただ、大手ほど人気な企業が多いので、転職難易度は高まるでしょう。
また、現場系の危険を伴う仕事や技術・資格が求められる仕事は平均年収が高くなる傾向にあります。

建設業界の転職先は大きく6つの業種に分かれる

建設業界の中でも様々な業種に分かれています。
本記事では具体的に、主要な

  1. ゼネコン
  2. サブコン
  3. 設計事務所
  4. 建設コンサルタント
  5. 住宅メーカー
  6. 官公庁

の6つについて詳しく解説していきます。

ゼネコン

ゼネコンは、「general contractor」の略で、直訳すると「総合請負業」となります。総合請負業とは、建設業界における建設会社として各種土木や建築工事を元請け会社として発注者から直接請け負う企業を指し、請け負った工事一式の全体を取りまとめ、完工した建設物の引渡しや維持管理等を担っています。

建設業界におけるゼネコンの役割は、後述する建設コンサルタントが主に設計を担う土木構造物や、建築設計事務所が主に設計を担う建築構造物などを施工することです。道路や橋、トンネル、ダム、河川堤防。海岸防潮堤といった社会インフラを支えるものが土木構造物となり、商業施設、物流施設、官公庁舎、オフィスビル、学校、ホテル、マンションと言った身近な建物などが建築構造物となります。

街つくりを支えるこれらの土木構造物や建築構造物の施工が建築業界におけるゼネコンの役割です。企業規模が大きく、会社も多いという特徴があります。建設業界では王道の業種とも言えるでしょう。

サブコン

サブコンとは「subcontractor」の略で、「下請け業者」という意味合いです。つまり、建設工事における専門的分野に関して部分的に請け負う会社のようなものです。ゼネコンが工事一式を請負うことに対して、サブコンはその中の一部を下請けする形で受託をします。

また、サブコンは主に設備工事を請け負います。

設計事務所

建物や設備の設計に関わる仕事をするのが設計事務所です。住宅やオフィスビル、商業施設などどんな建物を建てるのにもデザインや図面を考える必要があります。しかし、一口に設計と言っても、意匠設計や構造設計、設備設計があり、設計会社によって得意分野がことなる特徴があります。

建設業界と関わりが深いものの、一緒の括りというイメージはいだきにくいのではないでしょうか。肉体面ではなく、頭脳面で建設案件に貢献しています。

建設コンサルタント

建設コンサルタントは、国と連携を取りながら道路建設を始めとする公共事業建設を行います。受注側に対し発注側の側面を持つのが、建設コンサルタントの魅力です。

また、公共事業建設が主となるため、建設業界の中では、ワークライフバランスの整った企業が多いという傾向が見られます。

住宅メーカー

所謂「ハウスメーカー」と呼ばれ、日常生活では一番目にする業界でしょう。主に戸建住宅の建築を主としており、また住宅の設計・建築・販売までを行っておりますが、大手企業と地場企業では建築手法や販売方法など、取り入れている手法が大きく異なることが特徴です。

ゼネコンなどと比べて、工事規模が小さく、経験がない方でもチャレンジしやすい業界といえるでしょう。

官公庁

建設業界に転職するには、土木や復興関連の部門の公務員になるという手段もあります。施工管理の経験がある場合は非常に大きな武器となり、40代程度でも中途採用をしてもらえるケースはあります。ただし採用年度は不定期で、試験もあるのでハードルは決して低くありません。

民間企業と比べて労働環境や給与面など、比較的働きやすい環境なのではないでしょうか。

建設業界で転職するならどんな職種がある?

先ほど6つの業種について紹介しましたが、更に職種で細かく分けられます。

建設業界には様々な職種がありますがその中でも具体的に、

  • 施工管理
  • 現場作業員
  • 設計・デザイン
  • 積算
  • CADオペレーター
  • 施工図作成
  • 営業
  • 技術開発
  • 現場事務
  • 経理

について、主な仕事内容を解説していきます。

施工管理

建築業の施工管理とは、工事現場で働く職人や技術者指示を出したりする現場監督のことです 。監督業務なので指示だけではなく安全管理や工事の進捗度合いの管理といった現場の仕事だけではなく、書類の作成などのデスクワークも含んだ建物を作る仮定や業務全体を管理する職種です。

建築業界では王道の職種とも言えるでしょう。しかし、労働環境が過酷であるという一面も持っています。

現場作業員

建築業界では、大きくは施工管理と現場作業員に分かれます。管理する施工管理に対して、管理される側が現場作業員です。

設計・デザイン

建築業界に肉体面以外で貢献する職種もあります。それが、設計・デザインです。建築物の設計やデザインを行う職種ですが、建築業界のなかでもホワイトカラーであることから非常に倍率の高い職種となっております。

まずは、知識を付けたり資格を取得するために、指定の大学や専門学校に通う必要があります。

積算

積算とは、建築工事にかかる費用を事前に算出する仕事です。施工管理のデスクワーク業をピックアップしたような職種なため、施工管理経験者が現場から離れ内勤に切り替える、といった形で従事するケースが良く見られます。

CADオペレーター

CADオペレーターは設計補助業務となります。こちらも積算と同様、施工管理のデスクワーク業をピックアップしたような職種のため、給与面での待遇はないものの、内勤業務ということで人気が非常に高い傾向にあります。

施工図作成

こちらも積算・CADオペレーターと同様、施工管理のデスクワーク業をピックアップしたような職種のため、給与面での待遇はないものの、内勤業務ということで人気が非常に高い傾向にあります。

営業

建設業にも営業職はあります。しかし、建設業において営業職の需要はあまり高くなく、求人数は少ない傾向にあります。

技術開発

技術開発は、技能面にフォーカスされた施工管理の系統とは異なり、研究職にフォーカスされた職種となっております。専門性が求められているため、知識のない未経験者の転職は難しいかもしれません。

現場事務

前述の通り建築現場は基本的に施工管理と現場作業員に分かれます。現場事務は、その両者を支える役割をしています。事務職ということもあり建設業の中でも、女性の割合が非常に高い傾向にあります。

経理

建設業では専門用語がたくさん存在するため、経理担当にもその知識が求められます。建築業経理士という建設業特有の経理の専門性が必要な資格が存在しています。

未経験から建設業界への転職を成功させる為のステップ

この記事を読んでいる方の中には、未経験から建設業界に転職を考えている方も少なくないでしょう。ここでは、建設業界における具体的な転職ステップについて解説していきます。

1.転職先や職種など選択肢を把握する

まずは、転職先や職種などをしっかり調べましょう。ここでは建設業に絞ると、建設業の中でも沢山の会社・職種があります。どのような職種があるのか、通勤圏内にどんな会社があるのかを調べ、自分の周りにある選択肢を把握しましょう。

2.自身の経験スキルや資格を見つめ直す

次に、自身の今までの経験スキルや保有資格を見直しましょう。同じ建設業界の中でも、経験・保有資格を生かして働ける職種・未経験の職種などがわかるはずです。

また、保有している資格の中には、高待遇を受けられる資格もあるかもしれません。職種や会社を選ぶ上で、自己分析は必須でしょう。

3.求人の情報収集をする

自分の選択肢を確立させ、自己分析が完了したら行動に移しましょう。実際に希望する職種・会社の求人情報を収集します。

転職で企業を探す際はいくつか方法がありますが、自分にマッチした方法、働き方を選択することが大切です。探し方としては主に、

  • 建設専門求人サイトを閲覧
  • 建設専門の転職エージェントに相談

という選択肢が挙げられます。

一般的に転職をする際には、求人広告を活用して転職をすすめる方が多いと思います。しかし、数ある求人の中から本当に自分にあった求人を選ぶことはなかなか難しい事です。転職エージェントを利用することで自分のキャリアプランの相談や非公開求人などを知ることができます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

4.業界動向を把握して希望転職先・職種を決める

業界の動向を把握することも非常に重要です。右肩下がりの業界は新規雇用を嫌う、など業界全体を把握していないと、希望・経験資格がマッチングしても採用までたどり着けないでしょう。

また、働きだしても待遇などが良くないこともあります。選択肢のなかで右肩上がりの業界をしっかりと見極めることも大切です。

5.面接回数を重ねる

いきなり自分にベストな会社に巡り会え、採用までたどり着けるとは限りません。情報を沢山収集して、しっかり自己分析を重ねた上で、面接回数を沢山こなすことで、自分にベストな転職先及び職種を決定していきましょう。

建設会社の求人情報を収集するための手段

転職エージェントに相談する

転職エージェントでは転職サイトとは違って応募の段階から入社までアドバイザーがサポートしてくれます。応募書類なども修正してもらえたり、企業との調整や採用されるためのフォローもしてもらえます。こうした面から、始めて転職するような方にとっては非常におすすめなのが転職エージェントになります。

しかし充実したサポートの反面、転職サイトとは違って自分の好きな会社に応募できるわけではなく、エージェントが紹介してくれたものの中からしか応募できません。

こうした面から自由度は低いとはいえ、採用率が高く、時間がない方でも転職先が見つけやすいのは大きなメリットだといえます。

転職サイトを閲覧する

転職サイトの最大のメリットは自分で転職先を探して、好きなところに応募できるところです。自分に見合わないような条件が厳しい会社にも応募することができ、応募できる数も転職エージェントとは比べられないほど多いので転職の選択肢が広がります。

一方で、転職エージェントとは違って条件面の交渉や面談、内定サポートなどは受けることができないうえ、時間と手間がかかるのは転職サイトのデメリットになります。特に施工管理は非常に忙しいので、この点は大きなハードルになるかもしれません。

ハローワークで求人を閲覧する

ハローワークで求人を閲覧するのも良いでしょう。ハローワークとは、全国にある公共職業安定所と呼ばれる、国(厚生労働省)が運営している公的機関です。求職者・事業者双方への情報提供、雇用保険手続きや助成金事務などの様々なサービスを、全て無料で利用することができます。

建設業界に転職を考えている方におすすめのエージェント

ここでは、建設業界への転職を考えている方におすすめのエージェント、具体的に

  • ビーバーズ
  • クイック
  • ケンショクバンク
  • ウィルオブコンストラクション

の4つを紹介します。

ビーバーズ


ビーバーズはワークライフバランスを重視した求人を厳選して取り扱っています。そのため、趣味やプライベートを充実させたい方にはおすすめです。

他にない特色は、建設会社の経営者と直接コンタクトをとって条件のすり合わせができるという点です。人事担当者ではなく経営者と直接条件の交渉ができるので、それぞれの方に合った求人が見つかります。さらに面接サポートはもちろん、入社後にも定期的に利用者からのヒアリングを行っているので、安心して転職することができます。

面接時には担当者も同席するので、あまり転職したことがない方にもおすすめです。

実際に利用した方からは、

  • 希望に近い条件まで交渉していただき、感謝しています。
  • 親身に対応してくださり、安心して転職活動ができた。

といったような声が多数あるので、きっと自分に合った転職先が見つかります。

\最短即日で応募可能!/

クイック


クイックは、専門性を生かした転職に強い転職エージェントです。もちろん建設系も特化していますが、他業種でも専門職への転職が強いため、多角的なサポートが出来る点が、他のエージェントと異なります。

建職バンク


建職バンクは建設業界に特化した転職エージェントですが、特に電気系の求人では圧倒的な強さを誇っています。実際の求人数でも、関東圏の電気系求人数は業界でもNo.1を誇ります。注目キーワードには電気主任技術者や電気工事施工管理士、電気工事士などやはり電気関係が多いことからも、電気工事の施工管理として転職したい方にとっては非常におすすめの転職エージェントです。

自分で求人を探して応募することもできますが、アドバイザーから求人の紹介を受けることもできます。転職サポートでは入社日当日までしっかりサポートしてもらえるので、初めての方でも安心して転職することができます。

ウィルオブコンストラクション


ウィルオブコンストラクションは、各種施工管理、設計に特化した転職エージェントです。日本全国の施工管理の仕事に特化しているので、施工管理の転職に関しては非常に大きな強みを持っています。施工管理に特化しているだけあって、20代〜60代までの幅広い年代の求人があり、経験がある方なら条件に合った求人がきっと見つかるはずです。

求人は施工管理などの高単価なものが多いので、収入面では特に納得のいく求人が見つかるかもしれません。施工管理に特化したエージェントに相談したい場合には、特におすすめの転職エージェントとなっています。

未経験でも建設業界の転職市場で評価される経験・スキル

skills, can, startup
建設業界での経験がない方にとって、「自分のどんなスキルが転職に役立つのだろう?」と疑問を感じている方もいらっしゃるかと思います。そこで、未経験者でも建設業界の転職市場にて評価される経験・スキルについてご紹介します。具体的には、

  • 基本的なPC操作スキル
  • 接客・営業経験
  • チームプロジェクト経験

について解説していきます。

基本的なPC操作スキル

建設業界は現場作業だけが仕事ではありません。見積書や予算書・各種帳簿などパソコン作業もあります。PC操作スキルが苦手な方も多い建設業界では、建設業に関して未経験だったとしても基本的なPC操作スキルがあれば評価対象になります。

建設業界は最初は誰でも未経験です。建設に関する知識・経験は入社後に身につければ十分です。

接客や営業の経験

PC操作スキルと同様に、人との関わりや営業の経験も評価対象となります。建設業界では沢山の人・会社が関わって一つ一つの案件をこなしていきます。そのため、接客のスキルは評価対象となります。

また、当然建設業でも営業は行う必要があるため、たとえ建設に関しての知識が乏しく未経験であったとしても、営業スキルがあれば会社に貢献することが十分できます。

チームで成し遂げた経験

チームプロジェクトを成し遂げた経験も評価対象となります。建設業界はほとんどがチームプロジェクトであるといっても過言ではありません。多重下請け構造が残っている建設業界では、複数の会社が共同で案件をこなしていくことも多いです。

建設業務に関して未経験であったとしても、チームプロジェクトの経験がある人は重宝されるでしょう。また、入社後建設業界についての知識・経験を増やすことで、経験を最大限活かすことが出来るでしょう。

建設業界の転職で役立つ資格9選

startup, start-up, people
資格は自分が建設業界において知識がある、ということを証明するものとなります。建設業は、専門的かつ事故を伴う作業が多いため、

  • 施工管理技士
  • 建築士
  • 建築整備士
  • 建築業経理士
  • 電気工事士
  • 電気主任技術者
  • 建設機械施工技士
  • 解体施工技士
  • 建築積算士

などの建設業界に関連した専門性の高い資格が数多くあります。

そんな中から、転職で役立つ上記9個の資格について解説していきます。

施工管理技士

施工管理技士とは、字の通り施工全体の管理を行うことです。施工作業そのものを行うわけではなく、施工現場を含む工事全体を俯瞰して管理します。現場の安全管理はもちろんですが、施主の要望や予算に合わせた施工計画、スケジュール管理、品質管理が主な業務となっており、デスクワークが多めです。

施工管理の仕事は膨大で責任も大きいため、施工の規模の大きさにより複数人で行うこともあります。この施工管理を専門に扱う国家資格です。

建築士

建築士とは、建築士1級・2級・木造建築士の3つがあります。建物の設計、施工、工事監理の業務を行う、建築業界では最も重要な国家資格です。

建築整備士

建築整備士は空調や換気、排水や電気などの建築設備全般の知識を証明する資格です。建築士よりも上位に位置する資格で、設計や工事監理のアドバイスが可能になります。

建築整備士は必須ではないものの、年々複雑になる建造物に対応できるのは、経験と知識が豊富な建築整備士ならではの特権です。建設業界で仕事の幅が広くなる可能性があるので、最終目標に据えるのも良いでしょう。

建設業経理士

経理に関する資格と聞くと、多くの人は簿記検定を思い浮かべるでしょう。しかし、同じ経理に属する資格の中でも、やや特殊な部類に分類される資格がいくつか存在しており、その中の一つに挙げられるのが、建設業経理士です。

建設業では、最終完成形が出来上がってから販売するのではなく、仕事を受注してから工事が始まりお金が動くことが基本となるため、会計処理が特殊です。専門用語についても特殊なものが多く、経理担当者もそれらを理解した上で会計処理が必要となります。幅広い業種で一定の評価を得られる簿記検定に対して、建設業で高く評価されるのが建設業経理士です。

電気工事士

「電気工事士」は第一種・第二種に分かれ、第二種は一般住宅と小規模店舗などの電気工事ができ、第一種は最大電力500キロワット未満の施設も手掛けることができます。

電気主任技術者

電気主任技術者は、第一種から第三種まであり、第一種は全て。第二種は電圧が17万ボルト未満、第三種は電圧が5万ボルト未満の電気設備工事・保守や運用の監督ができます。ただし、第三種については、出力5000キロワット以上の発電所は手掛けることができません。

建設機械施工技士

建築機械施工技士は、工程管理や作業員の安全や現場の品質管理など施工管理者として働ける国家資格です。建設機械施工技士には1級、2級があります。

解体施工技士

解体工事施工技士は、解体工事を行うにあたっての技術や知識を持っていることを証明するための国家資格です。解体工事そのものの技術だけではなく、建設リサイクル法や廃棄物処理法と言った解体工事に付随して必要となる法律の知識も求められています。

請負金額が500万円未満の解体工事を行うためには解体工事業登録を行うことが必要ですが、そのためには技術者管理者を設置する必要があります。また、500万円以上の解体工事を行う際に必要になる建設業認可を取得する場合には、この資格を所有していれば専任技術者として登録できます。

建築積算士

建設業界においては「入札(一般競争入札)」というシステムが有り、公共事業が発注される際に工事された工事概要を基に、工事希望者として工事価格を競い合います。

民間の事業者が建築工事を計画する場合でも建設会社を比較するため、最適な工事価格や期間内の工事を積算します。このような場合に、提示される価格の基礎を算定するのが、建築積算士です。

建設業界から他業界へ転職する際のおすすめ先

最後に、現在建設業界で働いていて、建設業から他業界への転職を考えている方におすすめの転職先を紹介します。

建設業から異業種へ転職する際は不安もあるかと思いますが、そこで得られるメリット、おすすめの転職先についてチェックしていきましょう。

  1. 自由な時間を作りワークライフバランスを確保できる
  2. 建設業の経験を生かしたキャリアアップができる
  3. 危険を伴わない仕事ができる

このようなメリットが生かされるおすすめの転職先は以下のとおりです。

  • 自動車関係の製造業
  • ITのエンジニア職
  • 起業
  • 不動産管理会社

是非参考にしてみてください。

まとめ


今回は建設業界への転職を検討している方に向けて、建設業界の職種や年収、転職に有利な資格や未経験から建設業界への転職を成功させるためのポイントをご紹介しました。

建設業界は、人手不足であるという近年の動向により、未経験者でも非常に転職しやすい業界となっております。

建設業と一言で表しても、現場作業だけではなく、施工管理や品質管理などのデスクワークや、営業などの仕事もあるため、他業種での経験を活かすこともできます。様々な資格もあり、資格保有者が歓迎されやすい傾向にあるため、資格取得も考えてみては如何でしょうか。

また、転職エージェントを利用するのもおすすめです。自分が希望する収入や働き方を実現できる求人を見つけるためにも、ぜひ転職エージェントを活用してください。

一人親方の仕事のもらい方・取り方7選!受注のコツや注意点も紹介

一人親方として働かれている方が最も苦労するのは、安定して仕事を受注できるか?という点かと思います。働き方が自由で高収入を目指せるのが個人事業主のメリットですが、仕事を取れなければ収入がゼロになってしまうのは一番の欠点でしょう。

そこでこの記事では、一人親方の仕事の取り方・もらい方を7選紹介します。仕事を受注するコツや注意点も解説するのでぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

一人親方の仕事のもらい方・取り方7選

一人親方の仕事のもらい方は主に以下の7つです。

  1. 新規営業
  2. 紹介営業
  3. 求人サイト・ハローワーク
  4. 異業種交流会
  5. マッチングサイト
  6. 設業キャリアアップシステム
  7. ホームページ

それぞれ更に細かく分類することができるので、一つずつ特徴やメリット・デメリットを解説していきます。

1.新規営業をする

最も代表的なのが自ら新規営業をかける方法です。営業にもさまざまな種類がありますが、ここでは今まで全く関わりがなかったところから仕事を獲得する方法について説明をします。

テレアポ

テレアポは最もメジャーな営業方法であり、営業が必要な会社の中でこの手法を全くとらないという会社はほとんどありません。なぜなら誰でも出来て、単純であり時間もコストもかからないからです。

テレアポに必要なのは、携帯電話だけです。あとは話す内容を軽く整理し、ひたすら電話をかけ、自分を必要としてくれる会社を探すだけです。何から始めていいのかわからないという方はまずテレアポから始めて営業に慣れるのが良いかもしれません。

飛び込み営業

飛び込み営業もテレアポと同じくらいメジャーな手法です。

上述のテレアポに比べると、実際に会って話す必要があるので多少こなせる数は減りますが、顔を合わせる分、相手との信頼関係も作りやすいというのが一つの利点です。人当たりがよく、コミュニケーションに自信がある方は、この手法で事をもらえる確率が高いでしょう。

とはいえ、あくまで飛び込み営業ですので、体力的にはテレアポよりもきついと感じる方が多いかと思います。またクレームなどを言われるときも、直接面と向かって言われるので、かなり精神的ダメージは大きいといえます。

建設会社のHPの問い合わせフォーム

建設会社によっては、求人応募用の問い合わせフォームを用意している会社もあります。名前やメールアドレス、年齢などを入力することで応募することができます。そのような会社は現場の数も多く、人手をたくさん欲している傾向にあります。また応募のハードルもかなり低いですが、その分様々な方が応募すると考えられます。あまり期待しすぎないようにしましょう。

応募する際は単に年齢等だけでなく、自分がどのような資格を持っていて、得意な業種が何なのか、以前はどのような業種、職種で働いていたのかなど、会社側があなたの具体的なイメージを持てるような内容にしましょう。そうすることで案件受注の可能性が大きくなるかもしれません。

2.紹介営業をする

紹介営業は、新規営業とは違い、顧客の知り合いや取引先などから新たな顧客を獲得する方法です。ある程度自分に対して信頼がある状態で仕事を依頼してもらえるので、新規の営業よりも比較的容易に仕事を取れる傾向にあります。具体的に紹介営業を受ける選択肢を紹介しましょう。

協力会からの紹介

大手ゼネコンや大手ハウスメーカーであれば必ず、下請業者としていつでも安心して発注できる建設業者(いわゆる協力会社)の集団組織である協力会を作っております。協力会に新規で入り込んでいくためには相当な人脈を保有している必要があるため中々難易度は高いですが、仮に協力会に潜り込むことができれば、元請け業者により近い形で仕事を受注することが容易にできるようになります。

常日頃から協力会と関係性がある方々との人脈にアンテナを張っておき、タイミングを見計らって協力会の主要メンバーを狙っていきましょう。

施工管理技士との人脈からの紹介

施工管理技士は現場の管理をする仕事ですので、職人としっかりコミュニケーションをとっています。そのため、以前に何度か同じ現場で働いた施工管理技士の方がいれば、自分がどのような工事を得意としているのかということは十分に理解しているはずです。

そのため知り合いに施工管理技士として働いている方がいる場合、連絡をしてみることで、タイミングが合えば仕事を依頼してもらえることもあります。誰に仕事を依頼するか判断する際に、信頼があるというのは大きなアドバンテージとなります。自分にあった案件があればかなり有利に案件を依頼してもらえるかもしれないので、知り合いがいる場合は積極的に連絡してみましょう。

職人との人脈からの紹介

施工管理技士だけでなく、職人に連絡してみるのもいい手段になります。もし仮にその職人が同じ時期に複数の仕事を依頼されていた場合、その中から一つ紹介してもらえるかもしれません。また、一人親方になっている職人であれば、良い取引先などを知っていて、自分にも紹介してもらえる可能性があります。

これまでの仕事の中で培ってきた人脈は徹底的に利用し、仕事の受注につなげましょう。

3.求人サイト・ハローワークを活用する

求人サイトを利用すれば、たくさんの仕事の中から自分に合ったものを見つけることができます。応募がとても簡単で、応募する人も多く、人気のある会社は倍率も高いため、簡単に仕事が見つかるわけではありません。サイトに登録する際は、多少面倒ではありますがプロフィール欄はなるべく細かく書きましょう。

もし、インターネットで仕事を探すのが苦手だったり、自分の経験などに自信がないという方は、ハローワークに相談してみましょう。求人の数はインターネットより少ないですが、一対一で相談しながら、自分に合った条件の案件を紹介してもらうことができます。

4.異業種交流会に参加する

商工会議所主催の建設業界の方が参加するような異業種交流会などに参加することで、仕事の受注につながる可能性もあります。中には建設会社の社長や、部長などがいるため、名刺を渡して自分の経歴やどのような工事が得意なのかなどを簡単に自己紹介しましょう。

あまり多くはないかもしれませんが、話の中でプライベートの遊びに誘われた場合も、積極的に参加するようにしてください。中小企業の場合だと情やコネによって仕事を振ってもらえる場合もあります。当然ながら同じような人材であれば、仲が良い人のほうが信頼があり、仕事を依頼しやすくなります。

5.マッチングサイトを活用する

IT技術が発展してきたことで、会社は今までよりも簡単に人材を発見することができるようになっています。とはいえ人材不足はまだまだ解消されていないため、マッチングサイトでは様々な案件を探すことができます。ここでは一人親方にお勧めのマッチングサイトをご紹介します。

助太刀

助太刀」は全国の76職種、16万以上の職人が利用する職人のマッチングサービスです。サイトは操作がわかりやすく、工事代金の支払いが素早く行えることや、工具の購入、修理などが行えるサービスなどが強みになっています。

登録やマッチングは無料で行うことができますが、機能に制限があります。受注者の場合、月額1980円で制限がないマッチングサービスを利用することもできます。

CraftBank

クラフトバンク」では、面談の日程調整までをすべて代行してもらうことができます。工事は数日で終わる小規模なものから数か月かかるものまで様々です。

案件を受注できるのはもちろん、協力会社となってくれるところを探したいときも利用できるサービスがあるのが最大の特徴です。気になる方は有料プランまでチェックしてみると良いサービスが見つかるかもしれません。

ビーバーズフリーランス


弊社「ビーバーズフリーランス」は建設業界に特化したマッチングサービスを行っています。キャリアエージェントが面談で希望条件などを細かくヒアリングし、条件に合った案件を提案します。実際に企業と面談する際にはエージェントも同席し、面談のサポートを行います。案件が受注できた後もしっかりとアフターフォローを行ってもらえます。

建設会社の人事担当ではなく、経営者と直接コンタクトをとっているので、条件の交渉がスムーズにできることが最大の特徴です。ワークライフバランスの充実や、年収アップなど細かい自分の条件を直接エージェントに伝えることができるので、安心して案件の受注ができます。興味がある方はこちらの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

\最短即日で応募可能!/

6.建設業キャリアアップシステムに登録する

キャリアアップシステムとは国土交通省が推奨するシステムで、建設関係の技能者の就業履歴を登録できるものになっています。これは、技能者の知識や経験がどれだけあるのかが統一された基準で登録されるので、技能者には様々なメリットがあります。

具体的には、知識や経験がしっかりと証明されることで賃金の適正化や、入場できる現場が増えることなどが挙げられます。特に一人親方として働いている場合、仕事をした分だけ実績を貯められるシステムなので事業者側から仕事を受けやすくなります。

7.工事受注に特化したホームページを制作する

建設業界でもITが活用されるようになってきているため、受注者側も受注しやすいようにHPを作成することで、発注者側からより見つけられやすくなります。インターネットなどでやり方を調べれば個人でもホームページが作れるようになっています。営業などがあまり得意ではないという方は是非作成してみてください。

とはいえ、やはり初心者の方がわかりやすいホームページを作るのは難しく、手間がかかるため、本気で制作を考えている方はWeb制作のサポートを行っている会社に一度相談してみてください。

一人親方が良い仕事をもらうための5つのポイント


ここまでは仕事の取り方について解説してきましたので、ここからは実際に案件を受注する際、よりよい案件が受注できるようにいくつかのポイントについて説明していきます。

既存顧客を大切にする

何度か書いているように、案件をもらうためには、信頼関係が非常に重要になってきます。そのため、一度仕事を受注できた取引先とは良い関係を得るために努力しましょう。与えられた仕事を自分の最大限できる範囲でこなし、受注先の予想を超えられるような働きができれば、大きく信頼を得ることができるでしょう。

受注先にとっては個人事業主である一人親方を雇うメリットの一つは、教育などをしなくてもこれまでに培ってきた経験や知識で仕事の質が担保されるということもあります。発注元のニーズ一つ一つに丁寧に対応し、期待に応えられればまた次も仕事を発注してもらえるでしょう。

技術力を高める

技術力を高めることで、受けられる仕事は当然多くなります。発注される案件はほとんど工事ごと、または日給いくら、といった報酬で契約が結ばれています。

よって発注元は同じ金額を出すのであればより技術力のある人に仕事を発注したいと考えるのが当然です。その際、資格を持っていることで、一定の技術、知識が備わっていることが証明できるので積極的に取得し、企業にアピールできるとなお良いでしょう。実際に資格によって報酬が変わってくる案件も多くあるので、日々技術力の向上に励むことも大切です。

元請業者を選ぶ

現場経験が豊富な方はご存じの通り、下請けの案件よりも元請けのほうが後期に余裕があったり、報酬が下請けに比べて多かったりすることがほとんどです。現在一人親方として働いている方は、ワークライフバランスや、待遇の向上を求めている方が多いと思われますので、案件を受注する際には元請けか下請けかというところにも注目することで、より良い仕事の受注ができます。

フリーランスエージェントを活用する

フリーランスエージェントとは個人事業主の方と人材を欲する企業との間で、案件ごとに人材を仲介するサービスのことを言います。このようなエージェントを利用することで、自分でインターネットから探すことのできる案件よりもいい案件を受注することができます。

なぜならフリーランスエージェントには世の中に出回っていない案件や、情報などが眠っている場合があるからです。また企業側もエージェントにお金を払う必要がありますが、そこまでしても人が欲しいほど現場が多い、またはそのコストに見合うほどの質の高い人材を求めているといったことが考えられます。

このように、フリーランスエージェントに直接相談して自分に合った案件の提案をしてもらうことができ、発注元との交渉や、受注後のアフターフォローなどを考えれば、自分で受注するのに比べて交渉やその後の現場での仕事がスムーズにできます。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

一人親方が仕事をもらう際の注意点

一人親方が自分で案件を獲得し、受注する際には、契約上の問題など会社に所属していたころには意識する必要のなかった様々な注意点があります。受注した後に後悔公開することにもなりますので、案件を受ける前に必ず確認しておくべきポイントを紹介していきます。

現場を下見する

現場では契約の際には知ることのできない想定外なことが起こる可能性があります。なぜなら書面上ではわからない要素がたくさん存在するからです。例えば現場の場所が少し行きづらい場所にあったり、工事完成に対する契約をした後現場に足を運んでみたら、想定よりも長く工事日数が必要であり、結果として赤字現場になってしまったといったことがあり得ます。

このように契約書の中には書いていないことも、実際の工事の中では重要な要素だったりもするので、手間ではありますが受注する前に必ず現場に足を運びましょう。

契約書の内容

そもそも契約書とはトラブルの防止や円滑な取引のために作成されるものです。きちんとした契約が結ばれていないと、代金の回収ができなかったり、自分のキャパを超える無理な発注の原因となったり、納期が極端に短くなったりする可能性があります。

また建設業においては請負契約書に必ず記載しなければならない内容が定められています。工事の内容、金額、工期、責任の所在、急な工期の変更があった場合の請負代金の変更、天災等による損害負担、などなどありますが、どれも大切な内容になっているのでしっかりと確認したうえで契約するようにしてください。

特に責任の所在や、お金の関係するところは確認漏れがないようにしましょう。場合によっては民事訴訟に発展することもあり得ます。

工事請負金額の支払い時期

前述上の契約書の内容とも関係してきますが、工事請負金額の支払い時期は確認しておきましょう。契約書に記載する必要があると法律で定められているので、必ず契約書参照の上、確認してください。

工事が終わってからすぐ報酬が来ると思って工具の購入、またはレンタルなどをしたのに、何ヶ月か後に収入が入ることになってしまい、それまでの生活がぎりぎりになった、支払いが間に合わないなどといった状況に陥ることもあり得ます。特に金額の大きい工事を受注する際にはきちんと確認しておかなければ大変困った状況になります。

まとめ

これまで一人親方の仕事のもらい方やその際注意するポイントなどについて解説してきました。現代はIT技術をが発展うまく活用することで以前よりも安定して案件を獲得していくことも可能になりました。そのため一人親方は年々増加傾向にあります。(参考:『一人親方労災保険組合』労災月報)

漫然的に人手不足な業界であり案件を探すのはそれほど難しいわけではありません。しかし、実際に受注するとなると自分が納得できる案件が見つからないことや、契約の際の注意点、また現場でのトラブルなど様々な障壁があることは事実です。

人親方になりたい人や一人親方だけど現状にあまり満足できていないという方はぜひ建設業界に特化したフリーランスエージェントに相談しましょう。うまく案件を受注できるか心配だという方は、仕事の上で重視することや条件などを相談しながら仕事を探すことができるビーバーズフリーランスに一度相談してみてください。

現場監督が独立するメリットや注意点とは?年収は本当に上がる?

現場監督として働いている方の中には独立したい方もいらっしゃると思います。実際、現場監督として働いている方はすでにスキルが身についている方も多く、独立して働くことで年収を上げたり、自由度を高めたりしている方もいらっしゃいます。

しかし独立にはメリットだけでなく、デメリットもあり、簡単に独立できるというわけではないので注意が必要です。この記事では、独立したい現場監督の方に向けて、そのやり方やメリット、デメリットなどについて詳しく解説していきます。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

現場監督の独立における選択肢


現場監督が独立する方法には、大きく分けて会社を設立する方法とフリーランスの二つがあります。それぞれ特徴が異なるので、簡単に紹介していきます。

会社を設立する

一つ目は会社を設立して法人化するという方法です。建設業許可を取得し、会社を設立することで独立することができます。個人事業主よりも業務の幅が広く、比較的大きな案件が取りやすいという特徴があります。

フリーランスとして働く

会社設立に対して、もう一つの方法はフリーランスとして働く方法です。フリーランスは法人化に比べると手続きが少なく、独立のハードルが低いというのが特徴です。現場監督として独立する方もいきなり法人化からスタートする方は少ないので、独立するかたはいちどフリーランスとして働くことを目標にしてみると良いかもしれません。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

現場監督が独立することのメリット

最初に現場監督の方が独立するメリットについてご紹介します。

年収は基本的にアップする

まず一つ目のメリットとして独立することで年収が上がるという点が挙げられます。現場監督の平均年収はおよそ500万円前後といわれていますが、独立することで、年収1000万円以上も目指せるようになります。独立した方の年収は正確な統計がありませんが、500万円~1200万円ぐらいの年収になる方がおおいようです。自分の努力次第では1500万円以上稼ぐ人もいるようで、正社員よりも高い年収が得られるのが独立の魅力といえるでしょう。

現場を自分で選べる

現場を選べるのも独立した方ならではの良さといえます。正社員の場合、現場は会社が指示したところに行く必要があるので、中には遠かったり、あまりやりたくないような現場に行くこともあったかと思います。

しかし独立すれば現場はある程度選べるので、条件が悪い場合には案件を断るということもできます。この点は正社員にはないメリットだといえます。

スケジュールを調整できる

現場監督の方は基本的に忙しいので、なかなか好きなタイミングで休みをとれない人も多いかと思います。特に工事が集中している時期はほとんど休みがないという方も少なくありません。独立していると、好きなタイミングで働くことができるので忙しい現場監督の方にとっては魅力的だといえるでしょう。

人間関係に悩まなくなる

会社にいると、どうしても人間関係に悩むことが出てきます。特に建設業界はパワハラがあることも少なくないので、先輩との人間関係に悩まされることは少なくないでしょう。独立しても現場での人間関係があるのは正社員と同じですが、会社内で人間関係に悩まされなくなるので、社内での人間関係に悩まされている方にとっては大きなメリットとなるでしょう。

会社に帰属せず個の力が身に付く

会社にいると、仕事は自分で探さなくとも手に入るので、ある意味言われたままに仕事をすることになります。独立すると、案件をとるところから契約書の作成まですべて自分で行う必要があり、会社に頼ることはできません。変化の激しい時代ですが、独立している方は自分で何でもできるようになっているので、どんなことがあっても乗り越えられる力が身につくでしょう。

現場監督が独立することのデメリット

次に、現場監督が独立することで生まれるデメリットについてご紹介します。

収入が不安定になる

正社員と比べると、どうしても不安定になってしまうのが、独立する一番のデメリットかもしれません。案件が取れなければ収入がゼロになってしまうので、その点でいえば収入がある程度保証されている正社員に比べて安定性はどうしても劣ってしまいます。努力すれば高い年収を得られるのは事実ですが、収入の不安定になることは覚悟しておく必要があります。

社会的信用を失う

正社員は収入が安定しており、しっかりとした職についている証明でもあるので、ある程度の社会的信用があります。個人事業主は正社員に比べるとローンが通りにくかったり、世間的なイメージもまだまだそれほど高いわけではありません。安定した給料、社会保障のもと働けるのが正社員の良さなので、その魅力を失うのは独立する方にとってのデメリットとなるでしょう。

現場代理人になれなくなる

現場代理人になるためには工事の元請け会社との直接的な雇用関係が3ヶ月以上ある人でなければならないケースがほとんどなので、独立した方は現場代理人になれません。現在現場代理人として現場に出る方もいらっしゃるかと思いますが、独立するとそのポジションで働くことはできなくなってしまいます。

確定申告など事務作業が増える

正社員であれば給料から税金や社会保険料が引かれていたため、確定申告などで苦労することはあまりなかったかと思います。しかし、独立すると確定申告をはじめとしたさまざまな事務作業もすべて自分でこなす必要があります。正社員とは違って、ただ現場に出て働くだけでいいわけではないことは頭に入れておく必要があるかと思います。

1級施工管理資格が実務で活かせなくなる

現場代理人になれないのと同様に、1級施工管理技士の資格を取得していてもそのようなポジションで働けなくなるので、資格勉強が無駄になったと感じる方もいるようです。資格を取ることの魅力の一つは業務の幅が広がることで年収が増えることですので、資格がそれほど重要ではないという点はすでに資格を持っている方にとってはデメリットに感じられるかもしれません。

逆に言えば資格の取得が向いていない方にとっては資格がなくても年収を上げることができるということでもあり、すでに資格を取得している方にとっては案件の受注の際に有利になることもあるので、それほど大きなデメリットではないかもしれません。

現場監督が独立する前に必要なスキル


ここからは現場監督の方が実際に独立する際に必要なスキルについてご紹介します。

施工管理技士としての技術スキル

独立すると基本的に職場の人から指示をうけることはなくなるので、すべて自分の力でこなす必要があります。しっかりと経験を積んで、技術を身に着けていないと納期の遅れにつながったり、取引先からの評価が落ちることもあるので、ある程度技術を積んでから独立するようにしましょう。

顧客や従業員とのコミュニケーションスキル

独立すると、コミュニケーション能力が必要になる場面がかなり多くなります。現場ではいつも違う人と話す必要があり、案件獲得にもコミュニケーション能力は欠かせません。

コミュニケーション能力がなければ、案件が取れなかったり、現場での仕事が苦痛になってしまうこともあるので、独立する前にある程度コミュニケーションをとるのが得意になっておくことをおすすめします。

確定申告のための帳簿作成や会計スキル

上でも述べたように、独立した場合、確定申告などの事務作業を全て自分で行う必要があるため、経費や売り上げを適切に管理しなければなりません。確定申告によって支払う税金の金額が決まりますが、会計スキルがなければ、経費が計上できずに手取りが減ってしまったり、逆に支払う税金が少なくなって知らないうちに脱税をしてしまっているかもしれません。資金をうまく管理するためにもある程度の会計スキルを身につけましょう。

受注状況を安定させる営業スキル

独立した現場監督は工事の案件を全て自分で獲ってくる必要があるため、自分の営業によって収入が左右されることになります。案件が安定して獲れなければ収入も安定しないので、案件を安定して獲れる営業スキルは必須になります。現場での仕事ももちろん大切ですが、営業にも意識を向ける必要があります。

現場監督が独立後も安定して工事を受注する3ステップ


ここでは現場監督が独立後に安定して案件を獲得するための方法についてご紹介します。

1.法人化をする

法人化をすることで対外信頼度が上がるため、案件を受注しやすくなります。法人はしっかりとした手続きを踏んでから設立する必要があり、建設業許可も取得しなければならないため、フリーランスよりもハードルが高くなります。そのような高いハードルによって取引先の信頼が上がるので、独立してからある程度仕事に慣れ、余裕ができたら法人化の手続きを行いましょう。

また、近年では偽装一人親方の問題などから、建設業界の一人親方に対する規制が厳しくなっているため、法人化していない現場監督の方は働きにくくなることが予想されます。将来的にも法人化が必要になるかと思いますので、独立の際には法人化を視野に入れておきましょう。

2.マッチングサイトを活用する

ネット上には独立した方と会社を結ぶマッチングサイトがたくさんあり、個人事業主の案件獲得の大きな手助けとなっています。特にIT業界などではフリーランスが多く、様々なサービスがありますが、建設業界にもそのようなマッチングサイトがあります。建設業界を専門としたフリーランスマッチングのサイトは少ないですが、ビーバーズは建設業界に特化した、独立した方向けのマッチングサイトがあります。

マッチングサイトの活用で、自分では見つけられないような案件が獲得できたり、条件の交渉や受注後のアフターフォローもあるので、独立に興味がある方は是非一度ビーバーズにご相談ください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

3.HPやSNSを自社で開設する

HPやSNSの運営は案件獲得には非常に効果的です。なぜなら、これらは一度作ってしまえば自分で営業をする必要がなくなるため、非常にコストパフォーマンスが高いからです。また、取引先の立場から見てもネットで検索してHPが出てくれば、より信頼しやすくなるという効果もあります。

このようなHPは個人でも簡単に作ることができるので、まずは自分で作ってみることをおすすめします。独立してしばらくたち、案件をこなすので精一杯、というような状況になったら、しっかりとしたHPを外注して作り、自分で営業をしなくてもよくなるような状況を作りましょう。

まとめ

今回は独立したい現場監督に向けてメリットやデメリット、必要なスキルなどについてご紹介しました。独立すると、年収が増える、自由度が高くなる、など正社員にはないメリットがたくさんあるので、魅力的に感じる方が多いかもしれませんが、不安定さや事務作業など、デメリットも少なからず存在します。どちらが自分に向いているか判断して、適切な選択をとるようにしましょう。

独立の際には、建設業界専門のマッチングサービスである、ビーバーズにご相談ください。

現場監督の年収はいくら?業種別・年齢別に紹介【収入アップ方法も解説】

現場監督として働く方の中には年収が低いと感じている方や、もっと年収を上げたいと考えている方がいらっしゃると思います。現場監督は比較的年収が高い職業だといわれているものの、働く会社や工事の種類など、様々な要因で年収が大きく変化します。

この記事では現場監督の年収や年収を上げるための方法について詳しく解説していきます。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

現場監督の仕事内容とは?

現場監督の年収を紹介する前に、現場監督の経験がない方に向けて、どのような仕事をするのか、簡単にご紹介します。

施工管理との違い

施工管理の主な仕事は4大管理を中心に現場の管理を包括的に行う仕事です。そのため、現場の職人というよりは設計や施主などと連携したり、現場の安全管理などが主な仕事になります。それに対して現場監督は現場の職人に対して指示を出すことで、現場の管理を行いますが、現場外での仕事はありません。

現場監督の給料が高い理由

現場監督は現場の工事が円滑に、安全に行われるように適切な指示を出す必要があります。そのため、現場の工事に責任を伴い、また幅広い知識や十分な経験が必要であるため、高い年収を得ることができる職業となっています。決して楽な仕事ではなく、高い年収に見合った仕事をすることが必要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

現場監督の年収はどれくらい?

現場監督の年収について、様々な形で比較してご紹介します。

平均年収

現場監督の平均年収はおよそ500万円前後です。経験と知識が必要なうえ、責任が伴うので、建設業界全体の平均年収の400万円よりも高い年収を得ることができます。

現場監督の職種別年収

現場監督の年収を職種別に見てみると、平均年収は以下のようになります。
プラント施工管理が一番高い理由としては、より大きな工事を手掛けることから責任が大きいことに加えて、ハイレベルな専門知識が求められることが要素としてあげられるでしょう。
他職種についてはそこまで大きな差はありませんでした。

職種別平均年収
プラント施工管理約553万円
建築施工管理約501万円
土木施工管理約489万円
電気工事施工管理約483万円
管工事施工管理約492万円
造園施工管理約414万円
(ビーバーズ調べ)

現場監督の企業規模別年収

企業の規模別に年収を見てみると、平均年収は以下のようになります。中でもスーパーゼネコンは突出して年収が高く、年収が1000万円近くになることもあるようです。

企業の規模平均年収
スーパーゼネコン900万円前後
大企業600万円前後
中小企業450万円前後

現場監督の年齢別年収

年齢別の年収は以下の通りです。40代後半から50代前半にかけて平均年収600万円前後となり、最も年収が高くなります。厚生労働省のデータを参考に算出した目安の年収になります。

画像引用元:統計で見る日本

現場監督のエリア別年収

厚生労働省のデータから平均年収を算出しています。地図の色が濃い都道府県ほど年収が高くなっています。あくまでも目安ですので参考までにご覧ください。

現場監督の学歴別年収

学歴別年収を厚生労働省のデータをもとに算出しています。同じ学歴であっても学科などによって異なる場合もありますので必ずしも高学歴だから年収が高いとも限りません。

最終学歴平均年収
中学450万円前後
高校460万円前後
高専・短大488万円前後
大学574万円前後
大学院647万円前後

現場監督の雇用形態別年収

下の表は正社員と派遣・契約社員の平均年収を比較したものになります。あくまで推定になりますので参考にしてください。

雇用形態平均年収
正社員480万円
派遣社員330万円
契約社員250万円

現場監督が年収(収入)を上げる方法5選


ここでは実際に現場監督が収入を上げる方法についてご紹介します。

1.ヘッドハンティングを受ける

ヘッドハンティングされることはめったにありませんが、取引先などから評価されてそのような話が来ることもないわけではありません。めったにないチャンスですので、話をもらったら積極的に挑戦してみるようにしましょう。

2.建設専門転職エージェントを利用する

何年も働いているのになかなか年収が上がらない場合や、平均と比べて明らかに年収が低い場合には転職を検討したほうが良いかもしれません。転職エージェントを利用することで、忙しい現場監督の方でも比較的手間を少なく転職先を探すことができます。

転職エージェントの中でも建設業界に特化したものを選ぶことで条件の良い会社を見つけることができます。ビーバーズは、数少ない建設業界に特化した転職エージェントです。

転職後のフォローも充実しているので、安心して転職活動をすることができます。今、年収が思うように上がらないことで悩んでいる方は是非一度ビーバーズにご相談ください。

\最短即日で応募可能!/

3.1級施工管理資格と相性が良い資格を取得する

建築施工管理であれば1級建築士、土木施工管理であれば技術士やRCCMなどがあげられるでしょう。より取得難易度の高い資格を取得することで、周りの人と差をつけることができ、市場価値は高まります。

4.建設専門派遣会社に登録して情報収集する

派遣のほうが給料が低いというデータはありますが、派遣の中にもいろいろな種類の案件があるので、高単価なものを探すことで収入を増やすことができます。派遣のサイトに登録し、情報収集を欠かさないようにしましょう。良い条件の案件にどんどん飛び込んでいくことで短期間ではありますが収入を増やすことができます。

5.フリーランスも選択肢に入れる

フリーランスとして働くことで、会社に縛られず、高単価な仕事を選びながら働くことも選択肢の一つです。フリーランスは不安定になりがちですが、派遣と組み合わせながら案件を切らさないようにして働くことで安定しつつも高単価な案件が狙えます。

フリーランスとして働くことが不安な方でも、フリーランスエージェントと相談することで高単価な案件を誰でも受注することができます。フリーランスとして働きたい方はビーバーズフリーランスにご相談ください。

\最短即日で応募可能!/

現場監督は年収1000万も可能?

現場監督は年収1000万円を目指すことができる職業です。ただし、決して誰でもというわけではなく、様々な条件があります。企業の規模や、現場監督自身のスキル、経験などが重なった結果、年収1000万円を稼ぐことができます。

現場監督として1000万円を稼ぐ方法は他の記事で詳しく紹介していますので、ぜひそちらも参考にしてください。

現場監督の給料・収入シミュレーション

ここでは3人の現場監督の方の年収を、転職市場を知り尽くすエージェントから見て適正なものかどうかを解説していきます。
ただし、これはあくまで一例であり、現場監督の年収は個人によって大きく変動するので、自分の年収が適正かどうか知りたい場合はビーバーズにご相談ください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建築施工管理技士の方の実例

  • 1級建築施工管理技士資格保有
  • RC造経験者
  • 現場監督経験32年(54歳)
  • 案件:マンション、商業施設、老人ホーム
  • 新築、改修共に現場代理人経験あり
  • 転職回数4回
  • 現在年収:750万円

現在、RC造の現場代理人経験がある方はどこの企業も喉から手が出る程、獲得したい人材です。求人相場としては、800~1200万円程を設定している企業が多く、転職をすることによって大幅な年収アップを見込めるでしょう。

電気工事施工管理技士の方の実例

    • 1級電気工事施工管理技士資格保有
    • 現場監督経験5年(27歳)
    • 案件:大型商業施設、公共施設、オフィスビル
    • 新築の主任クラス
    • 転職回数1回
    • 現在年収:650万円

新卒で地元設備工事会社に就職後、資格取得に伴い大手サブコンに転職。現在は大型商業施設の新築工事の案件に携わり、残業時間は月100時間程のハードワークをしていることによって残業代が青天井の状態です。こういった方であれば、残業代が少なくなることにより年収はダウンしますが、月残業15~30時間ほどのワークライフバランス重視の転職を視野に入れてもよいでしょう。

土木施工管理技士の方の実例

      • 1級土木施工管理技士資格保有
      • 現場監督経験20年(41歳)
      • 案件:一般土木(河川・道路・上下水道)、宅地造成工事
      • 現場代理人クラス
      • 転職回数3回
      • 現在年収:530万円

地方ゼネコンにて勤務しており、工事規模は多少小さいものの施工実績は多数お持ちでいらっしゃいます。こういった方は都市部の建設会社に転職することにより年収200万円アップもを夢ではないでしょう。

未経験から高年収の現場監督を目指すためには?

Man in Black Suit Raising Both Hands
ここまでは現在現場監督として働く方に向けた内容でしたが、最後に未経験の方が現場監督を目指すための方法をご紹介します。

学生は建築学科・専門学校を卒業する

専門学科を卒業すると、専門知識が獲得できるのはもちろん、資格の検定試験の際に実務経験が短くなるなど、非常に有利になります。例えば2級建築施工管理技士の場合、建築学科または専門学校以外の学歴の人は第2次検定の際、8年以上の実務経験がなければ検定を受けることができません。

大学、専門学校の指定学科を卒業した「高度専門士」であれば実務経験が1年でも受験ができるので、非常に大きな差になります。現場監督になりたいという方は建築学科や専門学校を卒業しましょう。

社会人は未経験採用可の建設会社へ就職する

現場監督になるには実務経験を経て資格を取得する必要があるので、まずは未経験でも採用してもらえる建設会社に就職しましょう。現場監督の指導の下実務経験を積むことでスキルアップし、最終的には現場監督として働けるようになります。

なるべく早めに実務経験を3年以上積む

実務経験が3年以上あれば、ほとんどの人が2級建築施工管理技士の検定の受験資格を獲得できます。またそれ以外でも、実務経験がなければ取得できない資格もありますので、スキルアップ、キャリアアップのためにも3年は実務経験を積むようにしましょう。

1級・2級施工管理技士資格を早期取得する

実務経験を積んで2級建築施工管理技士の資格を取得したら、今度は2級建築施工管理技士として実務経験を積むことで、1級建築施工管理技士の資格を取得できるようにしましょう。2級取得では主任技術者として現場で働くことができるようになり、1級建築施工管理技士を取得することでさらに監理技術者としても働くことができるようになります。

業務の幅や、収入が大きく異なるため、なるべく早いうちに取得しておくのがおすすめです。

まとめ

この記事では現場監督の方の年収の相場や収入を上げる方法について詳しく解説していきました。現場監督は高収入を目指すことができる職業です。特にスーパーゼネコンともなると、年収1000万円を超えることもあるので、かなり夢のある職種といえるのではないでしょうか。
ただし、高収入が目指せるといっても、中小企業で働き続けても「年収が上がるわけではありません。様々な現場を経験しながら、スキルを磨くことでキャリアアップすることができます。建設業界でキャリアアップしていくには転職が必要になってくるので、現在の年収に満足していない方は転職を検討してください。

転職する際は、ビーバーズなど、建設業界に特化した転職エージェントに相談することで、より良い条件の会社を見つけることができます。現場監督としてもっと高い年収を目指したい方は一度ビーバーズにご相談ください。