TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【平均年収】施工管理の年代・業種・役職別平均年収と年収UPの方法

施工管理

施工管理技士の『年代別』平均年収

画像1を拡大表示

施工管理技士を年代別に比較すると、「20代」の平均年収は473万円でした。「30代」は584万円で、伸び幅は年代間で最も大きい111万円。20代から30代にかけて昇進する人が多いことが影響していると考えられます。

「40代」は650万円で全体平均の630万円を上回りました。人生で最も稼ぎ時とされる「50代」は685万円で、20代の1.4倍です。「60代」は653万円でした。

建設業界を支える技術者の方々は他の業界と比較をしても、年齢層が高く、ボリュームゾーンは40代50代60代が中心となっておりますが、まさにその年齢層に該当する方々が、年代別で高い年収を受け取られているということが読み取れます。

施工管理技士の『業種別』平均年収

画像2を拡大表示

施工管理技士の平均年収を主要な11の業種に分けて比較すると、平均年収が最も高かったのは「プラント・エネルギー」で725万円です。

2番目は「ゼネコン」で、全体の平均年収より30万円ほど高い664万円でした。3番目は「ディベロッパー」で660万円、続く「コンサル(PM・CM)」は647万円です。「サブコン(管・電気)」は638万円で、ゼネコンの平均年収を26万円下回る結果となっております。「ハウスメーカー・工務店」は全体の平均年収をわずかに超えており635万円となりました。

全体平均に届かなかったのは、「建設コンサルタント」625万円、「不動産管理会社」590万円、「専門工場会社(建築・土木)」575万円、「自営業」455万円、「その他」625万円でした。

「プラント・エネルギー」「ゼネコン」「ディベロッパー」「コンサル」といった比較的企業規模の大きな業種の平均年収は高く、「不動産管理会社」「専門工事会社」「自営業」などの規模が小さな会社ほど平均年収を算出すると低めになる傾向がございます。

一方で、企業規模とは別軸で、残業時間などワークライフバランスという観点も影響しております。「プラント・エネルギー」や「ゼネコン」など、比較的残業時間も長く、激務と言われる業種は勤務時間の関係から平均年収が高く、「ディベロッパー」や「建設コンサルタント」と呼ばれる発注者側もしくは発注者支援側の仕事についてはワークライフバランスが整っている反面、平均年収は高くならない傾向があるようです。

施工管理技士の『役職やキャリア別』平均年収

画像3を拡大表示

役職別に見ると、「一般社員」の平均年収は558万円でした。昇進して「主任」になると平均年収は617万円となり、約60万円のアップとなるようです。

「係長」の平均年収は688万円です。「課長」「次長」「部長」「本部長・事業部長」になると700万円を超えてきます。年収トップの「次長」の平均年収は761万円で、一般社員の1.36倍となっています。

年収の伸び幅は次長で頭打ちとなっておりますが、やはり役職に比例して年収が増えているということが分かりました。

建設業界特有の事業としては、役職に就いたとしても部長・本部長・事業部長の場合、現場を担当することが少なくなるため、平均年収が下がるという特徴がある点は要注意です。

もしあなたが、「建設業界で独立したい」「フリーランスとして業務委託案件を獲得したい」「今の働き方を変えたい」と考えているのであれば、ぜひ「ビーバーズフリーランス」をご利用ください。弊社エージェントが、あなたのご要望にぴったりのフリーランス案件の紹介させて頂きます。

施工管理技士が年収を確実に上げるキャリアの作り方

建設現場で欠かせない存在の施工管理技士には、2級からスタートして1級施工管理技士の資格取得、そして所長として数々の現場を経験しながら、役員クラスを目指していくといったキャリアアップの道がございます。

将来を見据えて自分のキャリア形成を練り、その実現に向けて動いている方とでは、生涯年収に大きな差が生まれる可能性が高いです。

ここでは、施工管理技士のキャリアアップの流れとして、年収UPという観点を中心としたキャリアプランについてご紹介していきます。

年収UPを実現しやすいキャリアパスの作り方

平均年収を参考としたキャリアパスの作り方

・40代50代60代がボリュームゾーン

施工管理技士の『年代別』平均年収を参考にすると、40代50代60代が比較的平均年収が高いことが読み取れます。当然に、ベテラン人材の年収は高いわけですが、60代でも転職市場が活性化しているのが建設業界特有だと言えます。ですから、ある種60代70代での転職も視野に入れたキャリア形成をする必要があるでしょう。

・企業規模も大切だがワークライフバランスの観点も大切

当然に、企業規模が大きいほど相対的には平均年収があがります。しかし、中小ゼネコンであっても、かなりの高額を提示する建設会社は存在するのも事実です。もう1つ重要な観点はワークライフバランスになります。当然に残業時間が増えれば平均年収は上がってくるため、「プラント・エネルギー」「ゼネコン」「サブコン」「ハウスメーカー」などについては、確かに土日出勤も現場次第でありますが、平均年収が高くなることも事実です。

・役職は部長クラス以下

上記でも、記載致しましたが、建設業界特有のあるあるで、役職があがれば必ず年収も上がるというわけではないという実態がございます。というのも、建設会社における部長職以上はあまり現場を担当する頻度がなくなり、高い年収を要求しにくい働き方になるのです。年収にこだわるのであれば一生、現場を担当するキャリアを選択するのも1つですが、その場合、フリーランスであったり派遣といった雇用形態まで検討してみると良いでしょう。

当然ですが、1級施工管理技士資格を取得した施工管理職のキャリアアップは選択肢が豊富です。建設現場が好きであれば、そのままキャリアを積んで行くことも可能ですが、それ以外にも建設現場での仕事を通じて様々な職種の施工方法を理解できるため、いずれかの職種で独立することも可能です。

また、1級施工管理技士の資格取得によって受験資格を得ることができる監理技術者や労働安全コンサルタントなどの資格も存在するので、追加資格の取得に挑戦してみるのも年収に交渉に良い影響を与えるでしょう。

追加資格として、最も年収交渉に役立つ資格はやはり1級建築士になります。施工管理技士としてキャリアを積む中で、下請け業者が理解しやすいように施工図を沢山書くことになるため、設計図への理解も高まっているはずです。その場合、1級建築士の資格を取得しておくこともお勧めいたします。

実務の観点でも、1級建築士は施工管理技士よりも構造計算や各種法令への深い知識を身につける必要性があり、より自身の専門性が高まります。施工管理技士ができるのは現場を取り仕切る工事管理ですが、設計士に転身して設計監理までできるようになると仕事の幅はグッと広がります。

まとめ

今回の記事では、施工管理技士に関して、『年代別』『業種別』『役職やキャリア別』の平均年収をご紹介させていただきながら、年収UPという観点を中心にキャリアプランのご紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

あらゆる業種やあらゆる現場の経験を積むことで、自分のキャリアの可能性や年収上昇幅を広げることができるだけでなく、定年が近づいた時に、その後の選択肢の幅が全く変わってくるのです。

建設業界は人手不足は慢性的であるため、有資格者の方々はキャリア選択に際してあらゆる選択肢がございますが、だからこそ年収を最大限交渉できるキャリアの運び方を理解されることをお勧めいたします。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。