TEL
メニュー

施工管理技士の年収相場はどれくらい?

【2024年最新】施工管理の平均年収を徹底調査|年代別・職種別・年収の高い企業ランキングも解説

働き方やキャリア 転職 施工管理

施工管理を目指す人の中には、仕事内容だけでなく、平均年収がどのくらいか気になる方も多いのではないでしょうか。

施工管理は、建設業界の中でも平均年収が高い仕事のひとつです。

仕事を探す上で、年収の高さをひとつの基準にしている人も多いかもしれません。

そこで今回は、施工管理の平均年収について、年代別や職種別などさまざまな視点から分析していきます。

施工管理が働く建設業界の企業の中で、年収の高い企業をランキングも紹介しますので、年収の高い企業に転職・就職したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

目次

施工管理の給料が高い理由とは?仕事内容や重要性、メリット・デメリットを解説

architect, plan, construction

施工管理とは、建築や土木などの工事現場で、工事の進捗や品質、安全、コストなどを管理する仕事です。施工管理は、工事の計画から竣工までの一連の工程に関わり、工事の成功に大きく貢献します。

施工管理の仕事内容|4大管理とその他の業務

施工管理の管理業務は4大管理と言われており、主に以下のような業務を行います。

1.工程管理

工程管理は、プロジェクトのスケジュールを管理し、効率的に作業を進めることで、決められた工期内に建築物を完成させる業務です。工程表を作成し、PDCAサイクルを用いて進捗を管理します。

2.原価管理

原価管理とは、予算内で工事を完遂するために、資材や人件費などのコストを管理し、無駄を削減する業務です。収支を帳簿で管理し、コスト削減のための具体的な計画を立てます。

3.品質管理

品質管理とは、設計図書に基づいた品質を満たしているかを確認し、試験を行う業務です。品質基準を満たすためには、工程管理が適切に実施されていることが前提となります。

4.安全管理

安全管理とは、労働災害を防ぎ、安全な作業環境を確保する業務です。日々の巡回で危険箇所を把握し、安全対策を実施することが求められます。

これらの管理業務は、建設現場の効率性、経済性、安全性、そして品質を保証するために不可欠な役割をはたすものです。また、近年では環境管理も重要視されており、自然環境、周辺環境、職場環境を守ることも施工管理者の責務となっています。

施工管理の重要性

施工管理の仕事は、建設現場において欠かすことのできない重要な役割を果たします。以下では、施工管理の重要性を、次の5つに集約して解説します。

1. プロジェクト全体の調整と管理

施工管理者は、プロジェクトの進行を計画し、各工程がスムーズに進むように調整します。これには、施工管理の4大管理である工程管理や原価管理、品質管理、安全管理が含まれます。

施工管理者は、これらの管理業務を通じてプロジェクトが予定通りに完了し、予算内で収まるようにするのが仕事です。

2. 品質の確保

施工管理者は、使用される材料や施工方法が規定の品質基準を満たしていることを確認し、完成した建物が安全で高品質であることを保証します。

品質の確保は、建設会社のブランドイメージを高めるだけでなく、工事現場の安全を確保する上でも重要な要素であり、企業のコンプライアンスにも影響します。

このように、施工管理者は、工事現場のあらゆる面に責任を負う重要なポストです。

3. 安全の確保

建設現場は事故が発生しやすい環境にあるため、施工管理者が安全対策を徹底し、作業員の安全を確保するための措置を講じなければなりません。これには、安全設備の設置や作業員への安全教育が含まれます。

また、安全対策を講じる際には、適切な予算と工期を組むことも重要な要素です。そこで、これらの全てを管理する施工管理者は、非常に責任が重い職種であると言えるでしょう。

4. 円滑なコミュニケーションの促進

施工管理者は、施主や設計者だけでなく、現場で働く職人などを含めたさまざまな関係者とのコミュニケーションを円滑に行う役割を担います。これにより、施主の要望が現場の作業員に正確に伝わることで、現場での作業がスムーズに進行されます。

また、円滑なコミュニケーションにより、工期の進捗確認や安全確認などもスムーズに行われるようになり、結果として4大管理の質が向上することにも期待ができるでしょう。

5. 問題解決とトラブル発生の低減

建設現場では、予期せぬトラブルが発生することがあります。そのため、施工管理者は、これらのトラブルや問題に迅速に対応し、適切な解決策を見つける能力が求められます。

また、日頃から問題やトラブルが発生しないように、柔軟にスケジュールを調整するのも施工管理の重要な仕事です。これにより、プロジェクトの遅延やコストの増加を防ぎ、建設会社の利益を最大化させることが可能です。

このように、施工管理の仕事は建設現場において最も重要な役割を果たすものであり、他に代替ができない職種と言えるでしょう。

施工管理のメリットとデメリット

施工管理のメリットは、工事の完成に対する達成感ややりがいが高いことが挙げられます。また、施工管理の仕事は需要が比較的高いため、資格や経験があれば、転職や独立の可能性も広がります。さらに、施工管理の需要が高いため、会社員として働く場合でも、安定的に収入が得られるのも魅力の1つと言えるでしょう。

一方、施工管理にはデメリットもあります。例えば、工事の期間や規模によって、勤務時間や休日が不規則になることがあります。また、工事のトラブルや事故に対する責任が重いために、強い責任感が必要な仕事です。それ以外にも、工事の現場は環境や気候に左右されやすいために、体力的にも精神的にも負担が大きいのがデメリットです。

以上が、施工管理の主な仕事の内容とメリット・デメリットです。次に、施工管理の需要や将来性について見ていきましょう。

施工管理の平均年収は「632.8万円(平均年齢43.5歳)」で1000万円以上稼げる可能性もある

まずは施工管理全体の平均年収を分析しました。

施工管理 国内の全業界
平均年収 632.8万円 432万円

引用:厚生労働省「job-tag」ウェブサイトより

このデータを比較すると、国全体の業界の平均年収よりも「かなり高い」と言えるでしょう。

さらに、施工管理の平均年収は年齢や職種によって異なるため、企業によっては、さらに1,000万円を超える高い収入を得られる可能性があります。

引用:求人サイト doda 施工管理の求人 より

実際に大手求人サイトdodaでは、令和6年7月現在、施工管理で1,000万円を超える求人が約2,600件あることがわかります。

この後から紹介する、年齢別の平均年収や職種別の平均年収を参考にしながら、施工管理の年収に関する知識を深めてみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

1級施工管理技士と2級施工管理技士の資格別年収相場

施工管理に関わる国家試験である施工管理技士には、大きく分けて1級と2級の資格があります。なお、1級が2級よりも上級となるため、年収も高くなるのが一般的です。

以下では、施工管理技士の1級と2級の年収相場について解説します。

1級建築施工管理技士の平均年収

最新の情報によると、1級建築施工管理技士の平均年収は632.8万円です。ただし、経験年数や勤務先の規模、地域によって大きく異なることがあります。例えば、大手ゼネコンで働く場合、年収が1,000万円を超えることも珍しくありません。

2級建築施工管理技士の平均年収

2級建築施工管理技士の平均年収は約350万円から450万円となっており、1級建築施工管理技士と比較すると低めです。

ただし、経験年数や勤務先の規模、地域によって異なります。例えば、都市部での勤務や大手企業での勤務の場合は、年収がさらに高くなる傾向があります。

今すぐ応募できる求人はこちら

\非公開求人/

新築メインの建築施工管理求人

月収
750000
勤務地
東京都港区
募集職種
一級建築施工管理技士

\非公開求人/

中古マンションのリノベーション

月収
450000
勤務地
神奈川県横浜市
募集職種
住宅マンションの施工管理

\非公開求人/

スーパーゼネコンの土木施工管理

月収
580000
勤務地
大阪府大阪市
募集職種
土木施工管理技士

\非公開求人/

大手ゼネコンの現場事務

月収
340000
勤務地
関東圏内の各エリア
募集職種
大手ゼネコンの現場事務

\非公開求人/

住宅中心の太陽光発電設置工事

人月単価
450000
勤務地
埼玉県全域
募集職種
太陽光発電設置工事

\非公開求人/

集合住宅のアフターメンテナンス

人月単価
400000
勤務地
福岡県博多市
募集職種
集合住宅のアフターメンテナンス

\非公開求人/

大型物件の解体工事

人月単価
500000
勤務地
栃木県栃木市
募集職種
大型物件の解体施工管理

\非公開求人/

大手ハウスメーカー下請けの大工

人月単価
700000
勤務地
大阪府大阪市、愛知県名古屋市、沖縄県
募集職種
住宅の大工

施工管理技士の年代別の年収相場

ここからは、施工管理の年代別の年収相場について紹介します。

厚生労働省が運営するjob-tagでは、令和5年賃金構造基本統計調査をもとにした施工管理の年収が公開されています。

job-tagで公開されている、建築施工管理技士の年代別平均年収のデータはこちらです。

引用:[job-tag]

このデータを元に、年代ごとに異なる平均年収を比較していきます。

  • 20代の施工管理技士の年収相場
  • 30代の施工管理技士の年収相場
  • 40代の施工管理技士の年収相場
  • 50代の施工管理技士の年収相場

それぞれ詳しくみていきましょう。

20代の施工管理技士の年収相場

施工管理の20代の年収相場は以下のとおりです。

年代 平均年収
20〜24 360.96万円
25〜29 479.47万円

引用:[job-tag]

施工管理の平均年収は、20代前半では国全体の平均年収とほとんど変わらない数値であることが分かります。

なぜなら、施工管理は資格を取得して実務経験を積まなければ一人前に工事を担当できないため。

20代のうちは修行期間として経験を積む必要があります。

30代の施工管理技士の年収相場

施工管理の30代の年収相場は以下のとおりです。

年代 平均年収
30〜34 599.99万円
35〜39 676.1万円

引用:[job-tag]

20代と比べて、平均年収が一気に上がりました。

30代になると、必要な実務経験数に達した施工管理の多くが、施工管理技士の資格を取得し始めます。

施工管理技士1級を取得すれば、大型の工事の施工でも責任者を務められるほどのスキルがあることを証明できるため、より自分の市場価値が高まります。

施工管理としてスキルアップを目指す人は、施工管理技士1級を取得してから転職を検討するのがおすすめです。

40代の施工管理技士の年収相場

施工管理の40代の年収相場は以下のとおりです。

年代 平均年収
40〜44 710.98万円
45〜49 726.97万円

引用:[job-tag]

施工管理の仕事に従事する40代の方の平均年収は、700万円代であることが分かります。

40代は施工管理の仕事の中でも、年収が高くなりやすい年代です。

施工管理技士の転職市場においては、即戦力として、将来性のある人材として幅広く評価されやすい年代であるため、給与アップの交渉が叶いやすいというメリットもあります。

転職を検討する場合は、同じ施工管理の仕事でより大きな案件を受けている大手ゼネコンを目指しましょう。

50代の施工管理技士の年収相場

施工管理の50代の年収相場は以下のとおりです。

年代 平均年収
50〜54 774.84万円
55〜59 795.88万円

引用:[job-tag]

施工管理の仕事に従事する50代の方の平均年収は、平均年収の中で一番高い、795万円という結果になりました。

50代は管理職や指導者として、人をまとめる立場になることが多いため、年収が高くなりやすいと考えられます。

ただ、勤める会社のルールや就業規則によっては定年60歳のタイミングで年収が減ることを見越して転職を考える50代の方が多いようです。

建設業界の高齢化を考慮し、50代の採用に積極的な建設会社も多いため、年収の交渉によって良い条件を勝ち取ることは十分に可能です。

転職を検討する場合はぜひ転職エージェントに相談してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理の職種別の年収相場

施工管理技士は施工を担当する工事の種類によって名称が異なり、それぞれ平均年収が異なります。

今回紹介する施工管理の職種の平均年収をランキングはこちら。

順位 施工管理の種類 平均年収
1 プラント施工管理 695.9万円
2 設備施工管理 643.5万円
3 電気通信施工管理 628.0万円
4 電気工事施工管理 625.0万円
5 土木施工管理 613.1万円
6 建築施工管理 609.4万円

引用:[セカコンプラス]

どんな仕事をするのか、なぜ平均年収が違うかを考えながら、施工管理の職種を選ぶ際の参考にしてください。

プラント施工管理の年収相場

プラント施工管理の平均年収は、695.9万円です。

プラント施工管理の主な業務は、プラント(工場)の施工管理です。

他の施工管理と比べて平均年収が高い理由は、対応する業務の難易度の高さや、必要なスキル・知識量の違いがあるからだと考えられます。

プラントによって、製造されるものが異なります。

石油化学工場であればプラスチック製品などの石油からできる製品、食品工場であれば人々の口に入る食べ物が作られます。

作るものによって、設置される機械の種類が異なり、注意すべき管理方法も異なります。

つまり、プラント施工管理は建物に関する基礎的な知識に加えて、施工する工場それぞれで扱う機械に関する知識も必要だということ。

管理方法を間違えば重大な損害に繋がってしまう可能性もあるため、責任が大きいのも特徴のひとつです。

建設する工場の規模が大きければ、施工開始から完了まで数ヶ月から1年以上かかることもあるため、高い工期の管理能力が求められます。

プラント施工管理として働きたい人は、実務経験を積んで規模の大きな工事に対応できる実力をつける必要があるでしょう。

設備施工管理の年収相場

設備施工管理の平均年収は、643.5万円です。

設備施工管理として働く施工管理技士は、電気工事施工管理技士や管工事施工管理技士などさまざまです。

高層ビルや大型施設の設備は、機械の規模が大きくなることが多く、取り扱う電圧によっては資格がないと対応できないこともあります。

施工管理技士資格を取得して、大型施設の施工管理に関われるようになれば、さらに年収を上げられるかもしれません。

電気通信施工管理の年収相場

電気通信施工管理の平均年収は、628.0万円です。

電気通信施工管理技士は、施工管理技士資格の中でも新しい資格です。

主な仕事はLANケーブルの新設や電気通信施設の保守管理、調査などがほとんど。

IT化によって、電気通信技術の需要が高まっていることから、LANケーブルの親切などの業務ができるだけで重宝されるでしょう。

電気通信施工管理技士は、電気通信技術が進めば進むほど需要が高まる仕事です。

将来性のある仕事を求める人は、電気通信施工管理技士の仕事が向いているかもしれません。

電気工事施工管理の年収相場

電気工事施工管理の平均年収は、625.0万円です。

電気工事施工管理の仕事は、電気の配線の設置や電気設備の管理などが挙げられます。

注文住宅などの一軒家での電気配置に関わる仕事から、大型施設の電気設備の工事の担当まで、能力によってさまざまな工事に関われる点が電気工事施工管理の魅力です。

電気工事施工管理技士として活躍するには、電気工事施工管理技士1級の取得はもちろん、第三種電気主任技術者などの資格の取得も検討するとよいでしょう。

土木施工管理の年収相場

土木施工管理技士の平均年収は、613.1万円です。

土木施工管理技士の業務の多くは、道路やダム、上下水道などの人々のインフラに関わる工事です。

工事の規模によって難易度は異なりますが、土木施工管理技士として施工したものの多くは、人々の生活基盤を支える社会資本として将来に残ります。

目に見えて社会貢献できる点は、土木施工管理技士のメリットといえるでしょう。

年収を上げるには、工事の規模を大きくすることが重要です。
資格の取得や実務経験を積みながら、自分の価値を高めましょう。

建築施工管理の年収相場

建築施工管理の平均年収は、609.4万円です。

建築施工管理の仕事は、住宅や高層ビル、大型施設の建築まで多岐に渡ります。

案件ごとに工事の規模が異なる場合もあるので、それぞれに対応するスキルが身につきます。

年収アップを目指すなら、資格の取得に加えて、大手ゼネコンへの転職を検討しましょう。

取り扱う工事の規模が大きくなれば、それに伴って何度が上がり、年収も増えると考えられます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設業界で年収が高い企業ランキングTOP5

person holding fan of U.S. dollars banknote

ここからは、建設業界の中で年収が高い企業をランキングで紹介します。

年収の高い企業で働きたいという人は、企業研究の参考にしてください。

順位 企業名 平均年収
1 ショーボンドホールディングス 1,525万円
2 鹿島建設 1,163万円
3 大林組 1,031万円
4 大成建設 992万円
5 清水建設 ​​971万円

引用:[ユーレット 平均年収ランキング]

大手ゼネコンである鹿島建設や大林組が入っている一方で、1位にランクインしたのはショーボンドホールディングスでした。

ショーボンドホールディングスは、橋梁やトンネル、ビルなどの劣化診断から補修・補強工事(耐震補強工事等)の設計から施工までを行う、総合メンテナンス事業を行っています。

補修・補強の専門工事会社として、ゼネコンとは異なる立ち位置にいるショーボンドホールディングスですが、平均年収の高さだけでなくキャリアアップ制度などの福利厚生も充実している会社です。

企業の良し悪しを決めるのは、年収だけではありません。

年収が高くても残業時間が長く、休みがない企業であれば、せっかく転職したのに体を壊してしまうかもしれません。

年収の高さはあくまでも判断基準のひとつとして、福利厚生や将来性、ワークライフバランスの充実などさまざまな角度で企業を分析してみてください。

施工管理の年収に影響する要因7つ

施工管理の年収に影響する要因については、以下のようなものがあります。

1.資格による違い

施工管理に関連する資格は多数ありますが、中でも国家資格である「施工管理技士」は、年収に大きな影響を与えます。

施工管理技士は、建築、土木、電気・電気通信、管・機械の4つの分野に分かれており、それぞれ1級と2級があります。

1級の方が難易度が高く、取得者も少ないため、年収も高くなります。また、資格手当が支給される場合もあります。

2.経験年数による違い

施工管理の仕事は、経験を積むことでスキルや知識が向上し、より大きな現場や責任あるポジションに就くことができます。そのため、経験年数が長いほど、年収も高くなる傾向にあります。

また、経験年数に応じて役職が付く場合もありますが、役職によっても年収に差が出ます。

3.人柄による違い

施工管理は、上記のように資格の等級や経験値によって、大きく年収が変わる可能性がある仕事です。また、資格や経験値が高いだけでなく、「人柄」も年収に影響することを理解する必要があります。

施工管理は建設現場をリードする重要な役職であるため、多くの関係者から信頼されることでプロジェクトが円滑に進み、結果として建設コストの削減につながりやすくなります。

このような人材は、雇用する企業からの評価が高くなり「人柄が良い」=「仕事ができる」と判断され、より報酬の高い案件を任されたり、管理職に昇進したりする可能性が高まるでしょう。

4.職種による違い

施工管理の職種は、建築、土木、電気・電気通信、管・機械の4つの分野に分かれており、それぞれに特徴や需要があります。

一般的に、プラントやエネルギー関連の施工管理は、規模が大きく技術が高度なため、年収も高いと言われています。

また、ゼネコンやディベロッパーなどの業種によっても年収に差が出ます。

5.勤務地による違い

施工管理の勤務地は、工事現場によって変わりますが、一般的に都市部の方が年収が高いと言われています。これは、都市部の方が工事の規模や予算が大きく、需要も多いためです。

また、地方によっても年収に差が出ますが、これは生活費や物価の違いも影響しています。

6.性別による違い

一般的に、施工管理の職場では男性の方が女性よりも高い平均年収を得る傾向があります。これは、男性が現場リーダーを担当することが多いことや、男性の施工管理技士が圧倒的に多いことが影響しており、女性の施工管理者がアシスタント的な役割をしている場合が多いためです。

ただし、近年では女性の施工管理技士も増えており、職場環境の整備が進むことで、性別による年収の差は徐々に改善されつつあります。さらに、女性が働きやすい環境を整えるために、トイレや更衣室の設置、育休や産休制度の導入などが進められているのが現状です。

これにより、女性の施工管理技士が意欲を持ってスキルを伸ばしやすい環境が整いつつあると言えるため、今後はこのような差異は縮少すると考えられます。

7.働き方による違い

一般的に、大手の建設会社やゼネコンに正社員で勤務する施工管理技士の年収は高く、中小規模の建設会社の正社員の場合は、プロジェクト単位で業務委託されるフリーランスの施工管理技士よりも収入が低くなるケースがあります。

ただし、施工管理技士の正社員として働く場合は、安定した収入と福利厚生が期待できますが、フリーランスの場合はプロジェクトごとの契約となるため、収入が不安定になるというリスク伴います。

また、近年はワークライフバランスを重視する方が増えたことで、派遣社員として働く施工管理技士も増えいています。派遣の場合は、正社員よりも収入が少ない可能性がありますが、無理な残業や休日出勤を強制されないというメリットがあり人気です。

しかし、2024年4月からは、建設業界でも働き方改革によって労働時間の上限に制限が設けられたため、長時間労働の是正が進んでいるところです。また、ICTなどの新しい技術が導入させ始めていることもあり、業務の効率化がすすみ、さらに働きやすい環境が整いつつあると言えるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理の年収を上げる方法3つ|資格・スキル・転職など

施工管理の年収を上げる方法としては、以下のようなものがあります。

1.資格を取得する

施工管理技士や建築士などの資格を取得することで、年収にプラスの影響があります。また、資格の取得は、昇給や昇格の要件となる場合もあるでしょう。

また、資格を持っていると転職や独立の際にも有利となるため、積極的に取得するのがおすすめです。

2.スキルを高める

施工管理の仕事に必要なスキルを磨くことで、年収にプラスの影響があります。施工管理に必要なスキルは、以下のようなものがあります。

①コミュニケーションスキル

工事の発注者や協力業者、現場作業員などと円滑にやりとりするために必要なスキルです。

コミュニケーションスキルを高める方法としては、話し方や聞き方、ボディランゲージなどを意識することや、フィードバックを求めることなどがあります。

②スキル

工事の進捗や品質、安全、コストなどを管理するために必要なスキルです。

マネジメントスキルを高める方法としては、目標設定や計画立案、問題解決、リーダーシップなどを学ぶことや、実践することなどがあります。

③技術的なスキル

工事の設計図や仕様書の確認や、工事の監督や指導、工事の品質や安全のチェックなどを行うために必要なスキルです。

技術スキルを高める方法としては、資格の取得や勉強会やセミナーへの参加、先輩や同僚からの教えを受けることなどがあります。

3.転職する

施工管理の年収は、会社や現場によって大きく異なります。そこで、自分の能力や希望に見合った年収を得るために、転職を検討することも1つの方法です。

転職を成功させるためには、自分の強みや目標を明確にし、市場価値を高めることが重要です。

無料で転職に関する情報やサポートを提供するエージェントが多くありますので、ぜひ活用しましょう。

以上が、施工管理の年収を上げる方法についての解説です。施工管理の年収は、資格やスキル、転職などによって向上させることができます。自分のキャリアプランに合わせて、適切な方法を選択しましょう。

施工管理の需要と将来性

施工管理の需要と将来性については、まず施工管理の需要は高いと言えるでしょう。

なぜなら、建設業界は、大阪万博などの大規模イベントに向けた工事や、災害復旧、インフラ整備などの公共工事、都市開発や老朽化した建物の修繕などの民間工事など、さまざまな需要があるからです。これらの工事には、施工管理が必要不可欠です。

このように、施工管理の将来性は明るいとも言えるでしょう。建設業界は、高齢化による人手不足が深刻な問題となっています。特に施工管理技士という国家資格を持つ人材は、平均年齢が高く、若い世代の採用が難しい状況です。

そのため、施工管理技士の価値が更に上昇し、給与や待遇も向上すると予想されます。

施工管理の年収に関するよくある質問Q&A

Q. 施工管理の年収はどのように決まるのですか?

A. 施工管理の年収は、以下のような要素によって決まります。

職種

建築、土木、設備、プラントなどの職種によって年収に差があります。一般的には、プラント施工管理や設備施工管理の方が高い傾向にあります。

業種

ゼネコン、サブコン、不動産管理、建築設備・建材メーカーなどの業種によっても年収に差があります。一般的には、ゼネコンやプラントの方が高い傾向にあります。

企業規模

大手、中小、ベンチャーなどの企業規模によっても年収に差があります。一般的には、大手の方が高い傾向にあります。

資格

施工管理技士や建築士などの資格を持っていると、年収にプラスの影響があります4。資格は昇給や昇格の要件となる場合もあります。

経験

施工管理の経験年数や実績によっても年収に差があります。一般的には、経験が豊富で実績のある方が高い傾向にあります。

手当

残業手当、現場手当、住宅手当、家族手当などの手当が年収に加算されます。ただし、手当の支給額は、会社や現場によってそれぞれ異なります。

インセンティブ

工事の工期やコストの削減などの成果に応じて、インセンティブ(歩合報酬)が支給される場合があります。ただし、インセンティブの支給額は、会社や現場によってそれぞれ異なります。

Q. 施工管理の年収はどのくらい上がるのですか?

A. 施工管理の年収は、年齢や経験に応じて上がっていきます。

一般的には、20代で400~500万円、30代で500~700万円、40代で600~800万円、50代で700~900万円、60代で500~700万円程度です。

ただし、これはあくまで平均的な傾向であり、個人差や会社差は大きいことに注意が必要です。

Q. 施工管理の年収は他の職種と比べると高いですか、低いですか?

A. 施工管理の年収は、他の職種と比べて高いと言えるでしょう。

厚生労働省の調査によると、サラリーマンなどを含む全職種の平均年収は489万3,100円(平均年齢43.4歳)となっています。

一方、施工管理の平均年収は620万4,190円(平均年齢42.0歳)です。

施工管理は、建築や土木などの工事現場で、工事の進捗や品質、安全、コストなどを管理する重要な仕事であり、その責任や労働条件に見合った報酬が支払われていると言えるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は施工管理の年収について、年代別や職種別に分析しました。

施工管理全体の平均年収は、国の平均年収よりも高く、職種によってさらに年収を上げることが可能なことが分かりました。

また施工管理の働く企業の中で、年収の高い企業をランキング形式で紹介しています。

施工管理として働きたい人で高年収を目指したい人は、ランキング結果を参考にして企業研究を進めるのもおすすめです。

施工管理の年収は全体をとおしてみると高いですが、20代のうちは資格や経験を積む期間として年収が低いことが多いことも分かりました。

できるだけ早く年収を上げるには、資格の取得や実務経験を積んで責任ある立場を担当する必要があるのかもしれません。

今の職場では年収が上がらないかもしれない、と思った人は転職を検討するのもおすすめです。

転職エージェントを活用すれば、在職中でも転職活動が進められます。

建設業界に特化した転職エージェントであるビーバーズを活用すれば、建設業特有の悩みを相談しながら転職活動が進められるはずです。

今回紹介した施工管理の年収を基準のひとつとして、転職活動を進めてみてください。

関連するブログ

建設業界のお仕事探しは
ビーバーズへおまかせください。