TEL
メニュー

施工管理はやめとけと言われる理由9選 おすすめできる将来性と仕事の魅力

施工管理はやめとけと言われる9つの理由|施工管理の魅力や将来性、向いている人の特徴を解説

施工管理

建設業界へ就職・転職を検討する人の中で、「施工管理技士はやめとけ」という言葉を耳にしたことはありませんか。

「やめとけ」といわれるほどの施工管理は、どんな仕事なのだろうかと漠然とした不安を持つ人がいるかもしれません。

施工管理は工事全体をまとめる役割として、多種多様な業務をこなします。

他の職人と比べて、労働時間が長く業務量が多いことから「やめとけ」という声が出ることもしばしば。

ただ、近年は施工管理の仕事環境は徐々に改善されており、「やめとけ」といわれるようなデメリットが解消されてきました。

本記事では、施工管理はやめとけといわれる9つの理由や仕事の魅力、施工管理に向いている人の特徴を紹介します。

施工管理はやめとけという人は、働く会社の条件が悪い可能性も。

就職して後悔する人がいないように、施工管理の仕事を探すときに確認すべきポイントも紹介します。

施工管理になりたいけど不安がある人や施工管理への転職を検討している人、やめとけといわれる理由を知りたい人はぜひ参考にしてみてください。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。
目次

施工管理とは?施工管理の仕事内容

施工管理は、工事現場の施工や予算、安全面に加え、役所への手続きや書類作成など、工事に関わる全てのことを管理する仕事です。

施工管理の主な仕事内容は以下の4つです。

  • 工程管理:工事のスケジュールを管理し、納期に間に合うように工事を進める仕事
  • 原価管理:工事にかかるコストを算出し、予算内に収まるようにコントロールする仕事
  • 品質管理:工事の品質を評価基準に合わせる仕事
  • 安全管理:工事現場の安全を確保する仕事

施工管理の仕事は、責任が重く、臨機応変な対応が求められることもありますが、高収入が見込めたり、スケールの大きい仕事に携われたり、多くの人とかかわって仕事ができたりと、魅力が多いのも特徴です。

施工管理になるには、施工管理技士という国家資格を取得しなければなりません。施工管理技士には、建築、電気工事、土木などの分野があり、それぞれに1級と2級があります。また、施工管理技士の資格を取得するには、施工管理技術検定という国家試験に合格する必要があります。

施工管理はやめとけと言われる9つの理由|労働環境が悪いという課題

ここからは「施工管理はやめとけ」といわれる9つの理由を紹介します。

  1. 休みが少なく休日出勤が多いから
  2. 労働時間が長く残業が多いから
  3. マネジメントスキルが求められるから
  4. 理不尽な対応を求められることが多いから
  5. 危険な仕事があるから
  6. 単身赴任が多いから
  7. 体力のいる仕事が多いから
  8. 古い価値観が残っているから
  9. 業務内容に給料が見合わないから

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.施工管理は休みが少なく休日出勤が多いから

「施工管理はやめとけ」といわれる理由のひとつは、施工管理の休みの取りづらさです。

施工管理は工期に従って工事を進めていく管理者の役割です。

作業が順調に進むように施工計画を練って、日々改善していくのが仕事のひとつ。

しかし、天気や突発的なトラブルによって工事が順調に進まない場合もあります。

そんな時には休日出勤をしてでも工事をスケジュール通りに進めなければいけない場合も。

実施に国土交通省の調査した結果によると、施工管理を含む建設業の休日取得状況は以下のとおりです。

引用:[建設業の働き方改革の現状と課題]

データを見て分かるように、建設業全体で週休2日が実現できている割合は19.5%と2割以下の結果に。

建築工事では、週1回未満しか休日が取れない現場が45%もあります。

「施工管理として働く=休みが取れない」というイメージが定着して「やめとけ」といわれるのかもしれません。

2.施工管理は労働時間が長く残業が多いから

施工管理は労働時間が長く、残業が多いことから「やめとけ」といわれることが多いです。

施工管理の業務は多岐にわたります。

  • 施工計画の作成
  • 現場監督
  • 現場の安全チェック
  • 資材発注
  • クライアントとの打ち合わせ
  • 請求書などの書類作成
  • 日報の記載

つまり施工管理は日中は工事現場で働き、現場作業が終われば事務所で作業する必要があります。

仕事が長引くことにより、施工管理は残業が多くなりがちです。

実際の施工管理の残業時間に関するデータは以下のとおり。

引用:[2022 時短アンケートの概要]

このデータで施工管理に当たる項目は「外勤建築」「外勤土木」です。

上のデータからわかるように、施工管理は建設業界の他の職種と比べても残業時間が長いことが分かります。

なぜなら施工管理は工事を管理する役割で、工事が工期通りに進まない場合やトラブルが起こった際には残業してでも解決しなければいけないため。

また施工管理は、現場での作業が終わっても事務所での書類の手続きなどがあるため、現場で働く職人よりも労働時間が長いです。

短い期間の工事を受注した場合や特定の時期に業務が集中した場合には、休日出勤や残業が増え、忙しさが増します。

業務量が多く休みが取りづらい点から、施工管理はやめとけという声が出るのかもしれません。

3.施工管理はマネジメントスキルが求められるから

施工管理は、建設業界の中でも技術力以外のスキルが求められる仕事です。

施工管理は工事をスムーズに進めるためのスケジュール管理や職人との調整を行う管理役です。

つまり、施工管理は高いマネジメント能力が求められるということ。

マネジメントスキルは、コミュニケーションをとりながら職人や作業員に指示を出し、リーダーシップを取ってプロジェクトを進めるスキルです。

マネジメントスキルは、常に工期を考えながら人々に正確な指示を出す必要があるため、経験を積まなければ身につきにくい能力です。

人を引っ張っていくのが苦手、突然のトラブルに対応することができない人は、マネジメントスキルを求められる施工管理は向いていないかもしれません。

4.施工管理は理不尽な対応を求められることが多いから

施工管理として働く場合、異業種の人と関わる機会が多いです。

クライアントと打ち合わせをしたり、職人さんとスケジュールを調整したり、どんな人ともコミュニケーションを取る必要があります。

工事の代表者としてやり取りをするため、板挟みになることも。

場合によっては、自分のミスではない内容で謝罪しなければいけないこともあるかもしれません。

クライアントと現場とで板挟みになるのが嫌だと感じる人や、取引先とのやり取りが面倒だと感じる人にとって、施工管理という仕事は「やめとけ」といわれる仕事です。

5.施工管理は危険な仕事があるから

施工管理の業務内容には、危険を伴う仕事も含まれます。

施工管理技士の仕事内容には安全管理というものがあり、現場での作業が安全に行なわれるよう作業員などに指示を出すこと主な仕事です。

工事の間は基本的に現場にいる必要があるため、危険を伴う場面もあるかもしれません。

建設業界で働く以上、事故や怪我などの危険は避けられないため、事務職などと比べれば危険が多いと考えられます。

実際に厚生労省の発表したデータによると、労働事故の発生件数は下記のとおりです。

引用:[令和4年 労働災害発生状況]

データを見ると、他産業と比べても建設業の労働災害での死亡件数が高いことが分かります。

危険な仕事をしたくない人からすると、施工管理の業務はやめとけといわれる理由のひとつになるでしょう。

6.施工管理は単身赴任が多いから

施工管理の仕事は、案件によっては地方や海外で働く可能性もあります。

数ヶ月の単身赴任が1回だけあれば、対応しても問題ないという人もいますが、案件によって工事期間が1年以上になることもあれば、何度も地方の施工を担当しなければならないことも。

実際に施工管理の中で単身赴任をしている割合をまとめたデータがこちらです。

引用:[2021年時短アンケートダイジェスト]

データを見ると単身赴任をしている人の割合が、土木の施工管理は50%以上であることが分かります。

家族がいる人であれば、なおさら単身赴任がある仕事は「きつい」と感じてしまうかもしれません。

7.施工管理は体力のいる仕事が多いから

建設業界は体力仕事が中心になります。

施工管理技士は現場での作業ではなく、あくまでも管理が仕事ですが、時には現場の職人の手伝いで荷物を運んだり、作業に参加する場合もあります。

また現場での仕事が中心なため、暑い日や寒い日、時には雨の日でも現場に立って指示をする必要があります。

さらに外での作業が終わったあとは、書類の作成やその他の事務作業などを事務所で行なう必要があり、業務量としては作業員よりも多いです。

朝早くから職人たちと外で仕事を行ない、夜は遅くまで事務所に残って事務作業を行なう点から、体力が必要できつい仕事と考えられるのかもしれません。

8.施工管理は古い価値観が残っているから

施工管理の働く建設業回では、いまだに古い価値観が残っていることがあります。

古い価値観とは、厳しい上下関係や男性社会、ブラックな仕事の考え方などが挙げられます。

実際に建設業界で働く人にアンケートした結果でも、建設業界が魅力に感じない理由として「前近代的な体質が残っている」という候補が挙げられていました。

引用:[2021年時短アンケートダイジェスト]

ベテランの職人など気難しい性格の人によってはうまくコミュニケーションが取れないことも少なくありません。

人によってはセクハラやパワハラに悩み、働きにくいと考える人が多いと考えられます。

9.施工管理の業務内容に給料が見合わないから

令和3年賃金構造基本統計調査による、施工管理(建築技術者)の平均年収は586万円です。

国民全体の平均年収が443万円である点と比較すると、施工管理の給料は高いといえるでしょう。

しかし上でも紹介したように、施工管理は残業時間が長いという特徴があります。

施工管理の仕事を時給で考えた場合、下記の例のような状態になってしまいます。

基本給 350,000円
所定労働時間(1日) 9時間
所定労働日数 20日
残業時間 100時間
残業時間に関する条件 固定残業40時間
残業代

(時給×1.25×残業時間)

145,833円
月の給料合計 495,833円
月の給料合計÷(所定労働時間+残業時間) 1,770円

いくら年収が高いとはいえ、時給が1,770円であれば、条件が良いとはいえません。

施工管理の年収は高いにもかかわらず「やめとけ」といわれる原因は、仕事量に対する報酬で考えた場合に不満があるからといえるでしょう。

この結果は残業に対する条件である「固定残業代」も関係しています。

施工管理として転職を検討する人は、年収だけの条件ではなく残業にかかる詳細も確認しておきましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理の働き方の魅力5選|「施工管理はやめとけ」と言われない理由

施工管理はやめとけという声がありますが、一方で「施工管理はおすすめ」という声もあります。

なぜなら、上で紹介した施工管理のデメリットの部分は徐々に改善されているため。

ここでは施工管理はやめとけといわれない理由を、施工管理の魅力として紹介します。

  1. 努力次第で年収を上げられる
  2. 幅広くキャリアアップできる
  3. 社会に貢献できる
  4. 施工管理はAIに代替されない仕事で将来性がある
  5. 働き方改革によって労働環境が改善している

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.施工管理は努力次第で年収を上げられる

建設業界はもともと収入が高いですが、施工管理はさらに高収入を目指せます。

なぜなら施工管理は資格が必要な仕事であるため、スキルで他の施工管理との差別化ができるため。

施工管理として取得すべき資格は施工管理技士です。

施工管理技士になれば、大規模な工事で責任者として働けるようになります。

大規模の工事では有資格者を一定数配置しなければいけない法律があるため、多くの会社では資格取得者に対する需要が高いです。

大規模の工事は工事の契約単価が高いため、そこで責任者として働くことができれば、高年収を目指せます。

つまり難易度の高い資格を取得して、大規模の工事を行う会社に入ることができれば、自然と年収が上がるということ。

施工管理の種類による平均年収の違いは以下のとおりです。

職種名 平均年収
プラント施工管理 659.9万円
設備施工管理 643.5万円
電気通信施工管理 628万円
電気工事施工管理 635万円
土木施工管理 613.1万円
建築施工管理 609.4万円

引用:[セカコンプラス]

データを見て分かるように、施工管理の平均年収はどれも600万円を超えています。

さらに、大手ゼネコンで働く人であれば、平均年収1,000万円を超えることも夢ではありません。

高い年収を狙いたい人は、施工管理の働き方が魅力的といえるでしょう。

施工管理技士の資格について詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。

2.施工管理は幅広くキャリアアップできる

施工管理の仕事は、他の職種への転職にも役立ちます。

なぜなら施工管理の仕事には、工事作業に関する知識や工事を管理するための資材や道具の知識が幅広く求められるため。

施工管理として働いた経験がある、施工管理技士の資格があるという点だけで、建設業界の深い知識がある人材として扱われます。

そのため施工管理として働いた経験があれば、施工管理以外にも下記の職種として活躍できる可能性が広がります。

職種 平均年収
デベロッパー 528万円
建設コンサルタント 487万円
プロパティマネージャー 470万円
ファシリティマネージャー 503万円
技術系公務員 447万円

引用:[転職会議]

仕事で培った知識を活かして別の職種でも働ける点を見ても、施工管理の仕事は将来性のある仕事といえるでしょう。

施工管理が転職しやすい職種について詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

3.施工管理は社会に貢献できる

建設業界は社会への貢献度が非常に高い業界です。

私たちが住んでいる家や学校などの公共施設、鉄道やトンネル、道路などはすべて、建設会社によって建設されています。

住居や商業施設以外の建築物はほとんどすべて公共事業によって造られたものであり、どれも生活には欠かせないものとなっています。

施工管理はそうした工事の管理を行なう仕事であり、責任も大きい仕事です。

社会に貢献をしているという大きな実感が得られる点は、施工管理として働く魅力といえるでしょう。

4.施工管理はAIに代替されない仕事で将来性がある

施工管理を含めた建設業界ではIoT化が進み、ロボットやAIの活用の場が広がっていますが、施工管理の仕事はAIに代替されないと言われています。

なぜなら、施工管理で必要なのは臨機応変に対応する適応力や、工事全体の管理であるため。

将来、工事現場にAIや機械を導入したとしても、施工管理はそれらの機械が作業しているかを管理する必要があるでしょう。

長期的に見ても、仕事が奪われる心配のない施工管理は、AIの台頭にも怯えずに働き続けられる仕事といえます。

さらに施工管理の仕事は、建物の建設需要がある限りなくなりません。

引用:[建設経済モデルによる建設投資の見通し(2023年4月)]

実際に建設工事の数は増加傾向にあります。

なぜなら現在は、高度経済成長期に建設されたインフラや大量のマンションなどの維持管理や補修、改築が必要になっているため。

新しく建物を建設する需要と改修工事の需要が続く限り、施工管理の仕事がなくなることはないと考えられます。

需要ががなくなる心配がなく、AIが取って代わる心配もない施工管理の仕事は、将来性という点で魅力的といえるでしょう。

5.働き方改革によって施工管理の労働環境が改善している

建設業界は、働き方改革によって労働環境が改善されています。

主に挙げられる改善点は、2024年度から適用される時間外労働の上限規制と企業のDX推進です。

今までは時間外労働の上限の規制がなかったため、月の時間外労働が150時間を超えるような企業も少なくありませんでした。

引用:[2022 時短アンケートの概要]

上限規制ができることで、施工管理の残業時間は年々減少しています。

さらに、建設業界はIoT化やDX推進によって業務が効率化されています。

DXとは、今までアナログでやってきた作業などをデジタル化していくことです。

施工管理のDX化の例を挙げると以下の2点。

  • 複数の現場が同時に管理できるような施工管理システム
  • BIMの導入

BIMとは3次元の図面を利用して設計、施工、維持管理において一括して管理するツールです。

BIMが普及すれば、施主や設計、ゼネコンなど建設に関わる人すべてと共有しながら工事を管理することができるため、業務の効率化が期待できるでしょう。

「施工管理は残業が多い」というイメージは働き方改革によって改善されることが期待できるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

今すぐ応募できる求人はこちら

\非公開求人/

新築メインの建築施工管理求人

月収
750000
勤務地
東京都港区
募集職種
一級建築施工管理技士

\非公開求人/

中古マンションのリノベーション

月収
450000
勤務地
神奈川県横浜市
募集職種
住宅マンションの施工管理

\非公開求人/

スーパーゼネコンの土木施工管理

月収
580000
勤務地
大阪府大阪市
募集職種
土木施工管理技士

\非公開求人/

大手ゼネコンの現場事務

月収
340000
勤務地
関東圏内の各エリア
募集職種
大手ゼネコンの現場事務

\非公開求人/

住宅中心の太陽光発電設置工事

人月単価
450000
勤務地
埼玉県全域
募集職種
太陽光発電設置工事

\非公開求人/

集合住宅のアフターメンテナンス

人月単価
400000
勤務地
福岡県博多市
募集職種
集合住宅のアフターメンテナンス

\非公開求人/

大型物件の解体工事

人月単価
500000
勤務地
栃木県栃木市
募集職種
大型物件の解体施工管理

\非公開求人/

大手ハウスメーカー下請けの大工

人月単価
700000
勤務地
大阪府大阪市、愛知県名古屋市、沖縄県
募集職種
住宅の大工

施工管理に向いている人の3つの特徴

施工管理に興味があるけど向いているかどうか不安だという方に向けて、ここではどのような人が施工管理に向いているか、簡単に紹介していきます。

ここからは、施工管理に向いている人の特徴を紹介します。

施工管理を目指す人は、これから紹介する特徴に自分が当てはまるかを考えながら読んでみてください。

  1. コミュニケーション能力が高い人
  2. リスク管理など細かな配慮ができる人
  3. 臨機応変に動ける人

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.コミュニケーション能力が高い人|施工管理は工事全体をまとめる力が求められる

やめとけと言われる理由にもありましたが、施工管理は職人とのコミュニケーションが必須です。

コミュニケーションが面倒くさいと感じる人がいる一方で、コミュニケーションを取るのが得意な方や好きな方であれば、現場をスムーズに回せる貴重な人材になれるでしょう。

コミュニケーション力は、スキルや資格では学ぶことができない部分であるため、実際に責任のある役割を挑戦しながら、徐々に力をつけていきましょう。

2.リスク管理など細かな配慮ができる人|施工管理は細かい管理能力が求められる

施工管理に向いている人の特徴は、リスク管理など細かな配慮ができることです。

施工管理は安全管理、工程管理、原価管理、品質管理の4つの管理をする仕事です。

この4つの管理はどれが欠けてもいけません。

たとえば工程管理ばかり気にして工期に間に合うような無理な日程で作業をして、品質の管理をおろそかにした、などということがあれば、施主や元請けなどの信頼を失ってしまうことも。

このようにさまざまなことに細かく気を配りながら日々の業務をこなしていく必要があるため、リスク管理が細かくできて、目的に合ったタスクやスモールゴールを設定できるような方は施工管理に向いているといえます。

3.臨機応変に動ける人|施工管理はトラブル対応能力が求められる

施工管理をする上で想定していたより作業が進まない、事故など思わぬアクシデントが起こるのが現場での作業です。

施工管理では4つの管理業務を行ないつつ、しっかりと納期までに工事を完成させる力が必要になります。

アクシデントの際も臨機応変に対処することができなければ、工事が遅れて信頼を失うことにもつながりかねません。

仮に大きなプロジェクトの一部の工事であった場合、自分の工事が遅れることで次の工事に取りかかることができなくなり、プロジェクト全体が遅れてしまうことになります。

そのため施工管理ではアクシデントなどに臨機応変に対応できる能力が必要不可欠です。

また、上記以外にも、建設業界に興味のある人や、現場仕事が好きで体力に自信がある人、チームワークを大切にする人、自己管理や自己学習が得意な人といった適性が考えられます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理はやめとけと言われないために確認すべき4つのポイント

「施工管理はやめとけ」を言われるのは、転職や就職した後に理想と現実のギャップで悩む人が多いため。

施工管理として働き始める前に、施工管理の働き方や自分との相性を調べるのは重要です。

ここでは「施工管理はやめとけ」と言われないために、施工管理の仕事を探す前に確認すべき4つのポイントを紹介します。

  1. 施工管理の仕事に関する自分の適性
  2. 施工管理に転職したい自分の目的・目標
  3. 施工管理の働き方や必要なスキル
  4. 転職を検討する企業の情報収集

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.施工管理の仕事に関する自分の適性

「施工管理はやめとけ」という意見の中には「(あなたは施工管理に向いていないから)施工管理はやめとけ」という意味も含まれているかもしれません。

働いてみて「自分に向いていなかった」と後悔することがないように、自分が施工管理に向いているかを確認しましょう。

施工管理に向いているかを確認するには、施工管理の働き方を理解しておく必要があります。

施工管理の仕事内容や1日の仕事の流れ、どのような人と関わるかを調べてみて、自分がむているかを判断しましょう。

施工管理の仕事について気になる人は下記の記事を参考にしてください。

2.施工管理に転職したい自分の目的・目標

施工管理の求人を探す前に、なぜ自分が施工管理になりたいのか、目的や目標を考えましょう。

「年収が高いから」「ものづくりが好きだから」などの曖昧な目的で施工管理の仕事を始めれば、理想と現実のギャップに悩むかもしれません。

たとえば、施工管理の年収の高さに魅力を感じて転職を目指す場合は、下記のような目標や目的を明確にしておくのがおすすめです。

目的 目標
施工管理として年収800万円を達成する(40歳までに) 施工管理技士資格を取得する
年収が高いプラント施工管理を目指す

目標が定まっている場合は、資格取得支援が充実した企業を選ぶ、もしくはプラント施工を取り扱うゼネコンに限定して転職活動を進めるなど、自分が取るべき方向が定まります。

まずは自分の考えをまとめ、施工管理に転職したい理由を明確にしましょう。

3.施工管理の働き方や必要なスキル

施工管理の転職で失敗したくない人は、施工管理に必要なスキルや働き方についての知識をつけましょう。

施工管理は施工管理技士資格だけでも7種類あり、施工する工事の種類によって求められる資格が異なります。

自分が目指す施工管理はどんな仕事をしていて、どんな資格・スキルが必要なのかを調べてみましょう。

スキルや資格に関する事前知識があれば、先に勉強を進めておくことも可能です。

施工管理の資格について、資格概要や難易度について知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

4.転職を検討する企業の情報収集

「施工管理はやめとけ」と言われないためには、施工管理の中でホワイト企業を見つけるのが重要です。

施工管理の仕事は「残業が多い」「休めない」などネガティブな意見がありますが、会社によっては残業時間削減の取り組みをしている会社や、会社独自の休暇制度を導入している会社もあります。

いわゆる「ホワイト企業」を見極めることができれば、ワークライフバランスの整っている、もしくは高い年収でスキルアップしながら働けるなど、好条件の企業で働けるでしょう。

企業研究をする際は、有給休暇の取得実績や残業時間の実態など、複数のデータを比較するのがおすすめです。

施工管理のホワイト企業の特徴とは

施工管理のホワイト企業を見つけるには、さまざまな方法があります。

例を挙げると以下の3つ。

  • ホワイト企業の認証マークの有無を確認する
  • ホワイト企業ランキングを参考にする
  • 大手ゼネコンの福利厚生を確認する

ホワイト企業とは、外部機関から業務効率化の実績や残業時間などのデータを比較した上で、従業員への待遇や福利厚生が充実していて、働きやすい環境を提供していると認められた企業です。

ホワイト企業認証マークを取得している企業や、ホワイト企業ランキングに入っている企業は労働環境の改善に積極的な企業であることが分かるため、転職に向いています。

また、大手ゼネコンはホワイト企業であることが多いため、転職を検討する場合は準大手ゼネコンやスーパーゼネコンに挑戦してみるのもおすすめです。

施工管理のホワイト企業について、より詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

今回は施工管理の仕事はやめとけと言われる理由や建設業界の将来性、施工管理の魅力や向いている人の特徴について紹介しました。

施工管理は建設業界の仕事のなかでも、責任が重くきつい部分もある仕事であるため、やめとけという人が多い職業です。

しかし建設業界の働き方は改善されており、人手不足による施工管理の需要は高まっていますし、工夫次第で高収入や好待遇が予想されるような職業でもあります。

この記事を読んだ上で、自分が施工管理の仕事に向いている、または施工管理の仕事がぜひやってみたいという方はぜひ施工管理として働くことを視野に入れてみてください。

施工管理の働き方に興味があるという人は、一度転職エージェントに相談するのがおすすめ。

自分に合った会社を見つけ、施工管理として活躍しましょう。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

関連するブログ

建設業界のお仕事探しは
ビーバーズへおまかせください。