TEL
メニュー

公認会計士事務所と税理士事務所の違いは?働き方や転職先の選び方を解説

公認会計士事務所と税理士事務所は一見すると似ているようですが、実際には働き方や提供するサービスに大きな違いがあります。そのため、多くの会計士や税理士が、キャリアの途中でどちらの道を選べば良いのか迷いがちです。

公認会計士事務所は一般的に幅広い会計サービスを提供し、税理士事務所は税務に特化したサービスを行います。しかし、それだけではなく、職場の環境や文化、キャリアパスにも明確な差が存在します。そのため、転職を考える際にはこれらの違いを十分に理解し、自分に合った職場を見つけることが重要です。

そこで今回は、公認会計士事務所と税理士事務所の違いについて、働き方や転職先の選び方を徹底解説します。公認会計士事務所や税理士事務所で仕事をしたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

公認会計士事務所と税理士事務所の違いとは?会計士と税理士の違いも解説

公認会計士事務所と税理士事務所は、名称が似ているために、しばしば混同されがちです。しかし実際には、それぞれの事務所が担う業務内容や求められる専門性、働き方に大きな違いがあります。

公認会計士事務所は、監査や財務アドバイザリーなどの幅広い業務を扱うのが特徴です。公認会計士は企業の財務報告書を監査し、信頼性を確保する役割を果たします。また、国際的な視点でのキャリアを積むことが可能です。

一方、税理士事務所は税務申告や相続税対策など、税に関する専門的なサービスを提供します。税理士は個人や法人の税金に関するアドバイスを行い、最適な税制を提案するのが仕事です。

公認会計士と税理士の違い

公認会計士と税理士は、どちらも会計に関連する専門職ですが、それぞれの業務内容やクライアント、試験制度、受験者層などに大きな違いがあります。以下に主な違いを解説します。

公認会計士の業務内容

公認会計士は、主に企業が作成した財務諸表が適正であるかどうかを第三者の立場から評価する監査業務を行います。公認会計士法により、監査業務が独占業務として定められています。

税理士の業務内容

税理士は、主に税務処理や納税・節税に関するアドバイスを行います。税理士法により、税務代理、税務書類の作成、税務相談の3つが独占業務として定められています。

公認会計士のクライアント

公認会計士のクライアントは、主に大手企業や上場会社が対象となります。なお、監査法人のクライアントは、その多くが大手企業です。

税理士のクライアント

税理士のクライアントは、中小企業や個人事業主などを含めた、幅広い層を対象にサービスを提供します。

公認会計士の試験制度

公認会計士試験は、短答式(マークシート方式)試験と論文式試験に分かれており、短答式試験に合格すれば論文式試験を受けることができます。

税理士の試験制度

税理士試験は、11科目から5科目を選択して合格する必要があり、科目単位で合格を認定する「科目合格制」が導入されています。

公認会計士の資格取得までの流れ

公認会計士の資格を取得するには、試験合格後2年以上の業務補助と一定期間の実務補習を受けて修了考査に合格する必要があります。

税理士の資格取得までの流れ

税理士の資格を取得するには、試験合格後、関連する分野での2年以上の実務経験が必要です。

上記の違いを踏まえ、どちらの資格を目指すかは、個人のキャリアプランや興味のある業務内容によって異なります。また、税理士としてのキャリアを積んだ後に公認会計士への転身を考える人もいます。

公認会計士と税理士は、どちらの資格も経済や社会にとって重要な役割を担う仕事です。

公認会計士事務所の仕事内容と役割

Person Pointing on the Screen of a Laptop

公認会計士は、企業の財務諸表をチェックし、信頼性を確保する監査・会計のスペシャリストです。以下に、公認会計士の仕事内容と役割を詳しく解説します。

公認会計士の仕事内容3選

1.監査業務

財務諸表の精査を通じて、企業の経営状態をチェックします。

内部統制報告書の内容も確認し、信頼性を確保します。

2.税務業務

正しい税額を計算するための申告書類の作成や税務相談を行います(税理士登録が必要)。

3.経営コンサルティング

企業の経営戦略やコスト削減、合併(M&A)についてアドバイスします。

公認会計士の役割

公認会計士は、企業の財務諸表の信頼性を確保することで、健全な経済社会の維持と発展に寄与しています。このように、公認会計士の仕事は多岐にわたり、監査、税務、コンサルティングなど幅広い分野で活躍しています。

企業の経営状態をチェックし、社会における重要な役割を果たすため、公認会計士の存在は非常に重要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士事務所の仕事内容と役割

税理士は、税金に関する専門家であり、企業や個人に対して税金に関するサポートやアドバイスを提供します。以下に、税理士の仕事内容と役割を解説します。

税理士の仕事内容10選

1.記帳代行

中小企業の経理を行います。領収書や通帳の情報を会計ソフトに入力し、経営内容を見える化します。

2.法人の決算申告業務

会社の1年間の収入や経費をまとめ、決算書を作成します。

税務申告書を提出するための税金計算も行います。

3.個人の確定申告

個人の1年間の収入や経費をまとめ、確定申告書を作成します。

4.相続税申告・事業承継サポート

亡くなった方や個人間の資産の授受に対する税金の申告を行います。

後継者への移行のサポートも担当します。

5.会計コンサルティング

数字を用いて中小企業の経営を改善する仕事を行います。

6.経営コンサルティング

長期的な儲けを追求するための企業作りのサポートをします。

7.税金に関する相談

税金予測や節税の提案、税務調査立会などを担当します。

8.融資手続きサポート

中小企業の銀行借入のサポートを行います。

9.年末調整

従業員の税金計算を担当します。

10.償却資産税の申告

事業で使っている資産に関する税金の申告を行います。

税理士の役割

クライアントに対する役割

企業経営者に対して、経営や税務面のアドバイスを行います。会社の内情を詳細に把握し、企業側の立場に立って助言します。

社会的な役割

税理士は、法令を遵守して適正かつスムーズな納税をサポートすることが重要です。税金のプロフェッショナルとして、社会に貢献します。

このように、税理士の仕事は多岐にわたり、企業や個人の経済活動を支える重要な役割を果たしています。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

公認会計士事務所で働く際のメリットとデメリット

公認会計士事務所で働く際のメリットとデメリットは、それぞれの業務内容や職場環境によって異なります。以下に主な点をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

公認会計士事務所で働くメリット3つ

1.高収入であること

平均年収が約900~1,000万円と高水準です。また、非常勤(アルバイト)でも高時給が期待できます。

2.社会的信用度が高いこと

公認会計士は、医師や弁護士と並び、三大国家資格の一角とされています。そのため金融機関への信用度も高く、住宅ローンなどで金利面で優遇されることもあります。

3.幅広いキャリアプランに期待ができること

世界的プロフェッショナルファームの一員として働くことができます。そのため、企業分析に強くなり、多業種の成功事例と失敗事例を知ることができます。また、独立開業も可能です。

公認会計士事務所で働くデメリット4つ

1.難関試験の合格が必要なこと

公認会計士試験に合格するためには、国家試験を突破する必要があります。また、試験合格前後に実務経験を積む必要があります。

2.繁忙期と閑散期の波が大きいこと

繁忙期は非常に忙しく、残業や出張が発生することもあります。ただし、繁忙期後は数週間単位で長期休暇が取得できる場合もあります。

3.一生勉強し続ける必要があること

会計や税金の制度は変化するため、常に勉強が必要です。また、AIの進化により作業的な業務が減少する可能性もあります。

4.株式投資に制約があること

公認会計士は、クライアントの株式を保有できない制約があります。

このように、公認会計士は高収入と社会的信用度があり、幅広いキャリアプランが魅力ですが、難関試験や繁忙期の忙しさ、学習の継続が求められる点に注意が必要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士事務所で働く際のメリットとデメリット

税理士事務所で働く際のメリットとデメリットは、それぞれの業務内容や職場環境によって異なります。以下に主な点をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

税理士事務所で働くメリット4つ

1.高度な専門性が身に付くこと

税理士事務所は、税務に特化した業務を行います。経験を積むごとに専門性を高めることができ、税務スキルを極めることができます。

税務の知識は汎用性が高く、常に求められる知識です。

2.将来のキャリアの選択肢が多いこと

税理士事務所で培ったスキルは、他の事務所でもそのまま活用できます。

独立開業の選択肢もあります。

3.保有資格が給与に反映されやすいこと

自己学習がそのまま年収アップに繋がりやすいです。

4.自宅から近い職場を選べること

税理士事務所の数は全国に25,000以上あり、自宅から徒歩圏内にある場合もあります。

税理士事務所で働くデメリット4つ

1.繁忙期があること

繁忙期は非常に忙しく、残業や出張が発生することもあります。

2.初めは慣れるまでに時間がかかること

高度な税務知識を身につけるため、初めは学習に時間がかかることがあります。

3.所長の性格によって、事務所の雰囲気が左右されやすいこと

小規模な事務所では所長の人柄が重要です。

4.社会保険に加入できない事務所があること

社会保険や福利厚生が整っていない場合もあります。

総じて、税理士事務所は高度な専門性を身につけることができる一方、繁忙期や所長の影響などに注意が必要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

公認会計士事務所や税理士事務所への転職には転職エージェントの活用がおすすめ

two women sitting on chair

公認会計士事務所や税理士事務所への転職を考える際、転職エージェントを活用することがおすすめされる理由には、以下のようなものが挙げられます。

非公開求人へアクセスできるから

転職エージェントは、一般には公開されていない非公開求人を多く扱っています。これにより、より多くの選択肢から希望に合った求人を見つけることができるでしょう。

専門的なアドバイスを受けることができるから

公認会計士や税理士などの士業を専門に扱う転職エージェントは、会計業界に精通しており、個々のキャリアプランに合わせた専門的なアドバイスを提供できます。これにより、自己PRのポイントを分析し、より良い条件での転職が可能となります。

条件交渉をサポートしてくれるから

転職エージェントは、経験豊富なコンサルタントが在籍しており、給与や勤務条件などの交渉を代行してくれます。これにより、個人では難しい条件でも実現可能になることがあります。

転職プロセスをサポートしてもらえるから

履歴書や職務経歴書の作成支援、面接対策、選考プロセスの進行管理など、転職活動全般にわたるサポートを受けることができます。これにより、転職活動がスムーズに進みます。

キャリアアップの機会が得られる可能性があるから

転職エージェントは、キャリアアップを目指す方に対して、適切な求人を紹介することで、新たなキャリアの道を開く手助けをします。

これらの理由から、無資格で監査法人への転職を目指す際には転職エージェントの利用が推奨されます。そこで、ご自分のキャリアプランに合った転職エージェントを選び、効果的な転職活動を行いましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

公認会計士事務所と税理士事務所の違いのまとめ

このように、公認会計士事務所や税理士事務所の違いはいくつかありますが、近年は双方の業界で人手不足が続いているため、十分に転職のチャンスがあると言えるでしょう。

ただ、少しでも良い条件で転職したいとお考えの方は、ご自身のキャリアプランの策定とともに、これまでのキャリアの棚卸しを行い、ご自分の強みや目標をしっかりと把握しておくことが重要です。

そこで、ご自身が目指す業界や職種に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行いましょう。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」では、ご自身の自己分析をサポートしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

税理士が目指すべきキャリアプランの具体事例と効果的な転職方法を解説

税理士としてのキャリアは多岐にわたるため、成功するためのキャリアパスもさまざまです。そのため、税理士がどのようなキャリアプランを描き、どのような方法で転職を成功させているのかといった具体的な事例について詳しく知りたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、税理士が目指すべきキャリアプランの具体事例と、効果的な転職方法について徹底解説します。税理士のキャリアパスやキャリアプランに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

税理士の仕事内容とキャリアパス

Person Pointing on the Screen of a Laptop

税理士の仕事は、主に個人や中小企業の「税金」に関わるサポートをすることです。

税理士が企業から依頼を受けると、顧問契約を結び、定期的な訪問によって税務処理に関するアドバイスを行います。

税理士になるためには、まずは税理士試験に合格しなければなりません。合格後、実務経験を2年以上積むことによって税理士の資格を取得できます。

税理士のキャリアパスは多様で、以下の5つの主なキャリアがあります。

1.勤務税理士

税理士事務所や会計事務所などで雇用され、税理士としての仕事を行います。経験を積むことでキャリアアップが可能です。

2.独立開業

自ら税理士事務所を開業し、個人事業主として営むキャリアパスです。収入が不安定になるリスクがありますが、自由な働き方が魅力です。

3.企業内税理士

一般事業会社の経理部門や会計に携わる部署に所属し、社内で税理士としての専門的知識を活用するケースもあります。

4.他の専門家と共同事務所を経営

専門家と共同して事務所を経営する方法もあります。

5.コンサルティングファームや金融機関で働く

税理士の知識を活かしてコンサルティング業務や金融関連の仕事をするケースもあります。

将来のキャリアプランを考える際には、自身の目標や適性に合ったキャリアパスを選択することが重要です。

税理士に求められるスキル4つ

税理士の仕事は、税金や会計に関連する高度な専門知識が必要ですが、それだけでは成功することはできません。

そこで以下では、税理士に向いている人の特徴と必要なスキルを紹介します。

税理士に向いている人の特徴

1.学ぶことが好きな人

税理士の資格は難関であり、税制改正や市場の変化に対応するためにも常に学び続ける必要があります。学ぶことが好きな人は税理士に向いています。

2.几帳面な人

細かな数字を扱う仕事であるため、正確さが求められます。入念なチェックや几帳面な作業が得意な人は税理士に向いています。

3.倫理観・正義感が強い人

税理士は法の遵守を最優先にする必要があります。倫理観や正義感が強い人は適性があります。

4.コミュニケーション能力の高い人

顧客とのコミュニケーションが多いため、理解力と提案力が必要です。

税理士に必要なスキル4つ

1.会計・税務の知識

税理士は税金や税法の専門家です。高度な知識が求められます。

2.経営学の知識

税理士は経営に関する相談も受けることが多いため、経営学の知識も必要です。

3.提案能力

顧客に対して適切な節税対策を提案するスキルが求められます。

4.国際的な節税の知識

グローバル化に対応するため、国際的な節税知識も重要です。

これらのスキルを持ちながら、自分に合った働き方を考えることが大切です。

税理士のキャリアアップするための方法

税理士としてキャリアアップするためには、専門性を高めることが重要です。

以下に、キャリアアップのための具体的な方法をいくつか紹介します。

専門性を高める

法人・個人の税務: 法人と個人では税法が異なります。特定のクライアントに合わせた強みを持つことで、スペシャリストとしての価値を高めることができます。

国際税務に精通する

経済のグローバル化に伴い、国際税務に対応可能な税理士の需要は高まっています。相手国の税法や租税条約に精通することが求められます。

資産税務の知識を高める

事業承継や相続分野の需要は高まっており、専門特化することでキャリアアップが可能です。

独自のスキルを磨く

独自スキルには、以下のようなものが挙げられます。

語学力

国際税務だけでなく、多言語を話せることで、より多くのクライアントに対応できます。

ITスキル

会計事務所の作業を効率化し、生産性を高めるためには、ITツールに精通していることが有利です。

執筆の執筆や講師を務める

税務に関する記事や書籍の執筆、税務セミナーの講師を務めることもキャリアアップにつながります。

転職を通じて経験を積む

会計事務所に転職: 特定分野に特化した会計事務所や大手会計事務所での勤務を通じて、専門性を高めることができます。

会計事務所以外に転職する

一般事業会社やコンサルティングファーム、金融機関で働くことで、税務の知識を活かしたキャリアを築くことが可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士の転職市場と求められる役割

以下では、税理士の転職市場について詳しく解説します。

転職活動の時期

税理士の転職活動が増える時期は、4月・8月・11月に増加しています。特に、税理士試験が実施される8月は会計事務所業界など税理士を欲する事務所・企業が積極的に採用活動に動く傾向があります。この時期には多くの求人が出回りますので、求人情報に注意しましょう。

転職先の選択肢3つ

転職先を選ぶ際は、次のような候補が挙げられます。

1.BIG4税理士法人

大手外資系税理士法人で国内外のM&Aや特殊税務・国際税務などを担当します。高度な税務スキルや語学力が求められます。

2.国内大手・中堅税理士事務所・税理士法人など

国内税務メインで地域密着型。幅広い業界・業種の税務サービスに対応します。

3.中小規模の税理士事務所・税理士法人など

個人や中小企業をクライアントにもつ地域特化型の事務所。経験の浅い税理士でも採用されやすいです。

年齢別の転職希望者の傾向

30代・40代が転職希望者の61%を占めています。税理士は働きながら勉強して取得するパターンが多く、取得して業務経験を積んだ上でキャリアアップを図る方が多いため、この年齢層が多いです。

年収の状況

現年収で最も多かった層は「年収400~699万円」の35%で、次いで「年収700~999万円」が26%となり、年収400~999万円のスタッフからマネージャー層が半数以上を占めています。また、年収だけでなく、理想の働き方実現のために転職を希望する方もいます。

このように、税理士の転職市場は多様で、自身の経験やスキルに基づいてキャリアの方向性を定めて選択肢を把握しておくことが重要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士で成功するためのキャリアプランの事例

税理士として成功するためのキャリアプランは、個々の専門性や目指す方向性によって異なりますが、実際の成功事例を参考にすることは非常に有益です。

以下に、税理士のキャリアアップに関するいくつかの事例を紹介します。

成功事例1:専門性を活かしたキャリアアップを実現した事例

個人事務所から大手税理士法人へ転職し、マネージャーへとキャリアアップした事例があります。

この事例では、新たに学べることが少なくなった個人事務所を離れてチャレンジを繰り返し、経験値を積むことで顧客に寄り添った課題解決で活躍しています。

成功事例2:異業種から転身した事例

異業種から資産税特化の税理士へと転身して成功した事例があります。

メーカーでの経験を生かし、逆の立場で顧客に直接役に立つ仕事を求めて転職しました。今では、税理士として資産税に特化した専門部署の中心メンバーとして活躍しています。

成功事例3:大手メーカーへ転職した事例

中堅税理士法人から大手メーカーの税務責任者へと転職した事例があります。

この事例では、専門性を高めてより大きな組織での責任あるポジションを目指すことで、キャリアアップを実現しました。

これらの事例からわかるように、税理士として成功するためには、自分の専門性を深め、市場のニーズに合わせたキャリアプランを立てることが重要です。

また、異業種からの転職や大手企業への転職など、柔軟なキャリアの方向性を持つことも成功への鍵となります。

自分の強みや市場の動向を理解し、適切なタイミングでの転職や専門性の強化を図ることが、税理士としての成功につながります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士が押さえておきたい転職のコツ

Man in Black Holding Phone

税理士の転職において重要なコツはいくつかあります。そこで、以下のポイントを参考にしてください。

転職しやすい時期を狙うこと

税理士試験の結果発表後や、繁忙期が終わった後など、業界全体が動きやすい時期を狙うことが有利です。

専門性を活かすこと

自分の得意分野や専門性を明確にし、それを活かせる職場を探すことが重要です。

転職エージェントを活用すること

税理士専門の転職エージェントを利用することで、非公開求人の情報を得たり、面接対策などのサポートを受けることができます。

実務経験を積むこと

税理士法人でのアルバイトや実務経験を積むことで、転職時に有利に働きます。

年齢を考慮すること

若いうちの転職が有利とされていますが、経験を積んだ中堅以上の年齢でも、その経験を活かせる場所を見つけることができます。

これらのコツを押さえつつ、自分のキャリアプランに合った転職活動を行うことが成功への鍵となります。また、転職市場の動向や求人情報を常にチェックし、タイミングを見計らうことも大切です。

ご自身の強みやキャリア目標を明確にし、戦略的に転職活動を進めましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士の転職には転職エージェントの活用がおすすめ

税理士の転職に転職エージェントの利用がおすすめな理由には、以下のようなものが挙げられます。

非公開求人へアクセスできるから

転職エージェントは、一般には公開されていない非公開求人を多く扱っています。これにより、より多くの選択肢から希望に合った求人を見つけることができるでしょう。

専門的なアドバイスを受けることができるから

税理士などの士業を専門に扱う転職エージェントは、会計業界に精通しており、個々のキャリアプランに合わせた専門的なアドバイスを提供できます。これにより、自己PRのポイントを分析し、より良い条件での転職が可能となります。

条件交渉をサポートしてくれるから

転職エージェントは、経験豊富なコンサルタントが在籍しており、給与や勤務条件などの交渉を代行してくれます。これにより、個人では難しい条件でも実現可能になることがあります。

転職プロセスをサポートしてもらえるから

履歴書や職務経歴書の作成支援、面接対策、選考プロセスの進行管理など、転職活動全般にわたるサポートを受けることができます。これにより、転職活動がスムーズに進みます。

キャリアアップの機会が得られる可能性があるから

転職エージェントは、キャリアアップを目指す方に対して、適切な求人を紹介することで、新たなキャリアの道を開く手助けをします。

これらの理由から、無資格で監査法人への転職を目指す際には転職エージェントの利用が推奨されます。そこで、ご自分のキャリアプランに合った転職エージェントを選び、効果的な転職活動を行いましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士が目指すべきキャリアプランのまとめ

このように、税理士が転職する際には、ご自身のキャリアプランを明確にすることが重要です。しかし、近年はどの業界でも人手不足が続いているため、転職の大きなチャンスと言えるでしょう。

ただ、少しでも良い条件で入職したいとお考えの方は、ご自身のキャリアプランの策定とともに、これまでのキャリアの棚卸しを行い、ご自分の強みや目標をしっかりと把握しておくことが重要です。

そこで、ご自身が目指す業界や職種に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行いましょう。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」では、ご自身の自己分析をサポートしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

税理士試験合格後に必須となる実務経験2年の内容と業界の現実を解説

税理士試験に合格した後に必須となる実務経験は2年間で、この期間は専門家としての道を歩む上で欠かせないステップです。この実務経験によって税理士としての基礎を固め、業界で求められる実践的なスキルを磨く貴重な期間となります。

しかし、この期間をどのように過ごし、どのような経験を積むのか、その実態についてはあまり知られていないのが現状です。ただ、この時期に得られる経験はその後のキャリアに大きな影響を与えるため、税理士にとって非常に重要です。なぜなら、この実務経験を通じて税理士としての専門性を高め、業界での立ち位置を確立するためのノウハウを身につけることができるからです。

そこで今回は、税理士試験合格後に必須となる実務経験2年の内容と業界の現実を詳しく解説します。これから税理士を目指す方は、ぜひ参考にしてください。

税理士試験合格後の実務経験とは?期間や重要性を解説

税理士試験に合格した後の実務経験は、税理士としての専門性を高め、実際の税務や会計の課題に対処する能力を養うために非常に重要です。以下に、期間や重要性について詳しく解説します。

実務経験の期間

税理士試験に合格後、税理士として登録するためには、通算2年以上の実務経験が必要です。この実務経験は、税理士事務所での勤務だけでなく、一般企業の経理部門や税務署での国税専門官としての勤務など、税務または会計に関する業務であれば認められます。

実務経験の重要性

実務経験は、税理士法において「租税に関する事務又は会計に関する事務」と定義されており、以下のような業務が含まれます。

  • 簿記上の取引に関する仕訳
  • 仕訳帳からの転記
  • 元帳の整理と日計表や月計表の作成
  • 決算手続き
  • 財務諸表の作成
  • 帳簿組織の立案や原始記録との照合点検

これらの経験を通じて、税法や会計基準の変更に柔軟に対応し、クライアントのニーズに応えるための実践的なスキルを身につけることができます。

登録後の研修

実務経験を積んだ後で税理士登録を行い、登録が完了すると登録時の研修を受講する必要があります。

この研修は約3日間で、税理士法や業務上の留意事項などについて学びます。

税理士試験合格者が実務経験を積むことは、専門家としての地位を確立し、税理士としてのキャリアを成功させるための重要なステップです。

実務経験は、理論を実践に活かし、税務代理、税務書類の作成、税務相談などの税理士の独占業務を遂行するための基盤を築きます。

税理士試験合格後の2年間の実務経験ですべきこと

税理士として正式に活動するためには、日本税理士会連合会が管理する税理士名簿に登録される必要があります。

以下に、税理士登録に関連する内容を説明します。

税理士登録に必要な手順と実務経験

実務経験の要件

税理士登録を行うには、試験の合格だけでなく、実務経験の要件があります。

国税庁が公開する「税理士の登録」によれば、実際に税理士として登録されるには、会計に関する事務(貸借対照表や損益計算書を設けて経理する事務)などに従事した期間が通算して2年以上あることが必要です。

この実務経験は、税理士事務所での勤務だけでなく、企業の経理部署などでの経験も認められますが、具体的な業務内容に注意が必要です。

実務経験の期間

2年間の実務経験は通算期間であり、同一の事務所である必要はありません。また、試験の合格後である必要もありません。そのため、試験勉強と並行して実務を行っていれば、合格と同時に登録することも可能です。

実務経験を証明する書類

税理士登録には、以下の書類が必要です

  • 登録申請書
  • 履歴書
  • 戸籍抄本
  • 住民票
  • 税理士となる資格を有する書面(税理士試験合格証書など)
  • 直近2年分の確定申告書のコピー
  • 在職証明書又は職歴証明書
  • 源泉徴収票又は確定申告書
  • 身分証明書
  • 日税連会長あて誓約書
  • 事務所設置に関する書類(事務所設置同意書)
  • 事務所に関する念書
  • 事務所予定地の略図
  • 登録免許税領収済通知書(納付書)
  • 登録手数料(5万円)
  • その他(写真や返信用のはがきなど)

登録時研修

税理士登録後には、各税理士会が主催する「登録時研修」を受講する必要があります。

研修内容は、税法や法律、税理士の倫理規定などを含みます。

税理士試験合格後の実務経験のメリットとデメリット

税理士としての実務経験は、専門的なスキルを磨き、税務処理や財務アドバイスに関する実際の課題に直面し、解決策を見つける力を養うために非常に重要です。

以下に、実務経験のメリットとデメリットをまとめました。

実務経験のメリット3つ

1.専門知識が向上する

税務申告や会計報告書の作成、税務相談に関する実際のスキルが磨かれます。また、クライアントの事業状況やニーズに合わせてアプローチする能力も向上するでしょう。

2.信頼性を構築できる

実務経験は専門的な信頼性を築くためにも不可欠で、クライアントは専門家に対して高度な専門知識と実務経験を求めます。

3.独立開業の準備になる

実務経験は独立開業に向けての準備としても役立ち、自身の事務所を持つための基盤を作ります。

実務経験のデメリット3つ

1.激務であり長時間労働になるケースもある

税理士事務所での実務経験は、多くの場合、激務であり、長時間労働が伴うことが多いです。

2.費用が問題となるケースがある

税理士登録には登録費用として約10万円、さらに年会費が約8万円かかります。これらの費用を誰が負担するかは、所長が負担する場合、登録を望まない傾向があります。

3.独特の用語や手続きへの慣れが必要となる

一般企業の経理経験で税理士登録した後は、税務独特の用語や手続きに慣れる必要があります。これには時間がかかることもあります。

実務経験は、税理士としてのキャリアを築く上で不可欠なステップですが、その過程で直面する課題も多いです。これらのメリットとデメリットを理解し、自身のキャリアプランに合わせて戦略的に実務経験を積むことが重要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士実務経験の現実|期待と異なることもある?

税理士としての実務経験は、試験合格後のキャリアにおいて非常に重要なステップですが、期待と現実にはギャップがあることも確かです。以下では、実務経験に関する現実を紹介します。

実務経験の必要性

税理士登録には2年以上の実務経験が必要ですが、これは単に試験に合格しただけでは不十分であるためです。実際の業務では、理論だけでなく、税法や会計基準を現実のケースに適用する知識とスキルが求められます。

実務経験の厳しさ

税理士事務所での実務経験は、所長税理士の許可が必要であり、事務所によっては許可を得られない場合もあります。これは、職員が退職して独立する可能性が高くなるためです。

費用の問題

税理士登録には登録費用として約10万円、さらに年会費が約8万円かかります。これらの費用を誰が負担するかは、所長が負担する場合、登録を望まない傾向があります。

職場環境の選択

どの税理士事務所で実務経験を積むかは非常に重要です。育成に力を入れている事務所や、実務教育に注力している事務所を選ぶことが、将来のキャリアに大きな影響を与えます。

実務経験後のキャリア

実務経験を積んだ後、税理士として独立するか、勤務税理士としてキャリアを築くかは個人の選択によります。独立を目指す場合は、早めに税理士事務所での勤務を開始することが推奨されます。

期待と異なる可能性

実務経験中には、激務、長時間労働、教育環境の不足など、期待と異なる厳しい現実に直面することもあります。しかし、これらの経験は税理士としてのスキルを磨くためには避けて通れない道です。そのため、適切な事務所選びと、自身のキャリアプランに沿った戦略的なアプローチが成功への鍵となります。

税理士としての実務経験は、専門家としての能力を高め、将来的に独立やキャリアアップを目指す上で不可欠なステップです。実務経験を通じて得られる知識と経験は、税理士としての価値を高めるために重要な資産となります。適切な環境での実務経験が、税理士としての成功への道を開くことでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士試験合格後の実務経験先の探し方

税理士として必要な実務経験先を探す方法にはいくつかのオプションがあります。以下の方法を検討してください。

税理士事務所や会計事務所で経験を積む

税理士を目指す多くの人が、税理士事務所や会計事務所で実務経験を積みます。これらの事務所では、税務や会計に関する実践的な知識やスキルを身につけることができます。

一般企業の経理部門で経験を積む

企業の経理部門でも、税理士としての実務経験を積むことが可能です。経理部門では、企業の財務や取引の管理を行うため、税理士の実務経験に該当する業務が多くあります。

税務署での国税専門官としての勤務する

税務署で国税専門官として働くことも、税理士の実務経験に含まれます。国税専門官は税金が正しく収められているかを調査し、不正の指導を行う国家公務員です。

転職エージェントを活用する

近年人気のある方法として、転職エージェントを利用して実務経験先を探すことも可能です。

実務経験先を選ぶ際には、自分のキャリアプランや専門性を高めたい分野に合わせて選ぶことが重要となります。また、実務経験は同一の勤務先でなくても構わないため、複数の場所で経験を積むことも可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士の実務経験先を探す際は転職エージェントがおすすめ

税理士の実務経験先を探す際に、転職エージェントの利用がおすすめされる理由には、以下のようなものが挙げられます。

非公開求人へアクセスできるから

転職エージェントは、一般には公開されていない非公開求人を多く扱っています。これにより、より多くの選択肢から希望に合った求人を見つけることができるでしょう。

専門的なアドバイスを受けることができるから

税理士などの士業を専門に扱う転職エージェントは、会計業界に精通しており、個々のキャリアプランに合わせた専門的なアドバイスを提供できます。これにより、自己PRのポイントを分析し、より良い条件での転職が可能となります。

条件交渉をサポートしてくれるから

転職エージェントは、経験豊富なコンサルタントが在籍しており、給与や勤務条件などの交渉を代行してくれます。これにより、個人では難しい条件でも実現可能になることがあります。

転職プロセスをサポートしてもらえるから

履歴書や職務経歴書の作成支援、面接対策、選考プロセスの進行管理など、転職活動全般にわたるサポートを受けることができます。これにより、転職活動がスムーズに進みます。

キャリアアップの機会が得られる可能性があるから

転職エージェントは、キャリアアップを目指す方に対して、適切な求人を紹介することで、新たなキャリアの道を開く手助けをします。

これらの理由から、無資格で監査法人への転職を目指す際には転職エージェントの利用が推奨されます。そこで、ご自分のキャリアプランに合った転職エージェントを選び、効果的な転職活動を行いましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士試験合格後の実務経験の年収のまとめ

このように、税理士試験合格後の実務経験を積む際は、2年間の期間だけでなく、いくつかのポイントを押さえておくことが重要です。しかし、近年はどの業界でも人手不足が続いているため、実務経験を積むことは十分可能です。

ただ、少しでも良い条件で入職したいとお考えの方は、ご自身のキャリアプランの策定とともに、これまでのキャリアの棚卸しを行い、ご自分の強みや目標をしっかりと把握しておくことが重要です。

そこで、ご自身が目指す業界や職種に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行いましょう。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」では、ご自身の自己分析をサポートしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

税理士事務所に資格なしで転職した場合の年収は?アップさせる方法も解説

税理士事務所への転職は、資格を持っていない方でも可能です。なぜなら、税理士事務所の多くが経験よりも人物を重視する「ポテンシャル採用」を行っており、独自の育成プログラムを用意して新しい才能を求めているからです。

また、税理士事務所への転職に成功する方法は1つではなく、それぞれの個性や強みを活かした多様なアプローチが可能です。そして、ご自身の強みを活かすことで、より高い収入を得ることができるでしょう。

そこで今回は、税理士事務所に資格なしで転職する方法と年収の目安、年収をアップさせるポイントを徹底解説します。税理士事務所での仕事に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

税理士事務所で資格なしで働ける?

資格がなくても税理士事務所で働くことは可能です。多くの会計事務所では無資格職員が重要な役割を果たしており、特に会計事務所では専門性の高い業務を行いますが、必要な知識があれば資格がなくてもできる業務が多くあります。

実際に、無資格でも採用してくれる会計事務所が多くあります。なぜなら、仕訳入力や元帳製本などの記帳代行業務をはじめ、決算申告書作成補助やその他必要書類の作成など、無資格でできるさまざまな業務があるからです。

無資格・未経験で働く場合の平均年収は、おおよそ250万円〜350万円程度が相場となっており、日商簿記2級以上の資格を持っている場合は年収が上がりやすい傾向にあります。

また、税理士資格を持たない状態でも、ビジネススキルやマネジメントスキル、ITスキルを身につけることで、年収を上げることが可能です。

さらに、職場の雰囲気を感じながら資格取得を目指すこともできますし、税理士試験の合格後は税理士として働くための実務経験を2年積む必要があるため、無資格であっても税理士事務所で働くことには大きなメリットがあります。

無資格で税理士事務所に就職・転職する場合、求人情報をよく確認し、面接時に将来資格取得を目指していることを伝えると良いでしょう。未経験者でも採用してくれる事務所もあるので、自分に合った働き方を見つけることがポイントです

税理士事務所で資格なしで働く場合のメリットと仕事内容

資格がなくても税理士事務所で働くメリットと仕事内容には、以下のようなものがあります。

税理士事務所で資格なしで働くメリット

多様な経験ができること

特定の業界に限定されず、製造、不動産、建設など多様な業界の経理業務を経験できます。

また、税務の視点から幅広い知識を身に付けることができます。

スキルアップできること

税務や会計に関する基礎知識を学ぶ機会があります。

実務を通じて、Excelや会計ソフトの操作スキルを磨くことができます2。

キャリア形成に繋がること

税理士資格取得を目指しながら実務経験を積むことが可能です。また、長期的に見ても、独立開業するためのノウハウを学ぶことができるため、おすすめです。

税理士事務所で資格なしで働く場合の仕事内容

経理事務代行

クライアント企業の経理処理を代行します。経理事務では、仕訳業務や会計ソフトへの伝票入力、勘定元帳の作成などを行います。

総務業務サポート

人事や総務担当者のいないクライアント企業の人事・総務業務を代行します。例えば、勤怠管理や給与計算、社会保険手続きなどが具体的な仕事です。

巡回訪問

クライアント企業の帳簿をチェックし、経営者や経理担当者と日常的に折衝します。また、経理事務や総務業務を代行する際に、クライアント企業の担当者と意見をすり合わせなども行います。

会計事務所での事務作業

請求書発行業務、税理士のスケジュール管理、来客対応などを行います。

これらのメリットと仕事内容を踏まえ、資格がなくても税理士事務所で働くことは、将来的なキャリアアップにつながる有意義な経験となり得ます。また、未経験でも税理士事務所での仕事を得るためには、税務業界への情熱をアピールし、素直に学ぶ姿勢を見せることが重要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士事務所で資格なしで働く場合の年収と給料アップの可能性は?

税理士事務所で資格がない場合の年収は、一般的には比較的低めに設定されています。2024年のデータによると、無資格での会計事務の年収はおおよそ250万円から350万円が相場とされています。初任給は月給で約20万円前後、年収で約300万円程度が一般的です。

給料アップの可能性については、無資格の状態でもビジネススキルやマネジメントスキル、ITスキルを身につけることで、年収を上げることが可能です。また、日商簿記2級以上の資格を持っている場合は、年収が上がりやすい傾向にあります。実際に、30代半ばで会計事務として働いている人の年収は約500万円程度という事例もあります。

ただし、資格を持たない場合は、専門性の高い業務を行うことが難しく、それが年収に反映されるため、資格取得を目指すことが給料アップの近道となるでしょう。税理士資格などを取得していない無資格でも採用してくれる会計事務所があるため、そのような職場で実務経験を積みながら資格取得を目指すのもおすすめの方法です。

税理士事務所で資格がない場合の年収への影響

fan of 100 U.S. dollar banknotes

税理士事務所での年収は、資格を持つ税理士と無資格のスタッフとで異なります。以下に、無資格の場合の年収への影響と、年収を上げるための方法を説明します。

無資格で税理士事務所で働く場合の年収相場

税理士事務所で働く税理士有資格者の平均年収は、約500万円~600万円程度です。一方、無資格の場合の平均年収は、約250万円~350万円程度と、有資格者の半分程度の相場となっています。

年収を上げるための方法

無資格で税理士事務所で働く方が年収を上げるための方法は、以下の通りです。

経験を積む

1つの会計事務所に長く勤務し、役職を上げていくことで年収をアップさせる方法があります。

日商簿記2級以上を取得する

日商簿記2級以上の資格を持つことで、年収が上がりやすくなります。

ビジネススキルを高める

Excelスキルやコミュニケーション能力を磨くことで、仕事の幅を広げ、年収を向上させることができます。

このように、無資格でも実務経験を積みながらスキルアップすることで、税理士事務所でのキャリアを築くことが可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士事務所で資格がない場合のキャリアパス

税理士事務所への転職は、未経験者や資格を持たない方にとって大きな挑戦と感じるかもしれません。しかし、正しい準備と戦略があれば、成功への道は決して不可能ではありません。

多くの方が専門職への道を閉ざされていると感じがちですが、実は税理士事務所は多様なバックグラウンドを持つ人材を求めています。なぜなら、税理士事務所では、経理や会計の基礎知識だけではなく、コミュニケーション能力や問題解決能力など、他業種で培ったスキルが生かせる場があるからです。

以下は、税理士事務所への転職に成功するためのポイントと、未経験からスキルアップする方法です。

税理士事務所への転職に成功するためのポイント

自分の強みを理解する

自分のスキルや経験を正確に評価し、それを事務所のニーズに合わせてアピールしましょう。

簿記資格を取得する

簿記検定などの会計関連の資格を取得することで、基本的な会計・税務スキルを身につけることができます。

実務経験を積む

税理士事務所でのアルバイトやパートタイムの仕事を通じて、実際の業務を経験し、スキルを磨くことができます。

明るさをアピールする

税理士事務所は小規模な組織が多く、明るい人がいると職場の雰囲気が良くなります。

税理士事務所で求められる知識やスキル

会計や税務に関する知識やスキル

会計処理や決算書、申告書の作成に関する基本的な知識が必要です。簿記の勉強や実務経験を通じてスキルを高めましょう。

Excelスキル

会計業務でよく使用されるため、Excelスキルを持っていると有利です。表作成や基本的な関数の使用ができることが望ましいです。

これらのスキルを段階的に身につけていくことで、税理士事務所でのキャリアを築くことができるでしょう。

資格なしでも税理士事務所で活躍する方法

資格がなくても税理士事務所で活躍するためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

税理士事務所で活躍するためのポイント

情熱をアピールする

税務業界への情熱を示し、長期的にキャリアを築きたいという意志を伝えます。

一般事務を兼務できることをアピールする

専門性の高い業務が多い中で、初めは雑務から始めることも多いため、何でも積極的に行う姿勢を見せることが大切です。

体力とストレス耐性をアピールする

特に繁忙期は長時間労働が続くことがありますので、体力とストレスに強いことをアピールします。

素直に学ぶ姿勢を見せる

未経験者は専門知識を学ぶ必要があります。学ぶ意欲と素直さをアピールしてください。

明るさをアピールする

税理士事務所は小規模な組織が多く、明るい人がいると職場の雰囲気が良くなります。

スキルアップの方法

資格を取得する

日商簿記検定などの会計関連の資格を取得することで、基本的な会計・税務スキルを身につけます。

実務経験を積む

税理士事務所でのアルバイトやパートタイムの仕事を通じて、実際の業務を経験し、スキルを磨きます。

専門学校や研修プログラムを利用する

会計に特化した専門学校や研修プログラムを利用して、実務で役立つ知識やノウハウを体系的に学びます。

自己学習する

オンラインコースや書籍を利用して、Excelスキルや会計ソフトの操作方法を独学で学びます。

これらのポイントを押さえ、スキルアップを図ることで、資格がなくても税理士事務所でのキャリアを築くことが可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

資格なしで税理士事務所に転職するなら転職エージェントの活用がおすすめ

young, people, woman

資格がない状態で税理士事務所に転職を考える場合に転職エージェントの活用をおすすめすることには、いくつかの理由があります。以下で、その主な理由を解説します。

非公開求人へアクセスできるから

転職エージェントは、一般には公開されていない非公開求人を多く扱っています。これにより、より多くの選択肢から希望に合った求人を見つけることができるでしょう。

専門的なアドバイスを受けることができるから

公認会計士や税理士などの士業を専門に扱う転職エージェントは、会計業界に精通しており、個々のキャリアプランに合わせた専門的なアドバイスを提供できます。これにより、自己PRのポイントを分析し、より良い条件での転職が可能となります。

条件交渉をサポートしてくれるから

転職エージェントは、経験豊富なコンサルタントが在籍しており、給与や勤務条件などの交渉を代行してくれます。これにより、個人では難しい条件でも実現可能になることがあります。

転職プロセスをサポートしてもらえるから

履歴書や職務経歴書の作成支援、面接対策、選考プロセスの進行管理など、転職活動全般にわたるサポートを受けることができます。これにより、転職活動がスムーズに進みます。

キャリアアップの機会が得られる可能性があるから

転職エージェントは、キャリアアップを目指す方に対して、適切な求人を紹介することで、新たなキャリアの道を開く手助けをします。

これらの理由から、無資格で監査法人への転職を目指す際には転職エージェントの利用が推奨されます。そこで、ご自分のキャリアプランに合った転職エージェントを選び、効果的な転職活動を行いましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士事務所に資格なしで転職する場合の年収のまとめ

このように、税理士事務所に未経験、資格なしで転職する際には、いくつかのポイントを押さえることが重要です。しかし、近年はどの業界でも人手不足が続いているため、未経験や資格なしでも十分なチャンスがあるでしょう。

ただ、少しでも良い条件で転職したいとお考えの方は、ご自身のキャリアプランの策定とともに、これまでのキャリアの棚卸しを行い、ご自分の強みや目標をしっかりと把握しておくことが重要です。

そこで、ご自身が目指す業界や職種に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行いましょう。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」では、ご自身の自己分析をサポートしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

監査法人は資格なしでも働ける?仕事内容や転職に成功するコツを徹底解説

監査法人でのキャリアは多くの人にとって魅力的ですが、資格がないと門戸が閉ざされていると思われがちです。しかし、実際には資格がなくてもさまざまな職種で活躍する道があります。

監査法人では、会計や監査の専門知識だけでなく、コミュニケーション能力や問題解決能力など、多様なスキルが必要です。そのため、これらのスキルを持つ人材は、資格の有無に関わらず重宝されます。また、転職を成功させるためには、自己分析や市場のニーズを理解することが不可欠です。

そこで今回は、監査法人は資格なしでも働けるかや、仕事内容や転職に成功するコツを徹底解説します。監査法人の仕事に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

監査法人とは?監査法人で働くための資格は必要?

office, startup, business

監査法人(かんさほうじん)は、他人の求めに応じ報酬を得て、財務書類の監査または証明を組織的に行う法人のことです。

具体的には、公認会計士が共同して設立した法人であり、企業の財務諸表についての監査や証明を専門的に行います。

監査法人で働くためには、以下の資格があると有利です。

公認会計士

監査法人が行う監査は公認会計士の独占業務であるため、公認会計士資格保有者が優先されます。公認会計士試験合格者は、学歴にこだわらず採用されるケースもあります。

USCPA(米国公認会計士)

監査法人がグローバルな展開を行っている場合、英語力を伴うUSCPA資格保有者のスキルは高く評価されます。

監査法人で無資格で働く場合の職種

ただし、監査法人では、無資格でも以下のような職種で働くことが可能です。

監査アシスタント

監査業務の実務をサポートする監査アシスタントは、無資格でも就職できる職種です。実務経験を積みながら公認会計士資格を目指すことも可能です。

アドバイザリー部門

アドバイザリー部門では、クライアントに対して戦略的なアドバイスやコンサルティングを行います。専門知識や経験を持つことが評価されます。

管理部門の事務職

管理部門での事務職を経験しながら、監査法人内でのネットワークを構築することが有効です。

そして、資格を持つことと実務経験を組み合わせて、監査法人でのキャリアを築いていくのがおすすめです

監査法人の仕事内容と役割

Person Pointing on the Screen of a Laptop

監査法人は、企業の財務諸表が法令や基準に従っているかを確認し、その結果を意見表明として公表する専門の組織で、具体的に以下のような役割を担っています。

監査業務

企業の財務諸表の適正性を公正な立場でチェックし、内容に誤りや粉飾がないことを保証します。監査がなければ、各事業会社が財務諸表の粉飾を行ったとしても、利害関係者がその事実を知ることは困難です。

このように、監査法人は、企業の財務状況の信頼性を担保します。

コンサルティング業務

財務コンサルティング業務を主に行います。クライアントに対して課題解決のための相談や助言を提供します。

監査法人で働くにはどうすれば良い?

監査法人で働くためには、公認会計士資格が有利です。公認会計士試験合格者は、実務経験を積むために監査法人で働くことが一般的です。

また、USCPA(米国公認会計士)の資格を持つことも評価されます。

監査法人は、大手監査法人(BIG4)、準大手監査法人、中小監査法人などに分類され、それぞれの規模や特徴によって、働く環境やキャリアの成長度が異なります。

監査法人は、公正な監査を通じて企業の信頼性を高め、経済活動に貢献する重要な組織です。

資格なしで監査法人に転職する方法

two women sitting on chair

監査法人への転職を考えている方にとって、資格なしでの転職は可能です。以下に、無資格で監査法人に転職する方法をいくつか紹介します。

監査トレーニー

監査トレーニーは、監査法人で働きながら公認会計士を目指せる制度・ポジションです。

監査法人は公認会計士不足に悩んでおり、受験生の時点で採用し、公認会計士資格取得を支援する制度があります。

監査トレーニーとして働くメリット

監査トレーニーとして働くメリットには、主に次の4つが挙げられます。

  1. 公認会計士資格なしでも監査法人で働ける。
  2. 予備校代などの資金援助を受けられる。
  3. 監査法人での仕事が、公認会計士試験の学習に役立つ。
  4. 公認会計士試験合格後も、そのまま監査法人で働ける。

アドバイザリー

監査法人には、監査部門以外に「アドバイザリー部門」があります。

アドバイザリー部門では、会計・税務に関連するアドバイザリー業務に従事します。

独占業務でないため、公認会計士資格がなくても就職できます。

監査アシスタント

監査アシスタントは、公認会計士のもとで監査業務を補助する仕事です。監査アシスタントは、紙とデータの数値の照合作業や、計算の正確性確認などを担当します。

公認会計士には判断を要する業務を任せるため、単純作業をお任せするために監査アシスタントを採用しています。

事務職

監査法人には、経理、広報・PR、総務、人事・採用などの事務職ポジションもあります。

また、管理部門での経験を積みながら、監査法人内でのネットワークを構築することが有効です。

監査法人で求められるスキルセット4つ

監査法人で働くためには、幅広いスキルセットが求められます。以下に、監査法人で必要とされるスキルをいくつか紹介します。

1.コミュニケーション能力

監査法人では、クライアントとのコミュニケーションが欠かせません。正確な情報の伝達や課題の共有が重要です。

クライアントとの信頼関係を築くために、明確で適切なコミュニケーションが求められます。

2.論理的思考力

複雑な財務情報を分析し、正確な判断を下すために論理的思考力が必要です。

監査業務では、原因と結果の関係を理解し、効果的な解決策を導き出す能力が求められます。

3.専門知識

監査法人での仕事は、財務諸表の監査や内部統制の評価など専門的な知識を必要とします。

公認会計士資格やJ-SOX(内部統制対応)に関する知識が重要です。

4.独立性

監査法人は公正な監査を行うために独立性が求められます。

利害関係者からの影響を受けず、客観的な立場で業務を遂行する能力が必要です。

これらのスキルを持ちながら、監査法人でのキャリアを築いていくことをお勧めします。

監査法人でのキャリアパスとは

監査法人でのキャリアパスは、公認会計士の資格を持つ方にとって多岐にわたる選択肢があります。以下に、公認会計士のキャリアパスを詳しく解説します。

公認会計士のキャリアパスは、主に以下の6つに分けられます。

税務

税理士法人や会計事務所での税務業務を担当します。これのは、税務コンサルティングや申告書作成などが含まれます。

事業会社

企業内の経理や経営企画、ベンチャー企業のCFOなどのポジションです。組織内での会計業務や戦略的な業務を担当します。

コンサルティングファーム(FAS)

M&Aや財務アドバイザリーなどのコンサルティング業務を行います。また、監査法人のアドバイザリー部門やコンサルティングファームでも活躍できます。

会計監査

監査法人での会計監査業務を担当します。監査法人内でのキャリアパスは、スタッフからパートナーまで昇進する可能性があります。

金融関連

PEファンドや投資銀行などの金融関連業務を担当します。

独立・開業

自身の会計事務所を開業する独立開業者として活動します。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

監査法人内でのキャリアパス

people, business, meeting

監査法人内でのキャリアパスは、スタッフからパートナーまでの昇進があります。具体的な職階と特徴は以下の通りです。

スタッフ

未経験者は、まずスタッフからスタートします。スタッフは、クライアントとのやりとりや資料作成が主な業務です。

シニア

シニアは、主査や現場主任の役割を担当します。公認会計士登録できるかが昇格の基準です。

マネージャー

マネージャーは、チームの管理や調書チェックなどを担当します。経験年数と評価によって昇格できます。

シニアマネージャー

シニアマネージャーは、管理業務に加えて新規顧客獲得なども行います。

パートナー

パートナーは、監査法人内のトップに位置する職階で、法人全体の運営や監査業務全体のチェック・承認を行います。

パートナーを目指す方は、評価を獲得し、経験を積んで昇進する必要があります。

監査法人への転職に成功するコツ

two men facing each other while shake hands and smiling

監査法人への転職に成功するためのコツは、以下のポイントを押さえることが重要です。

監査法人に向いている人・活躍している人の特徴を知ること

監査法人で求められるのは、論理的な分析能力、自己成長への強い意欲、そして忍耐力です。これらの特性を自己分析し、自身が持っているかどうかを確認しましょう。

転職先で成し遂げたいことを明確にすること

監査法人でのキャリアにおいて何を達成したいのか、具体的な目標を設定します。これにより、転職活動がより目的意識を持って行えるようになります。

転職エージェントを利用すること

専門の転職エージェントを活用することで、適切な情報収集やキャリアプランの策定、選考対策など、転職活動を効率的に進めることができます。

また、監査法人への転職では、競争が激しいため、自分の強みや専門性を明確に打ち出すこと、そして業界や企業に関する情報収集を徹底することが求められます。面接では、志望動機を含めた自己PRが重要になるため、事前準備をしっかりと行いましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

資格を持たない人の監査法人での働き方

監査法人での働き方には、資格を持たない人でも選択肢があります。以下に、無資格で監査法人で働くためのポジションと方法を紹介します。

監査トレーニー

監査トレーニーは、監査法人で働きながら公認会計士を目指せる制度です。公認会計士不足のため、受験生の時点で採用し、公認会計士資格取得を支援します。

監査トレーニーとして働くメリット3つ

監査トレーニーとして働くメリットには、次の3つが挙げられます。

  1. 公認会計士資格なしでも監査法人で働ける。
  2. 予備校代などの資金援助を受けられる。
  3. 監査法人での仕事が公認会計士試験の学習に役立つ。

アドバイザリー

監査法人のアドバイザリー部門では、監査以外の業務を担当します。公認会計士資格がなくても就職できます。

アドバイザリー業務の例

  • M&Aに係る会計税務アドバイザリー
  • 事業再生・企業再生にかかるアドバイザリー
  • 不正調査・内部統制構築支援

監査アシスタント

監査アシスタントは、公認会計士のもとで監査業務を補助する仕事です。単純作業や事務作業が中心です。

監査アシスタントの主な仕事内容

  • 紙とデータの数値の照合作業(突合)
  • 数値の計算の正確性確認(計算チェック)

事務職

事務職は、監査アシスタントとは異なり、監査チームに属さない業務を行います。経理や人事などの管理業務もあります。

USCPA資格

USCPA資格を持っていれば、監査法人に就職できる可能性が高まります。ただし、英語力があることが前提となります。

このように、無資格で監査法人で働くためには、経験を積むことや専門知識を持つことが重要です。転職活動を検討する際には、自身の適性やキャリアプランを考慮し、選択肢を探りましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

無資格で監査法人へ転職する際は転職エージェントの活用がおすすめ

無資格で監査法人へ転職する際に転職エージェントをおすすめするのは、以下のような理由があるからです。

非公開求人へアクセスできるから

転職エージェントは、一般には公開されていない非公開求人を多く扱っています。これにより、より多くの選択肢から希望に合った求人を見つけることができるでしょう。

専門的なアドバイスを受けることができるから

公認会計士や税理士などの士業を専門に扱う転職エージェントは、会計業界に精通しており、個々のキャリアプランに合わせた専門的なアドバイスを提供できます。これにより、自己PRのポイントを分析し、より良い条件での転職が可能となります。

条件交渉をサポートしてくれるから

転職エージェントは、経験豊富なコンサルタントが在籍しており、給与や勤務条件などの交渉を代行してくれます。これにより、個人では難しい条件でも実現可能になることがあります。

転職プロセスをサポートしてもらえるから

履歴書や職務経歴書の作成支援、面接対策、選考プロセスの進行管理など、転職活動全般にわたるサポートを受けることができます。これにより、転職活動がスムーズに進みます。

キャリアアップの機会が得られる可能性があるから

転職エージェントは、キャリアアップを目指す方に対して、適切な求人を紹介することで、新たなキャリアの道を開く手助けをします。

これらの理由から、無資格で監査法人への転職を目指す際には転職エージェントの利用が推奨されます。そこで、ご自分のキャリアプランに合った転職エージェントを選び、効果的な転職活動を行いましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

監査法人に無資格で働く際のコツのまとめ

このように、無資格で監査法人で働く際には、まず監査法人での働き方や有利な資格などを理解することが重要です。

また、ご自身の得意分野や経験を活かし、より条件の良い職場への転職をお考えの方は、ご自身のキャリアプランの策定とともにこれまでのキャリアの棚卸しを行い、ご自分の強みや目標をしっかりと把握しておくことが重要です。

そこで、ご自身が目指す業界や職種に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行いましょう。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」では、ご自身の自己分析をサポートしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

税理士と公認会計士の違いや向いている人の特徴、年収や将来性を徹底解説

財務や会計の専門家として活躍する道は多岐にわたりますが、特に税理士と公認会計士はその中でも中心的な役割を担っています。これら二つの資格は、似ているようでいて、その業務内容、求められるスキル、そしてキャリアパスには大きな違いがあります。

税理士は主に税務に特化し、個人や企業の税金に関するアドバイスを行います。一方、公認会計士は会計監査や財務アドバイスなど、より広範な業務を担当することが多いのが特徴です。また、これらの職種に向いている人の特徴や、それぞれの年収、将来性についても、明確な違いが存在します。

そこで今回は、税理士と公認会計士の違いや向いている人の特徴、年収や将来性を徹底解説します。これから税理士や公認会計士を目指す方はもちろん、興味のある方も、ぜひ参考にしてください。

税理士と公認会計士の資格や仕事内容の違いとは?

Person Pointing on the Screen of a Laptop

まずはじめに、税理士と公認会計士の資格や仕事内容の違いについて解説します。

1. 業務内容の違い

税理士は主に税務に関する専門知識を持ち、個人や法人を対象に、以下の業務を担当します。

  • 税金の申告書作成
  • 税務代理
  • 税務相談 など

一方、公認会計士は主に企業の財務に関する専門知識を有しており、以下の業務を担当します。

  • 財務諸表の作成
  • 会計処理に関する監査
  • 経営戦略の指導 など

2. 対象となるクライアントの違い

税理士は中小企業や個人事業主が主なクライアントです。一方、公認会計士は大企業や上場企業が中心のクライアントとなります。

3. 専門性の違い

税理士は税務に精通した専門家として活躍します。一方、公認会計士は財務情報の監査や経営戦略に関する専門知識を持つ人材です。

4. 取得する資格の違い

税理士は税理士試験に合格することで資格を取得します。一方、公認会計士は公認会計士試験に合格することで資格を取得します。ただし、両方とも難易度が高く、特に公認会計士資格は、国内の三大国家資格(弁護士、公認会計士、不動産鑑定士)の1つとされています。

税理士や公認会計士に向いている人の特徴

公認会計士と税理士は、会計業界で重要な役割を果たす資格ですが、それぞれ異なる特徴や適性があります。

そこで以下では、税理士と公認会計士に向いている人の特徴を解説します。

税理士に向いている人の特徴5つ

税理士に向いている人の特徴には、主に次の5つが挙げられます。

1.コツコツと決まったことをやれる人

税理士の仕事は地道で忍耐が必要です。税に関する最新知識を常にチェックし、企業の経理の数字と向き合い、期限までに決算書を作成するなど、継続的な努力が求められます。

2.コミュニケーション力がある人

税務の仕事はチームワークが重要であり、中小の会計事務所では職員との密なコミュニケーションが求められます。顧客との関係構築も重要なため、コミュニケーション能力は不可欠です。

3.企業の経営に興味がある人

税理士は企業の決算業務を担当し、経営面へのアドバイスも求められます。経営に興味がないと、日々の仕事が興味のないことで埋め尽くされてしまう可能性があります。

4.倫理観・正義感のある人

税理士は「税務のプロフェッショナル」としての誇りを持ち、自らの業務の適正さを自分自身で管理し、他者に対しても明らかにすることが求められます。

5.学ぶことが好きな人

税制改正や経済のトレンドに応じて変わる税理士の仕事は、常に情報収集を行い、最新の知識を身につけていることが求められます。

公認会計士に向いている人の特徴4つ

次に、公認会計士に向いている人の特徴を4つ紹介します。

1.正義感の強い人

公認会計士は監査業務を担当します。企業の財務諸表の正確性を確認し、証明する役割を果たすため、正義感が求められます。

2.コミュニケーションの得意な人

監査業務ではクライアントとのコミュニケーションが欠かせません。円滑なコミュニケーション能力が必要です。

3.勉強好きな人

公認会計士試験は難易度が高く、合格までに多くの勉強時間が必要です。継続的な学習意欲が求められます。

4.経営に興味がある人

監査業務を通じて企業の経営状態を理解し、改善策を提案することがあります。経営に興味を持つ人に向いています。

税理士と公認会計士に求められるスキルセット

税理士と公認会計士は、それぞれ異なる専門性を持ち、異なる業務を担当します。以下に、税理士と公認会計士に求められるスキルセットを紹介します。

税理士に求められるスキルセット

税理士に求められるスキルセットは、以下の4つです。

1.税法の専門知識

税理士は、個人や法人の税金に関するアドバイスを行います。税法の知識を深め、実務経験を積むことが求められます。

2.経営に関する知識

税理士は、税金対策を通じて企業の経営をサポートします。経営に関する知識が必要です。

3.情報を整理・分析する力

複雑な税制改正や法令を理解し、クライアントに適切なアドバイスを提供するために、情報を整理・分析する能力が求められます。

4.ITリテラシー

税務申告書の作成やデータ管理にはITツールを使用するため、ITリテラシーが必要です。

公認会計士に求められるスキルセット

公認会計士に求められるスキルセットは、主に以下の4つです。

1.会計・税務の専門知識と実務経験

公認会計士は、企業の財務諸表をチェックし、正確性を確認する監査業務を担当します。深い会計知識と実務経験が必要です。

2.情報収集力

担当する企業の状況や業界のトレンドを把握するため、情報収集能力が求められます。

3.コミュニケーション能力

監査結果を企業に伝える際に、適切なコミュニケーション能力が必要です。

4.コンサルティング能力

監査で得た知見を活かし、企業にアドバイスをする能力が重要です。

このように、税理士と公認会計士はそれぞれ異なる役割を果たす専門家で、これらのスキルを活かしてクライアントに貢献します。

税理士と公認会計士の平均年収や業界の動向

税理士と公認会計士の年収について、いくつかの観点から解説します。

まずは、両者の平均年収や年齢別の傾向を比較してみましょう。

税理士の平均年収や業界の動向について

以下は、大手監査法人に勤務する税理士の年収の一般的な傾向です。(あくまで傾向値としてご参照ください)

  • スタッフ: 500~800万円程度(新卒から2~3年目)
  • シニアスタッフ: 600~900万円程度(数年の経験後)
  • マネジャー: 800~1,300万円程度(10年目前後)
  • シニアマネジャー: 1,200~1,700万円程度(30代半ば~40代)
  • パートナー: 1,500~5,000万円程度(経営者・事業の責任者)

税理士は日本全国で約75,000人いますが、その平均年齢は60歳を超えており、若手職員が不足している状況です。

さらに、税理士受験者数も減少傾向にあり、2019年には29,779名と3万人を割り込みました。

そのため、大手税理士法人でも1科目合格者や未経験の新卒を積極的に採用しており、求職者の売り手市場となっています。

公認会計士の平均年収や業界の動向について

公認会計士の平均年収は、従業員数10人以上の企業に勤める場合で約746万6,400円となっています。さらに企業規模が大きい場合には、40代~50代前半の平均年収で900万円を超えているのが現状です。

このように、税理士と公認会計士の平均年収を比較すると、会計士の方が高い傾向にありますが、税理士にも好待遇で活躍できるチャンスが十分にあるといえるでしょう。

税理士と公認会計士のキャリアパス

税理士と公認会計士のキャリアパスは多様で、それぞれ異なる道を選ぶことができます。以下に、両者のキャリアパスを詳しく説明します。

税理士のキャリアパス

税理士のキャリアパスには、以下のようなものが挙げられます。

勤務税理士

勤務税理士は、会計事務所や税理士事務所で雇用され、税理士としての仕事を行います。

未経験者はスタッフからスタートし、主査を担当することもあります。

また、大手監査法人から中堅・小規模の事務所まで、さまざまな規模の会計事務所で働くことができます。

独立開業

独立開業は、自ら税理士事務所を開き、個人事業主として営むキャリアパスです。

雇用される立場ではなくなるため、収入が不安定になるリスクがありますが、自分の思い通りに事業を進められる魅力があります。

その他のキャリアプラン

  • 他の専門家と共同事務所を経営する
  • 一般事業会社で働き続ける
  • コンサルティングファームで働く
  • 金融機関で働く など

公認会計士のキャリアパス

一方、公認会計士のキャリアパスとしては、次のようなものが挙げられます。

監査法人

監査法人での経験を積むことが一般的です。

スタッフからスタートし、シニア、マネージャー、シニアマネージャー、パートナーと昇進していく道があります。

経営コンサルタント

経営コンサルティング会社でのキャリアも選択肢の一つです。

経営戦略や業務プロセスの改善などに携わります。

税務担当

税理士法人や会計事務所で税務アドバイスを提供するキャリアもあります。

その他のキャリア

  • 大学の講師
  • 一般企業の財務担当

また、公認会計士の資格は汎用性が高く、希少性もあるため、さまざまな分野での活躍が可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士と公認会計士の将来性と職業展望

税理士と公認会計士の将来性について、現状と展望を詳しく解説します。

税理士の人口

税理士は、税務に関する専門家であり、国家資格を保有している人々を指します。

国税庁によると、税理士の登録者数は2015年度から2021年度まで増加しており、2021年度には約80,000人に達しています。

ただし、合格率は15~20%程度であり、高齢化が進んでいることも明らかです。

税理士の今後

AIやRPAの進出により、税理士の仕事が脅かされるという声もあります。

しかし、AIには柔軟性を必要とする業務や高度な専門性が必要な業務を行うまでの技術はありません。そこで税理士には、これまでの経験や知識を活かしたコンサルティング業務などで、その能力を発揮することが求められるでしょう。

公認会計士の現状と将来性

公認会計士は、企業の監査を行う唯一の職業であり、需要が高い職種です。

AIやITの進化により、一部の業務は効率化される可能性がありますが、公認会計士の専門性は今後も求められるでしょう。

公認会計士は監査業務だけでなく、一般企業での就業や独立開業など、幅広い活躍の場があります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士や公認会計士の転職には転職エージェントの活用がおすすめ

税理士や公認会計士の転職に転職エージェントをおすすめするのは、以下のような理由があるからです。

非公開求人へアクセスできるから

転職エージェントは、一般には公開されていない非公開求人を多く扱っています。これにより、より多くの選択肢から希望に合った求人を見つけることができるでしょう。

専門的なアドバイスを受けることができるから

税理士専門の転職エージェントは、税理士業界に精通しており、個々のキャリアプランに合わせた専門的なアドバイスを提供します。これにより、自己PRのポイントを分析し、より良い条件での転職が可能となります。

条件交渉をサポートしてくれるから

転職エージェントは、経験豊富なコンサルタントが在籍しており、給与や勤務条件などの交渉を代行してくれます。これにより、個人では難しい条件でも実現可能になることがあります。

転職プロセスをサポートしてもらえるから

履歴書や職務経歴書の作成支援、面接対策、選考プロセスの進行管理など、転職活動全般にわたるサポートを受けることができます。これにより、転職活動がスムーズに進みます。

キャリアアップの機会が得られる可能性があるから

転職エージェントは、キャリアアップを目指す税理士に対して、適切な求人を紹介することで、新たなキャリアの道を開く手助けをします。

これらの理由から、税理士の転職には転職エージェントの利用が推奨されます。そこで、ご自分のキャリアプランに合った転職エージェントを選び、効果的な転職活動を行いましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士と公認会計士の違いのまとめ

このように、税理士と公認会計士には、さまざまな違いがあることがわかります。そして、税理士と公認会計士が、それぞれの業務を通じてキャリアアップを行うには、いくつかのポイントを理解することが大切です。

また、それぞれの資格を活かし、より条件の良い職場へ転職しようとお考えの方は、ご自身のキャリアプランの策定とともにこれまでのキャリアの棚卸しを行い、ご自分の強みや目標をしっかりと把握しておくことが重要です。

そこで、ご自身が目指す業界や職種に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行いましょう。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」では、ご自身の自己分析をサポートしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

 

公認会計士と税理士はどっちが上?資格の難易度や平均年収などを徹底解説

公認会計士と税理士は、会計や税務の専門家として高い評価を受けている職種です。しかしこれらの資格を持つ専門家については、どちらがより上位に位置するのか、またその違いは何なのかについて、多くの人が疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

これらを理解するためには、資格の取得難易度から、それぞれの職種の平均年収まで、多角的に比較を行い、その実態を理解する必要があります。

そこで今回は、公認会計士と税理士はどちらが上かについて、資格の難易度や平均年収などを徹底比較して解説します。公認会計士や税理士の資格に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

公認会計士と税理士はどちらが上?資格の違いを徹底解説

man, thinking, doubt

公認会計士と税理士は、どちらも会計業界の国家資格であり、専門的な知識とスキルを持つ専門家ですが、それぞれ異なる役割と業務を担当しています。

以下に、公認会計士と税理士の違いを詳しく解説します。

1. 業務内容の違い

公認会計士は、主に会計監査や財務コンサルティングに従事し、会社の財務諸表の正確性を確認し、利害関係者の保護に貢献します。

一方、税理士は企業の会計情報を基に国に対して税金の申告・申請や税の相談を担当し、個人や法人を対象とした幅広いクライアント層に対応します。

2. 対象となるクライアントの違い

公認会計士は、主に上場企業や大企業などの組織に対して業務を行います。一方、税理士は、中小企業や個人事業主など幅広いクライアント層に対応します。

3. 役割の違い

公認会計士は、財務情報の監査を通じて利害関係者の保護に貢献します。一方、税理士は、納税者の税務手続きや税務戦略の支援を行うのが主な役割です。

どちらを目指すべきかは、自身の興味や適性、将来のキャリア目標により異なります。

公認会計士と税理士の難易度を徹底比較

公認会計士試験と税理士試験の難易度を比較すると、以下のような違いがあります。

公認会計士試験の難易度

公認会計士の合格率は約10%前後と非常に低く、難関資格です。また、公認会計士試験の合格に必要とされる勉強時間は約5,000時間と長時間が必要です。

なお、公認会計士の試験範囲は広く、試験内容が複雑で問題数も多いため、高い理解度が求められます。そのため、合格までの必要年数は2〜4年程度とされています。

税理士試験の難易度

税理士の合格率は約18%前後と公認会計士試験に比べるとやや高めです。税理士試験の合格に必要とされる勉強時間は公認会計士試験と同じくらいですが、科目合格制度のため、長期間にわたる受験が可能です。なお、合格までの必要年数は3〜5年程度とされています。

公認会計士試験と税理士試験の違い

公認会計士試験は「質」の難易度が高く、税理士試験は「量」の難易度が高いと言えます。どちらも会計学系の資格としては最難関、最高峰な資格ですが、試験制度や試験の性質は大きく異なります。したがって、どちらの資格を目指すかは、難易度だけでなく、それぞれの特徴を理解して決めることが重要です。

また、公認会計士は短期集中で勉強できる環境が必要であり、大手企業や監査法人への就職が多いです。一方、税理士は独立開業して中小企業の顧問等をする人が多いとされています。どちらも高収入が狙える資格であり、選択するにあたっては、自分のキャリアプランやライフスタイルに合った資格を選ぶことが大切です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

公認会計士と税理士の平均年収の実情を解説

次に、公認会計士と税理士の平均年収の実情について解説します。

公認会計士の平均年収

厚生労働省の調査によると、2022年の公認会計士の平均年収は 746.6万円 です。これは日本の平均年収よりも300万円以上高く、高年収であることが分かります。また、高年収の目安である1,000万円以上も十分目指すことが可能です。働き方やスキルによっては、3,000万円も夢ではありません。

公認会計士の年収が高い理由は、専門性が高く、幅広い働き方を選択できることにあります。公認会計士を目指す方は、ビジョンを描いて、高年収を実現するためのステップを考えてみましょう。

税理士の平均年収

税理士の平均年収は、実務経験や働き方によって異なります。一般的に、会計事務所で勤める税理士の平均年収は約500万円程度で、独立開業する税理士の平均年収は約1,000万円と推定されます。ただし、独立開業にはリスクも伴うため、十分な計画が必要です。

独立開業する税理士には、営業力や交渉力など税務知識以外のスキルも求められるため、高収入を目指すには努力が必要です。また、企業規模によっても平均年収が異なるため、自身の目標に合った働き方を考えてみましょう。

このように、公認会計士や税理士は、その専門性を活かしながら高収入を実現できる職業です。ビジョンを持ち、スキルを磨いていくことで、理想のキャリアを築いていただけることでしょう。

税理士と公認会計士のキャリアパスと選択肢

公認会計士と税理士のキャリアパスは多様で、それぞれ異なる選択肢があります。以下に、両者のキャリアパスと選択肢を詳しく説明します。

公認会計士のキャリアパスの事例7つ

公認会計士のキャリアパスも多様で、以下の選択肢があります。

1.監査法人

大手監査法人や準大手、中小監査法人で企業の会計監査業務を担当します。

スタッフからスタートし、シニア、マネージャー、シニアマネージャー、パートナーと昇進していく道があります。

2.事業会社(組織内会計士)

組織内会計士とは、企業内で組織の会計業務を担当するキャリアパスです。組織の財務担当として活躍できます。

3.税務(会計事務所・税理士法人)

これは、税理士法人などで税務業務を行うキャリアパスです。税務コンサルティングや税務申告などを担当します。

4.コンサルティングファーム(FAS)

ファイナンシャルアドバイザリーサービス(FAS)で活躍するキャリアパスです。

5.ベンチャー企業のCFO

ベンチャー企業で財務部門のトップとして活躍します。

6.金融関係

公認会計士も、税理士と同様に、金融機関でのキャリアがあります。

7.独立・開業する

自ら独立開業して、顧客に対して財務監査や税務アドバイスを提供するキャリアパスです。

公認会計士には、知識やスキルを活かす幅広い選択肢があります。

税理士のキャリアパスの事例

税理士のキャリアパスは大きく以下の3つに分類されます。

1.勤務税理士

税理士法人や会計事務所で雇用され、税理士としての仕事を行います。未経験者はスタッフからスタートし、主査を担当することもあります。

大手監査法人や中堅の事務所で働くことで、幅広い業種の税務に携わり、経験を積むことが可能です。

2.一般事業会社

企業内の組織で税理士の知識を活かすキャリアパスです。社員として税理士の仕事を行うケースや、別の仕事をしながら税理士の知識を活用するケースがあります。

3.独立開業

自ら税理士事務所を開業し、個人事業主として営むキャリアパスです。独立開業は収入が不安定になるリスクがありますが、自分の思い通りに事業を進められるのが魅力です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

公認会計士や税理士の転職には転職エージェントの活用がおすすめ

two women sitting on chair

公認会計士や税理士の転職に転職エージェントをおすすめするのは、以下のような理由があるからです。

非公開求人へアクセスできるから

転職エージェントは、一般には公開されていない非公開求人を多く扱っています。これにより、より多くの選択肢から希望に合った求人を見つけることができるでしょう。

専門的なアドバイスを受けることができるから

税理士専門の転職エージェントは、税理士業界に精通しており、個々のキャリアプランに合わせた専門的なアドバイスを提供します。これにより、自己PRのポイントを分析し、より良い条件での転職が可能となります。

条件交渉をサポートしてくれるから

転職エージェントは、経験豊富なコンサルタントが在籍しており、給与や勤務条件などの交渉を代行してくれます。これにより、個人では難しい条件でも実現可能になることがあります。

転職プロセスをサポートしてもらえるから

履歴書や職務経歴書の作成支援、面接対策、選考プロセスの進行管理など、転職活動全般にわたるサポートを受けることができます。これにより、転職活動がスムーズに進みます。

キャリアアップの機会が得られる可能性があるから

転職エージェントは、キャリアアップを目指す税理士に対して、適切な求人を紹介することで、新たなキャリアの道を開く手助けをします。

これらの理由から、税理士の転職には転職エージェントの利用が推奨されます。そこで、ご自分のキャリアプランに合った転職エージェントを選び、効果的な転職活動を行いましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

公認会計士と税理士の比較のまとめ

このように、公認会計士と税理士には、さまざまな違いがあることがわかります。そして、公認会計士と税理士が、それぞれの業務を通じてキャリアアップを行うには、いくつかのポイントを理解することが大切です。

また、公認会計士資格や税理士資格を活かし、より条件の良い職場への転職をお考えの方は、ご自身のキャリアプランの策定とともにこれまでのキャリアの棚卸しを行い、ご自分の強みや目標をしっかりと把握しておくことが重要です。

そこで、ご自身が目指す業界や職種に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行いましょう。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」では、ご自身の自己分析をサポートしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

税理士の独占業務3つと非独占業務で稼ぐ方法、おすすめの転職先も解説

税理士ができる仕事には、独占業務と非独占業務がありますが、双方共に多くの可能性を秘めている仕事です。また、独占業務には特定の資格が必要ですが、非独占業務ではそのような制約がないため、税理士としての仕事の幅を広げることが可能です。

そこで、独占業務と非独占業務の両方をしっかりと理解し、どのようにして収入を得るかを考えることは、税理士を目指す方にとっての重要な課題と言えるでしょう。また、転職を考える際には、どの業界が最適か、どのような職場が自分に合っているかを知ることも大切です。なぜなら、独占業務と非独占業務は、税理士の専門性を活かしながら最良のキャリアパスを見つけ出すための重要な要素だからです。

そこで今回は、税理士の独占業務3つと非独占業務で稼ぐ方法や、おすすめの転職先を徹底解説します。税理士として活躍されている方はもちろん、これから税理士を目指す方も、ぜひ参考にしてください。

税理士の独占業務とは?3つの仕事と重要性を解説

Person Pointing on the Screen of a Laptop

税理士の独占業務とは、税理士法に基づき、税理士にのみ許されている特定の業務のことです。以下では、税理士の独占業務3つと、その重要性を解説します。

税理士の独占業務1.税務書類の作成

税理士は、税務署や税務官公署に提出する税金の申告書や申請書などの税務書類を作成することができます。

正確で適切な税務書類を作成することは、納税者の税金の適正な申告と納付に不可欠であり、誤った書類作成は罰則を伴うことがあるため、税務書類の作成は非常に重要な業務の1つです。

税理士の独占業務2.税務代理

税理士は、納税者に代わって税務官公署に対する税金の申告、納付、調査や処分に対する主張・陳述などの代理行為を行うことができます。

税理士の税務代理は、納税者の権益を守り、適正な手続きを行うために重要です。また、税務調査などの際にも必要です。

税理士の独占業務3.税務相談

税理士は、納税者からの税金に関する相談を受け、アドバイスを提供することができます。

税理士のアドバイスは、納税者の節税対策や税金の最適化に役立ちます。なぜなら、専門的な知識を持つ税理士の意見は信頼性が高いからです。

これらの独占業務は税理士に限定されているため、納税者は信頼性の高い税務サービスを受けることができます。そこで税理士は、法的な規定に基づき、専門的な知識とスキルを活かした業務を遂行しなければなりません。

税理士が独占業務を活かすポイント

税理士が独占業務を活かすポイントは、専門性を深めることと、その知識をクライアントの利益に結びつけることです。

以下では、独占業務を活かすための具体的なポイントについて解説します。

専門性を強化すること

税務代理、税務書類の作成、税務相談といった独占業務において、最新の税法知識を常に更新し、専門性を高めることが重要です。

そして、税法改正や裁判例などに精通し、クライアントに最適なアドバイスを提供しましょう。

クライアントのニーズに応じたサービスを提供すること

クライアントの業種や事業内容に応じたカスタマイズされた税務サービスを提供することで、独占業務の価値を高めます。

例えば、相続税や国際税務など、特定の分野での専門知識を活かすことができます。

コミュニケーション能力を向上させること

税務に関する複雑な内容をわかりやすく説明し、クライアントとの信頼関係を築くことが大切です。

調査や申告のプロセスでクライアントをサポートし、安心感を提供しましょう。

経営に関する知識を習得すること

税務だけでなく、経営全般に関する知識を身につけることで、クライアントのビジネスをより深く理解し、有益な提案ができます。

さまざまな業界や人材とのネットワークを構築すること

他の専門家や業界関係者とのネットワークを構築し、情報交換や協力体制を築くことで、クライアントにさらなる価値を提供しましょう。

このように、税理士としての独占業務を最大限に活かすためには、専門性を深め、クライアントのニーズに応じたサービスを提供し、信頼関係を築くことが重要です。

税理士の非独占業務とは?主な業務の事例も紹介

税理士の非独占業務は、税理士法において独占業務とは異なり、他の専門家や無資格者でも行うことができる業務です。

税理士の非独占業務には、主に次のような事例が挙げられます。

記帳代行

税理士は、会計業務の一環として、記帳代行を行うことができます。ただし、決算申告は独占業務であるため、無資格者だけで構成された記帳代行サービスには注意が必要です。

コンサルティング業務

税理士は、経営や節税対策に関するコンサルティングを行います。中小企業の経営や相続・事業承継のアドバイスも行うことがあります。

金融機関・保険会社との折衝

税理士は、資金調達や保険契約の交渉などを行うケースもあります。

税理士の独占業務を超えたキャリアアップ戦略

税理士の独占業務を超えたキャリアアップ戦略には、以下のような方法があります。

専門分野を深化させる

国際税務や資産税務など、特定の分野での専門知識を深めることで、高度なニーズに応えることができます。

マネジメントスキルを向上させる

チーム管理やプロジェクト管理のスキルを磨き、より大きな組織やプロジェクトのリーダーを目指します。

業務に関連する他の資格を取得する

税理士と相補的な資格、例えば社会保険労務士や公認会計士などを取得し、サービスの幅を広げます。

コンサルティング業務へ進出する

税務コンサルティングやM&Aアドバイザリーなど、専門性を活かしたコンサルティング業務に従事します。

大手税理士法人でキャリア形成する

大手税理士法人では、多様な業務経験を積むことができ、キャリアアップにつながります。

独立開業する

自身の事務所を開業し、独立した経営者としてのキャリアを築きます。

海外でキャリア構築する

国際的な視野を持ち、海外での勤務経験を積むことで、グローバルなキャリアを形成します。

これらの戦略は、税理士の方々が自身のキャリアをさらに発展させるための選択肢となります。自分の興味や強み、市場の需要を考慮しながら、長期的なキャリアプランを立てることが重要です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士におすすめの転職先トップ5

Man in Black Holding Phone

税理士の方が転職を考える際におすすめの転職先トップ5は以下の通りです。

  1. 税理士事務所・会計事務所
  2. 税理士法人
  3. 一般事業会社
  4. 金融機関
  5. コンサルティングファーム

それぞれ解説します。

1.税理士事務所・会計事務所

税理士のもっともオーソドックスな転職先で、税務申告書の作成や法人顧問業務、決算指導などオールマイティーな経験が求められます。なお、税理士事務所や会計事務所の平均的な年収は、約500万円が目安です。

2.税理士法人

2人以上の税理士によって設立・運営されており、Big4税理士法人や大手税理士法人などが含まれます。

税理士法人の平均的な年収については、Big4や大手税理士法人で年収800万~1000万円程度、準大手は500万~700万円程度、中小規模は500万~600万円が目安です。

3.一般事業会社

税務部門での勤務や、経理・財務部門でのキャリアを積むことが可能です。

4.金融機関

資金調達や保険契約の交渉など、税理士の知識を活かした業務が期待されます。

5.コンサルティングファーム

税務コンサルティングや経営コンサルティングなど、専門性を活かしたアドバイザリー業務に従事することができます。

これらの転職先は、税理士の専門性を活かしつつ、キャリアの方向性を定める際の参考になるでしょう。転職をお考えの際は、自身の経験やキャリアプランに合った選択をすることが重要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士が転職先を探すには転職エージェントの活用がおすすめ

税理士の転職に転職エージェントをおすすめするのは、次のような理由があるからです。以下でその主な理由を解説します。

非公開求人へアクセスできるから

転職エージェントは、一般には公開されていない非公開求人を多く扱っています。これにより、より多くの選択肢から希望に合った求人を見つけることができるでしょう。

専門的なアドバイスを受けることができるから

税理士専門の転職エージェントは、税理士業界に精通しており、個々のキャリアプランに合わせた専門的なアドバイスを提供します。これにより、自己PRのポイントを分析し、より良い条件での転職が可能となります。

条件交渉をサポートしてくれるから

転職エージェントは、経験豊富なコンサルタントが在籍しており、給与や勤務条件などの交渉を代行してくれます。これにより、個人では難しい条件でも実現可能になることがあります。

転職プロセスをサポートしてもらえるから

履歴書や職務経歴書の作成支援、面接対策、選考プロセスの進行管理など、転職活動全般にわたるサポートを受けることができます。これにより、転職活動がスムーズに進みます。

キャリアアップの機会が得られる可能性があるから

転職エージェントは、キャリアアップを目指す税理士に対して、適切な求人を紹介することで、新たなキャリアの道を開く手助けをします。

これらの理由から、税理士の転職には転職エージェントの利用が推奨されます。そこで、ご自分のキャリアプランに合った転職エージェントを選び、効果的な転職活動を行いましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士の独占業務と非独占業務のまとめ

このように、税理士には独占業務と非独占業務があります。そして、税理士がこれらの業務を通じたキャリアアップを行うには、いくつかのポイントを押さえることで、よりご自身の希望や得意分野に即した業務に携わることが大切です。

また、税理士資格や得意分野を活かしてより条件の良い職場への転職をお考えの方は、ご自身のキャリアプランの策定とともにこれまでのキャリアの棚卸しを行い、ご自分の強みや目標をしっかりと把握しておくことが重要です。

そこで、ご自身が目指す業界や職種に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行いましょう。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」では、ご自身の自己分析をサポートしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

税理士登録に必要な実務経験の積み方と効率的なキャリアアップ方法を解説

税理士としてのキャリアを積むためには、実務経験が不可欠です。しかし、どのようにしてその経験を積み、効率的にキャリアアップを図れば良いのかについては、良くわからないという方も多いのではないでしょうか。そのため、多くの方がこの問題に直面し、解決策を模索している状況です。

実務経験を積む方法は1つではなく、独学での勉強、業務の中での学び、または専門的な研修を受けることなど、さまざまなアプローチが存在します。そして、それらの経験をどのように税理士登録に結びつけるかが、キャリアアップの鍵を握る重要な要素です。また、効率的なキャリアアップには、計画的なアプローチと戦略的な思考が必要です。

そこで今回は、税理士登録に必要な実務経験の積み方と、効率的なキャリアアップの方法を徹底解説します。税理士を目指す方はもちろん、興味のある方も、ぜひ参考にしてください。

税理士試験合格後の実務経験とその重要性

税理士試験に合格した後、実務経験を積むことは非常に重要です。なぜなら、税理士の業務は理論だけでなく、実際のクライアントの税務や会計課題に対処する必要があるからです。

実務経験を積むことで、現実のケースに適用するスキルを養い、理論を実践に落とし込む能力を高めることができます。実務経験に必須となる期間は2年で、この2年間の経験は、税法や会計基準の変更に対応するための柔軟性を築くのにも役立ちます。

税理士として活躍するためには、合格後、日本税理士会連合会が管理する税理士名簿に登録しなければなりません。また、経験者からのアドバイスや経験談を聞くことも重要です。経験者の話を通じて、現場のリアルな状況や課題を理解し、自身の専門知識を実務に適用する能力を向上させることが可能です。 

このように、税理士としてのキャリアを築くためには、理論と実務の両面をバランスよく学ぶことが大切です。

実務経験なしで税理士登録は可能?例外となる事例も解説

税理士になるためには、税理士試験に合格した後、原則として一定期間の実務経験が必要です。しかし、特定の条件を満たす場合は実務経験なしでも税理士登録が可能です。

以下に基本的な概要を解説します。

税理士試験合格者の場合

税理士試験に合格した後は、2年以上の実務経験が必要です。

この実務経験は、税務官公署や会社等での税務に関する事務、または貸借対照表勘定および損益勘定を設けて経理する会計に関する事務が含まれます。

弁護士資格取得者の場合

弁護士資格を有している方は、税理士試験を受けずに税理士登録が可能です。

弁護士法により、弁護士は税理士の業務を行うことができるとされており、実務経験も不要となります。

公認会計士資格取得者の場合

公認会計士資格を持つ方も、税理士試験を受けずに税理士登録が可能です。ただし、2017年4月1日以降に公認会計士試験に合格した方は、税法に関する研修を修了する必要があります。

このように、実務経験がなくても税理士登録が可能なケースは限られていますが、弁護士や公認会計士など、他の資格を持っている場合は、その資格によって実務経験の要件が免除されるケースもあります。

税理士として活動するためには、これらの要件を満たした上で、日本税理士会連合会が管理する税理士名簿に登録しなければなりません。

税理士を目指す際の効率的な実務経験の積み方

税理士を目指す際に効率的に実務経験を積む方法にはいくつかのアプローチがあります。以下にその方法を紹介します。

学生の場合

アルバイトやパートでの実務経験も認められています。ただし、非常勤勤務で実務経験を積む場合は、日本税理士会連合会が定めた「勤務時間の積み上げ計算書」を提出する必要があります。

実務経験の積み上げ計算方法は、各税理士会によって定められており、公式HPに具体的に明記されていない場合が多いので、直接税理士会に確認することが重要です。

中途採用の場合

税理士事務所や会計事務所、税務署、企業の経理部などで実務経験を積むことができます。実務経験は「従事した期間が通算2年以上」であれば、職場を変えても問題ありません。

ただし、職務内容によっては「職務内容説明書」などの別途書類の提出が必要になることがあるため、勤務先の税理士会の最新情報を確認し、事前に明確な基準を把握しておくことが大切です。

AI化の影響

AI化が進む中で、税理士の実務経験に関する要件も変化する可能性があります。しかし、税理士の仕事は知的サービスの根幹であり、今後も実務経験が必要とされるでしょう。

税理士としての専門知識や経験を積むことは、顧客や社会にとってなくてはならない存在になるために重要です。実務経験を積む際には、上記のポイントを参考にしながら、自分にとって最適な方法を見つけてください。

税理士が実務経験を積むための職場の選び方

税理士として実務経験を積むための職場選びでは、以下の点を重視することが大切です。

業務の種類と範囲

多様な税務業務に関わることができる職場を選ぶことで、幅広い知識とスキルを身につけることができます。

そこで、税理士法人や会計事務所、一般企業の経理部門、税務署など、実務経験が認められる業務を行っている場所を選びましょう。

教育とトレーニング

税理士としての専門性を高めるために、継続的な教育やトレーニングが提供されている職場を選ぶことが重要です。

キャリアパス

長期的なキャリア形成を考え、昇進や専門性の向上につながる職場を選ぶのがおすすめです。

ワークライフバランス

労働条件やワークライフバランスを考慮し、自分のライフスタイルに合った職場を選ぶことも大切です。

職場の雰囲気や文化

コミュニケーションが活発で、メンターシップやサポート体制が整っている職場を選ぶことで、スムーズに実務経験を積むことができます。

規模や得意分野

職場の規模や得意分野によって、得られる経験が異なるため、自分の興味やキャリア目標に合った職場を選ぶことが重要です。

これらのポイントを踏まえ、自分のキャリア目標や働き方に合った職場を選ぶことが、税理士としての実務経験を効果的に積むためには不可欠です。職場選びは、自分の専門性を高め、税理士としての価値を向上させるための重要なステップですので、慎重に行いましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

実務経験を最大限に活かした税理士のキャリアアップ方法

税理士としてのキャリアアップには、実務経験を最大限に活かすことが重要です。そこで以下では、実務経験を基にしたキャリアアップの方法をいくつか紹介します。

専門性を高める

特定の税務分野に焦点を当て、専門性を高めることで、市場での価値を向上させることができます。

法人税務、国際税務、資産税務など、ニッチな分野に特化することで、専門家としての地位を確立できるでしょう。

経営コンサルタントへ転身する

税理士の知識を活かして、経営コンサルタントとしてのキャリアを追求することも可能です。

企業の経営戦略や財務改善に関するアドバイスを提供し、より広い範囲での影響力を持つことができるでしょう。

ITスキルを習得する

ITスキルを身につけることで、税務業務の効率化や新たなサービスの提供が可能となります。

電子申告システムや会計ソフトの知識を深めることで、業務の幅を広げることができるでしょう。

継続的に学習する

税法や会計基準は常に変化しているため、継続的な学習が必要です。

セミナーや研修に参加し、最新の情報を常にキャッチアップすることが重要です。

ネットワーキングを行う

他の税理士や関連業界のプロフェッショナルとのネットワーキングを積極的に行うことで、新たなビジネスチャンスを見つけることができます。

独立開業する

実務経験を活かして独立開業することも、キャリアアップの一つの方法です。

自分の事務所を持つことで、自由な働き方を実現し、経営者としてのスキルも身につけることができます。

これらの方法を通じて、税理士としてのキャリアをさらに発展させることが可能です。そのためには、実務経験を活かし、自分に合ったキャリアパスを選択することが大切です。

また、キャリアアップの過程で、新しいスキルを習得したり、業界内外のネットワークを広げたりすることも重要となります。自分の強みを生かし、市場のニーズに応えることができる税理士を目指しましょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士登録した後のキャリアパスの事例

office, startup, business

税理士登録後のキャリアパスには、さまざまな進路があります。そこで以下では、一般的な事例をいくつか紹介します。

勤務税理士

税理士事務所や税理士法人に勤め、税務業務を行います。多くの税理士がこの経験を通じて専門性を高め、キャリアアップを図ります。

独立開業

税理士試験に合格し、必要な実務経験を積んだ後、自らの事務所を開設します。経営者としての自由度が高い反面、収入の安定性にはリスクが伴います。

企業内税理士

一般企業の経理部門や会計部門で働き、税理士としての専門知識を活用します。将来的に独立開業を目指す場合でも、企業内での経験が役立つことがあります。

専門性を高めて転職する

資産税、事業承継、国際税務、M&Aなど、特定の分野に特化して専門性を高め、キャリアアップを目指すことも可能です。

これらのキャリアパスは、個々の税理士の目指す方向性や、得意とする分野によって異なります。自分に合ったキャリアプランを立てることが重要です。

また、税理士としてのキャリアを積む中で、新たな専門性を身につけたり、異なる業務に挑戦したりすることで、より多くの選択肢が開けることでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士の転職には転職エージェントの活用がおすすめ

two women sitting on chair

税理士の転職に転職エージェントを利用することがおすすめされる理由はいくつかあります。そこで、主な理由を以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

非公開求人へアクセスできるから

転職エージェントは、一般に公開されていない非公開求人を多く保有しています。これにより、より多くの選択肢から希望に合った求人を見つけることができます。

専門的なアドバイスを提供してくれるから

税理士に特化した転職エージェントでは、業界に精通したコンサルタントがキャリアプランの設計や自己PRのポイント分析、条件交渉など、専門的なアドバイスを提供します。

転職成功のノウハウを教えてくれるから

転職エージェントは転職市場の動向に詳しく、成功するためのノウハウを持っています。これにより、効率的な転職活動をサポートし、成功率を高めることができます。

ハイクラスへの転職支援に期待ができるから

平均年収が高いポジションやキャリアアップを目指す場合、ハイクラス向けの転職エージェントが適切なサポートを提供します。

無料でサポートしてくれるから

転職相談から選考中のサポート、入社決定まで、転職エージェントのサービスは基本的に無料です。これにより、費用をかけずに専門的なサポートを受けることができます。

これらの理由から、税理士の転職には転職エージェントの利用が推奨されます。特に専門性の高い職種である税理士にとって、質の高い求人へのアクセスや専門的なアドバイスは、転職成功のポイントとなるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士登録に必要な実務経験の積み方のまとめ

このように、税理士登録に必要な実務経験を積む際には、いくつかのポイントを押さえた上で、より現実的な業務に携わることが大切です。

また、税理士資格や実務経験を活かしてより条件の良い職場への転職をお考えの方は、ご自身のキャリアプランの策定とともにこれまでのキャリアの棚卸しを行い、ご自分の強みや目標をしっかりと把握しておくことが重要です。

そこで、ご自身が目指す業界や職種に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行いましょう。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」では、ご自身の自己分析をサポートしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

税理士事務所に未経験、資格なしで転職する方法と成功のポイントを解説

税理士事務所への転職は、未経験者や資格を持たない方にとって大きな挑戦と感じるかもしれません。しかし、正しい準備と戦略があれば、成功への道は決して不可能ではありません。

多くの方が専門職への道を閉ざされていると感じがちですが、実は税理士事務所は多様なバックグラウンドを持つ人材を求めています。なぜなら、税理士事務所では、経理や会計の基礎知識だけではなく、コミュニケーション能力や問題解決能力など、他業種で培ったスキルが生かせる場があるからです。

このように、税理士事務所への転職に成功するためのポイントは、自分の強みを理解し、それを事務所のニーズに合わせてアピールすることです。

そこで今回は、税理士事務所に未経験、資格なしで転職する方法と、転職に成功するためのポイントを徹底解説します。税理士事務所への転職をお考えの方はもちろん、税理士に興味のある方も、ぜひ参考にしてください。

税理士事務所へ未経験、資格なしで転職できるって本当?

Person Pointing on the Screen of a Laptop

未経験や資格がなくても税理士事務所への転職は実現可能です。ただし、採用されるためにはいくつかのポイントがあります。

例えば、税務業界への情熱をアピールする、一般事務などを兼務できることをアピールする、体力やストレス耐性があることをアピールする、素直に学ぶ姿勢を見せる、明るさをアピールするなどです。

また、特定のスキルがあると優遇されることもあります。例えば、英語力、ITに関する知識、M&Aに関する知識、コミュニケーション能力などが評価されるケースが多いでしょう。

さらに、未経験者を採用する際の不安要素として、繁忙期に耐えられるかどうかや、簿記や税務を入社後に勉強する意欲があるかどうかなどが考慮されるため、これらを面接などでアピールすることが重要です。

このように、未経験でも税理士事務所への就職は可能ですが、簿記資格を採用条件にしている事務所もあるため、事前に求人情報をよく確認することをおすすめします。また、士業に特化した転職エージェントを活用し、キャリアコンサルタントに相談するのも良い方法です。

経験や資格なしで税理士事務所で働くためのアピールポイント

経験や資格なしで税理士事務所で働くためには、いくつかのポイントを押さえたアピールが必要です。そこで、以下のポイントを参考にしてください。

税務業界への情熱をアピールすること

税理士事務所で働く意欲を示し、長期的にこの分野でキャリアを築きたいという意志を伝えることが重要です。

一般事務などを兼務できることをアピールすること

税理士事務所では専門性の高い業務が多いですが、初めは雑務から始めることも多いため、何でも積極的に行う姿勢を見せることが大切です。

体力・ストレス耐性があることをアピールすること

特に繁忙期は長時間労働が続くことがありますので、体力とストレスに強いことをアピールすると良いでしょう。

素直に吸収する姿勢を見せること

未経験者は専門知識を学ぶ必要があります。学ぶ意欲と素直さをアピールしてください。

明るさをアピールすること

税理士事務所は小規模な組織が多く、明るい人がいると職場の雰囲気が良くなります。

また、特定のスキルがあると優遇されることもあります。例えば、英語力、ITに関する知識、M&Aに関する知識、コミュニケーション能力などが評価されやすいでしょう。

さらに、転職エージェントを利用することも有効です。なぜなら、未経験や資格なしでも、転職エージェントを通じて適切な求人を見つけることができるからです。

これらの準備をしっかりと行い、面接時に自己PRを効果的に行うことで、税理士事務所での仕事を得るチャンスを高めることができるでしょう。

税理士事務所で求められる知識やスキルと未経験からスキルアップする方法

税理士事務所で働くために求められるスキルと、未経験からスキルアップする方法について、以下で解説します。

税理士事務所で求められる知識やスキル

税理士事務所で求められるスキル主な知識とスキルは、以下の通りです。

会計や税務に関する知識やスキル

会計処理や決算書、申告書の作成に関する基本的な知識が必要です。仕訳に関する最低限の知識は特に重要です。

Excelに関するスキル

会計ソフトと並んで、Excelは税理士業務で頻繁に使用されます。表作成や基本的な関数の使用ができることが望ましいです。

会計ソフトに関する知識やスキル

ほぼすべての税理士事務所で利用されているため、会計ソフトの操作に慣れていることが有利です。

コミュニケーションスキル

顧問先の経営課題を理解し、適切な解決方法を提案する能力が求められます。

分析スキル

会計数値の背後にある情報を読み取り、顧問先の課題や環境の変化を察知する能力が重要です。

未経験からスキルアップする方法

未経験からスキルアップする方法については、以下のようなものが挙げられます。

資格を取得する

日商簿記検定などの会計関連の資格を取得することで、基本的な会計・税務スキルを身につけることができます。

実務経験を積む

税理士事務所でのアルバイトやパートタイムの仕事を通じて、実際の業務を経験し、スキルを磨くことが可能です。

専門学校や研修プログラムを利用する

会計に特化した専門学校や研修プログラムを利用して、実務で役立つ知識やノウハウを体系的に学ぶことができます。

自己学習する

オンラインコースや書籍を利用して、エクセルスキルや会計ソフトの操作方法を独学で学ぶことも有効です。

これらのスキルは、税理士事務所での仕事だけでなく、将来的に独立開業する際にも役立つ重要なノウハウです。未経験からでも、これらのスキルを段階的に身につけていくことで、税理士事務所でのキャリアを築くことができるでしょう。

未経験、資格なしで税理士事務所への転職を成功させるコツ

未経験や資格がない状態で税理士事務所への転職を成功させるためのコツは、以下のようなポイントに注意して準備することが重要です。

長期的なコミットメントをアピールすること

税理士事務所は教育に時間とコストをかけるため、短期間で辞められると損失となります。そのため、長期間勤務する意志があることを強調しましょう。

簿記や税務の勉強意欲を示すこと

実務上必要な知識は入社後に身につけることができますが、学ぶ意欲があることを伝えることが大切です。面接では簿記の勉強中であることや、業務に慣れるために努力する旨をアピールしましょう。

営業力や調整力をアピールすること

顧客とのコミュニケーションが頻繁に発生するため、これらの能力があると評価されます。過去の経験を活かして、これらのスキルをアピールすることが有効です。

Excelスキルをアピールすること

会計業務でよく使用されるため、Excelスキルを持っていると有利です。具体的な使用経験や関数の知識をアピールしましょう。

パートから正社員を目指してみる

最終手段として、税理士事務所でパートタイムから始めて、正社員への道を目指すことも一つの方法です。

転職エージェントを活用する

また、転職エージェントを利用することで、未経験・資格なしでも適切な求人を見つけることが可能です。転職エージェントは、あなたの経験やスキルを理解した上で適切なアドバイスを提供してくれるため、おすすめです。

これらのコツを活かして、戦略的に転職活動を行うことで、未経験や資格がない状態でも税理士事務所への転職を成功させることができるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

未経験、資格なしでの税理士事務所へ転職するには転職エージェントの活用がおすすめ

two women sitting on chair

未経験や資格がない状態で税理士事務所へ転職する際に転職エージェントを活用することがおすすめされる理由は、以下の通りです。

専門性の高い求人へのアクセスできるから

転職エージェントは、一般には公開されていない専門性の高い求人情報にアクセスできます。これにより、税理士事務所特有のニーズに合ったポジションを見つけることが可能となります。

履歴書や面接対策のサポートを受けられるから

転職エージェントは、履歴書の添削や面接対策など、転職活動全般にわたるサポートを提供します。これにより、未経験者でも採用される可能性を高めることができます。

業界知識とアドバイスを提供してくれるから

転職エージェントには、税理士事務所の業界に精通したコンサルタントが在籍しており、業界の動向や求められるスキルセットについてのアドバイスを受けることができます。

個別のニーズに合わせた求人を紹介してくれるから

転職エージェントは、個々の経験やスキル、キャリアの目標に基づいて、最適な求人を紹介してくれます。これにより、未経験者でも自分に合った職場を見つけやすくなるでしょう。

さまざまな交渉の代行をしてくれるから

給与や労働条件などの交渉を転職エージェントが代行してくれるため、個人では難しい条件交渉もスムーズに行うことができます。

時間の節約になるから

転職活動は時間がかかるものですが、転職エージェントを利用することで、求人検索や応募手続きなどの時間を節約できます。

無料で上記のサービスを利用できるから

転職エージェントのサービスは、基本的に求職者には無料で提供されるため、安心して利用できるのも大きなメリットです。そのため、転職する際には、ぜひ活用すべきサービスです。

これらの理由から、未経験や資格がない状態でも、転職エージェントを活用することで、税理士事務所への転職を成功させる可能性を高めることができるでしょう。効率的かつ効果的な転職活動を行うためにも、転職エージェントの利用を検討してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

税理士事務所に未経験、資格なしで転職する方法のまとめ

このように、税理士事務所に未経験、資格なしで転職するには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。しかし、近年はどの業界でも人手不足が続いているため、未経験や資格なしでも十分なチャンスがあるでしょう。

ただ、少しでも良い条件で転職したいとお考えの方は、ご自身のキャリアプランの策定とともに、これまでのキャリアの棚卸しを行い、ご自分の強みや目標をしっかりと把握しておくことが重要です。

そこで、ご自身が目指す業界や職種に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行いましょう。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」では、ご自身の自己分析をサポートしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

メンタルが弱くて仕事が続かない方が自分に合う職業を探す方法を解説

メンタルの強さは人それぞれで、仕事の継続にも大きく影響します。そのため、自分に合った仕事を見つけることは、メンタルが弱いと感じる方にとって特に重要です。

そこで今回は、メンタルが弱いから仕事が続かない方が自分に合う職業を探す方法を解説します。

メンタルが弱いと感じている方はもちろんのこと、なかなか自分に合う職場に巡り会えないとお悩みの方も、ぜひ参考にしてください。

メンタルが弱いと感じるあなたへ|自分に合った仕事の見つけ方

beanie, guy, man

メンタルが弱いと感じる方が、ご自分に適した仕事を見つけるには、まず自分自身を理解することが大切です。そこで、以下のステップを参考にしてください。

1.自己分析を行う

自分の強みや弱み、興味があることや得意なことを把握しましょう。これには、適職診断ツールを利用するのも良いでしょう。

2.ストレスを感じにくい環境を選択する

メンタルが弱いと感じる方は、ストレスの少ない職場環境を選ぶことが重要です。人間関係が良好で、サポート体制が整っている職場を探しましょう。

3.適切な職種を選択する

メンタルが弱い方に向いているとされる職種には、IT系の仕事やクリエイティブ職、接客業などがあります。自分の性格やスキルに合った職種を選びましょう。

4.ライフスタイルに合わせた働き方を選択する

在宅勤務やフレックスタイム、パートタイムなど、自分のライフスタイルに合わせた働き方を選ぶことで、メンタルの負担を減らすことができます。

5.キャリアコンサルタントを利用してみる

専門家のアドバイスを受けることで、自分に合った仕事を見つける手助けをしてもらうことができます。キャリアコンサルタントに相談してみるのも一つの方法です。

転職エージェントを活用することで、無料のコンサルティングを受けることも可能ですので、後に詳しく解説します。

このように、ご自分に合う仕事を見つけることは、時間をかけてじっくりと行うべきプロセスです。焦らず、自分を信じて、一歩ずつ進んでいきましょう。

仕事のストレスを乗り越えるメンタルケアの基本8つ

仕事のストレスを乗り越えるためのメンタルケアの基本には、以下のようなポイントがあります。

1.ストレスを理解して自覚する

ストレスの原因を明確にし、自分がどのように感じているかを自覚することが大切です。自分自身の感情や反応に注意を払い、ストレスのサインを見逃さないようにしましょう。

2.セルフケアを習慣化する

日々の小さなセルフケアを習慣にすることで、ストレスを管理しやすくなります。例えば、短時間のストレッチや好きな音楽を聴くことから始めてみましょう。

3.ストレスコーピングの技術を身につける

ストレスに対処する行動や技術を身につけることが重要です。ストレスそのものに働きかけて解消する方法や、周囲の人の協力を得て解決する方法など、様々な対処法があります。

4.良質な睡眠を確保する

良質な睡眠はメンタルヘルスにとって非常に重要です。寝る前のリラックスタイムを設けたり、睡眠環境を整えることで、質の高い睡眠を得ることができます。

5.適度な運動を取り入れる

運動はストレスを減少させる効果があります。日中に体を動かすことで、夜の睡眠を促進し、ストレス耐性を高めることができます。

6.マインドフルネスや瞑想を取り入れる

マインドフルネスや瞑想を実践することで、心を落ち着かせ、ストレスを軽減することができます。日常生活の中で「今この瞬間」に意識を向けることが大切です2。

7.人間関係のストレスを緩和する

コミュニケーション技術を向上させることで、人間関係におけるストレスを緩和することができます。アクティブリスニングや適切なフィードバック方法を学ぶことが有効です。

8.専門的なサポートを利用する

必要であれば、カウンセリングやセラピーなどの専門的なサポートを受けることも重要です。専門家の助けを借りることで、より効果的なメンタルケアが可能になります。

これらの基本を心がけることで、仕事のストレスを乗り越え、メンタルヘルスを保つことが可能です。自分に合った方法を見つけ、日々の生活に取り入れていきましょう。

仕事が続かない原因と解決策|メンタルを強化する方法

仕事が続かない原因とそれに対する解決策、メンタルを強化するステップについては、以下のようなアプローチが有効です。

仕事が続かない原因と解決策

仕事が続かない原因と解決策については、以下のステップを参考にしてください。

1.原因を特定する 

仕事が続かない原因は人それぞれですが、完璧主義でミスが許せない、メンタルが弱く繊細、飽きっぽい性格などが挙げられます。

2.解決策を実践する

解決策を実践する際には、次の3つのポイントを押さえることが大切です。

期限を設ける

すぐに辞めるのではなく、一定期間頑張ってみることで、仕事へのストレスが軽減されることがあります。

職種を変えてみる

何度転職しても状況が改善しない場合は、職種を変えてみることも一つの方法です。

働くことの必要性を認識する

自分にとって仕事をする理由を明確にすることで、仕事に対する考え方が変わります1。

メンタルを強化する方法

メンタルを強化する方法については、以下のステップを踏むことが重要です。

1.自己肯定感を向上させる(自信を持つ)

自分自身を認め、小さな成功を積み重ねることで自信をつけることが大切です。

2.問題解決能力を向上させる(学習する)

問題に直面したときの対処法を学ぶことで、困難に立ち向かう力がつきます。

3.専門家のサポートを受ける(助けを乞うことも重要)

心の専門家のカウンセリングを受けることで、心の健康状態を改善し、仕事に対する姿勢を正すことができます。

これらのステップを踏むことで、仕事が続かないという問題に対処し、メンタルを強化することが可能です。自分に合った方法を見つけ、実践していきましょう。

専門家の助けを借りることも恥ずかしいことではありません。自分だけで抱え込まず、適切なサポートを求めることが大切です。

メンタルに優しい仕事の例

メンタルに優しい仕事の例として、以下の職種が挙げられます。これらの仕事は、ストレスが少なく、自分のペースで働けることが特徴です。

1.データ入力

数値データをエクセルに入力するなど、パソコンを使ったオフィスワークで、1人で黙々と作業できるため、人間関係に悩まされることが少ない仕事の1つです。

2.事務仕事

オフィスワークや書類整理、電話応対が主な仕事内容で、一度覚えてしまえば、難しい業務は少なく、ストレスを感じにくいでしょう。

3.コールセンター

顧客からの問い合わせに対応する仕事で、用意されているマニュアルに沿って案内するため、慣れてしまえば働きやすいです。ただし、クレーム対応が多い場所は避けた方が良いでしょう。

4.社内SE(システムエンジニア)

自社内のシステムを担当し、ネットワーク設定や問い合わせ対応など、マニュアル化された仕事が中心で、納期に追われることが少ない仕事の1つです。

5.地方公務員

役所などの公的機関で働く職員で、市民の手続きの対応や書類管理などを行いますが、業務量は多くなく、残業もほとんどありません。

6.警備員

商業施設やオフィスビルなどの警備をする仕事で、基本的に人と関わることが少なく、業務自体も難しくないため、ストレスは少ないでしょう。

7.Webライター

Web上にある記事を執筆する仕事で、自分のペースで働けるため、メンタルに優しいと言えるでしょう。

8.Webデザイナー

ウェブサイトのデザインを行う仕事で、クリエイティブな作業が多く、自宅での在宅勤務が可能な場合もあります。

これらの仕事は、メンタルに優しいとされていますが、個人の性格や状況によって感じ方は異なるため、自分に合った仕事を見つけることが大切です。

また、仕事内容や職場環境によっては、ストレスを感じることもあるため、転職を考える際には、職場見学や体験入社を通じて、実際の職場の雰囲気を確認することをおすすめします。

自分に合った職種を見つけ、メンタルヘルスを大切にしながら働くことが、長期的なキャリア形成につながります。

メンタルの弱さを強みに変える職場の選び方

メンタルの弱さを強みに変える職場の選び方には、以下のポイントが重要です。

自分の特性を理解すること

メンタルの弱さは、繊細さや慎重さといった強みにもつながります。自分の特性を理解し、それを活かせる職場を選ぶことが大切です。

環境を選ぶこと

ストレスを感じにくい、落ち着いた環境であることが重要です。人間関係が良好で、コミュニケーションが少なめの職場を選ぶと良いでしょう。

仕事内容を選ぶこと

単純作業が多く、一人で集中して取り組める仕事は、メンタルが弱い人に向いています。黙々と作業できる職種を探しましょう。

自分をいたわること

メンタルの弱さを欠点と捉えず、自分をいたわりながら、ストレスを感じにくい道を模索することが重要です。

自分の強みを活かすこと

繊細さや慎重さを活かして、他の人にはできない仕事を見つけることで、メンタルの弱さを強みに変えることができます。

これらのポイントを踏まえて、自分に合った職場を選ぶことで、メンタルの弱さを強みに変え、充実した職場生活を送ることができるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

メンタルヘルスを保って長く働ける職場の見極め方5つ

Crop unrecognizable female psychologist and patient discussing mental problems during session

メンタルヘルスを保ちながら長く働ける職場を見極めるには、以下の5つのポイントを押さえることが大切です。

  1. 職場のメンタルヘルス対策の有無を確認する
  2. 労働環境を確認する
  3. コミュニケーションの風土を確認する
  4. 従業員の声が反映されるかを確認する
  5. ワークライフバランスが促進されているかを確認する

それぞれ解説します。

1.職場のメンタルヘルス対策の有無を確認する

職場がメンタルヘルスケアに取り組んでいるかどうかを確認します。具体的なプログラムや研修があるか、産業医やカウンセラーへのアクセスが可能かなど、サポート体制をチェックしましょう。

2.労働環境を確認する

長時間労働の有無、休憩時間の確保、ストレスの原因となる要因が管理されているかなど、労働環境を見極めます。過重労働はメンタルヘルスに悪影響を及ぼすため、バランスの取れた労働時間が確保されている職場を選ぶことが重要です。

3.コミュニケーションの風土を確認する

職場内でのコミュニケーションが活発で、従業員同士のサポートが得られる環境かどうかを確認します。ハラスメントがなく、意見が尊重される文化があるかも重要なポイントです。

4.従業員の声が反映されるかを確認する

従業員の意見やフィードバックが職場の改善に活かされているかどうかを見極めます。従業員が職場環境の改善に参加できる機会があるかも確認しましょう。

5.ワークライフバランスが促進されているかを確認する

 仕事と私生活のバランスを大切にする職場かどうかを確認します。柔軟な勤務体系や、プライベートの時間を重視する姿勢があるかもポイントです。

これらのポイントを踏まえて、職場見学や面接時に質問をすることで、メンタルヘルスを保ちやすい職場かどうかを見極めることができるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

メンタルが弱い方には転職エージェントがおすすめ

メンタルが弱い方に転職エージェントをおすすめする理由は、以下の通りです。

専門的なサポートが受けられるから

転職エージェントは、転職活動のプロであるキャリアアドバイザーが在籍しており、転職活動のあらゆる面でサポートしてくれます。

これにより、転職活動における不安や心配事を軽減できます。

客観的なアドバイスをしてくれるから

キャリアアドバイザーは、個々の状況に合わせた客観的なアドバイスを提供し、冷静な判断を助けてくれます。

これにより、メンタルが不調な方でも前向きに転職活動を進めることができます。

適切な求人を紹介してくれるから

転職エージェントは、求職者の希望や条件に合った求人を紹介してくれます。

メンタルの不調を考慮して、ストレスが少ない職場や、個人の状況に合った仕事を提案してくれることが期待できます。

応募企業との調整を代行してくれるから

応募先の企業とのコミュニケーションを代行してくれるため、直接交渉するストレスから解放されます。

また、メンタル面での不安を適切に伝え、理解を得やすくなります。

転職活動の負担を軽減できるから

転職エージェントを利用することで、履歴書や職務経歴書の作成支援、面接対策など、転職活動に関わる様々な手続きの負担を軽減できます。

これらのサポートにより、メンタルが弱い方でも、よりスムーズで効率的な転職活動が可能になります。自分に合った職場を見つけるためにも、転職エージェントの利用を検討してみましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

メンタルが弱い人の仕事の見つけ方のまとめ

このように、メンタルが弱いと感じている方が、ご自分に適した仕事に就くためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。しかし、近年はどの業界でも人手不足が続いているため、メンタルが弱いと感じている方にも十分なチャンスがあります。

ただ、少しでも安定した仕事を得たいとお考えの方は、ご自身のキャリアプランの策定とともに、これまでのキャリアの棚卸しを行い、ご自分の強みや目標をしっかりと把握しておくことが重要です。

そこで、ご自身が目指す業界や職種に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行いましょう。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」では、ご自身の自己分析をサポートしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

仕事がきつい時の原因と対処法|転職に失敗しない就活のコツも徹底解説

仕事がきついと感じる原因は、人それぞれで異なります。実際に、長時間労働や人間関係、スキル不足など、さまざまな要因が考えられます。

そんな中で、自分に合った職場を見つけることは、働く上での大きな課題の1つと言えるでしょう。

そこで今回は、仕事がきつい時の原因別の対処法と、転職に失敗しない就活の仕方も徹底解説します。

これから転職活動を行う方はもちろん、転職しようかとお悩みの方も、ぜひ参考にしてください。

仕事がきついと感じる主な原因7つと対策

仕事がきついと感じる主な原因は、以下の7つが挙げられます。また、その対策法も紹介しますので、参考にしてください。

肉体労働が多い

肉体的な負担が多い仕事は、特に建築現場のような過酷な環境では、体力的に非常にきつく感じられます。

そこで、職場の業務内容や効率を改善したり、適切な休憩を取ることが大切です。また、労働条件の見直しや、適切な作業工具の使用を検討しましょう。

仕事量が多い

毎日のように残業を強いられる職場では、仕事量の多さによって精神的、体力的な疲労が蓄積し、きついと感じることがあります。

このような場合には、タスクの優先順位をつけ、効率的な時間管理を行うことが効果的です。また、上司や同僚とのコミュニケーションを通じて、仕事の分担を相談することも大切です。

単純作業の繰り返しが多い

同じ作業の繰り返しは、仕事を退屈に感じさせ、やりがいを見失う原因となります。

このようなケースでは、作業のバリエーションを増やすか、新しいスキルを学ぶことで刺激を得ると良いでしょう。また、定期的に業務の見直しを行い、改善点を見つける努力も必要です。

人間関係が悪い

職場の人間関係が悪いと、ストレスが増大し、仕事に行くこと自体がつらくなることがあります。

そこで、コミュニケーションスキルの向上や、職場でのチームビルディング活動に参加することがおすすめです。さらに、信頼できる同僚や上司に相談し、解決策を探るようにしましょう。

成長が実感できない

自分の成長を感じられない職場では、モチベーションの低下を招き、仕事がきつく感じられます。

そこで、目標設定を見直し、キャリアプランを立てましょう。そして、職業訓練や研修に参加して、新しい知識やスキルを身につけることをおすすめします。

ノルマが多い

過度なノルマは、達成できないプレッシャーを与え、ストレスの原因となります。

このようなケースでは、ノルマの設定を見直し、リアルな目標を設定するのがおすすめです。成果を出すための戦略を立て、効率的な方法を模索しましょう。

労働時間が長い

長時間労働は、ワークライフバランスを崩し、仕事だけが人生の中心になってしまうことで、きつさを感じる原因になります。

そこで、ワークライフバランスを重視し、適切な労働時間の管理を行いましょう。また、必要に応じて、フレックスタイム制や在宅勤務などの働き方の選択肢を検討するのもおすすめです。

これらの原因を理解し、対策を講じることで、仕事のストレスを軽減し、より快適な職場環境を作り出すことができるでしょう。

仕事がきついと感じた時は誰に相談すべき?

仕事がきついと感じた場合に相談すべき人や機関は、以下のようなものがあります。

家族や友人、恋人などの身近な人

プライベートな関係で信頼できる人々は、心の支えとなり、客観的なアドバイスを提供してくれることがあるでしょう。

信頼できる同僚や上司、部下など職場の人

職場の状況を理解している人たちから、具体的なアドバイスやサポートを受けることができる可能性があります。ただし、人間関係にお困りの際は、外部の人に相談するのがおすすめです。

総合労働相談コーナー

厚生労働省が提供する公的な相談窓口で、職場の問題やトラブルについて無料で相談できます。

こころの耳

メンタルヘルスに関する相談を専門家に無料で行うことができるサービスもあります。(厚生労働省の相談機関「こころの耳」

SNS上のコミュニティ

匿名で相談できる場合もありますが、情報の正確性や相手の反応には注意が必要です。

上記のような仕事における相談をする際には、自分の状況や感情を正直に伝え、具体的なアドバイスを求めることが大切です。また、プロのカウンセラーや専門家に相談することも、問題解決に向けた一歩となります。

信頼できる相談相手を見つけ、適切なサポートを受けることで、仕事の負担を軽減し、より良い職場環境への変化を目指しましょう。

仕事がきつい時は転職を検討すべき理由4つ

仕事がきついと感じる時に転職を検討する理由はいくつかありますが、主な理由としては以下のようなものが挙げられます。

1.健康を守るため

過度なストレスや長時間労働は、心身の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

自分の健康を守るために、よりバランスの取れた職場環境を求めることは重要です。

2.キャリアの成長

自分のスキルやキャリアの成長につながらない仕事は、長期的な視点で見ると時間の無駄になることがあります。

新しい環境で新たな挑戦をすることで、キャリアをさらに発展させることが可能です。

3.ワークライフバランスの改善

仕事と私生活のバランスを取ることは、生活の質を高める上で非常に重要です。

転職を通じて、より柔軟な勤務条件や働き方を実現することができます。

4.人間関係の改善

職場の人間関係が原因でストレスを感じる場合、新しい職場でより良い人間関係を築くことが期待できます。

転職を考える際には、自分の価値観や将来の目標と照らし合わせて、慎重に次のステップを計画することが大切です。また、面接で転職理由を伝える際には、前向きな理由を強調し、自分の成長や企業への貢献をアピールすることが重要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

きつい仕事から脱却するための転職活動の始め方

きつい仕事から脱却し、新たな職場を探すための転職活動を始めるには、以下のステップを踏むのが効果的です。

1.自己分析を行う

まずは、自分の強みやスキルや価値観、キャリアの目標を明確にしましょう。

2.市場調査を行う

次に、希望する業界や職種の需要や特性を調べます。

3.履歴書や職務経歴書などを準備する

応募書類を最新の状態に更新し、ポイントを明確にします。

4.ネットワーキングを活用する

業界の人脈を築き、情報収集や推薦を得るために活用するのも効果的です。

5.転職エージェントを活用する

転職エージェントに登録して専門的なサポートを受けましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

仕事がきつい時は転職エージェントに相談するのがおすすめ

仕事がきついと感じている方は、転職エージェントに相談してみましょう。近年は、多くの業界で人手不足が深刻な状況です。そのため、自分に合った仕事や職場への転職がおすすめです。

転職エージェントに相談するのがおすすめな理由4つ

仕事がきつい時に転職エージェントに相談することがおすすめされる理由は、以下の通りです。

1.専門的なアドバイスを受けられるから

転職エージェントは業界や職種に精通しており、現場目線のリアルな情報やアドバイスを提供してくれます。

2.自分の市場価値を把握できるから

自分のスキルや経験に基づく市場価値を知ることができ、適切な職種や収入の目安を教えてもらうことができます。

3.悩みや不安を解消できるから

転職に関する悩みや不安を相談でき、プロの視点から解決策を提案してもらえます。

4.適切な求人を紹介してもらえるから

相談内容に基づいて、適切な求人を紹介してもらえる可能性があります。また、より条件の良い、非公開求人へのアクセスができるケースもあります(個人のスキルによります)。

これらのメリットを活かすことで、より効率的かつ効果的に転職活動を進めることができるでしょう。また、転職エージェントは相談だけでも利用可能であり、転職を迷っている段階でも気軽に利用できるため、自分のキャリアについて考える良い機会となります。

転職エージェントを活用するメリット7つ

転職エージェントを活用するメリットは多岐に渡りますが、主に以下のようなものが挙げられます。

1.キャリア相談ができる

自分のキャリアの不安点や希望を相談し、適切なアドバイスを受けることができます。

2.求人の紹介を受けられる

自分に合った仕事を紹介してもらえるため、効率的に求人を探すことが可能です。

3.書類の添削が受けられる

履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削をしてもらえ、書類選考の通過率を高めることができます。

4.面接対策をしてくれる

面接の日程調整を代わりに行ってくれるだけでなく、面接対策もサポートしてくれます。

5.給与の交渉を代行してくれる

給与交渉を代わりに行ってくれるため、条件交渉の負担が軽減されます。

6.退職・入社手続きの相談ができる

退職や入社に関する手続きの相談にも乗ってもらえます。

7.無料でサービスを受けられる

さらに、転職エージェントは求職者にとって無料で利用できる点も大きな魅力です。企業側が紹介手数料を支払うため、求職者はサービスを無料で利用可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

仕事がきつい時の対処法のまとめ

このように、仕事がきついと感じる時は、できるだけ早く対処することが重要です。そして、ご自身のメンタルや身体を壊さないことが何より大切です。

近年はどの業界でも人手不足が続いているため、転職することで新たなチャンスを掴める可能性も十分にありますので、まずは行動することをおすすめします。

そして、転職を成功させたいとお考えの方は、ご自身のキャリアプランの策定とともに、これまでのキャリアの棚卸しを行い、ご自分の強みや目標をしっかりと把握しておくことが重要です。

そこで、ご自身が目指す業界や職種に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行いましょう。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」では、ご自身の自己分析をサポートしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。