TEL
メニュー
ビーバーズ

不動産の売買業者と仲介業者の違い|仕事内容や年収、必要な資格を解説

不動産 独立・フリーランス 働き方やキャリア 転職

不動産業界の仕事には、大きく分けて売買と仲介という業種があります。

売買とは、物件の所有権が移動する直接的な取引のことを指します。一方、仲介とは、売主と買主の間を取り持つのが仕事です。そのため、売買と仲介では仕事内容はもちろん、年収や必要な資格、働き方にも大きな違いがあります。

不動産業界へ就職や転職する際には、これらの違いを理解することが非常に重要です。

そこで今回は、不動産の売買業者と仲介業者の違いについて、仕事内容や年収、必要な資格を徹底解説します。これから不動産業界への就職や転職をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

不動産業界における売買業者と仲介業者の役割とは?仕事内容の違いも解説

不動産業界において、売買業者と仲介業者は異なる役割を担っています。以下にそれぞれの役割を詳しく説明します。

不動産売買業者の役割と仕事

不動産売買業者は、売主側(不動産を売りたい人)に対して物件の査定を行い、適正価格を算出します。また、広告や販売活動を通じて、買主を見つけるのも重要な役割です。さらに、売主と買主の交渉をサポートし、売買契約の成立に向けて尽力します。

そして、重要事項説明書や契約書を作成し、物件引き渡しの立ち合いなども行います。

不動産仲介業者の役割と仕事

一方、不動産仲介業者は、売主と買主を結びつけて、効率的に売買を行う役割を担います。

例えば、売主から「この不動産を買ってくれる人を探して欲しい」と依頼を受けた場合には買主を探したり、買主から「こんな不動産を買いたいから探して欲しい」と依頼を受けた場合には最適な売主を探したりします。

このように、適切な売主や買主に不動産物件を紹介して、売買契約の成立をサポートするのが仕事です。そして、契約が成立した際に、売主や買主から仲介手数料を受け取ります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産売買業者と仲介業者の年収の違い

不動産業界において、売買業者と仲介業者の役割と年収にはいくつかの違いがあります。以下にそれぞれの役割と年収の特徴を詳しく解説します。

不動産売買業者の年収相場

不動産売買業者は、不動産を売りたい人(売主)を見つけ、売却時に手数料を得るビジネスモデルです。このように、売主から手数料を得る(買主からは手数料を取らない)ため、この収益化構造を「片手取引」と呼びます。

不動産売買業者は、売主から依頼を受けてから物件を広告やオープンハウスなどで公開して集客し、買主に案内します。

不動産売買業者で働く方の年収は、実力次第で年間800万円から1000万円以上を狙えることも少なくありません。

不動産仲介業者の年収相場

一方、不動産仲介業者は、住宅などの不動産の売買取引が行われる際に、売主と買主の間を取り持つことで取引を円滑に進める役割を担います。不動産仲介では、売主と買主の両方から手数料を得る場合があり、この取引を「両手取引」と呼びます。

不動産仲介業者は、顧客に適切な物件を紹介し、売買契約の成立をサポートするのが仕事です。不動産仲介で働く方の年収は、一般的に売買業者よりも低いケースが多く、600万円前後が一般的です。

このように、不動産売買業者が実力に応じて高い年収を実現できる一方で、不動産仲介業者は安定した収入を得ることができますが年収の上限は比較的低めなのが特徴と言えるでしょう。

ただし、どちらの仕事も専門知識や営業力が求められるため、自身の適性に合った分野を選ぶことが重要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産売買業者と仲介業者に必要な資格の違い

上記のように、不動産売買業者と仲介業者には仕事の内容にいくつかの違いがありますが、求められる資格には共通するものが多いという特徴があります。

そこで以下では、不動産売買業者と仲介業者に求められる資格を4つ紹介します。

  1. 宅地建物取引士 (宅建士)
  2. 不動産鑑定士
  3. 土地家屋調査士
  4. ファイナンシャルプランナー (FP)

それぞれ解説します。

1.宅地建物取引士 (宅建士)

宅地建物取引士は、不動産取引において必須とされる国家資格で、不動産の売買や仲介において重要事項説明などを行う者です。

契約締結前の義務づけられた重要事項説明では、宅建士が免許証を提示して説明し、重要事項説明書に記名押印も行います。

この資格は個人に与えられるものであり、不動産売買仲介業者には宅地建物取引士の資格を持つ者が必要です。

2.不動産鑑定士

不動産鑑定士は、不動産の価値評価を行う専門家で、不動産の売買価格や資産評価に関する知識が必要です。

3.土地家屋調査士

土地家屋調査士は、土地や建物の調査、測量、評価を行う専門家で、土地の利用計画や法的問題に詳しい資格です。

4.ファイナンシャルプランナー (FP)

ファイナンシャルプランナー (FP)は、不動産購入において、資金計画や税金対策などのアドバイスを行う資格です。

上記のような資格は、不動産業界でのキャリアアップや専門的な知識を持つために役立つ資格です。適切な資格を取得することで、不動産売買業者としての信頼性を高め、顧客に適切なサービスを提供できるようになるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

今すぐ応募できる求人はこちら

\非公開求人/

新築メインの建築施工管理求人

月収
750000
勤務地
東京都港区
募集職種
一級建築施工管理技士

\非公開求人/

中古マンションのリノベーション

月収
450000
勤務地
神奈川県横浜市
募集職種
住宅マンションの施工管理

\非公開求人/

スーパーゼネコンの土木施工管理

月収
580000
勤務地
大阪府大阪市
募集職種
土木施工管理技士

\非公開求人/

大手ゼネコンの現場事務

月収
340000
勤務地
関東圏内の各エリア
募集職種
大手ゼネコンの現場事務

\非公開求人/

住宅中心の太陽光発電設置工事

人月単価
450000
勤務地
埼玉県全域
募集職種
太陽光発電設置工事

\非公開求人/

集合住宅のアフターメンテナンス

人月単価
400000
勤務地
福岡県博多市
募集職種
集合住宅のアフターメンテナンス

\非公開求人/

大型物件の解体工事

人月単価
500000
勤務地
栃木県栃木市
募集職種
大型物件の解体施工管理

\非公開求人/

大手ハウスメーカー下請けの大工

人月単価
700000
勤務地
大阪府大阪市、愛知県名古屋市、沖縄県
募集職種
住宅の大工

不動産売買や仲介業界の将来性とキャリアパス

Person Pointing on the Screen of a Laptop

不動産売買や仲介業者の将来性とキャリアパスについて、以下の視点から解説します。

不動産売買や仲介業界の将来性の将来性

不動産業界は常に変化しており、需要や供給、法規制、テクノロジーの進歩などの影響を受けやすいのが特徴です。また、少子高齢化やライフスタイルの変化により、住宅ニーズが多様化しています。

このような状況下において、高齢者の住宅ニーズは増加しており、バリアフリー住宅や介護施設などが求められています。これに伴い、高齢者向けの不動産売買や仲介業者の需要が高まっているのが現状です。

また、デジタル化とAIの活用により、不動産取引に関するデジタルプラットフォームやAIを活用したサービスが増えています。そのため、電子契約やオンライン重要事項説明などに必須となる、ITスキルが求められています。

不動産売買や仲介業界のキャリアパス

不動産売買や仲介業界のキャリアパスについて、以下の職種ごとに解説します。

営業職のキャリアパス

不動産物件の売買や仲介を行う営業職では、高い営業スキルが求められます。そこで、営業職からスタートして経験を積み、成果を上げることでキャリアを構築できます。

店長職や管理職のキャリアパス

不動産の取引現場での経験を活かして、店舗の管理職や部門のリーダーになることができます。そのためには、チームマネジメントや戦略的な判断力が必要です。

独立・開業する

ご自身で不動産事業を立ち上げることで、独立したキャリアを築くこともできます。独立開業には資金やネットワークの構築が必要ですが、将来性を見据えたスキルアップや資格を取得することで実現も夢ではありません。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産業界への就職や転職に成功するコツ

two men facing each other while shake hands and smiling

不動産業界への就職や転職に成功するためには、次の3つのコツを押さえることが重要です。

  1. 志望動機を明確にすること
  2. 不動産業界に有利な資格を取得すること
  3. 転職エージェントを活用すること

それぞれ解説します。

1.志望動機を明確にすること

不動産業界への転職を成功させるためには、志望動機を明確にすることが非常に重要です。以下の点に注意して、説得力のある志望動機を準備しましょう。

自己分析を行う

自分が不動産業界で何をしたいのか、どのようなキャリアを築きたいのかを自問自答し、明確なビジョンを持つことが大切です。

業界研究を深める

不動産業界の現状や将来性、求められるスキルや資格について研究し、自分の志望動機にどう結びつけるかを考えましょう。

企業研究をする

応募する企業の事業内容、企業文化、求める人材像を理解し、それに合わせた志望動機を用意しましょう。

2.不動産業界に有利な資格を取得すること

不動産業界では専門的な知識が求められるため、関連資格を取得することが有利に働きます。以下の資格が特に重宝されます。

宅地建物取引士(宅建士)

不動産取引において必要不可欠な国家資格です。法律知識が必要とされ、宅建士の資格を持つことで信頼性が高まります。

不動産鑑定士

不動産の価値を評価する専門的な知識と技能が求められる資格です。

ファイナンシャルプランナー (FP)

不動産業界でファイナンシャルプランナー(FP)の資格が有利とされる理由は、不動産取引において金融、税制、保険、不動産、相続などの幅広い知識が必要とされるためです。FP資格は、これらの知識を証明するものであり、特に不動産開発、不動産の流通、不動産管理業界、建築業界などで活用できます。

3.転職エージェントを活用すること

転職エージェントは、不動産業界への転職活動をサポートしてくれる強力な味方です。以下のポイントで活用しましょう。

専門性の高いエージェントを選ぶ

不動産業界に特化した転職エージェントを選ぶことで、業界の深い知識と豊富なネットワークを活用できます。

複数のエージェントに登録する

一つのエージェントだけに頼らず、複数に登録して求人の幅を広げることが重要です。

キャリアアドバイザーとのコミュニケーションを密にする

定期的に連絡を取り、自分の希望や進捗を共有することで、より適切な求人を紹介してもらえます。

これらのポイントを押さえて、不動産業界への転職活動に臨むことで、成功への確率を高めることができるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産の売買業者と仲介業者の違いのまとめ

このように、不動産の売買業者と仲介業者には、仕事の内容に大きな違いがあります。そこで、ご自身に適した職種を選んで転職することが重要です。

そこで、不動産業界への就職や転職を考える際は、本当にご自身がこの職業に合っているかを自己分析して、客観的な視点で自己を理解しておくことが重要です。

転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングを通して自分に向いている仕事に気付けるかもしれません。

不動産業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った転職先を提案いたします。

そこで、まずはビーバーズに登録して、転職に関する悩みや疑問をご相談ください。

関連するブログ

建設業界のお仕事探しは
ビーバーズへおまかせください。