TEL
メニュー

建設コンサルタントに転職を成功させる方法|必要な資格や年収の高い大手企業、ホワイト企業を見分ける方法を紹介

建設コンサルタントは、道路や橋、ダムなどの人々の生活を支えるインフラに関する、企画や設計、維持管理を行う仕事です。

自分の仕事が人々の役に立っていることを見れるため、社会貢献を感じられる仕事といえるでしょう。

建設業界で働く人や、建設に関する仕事を探している人の中には、建設コンサルタントの仕事に興味がある人もいるのではないでしょうか。

今回は建設コンサルタントの転職について、建設コンサルタントの仕事内容や年収、大手建設コンサルティング会社のランキングや転職を成功させる方法を紹介します。

建設コンサルティングに興味のある人や、転職を検討している人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

建設コンサルタントの業務内容や年収、求められる資格・スキルとは

ここからは建設コンサルタントの基礎知識を紹介します。

  • 建設コンサルタントの仕事
  • 建設コンサルタントの年収
  • 建設コンサルタントで役立つ資格やスキル

それぞれ詳しく見ていきましょう。

建設コンサルタントの仕事

建設コンサルタントは、国や地方公共団体からの依頼を受け、道路や橋、ダム整備などインフラに関する企画や設計、維持管理を行う仕事です。

インフラの建設では、「設計・施工分離の原則」というルールがあり、設計事業者と施工事業者が分けなければいけません。

そのため、企画や設計、施工管理や保守を行う建設コンサルタント、施工を行う総合建設業(ゼネコン)という関係が生まれています。

建設コンサルタントが対応する業務をまとめた図は以下のとおりです。

引用:[株式会社フジヤマ]

図から分かるように、建設コンサルタントは企画から維持管理まで幅広い業務を請け負っています。

そのため、建設コンサルタントとして活躍するには、企画力や営業力、測量の知識や建物に関する知識が求められるでしょう。

建設コンサルタントの年収

ここでは、建設コンサルタントの年収をまとめました。

全体の平均年収 485万円
20代前半の平均年収 391万円
20代後半の平均年収 454万円
30代の平均年収 506万円
40代以上の平均年収 605万円

引用:[転職会議]

データによると、建設コンサルタントの年収は年齢が上がるごとに増加しています。

建設コンサルタントの仕事は対応できる業務の幅が広いため、経験年数が増えるほど仕事の質も上がっていると考えられます。

資格を取得する、実績を作るなどの工夫で年収は上げられるので、自分にできる対策をしていきましょう。

建設コンサルタントで役立つ資格やスキル

建設コンサルタントで役立つ資格やスキルは以下のとおりです。

  • 測量士
  • 土木施工管理技士
  • 一級建築士
  • 技術士
  • シビルコンサルティングマネージャー(RCCM)

建設コンサルタントの業務には、測量や設計、施工管理の業務が含まれるため、それぞれの業務に関する専門知識があれば、業務に活用できます。

施工管理や設計士から建設コンサルタントに転職を検討している人は、前職で取得した資格をアピールしましょう。

一方で技術士やシビルコンサルティングマネージャー(RCCM)の資格は、建設コンサルタントとして一定の実務経験が求められます。

そのため、建設コンサルタントに転職したあとは技術士やシビルコンサルティングマネージャー(RCCM)の資格取得を目指すと良いでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設コンサルタントの魅力・やりがい

建設コンサルタントの仕事には、以下の魅力ややりがいがあります。

  • 将来性がある仕事である
  • 会社によっては高年収を狙える
  • 転職に有利になるスキルを獲得できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

将来性がある仕事である

建設コンサルタントの仕事は、AIに取って代わられる心配のない、将来性のある仕事です。

建設コンサルタントの仕事であるインフラ整備は、新しく建設する需要と、古くなったインフラの改修工事の需要が高まっています。

新しい建物や施設を作った後も、数年後には改修工事の需要が出てくるため、人々が生活する限りインフラの需要は尽きません。

将来も仕事がなくなる心配がない点は、建設コンサルタントの魅力のひとつといえるでしょう。

会社によっては高年収を狙える

建設コンサルタントは、経験とスキルによって高い年収を狙える職業です。

実際に先ほど紹介した平均年収のデータでも、最高年収と最低年収の幅は下記のような違いがありました。

平均年収 485万円
最高年収 1,400万円
最低年収 150万円

引用:[転職会議]

建設コンサルタントは、請け負う工事の規模や会社の大きさによって、年収をさらに上げることが可能です。

建設コンサルタントとして高い年収を目指したい人は、下記の手段を試してみてください。

  • 資格を取得する
  • 実務経験を積む
  • 規模の大きな企業に転職する

より条件の良い会社に転職できれば、さらなる年収アップを期待できるでしょう。

記事の後半では、建設コンサルタント会社の大手企業の情報をまとめているので、参考にしてください。

転職に有利になるスキルを獲得できる

建設コンサルタントとして働けば、次の転職はしやすくなるメリットがあります。

なぜなら建設コンサルタントとして働くことで得られるスキルには、プロジェクト管理能力や設計技術、コミュニケーション能力や問題解決力など、多岐に渡るから。

一度身についたスキルは、建設コンサルタント以外の職種でも高く評価されるため、デベロッパーや施工管理など幅広い職種に挑戦できるでしょう。

建設コンサルタントとして幅広い知識を身につけ、将来への可能性を広げましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設コンサルタントはやめとけといわれる理由

建設コンサルティングは魅力ある仕事ですが、一方で「やめとけ」という意見もあります。

建設コンサルタントはやめとけと言われる理由として、以下のような現場があります。

  • 残業や休日出勤が多い
  • 拘束時間が長い
  • 給与が低い
  • 仕事の責任が重い

建設コンサルタントの担当する工事のほとんどは、公共事業です。

公共事業に関わる工事のほとんどは、予算の関係で年度内に終えなければいけないという制限や、仕事の責任の重さがあります。

大規模なインフラ整備になれば、屋外の作業が多いため、天気に影響されることもあるでしょう。

天気が悪い日が続けば、残業や休日出勤が求められるかもしれません。

ただ、上記で紹介した建設コンサルタントはやめとけといわれる理由は、現在建設業界全体で行われている働き方改革によって改善されています。

  • ドローンを利用した測量データ作成
  • 設計図面をBIMやCIMで作成
  • データを活用した管理体制の構築

ドローンやAIロボットを活用すれば、測量にかかる手間が削減され、設計図面で利用するツールをBIMやCIMに切り替えれば、施工量や積算コストも一括で計算できるようになります。

また国土交通省によると、公共事業における工事の設定として、週休2日を確保できるような適正な工期を設定することを発表しています。

データ活用の効率化や政府の改革により、今後の建設コンサルタントの業務量は減り、残業や休日出勤などの問題も解消されるでしょう。

建設コンサルタントは未経験でも転職できるのか?

建設コンサルタントは未経験でも転職できます。

なぜなら建設コンサルタントに求められるスキルであるマネジメント能力やコミュニケーション能力は、他の業種で働く人にも同様に求められる能力だからです。

建設コンサルタントの業務の幅は広いため、実務経験を経てそれぞれの業務の知識をつける必要があります。

そのため、未経験から建設コンサルタントに挑戦する場合は、前職で身につけたスキルと新しく学ぶ建設コンサルタントの知識を掛け合わせて活かすことが可能です。

未経験から建設コンサルタントを目指す場合は、「未経験OK」の求人を探す、研修や資格支援制度が整った会社を探すなど、未経験でも働きやすい環境を整備している会社を選びましょう。

大手建設コンサルタント会社の特徴や年収を徹底比較

 

ここからは大手建設コンサルタント会社の特徴や年収を詳しく解説します。

  • 日本工営
  • パシフィックコンサルタンツ
  • 建設技術研究所
  • パスコ
  • 国際航業

それぞれ詳しく見ていきましょう。

日本工営株式会社

日本工営は、建設コンサルタント会社のBIG3に入る大手企業のひとつです。

国内の建設コンサルタント会社の中でも売上1位を獲得しており、国内外のコンサルティング業務を請け負っています。

日本工営の請け負う工事の多くは、ダムの再開発や道路調査、上下水道の設備など、社会インフラ整備がメインです。

会社名 日本工営株式会社
売上 739億円
平均年収 697万円
平均年齢 42.8歳
勤続年数 14.2年
月の残業時間 36.8時間

引用:[openwork]

パシフィックコンサルタンツ株式会社

パシフィックコンサルタンツ株式会社は、道路や鉄道、空港などさまざまな分野のインフラ整備を手がけるBIG3の建設コンサルタント会社のひとつです。

プラチナくるみんやえるぼし、経済産業省認定の「新・ダイバーシティ経営企業100選」にも選ばれており、働きやすい環境を万全にしています。

ホワイト企業を狙う人におすすめの企業といえるでしょう。

会社名 パシフィックコンサルタンツ株式会社
売上 529億円
平均年収 706万円
平均年齢 44.6歳
勤続年数 13年
月の残業時間 41.5時間

引用:[openwork]

株式会社建設技術研究所

株式会社建設技術研究所は、日本で最初にできた建設コンサルタントとして、70年以上の歴史を持つ企業です。

インフラ整備はもちろん、都市開発や環境事業まで幅広い分野で活躍しています。

ダイバーシティ推進を掲げており、女性や外国人の働きやすい職場を目指し、環境作りを徹底している点が魅力です。

会社名 株式会社建設技術研究所
売上 529億円
平均年収 706万円
平均年齢 44.6歳
勤続年数 13年
月の残業時間 41.1時間

引用:[openwork]

株式会社パスコ

株式会社パスコは、建設コンサルタント会社の中で売上3位の会社です。

もともとは航空測量会社として設立しましたが、インフラ分野のDX化や空間情報サービスなど、幅広い分野で活躍しています。

誰もが学びながら積極的に働き続ける環境を目指し、人材育成制度に力を入れており、働きながら成長できる職場が魅力です。

会社名 株式会社パスコ
売上 514億円
平均年収 645万円
平均年齢 43.2歳
勤続年数 11.5年
月の残業時間 39.1時間

引用:[openwork]

国際航業株式会社

国際航業株式会社は、「空間情報で未来に引き継ぐ世界をつくる」というミッションのもと、インフラ整備を行う建設コンサルタント会社のひとつです。

地理空間データの作成や鉄道・道路網の整備、都市計画の立案など、建設コンサルタントとしてデータを活用した事業を拡大しています。

くるみんやえるぼしにも認定されている国際航業株式会社では、ワークライフバランスの整った働き方が可能です。

会社名 国際航業株式会社
売上 514億円
平均年収 645万円
平均年齢 43.2歳
勤続年数 11.5年
月の残業時間 38時間

引用:[openwork]

建設コンサルタントの転職でホワイト企業を見つけるためにやるべきこと

ここからは、建設コンサルタントの転職でホワイト企業を見つけるためにやるべきことを3つ紹介します。

  • 応募企業の離職率や残業時間など情報収集を徹底する
  • リファラル採用を活用する
  • 転職エージェントに相談する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

応募企業の離職率や残業時間など情報収集を徹底する

ホワイト企業を見つけるには、応募企業の情報を詳しく調べることが重要。

ホワイト企業を見分ける特徴として、以下のポイントに注意して情報収集を行いましょう。

  • 3年以内の離職率
  • 月の残業時間の実績
  • 有給消化率
  • 年間休日日数
  • 口コミ
  • 福利厚生

離職率や残業時間の実績は、就職四季報などの情報誌や、口コミサイトから確認できます。

【口コミサイトの例】

口コミサイトでは、実際に働いている人の意見を見ることができるため、複数のサイトを確認してみてください。

リファラル採用を活用する

リファラル採用とは、該当企業ですでに働いている社員や社外の取引先などの紹介によって、企業に転職する仕組みです。

建設コンサルタントの転職において、リファラル採用はよく利用されています。

リファラル採用は、建設コンサルタントで働く知人から会社の情報を聞くことができる、ホワイト企業への転職の可能性が高まるなどのメリットがあります。

またリファラル採用は、採用のリスクを減らしつつ採用コストを抑えられるため、企業側にもメリットが。

転職を検討する場合は、自分の知り合いに建設コンサルタントとして働いている人がいないかを確認しましょう。

転職エージェントに相談する

転職に関する不安を無くしつつ、ホワイト企業に転職したい人は、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは、求人サイトに載っていない非公開求人を多数保有しており、その人に合った求人を紹介してくれます。

転職エージェントでは、自己分析やスキルの棚卸しだけでなく、応募書類の添削や面接対策のサポートも受けられます。

さらに建設業界に特化したエージェントであれば、建設コンサルタントの求人市場に精通しており、転職に関する相談もしやすいでしょう。

建設業界に特化したエージェントを探している人は、「ビーバーズ」に相談してみてください。
まずは自分の転職の条件を決めるところから、細やかにサポートしてくれるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は建設コンサルタントの転職について、建設コンサルタントの仕事内容や年収、転職を成功するためにやるべきことを紹介し、大手建設コンサルタント企業の比較をしました。

建設コンサルタントは、建設業における施工以外の工程を担当するため、幅広い知識とスキルが求められます。

残業がきつい、休日出勤が大変などのデメリットがありますが、現在は働き方改革の影響で徐々に働きやすい環境が作られている状況です。

建設コンサルタントに転職したい人は、リファラル採用を検討するか、転職エージェントに相談するなどの対策をとりましょう。

転職エージェントに相談すれば、転職の悩みを解消しながらスムーズに転職活動が進められます。

自分の求める会社の条件や働き方は何なのかを考え、ホワイト企業への転職を目指してみてください。

本記事が参考になれば幸いです。

CADオペレーターの転職に必要な資格や対策とは?未経験からの転職対策やおすすめの転職エージェントまで詳しく紹介

CADオペレーターとは、設計士やデザイナーが作成した設計図をもとにCADソフトを使って図面を作成する仕事です。

CADソフトを扱うことから、専門性の高い仕事としてさまざまな業界で活躍しています。

CADオペレーターの仕事は、男女問わず活躍できるため、建設業界の中でも女性比率の高い職種のひとつです。

そんなCADオペレーターになりたいと思った人は、どのように転職活動を進めていけば良いのでしょうか。

今回はCADオペレーターの仕事内容や年収、転職する際に取得しておくべき資格やおすすめの転職エージェントを紹介します。

CADオペレーターは、未経験でも挑戦できる職種ですが、転職を成功させるには対策をとっておくことが重要。

CADオペレーターの転職を目指している人、CADオペレーターの仕事に興味がある人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

CADオペレーターの仕事とは?

CADオペレーターは、CAD(Computer-Aided Design)ソフトを活用して設計図から図面を作成・編集する仕事です。

設計図をもとにCADで図面を作成するため、設計図を理解する知識やCADソフトを使いこなすための能力が求められます。

正確性を求められる仕事が多いため、細かい計算が好きな人や、正確に作業を進められる人に向いている仕事でしょう。

CADソフトにはさまざまな種類があり、利用するCADソフトによって活躍できる業界が異なります。
下記に各業界でよく利用されるCADソフトをまとめました。

CADソフトの名称 利用される業界
AutoCAD 建築・土木・機械
Vectorworks 建築・土木・インテリアデザイン
Revit 建築
Rebro 建築・設備
CATIA 自動車開発・宇宙
SOLIDWORKS 機械
NX 自動車・精密機器・電気機器・家電

業界によって取り扱うツールが異なります。

さらに、建設業界の中でも会社によって利用するCADソフトが異なることもあるため、応募前にその会社が利用するソフトは何かを確認しておきましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

CADオペレーターの年収相場とは?

ここからは、CADオペレーターの年収相場を比較します。

CADオペレーターを目指す人は、年収の相場を理解したうえで、応募する会社を選ぶのがおすすめです。

  • 国民平均の年収とCADオペレーターの年収相場を比較
  • エリア別のCADオペレーターの年収相場

それぞれ詳しく見ていきましょう。

国民平均の年収とCADオペレーターの年収相場を比較

厚生労働省が運営するサイト「jobtag」によると、CADオペレーターの平均年収は461.8万円です。

国民全体とCADオペレーターの平均年収を下記にまとめました。

国民全体 CADオペレーター
平均年収 443万円 461.8万円

引用:[令和3年分 民間給与実態統計調査],[jobtag]

データから、CADオペレーターは国民全体の平均年収よりも高いことが分かります。

CADオペレーターの仕事は専門の知識や資格が求められるため、実績や資格を増やせばさらに年収を上げることも可能でしょう。

エリア別のCADオペレーターの年収相場

次に、エリア別のCADオペレーターの年収相場を比較します。

求人ボックスのデータによると、エリア別のCADオペレーターの年収相場は以下のとおりです。

エリア 平均年収
北海道・東北 478万円
甲信越・北陸 471万円
関東 465万円
東海 422万円
関西 446万円
中国 477万円
四国 429万円
九州・沖縄 461万円

引用:[求人ボックス]

データを見て分かるように、エリアによってCADオペレーターの平均年収が変わります。

北海道や東北、四国で働くCADオペレーターの平均年収が高いことから、「都会=年収が高い」というわけではないことが分かりました。

場所を問わず働ける人であれば、求人を探す際にエリア別の年収を参考にしてみるのもおすすめです。

CADオペレーターに向いている人の特徴

CADオペレーターに向いている人には下記のような特徴があります。

  • 精密な作業が得意な人
  • 空間認識能力が高い人
  • 想像力の高い人
  • コミュニケーション力の高い人

CADオペレーターは、設計士やデザイナーと話し合いながら仕事を進めていくため、指示されたデータを素早く正確に作成する細やかさが求められます。

平面のデータを3次元CADで3Dに起こす作業もあるため、空間認識能力が高い人に向いているでしょう。

さらに、設計士やデザイナーの指示から必要な行動を把握して仕事をする必要があるため、コミュニケーション力が高く、想像力が高い人の方がスムーズに作業を進められるはずです。

紹介した特徴の中に、ひとつでも当てはまる項目があれば、CADオペレーターを目指してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

未経験でもCADオペレーターに転職はできるのか?

結論、未経験でもCADオペレーターに転職は可能です。

なぜなら、CADオペレーターは仕事をする際に必須となる資格はないから。

CADの資格を取得することで、CADソフトを使いこなすスキルは身につきますが、資格の取得は入社してから取り組んでも問題ありません。

未経験からCADオペレーターを目指す際は、下記の3点に注意して求人を探しましょう。

  • 未経験OKのCADオペレーターの求人を探す
  • CADオペレーターの資格の取得を目指す
  • 研修制度や資格取得支援制度が充実している会社を探す

未経験からCADオペレーターとして活躍するには、成長できる機会を用意している会社を見つけるのが大切です。

福利厚生や研修制度を比較して、自分に合った会社を見つけましょう。

CADオペレーターが転職の際に取得しておくべき資格3選

ここからはCADオペレーターが転職の際に取得しておくべき資格を紹介します。

CADオペレーターの資格の中には、実務経験がなくてもスクールや独学で合格を目指せる資格が多いです。

転職を有利に進めるためにも、応募先の企業が扱っているCADソフトの資格取得を目指しましょう。

  • CAD利用技術者試験(2次元・3次元)
  • オートデスク認定資格プログラム試験
  • 建築CAD検定試験

それぞれ詳しく紹介します。

CAD利用技術者試験(2次元・3次元)

CAD利用技術者試験は、一般社団法人コンピュータ教育振興協会が運営するCADに関する資格で最も有名な試験のひとつです。

3次元CADと2次元CADの2種類が用意されており、それぞれの試験で取り扱うCADの種類は機械・建築・トレースから選べます。

CADに関する資格を初めて取得する人は2次元CADの基礎級から挑戦してみてください。

受験資格に制限がなく、筆記試験を家で受験できます。

CAD利用技術者試験はCADオペレーターの中でも有名な資格であるため、取得するだけで自己アピールに使えるでしょう。

資格名 CAD利用技術者試験
運営機関 一般社団法人コンピュータ教育振興協会
試験の階級 3次元CAD:2級・準1級・1級

2次元CAD:基礎級・2級・1級

受験料 3次元CAD:2級(7,700円)・準1級(11,000円)・1級(16,500円)

2次元CAD:基礎級(4,400円)・2級(6,050円)・1級(16,500円)

試験時間 3次元CAD:2級(60分)・準1級(120分)・1級(120分)

2次元CAD:基礎級(50分)・2級(60分)・1級(80分)

引用:[CAD利用技術者試験]

オートデスク認定資格プログラム試験

オートデスク認定資格プログラム試験は、AutoCADなど世界各国で利用されているCADドフトを開発するオートデスク社が運営する民間の試験です。

初心者向けと経験者向けによって2つのレベルがあり、試験で利用するCADソフトによって合計5つの種類に分かれます。

レベル 利用するCADソフト 認定される資格名
オートデスク認定ユーザー
  • AutoCAD
  • Revit Architecture
  • Fusion 360
  • AutoCAD 認定ユーザー
  • Revit Architecture 認定ユーザー
  • Fusion 360 認定ユーザー
オートデスク認定プロフェッショナル
  • AutoCAD
  • Autodesk Inventor
  • AutoCAD 認定プロフェッショナル
  • Autodesk Inventor 認定プロフェッショナル

自分の目指す会社で利用しているCADソフトは何かを把握したうえで、対象の試験を受験してみてください。

資格名 オートデスク認定資格プログラム試験
運営機関 オートデスク社
受験料 オートデスク認定ユーザー:7,700円

オートデスク認定プロフェッショナル:13.200円

試験時間 AutoCAD ユーザー試験:50分

Revit Architecture ユーザー試験:50分

Fusion 360 ユーザー試験:75分

AutoCAD 認定プロフェッショナル:120分

Autodesk Inventor 認定プロフェッショナル:120分

引用:[オートデスク認定資格プログラム]

建築CAD検定試験

建築CAD検定試験は、全国建築CAD連盟が主催する建設CADに特化した試験です。

試験は4級から準1級まで4種類に分かれており、それぞれの試験では建築図面の知識と、図面を正確にトレースする能力が求められます。

建築CAD検定試験は、建設業界を目指す人であればぜひ取得しておきたい資格のひとつ。

建設CADに対する知識の多さをアピールできるでしょう。

資格名 建築CAD検定試験
運営機関 全国建築CAD連盟
受験料 4級:3,150円

3級:10,500円

2級:10,500円

準1級:14,700円

試験時間 4級:2時間

3級:2時間

2級:5時間

準1級:4時間10分

引用:[建築CAD検定試験]

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

CADオペレーターの転職を成功させるためにやるべき3つのこと

ここからは、CADオペレーターの転職を成功させるためにやるべき行動を3つ紹介します。

  • CAD以外のスキルを身につけておく
  • 志望動機で自分をしっかりアピールする
  • 転職エージェントに複数登録する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

CAD以外のスキルを身につけておく

CADオペレーターとして、CADを扱うスキルは必須ですが、より条件の良い会社に転職を目指す場合、CADの知識以外のスキルを身につけておくことがおすすめです。

たとえば、建設業界のCADオペレーターとして活躍したい人は、BIMの取り扱いに関する知識を学び、BIM利用技術者試験を受験すると良いでしょう。

BIMとはCADとは異なり、はじめから3次元でモデリングを行い、施工に関する資材のデータの登録、強度計算やコスト計算をまとめて対応できるソフトです。

近年は業務効率化の目的で、大手ゼネコンでの利用が増えています。

BIMを扱える人材はまだまだ少ないため、BIMの資格を取得しているだけでより条件の良い会社への転職ができるかもしれません。

将来の建設業界での需要を考えて、今のうちに勉強を進めておきましょう。

志望動機で自分をしっかりアピールする

転職を成功させるには、志望動機で自分をアピールすることが重要です。

志望動機で書くべき要素は以下のとおり。

  • なぜCADオペレーターになりたいのか
  • なぜ応募企業を選んだのか
  • 応募企業で何ができるのか
  • 将来のキャリアプラン

自分のやる気だけではなく、自分の将来的な価値を具体的にかつ明確に伝えることが重要です。

志望動機を細かく作り込むには、自己分析やスキルの棚卸しが必須。

自分の身につけたスキルを客観的に把握できるように、時系列に書き出し、自分の可能性を把握する必要があるでしょう。

スキルの棚卸しは、転職エージェントに相談しながら進めることも可能です。

自分以外の視点から、自分の魅力を発見し、説得力のある志望動機を作成しましょう。

転職エージェントに複数登録する

転職エージェントは、会社によって保有する求人が異なり、担当者との相性も違います。

自分の転職を成功させるには、複数の転職エージェントとのやり取りの中で、より条件の良い会社を見つけることが大切です。

複数の転職エージェントに登録すれば、担当者との相性を確認しながら転職活動を進められますし、その会社にしかない転職サポートを受けられるかもしれません。

複数のエージェントに登録する場合は、総合型と特化型それぞれのエージェントに登録するのがおすすめです。

総合型エージェントでは、転職活動の基本的な知識を学べ、特化型エージェントでは業界特有の転職活動の特徴を学びながら面接対策を受けられます。

双方のメリットを活用しながら、転職活動を成功させましょう。

CADオペレーターの転職におすすめの転職エージェント3選

ここからは、CADオペレーターの転職で利用すべき転職エージェントを3つ紹介します。

今回紹介する3つのエージェントは特化型と総合型を踏まえているので、まずは登録だけでもしてみてください。

  • ビーバーズ
  • リクルートエージェント
  • doda(デューダ)

それぞれ詳しく紹介します。

ビーバーズ|建設業界に特化した転職エージェント

ビーバーズは、建設業界に特化した転職エージェントです。

ビーバーズの魅力は、派遣や一人親方などのフリーランス、契約社員、などその人にあった求人を幅広く保有している点。

建設業界に深い知識のある担当者が転職の悩みに寄り添いながらサポートするため、建設業界に未経験から転職を目指す人にもおすすめです。

建設業界のCADオペレーターを目指す人は、まずは登録しておきましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

リクルートエージェント|建設業界に理解がある担当者が在籍

リクルートエージェントはリクルートホールディングスが運営する総合型転職エージェントです。

転職支援実績No.1の実績を持つリクルートエージェントは、転職を成功させるためのサポートやコンテンツが豊富な点が魅力のひとつ。

転職が初めての人は、転職に関する基礎知識を学びながら転職活動を進められるでしょう。

求人数も公開求人、非公開求人を含め多数保有しているため、求人の選択肢を広げたい人はぜひ登録してみてください。

doda(デューダ)|CADオペレーターの案件が多く転職サイトも利用できる

doda(デューダ)は、パーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

doda(デューダ)の魅力は、転職サイトと転職エージェントのどちらも利用できる点。

転職サイトで気になる求人を見つけたら、担当者に相談して応募を進めることも可能です。

dodaは総合型の転職エージェントとしてさまざまな働き方を実施している会社を紹介しているので、条件を変えて複数の求人を比較してみるのがおすすめです。

まずはdodaの転職サイトから気になる求人を探してみてください。

まとめ

今回はCADオペレーターに転職を検討している人に向けて、CADオペレーターの仕事内容や必要な資格、転職を成功させるためにやるべきことを紹介しました。

CADオペレーターとしてより条件の良い会社に転職するには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

自己分析やスキルの棚卸しをサポートしてくれるだけでなく、自分に合った転職先を紹介してもらえ、採用確率を上げるための対策もサポートしてくれます。

転職エージェントを活用する場合は、特化型と総合型の2つに登録するのがおすすめ。

転職エージェントのサポートを受けながら、自分の希望に合った転職先を見つけましょう。

本記事が参考になれば幸いです。

電気工事士はやめとけ?理由と対策、向いている人の特徴や勝ち組になる方法を徹底解説

電気工事士は、電気の配線の設置や電気設備の設置工事を行う仕事です。

電気を取り扱う仕事のため、工事の種類によっては資格が求められる専門性の高い仕事のひとつ。

専門性の高い仕事としてやりがいのある仕事といわれる事もありますが、一方で仕事が忙しすぎる、体力的にきついなどの理由から「やめとけ」といわれる事もあります。

なぜ「電気工事士はやめとけ」といわれるのでしょうか?

今回は電気工事はやめとけといわれる理由や、仕事の魅力や可能性、年収を上げるためにやるべきことを紹介します。

電気工事士を目指している人や、電気に関わる仕事に挑戦したい人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

電気工事士はやめとけといわれる理由とは?

close-up photography of person lifting hands

ここからは、電気工事士はやめとけといわれる理由について紹介します。

  • 繁忙期が忙しいから
  • 体力仕事がきついから
  • 資格取得の難易度が高いから
  • 見習い期間中の給料が低いから
  • ブラック企業が多いから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

繁忙期が忙しいから

電気工事の仕事は、繁忙期と閑散期で仕事量が異なります。

電気工事士の繁忙期は、エアコンの取り付けや取り外し工事の依頼が殺到する夏場です。

繁忙期には、1日に何十件もの現場を周り作業をする必要があるため、長時間の労働や週末の仕事が増えることがあり、忙しすぎてきついと感じてしまうかもしれません。

電気工事士の中でも、エアコン取り付けをメインで行っている会社で働く人で、仕事が忙しすぎると感じる人は、事業者向けの電気設備工事などを行う会社に転職を検討するのもおすすめです。

体力仕事がきついから

電気工事士は屋外や高所で仕事をすることもあり、体力的にきついと感じる人がいるかもしれません。

電気に関わる作業であるため、取り扱いを誤れば重大な事故につながる危険もあります。

体力に自信のない人や、屋外での仕事が苦手な人は電気工事士の仕事が向いていないかもしれません。

資格取得の難易度が高いから

電気工事士の仕事は、業務独占資格に該当します。

つまり、資格を取得していない人は電気工事業務を行えないということ。

電気工事士として働くために取得すべき資格は、以下の3種類です。

  • 電気工事士
  • 電験3種
  • 電気主任技術者

それぞれの試験の合格率は以下のとおり。

資格名 合格率(科目合格率)
第一種電気工事士 筆記:53.5% / 技能:67.0%
第二種電気工事士 筆記:59.2% / 技能:72.8%
電験3種 15.7%(28.7%)
電気主任技術者 8.3%(29.4%)

引用:[ユーキャン]

データを見ると、電験3種と電気主任技術者の合格率の低さが分かります。

まずは電気工事士の資格を取得してから、他の資格の取得を目指す方法がありますが、電験3種や電気主任技術者の難易度が高くて挫折してしまう人もいるようです。

見習い期間中の給料が低いから

初心者から電気工事士になるには、見習い期間があります。

見習い期間がある理由は、電気工事士は資格を取得しなければ工事を一人で対応できないため。

電気工事士としての業務ができない分、見習い期間中の給料は低く、生活費の面できついと感じるかもしれません。

初心者から電気工事士を目指す人は、できるだけ早く資格の取得を目指しましょう。

ブラック企業が多いから

電気工事業界にはブラック企業が多いといわれています。

なぜなら電気工事業界は繁忙期と閑散期の差が激しく、夏場は長時間残業や休日出勤を強いられる事もあるから。

ブラック企業ではない会社だとしても、時期によってはブラック企業と感じてしまうかもしれません。

また繁忙期ではないにもかかわらず、残業や休日出勤が多い職場はブラック企業といえるでしょう。

ブラック企業で働いていると気づいたら、すぐに転職するのがおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事士の資格を取得するメリット

電気工事士がきついといわれる理由に「資格取得の難易度が高いから」とありますが、電気工事士の資格である電気工事士試験は第一種・第二種に分かれています。

電気工事士の資格を取得すれば、仕事の幅が広がるだけでなく、下記のメリットを得られます。

  • 資格手当を活用して年収が上がる
  • 転職に有利になる
  • 独立しても稼げる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

資格手当を活用して年収が上がる

電気工事士の資格を取得すれば、会社から資格手当が支給されることがあります。

たとえば電気工事士の資格を取得した際の資格手当の相場は以下のとおりです。

資格名 資格手当の相場
第一種電気工事士 5,000円~60,000円
第二種電気工事士 2,000円~30,000円

資格手当は手取りに上乗せして支給されるため、資格手当を取得することで年収が上がるというメリットがあります。

資格手当は、複数の資格を取得することでさらに増やす事も可能。

資格取得によって年収が上がれば、仕事のモチベーションや資格取得のやる気につながります。

資格取得にともなって実務経験を積んでいけば、さらに難易度の高い業務にも挑戦できるでしょう。

転職に有利になる

電気工事士の資格を取得すれば、転職が有利になります。

なぜなら電気工事士や電験3種、電気主任技術者は業務独占資格だから。

資格を取得しているだけで、対応できる業務の幅が広いことを証明でき、即戦力として働けることをアピールできます。

資格を複数取得していれば、より難易度の高い業務を任せることができるため、取り扱う電圧の大きな工事を請け負う大企業で働ける可能性も広がります。

資格を取得するだけで、転職できる企業の条件が良くなるため、転職を検討している人は今のうちに資格を取得しておきましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

独立しても稼げる

電気工事士の資格があれば、独立して電気工事業者として働くことも可能です。

独立しても仕事を獲得し続けるには、信頼が必要です。

電気工事士に関する複数の資格を取得していれば、資格取得の実績が信頼となり、仕事を獲得できるでしょう。

独立すれば、請け負う仕事量やスケジュールを自分で決められ、収入も管理できます。

独立してすぐは、仕事の確保や継続に苦労するかもしれませんが、一度軌道に乗れば自分の努力次第でいくらでも年収を上げられるでしょう。

将来は独立したいと考えている人は資格の取得を計画的に行いましょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事士の資格を活用できる仕事

電気工事士の資格を取得すれば、電気工事士以外の職種で働く事も可能ですし、独立して働く事も可能です。

ここでは、電気工事士の資格を活用できる仕事を3つ紹介します。

  • エアコンの取り付け工事
  • ビルメンテナンス
  • 屋内・屋外の配線工事

それぞれ詳しく見ていきましょう。

エアコンの取り付け工事

電気工事士の主な仕事は、エアコンの取り付け工事です。

エアコンの取り付けや取り外しは、電気の配線を扱うことから、専門的な知識が必要です。

電気工事士の資格を取得していれば、電源の取り付けから配線の設置、取り外しまですべての工事に対応できます。

エアコンの取り付け工事は夏場の需要が高いため、独立後もエアコン工事だけで収入を稼ぐ事も可能。

将来的にエアコンの取り付け工事で独立を目指している人は、エアコンの取り付け工事を担当している企業に入って、仕事の流れを学ぶのが良いでしょう。

ビルメンテナンス

ビルメンテナンスとは、高層ビルやマンションなどの施設にある設備の管理をする仕事です。

管理すべき設備は、空調設備や電気設備、消防設備などさまざま。

電気設備の保守・点検は電気工事士や電験3種の資格を持つ電気工事士しかできないため、ビルメンテナンスとして転職する際のメリットになるでしょう。

ビルメンテナンスの仕事は、ワークライフバランスが充実し肉体労働が少ないという魅力があります。

定年後にも働ける仕事なので、将来の働き方のひとつとして検討してみてください。

屋内・屋外の配線工事

電気工事士は、屋内・屋外の配線工事を担当します。

配線工事の対象は、住宅や商業施設など規模はさまざまで、設備によって屋内作業か屋外作業が異なります。

屋外作業の場合は、直射日光や風の影響を受けたり、高所作業が求められることがあるかもしれません。

肉体労働がきつい、高所が苦手という人は屋内作業をメインで行う会社を選ぶと良いでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事士は向いている人と向いていない人に分かれる

電気工事士はやめとけといわれるのは、電気工事士に向いていない人からの意見かもしれません。

電気工事士の仕事は向き不向きがあるため、電気工事士に転職したい人は仕事が自分に合っているかを確認しましょう。

  • 電気工事士に向いている人の特徴
  • 電気工事士に向いていない人の特徴

それぞれ詳しく紹介します。

電気工事士に向いている人の特徴

電気工事士に向いている人は、以下のような特徴があります。

  • 細かな作業が好きな人
  • 黙々と一人で作業ができる人
  • 図面通り施工できる人
  • 丁寧に作業できる人

電気工事士は、一歩間違えば重大な事故につながる電気を扱う仕事です。

そのため、器用な人や丁寧な仕事ができる人であれば、安全に気を遣いながら細やかな仕事ができるでしょう。

また電気工事士は、正しい配線を設置しなければ電気が通らず設備が機能しません。

そのため図面通りに作業ができる能力や、黙々と決められた作業をする能力があれば、電気工事士として活躍できるでしょう。

電気工事士に向いていない人の特徴

電気工事士に向いていない人は、以下のような特徴があります。

  • 決められた順番で作業をするのが苦手な人
  • 肉体労働をしたくない人
  • 細かな作業が苦手な人
  • 勉強をし続けるのが苦手な人

電気工事士の仕事は、的確かつ細かな作業が求められます。

そのため、細かな作業が苦手な人や、手順どおりに作業を進めるのが苦手な人は電気工事士に向いていないでしょう。

また、電気工事士は資格を取得することでキャリアアップできる仕事です。

勉強をし続ける意欲がない人や勉強が苦手な人には向いていないかもしれません。

電気工事士として年収を上げる方法|勝ち組になるには対策が必要

電気工事士は、努力次第で年収を上げることが可能です。

電気工事士の勝ち組といわれる人は、平均年収以上の収入を稼ぎ、ワークライフバランスの整った働き方を手にしています。

ここでは、電気工事士として年収を上げるための3つの方法を紹介します。

  • 電気工事士に関する資格を取得する
  • 電気工事士のホワイト企業に転職する
  • 電気工事士として独立する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

電気工事士に関する資格を取得する

電気工事士として年収を上げるには、電気工事士や電験3種などの電気に関する資格を取得するのがおすすめです。

資格を取得するごとに資格手当を受けることができるため、複数の資格を取得することで年収を上げ続けることが可能です。

さらに資格を取得していれば、対応できる業務の幅も広がります。

難易度の高い業務に取り組めるようになれば、実力に伴って年収が上がるかもしれません。

電気工事士のホワイト企業に転職する

必要な資格や実績がある程度貯まれば、転職を検討しましょう。

電気工事士の給与を左右する要素のひとつは、働く企業です。

企業の規模によって社員に対して払える給与の額が変わるため、高い資格と実績がある人は、より条件の良い企業に転職するのがおすすめです。

転職を検討する場合は、労働環境が良く福利厚生が充実したホワイト企業に転職を目指しましょう。

ホワイト企業を探す場合は、月の残業時間の実績や3年以内の離職率、福利厚生を比較しましょう。

転職で失敗したくない人は、転職エージェントを利用するのがおすすめ。

ビーバーズは建設業に特化したエージェントとして電気工事士の求人を豊富に紹介してくれるでしょう。

電気工事士として独立する

電気工事士として年収を増やしたい人は、独立する方法もおすすめです。

独立すれば、自分の仕事量や収入を決められますし、ワークライフバランスの整った働き方をする事も可能です。

ただし、独立したから成功するわけではありません。

事業が軌道に乗るまでは、廃業のリスクや責任が伴うため、慎重に計画を立てて実行しましょう。

電気工事士に関するよくある質問

ここからは、電気工事士に関するよくある質問に回答します。

  • 電気工事士はガラの悪い人が多いんですか?
  • 電気工事士は楽な仕事ですか?
  • 電気工事士は食いっぱぐれない仕事ですか?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

電気工事士はガラの悪い人が多いんですか?

すべての電気工事士がガラが悪いというわけではありません。

ただ、電気工事士として働く人の中には、職人気質の人がいるかもしれません。

工事現場では男性が多い職場がほとんどであるため、言い方がきつい、気性が荒い人もいる可能性はあるでしょう。

電気工事士は楽な仕事ですか?

電気工事士の仕事は、専門性の高い知識と細やかな作業が求められます。

常に資格取得に挑戦し続ける向上心や、手順通りに丁寧な仕事をこなせる人であれば、電気工事士を楽な仕事と感じられるでしょう。

一方で、細やかな作業やマニュアル通りの仕事をするのが苦手な人は電気工事士がきついと感じるかもしれません。

自分がどんな作業に向いているかを把握して、電気工事士に挑戦してみてください。

電気工事士は食いっぱぐれない仕事ですか?

電気工事士は食いっぱぐれる心配のない、将来性のある仕事です。

なぜなら、電気工事士は業務独占資格に指定されており、電気工事を行う際には電気工事士の資格を持った人しか対応できないから。

電気設備の修理や点検をする場合は、必ず電気工事士が行わなければいけないため、電気設備がある限り電気工事士の需要はあるといえるでしょう。

また電気工事士は国家資格であるため、資格を取得するだけで社会的な信用度が高くなります。

将来性のある仕事を探している人は、電気工事士を目指してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は「電気工事士はやめとけ」という意見から、やめとけといわれる理由や電気工事士の資格取得のメリット、年収を上げるためにやるべき行動を紹介しました。

電気工事士は業務独占資格に指定されており、電気工事を行う専門家です。

資格が必須の業務であることから、見習い期間の収入が低くてきつい、繁忙期は人が足りなくて忙しいなどのデメリットがあり、「やめとけ」といわれることが多いようです。

しかし電気工事士は資格を取得すれば、転職がしやすくなる、独立で役立つなどメリットもあります。

さらに電気工事士は資格を取得したり、実力に見合った企業に転職すれば、どんどん年収を上げる事も可能です。

今回紹介した方法を紹介して、電気工事士として活躍しましょう。

建設業界に転職する際の履歴書の書き方6選|志望動機のポイントやNG事例まで細かく解説

建設業界に転職する際、まずは書類審査に通らなければいけません。

採用担当者の目を引く履歴書を作成しなければ、いくら応募しても採用することは難しいでしょう。

今回は建設業界への転職に際して、履歴書をどのように書くべきか、志望動機のポイントやNG事例まで細かく解説します。

さらに建設業界の職種に合わせた効果的な志望動機の書き方や、履歴書の例文まで紹介します。

建設業界への転職を検討している人や、転職活動をしていてなかなか書類審査を突破できない人は参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

建設業界とは

建設業界で採用される履歴書を作成するには、建設業界に関する知識を得ておく必要があります。

ここからは建設業界について基本的な情報を学びましょう。

  • 建設業界とは
  • 建設業界の課題

それぞれ詳しく紹介します。

建設業界とは|人々の生活を支え災害時には最前線で活躍する業界

建設業界は年間58兆円以上もの市場のある業界で、住宅建築からインフラの整備、大型施設の建設などさまざまな生活に関わるものを作っています。

令和3年度に実施した工事の内訳は以下のとおり。

引用:[最近の建設業を巡る状況について]

公共工事は75%が土木にあてられ、民間工事の84%は住宅建築に関する工事が行われています。

建設業界の役割は、住宅建築以外にも下記の要素があります。

  • 災害の応急対応
  • インフラメンテナンス

つまり、建設業界は地震や津波などの自然災害が発生した際、最前線になって人々が生活するインフラを復旧させる役割があるということ。

日常の生活を円滑に進めるために、道路や上下水道の管理や修理、人口増加に伴う水の確保のためのダム建設など、人々の生活に欠かせない業界といえるでしょう。

建設業界の課題

建設業界の課題は大きく分けて下記の3つです。

  • 若者の働き手の確保
  • 建設業就業者の高齢化
  • 建設業の長時間労働の改善

建設業界の若者不足と高齢化は、深刻な課題です。

引用:[最近の建設業を巡る状況について]

データからは、全産業のデータと比較して、建設業界の29歳以下の割合が4%以上低く、高齢者の割合が4%以上高いことが分かります。

建設業界の若者離れの原因のひとつは、建設業界全体に「3K(きつい・汚い・危険)」のイメージが定着しているから。

人手不足が原因で長時間残業が深刻になっている背景を見ても、新たに建設業界で働きたいという担い手を逃してしまっています。

しかし2023年現在は、建設業界全体の取り組みにより、働き方改革が進められており、DX化やAIロボットの活用などで建設業界全体の働き方は改善されています。

働きやすい環境を準備することで、若者不足を解消し、高齢化や悪いイメージを解消していく必要があるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

建設業界の仕事は大きく3つに分かれる|営業・設計・施工の業務内容や重要性を紹介

建設業界の仕事は、大きく下記の3つに分かれます。

  • 営業
  • 設計
  • 施工

それぞれの業務内容や求められるスキルが異なるため、建設業界の転職を目指す人はどの業務をしたいかを決める必要があるでしょう。

ここからは3つの業務内容や重要性、求められるスキルを紹介します。

営業の業務内容|新たな建造物を作るきっかけを作る

建設業界における営業の業務は、建設工事に取りかかる際の最初のステップです。
営業の仕事とは下記のとおり。

  • クライアントとの連絡
  • 建設の必要性の説明
  • プロジェクトに関する契約の締結

営業は建設会社や工務店の代表として、建設物の計画を立案し、新しい建造物を建設するためのキッカケを提供します。

営業が契約を取ってこなければ、施工や設計の仕事まで進みません。

幅広い建築の知識と営業力を活用して、営業として活躍していきましょう。

設計の業務内容|建設における最初の段階を担当する

設計の業務は、クライアントの要件や希望を聞きながら、建設する建物の設計図を作る仕事です。

設計する箇所によって、設計の名称が異なり「意匠設計」「構造設計」「設備設計」の3種類があります。

設計の段階に関わる職種は下記のとおり。

  • 設計士
  • CADオペレーター

設計業務は、完成した設計図をもとに建物が作られるため、数字やデータの正確性が求められる仕事です。

数字に強い人や、細かいデータを扱うのが好きな人、クライアントの要望を形にする業務が好きな人に向いているでしょう。

施工の業務内容|人々が生活するための建物やインフラを構築する

施工の業務は、計画された工事を実施する過程を指します。

工事を進める際の指標となるのは、施工図。

工事を管理する立場の職種である施工管理技士は、施工図にある建物を工期内に完成できるように、施工計画を作成します。

施工に関わる職種の例を挙げると以下のとおり。

  • 施工管理技士
  • 大工
  • 電気技師
  • 配管工

これらの職種の人々は、設計図に基づいて建物やインフラを建設します。

人々の生活に必要な住宅や学校、道路や橋、発電所などの施設は施工業務がなければ完成しません。

徐々に建物を作り上げていく喜びを感じたい人は、施工に関わる職種に携わるのがおすすめです。

建設業界で履歴書の志望動機を書く3つのポイント

Professional architect working with draft in office

履歴書に記載する志望動機を書く際は、以下の3つのポイントを押さえましょう。

  1. 志望動機に書くべき要素を理解する
  2. 自己アピールできる自分のスキルを棚卸しする
  3. 入社後のキャリアビジョンを明確にする

それぞれ詳しく解説します。

志望動機に書くべき要素を理解する

履歴書に書く志望動機には、記載すべき要素があります。

  • なぜその建設業界を選んだか
  • なぜその会社を選んだか
  • 会社で働く場合の価値観
  • 会社に入って達成したい目標

上記の要素を書く際は、できるだけ自分の体験談に基づいた感情のある文章を書くことを心がけてみてください。

自分の体験談や感じたことを加えて説明するだけで、テンプレートのような文章を避けることができ、採用担当者の印象が良くなるでしょう。

志望動機に書くべき要素を埋められない人は、先に自己分析を実施して自分の考えをまとめてみるのがおすすめです。

志望動機に書くべき要素をすべて記載し、採用担当者の目を引く文章を作成できるように対策しましょう。

自己アピールできる自分のスキルを棚卸しする

志望動機を書く場合、自身のスキルや経験を棚卸しして、アピールできる要素を見つけることが重要です。

建設業界の別会社にいた人が、新しい会社に転職する際、求められるのは即戦力で活躍できる能力です。

前職では何を学んだか、どんなスキルが身について、どんな仕事なら対応できるかなど、技術的なスキルのレベルやプロジェクト管理の実績をできるだけ詳しく説明しましょう。

志望動機で効果的な自己PRを書くために、応募する企業の求める人材の特徴や、応募する職種に求められるスキルを把握しておくことが重要。

スキルの棚卸しをするには、入社から今までの業務経歴を時系列にまとめて学んだ項目を書き出すのがおすすめ。

もしもスキルの棚卸しが難しいと感じた人は、転職エージェントのサポートを受けるのも方法のひとつでしょう。

入社後のキャリアビジョンを明確にする

志望動機には、入社後のキャリアビジョンを明確に記載することが重要です。

入社後の長期的な目標やキャリアビジョンを提示できれば、採用担当者が応募者を採用した未来を想像しやすくなり、採用の可能性が上がるかもしれません。

「今までの仕事でこんな業務をしたから、次はどんな工事に取り組みたい」など、具体的な内容を踏まえて記載するのがおすすめです。

具体的なキャリアプランを紹介できれば、企業はあなたが将来的に価値を提供し続けると確信でき、欲しいと感じるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

【経験値別】施工管理が履歴書の志望動機に書くべき内容を例文付きで解説

office, startup, business

ここからは、新卒や建設業界内の転職希望者、異業種からの転職希望者によって異なる履歴書の志望動機の書き方を例文付きで紹介します。

  • 建設業界の新卒が書くべき志望動機の例文
  • 建設業界の経験者が転職で書くべき志望動機の例文
  • 建設業界の未経験者が転職で書くべき志望動機の例文

それぞれの例文を参考に、履歴書を書いてみてください。

建設業界の新卒が書くべき志望動機の例文

私は設計士としてクライアントの要望を設計図に落とし込み、建設するためのサポートをしたくて、貴社を志望しました。
私は大学で設計について学び、設計図やCADデータの重要性を学びました。CADの資格を2つ保有しているため、CADソフトはすぐに操作することが可能です。
設計業務の中でも、特に興味があるのは意匠設計です。
貴社では高層ビルや大型施設、工場の工事を担当しているため、人々の生活を支える大きな工事の設計図を作れる設計士として働きたいと思います。

新卒として入社する際は、応募する職種に対する熱意や入社後の未来を積極的にアピールすることが重要です。

今回の例文では設計士を志望していることから、大学で設計士について学んだ経験や、在学中に取得した資格をアピールしています。

また、自分の興味のある設計業務を説明し、応募先の対応している工事の種類を把握した上でどんな設計図を作成したいかを記載しているため、志望動機に説得力が出るでしょう。

建設業界の経験者が転職で書くべき志望動機の例文

私は施工管理としてプラント施工に挑戦したくて貴社を志望しました。
前職では中小企業の施工管理として、高層ビルや新築住宅の施工を担当していました。
施工管理技士1級を取得したことで、より大規模の工事の施工を担当したいと思い、転職を決意しました。
どんな工事でも、施工管理技士資格や今まで培った経験から即戦力として働けます。
入社後は、工場や大型施設の施工管理に対応したいと思っています。

この例文でのポイントは、なぜ転職を検討したかが明確になっている点です。

資格取得のタイミングで、より大きな工事に対応したいと記載していることから、高い技術を保有しており実務経験年数が豊富であることがアピールできています。

経験者が転職する際の志望動機で書くべき内容は、前職での仕事内容です。

前職での仕事内容を説明したうえで、入社後にどんな工事を担当したいかを記載すれば、施工管理として任せられる工事の種類を想像しやすくなるでしょう。

建設業界の未経験者が転職で書くべき志望動機の例文

私が建設業界に興味を持ったきっかけは、海外のインフラを支える日本の建設企業の仕事を見たことです。
大学1年生の夏休みにアジアに行った際に、タイの街中で大規模な観光施設を建設する工事がありました。
日本のみでなく先進国・新興国問わず活動の幅を広げている貴社を知り、自分も建設業に関わって、海外のインフラを支えたいと思うようになりました。
大学時代はバイトリーダーとして、バイト先の従業員をまとめていた経験があります。売り上げアップを目標に現状の課題と対策を検討して、1ヶ月の売り上げを3%あげることに成功した実績もあります。
施工管理として、工事全体を管理しながら日本内外で活躍できる人材を目指します。

建設業界が未経験の人は、なぜ自分が建設業界に興味を持ったかを詳しく説明することが重要です。

建設業界を知ったきっかけや、その中で応募企業の名前を知るまでの経緯をまとめましょう。

また、どの職種を目指すかによってアピールできる要素が異なります。

施工管理の場合は、マネジメント力やコミュニケーション力をアピールして、志望動機をまとめましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

職種別の履歴書の志望動機に書くべき内容を例文付きで解説

次に、建設業界の職種別で、履歴書の志望動機に書くべき内容を紹介します。

今回紹介する職種はこちら。

  • 営業職
  • 設計士
  • 事務職

それぞれ詳しく見ていきましょう。

建設業界の営業職に転職したい人が書くべき志望動機の例文

建設業界では、新たな工法や建築物の需要を把握して営業を進める必要があるため、持ち前のコミュニケーション力を活かしてどんどん提案していけたらと思います。
私はこれまでの営業経験を通じて、お客様との関係構築やニーズの把握が得意であると自負しています。
前職では、月の営業成績で〇〇を達成した経験もあります。
建設業界は未経験ですが、入社後は建設業界の知識を勉強しつつ、自分のスキルと組み合わせて強みを引き出すつもりです。
前職で培った営業スキルを活かし、クライアントとのコミュニケーションの中に需要を引き出し、課題解決に向けた最適な提案をします。

営業職は、売るサービスが変わるだけなので、どんな業界でも活躍できます。

営業職に求められるスキルは、コミュニケーション力や交渉力です。

他社と差別化するためにも、どんな成績を持っているか、具体的な数値で表しましょう。

建設業界では、どんなことをどう紹介したいか、今ある知識の中でできるだけ明確にアピールするのがおすすめです。

設計士に転職したい人が書くべき志望動機の例文

私は建築の設計に興味があります。
設計士として、インフラ整備の基盤や、将来まで残る大規模な施設の建設に関わる設計図の作成に関わりたいと思っています。
即戦力として働くために、木造建築士、CAD利用技術者試験の資格を取得済みです。
将来的には1級建築士の資格を取得し、より規模の大きな工事の設計図を作成できるよう、実力を磨いていきます。

設計士に転職したい人は、設計業務で活用できる建築士やCAオペレーターに関する資格を取得しておきましょう。

CADに関する資格は複数あるため、応募する会社で利用しているCADソフトの種類を把握してから資格を選ぶのもおすすめです。

設計士としてどう成長したいかを記載し、将来性のある人材として認められる志望動機を作成しましょう。

建設業界の事務職に転職したい人が書くべき志望動機の例文

私は仕事においてサポートする業務に従事したいと思っており、人々の生活を支える建物やインフラを作り上げる建設業界を支えたいと思っています。
建設工事には許可の取得や資材の発注、作業員の給与精算など、事務の面からのサポートが欠かせません。
私は細部に気を配り、建設業で働く人のスケジュール管理を行いつつ、必要な書類を先回りして用意できるよう心がけます。
工事の円滑な進行をサポートすることで、建設業界における事務職として役立つことが可能です。

事務職としてサポートできる業務内容を把握したうえで、自分に何ができるかを明確に説明できています。

事務職は別業界で事務職をしていた人も挑戦できる職種です。

事務職としての経験値がある人はアピールしましょう。

建設業界の履歴書の志望動機NG事例

ここでは、建設業界の履歴書の志望動機を書く際のNG事例を紹介します。

私は物作りに関わる仕事がしたくて、貴社を志望しました。
入社後は、物作りに関わる仕事に取り組みたいです。

大学時代はレストランでアルバイトをしていたため、マネジメント力やコミュニケーション力を磨きました。
身につけたスキルを活用して、貴社では大型の工事に関わりたいと思っています。

内容に不明瞭な点が多く、会社に入ってどんな職種に挑戦したいのか、どんな仕事がしたいのかが分かりません。

入社の理由は、できるだけ明確に、分かりやすくまとめるのが重要です。

目指す職種やキャリアビジョン、どんな仕事をどんな期間で取り組みたいかなど、数字を含めて説明するのが良いでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は建設業界の履歴書の作成方法として、条件別や職種別に例文付きで書き方を紹介しました。

履歴書を作成する際は、志望動機に書くべき要素や、自分のスキルの棚卸し、将来のキャリアピジョンをはっきりさせてから取り組むことが重要です。

今回紹介した例文を参考に、履歴書を作成してみてください。

より精度の高い履歴書を作成したい人は、転職エージェントに登録して、書類の添削指導を受けるのがおすすめです。

採用担当者が「欲しい」と思う履歴書を作成し、転職を成功させましょう。

施工管理のキャリアプランとは?|キャリアチェンジを成功させる新卒や転職の面接対策・例文を紹介

施工管理者が描くべきキャリアプランはどのようなものでしょうか?

ゼネコンへ転職する、定年後も別のキャリアを続けるなど、選択肢はたくさんあります。

ただ、施工管理として働く中で将来に向けた対策をしておかなければ、いざという時にチャンスを逃してしまうかもしれません。

今回は施工管理として働く人、施工管理を目指している人に向けて、施工管理のキャリアプランやキャリアアップするためにやるべきこと、面接や書類審査でアピールすべきキャリアビジョンの書き方を紹介します。

施工管理として活躍したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

施工管理が目指すべきキャリアプランを5ステップで紹介

system, web, news

ここからは、施工管理が目指すべきキャリアプランを5つのステップに分けて紹介します。

  1. 施工管理として現場での実績を積む
  2. 2級施工管理技士資格を取得する
  3. 現場の主任技術者・専任技術者として実績を積む
  4. 1級施工管理技士資格を取得する
  5. 今よりも規模の大きな会社に転職する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

施工管理として現場での実績を積む

最初のステップは、施工管理として現場での実績を積むことです。

施工管理は工事ごとに対応すべき内容や起こりうるトラブルが異なるため、現場での実務経験を積み重ねることが重要です。

資格がない間は、工事を担当するのではなく、先輩社員の仕事をサポートすることがメインになります。

学ぶ対象が近くにいる間に、先輩社員の仕事の取り組み方やトラブル対応の方法など、自分の知識として取り込んでおきましょう。

2級施工管理技士資格を取得する

施工管理の仕事に慣れてきたら、2級施工管理技士資格の取得を目指すのがおすすめです。

2級施工管理技士の第一次試験は、満17歳以上の人は誰でも受験できます。

仕事の流れや必要な知識を得てから試験に臨んだ方が、合格率が高まるため、仕事に慣れた頃に受験するのが良いでしょう。

第二次試験以降は、受験資格として施工管理として働いた実務経験年数が必要です。

大学や高校の専攻などで求められる実務経験年数が異なるため、受験前に確認しておきましょう。

現場の主任技術者・専任技術者として実績を積む

2級施工管理技士の資格を取得すると、現場の主任技術者・専任技術者として働けるようになります。

現場の責任者として働く経験を積んで、さらに施工管理としてスキルを磨きましょう。

責任者として働けるようになったことで、対応できる工事の種類や難易度の幅も広がるはずです。

自分の経験値を積む目的で、どんどん新しい現場の経験を積むことが重要です。

1級施工管理技士資格を取得する

実務経験年数が増えてスキルも磨けた人は、1級施工管理技士の資格取得を目指しましょう。

1級施工管理技士は、施工管理技士の中で1番難易度が高い資格で、取得するだけで自分のスキルの証明になります。

2級施工管理技士の資格だけで終わらず、実務経験を積みながら1級の試験合格を目指しましょう。

1級施工管理技士の合格で、さらなるキャリアの広がりが期待できます。

今よりも規模の大きな会社に転職する

1級施工管理技士資格を取得したら、今よりも規模の大きな会社への転職を検討しましょう。

なぜなら、1級施工管理技士資格を取得すれば大規模な工事で責任者として働けるようになり、会社によっては受注できない規模の工事になってしまうかもしれないから。

自分のスキルに見合った場で働くことで、さらにキャリアアップを目指せます。

1級施工管理技士として、より大規模で難易度の高い工事に取り組んでみましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理のキャリアアップ事例3選

ここからは施工管理のキャリアアップ事例を3つ紹介します。

自分がどの位置にいるかによって、キャリアアップの方向性が変わります。

将来を踏まえて、自分の取るべきキャリアアップは何かを考えてみるのがおすすめです。

  • 中小企業の施工管理からスーパーゼネコンの施工管理へキャリアアップ
  • 施工管理から建設コンサルタントへキャリアチェンジ
  • 定年後に施工管理からビルメンテナンスへキャリアチェンジ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

中小企業の施工管理からスーパーゼネコンの施工管理へキャリアアップ

施工管理のキャリアアップ事例としてよく挙げられるのが、中小企業の施工管理からスーパーゼネコンの施工管理へのキャリアアップです。

中小企業の施工管理として働く人も、スーパーゼネコンに転職できる可能性は十分にあります。

中小企業で働く施工管理の魅力は、会社の請け負う工事ほぼすべてに関わるチャンスがある点です。

複数の現場を担当することで、幅広い実務経験を積むことができ、そこで得た知識はスーパーゼネコンでも即戦力になるでしょう。

中小企業からスーパーゼネコンの施工管理へキャリアアップする際は、前の会社で自分がどんな工事を担当して、どんなトラブルを解決したかなど、具体的な数字に出して説明するのがおすすめです。

施工管理から建設コンサルタントへキャリアチェンジ

施工管理のキャリアプランでは、施工管理以外の職業へキャリアチェンジすることも可能です。

施工管理は工事の全体を管理してコントロールする立場です。

建設業界における工事の流れを把握しているプロフェッショナルとしてマネジメント能力や施工管理として働いていた経験を活用できる仕事があります。

施工管理がキャリアチェンジを目指せる職種は以下のとおり。

  • 建設コンサルタント
  • デベロッパー
  • 都市再生機構

施工管理の仕事は残業が多く、体力的にきついと言われることが多いですが、これらの職種に転職すればワークライフバランスの整った働き方ができるかもしれません。

施工管理として培ったスキルを、別の建設業界の仕事に役立ててみるのもおすすめです。

定年後に施工管理からビルメンテナンスへキャリアチェンジ

施工管理は定年を迎えた後も、取得した資格やスキルを活かしてビルメンテナンスとして働くことが可能です。

ビルメンテナンスの仕事は、建物の保守管理や設備の運用管理です。

施工管理の建設に関する幅広い知識があれば、建物のメンテナンスや設備の点検に対応することが可能。

ビルメンテナンスは労働時間が少なく、保守管理がメインの仕事であるため、体力がなくても取り組める仕事です。

一度身につけた専門知識や経験は将来ずっと役立つため、定年後の新たなキャリアチェンジとしてビルメンテナンスの働き方を検討してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

転職・新卒の面接や書類審査におすすめ|キャリアプランのアピール方法3選

女性 大工

ここからは、施工管理が書類審査や面接でアピールすべきキャリアプランを、例文付きで3つ紹介します。

キャリアプランのアピールは、その人がどのようなスキルを持っていて、どんな将来像を持っているかによって方法が異なります。

  • 未経験から施工管理に挑戦する人|キャリアチェンジのきっかけや将来活躍する姿をアピールする
  • 新卒から施工管理を目指す人|会社での自分のキャリアビジョンを明確にアピールする
  • 既卒で施工管理として転職する人|即戦力になるスキルや3年・5年に分けたキャリアプランをアピールする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

未経験から施工管理に挑戦する人|キャリアチェンジのきっかけや将来活躍する姿をアピールする

未経験から施工管理に挑戦する人は、キャリアチェンジのきっかけや、将来転職する会社で自分がどう活躍できるかをアピールしましょう。

キャリアチェンジのきっかけや、なぜ施工管理を選んだかの理由は、採用側が特に気になるポイントです。

未経験者は、他の経験者と比べてやる気や熱意を押し出したり、別の業種だから得られたスキルをアピールしたりする必要があります。

面接や書類審査では、施工管理へのやる気や将来の自分のプランを踏まえ、仕事に対する価値観や熱意を示しましょう。

【例文】
私が施工管理を目指そうと思ったきっかけは、テレビのドキュメンタリー番組で施工管理の特集をしていたのを見たからです。

施工管理として働く苦悩や、仕事を終えた達成感などを話しているのを聞いて、自分も同じ達成感を味わいたいと感じました。

施工管理として即戦力になれるよう、現在2級施工管理技士の勉強に取り組んでいます。資格取得後はすぐに現場で責任者の役割を果たし、大規模の工事を担当することを目指します。

新卒から施工管理を目指す人|会社での自分のキャリアビジョンを明確にアピールする

新卒から施工管理を目指す人は、自身のキャリアビジョンを明確に伝えることが重要です。

なぜその会社を選んだのか、その会社でどのように成長・貢献したいかなど、会社への熱意と自分のキャリアビジョンを説明しましょう。

新卒採用で企業が求める人材は、企業にとって価値ある人・その企業で将来的に活躍できる人材です。

会社で働いている姿を採用担当者に想像させることができれば、審査に通過しやすくなるでしょう。

【例文】
私が御社を志望した理由は、御社の企業理念に共感し、御社の取り組むプロジェクトに参加したいと思ったからです。

御社が所有する事業のうち、私が取り組みたい事業は〇〇です。

〇〇に関わる建設に関わることで、地方のインフラの改善や地域活性化に役立てていきたいと思います。

既卒で施工管理として転職する人|即戦力になるスキルや3年・5年に分けたキャリアプランをアピールする

既卒で施工管理として転職を目指す人は、即戦力になるスキルや3年・5年に分けたキャリアプランをアピールしましょう。

前職で施工管理として働く人が、別の会社へ施工管理として転職を目指す場合、アピールできるポイントは過去の経験やスキルです。

どんな工事を経験したか、どんなトラブルを回避したかなどの事例を踏まえて、なぜ即戦力になるかを説明しましょう。

また、3年や5年といった具体的なキャリアプランを示すことで、長期的な会社での活躍をアピールできるはず。

【例文】
私が御社を志望した理由は、御社が大規模な工事や海外での施工実績が多いからです。

前職で働いていた建設会社では、中・小規模の工事を担当しており、工事の設計から施工、保守管理まで対応していました。

1級施工管理技士資格を取得したことをきっかけに、より規模の大きく難易度の高い工事に挑戦したいと思い、転職を検討し始めました。

施工管理のキャリアステップを支えるためにやるべきこと

cup, businessman, successful

施工管理としてキャリアステップを積みたい人は、下記の3つの行動をしてみてください。

施工管理は建設業に関する知識だけでなく、さまざまなスキルが求められます。

ここで紹介する方法を磨けば、さらにスキルアップやキャリアアップにつながるかもしれません。

  • 英語や中国語など語学の勉強をする
  • 建設業界で活用できる資格を取得する
  • マネジメント力を磨く

それぞれ詳しく見ていきましょう。

英語や中国語など語学の勉強をする

将来スーパーゼネコンや準大手ゼネコンなどに転職を目指す人は、英語や中国語など、語学の勉強を進めておきましょう。

なぜなら、スーパーゼネコンや準大手ゼネコンはグローバルに事業を展開しており、海外のインフラ整備や建物の建設に関わることがあるから。

たとえば、スーパーゼネコンのひとつである鹿島建設は、アメリカやフランス、シンガポールなど世界各国の集合住宅やホテル、商業施設の建設を担当しています。

海外の工事で施工管理として働くには、現場の作業員とコミュニケーションを取るための語学力が必要です。

いつでも海外で働けるように、語学力を磨いておきましょう。

建設業界で活用できる資格を取得する

施工管理として働く人が取得すべき資格は、施工管理技士資格だけではありません。

施工管理の仕事で役立つ資格を取得することはもちろん重要ですが、施工管理としてさらに上を目指したい人は、施工管理が関わる工事全体の流れに関する知識を深めておくことが重要です。

工事の前後に関する業務の資格を取得できれば、キャリアチェンジの助けになりますし、工事の専門性を高める資格を取得できれば、対応できる工事の幅が広がります。

施工管理がキャリアアップのために取得すべき資格は以下のとおり。

  • 高圧ガス製造保安責任者
  • 消防設備士
  • 1級建築士
  • マンション管理士
  • 認定ファシリティマネジャー(CFMJ)

施工管理技士資格の取得と並行しながら、別資格の取得を目指しましょう。

マネジメント力を磨く

施工管理として活躍するには、工事全体を円滑に進行させるためにマネジメントスキルが不可欠です。

工事のスケジュールの作成や予算管理、トラブル対応など、施工管理はひとつの工事を無事に終えるために多くの課題解決が求められます。

マネジメント力をつけて、工事を円滑に進められるようになれば、より規模の大きな工事を任せてもらえるかもしれません。

マネジメント力を磨くには、先輩の技術を学んだり、工事現場の経験を増やすことが重要です。

効率的に作業を進めるにはどうすればいいか、作業の先を読んで行動できるよう、日々の仕事で学んでいきましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理のキャリアに悩んだら転職エージェントに相談すべき

施工管理の仕事を続けるべきか悩んでいる人や施工管理として転職したい人は、まず誰かに相談しましょう。

施工管理は実務経験を積む期間が長いため、働き方を考え直す人や将来に不安を持ちながら働いている人が多いかもしれません。

しかし、施工管理の仕事は建設業界の中でも専門性だけでなくコミュニケーション力やマネジメント力が求められる仕事であり、他の職業でも活用できる部分がたくさんあります。

将来に迷った人や、転職を検討している人は、転職エージェントに相談するのもおすすめです。

何人もの転職希望者を転職を成功させてきたプロが、あなたの悩みに寄り添いつつ、その人にあった転職先を紹介します。

施工管理の転職を検討するなら、建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」がおすすめ。

まずは相談してみて、自分の今の立ち位置やキャリアプランを見直してみてください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は施工管理のキャリアプランについて、施工管理が目指すべきキャリアプランやキャリアアップの事例、転職・新卒の面接や書類審査でアピールすべきキャリアビジョンの特徴を紹介しました。

施工管理の仕事はキャリアプランを立てた上で取り組んだ方が、キャリアアップやキャリアチェンジに成功しやすいです。

自分の立ち位置を把握した上で、取るべき行動を見直し、最短で自分のスキルアップ・キャリアアップにつながる行動を取りましょう。

本記事が参考になれば幸いです。

施工管理は転勤が多い?転勤の可能性やメリット・デメリット、転勤を避けて働く方法を徹底解説

施工管理として働く人が気になるポイントのひとつは、転勤や出張、単身赴任の数です。

施工管理は工事ごとに現場が変わるため、場合によっては自分が住んでいるエリアの外、国内外問わず転勤や出張が求められる可能性があります。

転勤や出張が好きな人であれば問題ありませんが、家族との時間がなくなる、生活費がかさむなどのデメリットもあります。

転勤を避けるにはどんな方法があるのでしょうか。

今回は、施工管理の転勤や出張に関して、転勤のメリット・デメリット、転勤を避けて働く方法を紹介します。

施工管理として働きたい人で、転勤を避けたい人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-enomoto
榎本 芽玖キャリアコンサルタント
これまで転職エージェントとして数多くの求職者に携り、即戦力に限らず、建設業界未経験のキャリアサポート実績が顕著。施工管理に限らず、現場事務(書類作成)やCADオペ、職人向けの案件マッチングも得意とする。

施工管理の仕事に出張や転勤が多い理由とは?

ここからは、施工管理の仕事に出張や転勤が多い理由を紹介します。

  • 工事によって現場が変わるから
  • 大手ゼネコンは日本全国・世界各地の工事を担当するから
  • 復旧支援や災害支援対応で人員派遣される可能性があるから
  • 人手が足りない現場のサポートが必要だから
  • 派遣会社先によって現場が変わるから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

工事によって現場が変わるから

施工管理の仕事は工事ごとに変わるため、どの工事を担当するかによって働く場所が変わります。

そのため、昨日までは家から10分の現場で仕事をしていたにもかかわらず、今日からは家から2時間かかる現場の施工管理をする、という状況もあり得るということ。

ある程度の勤務範囲はありますが、働く場所が毎回変わる可能性がある点は、施工管理の仕事を目指す際に理解しておく必要があります。

大手ゼネコンは日本全国・世界各地の工事を担当するから

スーパーゼネコンや準大手ゼネコンは国内外の工事を請け負っています。

そのため、施工管理者が転勤や出張を経験するのは、企業が請け負った工事のひとつを担当する必要があるからです。

企業の規模が大きければ大きいほど、転勤や出張の可能性が高まります。転勤や出張を避けたい人は、目指す会社が担当する工事の種類や対応エリアなどを確認しておきましょう。

復旧支援や災害支援対応で人員派遣される可能性があるから

災害や緊急の復旧支援が必要な際、施工管理者は急遽派遣されることがあります。

被災地でインフラの整備や建設工事を実施するため、被災地の被害レベルの大きさや修理が必要な項目によって、施工管理が対応すべき業務範囲は異なります。

実際に、平成28年に発生した熊本地震では、スーパーゼネコンである鹿島建設が支援人員、支援物資を提供し、鉄道・道路などの交通インフラの復旧支援を実施しています。

災害支援の対応は、突然勤務地が決まることが多いため、前もって準備ができない点はデメリットといえるでしょう。

人手が足りない現場のサポートが必要だから

工事によっては、現場での作業が膨大で人手が足りないことがあります。

その際、施工管理者が臨時で派遣され、人員不足を補う役割を果たすことがあります。

中小規模の建設会社の多くは、施工管理不足が深刻です。

自分が担当する工事が終わった後、別の現場でのヘルプを求められる可能性や、転勤先での工事が長引く可能性があることを理解しておきましょう。

派遣会社先によって現場が変わるから

施工管理として働く場合、建設会社で正社員として働く方法と派遣会社に勤めて派遣社員として建設会社で働く方法があります。

派遣施工管理者の場合、派遣会社からの依頼に応じてそれぞれの工事現場に派遣されるため、派遣先の場所によって勤務先が異なります。

派遣会社によって転勤や出張が頻繁に発生する可能性があることを理解しておきましょう。

施工管理の転勤・出張に関する本音・実態とは?

施工管理の転勤や出張が多い点について、実際に働く人はどう考えているのでしょうか。

ここからは施工管理の転勤・出張に関する本音を紹介します。

施工管理で働く人の中で、転勤や出張、単身赴任を経験している割合は下記のとおり。

引用:[2021時短アンケート]

表のうち、施工管理は外勤土木・外勤建築が該当します。

つまり、施工管理のうち単身赴任をしている割合は30〜50%ということ。

引用:[2021時短アンケート]

実際に施工管理として単身赴任・出張する人が抱える不安は生活費の増加や家族とのコミュニケーションが減ること、年収が増えることによる税負担などさまざまでした。

単身赴任や出張の場合は、赴任手当が出る場合があります。しかし、赴任中の生活費や帰宅費用などがかさめば赴任手当をオーバーしてしまうこともあります。

引用:[2021時短アンケート]

データを見ると、半身赴任手当の平均が3.12万円に対し、負担額の平均は4.28万円です。
単身赴任や転勤は、会社からの手当が少ない点からも、デメリットと感じる人が多いようです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理が転勤・出張するメリット

ここからは施工管理が転勤・出張する際のメリットを紹介します。

  • 赴任手当がもらえる
  • 地方の赴任地で羽を伸ばせる
  • 新しい土地で生活を始められる
  • 日本各地に人脈が広がる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

赴任手当がもらえる

施工管理者が転勤・出張する場合、会社から赴任手当がもらえる場合があります。

さらに赴任先の宿泊費や移動費を会社の経費として落とせるため、無料で旅行する気分を味わえます。

仕事が終わった後や休日は滞在先で自由に過ごせるため、赴任手当を利用してのんびり過ごすことも可能。

旅が好きな人や、さまざまな場所で働くことにモチベーションを感じることができる人は、転勤や出張が向いているかもしれません。

地方の赴任地で羽を伸ばせる

施工管理が転勤・出張すると、地方の赴任地で羽を伸ばせるというメリットがあります。

家庭を持つ人の多くは、家に帰ると家事や子育てなど、やるべきことが積み上がってはいませんか?

短期間とはいえ、単身赴任や転勤で1人の時間ができれば、仕事の疲れを癒しながら快適な時間を過ごせるかもしれません。

滞在先の情報を集めてから転勤することができれば、自分なりにストレスを発散しながら仕事とプライベートの時間を取れるでしょう。

新しい土地で生活を始められる

施工管理は、転勤をきっかけに新しい土地で生活を始められるというメリットもあります。

たとえば、会社の人間関係や取引先との関係など、会社環境に不満を持っている人が転勤になれば、新しい環境で新しい人脈作りや生活を始めることが可能です。

工事の規模によっては1年以上転勤が続く場合もあるため、自分の中で今後どうしたいか、どんな働き方をすべきかなど方向性を考える良いきっかけになるかもしれません。

転勤をデメリットに感じるのではなく、自分を変えるタイミングとして捉え、転勤の間に自己分析を進めると良いでしょう。

日本各地に人脈が広がる

転勤をするたびに人脈を作ることができれば、日本全国、世界各地に自分だけの人脈を作れます。

一度作った人脈は、転勤が終わった後も続いていくため、将来独立を検討している人や転職を考えている人にとってもプラスになるでしょう。

転勤先では、できるだけ地元の人と繋がる努力をしたり、転勤先の職場の人と繋がりを作り、自分の将来に役立つ工夫をしてみるのがおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理が転勤・出張するデメリット

ここからは、施工管理が転勤・出張することに関するデメリットを紹介します。

  • 新しい環境で人脈を作り直す必要がある
  • 家族と離れ離れになる
  • 赴任期間が工事の規模によって異なる
  • 赴任先の選択肢がなく会社の指示に従う必要がある

それぞれ詳しく見ていきましょう。

新しい環境で人脈を作り直す必要がある

施工管理が転勤・出張するデメリットは、新しい環境で人脈を作り直す必要がある点です。

転勤が数ヶ月から1年以上になる場合、新しい環境で人間関係を構築する必要があります。

日々の生活を快適にするには、職場の人間関係に溶け込む努力や、地域のルールを把握しておく必要が出てくるでしょう。

数日間の出張とは異なり、新しい環境に馴染むまでは、ストレスや精神的な負担が出るかもしれません。

工事が終わるごとに転勤が発生する場合、仕事中も家に帰った後も休まる場所を作ることができず、仕事やプライベートのモチベーションが下がるという危険があります。

家族と離れ離れになる

施工管理が転勤・出張するデメリットは、家族と離れ離れになる点です。

単身赴任によって子供との時間が減ってしまうため、仕事が原因で家族との関係がギクシャクしてしまう可能性があります。

引用:[2021時短アンケート]

2021時短アンケートによれば、既婚者全体における単身赴任者の割合は28.7%。

さらに、子供の成長段階によって単身赴任として働く人の割合が異なります。

子供が小さい頃は単身赴任を避けられる可能性はありますが、子供が成長するにつれて単身赴任の割合は上昇しています。

会社の中で単身赴任している人の割合や、その人の家庭状況を把握した上で、自分が単身赴任や転勤になる可能性を予想しておきましょう。

赴任期間が工事の規模によって異なる

施工管理が出張・転勤するデメリットは、赴任期間が工事の規模によって異なる点です。

出張であれば、1週間から1ヶ月程度の不妊で済むことが多いため、日常生活や仕事環境にそこまで不安はありません。

しかし、転勤であれば1ヶ月以上、もしくは1年以上の長期間になる可能性があります。

施工管理としてスキルを積んで実績がある人であれば、大型の工事を担当することが増えるため、海外赴任や長期間の工事に従事することもあるかもしれません。

海外赴任の可能性がある人であれば、施工管理としての勉強以外にも、語学の習得や現地で生活するための情報も集めておきましょう。

赴任先の選択肢がなく会社の指示に従う必要がある

施工管理の赴任先は、自分で選べません。

自分の行きたいエリアに転勤できるのであれば、旅行気分を味わいつつ仕事に従事することも可能です。

しかし自分の行きたいエリアではない場合や、地方の娯楽が少ないエリアであれば、仕事しかなくプライベートの楽しみが奪われてしまうかもしれません。

赴任先やエリアを選びたい人は、会社に事前に伝えておくなどの対策をしておきましょう。

施工管理で転勤・出張を避けたい人が取るべき行動とは?

施工管理として働く人の中には、「転勤や出張をしたくない」という人もいるかもしれません。

しかし、施工管理のうち30〜50%ほどが転勤や出張を経験しているというデータもあるため、転勤を避けたい人は対策をしておく必要があります。

ここからは、施工管理として働く人で転勤や出張を避けたい人が取るべき行動を紹介します。

  • 施工範囲が決まっている地方の建設会社に転職する
  • 勤務地を希望できる人材派遣会社で働く

それぞれ詳しく見ていきましょう。

施工範囲が決まっている地方の建設会社に転職する

転勤や出張を避けたい人は、施工範囲が決まっている地方の建設会社に転職するのがおすすめ。

施工管理の働く建設会社の中には、対応エリアを限定している会社があります。

地域密着型の建設会社であれば、県外よりも遠いエリアへの転勤や出張は避けられるかもしれません。

ただ、担当する工事の数が限られてしまうため、施工管理としてスキルアップを目指す人には向いていない選択肢です。

地域に関わる仕事がしたい人や転勤を避けたい人は、地域に特化した建設会社に転職することで、地域に根ざした仕事に従事できるでしょう。

勤務地を希望できる派遣会社で働く

転勤や出張を避けたい人は、勤務地を希望できる人材派遣会社で働くこともおすすめです。

派遣会社によっては、希望のエリアや勤務先を事前に伝えておくことが可能。

施工管理として転勤なしで働きたい場合は、希望する勤務地を事前に伝え、できる限り転勤を避けたい点を伝えましょう。

派遣先の選択肢が減ってしまうというデメリットはありますが、転勤を最小限に抑えつつ施工管理の経験を積むことができるでしょう。

弊社では、数多くの方々に優良な派遣求人を獲得いただいています。経験とスキルさえあれば、ご年齢に関わらず長期の高収入派遣求人をご紹介できます。

  • 長期契約可能な派遣求人多数
  • 60代70代でも応募可能な派遣求人
  • 無料登録から最短1日で派遣求人紹介

まずは無料登録をして色々な派遣求人を見てみてください。専門の派遣コーディネーターからおすすめの派遣求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理から他業種への転職を目指すなら転職エージェントに相談すべき

shaking hands, handshake, contract

施工管理として働く中で、転勤が嫌だという人は、別の職種への転職も検討する必要があります。

施工管理が転職する際の選択肢は、施工管理だけではありません。

下記の職種であれば、転勤や出張が少ない環境で働けるでしょう。

  • 建設コンサルタント
  • ビルメンテナンス
  • デベロッパー
  • 設備管理

建設業界の転職を成功させたい人は、建設業界に特化した転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」では、建設業界に関するさまざまな求人を豊富に保有しています。

転職を目指す人それぞれのスキルの棚卸しや自己分析をサポートする中で、その人に合った転職先を見つけることが可能。

転職に関する悩みを相談したり、面接・書類対策をしてもらいながら転職活動を進められるため、転職活動をスムーズに進めたい人・自分に合った転職先を見つけたい人におすすめです。

ビーバーズの求人が気になる人は、まずはご相談ください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は施工管理の転勤や出張・単身赴任に関して、転勤が多い理由やメリット・デメリット、転勤を避けるために取るべき行動を詳しく紹介しました。

施工管理は工事ごとに仕事が変わるため、ひとつの工事が終わった後に勤務地が遠くなる可能性があります。

施工管理として働く人のうち、30〜50%は単身赴任・転勤の経験があるというデータがあるほど。

施工管理の転勤や出張では、赴任手当をもらえることが多いため、生活費や滞在費を浮かせられるというメリットがあります。

しかし元の家を引き払わない場合は家賃を二重で払い続けるという金銭的負担や、常に新しい環境で人脈を作り続けなければいけないというデメリットにつながることも。

転勤を避けた働き方をしたい人は、施工管理として働く会社を絞るか、転職を検討するのがおすすめです。

建設業界の中の転職を目指す人は、ビーバーズに相談してみてください。
自分のスキルの棚卸しをしつつ、自分の条件に合った転職先を見つけられるでしょう。

本記事が参考になれば幸いです。

電気工事士の勝ち組の特徴は?ホワイト企業に転職するコツや年収1,000万達成するためにやるべき方法を紹介

電気工事士として活躍する人は、高い年収を獲得している、ワークライフバランスの整ったホワイト企業で働いているなど、勝ち組といわれるような働き方をしています。

高い収入と安定した働き方を手にするには、どのような手段があるのでしょうか。

電気工事士がホワイト企業へ転職を成功させるには、事前の対策が必要です。

対策をしっかり行い、適切な手段でスキルアップやキャリアアップを続ければ、年収1,000万円を達成するのも夢ではありません。

この記事では、電気工事士として成功するために必要な手段や、狙うべきホワイト企業の特徴を紹介します。

さらに、記事の後半では電気工事会社の平均年収ランキングも発表します。

電気工事士として勝ち組になりたい人、電気工事士として転職を検討している人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

電気工事士の勝ち組とは?

電気工事士の勝ち組とは、どのような人を指すのでしょうか。

Weblio辞書によると、勝ち組とは下記の意味があります。

勝負に勝った側の人々。社会的・経済的に成功した人、いわゆる格差社会において優位な立場に立つ人。裕福である、地位が高い、容姿端麗である、望んだ人生を実現している、などの状況を指すことが多い。
引用:[Weblio辞書]

つまり、電気工事士における勝ち組とは下記のような特徴がある人ということ。

  • 自分の収入が電気工事士の平均年収よりも高い人
  • 電気工事士として年収が1,000万円以上ある人
  • 電気工事士としてワークライフバランスの整った会社で高い年収をもらいながら働いている人

電気工事士の勝ち組は、働き方と年収の2点において他と差を付けている人といえるでしょう。

つまり電気工事士で勝ち組になるには、ホワイト企業で働きながら高い年収を目指す方法と独立して会社として軌道に乗せる方法などが挙げられます。

今回は2つの方法の中でも、ホワイト企業で働きながら高い年収を目指す方法に注目して紹介します。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事士の業務内容や平均年収とは?

electrician, electric, electricity

ここからは、電気工事士の業務内容や平均年収に関する基礎知識を見ていきましょう。

  • 電気工事士の業務内容
  • 電気工事士の平均年収を比較
  • 資格の有無によって異なる平均年収の違い

それぞれ詳しく説明します。

電気工事士の業務内容

電気工事士は、電気設備の設計や施工・保守など、電気に関するさまざまな業務を行う専門職です。ここでは、電気工事士の仕事内容を項目ごとにまとめました。

業務内容 特徴
電気設計 建物の中に電気設備を設置する際の設計を担当する。

電気配線や照明、コンセントの配置、スイッチの設置などを計画し、安全な電気回線を設計する。

施工作業 設計書や指示書に沿って電気工事を実施する。

配線の引き回しや電気機器の取り付け、コンセントやスイッチの取り付けなどを行う。

保守・点検 電気設備が正常に作動するように定期的に保守・点検を行う。

不具合や異常を見つけた場合は、修理や交換作業を行い電気設備の安全性を確保する。

緊急対応 電気系統の障害や故障が発生した場合は、深夜や休日を問わず対応する。

障害の原因を特定し、正常に作動するように修理を行う。

安全指導 電気作業において安全性を確保するために電気設備の所有者に適切な安全指導を行う。
コンサルティング 電気工事士の有資格者は、コンサルタントとして働くことも可能。

電気工事の専門家として工事に関するアドバイスや提案を行う。

業務内容を見ると分かるように、電気工事士の業務は設計から保守・管理、コンサルティングまで多岐に渡ります。

会社によって、電気工事が対応する業務内容は異なります。

電気工事士としてどんな仕事をしたいかを分析したうえで、会社を選ぶのがおすすめです。

電気工事士の平均年収を比較

ここでは、電気工事士の平均年収を比較します。

下記に電気工事士の平均年収と国全体の平均年収をまとめました。

電気工事士 国の全体
平均年収 506.8万円 443万円

引用:[jobtag],[令和3年分 民間給与実態統計調査]

電気工事士の平均年収は506.8万円と、国全体の平均年収と比較して50万円以上の差があります。

ただ求人ボックスのデータでは、電気工事の平均年収は413万円という結果も出ています。

データを比較して分かることは、電気工事士の年収にはかなりの幅があるということ。

収入の差には、会社の規模や資格の有無が挙げられます。

資格の有無によって異なる平均年収の違い

次に、電気工事士の資格の有無によって異なる平均年収の差を紹介します。

平均年収
見習い 250〜300万円
二級電気工事士 350〜450万円
一級電気工事士 500〜550万円

年収に差が出る理由は、電気工事士の資格を取得することによって、対応できる電気工事の電圧の大きさが変わり、資格手当を支給している会社があるため。

一級電気工事士 二級電気工事士
対応できる設備 最大電力500キロワット未満の設備 600V以下で受電する設備
主な工事場所 工場

高層ビル

大型施設

一般住宅

小規模な店舗・事業所

家庭用太陽発電設備

参考:[資格の学校TAC]

スキルアップはもちろん、キャリアアップを狙う人は電気工事士の資格取得を目指しましょう。

電気工事士は年収1000万円を目指せるのか?

money, finance, business

電気工事士が年収1000万円を目指すことは可能です。

ただ、年収1000万円を越えるためには、1級電気工事士の資格は必須といえるでしょう。

なぜなら、一級電気工事士の資格を取得すれば対応できる電気設備の幅が広がるため。

工場や大型施設の電気工事を担当できるようになれば、工事の規模に応じて仕事の難易度が上がり仕事に対する報酬も増えます。

一級電気工事士の資格を取得して大型工事の経験も積んだ状態であれば、独立することも可能。

独立後、事業が軌道に乗れば自分の努力次第で収入をいくらでも上げられます。

資格取得と経験値の獲得は、年収を上げる大きな鍵になるでしょう。

電気工事士のホワイト企業の特徴5選

電気工事士のホワイト企業は、下記の特徴があります。

  • 会社の平均年収が高い
  • 年間休日数が多く有給消化率が高い
  • 残業時間が少ない
  • 福利厚生の充実度が高い
  • 社員の成長を促す制度が多い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

会社の平均年収が高い

電気工事士のホワイト企業は年収が高いという特徴があります。

専門スキルを持つ電気工事士に対し、価値に見合った給与を提供できる点がホワイト企業の強みのひとつ。

ホワイト企業で働く電気工事士は高収入を手にするために、自身のスキルをさらに磨いていくため、結果として会社にとっても専門性のある人材を手に入れるというメリットになっています。

会社の平均年収は、会社のホームページや求人票に記載されています。

他にも就職四季報や会社の有価証券報告書のデータから確認できるため、ホワイト企業を比較する指標にしてください。

年間休日数が多く有給消化率が高い

ホワイト企業は年間休日数が多く、有給消化率が高い傾向があります。

なぜなら、ホワイト企業は従業員のワークライフバランスを考えた働き方を常に考えているため。

週休2日制なのはもちろん、夏季休業や年末年始の休業などを含めているかも確認するのがおすすめです。仕事のオンとオフを切り替えられる環境であれば、仕事にもメリハリがついてモチベーションが上がるでしょう。

年間休日日数以外にも、有給消化率にも注目してみてください。

有給消化率は、有給休暇の日数ではなく有給休暇を取得した割合のこと。

有給休暇が充実していたとしても、取得できないほど忙しい環境であれば、有給休暇の意味がなくなってしまいます。

年間休日数や有給消化率は就職四季報や口コミサイトから確認できます。

有給消化率の高い企業であれば、会社の業務量を調整しつつ有給休暇を取得できる環境が整っているためホワイト企業といえるでしょう。

残業時間が少ない

残業時間が少ない点は、ホワイト企業の特徴のひとつです。

ホワイト企業は社員の働きがいのある環境を提供するため、残業を減らすための取り組みを積極的に行っているため。

電気工事士の場合、突発的なトラブルなどで残業が発生する可能性もありますが、ホワイト企業であれば勤務時間の調整などで残業が起こらない仕組みを提供しているかもしれません。

残業時間が少ないことももちろんですが、残業が発生した場合に残業代を適切に支払っているかも確認しておきましょう。

福利厚生の充実度が高い

ホワイト企業は福利厚生が充実しています。

住宅手当や通勤手当はもちろん、休暇の制度が充実している会社であれば、ワークワイフバランスの整った働き方ができるでしょう。

会社によって福利厚生の内容は異なります。

複数の会社の福利厚生を比較して、自分が欲しい福利厚生はどんな制度か、考えてみるのもおすすめです。

社員の成長を促す制度が多い

ホワイト企業の多くは、社員の教育に力を入れています。

なぜならホワイト企業は職場環境が良いことで、離職者が少ないから。

未経験や経験値の少ない社員だとしても、会社が社員を育てるという考え方をしているため、研修制度や資格取得支援制度が充実しています。

未経験から電気工事士を目指す人であれば、研修制度や資格取得支援制度の整った会社を選ぶと良いでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事士の働く電気工事会社の平均年収ランキング

ここからは電気工事会社の平均年収をランキング形式にまとめました。

電気工事士のホワイト企業の特徴のひとつには、会社の平均年収が高いという項目があります。

ここで紹介するランキングを参考に、企業研究を進めてみてください。

順位 会社名 平均年収
1 株式会社きんでん 886万円
2 住友電設株式会社 784万円
3 エクシオグループ株式会社 771万円
4 富士古河E&C株式会社 769万円
5 株式会社関電工 745万円
6 株式会社中電工 741万円
7 株式会社トーエネック 713万円
8 株式会社四電工 712万円
9 日本電設工業株式会社 711万円
10 太平電業株式会社 708万円

引用:[金融庁EDINET]

データを見て分かるように、電気工事会社の平均年収1位は株式会社きんでんの886万円でした。

OpenWorkのデータによると、株式会社きんでんのデータは以下のとおり。

会社名 株式会社きんでん
所在地 大阪市北区本庄東2-3-41
年収範囲 200〜1,050万円
残業時間 62.7時間
有給休暇消化率 36.2%

引用:[OpenWork]

年収範囲が200〜1,050万円という点から見ると、努力次第で年収1,000万円以上も狙えるということ。

しかし残業時間の長さや有給休暇消化率の数値はやや低めな印象なので、他のデータと比較する必要がありそうです。

データを比較する際は、求人情報や会社のホームページだけでなく、口コミサイトや就職四季報などのデータを参考にしましょう。

電気工事士がホワイト企業に転職するためにやるべきこと

施工管理の転職理由

ここからは、電気工事士がホワイト企業に転職するためにやるべきことを紹介します。

  • 電気工事士の資格を取得する
  • 情報収集や自己分析を徹底する
  • 転職エージェントのサポートを受けながら転職活動する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

電気工事士の資格を取得する

ホワイト企業への転職を成功させるには、資格取得をアピールするのがおすすめです。

電気工事士の資格を取得していれば、電気工事に関する知識が豊富であることや、即戦力として働けることを証明できます。

さらに、ホワイト企業であれば資格手当をもらって年収を上げることも可能です。

資格を取得して損はないため、招待転職を検討している人も今から勉強しておくのがおすすめです。

情報収集や自己分析を徹底する

ホワイト企業に転職するには、事前の情報収集や自己分析が大切。

転職活動として企業選びや応募を始める前に、自分が持つ仕事に対する価値観やどんな企業を求めているかを確認しましょう。

自分の転職に対する明確な目的が決まってからの方が、応募先を絞りやすくなります。

自分の目的にあった企業を探す場合は、本記事で紹介したように、求人票に載っている情報だけでなく有休消化率や残業時間、福利厚生などを細かく調べるのがおすすめです。

できるだけたくさんの情報を比較して、入社後のギャップを減らしましょう。

転職エージェントのサポートを受けながら転職活動する

ホワイト企業に転職したい人は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントはホワイト企業を紹介するだけでなく、自己分析や企業研究をサポートしながらその人にあった会社を見つけてくれます。

電気工事士ならではの転職の悩みを相談するなら、建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」に相談するのが相談するのがおすすめ。

まずは相談だけでもしてみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事士の転職に関するよくある質問

ここからは、電気工事士の転職に関するよくある質問に回答します。

  • 電気工事士はやめとけ・オワコンと言われる理由とは?
  • 電気工事士の勝ち組になるためにやるべきこととは?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

電気工事士はやめとけ・オワコンと言われる理由とは?

電気工事士はやめとけ・オワコンと言われる理由は、電気工事士の業務が過酷といわれることが多いから。

電気工事士の仕事場所は、電気設備があるすべての施設です。

そのため、施設によってはトラブル対応が大変だったり、深夜の業務が求められることも。

働く会社や業務内容を選ぶだけでこれらのデメリットは避けられます。

電気工事士の仕事のきついポイントや対策を詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

電気工事士の勝ち組になるためにやるべきこととは?

電気工事士の勝ち組になるためにやるべきことは、下記の2点です。

  • 一級電気工事士の資格を獲得する
  • 大手ゼネコンや電気工事会社のホワイト企業に転職する

電気工事士の年収が低い・業務が多忙などの問題は、働き先を変えるだけで改善される可能性があります。

本記事を参考に、ホワイト企業を見つけて転職を検討してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は、電気工事士の勝ち組について、電気工事士の勝ち組の条件やホワイト企業の特徴、ホワイト企業に転職する方法まで詳しく解説しました。

電気工事士は、努力次第で年収1000万円を超えた「勝ち組」になることが可能です。

ただ、勝ち組になるには、ホワイト企業でスキルアップを目指す、独立してできる業務の幅を広げるなど対策を取る必要があります。

電気工事士の勝ち組を目指すには、まずはホワイト企業への転職を目指しましょう。

本記事で紹介した、ホワイト企業の特徴や平均年収のデータを活用して、ホワイト企業に転職してみてください。

転職を成功させたい人は建設業界に特化した転職エージェントのサポートを受けるのがおすすめ。

転職に悩みのある電気工事士の人はビーバーズに相談してみてください。