TEL
メニュー

ビルメンテナンスはきつい仕事?仕事内容や辛いポイント、仕事のやりがいや向いている人の特徴を紹介

ビルメンテナンスとは、高層ビルや商業施設、ホテルやマンションなどの建物の維持・管理する仕事です。

ビルメンテナンスは建物の管理が主な業務で業務量や残業が少ないことから、働きやすいと考える人がいる一方で、業務内容によっては「きつい」と考える人もいます。

ビルメンテナンスとして働きたい人は、業務のメリット、デメリットどちらも把握しておけば、必要な対策を取れるでしょう。

今回はビルメンテナンスの業務内容について、きついポイントや仕事のメリット、会社のタイプによる業務の違いや仕事が向いている人を紹介します。

ビルメンテナンスの仕事について気になる人、転職を検討している人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

ビルメンテナンスの4つのきついポイント

ここではビルメンテナンスのきついポイントを4つ紹介します。

  1. 夜勤や宿直がきつい
  2. 汚れ仕事の処理がきつい
  3. 覚えることが多くてきつい
  4. 年収が低くてきつい

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.夜勤や宿直がきつい|生活リズムが崩れるのが嫌な人には不向き

ビルメンテナンスは建物を24時間365日管理する仕事です。

そのため、働く時間が朝になることもあれば、夜になることもあります。

基本的に下記のように3つの時間でシフトを管理します。

日勤 8:30〜17:30
夜勤 17:30〜翌8:30
宿直 8:30〜翌8:30

日勤であれば残業のない快適な働き方といえますが、夜勤や宿直の働き方は、生活リズムが崩れたり長時間労働がきついと感じるかもしれません。

夜勤や宿直での働き方を避けたい人であれば、仕事先での働き方を事前に確認するのがおすすめです。

2汚れ仕事の処理がきつい|トラブル対応が苦手な人には不向き

ビルメンテナンスは、ビルの利用者が快適に生活できるように設備の点検やメンテナンスを行う仕事です。

たとえばトイレが詰まった・空調機が壊れたなどのトラブルが発生すれば、汚れまみれになりながら対処する必要があります。

トラブル対応などで汚れ仕事が発生する点で、きついと感じる人がいるかもしれません。

ただ、こういった汚れ仕事は、担当する設備によって避けることができます。

自分が対応できる設備を増やし、汚れ仕事トラブルが少ない業務を担当すれば、きついポイントが解消されるかもしれません。

3.覚えることが多くてきつい|勉強が苦手な人には不向き

ビルメンテナンスは、未経験からでも挑戦できる仕事ですが、設備の点検やメンテナンスを行う上で資格の取得は必須です。

資格の勉強に加え、基本的な設備の使い方やトラブルが起こった際の対処法まで、さまざまな知識を学ぶ必要があります。

基本的にビルメンテナンスとして働く際に、すぐに覚えるべき設備内容は下記のとおり。

  • 電気設備
  • 給湯・給排水設備
  • 冷凍・冷却設備
  • ボイラー
  • ダクト
  • 空気調和設備
  • ガス設備
  • 警報設備
  • 消火設備
  • 誘導・避難設備
  • エレベーター・エスカレーター設備
  • 駐車場設備

工場などの大型の設備になれば、機械ごとの特徴の深い知識が求められるため、覚える量はさらに増えます。

日常の業務量は少ないのは、ビルメンテナンスはトラブルが発生した際に本領を発揮する仕事であるため。

いざという時に対応できるように、普段から勉強し続ける必要のある業務ともいえるでしょう。

4.年収が低くてきつい|高年収を狙う人には不向き

ビルメンテナンスのきついポイントは、年収の低さです。

はたらいくの調査によると、ビルメンテナンスの平均年収は287万円で、月収にすると21万円程度です。

低い年収が原因で、生活するのがきついという人もいるかもしれません。

しかし、この数値はあくまでも平均年収です。

働く場所や業務内容によっては500万円以上の年収を稼いでいるビルメンテナンスもいます。

自分が年収を上げるために何ができるかを考えながら行動できれば、ワークライフバランスの取れたビルメンテナンスの仕事で高い年収を狙えるでしょう。

ビルメンテナンスの年収について詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。

ビルメンテナンスの仕事内容や1日の流れ

ビルメンテナンスのきついポイントがわかったところで、ここからはビルメンテナンスの仕事内容や1日の仕事の流れについて紹介します。

日勤の場合、1日の仕事の流れは以下のとおりです。

時間 業務内容 作業の詳細
8:30〜9:00 出勤・朝礼 宿直や夜勤担当者から夜間の出来事に関する報告
業務の引継ぎ
1日の業務の確認
9:00〜10:30 点検作業
巡回
施設内の巡回
設備に異常がないかを確認
10:30〜11:30 打ち合わせ 工事業者との打ち合わせ
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜14:00 設備点検 施設内の巡回
設備に異常がないかを確認
14:00〜16:00 待機時間 点検終了後は待機時間
場合によって打ち合わせあり
17:00〜17:30 退勤準備
引き継ぎ
夜勤や宿直に対して引き継ぎ報告
17:30 退勤

1日の作業内容を見てわかるように、基本的に設備の点検ができれば業務は終了です。

たまに新しい設備に関する打ち合わせや図面チェック、書類作成などを行うこともありますが、日常的に発生する仕事はわずかです。

設備の点検が終われば、待機時間となり書類作業や引き継ぎに関する申し送り事項を確認します。

ビルメンテナンスとして働く場合は、ビルの種類や特徴によって点検時間が異なることもあり、場合によっては日中の作業がもっと減る場合もあります。

働く職場での1日の業務内容は、事前に確認しておくのがおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

ビルメンテナンスできつい・激務と言われる現場とは?

ビルメンテナンスの1日の業務は少ない印象でしたが、施設によっては多忙で業務量が多い場合もあります。

ここからはビルメンテナンスの中でもきつい・激務と言われる現場を4つ紹介します。

  • ホテル
  • 商業施設
  • 病院
  • 工場

それぞれ詳しくみていきましょう。

ホテル|顧客が多種多様でクレーム対応に疲弊

ホテルのビルメンテナンスは、激務であることが多いです。

なぜならホテルでのトラブルが起こる場合、客室にてトラブル対処をすることが多いから。

顧客の種類も多様であるため、クレームの対応に疲弊してしまうかもしれません。

また、利用客の少ないチェックアウトからチェックインまでの少ない時間の中で全ての設備を点検する必要があります。

ホテルによっては温泉やジムなどを設置していることもあり、対応する設備の数が増えてしまう点も激務になる原因のひとつでしょう。

商業施設|夜勤の業務が多忙

商業施設では、利用客が多い分クレームの数が多い傾向があります。

テナントごとの特徴を把握した上でメンテナンスを行う必要があったり、店が閉まった後の点検を求められたりするため、夜勤の業務量の方が多いと考えられます。

イベント開催時には、場所提供側として安全管理や設備の調整、準備を行う必要も発生するかもしれません。

幅広い要望に対応しながら設備管理を行う点からは、成長できる環境だというメリットがありますが、ビルメンテナンスの中では激務な職場といえるでしょう。

特に夜勤で働く場合に業務量を増やしたくない人には、おすすめできない職場です。

病院|命に関わる業務に対する緊張感が必要

病院のビルメンテナンスは、夜勤の業務量が多く不安や責任の多い仕事です。

病院の設備の多くは、患者の治療に使うものです。

停電が起これば、患者の命に関わる危険もあるため、細心の注意が必要。

基本的には病院が閉館した夜のうちにメンテナンスを進めるため、夜勤の仕事量が多いのが特徴です。

また、病院でのビルメンテナンス業務は、メンテナンスにおける緊張感以外にも、衛生面での不安が挙げられます。

感染症や病気にかかるリスクは、他の設備のビルメンテナンスよりは高くなる可能性があるため、衛生面の不安を避けたい人は病院での勤務はおすすめできません。

工場|機械に関する幅広い知識が求められる

工場での業務が忙しい理由は、設備の種類が多く、求められるスキルが高いからです。

工場は、毎日複数の機械を稼動させながら製品を生産しています。

ひとつの機械にトラブルが起きれば、工場自体の稼働がストップしてしまい、大規模な損害につながります。

工場のビルメンテナンスとして働くには、トラブルを防ぐためにより一層慎重なメンテナンスや点検が必要です。

機械のメンテナンスを適切に行うために、ビルメンテナンスとして一定のスキルや実務経験、資格の取得を求められるかもしれません。

求められる実力は高いですが、その分年収が上がるなどのメリットもあるため、ビルメンテナンスで高年収を狙いたい人とっては向いているかもしれません。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

ビルメンテナンスのメリット3選

turn on, switch off, innovation

ビルメンテナンスの働き方は、きついと言われる一方でいくつかのメリットがあります。

ビルメンテナンスのメリットは以下の3つです。

  1. 休みが多く残業がない
  2. 年齢を問わず働きやすい
  3. 安定した業界で将来なくなる心配がない

それぞれ詳しくみていきましょう。

休みが多く残業がない|シフト制で自分の時間を作れる

ビルメンテナンスのメリットは、休みが少なく残業がない点です。

先ほども説明したとおり、ビルメンテナンスはシフト制で業務内容が分けられています。

業務内容に関してもシフトで入る人全てが対応できる業務がほとんであるため、引き継ぎができていれば、次のシフトの人に業務を任せることも可能。

そのため、基本的に残業がありません。

シフト勤務であるため、「土日祝日が必ず休み」というわけにはいきませんが、シフトの調整範囲内での休みは十分に取れます。

仕事量が少なく休みが多い点は、ビスメンテナンスの大きなメリットといえるでしょう。

年齢を問わず働きやすい|誰でも何歳でも働ける

ビルメンテナンスは年齢を問わず働ける職場です。

長時間労働や体力のいる業務がないため、何歳からでも挑戦できます。

ビルメンテナンスに関係する資格を取得していれば、年齢を問わず需要が高まるでしょう。

そのため、施工管理として働いていた人が定年退職後にビルメンテナンスとし再就職するという事例もあるほど。

長く働ける職場という点は、ビルメンテナンスのメリットといえるでしょう。

安定した業界で将来なくなる心配がない|将来性があって安心できる

ビルメンテナンスは将来性のある仕事です。

なぜなら、現時点で大量のビルが建設されており、建設されたビルは長期的に維持管理する必要があるため。

建物がある限り、ビルメンテナンスの需要がなくなることはありません。

どんな時でも建物を管理する人材は必要であるため、景気や時勢に影響されない点も魅力のひとつです。

将来のことを考えて、安定した職業に就きたいという人は、ビルメンテナンスを検討するのもおすすめです。

ビルメンテナンスに有利になる資格

ビルメンテナンスとして働く場合、資格を取得すれば給与が上がったり、対応できる業務が広がったりとメリットになります。

ビルメンテナンスが取得すべき資格は以下のとおりです。

ビルメン4点セット 第二種電気工事士
二級ボイラー技士
危険物取扱者乙種四類
第三種冷凍機械責任者
ビルメンの三種の神器 建築物環境衛生管理技術者(通称:ビル管理士)
エネルギー管理士
第三種電気主任技術者

少なくとも、ビルメン4点セットがあれば基本的な設備のメンテナンスができます。

ビルメン三種の神器を取得すれば、大型の機械に対する点検ができるようになるため、働ける場所が広がります。

未経験からビルメンテナンスに挑戦する人は、まずはビルメン4点セットのどれかの資格取得に向けて勉強を始めてみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

ビルメンテナンスに向いている人の特徴3選

ビルメンテナンスが向いている人は、下記のような特徴がある人です。

  • ワークライフバランスを重視する人
  • 定年後もゆっくり働きたい人
  • 施工管理など激務な職場から転職したい人

それぞれ詳しくみていきましょう。

ワークライフバランスを重視する人|休みや残業を重要視

少ない残業時間で、休日を確保しながら働きたい人は、ビルメンテナンスの仕事に向いています。

ビルメンテナンスの仕事は、業務量が少なく残業することもほとんどないため、ワークライフバランスを重視する人におすすめです。

シフト勤務であること、土日祝が必ず休みではない点が、他の働き方とは違いますが、休みが確保されていることに変わりはありません。

仕事とプライベートの時間をしっかり分けて、家族との時間を大切にしたい人は、ビルメンテナンスの仕事を検討してみてください。

定年後もゆっくり働きたい人|老後も働ける職場

ビルメンテナンスは、定年後でも働ける仕事です。

実際にビルメンテナンスとして働く人口のうち、60歳以上の割合は20%を越えています。

引用:[公益社団法人 全国ビルメンテナンス協会 「ビルメンテナンス情報年鑑2020」]

ビルメンテナンスは年収が低いというデメリットがありますが、年金をもらっている人たちからすると、十分な金額とも考えられます。

定年までは、建設業界の多忙な職場でバリバリ働き、定年後はビルメンテナンスとしてワークライフバランスの整った仕事を続けていくのもひとつの方法でしょう。

施工管理など激務な職場から転職したい人|多忙な業務からの脱却

建設業の中でも、特に激務と言われる職種は施工管理です。

施工管理の多忙な働き方から、仕事量の少なく安定した仕事に転職したいという人にとって、ビルメンテナンスは適任かもしれません。

施工管理と比べ年収が下がるかもしれませんが、施工管理として働いていた頃に取得した資格によってはビルメンテナンスの中でも高い年収を獲得できる可能性もあります。

仕事量を調整しながら働きたい人であれば、ビルメンテナンスという働き方を検討してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回はビルメンテナンスの業務について、きついポイントは働く上でのメリット、1日の業務の流れや向いている人の特徴を紹介しました。

ビルメンテナンスは、業務量が少なく休みを取りやすい仕事で、ワークライフバランスを重視した働き方を目指す人にはおすすめです。

しかし、夜勤や宿直業務がしんどい、クレーム対応が大変などきついポイントがあるのも事実です。

働く職場によっても業務の多忙さやきつさが異なるため、事前に働きたい施設や場所の情報を集めておくのがおすすめ。

ビルメンテナンスは将来性のある仕事で、定年後も働けるというメリットもあるため、長く安定した働き方をしたい人はぜひ検討してみてください。

本記事が参考になれば幸いです。

プラント施工管理の年収を徹底調査|より高い年収を目指す方法や将来性まで詳しく紹介

プラント施工管理とは、石油や高圧電気を扱う大型の工場を立てる際に活躍する施工管理です。

施工管理として働く中で、もっと年収を上げたい人でプラント施工管理を検討したことがある人がいるのではないでしょうか。

施工管理の中でも、プラント施工管理は年収が高い仕事です。

今回はプラント施工管理の年収について、年齢や経験年数などによる違いの比較や業務内容、より高い年収を狙うための方法を紹介します。

施工管理として年収を上げたい、プラントに関わる仕事がしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

プラント施工管理の年収はどのくらい?

まずはプラント施工管理の年収をさまざまな観点で比較しましょう。

今回比較する項目は以下のとおり。

  • プラント施工管理の平均年収・上下の幅
  • 年齢別の平均年収
  • 経験年数の平均年収
  • 施工管理の種類

それぞれ詳しくみていきましょう。

プラント施工管理の平均年収・上下の幅

セカコンプラスの調査によると、プラント施工管理の平均年収、最高年収、最低年収は以下のとおりです。

平均年収 681万円
最高年収 1,800万円
最低年収 280万円

引用:[セカコンプラス](2023年5月23日時点)

さらに、年収100万円ごとの人口の分布は以下のとおり。

引用:[セカコンプラス]

400万円〜800万円の年収を獲得しているプラント施工管理が多いことがわかります。

最高年収が1,800万円という点から見ても、努力次第で年収1,000万円越えも夢ではありません。

年収を上げたい人は、記事の後半で紹介する年収を上げるコツを参考にしてみてください。

年齢別の平均年収を比較

次に、年齢別の平均年収の違いを比較します。

ビズケンの調査による、年齢別の平均年収の違いは以下のとおりです。

年齢 平均年収
20代 470〜500万円
30代 400〜650万円
40代 600〜700万円
50代 650〜800万円
60代 550〜650万円

引用:[ビズケン]

50代までは、年齢が上がるごとに平均年収が上がっていることが分かります。

日本の平均年収が443万円であることから、プラント施工管理はどの年代でも日本の平均以上の年収を獲得できています。

60代になれば、現場で働く立場から人材を教育する立場に変わるため、年収が変化しているのかもしれません。

どの年代でも高い平均年収を出せている点からも、プラント施工管理は年収を上げたい人におすすめの職種といえるでしょう。

経験年数の平均年収を比較

同じ年代で働くプラント施工管理でも、経験年数によって平均年収が変わります。

ここでは30代のプラント施工管理で、経験年数によって年収がどう変わるかを比較しましょう。

経験年数 平均年数
1年目 350〜400万円
5年目 450〜500万円
10年目 500〜600万円
15年目以降 600〜700万円

引用:[ビズケン]

30代で経験年数が5年目ということは、大まかに考えて大学卒業してからプラント施工管理になった人です。

大学卒業してから5年目までに平均年収が500万円を超えるのは、年収が高いといえるでしょう。

また、30代で経験年数10年目ということは高卒から施工管理として働く人です。

10年も経験年数があれば、スキルや資格が十分に積み重ねられ、施工管理として責任者の役割を勤める人が増えています。

その結果、平均年収で600万円という数字が出ているのだと考えられます。

条件によっては、さらに上の年収も狙えるでしょう。

施工管理の種類によって違う平均年収を比較

ここでは施工管理の種類による平均年収の違いを紹介します。

種類別の平均年収のランキングは以下のとおり。

順位 業種名 平均年収
1 プラント施工管理 695.9万円
2 設備施工管理 643.5万円
3 電気通信施工管理 628万円
4 電気工事施工管理 625万円
5 土木施工管理 613.1万円
6 建設施工管理 609.4万円

引用:[セカコンプラス]

結果を見てわかるように、1位のプラント施工管理と6位の建設施工管理の平均年収は90万円近い違いがあります。

平均年収のここまで差が出るのは、プラントや設備施工を取り扱う会社はゼネコンなどの大型の会社であることが多いことが理由とも考えられます。

施工管理として、年収を上げたい人はプラント施工管理や設備施工管理に転職するのがおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

なぜプラント施工管理は他の施工管理と比べて年収が高いのか?

上のランキングから分かるように、プラント施工管理は他の施工管理と比べて年収が高いです。

なぜここまで違いが出るか、3つの理由が挙げられます。

  • プラントに関する知識が必要なため
  • 適応力が求められるため
  • 責任感と精神力を求められるため

それぞれ詳しくみていきましょう。

プラントに関する知識が必要なため

プラント施工管理は、施工管理としての知識に加えて、プラントに関する知識が必要です。

主な知識は下記のとおり

プラントごとの機能 プラントの基本的な機能とプロセスに関する知識の理解
(化学プラントでは反応槽や分離装置、製品処理装置などの役割や動作原理など)
機械工学 プラントの設備や機械に関する知識の理解
(機械の種類や構造、運転原理、保守点検方法、トラブルシューティングなど)
電気工学 プラントの電気システムに関する知識の理解
(電力供給、配線、制御システム、計装など)

プラント施工管理は、さまざまなプラントの施工を担当するため、プラントごとの特徴や注意点を把握しておく必要があります。

他の施工管理よりも幅広い知識が求められるため、平均年収が高いのだと考えられます。

プラント施工管理で活躍するには、機械工学や電気工学に関する知識があれば役立つといえるでしょう。

適応力が求められるため

プラント施工管理は工場の種類が変われば、取り扱う機械や規模も異なるため、プラントごとに違うトラブルに見舞われることがあります。

案件ごとに違う仕事やトラブルに臨機応変に対応するには、適応能力が必要です。

どの施工管理にも適応能力は求められますが、1件ごとの規模の大きさや起こりうるトラブルの大きさを考えると、プラント施工管理は特に高い適応能力が必要でしょう。

適応能力を高めるには、幅広い知識が役立ちます。

実務経験を積み、どんな工事で起こったトラブルにもスムーズに対応できる力を身につけましょう。

責任感と精神力を求められるため

プラントの施工管理は、工場の建設を担当する仕事です。

一軒家の建設と工場の建設を比べると、両者にかかる契約金額や施工にかかる日数、設置後の使い道が異なることが分かります。

大規模な工事に関わると、トラブルに関する損害額も大きくなるため、責任者として工事を管理するプラント施工管理のプレッシャーは相当なものです。

強い精神力を持って、工事に関わる管理やトラブル対処を行えるプラント施工管理は、活躍できるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

プラント施工管理の仕事とは?

ここでは、プラント施工管理の仕事内容について紹介します。

  • 施工計画の作成
  • 施工管理の4大管理業務
  • 設備の保守管理・メンテナンス

他の施工管理と比べて年収が高い理由には、業務内容にも含まれるため、詳しくみていきましょう。

施工計画の作成

プラント施工管理は、工場の設計段階から業務が始まります。

工場にどんな設備が入るのか、どんな管理が必要かを関係者や専門家を含めて話し合い、予算に合った施工計画を立てる力が必要です。

機械による特徴を理解し、適切な判断が求められるため、機械工学や電気工学に関する知識があれば重宝されるでしょう。

施工管理の4大管理業務

施工管理は主に4つの管理業務を行います。

4大管理業務と呼ばれ、以下のような特徴があります。
それぞれ詳しくみていきましょう。

安全管理 現場における作業員や作業場所全体の安全確保 朝礼での安全指導
作業員の体調管理
手すりや消化設備の設置
機材の安全点検
危険な場所の看板設置
工程管理 工事全体の進捗管理や調整 当日の工事内容の説明
作業進捗の確認
施工計画書の作成
品質管理 工事で利用する資材の寸法や品質が仕様書の規格を満たしているか確認 工事現場で使う道具の品質確認
資材の発注作業
資材の点検
原価管理 決められた見積もり内での人件費や材料費の調整 決められた見積もり内での人件費や材料費の調整
打ち合わせ(業者、取引先、職人、顧客など)
発注書類の作成・発送
原価計算

この中でも、プラント施工管理は高い品質管理と的確な工程管理が求められます。

工場によっては食品を取り扱うこともあり、特に設置環境や設備の品質管理は高いスキルが必要です。
大型の建物であることからも、ひとつのミスが重大なものになる場合も。

ミスが起こらないように、細かく段階に分けて作業内容を管理する力が求められるでしょう。

設備の保守管理・メンテナンス

他の施工管理は、工事の計画から実施までが対応範囲であることが多いですが、プラント施工管理はプラントが完成した後の保守管理やメンテナンス業務も対応します。

機械が正常に作動するか、不具合はないかなど長期スパンで管理する必要があるため、プラント施工管理の仕事は長期間にわたるということ。

施工に関する知識だけでなく、保守管理能力やメンテナンスの知識をつけておくと、プラント施工管理の仕事で役立つでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

プラント施工管理で年収を上げる4つの方法

arm wrestling, bet, monochrome

プラント施工管理として働く人で、年収を上げるには以下の4つの方法がおすすめです。

  1. 一級施工管理技士の資格を取得する
  2. 実務経験を積んでマネージャー職を目指す
  3. 海外勤務を希望する
  4. 大手企業に転職する

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.一級施工管理技士の資格を取得する

プラント施工管理として年収を上げるには、一級施工管理技士の資格を獲得しましょう。

なぜならプラント施工管理の仕事は高い知識や経験値が求められるため、資格があるだけで重宝されるからです。

資格があれば資格手当をもらえることもあり、一級施工管理技士は二級施工管理技士よりも手当の金額が高いです。

基本給に資格手当が1万円追加されるだけで、年収は12万円も増加します。

一級施工管理技士の資格以外にも、施工管理に役立つ資格を複数取得すればそれに伴って資格手当の金額が上がるでしょう。

資格は自分の価値として一生活躍するため、まずは一級施工管理技士の資格の取得を目指してみてください。

2.実務経験を積んでマネージャー職を目指す

プラント施工管理は、実務経験を積んでマネージャー職を目指しましょう。

実務経験を積んで、多くの工事での対応スキルが身につけば、施工管理の中でもさらに上の立場であるマネージャー職につけます。

マネージャー職になれば、より広い視野を持って工事を管理するようになり、コミュニケーション能力やマネジメント力が身につくでしょう。

年収も上がり、スキルがさらに広がるため、まずは実績を積んでマネージャー職に必要な素質を磨いていくことが大切です。

3.海外勤務を希望する

プラント施工管理として年収を上げたい人は、海外勤務を希望しましょう。

国内のプラント需要は徐々に低下しています。

なぜならすでにほとんどの土地が埋まっており、新しい工場を立てるスペースがなくなっているから。

日本の多くの企業が海外に大型工場を建てることが増えているのも理由のひとつです。

日本以外の土地で施工管理として活躍できれば、日本で担当した案件よりもさらに大規模な工事に携われるようになります。

ただ、海外での勤務には言葉の壁も問題になりやすいでしょう。

いつでも海外勤務ができるように、今のうちから言語の習得に努めるのがおすすめです。

4.大手企業に転職する

自分が働く会社で海外勤務がなかったり、大型の工事の仕事がない場合、大手企業への転職を検討しましょう。

スキルや実力が十分あるにもかかわらず、中小規模の会社で低い年収で働く施工管理は大勢います。

自分のスキルが会社の業務内容以上になったと感じれば、スキルアップのつもりで大手企業に挑戦するのがおすすめ。

資格や実務経験が十分にあれば、どんな企業でも重宝されるはずです。

会社の規模が大きくなれば、その分仕事の難易度も上がりますし、海外勤務の可能性も高まります。

年収を上げたい人であれば、人生設計の中に大手企業への転職を検討するのが良いでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

プラント施工管理の将来性はあるの?

プラント施工管理の将来性は高いと考えられます。

理由は以下のとおり。

  • インフラの需要が高まっているから
  • 持続可能なエネルギーの利用が重視されているから
  • 海外でのプラント需要が高まるから

日本を含め、世界中でインフラ需要は高まっています。

新たなプラントの建設だけでなく、既存プラントの改修や拡張工事も必要なため、プラント工事の需要がなくなることはないでしょう。

さらに、近年では持続可能なエネルギーを使った製品が重視されています。

再生可能エネルギー利用や廃棄物の管理、炭素排出量を削減するなど地球環境に優しい方法で製品を作る取り組みが進んでいるため、それに沿った工場の建設の需要も高まるのではないでしょうか。

正直なところ、日本でのプラント新設の需要は将来的に低迷することが考えられます。

しかしプラント施工管理は国境を越えて需要があり、今後は新興国や発展途上国で産業の発展やインフラ整備の需要が高まるでしょう。

海外での工事に対応できるプラント施工管理は重宝され、将来的にも活躍できるはずです。

まとめ

今回はプラント施工管理の年収について、年齢や経験年数などによる違いの比較や業務内容、より高い年収を狙うための方法を紹介しました。

プラント施工管理は、他の施工管理と比べて年収が高いです。

年収が高い理由としては、施工管理業務以外のプラントに関する知識が必要であるため。

さらにプラント施工管理は海外勤務を目指すことで、年収を上げることが可能です。

プラント需要は海外に波及しているため、プラント施工管理で活躍するには言語の学習なども進めましょう。

本記事が、プラント施工管理の年収アップに役立てば幸いです。

電気工事士の年収を徹底比較|年収を上げる方法、1,000万円越えを目指すコツを詳しく紹介

電気工事士で働く人で、もっと年収を上げたいと悩む人はいませんか?

電気工事士の平均年収は400〜500万円程度といわれており、資格の有無や勤務先などで年収に幅があります。

人によっては、800〜1,000万円ほど稼いでいる人もいるほど。

高い年収を得ている人は、他の人と何が違うのでしょうか。

今回は電気工事士の年収について、カテゴリごとの比較や、年収が高い人の特徴、年収を上げるための方法を紹介します。

電気工事士として働く人で、今よりも年収を上げたいと思う人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

電気工事士の年収を徹底比較|条件によって平均年収に差が出る

お給料

ここからは電気工事士の平均年収をカテゴリごとに比較します。
今回比較する条件はこちらです。

  • 国全体の平均年収
  • 年齢ごとの平均年収
  • 勤続年数による平均年収
  • エリアごとの平均年収
  • 勤務形態による平均年収

それぞれ詳しくみていきましょう。

国全体の平均年収と比較

厚生労働省のによる職業情報提供サイト「jobtag」によると、電気工事士の平均年収は506.8万円です。

一方、国税庁の調査で国全体の平均年収は443万円という結果が出ています。

電気工事士 国の全体
平均年収 506.8万円 443万円

引用:[jobtag],[令和3年分 民間給与実態統計調査]

結果を見ると、電気工事士の平均年収は国全体と比較して64万円ほど高いことが分かります。

つまり電気工事士の仕事は、国の平均と比べて高いということ。

人々の日常に欠かせない電気を取り扱う仕事である点や、資格がないと仕事ができない点からも、仕事の難易度が高く需要の高い仕事であるといえるでしょう。

年齢ごとの平均年収を比較

次は電気工事士の平均年収を、年齢の推移で比較します。

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

データを見てわかるように、20代前半の電気工事士の年収は260万円ほどしかありません。

年収260万円だと、月収は21〜22万円程度。

20代前半の段階だと、電気工事士に必要な資格を取得できていないこともあり、年収が低いと考えられます。

30代後半の平均年収は500万円を越えており、電気工事士の平均年収と同程度まで稼げるようになります。

必要な資格の取得を完了すれば、徐々に大きな現場での業務ができるようになるでしょう。

経験値がつくことで、その後も年収が増加しています。

一度身についた経験や知識は一生使えるため、電気工事士の資格を持っていれば将来的にも高い年収を得られるでしょう。

勤続年数による平均年収の違い

次に、勤続年数による平均年収の違いを比較します。

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

結果からも、電気工事士は勤続年数の長さによって平均年収が上がることが分かります。

つまり、電気工事士は経験年数を伸ばすだけでも年収を上げることが可能です。

経験年数が増えることは実務経験やスキルがあることを指すため、経験年数があるだけで希少価値が高まります。

転職で電気工事士を目指す人も、一定の経験年数が増えればグラフのように高い年収を獲得することも可能です。

エリアごとの平均年収の違い

電気工事士の需要は、電気工事の多いエリアの方が高いです。

電気工事士として高い年収を狙いたい人は、電気工事が多い場所で働くのがおすすめ。

ここでは求人ボックスのデータを参考に、エリアごとの電気工事士の平均年収をまとめました。

エリア名 平均年収
北海道・東北 367万円
甲信越・北陸 381万円
関東 425万円
東海 403万円
関西 406万円
中国 364万円
四国 373万円
九州・沖縄 366万円

参考:[求人ボックス]

データから分かる点は、電気工事士として働く人は関東や関西の大都市がおすすめだということ。

電気工事士が対応する電気工事は、鉄道やビルなど電気を取り扱う建物全てです。

都市部には建物が集中しており建設需要も高いことから、平均年収が高い結果が出ていることが分かります。

勤務形態による平均年収の違い

電気工事士は、資格を取得していればアルバイトや派遣としても働くことが可能。

実際に電気工事士は、派遣やアルバイトの求人も豊富です。

電気工事士の業務形態別の平均年収の違いは、以下のとおりです。

正社員 派遣社員 アルバイト
平均時給 1,544円 1,077円
平均年収 420万円 340万円 237万円

参考:[求人ボックス] (※派遣社員・アルバイトは月23日、1日8時間勤務で計算)

結果から分かるように、正社員の平均年収が一番高いことが分かります。

ただ、求人によっては派遣社員で時給2,400円の求人もあるため、条件を絞って良い企業で派遣として働ければ正社員と同じくらい稼ぐことも可能です。

正社員として働くのか、派遣として働くのか、自分の仕事に求める条件を比較しながら決めましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事士で年収が高い人の特徴4選|特徴をマネれば年収を上げられる

entrepreneur, idea, competence

電気工事士の平均年収は506.8万円ですが、実際には平均年収を上回る年収で働く人もいます。

年収の高い電気工事士は、他の電気工事士と何が違うのでしょうか。

ここでは年収が高い電気工事士の特徴を4つ紹介します。

  1. 一級電気工事士の資格を取得している
  2. 電気系の資格を複数取得している
  3. 大手企業で電気工事士として働いている
  4. 独立して自分で仕事をとっている

それぞれ詳しくみていきましょう。

一級電気工事士の資格を取得している

年収の高い電気工事士は、一級電気工事士の資格を取得しています。

電気工事士の資格とは、電気設備の工事や点検、修理の際に必要な国家資格です。

一級と二級に分かれており、資格によって対応できる設備の違いは以下のとおりです。

一級電気工事士 二級電気工事士
対応できる設備 最大電力500キロワット未満の設備 600V以下で受電する設備
主な工事場所 工場
高層ビル
大型施設
一般住宅
小規模な店舗・事業所
家庭用太陽発電設備

参考:[資格の学校TAC]

一級電気工事士は大規模な建物の電気工事に対応できるようになるため、業務の幅が広がります。

企業としても、さまざまな工事現場に対応できる人材が欲しいと思うため、一級電気工事士資格を取得している人を優遇することも。

電気工事士の資格手当を見ても、一級と二級には下記のような相場の違いがあります。

一級電気工事士 月額4,000円~10,000円前後
二級電気工事士 月額2,000円~5,000円前後

参考:[資格の学校TAC]

資格手当によって月の給与に8,000円以上の差ができれば、年収の差は96,000円にも広がります。

資格を取得するだけで入れる会社の条件が良くなり、年収が上がるメリットがあるため、年収を上げたい人はまず一級電気工事士資格の取得を目指しましょう。

電気系の資格を複数取得している

年収の高い電気工事士は、電気工事士以外にも電気系の資格を複数取得しています。

なぜなら電気工事を取り扱う会社の多くは、電気工事士に対する資格手当以外にも、さまざまな資格に対する手当を用意しているため。

たとえば、中部興業株式会社では資格手当の種類で電気工事士以外に電気工事施工管理技士や電気主任技術者があります。

引用:[中部興業株式会社]

資格を複数取得すれば、その分資格手当が増えて給与が上がります。

第一種電気工事士の資格だけ持っている人の資格手当が5,000円なのに対し、二級電気工事施工管理技士と電気主任技術者の資格を持っている人の資格手当は45,000円。

年収として考えると480,000円もの差が出ます。

年収の高い人は、月の給与を最大限まで高くしている人といえるでしょう。

大手企業で電気工事士として働いている

電気工事士として高い年収を獲得している人は、大手企業で働いている人が多いです。

なぜなら大手企業は対応する工事の規模も大きく工事の難易度が高いため、社員に対して高い報酬を払えるため。

大手企業で働くには、電気工事士資格やスキルなど条件が厳しい可能性がありますが、働き始めると福利厚生が充実している、労働環境が整備されているなど、好条件で働くことが可能です。

電気工事に関係する会社のうち、上場している企業の平均年収を比べました。

順位 会社名 平均年収 平均年齢
1 株式会社きんでん 886万円 41歳
2 住友電設株式会社 784万円 44歳
3 エクシオグループ株式会社 771万円 43歳
4 富士古河E&C株式会社 769万円 44歳
5 株式会社関電工 745万円 42歳

参考:[電気工事士デポ]

上位の企業であれば、平均年収が800万円を越えています。

努力次第では、さらに高い年収を狙うこともできるかもしれません。

電気工事士として年収を上げたい人は、大手企業の平均年収を比較しながら自分に合った会社を選ぶのが良いでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

独立して自分で仕事をとっている

電気工事士として年収を上げたい人は、独立して自分の手で仕事を掴む方法もおすすめです。

一級電気工事士の資格を取得すればさまざまな工事現場で働けるため、独立しても仕事を獲得できます。

経営や営業スキルを学び、開業できれば顧客を獲得しながら事業を拡大することも可能です。

努力次第で売上を伸ばし、際限なく年収を上げられるため、年収1,000万円以上を稼ぐ人もいるでしょう。

年収を上げたい人の中でも、1,000万円以上を目指したい人は独立を検討するのも手段のひとつといえます。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事士で年収を上げるためにとるべき行動|状況に応じて行動が違う

電気工事士で働く人で、年収を上げたい人は2種類に分かれます。

ひとつは電気工事士になりたてで経験が浅く資格を持っていない人、もうひとつは電気工事士として資格やスキルがあるが年収がなかなか上がらない人。

タイプによって年収を上げるために対策すべき項目は違うため、ここではそれぞれのタイプの人に向けた対策を紹介します。

  • 経験が浅く資格を持っていない人|実績作りや資格取得に挑戦する
  • 資格やスキルがある人|転職や独立を検討する

それぞれ詳しくみていきましょう。

経験が浅く資格を持っていない人|実績作りや資格取得に挑戦する

電気工事士になりたての人が年収を上げるためにやるべきことは、実績作りや資格取得です。

上で紹介したように、電気工事士は経験年数が上がれば自然と年収が上がります。
年収の上がり幅を大きくするには、資格手当による基本給与の底上げや、経験値を上げて責任のある仕事に取り組むなどの方法が効果的です。

電気工事士が取得すべき資格は以下のとおり。

  • 認定電気工事従事者
  • 特殊電気工事資格者
  • 電気工事施工管理技士(一級・二級)
  • 電気主任技術者(全三種)
  • 消防設備士甲種4種
  • エネルギー管理士
  • 電気通信主任技術者
  • 電気取扱者(低圧、高圧・特別高圧)

資格によっては、試験を受けるまでに一定の実務経験年数が必要な場合があります。

資格は計画性を立てて、取得まで勉強を進めましょう。

資格やスキルがある人|転職や独立を検討する

電気工事士として長く働く人で、すでに資格を複数取得しており実務経験があるにもかかわらず年収が上がらないと悩む人は、転職や独立を検討しましょう。

なぜなら、資格取得や実績の獲得には限界があるため。

スキルが上がったのであれば、段階に合わせて働く環境を変えることが、効率的に年収を上げる方法です。

転職であれば、今よりも条件の良い大手企業に挑戦することも可能。

今よりも規模の大きな企業に転職できれば、基本給が今よりも高くなるだけでなく、福利厚生の充実した職場で働けるかもしれません。

また、スキルや実務経験が十分に備わっている人は独立を検討するのもおすすめ。

自分で仕事を獲得できれば、経営力や営業力次第で会社を立てることもできますし、自分の仕事量を調整することも可能。

一級電気工事士や電気主任技術者の資格があれば、フリーランスとしても重宝されるでしょう。

転職や独立を検討する人は、転職エージェントに相談するのがおすすめ。

自分に合った会社や仕事を見つけ、今よりも高い年収を目指しましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事士が独立して年収1,000万円を目指すためにやるべきこと

cup, businessman, successful

電気工事士として年収を上げるために独立を選んだ人は、下記の行動を実践してみてください。

  1. 年収1,000万円を達成するために必要な売上を把握する
  2. 営業や経営のスキルを学ぶ
  3. 独立までに必要な資金や人脈を作っておく
  4. フリーランスエージェントを使って仕事を確保する

独立すれば、努力次第で年収1,000万円を狙うことも可能。

まずは自分のできることから始めましょう。

年収1,000万円を達成するために必要な売上を把握する

年収1,000万円稼ぐという目標を立てたあとは、達成するためにすべき行動を期間に分けて把握することが重要です。

年収1,000万円稼ぐということは、月や週で考えると、以下の金額を稼ぐ必要があります。

1年 1,000万円
1ヶ月 83万円
1週間 20.8万円
1日 2.9万円

短期間の目標が決まれば、1日に3万円稼ぐためにどんな仕事を獲得すればいいか、細かい対策を考えられるようになります。

年収1,000万円に限らず、独立を検討する人は目標金額を定めた上で、細かい行動項目を検討するのがおすすめです。

営業や経営のスキルを学ぶ

独立して働くとは、自分が会社の社長になるということです。

会社を継続させるためには、電気工事士のスキルだけでは足りません。

経営力や営業力を身につけ、仕事を安定的に獲得できる環境を作ることが求められます。

将来的に従業員を雇った会社を作るためにも、早い段階から経営のスキルを身につけましょう。

独立までに必要な資金や人脈を作っておく

電気工事士として独立する前にやっておくべきことは、独立のための資金調達や人脈作りです。

独立した直後は、認知度もなく信頼性もないため仕事を獲得するのに苦労するでしょう。

しかし、あらかじめ独立することを伝えた上で人脈を作っておけば、早い段階から顧客を獲得できる可能性が高まります。

仕事がない間にも生活が必要なため、独立資金も十分に貯めておきましょう。

フリーランスエージェントを使って仕事を確保する

独立してすぐに仕事を確保するには、フリーランスエージェントを活用するのがおすすめです。

フリーランスエージェントは、数多くの電気工事の案件を取り扱っているため、独立初期段階でも安定した仕事を確保できるでしょう。

求人を見比べながら、自分に合った仕事を見つけられれば、継続的に仕事ができるかもしれません。

まずはフリーランスエージェントに登録して、求人を探してみるのがおすすめです。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は電気工事士の年収について、さまざまなカテゴリから電気工事士の平均年収を比較し、年収を上げるための方法を紹介しました。

電気工事士は資格の取得やスキルアップによって、年収を上げられる仕事です。

スキルや資格を取得した上で、さらに高い年収を狙いたい人は、転職や独立を考えるのがおすすめ。

独立を検討する場合は、在職中から準備を進めておくと、すぐに成果を出せるようになるでしょう。

この記事が、電気工事士の年収アップの行動に役立てば幸いです。

ビルメンテナンスの年収を上げるコツ3選|高収入の人から分析した必要な資格や狙うべき会社とは?

ビルメンテナンスとして働く人で、年収を上げたいという悩みを持つ人はいませんか?

ビルメンテナンスは、働く職場や資格有無などの条件で年収の差が出る仕事です。

自分の年収が低いと感じる人、もっと年収を上げたい人はビルメンテナンスで年収を上げるための行動を取る必要があります。

本記事ではビルメンテナンスの平均年収を比較し、取得すべき資格や年収を上げるための方法を紹介します。

自分の年収がどのくらいかを把握し、今の自分ができる年収を上げる対策を検討してみてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

ビルメンテナンスの年収|有資格者と無資格者の違いを把握する

まずはビルメンテナンスの年収について、条件ごとに比較していきましょう。

今回紹介するのは以下の3つの項目です。

  • ビルメンテナンス全体の平均年収
  • 無資格の場合の平均年収
  • 有資格の場合の平均年収

それぞれ詳しくみていきましょう。

ビルメンテナンス全体の年収は平均より低い

ここではビルメンテナンス全体の平均年収について紹介します。

はたらいくの調査によると、ビルメンテナンスの平均年収は287万円です。

日本全体の平均年収が443万円である点と比べると、ビルメンテナンスの年収は高いとは言えないでしょう。

ビルメンテナンス 国全体
平均年収 287万円 443万円

引用:[はたらいく],[令和3年分民間給与実態統計調査]

ビルメンテナンスで働く人の平均月収の推移は下記のとおり。

引用:[はたらいく]

ビルメンテナンスの半数近い人の平均月収は20〜25万円未満であることが分かります。

年収40万以上を獲得している人が1%しかない点からすると、年収を上げるためには資格や会社などで差別化する必要があるでしょう。

無資格の場合は年収が低い

ビルメンテナンスとして働く人のうち、無資格や未経験の場合の平均年収は以下のとおりです。

大都市圏 240~276万円
地方 192~240万円

参考:[設備管理大全]

ビルメンテナンスの全体の平均年収が287万円である点と比較すると、低いです。

年収の中でもエリアによって年収が異なる点も、注目すべきポイント。

無資格、未経験でビルメンテナンスとして働く人は、大都市圏で仕事を探す方がおすすめといえるでしょう。

有資格の場合は年収が高い

一方で、ビルメンテナンスとして働く人で有資格者の場合の平均年収は以下のとおりです。

大都市圏 260~326万円
地方 212~290万円

参考:[設備管理大全]

無資格で働く人と比べて、20〜50万円程度平均年収が高くなります。

資格があることで対応できる業務の幅が広がり、需要が高まる点も資格取得のメリットのひとつです。

ここからビルメンテナンスの資格を持つメリットや取るべき資格についても紹介するため、参考にしてみてください。

ビルメンテナンスの有資格者の年収が高くなる理由

なぜ有資格者の年収が高くなるのでしょうか。

ここからはビルメンテナンスの有資格者の年収が高くなる理由について、3つ紹介します。

  1. 特定建築物の監督者になれるから
  2. 特定建築物の環境衛生を維持・管理する業務ができるから
  3. 保健所の立入検査に対応できるから

それぞれ詳しくみていきましょう。

特定建築物の監督者になれるから

ビルメンテナンスが取得すべき資格のひとつに、建築物環境衛生管理技術者があります。

建築物環境衛生管理技術者の資格を取得すれば出来るようになる業務として挙げられるのは、特定建築物での監督業務。

特定建築物とは百貨店や美術館など3000㎡以上、学校の場合は8000㎡以上の建物を指します。

特定建築物を管理する場合は、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」によって建築物環境衛生管理技術者を監督者として選任する必要が。

つまり、資格があるだけで特定建築物の監督者という仕事ができるようになります。

特定建築物の環境衛生を維持・管理する業務ができるから

建築物環境衛生管理技術者の資格があれば、下記の業務に対応できます。

  • 管理業務計画の立案
  • 管理業務の指揮・監督
  • 建築物環境衛生管理基準に関する測定または検査結果の評価
  • 環境衛生上の維持管理に必要な調査の実施
    参考:[CIC日本建設情報センター]

これらは建築物環境衛生管理技術者の資格がある人だけができる業務です。

有資格者しかできない業務に対応できるようになれば、その分業務の難易度も上がり、業務内容に応じて年収を上げられます。

保健所の立入検査に対応できるから

有資格者のみが対応できる業務には保健所の立入検査への対応があります。

保健所の立入検査では建築物環境衛生管理技術者が立ち会い、下記の業務対応が必要です。

  • 設備の維持管理状況の説明
  • 帳簿書類の保管状況の確認・提示

点検の頻度は4~5年に1回程度。

頻度は少ないですが有資格者しか対応できない業務であるため、資格を持っているだけで需要が高まるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

ビルメンテナンスが年収を上げるために取得すべき資格

ビルメンテナンスが取得すべき資格は複数あります。

ここでは、資格を重要度によって2つのカテゴリに分けて紹介します。

  1. ビルメンテナンスが必ず取得すべき資格
  2. 必須ではないけれど資格手当などで役立つ資格

それぞれ詳しくみていきましょう。

ビルメンテナンスが必ず取得すべき4つの資格

ビルメンテナンスが必ず取得すべき資格は下記の4つです。

  • 第二種電気工事士
  • 二級ボイラー技士
  • 危険物取扱者乙種四類
  • 第三種冷凍機械責任者

この4つの資格は「ビルメン4点セット」と呼ばれ、ビルメンテナンスに就職・転職を検討する人がまず勉強するべき資格といえます。

それぞれの資格の概要を下記にまとめました。

資格名 取得することでできるようになること
第二種電気工事士 600V以下で受電している設備での電気工事ができるようになる
二級ボイラー技士 伝熱面積が25㎡未満のボイラーを取り扱う業務ができるようになる
危険物取扱者乙種四類 引火の恐れのある危険物の約8割を取り扱えるようになる
(ガソリンや灯油など)
第三種冷凍機械責任者 1日で100トン未満の冷凍能力のある設備の取り扱いが可能になる

4つの資格の難易度はそれほど高くないため、テキスト学習や過去問を使った復習を行えば、ビルメンテナンスの業務が未経験の人でも合格が可能です。

資格を持っているだけで上位の会社に就職・転職できる可能性が高まるため、まずはこれらの資格取得を目指しましょう。

ビルメンテナンスの仕事に役立つ資格

ここからはビルメンテナンスの仕事に必須ではないけれど、持っていることで資格手当をもらえ業務の幅を広げられる資格を紹介します。

  • 建築物環境衛生管理技術者(通称:ビル管理士)
  • エネルギー管理士
  • 第三種電気主任技術者

上記の3つの資格は「ビルメンの三種の神器」とも呼ばれ、「ビルメン4点セット」の次に重要度の高い資格といえるでしょう。

それぞれの資格の概要は以下のとおりです。

資格名 取得することでできるようになること
建築物環境衛生管理技術者 特定建築物の監督者業務・維持管理業務ができるようになる
保健所の立ち入り検査へ対応できる
エネルギー管理士 年度間のエネルギー使用量が1,500kl以上3,000kl未満の工場でエネルギー管理員として働ける
第三種電気主任技術者 電圧5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力5000キロワット以上の発電所を除く)の工事・維持・運用の保安監督として働ける

3つの資格を取得すると、規模の大きな建物でのメンテナンス業務が行えるようになります。

現在ビルメンテナンスとして働いている人で、次にステップアップしたい人はこれらの資格を取得するのがおすすめです。

ビルメンテナンスとして働く人におすすめの資格は他にもあります。

  • 消防設備士
  • ガス溶接作業者
  • 防火管理者
  • 電気工事施工管理技士
  • 管工事施工管理技士
  • 給水装置工事主任技術者

電気工事施工管理技士や管工事施工管理技士の資格は、施工管理として働いていた人がビルメンテナンスに転職を検討する場合に、大きな強みとなるでしょう。

ここで紹介した資格はあくまでも一例です。

会社によって取得を推奨する資格やそれぞれの資格手当の金額は異なります。

まずは「ビルメン4点セット」と「ビルメンの三種の神器」の取得を目指し、そのあとは会社の制度や転職先として検討している会社の取り扱う建物を把握して決めていきましょう。

弊社では、建設・不動産業界に携わる数多くの方の仕事探しを成功に導いております。転職、派遣、フリーランス、一人親方、建設業者全ての方々のニーズに適切な優良求人・案件をご紹介可能です。

  • 完全週休2日制の求人
  • 50代60代70代でも応募可能なお仕事
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 高収入求人、高単価案件多数
  • 無料登録から最短1週間で就業可能

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめの求人・案件をご紹介することも可能です。

\建設業界の仕事探しなら/

ビルメンテナンスで年収を上げる3つの方法

false

ここからは、ビルメンテナンスで年収を上げる3つの方法を紹介します。

  1. 資格を取得して手当で稼ぐ
  2. 宿直ありの現場で働く
  3. 年収の高く、条件の良い会社に転職する

それぞれ詳しくみていきましょう。

資格を取得して手当で稼ぐ|資格手当によって基本給を上げる

ビルメンテナンスで年収を上げる方法は、出来るだけたくさんの資格を取得して資格手当を増やし、給与を上げることです。

資格手当とは、有資格者に対して付与される手当のこと。

資格手当の内訳は会社によって異なりますが、大体の目安は下記のとおりです。

資格名 金額
ビルメン4点セット 第二種電気工事士 500~3,000円
二級ボイラー技士 500~2,000円
危険物取扱者乙種4類 500~1,000円
第三種冷凍機械責任者 500~2,000円
ビルメンの三種の神器 建築物環境衛生管理技術者 3,000~10,000円
エネルギー管理士 3,000~10,000円
第三種電気主任技術者 1,000~10,000円
その他 消防設備士乙種 0~1,000円
消防設備士甲種 500~2,000円
第一種電気工事士 1,000~5,000円
一級ボイラー技士 1,500~3,000円
第二種電気主任技術者 3,000~10,000円
第二種冷凍機械責任者 1,000~3,000円

参考:[資格屋]

ビルメン4点セットの資格手当は、500〜2,000程度と金額が低めです。

一方でビルメンの三種の神器の資格手当は1,000〜10,000円までの幅があるため、資格取得だけで年収が12万円以上も増える可能性があります。

その他の資格の中で、ビルメン4点セットに含まれる第三種冷凍機械責任者のさらに上の資格である第二種電気主任技術者がありますが、この資格は企業の規模によっては十分に生かしきれない場合も。

高い資格を取得したら、その資格を活用できるように規模の大きな建物の管理を行う会社に転職するのが、資格手当を最大限活用するポイントです。

宿直ありの現場で働く|夜勤は通常より手当が増える

宿直とは、24時間勤務で働く業務のこと。

ビルメンテナンスの仕事には大きく分けて「日勤」と「宿直」の2種類があり、宿直勤務を行えば「宿直手当」をもらえる会社があります。

宿直手当の相場は2,000〜5,000円程度。

つまり宿直手当が4,000円の会社で、週2回宿直をした場合、その月の基本給に上乗せされる宿直手当は32,000円です。

宿直の仕事は慣れてくれば問題なく対応出来るため、まずは自分の会社で宿直手当があるか、金額はいくらかを確認してみましょう。

年収の高く、条件の良い会社に転職する|会社の特徴を理解して比較する

ビルメンテナンスで年収を上げるには、条件の良い会社に転職するのがおすすめです。

ビルメンテナンスには大きく分けて系列系ビルメンと独立系ビルメンの2種類があり、それぞれ特徴が異なります。

系列系ビルメン 大手企業の子会社やグループ会社と資本関係にあるビルメンテナンス会社 高層ビルや商業施設のビルメンテナンス
独立系ビルメン 親会社などを持たずに単独でビルメンテナンスを行う会社 公共施設や落札制度で獲得した建物のメンテナンス

系列系ビルメンの方が規模が大きい会社であることが多く、福利厚生や資格手当などの制度が充実しています。

自分のスキルを活かしたい、年収を上げたいという人であれば系列系ビルメンで働くのがおすすめ。

一方で、独立系ビルメンは親会社がないため細かなルールが決められていないことが多く、働きやすい職場であることが多いです。

未経験でも採用されやすい・長く働けるなどのメリットもあるため、未経験からビルメンテナンスに挑戦し将来的に年収を上げたい人であれば、まずは独立系のビルメンに入り、スキルを磨いてから系列系ビルメンに転職すると良いでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

年収の高いビルメンテナンス会社をランキングで紹介

ここからは、年収の高いビルメンテナンス会社をランキングで紹介します。

ビルメンテナンスとして働く中で、転職を検討している、高い年収の会社に入りたいという人は参考にしてみてください。

順位 会社名 系列系・独立系 平均年収 平均年齢
1 プロパティデータバンク 系列系 756万円 41.9歳
2 インターライフホールディングス 系列系 740万円 44.0歳
3 第一カッター興業 独立系 603万円 38.6歳
4 エムティジェネックス 系列系 603万円 51.8歳
5 三機サービス 独立系 582万円 39.9歳
6 日本空調サービス 独立系 574万円 38.9歳
7 サンセイ 独立系 561万円 38.9歳
8 NITTOH 独立系 517万円 41.6歳
9 ルーデン・ホールディングス 系列系 507万円 47.6歳
10 イオンディライト 系列系 461万円 46.0歳

参考:[年収ランキング]

ランキング結果を見て分かるように、系列系の企業の平均年収が1位2位を獲得しています。

年収を上げたい人であれば、系列系ビルメンの方が向いていることが分かります。

ランキング内の、平均年収を確認するのもおすすめです。

平均年収が若い会社であれば、早い段階から高い年収を得られるようになります。

「年収が高い=良い会社」と判断するのではなく、細かな制度の内容や業務内容を比較しましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回はビルメンテナンスの年収について、平均年収を比較や取得すべき資格の一覧、年収を上げるための方法を紹介しました。

ビルメンテナンスの平均年収は、日本全体の平均年収と比べて低いです。

しかし資格手当や宿直手当、会社の規模などを比較すれば、高い年収を狙うことが可能。

高い年収を目指すためには、ステップが重要です。

まずは資格を獲得し、獲得した資格を活用できる規模の会社に転職することで、効率よく年収を上げられます。

ビルメンテナンスは、資格があるだけで需要が変わる仕事です。

記事で紹介した資格の取得を目指し、行動してみてください。

本記事が参考になれば幸いです。

電気工事施工管理の年収とは?年収アップのコツや給料の差が出る項目を詳しく紹介

電気工事施工管理として働く人で、自分の年収は高いのか低いのか疑問に思ったことはありませんか?

電気工事施工管理は、建設業の中でも年収が高い施工管理の仕事のひとつです。

建設業全体からみると比較的高いと考えられていますが、電気工事施工管理の中には低い年収で悩む人や、高い年収を得ながらバリバリ働く人などさまざまです。

年収の高さは、何によって変わるのでしょうか。

今回は電気工事施工管理の年収について、他の職種との平均年収の比較や、年収に差が出るポイント、年収を上げるポイントについて紹介します。

電気工事施工管理として働く人で、今の年収に不満がある人、転職しようか悩んでいる人、年収を上げる方法が知りたい人はぜひ参考にしてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/
この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

電気工事施工管理の年収はどのくらい?

person holding fan of U.S. dollars banknote

ここでは電気工事施工管理として働く人の年収について、他の職業との比較をしながら把握していきます。

自分の年収は平均と比べてどのくらいなのか、参考にしてみてください。

電気工事施工管理の平均年収・最高年収・最低年収について

  • 国の平均年収との比較
  • 建設業の平均年収との比較
  • 他の電気系資格との比較

それぞれ詳しくみていきましょう。

電気工事施工管理の平均年収・最高年収・最低年収について

セカコンプラスの調査によると、電気工事施工管理の平均年収、最高年収、最低年収はそれぞれ以下のとおりです。

最高年収 1,500万円
平均年収 624万円
最低年収 200万円

引用:[セカコンプラス] (2023年5月16日時点)

平均年収は624万円と高めですが、上下の差が激しいのが特徴といえます。

大きな差が出るポイントについては、記事の後半で紹介していますので、参考にしてください。

今の年収が平均に近い人であれば、最高年収の1,000万円越えを目指しましょう。

国の平均年収との比較

期間工.co.jpの調査によると、日本全体の平均年収、中央値は以下のとおりです。

日本全体の平均年収 445万円
中央値 396万円

参考:[期間工.co.jp]

電気工事施工管理の平均年収624万円は、日本全体の平均年収よりも100万円以上高いことが分かります。

このことからも、年収の高い仕事を目指す人にとって電気工事施工管理として働くことは大きなメリットになるでしょう。

建設業の平均年収との比較

ここでは建設業における他の職業との平均年収を比較します。

職種 電気工事施工管理 大工 とび職 左官工
平均年収 624万円 405万円 405万円 432万円

引用:[令和3年賃金構造基本統計調査],[セカコンプラス]

建設業界の他の職種の平均年収は400万円台である一方、電気工事施工管理は600万円越え。

200万円以上の年収の差は、施工管理の仕事の難易度が高いという証拠です。

建設業の中でも施工管理は業務量が多く責任ある仕事が多いため、平均年収が高いと考えられます。

他の電気系資格との比較

電気工事施工管理は、電気に関わる工事を取りまとめる役割です。

電気を扱う業務は専門性が必要であるため、電気系資格を持った別の職種の平均年収も高い傾向があります。

ここでは下記の電気系資格との平均年収を比較しました。

職種 電気工事施工管理 第二種電気主任技術者 第三種電気主任技術者 第二種電気工事士
平均年収 624万円 600〜800万円 400〜600万円 400〜500万円

参考:[TAC],[セカコンプラス]

電気主任技術者は、電気設備の点検作業の監督を行う仕事です。

電気工事施工管理と同じように工事の監督作業をすることもあるため、責任感のある仕事で資格取得難易度が高いのが特徴。

そのため、第二種電気主任技術者の平均年収は電気工事施工管理と同じくらい高いことが分かります。

電気工事施工管理として働く人は、資格を組み合わせることで年収を上げることも可能なため、電気主任技術者の資格を取得するのもおすすめです。

電気工事施工管理の年収で差が出る5つのポイント

上記で紹介した電気工事施工管理の年収に差があるのは、働く条件が異なるため。

ここからは年収で差が出る5つのポイントを紹介します。

  1. 資格の有無
  2. 働くエリア
  3. 経験年数
  4. 会社の規模
  5. 担当する工事の種類

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.資格の有無|資格手当によって給与が高くなる

電気工事施工管理の年収が高い人は、資格を取得しています。

資格があれば資格手当を受け取れるため、基本給に加えた資格手当分の給与が入ることになり、年収が上がります。

電気工事施工管理は、電気工事施工管理技士の資格を取得するのがおすすめ。

資格手当の相場は以下のとおりです。

一級電気工事施工管理技士 7,000円~50,000円/月
二級電気工事施工管理技士 5,000円~30,000円/月

実際に兼新電気株式会社の採用サイトには、電気工事施工管理技士の資格手当について下記のような記載がありました。

引用:[兼新電気株式会社]

電気工事施工管理として年収を上げたい人は、まずは資格の取得を目指しましょう。

資格概要を詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

2.働くエリア|都市圏での工事需要が高まっている

働くエリアによっても給与が変わることがあります。

なぜなら、エリアによっては工事件数自体が少ないため。

ここでは求人ボックスのデータによる、エリアごとの平均年収の違いをまとめました。

エリア名 平均年収
北海道・東北 476万円
甲信越・北陸 447万円
関東 506万円
東海 472万円
関西 497万円
中国 463万円
四国 464万円
九州・沖縄 484万円

参考:[求人ボックス]

東京や関西では工事件数が多いため、平均年収が高いことが分かります。

工事需要の高い場所で仕事を探すことで、高収入を狙うことが可能です。

3.経験年数|経験年数が上がれば経験値が身につく

施工管理技士として経験年数が増えれば、平均年収が上がります。

なぜなら、上で紹介した施工管理技士の資格を取得する場合にも実務経験年数が必要になるため。

一定の年数が経つと、経験値も資格の取得も完了するため、それに応じて平気年収が上がります。

経験年数による平均年収の変化を下記にまとめました。

引用:[令和3年賃金構造基本統計調査]

データからもわかるように、施工管理になってすぐは資格や経験値がないため、平均年収はかなり低いです。

しかし経験年数が10年以上になれば、平均年収の数値を超えた年収を獲得できるようになっています。

年収を上げるには、まずは施工管理としての経験値を増やすことが大切です。

4.会社の規模|大手企業は年収が高い

会社の規模によっても、年収の額は変わります。

なぜなら、会社が稼いでいれば多くの給料を社員に払えるため。

会社の規模によって変わる平均年収の違いを下記にまとめました。
(ここでは施工管理全体の平均年収をまとめています。)

引用:[令和3年賃金構造基本統計調査]

データから、1,000人以上の社員をもつ大企業で働く施工管理の平均年収が一番高いことが分かります。

施工管理が働く建設会社は、会社の規模によって請け負える工事の種類も異なります。

大きな工事を請け負うゼネコンであれば、高い給料を期待できるでしょう。

5.担当する工事の種類|大規模工事を担当できれば年収が上がる

担当する工事の種類によっても年収に差が出ることがあります。

たとえば大型施設の電気工事を対応する場合と1件の住宅の電気工事を対応する場合、工事1件に対する契約金額が違うため、年収に差が出ます。

つまり、電気工事施工管理で高い年収を狙いたい人は、プラントや大型施設、公共インフラなどの大型の工事を対応している会社で働くことがおすすめ。

規模が大きくなる分仕事の難易度が高くなるため、すぐに転職が難しい人は自分の会社で取り扱う工事のうち、規模が大きい工事を対応できるように相談してみましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事施工管理が年収を上げるための3つのコツ

電気工事施工管理が年収を上げるためには、以下の3つのコツを実践してみましょう。

  1. 資格を取得する
  2. 実務経験を増やして役職を獲得する
  3. 規模の大きな会社に転職する

それぞれ詳しく紹介します。

資格を取得する|資格手当を複数活用できる

電気工事施工管理が年収を上げるために、今からでもできることは資格の取得です。

電気工事施工管理技士の資格はもちろんですが、電気に関わる資格など複数の資格を取得するのもおすすめ。

なぜなら、資格手当は複数の資格を持っていれば手当の金額を増やせるため。

たとえば、電気工事施工管理技士一級の資格と電気主任技術者二級の資格があれば、それぞれの資格手当を受け取れ、基本給に上乗せされる金額が増えます。

電気工事施工管理が取得するべきおすすめの資格は下記のとおりです。

  • 電気工事施工管理技士(一級・二級)
  • 電気主任技術者(一級・二級)
  • 電気工事士(第一種・第二種)
  • 消防設備士
  • 電気通信主任技術者

資格があれば自分の価値も高まるため、将来転職をする場合も有利に働きます。

資格内容を見て、自分の挑戦したいものから取得を目指すと良いでしょう。

実務経験を増やして役職を獲得する|係長クラスから年収がグッと上がる

実務経験を増やして、役職を獲得するのもおすすめです。

施工管理の役職ごとの平均年収には、下記のような違いがあります。

係長になれば、一気に年収が上がることが分かります。

役職を得るには、経験値を積んで責任のある立場を経験することが大切。

まずは経験値を増やし、責任者を任せられると思ってもらえるように業務に励みましょう。

規模の大きな会社に転職する|会社が変われば働き方も変えられる

資格も取得したし、役職も獲得したけどなかなか年収が上がらないという人は、会社自体を変えた方がいいかもしれません。

規模の大きな会社や、大型の工事を請け負う会社に転職できれば、今よりも難易度の高い仕事に挑戦できたり、福利厚生のしっかりした環境で働けるようになります。

転職には年収が上がる以外にもメリットがたくさんあるため、今の環境に不安や不満がある人は、自分で求人を探すか転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

電気工事施工管理が転職を成功させるための4つのステップ

success, gradually, career

電気工事施工管理で転職を成功させたい人は、次の5つのステップを実践してみてください。

まだ転職は考えていない、という人も将来的に転職するかもしれません。

「こんな流れで転職を進めると成功する」という知識をつけておくのがおすすめです。

  1. 電気工事施工管理として責任者を務めた経験を積む
  2. 自分の行きたい会社の条件を決める
  3. 転職サイトに登録する
  4. 転職エージェントに相談する

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.電気工事施工管理として責任者を務めた経験を積む

まだ転職は考えていない人も、転職を検討している人も今の会社でできる転職に向けた準備は、電気施工管理技士として責任のある役割に挑戦することです。

責任のある役割を務めると、マネジメント力や対応能力が身につきます。

多くの現場で責任者の経験があることをアピールできれば、転職で役立ちますし、今の現場であれば年収が上がるチャンスにもなります。

まずは自分の職場での経験値を最大限に伸ばし、いつ転職してもアピールできるポイントがたくさんある状態にしておきましょう。

2.自分の行きたい会社の条件を決める

転職を検討し始めた人は、自分の行きたい会社の条件を決めましょう。

今の働き方を振り返り、次の会社に求める条件を考えるのがおすすめです。

給与、働き方、会社の制度、福利厚生など、項目はさまざまで構いません。

自分の中で譲れない条件を決めておけば、転職活動での軸になり、より良い会社に出会える可能性が高まるでしょう。

3.転職サイトに登録する

転職活動を始める場合、転職サイトに登録して求人をみたり転職活動に必要な情報を集めるのがおすすめです。

多くの転職サイトには、転職の進め方に関するノウハウや情報が溢れています。

自分で転職活動を進める人であれば、転職サイトから知識を得ながら自己分析や応募文の作成をしてみてください。

求人情報を比較する際は、自分の譲れない条件に絞って探すと、相性の良い会社に出会えるでしょう。

4.転職エージェントに相談する

自分で転職活動をする場合、自己分析や応募文の作成、面接対策も全て自分で行う必要があります。

転職を成功させるためには、プロによるサポートを依頼するのがおすすめです。

転職エージェントは転職を成功させるノウハウを持つプロです。

転職エージェントに依頼すれば、自分に合った会社を紹介されるだけでなく、応募文の添削や面接対策など、さまざまなサポートを受けながら転職を進められます。

スムーズに、かつ自分に合った会社に転職したい人は、転職エージェントに相談してみましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は電気工事施工管理の年収について、他の職種との年収の違いや、年収に差が出るポイント、年収を上げるためのコツについて紹介しました。

電気工事施工管理は資格を取得したり、役職を獲得するだけで年収を上げられる仕事です。
ただ、働く場所や会社の規模によって思ったほど年収が上がらない場合もあります。

もっと高い年収を目指したいと思う人は、今の会社よりも気が大きく条件の良い会社に転職しましょう。

転職を成功させるには、転職エージェントのサポートを受けながら自分に合った会社を見つけるのがおすすめです。

建設業界に特化した弊社ビーバーズであれば、電気工事施工管理の仕事の悩みに寄り添いながら、あなたにあった転職先を探します。

自分に合った会社で年収を上げていきましょう。

施工管理をやめたい女性必見!やめる前に検討すべきポイントやおすすめの転職先を解説

施工管理として働く女性の中で、やめたいと思っている人はいませんか?

施工管理の仕事は社会貢献を実感でき、工事全体をマネジメントできるやりがいのある仕事です。

一方で業務量が多い、長時間残業がある、体力的に女性にはきついなどの原因から、転職を検討する女性がいることも確かです。

本記事では、施工管理の女性が仕事を辞める前にチェックするべきポイントやおすすめの転職先、転職を成功させるための手順について紹介します。

数々の求職者を転職に導いた転職エージェントであるビーバーズが、転職にありがちな悩みを踏まえて詳しく解説します。

施工管理で働く女性の中で、転職を検討している人、やめたいけどどうすればいいかわからない人は参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

女性の施工管理が仕事をやめたい4つの理由|当てはまる人は転職を検討すべき

女性の施工管理の多くは、下記の4つの理由から転職を検討し始めます。

  1. 残業が多くて体が休まらないから
  2. 男社会の環境に馴染めないから
  3. 休日がなく自分の時間が作れないから
  4. 体力仕事が多く耐えられないから

上記の理由が自分に当てはまる人は、転職を検討すべきタイミングかもしれません。
それぞれ詳しくみていきましょう。

1.残業が多くて体が休まらないから

施工管理は建設業界の中でも特に残業時間の長い職種です。

dodaの調査によると、施工管理の平均残業時間は35.3時間。

引用:[doda]

全職種の平均残業時間が22.2時間だったため、全業種に比べて10時間以上も残業していることが分かります。

しかも35.3時間というのは平均です。つまり人によってはより長い残業をする場合もあるということ。

引用:[2022 時短アンケートの概要]

このデータの中で施工管理は「外勤建築」「外勤土木」に当てはまります。

データから分かるように、施工管理によっては100時間以上残業する人もいるのが現状です。

残業時間が多すぎて自分の時間が取れないという悩みがある人は、職場や職種を変えるだけで残業時間のない働き方ができるようになるかもしれません。

2.男社会の環境に馴染めないから

施工管理を含む建設業界は、女性の割合が徐々に増加してはいますが、まだまだ男性の割合の方が多い業界です。

会社によっては女性が一人しかいない環境になってしまうことも。

女性の割合が少ない職場では、女性トイレや更衣室の対応ができていない場合や、仕事内容に関しても男性と同じように体力のいる仕事が多い場合があります。

実際に働いてみて、女性に対する設備やルールが不十分だと思った人は、一度会社に相談してみましょう。

男社会の環境に馴染めないという人であれば、女性の割合が多い別の会社や職種に転職を検討するのがおすすめです。

3.休日がなく自分の時間が作れないから

施工管理は工事のスケジュールを調整し、工期通りに作業を進める仕事です。

天候やトラブルなどで作業が遅れてしまった場合は、休日出勤をして作業を進める必要もあります。

安定した休日をとれないため、自分の時間がないと悩む人が多いかもしれません。

休みを確保したい、有給や育休などの制度が整った場所で働きたい人であれば、大手の会社を狙う、もしくは土日休みが確定している会社を探すのが良いでしょう。

4.体力仕事が多く耐えられないから

女性は男性と比べて、体の大きさや体力面から、力仕事をするにはデメリットが大きいです。

施工管理の業務は工事全体の管理ではありますが、現場監督として一日中外で作業を行ったり、時には資材の運搬を手伝うこともあるでしょう。

他の職種と比べ、女性の施工管理として働く場合でも一定以上の体力がないと仕事が続かないかもしれません。

体力的に限界を感じた場合は、体に不調が出る前に転職を検討しましょう。

女性の施工管理が仕事を辞める前に検討すべきポイント4選

仕事を辞める決意をする前に、下記の4つのポイントを検討してみてください。

人によっては辞める以外の解決策が見つかるかもしれませんし、転職への意思がより固くなるかもしれません。

  1. やめたい理由は何であるか
  2. 会社内での職種を変えられないか
  3. 転職するならどんな業種を目指すのか
  4. 転職活動はどうやってするのか

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.やめたい理由は何であるか|原因を見極めてから転職するかを考える

仕事をやめたいと感じた時にまずやるべきことは、やめたい理由を考えることです。

どんな紙でもいいですので、一度自分の頭の中にある不満や不安、やめたいと感じる内容を書き出してみましょう。

頭で考えるのと、実際に見て考えるのでは、自分の感じ方が変わるかもしれません。

書き出す際は、「不満に思った業務内容」「その時の気持ち」「不満に思った理由」など、感情や行動を分けて書くことで、自分の気持ちが整理できるでしょう。

2.会社内での職種を変えられないか|内勤異動を依頼してみる

転職する前に検討すべきことは、同じ会社内で業務を変えられるかどうかです。

たとえば施工管理として外勤で働くのがしんどい場合、事務員や営業などの内勤として異動できないかを会社に相談してみましょう。

転職すれば、人間関係を一から構築する必要があるため、慣れるまでに時間がかかりストレスになることもあります。

しかし、同じ会社内で内勤として働けるようになれば、そうした変化が少なく、即戦力としてすぐに仕事ができるかもしれません。

上で考えた「やめたい理由」に施工管理としての働き方や体力的な不満がある人は、一度内勤移動の可能性を検討してみましょう。

3.転職するならどんな業種を目指すのか|自分の気になる職種を見つける

施工管理としての働き方だけでなく、会社の制度や人間関係などに不満があり「やめたい」と考える人は、転職したい職種や業種を見つけましょう。

施工管理で得たスキルは他の業界や業種でも役立つものが多いため、20代であれば未経験の職種に挑戦するのもおすすめです。

施工管理としてのスキルを活かしたい場合は、建設業界の中で別の業種を見つけるのも良いでしょう。

自分がどんなことに興味があるのか、どんな仕事をしたいのか、どんな働き方をしたいのかなど、仕事に関する自分の価値観を見極めるのが重要です。

4.転職活動はどうやってするのか|転職の方法を確認する

転職活動を始めると決めた場合、次に考えるのは「いつ転職活動をするか」です。

転職活動を行うタイミングは大きく分けて以下の2種類あります。

  • 仕事を辞めてから転職活動を始める
  • 仕事を続けながら転職活動を始める

おすすめは、仕事を続けながら転職活動を始める方法です。

施工管理は仕事の拘束時間が長いため、仕事をしながらの転職活動が難しいかもしれません。

ただ、最近ではリモートで面接を進められる環境が整備されてきたため、少ない時間でも仕事をしながら転職活動を進めることが可能です。

仕事を続けながら転職活動ができれば、仕事を辞めてすぐ新しい仕事に取り組めるようになるため、金銭的な不安も減らせるでしょう。

細かな転職活動の手順については後半で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

女性の施工管理におすすめの転職先5選

女性 大工

ここからは女性の施工管理におすすめの転職先を5つ紹介します。

同業種、異業種関わらず施工管理で身についたスキルは転職先で活かせます。

  • 営業職
  • CADオペレーター
  • デベロッパー
  • ビルメンテナンス
  • 技術系公務員

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.営業職|コミュニケーション力が活かせる

施工管理は職人やクライアント、近隣住人などと会話する機会が多いため、コミュニケーション能力が身につきます。

女性の施工管理は、コミュニケーション力がついた経験をアピールして営業職に転職するのがおすすめです。

法人営業であれば、土日祝休みなどの休日制度が充実していることが多く、ワークライフバランスの整った働き方ができるでしょう。

職種名 営業職(法人営業)
業界 メーカー・金融・不動産・証券・保険など
仕事内容 法人に対して行う自社商品の販売
平均年収 460万円

引用:[転職会議]

2.CADオペレーター|ライフステージの変化にも対応できる

CADオペレーターは、CADというツールを使って設計図の作成や編集、修正を行う業務です。

CADの資格を取得すれば、即戦力として活躍できますし、施工管理の経験は設計図の図面を作成する際に役立つでしょう。

CADオペレーターは建設業の中では珍しく、女性の人口が多い職種です。

ツールさえ扱えれば在宅でも働けるため、女性のライフステージの変化にも対応できるおすすめの職種といえるでしょう。

職種名 CADオペレーター
業界 建設業
仕事内容 CADを使った図面を編集・修正する設計補助作業
平均年収 317万円

引用:[転職会議]

3.デベロッパー|発注側になると働き方が安定する

デベロッパーとは、不動産物件に関する調査や企画、販売までを行う仕事です。

開発地の土地の調査や企画立案、認可の確認などの業務があるため、不動産営業とは業務の範囲が異なります。

デベロッパーは建設会社に工事を発注する側として、施工管理と打ち合わせをしながら工事を進めることもあります。

施工管理としても経験があれば、仕事がスムーズに進みやすく、即戦力として活躍できるでしょう。

職種名 デベロッパー
業界 不動産
仕事内容 不動産物件の企画・販売
平均年収 528万円

引用:[求人ボックス]

4.ビルメンテナンス|施工管理の資格を活かせる

ビルメンテナンスは、ビルの利用者が快適に過ごせるように警備や管理、メンテナンスを行う仕事です。

女性ならではの気遣いやコミュニケーション力は、利用者の声を汲み取る際に役立つでしょう。

施工管理の資格があれば、空調設備や電気設備のメンテナンスや管理を行えるため、重宝されます。

ビルメンテナンスの仕事量は施工管理ほど多くないため、自分の時間を確保しながら働ける仕事といえるでしょう。

職種名 ビルマネジメント
業界 不動産
仕事内容 マンションやオフィスビルなどの警備保安管理業務・設備管理業務
平均年収 448万円

引用:[転職会議]

5.技術系公務員|建設業に知識のある人材は重宝される

技術系公務員は、道路や公園、ダムなどを作る際に計画を立てて建設業者に依頼し、完成までを担当する仕事です。

デベロッパーと同じく、発注する側として仕事ができるため、施工管理の知識が役立ちます。

公務員であることから、収入面や休みの不安が解消されるでしょう。

技術系の公務員は、施工管理などの経験者にとって有利であるため、中途採用の情報を探してみるのがおすすめです。

職種名 技術系公務員
業界 公務員
仕事内容 道路やダムなどインフラ建設に関する計画の立案・実施
平均年収 447万円

引用:[転職会議]

女性の施工管理が転職する際に注意すべき3つのポイント

転職の意思を固めて、これから転職活動を始める人は以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • 退職を伝えるタイミングに注意する
  • ライフステージの変化を考えて転職先を検討する
  • 働きながら転職活動を進める

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.退職を伝えるタイミングに注意する|工事が終わる瞬間を見計らう

施工管理は工事ごとに仕事が変わるため、転職や退職を伝えるタイミングが重要です。

今担当している工事が終わる手間のタイミングで退職の意思を伝えるのがおすすめ。

自分の今担当している仕事を無事に終えてから転職ができれば、心残りなく次の仕事に進めます。

2.ライフステージの変化を考えて転職先を検討する|年齢によって検討する職種が変わる

女性の施工管理が転職先を探す場合、自分のライフステージの変化を考えるのが大切です。

たとえば将来出産や育児の予定がある場合、転職先に産休・育休制度があることを確認しましょう。

また、年齢によっても検討すべき職種が変わるかもしれません。

20代であれば未経験の転職に挑戦するのも良いですが、30代以降の転職であれば、キャリアアップを狙って同じ業界の転職に絞るのも良いでしょう。

転職難易度が変わることもあるため、不安があれば転職エージェントに相談するのもおすすめです。

3.働きながら転職活動を進める|仕事をやめてからだと判断力が鈍る可能性がある

女性の施工管理が転職する際に注意すべきポイントは、働きながら転職活動を進めることです。

なぜなら仕事を辞めた状態で転職活動を始めてしまうと、仕事を辞めている不安から「早く転職を終わらせたい」と考えてしまい、最初の条件とは違う会社でも転職を決めてしまう危険性があるからです。

仕事を辞めた状態は、収入が入らないため精神的に不安になりがちです。

しかし転職活動は人生の中でも大きな選択の一つであるため、できるだけ妥協せずに自分の軸に正直な選択をする必要があります。

仕事を続けながら転職活動を進め、自分の今の仕事と比較しつつ納得のいく転職を成功させましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

転職を成功させるために行うべき4つのステップ

女性の施工管理が転職を成功させるには、以下の4つのステップで転職を進めるのがおすすめです。

  1. 自己分析する
  2. 自分の譲れない条件や希望を可視化する
  3. 転職サイトに登録する
  4. 転職エージェントに相談する

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.自己分析する|自分なりのスキルの棚卸をする

まずは自己分析をして、スキルの棚卸をしましょう。

紙に表を作ってどの部署で何を学び、どんな工事を経験したかをまとめてみるのがおすすめ。

自分のやってきたことを客観的にみるだけで、仕事で得た経験値を知れます。

スキルの棚卸ができれば、応募文作成や面接練習で自己PRとして使える自分の強みを増やせるでしょう。

2.自分の譲れない条件や希望を可視化する|求人を探す際の指標を作る

求人を探す前に、自分の転職における譲れない条件や希望を可視化しましょう。

たとえば長時間残業が原因で転職を検討する人が譲れない条件は「残業時間」ですし、人間関係が原因で転職する人は「職場の雰囲気」が大切です。

転職した職場は、もしかしたらずっと働く場所になるかもしれません。

できるだけ自分の要望にあった場所を見つけるためにも、いくつかの条件は定めておきましょう。

3.転職サイトに登録する|自分で求人を探してみる

まずは転職サイトに登録して、自分の手で求人を探してみるのがおすすめです。

上で決めた「自分が譲れない条件」を入力して、求人を絞ってみましょう。

会社の特徴を調べたり、実際に会社の公式サイトをみたりしながら、自分が働く未来を思い描きながら比較するのがおすすめです。

気に入った求人があれば応募するのも良いでしょう。

4.転職エージェントに相談する|プロのサポートを受けて転職の成功率を上げる

求人サイトから自分で応募するのは不安だ、応募文がこれで問題ないか分からない、サポートを受けながら転職したいという人は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントは数々の求職者を転職成功に導いたノウハウを使って、転職をサポートしてくれます。

自己分析やキャリアの棚卸を再度転職エージェントと行うことで、気づかなかった転職の軸を見つけられるかもしれません。

施工管理の女性が、同じ業種の転職を目指す場合は、建設業に特化した転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

仕事の悩みや不安を相談しながら、前向きに転職活動に取り組めるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は女性の施工管理について「仕事をやめたい」と思った時に考えるべきポイントやおすすめの転職先、転職を成功させるための行動について紹介しました。

施工管理の仕事は肉体労働や長時間残業というデメリットがあるため、女性にとって働きにくい、やめたいと思うことがあるかもしれません。

やめたいと思った場合はすぐに転職に移るのではなく、まず自分が嫌なことは何かどう変わりたいのかを考え、適切な行動をするのが重要です。

転職を決めた場合は、仕事をやめずに転職エージェントなどのサポートを受けながら転職活動を進めるのがおすすめ。

自分に合った解決策を見つけ、より良い働き方ができるようになれば幸いです。

施工管理は潰しが効かないは間違い!転職に有利になる特徴やおすすめの転職先を紹介

施工管理として働く人で、長時間労働や業務量の多さに悩む人はいませんか?

施工管理は潰しが効かないといわれ、転職をするか迷っている人もいるかもしれません。

結論として、施工管理は潰しが効かないというのは間違いです。

施工管理で得た経験やスキルは別の職種でも使えますし、施工管理から別の仕事へ転職を成功させている人はいます。

今回は、何人もの施工管理の方の転職をサポートしてきたビーバーズが、施工管理が転職に活かせるスキルやおすすめの転職先、転職するためのステップについて紹介します。

施工管理で転職するか迷っている人や、施工管理の働き方に不満がある人はぜひ参考にしてみてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

施工管理は潰しが効かないは間違い!転職で有利な施工管理の5つのスキル

shaking hands, handshake, contract

施工管理は潰しが効かないから転職はできないと諦めていませんか?

「施工管理は潰しが効かない」というのは大間違いです。

なぜなら施工管理は工事現場をまとめて工事を進行するために幅広い知識やスキルを身につけているため。

ここでは施工管理の身につけている能力のうち、転職で有利に働く5つのスキルを紹介します。

  1. マネジメント能力
  2. コミュニケーション能力
  3. リスク管理能力
  4. 臨機応変な対応力
  5. スケジュール管理能力

それぞれ詳しくみていきましょう。

マネジメント能力

施工管理として働く上で身に付く能力は、マネジメント能力です。

施工管理は4大管理能力として、下記の業務を行っています。

安全管理 現場における作業員や作業場所全体の安全確保 朝礼での安全指導
作業員の体調管理
手すりや消化設備の設置
機材の安全点検
危険な場所の看板設置
工程管理 工事全体の進捗管理や調整 当日の工事内容の説明
作業進捗の確認
施工計画書の作成
品質管理 工事で利用する資材の寸法や品質が仕様書の規格を満たしているかの確認 工事現場で使う道具の品質確認
資材の発注作業
資材の点検
原価管理 決められた見積もり内での人件費や材料費の調整 打ち合わせ(業者、取引先、職人、顧客など)
発注書類の作成・発送
原価計算

これら全ての業務を新卒のうちから経験しているという経験は、転職での大きなメリットになります。

なぜなら管理能力は勉強したら誰もが身につく能力ではなく、業務を行う中で自然とできるようになる能力であるため。

管理能力は工事以外のプロジェクトでも応用でき、マネジメント能力がある人は即戦力として働けることが多いです。

転職時には、工事をスムーズに進行させるために気をつけたポイントや苦労したポイントを話せば、好印象につながるでしょう。

コミュニケーション能力

施工管理はコミュニケーション能力が必要な仕事です。

日々の業務では、工事現場で作業員に指示を出したり、取引先と打ち合わせをしたり、近隣住人のクレームを対応したりと、さまざまな人と話す機会があります。

工事を進行するためにも、それぞれの人と円滑なコミュニケーションを図る必要があるため、自然と会話力が身につきます。

コミュニケーション能力はどの仕事でも必要なスキルであるため、現場で作業員の人とコミュニケーションをとる際に気をつけたことや、関係を良好に保つための方法などをアピールすると良いでしょう。

リスク管理能力

施工管理の業務である安全管理では、リスク管理に対するノウハウが身につきます。

なぜなら、施工管理が担当する工事現場は一歩間違えば怪我や事故が起こる場所であるため。

ヒヤリハットの徹底や安全に関する意識を高めておけば、トラブルのない進行ができるため、普段からトラブルが起こりそうな場所を把握する力があるといえるでしょう。

業種が変わったとしても、トラブルが起こりそうな部分を事前に察知して対応できる能力は重宝されます。

リスク管理によってトラブルが回避できた経験があれば、大きなアピールポイントになるでしょう。

臨機応変な対応力

施工管理は、トラブルが生じても臨機応変に対応できる適応力があります。

工事現場では天候不良や資材のトラブル、職人のスケジュールなどの関係で、工事が止まってしまうこともしばしば。

しかし工期を伸ばすことはできないため、冷静に状況を確認してスケジュールを再度組み直し、今できることから作業を進める指示を出さなければなりません。

瞬間的にやるべき事を考え、行動に移せる力はどの仕事でも必要な力です。

トラブルを解消した経験をアピールポイントにするのもおすすめです。

スケジュール管理能力

施工管理のスケジュール管理能力は、他の仕事と比較しても細かく落とし込める能力といえます。

工事全体の日数から、1ヶ月ごと、1週間ごと、1日ごと、半日ごとの作業まで落とし込んで工事で関わる職人たちの作業の進捗を管理する力は、ディレクション業務などで活躍します。

施工管理は当たり前に行っている作業ですが、他の業界から見ると大きな強みになることを認識しておきましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理のスキルが活かせる転職先7選

ここからは施工管理のスキルが活かせる転職先を7つ紹介します。

施工管理のスキルがあれば、異業種・同業種どちらでも転職が可能。

今回紹介する職種で気になるものがあれば、転職先として検討してみてください。

  1. プロパティマネージャー
  2. ファシリティマネージャー
  3. デベロッパー
  4. 技術系公務員
  5. CADオペレーター
  6. ビルマネジメント
  7. 建設コンサルタント

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.プロパティマネージャー|建設業の知識やコミュニケーション力を活かせる

プロパティマネージャーとは、マンションやオフィスビルなど不動産に関する管理や運営を行う業務です。

不動産を経営するオーナーから依頼を受け、下記のような業務を行います。

  • 入居者募集
  • クレーム対応
  • 家賃回収
  • 修復工事の提案と工事業者の選定
  • メンテナンス計画の立案・実行

不動産運営に関わる総合的なサポートを行うプロパティマネージャーは、施工管理の建設業に特化した知識や、コミュニケーション能力が活かせるでしょう。

職種名 プロパティマネージャー
業界 不動産
仕事内容 マンションやオフィスビルなどの運営管理
平均年収 470万円

引用:[転職会議]

2.ファシリティマネージャー|建物に関する知識が活躍する

ファシリティマネージャーとは、ファシリティ(建物、施設、土地など)に関する維持管理や有効活用するための戦略を提案、計画する業務です。

プロパティマネージャーと比べ、建物を有効活用するための施策を検討する点から、利用者の快適度や使いやすさに焦点を当てた考え方が必要になります。

施工管理の経験は、建物自体の有効活用方法を検討できる能力や、建物の維持管理に関する知識として活かせるでしょう。

職種名 ファシリティマネージャー
業界 不動産
仕事内容 建物や土地、施設に関する維持管理や有効活用するための戦略の立案
平均年収 503万円

引用:[転職会議]

3.デベロッパー|施工管理と協力して働ける

デベロッパーは不動産物件を企画・販売する仕事です。

施工管理は工事を請け負う側で、デベロッパーは工事を依頼する側であるため、発注側による納期の短縮などのトラブルはない仕事といえるでしょう。

デベロッパーの行う業務には、土地や街の開発だけでなくゼネコンと協力して建設を管理する施工管理の仕事があります。

施工管理として働いていた経験は、デベロッパーでそのまま利用できるため、施工管理にとってデベロッパーは転職しやすい仕事です。

職種名 デベロッパー
業界 不動産
仕事内容 不動産物件の企画・販売
平均年収 528万円

引用:[求人ボックス]

4.技術系公務員|国家公務員の安定が欲しい人に向いている

施工管理は公務員としても転職できます。

技術系公務員とは土木や建築の分野に特化した公務員で、道路やダムなどインフラの建設に関する計画を立案したり、ゼネコンに対して工事を依頼する業務を行います。

施工管理の知識があることで、計画立案や予算管理を適切に行えるため、施工管理の経験をアピールできるでしょう。

公務員の仕事は収入が安定しており、定年まで働き続けられるため、転職に安定を求める人におすすめです。

職種名 技術系公務員
業界 公務員
仕事内容 道路やダムなどインフラ建設に関する計画の立案・実施
平均年収 447万円

引用:[転職会議]

5.CADオペレーター|女性の働きやすい環境が整っている

CADオペレーターはCADという設計に利用するツールを扱う仕事です。

CADを使って図面を編集・修正する仕事がメインのため、ツールさえあれば在宅でも働くことが可能。

施工管理の図面に関する知識があれば、ツールの使い方を覚える助けになるでしょう。

女性が働きやすい環境であることが多く、ワークライフバランスを重視したい人におすすめの仕事です。

職種名 CADオペレーター
業界 建設業
仕事内容 CADを使った図面を編集・修正する設計補助作業
平均年収 317万円

引用:[転職会議]

6.ビルマネジメント

ビルマネジメントとは、マンションやオフィスビルなどにおける警備や設備点検、清掃などを行う仕事です。

建物の利用者が快適に過ごせるように、設備の保守管理からクレーム対応まで幅広く対応します。

施工管理の資格があれば、空調設備や電気設備の点検ができるため、転職に有利に働きます。

業務量が少なく短い時間で働けることから、施工管理を定年退職してから働く人もいる仕事です。

職種名 ビルマネジメント
業界 不動産
仕事内容 マンションやオフィスビルなどの警備保安管理業務・設備管理業務
平均年収 448万円

引用:[転職会議]

7.建設コンサルタント|発注側として施工管理に依頼する

建設コンサルタントとは、道路やダム、公園などの社会資本の建設に関わる全ての工程に携わる仕事です。

実際に行う業務は以下のとおり。

  • 建設物の立案や構想
  • 地盤・地質調査
  • 設計
  • 施工監理
  • 保守管理

建設に関する全ての工程に関わるため、施工管理と協力して仕事を進めることもあります。

依頼する立場として、建設業の知識がある人材は重宝されるため、施工管理の経験や知識は転職に役立つでしょう。

職種名 建設コンサルタント
業界 不動産
仕事内容 マンションやオフィスビルなどの運営管理
平均年収 487万円

引用:[転職会議]

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理が転職先に求めるべきポイント

ここからは施工管理が転職する際、転職先に求めるべき2つのポイントを紹介します。

  1. 残業時間
  2. 年間休日数

それぞれ詳しくみていきましょう。

残業時間|実績を比較して残業時間の少ない会社を選ぶ

施工管理が転職先に求めるべきポイントは、残業時間です。

なぜなら施工管理が転職を検討する理由のひとつに、長時間残業が挙げられるため。

今の環境を変えたいのであれば、今とは違う環境を求める必要があります。

残業時間の少ない会社に転職できれば、自分の時間を増やせて、ワークライフバランスが充実するでしょう。

求人情報を比較する場合、実際の会社のサイトも確認して残業時間の実績を確認するのがおすすめ。

就職四季報や口コミサイトからも残業時間の実績が確認できます。

複数の情報を比較しつつ、残業時間の少ない会社を見極めましょう。

年間休日数|年間休日120日以上の会社を目安に探す

年間休日数も、確認すべきポイントです。

施工管理は、工事の日程によって休日出勤することがあったのではないでしょうか。

施工管理は週休1日の職場もあるほど、年間休日数は少ない職種です。

休みが取れない働き方から、安定した休みをとりながらワークライフバランスの取れた働き方をするためにも、年間休日数の多い会社を選ぶのがおすすめ。

狙うべき年間休日数の目安は120日以上です。

なぜならこの数字は、完全週休2日制で土日が休み、加えて祝日が休みである場合の年間休日数であるからです。

施工管理のように休日出勤や長時間労働しなくても、高収入を得られる仕事がある事を認識しましょう。

まずは「週休2日制」や「年間休日120日以上」などの条件を入れて、求人を探すのもおすすめです。

転職するためにやるべき5つの行動

施工管理で転職を考えているけど、何からすれば分からないという人がいるかもしれません。

転職を考えている人は、これから紹介する5つの行動を取りましょう。

  1. どんな業界・職種に転職したいかを考える
  2. スキルの棚卸をする
  3. 転職サイトに登録する
  4. 転職エージェントに相談する
  5. 求人に応募する

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.どんな業界・職種に転職したいかを考える

まずはどんな業界・職種に転職したいかを考えましょう。

気になる職種が複数になっても構いません。

特定の職種や業界が決まれば、その職種の大手企業を検索したり、どのような仕事をする職業かを調べます。

調べる中で自分に向いているか、自分のどんなスキルが役立つかを考えると、転職への意識が高まるでしょう。

2.スキルの棚卸をする

転職への意欲が高まれば、次は自分について振り返ります。

自分のスキルの棚卸しをして、前職でどんなスキルを身につけ、どんな事を学び、どんな資格を得たかを書き記してみましょう。

入社してからの時系列にそって、学んだことや取得した資格を書いていくと、自分のスキルを客観的に把握できます。

転職では自分をアピールする必要があるため、自分に関する情報を出来るだけ多く引き出し、アピールポイントを作ることが重要です。

3.転職サイトに登録する

転職サイトに登録すると、気になる求人を探して応募できるようになります。

転職サイトによって掲載される求人が異なるため、複数の転職サイトに登録するのがおすすめです。

気になる求人にはチェックして、あとからまとめて比較してみましょう。

求人情報を比較する中で、自分が譲れないポイントはどこか、どんな会社に魅力を感じるかを考えながら転職活動を進めてみてください。

4.転職エージェントに相談する

転職をスムーズに進めたい、自分の条件に合った会社を見つけたい人は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントは何人もの求職者を転職に導いたプロです。

自分が行ったキャリアの棚卸に加えて、プロのサポートを得ながら自己分析を進められれば、転職の成功率が上がるでしょう。

さらに転職エージェントには応募文の添削や面接練習もサポートしてもらえます。

転職に不安のある人は、一度転職エージェントに相談してみてください。

5.求人に応募する

自分の気に入った会社を見つけた人は、実際に応募してみましょう。

応募した後は、面接練習や別の求人探しなど、やることがたくさんあります。

転職に関する不安も、転職エージェントに相談しながら進められれば、積極的に行動できるでしょう。

求人に応募するまでにたくさんのやるべきことがあるため、転職を早く終わらせたい、自己分析や応募文の作り方のサポートが欲しいという人であれば、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は「施工管理は潰しが効かない」というテーマに沿って、転職で役立つ施工管理のスキルや、転職におすすめの職種、転職するための手順などを紹介しました。

施工管理は潰しが効かないというのは間違いです。

施工管理の身につけた転職で役立つ貴重なスキルをアピールして、条件の良い会社へ転職しましょう。

転職に関する不安がある人は、転職エージェントに相談すると良いでしょう。

自己分析やスキルの棚卸をサポートしながら、その人に合った求人を紹介してもらえます。

施工管理は建設業界の職種であるため、同じ建設業への転職を検討する人は建設業界に特化した転職エージェントに相談するのがおすすめ。

自分のもつスキルを最大限にアピールし、転職を成功させましょう。