TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【建設会社のHP】採用力強化のためにはホームページ制作が最も重要?

建設会社がホームページを軽んじている理由

建設業界の仕事はBtoBと呼ばれ、クライアントは国家や地方公共団体、または不動産デベロッパーであり、国や企業を相手にした仕事が中心です。

従いまして、化粧品会社やネット通販会社のように、一般の消費者向けに何かを販売するわけではないため、大衆から受け入れられやすい綺麗なホームページを制作する必要性がないと思われがちです。

また、建設業界で働く方々はweb等のIT周りの知識が浅い方が多く、ホームページ等に疎いケースが多いため、建設業界で働く方々の中ではホームページという存在が軽く見られているというのが実態かと思います。

確かに建設業を営む上で、仕事の受注においてホームページが充実していることによるメリットはあまりございません。ホームページが無料で作成した安っぽいものであっても、業歴の長さや技術者の数で勝負できてしまうのが建設会社なのです。

昨今では、デジタル技術の活用が優先事項となっている企業が増えてきておりますが、現状では、ホームページが存在しない建設会社も少なくありません。

しかし、IT化が加速する現代の市場であらゆる観点において、競争優位性を確立するためには、デジタル技術の活用が不可欠です。ホームページ制作はその第一歩であり、その必要性は建設業界の中でも年々高まっています。

今回の記事では、建設会社が良いホームページを制作する必要性についてお伝えしていければと思います。

建設会社がホームページを充実させる必要性

若手人材の獲得など採用力強化のためのブランドイメージ作り

建設業界は古い慣習、3k(きつい、汚い、危険)、サービス残業が多いなどのイメージが強く、若者の建設離れが凄まじいです。併せて、建設需要は安定しており仕事量は増えていながら、日本全体で少子高齢化が進んでおりますので、建設業界は人手不足業界ナンバーワンとも言えるでしょう。

ですから、どの建設会社も人材採用に頭を悩ませていて、この状況はより加速していきますので、人手不足はさらに深刻化します。建設会社はどのような施策を講じればよいのでしょうか。

その最も効果的な方法がホームページを充実させる事です。現在の即戦力人材や若手人材は、まず企業を何で判断するのかと言えば間違いなくホームページです。転職希望者や若手方々は、最初はweb上で、会社の雰囲気、社風、経営方針、福利厚生までチェックします。もはやホームページは企業の顔でありますので、ホームページが充実していれば直接応募や人材紹介会社からのご紹介スピードも上がります。

営業基盤を安定させる

営業力を安定させるためにも強化させるためにも、ホームページは重要です。もちろん、業歴長い建設会社も多いでしょうから、長年培った信頼関係でお仕事を安定的に獲得できている企業もあることでしょう。しかし、企業経営を安定させる為には新しい工事の受注は常に考える必要があり、新規取引先となる可能性のある企業からは必ずホームページを閲覧されます。

ホームページがない場合、飛び込み営業、テレアポ、知り合いからの紹介など、見込み顧客を獲得するために営業担当者の負担は非常に大きくなります。しかし、ホームページを見た民間企業から電話やメールによって問い合わせが入れば、民間工事を受注する際の営業力も強化され、営業コストの削減にもつながり、経営は安定するのです。

他社との差別化ポイントをわかりやすく伝える

ホームページでは自社の強みを自由にアピールすることができるため、他社との違いを分かりやすく伝えることが可能です。

木造の住宅の購入を検討している人がいるとします。一般の方にとって建設業のことを熟知している方は少なく、企業ごとの違いがわかりません。人生の中で家を建てることは1回くらいの方がほとんどなので、その1回を建てる際に失敗したくないので、大手企業や友人に聞いた近所の建設会社に依頼することが多いでしょう。

なので木造住宅の施工を得意としていることや施工事例がわかるホームページなど強みや実際のモデルがあれば、他社との差別化が可能になります。違いがわからない企業よりも、お客様は明確な強みがわかる企業に対して期待感や安心感を抱くからです。自分の悩みを解決してくれると期待して、お問い合わせに進むことが多いでしょう。

このように、自社について自由に記載できるホームページは、他社との違いを明確にするツールの一つです。1人の営業マンのように自社の強みをネットという今では誰もがアクセスできる場所にアピールして集客につなげることが可能になり最大の営業力と言えます。

また、ホームページは社外への広報の窓口として、以下のような役割を担うこともあります。

求人情報の開示
カタログ
信用を得る(経営者情報など)
情報発信(ブログ記事など)

顧客が企業を知るきっかけになるので、ホームページは欠かせません。

もしあなたが、「建設業界で独立したい」「フリーランスとして業務委託案件を獲得したい」「今の働き方を変えたい」と考えているのであれば、ぜひ「ビーバーズフリーランス」をご利用ください。弊社エージェントが、あなたのご要望にぴったりのフリーランス案件の紹介させて頂きます。

建設会社がホームページを充実させるメリット3選

①人材採用力の強化が可能になる

建設会社にとって人材確保は最も大きな課題です。即戦力となるような素晴らしい人材、また20代30代の若手人材の確保にはホームページの充実が必要不可欠です。

転職希望者、就職希望者はweb上に存在する求人サイトなどで募集求人を見つけて応募を検討することがほとんどであり、応募者は職場の雰囲気、企業の経営方針、福利厚生などをホームページで確認するため、非常に高確率で興味がある会社のホームページを閲覧します。

そのため、ホームページに転職希望者が知りたい情報や魅力的なデザイン性がアピールできれば、自社が求める人材からの応募は格段に増えますし、志望度、信頼度を高めることができます。

また、採用に特化した採用特設サイトを作ることもお勧めです。

求職者に向けた経営者の思いや先輩社員のコメント、キャリアアップなど自社のホームページだけでは掲載しきれない採用に特化した情報を充実させることができます。

建設企業側はこういう人材を求めているということを、きちんと明記することで、自社の求める人材の確保に繋がりやすくなります。

例えばですが、我々は建設業界における数多くの転職希望者を支援させて頂いておりますが、転職理由の多くがワークライフバランスの改善を求めております。採用特設サイトの中に、年間休日や残業時間などを強調することで、転職希望者の応募率が増加するなど、人材採用力強化を主軸とした戦略的なホームページ制作により、効果は倍増します。

②新規顧客の集客が可能になる

建設業界でもホームページを軸にした「オンライン集客」を行う会社は年々増加しています。また今後も更に増加していくことが予想されます。

建設会社に依頼する顧客は、以下のような流れでお問い合わせに進みます。
①工事を検討する
②依頼する企業をインターネットで探す
③複数のホームページを比較する
④お問い合わせ・契約

②でインターネット検索をした顧客は、例えば「家を建てて欲しい」というような悩みをもっています。そのため、解決を期待できる企業を見つけた場合には、お問い合わせに進む可能性が高いです。ホームページで会社を知ってもらうだけで、契約に直結することもあり、営業コストなどを削減できます。

一方でホームページがないと、比較する候補にすら入れません。ホームページがわかりにくかったり、更新が止まっていたりする場合にも、他社よりも劣っていると思われて、受注の機会損失が多くなります。ホームページは新規顧客獲得の重要なツールです。わかりやすい自社アピールや定期的な更新を心がけましょう。

③24時間顧客のサポートが可能になる

ホームページは24時間365日いつでも閲覧できるため、質問ページなどを用意すれば24時間顧客のサポート体制が可能になります。

建設会社がホームページ制作・リニューアルをするならどんな会社がおすすめ?

上記でも記載した通り、建設会社がホームページ制作を行うにあたって最も重視しなければいけないポイントは採用力の強化と、民間工事の受注、営業力の強化です。

中でも、採用力の強化については全ての建設会社の経営課題に該当するでしょう。つまり、ホームページ制作を行うにあたっては人材採用に直接効果を発揮するブランディング、SEO対策が必要です。

実際に、建設業界特化で転職エージェントを行っている人材紹介会社のノウハウや、建設業界の転職市場を理解しているようなホームページ制作業者であれば、人材採用力の強化を主軸にしたホームページ制作に対して、最も的確なアドバイスをしていただけると思います。

まとめ

IT化が進む日本において、企業のホームページはあって当たり前のものになってきました。近年において、それは建設業界でも同様です。

今の時代は、建設会社であっても、ホームページを充実したものにリニューアルすれば人材採用力の強化、営業力の強化に間違いなく繋がります。

是非とも一度、ホームページの制作や、リニューアルをご検討ください。特に、採用力を強化するためのホームページ制作である場合には、人材紹介事業を手掛ける企業へホームページ制作を依頼することで、技術者採用に最も効果的なホームページ制作が期待できるでしょう。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。