TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【建設業の若者離れ】施工管理技士の若者離れが止まらない!対策は?

施工管理技士は若者離れが深刻

建設業界の人手不足は以前から問題視されてきましたが、その人手不足の根本の原因として、施工管理技士や職人の若者離れがございます。

建設業界の若者離れによって、当然ですが、高齢化が急速に進んでいきます。若い世代が建設業界に参入せず、高齢者の引退者が相次ぎ、施工管理技士や職人の人手不足が加速するという深刻な状況に陥っています。

また、人手不足もそうですが、高齢化が進むと、昨今注目されている建設✖DXや、IT化、BIMの導入等が進まず、技術発展も遅れていきます。

施工管理技士の若者離れが進んでいる理由

3Kのイメージが強い

建設業界には、「きつい・危険・汚い」という3Kのイメージを持っている人もいます。建設業界における全ての企業や、全て業務がこれら3Kに当てはまるというわけではありませんが、シンプルに3Kというイメージが強いことで、労働が過酷と思われるがちなケースがよくあります。

また、近年ではワークライフバランスを重視されることが多くなってきています。そのため、労働が過酷でも収入が高ければ問題ないという考えを持つ若者が減っていることも、建設業界から若者離れが進む原因の1つとなっています。

雇用条件のイメージが悪い

建設業界は全体的に、各種保険関係や従業員の福利厚生や有給休暇取得率などの雇用条件が他の業界を比べると劣ってしまうと感じることがあります。

現在ではそのようななく、ワークライフバランスが整った建設会社も増えてきておりますが、建設業界にはこれまでの雇用条件のブラックなイメージがあり、若者がその誤ったイメージから施工管理技士を就職先の選択肢から外してしまっているのです。

ご高齢の方が多い業界であるから

建設業界の若者離れが凄まじいため、建設会社は現状若手社員の比率が少なく、ご高齢の方寄りの経営方針、ご高齢の方寄りの社風、ご高齢の方寄りの雰囲気が根強い企業が多いです。

ですから、若者が入りたいと思えるような新しさや、魅力がある企業が自ずと少ないため、余計に建設の若者離れが加速しております。

もしあなたが、「建設業界で独立したい」「フリーランスとして業務委託案件を獲得したい」「今の働き方を変えたい」と考えているのであれば、ぜひ「ビーバーズフリーランス」をご利用ください。弊社エージェントが、あなたのご要望にぴったりのフリーランス案件の紹介させて頂きます。

若手の施工管理を採用するための企業努力とは?

受動から能動の採用方法に切り替える

若者から雇用条件の悪さや3Kなどのイメージを持たれていると、いくら受動的な求人で応募を待っていても、なかなか十分な募集が集まりません。

そのため、建設業界では募集をかけて求職者を待つのではなく、企業の方から積極的に求めている人材を探したり、転職潜在層に対してスカウトやヘッドハンティングを行う必要があります。

お勧めは

  • 建設業界に特化をした転職エージェント
  • 老舗の大手ヘッドハンティング会社

などです。建設業界のことを知り尽くした業界特化型の転職エージェントであれば、技術を理解しているエージェントが多いため、安心して任せられます。また、ヘッドハンティングに長けている業者を活用するもの1つですが、1名の人材獲得単価が高くはなるでしょう。

スカウトやヘッドハンティングによって、待つだけの採用活動を攻めの姿勢に切り替えることで、若者を確保できる可能性を高めることができます。

働き方改革の推進

過去のイメージから、建設業界は雇用条件が悪いと思われることがあります。しかし、建設業界の雇用条件は時代と共に改善されてきております。

2024年4月には残業や休日出勤などの労働時間に上限が設けられます。この他にも、労働者の権利を守るためにいくつかの内容が改正されます。

これらの法改正に対応することによって、建設業界に対する雇用条件の悪いというイメージを払拭することができます。そのため、自社の雇用条件は悪くないということをしっかり求職者に対してアピールするようにしましょう。

また、昨今は働き方の多様性、人材の多様性が求められる時代となってきました。優秀な若手の人材であればあるほど、多様性に対する拘りが強いです。

フリーランスという新しい働き方を積極的に受け入れること、高度外国人材の積極的な活用などを推進していくことで、若手の採用は間違いなくポジティブな方向へ向かうでしょう。

BIMや業務効率化ツールなどの積極的な導入

建設業界はIT化が遅れており、他の業界から取り残されてると言われておりますが、建設業界の若者離れを食い止めるためには最先端の技術やツールの導入は欠かせません。

これは若手の人材採用を成功させる為にも、業務効率化を図り業績をアップさせる為にも必須です。建設業界で転職を検討されている若手から、企業選びの相談を数多く頂きますが、

必ず、若手は

  • BIMやCIMの導入は進んでいるか
  • ITツールやPC環境は整っているのか
  • 日によってはリモートワークも可能なのか

などを気にされております。何れか1つでも変えることで、若手の採用成功確率は飛躍的に向上することでしょう。

HPをしっかりと作る

現在の若手は企業研究の際に、ホームページを閲覧するのは常識・マナーだと考えております。ですから、ホームページで自社のブランディングが出来ていない建設会社へは応募しません。

若手人材の採用力強化を主軸としたホームページがあることは人材採用を成功させるための絶対条件ですので、まずホームページのリニューアルに取り組むことがお勧めです。

過去に【建設会社のHP】採用力強化のためにはホームページ制作が最も重要?という記事がございますのでよろしければ併せてご覧ください。

若手の施工管理技士が就職先を選ぶ上で気をつけるべきポイント

働き方改革や業務効率化を推進している会社を選ぶ

国土交通省の働き方改革や業務効率化を積極的に推進しているかどうかがポイントです。

長時間労働や休日出勤が当たり前の施工管理業務を変えるため、国土交通省では近年建設業界の働き方改革を進める動きがあります。

転職活動で企業を選ぶ際には、将来的に若者離れが起こらず、若手の施工管理技士が気持ち良い環境で働くことができる企業であるか否かを、入社前に判断する必要がございます。

企業を選ぶ上で、いくつかポイントがございまして

  • 定年が60歳から65歳へ引き上げているか
  • 完全週休二日制の導入に積極的か
  • BIMやCIM、ITツールの導入に積極的か
  • 充実したホームページなどが整っているか
  • 外国人材の活用や女性の活用など、多様性を受けているか
  • 正社員以外の働き方など、多様性を受け入れているか

などをチェックすることで、若手が働きやすい環境が整っている企業なのかをしっかりと判断していきましょう。

自分の能力や過去の経験をフルで活かせる職種を選択する

自分の能力を最も活かせる職種で就職することが、結果的に良い働き方を実現することに繋がります。

自分の能力を発揮することができない職種に就職してしまうと、いくら努力しても評価いただけない傾向にあります。当然ですが、能力を活かせる職種で働くことで、成長スピードが早く、給料も上昇しやすいです。

ご自分の能力が活かせる職種を客観的に判断するべく、自分自身を見極めることは中々難しいことでしょう。その場合、

  • 建設業界の転職以上を知り尽くした転職エージェント
  • ヘッドハンティング会社

はお勧めです。いずれも、業界に詳しく、あなたが最も評価を受ける職種やポジションを正しく導くプロなのです。

工期に余裕がある会社など、仕事の取り方やスタンスで会社を選ぶ

受注している工事の工期期間に余裕があるかどうかも重要です。

施工管理の仕事がブラックになってしまう要因の1つとして、工期に余裕がないということがあげられます。工期に余裕がないと、有給を取ることが困難になってしまいます。

一方で工期に余裕があると、業務量が多すぎず、有給を取りやすい環境になります。施工管理の仕事は現場のリーダーであるため、工期が仕事の量を左右します。

工期に余裕があるか否かは、「仕事を取るスタンス」「経営者の従業員に対する考え方」によって、大きく異なりますので、応募前や、面接のタイミングでしっかりと確認することが重要です。

まとめ

昔から言われていることですが、昨今は特に建設業の若者離れが大きな問題となっています。大改修時代が訪れ、仕事量は減らない一方で少子高齢化に相まって若者の建設離れにより、人手不足はより深刻化しているというのが実態です。

建設業で若者離れが起こっていることにはいくつかの理由があります。それは、今回の記事でご説明させていただいた内容の通りですが、それでも中々、今までの方針から転換することに対して前向きな建設会社は数少ないというのが実態なのです。

しかし、若者向けのブランディング、若者向けの採用手法、若者向けのホームページ制作など、少しでも工夫を凝らすことで他社とは簡単に差別化を図ることが出来るのも建設業界の特徴です。

少しの努力で大きな成果が上がる可能性が高い、若手採用のための取り組みを少しづつでも着実に実行していくことをお勧めいたします。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。