TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【施工管理志望者必見】施工管理技士の1日のスケジュールと変わりゆく働き方

施工管理技士の1日のスケジュール

一般的な施工管理(現場監督)の1日のスケジュールを下記の通りです。

7:00:出勤、朝礼の準備
8:00:朝礼
8:30:工事スタート、巡回、写真撮影、職人さんへの指示
12:00:昼休憩
13:00:昼礼、打ち合わせ、巡回、事務作業
17:30:工事終了、事務所で事務作業
20:00:仕事終了、退勤

出勤場所については、各建設会社により、一度本社や事務所に出勤してから現場に向かう場合もあれば、自宅から現場へ直行する場合もあります。

仕事内容は、その日によって違い、打ち合わせをしたり、巡回したり、事務作業をしたりと、様々です。以下が仕事内容の詳細です。

朝礼の内容

当日の工事内容の説明
当日のスケジュールの説明
現場の危険箇所の共有
ヘルメットや安全帯のチェック
ラジオ体操

工事を始める前に、職人を含めた全員で情報共有を行います。最後に全員で「ご安全に」と言ってから、作業に入ります。近くに工事現場があれば、朝8時くらいに立ち寄られてみてください。だいたい朝礼をやってます。

巡回の内容

予定通りに工事が進んでいるかチェック
職人さんへの指示出し
現場に危険箇所がないかチェック
工事の写真撮影(記録を残すため)

打ち合わせの内容

工事の進捗の確認
工事の遅れのスケジュール調整
現場の危険箇所の情報共有
職人さんとの打ち合わせ
お客様との打ち合わせ
業者さんとの打ち合わせ
行政との打ち合わせ

事務作業の内容

施工計画書の作成
原価計算
施工図の作成
写真の整理
行政向けの書類作成
打ち合わせ資料の作成
発注書類の作成・発送
請求書の作成・発送
報告書類の作成

また施工管理技士の詳しい1日スケジュールについては過去にこちらにも記載がございますのでよろしければご参考ください。

施工管理技士のやりがい

上記が1日のスケジュールですが、竣工間近になると残業も多くなってきます。建設業界の中でも、多忙な職種として知られる施工管理技士ですが、どのような部分に魅力ややりがいを感じているのでしょうか。

実際に施工管理技士の方々に聞いてみました。

Aさん『引き渡し時の達成感にやりがいを感じる』

Bさん『人々の暮らしを支えていると実感できる』

Cさん『職人さんと団結し、竣工時には共に喜び合える』

Dさん『自分が所長として携わった建物(商業施設)に子供といき、喜んでくれた』

Eさん『自分の仕事が、かたちとして残ることにやりがいを感じる』

などなど、人々の暮らしを豊かにし、大きな影響を与えられることなどがやりがいとなっているようです。

現場はなかなか大変なことも多いかもしれませんが、竣工時のやりがいや達成感を一度味わうと施工管理技士をやめられないのかもしれません。

施工管理技士は週休1日⇒完全土日週休2日制に?

非常にやりがいのある仕事ではありますが、建設業界の働き方は他業界と比較すると変化に遅く、施工管理技士は担当の現場があれば、週休1日となっているケースがまだまだ散見されます。

実際の数値としても、週休2日以上取れる工事現場の割合は全体の5.7%です。日建協の調査によると、4週間あたり8日以上の休みをとれている工事現場は全体の約6%以下であり、土曜日や祝日の稼働が常態化しているのが実態のようです。

理由としては、業界全体が休みは週に1日で良いという文化・風潮があること、さらに職人が週6で働くことを自ら望んでいることが起因しています。

職人は「日給」で働いているので、休みが増えると収入は下がります。収入が下がることを嫌う職人は土曜も出勤をするため、現場に職人が出ているのに施工管理技士が出ないわけにはいかないという現象が起きているのです。

未だ、実態として週休1日にならざるを得ない建設会社の特徴としては、

・スーパーゼネコンとの仕事が多い
・民間工事の受注割合が多い
・BIMの導入や施工のIT化など時代の変化に対応できていない
・元請工事と下請工事のうち、下請工事の比率が高い
・施工図作成や入札申請書類の作成などの業務を社内で全て行っており、外注化していない
・外国人材の活用が消極的である

などが挙げられます。全ての建設会社が完全週休2日制を実現するためには複数の課題が絡み合うようです。

そんな中、国土交通省や建設業界団体は、「週休1日以下」や「残業80時間超」が常態化している建設業界の働き方を変えるべく、「完全土日週休2日の推進」や「総労働時間の削減」、「有給休暇の取得促進」の実現に向けて動き出しております。

ワークライフバランスの改善、建設のDX化を促進していくことで、生産性の向上、若手からの人気を高めて人材不足を打破することが急務になっています。

また過去にワークライフバランスの改善や建設業界での週休3日制についての記事をかかせていただきましたのでよろしければこちらも併せてご覧ください。

まとめ

今回は施工管理技士の1日のスケジュールややりがい、また今後の働き方についてお伝えしてきました。

施工管理技士の1日のスケジュールを知ることでどのように働いているのかイメージは湧きやすいかと思います。

施工管理技士は人々に大きな影響を与えられる非常にやりがいを感じる仕事でありますが、これまでの働き方ではなかなか仕事一筋にならざるを得ない環境でした。

そこで国家や業界全体の取り組みとして、建設業界のワークライフバランス改善に動き始めております。これから施工管理技士を目指す皆様は、ワークライフバランスを充実させることができる上に、やりがいある仕事ができ、公私共に満足度を高めていけるのかもしれません。

もしあなたが、「建設業界で独立したい」「フリーランスとして業務委託案件を獲得したい」「今の働き方を変えたい」と考えているのであれば、ぜひ「ビーバーズフリーランス」をご利用ください。弊社エージェントが、あなたのご要望にぴったりのフリーランス案件の紹介させて頂きます。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。