TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【建設業界必見】防水施工技能士とは?業務内容、年収相場、将来性を徹底解説

防水工事によって身近なものですとベランダや屋上など雨に濡れる屋外は、下地の完成後防水工事を施すことでつなぎ目がないキレイな状態にすることができます。
施工管理に携わる者としては、キレイな住宅を作り上げるために、ぜひとも防水工事にも精通していたいものですね。今回は防水工事の基本的な業務内容や将来性など、知っておくべき知識をまとめました。

防水施工技能士の業務内容

防水施工技能士とは、防水工事など防水の施工技術を認定する国家資格のことです。防水工事とは建物の中で風雨にあたる部分に防水処理を行い、雨雪が建物内部に侵入することを防ぐ工事のことです。防水施工技能士の資格は、都道府県職業能力開発協会が実施する、防水施工関係の学科試験と実技試験に合格することで取得することが可能です。防水をするためには、さまざまな技術が必要となります。防水の手法によって、たとえば、「アクリルゴム系塗膜防水工事」、「ウレタンゴム系塗膜防水工事」、「シーリング防水工事」、「セメント系防水工事」といった作業に分類されます。また、等級には1級と2級があり、1級は上級技能者、2級は中級技能者という位置づけになっています。

防水施工技能士のやりがい

建物の改善に寄与できる

防水工事は、建物の防水性を高めるために行います。
防水性を高めることによって、雨水に強くなり、結果的に建物の寿命が延びます。
したがって、建物にとって非常にプラスな工事をしているという点に、やりがいを感じることができるのです。

色々な技術を活かせる

防水工事の種類にはさまざまなものがあります。
建物の状況や依頼主のニーズなどを踏まえ、最適な施工を行うのが防水工事業者の仕事です。よって、色々な技術を駆使して仕事ができるという点に、大きなやりがいがあります。

目の前で感謝される

防水工事業者の場合、依頼主と直接的にコミュニケーションをとる機会も多くなります。また、問題なく施工が完了すれば、「ありがとう」という感謝の言葉をかけてもらえることも多いです。感謝された瞬間に、人の役に立っていることを実感するため、大きなやりがいにつながります。

防水施工技能士に向いてる人

丁寧な作業を好む人

防水工事には、やはり丁寧な作業を好むタイプの方が多いように思います。
丁寧な作業を好むという素質は男女を問わないため、防水工事をご自身の職業にされている女性も増えてきました。

やはりご自身の長所や素質を活かしたいという思いから、防水工事の仕事を選ぶという方が多くなっているのかもしれません。

試行錯誤するのが好きな人

防水という性質上、きっちりと隙間なく施工しなければ、効果が発揮できません。
ところが建築物というのはじつに多種多少な形状をしていて、一筋縄ではいかないというのが本当のところです。

ただ見ているだけでは分からないのですが、特殊な形状に悩まされることもしばしばです。
そんなときに逆にやる気になるというタイプの方であれば、試行錯誤することも苦にならないと思います。

コツコツとした作業を好む

着実に施工を行う必要があるため、コツコツとした作業を好むタイプの方も、防水工事の仕事に向いていると思います。コツコツと働くことに至上の喜びを感じる方であれば、まず間違いなく楽しみながら作業をしていただけるでしょう。「もしかして向いているかもしれない」そんなふうに感じたのであれば、一度、防水工事に挑戦することをおすすめします。

建設業界の転職ならビーバーズ

防水施工技能士の年収相場

防水施工技能士になるには、基本的に定められた年数の実務経験を積まなくてはならないため、防水施工技能士の給料は新人の技術者や資格を持っていない一般の技術者よりも高く設定されていることがほとんどです。もちろん、勤務先や個人のスキル、保有資格、経験などによっても変わってきますが、年収400万円~500万円程度がボリュームゾーンとされています。技術者として経験を積み、会社内で重要な役職に就いたり、業務の責任範囲が広がっていくことで、さらなる昇給が期待できるでしょう。大手企業に勤める場合は、勤続年数が上がることで年収600万円以上となっている人もいるようです。

資格手当が支給されることが多い

防水施工技能士は国家資格であり、この資格を持っていると給与や待遇面でも優遇されることが多いです。代表的なものが「資格手当」の支給です。さらに「現場手当」や「技能手当」など、技術職ならではの各種手当が支給される会社もあります。こうした手当まで合わせていくと、同年代で他職種に就いている人よりも高い年収になる人もいるようです。

転職を機に収入をアップさせることも

防水施工技能士の需要は大きく、とくに1級の資格まで持っている人は携わることができる業務範囲が広くなることから、転職時に優遇されやすいといわれています。もちろん、資格だけではなく、これまでにどのような経験を積み、どのようなスキルを身につけているかも重要です。技術職であるため、しっかりと経験を積みながらスキルアップに努めていくことで、転職をきっかけに収入をアップさせやすい仕事であるといえるでしょう。

防水施工技能士の将来性

防水工事は、我々が生活する住宅やビルをはじめ、大型商業施設や病院、橋といった社会環境にも必要不可欠な技術であるため、将来的なニーズも十分見込まれることでしょう。資格を取得するためには、1級で7年以上、2級で2年以上の実務経験が必要となるため、決して低いハードルではありませんが、無事取得できればキャリアアップし年収を上げることも可能です。
このように、防水施工技能士の資格は、防水工事に携わる人であれば、是非とも取得してもらいたい資格といえるのです。

防水施工技能士の資格を取得するメリット

防水施工技能士の資格は、防水工事の仕事をするだけであれば、必須ではありません。しかし、防水工事会社などで仕事をする場合には、防水施工に関する技術者としての客観的な証明手段となり得るため、より条件のよい仕事を得るために役に立つことでしょう。また、防水工事を扱う会社には、特定の工法に特化した会社や、さまざまな工法を扱う会社などさまざまあります。さらに、防水工事を行う住宅メーカーや塗装会社なども就職先として考えられるでしょう。実際の仕事場は、建設工事の現場がメインとなります。実際に入社した後、最初は見習いとして働きながら技術と経験を積んだのち、資格を取得するという流れが一般的でしょう。
中には、確かな技術を身につけることで、独立して会社を立ち上げる人もいます。

まとめ

建設業界は売り手市場ですから、転職を検討されている方々も多いかと存じますが、転職先の建設会社の経営方針や将来性には注目したいところです。需要が高く活性化する業界では参入する企業が多くなり、経営状況や方針が良くない会社は淘汰されることになります。将来有望な建設会社を見抜くための最大のポイントは、労働環境に着目することです。日曜出勤が当たり前、残業手当てが支給されない、マネージメント職としては昇給がない、などという会社は社員の定着率が悪く、技術が継承されず社員が育ちません。結果的に同業他社との人材獲得競争で負けるため、建設業界で成長していくことは困難になります。無理なく生涯働けて、ご自身と会社が共に成長できる環境が整った会社選びをしましょう。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。