TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【施工管理技士の種類シリーズ】電気工事施工管理のやりがいは?業務内容、年収相場、ワークライフバランス、将来性を徹底解説

電気工事施工管理技士の業務内容

電気工事施工管理技士は、いくつか種類がある「施工管理技士」という国家資格の一種であり、建設業法に基づき、電気工事の円滑な施工や品質の水準を確保するために施工管理を行う仕事です。具体的な仕事内容としては、電気工事に関する施工計画を立て、さらに安全管理や品質管理、監督業務を行います。工事のスケジュールを決め、工事で使用する材料の品質や現場の安全面を確保していくことが、電気工事施工管理技士の大きな仕事となります。電気工事施工管理技士は「1級」と「2級」の2種類の資格に分かれており、どちらも仕事内容は同じですが、1級と2級では請け負える業務の範囲に違いがあります。 2級電気工事施工管理士は、一般建設業の営業所ごとに置く「専任技術者」や、工事現場ごとに置く「主任技術者」のみになれるのに対し、1級電気工事施工管理士は2級の範囲に加え、特定建設業の営業所ごとに置く「専任技術者」や「監理技術者」にもなることができます。また、大規模な工事に責任者として携わることができるのは1級の資格者となるため、1級を持っていることで業務の幅は広がります。

電気工事施工管理技士の役割

どのような建築物でも、多数の人が長時間活動する場所では電気工事は必ず行われています。電気工事そのものは「電気工事士」という資格を取得することで行えますが、現場の責任者として施工管理を行っていくには、電気工事施工管理技士の資格が求められてきます。なお、電気工事施工管理技士の資格は一定の実務経験のある人しか取得できないため、技術者として電気工事を専門に行っていくうえで、さらなるステップアップのために電気工事施工管理技士を目指す人が多いです。

電気工事施工管理技士のやりがい

電気工事施工管理技士の大きなやりがいのひとつは、さまざまな建物で安心・安全に電気を使えるようにし、人々の暮らしを支えることができるという点です。住宅、オフィス、商業施設などあらゆる建物において、電気は毎日当たり前のように使われています。しかし、それは電気工事に携わる技術者たちの力があってこそのものであり、無事に工事が完了した際には、見えないところでも社会に貢献できている喜びを実感できるでしょう。とくに電気工事は誰にでもすぐにできる仕事ではないため、プロフェッショナルとしての誇りも感じられます。

評価されやすく、転職などにも有利

電気工事施工管理技士の魅力として、国家資格を持っていることで客観的に評価されやすく、技術者として高いレベルに達していることを証明しやすいということが挙げられます。実際、有資格者には会社から資格手当が支給されたり、就職や転職の際に有利になることもしばしばあるようです。技術職であることから資格を取得することによって年収アップにつなげやすく、一般の技術者と比べて高収入が得られるでしょう。1級の資格を取得すれば、年収が一気に100万円~300万円程度アップするケースもあるといわれます。電気工事施工管理技士の資格を持つ人はまだ足りていないとされるため、有資格者が良い待遇で働けるチャンスは引き続きあるものと考えられます。

電気工事施工管理技士に向いてる人

電気工事に興味がある人

電気工事施工管理技士に向いているのは、何といっても電気工事に興味がある人です。この仕事は技術職であるため、どれだけ専門的な知識や技術を突き詰めて自分のモノにしていけるかで成長が変わってきます。電気工事といっても一般の人にはあまりなじみがないかもしれませんが、たとえば手を動かしてものづくりをすることが好きであったり、プラモデルや電気機器をいじることにワクワクするような人は、この仕事に前向きに取り組める資質があるといえるでしょう。もちろん、建物において電気がどのように流れているのか、その裏側に興味・関心があるような人も、電気工事施工管理技士に向いています。

丁寧で、几帳面な人

電気工事の現場では感電などの危険をともなう作業も多く行われており、技術者はつねに安全第一で動かなくてはなりません。実際、電気工事は一定レベルのスキルを備えた人しか行えないことになっていますが、どれだけ仕事に慣れてきたとしても気を抜かず、決められた方法や手順で確実に作業を進めることが求められます。スピードも重要ですが、いつでも丁寧な作業ができる人は電気工事の現場では評価されやすいです。したがって几帳面な人、細かいところにまで気を配れる人などが、電気工事施工管理技士には向いているといえるでしょう。

体力があり、健康を大事にできる人

電気工事の現場は肉体労働であり、重い道具や機材を持ち運んだり、一日中立ちっぱなしや動きっぱなしの重労働になります。ときに寒い場所や暑い場所で工事を行わなくてはならないこともあり、それなりの体力は必要不可欠といえます。もちろん、厳しい環境でも集中力を保って作業をし、新しいことを覚えていくための根気強さなども求められてきます。心身ともに健康であることが、電気工事施工管理技士として前向きに働き続けるための重要な要素になるといえるでしょう。

電気工事施工管理技士の年収相場

平均年収

電気工事施工管理技士の平均年収は、500万円~700万円程度がボリュームゾーンとされています。電気工事施工管理技士は国家資格であり、社会的にも評価されやすいものとなっています。また、この資格は電気工事の技術者としての実務経験を積まなければ取得できないことから、学校を出たばかりの技術者や、経験の浅い一般の技術者よりも、給料は高く設定されていることがほとんどです。同じ会社で働く場合、電気工事施工管理技士の有資格者は「電気工事士」のみの資格を持っている人よりも、100万円以上は年収が上がるケースが多いようです。経験を積み、技術を磨いていくにつれてさらに年収は上がっていくでしょう。

資格手当がつく会社が多い

電気工事施工管理技士の良いところとしては、この資格を持っていることで、給与に「資格手当」も付くケースが多いということです。資格手当の額は会社によって異なりますが、2級の有資格者で5,000円程度、1級の有資格者で10,000円程度が一般的となっているようです。資格を持っているだけで毎月の給料にずっと手当が支給されることは、この仕事の魅力のひとつといえるでしょう。会社によっては、2級もしくは1級電気工事施工管理技士の資格取得が昇進の条件になっていることもあるようです。

収入アップのために

電気工事に関わる技術者はまだまだ人手不足とされていますが、とくに施工管理に携わることができる電気工事施工管理技士の資格保有者のニーズは非常に高くなっています。年齢が若ければ若いほど活躍のチャンスは広がりやすく、また転職もしやすくなります。求人を出している企業はたくさんありますが、電気工事施工管理技士の資格は強みとなり、とくに1級を持っているとより給料や待遇のよい職場で働きやすくなります。資格取得までは時間がかかりますが、培ってきた技術や経験を生かし、大手企業へ転職を果たして収入アップにつなげている人もいます。

建設業界の転職ならビーバーズ

電気工事施工管理技士のワークライフバランス

建設会社のワークライフバランスを考える上で、ポイントは3つあります。1つ目は受注先、2つ目は経営方針、3つ目は外注先です。1つ目の受注先ですが、電気工事の場合には改修工事をメインに官公庁から元請けで工事を受注する電気設備工事会社であれば利益率も高く、自社で仕事の段取りをコントロールできますので残業時間も少ない傾向にあります。2つ目の経営方針ですが、民間のゼネコンなどから新築工事の下請工事を受注し、ベテランの電気工事施工管理技士が工期に追われながら業務を遂行しているような会社であれば平均年収は高いですが、残業に追われる日々となる可能性も高いです。また、ITツールの導入や外国人及び女性の活用などを積極的に取り入れている会社は効率的経営が出来ているため、1人の従業員の負担は少ないケースが多いです。3つ目の外注先ですが、施工図についての作成は全て外注をしているなど施工管理技士1人当たりの業務が限られているような電気工事会社であればワークライフバランスが充実している可能性が高いといえるでしょう。

電気工事施工管理技士の資格を取得するメリット

電気工事を行うことができる資格として「電気工事士」がありますが、こちらは現場作業を行うことがメインの資格です。一方で電気工事施工管理技士はその上級資格のような位置づけになっており、工事現場を管理・監督することができます。電気工事施工管理技士の資格を取得すると、何かとプラスに評価される場面が増えるでしょう。たとえば「資格手当」の支給が行われる会社では、月に数千円~1万円程度上乗せされることが多いようです。また、有資格者を積極的に採用したいと考える会社は多く、転職時にも有利になるでしょう。とくに1級を持っていると、転職市場にて高く評価される頻度が格段に上がります。

まとめ

建設業界並びに施工管理技士は売り手市場ですから、転職を検討されている電気工事施工管理技士資格ホルダーの方々も多いかと存じますが、転職先の建設会社の経営方針や将来性には注目したいところです。需要が高く活性化する業界では参入する企業が多くなり、経営状況や方針が良くない会社は淘汰されることになります。将来有望な建設会社を見抜くための最大のポイントは、労働環境に着目することです。日曜出勤が当たり前、残業手当てが支給されない、マネージメント職としては昇給がない、などという会社は社員の定着率が悪く、技術が継承されず社員が育ちません。結果的に同業他社との人材獲得競争で負けるため、建設業界で成長していくことは困難になります。無理なく生涯働けて、ご自身と会社が共に成長できる環境が整った会社選びをしましょう。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。