TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【建設業界必見】解体工事施工技士とは?転職する前に知っておきたい業務内容

近年、高度経済成長期に建てられた建築物の多くが老朽化し、解体が必要な物件が増えています。そんな中、注目されている人材が解体工事施工技士です。ここでは、解体工事施工技士の仕事、採用する会社の規模や業種など、転職を考えている方に役立つ情報をお伝えしていきます。

解体工事施工技士とは

解体工事施工技士とは、国家資格の解体工事施工技士の試験に合格し、資格を保持している技術者です。解体工事は、これまでは「とび・土工」が行う仕事の一部として認識されていました。しかし、近年になって、解体物件が増え、また大型で複雑な建築物が多くなってきたこと、さらに廃棄物処理やリサイクル化に対応するため、厳しく管理ができる技術者の存在が重要視されてきました。そこで、必要とされる人材が解体工事施工技士です。資格保持者は、解体工事の技術、廃棄物の適正処理、施工管理能力などを身につけています。

一般的に500万円未満の建設工事の場合、許可なしで施工工事を行えますが、解体工事の場合は例外です。500万円未満の工事でも解体工事業者登録を行う必要があります。解体工事業者登録では、解体工事の施工管理を行う技術管理者を選任しなければなりません。この技術管理者には、有資格者が必要であり、該当資格者の中に解体工事施工技士も含まれます。

解体工事施工技士の主な仕事

解体工事施工技士は、現場管理者として、解体工事の見積もり、現場の調査、施工管理(品質・安全・工程・原価管理)、現場の安全管理と環境保全、廃棄物対策など、解体工事の現場監督と技術管理者などの業務を統括します。特にアスベストなどの産業廃棄物については、解体工事施工技士はその知見を活用して、工事を効率的に、かつ正確な手順で進めていきます。

解体工事施工技士が必要とされる現場

500万円未満の解体工事の現場には必ず解体工事施工技士などの技術管理者の必置が義務づけられているため、解体工事施工技士は、家屋、または比較的軽微な建築物の解体工事現場の管理者として必要とされる人材です。

全国に解体業者は1万社以上あるといわれていますが、すべてが500万円以上の大規模な解体工事を請け負っているわけではないので、解体工事施工技士が活躍できる現場は多数あります。

建設業界の転職ならビーバーズ

解体工事施工技士の就職先

解体工事を取り扱う土木・建設関連企業などが就職先となります。解体工事施工技士は、施工、管理、設計などの職務内容で募集されますが、募集の段階で解体工事施工技士、建築施工管理技士、土木施工管理技士のいずれかの有資格者を求めている、あるいは歓迎している場合がありますので、求人募集の内容はしっかりと確認する必要があります。

大規模の会社の社員数は50~300人程で、工場や倉庫などのRC造りやSRC造りの比較的大きな構築物の解体工事に熟練した職人が多いことが特徴です。中規模の会社の社員数は20~30人程で、建設会社やハウスメーカー、工務店などの下請けの受注が多く、木造住宅などの解体に熟練している職人が多い傾向があります。小規模の会社になると、社員数は1~10人以下です。創業間もない若い会社の中には、木造住宅の解体経験すらないこともあります。

転職の際に有利になる条件とは

解体工事施工技士は、建築物の解体工事を行っているさまざまな企業で需要があります。教育環境が整っている会社では未経験者も受け入れていますが、解体工事の施工管理に関する求人情報を見ると、建設業経験者や解体業経験者を歓迎している企業が多く、建設業界での実務経験、または建設現場での管理監督などの経験があると有利になります。必須条件として、業界の経験者、解体工事施工技士、または土木施工管理技士1級か車両系建設機械の資格、普通自動車免許を挙げているところもあります。

適切な知識と実務経験豊富な有資格者は、年齢に関係なく転職の際には有利になるでしょう。業界での経験があれば、ブランクがある人や、社会人経験が長い人を歓迎する企業も多く見られます。

一緒に取得しておくと有利になる資格

建築・建設業界でキャリアアップを目指している人や、将来的に独立を考えている人は、土木施工管理技士、建築施工管理技士などの施工管理技士の資格も併せて取得しておくと、転職の際に有利になります。

解体工事施工技士の資格は500万円未満の解体工事に特化したものであるため、500万円以上の大規模な解体工事の場合、解体工事施工技士の資格者だけでは作業を行えず、建築施工管理技士、あるいは土木施工管理技士などの資格を保持している専任技術者を置く必要があるからです。そのため、複数の資格を持っていれば、土木・建設関連企業における門戸が大きく広がるでしょう。

解体工事施工技士の将来性と転職先の傾向

解体工事施工管理の仕事への需要は多く、求人も多数見つかります。会社の規模により、年収にはかなり差がありますが、一般的には、解体工事施工技士の平均年収は350万円~450万円です。しかし、東証一部上場企業では500万円 〜 800万円と高額な金額を提示しているところもあります。年間休日数は、中規模の企業では100日から104日が多く、大企業になると120日以上のところが多いことが特徴です。

建築・建設業界の職人数は減少傾向にあり、若い職人は一人前になるまで見習いとして現場で作業することはあっても、工事の進捗を管理するマネジメントのポストにはつきにくいため、解体工事施工技士やその他の専門的な資格職があることは、時代のニーズに叶っているといえます。

今後もさまざまな解体工事現場で、より専門性の高い知識や技術が求められることが予想されており、今よりも解体工事施工技士が活躍できる場は広がっていくでしょう。

まとめ

高度経済成長期から50年以上経ち、建築物が老朽化し、令和の時代に入ってもなお建て替えに伴う解体の需要が高まっています。そんな中、解体工事施工技士は注目されている資格の一つです。解体工事の管理では、今後よりレベルの高い技術が要求されるといわれています。高度な工事にも対応できるように、かつ転職の際にも有利になるように、まずは国家試験合格を目指してステップアップしてみてはいかがでしょうか。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。