TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【施工管理技士の種類シリーズ】管工事施工管理のやりがいは?業務内容、年収相場、ワークライフバランス、将来性を徹底解説

管工事施工管理技士は一般住宅工事はもちろん、プラント建設工事や飲食店、大型商業施設などの建設現場には欠かせない「管工事」。施工管理の仕事の中でも、重要な役割を担います。

管工事施工管理技士の業務内容

管工事の施工管理を行う

管工事施工管理技士は、国土交通省が管轄する「施工管理技士」という国家資格のうちの一種で、管工事の施工計画や安全管理、工程管理、品質管理などに携わる仕事です。「管工事」でいう「管」には、冷暖房や空調、給排水・給湯、ダクト、浄化槽設備、ガス管といったさまざまなものがあり、住宅や商業ビル、オフィスビルなど、あらゆる建築物と密接にかかわってくるものです。もし建物内の管工事がきちんとできていなければ、人の生活の安全・安心も脅かされてしまうでしょう。管工事施工管理技士は、管工事に携わる技術者のなかでも管工事に関する専門的な知識や技術を持って、現場を監督していくようなポジションを担うことが多いです。実際、多くの技術者が現場で工事に携わるときに、管工事施工管理技士は施工計画を作成し、メンバーを束ねて正しく指示を出したり、計画通りかつ安全に作業が行われているかといったことまでチェックをしていきます。

管工事施工管理技士の種類と役割

管工事施工管理技士の資格は、「1級」と「2級」があります。どちらも仕事内容にはさほど変わりなく、施工計画の立案や、施工管理業務全般に携わっていきます。1級と2級で異なる点としては、1級が基本的に大規模な工事現場の施工管理に携わるのに対し、2級は中小規模の工事現場を担当することが多いということです。また、1級の場合は「特定建設業」の専任技術者になることが可能で、さらに工事現場では「監理技術者」や「主任技術者」になることができるのに対し、2級の場合には「一般建設業」の専任技術者になることができ、さらに工事現場の「主任技術者」のみになることができるという点も両者の違いです。1級の取得者のほうが、より広い業務を担当できるということです。

管工事施工管理技士のやりがい

人々の暮らしや社会を支えることができる

管工事は、私たちが普段生活しているなかでは、あまり意識することがない分野かもしれません。しかし、建物にとってさまざまな空調設備は必要不可欠なものです。住宅はもちろん、オフィスビルやショッピングモール、ホテル、駅など、人が暮らしたり働いたり買い物をしたりするあらゆる建物において空調設備が整えられています。たとえばトイレやお風呂では水を流す管が必要ですし、エアコンなどの空調も照明機器なども、いずれも管工事を行うことによって使うことができるのです。

活躍の幅が広い

建設工事には、配管工事や設備工事を専門とする管工事施工管理技士の存在が欠かせません。管工事では給排水やガス、下水道に加えて、空調や冷暖房、照明といった各設備まで幅広く手掛けていくことが特徴です。また、携わる建物の種類も多彩で、1級の資格を持っていれば大規模な建物にも関わることができます。住宅やビルだけではなく、ときに鉄道の車両基地や大きな製造工場、重要文化財のある建築物など、なかなか一般の人には足の踏み入れられない場所の工事を担当することもあります。求人も多数あり、資格を生かしてさまざまな案件に携わっていくことができるのは、この仕事の魅力といえるでしょう。

キャリアアップも期待できる

管工事施工管理技士の資格を取得すれば、建設業法で定められる「主任技術者」や「監理技術者」として活躍することができます。この資格は一般建設業や特定建設業許可を取得する際に必須の要件となっており、建設業界の企業では、資格者が優先的に採用されています。資格があれば高く評価されやすく、資格手当の支給があったり、昇進をして収入をアップさせたりすることも可能になります。転職時にも資格があると優遇されるケースが多く、技術者としてさらにステップアップしていきたい人は、さらにモチベーションを上げて働くことができるでしょう。

管工事施工管理技士に向いてる人

建物の配管部分に興味がある人

管工事施工管理技士は、建築業界の仕事のなかでも、建物の配管部分を専門とする技術者です。また、管工事とひとことでいっても、その種類は空調から給排水、照明、エアコン、ガス、さらには消火といったさまざまな分野に分かれ、管工事施工管理技士はこうした各分野のスペシャリストとして施工管理を行っていきます。そのため、建物が好きであることももちろんですが、とくに建物の内部構造や、配管部分に対してワクワクできるような人、技術を突き詰めていきたいと思えるような人が、この仕事には向いています。

技術者として成長していきたい人

管工事施工管理技士は、建築(給排水衛生、空調)方面でも土木(上下水道)方面でも活躍できます。この資格を持っている場合には現場の責任者として活躍することが多いですが、あくまでも技術者の一人であり、専門的な知識や技術を身につけなくてはならないため、技術者として成長したい気持ちがが必要不可欠といえます。現場を統括する立場になると、施工スキルはもちろん、安全衛生面での知識や現場をまとめていくマネジメント能力なども求められます。人々の暮らしを支える建物の工事に携わりながら、責任ある仕事を任されるためにスキルを磨いていきたいという強い気持ちが大事です。

さまざまな立場の人と接するのが好きな人

管工事施工管理技士は、施工現場の多くの技術者たちの動きをコントロールして、指揮監督をする役割を担います。また、発注者や下請け会社との間に入って交渉事を行ったり、役所など関係各所への連絡、また他の業者との窓口なども担当することがあります。もちろん、デスクワークなど黙々と一人で行う作業もありますが、人の間に入ってうまく立ち回り、現場の人間をまとめていく力が要求される場面も出てきます。そのため、さまざまな立場の人とコミュニケーションをとることが好きな人に向いている仕事です。

建設業界の転職ならビーバーズ

管工事施工管理技士の年収相場

平均年収

管工事施工管理技士になるには、定められた年数の実務経験を積まなくてはならないため、管工事施工管理技士の給料は新人の技術者や資格を持っていない一般の技術者よりも高く設定されていることがほとんどです。もちろん、勤務先や個人のスキル、保有資格、経験などによっても変わってきますが、年収400万円~600万円程度がボリュームゾーンとされています。技術者として経験を積み、会社内で重要な役職に就いたり、業務の責任範囲が広がっていくことで、さらなる昇給が期待できるでしょう。大手企業に勤める場合は、勤続年数が上がることで年収800万円以上となっている人もいるようです。

資格手当が支給されることが多い

管工事施工管理技士は国家資格であり、この資格を持っていると給与や待遇面でも優遇されることが多いです。代表的なものが「資格手当」の支給です。資格手当の金額は会社によって異なりますが、2級管工事施工管理技士で月に5千円程度、1級管工事施工管理技士で月に1万円程度のところが多いようです。このほか、「排水設備工事責任技術者」「給水装置工事主任技術者」「消防設備士」などの資格も併せ持って活躍する人もいます。さらに「現場手当」や「技能手当」など、技術職ならではの各種手当が支給される会社もあります。こうした手当まで合わせていくと、同年代で他職種に就いている人よりも高額な年収になる人もいるようです。

転職を機に収入をアップさせることも

管工事施工管理技士の需要は大きく、とくに1級の資格まで持っている人は携わることができる業務範囲が広くなることから、転職時に優遇されやすいといわれています。もちろん、資格だけではなく、これまでにどのような経験を積み、どのようなスキルを身につけているかも重要です。技術職であるため、しっかりと経験を積みながらスキルアップに努めていくことで、転職をきっかけに収入をアップさせやすい仕事であるといえるでしょう。

管工事施工管理技士のワークライフバランス

建設会社のワークライフバランスを考える上で、ポイントは3つあります。1つ目は受注先、2つ目は経営方針、3つ目は外注先です。1つ目の受注先ですが、管工事の場合には改修工事をメインに官公庁から元請けで工事を受注する設備工事会社であれば利益率も高く、自社で仕事の段取りをコントロールできますので残業時間も少ない傾向にあります。2つ目の経営方針ですが、民間のゼネコンなどから新築工事の下請工事を受注し、ベテランの管工事施工管理技士が工期に追われながら業務を遂行しているような会社であれば平均年収は高いですが、残業に追われる日々となる可能性も高いです。また、ITツールの導入や外国人及び女性の活用などを積極的に取り入れている会社は効率的経営が出来ているため、1人の従業員の負担は少ないケースが多いです。3つ目の外注先ですが、施工図についての作成は全て外注をしているなど施工管理技士1人当たりの業務が限られているような管工事会社であればワークライフバランスが充実している可能性が高いといえるでしょう。

管工事施工管理技士の資格を取得するメリット

管工事に携わること自体に、資格が必要なわけではありません。実際に、資格を持たずに職人としてひたすらスキルを磨き、第一線で長く活躍している人もいます。しかし、将来的に現場をマネジメントする役割を担ったり、管工事の施工管理に携わっていきたいのであれば、管工事施工管理技士の資格取得を目指す必要が出てきます。管工事施工管理技士は、学歴に応じた実務経験を積むことで国家試験の受験資格を得ることができるため、管工事を専門にする技術者がステップアップしていくなかで取得するケースが多くなっています。

まとめ

建設業界及び施工管理技士は売り手市場であるため、本来は雇用の流動性が低い建設業界においても、積極的に転職活動をされている管工事施工管理技士資格ホルダーの方が多いかと存じます。管工事の需要は堅調であり、管工事施工管理技士の有効求人倍率は非常に高いため、転職活動を行えば年収がアップする可能性も高いです。しかし、転職先を選ぶ際には年収だけでなく会社自体の福利厚生やワークライフバランス、将来性にも注目したいところです。転職先として間違いない将来性のある建設会社を見抜くためのポイントとしては、労働環境です。残業が多かったり、休みが取れなかったりという会社は社員の定着率が悪く、技術が継承されず社員が育ちません。結果的に他社との競争力がつかずに、業界で成長していくのは難しくなります。無理なく長く働けて、自分も会社も共に成長できる環境が整っている会社選びをしましょう。

 

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。