TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【建設業界必見】土木施工管理技士のやりがいは?業務内容や将来性を徹底解説

土木施工管理技士は土木工事の施工計画を作成して、現場での工程管理や品質管理、安全管理を行うための国家資格です。

インフラである道路や上下水道、港湾工事などの土木工事には、現場ごとに土木施工管理技士を必ず配置する必要があります。土木施工管理技士の資格を持っていることで、土木工事を伴う公共工事の現場責任者として働けるので、とてもやりがいのある仕事です。

土木施工管理技士の資格について

施工管理技士には様々な種類がありますが、中でも土木施工管理技士は、道路や河川、橋梁、上下水道、鉄道、ダム、港湾等の土木工事において現場を管理するための資格です。そのため、主な活躍の場所はビルや住宅といった建築工事ではなく、インフラ整備ための公共工事が多くなります。特に、日本ではこれから東日本大震災や熊本地震をはじめとする大規模災害や、台風や大雨などの自然災害によって傷んだインフラの補修や復旧工事を監督する機会が多くなるでしょう。

国家資格でもある土木施工管理技士は、監理技術者や主任技術者として施工管理する1級土木施工管理技士と、主任技術者として施工管理する2級土木施工管理技士に分かれています。なかでも、1級土木施工管理技士になるに長い実務年数が必要ですが、熟練の知識と経験を持った現場にはなくてはならない資格になります。

資格取得には、学歴と土木施工に関する実務施工経験年数(指定学科卒業と指定学科卒業以外で年数が違います)が一定以上必要ですが、一度取得することができれば更新などもなく、一生使うことができる資格です。

建設業界の転職ならビーバーズ

土木施工管理技士の業務内容と役割

土木施工管理技士は、現場ごとに状況に合わせた施工計画を作成して、工程通りに工事が進められるように管理、監督することが主な業務内容になります。なかでも、工事が設計図面通りの品質になっていることを確認する品質管理や、工事期間中に労働災害が絶対に起こらない対策をする安全管理は重要な業務です。そのほかにも、施工図の作成や各種書類の作成、役所への申請手続き、工事現場の近隣の住民への対応など多岐にわたる役割が求められます。

屋外で作業を行うことが多い土木工事現場は、雨や雪など予期せぬ自然災害によって工期に大幅な遅れが生じてしまうことも珍しくありません。そのような予期せぬ事態にも柔軟に対応を行い、現場の安全を維持しつつ、工期内に完成させるマネジメント力も要求されます。

土木施工管理技士の将来性

土木施工管理技士は全国で常に一定の需要がある資格です。

国道、高速道路をはじめとする、高度経済成長期に整備されたインフラは老朽化を迎えており、その維持と改修が急務となっています。また、毎年のように起きる台風や大雨の被害、東日本大震災や熊本地震などの大規模災害で破損したインフラの補修など予期せぬ工事を受注することが珍しくありません。

ビルや住宅とは違い、人々の生活に直結するインフラはダメージを受けたときに早急な対応が必要になるため、土木工事の現場監督である土木建築施工管理技士の求人需要はここ数年とても高くなっています。

現在でも自然災害による被害から完全に復旧していない地域も多く、今後、土木施工管理技士の需要は常に高い状態が続くでしょう。

求人を出している就職先には、土木会社や土木工事を業務としている建設会社、地方自治体や国土交通省などがあります。インフラ工事を手掛けている会社は、有資格者の数が公共工事の入札結果に影響することもあるため、土木施工管理技士資格取得者は優遇される傾向があります。

また、令和3年の新試験制度より、若手をはじめ建設業界の人手不足に対応するために「技士補」という資格が新設されます。これまでの試験では、第一次試験(筆記試験)と第二次検定(実地)に合格しないと土木施工管理技士の資格は取得できませんでしたが、新試験制度では第一次検定(学科)のみの合格で「土木施工管理技士補」の資格が取得できるようになります。

土木施工管理技士補は文字通り、土木施工管理技士の仕事の補佐できる新しい資格になります。技士補の導入により、これまで1現場に1人必要だった1級土木施工管理技士が、2つの現場を管理することが可能になり、今後の人手不足の解消に役に立つと考えられています。

まとめ

土木施工管理技士は、土木工事現場を管理監督するために必ず必要な資格です。特に、インフラ整備など、社会のために働くことができる土木施工管理技士の仕事は、災害の多い日本においては、これからも需要が見込めるやりがいのある職種になるでしょう。

また、これまで数年の実地経験が求められていたために資格取得までのハードルが高かった施工管理技士の資格ですが、令和3年より「技士補」の制度も生まれ、資格取得ハードルが下がったため、キャリアアップもしやすくなりました。
やりがいと需要が常にある資格ですので、各種ある施工管理技士の資格のなかでも特におすすめの資格といえるでしょう。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。