TEL
メニュー

品質管理からの転職におすすめの仕事とは?自己PRできるポイントや仕事選びの注意点を紹介

品質管理はリスク管理能力やマネジメント力が求められ、さまざまな業界で活躍できる仕事です。

しかし、プレッシャーの重さや仕事の達成感を感じられないこともあり、転職を検討する人もいるかもしれません。

今回は、品質管理から転職を検討している人に向けて、転職を検討するタイミングやおすすめの転職先、転職活動で注意すべきポイントを紹介します。

自己PRの伝え方や転職活動のやり方次第で自分の条件以上の会社に転職することが可能です。

記事の後半ではよくある質問にも回答しているので、品質管理から転職しようか迷っている人や、転職活動が難航している人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-enomoto
榎本 芽玖キャリアコンサルタント
これまで転職エージェントとして数多くの求職者に携り、即戦力に限らず、建設業界未経験のキャリアサポート実績が顕著。施工管理に限らず、現場事務(書類作成)やCADオペ、職人向けの案件マッチングも得意とする。

品質管理を辞めたい人の転職理由とは?

品質管理の仕事が向いていないかもしれないと感じる人は、なぜ向いていないかを言語化してみましょう。

実際に品質管理から転職した人の転職理由を見ることで、自分が転職を検討すべきかタイミングを見定められるかもしれません。

  • 仕事のプレッシャーが大きい
  • 仕事の達成感を感じられない
  • 対応すべき業務が多い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

仕事のプレッシャーが大きい

品質管理は、製品の品質が国の安全基準や国際規約などに基づいた安全性や耐久性を確保できているかを監査する仕事です。

製品が完成した後の品質チェックはもちろん、製品の工程すべてを管理する必要があるため、細かな変化に気づく能力やマネジメント力が必須。

なぜなら品質管理の確認が漏れて不良品が世に出回ってしまった場合、会社の信用や価値を下げてしまうリスクがあるからです。

製品の欠陥やサービスの不備の抜け漏れが許されない状況で働く品質管理担当者は、常に高いプレッシャーにさらされているのかもしれません。

毎日プレッシャーにさらされて仕事を続けることで、ストレスや仕事へのモチベーション低下につながり、転職を考える理由のひとつになるでしょう。

仕事の達成感を感じられない

品質管理の仕事の目的は、不良品やサービスの欠陥を未然に防ぐことです。

つまり、品質管理の仕事が順調に進んでいる場合でも、目に見える形での達成感を感じるのが難しいことがあります。

トラブルが起きないことは、会社にとって嬉しいことですが、品質管理としては仕事のやりがいを感じられないというデメリットになることも。

努力の成果や実績を増やしたい人であれば、品質管理の仕事に物足りなさを感じてしまうのかもしれません。

対応すべき業務が多い

品質管理の業務は多岐に渡ります。

  • 製造ラインでの品質管理作業
  • 完成した製品の品質チェック
  • 欠陥品の原因追及の調査

製品に関する知識はもちろん、不良品の対応には作業員から問題点を聞き出すコミュニケーション力、製造ラインでの品質管理には国際規格などの知識が必要です。

ひとつの業務に従事するだけでは品質管理の仕事ができないため、幅広い知識や経験値が求められることに疲れてしまうことも。

多忙な業務に対応できず、転職を検討する人もいます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理のおすすめの転職先3選

品質管理から別の業種に転職を検討する人は、以下の3つがおすすめです。

  • 製造業コンサルタント
  • 品質保証
  • ISO審査員

品質管理で獲得したスキルや経験を活用して、スキルアップを目指しましょう。

それぞれ詳しく解説します。

製造業コンサルタント

製造業コンサルタントとは、製造業の各工場もしくはメーカーに対して生産工程の改善やコスト管理などのアドバイスを行う仕事です。

品質管理として、工場内の工程の流れや業務効率化できそうなポイントを理解しているからこそできるアドバイスがあるため、品質管理のスキルや実績が活用できます。

コンサルティングを行うことで顧客の工場のDX化や作業の効率化が成功すれば、達成感や仕事の充実感を感じられるでしょう。

仕事のモチベーションを上げたい、自分の仕事の成果を実感できる仕事に就きたいと考える人は、品質管理から製造業コンサルタントへの転職を検討してみてください。

品質保証

品質保証とは製品が完成した後の品質チェックを行い、製品が規格に適合していることを確認する仕事です。

品質管理と業務内容が似ていますが、品質管理と比べて対応する業務の幅が広い点が特徴のひとつ。

品質管理であれば製造工程と完成した商品の品質管理が業務範囲ですが、品質保証の業務範囲は製品の企画や完成後の品質チェック、製品販売後のクレーム対応など。

品質管理で培ったスキルや実績を応用することができる品質保証の仕事は、品質管理のステップアップとして向いている仕事といえるでしょう。

ISO審査員

ISO審査員は、国際的な品質マネジメントシステムであるISO規格の認証審査を行う専門家です。

ISO審査員が行う業務内容は以下のとおり。

  • 予備審査
  • 登録審査
  • 維持審査
  • 更新審査

企業がISO認証を取得するためにISO審査を依頼し、ISO審査員が会社の品質管理の状況を審査するということ。

ISO審査員になるには品質マネジメントシステム審査員(ISO9001審査員)という資格が必要です。

品質管理の専門家として、企業の品質体系を精査し国際的な基準に適合するためのアドバイスを行う立場のISO審査員は、品質管理で得た経験を活かせるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理が自己PRに書くべき3つのポイント

品質管理として働く人が転職活動を行う場合、自己PRには以下の3つのポイントを取り入れましょう。

  • 担当製品や具体的な業務・具体的な数値で表した実績
  • 取得した資格や取り扱い可能な測定機器
  • 失敗経験を経て得た学び・業務で苦労したポイント

それぞれ詳しく解説します。

担当製品や具体的な業務・具体的な数値で表した実績

品質管理の自己PRで重要なのは、具体的な実績をアピールすることです。

自分が担当した製品やプロジェクト、実施した業務内容を具体的に記述し、それに関連する数値やデータを具体的に記載しましょう。

具体的な数字に落とし込んだ例は以下のとおり。

  • 品質改善プロジェクトで組み立て時の作業員の補充と検査項目の追加を行ったことで不良率をX%からY%に改善した
  • 製品の品質向上のためXXという部品に交換したところ、顧客クレームが20%削減した

数値での変化に加え、どんな対策を行ったかを記載することで実績の説得力が増します。

特に品質管理の仕事は、担当する会社によって業務内容が異なることもあるため、基本的な業務内容や作業の手順などをわかりやすく記載することが重要。

書き方次第で、転職先での即戦力になるかを効果的に伝えられるでしょう。

取得した資格や取り扱い可能な測定機器

品質管理の職種では、自分が保有する資格や取り扱い可能な測定機器を詳しく記載することが重要です。

なぜなら、品質管理は会社が対応する規格によって取り組む対策が異なるため。

たとえばISOとIATFの規格対応の経験では、品質管理の精度の高さに違いがあります。

IATFは自動車産業に特化した規格でISOをベースに不良品の発生を予防する品質制度が求められるため、スキルの違いを証明できるでしょう。

さらに、取り扱った経験のある測定機器の情報があれば、転職先で即戦力になるかを見極められるでしょう。

失敗経験を経て得た学び・業務で苦労したポイント

自己PRは良いポイントばかり並べるだけでは効果が発揮できません。

失敗談を交え、逆境からどう対策をとったかを説明することで、適応能力や判断力の高さをアピールできるでしょう。

品質管理の仕事では、不良品が出た場合の対策や調査の過程を記載することで、失敗経験からの学びにつなげることが可能。

トラブルが発生したことで、どんな仮説を立てて調査したのか、どこに苦労したかを記載することで自分の成長をアピールしましょう。

品質管理が転職成功するためにやるべき3つの行動

品質管理として働く人が転職を成功させるには以下の3つのポイントが重要です。

  • スキルの棚卸しを徹底的に行う
  • 異業種・同業種を含めた転職活動を行う
  • 自分の強みや特徴を第三者に分析してもらう

それぞれ詳しく見ていきましょう。

スキルの棚卸しを徹底的に行う

品質管理の転職を成功させるには、スキルの棚卸しが重要です。

スキルの棚卸しとは、入社してから現在までの業務を洗い出し、各課程で得たスキルや実績を明確にすること。

品質管理での経験やスキル、専門知識、資格、そして業界での実績などを客観的に把握できるため、自分の強みを見つける方法としても効果的です。

スキルの棚卸しをすることで、気づかなかった自分の強みや向いている業務を見つけることができるかもしれないため、転職活動を始める際は求人を探す前にスキルの棚卸しを必ず行いましょう。

異業種・同業種を含めた転職活動を行う

転職活動を成功させるには、異業種だけでなく同業種への転職を検討することもおすすめ。

同じ業界であれば新しい会社でも即戦力として働けるため、転職の難易度が下がるかもしれません。

会社を変えるだけで忙しさが違ったり、福利厚生などん制度が良くなったりするため、まずは異業種・同業種を踏まえた転職活動を進めてみてください。

自分の強みや特徴を第三者に分析してもらう

自身の強みや特徴は第三者に評価してもらうことで、見えてくる場合もあります。

自分で気づかなかった強みを発見できれば、転職活動も有利に進められるはず。

まずは友人や家族に自分についての特徴を聞いてみるのがおすすめです。

さらに専門的な知識を持ったアドバイザーからの意見が知りたい人は、転職エージェントを活用してみてください。

スキルの棚卸しや自己分析のアドバイスを踏まえ、プロの目線で強みを見つけてくれるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

品質管理からの転職に関するよくある質問

ここでは品質管理から転職を目指す人のよくある質問をまとめました。

  • 転職はいつ頃までにしたらいい?
  • 品質管理の転職で業界を変えるならどこがおすすめ?
  • 品質管理の転職を成功させるために取得してくべき資格とは?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

転職はいつ頃までにしたらいい?

品質管理からの転職を考えている場合、転職のタイミングは重要なポイント。

自分がどの業界に転職したいか、転職の目的は何かによって適切なタイミングは異なります。

たとえば品質管理としてのスキルを活かして製造コンサルタントやISO審査員を目指す人であれば、3年程度品質管理の仕事を経てスキルをある程度積み上げてから転職するのがおすすめです。

一方で未経験の業種への転職を狙う人は、できるだけ早く転職するのが良いでしょう。

なぜなら未経験の業種への転職は年齢が若いほど定着しやすく、新しい仕事でスキルを積む期間を増やせるから。

まずは自身のキャリアプランを考え、必要なタイミングに向けて準備を進めることが重要です。

品質管理の転職で業界を変えるならどこがおすすめ?

品質管理で働く人は、異業種の転職だけでなく、別の業界の品質管理として転職するのもおすすめ。

なぜなら品質管理の仕事は製造業やIT業界、医療業界や食品産業など、多くの業界で求められているから。

スキルアップとして別の業界を検討している人は、自動車業界の品質管理を検討してみてください。

自動車業界の品質管理は事故を未然に防止するための仕組みづくりやシステムの開発など、品質管理のさらに上をいくスキルが求められるため。

常に新しい技術が開発され、改良を繰り返しながら成長する業界であるため、成長速度が速く成長を感じられるでしょう。

品質管理の転職を成功させるために取得してくべき資格とは?

品質管理の転職を成功させるためには、以下の資格を取得しておくと良いでしょう。

  • 品質管理士
  • ISO審査員
  • 品質マネジメントシステム審査員
  • マネジメントシステム監査員検定
  • JSTQBテスト技術者資格認定
  • QCサークル指導士資格認定制度

資格によっては、セミナーに参加して最終日の試験合格で資格を取得できるものもあります。

まずはそれぞれの資格について調べてみて、資格取得の計画を立てましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は品質管理から転職を目指す人に向けて、転職しやすい業種や転職時の自己PRのポイント、転職活動での注意点を紹介しました。

転職管理の仕事は、管理能力やマネジメント力が培われるため、別の業種でもスキルを活用できます。

転職を成功させるには、自分の強みを効果的にアピールすることが重要。

アピールポイントを細かく把握して転職を成功させたい人は、転職エージェントを活用しましょう。

建設業界に特化した転職エージェントビーバーズでは、上記で紹介した業種の求人を多数保有しています。

ビーバーズのサポートを経てキャリアの棚卸しや自己分析を徹底的に行い、条件に合った会社を探してみてください。

電気工事施工管理技士の転職を有利に進めるコツは?年収の違いやおすすめの転職先を解説

電気工事施工管理技士の資格を持つ人の中で、転職を考えている人はいませんか?

電気工事施工管理技士は、電気を取り扱う専門家として高く評価される職種のひとつです。
しかし「給与が低い」「仕事がきつい」などネガティブな声もよく聞きます。

今回は、電気工事施工管理技士が転職を成功するためのコツや年収の違い、おすすめの転職先を詳しく解説します。

電気工事施工管理技士の高いスキルを活かし、ワークライフバランスの整った会社に転職したい人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

電気工事施工管理技士への転職はきつい?やめとけといわれる理由と対策を紹介

電気工事施工管理技士の仕事は「きつい」「やめとけ」といわれることが多いです。

なぜなら以下のような理由があるから。

  • 長時間労働や休日出勤が多いから
  • 業務内容の多さと給料が見合っていないから
  • 工事が遅れてスケジュールが厳しくなりやすいから

ここではそれぞれの理由の内容やその対策まで詳しく解説します。

長時間労働や休日出勤が多いから

電気工事施工管理技士の仕事は、長時間労働や休日出勤が多いといわれています。

たしかに、電気工事施工管理技士は工事現場の管理を任される立場であるため、責任者としてチェックする項目が多かったり、工事現場が閉まった後にも発注作業や報告書作成作業が残っています。

また、悪天候によって工事が遅れた場合は休日出勤をして遅れを取り戻さなければいけない状況も発生するかもしれません。

しかし現在は働き方改革の推進により、工事現場の週休2日制を導入しています。

会社同士の契約でも工期にゆとりを持つ取り組みが進められているため、電気工事施工管理技士の労働環境は徐々に改善されるでしょう。

働き方改革は大企業になるほど積極的に取り組んでいるため、よりワークライフバランスの整った会社を目指したい人は大手ゼネコンなどの大企業へ転職するのがおすすめです。

業務内容の多さと給料が見合っていないから

高圧の電気を取り扱う工事が多いため、手順を間違えば大事故につながるリスクがあります。

電気工事施工管理技士の仕事は電気を取り扱う仕事の中でも業務量が多く、専門知識と責任が求められる一方で、それに対する給料が不満であると感じる人が多いようです。

電気工事施工管理技士として働く今の会社に不満がある場合、以下の3点を試してみてください。

  • 下請け会社から元請け会社に転職する
  • ホワイト企業と呼ばれる企業に転職する
  • 業界を変えてみる

電気工事施工管理技士が働ける職場は建設会社やゼネコンだけではありません。

記事の後半で紹介する転職先も検討してみてください。

工事が遅れてスケジュールが厳しくなりやすいから

電気工事施工管理技士の担当する工事現場では、予期せぬ問題や遅れが発生しやすい特徴があります。

たとえば高層ビルを建設する場合、先に骨組みである建物の建設が進められるため、電気工事施工管理技士の対応する電気設備や空調設備の設置工事は後半に対応します。

骨組みの工事が遅れれば、後半の作業が押してしまうため、電気工事のスケジュールは厳しくなることが多いといえるでしょう。

工事の遅れやスケジュール管理の問題を解決するには、施工管理技士同士が連携して、工事が遅れた場合でも対処できる程度のゆとりあるスケジュールの作成を目指すことが重要です。

会社によって調整が難しい場合もありますが、まずは自分のできる範囲で調整を行い、それでも改善できないようであれば転職を検討してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事施工管理技士の年収は?資格による年収の違いを解説

ここからは電気工事施工管理技士の年収を比較します。

  • 電気工事施工管理技士の平均年収
  • 1級・2級電気工事施工管理技士の平均年収の違い
  • 電気工事施工管理技士以外の資格の平均年収

それぞれ詳しく見ていきましょう。

電気工事施工管理技士の平均年収

電気工事施工管理技士の平均年収は以下のとおり。

電気工事施工管理技士の平均年収:497万円

引用:[求人ボックス]

電気工事施工管理技士は、危険な電気を取り扱う仕事として建設業界で重要な役割を果たすため、その専門知識と経験に応じて年収に差があります。

一般的な電気工事施工管理技士の平均年収は、地域や経験によって異なりますが、おおよそ400万円から600万円程度が一般的とされています。

1級・2級電気工事施工管理技士の平均年収の違い

電気工事施工管理技士には1級と2級の資格があり、資格の有無や資格のレベルによって年収に違いがあります。

資格の有無や資格によって変わる年収の目安は以下のとおり。

資格の有無・資格の種類 平均年収
無資格 350万円〜
2級施工管理技士 400万円〜
1級施工管理技士 500万円〜

1級電気工事施工管理技士の年収は2級に比べて高く、会社によっては年収1,000万円以上を狙うことも可能です。

会社によって年収に違いがある理由は、会社ごとに設定される資格手当の金額が異なるから。

【資格手当の例】
2級施工管理技士:3,000円
1級施工管理技士:4,000円
引用:[アイテック]

年収を上げたい人は狙っている会社の資格手当の金額を確認しておくのがおすすめです。

電気工事施工管理技士以外の資格の平均年収

電気工事施工管理技士の資格以外の資格を保有しても、年収を上げることが可能です。

ここでは一例として、電気工事施工管理技士以外の資格を持つ人の平均年収の目安を紹介します。

資格の種類 平均年収
第一種電気主任技術者 800万円〜
第二種電気主任技術者 600~800万円
第三種電気主任技術者 400~600万円
1級施工管理技士 500万円〜
第一種電気工事士 500~600万円
第二種電気工事士 400~500万円

データはあくまでも目安ですが、資格の難易度が上がればその分年収が上がります。

特に電気工事施工管理技士がスキルアップとして取得を目指すべき資格は電気主任技術者です。

第一種電気主任技術者の資格を取得すれば、電気工事施工管理技士の資格と合わせてスキルが格段に上がるでしょう。

資格手当は複数の資格を組み合わせることで年収を上げられるため、別の資格の取得も目指してみてください。

電気工事施工管理技士が狙うべき転職先3選

電気工事施工管理技士は豊富な転職先を選ぶことができる点が魅力です。

なぜなら電気を取り扱う資格の中でもトップレベルの電気工事施工管理技士の資格はさまざまな業界で重宝されるから。

下記で紹介する業界や企業は、電気工事施工管理技士が活躍できる仕事を保有しています。

転職先を検討する際の参考にしてください。

  • 大手ゼネコン
  • 再生可能エネルギー会社
  • 設備管理会社

それぞれ詳しく見ていきましょう。

大手ゼネコン

ゼネコンとは総合建設会社を指し、元請負者として土木や建築工事を発注者から一式で請け負う会社です。

工事全体のとりまとめを行うため、建物の内部工事である電気工事に対応できる電気工事施工管理技士は重宝されます。

ゼネコンの魅力は大規模な工事を担当できる機会が多い点。

難易度の高い工事に携われるため、高度なスキルや専門知識が身につきます。

ただ、工事全体を請け負うゼネコンは、業務が多忙になりやすく工期に追われる働き方になってしまうリスクもあるので、会社探しは慎重に行いましょう。

再生可能エネルギー会社

環境への配慮が高まる中、電気工事施工管理技士が狙うべき業界は再生可能エネルギー分野です。

風力発電や太陽光発電、バイオマスなど、自然エネルギーを扱う発電所の管理が必要なため、電気工事施工管理技士の知識やスキルが求められます。

再生可能エネルギー会社に転職した場合、再生可能エネルギーを取り扱う工場の設計や施工、保守管理まで一括して対応できるでしょう。

再生可能エネルギーは今後も需要が高まることが期待されるため、将来性のある業界で働きたい人は転職を検討してみてください。

設備管理会社

設備管理会社は、建築や施設に設置されている空調設備や電気切にも保守管理を行う会社です。

保守管理の分野は、業務量が比較的少なく、ワークライフバランスの整った働き方ができるでしょう。

電気工事施工管理技士の資格だけでなく、電気工事士や電気主任技術者の資格も合わせて取得しておくことがおすすめ。

施設の電気設備やシステムの維持管理を担当する仕事は安定性があり、長期的なキャリアの安定を求める人に向いています。

ワークライフバランスの整った働き方を求める人や、残業のない働き方をしたい人は、ぜひ設備管理への転職を目指しましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事施工管理技士が転職を有利に進める方法3選

success, gradually, career

電気工事施工管理技士が転職を成功させるには、採用を有利に進める方法を知っておくことが重要です。

下記3つの対策をとって、出来るだけ転職活動を有利に進めましょう。

  • 転職に有利になる資格を取得する
  • 第三者からホワイト企業に認定されている企業を探す
  • 転職エージェントに相談する

それぞれ詳しく解説します。

転職に有利になる資格を取得する

電気工事施工管理技士の転職を成功させるには、専門知識やスキルをさらに高めるための資格を取得することがおすすめです。

電気工事施工管理技士が取得すべき資格は以下のとおり。

  • 電気工事士
  • 電気主任技術者
  • エネルギー管理士
  • 消防設備士乙種4類
  • 建築物環境衛生管理技術者

たとえば電気設備士や電気主任技術者の資格を取得することで、電気工事施工管理技士としての専門性を高めることが可能です。

また、設備管理や再生可能エネルギー会社を目指す人はエネルギー管理士や消防設備士乙種4類などの資格があれば転職が有利に働くでしょう。

第三者からホワイト企業に認定されている企業を探す

転職先を選ぶ場合、今の職場よりも働く環境を改善したい人はホワイト企業を探すことが重要です。

ホワイト企業を見つける場合は、下記のようなマークや認証を受けた企業を見つけましょう。

  • くるみんマーク・プラチナくるみん
  • えるぼし認定
  • 安全衛生優良企業
  • なでしこ銘柄
  • ユースエール認定制度

認証マークによって、女性の働き方を推進している・若者の採用や育成に積極的な企業など、ホワイト企業だと認定されている項目が異なります。

自分の働き方で何を求めるか、どんな項目での制度が充実している方が良いかなどを確認して、認証のある会社を選びましょう。

転職エージェントに相談する

転職を有利に進めたい人は、できるだけ多くの情報とサポートを受けることが重要です。

電気工事施工管理技士の人が転職を目指す場合、はじめにどの業界の転職を目指すのか、どんな働き方をしたいかを分析する必要があります。

転職エージェントは市場動向に詳しく、自己分析やヒアリングを通してその人にあった転職先を提案してくれます。

面接対策や書類添削などのサポートも充実しているため、効率よく転職活動を進められるでしょう。

電気工事施工管理技士の転職を成功させたい人はビーバーズにお任せ

電気工事施工管理技士の人で自分に合った転職先を見つけたい人は、建設業に特化した転職エージェント「ビーバーズ」にご相談ください。

ビーバーズは建設業界に特化しているため、建設業界に関する知識が豊富なスタッフが多数在籍しています。

建設業ならではの転職の悩みや面接で聞かれる質問の傾向など細かいところまで丁寧にサポートいたします。

自己分析やヒアリングを経て、その人にあった転職先を提案するため、入社後のギャップを減らせる点も魅力のひとつ。

まずは登録して、転職の悩みを打ち明けてみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は電気工事施工管理技士の転職について、電気工事施工管理技士がきついといわれる理由とその対策、電気工事施工管理技士の平均年収や転職を有利に進める方法を紹介しました。

電気工事施工管理技士はきついといわれることが多いですが、会社や業界を変えるだけでホワイトな環境で働けるかもしれません。

施工管理技士の中でも電気を取り扱う電気工事施工管理技士は資格があるだけでキャリアチェンジやキャリアアップの選択肢が豊富です。

転職を有利に進めるために、徹底した企業研究を行い、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めてみてください。

建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」を利用すれば、転職をスムーズに行え、自分の条件以上の企業に出会えるかもしれません。

まずは登録して、今の悩みを相談するのがおすすめです。

本記事がきっかけで電気工事施工管理技士の転職が成功する人が増えれば幸いです。

スーパーゼネコンに転職するのは難しい?成功のコツや必要な資格、会社ごとの平均年収を解説

建設業界で働く人にとって、スーパーゼネコンはスキルアップやキャリアアップとして目指す目標のひとつではないでしょうか。

スーパーゼネコンに転職すれば年収が上がりスキルアップが期待でき、ワークライフバランスの整った働き方ができるようになるため、多くの人がスーパーゼネコンを目指します。

人気が高く求められる実力が高いことから、転職が難しいといわれています。

結論、スーパーゼネコンへの転職は対策をとっておけば転職を成功させることは不可能ではありません。

今回はスーパーゼネコンに転職するための基礎情報や会社ごとの平均年収、取るべき対策を紹介します。

本記事を参考に、スーパーゼネコンへの転職を目指してみてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

スーパーゼネコンで募集している職種や仕事内容とは?

まずはスーパーゼネコンが募集する雇用形態や職種について解説します。

  • 雇用形態は主に3種類
  • 職種ごとの仕事内容や募集内容を解説

それぞれ詳しく見ていきましょう。

雇用形態は主に3種類

スーパーゼネコンの雇用形態は、主に3つのカテゴリに分かれます。

  • 総合職社員
  • 専任職社員
  • 契約社員

たとえば専任職社員は総合職社員と比べて仕事の幅が限定され、指定された地域での業務がほとんどです。

雇用形態によって働き方や年収、転職難易度が異なるため、まずは全ての雇用形態の求人を探してみるのがおすすめです。

職種ごとの仕事内容や募集内容を解説

ここでは、スーパーゼネコンの求人によくある職種それぞれの情報をまとめました。

職種 仕事内容
設計 大規模工事の軸となる設計図を制作する

クライアントとの打ち合わせをとおして予算調整やデザインの詳細の確認、デザインを設計図に落とし込む作業を担当

設計に関する高度な知識や正確性が求められる

施工管理 工事の進捗管理や資材発注・スケジュール調整を行う

管理能力や臨機応変な対応力、リーダーシップなどのスキルが求められる

営業 顧客獲得と契約締結に向けた市場調査や呼び込み活動に取り組む

深い市場知識や交渉力、提案力や企画力が求められる

エンジニアリング 工場などの建設における企画から設計、保守までの業務をまとめて管理する。

数年単位で進めることがあるため、物価や為替変動だけでなく会社の経営状況などのリスク管理能力が求められる

研究開発 製品を製造するための工法や資材の開発を行う。

コスト管理や作業の簡潔化を目指す研究を行うため、科学的な知識や経験値が求められる

事務 工事に必要な書類の作成や管理を行う

経理や労務に関する知識やPCを扱う能力が求められる

職種によって求められるスキルが異なります。

スーパーゼネコンはゼネコンの中でもトップクラスの企業であるため、今の仕事で身につけたスキルをより磨き、即戦力になることをアピールするのがおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

スーパーゼネコンの転職を目指すメリット

スーパーゼネコンは転職先としておすすめの候補です。

なぜならスーパーゼネコンに転職すると、下記のメリットが得られるから。

  • スキルアップを目指せる
  • 年収を上げられる
  • 充実した福利厚生を受けられる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

スキルアップを目指せる

スーパーゼネコンは、最先端の機械や技術を駆使して大規模な工事の建設に取り組みます。

工場や大型施設、インフラなどの建設は、建設後に多くの人が生活の軸として利用する対象になるため、細かな安全対策や長期的な保守管理が重要。

施工に不具合があれば、多くの人の命を奪う事故につながるリスクもあります。

そのため、スーパーゼネコンで働く技術者は一流のスキルを保有している人ばかりです。

施工管理であれば1級施工管理技士、設計者であれば1級建築士など、取得まで数十年かかる資格がほとんど。

高い技術を持つ人たちの中で難易度の高い工事に取り組めば、徐々にスキルが上がっていくでしょう。

身につけたスキルは将来まで自分の価値として証明できるため、独立や転職にも有利に働くはずです。

年収を上げられる

スーパーゼネコンは、ゼネコンの中でも特に高い年収を獲得できます。

なぜなら工事ごとの契約数が大きく、求められるスキルや実力が高いため。

努力次第では年収1,000万円を超えることも可能です。

次の見出しからはスーパーゼネコンと準大手ゼネコン、中堅ゼネコンの平均年収を比較しているので、年収の具体的な数値が気になる人はぜひ参考にしてください。

充実した福利厚生を受けられる

スーパーゼネコンは企業の規模が大きいため、従業員の働きやすさを重視した福利厚生を充実させています。

主な例を挙げると以下のとおり。

  • 健康保険
  • 退職金制度
  • 持ち株制度
  • 産休・育休支援
  • リフレッシュ休暇制度
  • 保育所
  • 資格取得支援制度

特にスーパーゼネコンでは新しい技術を常に取り入れているため、勉強や研究がしやすい環境が整っています。

社員が仕事とプライベートの両立ができるように豊富な福利厚生があることで、仕事のモチベーションを高められるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

スーパーゼネコンの年収はどのくらい?準大手ゼネコンや中堅ゼネコンと比較

スーパーゼネコンを目指す人の多くは、「年収を上げたい」「今よりも稼ぎたい」と考える人がいるのではないでしょうか。

ここからはスーパーゼネコンの平均年収をはじめ、下記のカテゴリのデータを紹介します。

  • スーパーゼネコン5社の平均年収
  • 準大手ゼネコン5社の平均年収
  • 中堅ゼネコンの平均年収

それぞれ詳しく見ていきましょう。

スーパーゼネコン5社の平均年収

ここではスーパーゼネコン5社の平均年収をまとめました。

順位 会社名 平均年収
1 鹿島建設株式会社 1,128万円
2 株式会社大林組 1,025万円
3 清水建設株式会社 978万円
4 大成建設株式会社 964万円
5 株式会社竹中工務店 827万円

引用:[doda],[openwork]

スーパーゼネコンは、高い技術を持つ豊富な人材を保有しているため、大型の工事もまとめて受注することが可能です。

契約の規模が大きいことから、工事に取り組む作業員や社員に高い給与を払うことができています。

dodaの調査によると、建設業界の平均給与は421万円です。

スーパーゼネコンの中で1番平均年収が低い株式会社竹中工務店の平均年収は、建設業界全体の約2倍。

データを見ることで、転職先としてスーパーゼネコンがいかに魅力的かが分かります。

準大手ゼネコン5社の平均年収

スーパーゼネコンの次に規模が大きい企業のことを準大手ゼネコンと呼びます。

準大手ゼネコンとスーパーゼネコンの違いは、売上高や会社の規模。

スーパーゼネコンと比較するとやや規模が小さくなりますが、それでも売上高は3,000億円以上、従業員数が2,000人以上で大企業といえる会社ばかりです。

ここでは準大手ゼネコン5社の平均年収をランキングにまとめました。

順位 会社名 平均年収
1 インフロニア・ホールディングス 967万円
2 長谷工コーポレーション 940万円
3 五洋建設 884万円
4 熊谷組 845万円
5 戸田建設 835万円

引用:[日本経済新聞]

データを見て分かるように、平均年収という点で比較するとインフロニア・ホールディングスや長谷工コーポレーションの方がスーパーゼネコンよりも高い給与をもらっています。

つまり、高年収を狙いたい人はスーパーゼネコンだけでなく準大手ゼネコンも視野に入れる事が大切です。

スーパーゼネコンよりも条件の良い求人を見つけるきっかけになるかもしれません。

中堅ゼネコンの平均年収

中堅ゼネコンとは、スーパーゼネコンや準大手ゼネコンの次に位置するゼネコン会社のこと。

売上高が1,000億円以上の企業が当てはまることが多く、会社の規模や取り組む事業内容によっては準大手ゼネコンと同等といわれることもあります。

ここでは中堅ゼネコンの企業をいくつかピックアップして、それぞれの平均年収を比較しました。

順位 会社名 平均年収
1 奥村組 936万円
2 東亜建設工業 927万円
3 飛島建設 832万円
4 大豊建設 807万円
5 東洋建設 802万円

引用:[日本経済新聞]

中堅ゼネコンは工事の規模や技術要件がスーパーゼネコンや準大手ゼネコンより小さく、年収は準大手ゼネコンよりも低めの水準となることが多いです。

しかし、データを見ると、中堅ゼネコンでも奥村組や東亜建設工業の平均年収は900万円を超えており、高年収を目指す人にはおすすめの企業といえるでしょう。

また中堅ゼネコンは中〜大規模工事の対応を進められるため、キャリアの幅を広げるにはおすすめです。

特に専門性を高めたい人であれば、ひとつの業界や工事に特化した中堅ゼネコンを目指すことで、スキルアップできるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

スーパーゼネコンに転職したい人がやるべき3つの対策

スーパーゼネコンに転職したい人は、ただ求人を探して応募するだけではなかなか採用されることはありません。

なぜならスーパーゼネコンはゼネコンの中でもトップクラスの実力の持ち主が集まる場所だから。

採用率を上げて、スーパーゼネコンへの転職を実現するには、下記の3つの対策を行いましょう。

  • 目指す職種のトップレベルを目指す
  • 転職に有利になる資格を取得する
  • 転職サイトや転職エージェントを併用して求人を探す

今からできることも多いため、まずは読んで試してみてください。

目指す職種のトップレベルを目指す

スーパーゼネコンに転職するには、目指す職種のトップレベルを目指しましょう。

なぜならスーパーゼネコンへの転職は競争が激しく、実力がある人が選ばれることがほとんどです。

たとえば施工管理であれば、タイプの違う工事の施工管理経験を積み、どんな工事でも対応できる経験値を積む、営業であれば会社の中で営業成績1位を獲得して営業スキルを強みにするなど、スーパーゼネコンでも即戦力で働けるスキルを磨くことが重要です。

今の職場での働き方によって、スーパーゼネコンの転職が成功するかどうかが決まるため、今からできることを始めましょう。

転職に有利になる資格を取得する

スーパーゼネコンに転職したい人は、できるだけ多くの資格の取得が有利になることがあります。

たとえば、施工管理であれば1級施工管理技士の資格はもちろん、電気工事主任技術者やエネルギー管理士など、施工管理分野周辺の資格があれば役立ちます。

資格によってはすぐに取得できるものもあれば、取得に10年以上かかるものもあります。

スーパーゼネコンに転職するという目標がある人は、今から資格取得に向けてスケジュールを組むことが重要です。

求められるスキルや実力に合わせて資格を取得し、自身の価値を高めましょう。

転職サイトや転職エージェントを併用して求人を探す

転職活動を効率的に進めるには、転職サイトや転職エージェントを活用しましょう。

複数の転職サイトや転職エージェントに登録することで、さまざまな求人に出会える可能性が高まります。

業界に特化した転職エージェントを利用すれば、業界について専門知識を持ったプロからのアドバイスを受けて、転職をスムーズに進めることができるかもしれません。

まずはいくつかの転職エージェント・転職サイトに登録して求人を比較しましょう。

スーパーゼネコンの転職を狙う人はビーバーズにお任せ

スーパーゼネコンへの転職を狙う人は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

なぜなら求人サイトや転職サイトに掲載されている求人の数には限りがあり、自分で探し続けるには限界があるから。

特にスーパーゼネコンへの転職は多くの人が狙うため、なかなか求人が掲載されないこともあります。

転職エージェントであれば、求人票に載っていない非公開求人の紹介や、会社の内部情報を把握した上で紹介してもらえるため、転職の成功率が高まります。

スーパーゼネコンへの転職を目指すなら、建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」にご相談ください。

自己分析や書類添削、面接対策まで細かくサポートいたします。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回はスーパーゼネコンの転職の難しさや転職を目指すメリット、スーパーゼネコンをはじめとするゼネコン会社の平均年収の比較や転職を成功させるためにやるべきことを紹介しました。

スーパーゼネコンはゼネコン会社の中でも売上1兆円を超えるトップクラスの企業です。
2023年現在は5社しかなく、転職を目指す人にとってハードルの高い会社といえるでしょう。
ただ、スーパーゼネコンに転職できれば、安定した収入や充実した福利厚生、豊富なキャリアアップの機会が用意されています。

スーパーゼネコンに転職を成功させるには、今の職場で実務経験を増やしたり、自分の職種で活用できる専門性の高い資格を取得したりするのがおすすめ。

さらに転職成功の確率を高めたい人は、転職エージェントに相談して転職を成功させる書類指導や面接対策を万全に行いましょう。

建設業界に特化したビーバーズであれば、建設業界ならではの採用のポイントや面接対策を細かくサポートしてくれます。

本記事を参考に、スーパーゼネコンへの転職を成功させましょう。

不動産営業に転職する人が知りたい平均年収や職種の違い、志望動機の書き方を詳しく解説

不動産営業への転職は、高収入を目指す人にとって魅力的な選択肢のひとつです。

なぜなら、不動産営業は努力次第で1,000万円以上稼ぐことも可能ですし、身につけたスキルは自分の生活でも活かすことができるから。

営業スキルを身につければ、他業界に転職したとしても役立つこと間違いなしです。

ただ、不動産営業への転職は事前に対策をしておかなければ採用されるのが難しく、転職後に業務内容が合わずに疲弊してしまい、早期退職を選んでしまうなどのリスクがあります。

この記事では不動産営業への転職を目指す人に向けて、不動産営業の具体的な仕事内容や種類を解説し、平均年収の違いや対策方法を紹介します。

年代ごとに転職時のアピールポイントをまとめているので、自分のアピールポイントを分析したい人は活用してください。

転職を検討している人や、不動産業界に興味がある人、営業としてもっとスキルを磨きたいと思っている人はぜひこの記事を読んで、不動産営業を目指してみましょう。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

不動産営業に転職したい人が知っておくべき基礎知識

まずは不動産営業に関する基礎知識を復習しましょう。
ここで紹介するのは下記の3つです。

  • 不動産営業の仕事内容
  • 不動産営業が取り扱う商品の種類
  • 不動産営業に向いている人・向いていない人の特徴

それぞれ詳しく見ていきましょう。

不動産営業の仕事内容

不動産営業は、不動産物件の売買や賃貸を仲介する仕事です。

大きく分けると以下の4種類があります。

  • 売買・賃貸不動産営業
  • ハウスメーカー営業
  • 土地仕入営業
  • 投資用不動産営業

それぞれの業務内容は以下のとおり。

営業の種類 業務内容
売買・賃貸不動産営業 店舗に来店した顧客の対応

希望に沿った物件の提案・案内

保険手続きのサポートや家賃滞納者への対応など、営業以外の業務も発生する

ハウスメーカー営業 住宅展示場やモデルルームでの顧客対応

チラシやWeb広告を活用した見込み客の集客

商談~契約までの手続きの対応

アフターフォローとして、不具合がある箇所の修理・補修を対応

土地仕入営業 仕入れる土地を見つけるための情報収集

土地の持ち主との条件交渉

売却が決まった土地の販売活動

投資用不動産営業 電話やメール営業による営業活動

モデルルームの顧客対応

アポ獲得後、商談から契約までの手続き対応

投資を最大化するための提案

このように、不動産営業といっても種類が異なれば業務内容が異なります。

自分がイメージする不動産営業はどれか、どんな業務に取り組みたいかを考えたうえで求人を探すのがおすすめです。

不動産営業が取り扱う商品の種類

不動産営業が取り扱う商品の種類は以下のとおり。

  • 住宅
  • 賃貸アパート・マンション
  • 商業用不動産
  • 土地
  • 投資物件

住宅不動産では、家族の住まいを見つけるお手伝いが仕事のやりがいとなり、商業用不動産の営業は事業展開を支援やサポートがやりがいです。

土地や投資物件の売買は一度に多額の資金が動くため、営業で獲得すれば大きなインセンティブの獲得につながります。

売る商品によって、転職する会社が異なるため、まずは業務内容の把握や気になる販売商品について調べましょう。

不動産営業に向いている人・向いていない人の特徴

不動産営業への転職を目指すなら、まずは自分が不動産営業に向いているか向いていないかかを確認しましょう。

不動産営業に向いている人 コミュニケーション能力がある人

企画力・交渉力があり顧客に物怖じせず提案できる人

顧客の理不尽な態度にもスマートに対応できる忍耐力

専門知識やスキルを磨きながら日々成長できる人

不動産営業に向いていない人 人と関わるのが苦手な人

安定志向が強い人

仕事とプライベートを両立したい人

不動産営業は努力次第で高収入を目指せる仕事ですが、ブラックな業界といわれるほど多忙な仕事でもあります。

インセンティブを獲得するためにノルマ達成を目指し、毎日飛び込み営業やテレアポをすることもあり得ますし、長時間残業が発生するかもしれません。

そのため、定期的な目標達成やストレス耐性に苦手意識がある人には向いていないかもしれません。

たとえば人とのコミュニケーションを取るのが苦手で、提案や交渉をうまく進められない人であれば、ノルマ達成が難しく、低い給与しかもらえないでしょう。

自分が不動産営業に向いているかを判断したうえで、企業研究や転職活動を進めることが重要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

【年代別】不動産営業に転職を目指す人が書くべき志望動機

two women sitting on chair

転職を成功させるために重要なのは、志望動機です。

採用担当者の目にとまる志望動機を作成して、条件の良い会社へ転職しましょう。

ここでは年代別に異なる志望動機で書くべきポイントを紹介します。

20代は熱意とやる気をアピールする
30代は経験値や取得したスキルをアピールする
40代は即戦力になる実績をアピールする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

20代は熱意とやる気をアピールする

20代が不動産営業に転職を目指す場合、熱意とやる気をアピールすることが鍵となります。

未経験から不動産営業を目指す人であれば、未経験というデメリットを逆に強みに変えましょう。

勤めていた会社とは違う業界である不動産業界に転職したいと思ったきっかけや情熱、学びたい意欲を強調し、入社後に即戦力になれるよう努力している点をアピールしてみてください。

30代は経験値や取得したスキルをアピールする

30代は過去の経験値や獲得したスキルを武器に、不動産営業の転職を目指しましょう。

なぜなら30代の転職であれば、すでに前職で一定の実績や経験値を得ているはずだから。

他の業界で培ったコミュニケーション能力やプロジェクト管理のスキルなど、これまでのキャリアから不動産業界で活かせる要素を強調するのがおすすめです。

経験を通じて培った臨機応変に対応できる能力や問題解決能力も重要なアピールポイント。

自分の過去の成果を具体的な数字に示し、どう不動産営業に貢献できるかを説明することで、転職を成功させられるでしょう。

40代は即戦力になる実績をアピールする

40代で不動産営業に転職する場合、即戦力としての実績をアピールポイントとしましょう。

40代で転職する場合は、キャリアチェンジよりもキャリアアップを目指す方がおすすめです。

そのため、不動産業界の別の職種で働いていた人か、中小企業の不動産営業として働いていた人が、大手の不動産会社を狙う転職活動を進めるのが良いでしょう。

志望動機で記載すべきポイントは、過去の成功事例やクライアントからの評価、実際の成果を数字で示すこと。

経験豊富な40代であれば、即戦力として活躍できるため、重宝されるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産営業の平均収入はどのくらい?カテゴリ別に紹介

fan of 100 U.S. dollar banknotes

不動産営業への転職で気になるのが、「いくら稼げるか?」という収入面の疑問です。

ここでは不動産営業の平均収入について、下記の2つの項目で紹介します。

  • 業界別の不動産営業の平均年収
  • 不動産営業の種類によって異なる平均年収

それぞれ詳しく見ていきましょう。

業界別の不動産営業の平均年収

不動産営業の平均年収は全業界と比べてどのくらいなのでしょうか。

ここでは不動産業界と他の業界の平均年収の差をまとめました。

業界 平均年収
不動産・建設業界 421万円
IT業界 436万円
小売業界 351万円
サービス業 366万円

引用:[doda]

データを見て分かるように、不動産・建設業界の平均年収は他の業界と比べて中間程度ということが分かります。

「不動産業界は稼げる」というイメージがある人も多いですが、それはインセンティブが発生した場合です。

ノルマが達成できない不動産営業であれば、基本給が低く稼げない業界でもあるということを認識しておくことが重要です。

安定性を重視したい人であれば、求人票にある「基本給」に注目し、インセンティブがなくても安定した給料をもらえる会社を選びましょう。

不動産営業の種類によって異なる平均年収

不動産営業は、営業の種類によって平均年収が異なります。

たとえば、賃貸アパートや満床などの販売を行う不動産営業と、投資用不動産を取り扱う営業では年収が数百万円以上異なることがあります。

営業の種類 平均年収
売買・賃貸不動産営業 300〜400万円
ハウスメーカー営業 400~500万円
土地仕入営業 400〜600万円
投資用不動産営業 400万円〜1,000万円越え

あくまでも上記の表は年収の目安です。

インセンティブを高く設定している会社で、契約数を増やしていけば1,000万円以上を稼ぐことも十分可能。

不動産営業はスキルと交渉力を得ることで、どんどん上を目指せる仕事といえるでしょう。

自分の交渉力や提案力に自信がある人は、インセンティブが多く設定されている会社に転職して、高年収を狙ってみるのもおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産営業に転職したい人が取るべき対策3選

不動産営業への転職を成功させたい人は、以下の3つの対策を取っておくと良いでしょう。

  • 転職に有利になる資格を取得する
  • 不動産営業のきついポイントを理解しておく
  • 転職エージェントに相談する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

転職に有利になる資格を取得する

不動産営業への転職を有利に進めたい人は、業界で認められた資格を取得することがおすすめです。

不動産営業で役立つ資格は以下のとおり。

  • 宅地建物取引士
  • 不動産鑑定士
  • ファイナンシャル・プランナー(FP)
  • マンション管理士
  • インテリアコーディネーター

資格によっては難易度が高く、転職活動開始までに取得が難しいものもあります。

面接の際に取得を目指している資格があれば事前に伝えておくことがおすすめです。

転職先で活躍したいという意思や熱意が伝わり、採用担当者から好印象がもらえるでしょう。

まずは自分の気になる資格を見つけ、勉強を始めてみてください。

不動産営業のきついポイントを理解しておく

不動産営業は高収入を狙える魅力的な仕事ですが、きつい・ブラックだといわれることも多いです。

メリットだけを見て転職すれば、入社後のギャップに苦しみ、早期退職のリスクにつながります。

不動産営業できついといわれているポイントは下記のとおり。

  • ノルマが高くて達成が難しい
  • 飛び込み営業やテレアポを何回も行う必要がある
  • ノルマが達成できなければ給料が低い
  • 長時間残業や休日出勤が多い
  • 契約後も顧客のクレーム対応に応じる必要がある

デメリットを知ったうえでも不動産営業を目指したいか、デメリットを解消するために何ができるかを考えて、転職活動に臨みましょう。

転職エージェントに相談する

不動産営業の転職をスムーズに進めるには、転職エージェントの利用を検討しましょう。

転職エージェントは業界のトレンドや求人票に載っていない非公開求人を把握しており、転職を成功させるためのノウハウが豊富です。

面接のアドバイスや履歴書の作成のサポートなど、より条件の良い会社に転職できるようにさまざまなサポートを受けられる点も魅力のひとつ。

転職エージェントは総合型と特化型の2種類がありますが、複数の転職エージェントに登録して担当者との相性を見極めながら使い分けましょう。

転職エージェントを活用して、効率よく転職活動を進めてみてください。

不動産営業に転職したい人はビーバーズにお任せ

不動産営業への転職をスムーズに進めるには、不動産業界や建設業界など、建物に関わる業界のルールや採用ポイントを把握しておくことが重要です。

時間を無駄にせず、最短で転職を成功させたい人は、特化型の転職エージェントに相談しましょう。

建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」では、建設業や不動産業界に知見のあるプロの手によって、転職をサポートいたします。

書類対策や面接対策はもちろん、自己分析のサポートをしながらその人にあった転職先を提案するので、入社後のギャップを防げるでしょう。

まずは相談だけでもいいので、問い合わせてみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は不動産営業に転職する方法として、転職で必須の志望動機で書くポイントやジャンル別の平均年収、転職を成功させるための対策を紹介しました。

不動産営業は売る商品や会社によって、仕事内容が異なり、必要なスキルや求められる知識も違います。

自分がどの不動産営業に向いているかを理解したうえで転職活動を進められれば、入社後に困ることもないでしょう。

自分と会社の相性を細かく確認しながら転職活動を進めたい人は、転職エージェントに相談するのがおすすめ。

ビーバーズでは、建設業界や不動産業界に詳しいスタッフが丁寧に転職活動をサポートしていきます。

対策をしっかり取りつつ、自分の転職を成功させましょう。

製造業の転職はおすすめ?メリット・デメリットや業種別の平均年収、難易度を解説

製造業は、原材料から製品作り上げるすべての過程に携わる仕事です。

専門的な知識を持った職人が工場で製品の加工をしているイメージが湧くのではないでしょうか。

製造業の転職は未経験から挑戦しやすく、努力次第で昇格や社員登用などスキルアップを目指せる魅力があります。

今回は製造業への転職について、メーカーごとの特徴やメリットやデメリットを解説します。

製造業への転職を検討している人は本記事を参考に、業界に関する知識を身につけてみてください。

この記事の監修者
agent-enomoto
榎本 芽玖キャリアコンサルタント
これまで転職エージェントとして数多くの求職者に携り、即戦力に限らず、建設業界未経験のキャリアサポート実績が顕著。施工管理に限らず、現場事務(書類作成)やCADオペ、職人向けの案件マッチングも得意とする。

製造業とは?業界の種類や特徴を解説

 製造業とは原材料から、加工・組み立てを経て、製品を完成させる仕事を指します。

製造業は作る製品によって働き方が異なるため、メーカーそれぞれの特徴を把握しておくことが重要です。

ここでは以下の3つのメーカーの特徴を紹介します。

  • 機械・金属・鉄鋼メーカー
  • 自動車・自動車部品メーカー
  • 食品メーカー

それぞれ詳しく見ていきましょう。

機械・金属・鉄鋼メーカー

機械・金属・鉄鋼メーカーは、機械類や金属加工製品、鉄鋼製品の製造を行います。

これらの分野は高度な技術と精密な作業が求められるため、高いスキルや技術力が重要です。

大きな機材を取り扱うことも多いため、体力がいる仕事や危険を伴う作業も含まれています。

機械・金属・鉄鋼メーカーで重宝されるスキルは下記のとおり。

  • 特殊機械の取り扱い
  • 溶接
  • 危険物取扱者

大型の機械を動かすことが好きな人、体を動かす仕事がしたい人は機械・金属・鉄鋼メーカーが向いているでしょう。

自動車・自動車部品メーカー

自動車・自動車部品メーカーは、自動車本体や部品の生産を行う製造業の一種。

自動車メーカーは、エンジンやトランスミッション、電子システムなど、自動車の各部位を製造するため、工程が細かく多岐に渡ります。

他のメーカーと比べ納期が厳しい傾向があり、働く時間が不規則になる可能性もあります。

しかし、自動車・自動車部品メーカーの多くは大規模な工場を保有しているため、充実した福利厚生を受けられるでしょう。

食品メーカー

食品メーカーに求められるのは、徹底した品質と安全性の確保です。

他のメーカーと比べ衛生管理や規制が厳しく、服装や職場に持ち込む荷物などの規定が細かく定められているという特徴があります。

食品メーカーの中でも生産する食品は下記のように多種多様です。

  • 加工食品
  • 飲料
  • 菓子類
  • 冷凍食品

自分の仕事で携わった製品がスーパーで売られている様子を見ることができる点は、食品メーカーならではの魅力といえるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

製造業へ転職するメリット3選

製造業への転職は以下の3つのメリットがあります。

  • 残業が少なくワークライフバランスが取れる
  • 資格取得で年収が上がる・昇格できる
  • 昇格や社員登用の機会が豊富

それぞれ詳しく見ていきましょう。

残業が少なくワークライフバランスが取れる

製造業界で働くメリットは、残業が少ない点です。

なぜなら工場はすべての工程をスケジュールどおりに動かす必要があるため、一部のラインだけ残業することが難しく、残業が発生しにくい特徴があるから。

基本的には定時で帰ることが可能なので、仕事終わりのプライベートの時間を充実させられるでしょう。

ただ製品によっては繁忙期や閑散期があるため、時期によっては残業が多くなる可能性もあります。

残業をできるだけしたくない人は、事前に会社情報や残業時間の実績を把握しておくことが重要です。

資格取得で年収が上がる・昇格できる

製造業の魅力は、資格取得やスキルの向上によって年収アップや昇進の機会が豊富に用意されている点。

たとえば機械・金属・鉄鋼メーカーで倉庫内作業などの軽作業として働いていた人が、機械組立工のスキルを身につけると、年収は下記のように変化します。

倉庫内作業 384万円
機械組立工 455万円

引用:[求人ボックス]

特定の機械に関する専門知識を持つことで、年収が50万円ほど上がるということ。

年収アップ以外にも、契約社員やアルバイトで働く人は、スキルを獲得することで正社員に登用されるチャンスもあります。

製造業で活躍したい人は、自分が働く業務に活かせるスキルや資格を取得しましょう。

昇格や社員登用の機会が豊富

製造業は、昇格や社員登用の機会が豊富です。

たとえば、契約社員で入社した人が実力を認められて正社員に登用されるケースや、一般社員が管理職への昇格するなど、スキルや実力を獲得することでステップアップが可能ということ。

自己成長を重視し、リーダーシップを発揮したい方にとって、製造業界はキャリア成長の場として向いているかもしれません。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

製造業へ転職するデメリット3選

製造業はメリットがある一方で、以下のデメリットがあります。

人によっては製造業の働き方が向いていないこともあるため、事前に確認しておきましょう。

  • 体力が求められる作業がある
  • 勤務形態によっては不規則な生活になる
  • 単純作業が多くルーティンワークが決まっている

それぞれ詳しく解説します。

体力が求められる作業がある

製造業は、体力が必要な業務もあります。

重い荷物の運搬や長時間の立ち仕事、機械などの肉体的な業務は、体力がない人にとって「きつい」と感じてしまうかもしれません。

特に溶接や金属断熱などの過程では、機械の取り扱いに注意しなければ重大な事故につながるリスクもあります。

体力に自信のない人は、工場勤務で働く職場を選びましょう。

勤務形態によっては不規則な生活になる

製造業は、工場によって働く時間が決められており、早番と遅番の2つに分けている場合や、24時間を3つに分けて稼働している場合などさまざま。

シフト制や夜勤、週末勤務など、一般的な会社員の働く時間とは異なるため、家庭や社会生活との調整が難しくなることも。

一方で、シフト調整がうまくいけば日中に自由に過ごすことができ、銀行や役所の手続きを進められるというメリットもあります。

工場勤務の転職を検討する場合、目指す会社がどんな勤務時間で回っているかを把握しておくことも大切です。

単純作業が多くルーティンワークが決まっている

製造業の業務は、単純な作業やルーティンワークが決まっているものがほとんど。

ラインに流れてくる製品に、決められた部品を設置して、次の工程に進めることが主な仕事です。

1日中同じ工程を繰り返すことが多いため、集中力の高さや規則通りに作業を進める細やかさが求められます。

営業や企画のように、新しいものを作り出したり開拓していく業務はないため、ひとつのことに集中して取り組むことが苦手な人は工場勤務が向いていないかもしれません。

製造業の平均年収とは?業種別に紹介

ここからは製造業の平均年収を比較していきます。

今回比較するのは下記の5つの業種です。

  • 食品製造
  • 機械組立工
  • 生産管理
  • 金属加工
  • 品質管理

正社員の年収、派遣社員・アルバイトの時給は以下のとおりです。

業種 正社員の年収 派遣社員の時給 アルバイトの時給
食品製造 395万円 1,173円 985円
機械組立工 455万円 1,297円 1,100円
生産管理 418万円 1,479円 975円
金属加工 346万円 1,370円 1,197円
品質管理 459万円 1,492円 1,019円

引用:[求人ボックス]

データを見ると、品質管理の正社員年収が1番高く、金属加工が1番低いことがわかります。

品質管理の仕事は、完成した製品や開発後のサービスを検査して、品質をチェックする仕事です。

製品のチェックだけでなく、製造過程のスケジュール、コスト管理を行うこともあるため、高いマネジメント能力が求められます。

求められるスキルが高い分、年収が高いと考えられます。

業種ごとの平均年収は転職サイトや情報サイトなどで確認できるため、どの業種の平均年収が高いかを把握しておくと良いでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

製造業の転職に関するよくある質問

ここでは製造業の転職に関するよくある質問に回答します。

  • 未経験でも製造業への転職はできる?
  • 女性でも製造業への転職はできる?
  • 製造業の転職で有利になる資格は?
  • 異業種から製造業への転職はできる?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

未経験でも製造業への転職はできる?

未経験でも製造業へ転職できます。

なぜなら製造業界の企業の多くは、新しい従業員に対して研修制度やマニュアルを提供し、必要なスキルや知識を習得できるようサポートしているからです。

すぐに仕事に慣れることができれば、空いた時間でスキルを磨くことも可能。

未経験から工場勤務を目指す人は、マニュアル通りに作業をこなせるようになることから始め、徐々にスキルを磨き昇格や社員登用を目指しましょう。

女性でも製造業への転職はできる?

女性でも製造業への転職は可能です。

近年は、多くの工場が多様性と男女平等を重視しており、女性の更衣室やトイレの設置を増やしています。

製造業は性別に関係なく、能力や意欲が評価される職種が多いため、女性も成功する可能性が高いです。

たとえば細かい検査や選別作業などは、女性の手先の器用さがメリットになるかもしれません。

会社によって女性の働きやすい職場作りに力を入れているか異なるため、転職活動中に会社の制度を確認して、自分の気に入った会社を探してみてください。

製造業の転職で有利になる資格は?

製造業で有利になる資格は、職種や業界によって異なりますが、一般的に以下の資格が役立つでしょう。

  • 管工事施工管理技士
  • 生産技術者マネジメント検定
  • 衛生管理者
  • 情報処理技術者
  • 溶接技能者
  • フォークリフト運転技能者
  • 危険物取扱者

たとえば、衛生管理者の資格があれば食品メーカーで重宝されますし、危険物取扱者の資格があれば化学メーカーや機械メーカーなどで重宝されます。

紹介した資格の中には、数日研修を受けるだけで資格を取得できるものや数年以上の実務経験が必要なものなどさまざま。

まずはすぐに取得できる資格から勉強を始めてみるのはいかがでしょうか。

異業種から製造業への転職はできる?

異業種から製造業への転職は、可能です。

転職を有利に進めるには、異業種で働いて得たスキルが製造業でどう活用できるかをアピールすることが重要です。

たとえば、前職で建設会社の施工管理として働いていたのであれば、高いマネジメント力や予算・コスト管理能力、リーダーシップがあることをアピールできるでしょう。

施工管理で身につけたスキルは、生産管理や品質管理として働く際に役立ちます。

他にもIT系で働いていた経験があれば、エンジニアリング業務で即戦力になるでしょう。

自分のスキルの棚卸しを行い、自分のスキルが活かせる場所を探してみてください。

製造業の転職を相談したい人はビーバーズにお任せ

製造業の転職を成功させたい人は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントを使った転職活動は下記のメリットがあります。

  • 自分で見つけられなかった求人を見つけられる
  • 自己分析や企業研究のアドバイスをもらえる
  • 転職活動に関する悩みを相談できる

何人もの転職希望者の転職をサポートしてきたアドバイザーの力を借りれば、転職に関する不安をいつでも解決しながら対策できるでしょう。

工場勤務に転職したい人で、転職エージェントを探しているなら「ビーバーズ」がおすすめです。

特化型の転職エージェントとして工場勤務はもちろん、技術者が働ける求人を多数保有しています。

まずは登録して、気になる求人を探してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は製造業の転職について、製造業のメーカーごとの特徴や仕事のメリット・デメリット、転職時によく聞かれる質問を解説しました。

製造業の中でも、どの製品に関わる仕事をするか、どの工程に携わるかで目指す業界や必要なスキルが異なります。

自分がどの仕事に合っているかを転職前の自己分析で理解しておく必要があるでしょう。

転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、その人にあった仕事先を提案いたします。

まずは登録して、転職に関する悩みや疑問を打ち明けてみてください。

工場への転職を成功に導くおすすめエージェント5選|注意点や選び方、転職を成功させるコツを解説

工場勤務とは、ライン作業や仕分け、検査やピッキング、設備管理など工場で製品を製造する過程に関わる仕事です。

工程によって携わる業務が異なり、工場勤務への転職を目指す人は、まずどの職種や業務をしたいかを考える必要があるでしょう。

やりたい仕事や業務が決まれば、次は求人票から自分に合った会社を見つけなければいけません。

自分で探すことも大切ですが、効率よく転職活動を進めたい人は、転職エージェントを利用してみるのがおすすめです。

今回は、工場勤務の転職を目指す人に向けておすすめの転職エージェントを5つまとめました。

記事には転職エージェントの選び方のポイントや、利用時の注意点、工場勤務に関するよくある質問も解説しています。

記事を参考に、転職エージェントを比較してみてください。

この記事の監修者
agent-enomoto
榎本 芽玖キャリアコンサルタント
これまで転職エージェントとして数多くの求職者に携り、即戦力に限らず、建設業界未経験のキャリアサポート実績が顕著。施工管理に限らず、現場事務(書類作成)やCADオペ、職人向けの案件マッチングも得意とする。

転職エージェントを選ぶコツ3選

おすすめの転職エージェントを紹介する前に、転職エージェントの選び方を紹介します。

転職エージェントを有効活用するには、下記の3つのポイントを対策してみてください。

  • 総合型と特化型の転職エージェントを選ぶ
  • 転職したい職種に詳しいアドバイザーがいるか確認する
  • サービス内容が充実しているか確認する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

総合型と特化型の転職エージェントを選ぶ

転職エージェントを選ぶ際に1番大切なポイントは、総合型と特化型のエージェントのどちらにも登録することです。

総合型エージェントはさまざまな業種や職種に対応しており、公開求人数の多さや大手企業の求人をたくさん保有している点が魅力です。

一方で特化型エージェントは、特定の職種や業界に特化しており、その分野に詳しいアドバイザーが在籍している点が強みのひとつ。

総合型と特化型の転職エージェントはそれぞれサポート内容や求人数、担当者の知識量が異なるため、両方に登録してそれぞれのメリットを使いこなすことがおすすめです。

転職したい職種に詳しいアドバイザーがいるか確認する

転職エージェントを選ぶ中で重要なのは、アドバイザーの持つ専門知識の深さです。

工場勤務への転職を検討しているのに、アパレル業界に詳しいアドバイザーが担当になれば、本当に自分に合った求人を紹介してくれているか心配になりませんか?

自分の転職したい業界に関する専門的な知識を持つアドバイザーは、求人情報の選別の正確性が高いだけでなく、業界に関する情報や転職のコツなど、幅広い知識を提供してくれます。

書類添削や面接対策でも、業界の特徴やクセを理解したアドバイザーのサポートがあった方が、採用率が上がる可能性もあるかもしれません。

転職エージェントの公式サイトには、アドバイザーの紹介文が載っていることが多いため、転職したい職種や業界に精通しているアドバイザーが在籍しているかどうかを確認しましょう。

サービス内容が充実しているか確認する

最後に、転職エージェントが提供するサービス内容を確認しましょう。

サービスが充実しているエージェントは、履歴書の添削や面接練習、転職支援セミナーなど複数のサポートやコンテンツが用意されています。

たとえば総合型の転職エージェントでは、自己分析のチェック表や企業研究で使えるノウハウ、履歴書のテンプレートなど、自分で転職活動に意欲的に取り組めるようなコンテンツが充実しています。

一方で特化型のエージェントはアドバイザーの専門知識の高さから、相談に適しているといえるでしょう。

両者の良いところを利用しつつ、転職活動に活かすことが大切です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

工場勤務に転職したい人が選ぶべきおすすめ転職エージェント5選

ここからは工場勤務に転職したい人が登録すべきおすすめの転職エージェントを5つ紹介します。

  1. ビーバーズ
  2. 工場ワークス
  3. クラッチ求人
  4. リクルートエージェント
  5. doda

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ビーバーズ

建設業界の総合人材エージェント|ビーバーズ

ビーバーズは建設業界に特化した転職エージェントです。

設計管理や生産管理など、専門的な知識を工場勤務で活かしたい人は、ビーバーズのサポートを受けながら転職活動を進めるのがおすすめです。

なぜならビーバーズは建設業界や製造業界に関する知識が豊富で、各アドバイザーの持つ情報量に期待できるから。

専門的な知識があるアドバイザーであれば、業界ならではの悩みを相談しやすいでしょう。

工場勤務に関する求人も多数保有しています。

転職に関する悩みを相談したり、書類添削や面接対策などのサポートを受けたりしながら、自分に合った会社を見つけてみてください。

サービス名 ビーバーズ
公開求人数 非公開
対応地域 全国
運営会社 株式会社ビーバーズ
公式サイト https://beavers.co.jp/

引用:[ビーバーズ]

工場ワークス

工場ワークスは、株式会社インターワークスが運営する工場・製造業の仕事に特化した転職エージェントです。

転職サイトと転職エージェントのどちらも利用できるため、アドバイザーから紹介された求人だけでなく、自分で求人を比較検討することができます。

工場勤務の求人を探すカテゴリも豊富で、寮完備・軽作業など条件を絞って求人を探したい人にも向いています。

エージェントサービスを利用すれば、転職サイトだけでは分からない情報を聞ける機会ができるため、自分の転職活動の幅が広がるでしょう。

サービス名 工場ワークス
公開求人数 18,814件
対応地域 全国
運営会社 株式会社インターワークス
公式サイト https://04510.jp/areas/

引用:[工場ワークス]

クラッチ求人

クラッチ求人は、整備士・メカニックなど自動車業界の求人に特化した転職サイトです。

転職サイトですが、スカウト機能が充実しており、サイトに会員登録しておけば企業からスカウトされる可能性があります。

一度サイトに入力した職務経歴書などの情報は別の求人に応募する際も活用できるため、何度も書類を作成する手間がかかりません。

工場勤務は業種によって選択肢が幅広く用意されているため、整備士やメカニック、塗装業など目指す業種を絞りたい人に向いているサービスです。

サービス名 クラッチ求人
公開求人数 9,399件
対応地域 全国
運営会社 株式会社サクラボ
公式サイト https://job.clutch-s.jp/

引用:[クラッチ求人]

リクルートエージェント

リクルートエージェントは株式会社リクルートが運営する総合型転職エージェントです。

最大の特徴は求人数の多さ、公開求人は448,684件、非公開求人は327,150件保有しており、さまざまな業種や職種に対応しています。

総合型の大手転職エージェントとして、豊富なサポートが魅力のひとつ。

転職成功ガイドや自己PR文のテンプレートなど、無料で利用できるコンテンツが豊富にsそろっています。

サービス名 リクルートエージェント
公開求人数 448,684件
対応地域 全国
運営会社 株式会社リクルート
公式サイト https://www.r-agent.com/

引用:[リクルートエージェント]

doda

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する総合型転職エージェントです。

転職サイトと転職エージェントのどちらも利用できるため、自分のペースで転職活動を進めたい人におすすめ。

公開求人数は215,738件もあり、技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場)の転職・求人情報は38,980件ありました。(2023年9月28日時点)

豊富な求人から自分に合った企業を見つけてみてください。

サービス名 doda
公開求人数 215,738件
対応地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公式サイト
https://doda.jp/

引用:[doda]

転職エージェントを効果的に活用するための3つの注意点

転職エージェントに登録した後は、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • 自分の経歴は正直に答える
  • 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  • 担当者との相性が悪いと感じたらすぐに交換する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自分の経歴は正直に答える

転職エージェントを効果的に活用するには、自分の経歴や情報に正直に答えましょう。

エージェントの担当者はあなたのスキルや経験を評価し、最適な求人情報を提供する必要があります。

過去の職歴やスキルに虚偽があれば、求人へのミスマッチが起こってしまうかもしれません。

正直な情報を伝えることで、自分の能力や経歴に見合った就職先を紹介してもらえるでしょう。

複数の転職エージェントを利用していることを伝える

複数の転職エージェントを利用している場合は、別のエージェントも使っている旨を担当者に伝えましょう。

複数のエージェントを利用することで、さまざまな求人情報やアドバイスを受ける機会が増えるため、利用すること自体は問題ありません。

他のエージェント利用を伝えておくことで、別のエージェントから応募した企業の内定を受ける場合の連絡がスムーズになりますし、求人票の比較時の情報として役立つこともあります。

複数の転職エージェントを活用して、自分の転職活動を成功させましょう。

担当者との相性が悪いと感じたらすぐに交換する

転職エージェントを利用する中で、担当者との相性は転職成功の鍵を握ります。

なぜならエージェントとの相性が合わず連絡が疎遠になった場合、受け取れるアドバイスやサポートの効果も減り、転職の機会を失ってしまうかもしれないから。

「合わないな」と感じたら、ためらわずに担当者を交換することを検討しましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

工場勤務に転職を目指す人のよくある質問

ここでは、工場勤務に転職を目指す人のよくある質問をまとめました。

  • 工場勤務の働き方の魅力は?
  • 未経験でも工場勤務に転職できる?
  • 工場勤務で正社員になるにはどうすればいい?

それぞれ詳しく回答します。

工場勤務の働き方の魅力は?

工場での働き方の魅力は安定した収入を得られる点や、ワークライフバランスが充実していることです。

工場勤務はマニュアルに沿って淡々と作業を進めていくため、細かな作業を集中して取り組める人に向いているでしょう。

工場は基本的に稼働時間が決められているため、長時間残業や休日出勤を強いられることもありません。

規模の大きな工場であれば、福利厚生が充実しており、休暇制度や社員食堂、教育制度などが整った環境で働けるでしょう。

未経験でも工場勤務に転職できる?

結論、未経験でも工場勤務に転職できます。

なぜなら工場勤務では、中途社員や契約社員、アルバイトがすぐに仕事に取り組めるように、マニュアルの用意や研修制度がそろっているから。

技術やスキルを持っていない場合でも、積極的に学び、成長できる環境が整っています。

ただ、会社によっては研修制度が整っていない場合もあるため、転職エージェントや求人情報を活用して、未経験から転職しやすい会社を探しましょう。

工場勤務で正社員になるにはどうすればいい?

正社員の工場勤務を目指す人は、転職エージェントに相談して、必要な手順を確認しましょう。

目標としている会社があって、正社員登用が難しい場合は、派遣や契約社員から働き始めてみるのもおすすめ。

工場勤務の場合、働く中である程度の成果を達成する、会社に貢献できるスキルを身につけるなど、会社に認められれば、正社員に昇格することも可能です。

その人のスキルや条件によって、取るべき方法が異なるため、まずは転職エージェントに相談してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は工場勤務に転職する人が活用すべき転職エージェント5選と、自分に合った転職エージェントを選ぶポイント、利用時の注意点を紹介しました。

転職エージェントはヒアリングを通して求職者にあった会社を数ある求人の中から転職エージェントが厳選して紹介してくれるサービスです。

転職を成功させるための書類添削や面接対策など、細やかなサポートを受けられるため、転職活動をより効率的に進めることが可能です。

工場勤務に転職を検討している人は、自分がどんな工場でどんな職種として働きたいかをあらかじめ分析しておく必要があるでしょう。

転職エージェントに悩みを相談しつつ、自分に合った職種や企業を探してみてください。

ビーバーズでは工場勤務の求人を多数保有しており、専門の知識のあるスタッフが丁寧にサポートいたします。

まずは特化型の転職エージェントのひとつとして登録して、気になる求人を検討してみてください。

不動産営業がきつい理由や避けるべき業務とは?転職で使える会社選びのポイントを解説

不動産営業は、努力次第で年収を上げられる魅力がある一方で、ノルマの達成が厳しく働き方がきついというネガティブな側面も持っています。

転職や就職で不動産営業を目指す人は、不動産営業のメリットだけでなくデメリットを知ったうえで対策をしておく必要があるでしょう。

今回は不動産営業がきついといわれる理由や避けるべき仕事内容、転職や就職で不動産営業を目指す人が注意すべき会社の選び方を紹介します。

不動産営業はきつい仕事といわれますが、自分の性格との相性や会社選びを慎重に行うことで自分の可能性を広げることも可能です。

不動産営業で働く自分を想像しながら、本記事で紹介する内容を考えてみてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

不動産営業はきつい?しんどいポイント5選

不動産営業はきついといわれることの多い仕事です。

なぜなら以下の5つのきついポイントがあるから。

  • 営業ノルマの達成がきつい
  • 基本給が低くて生活が厳しい
  • 長時間労働や休日出勤が多い
  • 飛び込み営業やテレアポが精神的にきつい
  • 常に成長が求められてきつい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

営業ノルマの達成がきつい

不動産営業は、常に営業ノルマの達成が求められます。

営業ノルマのパターンは主に以下の2種類。

  • 契約本数をノルマにする
  • 稼いだ額をノルマにする

稼いだ額のノルマは、仲介手数料の金額を基準にされていることがほとんどです。

仲介手数料とは、住宅の売買や賃貸住宅を借りる際に、不動産会社が売主と買主の仲介に入って意見の調整や契約事務などを行う場合の手数料のこと。

宅地建物取引業法により以下のように仲介手数料の上限が定められています。

仲介手数料:(売買価格の3%+6万円)+消費税

たとえば不動産販売営業で月に200万円の営業ノルマを与えられた場合、売らなければいけない物件の値段は以下のとおり。

物件価格 仲介手数料(税抜) 消費税(10%)
1,000万円 36万円 3.6万円
2,000万円 66万円 6.6万円
3,000万円 96万円 9.6万円
4,000万円 126万円 12.6万円
5,000万円 156万円 15..6万円

ノルマ200万円を達成するには、4,000万円の物件を2件契約する必要があります。

2,000万円の物件の契約であれば4件以上必要なため、ノルマの達成を効率よく行うには高い物件の契約を進める必要があるということ。

不動産は一度の契約で1,000万円以上の金額が動くことから、契約まで進めることが難しい商品です。

そのため、高い交渉力や提案力がなければノルマ達成ができず、きついと感じてしまうかもしれません。

基本給が低くて生活が厳しい

不動産営業は年収が高いというイメージがありますが、基本給は低いという特徴があります。

なぜなら不動産業界ではインセンティブやボーナスなどの成果報酬で年収を上げることが一般的だからです。

実際にインセンティブによって年収が上がっている事例は求人票にもよくみられます。

【年収例】
550万円/入社1年目/営業スタッフ(月給23万円+インセンティブ)
700万円/入社3年目/営業スタッフ(月給30万円+インセンティブ)
引用:[リクナビNEXT]

ただ、ノルマが達成できなければインセンティブが発生せず、低い基本給しかもらえないという可能性もあります。

生活を安定させたい人は、インセンティブの高さだけで会社を選ぶのではなく、基本給の金額も確認しておきましょう。

長時間労働や休日出勤が多い

不動産営業は顧客の都合によってスケジュールが左右することが多く、時期によっては長時間労働や休日出勤が頻繁に発生することがあります。

たとえば予約をしていた顧客からの日程変更の依頼で休日出勤をする必要があったり、面会の予定がなくなって仕事に空きが出てしまったり、不規則な業務スケジュールをこなす必要があるかもしれません。

仕事とプライベートのバランスを取ることが難しい点から、きついといわれることが多いようです。

飛び込み営業やテレアポが精神的にきつい

不動産営業では、新しい顧客を獲得するために飛び込み営業やテレアポが必要な場合があります。

しかし、信頼関係の築けていない状況での営業は拒絶されることも多いため、精神的にきつくて退職してしまう人もいます。

会社によっては飛び込み営業やテレアポがないところもあるため、精神的ダメージを受けたくない人は会社選びを慎重に行いましょう。

常に成長が求められてきつい

不動産市場は競争が激しく、常に新しいトレンドや規制の変化に追従する必要があります。

不動産に関する税率や制度は常に変化しています。

そのため不動産営業として活躍するには、常に学び成長することが求められ、資格取得の勉強が苦手な人はきついと感じてしまうかもしれません。

不動産営業で特にきつい業務3選

不動産営業できつい働き方を避けたい人は、下記の3つの営業業務は避けるようにしましょう。

  • 投資用マンションの販売営業
  • 土地仕入営業
  • 投資用マンションの仲介営業

ここではそれぞれの業務のきついポイントを紹介します。

投資用マンションの販売営業

投資用マンションの販売営業は、不動産営業の中でも特にきつい業務のひとつです。

なぜなら、投資用マンションの販売営業は基本的にテレアポがほとんどで1日に500〜600件ほど電話をする必要があるから。

顧客を見つけたとしても、投資用マンション売買は高額の取引となるため契約まで進めるのが難しく、ノルマに悩まされる人が多いです。

投資家向けに物件の収益性や将来の見込みを的確に伝える必要があり、投資や不動産などの最新の知識や動向を把握して顧客を説得する力が求められます。

土地仕入営業

土地仕入営業とは、不動産の土地購入に関する仕事です。

将来的に価値の出そうな土地を見つけ、オーナーとの交渉を行い、適切な価格で取引を進めることが主な業務内容。

土地仕入営業のきついポイントは業界内でも競争の激しい仕事であるという点です。

また不動産の知識だけでなく、税金や社会制度に関する知識が必要なため、常に勉強し続けなければいけません。

業務が多忙になっても契約が取れない板挟みになり、退職する人が多い業務のひとつです。

投資用マンションの仲介営業

投資用マンションの仲介営業は、購入希望者と物件オーナーを結びつける役割を果たすため、市場の動向や物件の特性を正確に把握し、顧客に合った情報を提供する必要があります。

マンション購入は一度の取引金額が大きいため、なかなか契約に結びつけるのが難しく、成約に至るまでの時間やエネルギーがかかるでしょう。

ノルマ達成のためにはテレアポや飛び込み営業をしなければいけないこともあるため、精神的な強さが求められます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産営業がきついのは低い給与?離職率や平均年収から比較

money, finance, business

不動産営業がきつい理由に「低い基本給」や「長時間労働や休日出勤」が挙げられていました。

ここでは以下の2点から不動産営業のきつさについて解説します。

  • 不動産営業の平均年収
  • 不動産業界の離職率

それぞれ詳しく見ていきましょう。

不動産営業の平均年収

不動産営業の平均年収は以下のとおりです。

年代 平均年収 最低年収 最高年収
20代前半 350万円 150万円 600万円
20代後半 421万円 240万円 1,000万円
30代 446万円 200万円 1,200万円
40代以上 471万円 200万円 1,076万円

引用:[転職会議]

表を見て分かるように、不動産営業の平均年収は350〜470万円とそれほど高くありません。

さらに、最低年収を見るとどの年代も200万円程度で、手取りで計算すると13〜16万円程度です。

不動産営業の中でも年収1,000万円を超える人は一部であることが分かります。

生活できないほどの手取りの低さに悩まされ、転職や退職を検討している人がいるのが実情です。

不動産業界の離職率

不動産業界の離職率は他の業界と比べて高い傾向です。

2020〜2022年の不動産業界の入職率と離職率のデータは以下のとおり。

年度 入職率 離職率
2020 59.2 19.0
2021 87.2 90.7
2022 146.4 109.7

引用:[令和4年 雇用動向調査結果の概要]

特に2021年は入職率よりも離職率の方が高くなっています。

離職率の高さの原因としては、厳しい競争やプレッシャー、長時間労働が挙げられます。

また、不動産業界は実力社会ということもあり、他の業界と比べて研修制度やOJTなどの教育制度が整っていないことが多いです。

自分で成功するための方法を探して切磋琢磨する必要があるため、競争に敗れて退職や転職を検討する人が増え、高い離職率になっていると考えられるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

今から不動産営業を目指す人が会社選びでチェックすべき3つの項目

ここまで不動産営業のきついポイントを紹介してきましたが、会社選びや販売する商品を分析して対策しておけばきつくない働き方ができるかもしれません。

ここでは今から不動産営業を目指す人が会社選びのポイントを3つ紹介します。

  • 研修制度や資格取得支援が整っているか
  • 基本給やインセンティブはどのくらいか
  • 月の残業時間の実績はどのくらいか

それぞれ詳しく見ていきましょう。

研修制度や資格取得支援が整っているか

不動産営業へ転職を目指す人は、研修制度や資格取得支援が整っている会社を探しましょう。

なぜなら不動産業界は実力主義の気風が強く、教育制度の期間が短かったり、すぐに現場に出されてしまうことが多いため。

不動産業界で生き残るには、先輩の交渉力や企画力から学び、自分のスキルにしていくことが重要です。

さらに資格取得支援制度を活用すれば、資格手当などで基本給を上げられる可能性もあります。

特に未経験から不動産営業を目指す人であれば、会社の教育制度や未経験が歓迎されているかどうかなど、学べる環境が用意されているかを確認しておきましょう。

基本給やインセンティブはどのくらいか

不動産営業として活躍するには一定の期間が必要です。ノルマの達成ができない時期でも仕事を続けるためには、基本給が多い会社を選びましょう。

基本給やインセンティブの水準は会社によって異なります。

インセンティブが大きな会社であれば、努力次第で年収を上げ続けることが可能ですが、その一方で基本給が低く設定されている場合があります。

月の生活費やノルマを達成できなかった際のリスク対策を考え、自分の無理のない範囲で会社を選ぶことが重要です。

月の残業時間の実績はどのくらいか

不動産営業は忙しい職種であり、長時間労働や休日出勤が求められることが多いといえるでしょう。

しかし会社によっては働き方改革を推進し、ワークライフバランスの整った働き方を推奨している会社もあります。

会社選びで確認すべき項目は、月の残業時間の実績です。

月の残業時間の実績は就職四季報などの情報誌で確認できますし、転職エージェントに確認してもらうことも可能です。

所定の残業時間をどのくらい超えているのか、超えた場合の残業手当は支給されているかなど、残業に関する情報を出来るだけ細かく把握しておきましょう。

残業のない会社で働くことができれば、精神的に苦しむことなく仕事を続けられるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は不動産営業はきついといわれる理由やその中でも特にきつい業務、転職や就職で不動産営業を目指す際の会社選びのポイントを紹介しました。

不動産営業はノルマの達成が厳しく、テレアポや飛び込み営業など精神的に負担になりがちな業務が多いといわれています。

実際に離職率が高くノルマが達成できない人は低収入で悩んでいる人も多いです。

ただ、不動産営業には働く会社や販売する商品に違いがあるため、事前に自分に合った会社や働き方を選ぶことも可能です。

転職で不動産営業を選ぶ際は、転職エージェントのサポートを受けながら、自分の働きやすい職場を見つけましょう。

建設業界に特化したビーバーズは、不動産営業に関する求人も多数取り扱っています。

不動産業界・建設業界特有の採用の特徴や質問内容を対策しながら、転職を成功させましょう。

未経験から工場勤務の転職を目指す方法を解説|働き方のメリットや仕事探しのコツ、平均年収まで詳しく紹介

「定時で帰りたい」「ひとつの業務に没頭したい」そんな仕事を求める人におすすめなのは、工場勤務です。

工場勤務は安定した福利厚生やマニュアルが完備された環境、未経験でも挑戦しやすい仕事内容というメリットがあります。

ただ、未経験から工場勤務を目指す場合は、業界の把握や企業研究が必須です。

今回は工場勤務の仕事内容や1日のスケジュール、平均年収やメリット、よくある質問を解説します。

工場勤務という働き方に興味がある人、定時で帰る働き方を探している人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-enomoto
榎本 芽玖キャリアコンサルタント
これまで転職エージェントとして数多くの求職者に携り、即戦力に限らず、建設業界未経験のキャリアサポート実績が顕著。施工管理に限らず、現場事務(書類作成)やCADオペ、職人向けの案件マッチングも得意とする。

工場勤務とは?仕事概要や1日のスケジュールを紹介

工場勤務とは、その名のとおり「工場で勤務する」仕事のこと。

工場によって製造するものが異なるため食品や医療などさまざまな業界があります。

ここでは基本的な工場勤務の仕事の内容や1日のスケジュールを解説します。

基本的な情報を把握する際のきっかけとして参考にしてください。

工場勤務の仕事内容やポイント

工場勤務は製造業の中でも製品の生産や加工、組立などを行う仕事です。

工場で製品の生産から完成までには複数の工程があるため、工場勤務の仕事内容は多岐に渡ります。

  • 製造
  • 加工・組み立て
  • 接合・塗装
  • 検品・検査
  • 試験・評価
  • ピッキング
  • 機械操作
  • 運搬(フォークリフト運転士)
  • 設計・開発補助
  • 設備保守・保全
  • 溶接・旋盤
  • 清掃・洗浄
  • 研究

たとえば検品や検査業務であれば、不良品や異物混入がないかを見つける必要があるため、細かな作業が求められますし、加工・組み立て業務は体力が必要な作業があるかもしれません。

どの工程を担当するかによって、業務内容は異なるため、それぞれの業務内容を把握しておくことが重要です。

工場勤務の1日のスケジュール

工場勤務者の1日のスケジュールは、シフト制や定時制など会社によって異なります。

基本的に朝から夕方までの勤務が一般的で、一部の工場では夜勤も行われます。

ここでは食品工場での勤務スケジュールと自動車工場の勤務スケジュールの例をまとめました。

【食品工場での勤務スケジュール】

時間(昼勤務) 時間(夜勤務) 業務内容
8:10 16:40 出勤
8:15 16:45 ユニフォームに着替え、業務開始前の準備を行う
8:30 17:00 業務開始

手洗いとアルコール消毒を行う

ミーティングで1日の作業内容を確認する

持ち場に移って業務開始

12:00 21:00 休憩

昼勤務の人は昼休憩は食堂で昼食を取る

昼休憩以外の休憩時間は午前(9~10時)と午後(14~15時)に15分ずつある

13:00 21:45 業務再開
17:10 1:40 業務終了

昼勤務は夜勤務に業務の引き継ぎを行う

17:20 1:45 帰宅

引用:[日清食品株式会社]

【自動車工場の勤務スケジュール】

時間(早番) 時間(遅番) 業務内容
6:00 15:40 出勤
6:30 16:40 ウォーミングアップの体操を行う
8:40 16:45 業務開始

指示書に目を通す

各自持ち場に移動してプレスや塗装、溶接や車体組立、エンジン・トランスミッション検査など、それぞれの業務を行う

10:30 20:45 食事休憩

昼勤務の人は昼休憩は従業員食堂で昼食

昼休憩以外の休憩時間は前半と後半に10分休憩が2回ずつ

11:15 21:30 業務再開
16:45 2:30 業務終了

本日の業務連絡を行い、帰宅

引用:[SUBARU]

スケジュールを見て分かるように、工場勤務の仕事はスケジュールどおり黙々と進めていく印象です。

休憩を複数回導入していることで、リフレッシュしながら作業を進められるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

工場勤務に転職するメリット3選

工場勤務への転職は、下記のメリットがあります。

転職のきっかけとして、「休みが取れない」「業務が多すぎる」などの悩みがある人は工場勤務に向いているかもしれません。

  • マニュアルに沿って仕事ができる
  • 集中して一つの作業を進められる
  • 努力次第でスキルアップできる

それぞれ詳しく解説します。

マニュアルに沿って仕事ができる

工場勤務のメリットは、具体的な作業手順やポイントが明確にマニュアル化されている点です。

マニュアルに従って作業することで、仕事を早く覚えられ、ミスを最小限に抑えることが可能。

未経験から転職した人でもすぐに作業に取り組めるため、教育機関が短くても仕事に慣れるスピードが速いといわれています。

マニュアルに沿って仕事をすることが得意な人は、工場勤務の転職に向いているでしょう。

集中して一つの作業を進められる

工場勤務は、決められた工程の中でひとつの作業に集中して取り組むことが求められます。

ひとつの作業を毎日何時間も行う必要があるため、高い集中力が必要です。

ひとつの作業に没頭することで、達成感を味わえる一方、長時間同じ姿勢でいる点や集中力が続かないと仕事にならないというデメリットも。

ただ、決められた作業以外に仕事が増えないため、自分のやるべき仕事が済めば時間のゆとりを持つことが可能です。

工場勤務は、単純作業に特化した仕事が多いため、複数作業が苦手でひとつの作業に集中して取り組みたい人におすすめの仕事と言えるでしょう。

努力次第でスキルアップできる

工場勤務はスキルアップのチャンスが豊富にあります。

たとえば研究職や生産管理の仕事であれば、新しい作業や機械の操作方法を学んだり取り扱う製品に関する専門知識を獲得することで、スキルアップが可能です。

入社時点では派遣社員だったとしても、経験を積み努力や熱意が認められれば、正社員に登用されるかもしれません。

専門の資格を取得すれば、より難易度の高い職種に移ることもできるため、工場勤務でスキルアップを目指したい人は、資格の取得を目指してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

工事勤務の平均年収とは?

ここでは工場勤務の平均年収を見ていきましょう。

厚生労働省が発表する令和4年賃金構造基本統計調査によると、製造業の平均年収は以下のとおり。

製造業 国全体
平均年収 462万円 443万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査],[民間給与実態統計調査]

国全体と比べ、製造業の平均年収は20万円程度高いことが分かります。

また製造業はさまざまな業種を含んでいるため、下記に業界・業種別の平均年収もまとめました。

業界・業種 平均年収
食料品製造業 389.7万円
パルプ・紙・紙加工品製造 478.4万円
電子部品・デバイス・電子回路製造業 563.6万円
石油製品・石炭製品製造業 601.3万円
化学工業 643.7万円
情報通信機械器具製造業 678.6万円

引用:[令和4年賃金構造基本統計調査]

業種ごとのデータを見て分かるように、工場を変えるだけで平均年収が100万円以上変わります。

高年収を狙いたい人であれば、情報通信機械器具を製造する工場を狙うのがおすすめです。

未経験から工場勤務の転職を目指す人が見るべき求人項目

未経験から工場勤務への転職を目指す人は、求人票を比較する場合に、下記の項目を確認しましょう。

  • 業務内容・職種
  • 福利厚生
  • 勤務先が元請けかどうか

それぞれ詳しく解説します。

業務内容・職種

工場勤務の転職を考える場合、まずはどんな業種の工場に転職したいか、どんな業種がいいかを検討しましょう。

工場ではさまざまな職種によって製品の製造が進められており、それぞれ異なる役割を担っています。

たとえば製造する製品の運搬業務と研究職であれば、求められるスキルや知識が異なります。

自分が目指す職種が決まれば、その職種につく際に有利になる資格や知識の取得を目指しましょう。

未経験から工場勤務を目指す場合は、即戦力になる知識やスキルがあればより条件の高い会社を目指せるかもしれません。

会社によって募集する職種が異なるため、業務内容を詳しく確認し、自分に合った求人を見つけることが重要です。

福利厚生

工場勤務を比較するポイントは福利厚生です。

工場勤務への転職は勤務時間が決まっていたり、工場内の食堂を低価格で利用できたりするなど、福利厚生が充実していることが多いです。

ただ、工場の規模や種類によって福利厚生の内容にも違いがあります。

生活の質や仕事の満足度を上げるには給与水準だけでなく、休暇制度や会社からの支援金、サポート体制などの福利厚生が充実していることが重要です。

比較する項目としては、保険制度や退職金制度、有給休暇の取得条件などを確認しましょう。

勤務先が元請けかどうか

工場勤務で高い収入や豊富な福利厚生を受けたい人は、勤務先が元請けか下請けかを確認することも重要です。

なぜなら元請けか下請けかで仕事の忙しさや給与などの条件が変わるから。

元請け企業は直接製品の生産や品質管理に携わることが多く、キャリアを成長させる機会が多く給与や福利厚生が安定している場合がほとんどです。

一方、下請け企業は元請けから受託業務を行うことが多く、契約によっては納期が短く、長時間労働を強いられたり、休日出勤が求められたりするかもしれません。

働き方を改善したい人は、勤務先が元請けか下請けかを把握し、自身のキャリアの成長に役立つかを検討しましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

工場勤務の転職に関するよくある質問

question marks, punctuation, symbol

ここからは工場勤務に転職する人から寄せられた質問に回答していきます。

  • 工場勤務の正社員の給料はいくら?
  • 工場で働くのはきつい?注意するポイントは?
  • 未経験からでも工場勤務に転職できるか?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

工場勤務の正社員の給料はいくら?

工場勤務の正社員の給料は、地域や勤務する企業、職種によって異なります。

求人ボックスによると、正社員の生産技術の平均年収は443万円。

派遣社員は平均時給1,689円、アルバイトは平均時給997円という結果が出ています。

工場勤務は残業手当や特別手当が支給されることもあるため、繁忙期は給料が上がることもあります。

業界全体の平均は443万円ですが、会社や業種によっては平均収入が600万円越えになることも。

転職において年収を重要視する人は、企業研究を徹底して平均収入が高い工場を選びましょう。

工場で働くのはきつい?注意するポイントは?

工場での勤務は、人によってきついポイントが異なります。

組み立て作業や運搬作業では体力的にきついと感じることもありますし、検査やピッキングでは細かい部分を見つめるのがきついと感じることもあるかもしれません。

工場勤務はひとつの作業を長時間行うことが多いため、自分が長く続けられる作業は何かを把握した上で、職種選びを慎重に行うことが重要です。

未経験からでも工場勤務に転職できるか?

結論、未経験からでも工場勤務への転職は可能です。

なぜなら工場勤務では、マニュアルが整備されているだけでなく新人研修やスタッフ指導が充実しており、未経験者でもすぐに仕事を覚えられる環境が整っているから。

派遣社員やアルバイト、正社員など働き方を選ぶことができるため、自分の目標に合わせてキャリア形成を行いましょう。

未経験から工場勤務を目指すならビーバーズがおすすめ

未経験から工場勤務を目指す場合、徹底した業界分析や自己分析、企業研究が必要です。

ただ、自分で情報を探すには時間がかかりますし、求人サイトに載っている求人には限りがあります。

転職を成功させたい人が使うべきなのは、転職エージェントです。

転職エージェントを利用すれば、専門の知識を持ったプロから自己分析や企業分析のアドバイスをもらえたり、面接に受かるための対策も徹底することが可能です。

また、転職エージェントは非公開求人を多数持っているため、その人にあった条件の求人を複数紹介してもらえるでしょう。

転職エージェントを選ぶなら、建設業に特化した転職エージェント「ビーバーズ」がおすすめです。

建設業界に関する工場の求人が豊富にあるため、自分の気になる企業を見つけられるかもしれません。

まずは相談だけでもいいので、問い合わせてみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は、未経験から工場勤務に転職したい人に向けて、工場勤務に関する仕事概要やメリット、平均年収やよくある質問を解説しました。

工場勤務はマニュアルが完備されており、ひとつの作業に没頭できるため、細かい作業が好きな人やひとつの作業を黙々と進めたい人に向いているといえるでしょう。

さらに、工場勤務は福利厚生が充実していることが多いため、定時で帰りたい人やコツコツとスキルアップしたい人にもおすすめです。

未経験から工場勤務を目指すには、未経験者を募集している会社や教育制度が充実している会社を探しましょう。

転職に失敗したくない人は転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めるのがおすすめ。

建設業界に特化したビーバーズでは、ヒアリングをもとにその人にあった会社を提案します。

準備をしっかり進めて、自分の条件に合った会社を見つけましょう。

不動産営業は30代未経験でも転職できる?年収や必要な資格・転職のコツを紹介

不動産営業は30代未経験からでも転職することが可能です。

なぜなら不動産営業は年齢や経験に関係なく、提案力や交渉力を身につければ働きながら実力をつけていけるため。

30代未経験で不動産業界に転職を検討する人は、できるだけ早く挑戦することや、事前に転職に役立つ対策をとっておくことが重要です。

今回は不動産営業に関する仕事の概要や平均年収、仕事のメリット・デメリットや転職に役立つ資格を紹介します。

転職先として不動産営業を検討している30代の人や、未経験から不動産営業を目指している人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-nomura2
野村 涼キャリアコンサルタント
これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援。特に施工管理技士全般と電気主任技術者の領域を得意とする。

不動産営業とは?仕事の概要や採用状況を詳しく解説

man wearing watch with black suit

まずは不動産営業に関する知識をつけましょう。

ここで紹介するのは不動産営業の仕事内容や転職の難易度。

不動産営業が気になっているけれど、どんな業界か正直よく分かっていない人や、実際の数値を見たうえで転職するか決めたい人はぜひ参考にしてください。

不動産営業の仕事内容とは?

不動産営業とは、不動産業界における営業という職種のこと。

営業という括りで見ると、他の業界と共通しているため、提案力や企画力・交渉力がある人は不動産営業にも向いているかもしれません。

不動産営業の主な仕事内容は主に不動産物件の売買や賃貸に関する取引を仲介することです。

業務内容を細かく分けると下記のとおり。

  • 市場調査
  • 顧客に適切な物件の提案
  • 契約交渉
  • 法的手続きのサポート

不動産営業は市場調査から企画・提案、そして契約の締結まで、不動産購入に関する最初の行動に関わる仕事です。

顧客が安心して物件を購入できるよう、細やかなコミュニケーションや地域の不動産市場に関する正確な情報を持つことが求められます。

30代未経験から不動産営業は目指せる?採用状況どのくらい?

30代未経験から不動産営業職を目指すことは十分に可能です。

なぜなら不動産業界は2023年現在、売り手市場で新たな働き手を求めているから。

実際にマイナビの調査によると不動産業界全体の求人倍率の推移は以下のとおり。

求人数が求職者数を上回っていることが見てとれ、不動産業界全体で人材を求めていることが分かります。

引用:[マイナビキャリアリサーチLab 不動産業レポート]

ただし条件の良い企業への転職は競争も激しいため、転職を成功するためには準備が必要です。

未経験からの転職を成功させるには、研修制度や資格支援制度など、未経験の転職者をサポートする制度が豊富な会社を選ぶことがおすすめです。

未経験で転職を目指す場合、資格や経験値よりも熱意と努力次第でキャリアを築くことも可能。

経験が浅くても熱意とコミュニケーション能力を活かし、不動産営業として成功するチャンスは豊富にあるといえるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

30代未経験から不動産営業を目指すメリット3選

未経験から不動産営業を目指す場合、はじめは不安でいっぱいになるのではないでしょうか。

しかし、30代未経験から不動産営業に挑戦すると、以下のメリットを得られるかもしれません。

  • 努力次第ではインセンティブで稼げる
  • 営業スキルが身につけばキャリアアップできる
  • 不動産に関する知識がつき私生活に活かせる

それぞれ詳しく解説します。

努力次第ではインセンティブで稼げる

不動産営業は、努力と成果に応じてインセンティブを受け取れます。

インセンティブは物件の売買や契約など、指定された条件を達成したことで与えられる成功報酬のこと。

未経験でも、企画力や交渉力を磨けば、頑張り次第でインセンティブを獲得して年収を大幅に増やすことも可能です。

30代からのキャリアチェンジの場合、社会人としての基礎知識があるため、不動産に関する深い知識がなくても不動産営業として活躍できるでしょう。

営業スキルが身につけばキャリアアップできる

不動産営業は、営業スキルを高める最適の職種です。

なぜなら営業は顧客とのコミュニケーションや交渉能力が必要ですが、不動産営業は顧客との対人能力に加え、市場分析力や市場把握能力など、さまざまなスキルが必要だからです。

複数の情報を組み合わせ、多額の資金が動く案件を提案する力が身につけば、不動産業界だけでなく、他の分野でも活用できるはず。

また、不動産業界では実力次第では管理職や上級ポジションへの昇進も可能。

キャリアの幅を広げるだけでなく、キャリアアップの機会が豊富といえるでしょう。

不動産に関する知識がつき私生活に活かせる

不動産営業を追求する過程で得られる不動産に関する知識は、私生活にも活かせるでしょう。

なぜなら不動産の市場動向や投資戦略を理解すれば、自身の不動産購入や投資でも賢い判断ができるようになるからです。

また、不動産取引の法律や契約に関する知識も広がるため、個人として不動産契約を結ぶ際も法的トラブルを避けられるようになるかもしれません。

不動産営業として学んだ知識は、自身の人生を築く手助けとなるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

30代未経験から不動産営業を目指すデメリット3選

メリットがある一方で、未経験で不動産営業に挑戦する場合、以下のデメリットもあります。

デメリットを理解したうえで、それでも挑戦したいという人は、記事の後半で紹介する資格を取得したり、転職サポートを受けながら転職に挑戦しましょう。

  • 提案力・交渉力がなければノルマに悩まされる
  • 土日に仕事があることが一般的である
  • 顧客対応で長時間労働や休日出勤が求められることもある

ここではそれぞれのデメリットを詳しく解説します。

提案力・交渉力がなければノルマに悩まされる

営業の仕事で活躍するには、提案力と交渉力が重要な要素となります。

なぜなら顧客にとって最適な物件を提案し、購入に進めるために交渉する能力がなければ、契約を結んでもらえないから。

営業では仕事の貢献度を数値化するためにノルマを設定していることが多く、未経験から不動産営業に挑戦する人であれば、初めはノルマに悩まされることもあるかもしれません。

しかし、不動産に関する知識を深め、先輩の交渉スキルを学ぶことで徐々に提案力や交渉力を磨けるでしょう。

土日に仕事があることが一般的である

不動産営業は、土日に仕事があることが一般的です。

顧客となる消費者は平日に仕事をして土日に不動産を探すことがほとんどで、顧客の多い土日に働く方が成約率が上がるからです。

土日に働く代わりに、平日に自由な時間を持つことができる点は、人によっては魅力に感じるかもしれません。

しかし、もしも転職の条件に「土日休み」という項目を入れている人であれば、不動産営業は向いていないでしょう。

顧客対応で長時間労働や休日出勤が求められることもある

不動産営業は、顧客の問い合わせ対応に追われ長時間労働や休日出勤が求められることもあります。

特に物件の内見や契約交渉は、顧客に合わせてスケジュールを設定する必要があるため、場合によっては自分の休みが取りづらくなるかもしれません。

不動産営業はタイミングによっては休みが取りづらい「きつい」職業と考えられがちですが、その分インセンティブによる収入アップやノルマ達成の喜びも味わえる「将来性のある」職業ともいえるでしょう。

不動産営業の平均年収とは?カテゴリ別に詳しく解説

Person Holding 100 Us Dollar Banknotes

不動産営業を目指す人は、業界の平均年収を把握しておきましょう。

平均年収を把握することで、目指す会社の給与の基準を定められ、仕事のモチベーションも上がります。

今回は以下のカテゴリに分けて平均年収を比較していきます。

  • 不動産営業全体
  • 年代別
  • 役職別

それぞれ詳しく見ていきましょう。

不動産営業全体の平均年収を比較

不動産営業の平均年収は、以下のとおりです。

不動産営業 国全体
平均年収 578.3万円 443万円

引用:[job tag],[国税庁]

国全体の平均年収と比較すると、不動産営業の平均年収は130万円ほど高いことが分かります。

不動産営業はインセンティブによって年収を上げやすいため、年収の幅が広く、人によっては1,000万円以上稼ぐことも不可能ではないでしょう。

ただし、地域や経験によって差異があり、都市部での不動産営業は平均年収が高くなる傾向があります。

年収を上げたい人は東京や大阪などの都市部の会社に転職を検討してみてください。

年代別の不動産営業の平均年収を比較

不動産営業の平均年収は年代によっても異なります。

ここでは年代別の平均年収、最高・最低年収をまとめました。

年代 平均年収 最高年収 最低年収
20代前半 350万円 600万円 150万円
20代後半 421万円 1,000万円 240万円
30代 443万円 1,200万円 200万円
40代以上 471万円 1,076万円 200万円

引用:[転職会議]

表のデータを見て分かるように、20代の営業担当者の年収は一般的に低い傾向があり、経験を積むほど年収が増加しています。

30代から40代にかけては、一定のキャリアを築けているため、人によっては年収1,000万円も達成しています。

30代の未経験から不動産営業を始めたとしても、スキルがつくにつれ表のような平均年収を獲得できるでしょう。

不動産営業の役職によって異なる平均年収を比較

不動産営業の役職別の平均年収の違いは以下のとおりです。

役職名 平均年収
主任 686万円
係長 854万円
課長 1,129万円
部長 1,248万円

30代から未経験で不動産営業を始めたとしても、スキルや実力次第では40代までに役職を獲得することが可能です。

役職を獲得すれば、徐々に年収が増えていくため、まずは主任を目指して実力を積み上げていきましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

30代未経験から不動産営業を目指す人が取得すべき資格3選

distributor, plan, circuit diagram

30代未経験から不動産営業への転職を成功させるには、自分の価値を高めておくことが重要です。

転職に有利になるのは、専門の資格の有無。

不動産営業として即戦力になると判断されたい人は、以下の資格を取得しておきましょう。

  • 宅地建物取引士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 賃貸不動産経営管理士

それぞれ詳しく解説します。

宅地建物取引士

不動産営業を目指すなら、まず宅地建物取引士の資格を取得しましょう。

宅地建物取引士は不動産の売買・賃貸に関する法律や契約に関する知識を証明するもので、不動産業界では重宝される国家資格のひとつ。

宅地建物取引士の資格があれば、法的な知識を備えた信頼できる不動産営業として活躍できるはずです。

合格率は16%ほどと難易度が高い資格なので、計画を立てながら資格勉強を進めることが大切です。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(FP)は、資金計画や資産運用、リスク管理や事業継承まで、お金に関する専門的な知識が求められる資格です。

不動産営業として活躍するには、資金計画の作成や投資リスクの把握など、クライアントに最適な提案をするためのファイナンシャルプランニングの知識が必要です。

FPの資格があれば、クライアントの資産に関する幅広いアドバイスを提供できるため、信頼関係を築きやすくなるでしょう。

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士を取得すれば、アパートやマンションなどの賃貸物件に関する専門知識が身につきます。

賃貸物件の取引や管理を担当する場合、入居者との契約管理やトラブル解決が必要です。

賃貸不動産経営管理士の資格を持つことで、賃貸不動産に関する法律や規制に詳しくなり、クライアントへの物件の説明や管理がスムーズに行えるでしょう。

未経験から不動産営業の求人を見つけるならビーバーズがおすすめ

30代未経験から不動産営業の求人を探す人は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは総合型と特化型の2種類があり、複数の転職エージェントを併用しつつ自分に合った担当者と転職活動を進めるのがおすすめです。

総合型だけでなく特化型の転職エージェントをおすすめする理由は、業界特有の採用のクセや対策ポイントを把握するため。

建設業界に特化した転職エージェントであるビーバーズは、不動産業界や建設業界の転職成功者を多数輩出しています。

転職に関する悩みや、不動産業界に関する疑問を相談しつつ、細やかなサポートを受けながら転職活動を進められるでしょう。

まずは相談からでもいいので、公式サイトから申し込んでみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は30代未経験から不動産営業を目指す人に向けて、仕事内容やメリット・デメリット、平均年収や転職を成功させるために必要な資格を紹介しました。

不動産営業は2022年以降売り手市場が継続しており、未経験でも挑戦しやすい職種といえるでしょう。

ただ、売り手市場とはいえ、未経験でも活躍できる職場を探すのは自分だけの力では難しい部分があります。

自分のスキルや特徴を把握したうえで、自分に合った転職先を見つけるには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

スキルの棚卸しから面接対策まで、細かなサポートを受けながら転職活動を行えば、当初の条件以上の転職先が見つかるかもしれません。

不動産営業の求人を探すなら、建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」がおすすめ。

建設業ならではの業界の知識や転職のトレンドを把握したうえで、あなたの転職活動をサポートしてくれるでしょう。

まずは企業研究や資格取得に向けた行動をはじめ、転職活動を進めていってみてください。

現場代理人は作業してはいけないの?主任技術者や現場監督との違い、兼務する条件を紹介

現場代理人や主任技術者、現場監督など、工事で作業員に指示を出し、工程通りに作業を進める役割の職業は複数あります。

それぞれの役職は工事において重要な役割を果たしますが、それぞれ異なる責務と条件を持っています。

特に現場代理人の仕事は、主任技術者や現場監督と異なりスキルがなくても担当できる役職のひとつで、兼務の条件や作業範囲などに注意すべき項目があります。

今回は、現場代理人の業務内容や役割、現場代理人に関するよくある質問、主任技術者や現場監督との違いや兼務の条件などを詳しく紹介します。

将来は工事の責任者として活躍したい人や、現場監督や現場管理人の仕事に興味がある人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

現場代理人とは?業務内容や役割を詳しく解説

まずは現場代理人という職業について紹介します。

  • 現場代理人の業務内容とは
  • 現場代理人の役割や重要性とは

それぞれ詳しく見ていきましょう。

現場代理人の業務内容とは

現場代理人は工事現場において作業員に指示を出しながら作業を進行させる役割を担います。

施工管理から予算管理まで、対応する業務は幅広く、下記の表のように分かれています。

業務内容 特徴
設計の確認・打ち合わせ 工事に関する設計図面や仕様書を確認し、実施可能かどうかをクライアントと相談する

クライアントと現場の橋渡しの役割を果たし、設計に関する問題や変更点があれば、関係者に報告する

施工監理 工事現場での作業を監督し、品質や安全性を確保する

施工の進捗状況をチェックや安全管理業務、工程の作成を行い、工事が計画通りに進むよう調整する

予算管理 予算の確認やコスト管理を行う

予算内での工事の完了を目指し、必要に応じて資材の追加発注や人材補充などの調整を行う

品質管理 品質基準を守るために工事で利用する資材の品質を監督し、不良品の使用や欠陥を防ぐ

現場代理人は建設現場に常駐し、上記の業務を行います。

現場代理人は専門の知識を持っていなくても、仕事に従事することは可能ですが、上記の業務をスムーズに進めるには建設業に関する知識が必須といえるでしょう。

予算管理や品質管理など、経理や事務作業も対応する必要があるため、幅広い知識が求められる仕事です。

現場代理人の役割や重要性とは

現場代理人が工事現場で果たすべき役割は大きく分けて以下の3点です。

  • 安全確保
  • 工事の品質保証
  • スケジュール管理

現場代理人は工事で作業する職人や作業員が仕事をスムーズに行えるように、無駄のないスケジュールの作成や工事現場ないの危険箇所の早期発見・対策が求められます。

工事現場では天候による作業の中断や、資材発注ミスや工程ミスなどによる作業の中断など、さまざまなトラブルが発生します。

トラブルが発生したとしても、工期が変わることはないため、早急に解決策を考え、スケジュールを組み直す必要があるということ。

スケジュールが厳しすぎれば、作業員の負担が増え、作業現場の安全を確保することが難しくなります。また、作業負担が大きくなることで必要な工程を飛ばしてしまうリスクも起こり得ます。

工事の品質を維持しつつ作業員の安全を確保しながら工事を進めるには、ゆとりを持った計画の作成や現場の管理が重要といえるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

現場代理人は作業してはいけないの?気になる疑問を解消する

現場作業人は、主任技術者や現場監督と異なり、スキルがなくても仕事を進めることができます。そのため工事を管理する役職の中でも疑問が多くなりがちな職種です。

ここでは現場代理人に関するよくある質問をまとめました。

  • 現場代理人が作業してはいけないというルールはない?
  • 現場代理人は資格やスキルがなくてもなることができる?
  • 現場代理人は常駐させなければいけないの?
  • 現場代理人が複数の現場を兼務することは可能?
  • 現場代理人はつらい仕事なの?

それぞれ詳しく回答します。

現場代理人が作業してはいけないというルールはない?

現場代理人は原則として作業に参加することはありませんが、法的なルールで作業自体を禁止しているわけではありません。

なぜなら現場代理人の役割は、工事全体の管理や調整であるため。

ひとつの作業に参加してしまえば、工事全体を把握できなくなり、結果的に現場代理人に求められる役割を果たせなくなってしまいます。

作業に入らなくても、作業員や職人に的確な指示を出し、工事現場での作業をスムーズに進められる現場代理人であれば、将来も重宝されるでしょう。

現場代理人は資格やスキルがなくてもなることができる?

現場代理人は、資格や実務経験など特定のスキルがなくても働くことができます。

しかし、現場代理人の役割は工事を円滑に進めるための監督者です。

建築や施工に関する専門的な知識や経験がなければ、作業員に的確な指示を出すことができませんし、クライアントとの打ち合わせでも苦労するかもしれません。

特に大規模な工事の現場代理人として働く場合は、建築に関する知識やスキル、安全管理に関する資格やスキルが求められます。

現場代理人は資格やスキルがなくてもなることができますが、資格やスキルがなければ、現場代理人としての役割を果たすことは難しいといえるでしょう。

現場代理人は常駐させなければいけないの?

今までは法律により、現場代理人は工事現場に常駐することが定められていました。

しかし、2022年7月に公共工事標準請負契約約款が改正されたことに伴い、現場代理人の常駐義務が緩和されました。

現場代理人の常駐が必要ない条件は以下のとおりです。

以下の2つの要件を満たし、かつ発注者が認める場合

1.契約締結後、現場事務所の設置、資機材の搬入又は仮設工事等が開始されるまで
の期間や、工事の全部の施工を一時中止している期間等、工事現場の作業状況等に応
じて、発注者との連絡体制を確保した場合

2.1以外にも、次の①及び②をいずれも満たす場合には、常駐義務を緩和する。
① 工事の規模・内容について、安全管理、工程管理等の工事現場の運営、取締り等
が困難なものでない場合(安全管理、工程管理等の内容にもよるが、例えば、主任
技術者又は監理技術者の専任が必要とされない程度の規模・内容であること)
② 発注者又は監督員と常に携帯電話等で連絡をとれる場合

引用:[現場代理人の常駐義務緩和に関する適切な運用について]

つまり、工事が本格的に始動していない期間や工事の規模が小さい場合や、監督する立場の人と連絡が取れる状況であれば現場代理人の常駐が必要ありません。

現場代理人や主任技術者など工事を監督する立場の人材が不足していたため、現場代理人の常駐義務が緩和によって建設業界の人材不足の問題点がやや解消されました。

現場代理人が複数の現場を兼務することは可能?

現場代理人は、複数の工事現場にて現場監督を兼務することは可能です。

なぜなら、現場代理人は工事現場の経営者の代わりとして監督・管理の役割を果たすべき役割であり、専門的な技術指示は主任技術者や現場監督が対応できるから。

現場代理人と比べ、主任技術者や現場監督は複数の工事現場を兼務できない点を把握しておきましょう。もし現場代理人と主任技術者を兼務している状態であれば、複数の工事現場を兼務できなくなるので、間違えないようにしましょう。

例外として、以下の場合は主任技術者などの役職を兼務していても、複数の工事現場を兼任することが可能です。

  • 兼任するそれぞれの工事の契約金額が3,500万円未満である場合
  • 主任技術者が2つ以上の工事現場を兼任できる場合

複数の工事現場を兼任する場合、情報が混ざらないように注意して、それぞれの業務に集中することが重要です。

現場代理人はつらい仕事なの?

現場代理人の仕事は人によってはつらいと感じてしまうかもしれません。

なぜなら工事の責任者として常にプレッシャーを感じながら仕事をする必要があり、クライアントと下請け会社の板挟みに悩むこともあるから。

調整役として工事を管理する際も、専門的な知識やスキルが足りていなければ、職人から舐められてしまうかもしれません。

工事現場で信頼される現場代理人になるには、スキルを身につけ、臨機応変に対応できる実力をつけておくことが重要です。

現場代理人と主任技術者の違いとは

現場代理人の仕事と比較されやすい職種は、主任技術者です。

主任技術者は、請負金額にかかわらず、すべての工事現場での配置が必須の施工の技術上の管理・監督者のこと。

専門の資格や実務経験の年数が必要なため、現場代理人と比べて難易度が高い職種です。

ここでは主任技術者に関して、下記の項目を解説します。

  • 主任技術者の仕事や役割とは
  • 現場代理人と主任技術者の保有する知識や経験値の違い
  • 主任技術者になるには

それぞれ詳しく見ていきましょう。

主任技術者の仕事や役割とは

主任技術者とは、工事現場で管理者の役割を果たす技術者のこと。主任技術者は請負金額を問わず、すべての工事現場で配置が義務付けられています。

主任技術者に求められる仕事内容は、基本的には現場代理人と同じです。

特に下記の4大管理業務は、施工管理技士資格の保有者として専門性のある対応が求められるでしょう。

  • 工程管理
  • 原価管理
  • 安全管理
  • 品質管理

主任技術者になるには少なくとも数年以上の現場経験が必要になります。現場代理人として経験値を積みつつ、必要な資格や経験値を習得すると良いでしょう。

現場代理人と主任技術者の保有する知識や経験値の違い

現場代理人と主任技術者の違いは、保有する知識と経験値です。

それぞれの違いを下記の表にまとめました。

現場代理人 主任技術者
施工管理技士資格 不要 必要
実務経験年数 不要 必要(10年以上)
建設業に関する専門知識 不要 必要
設置義務 公共工事や義務民間工事は契約によっては不要 原則としてすべての工事に必要

主任技術者は施工管理や設計に関する高度な専門知識と経験を持ち、技術的な問題に対処する役割を果たします。

一方、現場代理人は主に建設現場全体の監督と管理を担当し、安全性や品質の確保、スケジュールの管理などを担当します。

経営者の代理として設置される現場代理人と、技術者の最高責任者として設置される主任技術者は、同じ責任者ですが求められるスキルや役割が異なるといえるでしょう。

主任技術者になるには

主任技術者になるには、下記の3つのいずれかの条件をクリアする必要があります。

  1. 一級、二級施工管理技士などの国家資格を保有している
  2. 指定学科の修了、もしくは一定の実務経験期間を満たしている
  3. 10年以上の実務経験がある

主任技術者になるには、建設業許可の種類によって求められる資格の種類が異なります。

基本的に必要になる資格は施工管理技士資格ですが、施工管理技士資格は7種類あるため、許可に必要な資格がどれかを確認しておきましょう。

施工管理技士の資格について気になる人は、こちらの記事をご覧ください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

現場代理人として活躍する方法3選

現場代理人はスキルがなくてもなれると説明しましたが、「スキルが必要ない」というわけではありません。より大きな現場で活躍できる現場代理人になるには、下記の3つの対策をとりましょう。

  • 施工管理技士資格など建設業で役立つ資格を取得する
  • 予算管理や労務管理などの経理能力を磨く
  • 現場でリーダーシップを取るためのコミュニケーション力をつける

それぞれ詳しく解説します。

施工管理技士資格など建設業で役立つ資格を取得する

現場代理人として活躍するには、専門の資格を取得することが重要です。

例を挙げると、下記のとおり。

  • 施工管理技士(1級・2級)
  • 電気主任技術者
  • 電気工事士
  • 電気・通信工事担任者
  • 建築士

紹介した資格の中でも特に、施工管理の資格を取得すれば施工管理技士としても活躍できるようになり、年収が上がり対応できる仕事の幅が広がります。

施工管理技士資格や施工管理の仕事に興味がある人は下記の記事を参考にしてください。

予算管理や労務管理などの経理能力を磨く

現場代理人として活躍するには、工事を予算内で進められる管理能力が必須です。

予算管理や労務管理は経理に関する知識が求められるため、建設業以外の知識をつけることが求められます。

予算管理やコストコントロールが柔軟に行えるようになれば、規模の大きな工事の現場代理人を任されるようになるかもしれません。

また、労働法や人事管理に関する知識がつけば、転職する際の強みになるでしょう。

現場でリーダーシップを取るためのコミュニケーション力をつける

現場代理人に必要なスキルはコミュニケーション力です。

適切な指示を出し、作業員を適材適所に配置する能力は、現場をよく知っており尊敬される立場の人だからできること。

コミュニケーション力のある現場代理人は、別の工事現場でも重宝されるでしょう。

まずは現場での小さな挨拶からコミュニケーションスキルを磨き、工事現場で信頼を勝ち取りましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は現場代理人について、業務の概要や主任技術者との違い、兼務に関するよくある質問に回答しました。

現場代理人は建設業界のスキルがなくても対応できる仕事ですが、より大規模の仕事を任される立場を目指す人は、一定の知識やスキルが必要です。

現場代理人として働きがいのある職場を探している人は、建設業界に特化した転職エージェント「ビーバーズ」にご相談ください。

スキルや経験にあった仕事に挑戦し、徐々にレベルアップを狙いましょう。