TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【面接対策】施工管理技士が好条件を獲得するための面接方法とは?

施工管理技士の面接対策における大前提知識

まずは施工管理技士の面接対策について、実際の面接で大切になってくる前提知識がございますので、簡潔にご説明出来ればと思います。

大前提として、建設会社が採用面接において、どういった施工管理技士に対して高い評価を与え、好条件のオファーを出すのか理解をする必要があり、その採用側の意向を汲み取った受け答えができるよう面接対策をする必要がございます。

具体例ですが、基本的に施工管理技士の採用面接において、大半の企業は即戦力人材を求めております。

であれば、未経験者の方はこの事実を理解した上で、如何に短期間で即戦力人材に引けを取らないレベルへ到達できるかをアピールすればよいわけです。採用側の意向を汲み取った面接対策が重要です。

もちろん経験者であれば 、今までの実績を具体的に面接でアピールすることが重要ですので、資料等あればそれを用いて面接に望むことで本気度と信用性に直結し、良い結果を生むでしょう。

それでは、建設会社の採用面接において、高評価を受けやすい施工管理技士にはどういった特徴があるのでしょうか。

採用面接において高評価を受ける施工管理技士の人物像について

採用面接において、高評価を受ける施工管理技士の人物像は下記の通りです。

即戦力人材である

⇒最も重要なポイントはやはり即戦力であるか否かです。若手人材を採用して一人前の施工管理技士へ育成するというのも採用方針の1つではありますが、即戦力人材には劣ります。

採用面接において即戦力であると判断してもらうためには、職務経歴書の書き方が重要です。

保有資格は当然に記載されると思いますが、応募される建設会社の工種や現場を理解し、それに近しい経験を中心に職務経歴書を作成する事で、即戦力人材であると判断されやすくなるのです。

明確なキャリアビジョンや企業選びの軸がある

⇒何より会社で長く活躍してくれる方を企業は求めておりますので、面接で自分が中長期的に当該企業で活躍する意思及びキャリアビジョンを明確に伝える事が何よりも重要になってきます。

また、キャリアの一貫性も大事であり、今まで歩んできた経歴と今後のキャリアビジョンに一貫性を持たせることが、長く定着してもらえる人材だと判断してもらうためのポイントになります。

健康体であり、体力や精神力がある

⇒当然ですが、施工管理は基本的に外で指揮監督業務をする仕事ですので、実際に力仕事をするわけではないものの、健康面や体力面はポイントになってきます。また、プライドの高い職人を束ねるタフネスさ(精神力)も評価ポイントになり得ます。

次に、採用面接における各項目ごとにポイントをご説明していきます。

施工管理の面接における自己紹介の伝え方

自己紹介についてご説明いたします。これは面接において求められるケースと求められないケースがございますが、対策はしておいた方がベターです。

そして、自己紹介についても、重要なのは企業様が即戦力人材を求めているという点です。ですから、事前に応募企業の工種や現場をリサーチし、意図的に、応募企業に関連する資格や過去の現場経験・実績を伝える事がより良い結果を生みます。企業が求めているニーズとマッチしていれば、有利に面接を進める事が出来ます。

未経験の方に関しましては、あまり実績・経験の話はできないと思いますので、学生時代に達成したこと、苦労してそれを乗り越えた際に学んだこと、一番力をいれている趣味などを自己紹介に入れ、

①忍耐力
②積極性
③創造性

などの自分自身の魅力やヒューマンスキルを間接的に伝えることが重要だと思います。

補足として、建設業界の方々は車やバイク、アウトドア、ゴルフを趣味にしている方が割合として多くいらっしゃいますので、自らもそういう趣味があれば話も広がり、その話題から親近感がわくことは間違いありません。

施工管理の面接における志望動機の伝え方

志望動機の伝え方に関しては、中長期で建設業界で活躍したいという意思と、将来的に面接企業の成長の一翼になり、企業を大きくする重要な人材になりたいという強い意思を伝える事が大切です。

建設業界ではこの熱意が非常に重要です。それ以外ですと、面接前に少しでも当該企業のHP等を勉強し、企業理念への共感、企業成長の方向における自分自身の考えや強み、また施工管理の魅力を志望動機に入れて話すことも、採用への大きな近道になります。

志望動機については、過去の記事でより詳しく解説しているものがございますので、こちらをご覧ください。

施工管理の面接における長所、短所の伝え方

長所に関しましては、自分の長所を現場や会社の為にどう活かしていきたいかを伝える事が大切です。面接官がイメージしやすようにより具体的に伝える事が大切です。

長所は人それぞれだと思いますが、建設業界の方々に響くキーワードとしては、

①協調性
②忍耐力
③積極性

の部分だと思います。建設業はチームワーク、長期就労、向上心が非常に大切な仕事となってきますので、この3つの長所が一番面接官に刺さると思います。

対して短所ですが、素直に伝えてください。重要なことは、その短所を客観的に理解していること、またどのようにしてそれを克服してきたのかです。短所も人それぞれですので一概には言えませんが、それらをセットにして伝える事が大切です。是非試して頂ければと思います。

一方で、素直に短所を伝えるとはいえ、採用面接の場において短所として伝えることは適切ではない内容もありますので、下記でご紹介いたします。

  • 時間にルーズで、遅刻が多い
  • 協調性がなく、現場でも職人や監督との人間関係のトラブルが多い
  • 忍耐力がなく、1つのことに対して努力が出来ない

上記以外にて、改めてご自分の短所を見つめなおし、客観性のある的確な短所を伝え、その端緒を克服する方法まで伝えることが出来れば、長所を伝える以上に高評価に繋がるケースもあるので、事前の対策は必須です。

前職の退職・転職理由の良い例、悪い例

採用面接において、必ず面接官から聞かれるのが現職を辞める理由、つまり転職理由です。前職の退職・転職理由の答え方は面接において非常に重要であり、面接結果を大きく左右します。

退職・転職理由として、お勧めしない内容は下記の通りです。

  • 現職におけるネガティブな理由(例:前職の悪口に近いもの、職人や現場仲間との人間関係の問題、金銭トラブル、事故、経営方針が合わない)
  • 年収アップや福利厚生改善など、条件だけを目的とした理由
  • 将来的に独立したいなど、早期離職を匂わすような理由
  • 過去の経歴から想定される転職理由とは辻褄の合わない不可解な理由

逆に、転職理由として良い印象を与えるものとしましては、

  • 現場を続けたいが、現職の定年制によって現場をさせてもらえない
  • 自身のスキルアップ、自分の成長を目指す理由
  • 時代ニーズなど、時代の流れを鑑みた理由
  • 介護により一時的に建設業を離れていたが、建設業に復帰したいなど
  • Uターン転職など、自分の地元に根付いた会社で働きたいという理由

特に建設業界の方々は、向上心を持った方を欲している為、転職理由もプラスの理由を伝える方が良いでしょう。

また、やむを得ないなと思わせる理由やご家族の事情なども説得力があるため、転職理由としてお勧めです。面接において、転職理由に関しては深く聞かれることが多々ありますが、自分の思いに熱を込めて伝えましょう。

施工管理の知識を問われた際の対策

最後に、未経験の方が施工管理の知識面を問われた時の対策ですが、基本的には自分の今持っている知識の範囲で回答する事が良いかと思います。

仮に現時点でわからない事があれば、入社後にしっかりと学び、全力で会社の成長スピードに即してキャッチアップしていくという前向きな意思を伝える事が非常に大切です。

ちなみに、未経験の方が面接対策として予習をお勧めする内容としては

  • スーパーゼネコン、中堅ゼネコンなど有名な建設会社を一通り理解する
  • 建設会社にある各職種(施工管理、設計、CADオペ、積算等)を理解する
  • ご自分が興味のある建築物やダム、橋梁、電気設備などについて調べる

上記3点は最低限の事前準備としてお勧めです。

もちろん、たくさん予習をして損はありませんが、準備に時間をかけすぎずに、建設業界専門の転職エージェントにすぐ相談しましょう。業界専門であれば、きっとその姿勢を理解し、力になってくれます。

まとめ

今回、面接についていろいろ書きましたがいかがでしたでしょうか。今回の記事を参考に、施工管理技士の面接を上手に進めていただくことが出来れば大変嬉しく思います。

私としても、慢性的な人手不足業界ではなく、これからの建設業界がさらに魅力的になり、そして多くの方が集まり、活性化することを願っております。それと同時に、ご入社までのサポートを丁寧にきちんと行い、優良な企業と優秀で意欲の高い方々との橋渡しに貢献出来ればと思います。

建設業界への転職希望がございましたらいつでも気軽にご相談ください。お待ちしておりいます。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。