TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【1級と2級の違い】土木施工管理技士における1級と2級の違いは?

土木施工管理技士資格には1級と2級がある

建設業界で働かれている方はもちろんのこと、建設業界への転職を検討されている方であれば、「施工管理技士」という名前を一度は耳にされたことがあるかと思います。

施工管理技士と一口で言っても、建築、電気、管と様々あります。その中でも、土木工事のスペシャリストである現場監督を「土木施工管理技士」と呼びますが、国家資格としては1級と2級の等級に分かれています。

今回の記事では土木施工管理技士における1級と2級の違いについて、資格試験内容から業務内容、そして転職市場の評価での違いまで詳しくご説明できればと思います。

1級と2級の業務・役割の違い

土木施工管理技士における1級と2級の違いとして、最も大きなものは「主任技術者」と「監理技術者」になれる要件との関係です。

はじめに「主任技術者」についてですが、建設業法の中で、元請け下請けに関わらず、全ての工事現場に必ず「主任技術者」を置かなければならないと規定されています。そして、この「主任技術者」になれる要件として、2級土木施工管理技士の資格保有者が認められております。

一方で、1級土木施工管理技士については「監理技術者」と「主任技術者」の両方になることができる資格になります。国土交通省から、工事を施工する為に締結した請負金額の合計が4,000万円(建築一式工事の場合は6,000万円)となる場合には、元請け業者は「主任技術者」に代えて、「監理技術者」を置かなければならないとされています。この「監理技術者」になれる要件として認められているのが、1級土木施工管理技士です。

その他

実務における別観点の違いとしては、資格試験の形態です。2級土木施工管理技士の資格試験では、「土木」「薬液注入」「構造物塗装」と呼ばれる3つの分野に分かれており、各分野で合格した人が、その分野において「主任技術者」として施工管理をおこなう事ができます。

1級土木施工管理技士は、2級土木施工管理技士のように分野ごとに分けられておらず、取得するとすべての土木施工管理の現場において、工事の金額に関わらず、「監理技術者」と「主任技術者」の両方を請け負う事ができるのです。

1級と2級の試験内容の違い

1級土木施工管理技士の出題科目と試験時間

1級土木施工管理技士(第一次、第二次)の出題科目、出題内容、試験時間は下記の通りになります。

スクリーンショット 2021-08-18 17.24.10

2級土木施工管理技士の出題科目と試験時間

2級土木施工管理技士では、受験する種別によって試験内容が異なります。それぞれの出題科目と試験時間については、次のとおりです。

スクリーンショット 2021-08-18 17.24.58

スクリーンショット 2021-08-18 17.25.08

スクリーンショット 2021-08-18 17.25.18

上記が2級土木施工管理技士の試験内容です。

種別ごとに試験日も異なるため、先ほどのセクションで解説した試験の日程を確認して間違えないようにしてください。

参考:SAT

1級と2級の難易度の違い

土木施工管理技士2級の合格率
平成21年度 学科59.0% 実地21.5%
平成22年度 学科44.9% 実地23.1%
平成23年度 学科40.4% 実地22.3%
平成24年度 学科53.2% 実地23.9%
平成25年度 学科54.9% 実地40.0%
平成26年度 学科53.4% 実地33.5%
平成27年度 学科66.5% 実地35.7%

土木施工管理技士1級
平成21年度 学科50.9% 実地19.1%
平成22年度 学科53.0% 実地18.5%
平成23年度 学科40.8% 実地20.8%
平成24年度 学科54.8% 実地34.6%
平成25年度 学科60.0% 実地35.3%
平成26年度 学科58.5% 実地39.5%
平成27年度 学科54.6% 実地37.3%

難易度についてですが1級と2級との合格率の違いを紹介します。資格試験の難易度は合格率のみで語ることは適切ではありませんが、意外にも1級と2級を比較した際に、学科・実地試験ともに合格率ではそこまで差異がないことがわかります。

土木施工管理技士1級、2級の合格レベルになるまでの勉強時間

難易度の違いとして、合格までの目安となる勉強時間を記載いたします。
結論からいいますと、必要勉強時間から考えれば、仕事と同時並行で十分に取り組める分量であることがご理解いただけるかと思います。

土木施工管理技士2級 早い人であれば2週間~1ヵ月で合格レベルに到達できる

土木施工管理技士1級 早い人であれば2ヵ月程度でも合格レベルに到達できる

勉強時間はあくまで参考程度であり、受験者の方々によってレベルはそれぞれですが、現職での取組みによってある程度実務レベルがしっかりと身についている方であれば、長時間の勉強が必要な試験ではありません。私の知り合いには2週間という短期集中型の勉強のみで両方の試験に合格できたという方もいらっしゃいます。一般的には毎日1~2時間ほど、仕事と両立しながら、勉強すると仮定をして、これくらいの期間が必要であるという水準が以下になります。

土木施工管理技士136ヵ月ほど

土木施工管理技士223ヵ月ほど

1級、2級の土木施工管理技士に合格する上で、試験の合格率や難易度を気にする必要は全くありません。学歴で語るのは適切ではないかもわかりませんが、建設業界で働く方々の中には高卒の方も多くいらっしゃいますが、難なく施工管理技士資格に合格しており、現在は施工管理技士としてバリバリ活躍されている方がたくさんいらっしゃいます。

1級と2級の合格基準

試験の合格基準ですが、1級・2級ともに共通しています。第一次検定、第二次検定それぞれにおいて「得点が総得点の60%以上獲得していること」が土木施工管理技士の合格基準です。どちらかが合格基準に達していないと不合格になるため注意しましょう。

また独学での勉強方法についても過去に【未経験/無資格必見】施工管理技士の資格と合格するための攻略方法という記事がございますのでご参考にしてください。

まとめ

今回の記事では、土木施工管理技士における1級と2級の違いについて解説させていただきました。1級と2級では資格試験の形態から、業務内容、役割まで違いがあることをご理解いただけたかと思います。

また、1級と2級における難易度の違いについても触れましたが、どちらも仕事と両立しながら合格できるレベルであることもお伝えさせていただきました。

資格試験の合格難易度は他の資格試験と比較をして高くはありませんが、資格保有者の人材需要は高止まりであり、就職市場において高評価を得られる価値の高い人材になることは間違いありません。

施工管理技士資格さえ取得しておけば、収入アップ、キャリアアップは当然ですが、働き方などワークライフバランスの改善まで期待できます。各種施工管理技士など、これから建設業界での転職をお考えの方は是非とも取得を目指しましょう!

もしあなたが、「建設業界で独立したい」「フリーランスとして業務委託案件を獲得したい」「今の働き方を変えたい」と考えているのであれば、ぜひ「ビーバーズフリーランス」をご利用ください。弊社エージェントが、あなたのご要望にぴったりのフリーランス案件の紹介させて頂きます。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。