TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【施工管理で活躍したい方必見】施工管理で重要な「QCDSE」とは?意味や5つの管理項目を詳しく解説

施工管理については過去に【施工管理の種類シリーズ】という内容で記事を掲載していますのでご確認ください。

 

施工管理で重要なQCDSEとは

建設業界で重要な「QCDSE」ですが、施工管理技士として活躍するためには、「Q」「C」「D」「S」「E」、一つひとつの重要性を理解しておくだけでなく、この5つの管理項目のバランスを取ることが大きなポイントになってきます。

今回は、「QCDSE」について解説していきます。

Quality:品質

建物を建てる上で求められる品質とは、その建物を利用する人々の安全性を守ることです。求められることは、建物の設計書通りに工事を行い、建物の強度や構造といった安全基準を満たすことにほかなりません。

建物はすべて、建設されたあとも、何長い期間にわたって利用されますよね、なので、設計書に基づいた建物の安全基準を守ることは、絶対に実現しなければならない建物の品質管理といいます。

施工管理技士は、建物の品質を実現するために、建設工事が設計書通りに実行されているかどうかを確認する必要があります。とりわけ、地中の基礎部分や建物の壁内の耐火構造の工事は、建物が完成すれば確認することができない部分になるため、確実な品質管理が求められます。

そのため、クライアントに建物の品質を証明する方法として、計測や施工現場を写真で撮影しておくことも少なくありません。

Cost:原価

施工管理技士は、建物の品質を守りながら、技術者の人件費や建材などの材料費といったコストを管理します。原価管理という業務です。

施工管理技士が行う原価管理のポイントは、企業ができる限り利益を確保できるように、原価を抑えることです。

達成するために役立つのは、「予算書」の作成です。建設工事に着手する前に、あらかじめ工事に必要なコストと目標利益を予算書として定めておき、目標利益を実現するために削減しなければならないコストを数字として把握しておくことです。

また建設工事が始まれば、「無駄な配置の作業員がいないか」「材料を無駄に発注していないか」などを管理します。

人件費や材料費については、見積もりを複数社から取ることもポイントになります。工事中に赤字の可能性が見つかれば、予算書を見直し軌道修正を行いましょう。

Delivery:工程・工期

建設工事は、予定通りの工期で完成できるよう進める必要があります。そのため施工管理技士は、スケジュールの管理を常に行わなければなりません。

工事によっては、工期を過ぎれば違約金が発生してしまう場合もあります。施工管理技士にとって、工期はそれだけ重要なものです。しかしその一方で、「工期さえ間に合えば良い」という考え方は誤りです。

たとえ工期が間に合っても、品質と予算を遵守しなければ意味がないからです。正確な工期の管理には、「工程表」が欠かせません。作業の項目や必要日数、進捗率などをまとめ、天候や事故が発生した場合にも対応できるように、常に可視化しておきましょう。

Safety:安全

建設現場で作業員に事故がないように工事を進めることは、施工管理における最大の課題です。建設現場はちょっとした気のゆるみから取り返しのつかないケガや命に関わる事故が起きる可能性があります。

そのため安全性を確保するために、危機管理と対策をしっかりと行わなければなりません。建設現場における安全対策には、落下防止の手すりや安全帯の装着の徹底、作業機械の定期点検、現場における危険の情報共有などが有効です。

建設現場の安全管理は、作業員ひとりひとりの意識がなければ実現しません。施工管理技士は、現場におけるヒヤリ・ハットの事案を掲示したり、朝礼時に全員で共有するといった注意喚起を積極的に行いましょう。

Environment:環境

施工管理技士の環境管理は、「自然環境」「周辺環境」「職場環境」の3つの環境が対象になります。現場におけるこれらの環境を適切に保つことが必要です。

自然環境の配慮としては、建設現場やその周辺地域における土壌、地盤、水、空気といった環境に対して、工事が悪影響を及ぼさないことが求められます。

周辺環境としては、現場周辺の住人に対する騒音や振動などの被害やクレームが発生しないように対策することが求められます。職場環境は、現場の技術者や職人がストレスなく働きやすい環境を作ることが必要になってきます。

まとめ

施工管理の「QCDSE」は、もちろん5つの管理項目すべてが重要ですが、品質を優先すればコストが高くなったり、工期が長くなったりします。

また、工期を優先して無理に間に合わせようとすれば、品質が低下したり事故のリスクが高くなったりするかもしれません。逆に工期を短くすることによって環境に悪影響を与えてしまうこともあります。

このように「QCDSE」は、それぞれのバランスを保たせることが最も重要であり、5つの管理項目全てにおいてバランスを保ちながら業務を遂行できる施工管理技士が最も評価されるのです。裏を返せば「QCDSE」いずれかの管理項目を無視したり、どれかを犠牲にしたりすることはできないため、これが施工管理技士の業務で最も難しい点だとも言えます。

「QCDSE」のバランスをとりながら、5つの管理項目全てにおいて高いレベルを維持できることが施工管理技士にとって必要な能力であり、これができる施工管理技士は転職市場にて高い評価を受けるでしょう。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。