TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【要注意!】施工管理と施工監理の違いって何?業務内容・資格に違いはある?

建築業界には施工管理と施工監理というふたつの業務がありますが、読み方が同じ「かんり」であることもあり、違いがわかりにくいですよね。しかし、この二つの業務は必要とされる資格がそもそも異なり、行う人の立場や給与もまったく変わります。

具体的にどのような違いがあるのか、そしてそれぞれの仕事に必要とされる資格は何があるのかを詳しく説明します。

施工管理と施工監理の違い

施工管理と施工監理の業務において一番大きな違いは、立場の違いにあります。

現場には施工管理と施工監理、それぞれの担当者が必要です。

施工管理は現場で実作業を行う現場監督が行い、施工監理は建築物の設計者が業務を行います。

施工管理は工程通りに仕事を進めることが最優先であり、施工監理は主として施主の要望を叶えることを最優先します。両者がそれぞれ存在することで、お互いがお互いの業務を監視し合う体制が取れるというメリットがあります。また、建築物という人の命にも関わる業務においてミスが起きないようにするダブルチェックという意味合いもあります。

両者の主張はそれぞれ異なることもよくあるので、設計者である建築士と現場監督の間にはいさかいが起きることも珍しくありません。ただ、そういた衝突も時にはありながら、それぞれが自分の仕事にベストを尽くすことで、より良い仕事の結果に導いていきます。

建設業界の転職ならビーバーズ

施工管理の業務内容

施工管理とは、現場監督が工程におけるスケジュールを管理、調整し、施工の手順を検討する業務のことを指します。そして必要となる資材の注文を行い、管理現場で作業する職人たちの安全に気を配り、段取りも行う、作業現場の総合的な統率を引き受ける立場の業務となります。他にも役所への手続きや書類作成、専門工事業者との打ち合わせや建築士との連携も行う責任の重い業務であるため、建設業界の中でも高い給与が与えられます。

管理業務を実際に行うには、施工管理技士と呼ばれる国家資格が必要となります。そして施工管理の資格は全部で7種類あり、資格の種類によって建設現場で使用する機械の管理や操作、土木工事の現場管理など行える業務が変わります。

そして7種類ある資格のすべてが1級と2級に分かれていて、1級保持者は監理技術者、2級は主任技術者として認定されます。(監理技術者と書くと施工監理に関係あると思われがちですが、施工監理は施工管理技士が行う仕事です)資格を取ることで国家資格保持者として公の場で認められるため、建築業界において名刺代わりとなる高い信用を得ることができます。

監理技術者、あるいは主任技術者は建設業法で建築現場にいることが決められている存在であり、監理技術者は大規模な元請工事、主任技術者は小規模な元請工事、または下請け工事の現場において配置が必要とされています。現場には常駐する必要があり、現場には最低一人いれば法律的には大丈夫ですが、有資格者の人数が多いほどその現場での仕事が信頼され、入札の際に有利になるといったメリットもあります。

給与面については、企業によっては資格保持者には数万円程度の資格手当が追加されることがあります。資格手当は企業により異なるため、資格を取得すると同時により良い待遇を求めて転職を考える人も多いようです。

施工監理の業務内容

施工管理とは、現場監督が工程におけるスケジュールを管理、調整し、施工の手順を検討する業務のことを指します。そして必要となる資材の注文を行い、管理現場で作業する職人たちの安全に気を配り、段取りも行う、作業現場の総合的な統率を引き受ける立場の業務となります。他にも役所への手続きや書類作成、専門工事業者との打ち合わせや建築士との連携も行う責任の重い業務であるため、建設業界の中でも高い給与が与えられます。

管理業務を実際に行うには、施工管理技士と呼ばれる国家資格が必要となります。そして施工管理の資格は全部で7種類あり、資格の種類によって建設現場で使用する機械の管理や操作、土木工事の現場管理など行える業務が変わります。

そして7種類ある資格のすべてが1級と2級に分かれていて、1級保持者は監理技術者、2級は主任技術者として認定されます。(監理技術者と書くと施工監理に関係あると思われがちですが、施工監理は施工管理技士が行う仕事です)資格を取ることで国家資格保持者として公の場で認められるため、建築業界において名刺代わりとなる高い信用を得ることができます。

監理技術者、あるいは主任技術者は建設業法で建築現場にいることが決められている存在であり、監理技術者は大規模な元請工事、主任技術者は小規模な元請工事、または下請け工事の現場において配置が必要とされています。現場には常駐する必要があり、現場には最低一人いれば法律的には大丈夫ですが、有資格者の人数が多いほどその現場での仕事が信頼され、入札の際に有利になるといったメリットもあります。

給与面については、企業によっては資格保持者には数万円程度の資格手当が追加されることがあります。資格手当は企業により異なるため、資格を取得すると同時により良い待遇を求めて転職を考える人も多いようです。

まとめ

施工管理と施工監理では立場や業務内容が大きく異なり、必要とされる資格も大きく違います。

建築業界に関わる上で、自分がどのようにキャリアアップをおこなっていきたいのか、その違いを理解した上で考えてみると良いと思います。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。