TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【施工管理を目指す方必見】施工管理技士が行う業務内容の種類(4大管理業務)を徹底解説!

施工管理技士は施工全体の管理業務に従事する仕事です。

その業務内容は幅広く、設計士との打合せから備品の発注まで多岐にわたります。その中でも、「工程管理」、「原価管理」、「品質管理」、「安全管理」が特に重要な施工管理の4大管理業務と言われています。

今回は施工管理技士にとって必要不可欠なこの4大管理業務についてご説明します。

施工管理技士が行う「工程管理」について

工程管理は、工事全体の進行、作業ごとの日程調整や作業手順について、効率の良い最善な工程表を作成し、工程表通りに進行しているか全体のスケジュールを確認する仕事です。また、順調に進んでいるように見えても、大雨や台風などによる工期の遅れが生じる事もあります。その場合は、予定を繰り上げて進める必要があり、もろもろの調整を施工管理技士が行うことになるのです。ほかにも、住宅街や道路などの工事は作業できる時間帯が決められていることが多く、いかに効率よく時間内に仕事を行えるように計画することが施工管理技士の腕の見せ所となります。

施工管理技士にとって工程表の作成が非常に大切です。すべての作業員は工程表をもとに作業を行うので、作業人員及び作業日数等の見誤りが生じれば、工期延長やコストの増加にも直結します。

安全第一に最大限の配慮を行うのはもちろん、工事がより円滑に進み、品質の高い工事を効率良く行い、全体に目配り及び気配りすることが工程管理の肝です。

建設業界の転職ならビーバーズ

施工管理技士が行う「原価管理」について

原価管理は、工事に要する全ての総費用を調整して、工事の利益確保を行う事を指します。

工事における原価とは、コンクリートや鉄骨、アスファルトなどの素材、ショベルカーやクレーンなど工事に必要な機器のレンタル費用(多くの建築会社ではトラック以外はレンタルしていることが多い)、社員、日雇い労働者に対する人件費などを指します。

膨大な素材を必要とする建築業は、金属相場の値動きをもろに受ける業種でもあります。また、建築業の日雇い、契約社員は時給が高く、また送迎や昼食代なども負担することが多く、売り上げに対する比率が高めです。

工事には決められた予算があり、人件費や材料、資材費等の原価を詳細に積算し、予算に対して実行予算が超過しないように、工事の進捗状況と出来高と並行して原価管理を行います。

大規模な工事を受注できたとしても、予算に対して原価が超過すれば、会社として妥当な利益を得る事ができず、最悪の場合、会社の経営にも影響を及ぼしてしまいます。そういった観点からも原価管理は非常に大切な業務の一つになります。

施工管理技士が行う「品質管理」について

品質管理は仕様書や設計図通りの品質を満たしているのかを確認する業務です。

例えば、水道管に水漏れがないか、床は水平か、といった当たり前のチェックから、防音、防寒性のチェックなど、その業界ごとに品質評価の対象項目が細かく分けられており、基準に適合した品質試験を実施し、作業ごとに対して品質確認を行います。パイプや基礎などの表に出ない部分は、施工主への報告や、引き渡し後の資料として、作業中の工程を写真で残すこともあります。

品質に対しての問題点や改善方法を随時チェックすることで、工事の品質向上や安定した工程の進捗に寄与できるので、施工管理技士の重要な業務の一つとされています。

施工管理技士が行う「安全管理」について

安全管理とは言葉そのままの意味で安全に対して指導を行ったり、事故が起きないように安全な作業環境を整備することです。どのような現場においても、工事開始から完了に至るまで無事故で終えることが最優先されます。

特に、工事現場の事故は人命に直結することもあるため、もし、現場で事故が発生したら、工事規模の大小に関わらず失敗に等しいものとなります。例えば、2020年に起きた飲食店のガス爆発事故のように、建築にまつわる事故は大きな悲劇を引き起こすこともあります。

施工管理技士は現場において事故が発生する事を想定して、ありとあらゆる安全対策を行うことが重要であり、現場環境や天災など様々な要因を考慮して危険を排除することが求められます。

まとめ

施工管理技士が行う4大管理業務についてご紹介しましたが、他にも発注者や設計者との打ち合わせ業務、技術者や作業員への指導を行う「監督業務」なども施工管理技士の役割です。

ちなみに、施工管理技士が行う現場監督業務は工事案件規模によっては資格を必須としない仕事もありますが、今回ご紹介した施工管理の4大管理業務を行う上で、国家資格である施工管理技士資格の勉強によって得られる知識は実務上の観点で必ず必要になります。

現場作業員と混同される事が多いので、施工管理技士にできることを理解し、資格の取得などキャリアアップの参考にしてください。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。