TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【徹底解説】造園技能士と造園施工管理技士の違いとは

造園技能士とは

日本庭園はもちろん自然を活用した庭もございますが、ほとんどは人の手【造園技能士】によって作られています。造園技能士は、庭造りのプロフェッショナルといえます。

一方で、一般家庭の小さなお庭を造っている方がいるように、造園そのものは資格がなくてもできます。それでは造園技能士とは何を指すのでしょうか。

造園技能士は、造園に関するプロかどうかを示すための資格です。造園業に携わりたい方は、造園技能士の資格を取得しているか否かで、就職の際に大きく影響が生じます。

造園技能士になるためには、国家試験に合格し資格を取得しなければなりません。試験は、1級~3級まで存在し、3級は造園にかかわったことが無い人でも受験することができます。

1級は7年、2級は2年以上の実務経験がないと、受験することができません。また、施工管理系の資格試験同様に、大学の指定学科を卒業していたり、最終学歴が高校卒業までだと、実務経験の年数が短縮したり、長くなったりしますので、貴方自身がどこに該当するのか注意が必要です。

造園技能士の仕事内容は、もちろん造園に関わる仕事が主になります。下記にていくつかご紹介させていただきます。

・造園業務とは、施設や一般家庭の庭園を造ることです。庭園には様々な種類が存在するためどのような庭園でも対応できるような技術力が求められます。勿論、造園した後も植物が成長したら手入れ業務などのメンテナンスの仕事もございます。

・商業、公共施設の緑化施設整備も造園技能士が請負う仕事になります。緑化施設整備とは、自然と一体化した施設を作り整備することを言います。近年とても増えてきている造園業務になります。造園技能士は、造園をはじめ敷石や植栽、土地の整備などについての知識や技術を有していますので、緑化施設整備の仕事も任されます。

・街路樹・公園の植物の管理整備も造園技能士の仕事になります。整備作業の多くは剪定職人が担当しますが、造園技能士の場合はノウハウを生かして管理、整備の時期を判断することも仕事になります。

造園技能士の勤め先は、造園会社がメインになるでしょう。一般家庭や公共施設の庭園を造ったり緑地の整備を行う仕事ですが、造園会社も実際に仕事内容に差異がありますので、自分が本当にやりたい仕事ができる会社なのかどうかについては、あらゆる手段にて正確に把握した上で入社されてください。

造園施工管理技士とは

造園施工管理技士とは、造園分野の中でも、施工計画から工程管理、資材調達、品質管理、安全管理などに携わる仕事になります。

造園施工管理技士は、国家資格である「施工管理技士」の一種になります。工事の中でも「造園」の分野で施工計画から工程管理、資材調達、品質管理、安全管理などに携わる仕事になります。造園施工管理技士の国家資格は実務経験がなくては取得できません。造園会社などで職人の経験を積み、資格取得を目指すのが普通です。

この仕事は技術職であるため、経験やスキルがある人ほど多くの収入を得やすい傾向があります。緑地工事、庭園工事、公園工事、道路緑化工事など、造園工事がどのような時代にも行われており、そこでの現場監督になれる造園施工管理技士は様々な仕事があります。ただし、現場ではスキルが重視されるため、下積みから経験を積む必要があります。

造園施工管理技士になるためには、【一般財団法人 全国建設研修センター】が実施する造園施工管理技士試験を受験し、合格する必要があります。

参考:全国建設研修センター

大学の指定学科を卒業していたり、最終学歴が高校卒業までだと、実務経験の年数が短縮したり、長くなったりしますので、貴方自身がどこに該当するのか注意が必要です。造園施工管理技士を目指すのであれば、実務経験を積むことができる会社に就職することが最初のステップになります。

また造園施工管理技士について詳しく仕事内容や年収などについての記事もございますのでよろしければ併せてご覧ください。

造園技能士と造園施工管理技士の違い

造園技能士と造園施工管理技士の違いは、シンプルです。造園技能士は、造園業に対しての技術を身に着けたことを証明する資格になります。造園施工管理技士は、設計や施工を管理する業務を行う資格になります。

造園技能士は、技術者を指し、造園施工管理技士は、監督者を指すことになります。この記事を見ている方は、違いを正確に理解した上で、どちらになりたいか考えてみるのも一つです。造園施工管理技士の資格を取るには実務経験が必要ですので、どのみち造園技能士の先輩と触れ合う機会はたくさんあると思います。

造園技能士と造園施工管理技士の将来性

造園技能士、造園施工管理技士は個人の庭園を造ることは、もちろんのこと公共工事に関わることもできます。

「まちづくり」の事業を行う上で欠かせないです。日本は都市化が進むなかで、ビルの屋上緑化や樹木管理などのニーズはかなりと増えてきているとされ、造園技能士、造園施工管理技士が活躍できる場は今後さらに増えてくるとされています。

造園技能士、造園施工管理技士は、おもに造園業を営む会社に勤務していますが、会社の規模は大手から個人経営の小さなところまでさまざまであり、勿論、労働環境や働きやすさは、勤務先によって変わります。

会社によっては造園以外に土木や建築の工事も手掛けており、さまざまな仕事を任され経験できる会社もあります。造園技能士、造園施工管理技士として働いた経験を生かし、将来的には独立して個人の造園会社を設立することも可能です。

まとめ

造園技能士と造園施工管理技士の違いについてご理解いただけましたでしょうか。造園業界で働くうえで、2つの資格【造園技能士、造園施工管理技士】のいずれかの取得は、必須です。技術者として目指すのであれば、造園技能士、監督者として目指すのであれば、造園施工管理技士です。

3級造園技能士以外は、実務経験が必要ですので、両方の資格要件をクリアする上でも、造園会社に就職し、下積みが必要です。実務経験の期間が終わり次第、国家試験を受けてることができます。造園業界の将来性も比較的明るく、都市部でも緑化施設整備で屋上に庭園を造ったりと都市部でも仕事はございます。

造園業界はニッチですので、情報も少なく、仮に働き先を検討される際にはどの人材紹介会社に相談すればよいのかわからないかもしれません。建設業界に特化をしたエージェント「ビーバーズ」にご相談いただければ造園業界の就職・転職活動のお力になれますので、お気軽にご相談ください。

もしあなたが、「建設業界で独立したい」「フリーランスとして業務委託案件を獲得したい」「今の働き方を変えたい」と考えているのであれば、ぜひ「ビーバーズフリーランス」をご利用ください。弊社エージェントが、あなたのご要望にぴったりのフリーランス案件の紹介させて頂きます。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。