TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【超高齢化社会】施工管理技士の若手不足はどうなる?若手不足の理由と改善策を徹底解説

施工管理技士の若手不足の現状

画像1

建設業就業者は年々減少傾向にあります。全産業の平均就業者数が横ばいなのに対して、建設業は1997年を境に減少し続けております。1996年まで建設業就業者数は全産業就業者数の1割を超過しておりましたが、2016年では全産業就業者数の1割の約半数まで減少していることがわかります。そして、この減少傾向は建設業界における若手において特に顕著であり、年々減少が加速しております。

参考文献:ゼネコンが悲鳴! 若者離れ、人手不足に悩む建設業界の将来性

また、技能労働者も減少しています。ピークであった1998年には455万人いた技術技能者も、2011年では331万人に減り、約100万人以上も減っています。

画像2

また、全産業と建設業界の有効求人率を比較してみると、建設業界に関わる分野は全産業に比べて有効求人率が高く、一人あたりの求人数の多さがわかります。

施工管理技士が若手不足となる理由

若者から魅力的に映らない

施工管理技士を目指す若者が減少している理由として、「きつい、きたない、危険」のいわゆる3Kのイメージが強いこと、そして建設会社の経営方針や働き方が古い慣習に囚われたままであり、福利厚生や休日などが充実していないことが原因であると考えられます。

若者たちからのイメージを回復するためには、施工管理の仕事の魅力を改めて知ってもらうために業界全体で若者向けにアピールする、また実際に現場を体験してもらい仕事のやり甲斐を感じてもらうことが必要です。また別の観点では、建設業界全体のイメージを刷新するべく、各建設会社がブランディング戦略に本気で取り組むなども効果的かと思います。いずれにしましても、将来を担う若者が建設業界に興味を持ってもらうために、あらゆる改善をしていく必要があります。

施工管理は精神力と体力が共に必要な仕事

施工管理の仕事環境はハードなものです。現場では、工期次第では、季節や天候関係なく長時間の労働が強いられます。施工管理技士は直接的に肉体労働をするわけではありませんが、労働時間の長さから肉体的にも精神的な疲労が蓄積されます。心身共に疲労がたまりやすい仕事であるため、施工管理技士には精神力も体力も求められるのです。

長時間労働やサービス残業が横行している

前述していますが、施工管理は他の職種と比較して、労働時間が長いことが人材不足の要因です。これは、建設業界の多重下請けなど業界全体の構造が大きな原因の1つですが、一方で各建設会社オーナーによる昔ながらの経営方針や古い経営体質が拍車をかけることによりワークライフバランスが整った求人があまりに少ないという現象が、若手の建設離れをさらに加速させております。サービス残業や週休1日制が当たり前となってしまっていては、今の「働き方改革」という時代に流れに取り残され、若者が敬遠するのは容易に想像ができてしまいます。人手の確保にはこう言った経営体質そのものの抜本的な改善が必要不可欠です。

施工管理技士が急速に高齢化している

建設業における高齢化は急速に進んでおり、他の業界に比べても顕著です。また今後、高齢の職人が大量に退職することにより、更なる人手不足が予想されます。

施工管理技士の若手不足を解消する改善策とは

高度外国人材の採用

高度外国人材の採用は今後の施工管理の人手不足の解消の鍵です。
高度外国人材の採用に関しては過去に3つほど記事がございますのでこちらも併せてご覧ください。

IT化の導入により生産性を上げる

建設業界はIT化が遅れています。仮に図面の作成や施工管理そのものにおいて少しでもIT技術を導入できれば、一人一人の生産性が上がり働きやすくなります。建設業界の3Kというイメージもなくなり、女性まで働きやすくなります。しかし、現在IT化が遅れている原因として、建設会社がITに精通した人材を採用できないという問題があり、その観点からも人材確保が重要な課題となっております。

ワークライフバランスを整える

ワークライフバランスを整え、働き方改革や人材教育を行うことで、安定した人材採用が可能になった企業の成功事例が多くあります。ワークライフバランスを整えることは企業のイメージアップにも繋がり新卒、若手の人材も集まるでしょう。

施工管理の人手不足解消についてはこちらの記事でも解説しているものがあるためよろしければこちらも併せてご覧ください。

まとめ

施工管理技士は深刻な若手不足問題を抱えており、建設業界のあらゆる企業は様々な取り組みを行っています。重労働や年功序列といった建設業界の古き良き風潮は少しずつ緩和されていっています。新卒や若手の人材にとっては追い風になると言えるでしょう。また、多くの企業では業界未経験者の採用を積極的に行っており、入社後の研修や教育担当者を配置するなど手厚いフォローをしています。

もしあなたが、「建設業界で独立したい」「フリーランスとして業務委託案件を獲得したい」「今の働き方を変えたい」と考えているのであれば、ぜひ「ビーバーズフリーランス」をご利用ください。弊社エージェントが、あなたのご要望にぴったりのフリーランス案件の紹介させて頂きます。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。