TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【建設業界必見】リフォーム業界の将来性についての考察

リフォーム工事とは建物の一部を解体・撤去し、新しいものにすることを指し、内装・外装の2種類の工事があります。この記事ではリフォーム工事を行うメリットの紹介を交えながら、リフォーム業界の将来性について考察いたしました。

リフォーム工事とは

自己所有の家に住んでいる方々の多くは、長くその家に住み続ける為には老朽化に対するメンテナンス、維持が必要になるタイミングが出てくるかと思います。
家を長年にわたりしっかり維持していく為にメンテナンスは大事であり、最低限行うべきものです。また、長期間同じ家に住み続けていると、新しい内装に憧れるなど、改装工事を検討される方もいらっしゃるかと思います。
こういったことがリフォームに該当します。費用面では数百万~数千万円かかるものまで様々です。現在、日本ではリフォームを検討する方々が増加してきており、住宅のリフォームは人生のイベントの1つとして認識されつつあります。

内装リフォーム工事と外装リフォーム工事

内装リフォームとは

内装リフォーム工事の内装と言うのは、床、天井、台所、トイレなど、家の中のあらゆる部分の工事を指しています。施工業者によっては、水まわりは工事に関しては内装リフォームと言わずに、別の言い方をしていることもあるので注意しましょう。
また、リフォーム工事内容によって、設備を外に出して作業を行う場合もあります。特に、水まわりに関するリフォームでは、早めの業者問い合わせがお勧めです。

外装リフォームとは

外装リフォーム工事の外装と言うのは、家の外にある色々な設備を指しています。例えば、玄関アプローチやカーポートも外装の中の一つです。
外装リフォーム工事が必要な部分は、常に雨風に晒されており、傷みやすいことが特徴です。なので、内装リフォーム工事と比較すると、こまめにメンテナンスを行う必要があり、外装リフォーム工事は需要が高くなっています。

リフォーム工事のメリットとは?

リフォーム工事のメリットは主に、費用面と工事期間の短さなどにあります!

費用相場は割安

リフォームの費用相場は、30〜35坪程度で約1000~1800万円となっています。リフォームを行う住宅の面積や、工事の内容、設備の価格にもよりますが、基本的には上記の相場に収まる傾向にあります。
新たに土地を探して新築の家を建てたり、元の家を解体して建て替えたりした場合と比較すると、家をリニューアルする方法の中では、最も安い選択肢と言えるでしょう。
また、建物の保存状態が良く、既存の間取りや設備を上手く活かしたプランニングを行うことができれば、費用を約1000万以内に抑えることも可能です。

工事期間が比較的短い

建て替えと比較すると、リフォームは、約3カ月以内という短い期間で行うことができます。ただし、全面リフォームやスケルトンリフォームなど、工事の規模が大きくなると、約半年以上の工事期間になることもあるため注意が必要です。
しかし、工事の進め方次第では、家にいながらリフォームを進めることもできるため、仮住まいの家やその費用を手配する必要がなく、待ちの期間を短縮することは可能です。

税金面の負担が少ない

リフォームで新築のように綺麗な家を手に入れても、「建築確認申請」が発生しなければ、基本的には固定資産税の見直しの対象にはならず、税額が上がることはありません。
建築確認申請とは、これから建てようとしている建物が、法律や条例に違反していないことを自治体に届け許可を得る作業のことです。
新たに新築する場合だけでなく、部屋の増築や建物の用途変更、解体する面積が大きく改修する内容が多いリフォームなどは、建築確認申請を済ませておく必要があります。
建築確認申請を行うと、建物の固定資産税が見直され、税額が上がることがあるため注意が必要です。しかし、耐震改修工事や断熱改修工事、バリアフリー化工事、太陽光発電の設置工事などがリフォームに含まれている場合は、固定資産税の軽減制度を受けられる自治体もあります。
これらの申請では、工事前の現場写真が必要になるため、着工前に申請の手続きを始めておくと良いでしょう。

リフォーム工事における今後の予測

日本の少子高齢化により、新築住宅を購入できるご家族の絶対数は減っております。また、多様性社会の浸透に伴って、必ずしも中古住宅より新築住宅の方が良いと考える方々ばかりではなくなってきております。
中古物件を購入する人は、リフォームして自分好みの家にするというのが前提な場合が多く、中古市場に伴ってリフォーム業界も人気が出てきているのです。
これらの背景から推察できる通り、新築着工件数の伸びは期待できませんが、リフォーム市場は今後、成長していくことが予測できるのです。
近年では、経済的な不安、不景気も相まって、費用を安く抑えられる中古物件を購入する人も増えつつありますので、リフォーム市場規模の拡大をさらに後押ししている状況です。新築物件のみを扱っていた建設・不動産業者も、最近ではリフォームを中心とした新規営業の展開を始めております。

まとめ

今後、新築住宅市場がなくなるわけではありませんが、リフォーム業界の需要拡大は容易に予測ができます。
建設業界全体の流れとしても、新築工事から改修工事、新築住宅工事からリフォーム工事やリノベーション工事に注力し始めている企業が増えているなど大きな動きがあります。
建設業界にて今後のキャリアに対する不安を感じられている方、もしくは転職を検討されている方は、将来性という観点でリフォーム業界を1つの選択肢にしてみてはいかがでしょうか。

もしあなたが、「建設業界で独立したい」「フリーランスとして業務委託案件を獲得したい」「今の働き方を変えたい」と考えているのであれば、ぜひ「ビーバーズフリーランス」をご利用ください。弊社エージェントが、あなたのご要望にぴったりのフリーランス案件の紹介させて頂きます。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。