TEL
メニュー
person standing near the stairs

不動産営業のやりがいと魅力
職種別の仕事内容や転職成功のコツを解説

不動産営業のやりがいと魅力|職種別の仕事内容や未経験から転職する方法を解説

不動産 転職

不動営業とは、不動産の売買や賃貸の仲介を行う仕事です。不動営業のやりがいや魅力はさまざまですが、主に以下のような点が挙げられるでしょう。

  • 顧客の人生に関わることができる
  • 自分の成果がはっきりとわかる
  • スキルや知識を身につけることができる

不動産は人生で一番大きな買い物と言われており、顧客の人生に貢献できる仕事です。また、成約した物件の数や金額によって、自分の実績がはっきりとわかる仕事でもあります。このような仕事の中で、さまざまなスキルや知識を身につけることができるのも、不動営業の魅力と言えるでしょう。

そこで今回は、不動営業のやりがいと魅力はもちろんのこと、職種別の仕事内容や未経験から転職する方法などを詳しく解説します。不動産営業に就きたい方はもちろん、不動産営業に興味のある方も、ぜひ参考にしてください。

不動産営業とは? 仕事内容や役割を解説

不動産営業とは、不動産の売買や賃貸を仲介する仕事です。不動産営業の主な役割は、以下のようになります。

  • 顧客のニーズや希望に合わせて、物件を紹介すること
  • 物件の内覧や契約手続きをサポートすること
  • 物件の価格設定や市場動向を分析すること
  • 顧客とのコミュニケーションや信頼関係を築くこと

また、不動産営業にはさまざまな種類があります。

以下は、不動産営業の主な種類と役割です。

不動産売買

不動産売買は、一般の居住者に向けて一戸建て・建売住宅・分譲マンション・土地などを販売する仕事です。

不動産売買には、自社物件を販売する場合と、工務店やビルダーと契約して新築物件を販売する場合があります。

不動産賃貸

不動産賃貸は、住まいを借りたい方と貸したい方の仲介を行うのが仕事です。不動産賃貸では、オーナーから物件情報を得たり、オーナーと一緒に家賃をを検討したりします。

不動産仲介

不動産仲介は、不動産の売買や賃貸を仲介する仕事です。不動産仲介には、マンションやアパートなどの居住用物件と、事務所や店舗などの事業用物件があります。

不動産投資

不動産投資は、土地や建物などに投資して利益を得るのが仕事です。不動産投資では、空き地にアパートや駐車場などを建設してもらい、大家になって賃借料を得ることで利益を上げるという方法もあります。

リフォーム

リフォームは、既存物件の修繕や改装などを行うのが主な仕事です。リフォームでは、顧客が問い合わせから来店し、相談・検討した上でリフォーム契約を結ぶのが一般的です。そのため、リフォームでは、工事に関する知識も必要となります。

このように、不動産営業は人と接することが多く、高いコミュニケーション能力や交渉力が求められる職種です。また、市場情報や法律知識も重要です。それ以外にも、不動産営業では、自分で物件探しをしたり見学したりすることも多いため、相応の体力も求められる仕事と言えるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産営業のやりがいは? 仕事の魅力とメリット

不動産営業のやりがいは、顧客の不動産購入や売却に関わり、顧客の夢を叶えることです。

不動産営業の仕事には、以下のような魅力があります。

顧客との信頼関係を築くことができる

不動産営業においては、顧客が自分の人生に大きな影響を与える物件を選ぶため、営業担当者に対して期待や不安を抱きます。

そこで営業担当者は、顧客のニーズに応えるために、情報収集や物件紹介などを行うのが仕事です。そして、顧客の希望を叶えれば「ありがとう」と感謝されたり「依頼して良かった」と言われたりすることで、仕事にやりがいを感じることができるでしょう。

不動産全般の知識を得られる

不動産営業では、自分が扱う物件だけでなく、周辺環境や市場動向なども把握する必要があります。そのため、不動産関連の知識や情報を常に更新し、自分自身も学び続けることで、不動産全般の広い知識を得ることが可能です。

資格取得でキャリアアップできる

不動産営業では、宅建やFP (ファイナンシャルプランナー)などの資格を取得すると有利です。資格取得することで、法律知識や金融知識などを身につけることができます。また、資格を取得したことをアピールすることで、顧客から信頼される存在になるでしょう。

不動産会社によっては、これらの資格の取得を支援してくれる企業もあるため、就職や転職の際に調べておくのがおすすめです。

高額な収入を得られる可能性がある

不動産営業は、年齢や性別、学歴不問で高収入を得られる職種の1つです。売上や成績がインセンティブの金額を決めるため「頑張ったのに年収が上がらない」という不満が起きづらい仕事と言えるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産営業のデメリット

ノルマが厳しい

不動産営業では、毎月の売上や契約数などの目標を達成する必要があります。そのため、もし目標を達成できなかった場合には、インセンティブが減額されたり、残業や休日出勤が増えたりする可能性があるでしょう。

給料が安定しにくい

不動産営業は、売上や成果に応じてインセンティブが支払われるため、常に安定した収入が保証されていません。また、不動産の価格変動や市場環境によっても収入は変わる可能性があります。

休みが不定期

不動産営業は、契約希望の顧客にスケジュールを合わせることが多いため、繁忙期や大型連休などによって、仕事量が減ったり増えたりしやすいのが特徴です。また、残業や出張も多くなることもあります。

クレームに対応する必要がある

不動産は金額が高くて大きい商品であるため、顧客からのクレームや苦情に対処することも多くあります。そのため、精神的にストレスを感じることもあるでしょう。

パワハラやモラハラを受ける可能性がある

不動産営業は、今でも体育会系気質の会社が多いと言われています。もし、このような会社に就職や転職してしまうと、古い考え方を引きずった経営者や先輩からの指導や圧力に耐えなければならず、自分の意見や感情を表現することが難しい場合もあるでしょう。

そのため、転職エージェントなどを活用して、安心できる優良な会社を選ぶことが重要です。

今すぐ応募できる求人はこちら

\非公開求人/

新築メインの建築施工管理求人

月収
750000
勤務地
東京都港区
募集職種
一級建築施工管理技士

\非公開求人/

中古マンションのリノベーション

月収
450000
勤務地
神奈川県横浜市
募集職種
住宅マンションの施工管理

\非公開求人/

スーパーゼネコンの土木施工管理

月収
580000
勤務地
大阪府大阪市
募集職種
土木施工管理技士

\非公開求人/

大手ゼネコンの現場事務

月収
340000
勤務地
関東圏内の各エリア
募集職種
大手ゼネコンの現場事務

\非公開求人/

住宅中心の太陽光発電設置工事

人月単価
450000
勤務地
埼玉県全域
募集職種
太陽光発電設置工事

\非公開求人/

集合住宅のアフターメンテナンス

人月単価
400000
勤務地
福岡県博多市
募集職種
集合住宅のアフターメンテナンス

\非公開求人/

大型物件の解体工事

人月単価
500000
勤務地
栃木県栃木市
募集職種
大型物件の解体施工管理

\非公開求人/

大手ハウスメーカー下請けの大工

人月単価
700000
勤務地
大阪府大阪市、愛知県名古屋市、沖縄県
募集職種
住宅の大工

不動産営業の平均年収と収入を上げるコツ

不動産営業の平均年収

不動産営業の平均年収は職種や会社によって異なりますが、令和3年度の調べでは、約426万円となっており、他業界の営業職よりも比較的高めです。

ただし、不動産営業の年収はインセンティブ (歩合制)で決まるのが一般的であるため、基本給が低く、売上分を給与に反映する仕組みが採用されているのが特徴です。

不動産営業で収入を上げるためには、どのような雇用契約を結ぶかが大きく関係しますが、まずは売上をあげることが重要です。また、同じ不動産営業でも「売買」と「賃貸」では稼げる年収が違います。それは、扱う物件の価格が違うからです。

不動産営業の収入を上げるコツ

不動産営業で年収を上げるためには、以下のようなコツがあるので、ぜひ参考にしてください。

同じ会社に長く勤める

人の移り変わりの激しい不動産業界では、長く勤めてくれる人材は貴重な存在です。そのため、昇給により年収が高くなることに期待ができるでしょう。

営業マンとして成果をあげる

前述したように、不動産営業は、個人的な成果を上げることで給料が上がる仕事です。また、自分自身も成長しやすくなるため、より高収入になる可能性が高まるでしょう。

宅建などの資格手当を狙う

企業によっては、宅建資格手当や役職手当などが支給される場合があります。これらは固定的な収入源として有効です。

独立開業する

自分で独立・起業して、不動産物件やサービスを提供することで、自由度や利益率を高めることができます。ただし、リスクも高いですし、独立開業するための準備や知識も必要です。

転職する

自分に合った不動産会社や職種を見つけて転職するのも、収入を上げる効果的な方法の1つです。転職する際は、できるだけご自分の得意な分野を活かせる転職先を探すのが、成功のポイントです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

未経験から不動産営業への転職に成功するためのポイント

Man in Black Holding Phone

不動産営業は、顧客の人生に関わる大きな買い物をする仕事です。そのため、以下のようなポイントをアピールすることで、未経験からでも転職活動を有利に進めることができるでしょう。

コミュニケーション能力をアピールする

不動産営業は、顧客との信頼関係を築くことが重要です。そのため、話し方や聞き方、表情や態度など、コミュニケーション能力が高いことをアピールしましょう。

また、異業種や異文化の人とも円滑にコミュニケーションできることが評価されるケースもあります。

勉強熱心さをアピールする

不動産営業では、常に最新の情報や知識をキャッチアップし続ける必要があります。そのため、勉強熱心で自己学習能力が高いことをアピールしましょう。

また、資格取得やセミナー参加などを積極的に行っていることも。好印象を与えるポイントです。

人間性をアピールする

不動産営業は、顧客のニーズや感情に寄り添うことの多い仕事です。そのため、人間性が高く、優しくて思いやりがあることをアピールしましょう。

また、自分から積極的にアプローチしたり提案したりする姿勢も大切です。

不動営業に必要となるスキル

two women sitting on chair

交渉術

不動産営業は、利害関係の対立する顧客を同時に相手にすることもよくあります。そのため、相手によって話し方や言葉選びを変える臨機応変さや、物件の魅力を伝えるプレゼン能力、迷っている際の決断を後押しするいい意味での「強引さ」など、総合的なコミュニケーション能力が求められる仕事です。

ストレス耐性

不動産営業は、さまざまな面でストレスのかかりやすい仕事です。営業先でろくに話を聞いてもらえないこともありますし、無理難題やクレームをつけてくる顧客もいます。また、日々のノルマとも戦っていかなくてはなりません。不動産営業には、ちょっとやそっとのことではへこたれない、精神的なタフさが必要です。

自己学習能力

不動産営業は、世間のあらゆるところにアンテナを張り巡らせ、自身のもっている情報を日々更新していかなくてはなりません。そのため、社会情勢や世の中のトレンドに敏感で、情報収集が得意な人が、不動産営業としての適性があると言えるでしょう。

不動産営業に有利な資格

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、不動産業界では定番の国家資格で、不動産関連の知識および不動産売買の取引に関する法律の知識を習得できます。

また、不動産会社は業務に従事する者の5人にひとりの割合で専任の宅地建物取引士を設置する義務を負うため、資格を取得すれば転職活動で有利に働くでしょう。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、不動産の基礎知識だけでなく、税金や資産運用法についても身につけられる国家資格です。

FP技能士には3級・2級・1級があり、3級は受験資格がないため誰でも受験可能です。転職でアピールするためには2級以上の取得がおすすめです。

不動産鑑定士

不動産鑑定士は、不動産の価値を評価する国家資格で、不動産の市場価格や将来の収益性などを分析し、鑑定評価書を作成できます。

不動産鑑定士の資格があると、不動産売買や投資用物件の仲介において、顧客に対して信頼性の高い提案ができるようになるため、就職や転職の際に有利となるでしょう。

不動営業に向いている人の特徴

low-angle photography of man in the middle of buidligns

接客が好きな人

お客さまとのコミュニケーションが多く、信頼関係を築くことが重要なため、人と話すことが好きな人や外交的な人が向いています。

忍耐力のある人

不動産取引は高額で慎重になるため、契約までに時間がかかることが多く、プレッシャーやクレームにも耐えなければなりません。そのため、ポジティブに考えられる人や目標に向かって頑張れる人が向いていると言えるでしょう。

目標達成意欲がある人

不動産営業は、売上に応じてインセンティブが支払われることが多く、高収入を目指せる仕事です。そのため、日々数字や目標を追うことに楽しみを感じる人や成長意欲が高い人が向いています。

情報感度が高い人

不動産市場や消費者の動向、トレンドなどに敏感になり、最新情報をキャッチできる人が向いています。お客さまに適切な提案をするためには、不動産に関する幅広い知識が必要です。

学習意欲が高い人

不動産営業に必要な知識やスキルは、日々アップデートされているため、常に勉強する姿勢が必要です。不動産取引に関わる法律や税金などについても熟知しておくことが求められます。

細かいチェックや管理に長けている人

不動産営業では、スケジュール調整や物件のメンテナンスなど、さまざまな管理業務が発生します。物事に対するチェックや管理が行き届いている人は、漏れやミスを防ぎながら業務を遂行できるため、不動産営業に向いています。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

不動産営業のやりがいのまとめ

このように、不動産営業はハードな仕事ではあるものの、非常にやりがいのある職種の1つとして人気があるのも事実です。

ただし、未経験から不動産営業への転職を考える際は、自分が本当にその仕事に合っているかの自己分析を行い、しっかりと理解しておくことが重要です。

転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

関連するブログ

建設業界のお仕事探しは
ビーバーズへおまかせください。