TEL
メニュー
ビーバーズ

宅建士はやめとけって本当?ブラックな職場から上手に転職するコツを解説

不動産 宅地建物取引士 働き方やキャリア 転職

宅建士としてのキャリア構築は、不動産業界で働く多くの人にとって魅力的な選択肢ですが、時には厳しい労働環境に直面することもあります。そんな中で、自分に合った職場を見つけることは、プロフェッショナルとしての成長に不可欠です。

ただし、良い転職先を見つけるためには、自身のスキルと市場の需要を理解することが重要です。また、ブラック企業と言われるような職場からの脱出は、計画的に行う必要があります。そして、転職活動を成功させるためには、適切な情報収集と戦略的なアプローチが重要です。

そこで今回は、宅建士はやめとけと言われる理由や、ブラックな職場から上手に転職するコツを徹底解説します。現在の職場からの転職をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

目次

宅建士の仕事が「やめとけ」と言われる理由

宅建士の仕事が「やめとけ」と言われることがある理由には、いくつかの側面があります。以下に主な理由をまとめてみましたので、参考にしてください。

難易度が高く取得に時間がかかるから

宅建士の資格取得には、300〜400時間程度の勉強時間が必要とされており、その努力に見合うだけのリターンが得られないと感じる人もいます。

営業成績が自動的に上がるわけではないから

宅建士の資格を持っていても、それだけで営業成績が向上するわけではなく、実際の業務での成果には個人の努力やスキルが大きく影響します。

不動産業界の仕事がきついから

特に営業職では、顧客の都合に合わせた不規則な勤務時間や、ノルマのプレッシャーがあるため、仕事がきついと感じる人が多いです。

離職率が高いから

不動産業界は離職率が高く、特に中小や零細企業では、厳しい労働条件が原因で転職者が多いとされています。

クレーム対応が大変だから

高額な不動産取引においては、顧客からのクレームが発生しやすく、精神的にストレスを感じることが多いです。

ブラック企業が多いというイメージがあるから

不動産業界にはブラック企業が多いというイメージがあり、労働環境が厳しいとされています。

ただし、これらの理由は一面的な見方であり、宅建士の資格が役立つ場面や、不動産業界でのキャリアを築くための有効な手段であることも事実です。

また、資格を取得した後のキャリアプランや、個々の働き方によっては、宅建士としての仕事が非常に有意義であると感じる人も多くいます。重要なことは、自分自身の目標や働き方に合った選択をすることです。

不動産業界のブラック企業を見抜く方法と宅建士が注意すべきポイント

不動産業界のブラック企業を見抜く方法と宅建士が注意すべきポイントについて解説します。

ブラック企業を見抜く方法

ブラック企業を見抜く方法は、次のとおりです。

離職率のデータを確認する

高い離職率は、労働環境が悪い可能性を示唆しています。企業の離職率について調べることが重要です。

平均勤続年数を確認する

勤続年数が短い企業は、従業員が長く働けない何らかの問題があるかもしれません。

目標ノルマを確認する

ノルマが非現実的に高い場合、過度のプレッシャーがかかっている可能性があります。

社風/文化/働きやすさを確認する

転職サイトの口コミなどを参考に、実際の従業員の声を聞くことが大切です。

このように、不動産業界のブラック企業にはさまざまな特徴がありますが、それらを見抜くためには情報収集と分析が重要です。自身のキャリアと健康を守るためにも、慎重に判断しましょう。なお、これらを確認するためには、転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談するのがおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

宅建士が転職してキャリアチェンジに成功した事例

宅建士の転職とキャリアチェンジに成功した事例について、以下のポイントを中心に解説します。

転職を成功させた宅建士の事例

宅建士の資格を活かして不動産業界で転職を成功させた方々の事例があります。例えば、未経験からでも業界最大手のトップ営業を目指せるケースや、不動産管理の経験を活かして新しい会社へ移る事例などが挙げられます。

宅建士資格を活かした転職のコツ

宅建士資格は転職に有利ですが、必ずしも転職が成功するわけではありません。宅建士資格を持っていることで、未経験者でも一目置かれることがあり、面接評価が低くても採用される可能性があります。

宅建士資格が転職に有利な理由

宅建士の独占業務があるため、不動産業界では宅建士が必要です。また、不動産業を営む際には宅建士の設置義務があるため、宅建士は引く手あまたです。さらに、宅建士資格を持っていることは、勉強習慣があることをアピールできるため、転職市場で有利に働きます。

転職後の待遇のイメージ

宅建士の平均年収は450万円から500万円程度で、資格手当が支給されるケースが多いです。また、土日休みの求人も存在し、宅建士としての業務に深入りしても、ワークライフバランスを保つことが可能です。

これらのポイントを踏まえて、宅建士の資格を持つ方が転職市場で有利になる理由や、成功した事例を理解することができます。宅建士としてのスキルや経験を活かし、新しいキャリアを築くための参考にしてください。もし具体的な転職の相談があれば、不動産業界に特化した転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談することをお勧めします。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

今すぐ応募できる求人はこちら

\非公開求人/

新築メインの建築施工管理求人

月収
750000
勤務地
東京都港区
募集職種
一級建築施工管理技士

\非公開求人/

中古マンションのリノベーション

月収
450000
勤務地
神奈川県横浜市
募集職種
住宅マンションの施工管理

\非公開求人/

スーパーゼネコンの土木施工管理

月収
580000
勤務地
大阪府大阪市
募集職種
土木施工管理技士

\非公開求人/

大手ゼネコンの現場事務

月収
340000
勤務地
関東圏内の各エリア
募集職種
大手ゼネコンの現場事務

\非公開求人/

住宅中心の太陽光発電設置工事

人月単価
450000
勤務地
埼玉県全域
募集職種
太陽光発電設置工事

\非公開求人/

集合住宅のアフターメンテナンス

人月単価
400000
勤務地
福岡県博多市
募集職種
集合住宅のアフターメンテナンス

\非公開求人/

大型物件の解体工事

人月単価
500000
勤務地
栃木県栃木市
募集職種
大型物件の解体施工管理

\非公開求人/

大手ハウスメーカー下請けの大工

人月単価
700000
勤務地
大阪府大阪市、愛知県名古屋市、沖縄県
募集職種
住宅の大工

宅建士がポジティブな転職を成功させるためのポイント

 

宅建士がポジティブな転職に成功した事例には、以下のようなポイントがあります。

未経験でも積極的に挑戦している

宅建士資格を活かして、不動産業界未経験からでも大手企業や成長中の企業への転職に成功している例があります。特に、業界最大手の企業では未経験でもトップ営業を目指せる環境が整っていることが多いです。

キャリアアップを目指している

不動産管理の経験を活かして、より大きな企業や新しい分野への転職を実現している事例もあります。宅建士としての専門知識を生かしながら、キャリアアップを果たしています。

業界の変化に対応している

不動産テック事業など、新しい技術を取り入れた業界への転職も成功している例があります。これは、宅建士としての専門性を活かしつつ、新しい知識や技術を学ぶ意欲が評価されるケースです。

ダブルライセンスを取得しているケースもある

宅建士資格に加えて、他の関連資格を取得することで、転職市場での競争力を高めています。例えば、管理業務主任者やマンション管理士などの資格を持つことで、より多くの職種に対応できるようになります。

勤務形態を必ず確認している

転職前には、勤務形態や労働条件をしっかりと確認し、自分に合った働き方ができる企業を選ぶことが重要です。これにより、長期的なキャリアを築くための基盤を作ることができます。

これらの事例からわかるように、宅建士がポジティブな転職に成功するためには、資格を活かすだけでなく、自身の経験やスキル、業界の動向に合わせた柔軟な対応が必要です。また、転職活動では、自分のキャリアプランに合った企業を見極めることが大切です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

転職市場で求められる宅建士のスキルセット

転職市場で求められる宅建士のスキルセットには、以下のようなものがあります。

不動産業界における専門知識

宅建士として、不動産取引に関する法律や実務知識が求められます。これには宅地建物取引業法、民法、都市計画法などが含まれます。

コミュニケーション能力

顧客との交渉や契約時の説明など、宅建士はコミュニケーションが頻繁に必要とされる職業です。そのため、高いコミュニケーション能力が求められます。

営業スキル

宅建士は不動産会社において、物件の売買や賃貸の仲介を行うため、営業スキルも重要です。顧客のニーズを理解し、適切な物件を提案する能力が求められます。

マーケティング能力

市場の動向を分析し、物件の価値を正しく評価する能力も宅建士には必要です。また、新しい顧客を獲得するためのマーケティング戦略を立てるスキルも求められます。

問題解決能力

取引の過程で発生する様々な問題に対して、迅速かつ適切に対応できる能力が求められます。法的なトラブルの予防や解決にも関わるため、このスキルは非常に重要です。

ITスキル

現代の不動産業界では、ITツールを活用した業務が増えています。データベース管理やオンラインでの物件情報の管理など、基本的なITスキルが求められることが多いです。

チームワーク

宅建士は多くの場合、チームで働くことになります。そのため、チームメンバーと協力して業務を進める能力も重要です。

これらのスキルセットは、宅建士が転職市場で成功するためには欠かせないものです。特に不動産業界では、これらのスキルを持つ宅建士が高く評価されています。また、これらのスキルは他の業界でも応用可能であり、宅建士の資格を持つことで転職市場での選択肢が広がります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

宅建士が転職に成功するためのポイント

宅建士が転職に成功するためのポイントは、以下の通りです。

宅建士としての専門性を活かす

宅建士の資格は、不動産業界での転職に有利です。独占業務があるため、不動産業者は宅建士を必要としており、設置義務もあるため、宅建士は引く手あまたです。

経験を積む

実務経験を通じて、宅建の知識を実践的に活かすことが大切です。営業やコンサルタントとしての経験を通じて、市場のトレンドやニーズを把握しましょう。

学習とスキルアップ

宅建士としての知識を常にアップデートし、法改正などの変化に対応できるようにしましょう。また、努力して目標達成できることもアピールポイントになります。

転職市場でのニーズを理解する

不動産業界だけでなく、金融業界や建築業界など、宅建士の知識が求められる業界は多いです。市場のニーズを理解し、自分のスキルを活かせる職種を見つけましょう。

キャリアビジョンを明確にする

未経験でも宅建があれば転職できる可能性がありますが、どのようにキャリアを重ねていきたいかを明確にし、面接時に説明できるようにしましょう。

勤務形態を確認する

転職前には、勤務形態や待遇をしっかりと確認し、自分のライフスタイルに合った職場を選ぶことが重要です。

これらのポイントを押さえ、宅建士としての強みを活かしながら、転職活動を進めていくことが成功のポイントとなります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

宅建士の仕事とブラックな職場のまとめ

このように、宅建士として不動産関連の仕事に就くためには、宅地建物取引士試験という国家試験に合格する必要があります。しかし、難易度の高い資格を取得しても、ブラックな職場に就職していまい、仕事が嫌になる方が居られるのも事実です。

そこのように、資格を取得したからといって、必ずその仕事で成功するとは限りません。そこで、雇用環境の整った職場に就職することはもちろんのこと、ご自身がこの仕事に本当に合っているかをしっかりと自己分析しておくことが大切です。

そこで、不動産業界に特化した転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めることで、仕事に関する悩みを解消できる可能性が高まります。

また、専属のキャリアコンサルタントが、あなたの適性や客観的に自己分析してくれるため、ご自分に本当に向いている職種に気付けるかもしれません。

業界特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、あなたの自己分析のサポートをしながら、最適な転職先を提案いたします。

まずは「ビーバーズ」にお気軽に登録していただき、転職に関する悩みや疑問を相談してみましょう。

関連するブログ

建設業界のお仕事探しは
ビーバーズへおまかせください。