TEL
メニュー
ビーバーズ

主任技術者に必要な実務経験や資格、仕事内容や平均年収などを徹底解説

建設 主任技術者 働き方やキャリア 転職

主任技術者としてのキャリアを築くためには、多くの専門知識と実務経験が要求されます。なぜなら、主任技術者は、プロジェクトの成功を左右する重要な役割を担う職種であるため、非常に大きな責任を負うからです。

主任技術者に必要な実務経験や資格は、この職に就くための基盤となるもので、仕事の内容も多岐にわたります。しかし、ハードで責任の重い仕事であるにもかかわらず、平均年収は業界や経験によって大きく異なるため、転職時には注意が必要です。

そこで今回は、主任技術者に必要な実務経験や資格、仕事内容や平均年収などを徹底解説します。主任技術者に転職しようとお考えの方はもちろん、興味のある方も、ぜひ参考にしてください。

主任技術者とは?仕事内容やプロジェクトにおける重要性を解説

主任技術者は、建設プロジェクトにおいて重要な役割を果たします。以下に主任技術者の仕事内容とプロジェクトにおける重要性を解説します。

主任技術者の仕事内容

主任技術者は、建設現場において技術的な責任を担当します。具体的な仕事内容は以下の通りです。

技術的確認

主任技術者は、建設プロジェクトが技術的な基準や法規を満たしていることを確認する責任があります。これには、設計図のチェック、使用される材料の選定、施工方法の承認などが含まれます。また、工事が計画通りに進行しているかを監視し、必要に応じて技術的な指導やアドバイスを提供するのも重要な役割です。

施工管理

施工管理は、工事が計画どおりに、かつ効率的に進行するようにするためのプロセスです。主任技術者は、工程表の作成、進捗の監視、作業員の配置、機材の手配などを行います。また、予期せぬ問題が発生した場合には、迅速に対応策を講じる必要があります。

品質管理

品質管理は、建設プロジェクトの品質が設計仕様と一致していることを保証するための活動です。主任技術者は、材料の検査、作業の品質チェック、完成した工事の検査などを通じて、品質基準が遵守されていることを確認します。

安全管理

安全管理は、工事現場での作業員の安全を確保するための最も重要な責務の1つです。主任技術者は、安全基準の遵守、安全教育の実施、危険予知活動の推進、事故発生時の対応計画の策定などを行います。

主任技術者の重要性

主任技術者は、建設プロジェクトにおいて次のような重要な役割を果たしています。

技術的信頼性を保証する

主任技術者は建物や施設の技術的な側面を確認し、設計や施工に問題がないことを保証します。これにより、建物の信頼性と耐久性が向上します。

法的要件を遵守する

主任技術者は法的要件を満たすために必要な技術的な対応を行います。建築基準法や建設業法などの規制に適合することが求められます。

プロジェクトの成功に貢献する

主任技術者の適切な施工管理と品質管理は、プロジェクトの成功に直結します。品質の向上とスケジュールの遵守に貢献します。

このように、主任技術者の役割は、建設プロジェクトの安全性、品質、信頼性を確保するために欠かせないものです。

主任技術者に必要な実務経験と期間

主任技術者になるためには、以下の3つの基本要件があります。

  • 学歴:指定された学科を卒業した後に実務経験が必要です。
  • 資格:建設業種に応じた国家資格の取得が必要です。
  • 実務経験:1つの業種、または複数の業種に一定期間従事する必要があります。

具体的な条件は以下の通りです。

  • 高等学校の指定学科卒業後、5年以上の実務経験を積むこと。
  • 高等専門学校の指定学科卒業後、3年以上の実務経験を積むこと。
  • 大学の指定学科卒業後、3年以上の実務経験を積むこと。
  • 上記以外の学歴の場合、10年以上の実務経験を積むこと。

主任技術者に求められる資格

man, writing, laptop

主任技術者になるための資格一覧は、業種ごとに異なります。以下に主要業種別に必要な資格を紹介します。

土木工事業に必要な資格

  • 1級土木施工管理技士
  • 2級土木施工管理技士

建築工事業に必要な資格

  • 1級建築施工管理技士
  • 2級建築施工管理技士

電気工事業に必要な資格

  • 1級電気工事施工管理技士
  • 2級電気工事施工管理技士

管工事業に必要な資格

  • 1級管工事施工管理技士
  • 2級管工事施工管理技士

鋼構造物工事業に必要な資格

  • 技術士(鋼構造及びコンクリート)

舗装工事業に必要な資格

  • 1級舗装施工管理技士
  • 2級舗装施工管理技士

造園工事業に必要な資格

  • 1級造園施工管理技士
  • 2級造園施工管理技士

これらの資格は、建設業法に基づいて工事現場に配置すべき資格者として定められています。

資格取得後は一定の実務経験年数を重ねることが必要です。また、特定の技能検定や民間資格を取得することで主任技術者として認められる場合もあります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

今すぐ応募できる求人はこちら

\非公開求人/

新築メインの建築施工管理求人

月収
750000
勤務地
東京都港区
募集職種
一級建築施工管理技士

\非公開求人/

中古マンションのリノベーション

月収
450000
勤務地
神奈川県横浜市
募集職種
住宅マンションの施工管理

\非公開求人/

スーパーゼネコンの土木施工管理

月収
580000
勤務地
大阪府大阪市
募集職種
土木施工管理技士

\非公開求人/

大手ゼネコンの現場事務

月収
340000
勤務地
関東圏内の各エリア
募集職種
大手ゼネコンの現場事務

\非公開求人/

住宅中心の太陽光発電設置工事

人月単価
450000
勤務地
埼玉県全域
募集職種
太陽光発電設置工事

\非公開求人/

集合住宅のアフターメンテナンス

人月単価
400000
勤務地
福岡県博多市
募集職種
集合住宅のアフターメンテナンス

\非公開求人/

大型物件の解体工事

人月単価
500000
勤務地
栃木県栃木市
募集職種
大型物件の解体施工管理

\非公開求人/

大手ハウスメーカー下請けの大工

人月単価
700000
勤務地
大阪府大阪市、愛知県名古屋市、沖縄県
募集職種
住宅の大工

主任技術者の平均年収

主任技術者の平均年収は、各業種によって異なります。そこで以下では、電気主任技術者の年収を例にして解説します。

電気主任技術者(電験)の平均年収は、資格の種類や経験年数、役職によって異なりますが、おおよその相場は、以下の通りです。

  • 電験三種の平均年収:約350万円〜500万円
  • 電験二種の平均年収:約500万円〜600万円
  • 電験一種の平均年収:約600万円〜

なお、これらは一般的な傾向であり、具体的な企業や業界によっても異なります。電気主任技術者は、大規模発電所や施設、ビルメンテナンス業界などで活躍し、需要が高い職業です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

主任技術者へのキャリアパス

architect, plan, construction

次に、電気主任技術者を例として、主任技術者のキャリアパスを紹介します。電気主任技術者(電験)のキャリアパスは、資格の種類や実務経験によって異なります。

以下は、電気主任技術者のキャリアパスと将来性についての解説です。

電気主任技術者のキャリアパス

1. 電験三種

電験三種では、伝送交換主任技術者として、通信事業者やインターネットサービスプロバイダ (ISP) でのキャリアパスが考えられます。ここでは、ネットワークの設計・構築・運用・保守を監督します。

また、線路主任技術者として電柱や電線、地下ケーブルなどの通信線路設備の構築・保守・運用を監督することも可能です。ここでは、電話やインターネット回線などが対象となります。

2. 電験二種

電験二種を持っていると、発電所や変電所における電気設備の保守・監督を行うことが可能です。再生可能エネルギー企業にとって欠かせない人材となります。

3. 電験一種

電験一種は最上位の資格で、すべての事業用電気工作物を扱うことができます。発電所などの大規模施設でのキャリアパスが考えられます。

電気主任技術者は、電気通信設備の安全な運用と国民生活の安全・安心を守る重要な役割を担う仕事です。そこで、資格取得を目指す際には、試験の難易度や自身のキャリアプランを考慮して、適切な資格を選ぶことが大切です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

主任技術者の人材市場と転職事情

主任技術者の人材市場と転職事情は非常に複雑で、いくつかの要因によって左右されます。

需要の高さ

優秀な主任技術者は企業にとって非常に重要な存在です。プロジェクト遂行や技術的な意思決定において、主導的な役割を果たします。そのため、優秀な主任技術者を確保したい企業は多く、人材市場での需要は高い状況にあります。

専門性と経験

主任技術者になるには、高度な専門知識と長年の経験が不可欠です。新しい技術トレンドに精通し、複雑なシステムを設計・構築できる能力が求められます。こうした高い専門性を持つ人材は供給が限られているため、市場価値は高くなります。

年収水準

優秀な主任技術者の年収水準は比較的高めに設定される傾向にあります。上位10%の主任技術者の年収は600万円を超えるケースもあり、中堅クラスでも400万円前後が期待できます。高年収は転職を検討する大きな要因となっています。

ワークライフバランス

主任技術者は長時間労働や過剰な責任を強いられがちです。ワークライフバランスを重視する人材にとって、これは転職の大きな理由となり得ます。家族と過ごす時間の確保や、プロジェクト外の自己啓発の時間の確保などが求められています。

キャリアアップの機会

大企業に比べ、中小企業ではキャリアアップの機会が限られている可能性があります。主任技術者として更なるスキルアップとキャリアを求める方は、より大きな舞台を求めて転職を検討するのもおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

主任技術者のまとめ

このように、主任技術者は、建設現場における非常に重要な存在です。そのため、高収入を期待できるだけでなく、将来のキャリアアップにも大きく貢献する役職と言えるでしょう。

そこで、主任技術者への転職を考える際は、ご自分に合う職場を見つけるための自己分析を行い、仕事や企業への適性をしっかりと理解してから転職活動を行うことが大切です。

転職エージェントのキャリアコンサルタントのサポートを受けながら就職や転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングを通して自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

関連するブログ

建設業界のお仕事探しは
ビーバーズへおまかせください。