TEL
メニュー
ビーバーズ

マンション管理士の年収は?定年後も働ける?仕事内容や将来性を徹底解説

不動産 マンション管理士 独立・フリーランス 働き方やキャリア 転職

マンション管理士とは、マンション管理士試験に合格し、登録を受けた専門家で、マンションの管理組合や区分所有者からの相談に応じ、助言や指導などを行う国家資格です。マンション管理士は、多くの人々が安心して暮らせる住環境を支える重要な役割を担う仕事です。

マンション管理士の資格は2001年に制定されたため、その仕事内容や年収、さらには定年後のキャリアパスについては、あまり知られていないのが現状です。マンション管理士の仕事は、法律知識や建物管理の専門性を活かし、マンションの価値を維持し、住民の快適な生活をサポートすることで社会に貢献します。また、将来性についても、高齢化社会を迎え、より質の高い住環境が求められる中で、マンション管理士の需要は増すばかりです。

そこで今回は、マンション管理士の年収や定年後も働ける仕事内容や将来性を徹底解説します。これからマンション管理士を目指す方は、ぜひ参考にしてください。

マンション管理士とは?定年後も働ける仕事内容を解説

office, startup, business

マンション管理士は、マンションの適切な維持や管理に関する専門知識を持ち、管理組合のサポートやコンサルティングを行う国家資格者です。

2001年に施行された「マンション管理適正化法」によって設けられた比較的新しい資格で、日本の多くのマンションが管理組合によって運営されている現状において、専門的な知識とアドバイスが必要となっていることから設置されました。

マンション管理士の仕事内容

マンション管理士の主な仕事内容には以下のようなものがあります。

  • 管理費や修繕積立金の会計監査
  • 予算案や予算改定案の作成
  • 総会や理事会の運営サポート
  • 管理規約の改正や見直し
  • 管理コストの見直しや削減
  • マンション分譲に関する相談や助言
  • 管理委託会社の選定や変更
  • 災害時の緊急補修や大規模修繕の計画立案
  • 住民間のトラブル解決

マンション管理士は、マンション管理組合の運営をサポートし、適正なマンション管理を通じて良質なマンションストックの形成に貢献します。また、マンションの老朽化に対応し、長期的な修繕計画の策定や会計管理など、管理組合が直面するさまざまな課題に対して専門的なアドバイスを提供することが求められています。

定年後も働けるかどうかは、個々のスキルや経験、さらには健康状態などによりますが、マンション管理士は年齢を問わず、多くの中高年層が活躍している職業です。経験を活かした仕事が可能で、シニア層にも求人が多いため、定年後も働くことが可能な職業の一つと言えるでしょう。

マンション管理士の平均年収は?1000万円も可能?

マンション管理士の平均年収については、働き方で大きく変わる可能性があります。そこで以下では、働き方ごとのマンション管理士の平均年収を解説します。

企業に勤務するマンション管理士の場合

企業に勤務するマンション管理士の平均年収は、約528万円です。これは、国内の給与所得者の平均年収よりも高い水準です。

独立開業したマンション管理士の場合

独立開業したマンション管理士の平均年収は、約300万円です。ただし、独立開業したマンション管理士は、担当する物件の規模などにより、年収の格差が大きいという特徴があります。

マンション管理士全体の平均年収

マンション管理士全体の平均年収を調査したところ、マンション管理士を本業としている方の年間売上が400万円未満の方は78.3%と全体の約8割となっています。

また、年間売上が100万円未満のマンション管理士が全体の37.3%と最も多く、平均年収は400万円未満で100万円に近い数字であることがわかります。

しかし、100万円未満のマンション管理士が多い中で、平均年収が約300万円ということは、高年収を得ている方が一定数いるということです。実際に、全体の約5%のマンション管理士の方は、年収1,000万円以上の収入を得ているという状況です。

これらのデータは、マンション管理士の働き方や勤務先、地域などによって異なるため、一概には言えませんが、一般的な傾向として参考になるでしょう。また、年収1000万円を超える可能性もあるとされていますが、これは個々の実績や努力、市場状況によって大きく変わる可能性があります。

マンション管理士としてのキャリアを積むことで、より高い年収を目指すことが可能ですし、独立開業を含めたさまざまな働き方が選択できる職業です。定年後も活躍できるフィールドが広がっているため、長期的なキャリアプランを考える際にも魅力的な選択肢となるでしょう。

マンション管理士のキャリアパス

Crop unrecognizable female psychologist and patient discussing mental problems during session

マンション管理士のキャリアパスには、主に以下のようなものが挙げられます。

企業に所属する場合

マンション管理会社や不動産会社に就職し、管理業務主任者として現場で経験を積むことが一般的です。

企業内でのキャリアアップを目指し、上級管理職や専門コンサルタントへとステップアップすることも可能です。

独立開業する場合

マンション管理士として独立開業し、自身の事務所を設立する道があります。

独立後は、マンション管理組合から直接依頼を受け、コンサルティングや管理業務を行います。

高い専門性と経験を活かし、他の管理士とのネットワークを築きながら事業を拡大することも可能です。

コンサルタントとして活躍する場合

マンション管理士の資格を活かして、コンサルタントとして活動することも可能です。

大規模修繕計画の立案や、管理組合の運営サポートなど、専門的な知識を要する業務を提供します。

教育・研修機関での活動

マンション管理士としての知識と経験を生かし、後進の育成や研修講師として活躍することも可能です。

不動産・建設会社での専門職

不動産や建設会社において、マンション管理の専門知識を活かした職務を担うこともあります。

マンション管理士は、資格を取得した後も常に最新の知識や技術を学び続ける必要があります。そのため、継続的な自己成長が求められる職業であり、多様なキャリアパスが期待できるでしょう。

また、マンション管理士の仕事は、住民の生活の質を高めるだけでなく、コミュニティの形成や社会貢献にも繋がる重要な役割を担っています。老朽化対策や防災対策を通じて、住民の安全を守り、地域社会の防災力向上にも寄与する、やりがいのある仕事です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

今すぐ応募できる求人はこちら

\非公開求人/

新築メインの建築施工管理求人

月収
750000
勤務地
東京都港区
募集職種
一級建築施工管理技士

\非公開求人/

中古マンションのリノベーション

月収
450000
勤務地
神奈川県横浜市
募集職種
住宅マンションの施工管理

\非公開求人/

スーパーゼネコンの土木施工管理

月収
580000
勤務地
大阪府大阪市
募集職種
土木施工管理技士

\非公開求人/

大手ゼネコンの現場事務

月収
340000
勤務地
関東圏内の各エリア
募集職種
大手ゼネコンの現場事務

\非公開求人/

住宅中心の太陽光発電設置工事

人月単価
450000
勤務地
埼玉県全域
募集職種
太陽光発電設置工事

\非公開求人/

集合住宅のアフターメンテナンス

人月単価
400000
勤務地
福岡県博多市
募集職種
集合住宅のアフターメンテナンス

\非公開求人/

大型物件の解体工事

人月単価
500000
勤務地
栃木県栃木市
募集職種
大型物件の解体施工管理

\非公開求人/

大手ハウスメーカー下請けの大工

人月単価
700000
勤務地
大阪府大阪市、愛知県名古屋市、沖縄県
募集職種
住宅の大工

マンション管理士に求められるスキルセット

マンション管理士に求められるスキルセットは、以下のようなものがあります。

法律知識

マンション管理に関わる法律、特に民法や不動産関係法、マンション管理の適正化に関する法律などの知識が必要です。

実務処理スキル

法知識を実際の業務現場で生かすための実務処理能力が求められます。長期修繕計画の作成や管理規約の改定、予算策定など、事務作業が多いため、これらを適切に行うスキルが必要です。

コミュニケーション力

管理組合の依頼や要望の本質を掴み、専門家としての見解を正しく、わかりやすく伝えることができるコミュニケーション力が重要です。

対人関係力

住民や管理組合との良好な信頼関係を構築するための対人関係力が求められます。これには、寛容さや人間的魅力も含まれます。

問題解決力

管理組合からの依頼に対して、専門家の視点から客観的かつ合理的に解決策を提示できる能力が必要です。

ファシリテーション力

管理組合の運営に対して理解を示し納得感が持てるよう、意見を広く受け入れて調整し、合意形成と相互理解を導くファシリテーション力が求められます。

パソコンスキル

一定レベルのパソコンスキルや数字を見る力も必要です。これは、事務作業が多いため、効率的に業務を遂行するためには欠かせません。

これらのスキルは、マンション管理士としての専門性を高め、管理組合や住民から信頼されるサービスを提供するために重要です。また、継続的な学習と自己成長を通じて、これらのスキルを向上させることが求められます。

そのため、マンション管理士の資格取得後も、最新の知識や技術を学び続けることが大切です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

マンション管理士の将来性と業界の動向

 

以下では、マンション管理士の将来性と業界の動向について解説します。

マンション管理士の将来性

マンション管理士は、マンションやマンション管理組合の増加に伴い、需要が高まると予想されています。

日本国内ではマンション数の増加が見られるため、将来性がある職業と言えるでしょう。また、全国のマンションの約30%が老朽化しており、修繕が必要な状況であることから、マンション管理士の活躍の場は拡大しているとされています。

マンション管理士業界の動向

まずマンション管理士の市場規模については拡大傾向にあり、2025年には8,655億円に拡大すると予測されています。

一方で、マンションの管理員不足が深刻化しており、賃金や採用開始年齢の引き上げ、業務効率化などの対策が進められています。

また、上記のような理由から、競争の激化が予測されています。それは、資本力のある大手企業による寡占化が進んでおり、中小企業の淘汰や大手による買収が増えると考えられるからです。

そこで、大手管理会社においては経済成長が著しいアジアでの展開を進めており、国内事業と並行して海外事業も強化している状況です。

マンション管理における課題3つ

マンション管理においては、次の3つの課題が挙げられます。

1.二つの高齢化

二つの高齢化とは、入居者と建物の高齢化により、管理費が払えない人が出てきている状況を指します。

2.管理費の上昇

管理費は現在上昇傾向にあります。それは、労務費の高騰や資材費の増加により、管理料が上昇しているためです。

3.安全面の考慮

築年数が経過したマンションは修繕費がかかるばかりでなく、老朽化による事故の発生など安全面での考慮も課題となっています。

以上のような現状から、マンション管理士は安定した需要が見込まれる一方で、業界全体としては多くの課題に直面していることがわかります。これらの課題に対応するためには、IT化や業務効率化などの革新的な取り組みが必要な状況です。そこでマンション管理士としてのキャリアを考える際には、これらの動向を踏まえた上で、適切なスキルセットや知識を身につけることが重要です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

マンション管理士試験の年収のまとめ

このように、マンション管理士の年収は、働き方や管理する物件の規模によって大きく変わることがわかります。その平均年収は、300万円〜500万円と幅が広く、100万円未満の方も居れば、1,000万円以上の年収を得る方も居られるのが現状です。

ただ、マンション管理士の仕事に就くためには、マンション管理士試験という難易度の高い国家試験に合格する必要があります。マンション管理士試験の合格率は10%未満と非常に低いため、効率的な勉強法を取り入れ、計画的な学習を継続することが大切です。

ただし、資格を取得したからといって必ず成功するとは限りません。なぜなら、マンション管理士の仕事には、高いコミュニケーション能力や問題解決力といったスキルが必要だからです。

しかし、マンション管理士の適正のある方であれば、安定した仕事と収入に期待ができる人気の仕事に就くことができるでしょう。

そこでまずは、ご自身がマンション管理士の仕事が本当に合っているかをしっかりと自己分析しておくことが大切です。

そこで、不動産業界に特化した転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めることで、仕事に関する悩みを解消できる可能性が高まります。

また、専属のキャリアコンサルタントが、あなたの適性や客観的に自己分析してくれるため、ご自分に本当に向いている職種に気付けるかもしれません。

業界特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、あなたの自己分析のサポートをしながら、最適な転職先を提案いたします。

まずは「ビーバーズ」にお気軽に登録していただき、転職に関する悩みや疑問を相談してみましょう。

関連するブログ

建設業界のお仕事探しは
ビーバーズへおまかせください。