TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

施工管理技士を辞めたい人必見!判断材料や退職方法を徹底解説

施工管理技士として働くなかで、労働時間、人間関係、将来への不安等を抱えているけれど、なかなか人に相談できず悩んでいませんか?この記事では施工管理を辞めるか迷っている方々に向けて、よくある辞めたい理由や辞めようと思った際に取るべき行動についてまとめています。

実際の体験談も紹介しているので参考にしてください。

目次

よくある施工管理を辞めたい理由10選

施工管理を辞めたいと思った時に、なぜ辞めたいのかを自分のなかで明確にすることで、その後のキャリアへのヒントにしていくことができます。まずはよくある施工管理を辞めたい理由を紹介します。

1.長時間労働で休日が少ない

施工管理技士の業界では残業が当たり前となっています。厚生労働省のデータによると施工管理の残業時間は月に平均で38.5時間にも上っています。通常の社会人の残業時間が月平均で13時間であるため、施工管理の残業時間は通常の社会人の約3倍となっています。

加えてそのほとんどはサービス残業で残業代が出ていないこともあります。さらに労働日数についても、帰宅できるのが平日1日と日曜日のみという職場も少なくなく、休日出勤は常態化しています。

なかには「長い労働時間のわりに新しいスキルが身に付かない」「他の職種の友達は自己投資にお金や時間を使っている」といったことから、時間を搾取されていると感じることもあるようです。長い労働時間のなかで精神的にも体力的にも追い詰められていくという状況に陥っていくようです。

2.転勤が多い

大手の施工管理ですと、全国に作業場があるため転勤が非常に多いです。一つの現場が終わったら転勤ということもざらにあるので、日本全国に半年よりも短いスパンで転勤になることもあります。

また、企業によっては海外の現場もあるそうです。そういった状況の結果、ストレスによる精神的な病気や、家族と会えない期間が長いことにより、奥さんがノイローゼになってしまうこともあるようです。

3.教育体制が欠如している

昔ながらの風習が色濃く残り、教育をしっかり行なってくれないという現場も多いそうです。たとえば「経験だから」と言われていきなり現場監督になってしまうこともあります。

そうなると、いきなり多くの人をまとめる難しさや、将来のキャリアプランがイメージできないといった不安が重なっていき、精神的に追い詰められてしまうこともあるそうです。このような点で、施工管理の教育体制に課題がある会社が多いです。

4.職人との人間関係構築が大変

自分より何十年も年上の方もいらっしゃる現場では、職人さんとのコミュニケーションに悩まされることが多いです。年上の方に指示を出すので「しっかりしてくれ」「本当に君で大丈夫なの?」と言われたり、怒鳴られてしまうことがあるそうです。

さらに、飲み会などが多い現場もあるそうで、激務に加えて飲み会もあると相当きつく感じるでしょう。そのような状況で上司に相談しても「ここで続かなきゃどこに行っても同じだよ」と言われ、なかなか状況が改善されないということがあります。

また、「施工の仕事は好きだけど職人さんとうまくいかなくて…」という意見を持っている方もいるようです。

5.職人がいない時は現場作業をやらないといけない

現場作業員が足りていないという背景から、施工管理をしながら職人さんに交じって作業を手伝わなければならないこともあるそうです。作業全体の流れを見ながら自分でも働かなければいけないので、体力的にも精神的にもきつくなっていきます。

「あれとってくれない?」「ここ掃除しといてくれない?」など、雑用を任されることもあり、施工の仕事に集中できないということがしばしばあります。施工の仕事だけでも大変なのに、現場の仕事も行なうとなると体力的にも厳しくなってきます。

6.資格の取得など学ぶことが多い

施工管理の仕事内容は大きく「工程管理、品質管理、原価管理、安全管理」が中心になります。施工管理技士の資格保有者は級によって量は違いますが、これらの知識を幅広く持っています。

もちろん資格を取ることも大変ですが、施工管理の仕事は資格を取ったら覚えることがなくなるわけではありません。現場ごとに変わる上司からの指示に柔軟に対応しつつ、工事に関する書類を作成したり、会議に参加して打ち合わせを行なうなど、現場に合わせた準備が必要になります。

ただでさえ体力的に厳しいのに、頭までパンパンでよりつらく感じる方も多いようです。

7.品質管理や安全管理などの責任が重い

施工管理の仕事における品質管理とは、作っている建物などの品質を管理するというものです。建物の品質はクライアントの満足度にダイレクトに影響する非常に重要な要素です。

職人の方々は基本的に指示通りに動くので、品質管理の出来不出来は現場で全体の工程を考えながら指示を出す施工管理の責任となります。施工管理の安全管理とは、作業員の方の安全と完成する建設物の安全を守るということです。

工事を進めていく上でここが最も大切な点になります。天気、季節や事故の想定などを行ない、危険を取り除くことが求められます。

これら2つの重大な要素に加え、その他さまざまな工事の工程の責任が、施工管理にはのしかかってきます。これらがプレッシャー、ストレスとなり、仕事が苦痛になっていく方も多いようです。

8.工事事故などで入院または死亡もあり得る

これは施工管理に限らず、現場仕事全般に言えることですが、不慮の事故、工事のミスなどで、大けがや最悪死に至ることもあります。他の職業に比べて危険と常に隣り合わせであるということから、続けるなかで不安が募っていくことがあります。

9.職人と違い達成感が少ない

施工管理は基本的に現場のまとめ役です。従って、作業を通して実際に作っていくのは作業員の方々になります。

たしかに施工管理は作業全体の工程を考えていく、現場の心臓とも言えるポジションです。そこには大きな達成感があるでしょう。

ですが、実際に自分の手で体をフル稼働させて作った職人の方々に比べると、自分の手で作ったという実感がわきにくい方もいるようです。

10.数字目標に追われやすい

施工管理は常に工期を気にしながら計画を立てていかなければなりません。順調にいけばいいですが、天候や作業員のケガなどで工期が遅れると、上司や更にその上のクライアントからせかされます。

しかし、職人の方々は自分より年上の方も多く、急いでほしいと頼みにくいといったように、板挟み状態になることも多いそうです。

女性や派遣社員の方々が施工管理を辞めたい理由

次に、女性や派遣として働いてる方々が施工管理を辞めたいと感じる、よくある理由を紹介します。

自分より年下の現場監督から指揮命令を受けたくない

施工管理の現場ではそもそも女性がほぼ皆無です。現場に行ったら自分以外男性だったということもよくあります。

さらに職人には、お父さんより年上という方々もいます。そうなると、自分より年下の女性からは指示を受けたくないという昔ながらの職人さんがいることもあり、コミュニケーションが難しい場合もあるそうです。

男性中心の社風や企業文化のまま改善されない

まだまだ女性の割合が圧倒的に低い建設現場では、さまざまな文化が男性思考に偏っています。たとえば、根性が大事、たくさん働く者が正義、力があることが偉い、といったような考え方は、基礎的な体力の問題で女性にとっては苦痛に感じることも多いです。

また、暴力、暴言といったモラハラ、パワハラがある現場もあり、特に女性の方はそういった体育会系の文化が苦手なようです。加えて、飲みの場でセクハラを受けることもしばしばあるそうです。

このような点で、施工管理の現場はまだまだ女性にとって働きにくいものなのかもしれません。

トイレが男女兼用になっている

トイレやシャワー室など、一般的に男女で分かれているものが一緒になっていることも、女性が施工管理を行なっていてストレスに感じるポイントの一つです。ただでさえ現場仕事は汚れる作業が多いので、せめてトイレとシャワー室ぐらいは分けてほしいという思いがあるそうです。

このように、女性への配慮が足りないのも建設業界の課題です。

福利厚生が充実していない

危険が伴う仕事である上に、激務な施工管理の仕事では、福利厚生が充実していない会社が多いです。「頑張って働いているのに待遇が悪い」と感じる方も多いです。

福利厚生が充実している企業、または、安心して働ける企業に転職を考えてみるのもいいでしょう。転職時の注意点など詳しくは後述します。

長期で働ける将来設計がイメージできない

「施工管理の仕事は好きだけど大変な仕事だし長くは続かないかも…」といったように将来の不安を抱えている方も多いです。体力的にかなり激務な施工管理の仕事を、ある程度年齢が上がってきても続けられるのか、ケガなどで突然働けなくなったらどうしようといった理由で、キャリアプランが安定しないイメージがあるのも特徴です。

特に女性は出産などで体力が落ちたら戻れないかもという不安もあるそうです。

施工管理をやめたいと感じた時にまずとるべき行動

辞めたいと思った理由を洗い出す

「施工管理を辞めたいと思っても何から始めればいいかわからない」といった方は、まずなぜ辞めたいのか、どこがつらいのか、どこまでは耐えられるのかを洗い出してみてください。具体的にどのような点が辞めたい理由となっているのかわかることで、その後の転職先選びや、キャリア形成の参考になります。

実体験を参考にしたり同僚や家族と相談する

同僚や家族に相談しましょう。親身になってくれる友達や家族に相談することで、あなたの気持ちを整理する手伝いをしてくれるはずです。

またインターネット上でも、あなたと同じように辞めようか迷っている方や、過去に迷っていた方が大勢いますので、その方々の実体験も参考にしましょう。それらをうまく活用して自分の選択の手助けにしてください。

辞めると決断したら転職サイトに登録する

もし施工管理を辞めることが決まったら、転職サイトに登録しましょう。転職サイトに登録することで、転職までの流れや新しい職場の候補としてどういった候補があるのかわかります。

また、転職エージェントの方に相談することで、よりスムーズに自分に合った職場を見つけることができます。新しい職場を探すことで前向きな気持ちになりますし、一歩前に踏み出すきっかけにもなります。

施工管理をやめると決断した場合に行なうべきアクションや選択肢

施工管理を辞めると決断したら、退職の意向を上司に伝えたり、転職先を検討したりと、必要な行動が出てくるかと思います。ここでは辞めると決断した後に取るべきアクションや流れ、その際の注意点などを解説していきます。

まずは自分自身の市場価値を知る

辞めることを自分の中で決めたら、まずは自分がどういった仕事に必要とされているのかを知りましょう。自分の持つ資格や経験を基に、ご自身の市場価値を確認することが大切になってきます。

施工管理の仕事では自分で思っている以上に多くのスキルや知識が身に付きます。それらはきっと転職をするにあたって大きな宝となります。

退職の意向はすぐに上司へ伝えない

注意してほしいのは、「退職の意向をすぐ上司に相談するのはNG」ということです。驚くかもしれませんが、それには以下のような理由があります。

  • 必ず引きとめられる
  • 「ここで続かなきゃ、どこ行っても無理だよ」と言われる
  • 「君が辞めたら俺らの仕事が増えるんだけど」「君のせいで全体に迷惑かかるけどいいの?」といったことを言われる

会社としても、あなたという人材を失うと新たに即戦力になる人材を探すか、新しい人を教育しなければならなくなるため、時間とコストがかかります。ですから、全力で引き留めようとしてきます。

「ここで続かないなら、どこに行っても無理だよ」、「根性がない」といったようなことを言われることもあります。ですが実際に転職してみると、新しい職場では前職のきつさで鍛えられたおかげで、今はバリバリ働いているという方も大勢います。

ですから、そのような言葉に耳を傾ける必要はありません。あなたが自分でよく考えて決めたことであれば、責任を感じる必要もありません。

ですので、転職先や新しい職場のメドがある程度たってから会社に辞める旨を伝えても遅くはないでしょう。

施工管理の経験を活かして他業種に転職する

施工管理技士は幅広い知識が必要な資格です。ですから、

  • 不動産業界(営業や開発など)
  • 保守メンテナス
  • 発注者支援業務
  • 公務員の土木建設職

こういった多種多様な選択肢があります。これらは施工管理業務ではないですが、施工管理技士として培った知識やスキルを活用していける職業です。

まったく別の業界に転職する

施工管理の仕事とまったく違う業界に転職するのも選択肢かもしれません。運輸業界や接客業、IT業界など、転職におすすめの業界についてもさまざまな選択肢があり、それらについてよく調べてみてもいいでしょう。

施工管理を続けると判断した場合の選択肢

もしつらいことがあっても、施工管理の仕事にやりがいを感じ、仕事を続けようと思っている方がとるべき行動を紹介しています。

転職せずに現職における働き方の改善に努める

上司や同僚に職場環境について相談してみましょう。労働時間や人間環境での悩みを具体的に伝えることで、何かしらの解決策を講じてくれるかもしれません。

内勤の可能性があれば、そういった仕事に切り替えてみてもいいかもしれません。

施工管理職として同業他社に転職する

施工管理自体は続けたいものの、今の職場は厳しいと感じている方は、同業他社への転職を検討しましょう。その際の選択肢としておすすめしたい会社は次の2つです。

ホワイトに働ける建設会社

まずは労働時間や福利厚生に気を付けているホワイトな建設会社です。といっても、「ホワイトな企業をどうやって探せばいいの?」「本当にホワイトな企業はあるの?」と疑問に感じる人もいるでしょう。

結論からお伝えすると、施工管理にホワイトな企業は存在します。ただし、ホワイトな企業かどうかを見極めるには、いくつかポイントがあります。

以下の記事で施工管理職におけるホワイト企業の見分け方を詳しく解説しているので参考にしてください。必ず自分に合った会社があるはずなので、諦めず転職先を探しましょう。

会社規模が違う建設会社

違う規模の会社に転職するのも選択肢の一つです。大きな会社の現場とそこまで規模の大きくない会社によって、現場の雰囲気が変わってきます。

小さい規模の会社ほど人との距離感が近い一方で、大きな会社の現場では人が多くて大きな現場も多いです。

雇用形態を変える

社員として働いていて、辛さを感じている場合、起業やフリーランスなどの雇用形態の変更を考えてみるといいかもしれません。

起業

自分で法人を立ち上げて、職場環境を自分で作れるようにしてもいいでしょう。もちろん初めは大変なことも多いでしょうが、自分で会社を作ることができれば自分の思った通りに働けるという大きなメリットがあります。

フリーランス

フリーランスは個人事業主として専門性を活かしながら自由に仕事を選ぶ働き方であり、建設業界ですと一人親方がフリーランスの代表格です。仕事の内容・場所・時間など、自分の考えで決めることができます。

自分で働き方を決められて、掛け持ちもできるので効率よく仕事を組めば収入アップも見込めます。

派遣

派遣は派遣会社に登録して好きな現場を選びながら派遣先の就業規則に基づいて働きます。フリーランスに比べて更に短期で働くことも可能です。

一週間ごとに職場を変えることも可能なので選択肢として持っておくといいかもしれません。一方で高い頻度で現場が変わるため、知り合いを作りづらいというデメリットもあります。

施工管理職の将来性

最後に、施工管理を続けるか辞めるか悩まれている方の為に、施工管理職の将来性を解説します。

施工管理の需要は今後も増加すると言われています。たとえば、東京五輪の設備工事は終わりましたが、建設された建造物は今後も利用していくと思われるため、点検、修繕、整備が必要になります。

また、競技場以外にも商業施設の建設や拡大に伴い、建設業界に資金が回ったことで業界全体が伸びたことも今後、施工管理の需要が伸びていく要因の一つです。その他にも、3.11の東日本大震災や西日本豪雨に伴う災害復興工事や、大都市を中心とした都市開発に伴う、インフラ整備の需要拡大が見込めます。

人材面でみても、施工管理技士は建設バブル期の世代が徐々に定年を迎えていることで、若手の需要が高まる一方、第一線で働ける資格保有者に高い賃金を払う傾向もがあります。このような理由から、施工管理の仕事は将来が見込める仕事と言えるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。施工管理を辞めたいと思っている方がなぜ辞めたいのか、どんな選択肢があるのかを紹介してきました。転職して職場を変えるか、仕事を変えるか、あなたに合った働き方が見つかれば幸いです。

さまざまな選択肢があるので、どれが自分にとって良い選択になるかよく考えてみてください。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。