TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【施工管理技士の副業】施工管理技士におすすめの副業とは?

施工管理技士は副業をする事が可能か?

まず初めに、そもそも施工管理技士が副業を行うことが可能かを説明していきます。結論から言うと一般的には可能ですが、就業規則を確認いただく必要がございます。正社員、もしくは派遣社員として働く会社が、副業を禁止している場合には中々難しいです。現職にバレずに行うことも不可能ではありませんが、リスクを伴います。

しかし、副業を禁止としていない場合は、堂々と副業を行うことが可能です。休みがなかなか取れない施工管理という仕事は、副業を出来る時間帯も限られてくると思いますが、建設業が完全週休二日制の制度に向かっていくと、施工管理技士の方々に関しましても副業に時間を費やす時間が増えていくと思います。

それでは、詳しく施工管理技士の副業について見ていきましょう。

副業選びのポイント

割ける時間から選ぶ

副業は本業で空いた時間を活用するので、割ける時間が取れる副業を選ぶのが基本です。本業を休んでまで、副業を行うようでは本末転倒です。

副業を本業にするというなら話は別ですが、副業の目的はあくまで、空いた時間を活用して稼ぐことにあります。だからこそ、割ける時間が取れる副業を選ぶ必要があります。

得意なことから選ぶ

自分にとって得意分野を活かした副業を選ぶ必要があります。あえて苦手な分野の副業を選ぶというのもあるのですが、金銭的なメリットはあまりないでしょう。自分の得意分野に該当する副業を選ぶことで、効率的な稼ぎが期待できます。

とはいえ、「未経験だけど興味ある分野」などを考えている人は、その興味のある分野の副業に挑戦しても良いと思います。

稼ぎたい金額から選ぶ

年間60万円稼ぎたい場合は、その稼ぎが見込める副業を選びましょう。本業の給料を合わせれば、少しゆとりのある生活ができるでしょう。稼ぎたい金額目標は副業を始める前に設定し、目標金額から逆算することで副業を選ぶことも大切です。

その上で注意していただきたいのが、確定申告です。副業で年間20万円未満の収入の場合は、確定申告は必要ありませんが、年間20万円を超えてしまうと、確定申告する必要があります。確定申告をしたくないという人は、副業の年間収入20万円を超えないように調整するようにしましょう。

施工管理技士が副業を選ぶ際のポイント

次に施工管理技士をしている方々が、副業を選ぶ上でのポイントを解説していきます。

体力を使わずにできる

施工管理技士は現場作業をするわけではありませんが、屋外にて指揮監督を行いますので、やはり体力を使います。ですから、副業を選ぶ際には体力を使わずにできる仕事を選択していくことが長く継続できるでしょう。

時間調整が自由であるなど、拘束がない(例:在宅ワークが可能)

施工管理技士は工事の進行状況によって、土日出勤や残業などが多発しますので、一定の拘束時間が存在する副業は向いていないでしょう。ある程度、業務時間の融通が利くような副業を選択する事がお勧めです。

職人を率いてきた統率力を活かせる

施工管理のお仕事は職人とのコミュニケーション能力が重要な仕事です。業務で培ったコミュニケーション能力スキルは当然副業にも応用する事が出来ます。

パソコンスキルを活かせる

パソコンのスキルに関しましても、副業に使えるスキルの一つとも言えます。施工管理技士の方々はCADを使った経験などによりPCスキルが高い方は多いかと思います。後ほども説明いたしますが、在宅勤務の副業が人気職の一つとなってきますので、パソコンスキルを副業に活かせるのは間違いありません。

何れにしましても、建設業界でのお仕事を副業に選ぶ方々に関しましては、今まで培った建設業界でのスキルを存分に発揮してください。

施工管理技士の副業における人気職

施工管理技士の副業として人気の職業とその理由について、下記で1つ1つご紹介させていただければと思います。

施工管理、職人(アルバイト、フリーランス等)

副業でもアルバイトやフリーランスというかたちで施工管理、もしくは職人として働く方々も少なくありません。当たり前の話ではありますが、施工管理職の経験を最も活かせる副業は施工管理職です。近年はアルバイトのみではなく、フリーランスという働き方も浸透してきましたので、おすすめです。

webライター

施工管理技士の方々の中で、文章を書くことが苦手でない方であれば、定められた文章を書くだけで一定の収入が得られるWebライターは非常におすすめです。例えば、「施工管理技士として働く際に最も辛かったエピソード」「建設業界でのあるあるを3つ書いてください」といったコンテンツを400文字程度で書くなどの案件があったりします。これは現在、建設業界において施工管理をやられている方々からすれば簡単なことですので、おすすめです。

アフィリエイト

施工管理技士の方におすすめなのは、ブログやSNSによるアフィリエイトです。ブログやSNSによるアフィリエイトは、記事を作成したり、SNSによる発信を継続するだけなので費用はかかりません。例えば、施工管理スキルを習得するコツや、現場でのエピソードなどを発信し続けることで、ファンができて、Web上にて新しい収益源をつくることができます。

特に、施工管理技士など建設業界で働くブロガーは少ないので、独自の発信をすることで、大きく稼げる可能性が高いです。

アフィリエイトを扱うASPの中でもお勧めは『A8.net』です。案件数がアフィリエイト業界の中で最大であり、支持率も高いので、アフィリエイトをスタートするなら、まずA8.netへのご登録をお勧めいたします。

参考:A8.net

株式投資や不動産投資

パソコンを使った在宅で出来る副業として、投資といったモノも非常に人気です。安定的に稼ぐのであれば、それなりの勉強が必要ですが、建設業界において経験されている独自の知見やノウハウ(BIMの将来性や、スーパーゼネコンの動向など)を活かした株式投資などは選択肢の1つではないでしょうか。

アパレルなどのモノづくり系

女性に人気の副業として、アパレルなどモノづくり系が挙げられます。建設業界に携わる方々は、モノづくりが好きな方が多いです。全く規模は異なりますが、同じモノづくりというフィールドを副業においても選択される施工管理技士は多い印象です。アパレルの稼ぎにおいてはマーケティング要素が大きく影響しますので、上記でご紹介しましたアフィリエイトやwebライターとの組み合わせで考えると効率的です。

物販

シンプルですが、転売などを含めた物販を選択する施工管理技士も多くいらっしゃいます。建設業に関連する点では、メルカリやヤフーオークションに、マイナーな工具を出品すると稼げる可能性が高くなります。ライバルが多い品物を避けて、あなただけが発見したニッチな工具や資材をリサーチすることができれば、効率よく稼いでいくことができるでしょう。

この他にも魅了的な副業はたくさんございますので、皆様にあった職をする事をオススメいたします。

施工管理技士の副業のメリット、デメリット

最後に施工管理技士が副業をするメリット、デメリットについて解説していきます。まずはメリットにつきまして

  • お金を多く稼げる
  • 施工管理技士以外のお仕事で気晴らしが出来る
  • 別の仕事スキルを確保出来る
  • もし転職を考えている方がいる場合、転職活動をしながら仕事が出来る

逆にデメリットとしましては

  • なかなか休みが取れない。
  • 覚えることが施工管理の仕事と合わせ多くなる
  • プライベートの時間(家族との時間)がなかなか取れなくなる
  • 保険の適応外になる可能がある

上記がメリット、デメリットとなります。やはりすこしでも稼ぎたい方に関しましては、副業をする事をオススメいたしますが、プライベートを優先したい方に関しましては、副業をする事は中々厳しいかと思います。何か目的がある方のみ、私は副業をする事をおススメいたします。しかし何か目的があるといって無理をしてはいけません。自分のペースで目的に向かって頑張ってください。

まとめ

今回は施工管理技士におすすめの副業というテーマでご説明いたしましたが、いかがでしたでしょうか。施工管理技士の方々のご経験やスキルが活かせて効率的に稼げる可能性が高い副業や選び方についてご理解いただけたのではないでしょうか。

施工管理技士はただでさえ業務時間が長く、精神的にも体力的にも楽な仕事ではないため、副業を無理に行うことはオススメいたしません。しかし、何か副業でお金を稼ぎたい、他の興味がある分野に挑戦したいなど明確な理由と目標がある方に関しまして、副業はおすすめです。

施工管理技士として安定的に働きながら、プラスアルファとして効率的に働ける副業については、今回の記事を参考にしていただきながら最終的にはご自分でご決断頂ければと思います!

もしあなたが、「建設業界で独立したい」「フリーランスとして業務委託案件を獲得したい」「今の働き方を変えたい」と考えているのであれば、ぜひ「ビーバーズフリーランス」をご利用ください。弊社エージェントが、あなたのご要望にぴったりのフリーランス案件の紹介させて頂きます。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。