TEL
メニュー

【2024年最新】CADオペレーターの平均年収を比較!年収アップのコツや必要な資格、未経験から挑戦する方法を紹介

CADオペレーターとは、CADというソフトウェアを使って設計図を作成・修正・調整する仕事です。建設業界のデジタル化に伴い、CADを使った設計が増えてきたことで、CADオペレーターの需要が高まってきました。

ただ、需要が高くても「CADオペレーターの年収は低い」という認識の方も多いのではないでしょうか。

しかし結論を言うと、CADオペレーターの仕事は将来性が高く、努力次第では高年収を目指せる仕事の1つと言えます。

また、CADオペレーターは多様な働き方を選びやすい職種であるため、フリーランスとして働きたい方や、在宅ワークを目指したい方にもおすすめです。

そこで今回はCADオペレーターの平均年収について、雇用形態別やエリア別などさまざまな条件で比較し、働き方の違いや年収を上げる方法について詳しく解説します。

これからCADオペレーターとして働きたい方や、建設業界の中で在宅ワークができる職種を探している方も、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

CADオペレーターとは?仕事内容を解説

CADオペレーターとは、コンピューター支援設計(CAD)というソフトウェアを使い、建築や機械、電気などの分野で設計図や図面を作成する専門職です。

CADオペレーターの仕事内容は、以下のようなものがあります。

  • 設計者やデザイナーの指示に従って、CADで平面図や立体図を作成する
  • CADで作成した図面を修正や変更する
  • CADで作成した図面を印刷や保存する
  • CADで作成した図面を他のソフトウェアに変換する

CADオペレーターは、設計者やエンジニアのアシスタントとして、製品や建物の詳細な図面をデジタル化する役割を担います。そのため、CADオペレーターになるには、CAD操作の技術や図面の書き方やルールを習得する必要があります。

そこで、CADに関する資格を取得すると、就職や転職に有利となるでしょう。

このようなCADオペレーターの仕事に向いている人は、正確性やスピード感、集中力や忍耐力、ものづくりに対する興味を持っている人です。

CADオペレーターは、多様な業界で活躍できる職業ですが、自動化やAIの進化により、単純な作業は減っていく可能性があります。そのため、高度な技術や知識を身につけることが必要な仕事とも言えるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

CADオペレーターが活躍できる業界と業務内容

CADオペレーターは、コンピューターを使って設計図や3Dデータを作成する職業です。

CADオペレーターは、様々な業界で活躍できますが、代表的なものは以下のようなものがあります。

建築業界

建築業界のCADオペレーターの仕事は、CADを使って建物や住宅の設計図を作成することです。ただし、図面の修正や、測量図や建築平面図の加工、構造図や配筋図の作成など、業務内容はさまざまあります。

そのため、建築や設計に関する専門知識を身につけておくことで、より高度な仕事と高い報酬を得られる可能性が高まるでしょう。

なお、建築業界では、AutoCADやVectorworksなどのCADソフトを使用するのが一般的です。

土木業界

土木業界のCADオペレーターは、道路や橋梁、ダムなどのインフラの設計図を作成します。

こちらも建築業界と同じく、専門的な知識を習得したり、豊富な経験を積むことが高収入に直結する仕事です。

なお、土木業界では、Jw-cadやAutoCADなどのCADソフトを使用するのが一般的です。

インテリア業界

インテリア業界のCADオペレーターは、家具や内装の設計図を作成する仕事です。

インテリア業界では、専門的な知識だけでなく、センスや経験が重要視されるケースが多いでしょう。そのため、さまざまな学びを得ながら、仕事の経験を積むことが大切です。

なお、インテリア業界では、SOLIDWORKSやArchiCADなどのCADソフトを使用するのが一般的です。

自動車・航空業界

自動車や航空業界のCADオペレーターは、車や飛行機の部品や構造の設計図を作成するのが仕事です。

自動車や航空業界の設計図を作成するには、高度な知識と技術が求められます。そのため、専門の資格はもとより、豊富な経験も求められるでしょう。

自動車や航空業界では、SOLIDWORKSやCreoなどのCADソフトを使用するのが一般的です。

精密機器・家電業界

精密機器や家電業界のCADオペレーターは、主にカメラや時計、テレビなどの身近な電化製品の設計図を作成するのが仕事です。

精密機械や家電には、非常に多くの種類があるため、幅広い知識と経験が求められるでしょう。そのため、専門の資格を取得することと、豊富な経験を積むことが大切です。

なお、精密機械や家電業界では、SOLIDWORKSやCreoなどのCADソフトを使用するのが一般的です。

アパレル業界

アパレル業界のCADオペレーターは、主に服や靴、バッグといった製品の設計図を作成するのが仕事です。

アパレル業界のCADオペレーターの場合は、専門的な知識よりも、センスや経験が重視されやすいと言えるでしょう。そのため、デザイン系の知識を深く学ぶのもおすすめです。

なお、アパレル業界では、IllustratorやPhotoshopなどのCADソフトを使用するのが一般的です。

福祉業界

福祉業界のCADオペレーターは、主に車椅子や歩行器といった製品の設計図を作成するのが仕事です。

福祉業界では、専門的な知識とともに、福祉の現場で働いた経験が活かされやすい職場と言えるでしょう。そのため、福祉の現場で働く経験を積むことも重要です。

なお、福祉業界では、SOLIDWORKSやCreoなどのCADソフトを使用するのが一般的です。

ジュエリー業界

ジュエリー業界のCADオペレーターは、主に指輪やネックレスなどの製品の設計図を作成するのが仕事です。

ジュエリー業界は、アパレル業界などと同じく、センスが重視されやすいと言えるでしょう。デザイナーが作成したイメージを図面に落とし込むには、やはりセンスと経験が必要です。

ジュエリー業界では、RhinoやJewelCADなどのCADソフトを使用するのが一般的です。

上記のように、CADオペレーターは、さまざまな業界で働くことができるスキルのある仕事です。そのため、CADオペレーターなるためには、CADの操作スキルや業界の知識が必要となります。また、CADオペレーターに関連する資格を取得することも、就職や転職に有利と言えるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

CADオペレーターの平均年収・時給・給与を徹底調査

お給料

まずはCADオペレーターの年収について、下記のカテゴリに分けて紹介します。

  • 正社員と派遣社員、パートの年収の違い
  • エリア別の年収の違い
  • 男女別の年収の違い
  • フリーランスのCADオペレーターの年収

それぞれ詳しくみていきましょう。

CADオペレーターの正社員と派遣社員、パート別の平均年収を比較

雇用形態別にCADオペレーターの平均年収は違います。

求人ボックスによると、正社員と派遣社員、パート・アルバイトの年収の違いは下記のとおりです。

正社員 派遣社員 パート・アルバイト
時給 1,704円 1,091円
平均年収 440万円 290万円 209万円

※派遣社員、パート・アルバイトの計算方法=時給×8時間×20日×12ヶ月
引用:[求人ボックス]

CADオペレーターは派遣社員という働き方も選べますが、平均年収は300万円程度とやや低めです。

ただ、派遣社員という働き方は努力次第で正社員に昇格できる可能性も。

正社員になる前に、CADオペレーターの仕事を知りたいという人は、まずは派遣社員に挑戦するのもおすすめです。

また、正社員のCADオペレーターの平均収入は440万円です。

国税庁による全国民の平均年収は443万円のため、CADオペレーターの正社員の平均年収は国平均年収と同程度であることが分かります。

  CADオペレーター 国全体
平均年収 440万円 443万円

引用:[求人ボックス],[国税庁]

この440万円という平均年収の数値は、年代や階級によって異なります。

実力を積んで部長や課長などの階級を獲得すれば、さらに年収は上がるでしょう。

CADオペレーターのエリア別の平均年収を比較

次にエリア別の年収の違いについて見ていきます。

求人ボックスによるエリア別の年収の違いは下記のとおりです。

エリア 年収
北海道・東北 515万円
甲信越・北陸 480万円
関東 472万円
東海 418万円
関西 449万円
中国 499万円
四国 431万円
九州・沖縄 451万円

引用:[求人ボックス]

結果を見て分かるように、エリア別で年収が高いのは北海道・東北で、その中でも上位だったのは福島県の571万円です。

平均年収が1番高い福島県の571万円と、1番低い滋賀県の357万円の年収の差は213万円で、月収に換算すると17万円以上の差があります。

CADオペレーターとして高い年収を目指したい人は、平均年収の高い北海道・東北エリアで転職、営業するのがおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

CADオペレーターの男女別による平均年収を比較

CADオペレーターは男女で平均年収の違いがあるのでしょうか。

平均年収.jpの調査によれば、CADオペレーターの男女別、年代別の年収の違いは下記のとおりです。

年齢(歳) 男性 女性
20-24 293万円 178万円
25-29 301万円 209万円
30-34 245万円 185万円
35-39 253万円 221万円
40-44 281万円 244万円
45-49 328万円 287万円
50-54 372万円 328万円
55-59 368万円 324万円
60-65 225万円 196万円
平均年収 296万円 241万円

引用:[平均年収.jp]

CADオペレーターで働く男性の平均年収は296万円、女性は241万円という結果が出ました。

女性のCADオペレーターの平均年収は、30代の数値が一瞬下がっています。

これは20代後半から30代前半にかけて、結婚や妊娠のタイミングで業務量を減らして働く人も多いことが予想されます。

しかし、CADオペレーターの魅力はソフトとスキルさえあれば在宅でも働ける点。

資格を取得していれば、産休や育休のあと職場復帰しやすい仕事であるため、ライフステージの変化の大きな女性にとって働きやすい仕事といえるでしょう。

そもそもCADオペレーターは女性が多い職種なのか

CADオペレーターは建設業界の中でも、女性の働く割合の高い職種です。

求人サイトである「はたらいく」の調査では、CADオペレーターへの女性応募者は全体の約24%、男性は76%という結果が。

  女性 男性
割合 24% 76%

引用:[はたらいく]

データを見ると、女性割合が高くないように見えます。

しかし、建設業全体を対象にした技術職の従業者数の男女割合は、下記のとおり。

  女性 男性
割合 6.1% 93.9%

引用:[中日新聞]

男性労働者が90%以上を占める建設業界の中でも、応募割合が20%以上の結果を持つCADオペレーターは女性にとって働きやすい職場といえるでしょう。

フリーランスのCADオペレーターの平均年収を比較

フリーランスのCADオペレーターの年収は平均で300万円程度といわれています。

フリーランスでCADオペレーターとして働く場合は自分のパソコンにCADソフトを取り込み、依頼が来た際にデータを送ってもらって対応することがほとんどです。

在宅で仕事ができるというメリットがある一方で、仕事を自分で獲得し続けなければいけないため、仕事を定期的に獲得できる環境を作ることが大切。

フリーランスとして独立してすぐは、仕事を獲得するハードルが高いため転職エージェントなどを利用して企業とマッチングして仕事を獲得するのがおすすめです。

フリーランスは努力と工夫次第で年収を何倍にも上げられる可能性があります。
スキル以外にも経営力やマネジメント力を磨いて、年収を上げていきましょう。

CADオペレーターに求められる能力やスキル3選

skills, competence, knowledge

CADオペレーターには求められるスキルがあります。

CADオペレーターを目指す人は、自分がCADオペレーターに向いているかを把握しておくことも大切。

ここで紹介するスキルは、下記の3つです。

  1. 根気強さ・集中力
  2. コミュニケーション能力
  3. クリエイティブ力

それぞれ詳しく説明します。

1.根気強さ・集中力|何時間もパソコンに向き合う力は必須

CADオペレーターは、パソコンに入っているCADソフトを使って製図の作成や修正を行います。

仕事のほとんどがCADソフトを利用する作業のため、長時間のパソコン利用やデスクワークは避けられないでしょう。

CADオペレーターは、何時間もパソコンに向き合ってCAD作成に取り組む根気強さや集中力が必須といえます。

ひとつの作業を集中して行うのが好きな人であれば、CADオペレーターが向いているかもしれません。

2.コミュニケーション能力|追加の提案や営業ができれば独立も可能

CADオペレーターとして大切な能力はコミュニケーション能力です。

企業でCADオペレーターとして働く場合、設計士やデザイナーなど別の職種の人とコミュニケーションをとりながら仕事をする機会が多いです。

設計士やデザイナーとコミュニケーションを取りながら仕事ができれば、相手の指示を適切に理解し正確な対応ができます。

追加の提案や営業ができるようになれば、フリーランスとしても活躍できるでしょう。

コミュニケーション力を磨くためには、コミュニケーション力の高い人の行動を真似してみるのがおすすめ。

まずは自分の上司や先輩がどのように顧客とコミュニケーションをとっているかを観察してみてください。

3.クリエイティブ力|デザイン力や創意工夫は仕事の質を上げる

CADオペレーターとして実力を発揮するためには、クリエイティブ力も必要です。

クリエイティブ力とは、顧客の要望に関して想像力を使いながら図面に落とし込む能力です。

顧客のイメージを形にする過程では、顧客の意見をくみとりつつどのような設計であるべきかを自分で考えながら作り上げなければいけません。

クリエイティブ力が認められれば、内装や外装の設計やデザインなどに関わる仕事にも挑戦できるようになるでしょう。

物を作るのが好きな人であれば、CADオペレーターに向いているでしょう。

CADオペレーターが取得しておくべき3つの資格

CADオペレーターとして働く場合、資格は必要ありません。

しかし、資格を取得していれば実力を証明できるため、年収アップや転職にも役立ちます。

ここでは、CADオペレーターが取得しておくべき資格を3つ紹介します。

  • CAD利用技術者試験
  • 建築CAD検定試験
  • オートデスク認定資格プログラム

それぞれ詳しく見ていきましょう。

CAD利用技術者試験|知名度が高く実力を証明しやすい

CAD利用技術者試験とは、一般社団法人コンピューター教育振興協会が主催するCADに関する試験です。

CADに関する資格の中では最も知名度が高いため、資格を取得することでCADオペレーターとしての実力を証明できます。

CAD利用技術者試験は2次元CAD利用技術者試験、3次元CAD利用技術者試験の2種類があり、それぞれの試験で階級があります。

2次元CAD利用技術者試験 3次元CAD利用技術者試験
基礎

2級

1級(さらに「機械」「建築」「トレース」部門に分かれる)

2級

準1級

1級

試験形態は基本的に筆記ですが、準1級や1級になるとCADを用いた実技試験も加わります。

試験概要は以下のとおり。

資格名 2次元CAD利用技術者試験 3次元CAD利用技術者試験
運営団体 一般社団法人コンピューター教育振興協会
受験料 基礎:4,400円(税込)

2級:6,050円(税込)

1級:16,500円(税込)

2級:7,700円(税込)

準1級:11,000円(税込)

1級:16,500円(税込)

試験方法 基礎:筆記試験(50問、選択方式)

2級:筆記試験(60問、選択方式)

1級:実技試験+筆記試験(25問)

2級:筆記試験(60問、選択方式)

準1級・1級:実技試験

合格率(2022年度) 基礎:71.29%

2級:52.36%

1級(トレース):54.05%

1級(建築):54.67%

1級(機械):35.35%

2級:65.64%

準1級:61.46%

1級:25.25%

参考:[CAD利用技術者試験]

2次元CAD利用技術者試験の合格率は全体的に見ても50%以上のものが多く、1級の機械分野の合格率だけ35%と難易度が高いことが分かります。

また、3次元CAD利用技術者試験の1級は合格率が25%ほどしかなく、合格するには対策を徹底する必要がありそうです。

まずは基礎や2級の取得を目指し、徐々に上位の資格を狙っていきましょう。

建築CAD検定試験|日本初の建築CAD資格試験

建築CAD検定試験は、一般社団法人全国建築CAD連盟が主催する、日本初の建築CADの資格試験です。

歴史のある試験として、年間1万名を超す受験者を受け入れており、CADの実技検定試験としては受験者数や規模で比較すると日本最大級の試験といえるでしょう。

試験の種類は准1級・2級・3級・4級の4つで構成されており、「実践型の実技試験」が大きな特徴です。

建築CAD検定試験の試験概要はこちら。

資格名 建築CAD検定試験
運営団体 一般社団法人 全国建築CAD連盟
受験料 4級:3,150円(税込)

3級:10,500円(税込)

2級:10,500円(税込)

1級:14,700円(税込)

試験方法 実技試験
合格率(2022年度) 4級:89.7%

3級:65.6%

2級:57.9%

1級:12.5%

参考:[建築CAD検定試験]

建築CAD検定試験は、どの階級も実技試験で合否が判断されます。

知識を問う問題と比べ、知識を自分の頭の中で理解して応用するスキルが求められるため、資格を取得すれば即戦力として活躍できるでしょう。

オートデスク認定資格プログラム|国際的に利用者が多いCADツールの資格試験

オートデスク認定資格プログラムとは、オートデスク社が主催する認定資格のプログラム。

オートデスク社はAutoCADなどの図面作成ソフトを開発しているアメリカの企業であるため、試験で利用するCADツールはAutoCADです。

AutoCADは汎用CAD市場で全体の約7割を占めるソフトウェアとも言われており、資格を取得すれば多くの企業で活用できるでしょう。

オートデスク認定資格プログラムはレベルに応じて2種類の試験が用意されています。

対象者 試験名 種類
初心者 オートデスク認定ユーザー AutoCADユーザー試験

Autodesk Revit Architectureユーザー試験

Autodesk Fusion 360ユーザー試験

中・上級者 オートデスク認定プロフェショナル AutoCAD プロフェッショナル

Autodesk Inventor プロフェッショナル

まずはAutoCADの使い方を一通り勉強した上で、オートデスク認定ユーザー試験に挑戦しましょう。

試験の概要は以下のとおりです。

資格名 オートデスク認定ユーザー オートデスク認定プロフェショナル
運営団体 オートデスク社
受験料 7,700円(税込) 13,200円(税込)
試験方法 選択式試験+実技試験 実技試験

参考:[オートデスク認定資格プログラム]

今回紹介した資格以外にも、CADオペレーター以外の業務範囲を広げるために、CADとは異なる資格を取得するのもおすすめです。

たとえば建築士の資格を取得すれば、製図作業だけでなく建築全体の設計に携われるようになり、インテリアコーディネーターの資格があれば建築会社での業務の幅が広がります。

まずはCADに関する資格を取得し、その後は将来のために徐々に資格の種類を増やしていきましょう。

CADオペレーターの年収を上げる3つの方法

 

CADオペレーターの年収を上げるには、以下の5つの方法を実践してみてください。

  1. 複数のCADソフトを扱えるようになる
  2. 実務経験を積む
  3. 大手企業に転職する

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.複数のCADソフトを扱えるようになる|会社によって違うソフトを利用しても対応できるようになる

CADソフトは複数の種類があります。

さまざまな業界でよく使われているCADソフトの例を上げると、以下の5つです。

  • AutoCAD(オートキャド)
  • VectorWorks(ベクターワークス)
  • REVIT(レビット)
  • CATIA(キャティア)
  • Inventor(インベンター)

建設関係で利用するのか、機械に特化しているか、土木で利用するかなど、利用する目的で必要なCADソフトが異なります。

自分がCADオペレーターとして関わりたい業界を決めて、まずはその業界で利用するCADソフトの取り扱いを学ぶのがおすすめです。

その後、業務の幅を広げたい人や転職を検討する人は、ことなるCADソフトの勉強をすると良いでしょう。

2.実務経験を積む|経験値が年収を上げてくれる

CADオペレーターとしての実務経験を積めば年収を上げられます。

CADの資格を取得しても、実務経験がなければ未経験として扱われます。しかし、資格を持っていなくても実務経験があれば即戦力として扱われ、年収を上げられるでしょう。

実務経験を積んで、さまざまな種類のCADの依頼を受けられるようになれば、実力を認められ、さらに大きな案件のCAD制作作業にも携われるようになります。

まずは小さな経験を徐々に積みながら、新しい案件にもチャレンジしていきましょう。

3.大手企業に転職する|ボーナスや平均年収を上げるために大手企業で実力を活かす

年収を上げたい人は、年収の高い企業に転職するのもおすすめです。

企業によって対応する案件の規模や予算があるため、中小企業に勤めるCADオペレーターと大企業に勤めるCADオペレーターの年収の差は違います。

大企業に転職すれば、年収が上がるだけでなく福利厚生のしっかりとした環境で働けるようになり、ワークライフバランスが整うかもしれません。

さらに、より高い難易度の仕事にも取り組めるようになり、実力を伸ばすことも可能。

大企業で実力をつけた後に独立する、というキャリアプランを立てることもできるでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

CADオペレーターで年収1000万円は可能?経験・スキル・転職の3つが重要

fan of 100 U.S. dollar banknotes

CADオペレーターの年収は低いと言われることが多いですが、努力次第で年収を上げることが可能です。

上で紹介したように、資格を取得して複数のCADソフトを扱えるようになれば、対応できる仕事の幅が広がります。

また、コミュニケーション力を活かした営業で顧客を確保できれば、実力にあった仕事をこなしつつ実績を増やしていけます。コミュニケーション力があれば、継続依頼につなげることや追加で提案することも可能。

つまりスキルとコミュニケーション力を組み合わせれば、仕事量を増やしつつ定期の案件を定着できるようになり、結果的に年収の向上につながるということ。

フリーランスでCADオペレーターとして働く場合、自分の限界は自分で作れるため、努力次第では年収1,000万円も狙えるでしょう。

資格の獲得だけではなく年収を上げるためには何が必要か、学ぶべきことは何かを把握して勉強し続けることが大切です。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

CADオペレーターに向いている人の特徴

CADオペレーターは、コンピューターを使って設計図や製図を作成する仕事です。

そこで、CADオペレーターに向いている人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • パソコンの知識やスキルを活かしたい人
  • 集中力が持続する人
  • 自己管理能力が高い人
  • モノづくりが好きな人
  • 基本的なPCスキルがある人
  • 業界に対する知識がある人
  • コミュニケーション能力がある人

これらの特徴は、CADオペレーターの仕事に必要な資質やスキルを表しています。もちろん、これらの特徴をすべて持っている必要はありませんが、少なくとも一部に当てはまる人はCADオペレーターに向いていると言えるでしょう。

未経験からでもCADオペレーターになれる|未経験でも成長できる会社に転職してスキルを磨く

未経験からでもCADオペレーターになれます。

実際にCADオペレーターの求人の中には、未経験募集の記載が多数あります。

引用:[エン転職]

未経験の募集が活発な理由として、建設業界のIoT化に伴いCADなどの建設で使うソフトの利用が普及していますが、使える人材が足りていないという背景が挙げられます。

未経験から入社したとしても、社員教育の盛んな会社で順調に経験を積んでいけば、数年後には経験者として実力を発揮できるようになるでしょう。

CADオペレーターの仕事でよくある質問Q&A

man, thinking, doubt

Q1: CADオペレーターになるにはどんな資格が必要ですか?

A1: CADオペレーターになるために必須の資格はありませんが、CAD利用者試験や建築CAD検定などのCADに関する資格を取得すると、就職や転職に有利になるでしょう。

Q2: CADオペレーターの仕事はどんな業界で活躍できますか?

A2: CADオペレーターは、建築・土木・機械・電気・自動車・飛行機・家具・服飾など、ものづくりに関わるさまざまな業界で活躍できます。

Q3: CADオペレーターの仕事はパソコンばかりでつまらないと聞きますが、本当ですか?

A3: CADオペレーターの仕事は、確かにパソコンの画面に向かって図面を作成する作業が多いですが、それだけではありません。設計者やクライアントとのやりとりや、現場での打ち合わせや測量などもあります。また、自分がCADで描いたものが実際に生産され、世の中で使われているのを見ることは、大きなやりがいにもなります。

Q4: CADオペレーターの仕事は男性が多いと思いますが、女性でもできますか?

A4: CADオペレーターの仕事は、男性が多いイメージがありますが、女性でも十分にできる仕事です。実際に、CADオペレーターの求人には女性限定や女性歓迎というものも多くあります。 女性の方が細かい作業や丁寧な仕事が得意だったり、設計者やクライアントとのコミュニケーションが上手だったりする場合もあるでしょう。

Q5: CADオペレーターの仕事は将来性がある仕事ですか?

A5: CADオペレーターの仕事は、ものづくりに関わる業界で幅広く使われているため、安定したニーズがあります。また、CADの技術は日々進化しており、3DやVRなどの新しい分野にも応用されています。CADオペレーターとしてのスキルや知識を磨くことで、将来的には設計者やデザイナーなどにキャリアアップすることも可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

CADオペレーターの年収のまとめ

今回はCADオペレーターの年収について、男女別やエリア別、雇用条件などさまざまな角度から分析しました。

CADオペレーターは建設業界の中でも女性の働く割合が高い職種で、在宅でも働けるため、ライフステージの変化に対応できる仕事といえるでしょう。

CADオペレーターとして年収を上げるには、資格の取得やコミュニケーションスキルの向上、より条件の良い企業へ転職するなど、方法が複数あります。

フリーランスとして働くことも可能な職種のため、自分の働き方はどうありたいか、年収をどのくらい上げたいかを計画した上で、必要なスキルの取得を目指しましょう。

また、CADオペレーターが年収アップを目指して転職を考える際は、CADオペレーターに特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職や転職活動を行うことが重要です。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングをとおして自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」は、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った就職・転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

現場監督で勝ち組になるには戦略が重要!勝ち組の特徴7つを比較しながら目指すための方法を徹底解説!

現場監督は工事現場で作業員に指示を出したり、安全管理を行う仕事です。

工事全体の責任者として働くこともある現場監督ですが、働き方によっては忙しすぎてプライベートの時間が取れない人もいれば、低い給与で働く人もいます。

一方で、ワークライフバランスを充実させ、高い給与で働く現場監督の人もいます。彼らはいわゆる「勝ち組」として仕事とプライベートを充実させているといえるでしょう。

現場監督で働く上で勝ち組になるにはどうすれば良いのでしょうか。

今回は現場監督として働く人のうち、勝ち組と呼ばれる人の特徴を比較しながら、勝ち組になるための方法について紹介します。

現場監督として今よりももっと良い条件で働きたい人は、参考にしてみてください。

この記事の監修者
agent-yamakita
山北 格也キャリアコンサルタント
大学卒業後、大手人材紹介会社へ入社。ヘッドハンティングに携わり、同期1位など顕著な営業成績を残した後に株式会社ビーバーズへ入社。これまで建設業界を中心に、1000名以上の転職を支援した実績を持つ。

現場監督の勝ち組とは?|仕事概要や勝ち組の定義について確認する

現場監督の勝ち組について考える前に、まずは現場監督の概要について復習しましょう。

ここでは現場監督の仕事概要や役職の違い、何をもって勝ち組と考えるかの定義について詳しく見ていきます。

そもそも現場監督の仕事について|仕事の概要となるために必要なこと

現場監督の仕事は、その名のとおり「工事現場を監督する」仕事です。監督することが仕事のため、実際に現場で足場を作ったり釘を打ち込んだりする作業はしません。

現場監督の仕事は工事現場に常駐し、主に下記の作業を行います。

  • 施工計画の作成
  • 安全面の管理
  • 作業員への技術指導

詳しく説明すると、施工計画とは工期内に工事が完了するために1日の作業ノルマを設定し、作業員全体に指示することです。

安全面の管理とは工事現場や作業員の安全を管理する仕事で、ヒヤリハットの共有や日中温度を把握して作業員に休憩を取るように指示する業務などがこれに当たります。

作業員への技術指導とは、外注で参加する作業員への業務内容の伝達や新人作業員に対して道具の使い方や作業の流れを教える仕事です。

現場監督の仕事は業務内容によっては、「施工管理者」「現場責任者」とも呼ばれます。

現場監督は直接作業しない業務が主でありながら、仕事内容が幅広く責任が大きい仕事といえるでしょう。

現場の責任者には2つの立場がある|現場監督の中の順位を確認する

現場監督には、責任の度合いや業務範囲によって2つの役職があります。

  • 現場監督
  • 現場代理人

現場監督と現場代理人の業務の違いは、工事に関する契約や施工などの事務事項を処理するかどうかです。

現場監督は基本的に工事現場での指示や安全点検作業を行うのが主ですが、現場代理人は工事全体の最高責任者として、工事の契約に関する打ち合わせを行ったり、書類処理を対応したりします。

規模の大きな工事現場では、現場監督が複数人いてその上に現場代理人がいるということもあります。

責任の度合いが異なるため、現場監督と現場代理人の年収も差が出てくるでしょう。

現場監督として実力をつけ資格を取得すれば、現場代理人になれる可能性は十分にあるため、努力を続けることが大切です。

勝ち組になるには戦略が必要|勝ち組の定義を考えてみる

現場監督で勝ち組になるための方法を探す前に、何をもって「勝ち組」と考えるかを定義しておく必要があります。

基本的に「勝ち組」とは下記のような意味です。

勝負に勝った側の人々。社会的・経済的に成功した人、いわゆる格差社会において優位な立場に立つ人。
引用:[実用日本語表現辞典]

つまり、勝ち組になるためには下記の要素で平均よりも高い場所にいることが必要になります。

  • 経済的要素(年収など)
  • 役職的要素(責任者など)
  • 社会的要素(資格取得者、ワークライフバランスの充実など)
  • 人間的要素(信頼性、自信など)

これらの要素を踏まえて、次からは現場監督で勝ち組と呼ばれる人の特徴について紹介します。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

現場監督で勝ち組と呼ばれる人の特徴7選

ここからは現場監督で勝ち組と呼ばれる働き方をする人の特徴を7つ紹介します。現場監督としてより高みを目指したい人はぜひ参考にしてみてください。

今回紹介する特徴は、下記のとおりです。

  1. 1級施工管理技士を保有している
  2. 年収が900万円を優に超えている
  3. 現場所長として働く
  4. 都会勤務
  5. 部下からのアツイ信頼がある
  6. 仕事に誇りを持っている
  7. プライベートの時間にも余裕がある

それぞれ詳しくみてきましょう。

1.1級施工管理技士を保有している|資格は業務の幅を広げる役割を果たす

勝ち組と言われる現場監督の多くは1級施工管理技士を保有しています。

なぜなら、1級施工管理技士の資格を保有していれば実力を証明でき、より責任感のある業務を任せられるからです。

施工管理技士の資格は7つに分かれており、それぞれ1級と2級があります。1級の資格を取得するには一定年数の実務経験や深い知識が必要です。1級施工管理技士の資格を取得している人材は多くないため、資格を取得しているだけで経験値の高さや実力を証明できるということ。

現場監督として勝ち組になりたい人は、まずは2級施工管理技士の資格の取得から挑戦してみましょう。

2.年収が900万円を優に超えている|平均年収を越えて稼ぐ人材になる

現場監督で勝ち組の人の年収は、900万円を超えています。

求人ボックスの情報によると、現場監督の平均年収は444万円です。
国税庁の調査における日本の平均年収は443万円のため、現場監督の平均年収は国平均と同程度です。

現場監督の勝ち組 現場監督の平均 国の平均
平均年収 900万円以上 444万円 443万円

引用:[令和3年分 民間給与実態統計調査],[求人ボックス]

これらの情報を比較すると、現場監督として勝ち組になるためには平均よりも2倍以上の年収を獲得する必要があります。

年収を上げるためには、資格手当を取得して平均給与を上げる方法や、対応する工事の難易度を上げる方法、上の役職になって基礎給与を上げる方法などさまざまです。

年収を上げるには、自分の価値を高める必要があるため、経験値を増やしたり資格を取得したりして実力を高めましょう。

現場監督の業務を含む、施工管理の年収について気になる人は下記の記事を参考にしてください。

3.現場所長として働く|現場での最高責任者として全体を管理する

現場監督で勝ち組の人の特徴は、仕事における役職が現場所長(現場代理人)です。

現場所長とは、先ほど説明した現場代理人と同じ役職です。現場監督よりもさらに上の役職で、工事現場の全体責任者として工期の調整や契約の管理、書類処理などを行います。

現場監督と現場所長の年収の差は以下のとおりです。

現場所長(現場代理人)の平均 現場監督の平均
平均年収 489万円 444万円

引用:[求人ボックス|現場代理人],[求人ボックス]

現場所長の方が現場監督よりも平均年収が高いことが分かります。

先ほど現場監督の勝ち組になる特徴として「年収900万円以上」と説明しましたが、現場監督として役職を上げて現場所長として働ければ、現場監督として働くよりも効率的に年収900万円を超えられるでしょう。

現場監督として実力をつけ、責任のある立場を任せても良いと判断されれば、現場所長になることも可能です。

4.都会勤務|地方と比べて都会は工事数が多い

都会勤務の現場監督は、地方勤務と比べて年収が高い傾向があります。
勝ち組を目指すためには、仕事の数が多い都会で働くことを検討しましょう。

求人ボックスの情報によれば、エリア別の現場監督の平均年収は以下のとおりです。

エリア 平均年収
北海道・東北 421万円
甲信越・北陸 431万円
関東 458万円
東海 446万円
関西 450万円
中国 422万円
四国 420万円
九州・沖縄 421万円

引用:[求人ボックス]

表を見ると、関東や関西などの大都市が集中しているエリアで働く現場監督の年収が高いことが分かります。

都市部の年収が高い理由としては、都市開発などによる工事数の増加やインフラ整備における工事の必要性が高いことが挙げられます。

単純に工事数が多ければその分需要が高まり、求人するために高い給与を払う会社が増えるでしょう。

同じ現場監督として働くのであれば、出来るだけ給与が高い場所で働くことをおすすめします。

5.部下からの厚い信頼がある|実力や信頼によって大きな仕事を獲得できる

現場監督として勝ち組と考えられる人は、部下からの熱い信頼がある人物です。

実力や経験値が高いことはもちろん大切ですが、現場監督として他の職人や作業員を指示する立場として、信頼関係が築けるかどうかは重要なポイント。

この人は信頼できると思われる人物になるためにも、日頃からリーダーシップを発揮したり、コミュニケーションを大切にしたりして、信頼関係を築いておきましょう。

6.仕事に誇りを持っている|責任感やリーダシップが認められれば年収も上がる

現場監督として勝ち組の人の特徴は、仕事に誇りを持っている点です。

現場監督の仕事は外作業が多く、危険と隣り合わせの業務のため、精神力や体力のいる仕事です。

進捗が遅れている場合は、作業員を効率よく動かすために指示を出したり、残業を指示しなければならない場合もあるでしょう。現場作業と上層部からの指示で板挟みになることもあるかもしれません。

ただネガティブな部分を踏まえた上で、現場監督として全体を動かしながら建物を作り上げていくという自分の仕事に誇りを持つことができれば、仕事へのモチベーションも高まり、勝ち組として働けるでしょう。

7.プライベートの時間にも余裕がある|ワークライフバランスの取れた働き方ができる

勝ち組と呼ばれる現場監督は、ワークライフバランスが充実しています。

現場監督の仕事は工期に追われることが多く、悪天候が続けば作業が続行できず休日返上で働くこともしばしば。

「建設業=きつい」というイメージが強いのは、残業の多さや休日出勤の多さが理由とも言われています。

しかし2023年現在は、建設業界の中での働き方改革が進んでおり、週休2日制の導入に向けた取り組みやIoT化などで徐々に職場環境が改善されています。

会社によってはワークライフバランスの整った働き方も可能です。

自分の会社の働き方がきついと感じた人は、より良い条件の会社へ転職することを検討するのもおすすめです。

建設業界の働き方改革やIoT化に興味がある人はこちらの記事を参考にしてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

実際の勝ち組現場監督に聞いてみた

現場監督の勝ち組の特徴がわかったところで、実際に現場監督として働く人に仕事の現場ややりがいについて質問してみました。

ここでは、年代の異なる2名の現場監督の方の回答を見てきましょう。

20代現場監督Aさん|形が残る仕事ができたことへの達成感

現場経験がない私でしたが、入社後いろんな職人さんと協力しながら仕事をしています。
先輩社員のフォローもあって自分が担当した現場が完成し、無事に引き渡しができた時はとても言葉にならない感動を覚えました。
やりきった達成感と、形に残る仕事ができた喜びは何とも言えません。

引用:[ビズケン]

20代は実力を付けつつ、現場監督としての経験値を積む段階です。現場監督の経験がない初期の段階では、職人に指示することもあれば助けられることもあり、信頼関係を築くための重要な時期です。

先輩のサポートがあるうちに質問をたくさんし、先輩の技術を盗むことが大切です。

現場監督として仕事を完了できた達成感を糧に、徐々にできる業務の幅を広げていきましょう。

40代現場監督Oさん|プロジェクトごとに明確になる正当な評価と報酬がやりがい

自分の仕事が実績として形になる仕事ですので、その実績が正当に評価されることが何より嬉しいと感じています。
施工管理の仕事はプロジェクトごとに実績が評価されるため、やりがいも目に見える形で感じられます。
引用:[ビズケン]

40代になると、現場監督としての経験値はかなり上がっています。ここからさらに高みに行くためには、業務の効率化の提案や工期内に工事を完了させてかつ予算内でやりくりすることが求められます。

現場監督の仕事は工事現場が変われば内容が変わるため、プロジェクトごとの実績や評価がもらえる点では、実力を上げやすいのかもしれません。

目に見える形でやりがいを感じられるため、振り返りをしながら次の工事へ生かしていきましょう。

現場監督で勝ち組になるための方法3選

ここからは現場監督で勝ち組になるための方法を3つ紹介します。

特徴に応じた対策をすれば、誰でも勝ち組になることは可能です。ここで紹介するのは下記の3つの方法です。

  1. 工事数の多い都会で仕事を探す
  2. 1級施工管理技士の資格を取得する
  3. 転職エージェントに相談してより良い条件の会社を見つける

それぞれ詳しくみていきましょう。

工事数の多い都会で仕事を探す|仕事数をこなせば実力も上がりやすい

現場監督として勝ち組になるには、工事数の多い都会で仕事を探すと良いでしょう。

なぜなら現場監督として活躍するには仕事の質を上げて年収を上げていくことが大切だからです。

年収を上げるには現場代理人などの責任者になる方法がありますが、責任者を任せられるようになるには経験を積んで実力を伸ばす必要があります。

経験値を上げるためには工事の場数を踏むことが大切。しかし工事をたくさん受注する会社でなければ、経験値を上げられません。

都市部は地方と比べて工事数が多いため、さまざまな種類の工事に携わる機会が増えます。対応できる工事の種類を増やし、経験値を高めれば、現場代理人として働ける可能性が高まるでしょう。

1級施工管理技士の資格を取得する|資格を複数取得すれば汎用性が高まる

現場監督として勝ち組になるには、1級施工管理技士の資格を取得しましょう。

なぜなら1急施工管理技士の資格を取得すれば、施工管理技士として最上級の知識を有していることを証明でき、責任者としての実力があることを示せるからです。

1級施工管理技士の資格を取得すれば、下記の役職として工事に参加できるようになります。

  • 特定建設業の専任技術者
  • 一般建設業の監理技術者
  • 一般建設業の専任技術者
  • 一般建設業の主任技術者

規模の大きな工事になれば、専任技術者や監理技術者を一定数配置しなければならないため、主任技術者や監理技術者ができる人材を現場代理人に任命することもあります。

つまり、資格を取得するだけで役職の高い仕事を担当できる可能性が高まるということ。

施工管理技士の資格は工事の種類によって7つに分かれています。自分の業務に必要な資格を把握して、資格取得に挑戦してみましょう。

施工管理の仕事について気になる人は、こちらの記事を参考にしてください。

転職エージェントに相談してより良い条件の会社を見つける|建設業に特化した転職エージェントがおすすめ

現場監督として勝ち組になるには、より良い条件の会社で働くことが大切です。

条件の良い会社で働ければ、年収が高い上にワークライフバランスの整った環境で働け、幅広い業務を対応することで経験値を上げられるからです。

より良い条件の会社を見つけるには、転職エージェントに現場の把握と自分に合った会社を見つけてもらう方法がおすすめです。自分で探すよりも会社とのマッチング度合いが高まり、自分では見つけられなかった会社に出会えるかもしれないからです。

現場監督の仕事を探すのであれば、建設業に特化した転職エージェントに依頼すると良いでしょう。仕事に関する悩みを相談しながら自分に合った転職先を見つけてみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

本記事では、現場監督の勝ち組になるための方法や、勝ち組の特徴、実際に現場監督として働く人の声について紹介しました。

現場監督として勝ち組になるためには資格の取得や条件の良い会社で働くこと、責任感のある役職を目指すことなどが挙げられました。

現場監督は努力次第で勝ち組になることが可能です。最短で勝ち組になるためにも、勝ち組の人の特徴や、実現するための方法を理解し、適切な行動を取ることが大切です。

今の現場で勝ち組になることが難しいと感じた人は、転職を考えるのもひとつの方法と言えるでしょう。自分に合った会社で実力を伸ばし、できるだけ早く勝ち組になれるように努力を続けましょう。

本記事が参考になれば幸いです。

第二種電気工事士は転職に有利|資格の概要やキャリアプランを詳しく解説

第二種電気工事士の資格を取得するだけで、建築業界への転職が有利になることを知っていますか?

第二種電気工事士の資格を取得すれば、電気工事に関する業務を対応できるようになります。資格の取得難易度は低く、誰でも試験に挑戦することが可能です。

また、第二種電気工事士の資格は電気工事士以外にもさまざまな業種で役立つ資格です。資格を取得するだけで仕事の選択肢が広がり、転職にも役立ちます。

今回は第二種電気工事士の資格についての概要や資格取得が転職に有利になる理由、転職後のキャリアプランの可能性について紹介します。

建設業界への転職を検討している人、第二種電気工事士の資格の取得を目指している人はぜひ参考にしてみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/
この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

第二種電気工事士とは?資格情報や資格取得に必要な知識を解説

まずは第二種電気工事士の資格概要や合格に必要な知識について解説します。

第二種電気工事士の資格は「第二」と名称があるように、「第一」の資格も存在しますが、以下で紹介するのは下記のとおりです。

  • 第二種電気工事士の資格の概要
  • 第一種電気工事士との違い
  • 第二種電気工事士の受験資格と試験の概要

それぞれ見ていきましょう。

第二種電気工事士の資格の概要

第二種電気工事士の資格は低圧の電気工事を行う際に必要な資格です。

経済産業省が定める国家資格のひとつであり、電気工事を行う人材の業務独占資格です。

つまり、第二種電気工事士の資格がなければ電気工事ができないということ。電気に関わる仕事につきたい人にとっては必須の資格といえるでしょう。

第二種電気工事士の資格を取得することで従事できるようになる工事は以下のとおり。

  • 屋内の配線や照明、コンセントやエアコンの設置工事
  • 小規模の店舗や工場の電気工事
  • ビル管理における電気設備の管理業務

電気に関わる業務に対応できるようになるため、働く場所はさまざまです。

第二種電気工事士の資格を取得した後は業務の幅が広がるため、電気関係の会社への転職にも有利に働くでしょう。

後ほど、試験内容や合格率などについて説明します。

第一種電気工事士との違い

第二種電気工事士の試験の上には第一種電気工事士があります。それぞれの資格の違いは、対応できる業務範囲です。

下記に第二種電気工事士と第一種電気工事士が対応できる業務範囲の違いについてまとめました。

第二種電気工事士 第一種電気工事士
対応できる工事範囲 600V以下で受電する小規模設備の工事 600V以上で受電する大規模設備の工事
働く場所 一般住宅や小規模店舗など 第二種電気工事士の現場に加え工場・ビル・大型商業施設など
電気主任技術者になれる条件 最大電力が100kw未満の施設 最大電力が500kw未満の施設

また、業務範囲以外にも第一種電気工事士は第二種電気工事士と比べて受験資格や資格取得後の流れに違いがあります。

第一種電気工事士は受験資格を得るために3年間の実務経験が必要です。さらに資格取得後5年以内に「自家用電気工作物の保安についての講習」を受講する義務があり、5年ごとに受講しなければなりません。

第二種電気工事士は受験資格の制限もなく、取得後は更新が不要なため、取得に関する難易度が低いのが特徴です。

ただ第二種電気工事士の資格取得後に、さらに業務範囲を広げたい場合は第一種電気工事士の資格は必須です。

まずは第二種電気工事士の資格を取得し、その後も継続的に資格取得に励みましょう。

第二種電気工事士の受験資格と試験の概要

ここからは第二種電気工事士の資格概要について説明します。

下記に第二種電気工事士の受験概要や出題範囲をまとめました。

試験名 第二種電気工事士試験
実施機関 一般財団法人 電気技術者試験センター
受験資格 特になし
試験構成 筆記試験+技能試験
筆記試験内容
  1. 電気に関する基礎理論
  2. 配電理論及び配線設計
  3. 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
  4. 電気工事の施工方法
  5. 一般用電気工作物等の検査方法
  6. 配線図
  7. 一般用電気工作物等の保安に関する法令

筆記方式・四肢択一方式

技能試験内容
  1. 電線の接続
  2. 配線工事
  3. 電気機器及び配線器具の設置
  4. 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
  5. コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
  6. 接地工事
  7. 電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
  8. 一般用電気工作物等の検査
  9. 一般用電気工作物等の故障箇所の修理

上に掲げる事項の全部又は一部について実施。
持参した作業用工具により、配線図で与えられた問題を支給される材料で、一定時間内に完成させる方法

筆記試験合格率(令和3年度(下期)) 57.7%
技能試験合格率(令和3年度(下期)) 71.1%

引用:[一般財団法人電気技術者試験センター]

試験内容から、電気に関する基礎知識から工事における器具や施工に関する知識を問われることがわかります。

筆記、技能試験とともに合格率が50%を超えているため、難易度が高すぎるという訳ではありません。

参考書を読みながら過去問を解き、繰り返し知識を深めることで合格できるでしょう。

弊社では、建設・不動産業界に携わる数多くの方の仕事探しを成功に導いております。転職、派遣、フリーランス、一人親方、建設業者全ての方々のニーズに適切な優良求人・案件をご紹介可能です。

  • 完全週休2日制の求人
  • 50代60代70代でも応募可能なお仕事
  • 未経験でも応募可能なお仕事
  • 高収入求人、高単価案件多数
  • 無料登録から最短1週間で就業可能

まずは無料登録をして色々な求人・案件を見てみてください。専門エージェントからおすすめの求人・案件をご紹介することも可能です。

\建設業界の仕事探しなら/

第二種電気工事士の資格を取得するメリット3つ

第二種電気工事士の資格を取得するメリットは、主に以下の3つです。

  1. 転職に有利
  2. ステップアップできる
  3. 一生役立つ万能スキルが身につく

それぞれ解説します。

1.転職に有利

電気工事士は業務独占資格であり、電気関係の仕事に就くためには必須です。

第二種電気工事士の資格を持っていれば、電気工事関連の会社やビル管理などの職種に応募できます。

2.ステップアップできる

第二種電気工事士の資格は、電気工事の基礎知識を身につけることができます。

これは、現場での作業や施工管理などの業務に役立ちます。また、第一種電気工事士や施工管理技士などの上位資格の受験にも必要です。

3.一生役立つ万能スキルが身につく

第二種電気工事士の資格を持っていれば、一般住宅や小規模な店舗などの電気工事を自分で行うことができます。

これは、電気の不具合やリフォームなどの際に便利です。また、電気の仕組みや安全性に関する知識は、生活にも役立ちます。

第二種電気工事士の資格取得後に従事できる職種3つ

ここからは、第二種電気工事士の資格取得後に従事できる職種について紹介します。

第二種電気工事士の資格を取得すれば、電気工事に関するさまざまな業務に携われるようになります。今回紹介するのは下記の3つの業種です。

  1. 電気工事士
  2. ビル設備管理
  3. サービスエンジニア

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.電気工事士

第二種電気工事士の資格が活躍する仕事は、電気工事士です。

電気工事士とは、その名のとおり電気に関する工事を対応する仕事です。大きく分けて以下の2つに分かれます。

  • 建築電気工事
  • 鉄道電気工事

建築電気工事は一般住宅や事務所など、建設物の屋内外における電気設備の設計や施行を行う仕事です。住宅建築において、家の中のコンセントの設置や配線を繋げる作業は電気工事士が行っています。

一方で鉄道電気工事は、電車の安全に運行するために電気設備の点検やメンテナンス、架線の張り替えなどを行います。基本的な業務は変電設備工事や線路工事、駅の電気設備の点検などです。

電気工事といっても幅広く、自分がどの工事に携わりたいかによって働く会社が異なるでしょう。

2.ビル設備管理

第二種電気工事士を取得して働ける仕事のうち、ワークライフバランスを充実させたい人はビル設備管理の仕事がおすすめです。

ビル設備管理とは、電気工事士の仕事内容の一部である建築電気工事の業務に含まれます。

基本的にビルのメンテナンスを中心に対応するため、新規で工事を請け負い続けるのではなく、契約した場所の保守管理を行い、比較的業務量の少ない仕事です。ワークライフバランスを重視したい人に向いている仕事といえるでしょう。

工事現場で働く場合は体力が必要になることも多いですが、ビル設備管理は室内の業務な上に体力がいる業務はほとんどありません。60代以降も働く人がいるほど、長期的に働ける仕事としてもおすすめです。

3.サービスエンジニア

サービスエンジニアとは、機械が故障した際に修理する仕事です。主に取り扱う機器は医療機器やセキュリティ機器などがほとんど。第二種電気工事士の資格以外に、機械に対する専門的な知識が必要です。

製品の構造や修理箇所などをすばやく把握し対応する力が身に付くため、技術力の向上を目指したい人におすすめです。

サービスエンジニアと一括りに言っても、対応する機器や業種で働く場所が変わるため、自分の興味のある業種から選ぶと良いでしょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

第二種電気工事士の取得で転職が有利になる理由3つ

建設業界に転職を検討している人に朗報です。第二種電気工事士を取得することで、転職が有利になります。

転職が有利になる理由としては、下記の3つが挙げられます。

  1. 電気工事に関する作業の主任者になれるから
  2. 幅広い分野で仕事をする事ができるから
  3. 電気工事士は人材として需要はあるが担い手が少ないから

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.電気工事に関する作業の主任者になれるから

第二種電気工事士の資格を取得している場合、一定の電圧を扱う電気工事に従事できるだけでなく、工事における許可主任技術者として働くことが可能です。

つまり、第二種電気工事士の資格のおかげで施工管理のような工事全体を管理する仕事ができるということ。

許可主任技術者として働くには実務経験が必要ですが、工事現場を複数経験すれば作業の流れも把握できるはずです。2023年現在は施工管理が不足している状況のため、施工管理の代わりに働ける資格を持っていることは転職において大きなメリットになるでしょう。

2.幅広い分野で仕事をする事ができるから

第二種電気工事士の資格を取得していれば、幅広い分野で仕事ができるため、転職先の幅が広がります。

先ほど説明したとおり、第二種電気工事士の資格を取得することで働ける業種は複数あります。電気工事士を例にとっても、建設会社で電気工事士として働くのか、ビル設備管理として働くのかなど、選択肢が多いのが特徴です。

つまり第二種電気工事士の資格を取得しているというだけで、自分の求める転職の条件にあう会社を複数の選択肢から選べるということ。

転職において重要なのは、自分の外せない条件や適性を判断して、より条件の良い会社を見るけることです。

会社の選択肢を広げられるという点で、第二種電気工事士の資格は転職に有利に働くでしょう。

3.電気工事士は人材として需要はあるが担い手が少ないから

電気工事士は常に人材不足で、将来的に需要が高まる職種です。
経済産業省の調査によると、電気工事士の仕事は2045年には2,000人もの人材不足が予想されると発表されました。

引用:[電気保安人材の中長期的な確保に向けた課題と対応の方向性について]

この結果から分かるように、第二種電気工事士の資格を持つ電気工事士は将来的に需要が高まるということ。第一種電気工事士に関しては、2023年時点ですでに人材不足が懸念されており、需要が高まっています。

つまり電気工事士として転職する場合は、第二種電気工事士や第一種電気工事士の資格を取得しておけば需要が高く良い条件の会社が見つかる可能性が高くなります。

資格を取得していれば知識が充分にあることを証明できるため、転職時も条件の良い会社に応募しやすくなるでしょう。

第二種電気工事士の資格があれば未経験でも転職できる?

未経験でも第二種電気工事士の資格を取得していれば転職は可能です。実際に20代から40代まで、幅広い年代で転職した事例があります。

ここでは20代の転職と40代の転職について詳しくみていきましょう。

若手なら未経験でも需要大|転職するなら若いうちがおすすめ

20代で第二種電気工事士の資格があれば、未経験でも条件の良い会社を見つけられます。

なぜなら20代のうちに転職して経験を積めば、30代や40代には現場責任者を務められるほどの実力が付くため。未来への投資として、企業は若手の未経験の採用を積極的に行っています。

しかも第二種電気工事士の資格がある場合は、即戦力として期待され、より良い条件の企業への転職ができるかもしれません。

電気工事に関わる仕事をしたい人は、できるだけ早く転職することをおすすめします。

40代未経験でも転職が可能|やる気が伝われば40代でも成功できる

第二種電気工事士の資格を取得していれば、40代未経験でも転職は可能です。

正直、40代での未経験の転職は需要がそれほど高くありません。40代では転職後のキャリアを積む期間が短く、採用するコストが高いと考えられるからです。

しかし電気工事に関わる仕事は種類によっては60代以降も働ける仕事が多く、体力面の不安も少ないため、他の建設業と比べると転職の可能性が高いといえるでしょう。

さらに第二種電気工事士の資格を取得していれば、資格支援の手間が省け、やる気があることを証明できます。

転職を成功させるためにも、第二種電気工事士の資格は取得しておきましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

第二種電気工事士資格をもつ電気工事士のキャリアパス

ここからは第二種電気工事士の資格を取得して電気工事士として働いた場合のその後のキャリアパスについて紹介します。

基本的にキャリアパスとしては次の2つが挙げられます。

  • 第一種電気工事士や他資格の取得で活躍の幅が広がる
  • 施工管理・電気主任技術者にキャリアアップ

それぞれ詳しくみていきましょう。

第一種電気工事士や他資格の取得で活躍の幅が広がる

第二種電気工事の資格をもつ電気工事士として就職した後は、継続して第一種電気工事士や他資格の取得を目指しましょう。

取得している資格の数が増えれば、それだけ難易度の高い工事に対応できるようになったり、電気工事士以外の働き方の選択肢が広がります。

例えば、第二種電気工事士以外に取得をおすすめする資格は下記のとおり。

  • 第一種電気工事士
  • 電気工事施工管理技士
  • 電験三種
  • 消防設備士
  • ボイラー技士
  • 危険物取扱者
  • 第三種冷凍機械責任者

複数の資格を取得していれば、転職時のアピールポイントになります。

特定の資格によって別の試験の筆記試験が免除せされるなどの特典もあるため、継続して資格の勉強に取り組みましょう。

施工管理・電気主任技術者にキャリアアップ

第二種電気工事の資格をもつ電気工事士のキャリアチェンジの候補としては施工管理や電気主任技術者が挙げられます。

電気工事士と施工管理、電気主任技術者との違いは、工事に従事する職人か工事全体を管理する責任者として働くかです。

工事に従事する間は、スキルの向上を目指す必要がありますが、工事を管理する立場になれば、マネジメント能力やコミュニケーション力が求められます。

管理する業務が増えれば対応する業務内容が代わり、管理者として責任感が高まることにより年収の向上も期待できます。

電気工事士として働く中で、将来のキャリアとして施工管理者などの現場を管理する立場を目指してみるのもおすすめです。

\建設業界の仕事探しなら/

第二種電気工事士の資格で賢く転職する方法

第二種電気工事士の資格を取得したら、その資格を活かした転職をするのがおすすめです。

第二種電気工事士の資格で賢く転職する方法は、主に次の3つがあります。

  1. 資格を活かせる業界に転職する
  2. 他の資格も取得する
  3. 信頼できる転職エージェントを活用する

それぞれ解説します。

資格を活かせる業界に転職する

第二種電気工事士の資格は、低圧の電気設備に関する工事に従事できる資格です。そのため、従事できる業界も幅広く存在します。

例えば、次のような業界です。

電気工事業界

電気工事の業界では、一般住宅や小規模な店舗、ビル、工場などの配線工事や器具の取付け・取外しなどを行います。

第二電気工事士としての経験を積むことで、電気工事施工管理技士になれる可能性もあります。

ビル設備管理業界

ビル設備管理では、ビル内にある設備の点検や交換、緊急時の対応などを行います。

第二電気工事士は、ブレーカーや分電盤など低圧の電気設備を取り扱う際に必要です。また、他の資格も取得すると有利です。

サービスエンジニア業界

サービスエンジニア業界では、医療機器やセキュリティ機器などの機械が故障した際の修理などを行います。

サービスエンジニアに就く第二電気工事士は、電気工事の基礎知識だけでなく、製品の構造や故障箇所を把握する力が求められます。

このように、資格を活かせる業界に転職することで、自分のスキルや経験を評価してもらえる可能性が高まるでしょう。また、自分の興味や適性に合った業界を選ぶことで、やりがいやモチベーションが向上するメリットもあります。

他の資格も取得する

第二種電気工事士の資格は、電気系の資格の中では入門クラスの内容です。

そのため、転職の際には、現場経験を積んだ後に電気工事施工管理士などの上級資格に挑戦するなどの明確なキャリアパスを面接官にアピールすることも重要です。

他の資格を取得することで、自分の技術力や知識を証明できるだけでなく、より高度な仕事に挑戦できるようになります。また、資格によっては年収アップや待遇改善の効果も期待できるでしょう。

例えば、ビルメンテナンス業界では、第二種電気工事士の資格以外に次のような資格が必要とされることがあります。

  • 2級ボイラー技士:ボイラーの運転や管理を行う資格
  • 危険物乙種4類:ガスや液化石油ガスなどの危険物を取り扱う資格
  • 第三種冷凍機械責任者:冷凍機械の運転や管理を行う資格
  • 消防設備士:消防設備の点検や保守を行う資格

これらの資格をあわせて「ビルメン5点セット」と言われており、転職に有利になるとされています。

信頼できる転職エージェントを活用する

第二種電気工事士の資格を持つことで、転職先の選択肢が広がりますが、その分、自分に合った企業を見つけるのが難しくなる可能性があります。なぜなら、資格の有効活用ばかりに目が行ってしまい、自分の本当の希望や願望を見失ってしまうからです。

そこで、信頼できる転職エージェントを活用することが有効です。転職エージェントは、自分の希望や条件に合った求人を紹介してくれたり、履歴書や面接の対策をしてくれたりします。

また、電気工事士の資格を持っていることをアピールする方法や、市場動向や給与相場などの情報も提供してくれるため、ご自身の希望に合った転職先を見つけいやすくなるでしょう。

電気工事士に関する転職はビーバーズにお任せください!

two women sitting on chair

第二種電気工事士の資格を取得すれば電気工事士はもちろん、ビル管理やサービスエンジニアなどさまざまな業種で働けることが分かりました。

取得した第二種電気工事士の資格を有効に活用するには、資格手当の充実した会社や資格を使った業務が充実している会社で働くと良いでしょう。

ただ転職を検討する場合、大量の求人票を見ただけでは、会社の業務全体を把握することはできず、その会社に自分の適正があるかを確認することは難しいです。

そんな時におすすめなのが、転職エージェントに相談することです。

転職エージェントは登録者のキャリアの棚卸しをし、希望の条件を把握した上でその人に合った求人を紹介してくれます。第二種電気工事士の資格を充分に活かせる会社を見つけられるかもしれません。

建設業に関する転職を検討する場合は、建設業に特化した転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

第二種電気工事士の資格のまとめ

今回は、第二種電気工事士の資格を取得した後のキャリアプランについて転職できる業界や、未経験からの転職の可能性、転職後のキャリアアップの方法について紹介しました。

第二種電気工事士は誰でも受験できる資格で、合格後は更新が必要のない国家資格です。電気工事に関わる仕事をしたい人は必須の資格といえるでしょう。

第二種電気工事士の資格を取得すれば対応できる業務の幅が広がり、転職後も年収アップやワークライフバランスの充実した働き方ができるかもしれません。

自分の適性に合った会社を見つけたい場合は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

自分の希望の条件に関する求人を知りたい、自分のキャリアで転職可能か知りたいなどの質問でもいいので、まずは転職エージェントに相談してみましょう。