TEL
メニュー

【平均年収】施工管理の年代・業種・役職別平均年収と年収UPの方法

施工管理技士として働く中で「自分の年収は平均よりも高いのか?」と気になったことはありませんか?

施工管理技士は建設業の中でも年収が高いというイメージがありますが、時期や職種によっては一概に高いと言えない場合もあります。なぜなら施工管理技士の種類は幅広く、働く会社や年齢によって平均年収の幅が大きく異なるため。

自分の平均年収が施工管理技士の中でどのくらいなのかを把握すれば、自分のとるべき行動が分かってきます。

今回は施工管理技士の平均年収について、年齢別や職種別、業種別などさまざまなカテゴリからデータを比較します。またデータを比較だけでなく、年収を上げるための方法についても説明するため、年収や給料を上げたいと思っている人におすすめです。

施工管理として働いてる人や、将来施工管理として働きたいと思っている人は、自分の働き方を考える指標として、ぜひ参考にしてみてください。

施工管理技士の平均年収を徹底比較|カテゴリ別に自分の立ち位置を把握する

セカコンプラスの調査によると、施工管理技士の平均年収は620万です。

ただ、この結果は施工管理技士全体の平均であるため、平均年齢は42歳となっています。

年齢別や業種別など、より細かくカテゴリ分けをしていけば、自分の条件に近い施工管理技士の平均年収はどのくらいかを把握できます。

今回は下記の4つのカテゴリの平均年収についてみてきましょう。

  • 年代別
  • 業種別
  • 職種別
  • 役職別

それぞれ詳しく説明します。

年代別の平均年収|20代は修行期間で年収が上がりにくい

まずは年代別の施工管理技士の平均年収から説明します。

施工管理技士は年収が高いというイメージが強いですが、年代によっては年収が低い時期があるのも事実です。

データを見てわかるように、施工管理技士を年代別に比較すると20代の平均年収は473万円と全体の結果から見ても低いです。

30代は584万円で、伸び幅は年代間で最も大きい111万円。これは、見習い期間を経て自分で工事を担当できるようになってくるのが30代からというのが影響していると考えられます。

40代の施工管理技士の平均年収は650万円で、全体平均の630万円を上回りました。
人生で最も稼ぎ時とされる50代の平均年収は685万円で、20代の1.4倍です。

60代になると対応できる仕事の種類が限られてくることもあり、50代と比べて収入はやや低下し、653万円という結果でした。

建設業界は他の業界と比較しても平均年収の高い年齢層が広く、ボリュームゾーンは40代〜60代が中心となっています。

施工管理技士は未経験でもなれますが、資格を取得して自分で工事を担当できるようになるには数年から数十年かかることも。

そのため年代別で平均年収を見ると、30代以降から高い年収を得ていることが読み取れます。

業種別の平均年収|デベロッパーやコンサル業がおすすめ

業種別の施工管理の平均年収は以下のとおりです。

施工管理技士の平均年収を主要な11の業種に分けて比較すると、平均年収が最も高かったのは「プラント・エネルギー」で725万円です。

2番目は総合建設業者である「ゼネコン」で、全体の平均年収より30万円ほど高い664万円でした。

ゼネコンが請け負う工事はマンションやビルだけでなく、テーマパークや競技場などの大型建築もあります。工事の規模が大きい分、施工管理としての仕事の難易度は高いといえるでしょう。

3番目は「ディベロッパー」で660万円、続く「コンサル(PM・CM)」は647万円です。

ディベロッパーは開発する土地の調査や購入、それに伴う行政の許認可を取得する仕事で、コンサルはインフラ工事などにおける企画や提案、調査を行う仕事です。施工管理技士としての知識があれば、直接建設工事を行う立場でなくとも仕事ができます。

施工管理技士の知識はデベロッパーやコンサルでも重宝されるため、転職の選択肢の一つとして検討するのもおすすめです。

全体の平均値に届かなかったのは、「建設コンサルタント」625万円、「不動産管理会社」590万円、「専門工場会社(建築・土木)」575万円、「自営業」455万円、「その他」625万円でした。

「プラント・エネルギー」「ゼネコン」「ディベロッパー」「コンサル」の平均年収が高い理由としては、比較的企業規模の大きいという点が挙げられます。

「不動産管理会社」「専門工事会社」「自営業」などの規模が小さな会社ほど平均年収が低い傾向です。

一方で企業規模とは別軸で、平均年収の高い業種は残業時間が長く、ワークライフバランスが取りにくいというデメリットもあります。例を挙げると「プラント・エネルギー」や「ゼネコン」などは残業時間も長く、激務と言われる業種です。

平均年収だけでなく、ワークライフバランスを重視したい人であれば「ディベロッパー」や「建設コンサルタント」と呼ばれる発注者側もしくは発注者支援側の仕事がおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

職種別の平均年収|大規模な工事をする施工管理技士の年収は高い

施工管理技士は対応する工事によって必要な資格や施工管理技士としての名称が分かれます。

例えば、住宅工事の中でも内装の電気配線の設置やコンセントの取り付け工事を行う場合は、施工管理技士の中でも電気に関する知識を有した電気工事施工管理技士が対応します。

他にも、道路やダムなどのインフラ工事では土木施工管理技士が対応したり、インターネットなどの通信設備であるLANケーブルの新設をする場合は電気通信施工管理技士が必要です。

そのため施工管理の年収を見る場合も、どの職種の平均年収かを把握しておくことが重要です。

参考:[セカコンプラス]

結果を見ると、プラント施工管理の年収が一番高いことが分かります。プラント施工管理とは、プラント(工場)の工事に関わる施工管理のことで、大規模な工事を担当することが多いです。

施工管理技士の資格としては、管工事施工管理技士や電気工事施工管理技士が必要です。規模が大きく難易度が高い工事が多いことから、平均年収が高いと考えられます。

2位から4位までの施工管理技士は、建設以外にも電気工事や配管工事に関する専門的な知識が必要なため、施工管理技士の中でも専門性が高いといえるでしょう。

電気や配管は住宅の建設から大規模な施設の建設まで、どんな工事でも必要になる設備です。資格を取得し、実務経験をつけていけば徐々に難易度の高い工事を対応できるようになり、平均年収が上がるでしょう。

役職・キャリア別の平均年収|部長以上は年収が上がりにくい

役職によっても平均年収は異なります。

結果を見ると、役職がない一般社員の平均年収は558万円で、役職を取得すれば平均年収が100万円以上も上がることが分かります。

例えば昇進して「主任」になると平均年収は617万円になり、一般社員から約60万円の年収アップです。

また「係長」の平均年収は688万円で、「課長」「次長」「部長」「本部長・事業部長」になると700万円を超えてきます。

年収トップの「次長」の平均年収は761万円で、一般社員の1.36倍となっています。

年収の伸び幅は次長で頭打ちとなっていますが、役職に比例して年収が増えているということが分かりました。

建設業界は役職に就いたとしても部長・本部長・事業部長の場合、現場を担当することが少なくなるため、平均年収が下がるという特徴がある点を理解しておきましょう。

もしあなたが、「建設業界で独立したい」「フリーランスとして業務委託案件を獲得したい」「今の働き方を変えたい」と考えているのであれば、ぜひ「ビーバーズフリーランス」をご利用ください。

弊社エージェントが、あなたのご要望にぴったりのフリーランス案件の紹介させて頂きます。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。ビーバーズフリーランスでは、以下のような案件を豊富に抱えています。

  • 週2.3日から選択できる幅広い案件
  • 月60万円~70万以上の高収入案件多数
  • 無料登録から最短1日でお仕事紹介

まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。専門のフリーランスエージェントからおすすめの案件をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

施工管理技士がキャリアの作りで注意すべきポイント3点|将来を踏まえて自分が何をすべきか考える

ここからは施工管理技士がキャリア形成をする上で注意すべきポイントを3つ紹介します。

  1. 年収のボリュームゾーンを理解しておく
  2. ワークライフバランスや働き方の観点も大切にする
  3. 役職は部長クラス以下を狙う

それぞれ詳しくみてきましょう。

1.年収のボリュームゾーンを理解しておく|40代〜60代が年収が上がりやすい

施工管理技士の年代別平均年収を参考にすると、40代〜60代の年収が高いことが分かります。

40代以降はベテラン人材と呼ばれるため、年収が高い理由は分かりますが、60代でも転職市場が活性化しているのが建設業界特有の特徴といえます。

つまり建設業界であれば40代以降の転職も積極的に行えるということ。

40代の時点で、資格や実績があるにもかかわらず全体の平均年収よりも低い状況であれば、転職を検討してみるのもおすすめです。

まだ20代、30代の段階であれば、資格の取得や実績の積み立てを行いつつ、将来の転職も視野に入れたキャリア形成をしていきましょう。

2.ワークライフバランスや働き方の観点も大切にする|企業規模や年収に囚われるのはNG

業種別の平均年収をみて分かるように、企業規模が大きいほど平均年収があがります。

しかし中小ゼネコンであっても、かなりの高額を提示する建設会社は存在するのも事実です。中小企業だから年収が上がらないと諦めるのではなく、今の職場の年代別の平均年収がいくらかを把握した上で、転職の有無を検討するのが良いでしょう。

もう1つ重要な観点はワークライフバランスです。

残業時間が増えれば平均年収は上がるため「平均年収が高い=働きやすい良い会社」とは限りません。

実際に「プラント・エネルギー」「ゼネコン」「サブコン」「ハウスメーカー」などは、確かに土日出勤や残業時間の長さが問題になっています。

キャリア形成の点で考えると、いくら年収が高いとはいえ残業時間や休日出勤が多い会社であれば将来に不安が出てくるかもしれません。

年収だけにこだわるのではなく、ワークライフバランスや働きやすさにも注目して今の状況を把握するのがおすすめです。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

3.役職は部長クラス以下を狙う|年収が上がりやすい役職を知る

建設業界の特徴として、役職があがれば必ず年収も上がるというわけではないという実態があります。

なぜなら建設会社で部長職以上になれば、現場を担当する頻度が減るため高い年収を要求しにくい働き方になるため。

年収にこだわるのであれば一生、現場を担当するキャリアを選択するのも1つです。

現場を担当するキャリアには会社員ではなくフリーランスや派遣などの雇用形態もあるため、自分の将来の働き方を検討してみると良いでしょう。

施工管理の派遣について気になる人は、下記の記事を参考にしてみてください。

施工管理は派遣として働ける!メリットデメリット、就業範囲や禁止業務、おすすめの派遣会社を徹底調査

施工管理技士として年収を上げる方法3選|状況を把握してから行動に移す

success, gradually, career

ここからは、施工管理技士が年収を上げるための方法について紹介します。

年収を上げるために必要な手段を知っておけば、今から準備をしておくだけで昇給のスピードが上がるかもしれません。

ここでは3つの年収を上げる方法を紹介します。

  1. 資格を取得する
  2. 実務経験を増やす
  3. 条件の良い会社に転職する

それぞれ詳しくみてきましょう。

1.資格を取得する|将来のキャリア設定にも役立つ

施工管理技士として年収を上げるには、資格の取得がおすすめです。

施工管理は資格がなくても働ける仕事ですが、工事の規模に伴い施工管理技士という資格が必要な場合もあります。

施工管理技士の資格は7種類あり、自分の会社で取り扱う工事の種類によって取得すべき資格が異なります。

資格の階級は2級と1級で、1級を取得すればほぼ全ての工事で施工管理として働けるようになるため、施工管理としての年収を上げたい人は1級の取得を目指すと良いでしょう。

また、1級施工管理技士資格を取得した施工管理技士はキャリアアップの選択肢が豊富です。

1級施工管理技士は需要が高いため、現在の会社でキャリアを積み、上の役職を目指すことも可能ですが、年収をもっと上げたい人であれば独立することもできます。

1級施工管理技士の資格取得によって、建築士や労働安全コンサルタントなどの別の資格の受験資格を得ることができるため、追加資格の取得に挑戦できるでしょう。

追加資格として、最も年収交渉に役立つ資格はやはり1級建築士です。

施工管理技士ができるのは現場を取り仕切る工事管理ですが、設計士に転身して設計監理までできるようになれば、仕事の幅はグッと広がり年収も上がるでしょう。

2.実務経験を増やす|経験値の高さで対応できる仕事の幅が広がる

施工管理技士として年収を上げるには、さまざまな工事現場での経験値を増やしましょう。

実務経験は、上で説明した資格の取得にも関わります。

施工管理技士試験を受験する際には一定年数の実務経験が必要なため、資格取得を目指す人もまずは会社に所属して実務経験を増やすことが大切です。

実務経験を増やせば、工事現場で注意すべき点や現場ごとの特徴を理解できるようになり、将来全体を管理する立場になった際にも役立ちます。

転職サイトでは、資格がなくても実務経験がある人材を募集していることもあり、現場で働いたことのある経験は転職でも大きなメリットです。

まずはさまざまな工事現場での経験値を増やし、施工管理技士としての実力をつけていきましょう。

3.条件の良い会社に転職する|実力に相応する報酬をもらえる環境に移る

現在、施工管理技士として働いている人で自分の会社では将来のキャリア形成がうまくいきそうにないと思った場合は、転職を検討しましょう。

平均年収は業種や職種、会社の規模などで大きく異なります。

今の環境で数年働いた後も年収が平均値よりも上がらないことが分かれば、早めに条件の良い会社に転職するのがおすすめです。

なぜなら、転職を早い段階でできれば転職先でのキャリアを積む時間が増えるため。

条件の良い会社でキャリアを積めれば、早い段階での昇進や担当する工事の難易度が上がり、年収を上げることができます。

条件の良い会社を見つけるには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

自分のキャリアの棚卸をしつつ、条件を固めていき、自分のあった会社を見つける作業を転職エージェントがサポートしてくれます。

まずは相談だけでもいいので、現在の仕事の悩みや転職の検討段階などを伝えてみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

まとめ

今回は施工管理技士の平均年収に関して、年代別や業種別、役職やキャリア別など様々な角度から紹介しました。

施工管理技士はあらゆる現場の経験を積むことで、自分のキャリアの可能性や年収上昇幅を広げることができる上に、経験値が高ければ、定年が近づいた時にその後の選択肢の幅が広がります。

建設業界は人手不足は慢性的であるため、有資格者であればキャリア選択に際して選択肢が多いのがメリットです。

自分の年収が平均と比べてどれくらいか、より高い年収を目指すためには何をすれば良いかを考え、資格取得や転職などの行動に移すと良いでしょう。

転職を検討する場合は自分の条件とのギャップを減らし、転職後の安定したキャリアを確立するためにも転職エージェントを活用するのがおすすめです。

本記事が参考になれば幸いです。