TEL
メニュー
ビーバーズ

一級建築施工管理技士がすごいと言われる理由|資格を取得するメリットや難易度などを徹底解説

施工管理 建設 転職

一級建築施工管理技士の資格は、建築プロジェクトの成功に欠かせない存在です。そのため、資格を取得するメリットが多い反面、非常に難易度が高いのが「すごい」と言われる理由です。

しかし、一級建築施工管理技士の資格を取得できれば、社会における人材価値が上がり、その分高収入にも期待ができます。また、ご自身のキャリアアップにも大きく影響するでしょう。

一級建築施工管理技士の資格を取得するには、難しい試験を突破しなければなりませんが、継続的な学習意欲があれば克服も十分に可能です。

そこで今回は、一級建築施工管理技士がすごいと言われる理由や、資格を取得するメリット、資格の難易度などを徹底解説します。これから一級建築施工管理技士を目指す方はもちろん、興味のある方も、ぜひ参考にしてください。

一級建築施工管理技士とは?「すごい」と言われる理由も解説

一級建築施工管理技士は、日本の国土交通省が管轄する国家資格の1つで、建築工事の施工計画の作成や現場での工程管理、品質・安全面の指導を行う専門家です。

この資格を持つ技術者は、建築物の根本を支える重要な役割を担っており、大規模な建築現場に関わることができます。また、建設業法に基づき、一定規模以上の工事では、一級建築施工管理技士が主任技術者や監理技術者として専任で配置される必要があります。

一級建築施工管理技士が「すごい」と言われる理由は、この資格が建設業界で高い専門性と責任を要求されるためです。一級建築施工管理技士は、全ての建築工事の施工計画を作成し、工程管理、品質管理、安全管理などを行い、建築物の完成に至るまでの全過程を監督します。そのため、高度な技術知識と経験が必要とされ、資格取得のための試験も難易度が高いとされています。さらに、資格を持つことでキャリアアップや転職に有利になるなど、経済的なメリットも大きいため、尊敬される職業の1つと言えるでしょう。

試験は第一次検定と第二次検定の2段階に分かれており、一定の実務経験が必要です。第一次検定は19歳以上であれば受験可能ですが、第二次検定は一定の実務経験が求められます。合格率は低く、合格するためには計画的な勉強と実務経験が不可欠です。

一級建築施工管理技士の資格を持つことで、建設業界での地位が高まり、大手ゼネコンやプラント、ハウスメーカーなど幅広い転職先が期待できます。

一級建築施工管理技士の仕事内容と役割

Professional architect working with draft in office

以下では、一級建築施工管理技士の具体的な仕事内容と役割を解説します。

1.施工計画の作成

建築施工管理技士は、鉄筋工事、大工工事、屋根工事、内装工事など、建築に関する工事において、施工計画を作成します。どのように工事を進めていくかをまとめ、工程や品質管理、安全管理などを考慮しながら計画を立てます。

2.現場での工程管理

現場では、施工計画通りに工事が進むように監督します。工程の遅れや問題が発生した場合、適切な対応を行い、工期を守るために努力します。

3.品質・安全面の指導

品質管理では、設計図通りに仕事が行われているかを確認し、品質を維持します。安全管理では、現場の安全を確保し、事故の予防に努めます。

4.建築業法に基づく役割

建築業法によって、一定規模以上の工事では一級建築施工管理技士が主任技術者や監理技術者として専任で配置される必要があります。これは、営業所ごとに専任で業務を統括できる技術者として、建築施工管理技士を置くことが義務付けられているからです。

一級建築施工管理技士の難易度と合格するための勉強法

1級建築施工管理技士の試験は、建築現場に携わる方にとって重要な資格であるため、ぜひ取得しておきたい資格です。

しかし、簡単には合格不可能な難しい試験であることが「すごい」と言われる理由です。

以下に、1級建築施工管理技士試験の難易度と合格するための勉強法を紹介します。

1級建築施工管理技士の難易度

合格率: 1級建築施工管理技士の第一次検定の合格率は年度によって多少のブレがありますが、おおよそ40%前後です。国家資格の試験としては比較的高い合格率ですが、試験が簡単なわけではありません。

1級建築施工管理技士に合格するための勉強方法

1級建築施工管理技士の出題範囲については、試験科目が多く、出題範囲も広いため、全ての科目について満点を取ろうとする必要はありません。そこで、全体の7~8割を狙う勉強が合格への近道です。

試験対策としては、まず過去問題から入るのがおすすめです。過去問題を解いて解説を読むことで、試験の傾向や出題内容を理解しましょう。解説を理解することで、問題の変化球にも対応できます。

また、通信講座を利用するのもおすすめです。通信講座を受講すると、専門家から質問できる機会があり、効率的に勉強できます。

1級建築施工管理技士の勉強は、理解することを重視しましょう。答えを覚えるだけでなく、なぜその回答になるのかを理解することが大切です。

今すぐ応募できる求人はこちら

\非公開求人/

新築メインの建築施工管理求人

月収
750000
勤務地
東京都港区
募集職種
一級建築施工管理技士

\非公開求人/

中古マンションのリノベーション

月収
450000
勤務地
神奈川県横浜市
募集職種
住宅マンションの施工管理

\非公開求人/

スーパーゼネコンの土木施工管理

月収
580000
勤務地
大阪府大阪市
募集職種
土木施工管理技士

\非公開求人/

大手ゼネコンの現場事務

月収
340000
勤務地
関東圏内の各エリア
募集職種
大手ゼネコンの現場事務

\非公開求人/

住宅中心の太陽光発電設置工事

人月単価
450000
勤務地
埼玉県全域
募集職種
太陽光発電設置工事

\非公開求人/

集合住宅のアフターメンテナンス

人月単価
400000
勤務地
福岡県博多市
募集職種
集合住宅のアフターメンテナンス

\非公開求人/

大型物件の解体工事

人月単価
500000
勤務地
栃木県栃木市
募集職種
大型物件の解体施工管理

\非公開求人/

大手ハウスメーカー下請けの大工

人月単価
700000
勤務地
大阪府大阪市、愛知県名古屋市、沖縄県
募集職種
住宅の大工

一級建築施工管理技士の資格を取得するメリット8つ

architect, plan, construction

一級建築施工管理技士は、建築工事の施工管理を行うための国家資格であり、その取得には多くのメリットがあります。

以下に、一級建築施工管理技士の持つメリット8つを解説します。

1.他人に自分の技術力を明示できる

一級建築施工管理技士は、建築工事の施工管理資格で最上級の資格です。

管理できる工事の規模に制限がなく、どんな規模の工事でも管理をすることができます。

実務経験が必要なため、実際に施工管理の経験を持っていることを証明できます。

2.年収アップに期待ができる

一級建築施工管理技士を取得すると、多くの企業で資格手当として毎月の給与に上乗せがあったり、資格報奨金が支給されたりします。

任せられる工事の規模が大きくなるため、基本給がアップする企業もあります。

3.転職に有利となる

一級建築施工管理技士は、施工管理を行える工事の規模に制限がありません。

建築工事の施工管理のエキスパートとして、多くの企業が必要としています。

転職にも有利であり、建築業界に特化した転職エージェントを活用することで成功の可能性が高まります。

4.高レベルな国家資格の保有者となれる

一級建築施工管理技士の難易度は高く、偏差値は55とされています。

高度な知識と経験が求められるため、資格取得者は尊敬される存在となります。

5.スキルアップにつながる

資格取得後、さらに規模の大きい工事を任されることが多くなります。

工事の監理技術者としても活躍でき、スキルアップを目指すことができます。

6.経営事項審査で有利になる

一級建築施工管理技士が所属している建設業者は、経営事項審査の技術力評価において加点されます。

評価が高いほど公共工事の受注に有利になります。

7.役職を与えられる

一級建築施工管理技士は、工事の主任技術者・監理技術者になることができます。

会社内でも評価され、役職を与えられることもあります。

8.建築工事のエキスパートとして認知される

一級建築施工管理技士は、建築工事の施工管理を行う資格の中で最上位の資格です。

建築工事全般の知識が必要であり、エキスパートとして活躍できます。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

一級建築施工管理技士のキャリアパス

一級建築施工管理技士の資格を取得することで、建設業界におけるキャリアパスが広がります。以下は、一級建築施工管理技士のキャリアアップについての詳細です。

2級建築施工管理技士を取得する

未経験から施工管理で経験を積み、専任の技術者として主任技術者の役割を担えるようになります。主任技術者は、一般的な施工管理の仕事に加えて、技術的な観点から適正な工事・施工が行われるように管理する責任のある立場です。

1級建築施工管理技士を取得する

2級の資格を取得した後、さらなるステップアップとして1級の資格を取得することで、大規模工事のまとめ役になることができます。1級の資格を持つ施工管理技士は、より幅広い業務を担当することが可能です。

新たな資格の取得や独立も可能

1級資格を取得した施工管理技士は、建設現場での仕事を通じて様々な職種の施工方法を理解できるため、いずれかの職種で独立することも可能です。

このように、建設現場での安全管理や工程管理、工事の品質管理などを行う施工管理の仕事は専門的な知識と高度な技術力が求められますが、その重要性からキャリアアップの選択肢が豊富です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

一級建築施工管理技士の人材市場と転職事情

一級建築施工管理技士の人材市場については、次のような特徴があります。

人材不足が深刻化している

現在の建設現場では、施工管理技士の人材不足が深刻です。大手ゼネコンから中堅の建設会社まで、施工管理技士の採用に頭を抱えている状況です。

特に地方では若手の施工管理技士が不足しているため、需要が高まっています。

資格が重視される

1級建築施工管理技士は、大規模な公共事業を含む様々な現場監督を担うために必要な国家資格です。監理技術者としての役割を果たし、大規模工事の責任者として活躍できます。

高い年収と需要に期待ができる

1級建築施工管理技士は、無資格の現場作業員に比べて年収が高いです。建設会社は1級建築施工管理技士の資格を所持している人材を求めており、需要が高まっています。

転職市場で価値が高い

1級建築施工管理技士の転職市場価値は高いです。また、資格保有者や現場での実務経験が豊富なほど転職に有利となります。

上記の理由から、1級建築施工管理技士は若者にとっても魅力的な業界であり、今こそ転職する絶好の機会と言えるでしょう。一級建築施工管理技士は、建設業界で重要な役割を果たす専門家であり、その需要は今後も増加することが予想されています。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

一級建築施工管理技士のまとめ

このように、一級建築施工管理技士は、難易度が比較的高い資格ですが、継続的に勉強することで十分取得が可能なレベルと言えるでしょう。

ただし、転職する際には、ご自身の適性を理解するための自己分析が必須となります。

そこで、一級建築施工管理技士への転職を考える際は、ご自分に合っている仕事を見つけるための分析を行い、しっかりと理解してから転職活動を行うことが重要です。

転職エージェントのキャリアコンサルタントのサポートを受けながら就職や転職活動を進められれば、転職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングを通して自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、自己分析のサポートをしながら、あなたに合った転職先を提案いたします。

まずはお気軽に登録して、転職に関する悩みや疑問を相談してください。

関連するブログ

建設業界のお仕事探しは
ビーバーズへおまかせください。