TEL
メニュー
ビーバーズ

マンション管理士試験の合格に必要な勉強時間の目安と効果的な勉強法を徹底解説

不動産 マンション管理士 独立・フリーランス 働き方やキャリア 転職

マンション管理士とは、マンションの管理組合や区分所有者からの相談に応じて、助言や指導などを行う国家資格者のことです。マンション管理士資格を取得するための国家試験に合格することは、不動産業界での専門性を高めるための重要なステップとなります。

しかし、マンション管理士の試験に合格するには多岐にわたる知識が求められるため、計画的かつ継続した勉強が必要です。

そのため、多忙な日々を過ごす中で、どのようにして効率よく学習を進めればよいのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、マンション管理士試験の合格に必要な勉強時間の目安と、効果的な勉強法を徹底解説します。これからマンション管理士を目指す方は、ぜひ参考にしてください。

マンション管理士とは?仕事内容や資格の概要を解説

マンション管理士とは、マンションの適切な維持や管理に関する専門知識を持ち、管理組合のサポートやコンサルティングを行う国家資格者のことです。

マンション管理士は、2001年に施行された「マンション管理適正化法」によって設けられた比較的新しい資格で、マンション管理組合の運営をサポートし、適正なマンション管理を通じて良質なマンションストック(中古マンション)の形成に貢献します。

マンション管理士の仕事内容

マンション管理士の主な仕事内容には、以下のようなものが挙げられます。

  • 管理費や修繕積立金の会計監査
  • 予算案や予算改定案の作成
  • 総会や理事会の運営サポート
  • 管理規約の改正や見直し
  • 管理コストの見直しや削減
  • マンション分譲に関する相談や助言
  • 管理委託会社の選定や変更
  • 災害時の緊急補修や大規模修繕の計画立案
  • 住民間のトラブル解決

マンション管理士の資格を取得するメリット

資格取得のメリットとしては、不動産管理会社への就職・転職に有利であり、やりがいのある仕事であること、人脈を構築できること、資格手当の可能性があること、高齢者でも活躍可能なこと、将来性があること、独立開業の可能性があることなどが挙げられます。

マンション管理士の資格を取得する方法

マンション管理士になるためには、国家試験に合格する必要があります。ただし、マンション管理士の試験は、マンション管理に関する法令や実務、建物構造や設備に関する知識など、出題範囲が幅広いのが特徴です。

そのため試験の合格率は10%未満と難易度の高い資格ですが、その専門性からマンション管理業界では重宝される資格と言えるでしょう。

資格取得に向けた学習方法や試験対策については、専門の転職エージェントからのアドバイスを受けるのも有効です。

マンション管理士試験の勉強時間はどれくらい?平均的な目安を解説

マンション管理士試験の合格に必要な平均的な勉強時間は、500〜600時間程度が目安とされています。これは、約5〜8ヶ月の期間で合格を目指せると考えられており、独学での初学者の場合には700時間まで見積もるほうが現実的であるとの見方もあります。

ただし、宅建士や管理業務主任者の資格を持っている場合には、一部の科目で知識が重なるため、勉強時間を短縮できる可能性が高いでしょう。例えば管理業務主任者資格を持っている方の場合には、マンション管理士の合格に必要な勉強時間は、300〜400時間程度に短縮できるかもしれません。

また、マンション管理の実務経験がある場合も、学習内容の理解を深めるのに有利と言えるでしょう。ただし、試験に特化した勉強は避けられないため、やはり500時間の勉強時間を見積もることをおすすめします。

マンション管理士の資格を取得する際に、仕事をしながら勉強する場合は、1日2時間程度の学習で8ヶ月以上の学習期間が必要となります。そこで、計画的に学習を進め、知識を身につけることが大切です。効率的な学習方法としては、質の高い教材の選定や模擬試験の活用、弱点の克服などが重要です。

マンション管理士試験の効果的な勉強方法

マンション管理士試験の効果的な勉強方法には、以下のポイントが挙げられます。

  1. 計画的な学習スケジュールを作成する
  2. 質の高い教材を選ぶ
  3. 模擬試験を活用する
  4. 基礎知識を確認してから専門的な内容へ進展する
  5. 法令を理解する
  6. 実務経験を活用する
  7. グループ学習する
  8. 定期的に復習する
  9. 反復学習する

それぞれ解説します。

1.計画的な学習スケジュールを作成する

まずは、試験日から逆算して、合格に必要な勉強時間を割り出し、毎日の学習時間を決定しましょう。

そして、週単位や月単位で学習計画表を作成し、進捗を可視化します。

ただし、予期せぬ事態に対応できるように、計画にはある程度の柔軟性を持たせることが大切です。

2.質の高い教材を選ぶ

最新情報として、常に法改正に対応した最新の教材を選ぶことが大切です。また、合格者の推薦やレビューが良い教材を選定するのもおすすめです。

実際の試験に近い形式のサンプル問題が豊富に含まれている教材を選びましょう。

3.模擬試験を活用する

実践練習として、実際の試験時間を設定し、時間内に解答する練習をします。テストの練習後は、模擬試験の結果を分析し、苦手な分野を特定しましょう。

そして、結果に基づき、苦手な分野は繰り返し演習して理解を深めることが大切です。

4.基礎知識を確認してから専門的な内容へ進展する

勉強する際は、基本的な用語や概念から始め、徐々に専門的な内容へと進んでいきましょう。知識間の関連性を理解し、体系的に学習するのが効果的です。

5.法令を理解する

最新の法令集を用いて、法律の条文を直接読み込みましょう。具体的な事例を通じて、法令の適用方法を学ぶのがおすすめです。

6.実務経験を活用する

実務経験がある方は、実務で遭遇した事例を振り返り、それに関連する知識を学習するのが効果的です。実務経験者との情報交換を通じて、実際の問題解決方法を学びましょう。

7.グループ学習する

学習グループを作り、知識や学習方法を共有すると、より勉強が捗ります。仲間との競争や協力がモチベーションの維持につながりますし、習慣づけにもなります。

8.定期的に復習する

学習した内容は定期的に復習し、忘れないようにしましょう。知識を長期記憶に定着させるために、スペースドリピーティング(間隔を空けた反復学習)を行うことが大切です。

9.反復学習する

過去問題を繰り返し解くことで、試験に出やすいポイントを把握できます。理解が不十分な部分は、何度も復習し、完全に理解するまで学習しましょう。

これらの勉強方法を組み合わせることで、マンション管理士試験の効果的な学習が可能になります。計画的に、かつ継続的に学習を進めていきましょう。

今すぐ応募できる求人はこちら

\非公開求人/

新築メインの建築施工管理求人

月収
750000
勤務地
東京都港区
募集職種
一級建築施工管理技士

\非公開求人/

中古マンションのリノベーション

月収
450000
勤務地
神奈川県横浜市
募集職種
住宅マンションの施工管理

\非公開求人/

スーパーゼネコンの土木施工管理

月収
580000
勤務地
大阪府大阪市
募集職種
土木施工管理技士

\非公開求人/

大手ゼネコンの現場事務

月収
340000
勤務地
関東圏内の各エリア
募集職種
大手ゼネコンの現場事務

\非公開求人/

住宅中心の太陽光発電設置工事

人月単価
450000
勤務地
埼玉県全域
募集職種
太陽光発電設置工事

\非公開求人/

集合住宅のアフターメンテナンス

人月単価
400000
勤務地
福岡県博多市
募集職種
集合住宅のアフターメンテナンス

\非公開求人/

大型物件の解体工事

人月単価
500000
勤務地
栃木県栃木市
募集職種
大型物件の解体施工管理

\非公開求人/

大手ハウスメーカー下請けの大工

人月単価
700000
勤務地
大阪府大阪市、愛知県名古屋市、沖縄県
募集職種
住宅の大工

マンション管理士試験対策|短期間で効率よく学ぶ方法

マンション管理士試験の効率的な学習方法を、以下で解説します。

  1. 基本情報を把握する
  2. 適切な教材を選ぶ
  3. 効率の良い学習スケジュールを立てる
  4. 重点科目を攻略する
  5. 過去問を活用する
  6. 模擬試験を受験する
  7. 弱点を克服する
  8. 最新情報を確認する

それぞれ解説します。

1.基本情報を把握する

試験の形式や出題範囲を理解し、合格率や合格ラインを確認しておきましょう。

マンション管理士試験は全問マークシート方式で、出題範囲は4分野から幅広く深い知識が問われます。

2.適切な教材を選ぶ

効率的な学習のためには、参考書1冊と過去問集1冊の2冊だけを使うことが推奨されています。無駄を省き、やるべきことだけに集中しましょう。

3.効率の良い学習スケジュールを立てる

試験日から逆算してスケジュールを立て、インプット期、アウトプット期、直前期の3つの期間に分けて勉強を進めましょう。

4.重点科目を攻略する

特に「区分所有法」が重要で、全体の5割近くを占めるため、この科目を完璧にすることが合格への近道です。

5.過去問を活用する 

過去問を解くことで出題傾向を把握し、応用力を鍛えます。過去問は試験の傾向を掴むのに最適です。

6.模擬試験を受験する

実際の試験に近い形で模擬試験を行い、時間配分や解答スピードを調整することが大切です。

7.弱点を克服する

過去問の反復と模擬試験の結果を分析して、ご自身の苦手な分野を特定し、重点的に学習しましょう。

8.最新情報を確認する

法令の改正に対応した最新の教材を使用し、最新の情報に基づいて学習することが重要です。

これらのポイントを踏まえて、計画的に学習を進めることで、短期間での合格が可能となります。焦らず、着実に取り組みましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

マンション管理士におすすめの参考書と選び方のコツ

 

マンション管理士試験の参考書選びは、合格に向けて非常に重要です。以下に、おすすめの参考書と選び方のコツを紹介します。

おすすめの参考書

1.みんなが欲しかった! マンション管理士・管理業務主任者 合格へのはじめの一歩 (TAC出版)

初学者にやさしい入門書で、基本的な知識を身につけるのに適しています。

2.らくらくわかる! マンション管理士 速習テキスト (TAC出版)

理解が深まるように構成されており、知識がサクサク頭に入る設計です。

3.マンション管理士・管理業務主任者 総合テキスト (TAC出版)

民法/区分所有法等を網羅しており、中級者〜上級者におすすめです。

4.出る順マンション管理士・管理業務主任者 合格テキスト (LEC出版)

出題傾向に沿った内容で、効率的な学習が可能です。

参考書の選び方のコツ

1.絞り込みと網羅性のバランスを重視する

試験に出る部分に絞り込みつつ、必要な知識を網羅する教材を選びましょう。

2.明確で理解しやすい構築かを確認する

理解しやすい構成で、図表やイラストを活用して視覚的に整理された教材が理想的です。

3.最新情報が反映されている参考書を選ぶ

法改正などの最新情報が反映されているか確認し、常に最新版を選ぶことが大切です。

4.シリーズで揃える

テキストと問題集は同じ出版社のシリーズで揃えると、リンクがスムーズで学習効率が上がります。

これらのポイントを参考にしながら、自分の学習スタイルに合った参考書を選びましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

マンション管理士試験合格者の体験談|実際の勉強時間とその配分

最後に、マンション管理士試験の合格者の体験談に基づいて、実際の勉強時間とその配分について解説します。

合格者の勉強時間

合格者の中には、約200時間の勉強で合格した方もいます。ただし、これは前年に試験範囲が重複する「管理業務主任者試験」を受験していたため、他の受験生よりも勉強時間が少なくて済んだケースです。一般的には、初学者の場合、600〜700時間の勉強が必要とされています。

勉強時間の配分

勉強を開始する時期としては、試験の約2ヶ月半前から勉強を開始する方が多いです。

勉強のコツとして、まずは基本講座の全パートを受講し、知識をインプットする期間を設けましょう。次に、過去問演習に多くの時間を割き、アウトプットしながら応用力を鍛えます。そして、実際の試験の前段階で模擬試験を解いて、実戦に備えましょう。

効率的な勉強法

効率的に勉強する方法として、予備校を活用するのもおすすめです。予備校では、法律系の資格に強い講座が提供されており、短期間での合格を目指す場合には特に有効です。

また、仕事の移動中や休憩時間など、日常生活の中でスキマ時間を見つけて勉強することも重要です。

勉強のコツ

マンション管理士の勉強では、1週間あたりの勉強時間を計画的に確保し、メリハリをつけて学習することが大切です。

毎日一定時間を勉強に充てることで、知識の定着を図りましょう。継続した勉強習慣が重要です。

これらの体験談を参考に、自分に合った勉強計画を立てて、効率的に試験対策を進めてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

マンション管理士試験の勉強時間のまとめ

このように、マンション管理士の仕事に就くためには、マンション管理士試験という難易度の高い国家試験に合格する必要があります。

マンション管理士試験の合格率は10%未満と非常に低いため、合格するには効率的かつ効果的な勉強法を取り入れ、計画的な学習を継続することが大切です。

ただし、資格を取得したからといって必ず成功するとは限りません。なぜなら、マンション管理士の仕事には、高いコミュニケーション能力や問題解決力といったスキルが必要だからです。

しかし、マンション管理士の適正のある方であれば、安定した仕事と収入に期待ができる人気の仕事に就くことができるでしょう。

そこでまずは、ご自身がマンション管理士の仕事が本当に合っているかをしっかりと自己分析しておくことが大切です。

そこで、不動産業界に特化した転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めることで、仕事に関する悩みを解消できる可能性が高まります。

また、専属のキャリアコンサルタントが、あなたの適性や客観的に自己分析してくれるため、ご自分に本当に向いている職種に気付けるかもしれません。

業界特化型の転職エージェント「ビーバーズ」では、あなたの自己分析のサポートをしながら、最適な転職先を提案いたします。

まずは「ビーバーズ」にお気軽に登録していただき、転職に関する悩みや疑問を相談してみましょう。

関連するブログ

建設業界のお仕事探しは
ビーバーズへおまかせください。