TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

施工管理が独立・起業するには?メリットや年収事情、注意点を解説

施工管理は非常に負担のかかる仕事であり、人手不足が問題になっている職種です。そのため現在、正社員として働いている方のなかには、給与面、待遇面で不満を感じる方も多いかと思われます。

だからこそ、「独立」という選択肢を考える方は少なくありませんが、具体的にどうすればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、そもそも施工管理として独立はできるのか?どうやって独立するのか?独立するメリットや年収事情は?といった悩みを解決します。

施工管理が独立する際の選択肢

初めに、施工管理技士が独立するための選択肢と必要な事前知識について、解説していきます。独立する際に必要な大前提のことを解説しますので、しっかりチェックしてください。

起業するかフリーランスになるか

まず独立する選択肢として、2つの選択肢があります。その2つとは、

  • 1.起業をする
  • 2.フリーランスとして働く

こちらの2つです。起業とは、会社を立ち上げることですので、そのまま自らが会社を経営することを指します。従業員を雇う場合でも一人社長になる場合でも、法人登記をしていれば、それは起業という意味合いになります。

一方フリーランスとは、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主であることを指します。2つは全く意味合いの違うものとなりますが、独立するということには変わりませんので、覚えておきましょう。

起業する際に必要な資格

大前提として、起業する際には各種2級以上の施工管理技士の資格が必要になります。さらに建設業の許可をとって独立したいという方は、一定期間以上の経営経験、許可業種の工事の技術と資格、営業所に配置する専任技術者が必要です。

施工管理技士が独立する5つのメリット

ここからは施工管理が独立する際のメリット5選を説明していきます。施工管理として独立を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.やり方次第で、年収が大幅にアップする

独立の最も大きなメリットは、やり方次第で大きな収入アップが見込めるところでしょう。

会社員として仕事をしていると毎月、決められた給料が支払われます。収入が必ず貰えるところが、会社員のメリットになります。

ただし、収入は仕事内容や役職などによって決められているため、一定の上限が設定されています。一方、起業し経営者になるとその上限は無くなるため、自分の努力次第で高収入を得られる可能性があるのです。

才能や実力を備えた方、起業する準備をしっかりと整えている方にとっては、大きなメリットになると言えるのではないでしょうか。

2.やりたくない仕事は避けられるケースがある

正社員の場合は、会社の指示に従わないといけませんが、起業した場合は自由に仕事を選べます。とはいっても信頼関係に影響が出る場合は、断るのはなかなか難しいかもしないので注意が必要です。

3.スケジュールを自由に調整することができる

独立すると時間の使い方が自由になります。これは会社の規定に従わなくてはいけない会社員との決定的な違いとも言えます。

自分で起業をすることによって、働く時間も、曜日も、働く場所も、仕事内容によって決めることができます。しかし自由な分、怠けてしまいがちな部分もあるので、しっかり自己管理をしましょう。

4.社内の人間関係から解放される

社内での人間関係は、仕事をする上では必ず必要となります。幹部や同僚との人間関係がこじれると、仕事をやりにくくなるのはもちろん、業績にも影響することは間違いありません。

しかし独立すると、取引先以外に関わる人は基本的にいないので、人間関係で悩まされることはありません。

5.現場で指揮命令を受けなくて済む

サラリーマンは上司や会社の判断を仰ぐ必要があります。しかし独立すると、自分の判断で意思決定を行なうことができます。

自分のやりたいことを自由に行なうことが可能です。現場に出た時も、正社員や派遣と違って指示を受けることなく作業ができるので、自分のやり方を持っている人にとってはやりやすいと言えます。

逆にあまり経験のない方は指示がないので、現場で困る場面が出てくるかもしれません。

施工管理技士が独立するデメリット

次に、施工管理が独立するデメリットについても話していきます。下記が独立するデメリットです。

あらゆる側面で安定性を失う可能性がある

会社勤めの場合、毎月の給料が決まっていているため、急に減少したり、ゼロになったりする心配はほとんど考えられません。しかし独立して事業を始めれば、当然のことながら収入の保証は一切ありません。

収入ゼロの状態だけでなく、赤字になることも考えられます。独立した際のリスク回避として、最低限3ヵ月分は、自身や家族が生活できる費用を予め準備しておく必要があります。

コミュニティが少なくなる

正社員で働いていた際の人脈が少なくなるのもデメリットの一つです。会社という一つのコミュニティがなくなってしまい、個人として働くことになるので、以前のように同僚などとの繋がりがなくなります。

「人脈」は、仕事の充実はもちろん、プライベートでも人生を豊かにしてくれます。独立してから人脈を作るのはなかなか難しいので、独立する前に最低限の人脈は必ず必要になります。

教育を受ける環境を失う

新入社員で入った時は研修があったり、会社にいれば先輩から教育を受ける場合もあるでしょう。しかし独立すると、どのような仕事なら受けられるのかということから現場での作業まで、自らが考えて行動をする必要があります。

また、社員を雇う場合には教育する立場になります。自らのスキルが無いと、独立して成功するのは不可能なので、スキルは必ず備えてから独立・起業するようにしましょう。

仕事や成果に対して責任が重くなる

個人で案件を請負うので、仕事に対する責任は会社に属している時よりも大きくなります。そして独立するともちろん、生活できる最低限の利益を安定的に得る必要があります。

案件を安定して受注するには、仕事に対する信頼が必要です。そのため、一つの仕事に対しての重みや重要性が、正社員で働いている時よりさらに強くなります。

正社員よりも一つの仕事で利益が大きく左右されることがあるので、慎重にかつ正確に仕事をこなしていくことが必要です。

書類作成や税金処理など技術面以外の対応も必要になる

独立すると、正社員の時とは違い雑務も行なわないといけません。簡単な帳簿をつけたり、契約書などの事務手続きなどが必要になります。

独立する前に、書類作成や税金処理の最低限の知識を持っておく必要があります。技術面のスキルが豊富なだけだと、独立に成功することはできません。

施工管理が独立・起業する際に安定して仕事を獲得するには?

施工管理が独立・起業する際に安定して仕事を獲得するにはどのようにすればいいのか、説明していきます。

人脈を増やしておく

人脈を増やすことは案件獲得のために非常に重要です。正社員で働いている時とは違い、起業・独立は、一からのスタートとなりますので、予め正社員の時に人脈作りはしておきましょう。

自ら仕事を受注できるようにしておく

仕事の受注は、独立して安定した生活を送る上で最も重要です。人脈作りに加え、営業力に関しても、正社員の時に身につけることが重要です。

営業の仕方を聞き、施工管理で身につけた交渉力やコミュニケーション力を活かして起業・独立の準備をしましょう。自らの営業スタイルを確立できるとなおいいでしょう。

独立・フリーランス向けエージェントを利用する

フリーランスエージェントとは、独立して働く方に向けて、企業からの案件を紹介するというサービスです。自分ではなかなか受注できないような案件があったり、条件面の交渉ができたりするので、フリーランスの方には非常におすすめのサービスとなっています。

フリーランスでお探しの際は、弊社「ビーバーズフリーランス」をぜひご利用ください。弊社は建設業界に特化して案件を取扱っていますので、案件獲得に役立ちます。また、報酬面の交渉などもいっしょに行なえるので、希望にあった働き方ができます。

施工管理技士が独立・起業する上での注意点や成功ポイント

最後に、施工管理が独立・起業を成功させるために必要なことを解説していきます。

独立する上で何が足りないのかを整理する

施工管理が独立・起業を成功するためには、何が必要で、何が足りないのか整理する必要があります。整理をしておかないと、起業した後に何をすればいいのか後悔することになります。下記の3点が必要になります。

少なくとも50万円以上の資金を用意しておく面

まず起業するためには、最低限の資金を貯めておく必要があります。必要な機材は自分で準備することになるので、少なくとも50万円以上は必要になります。

事業を行なう上で必要な設備投資の費用には、 不動産賃貸初期費用、車両費、機械購入費、事務機器購入費 (パソコンなど)、ホームページ制作費などが必要です。

それだけでなく事業を運用する上では継続的に必要な費用もあります。仕入代、人件費、広告宣伝費、地代家賃、消耗品費などになります。

必要な開業資金の金額は事業によりさまざまです。最低限、こちらのお金が必要なのは覚えておきましょう。

仕事に繋がる人脈作りをしておく

人脈作りは仕事を獲得する上で必ず必要となります。起業する前に、ある程度の人脈を持っておかないと、仕事を受注する事ができなくなります。

起業した初期段階の状態だと、人脈を広げておかないと仕事の受注が難しくなります。案件を獲得しやすくするために人脈作りは大切にしておきましょう。

人脈を広げるコツとしては、SNSを利用したり、コミュニティや交流会に参加したりと数多くあります。

技術力を向上させておく面

独立した場合、会社に属していないので、工事を受注する時の信頼が薄くなってしまいます。そのため、技術力は正社員よりも要求されます。

技術面は正社員で働くうちに身につくかと思いますが、正社員で働いているだけでは身につかない技術もあります。そのためさまざまな講演会に参加したり、自身でも勉強したりする事は大切です。

技術力を向上させて案件を獲得するためには、勉強は欠かせません。

足りない要素をどのように補うのか考える

独立すると、今まで会社がやってくれていたことも自分一人で行なうことになります。そのため、どうしても自分一人ではできないことが出てきます。

たとえば経理や事務手続きなどは煩雑なものも多いので、積極的にアプリなどを活用することで業務の効率化を図りましょう。

独立に成功しやすい・しづらい工種を理解する

独立に成功しやすい工種を理解することは、案件を効率良く獲得するためには非常に重要です。会社では無いのでできる工事というのは、どうしても限られてしまいます。

専門職では無くても、資格や知識があれば独立することは可能ですので、そちらも理解した上で、独立をするようにしましょう。

まとめ

今回、施工管理が独立する方法を紹介しました。起業もフリーランスも、仕事内容はあまり変わりませんが、より自分に合っているものを選ぶ必要があります。フリーランスでお考えの方には、弊社、株式会社ビーバーズのフリーランス事業のご紹介がおすすめです。

弊社は建設業界に特化して事業を展開しています。ワークライフバランスが充実した企業をご紹介できますので、ぜひともビーバーズをご活用ください。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。