TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【求められる能力】施工管理技士に求められる能力・人物像とは?

施工管理に求められる人物像

施工管理技士に求められる能力・人物像は、技術者としても現場監督としてもリーダーシップがある人です。

施工管理技士のリーダーシップとは下記4つの能力全てを持ってる方になります。

  • 技術力
  • 職人をまとめる力や統率力
  • 施主や営業先とのコミュニケーション能力
  • 工期や安全に対する責任感

今回は施工管理技士に「求められる能力」として上記4つの各要素について詳しく取り上げていきます。

施工管理技士を目指している方は自分自身をイメージしながら、確認してみてください。

必要な能力①:技術力

施工管理にとって、最も重要な仕事の能力は当然に「技術力」です。
施工管理とは文字通り、施工の管理する仕事ですが、あらゆるシチュエーションごとに複数の観点を意識しながら進めていく難しい業務です。

例えば、現場に関わる施工管理にとって技術力の中でも「工程管理」といった仕事があり、工程管理がしっかり行われていなければ仕事になりません。地盤補強が完了していなければ基礎工事を行うことはできず、基礎工事が済んでいなければ大工工事もできません。

そして、その日程や手順を組むために必要なのが、ここでいう「技術力」なのです。

また、わかりやすい例でいえば「品質管理」がございます。こちらは、設計図や仕様書通りの品質を満たすための管理です。指定された品質試験を行い、作業ごとに品質を確認していきます。品質管理をするうえで求められる能力は、品質を証明できる写真撮影のスキル、管理表通りに工事が進んでいるのか(工事が品質を満たしているのか)など、現場作業員をコントロールするマネジメント能力が挙げられ、これらも総じて「技術力」になります。

必要な能力②:職人をまとめる力

必要な能力の2つ目は「職人をまとめる力」ですが、現場には、職人といっても世代やキャラクターも違う多種多様な人たちが集まっています。

中には、かなりクセの強い人もいるでしょう。そんな職人たちをまとめ、作業を円滑に進めていく上で、必ず必要になっていくるのが「職人をまとめる力」や「統率力」です。

施工管理技士と職人は立場は違いますが、任された工事を限られた期間で品質を担保しながら完成させるというミッションを共有しているため、一心同体です。多くの現場で、一人の施工管理技士に複数の同じ職人が付くケースがあり、施工管理技士と職人はセットで考えるくらいですので、それだけ施工管理技士は職人から信頼を得続ける必要があります。

必要な能力③:コミュニケーション能力

建設業界の仕事は、工事の依頼主や会社の従業員はもちろん、現場の作業員や役所関係者、近隣住民など多くの人と関わる仕事です。工事を予定通りに進めるためには、これらの人々とコミュニケーションを円滑にとり、良好な関係を築く能力はとても重要だといえます。

「作業員のモチベーションを維持する」「自分の意見を伝える」など、人間構築力は施工管理以外でも全ての要素の土台になっています。先程の「職人をまとめる能力」などコミュニケーション能力は仕事をする上で、すべてに通ずる必要不可欠な能力といえるでしょう。残念ながら、コミュニケーション能力に劣る人は、建設現場に向いていないかもしれません。

必要な能力④: 責任感

現場を統括する現場監督にとっては、工程通りに進めていくことが何よりの使命です。しかし、どんな仕事でも想定外のトラブルは起こります。そしてそんなトラブルを一つでも多く回避し、無用な手間や負担を減らしていくのも、現場監督の仕事の一つなのです。

そのために必要となるのが、どういったトラブルが起こる可能性があるのかをあらかじめ想定しておく「先読み能力」と、それにともなって行動できる「責任感」です。

施工管理技士は、工事における品質・予算・安全・工期全てにおいて、現場の誰よりも「責任感」を持って進めていくことが求められるのです。

他にあると便利な能力!

お酒が強い

建築業界は他の業界に比べても比較的飲み会が多い業界です。
クライアントとの飲み会、職人さんとの飲み会、自社の飲み会と何かにつけて飲み会があったりします。お酒が強いとまではいかなくても、「飲み会を楽しめる力」がある人は施工管理は向いてるのかもしれません。必要なのはプライベートで職人さんや仲間と仲良くなることはとても大事ですので、コミュニケーション能力がない方は飲み会などでもつく能力ですので積極的に参加してもいいかもしれません。

向上心

建築業界は、常に新しい技術が導入される業界です。新しい技術を学習する姿勢が、自身のスキルアップにつながります。実際に、最新技術を取り入れることでコストダウンにつながったり、さまざま視点や角度からものごとを提案できるようになったりと、仕事の質が大きく変わっていきます。

こうした提案ができる人間は社内でも非常に重宝され、昇進や昇給にもつながります。また、こういった姿勢は部下の模範となるだけでなく、社内全体の士気向上にもつながる等、社内での存在感も大きくなっていくでしょう。

まとめ

今回は施工管理技士に求められる能力について、各要素ごとに詳しくご紹介させていただきました。施工管理に求められる能力は、定義されているわけではありませんが、おおよそ実態に基づいたご説明が出来ているかと存じます。

様々な仕事を並行してこなさなければいけないのが現場監督です。ここであげた能力のうち一つでも欠けてしまえば、それが現場の質の低下につながってしまうことになります。ハードな仕事でもありますが、その分、やりとげたときの達成感ややり甲斐は、非常に大きなものとなることでしょう。

自分に足りない能力をしっかり見きわめて、経験とともにそれに磨きをかけていきましょう。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。