TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【施工管理技士の種類シリーズ】建設機械施工管理技士のやりがいは?業務内容、年収相場、将来性を徹底解説

建設機械施工管理技士の仕事内容

建設機械を使った工事を監督する建設機械施工管理技士は、建設現場で働く技術者である「施工管理技士」という国家資格のうちの一つです。建築機械を使った工事の施工管理を行う仕事です。建設現場で用いられる機械は、ブルドーザーやショベルカーなど、大掛かりな重機から小型のものまでさまざまです。
これらを使って一定規模以上の工事を行う際に、施工計画の作成や、工程管理、品質管理、安全管理などを行うことが建設機械施工管理技士の仕事です。
なお、同資格は建設機械を動かすための免許ではなく、現場の責任者として施工の監督役を務めたり、主任技術者として施工管理を行うことが目的です。
公道や建設現場で重機を操縦する場合は、それぞれの機械によって「車両系建設機械運転者」や「不整地運搬車運転者」などの資格が別途必要になります。

建設機械施工管理技士のやりがい

たくさんの技術者を束ねることができる

建設機械施工管理技士のやりがいのひとつは、建設現場で使われる建設機械を取り扱う技術者として活躍しながら、現場の責任者としての役割を務めることができるという点です。建設現場では、たくさんの作業員たちが協力して働いています。
そこで、建設機械施工管理技士は現場監督としてのポジションを担うことが多く、作業員たちからも頼られる存在となります。
自然と、責任ある仕事をしているのだという誇りを実感しながら働くことになるでしょう。高い専門知識や技術力を生かして、多くの人と関わって工事を無事に終わらせることにやりがいを感じている人が多いようです。現場全体を見ることができるというところも、建設機械施工管理技士として働くことの魅力といえます。

自分のスキルが仕事の結果として見えやすい

建設現場で大きな機械を扱っていくには、たくさんの資格を取得しなくてはなりません。一人前の技術者になるまでには時間もかかりますが、身につけてきた自分のスキルや経験が現場での仕事の結果としてダイレクトに現れるため、そこにやりがいを感じることができます。
スキルアップすることで、それまでよりも難しい仕事に携わることができたり、新しい仕事を任されたりすることも、モチベーションアップにつながるでしょう。

上級資格を取ると評価される

建設機械施工管理技士は、建設現場の重機オペレーターとして経験を積んだ人が、さらなるステップアップのために取得することの多い資格です。
国家資格であるため、この資格を持っている人は客観的に評価されやすく、昇進や昇給につながったり、資格手当が支給されることもあります。
また、多くの建設会社が建設機械施工管理技士の有資格者を求めていることから、就職・転職時にも有利になることが多いとされています。
一生モノの国家資格を持つことによって、こうしたさまざまなメリットを感じながら働けることも、建設機械施工管理技士の魅力といえるでしょう。

建設機械施工管理技士に向いてる人

大きな機械が好きな人

建設機械施工管理技士は、建設現場で用いられる大きな機械の取扱いに関わる仕事です。ブルドーザーやロードローラーといった、私たちの日常生活ではなかなか触れることのできない建設機械を正確かつ安全に動かすには、特別な勉強をして専門的な知識・技術を身につけなくてはなりません。
一人前になるまでには覚えることも多いですが、こうした機械を見たり触れたりことが好きな人であれば、仕事を楽しみながら学ぶことができるでしょう。
最近ではコンピュータが搭載された新しいタイプの建設機械も増えてきているため、最新の技術をどんどん身につけることを楽しめる人にも向いている仕事です。

人に何かを教えることが好きな人

建設機械施工管理技士は、自らが重機オぺレーターとして建設機械を操作することもありますが、現場の責任者として施工管理に携わることも出てきます。たとえば工事現場では、たくさんの技術者や作業員たちを束ねて仕事の進め方を指示したり、作業手順や方法について教えたりすることも多くあります。自然と人の上に立つ機会が増えてくることから、人に対して何かをわかりやすく教えたり、リーダーとなって皆をまとめていったりすることを楽しめる人に向いている仕事です。

たくさんの人と協力して物事に取り組める人

建設や土木の現場では、大勢の技術者たちが協力して工事を進めていきます。いくら自分自身が高い技術を持っていても、工事の規模が大きくなればなるほど多くの人の力が必要になる、決して自分一人だけで完結できる現場はありません。周囲がどのように動いているのかを考えながら、ときに他の技術者と助け合って工事を無事に終わらせることが大事です。それぞれの力を結集して、力を合わせて目標に向かって進んでいこうという姿勢が求められる仕事であるため、チームワークを大事にできる人にこの仕事の適性があるといえます。

建設機械施工管理技士の年収相場

平均年収

建設機械管理技士のおもな活躍の場は、各種土木工事や建設工事を手掛ける建設業界の会社となります。建設機械施工管理技士の国家資格は、建設機械オペレーターなどとして、一定の実務経験を積んだ人だけが取得できるものであることから、一般の技術者よりは給料が高めに設定されていることがほとんどです。
年収は400万円~500万円程度がボリュームゾーンといわれますが、経験やスキルがある人ほど高く評価されやすく、よりよい収入を得ることが可能です。ベテランの建設機械施工管理技士となって責任あるポジションを任されるようになると、年収800万円程度もらわれている方もいるようです。また、建設会社は大小さまざまな規模の会社があり、大手企業になればなるほど給与水準は高くなる傾向にあります。

取得手当が支給されることも多い

建設機械施工管理技士を含め、各種「施工管理技士」の資格を持っている人には、多くの企業で「資格手当」が支給されます。資格手当は、資格を取得したタイミングで付与される報奨金や、毎月の給与に付く手当があり、毎月の資格手当の額は5,000円~20,000円程度が相場となっています。
とくに1級の資格を持っている人には、より高額な資格手当が付くことが多く、この資格手当の額や支給状況によっても収入には違いが出てくるでしょう。複数の施工管理技士の資格を持っていると、さらに収入はアップすることがあります。

1級の資格取得者は優遇されやすい

多くの施工現場で建設機械が用いられていることから、現場の責任者になれる建設機械施工管理技士を求める企業は多く、求人も多数出ています。
建設機械施工管理技士の有資格者は優先的に採用されやすく、就職や転職時にも有利になるでしょう。1級の資格を持っていれば大規模な工事現場で監理技術者としての役割を務めることができ、携わることができる仕事の幅も広がるため、さらなる収入アップにつなげやすくなります。

建設機械施工管理技士の1日のスケジュール

現場の責任者として動く

建設機械施工管理技士は国家資格を持ち、建設機械を用いたさまざまな工事現場において、指導・監督的な業務に携わっていきます。
建設現場では、ブルドーザーやショベルカーといった特殊な機械が多数用いられており、それらを動かす技術者たちの安全を守ったり、工事が計画通りに進むように指示を出していったりすることがおもな役割です。また、工事の計画を立てたり、関係各所との打ち合わせといった業務もあり、毎日忙しく働いている人が多いようです。1日の流れは勤務先や担当現場によっても変わってきますが、ここでは建設会社で働く建設機械施工管理技士のある1日について紹介します。

建設会社で働く建設機械施工管理技士の1日のスケジュール

8:00 出勤
現場の朝はやや早めです。
作業服に着替えて当日のスケジュールを確認します。

8:30 朝礼
技術者たちが集まったら、朝礼で声出しや当日の注意事項などを伝達します。
メンバーの体調確認をすることも責任者としての大事な役割です。

9:00 作業開始
現場での作業がスタートします。
建設機械施工管理技士は現場を巡回し、予定通りに作業が進んでいるか、安全は守られているかをチェック。
もし事故が発生しそうな危険の種を見つけたらすぐに対応します。

12:00 休憩
昼食はメンバー皆で、仕出し弁当を食べることが多いです。

13:00 打ち合わせ
他のリーダーと翌日以降の作業スケジュールなどについてミーティングします。

16:00 現場巡回
朝と同様に現場を見て回り、問題がないかをチェックします。

17:00 作業終了
その日の工事が終わると技術者たちの業務報告を受けます。

17:30 デスクワーク
夕方以降はおもに書類作成などの事務作業に取り掛かります。

19:00 退社
翌日の準備をしてから事務所を後にします。

まとめ

建設機械施工管理技士の仕事は機械化が進む現在の建設業界では一定の需要が期待できます。特に1級建設機械施工管理技士の資格を取得していれば、大規模工事の責任者になることも可能なため、500万円を超える収入を手にすることも十分に可能です。この資格の取得を目指す場合は、実務経験を積む必要があるため、まずは実務経験を積みながら2級建設機械施工管理技士の資格取得を目指すのがおすすめです。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。