TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【注目】建築施工管理技士のやりがいは?業務内容や将来性を徹底解説

私たちの生活に欠かせない住宅やビル、橋や道路などの建築物を建てる建設業界。そんな建設業界では大工や建築士など多くの技術者によって支えられています。そんな職人をまとめるのが「建築施工管理技士」という資格保有者たちです。

建築施工管理技士は、取り扱うことのできる工事の種類が最も多く、そのため、全7種ある施工管理技士の中でも毎年、最も受験者の多い資格になります。

建築施工管理技士の主な就職先は、デベロッパー、ゼネコン、ハウスメーカー、不動産会社、建設会社、工務店など、建築工事を実施する全ての会社が建築施工管理技士として勤務する事ができます。

しかし、建築施工管理技士という資格を持つ人がどのような仕事をしているのか具体的に知っている方は少数。今回はそんな建築施工管理技士の仕事内容とやりがい、将来性についてご紹介します。

現在建築業界で働く人もこれから建築業界を目指すという方、も建築施工管理技士という仕事内容やその価値について知っていればそれを目標に技術や経験を学ぶことができます。そして建築施工管理技士の資格を取得することで年収を増やしたり、将来性が広がることもあるのでこの記事を参考に建築施工管理技士という資格と仕事について知り目指してみてはいかがでしょうか。

それではここからは建築施工管理技士の仕事内容や、やりがいについてご紹介したいと思います。

建築施工管理技士の仕事内容とは?

建築施工管理技士の一番の仕事は建築現場、土木現場などの現場管理になります。工事開始前の打ち合わせから工事完了後の引き渡しまでその工事全般の管理責任者が建築施工管理技士になります。

工事が開始されると工事内容について顧客との打ち合わせはもちろん、作業員への指示や工期の調整なども建築施工管理技士の職務内容になります。また工事で使用する材料や仮設材、車両や重機の手配なども建築施工管理技士の仕事になります。

このように工事全般における指導監督と各種の手配、手続きといった事務的な仕事が建築施工管理技士の仕事になります。

建築施工管理技士のやりがいは?

建築工事で多くの役割を担うことになる建築施工管理技士の一番大きなやりがいは、社会になくてはならない存在になれるという点です。なぜなら、どれだけ大きな建設会社でも建築施工管理技士の資格保有者にしか工事現場を任せることはできません。

道路や橋、ビルや住宅などの社会的インフラは工事を行わなければ維持も補修もできません。建築施工管理技士がきちんと役割を果たすことで、社会インフラが維持されているのです。

このように建築施工管理技士が社会において果たす影響は大きく、社会全体にとってなくてはならない存在です。

建築施工管理技士を取得するメリットは?

建築施工管理技士の資格を保有することで得られるメリットについて説明します。

まず、工事に自分の名前が残るというメリットがあります。工事現場には必ず看板が掛けられそこには工事を発注した会社と請け負った会社、現場責任者の名前が明記されます。そうして自分の名前がはっきり残ることは自信となり今後の仕事への大きなモチベーションになります。

もう一つのメリットは、建築施工管理技士になると現場作業員に比べると年収アップが見込めます。会社によっては、資格手当が付き、長期出張となれば出張手当や宿舎費用、交通費の免除など収入が大きく異なる点も建築施工管理技士のメリットになります。

また、建築施工管理技士資格を持っていると建設業界での転職がしやすくなります。大規模工事に挑戦したい、さらなる収入、キャリアアップに挑戦したい方にとっても建築施工管理技士資格の資格は有利に働きます。

建設業界の転職ならビーバーズ

建築施工管理技士の資格取得は難しいのか?

そんなやりがい、メリットがある建築施工管理技士ですがその資格は国土交通大臣認定の国家資格のため試験を受けなければいけません。1級、2級の資格のいずれも、実務経験がないと受験ができません。指定学科の大学や専門学校を卒業していない場合は最長14年、指定学科を卒業している場合は最短3年の実務経験が必要になります。

また試験は学科と実地の2回に分かれて行われますが、どちらの試験も難易度は高く合格率は例年学科試験、実地試験ともに40%前後となっています。そのため、参考書などの知識だけではなく、現場での実務経験が合格へ大きく影響する資格でもあります。

まとめ

建築施工管理技士の仕事内容やそのやりがい、資格取得について紹介してきました。建設業界で長く働きたい、少しでも多く安定して収入を得たいという方には建築施工管理技士資格はおすすめです。もちろん現場の責任者として大きな責任が伴う仕事ではありますが、それに見合うやりがいや収入は必ずついてきます。

これから建設会社業界を目指す人、現在一般の作業員として働いている人はぜひこの記事を参考に建築施工管理技士を目指してみて下さい。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。