TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【無資格/未経験者必見】施工管理で内定を得るために書くべき志望動機は?

この記事をご覧のみなさんの中には、施工管理と聞いても、どんな仕事なのかイメージがわかない人もいるかもしれません。

しかし、建設業界が人手不足である今、施工管理の求人は増加しており、大手企業から中小企業まで積極的に採用を行っています。
無資格/未経験から施工管理技士を目指し、活躍している方々もたくさんいます。

年月をかけてスキルを積んだり、施工管理技士の資格を取得したりすることで、年収1000万円以上稼ぐ現場監督もいるので、収入面は大いに期待できる仕事です。

また未経験からでも、学ぶ意欲や熱意さえあればチャレンジできる仕事なのでご安心ください。ただし、もちろん学ぶ意欲や熱意は必要です。

企業がどんな人材を求めているのかなど解説していきます。

無資格/未経験者がアピールすべきポイント

未経験から施工管理を目指す場合、志望動機の作り方にちょっと困りますよね。
「どうして施工管理に転職するのか」このシンプルな質問に悩む方は多いですよね。
違う職種からチャレンジする上で企業側は「どうして施工管理を選んだのか」と疑問に思います。
この記事では志望動機について作り方について解説をしていきます。

1.施工管理の志望動機

シンプルに「なぜ施工管理に興味をもったのか?」で大丈夫です。
例えば下記のようなもので十分です。

・ものづくりに興味があったから

・手に職をつけたいから

・資格を持っていたため活かしたいから

・工事専門学校卒業をしたから

・工事に関わる業務やっていたから

・元職人だから

次にアピールすべきポイントですが、こちらは施工管理に求められるスキルから志望動機を作りましょう。
施工管理に求められるスキルは下記の通りです。

・コミュニケーション能力

・コツコツまじめに仕事ができる

・リスクに対する意識

・環境対応能力

・リーダーシップをとった経験がある

・マネジメント力がある

・体力がある

上記の中にあなたが経験したことがある事や自信がある事はアピールポイントとして志望動機に書きましょう。

「私は以前職人の仕事をしてきたので、体力があります。また施工管理の仕事は体力が必要と聞いたので、御社で活かせると思い志望いたしました。​」

例えば職人をしていた方は、このような形でOKです。

2. 応募企業の志望動機

次に「なぜ応募企業でなければいけないのか?」という、応募企業に対する志望動機は大切です。応募企業の志望動機がいい加減だと「うちじゃなくてもいいよね」と思われてしまいます。

なぜこの会社でないといけないのか、ということを改めて考える際には「事業内容」「ホームページの社員さんのインタビュー」なども参考になります。

ホームページの施工実績などを見れば、企業が何に力を入れているかわかります。

ポイントとして企業が重視するのは転職の理由の正当性ですので、興味のある事業内容で志望動機を作ってみましょう。
例えばRC,S造に力を入れている企業であれば、下記のような感じです。

「御社が耐震構造に力を入れている点に興味を持ちました。日本は地震が多い国ですから、耐震技術で多くの人を救えると感じたからです。建物を造るのであれば、世の中に役に立つ建物を造りたいと思ったので、御社を志望します。」

建設業界の転職ならビーバーズ

企業が欲しい人材とは?

未経験者の志望動機は熱意が一番大事です。
施工管理に限った話ではないですが、無資格、未経験から転職する場合は熱意が一番大事です。応募者の熱意を一番にみるという社長も多いです。

難しく考えず、自分の言葉で熱意をぶつけてみましょう。

以上のことを踏まえて志望動機を完成させましょう。

志望動機の例文

今まで書かせていただいたポイントを活用し実際に例文をご用意いたしました。

「私が御社を志望する理由は、御社は未経験者でも施工管理を募集していたからです。
私は工業高校出身なのですが、昔からモノづくりに興味がありました。
特に建築に興味があり、個人的にも勉強していました。新卒で職人に就職しましたが、現場監督と触れ合う中で施工管理に対する興味が強くなっていき、施工管理になりたいと思ったため、今回応募しました。
御社は、耐震構造に力を入れている点に興味を持ちました。日本は地震が多い国ですから、優れた耐震技術で多くの人を救えると感じたからです。
建物を造るのであれば、世の中に役に立つ建物を造りたいと思ったので、御社を志望します。
わからないことも多いと思いますが、持ち前の忍耐を活かし1つずつ仕事を覚えて、御社で長く働きたいです。」

施工管理の志望動機、応募企業の志望動機を両方伝えていますね。
体力というアピールポイントも加え最後に熱意を伝える文章も書いています。文章も長すぎず短すぎずで、印象が良い志望動機にまとまりました。

志望動機を書く際に色々な不安や悩みを持っている方もいらっしゃると思います。
しかし企業側は、丁寧で読みやすい志望動機や、誰もが認めるような優秀な経歴を求めているわけではありません。

「なぜ当社を選んでくれたのか」「施工管理としてどう頑張っていきたいか」を自分なりに伝えることが出来れば、まずはOKです。
思ったことを文章にまとめるのはなかなか難しいことだと思いますが、「御社で働きたい」という意欲が伝われば、必ず企業側もあなたの気持ちを受け止めてくれると思います。

まとめ

今回の記事では、
未経験/無資格の方の施工管理で内定を得るために書くべき志望動機の書き方やポイントをお伝えしてきました。

自分の思いや考えを文章にしてまとめるのは、最初は難しいかもしれません。
志望動機を書くときは「上手く文章を書こう、自分をよく見せよう」とすることよりも、「自分の素直な気持ち、熱意を伝える」ことの方が大切です。

志望動機を書く際にはぜひ今回お伝えしたポイントを参考にしてみてください。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。