TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【施工管理は朝早い?】施工管理技士の出勤時間の実態と対策を解説!

施工管理技士は朝が早く、夜も遅め?

建設業界は全体として、他業界と比較した際に出勤時間が早く退勤時間も早いという特徴がございます。中でも、施工管理という仕事は朝が早いです。「朝は早い」ですが、工期の関係で「夜が遅くなる」日も少なくなく、労働時間は長くなりがちです。

現場の仕事は8時から始まることが多く、施工管理技士は朝礼が始まる8時までに仕事の準備を完了していなければなりません。ですから、7時半出社が基準という会社も少なくありません。

そうなると、現場が自宅から近ければ良いのですが、現場が自宅から離れている方は朝6時には家を出ていることも珍しくありません。また現場や仕事内容によっては始業の1時間前に着いていなければならないこともあり、日の出前に家を出る方も多くお見受け致します。

施工管理技士は朝が早い理由

工事前の準備が多いから

どの職種も基本的にはそうですが、特に施工管理技士は仕事(現場)がスタートする前にその準備をします。朝はいち早く事務所に来て、掃除や事務作業をすることもあり、その日の工事が円滑に・安全に進むように準備を行います。現場へギリギリの到着とならないためにも、朝早くに出勤をして、現場の準備やラジオ体操を行うことが建設業界全体で習慣化しております。

工事現場は夜中に稼働ができないから

建築や土木の工事現場は危険を伴います。暗い夜中に、現場作業を行うことは難しく、非常に危険です。ですから、夜中に稼働できないのであれば朝早くから現場を動かして、夕陽が落ちる前に1日の現場業務を片付ける必要があるのです。

工事ごとの移動距離が変わるため

施工管理技士はどの現場で働くのかによって、移動距離がさまざまです。たいてい現場の始業時刻は8時ですが、自宅から30分の距離にあることもあれば、1時間以上、ときには2時間近くかけて通う現場の担当をさせられてしまう可能性もあります。そのため現場が変わるごとに起床時間や睡眠時間も不規則になり、体調を崩してしまうこともございます。自宅から遠い現場になったときの「ああ、朝が早い毎日が始まる…」と思ったときの憂鬱な気持ちは、施工管理技士なら一度は感じたことがあるでしょう。
ずっと同じ現場で働き続けることはできないため、仕方のないことですが、やはり移動時間は短いに越したことはありません。

工期に間に合わせるためなら残業もあるので労働時間が多くなることが多い

現場仕事で重要なのが、工事の期限に間に合わせることです。作業が遅れているからといって工期を延ばすことは難しいですし、延長のコストや会社の信用に関わるため「工期に間に合わせる」ことは大前提です。そのため残業を強いられることも少なくなく、工期が近づけば近づくほど業務終了時間が遅くなりがちです。

施工管理の平均労働時間についてはこちらをチェックしてみてください。

朝早いのを回避したい施工管理技士はどうする?

ワークライフバランスが取れている企業に転職する

施工管理技士として元気に働き続けるためには、「残業がない」「しっかり休める」ことが重要です。“朝早く、夜遅い“ままでは、いずれ身体も心も壊してしまうため、残業にならないようワークライフバランスが取れている企業を選ぶことが大切です。残業になりにくく、休日が確保できる企業なのかどうかのポイントは「工期が遅れる原因がないのか」を確認することです。設計から引き渡しまでに引き継ぐような体制をとっていないか、現場の人間関係は良好か?トラブルによって工期が遅れると、その分残業や休日出勤も増えてしまうため、就職前に確認したほうがよいでしょう。

遠方の現場が少ない建設会社へ転職する

朝が早い建設会社の特徴としては、手がけている現場のエリアが散在していて、本社や事務所から離れた地域の現場が多いことが挙げられます。地場に密着をした建設会社であれば、近場の現場に限定されるため出勤時間は安定し、比較的遅めの出勤時間でも許される日が多いでしょう。

現場へ直行直帰が許される建設会社へ転職する

例え、担当になった現場が遠方であっても直行直帰を許可してもらえる建設会社であれば、一度事務所へ寄る必要もなく、朝はそこまで早くないケースが多いです。転職活動において、求人をリサーチする際には現場への直行直帰が認められる建設会社なのかどうかをチェックすることは大切です。

施工管理職ではない職種に就くために転職活動をする

施工管理技士の仕事はどうしても現場がございますので、朝早くなりがちは職種であることは否めません。一方で、建設業界の中でも、朝早く出勤をする必要がない職種が存在します。それは現場仕事ではない職種でございまして、下記が一例です。

  • 営業職
  • 積算
  • 工事管理

現職にて、施工管理職から上記のような職種へ異動願いを提出しても、施工管理不足に頭を抱える建設会社が多いため、おそらく要望は通らないケースが多いです。ですから、転職活動をスタートさせて上記職種に限定をした求人のリサーチをしてみてください。

施工管理職でワークライフバランスが取れる建設会社はどんな会社?

ワークライフバランスが取れた建設会社については過去に記載がございますのでこちらをご確認ください

まとめ

今回は朝が早い職種の1つである施工管理技士について、出勤時間の実態や、その対策を中心にご説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

どうしても、朝が早い働き方を回避されたいと考えてる施工管理技士の方々には解決策の一部をご紹介しております。

現在、施工管理技士として働かれている方は朝早く夜遅い働き方について、現場仕事をしていれば当然のことだと思っている方々も多いかと思いますし、その様な働き方が体に染み付いていることは素晴らしいことです。

しかし、多様な働き方が受け入れられつつある昨今においては、ご自身の理想の働き方を追求するべく、施工管理技士として充実して働ける会社を転職活動にて探すことも1つの選択肢です。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。