TEL 転職相談
メニュー
ブログ
Blog

【建設業界必見】BIMとCADの違い、BIMの導入のより建設業界に変革がおきる!?

建設業界におけるBIMとは

Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)を略して「BIM」といいます。

設備設計や機械設計、建築設計の効率化などのソリューションが期待されています。
BIMモデルは形状情報と属性情報からなる「オブジェクト」を組み合わせて作成します。

例えば、設備設計におけるオブジェクトには空調・衛生・電気の機器やダクト、配管、配線などがあり、それぞれに品番やメーカー、価格などの情報を付加できます。1つのモデルにプロジェクトに関わる情報を集約できるので、設計はもちろん、施工、維持管理まで幅広く活用できます。また、各オブジェクトから平面図や立体図などを切り出して作成することも可能です。

BIMとCADの大きな違い(CAD使用者が理解できない理由とは)

BIMを正しく理解できない原因の1つに3DCADの存在があります。
最終的に3Dモデルを作成し、視覚的にその形状を把握するだけのものという認識が、BIMの有用性への理解を遅らせていると言えるでしょう。
では、3DCADとBIMには、どのような違いがあるのでしょうか?

作業工程が違う

3DCADでは、最初に2次元図面を作成します。その情報を元に、3Dモデルを作成し、視覚的に形状の把握が可能です。
一方、BIMは3Dモデルを先に作ります。その後、作られたモデルの断面を切り出して2次元図面を作成するのです。

打ち合わせが違う

発注者の多くは、建築施工についての知識がありません。その為、図面を見ただけでその形状を把握することが困難です。このような方に対し、図面だけを示して打ち合わせをするのは時間がかかります。
3DCADでは3Dモデルを使って、その形状をお互いに認識しながら打ち合わせをすることが可能です。しかし、その場で形状を変更し、発注者の理解を得ることまでは出来ません。
一方BIMでは、3Dモデルを直接修正することが出来ますので、発注者と打ち合わせをしながら、その希望をその場でデータに取り入れ、形状を確認することが出来ます。

データ活用の幅が違う

3DCADで作れるのは、3Dモデルと各種2次元図面のみです。
これに対し、BIMでは3Dモデルから各種2次元図面を作り出すだけでなく、資材の発注書、見積書、確認申請書類など、様々な資料を作り出すことも出来ます。
この様に、BIMと3DCADには様々な点で違いがあるのです。

従来のCADは2次元の平面で製図していました。CADで3次元モデルを作成する場合も、最初に2次元の図面を作ってから3次元モデルを構築するのが一般的で「修正や制作に時間がかかる」、「設計者の技術に依存し、属人的になりやすい」という課題を抱えていました。

一方、BIMは最初から3Dのオブジェクトを組み合わせて作成することが、CADとの違いです。従来の3次元モデルは「骨格から作成して肉付けする」のに対し、BIMは「直接、3次元の各パーツを組み合わせられる」と理解してください。

さらに3次元モデルから2次元の平面図などを生成できることから、従来の逆のワークフローが可能です。
簡単に説明するとBuilding Information Modelingの「Information」情報の部分が圧倒的にBIMには多いため生産性の向上が可能ということです。

建設業界の転職ならビーバーズ

導入のメリットとデメリットは?

メリットその1: 設計ミスの減少

設計書のミスの減少が挙げられます。前述した通り、従来の設計手法で変更が生じた場合、修正に多くの手間がかかるためミスが生じる可能性が高くなります。BIMで設計すれば、データが連動しているため図面は整合性が取れたものになり、ミスが生じる可能性が低くなります。
これらBIMのメリットを活用することにより、高品質な成果物、コストの削減、プロジェクト時間の短縮といったものが期待されています。

メリットその2: イメージの共有化

BIMのメリットの一つとして、関係者におけるイメージの共有があります。2次元の図面では、完成物のイメージにずれが生じる可能性がありますが、3次元のモデルを共有することで、完成物をイメージした上で仕事に取り組むことができます。同じイメージを共有することで、コミュニケーションのギャップが減り、作業のやり直しを防ぐことができます。
また、BIMはシミュレーションを行うことが容易で、高精度の見積もりを出すことも可能なため、顧客とのコミュニケーションもスムーズに行えます。

次にデメリットをご紹介します。

デメリット: 導入のハードルが高い

BIMは日本ではまだあまり浸透していない為、人材の教育や導入により様々な部分でコストがかかります。

BIMを活用できれば、ミス軽減、コスト削減、売上拡大、効率の向上というメリットを得られます。
その一方、専用パソコンや人材、イニシャルコストが大きいというデメリットや注意点も大きいので、BIMを導入する際は、BIMそのものはもちろん、導入後を想定した人員配置や組織体制、予算組みなどを行う必要があります。

BIMの人気ソフト一覧

次に日本で利用されているBIM対応のソフトウェアについて紹介していきます。

Revit

こちらのソフトを制作しているのは、AutoCADで有名なオートデスクです。3次元のモデルに変更を加えるたびに、平面図・立面図・断面図・3Dビューがリアルタイムで更新されていきます。Revitはクラウドを使用して作業ができるため、多人数でのチーム作業にも対応しています。
また、建築時に使用する各パーツをデータベースとして登録しておく機能に優れていて、AutoCADからの部材データの流用も可能となっています。RevitはBIMソフトとしては最もメジャーな製品で、とくに部材管理や設備管理などの業務もしやすくなっています。

ARCHICAD

ARCHICADを制作しているのは、グラフィソフトです。こちらは、30年以上にわたって建築業界で幅広く使用されてきた実績があります。一般的なCADソフトでは少ない、レイヤーの機能を持ち合わせているため、3Dでのモデリング作業がしやすいのが特徴の一つです。
また、ARCHICADも複数のPCをオンラインでつなぐことで多人数での編集が可能になっています。一般的な3DCADソフトに慣れている人であれば、習熟するのも比較的容易です。また、プレゼンテーション用のソフトとしても優れた機能を持っています。

GLOOBE

このソフトを制作しているのは、福井コンピュータアーキテクトです。日本で制作されたソフトであるため、とくに日本の建築基準に合わせた設計がしやすいことが特徴となっています。3次元のモデリングだけでなく、法的規制に合っているかどうかの確認もできるため、大規模建築から小規模建築まで、幅広い建築物の設計をすることができます。
このソフトも、チーム設計にも対応しています。また、建築時に必要な数量表も自動で作成することができ、BIM上で施工管理をしたい場合にも適しているソフトです。建蔽率や容積率の計算、防火区画の管理などの機能も備わっています。

Rebro

こちらのソフトを制作しているのは、株式会社NYKです。RebroはBIM対応建築設備専用CADソフトとなっているため、建物の設備管理の機能に優れています。例えば、配管の勾配処理などもリアルに再現することができます。
RevitやARCHICADなどと連携することも可能で、マルチコアプロセッシングおよび64ビットOSに対応しており、大型物件のモデリングも可能です。モデルデータとExcelデータを連携させることもできます。

まとめ

BIMは、建築業界で注目されている三次元モデルです。
BIMを導入することで、設計過程で必要な作業の一部を自動化したりすることが可能なので、とても便利です。

特に、これから施工管理職を目指している方は、BIMについて勉強しておくことを、おすすめします。

建設業界の転職ならビーバーズ

関連するブログ

はじめての転職をお考えの方でも
ご安心ください。